【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2000年2月18日 チーム対抗戦 横浜−湘南(宜野湾市民) 報告者:相模原ファイターズ会さん(上段)/Mattさん(下段)

湘南
横浜 ×

湘南投手:谷口(2回1/3)関口(1回2/3)小桧山(2回)田中敏(1回)米(1回)
横浜投手:福盛(2回)河原(2回)関屋(2回)森中(1回)矢野(2回)

一回表 福本中安、荒井一ゴロゲッツー、古木一ゴロ。
一回裏 石井琢四球→盗塁、波留死球、鈴木左飛、佐伯レフトへタイムリーで1点(1,3塁)、
      中根ハーフスイング三振、進藤四球、メローニ一飛。

二回表 長見三ゴロ、宮内右安、小池三ゴロゲッツー。
二回裏 谷繁左二塁打、田中一中安、石井遊ゴロで1点、波留中直、鈴木四球→盗塁、佐伯左飛。

三回表 加藤遊ゴロ、鶴岡三ゴロ、大野遊ゴロ。
三回裏 中根左二塁打、進藤中安、メローニ三失、谷繁空三振、田中一遊ゴロ、石井二ゴロ。

四回表 福本右二塁打、代打杉山逃三振、古木逃三振、長見三ゴロ。
四回裏 波留捕飛、鈴木二ゴロ、佐伯中飛。

五回表 宮内三ゴロ、小池四球、加藤二ゴロ、鶴岡中飛。
五回裏 中根二ゴロ、進藤左安→代走万永、メローニ三ゴロゲッツー。

六回表 (YBサード、メローニ→金城)大野捕邪飛、福本右飛、代打石井義二ゴロ。
六回裏 谷繁三塁線の当たりを古木正面で受けるが後逸し谷繁二塁へ→代走相川、
      田中一遊飛、石井中越二塁打で1点、波留左越二塁打で1点、鈴木空三振、佐伯三邪飛。

七回表 古木遊飛、長見二飛、宮内一ゴロ。
七回裏 代打駒田左安→代走新沼、万永左飛、金城三野選、相川二ゴロゲッツー。

八回表 小池三失、代打田中充投ゴロゲッツー、途中からキャッチャーの秋元遊ゴロ。
八回裏 田中一二襲安→盗塁、石井中安タイムリーで1点→盗塁と秋元の二塁への暴投で三塁へ、
      途中出場の多村逃三振、途中出場の井上中安タイムリーで1点、佐伯一ゴロ。

九回表 代打八馬遊ゴロ、福本左二塁打、代打七野右飛、古木二失の間に1点→代走金川、長見空三振。

昨年イースタン5位の実力如何なく・・・

横浜ベイスターズ湘南シーレックスの実力の差がもろにでてしまいました。

SR古木
去年のフレッシュオールスターのMVPだそうですが、その片鱗みえず。とくにサードの守備はお粗末。サードへの打球を取れない、はじく、一塁への暴投、野選一回とあいかわらず「古木る」は健在でした。打つほうも中途半端。表情も沈んでます。

SR福本
猛打賞で、打者で唯一の活躍。初回の先頭打者としての二遊間を割る鋭いヒットは、この試合でのシーレックスの快進撃を予感させたのですが・・・。九回には三塁線ぎりぎりのすばらしい二塁打。ただ、守備では二回に石井琢の遊ゴロを本塁封殺しようとあせって前にいったんはじく(結局一塁に投げてアウト、一点はいる)など、去年から同じことしてる。谷口のピンチに再三マウンドに寄って励ます姿勢はよかったと思います。彼、かなりハンサム(死語?)ですね。

SR宮内
打撃フォームをじっくりみていると、何年も一軍で活躍しているような安定感があります。ゲストの中塚氏が「ミートがうまいでしょ」という通り、二回にヒット、九回には鋭い当たりがたまたま一塁手の正面を衝いてしまったかんじです。放送中に「課題は守備」といわれてましたが、そうなんですか?

SR長見
一打席目に左翼ポールぎりぎりの大ファール。ここ何年かいつも思うのですが、「当たれば飛ぶ」長見選手はやっぱり怖いですよ。確実性がなさすぎなのも変化なし。このタイプ、YBでは大成しないケース大で心配。(佐野さん、松久保さん)この人、九回二死絶対絶命の場面で大振りして三振というのもよくみる光景?まずはファームで20本!

SR関口
湘南にいること自体に「イライラが募っている」と語っていました。去年の制球難は、今日は全くなく、すべて詰まらせてアウトにしてました。

SR谷口
初回、先頭の石井琢に四球を出したところでへらへら笑ってましたが、ランナーがたまると次第に無表情に(G桑田のようだ)。変化球がほとんど低すぎ、高く浮いた直球を狙い打ちされてしまいます。毎回同じような展開でランナーをためてしまったり、波留選手の背中にデッドボールを当ててしまったり。YB昇格はまだまだ先?

YB田中一
二回、無死二塁からセンター前ヒット。センターがバックホーム、ランナーは三塁でストップしたが、田中選手はいつのまにか二塁へ!積極的にセーフティーバントを試みたり、八回には盗塁を決め、掻き回していました。YBでも一番目立っていました。

YBメローニ
打撃はまだまだですが、サードの守備はうまい!(Tバトルとは段違い)

 

日野2軍監督はシーレックス今年の期待選手として「福本」を筆頭に、「古木、長見、宮内、石井義、関口、細見」を挙げていました。はっきりいって、現状では去年最下位だったときとあんまり変わってないかもしれません。ただ、独立したチームとしてこれから教育リーグ、公式戦を戦っていけば、他球団の二軍とは違うどこか違うすばらしい成長をみせてくれると思います。きょうは惨敗でしたが、「いまYBとこのくらい差があるんだよ」と実感し、徐々に追いついて転覆してやればいいんじゃないでしょうか。

なお3月20日の教育リーグ「湘南川崎」(長浦)も中継するそうです。

                  

写真の説明&観戦記
by Mattさん

2000年2月18日、プロ野球界に新たなチームが誕生しました。その名は湘南シーレックス!その初戦が沖縄、宜野湾球場で行われるということで、デジカメを持って観戦に行って参りました。以下はその報告でございます。
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
01.球団旗
宜野湾球場のポールになびく横浜湘南の球団旗。今日は湘南シーレックスの記念すべきデビュー戦です。試合は、多分午後1時頃からスタートだったと思うんですが、所用のため球場に着いたのは既に午後2時半を回ってました。・・・ちょっと悔しい。(T_T)
写真のように風はちょっと強めです。まぁ、宜野湾球場は海がとても近いので、普段でも1塁側(海側)から3塁側に向かって強い風が吹いてます。
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
02.03.試合の様子
まずは球場裏のゲートから外野スタンドに入ってみるとビックリ!かなりの観客の数です。報道陣の数も半端じゃないし、ちょっとしたオープン戦のような雰囲気です。この試合の注目度が伺えますね。
何だか写りの悪い写真ですがご勘弁を。(^^; 
小さくて見えにくいのですが湘南側のスタンドには太鼓を持った応援団がいたり、横断幕がかかっていたりと熱烈な(?)シーレックスファンが結構いました。(←実は湘南のキャンプ地、嘉手納町の方々だったそうです)今日はあまり見せ場のなかった湘南ですが、9回に1点入ったときには3塁側応援席はすごい盛り上がってましたよ。
因みに、この写真、目の前に写っている選手は長見選手です。それにしてもシーレックスのユニフォームかっこよすぎませんか?これじゃカッコイイからこのまま(2軍)でいいやと思わないかこっちが心配になりますね。(笑)
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
04.試合の様子
05.試合の様子
さてさて、外野から内野の方に回ってバックネット裏から本格的に試合観戦しました。回は進んでいて6回裏からの観戦です。ピッチャーは湘南小檜山投手。バッターは鈴木尚典選手。<残念ながら三振でした。
オーダーを見ると、横浜の方は鈴木尚典選手の他、波留選手、石井琢選手、佐伯選手、谷繁選手等々、主力がズラリ!こんなことなら無理しても最初から見たかったなぁ〜、とまたも後悔(T_T)
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
06.試合の様子
写真は8回表に出てきた矢野投手いやぁ〜、良かったですね。矢野投手。初めて生で見ましたが、柔らかい腕の振りから重そうな球を投げてました。結局、最終回にエラー絡みで1点を失ったのですが、いいピッチングだったと思います。
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
07.宮内選手、
08.古木選手
大砲候補の2人ですが、古木選手は今日はあまりいいところなかったようで・・・。守備でもエラーをしてしまい、後のミーティングで銚子コーチにダメ出しをくらってました。(;_;)
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
09.10.11.試合終了の整列
試合終了後の整列です。結果はみなさんご存じの通り、残念ながら湘南は記念すべきデビュー戦を勝利で飾ることが出来ませんでした。まぁ、横浜側からすれば、言ってみりゃ2軍相手ですから勝って当然ですね。(^^;
この悔しさをバネにみんな1軍目指して頑張れっ!湘南シーレックス
整列の後は、試合終了後のミーティングです。まずは日野2軍・・・いやいや日野「湘南シーレックス」監督のお話から。(笑)
続いて投手と野手に別れてのミーティング。田代打撃コーチから何故打てなかったかということで何点か注意を受けてました。・・・そうですよね。たった4安打ですもんね。(T_T)
またこの後、銚子守備走塁コーチからは内野陣に反省を促す厳しいお言葉が。練習で出来てどうして試合ではそれらが出来なかったか、あと内野同士でのカバーリングなどについて注意していたと思います。・・・そうですよね。エラー多かったですもんね。(T_T)
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
13.福本選手
そんな中、今日湘南で一番目立っていた(らしい)湘南福本豊選手がインタビューを受けてます。何でもこの試合での活躍が認められ、湘南シーレックス卒業第1号になったそうですね。<おめでとう!今度は横浜のユニフォームでの活躍を!&なるべく戻ってこないよーに。(^^;
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
17.田中一選手
横浜勝利の中で、最も光っていたのがドラフト一位の田中一徳選手。試合のMVP賞にあたるハッスルプレー賞を貰いました。相模原ファイターズ会さんも絶賛しておられるように、足で掻き回すプレーができる選手ですね。僕は1打席(8回裏)しか見ていないんですが、2-3から右前安を打つとすかさず盗塁を決めるところは、ホント足の即戦力として1軍でイケルのではと思いました。写真は試合終了後に球場に残ってバッティング練習をしているところを撮ったものです。
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
19.金城選手
球場横にあるグラウンドでは、金城選手万永選手がノックを受けていました。(中央が金城選手、左端が万永選手)どちらも守備、走塁面での活躍が期待される選手ですね。万永選手は9回表に失点に結びつくエラーをしているだけに表情は厳しかったです。<湘南行きにならないか心配?
容量不足のため画像データを削除しました。スミマセン。
#2001/9/15
20.谷繁選手&相川選手
こちらもノックを受ける谷繁選手相川選手。谷繁選手に続く捕手になれるかな?>相川選手。
・・・と、拙い文章ですが観戦記はこんな感じです。
ユニフォームの違い同様、試合結果でも1軍との差を痛感させられた内容でしたが、湘南の選手自身がこの悔しさをバネに大きく成長してくれることを願うばかりです。まだまだ始まったばかりの湘南シーレックスですが、今後の横浜やプロ野球のファーム全般にどのようないい影響を与えていくか楽しみですね。

選手報告
注:選手報告と言いつつ、試合観戦したのは6回裏以降なので、僕が見た選手のみに限ります。(^^;<中途半端でスミマセン。

田中一徳選手(横)
今年のドラフト1位。165cmと球界1のチビッコ選手ですが、いざプレーを見ているとそのハンデを全く感じさせません。8回裏の1打席しか見てないのですが、米投手の変化球に巧く合わせて1,2塁間を抜くと、牽制も何のそのでいきなり二盗を決めました。その後石井琢選手のセンター前安打で帰ってくるのですが、これも速いこと速いこと
東出選手(=広島)も速いと思ったのですが、もしかするとその上をいっているかもしれません。足、守備では即戦力ですが、如何せん打撃はまだまだ非力さが目立ちます。この点で考えると、健一さんも仰ってますが、直ぐに1軍でではなく、湘南で打力を磨いてから横浜へというのもひとつの手かなと思います。三塁方向に叩き付けるバッティングが出来るようになるのが目標でしょう。

矢野英司投手(横)
この試合、8回表から2イニングを投げました。初めて見ましたが、矢野投手今年ブレイクするんじゃないですか?直球の切れ、球質、変化球、どれをとっても素晴らしいです。去年は速い割に球質が軽いと言われていた(気がする)のですが、見た限りはそんなことはない感じです。
TVで球速が出ていたかどうかわかりませんが、140中盤くらいはでていたんじゃないでしょうか。この試合で終盤に出てきたということは、もしかするとセットアッパー、押さえの可能性もあるということなのかな?

金城龍彦選手(横)
僕は近代付のころから注目していたのですが、何故投手を辞めたのでしょう?上背はないが150km近い直球を投げると評判だったのに・・・。まぁ、今更そんなこと言ってもしょうがないのですが、やはりそんな経緯もあって肩はとても強いです。しかし、守備はまだまだといったところ。この試合でも守備で少しおぼつかないところを見せていた感じがします。足もあるそうなので、1軍では万永選手あたりと守備固め、走塁要員ででてくることになるでしょうから、より一層守備力を上げて欲しいです。

米正秀投手(湘)
うう・・・。何か見るたびに小さくまとまってきているような気がするのは僕の気のせいでしょうか? カーブはまずまずいいと思ったのですがその他の変化球に特徴があまりない。だからといって直球が速い、威力があるというわけでもないので、どこに活路を見いだせばいいのか悩んでしまいます。今のままでは敗戦処理要員で終わってしまう可能性も・・・。(キビシイこと書いてしまったなぁ)

長見賢司選手(湘)
身長が192cmあるそうで、見るとホントに力がありそうな体格なのですが、相模原さん評されているように確実性がないのがキビシイ。直球には強いと思うのですが、変化球はどうでしょうねぇ。(^^;

八馬幹典選手(湘)
最後の9回に1打席だけ見たのですが、打はあまり期待できないかもしれません。(←でも1打席だけしか見てないのでわかりませんが)でも、足は速いです。しかし、社会人入団ですので足が速いだけでアピールするわけにもいかないでしょうから、何か他の特徴があるかどうかです。守備はどうなんでしょう。なんかファンブルしてませんでした?
八馬選手、8回表のネクストバッターサークルでマスコットバットを振っていたのですが、重りがとれて審判の後ろ側へ飛んでしまうハプニングが。ピッチャーがモーションに入っていたので、取りに行くわけにもいかず、おろおろしてました。(笑)かなり天然の予感。(笑)

古木克明選手(湘)
今日は攻守両方でいいところなかったようですね。特に守備面では、銚子コーチに名指しでダメ出しされる始末。(T_T) 
守備をどーのこーの言うよりも、打撃で守備面のお釣りがくるくらいの活躍を期待したいです。もちろん守備力UPしてくれるに越したことはないんですけどね。(^^;

長々と拙い文章で書いてますが、少しでも 2軍愛 な皆様に雰囲気をわかって頂ければ幸いです。

>Mattさんへ
沖縄からのリポート&映像提供有り難うございました。そして私の知識不足から度重なるメールのやり取りを要したこと誠に申し訳ありませんでした。今後も宜敷御願いいたします。by 健一@管理人