【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!


次は誰の報告かな? 
もし週末の鎌ヶ谷に行かれる方で柏駅や天王台駅まで来られる方は車でお連れしますよ。鎌ヶ谷の入場料金(●大人:1,000円●小人:500円●全試合入場証:4,500円)です。(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


1999年9月26日 イースタンリーグ公式戦 20回戦 巨人−日本ハム(東山町営球場) 報告者:健一

   
日本ハム 厚沢12勝7敗26試合
巨人 西山6勝1敗11試合
ほんとに大まかな試合内容
オーダーは昨日の軽米町営球場とほぼ同じオーダーです1つしたの観てある記参照のこと)違うといえば、G小田昨日プロ初のサードの守備でなんとスタメン!?<選手がいないとはいえやりすぎだ!)と左腕厚沢対策で高野に代わり大野和。Fは好調の阿久根を下位から2番に引き上げたことぐらいでしょうか。バッテリーはF:厚沢小牧/G:西山河野杉山です。

Gは昨日小野、本日は西山とまだまだ優勝は諦めていない表れでしょう。西山は今回も安定した内容。7回に2点失い降板しましたが、被安打3と力の投球と要所では抜く投球も出来ていました。

F先発厚沢は、本日の登板前まで3連勝とチーム1の安定感を誇ります。しかし今日は微妙に変化球の制球が侭ならずピンチの連続でした。ストレートは制球良いのですが、威力という点では劣るので、変化球の制球とキレがないと辛そうでした。しかしこちらもここぞと言うときの変化球は冴えていまして飄々とした内容でかわし続けます。

均衡は7回に1死1、3塁小牧のタイムリーヒット等で2点奪取しました。

その後も飄々とした厚沢の投球は確信にかわりそのまま逃げ切り、チームのマジックを「2」としました。あともう少しですぞ!


また番組(NNN24)に応援メールを初めて投稿してみたところなんと初っぱなに読まれてしまいました(^^;)キイタヒイマス?
相模原ファイターズ会さんらの鎌ヶ谷ファイターズ私設応援団の応援みたいな感じの内容だったのですが、夫婦共々びっくらこきました

 


1999年9月25日 イースタンリーグ公式戦 19回戦 巨人−日本ハム(軽米町営球場) 報告者:健一

台風18号の影響でレフトからライトへ強風が吹き荒れています(時折突風もあり)しかし晴天です。まわりは緑に囲まれた風光明媚な球場のようです。本日この球場でプロの公式戦が行われるのは初の行事らしいです。

   
日本ハム 古溝1敗14試合 西4号(小野)、西浦2号(
巨人 × 14 7勝2敗17試合 杉山5号(今関)、渡辺11号(高橋憲)、小田2号(平松)、佐々木8号(平松
ファイターズ ジャイアンツ
(右) 島田 (一) 斉藤宜
(遊) 古城 (右) 高野
(左) 西浦 (遊) 佐々木
(三) 西 (中) 渡辺
(捕) 小牧 (二) 福王
打捕 高橋信 (三)
(中) 中村  投
打中 上田 (左) 大場
(二) 小田  左 大野和
(三) 阿久根 (捕三) 小田
(投) 今関 (投) 小野
 投 古溝        打 田中
 投 沼田       打二 杉山
 打
 投 高橋憲      
 投 平松      
 打 大貝
ファイターズ ジャイアンツ
  今関 3 2/3     小野
●古溝 1 0/3 ○榎
  沼田   1/3
  高橋憲
  平松
【大まかな試合内容】鎌ヶ谷ファイターズマジック4は減らず・・・
1回表:巨人先発小野は変化球主体(SFF)で自分に「落ち着け!」と言わんばかりの気持ち抑え気味のピッチング。下では安定した投球を続けていますが今日はどうなりますか・・・。しかし真っ直ぐは、140km後半出していますからいつもながら一皮剥けたら・・・と思わざるを得ません

1回裏:一方今関「優勝まであと一歩」と己を鼓舞するような気合いの入った投球・・・しかしこの気合いは空回りすることが多いです(そうですよね?Fファンの方々)。球威はありそうですが、逆球も多いです。今季は春先のみ1軍で大半を2軍で過ごすさぞ不本意な年でしょう。来季はこちらも一皮剥けますか。

2回表:2死から中村小田を追い込みながらも連続四球。また中村を出したところで小田が、小野ショートバンドするような球に対してミットを上に被して捕球しようとして後逸・・・ミットは下から添えないと後ろに逸らしてしまう確率が高いと思います。そしてランナーを貯めて、阿久根は初球をレフトへタイムリー!セカンドランナー中村が生還し1点先取。(G0-1F)

2回裏今関大場に対して四球、次打者小田なんと止めたバットなのに打球はフラフラとファーストを越え1死1、3塁のチャンス。しかし左投右打小野は三振(かなり口惜しそう!)、斉藤宜は二ゴロ。

3回表:ライト前ヒットで出塁の島田古城が犠打で送ります。西浦は力無い内野ゴロも続く西がやや甘めの真っ直ぐをフルスイング、打球は場外を越える2ランホームランで2点を追加(G3-0F)
F打線は、2回から小野のSFFを見極めてきました。そうするとこのボールもカウントを悪くするばかりで、小野も焦り始め制球を乱してしまいました。あと痛かったのは緩いカーブでカウントを取れない、これは致命的で傷口を広げてしまったようです。

軽米町営球場での公式戦は初、そしてホームランも初ですので西選手の名は永久に名を残すことでありましょう!

そして本日はマジック4で対象チームの巨人に勝てばマジック2!そして明日の同カードも制すれば2年ぶりのイースタン制覇!!さあ中盤から終盤の試合展開はどうなりますか・・・。

4回裏のサードゴロは、阿久根が捕球しようと思ったらサードベースに当たり今関はアンラッキー。小田がレフト線を破る2塁打で2死2、3塁。このチャンスに不安定な内容の小野に代えて、代打杉山。捕手小牧の構えは外角、しかし今関の投じた球はど真ん中の真っ直ぐ!杉山は見逃さずレフトへ同点3ランホームラン!今関ガックリ・・・<本日は逆球が多かった・・・(G3-3F)

5回裏佐々木の四球をきっかけに、2死からなんと投手のセンター前勝ち越しタイムリーで逆転。(腰を引きながらも、辛うじてバットに当てた感じです)(G4-3F)

6回裏:またまた安打の佐々木を塁に置いて渡辺がライトへ2ランホームラン。走者佐々木かなりバッテリーを揺さぶり焦らす動き、これも見逃せません渡辺もストレート狙いだったのではないでしょうか?(G6-3F)

7回裏小田なんと本日4本目の安打!それがレフト場外ホームラン!(G7-3F)

8回裏斉藤宜右中間を抜くスリーベース!<ベースランニング速いですねえ。そしてチーム4本目のホームラン佐々木がレフトへかっ飛ばします。更に2点追加。(G9-3F)

9回表:代打大貝セカンド内野安打で出塁、あとワンアウトで試合終了の場面で3番西浦意地の場外へ飛んでいく2ランホームラン(G9-5F)
本日は殆どが場外ホームランだったのですが、外野フェンスの数メートル後ろがもう場外ということとライトからレフトへの強風のためレフト方向は恐らく打球が伸びていると思われます

最後は、小牧を打ち取り5回から登板したが最後まで投げきりました。勝ち星は、また勝ち越し打もが放ちました。これで今日明日の連勝で岩手胴上げも可能だった鎌ヶ谷ファイターズですが、帰京後になりそうです。いやいや巨人もこのまま終わらないかもしれませんよ。ハムは終盤落ちることもあり得ますので・・・・兎に角決まるまではわからない!?

★ 気になった面々 ★
小田 幸平 (巨)
本日4安打(ホームラン含)大活躍!しかも5回途中からプロ初のサードも経験<かなりビビッテいた様子守備機会の2回(サードゴロ・サードライナー)も無難にこなす。しかしこれはいくら選手不足とは言えハイリスクのみですね(^^;)

小野 仁 (巨)
今季は下で好投しているのですが、3試合連続好投できないのが1軍に一押しで推薦されない原因ではないだろうか?その不安定さがこの試合に出てしまいました。来季はこのムラをなくしたいものです・・・。

杉山 直樹 (巨)
3点を追う場面で、お見事!代打同点3ラン。これで巨人は息を吹き返しました。

佐々木 明義 (巨)
本日も2安打を放ち打撃絶好調佐々木です。

榎 康弘 (巨)
5回から登板しました。ラッキーな勝ち越し打は置いといて、投球は変化球(チェンジアップとフォーク)を中心に打者に的を絞りさせませんでした

今関 勝一 (日)
本日も気合いの空回り投球!?残念でした。球威はあったのですが、ボールが内々にきてしまいました。

阿久根 鋼吉 (日)
ここ何試合かまたレギュラーとして活躍してます。一時は送りバント出来ずに試合途中に引っ込めさせられる場面もありました。卒のないシュアーな打撃&守備を安定して出来ますか。

西 俊児 (日)
一時はマジック2は確実!とするようなレフトへの2ランホームラン。前の打席ストレートで詰まっていたのでこの打席は、真っ直ぐを引っ張ろうと狙っていたそうです。

小田 智之 (日)
3個の四球と臭いところはカットして逃げる打撃はしぶといです今季一番の成長株ではないでしょうか。数年後が楽しみな選手です。

西浦 克拓 (日)
今季は故障から打撃フォームにも影響を及ぼし持ち前のバッティングも一軍で20本 → 2本と全くの不本意・・下には8月頃やって来てクリーンナップ張っていますが、はよ上に行け!と思ってみていましたがズーッといましたね。来季は鎌ヶ谷に来るんじゃないよ!

そうそう鎌ヶ谷球場そしてこの掲示板にもよく観戦記を投稿される相模原ファイターズ会さんの応援姿(F'sユニ着用)が画面一杯に映っていましたよ!軽快な太鼓の音色といつもの張りのある声はっきりと聞こえました鎌ヶ谷ファイターズも勇気づけられることでしょう。

 


1999年9月23日 イースタンリーグ公式戦 20回戦 巨人−西武(大宮市営球場) 報告者:健一

   
西武 佐藤友1勝2敗18試合
巨人 × ホセ4勝3敗13試合 佐々木7号(佐藤友)、高野6号(佐藤友
ライオンズ ジャイアンツ
(中) 柴田 (一) 斉藤宜
(左) 河田 (右) 高野
 打 犬伏 (遊) 佐々木
(二) 赤田 (中) 渡辺
(一) ジンター (二) 福王
 左 青木       (三)
(三) 玉野 (左) 大場
(右) 宮地 打左 大野和
(遊) 高山 (捕) 小田
(捕) 田原 (投) ホセ
(投) 横田  打 田中
 打 安藤真  投 河野      
 投 佐藤友  投      
 投 安藤正      
 打 古屋
 投 平良      
ライオンズ ジャイアンツ
  横田 3   ○ホセ
●佐藤友 2 2/3   河野
  安藤正   1/3   南
  平良      
【大まかな試合内容】
1回表:巨人先発ホセ(来季残留の方向と聞いていますがどうなんすか?デセンスもどうなんでしょうか?)立ち上がり柴田河田を速球で抑えましたが、3番赤田にはボール先行で四球。走者赤田「足(大きいリード)」でGバッテリーを揺さぶりますそしてこんなプレーも・・・走者赤田が2塁へスタートを一度切りました、しかし間に合わないと判断し帰塁!捕手小田もすかさず1塁へ矢のような牽制球しかし送球がショートバウンドしライト線を転々と・・・、赤田は悠々と2塁へ。<しかしこの小田の判断はよろしいのでは!その後ジンターは、センターフライ。

1回裏:一方西武は、肩を痛めて調整中横田。まだ万全ではなさそうですが、変化球主体のベテランらしい落ち着いた立ち上がり

2回表:先頭打者玉野のセンターへ抜けようかという当たり!ショート佐々木が好捕したものの、送球間に合わず安打。そして玉野盗塁(強肩小田でしたが、送球がショート方向にほんの少し逸れセーフ)、宮地もセンター前ヒットで続き無死1、3塁。ここで高山左中間を破るタイムリー2塁打。集中打でホセから2点を先行(G2-0L)

放送中に視聴者からの質問コーナーがありまして私も気になっていた事と同じ様な質が投稿されていました田中選手、選手は本来捕手ですが、一塁・サードを守り、内野手の山田選手は今季外野を守る試合が多い ですが、これはコンバートですか?」との質問。高田2軍監督「いろいろ選手の可能性を探っての試み」 また「捕手として、肩は弱いが持ち味の打撃を活かす為というのもある」と語っていました。

捕手の2人の件は多くの方も捕手失格?打撃優先では?とお思いかと思われますが、昨年一年間ショートで活躍した山田も一軍(二岡遊撃手)を睨みながら試行錯誤しているのですね。山田は足もあるのでセンターとしても面白い存在と思います。<固定観念をもちすぎてもいけないのですね。早いとこ見定めても欲しいです。

3回裏大場がきれいにセンター前へ弾き返す。ホセが犠打で送り2死2塁、トップバッターの斉藤宜が、ショート頭上を越えるテキサスリーガーズヒット。走者大場は本塁へ生還。(G1-2L)

4回裏:この回予め短いイニングが予定されていた横田から、佐藤友に交代。代わり端佐々木がレフトへ7号ホームラン!(G2-2L)

6回表:2死から宮地がセンター前ヒット、続く高山がライトフェンスにゴロで達する当たり!走者宮地も2塁、3塁を回り一気に本塁へ。しかしライト高野(肩は弱いが素早く中継へ)、セカンド福王、捕手小田へ好連携宮地本塁憤死(2死でしたし一か八かでしょう)

6回裏高野がライトへ6号ホームラン。佐藤友の緩い変化球を一瞬ためてスイング!<当てただけのような感じでしたが、パワーがありますね(G3-2L)
更に安打・四球もあり、佐藤友から昨年のドラフト1位安藤正が登板し後続を抑える。

その後L安藤正平良。Gホセ河野と繋ぎ逃げ切りました。(G3-2L)

★ 気になった面々 ★
ホセ (巨)
シュート回転の力強いストレートですが、中に入ると集中打を浴びる傾向のようです。もう少し緩い球を有効に使えれば・・・。

高野 忍 (巨)
現在2割強の低打率ですが、安打を放ったときのフォームを見ると信じられません。打球の伸びもチーム内で群を抜いています。課題は「変化球対策」。ホームランの次の打席ではあっさり凡打。タイミングの幅も狭いです。しかし柔らかさが残っているので、今後の伸びに期待です!<数年後が非常に楽しみです。

佐々木 明義(巨)
シーズン中盤に、クローズスタンスに変えて打撃上昇&安定中、ついには首位打者に手が届きそうな位置。現在首位打者S度会(0.361)に続いて2位(0.352)。残り試合は少ないですがどこまで追い上げられるか。

永池 們多 (巨)
放送中に話が出たのですが、先日自打球(古傷に当てたそうです)による骨折で今シーズンの復帰が不可と判明しました。今季は上でも初HRと活躍しましたが、怪我との戦いとも聞いています。来季も頑張っていただきましょう。

小田 幸平 (巨)
守備で目立ちました。本日も盗塁を2つ刺し、素早い牽制ありと持ち味を発揮。リードはよくわかりませんが、打撃は良い当たりがありませんでした。

赤田 将吾 (西)
打撃ではいいところありませんでしたが、足でバッテリーを揺さぶる嫌らしさ、そしてセカンドを抜けそうな当たりを好捕してアウト!なんて好守備もしていました。<スローイングという課題もあるのですね

佐藤 友紀 (西)
昨年よりもストレートに力強さを感じる今季です。しかし左腕が遠回りして右肩がサード方向に突っ込み変化球がすっぽ抜ける場面もありましたが、ストレートに威力があります。腕が体に巻き付くように見えるときは、変化球がかなり鋭く曲がるんです!良い中継ぎになりそうです。いやいや
頭からもいけそうです。

高山 健一 (西)
左中間を破る2塁打(2打点)、ライトフェンスに達する長打と結果は出ていました。なんとか上で代打等のお仕事は頂けないものですかね。

柴田 博之 (西)
ホセの速球に、振り切れず全てレフト方向への力ない飛球を連発。「足」「守備」は一軍ものですから、来季は打撃にも「力強さ」が欲しいですね!<オフは振り込み!振り込み!

安藤 正則 (西)
昨年は投球回数を上回る四死球からフォーム矯正に取り組んでいましたが、今季は怪我でもしたのでしょうか。最近登板機会が増えています<先日今季初登板。本日は打者1人に対してでしたが、跳ねるような投球フォームは健在でした

宮地 克彦 (西)
昨年はイースタン首位打者からもわかるようにシャープなバッティングです。本日もセンター方向へ2安打。同タイプの打者が多いチーム構成からチャンスは少ないが、上でも代打で使えそうです

 


1999年9月19日 イースタンリーグ公式戦 20回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和) 報告者:相模原ファイターズさん

   
日本ハム 10 厚沢11勝7敗25試合
ロッテ 寺本1敗24試合 
厚沢投手好投&阿久根鋼吉絶好調!を散りばめた試合内容
再び暑くなった19日のロッテ浦和の結果です。厚沢投手と五十嵐コーチは相変わらず長袖アンダーシャツでしたが、暑くないんですかねえ。

鎌ヶ谷ファイターズ 厚沢7回2/3 今井1/3 生駒1回
浦和マリーンズ   寺本3回1/3 寺村3回2/3 竹清2回

一回表
島田三振。大貝三振。小牧ショートゴロ。

一回裏
立川四球。於保3−6−3併殺。早川三振。

二回表
西サードゴロ。西浦四球。中村のサードゴロを三塁手信原一塁に送球するがライト方向に逸れて2,3塁に。小田三振。阿久根サードタイムリー内野安打。二死1,3塁になって打者古城の時一塁走者阿久根飛び出して挟まれ、それをみて走り始めた三塁走者中村挟まれてアウト。<謎のプレー

二回裏
天野センターフライ、飯田ショートゴロ、椎木三振。

三回表
古城四球。島田セカンドライナーで古城飛び出してゲッツー。大貝四球→盗塁。小牧四球。西ファーストフライ。

三回裏
渡辺ライトフライ。信原サードゴロ。柳沼三振。

四回表
西浦センター前ヒット。中村四球、このとき西浦走って捕手悪送球で無死1,3塁。小田ファーストへのスクイズで1点。阿久根ツーラン本塁打古城ショート内野安打→盗塁。島田ライトフライ。大貝セカンドゴロ。

四回裏
立川サードゴロ。於保センターフライ。早川四球。天野三振。

五回表
小牧セカンドゴロ。西セカンドゴロ。西浦三振。

五回裏
飯田レフトフライ。椎木四球。渡辺四球。信原投犠打。柳沼三振。

六回表
中村投ゴロ。小田ライトフライ。阿久根レフト前ヒット(猛打賞!)。古城センタータイムリー三塁打島田ファーストゴロ。

六回裏
立川四球。於保4−6−3併殺。早川四球。天野サードフライ。

七回表
大貝ショートゴロ。小牧ライト三塁打。西センタータイムリーヒット西浦レフト前ヒット。中村ショートゴロ。小田セカンドゴロ。

七回裏
飯田レフトフライ。椎木ファーストゴロ。渡辺三振。

八回表
阿久根センターフライ。古城ファーストゴロ。島田サードライナー。

八回裏
信原ライト前ヒット。柳沼三振。立川2ラン本塁打於保三振。ここでファイターズは今井投手に交代。早川レフトフライ。

九回表
大貝レフト前ヒット。小牧ライトフライ。西サードゴロ、その間に大貝2塁へ。西浦のとき暴投捕逸2つのエラーでで大貝ホームイン1点。西浦四球→代走森本森本大人気で「走れ」の大合唱。しきりに牽制する竹清。結局牽制タッチアウト。でも観客は何故か森本にだけは好意的

九回裏
生駒登場。天野三振。飯田ファーストゴロ。椎木三振で試合終了。それにしても「厚沢投手七回終了までノーヒットピッチング」これに尽きます。前回、前々回と先発無失点だった厚沢投手今回も素晴らしい内容でした。そしてこのところよく「こうきち」コールしてます。阿久根鋼吉選手が本来の打撃力を発揮し始めてますよ。

今日は優勝争い中、一軍関西遠征中ということで(?)、一塁側はファイターズファンで大盛況でした。厚沢投手が一つアウトとるごとにお祭り騒ぎ・・・あとちょっとFファンがF選手に「観客が(きこえてたら選手も)不快になるような野次」を飛ばす場面多く残念<そーゆー方多数だったので

さあ、2年ぶりの優勝が近づいてきましたよ!

 


1999年9月18日 ウエスタンリーグ公式戦 20回戦 阪神−近鉄(鳴尾浜) 報告者:たかださん

   
近鉄 盛田1敗5試合 中濱2号(杉山
阪神 1× 清原3勝1敗37試合 松井4号(中川)、関本5号(盛田)、樋口1号(盛田) 
試合概要
 18日に鳴尾浜に行ってきました。お目当ての名物野次オヤジは出没しませんでしたが、阪神のスタメンにパリーグ出身の選手が5人(元BW風岡、元M樋口、元L佐々木、元M定詰、元L杉山)もいて見に行った甲斐がありました(パリーグを愛するたかださんらしい)。先発は杉山中川

 試合の方は2回裏、「ケンタローコール」をかけられている関本が中安で出て、松井の右本で2点先制するも3回表、これまで2イニングで5奪三振の杉山が球審土山の微妙な判定から調子を崩し、一挙に6失点。阪神ファンが杉山の不甲斐なさから「スクイズしちゃえー!」と野次ったら、藤井が本当にスクイズを決めて、その後中濱にバックスクリーンに叩き込まれる等、この回は近鉄のやりたい放題

 勝負あったかと思ったら、優勝がかかっているチームの執念か6回裏佐々木松井曽我部のタイムリーで3点をもぎとり1点差。7回裏もチャンスをつくるが梨田2軍監督の恭介ばりの継投中川高塚面出)で無失点に抑えたが、8回にこの回から登板した盛田関本にバックスクリーン右に叩き込まれて同点。

 そして9回、樋口決勝HRを打たれジ・エンド。阪神は杉山の後登板した、井上橋本中ノ瀬清原が無失点に抑えたのが大きかった。

近鉄 006 000 000 6
阪神 020 003 011x 7

 梨田2軍監督(来季1軍監督就任が既定路線)はやたら右左にこだわるは、スクイズをやる恭介とやっていることが一緒で来年もこのような采配を揮われると近鉄戦は長くてつまらなくなりそうですどうなりますかな??)。 阪神のこの日のスタメンで生え抜き曽我部関本だけ。健一@温厚な虎キチさんが嘆くのもごもっとも。

 


1999年9月18日 イースタンリーグ公式戦 19回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和) 報告者:相模原ファイターズさん

   
日本ハム 11 17 原田5勝22試合
ロッテ 小宮山1敗1試合 
試合内容「浦和にM小宮山様がやって来た・・・
鎌ヶ谷ファイターズ 今関3 1/3回 原田2 2/3 沼田2回 高橋憲1回
浦和マリーンズ   小宮山7回(打者33人に被安打14、失点8。トホホな詳細は下記) 干場1回 小林宏1回

終始曇天、半袖でやや肌寒く、与田投手は試合中ずっとウインドブレーカー着用という環境のなかでの試合。立ち見の人も結構いました。

一回表
島田三振、大貝投ゴロ、小牧レフト前ヒット、西セカンドフライ。

一回裏
早川三振。於保センター二塁打。立川ライトへ14号本塁打(2ラン)信原セカンドゴロ。天野投ゴロ。

二回表
西浦サードゴロ、センター前ヒット、小田ライト二塁打、阿久根レフト犠飛、古城センター前ヒットで小田本塁つくも於保好返球でタッチアウト

二回裏
飯田センター二塁打。渡辺ファースト犠打。橋本ショートフライ。鮎川四球。早川のセンターへの当たり、大貝いったん前進してから後退するも頭上を越え2点二塁打に(大貝の守備ミス珍しい!)。於保のサードへのゴロ阿久根がはじいてエラーになり1点。立川三振。

三回表
島田三振。大貝ショートゴロ。小牧センターフライ。

三回裏
信原ショートゴロ、天野ショートライナー、飯田ファースト邪フライ。

四回表怒涛の7連打!
西レフト線二塁打。西浦センター前。ライト前タイムリー。小田センター前。阿久根レフト前→レフト悪送球で2点。古城ライト前タイムリー →走塁死。島田ライトタイムリー二塁打。これで怒涛の7連打一挙5得点大貝センターフライ、小牧セカンドゴロ。

四回裏
渡辺ライト二塁打。橋本ファーストゴロ。ここで投手原田に交代。鮎川レフトフライ。早川死球。於保ショートゴロ。

五回表
西サードゴロ、西浦サードゴロ、三振。

五回裏
立川死球。信原バントは1−6−4ゲッツー。小牧さんの捕手へ掛け声の「セカンド!」はよく響きました。天野センター前ヒット。飯田サードゴロ。

六回表
小田投ゴロ。阿久根レフトフライ。古城ライト4号本塁打島田三振。

六回裏
渡辺三振。橋本ショートゴロ。鮎川投ゴロ。

七回表
大貝センター前ヒット。小牧サードライナー。西レフト二塁打。西浦センター犠飛セカンドゴロ。

七回裏
早川セカンドゴロ。於保レフト前→盗塁。立川ライトフライ。信原センター二塁打(打点1)天野三振。

八回表
小田四球。阿久根バントがピッチャー内野安打。古城バントは野選ミスで満塁。島田センター犠飛大貝サードボテボテ内野安打(ナイスころがし!)。小牧セカンドへのゴロを天野一塁へ悪送球で2点西5−4−3ゲッツー。この回は外野へのヒット無しで3点。

八回裏
飯田ライトフライ。渡辺セカンドゴロ。柳沼三振。

九回表
西浦レフトフライ。中村センター二塁打。小田レフトフライを飯田地面すれすれでナイス捕球、中村戻れず7−4のゲッツー。

九回裏
鮎川セカンドゴロ、早川三振、於保ファーストゴロで試合終了。

勝ち ○原田 負け ●小宮山

M小宮山散々14被安打・・・
成績不振によりファームで再調整中の小宮山が、5年ぶりに2軍戦に登板しました。7回、102球を投げましたが、14被安打8失点と散々の結果。小宮山本人は、「ボールそのものは良かったけど(ホンマかい?)、結果が伴わなかったのでダメ」だそうです。報告を聞いた山本監督「とにかく結果をだしてもらわないと」と、しばらく2軍戦に登板させるようです。

鎌ヶ谷ファイターズ今日は全員安打でした!<連勝モード止まらず!!

この連勝モード、ぼくは中継ぎ陣の復活にあると思います。特に沼田投手、高橋投手、原田投手の好投が光ります。

そうそう今日の試合前のFトンボ隊荒井昭吾小田飯山森本の4選手でした。

 


1999年9月13日 イースタンリーグ公式戦 18回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷) 報告者:相模原ファイターズさん

   
ロッテ 小林宏2勝1敗15試合 
日本ハム × 13 沼田2勝5敗25試合 阿久根2号(小林宏
鎌ヶ谷ファイターズ、連勝モード突入!チームに勢いが・・・
鎌ヶ谷ファイターズ浦和マリーンズの報告です。
きょうは急遽決まった追加日程ということで、観客数も寂しい限り。ぼくも大仏さんの情報がなかったら知らなかった・・・

先発はF櫻井M小林宏

一回表
早川四球。於保ショートゴロで二塁アウト→盗塁・捕手失策で三塁へ→。立川ライトタイムリー二塁打天野のカウントノーツーではやくも三浦コーチマウンドへ。天野ショートゴロ。信原ファーストゴロ。

一回裏
島田レフト前ヒット。大貝ライト前ヒット。小牧バント二度失敗してからファースト犠打。西レフト前2点タイムリーセカンドフライ。小田三振。

二回表
山本セカンドゴロ。飯田センター前ヒット。柳沼にいきなり代打橋本、三振と飯田盗塁失敗で併殺。

二回裏
阿久根ライト右中間を抜く強烈二塁打。日里バントの構えで手首に死球。古城投犠打。島田センター前タイムリーポテンヒット大貝ライト犠牲フライ小牧四球。西ファースト邪飛。

三回表
渡辺四球。早川レフト前ヒット。於保投犠打。投手沼田に交代。立川ファーストゴロ。天野四球。信原左中間のあたりをレフト日里がダイビングで好捕。

三回裏
ライト前ヒット。小田サード邪フライ。阿久根ライト場外ツーラン本塁打日里三振。古城センター前ヒット→盗塁死。

四回表
山本三振。飯田レフト前ヒット。橋本左ヒザに死球。渡辺三振。早川三振。

四回裏
島田センター前ヒット。大貝投犠打。小牧ショートゴロ。西四球。ショートフライ。

五回表
於保ファーストライナー。立川三振。天野ショートフライ。

五回裏
小田レフト前ヒット。阿久根レフト前ヒット。日里投犠打。古城三振。島田ライトフライ。

六回表
信原三振。山本センターライナー。飯田ショートゴロ。

六回裏
大貝四球→盗塁。小牧四球。西6−4−3併殺。代打西浦三振。

七回表
橋本三振。渡辺レフト前ヒット。早川三振。於保セカンドゴロ。

七回裏
小田セカンドゴロ。阿久根ピッチャー失策。日里ピッチャーゴロ。古城レフト前タイムリーヒット島田ショートゴロ。

八回表
立川センターフライ。天野レフトフライ。信原サードゴロ。

八回裏
大貝ライトフライ。小牧サードゴロ。代打徳田三振。

九回表
山本三振。代打澤井ショートゴロ。橋本三振。

選手寸評観てある記
投手継投、マリーンズが小林宏3回、干場3回、近藤1回、小島1回ファイターズが櫻井2回と1/3(於保まで)、沼田2回と2/3、原田2回、矢野1回、今井1回

櫻井投手
低めのコントロールが定まらず、緩いボールを狙い打ちされる場面が目立つ。小牧さんの「櫻井ひらきなおってこい!」等のかけ声にこたえなんとか凌ぐ場面もあったが、絶えずボール先行で打者11人に被安打3、四球2で、あっけなく交代。あせらず気長に調整して、また活躍してください。待ってます。

島田選手
3打席連続ヒットで猛打賞。六回のライトの守備につくときに、練習を終えて車で帰る野口選手と「グラウンド−道路」で談笑していました。野口選手がライト後方の道路から発した「じゃ、がんばって!」は内野スタンドでもはっきり聞き取れました。

大貝選手
タイムリーにつながるヒット、完璧な犠牲バント、犠牲フライ、盗塁としぶい大活躍

小牧選手
なんと一回の無死1,2塁から犠牲バント敢行。二度失敗してロッテベンチにやじられながらもスリーバントでしっかり決めました。

西選手
一回、三遊間をしぶとく抜ける逆転タイムリー。勝負強い

秦選手
三回のライト前ヒットは「ポテン」だけれど、その一球前はライト線 に長打性の強烈なファウル。秦選手の線際の打球はS小早川同様速い!

阿久根選手
13日一番目立った。第一打席の二塁打は右中間真っ二つ。ホームランはライト場外のさらに奥へ!

日里選手
三回表、二死1,3塁のピンチで信原の左中間のあたりをダイビングスーパーキャッチ、沼田投手を救いました。四球の影響はなさそう。

沼田投手
サイド、アンダーと一球ごとに投法が違いました。高めの速球はだいたい空振り、変化球も決まってきました。これで三試合連続リリーフ成功。良くなってますよ!

原田投手
イースタン久々登場。速球での見逃し三振は圧巻。<サイド転向は「大吉」になりましたね!by健一

矢野、今井投手
突然の雨の中、落ち着いた投球で締めました。

鎌ヶ谷野次オヤジ連がいない鎌ヶ谷で、ロッテベンチから野次続出「小牧バントしたことあるのか?できんのか?」とか、スイングの判定を確認する小牧さんに「何してんだよー。キャッチャーがいちばんよくわかってるだろーが」等、なぜか小牧さんに集中。
ベンチのガラ悪さには閉口してしまいました。

 


1999年9月12日 イースタンリーグ公式戦 18回戦 巨人−日本ハム(ジャイアンツ) 報告者:相模原ファイターズさん

   
日本ハム 厚沢10勝7敗24試合
巨人 小野7勝4敗17試合 
《天王山首位攻防戦第2戦試合概要》
鎌ヶ谷先勝で迎えた第2戦は、炎天下でのゲーム・・・。二日連続観戦の方はもうぐったり・・・

先発は厚沢小野

一回表
島田ライト邪フライ。古城四球。小牧三振。西セカンドゴロ。

一回裏
佐々木ライトフライ、堀田センターフライ、斉藤宣サードゴロ。

二回表
中村三振、日里三振、小田ファーストフライ。ここまでは静かな立ち上がり。しかし・・・

二回裏
渡辺ファーストフライ。大野倫センター二塁打。一死二塁。バッター杉山空振り三振空振りして一回転したバットが捕手小牧さんの頭を直撃。うずくまる小牧選手を尻目に杉山振り逃げを仕掛ける小牧選手立ち上がったときには二塁ランナーホームイン、杉山は二塁へ。川崎先制か?ここで佐野2軍監督、猿渡コーチ、三浦コーチなどが球審の敷田さんに「守備妨害じゃないか!!」と抗議。審判団四人での話し合いが延々と行われ、審判団なんと今度は川崎ベンチに事情説明に。ここでも延々話し合い。結局「杉山のスイングは自然な動作で守備妨害ではない」としながらも、得点は無効で、大野倫を三塁に、杉山を一塁に戻し「一死1,3塁」でプレー再開
次打者福井はスクイズを試みるも打ち上げピッチャーフライ、飛び出した三塁ランナーもタッチアウトでゲッツー。

島田選手
抗議・協議中、ずっと炎天下のライトで待機。Fファンの「ベンチ帰って来て休んでなよ」という呼びかけに笑顔で手を上げて応じるなどファンサービスに務める。しかしながら2回裏の珍しいシーンでした!

試合後の小牧さん:
「(いつもの笑顔で)頭いたいよー。コブできてるもん(ニコニコ)」

三回表
阿久根ショートゴロ、厚沢サードゴロ、島田ライト邪フライ。

三回裏
川中サード邪フライ、小野レフト越え三塁打(あわやホームラン!)、佐々木センターフライ、堀田三振。
小野は炎天下の三塁からすすめず。これが四回の失点につながった?

いくら水分を補給してもたりない暑さ・・・掘り下げ球場(ジャイアンツ球場)恐るべし
ファイターズは鎌ヶ谷選手総動員で勝負かけてました。つづきです。

四回表
古城三振、小牧四球、西レフト前ヒット、中村ライト邪フライ、日里センタータイムリーヒット小田レフトタイムリーヒット
阿久根のとき日里三塁で飛び出していて牽制死。
今日のヒーロー「日里」「小田」は1998年入団組です!<2年目ですな!

四回裏
斉藤セカンドゴロ、渡辺セカンド失策(小田ゴロをはじく)→盗塁死、大野倫レフト前ヒット、杉山センターフライ。

五回表
阿久根ライトフライ、厚沢三振、島田サードゴロ。

五回裏
福井三振、川中ライトフライ、小野センターフライ。

六回表
古城ピッチャーゴロ、小牧三振、西レフトフライ。

六回裏
佐々木センターフライ、堀田レフト前ヒット、斉藤4−6−3併殺。

七回表
中村ライトフライ、日里四球、小田セカンドゴロ、阿久根セカンドゴロ。

七回裏
渡辺三振、大野倫三振振り逃げ、杉山三振、福井セカンドゴロ。

四回に2点とられてから小野は完全に復調。「打てそうにない」雰囲気充満厚沢はランナーを出してはしのぐ投球。
「力」小野 vs「技」厚沢かな?

八回表
厚沢の代打西浦鋭い打球もセンターフライ、島田ファースト邪フライ、古城サードフライ。

八回裏
鎌ヶ谷は二番手・石井登場。
川中ショートフライ。小野レフトフライ。佐々木センターフライ。

九回表
小牧サードゴロ。西ライトフライ。中村セカンドゴロ。

九回裏
堀田三振。斉藤宣ショートゴロ。渡辺レフトフライで試合終了(F2−0Gの投手戦でした)


今日は厚沢石井小野各投手が良く、鎌ヶ谷安打、川崎安打<見事な投手戦!

試合後の猿渡コーチ:
「疲れたー。二日間いい試合だったね(相当お疲れのご様子でした)」

シュールストロム投手
今日は思いっきりはしゃいでました。素振り、タオルを頭からかぶって歩きまわる、40番(實松捕手)とじゃれあう・・・がんばれエリック

 


1999年9月11日 イースタンリーグ公式戦 17回戦 巨人−日本ハム(ジャイアンツ) 報告者:相模原ファイターズさん

   
日本ハム 13 石井2勝1敗11試合
巨人 3勝2敗19試合 
《天王山首位攻防戦第1戦試合概要》
先発は今関中村

二回表
西三振。四球。小田ショート内野安打。中村豊四球。古城のときに暴投で1点古城センター2点タイムリーヒット今関ショートゴロ。島田三振。

二回裏
大野倫三振。堀田四球→盗塁と捕手の悪送球で三塁へ。杉山深いライトフライ、堀田タッチアップで本塁を突くが島田ストライク送球で本塁タッチアウト。島田選手ベンチ前でナインとハイタッチ。その笑顔からファーム落ちにも腐っていないことがわかります

五回表
今関四球。島田ショートゴロで二塁ホースアウト。阿久根ピッチャー内野安打。小牧センターフライ→島田三塁へ。西三振。

五回裏
堀田四球。杉山ライト前ヒット。福井ピッチャー犠打。中村のところ代打大場センター犠飛杉山が二塁から飛び出して戻るがタッチアウト。

今関投手
暑いデーゲームでスタミナを考慮してか・・・はたまた中盤以降に先発、中継ぎが崩れて逆転負けのパターンを警戒してか本日は、今関五回で降板。いつも五回までは素晴らしい投球内容なんです!しかしこの後矢野清水が・・・

六回表
代打日里ショートゴロ。小田センター前ヒット。中村センター前ヒット。古城四球。一死満塁で代打西浦サードゴロ、三塁手福井ベースを踏んで本塁へ送球小田タッチアウト。5−2の併殺。

六回裏
佐々木セカンドフライ、川中四球、斉藤宣ショート失策(はやい打球を古城後ろへはじく)、渡辺センターフライ→川中三塁へ、大野倫センタータイムリー堀田サードゴロ。

七回裏
記録取り間違えのため不明。暴投とタイムリーで2点。ごめんなさい。<応援と記録取りの両立それだけでお見事です!by健一

八回表
西ライトフライ。日里センター二塁打。小田センター前ヒット。中村センター犠牲フライ古城ショートゴロ。

十回表
西レフト前ヒット。日里三振。小田センター前ヒット。中村四球。古城レフト前決勝タイムリー石井三振。島田ライト前タイムリー阿久根レフト前タイムリー小牧ショートゴロ。

古城選手、阿久根選手
このところ表情がこわばっていた両選手、試合後にはわずかながら笑顔がみられました。

沼田投手
水曜日に横須賀で好投したらしく、八回同点の場面で登場。荒れ球が減り、スピードを生かした投球で1回1/3を無安打1四球。復調?

石井投手
沼田投手の後を受け最後まで。まったく危なげなく勝利投手に。

4時間20分ほどの熱戦。途中で疲れて寝る人続出。でも勝った!
鎌ヶ谷野次オヤジ連阿久根勃発!あんまり派手にやらないでね。

 


1999年9月11日 ウエスタンリーグ公式戦 17回戦 近鉄−広島(藤井寺) 報告者:臓器提供者さん(HP:ベースボール(≠野球)のページ

 先週に引き続いて、ゲーム観戦。筆者にとっての「聖地」藤井寺に行ってきた。 ここでのウェスタン観戦は実は初めて。何度も来ようと思いよったんじゃけど、 日程が合わんかったり、雨でゲームが流れたりと、不思議とご縁が無かったんよ ね。

チーム 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

広島

大阪近鉄

×

 <カープ>:先攻

打者 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
7.福地 2ゴロ   2ゴロ   右安    凡退   中安
4.ペルドモ 中飛   遊飛   2ゴロ併   凡退   右安
9.森笠 三振     1ゴロ   右安   右安 四球
DH.朝山   左安   右飛   中飛   左安 遊ゴロ
5.野々垣   3ゴロ   左安・走塁死   左安   中飛  
6.玉木朋   遊ゴロ     遊安 中安   三振  
3.岩崎     右安   犠打  中犠飛   2ゴロ  
2.田村     左安   左2  2ゴロ     三振
8.福良     3邪飛 8安     凡退   3失


P.●田中   6+0/3回 被安打8 四球5  奪三振2 自責点7
   小林敦 1回     被安打0 四球2  奪三振0 自責点0
   山田   1回     被安打1 四球0  奪三振0 自責点0


 <バファローズ>:後攻

打者 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8.代田 中安   遊安   四球  三振   中安  
9.平下 2直   中越2   三振    1安 捕飛  
DH.水口 三振   遊ゴロ   四球    四球    
PR.森谷                  
PH.内匠               1ゴロ  
3.衣川 左飛     2ゴロ    満塁HR   左2 1ゴロ
5.誠   四球   四球 中越2   四球    
PR→6.勝呂                  
4→5.善村   犠打失敗   中飛 1失    犠打    
2.倉本   左飛   中飛 投ゴロ    四球    
7.中濱   凡退     中越2  遊直 右犠飛    
6→4.市原     凡退   右飛  中飛 左飛    

P.○中川 8+1/3回 被安打15 四球1 奪三振3 自責点3
    谷内  +2/3回 被安打0  四球0 奪三振0 自責点0

 はっきり言って今回も、上のスコアはすごくいい加減(そないなことはございません。ありがとうございますby健一)。ご参考程度で。我が子 をスタジアムに連れて行く度に、必ず見逃す所が出てしまう・・・。息子とスタ ジアムで遊ぶなんて、最高なんやけどね。両立はちょっと難しいかもしれんね。

 カープの先発は期待のかかる左腕・田中。ストレートは130キロ後半止まりな がら、落差の大きい超スローカーブは見応え有り今日の最低速は、何と時速74キロ!こんなに遅い球は、プロで観るんは初めてじゃ!今までBW星野の90キロ前後のカーブは観たけど、それを遙かに下回る(?)遅さ!何しろ、わしが投げるボールよりも遅いんじゃけんのう!この日は残念ながら、要所を押さえき れずにノックアウトやったけど、今後が楽しみな遅さやったね
 遅さでヒケを取らんかったんが、バファローズ先発の中川入団時は快速球が武器と言いよったんやけど、故障ですっかりスピードが出ん様になってしもた。 今のストレートは最速で130キロちょっと。ほとんどが120キロ台やけん、これで はちょっとしんどいかな、という感じを受けた。ずば抜けた制球や切れがある訳でもないし、何か一つ芸を身に付けんとやっていけんやろうなあ。この日は15安打を打たれながらも要所を締めて、何とか9回途中まで頑張った。 この粘りを売りにしたい所やね。

 で目立ったのは、何と言ってもバファローズの4番・衣川。この人は去年もクリーンナップとして活躍、今季も3割をマークしとる。この前一軍に上がった川口と組んだ主軸は、なかなか迫力があったのう。この日の衣川満塁ホームランと2塁打を放って、合計6打点。元々キャッチャーじゃけど、この打力を買われてのファースト起用が多いんも肯けるなあ
 バファローズでは、トップバッターの代田も楽しみなプレイヤー。俊足・強肩が売りの若手で、この日も2塁ランナーを置いてのセンター前ヒットという場面で、ランナーをサードでストップさせた守備は流石、そして走っても2盗塁を決め、バファローズも快速の若手が育ちつつある感じやね。大村高須武藤らと組んで、 上で暴れて欲しいもんじゃ。
 足ではカープの福地もそれ以上。4年連続でウェスタン盗塁王なだけ(今年は上記のBU代田かな)あって、この日もスチールを決めた。これだけ足が速いんじゃけん、センターを 守って欲しい所なんやけどね。

 以上、ゲームのレポートでした。ゲーム前にちょっと感心したんが、ペルドモが子供達にサインしている姿。群がる子供達の帽子や色紙に、せっせとサインしよったね。何気なく見逃しそうなシーンじゃけど、こういうのはプロと して必要な事なんよね。子供達にとって、プロのプレイヤーにもらったサインっちゅうんは、ずっと宝物になるんよ。こうした地味な行為が、プロ野球人気を支えるんやね。

  


1999年9月11日 イースタンリーグ公式戦 19回戦 横浜−ヤクルト(横須賀) 報告者:鯨党右派さん

   
ヤクルト 10 13 増田2勝5敗19試合 副島3号(小桧山
横浜 小桧山2敗15試合 
追浜リポート・【横浜編】
本日、イースタンの横浜vsヤクルト戦を観戦しに行ってきました。残暑が厳しくまた、途中からにわか雨まで振り出す生憎の天気でしたが、試合のほうもベイにとってお粗末そのもの。10−2でヤクルトが大勝しました。
とりあえず、先発オーダーは、@万永A金城B新井C宮内D小池E加藤F長見G相川H小桧山投手リレーは、小桧山−斉藤肇−池上−米であり、大洋ファンとしては今1番見たくない黄金リレーを見せつけられることになってしまいました。小桧山先発と聞いたとき、思わず踵をかえそうと思ったほどでしたから。それでは、本日、目に付いた選手を挙げます。

 宮内・・・今日1番の収穫。4の3と猛打賞でした。スイングの直前までバットを真後ろに寝かせる妙なタイミングの取り方をしてましたが、これがボールを最短距離でミートできる伏線になっているようです。パワーはあまり感じませんが、バットコントロールには非凡なものがあり打撃は一軍で十分通用するでしょう。タイプ的には駒田に似ています。ただし、左投手に対しては窮屈そうな打撃となり、あまり捌けそうもありません。

 金城・・・春先から比べると肉付きがよくなりがっしりとた体格になった。打撃フォームは石井琢にそっくりで、なかなかシャープなスイングだ。今日は4の2で、左右両打席で結果をだした。守備もフットワークが良くなり、脚力を生かしつつある。ただ、スローイングはまだ雑で安心してみてられない。来年の今ごろ、どんな選手になってるか楽しみです。

 福本・・・試合途中から出場。三塁線を破る二塁打を放った。あらゆる意味で自分の「分」をわきまえた選手で、持ち前の選球眼で粘り強い打撃を志向しているように見受けられた

 金川・・・試合途中から外野守備につく。打撃フォームからは柔軟そうな印象をもったが、まだプロのスピードに付いて行けていない。特筆すべきは守備で、走力・判断力とも悪くなく、外野からの返球の良さは非凡なものがある。今日は二塁走者を本塁で捕殺した。

 小池・・・4の1で打点1。打撃は可も不可もなく、印象が薄い。まだこれからの選手。

 長見・・・二打席立ったが何れも初球に手をだし、凡退。目的意識が感じられない。

 新井・・・大量失点の引き金となる送球ミスを犯した。若手の範になるように使ってるのに。

 小桧山・・・ボールを低めに集めて4回までは好投。5回に入ると突如ボールが高めに浮き出し集中打をくらいあっという間に5失点。相変わらず、カウントを悪くしてボールを置きにいく癖があり、どうにもならない

 斉藤肇・・・2回を無失点で抑える。ただし、ストライクとボールがはっきりしすぎていて安心して見てられない。縦に大きく曲がるカーブは悪くないが、ストライクゾーンに入るのは稀。

 池上・・・打者5人に投げて4与四球、暴投1では話にならない。10球連続してストライクが入らないなど制球が酷すぎる。入場した際に配布された冊子を見ると、15回を投げて45与四球と出ていて、なんでこの投手にそれほどチャンスを与えるのか理解に苦しむ。どうも人事的な作為を感じてむかついてしまうほどの出来でした。 

追浜リポート・【ヤクルト編】
一方、大勝したヤクルト先発オーダーは、@樫渕A宇佐美B副島C高梨D津川E本郷F阿部G住友H増田投手リレー増田−山崎−三上であり、ロートル中心で望んだベイとは雲泥の差がありました。

 樫渕・・・去年の今頃はアマ屈指の強打者でしたが、現在その片鱗は見受けられない。低めの球に全くついていけず、落ちる球を投げればまず打ち取れるでしょう。

 本郷・・・打撃はシャープで左右の打ち分けもできる問題は守備で、捕球してから送球するまでの動作が遅すぎる。今日も緩慢な動きでイージーなサードゴロを2つ内野安打にしてしまった。

 津川・・・かなりのオープンスタンスだが、飛球の角度に非凡なものがあった。

 副島・・・小桧山にトドメをさすスリーランを放った。二軍にいるべき選手じゃない

 高梨・・・常にセンター返しを志向する打撃が光っていた。選球眼もなかなかのもの。

 増田・・・ベイの拙攻にも助けられたが、7回を投げて零封した。かつての150キロ近い剛球は見られなかったが、低めを丁寧につく投球が目についた。小桧山と似たような投球スタイルだが、彼とは違い制球がまずまずで緩急をつけて放っていた。ただ一軍でなげるには何かが足りない気がする

 山崎・・・球持ちが良く腕が遅れてでてくるような投球フォームのため、球の出所が読みにくい。今日は球が高めに浮き1回で2失点と精彩を欠いたが、左打者にとっては嫌なタイプだ

 三上・・・1回を無失点で抑える。高校時代のような球速は感じられなかったが、球威がありそうでベイ打線の打球はつまっていた。投球自体はまだ大雑把な印象だが、さすがに1位で指名された投手、カーブやスライダーの切れも非凡なものがあった

 


1999年9月9日 イースタンリーグ公式戦 17回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和) 報告者:相模原ファイターズさん

 
鎌ヶ谷 14
浦 和 × 11
試合内容
一回表
橋上ライト前ヒット、阿久根ライト線二塁打、小牧サードゴロ(その間に1得点)、西レフトへ浅い犠牲フライ西浦レフト前ヒット、四球、小田レフトフライ。

一回裏
天野ショートゴロ、於保ライト前ヒット、早川ライトファールフライ、佐藤三振。

二回表
中村ライトフライ、古城セカンドゴロ、橋上レフト前ヒット、阿久根センターフライ。

二回裏
橋本ライト二塁打、鮎川ファーストゴロ、椎木ライトタイムリーヒット渡辺サード犠牲バント、信原セカンドゴロ。

三回表
小牧レフト前ヒット、西ゲッツー6−4−3、西浦ショートゴロ。

三回裏
天野ライトフライ、於保レフト前ヒット→盗塁、早川サードフライ、佐藤ライトへタイムリーヒット→1,2塁間で挟まれ走塁死。西ナイス!

四回表
四球、小田ファースト犠牲バント、中村ライト線タイムリー二塁打古城ファーストゴロ、橋上四球、阿久根四球、小牧セカンドゴロ。

四回裏
橋本センター前ヒット、鮎川ゲッツー(バントを小牧すかさず拾って二塁へ、古城が一塁へ2−6−3)、椎木四球、渡辺三振。

五回表
西三振、西浦レフト前ヒット、ライトへツーベース、小田二失(鮎川、真正面のゴロをトンネル)で一点が三塁で牽制死(捕手椎木の送球)、中村三振。

五回裏
信原サードゴロ、天野センターフライ、於保三振。

六回表
ロッテの投手川俣にスイッチ。古城セカンドゴロ、橋上ライト前ヒット、阿久根投ゴロ(バント失敗、二塁ホースアウト)、小牧レフト前ヒット、西レフトへタイムリーヒット、西浦レフト前ヒット→小牧本塁で刺される。

六回裏
早川ショートゴロ、佐藤四球、橋本ライト前ヒット、鮎川四球で一死満塁。ピッチャー芝草から今井鮎川の代走山本椎木ショートフライ(打った 瞬間椎木「くそっ」と叫びバットを叩きつけました)、渡辺ライトへ2点タイムリー、代打立川三振。

七回表
サードファールフライ、小田ファーストゴロ、中村四球、古城レフトフライ。

七回裏
天野三振、於保四球→盗塁、早川センターフライ、佐藤セカンド後方センター 前にポトリのヒットで中村の返球間に合わずタイムリーに。橋本四球、山本ライトへタイムリー。投手今井から清水前日の先発投手!)。 椎木レフトへタイムリー。投手沼田に。渡辺セカンドフライ。
佐藤選手のタイムリーについてハムブルペンから問われた日里選手@:「外めのまっすぐ」 山本選手のタイムリーについてハムブルペンに語る日里選手A:「先っぽ」などと、タイムリーのバッティングのリプレイを演じながら説明していました

八回表
橋上ライト邪フライ、阿久根ファーストのエラー、小牧ショートライナー、西サードゴロ。

八回裏
飯田ライト邪フライ、天野背中に死球、於保ファースト犠牲バント、早川四球、 佐藤セカンド邪フライ。

九回表
西浦ショートゴロ、センター前ヒット→代走森本小田センター前ヒット、 中村セカンドゴロで二塁手山本小田にタッチに行くがタッチできずセーフかと思いきや小田スリーフィートラインを越えていてアウト一塁塁審山崎 さん大活躍古城の代打徳田の二遊間の当たりを二塁手山本逆シングルでとってグラブトスで二塁に送球し中村をホースアウトにする超ファインプレーで試合終了。

シュールストロム投手:8月27日のジャイアンツ球場に帯同したときには、首位攻防戦の重いムード のなかでひとり陽気で、試合後「(我々のタイコを指差して)ばんばんばーん」とか言ってたシュールストロム投手。 9日は試合途中に一度中山選手を相手に軽くキャッチボールをやっただけでした。一連の解雇報道が気になっているのかどうかわかりませんが、 ジョークも出ず、ずっと硬い表情でした。がんばれエリック

小田選手が右足首に自打球を当てましたが、これは問題なさそう。

芝草投手は何度も西選手あたりに声をかけられながらしのいでいたのですが、そのあとの今井投手が・・・。沼田投手は登場時にたくさん拍手もらってました。

新キャラか?橋上選手に指示を出しつづけるオヤジ」出現!この人はFs帽子に紫のシャツ、東北方面の訛りがある方で、 橋上選手が守備の時は「もっと前」、ランナーに出ると「走れ」と言って、両腕で訳のわからないサインを出して観客の爆笑を誘っていました。橋上選手も二塁上で、三塁にランナーがいるのに「走れ」といわれて笑っておりました。