【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2000年5月7日 ウエスタンリーグ 5回戦 中日−ダイエー(ナゴヤ) 報告者:フォロンさん

(昨日に続いて10回規定により引き分け)
福岡ダイエーホークス
中日ドラゴンズ

ダイエー:土井(8回)、木村(1回)、松(1回)
   日:山北(5回)、朝倉(1回)、今中(1回)、福沢(2回)、小山(1回)

ホークス 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(三) 本間 三振 三振 遊飛 三振  
(遊) 新里 二ゴ 二ゴ 左前安 三振  
(中) 森山 右飛 本塁打 四球 捕ゴ  
(左) 出口 四球 三ゴ 三振 二ゴ  
(右)一 湯上谷 二ゴ 左前安 二ゴ 中前安  
(捕) 本田 中飛 三邪飛      
 捕 川越 中飛 三振      
(一) 吉本亮 三振 三振 左飛    
 打 脇坂 中飛        
 右 高橋          
(二) 田中 右飛 三塁打 遊ゴ 三振  
(投) 土井 三振 三振 三振    
 投 木村          
 打 吉本一 三振        
 投          
 
ドラゴンズ 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(二) 荒木 遊ゴ 三振 二ゴ 内野安 一邪飛
(捕) 鈴木郁 遊ゴ 右邪飛 遊ゴ 犠打  
 打 藤井 四球        
(三) 筒井 遊ゴ 四球 二飛 左飛 左前安
(左) ディンゴ 二ゴ 中飛 左飛    
 右 幕田 左飛        
(右)左 原田 二ゴ 三塁打 三ゴ 投ゴ  
 投 小山          
(一) 高橋 中前安 犠飛 遊ゴ 右飛  
(遊) 森野 二塁打 中前安 一ゴ 三ゴ  
(中) 蔵本 四球 遊ゴ 三ゴ 左前安  
(投) 山北          
 投 朝倉          
 投 今中          
 打 中野 右飛        
 投 福沢          
 左 山田広 犠打        

 昨日同様二日続けて引き分けでした。ダイエーは5回の田中の三塁打から土井がスクイズをしようとしたところ空振り(中日はウェストしたわけではない)したためせっかくのチャンスをつぶしてしまうということがありました。中日側も、土井を攻めきれずにずるずるとしたしあいはこびでした。10回裏にランナー1,2塁のチャンス(ツーアウトだが)に筒井が打ったヒットでサヨナラか?と思いきや出口の返球がよく二塁ランナーの蔵本がホームタッチアウトとなり、ゲームセットとなりました。ゴールデンウィークも最終日でこんなプレーが見れるとは思いませんでした。

山北(中)
制球力が課題。球はそこそこきているのだが、ランナーを背負ったときがやや弱い。

朝倉(中)
直球は速い。(MAX144km)しかし、ランナーを背負ったときのもろさが目立つ。

今中(中)
かわすピッチングで一回を無安打で終わらしたが、本調子にはまだ遠い。

福沢(中)
ファームのピッチャー陣でマウンド度胸は一番だと思う。成長次第で、中継ぎエースとして活躍する可能性大。

土井(ダ)
やや制球力に不安があるものの、要所要所はきちんとしている。一群で活躍する日もそう遠くはないと思う。


2000年5月7日 イースタンリーグ 6回戦 ロッテ−西武(ロッテ) 報告者:千代松さん

 
所沢ライオンズ  8 16
浦和マリーンズ × 18 20

○藪田   2勝 1敗 3試合
●ディアス 1敗 0敗 4試合 青木1号(戸部

今日はロッテと西武戦に行ってきました。まぁまぁの天候でしたが風は強かった。でも、またまた大変な観衆でした。
試合はロッテ打線が爆発で18−8で勝ち。ダイ選手(小島大作)がよかったですよ。あの選手はいつもいい働きをしてるし、声も大きいし、小柄だけどパワー満点。もうそろそろ一軍で使ってもいいのではないかと思います。

西武3年目の左腕佐藤友紀投手(神戸弘陵出3年目)、一イニング登板しましたが大量8点をとられてかわいそう。その間キャッチャーを除いてほとんど誰もマウンドに行かず、さらしもの状態に近かったような。。(若干目を離した時間もあったので確信ないですけど。)みたところいい素質をしてるし、大事に育てて欲しいものです。

それにしても試合前見てたのですが、西武のノック練習はほんとに動きがスムーズだと思いました。


2000年5月6日 ウエスタンリーグ 4回戦 中日−ダイエー(ナゴヤ) 報告者:フォロンさん

(10回規定により引き分け)
福岡ダイエーホークス
中日ドラゴンズ
ホークス 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(二) 本間 内野安 三振 三振 左前安 四球
(右) 高橋 投ゴ 左前安 三振    
打右 湯上谷 中飛 一ゴ      
(左) 吉本一 四球 三振 遊ゴ 左前安  
打左 森山 三振        
(一) 出口 中飛 二直 左前安 四球 三失策
(捕) 川越 中飛 四球 三ゴ 犠打 一ゴ
(中) 西島 三振 左飛 三振 中前安 一ゴ
(三) 吉本亮 二塁打 三振 遊失策 三振 三振
(投) 小椋 三振 三振      
 投 木村          
 打 脇坂 一ゴ        
 投          
 打 杉田 三振        
 投 斎藤和 四球        
(遊) 川崎 投ゴ 二ゴ 左前安 三振 三振
 
ドラゴンズ 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(中) 大西 三ゴ 四球 中前安    
中右 幕田 三振 一邪飛      
(二) 荒木 投ゴ 一邪飛 中飛 中前安 左前安
(三) 渡辺 四球 遊直 本塁打    
 一 高橋 二ゴ 二ゴ      
 投 遠藤          
(左) ディンゴ 中前安 中飛 四球 遊ゴ  
 中 蔵本          
 打 山田広 三振        
(右左) 原田 三ゴ 三振 二塁打 四球 中前安
(一三 一) 筒井 左飛 左飛 一ゴ 犠打 三邪飛
(捕) 藤井 三振 四球 左飛 三振  
 捕 鈴木郁          
 打 益田 三振        
(遊) 森野 遊ゴ 遊ゴ 二ゴ 三飛  
(投) 山田洋 四球 右飛 三振    
 投 日笠          
 投 小山          
 投 小笠原          
打三 善村 二飛        

 試合開始前に、中日スポーツのウェスタンリーグ4月の月間MVP賞で森野選手の表彰がありました。今日の試合での活躍が期待されましたが、全然だめでした。
 ディンゴが今日はやるか?と思いきや、相変わらず変化球にはついて行けていません。2打席目のセンターフライは、広島市民球場か神宮球場ならスタンドへ入っているであろうあたりでした。4打席目は、ファールでかなり粘りましたが、だめですね。
 ダイエーも10回表に中日のエラーが2つあり、得点のチャンスでしたが、バントで左打者なのに一塁線へ転がしたのが理解できません。


小山(中)
ランナーを出したとき、相変わらず制球力がないのが問題点です。

筒井(中)
チャンスで回ってきても凡打でランナーを返せません。今日の守備もイマイチ。

藤井(中)
ワンバンをきちんと取れないのが問題。記録としてはワイルドピッチだが、捕球できるはずの球。そのせいか、打席では全然だめ。

吉本亮(ダ)
チャンスできちんと打てないのが問題。一塁線へスクイズをしたがファールになった。守備以上にバッティングが問題点。

小椋(ダ)
渡辺にホームランされたのが唯一の失投。できとしてはまずまずだと思う。ボールがはっきりしているのが反省点か?


2000年5月5日 ウエスタンリーグ 3回戦 中日−ダイエー(ナゴヤ) 報告者:フォロンさん

 
福岡ダイエーホークス 13
中日ドラゴンズ ×  9
ホークス 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(二) 本間 中前安 左前安 内安 犠打 遊飛
(左) 森山 犠打 二飛 犠打 FC 遊ゴ
(右) 吉本一 四球 中前安 一ゴ 三振  
本田 二塁打        
田中          
(一) 出口 右前安 中前安 三ゴ 四球 バ失敗
(捕) 川越 三振 犠打 二塁打 併殺 併殺
(中) 高橋 三振 中前安 犠打 三飛  
(三) 吉本亮 右飛 三ゴ 遊ゴ    
打 三 湯上谷 二塁打        
(投) 総司 捕ゴ        
杉田 中前安        
広田 三振        
新里 犠打        
         
(遊) 川崎 中前安 二ゴ 左前安 四球  
 
ドラゴンズ 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(中) 蔵本 右前安 四球 一飛 二ゴ  
(捕) 鈴木郁 四球 左前安 二ゴ 三振  
(三一) 筒井 二飛 右前安 左飛 右飛  
(左) ディンゴ 四球 中飛 三邪飛 二塁打  
走 左 山田洋          
(右) 原田 左前安 中前安 一ゴ 右直  
幕田          
(一) 高橋 三振 左前安 一ゴ 右飛  
喜村          
(二) 荒木 左飛 犠打 二飛 三塁打  
(遊) 森野 二ゴ 四球 二ゴ 三振  
(投) 鶴田 三振 二塁打      
         
中野 投ゴ        
小笠原          
藤井 右飛        
日笠          
遠藤          

学校も休みでしたので子供のファンが多かったです。内野席は、かなり人が入っていました。最初は乱打戦になるかと思いましたが、結果としては、割と締まった内容になりました。

序盤は両チームの先発が乱丁気味で、球数が多く、ボールもはっきりしていました。ディンゴのコールが入ると、観客から拍手がかなりありましたが、ディンゴは最終打席でやっと期待に答えることができましたが、ツーアウトからのヒットでしたので、翌日以降が期待になるでしょう。

ディンゴ(中)
状態が悪すぎ。変化球にもついていけていない。レフトの守備はかなり緩慢。塁に出てもボーっとしていて、牽制死しそうになっている。最終打席のヒットのイメージが翌日以降に出せるか?

森野(中)
一時期の調子と比べると悪い。というか、その時が良すぎたのか?あまり誉められた内容ではない。

鶴田(中)
最速136km/hであったが、変化球がなかなか決まらない。ストレート主体の組み立てであったため、かなり苦労したようだ。

出口(ダ)
最終打席になぜバントをしたのか疑問。バント失敗がわかったら一塁へ行くスピードをゆるめてしまった。これはいけない。他の打席は、かなり誉められる内容。


2000年5月5日 イースタンリーグ 9回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷) 報告者:みつともさん

イースタンリーグ公式戦 平成12年5月5日(祝・金)
日本ハムファイターズVS.千葉ロッテマリーンズ 9回戦 日本ハム6勝3敗0分
(ファイターズスタジアム鎌ヶ谷) 13:00 晴→曇り 試合時間 3時間27分

                          H  E
千葉ロッテ 010 020 100 ・・ 13  0
日本ハム  000 200 12X ・・  7  1

○ 勝利投手 立  石 1勝1敗 ● 敗戦投手 寺  村 1勝1敗
◎ 勝利打点   西   8回中堅2点本塁打

本塁打 ダ  イ   2号 厚  沢@ 2回2死 (千葉ロッテ)
  西    1号   礒  A 4回1死 (日本ハム)
諸  積  1号 厚  沢@ 5回無死 (千葉ロッテ)
  西    2号 寺  村A 8回1死 (日本ハム)
2塁打 諸  積  3回1死 (千葉ロッテ)
早  川 7回1死 (千葉ロッテ)
  西   7回無死 (日本ハム)
盗  塁 森  本 8回2死 (日本ハム)
失  策 小  牧 1回2死 山本左飛を落球 (日本ハム)
走塁死 山  本 7回無死 大村三ゴロで本塁狙い (千葉ロッテ)
  西   7回1死 森本投ゴロで二三塁間狭殺 (日本ハム)
暴  投 沼  田 5回1死 打者・大村 (日本ハム)
沼  田 6回2死 打者・諸積 (日本ハム)
ダイ先制2号HR4安打、諸積3安打調整完了!佐藤3安打も決め手に欠く
(千葉ロッテ) 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(8) 諸  積 三振   左2   右本・ 四球   左安  
(5) 松  本 中飛   二ゴ   中飛 二ゴ   捕犠  
(3) 山  本 左飛   二ゴ   中安   左安 遊ゴ  
(DH) 佐  藤 三振     二安 左安   右安 三振  
(7) 大  村   中飛   三振 中犠・   三ゴ    
 9 平  井                 中飛
(9)7 早  川   三振   四球 三ゴ   右2・   四球
(4) ダ  イ   左本・   左安   中安 三振   右安
(2) 橋  本   三振   三振   投犠 四球    
 H 椎  木                 三振
(6) 渡  辺     遊ゴ 三振   二飛      
 H 澤  井             一ゴ    
 6 塀  内                  
 H 里  崎                 二ゴ
  残  塁 38 13
  「・」は打点
 
井出2安打が何れも得点のアシスト、西2ホーマー3安打4打点で逆転勝利
(日本ハム) 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(6) 田中賢 左安   三振   遊ゴ   四球    
(4) 古  城 投犠   三振     遊ゴ 右飛    
(DH) 井  出 中飛     中安   一飛   左安  
(7) 9 小  牧 四球     右飛   遊ゴ   二直  
(3)   西 三振     左本:     左2 中本:  
(5) 小  田   三振   三振     遊ゴ 二ゴ  
(8) 森  本   二飛   右飛     投ゴ 右安  
(2) 7 荒  井   一ゴ     中飛   四球 二ゴ  
(9) 日  里     三ゴ   一ゴ        
H 2 實  松             四球    
  残  塁 30  
  「・」は打点

(千葉ロッテ) 礒7回4安打3失点も充分の好投、寺村被弾でリード守りきれず。
(日本ハム)  厚沢調整途中も7奪三振、沼田同点打を許す、立石無失点で勝利投手

投手成績 投球回 打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
    礒 29
● 寺  村
   厚  沢 4 1/3 21
   沼  田 2 2/3 15
   神  島   1/3
○ 立  石 1 2/3

○日本ハム千葉ロッテ●

皐月晴れの中祝日3連戦に2連勝、勝率も5割に戻った日本ハム今日の試合に勝って貯金といきたい。この試合の先発は千葉ロッテが礒、日本ハムはキャンプのケガから復帰、今日が今シーズン初先発の厚沢の両投手。

先制点は千葉ロッテで2回、2死からダイがレフトへ打ち上げると、小牧がフェンス前でジャンプ一番もフェンスをギリギリ越える今シーズン第2号ソロホームランで1−0。

さらに3回佐藤がピッチャー強襲ヒット、1死から早川が四球、ダイがレフト前ヒットで満塁と病み上がりの厚沢を攻める。しかし続く橋本、渡辺が連続三振で3者残塁得点できず。

千葉ロッテ先発の礒の前に3回まで1安打の日本ハムは4回反撃に出る。この回先頭の井出がセンター前ヒット、今日から島田と入れ替わりでファームで再調整の小牧がライトフライで続けず。続く西が、今日は西デーになるとは予想もしなかったが、左中間の深い位置へこれが、今季初ホームランとなる第1号逆転ツーランホームランで日本ハムが2−1とした。

ところが5回今日は1番で出場の諸積がライトへ、ホームランにはホームランでお返しとばかりに、第1号同点ソロームランで2−2。さらに山本にセンター前ヒットを打たれて厚沢は降板、2番手に沼田がマウンドに上がった。しかし佐藤にもレフト前ヒットで1、3塁。ここで大村がセンターの定位置よりややライトよりに飛距離充分の犠牲フライで1点を追加、4−2と2点リードに変わった。

6回まで西のホームラン以外ヒットを打たれない上々のピッチング内容だった千葉ロッテ礒だが、疲れが見え始めたのか、7回西にツーベース、森本の投ゴロで二、三塁間に挟まれるも森本が2塁達して2死ながら2塁と、得点のチャンス。ここで昨日大爆発の荒井が四球を選ぶと、続く日里に代わって實松が代打で登場。實松も四球を選び満塁。続く田中賢がさらに四球は押し出しで日本ハムが労せずして1点を返した。

7回を投げて3失点も僅か4安打の礒がここで交代、8回からは抑えに寺村がマウンドへ。しかしこの寺村の出来が誤算だったのか、西の調子が良かったのか、4回と同じく井出から攻撃開始で、井出がヒット、小牧が凡退して1死も、西が今日2本目となるホームラはンバックスクリーンに飛び込む第2号逆転ツーランホームランで、日本ハムが昨日までの連打とは違い1点を争うゲームを展開した。

7回千葉ロッテは山本、佐藤が連続ヒット、1死後早川がライトへタイムリーツーベースで1点を挙げていたが、まさかの逆転を許した。9回それでも粘る千葉ロッテは1死から、早川が四球で出塁、ダイのライト前ヒットで早川が好走塁で一気に3塁へ。1死1、3塁と一打同点、長打で逆転のピンチを迎えた。しかし8回途中から代わっていた、日本ハム4番手の立石が代打・橋本を三振、同じく代打・里崎をセカンドゴロに打ちとって試合終了。日本ハムが前半の劣勢を跳ね返し逆転勝利、3連勝で待望の貯金1とした。

◆ 球 審 新 屋             ◇ 公式記録員 嵯  峨(セントラル・リーグ)
   1  塁 柳 田
   2  塁 −−−
   3  塁 桃 井(パシフィック・リーグ)


2000年5月4日 イースタンリーグ 8回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷) 報告者:健一

好天とGWということもあり多くの観客が訪れていました。駐車場は第一、第二と埋まり球場を取り囲むほどの車の入りでした。もう女性の方は日焼け止めは必須でしょうか?私もTシャツから出た両腕に顔も日焼けしました。日差しも眩しかったですが風も爽やかで当にデーゲーム日和でした!#何が良いってそりゃあ天候が良いことだよ(^^)

   H
浦 和マリーンズ  3  8
鎌ヶ谷ファイターズ 10 13

PL:桃井 1B:新屋 2B:村越 3B秋村 公式記録員:嵯峨

マリーンズ 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(一) 天野 三振   三振     右飛 二ゴ    
 打 橋本                 三振
(二) 松本 左安   三ゴ            
 二 ダイ           右飛   中安  
 打 信原                 一ゴ
(左) 大村 遊併     遊ゴ          
 左 早川           四球   左安  
(指) 佐藤   右飛   四球   三振   投ゴ  
(中) 諸積   三振   二ゴ     四球 中2:  
(右) 平井   遊ゴ   中飛     捕飛 一邪  
(捕) 里崎     右安   三ゴ        
 捕 池野             三振 四球  
(三) 渡辺     中安   投ゴ   右安・ 三振  
(遊) 塀内     投犠   三振   右安    
 打 澤井                 一ゴ
 
ファイターズ 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊) 田中賢 右本・ 四球 四球 右安・     三邪    
(二) 古城 四球 三振 中飛 二ゴ     左飛    
(指) 井出 三振 四球・ 三直   一飛        
打指 藤崎             右直    
(右) 島田 中飛 一邪   左本・ 中飛     中飛  
(一) 西   四球 右安 三振 右2        
 一 高橋信               遊ゴ  
(三) 小田   中安 中飛 二ゴ 一ゴ     二直  
(中) 森本   三邪 四球 四球   左直      
(捕) 荒井   右安・ 中2: 中安   一安      
(左) 日里   左2・ 左2・ 左安・   三振      
マリーンズ
●小林宏 1 1/3
  亮寛 1 2/3
  川俣
  戸部
ファイターズ
○清水
  山原   1/3
  神島   1/3
  平松 1 1/3

【大まかな試合内容】

鎌ヶ谷先発は、期待も小さくない清水。指の掛かったストレートは威力もありました。松本にレフトに合わされるも大村をストレートでショートゴロに押さえ込み併殺で上々の立ち上がりでした。

一方浦和は右の本格派予備軍小林宏。フォームも大きく個人的にも好きな投手なので本日の登板楽しみにしていましたが・・・。先ずはいきなり田中賢が高めのストレートを振り抜きライナーで飛び込む先制本塁打!#「走攻守」全てに「ゴムマリ」のような弾力性を感じます<弾けまくり!!コユキの後釜は安泰でしょうか(F1-0M)

2回裏:小田、荒井、日里の下位打線につるべ打ちされKO・・・小林宏は制球が甘過ぎました、守備陣も守りのテンポがくるったかもしれません(^^;)。変化球は上ずり整えにいく半速球を痛打されてしまいました。まったく良いところ無しでした。(F3-0M)
一死23塁で亮寛に交代、辛い場面からの登板でしたが古城を三振に取るも満塁で井出に押しだし。(F4-0M)

3回表:里崎右前、渡辺中安に連続安打を許し塀内は投犠で一死23塁のピンチも天野をストレートで追い込みインコースに切れ込むスライダーで三振、松本も三ゴで脱しました。

3回裏:西右安、森本ひちょり四球後、またもや本日大当たりの下位打線登場!先ず荒井がライナーでセンターを越える2塁打を放ち2者生還、日里も左中間を破るタイムリー2塁打で更に1点追加。
スタンドからは「小林(宏之&亮寛)は駄目な奴ばっかだなあ!」と厳しい野次も出る始末!?
(F7-0M)

4回裏:まだまだ続く鎌ヶ谷打線!この回から亮寛に代わり川俣登板、流れを変えたいところでしたが、島田があわやレフト場外か?というほどのネット上部に当たる本塁打!(F8-0M)
二死からもひちょり四球、荒井猛打賞の中安で繋ぎ、これまた日里が猛打賞になる適時左安でひちょりを迎え入れました。更に田中賢が右安を放ち荒井も生還、川俣も止められず(F10-0M)

7回表:諸積四球、先日の顔面死球も痛々しく右頬が隠れるほどの特注ヘルメットを着用していました(この四球時あわや再度顔面か!?のボールもあり冷や冷やもんでした)。池野三振時に諸積が二塁へ盗塁、ここで渡辺がライト前に合わし1点を返しました。(F10-1M)

8回表:この回から清水に代わり山原登板#肩肘の故障に悩まされています。ダイ、早川に安打を許す、更に暴投もあり無死23塁。ここで4番佐藤のセンターにあわや抜けるか?の高いワンバウンドの打球をジャンプ一番で山原が好捕して一塁へ送球この間に一死23塁。左の諸積に対して神島にスイッチ、諸積はセンターを越える大2塁打で2点を返しました。(F10-3M)
この後平松も登板して逃げ切り鎌ヶ谷が浦和に大勝しました。浦和の投手陣の乱れが大味な試合展開を許す形となってしまいました。




【気になる選手達】

■小林宏之(ロ)
上記で述べたとおり期待の投手なんですが、昨年低迷してしまい今季もイマイチの内容・・・1年目はチーム最多敗戦(12敗)と経験値を稼ぎ2年目に「7勝7敗防御率4.48」でブレイク近しと思われましたがイマイチの昨年で今季4年目!!
立ち上がりストレートの伸びも感じさて本日はどんな投球を見せてくれるかと期待していたのですが、課題の制球難がボール先行としてカウントを整えようと縮こまった腕から繰り出される半速球を連打される最悪の結果となってしまいました。ストライク先行が出来ていたならフォークも使えたのですが・・・本日は残念でしたが再度頑張って欲しいですね。

■亮寛(ロ)
小林宏の残した走者を背負っての厳しい場面での登板は少し可哀想かな!?さて昨年以来のピッチングを見たのですが下半身も大分しっかりしていて逞しさが増したような印象を受けました。球質は相変わらず重そうで今後が楽しみな投手です。#右肘痛も完治してロッテ編成の「先見の明」と言いたいところです。
本日は威力あるストレートに相反して変化球の制球が散らばり上記小林宏と同様の悪循環に陥ってしまいまいした。結果も同じく目も当てられないものになってしまいまいした。次回に期待しましょう

■川俣浩明(ロ)
以上同文・・・では拙いですね(^^;)大柄な割には小さなフォームで制球も悪くないのですが、代わり端の回に集中打を浴びてしまいました。その後の2回は前の2人とは違って悪いなりにまとめる投球でなんとか抑えました。

■戸部浩(ロ)
一通りの変化球とストレートもそれなりに速く川俣以上にまとまった投球をする投手でしょうか。きっと2軍ではそれなりに結果を残す投手になると思うので早いとこ一軍に行きましょう!
#変化球とストレートの緩急は2軍のそれではないのでは?ただ追い込んだ後の決め球が欲しい!?

■天野勇剛(ロ)
昨年はファームでも打率0.288、13HR、53打点!1軍でも初本塁打を放ち今季はブレイクか!との期待も多少ありましたが、キャンプ時より1軍から洩れるあたりまだ何か足りない部分があるのでしょうね?今年4試合観た中で良いところをあまり見ていないのですが実際のところどうなんでしょう??
本日もボール球に手を出し天を見上げるシーンも目につきます。まだまだ若いのですからどうということはないのですがまた好調モードに戻したいですね。#やはりもう一年寝かした方が良いのですね、うん、うん。


■清水章夫(日)
本日は指に掛かったストレートの威力が効果抜群でした。特に右打者内角にシュート回転気味に入るストレートに浦和打線も困惑したのではないでしょうか。変化球はそこそこ(タイミングははぐらかす程度)でしたが、兎に角本日はストレートが良かったです。中盤からは意図的に緩ーいカーブも放っていました、それと同じくしてスタミナも切れつつあるのかスピードもガクンと落ちたりもしました。一軍ではどのように起用したら良いんでしょうね?短いイニングを全力で放りますか!

■神島崇(日)
ルーキー左腕群の中の1人ですが、ワンポイントの役割が多いようです。手首の柔らかさを生かしたドロップ気味の緩いカーブは特長かもしれません、ただ球種が少ないのが課題でしょうか。ストレートが物凄い剛速球と言うほどではないので変化球を磨けば中継ぎとして重宝するかもしれません。まだまだ先の話ですが(^^;)あのカーブは良いですね!

■田中賢介(日)
第一打席ライナー性の本塁打(今季第3号)!は賢介らしいですねえ。その後の打席でも臭い球には手を出さず高卒ルーキーのひ弱さを感じません。上に行っても恥ずかしくないプレーを見せてくれることでしょう。#いつも同じコメントですね(^^;)ボキャブラスクナクテスマンノウ

■藤崎大輔(日)
公式戦初登場!?7回井出に代わり代打で登場、高卒ルーキーらしからぬ100kg近い体重(ただ身体が出来ているというよりかは太っていると言った感じ)からも大物打ちの予感、バットが短く感じる程です。ややオープンスタンス気味に体を開く打撃フォーム、戸部からライトフライに終わりました。もう少し身体を絞った方が良い気がします(^^;)#下手打つと捕手から一塁専任になるかもしれません(汗)

■荒井修光(日)&日里正義(日)
本日大当たりの2人!共に猛打賞!2人で6打点!大暴れでもありました。荒井は捕手のポストを實松と争っていますがまだまだ譲れないといったところでしょうか、こいつに勝たないと一軍は見えませんので。#實松も攻守に安定感が欲しいっすね

日里に似つかわしくない!?長打の連発(笑)さて試合後は山森2軍外野守備・走塁コーチとのマンツーマンでの守備練習を黙々とこなしていました。


2000年5月4日 イースタンリーグ 4回戦 湘南−西武(横須賀) 報告者:鯨党右派さん(HP:Private Heaven

西 武
湘 南

今日は時間が空いたので湘南戦を観戦して参りましたので拙文ですが書き込みさせていただきます。試合の方は4―1で西武の勝利。西武投手陣が湘南を散発3安打に抑え、打撃陣もそつなく得点、西武の良いところばかり目立ちました。今日において両軍の決定的な差となったのが守備力。失策を3も記録した湘南守備陣であるが、特に内野陣の拙さには目を蓋うばかりであった。目についた選手は以下のとおり。

<追浜リポート・湘南編>

 オーダー  6福本7相川5石井義3宮内8小池4新井9長見2新沼1神田
 投手リレー 神田-阿波野-横山-中野渡

 神田・・・先発して6回を投げて失点3自責点2とまずまず、三振も5つ奪った。故障明けということもありストレートの球速は全盛期と比べて物足りないが(贔屓目に見て140超というところか?)、球威はあり打者を詰まらせることもしばしば。6回くらいからカーブの切れも出てきた。しかし、内容的にはイマイチで去年からの技術的な上積みがあまり感じられない出来であったと思う。私的に気になったのが以下の3点。
 @クイックが下手でセット時の投球に隙が多すぎる。モーションを盗まれることもしばしば。
 A変化球でカウントがとれない。そのくせピンチのときは変化球で逃げまくる。
 Bカーブを投げるとき、腕の振りで相手に見きられやすい。

特に@が問題。これが解消されないと一軍にお呼びはかかるまい。機動力で揺さぶられたら一溜りもなかろうから。ストレートの球速は恐らく今後登板を重ねていけば以前のものに戻るだろうが、一軍でやるならばクイックがちゃんと出来ないと通用しないと思う。これは谷口や田中敏ら湘南投手陣に多く見られる課題であるが何とかならないものだろうか。

 横山・・・この試合の最大の収穫。3番手として1回を投げて無失点、アウトは全て三振でとった。直球のスピードは恐らく140中盤くらい出てたのではないか。両軍含めてボールがミットに収まる音が1番重そうであった。フォークの切れも申し分なく、もう一軍OKの状態だと思われる。

 中野渡・・・4番手として1回を無失点。基本的に前述横山と同タイプで、直球・縦カーブ・フォークを投げ分ける。が、横山と比べると幾分スケールに欠け、特に直球の威力にはかなり差がある。力むと体が前傾し制球を乱す悪癖があるがこの日はあまり見られなかった。横系の変化球を覚えればかなり投球にバリエーションがつくのだが・・・現状では球を待たれやすい。

 福本・・・1番遊撃として出場、打撃は音無しだったが選球を意識していて悪くない。問題は守備、打球を待って取る悪癖があり、エラーを1つ記録。守備にもっと積極性が欲しいところだが、見るたびに拙くなってるような気がする。外野に専念したほうが良いかな。

 宮内・・・4番一塁として出場、4の2で1打点。4月と比べてフォームがまた少し変わっていたが、スタイルは飽くまでミートを意識したもの。バットコントロールの巧さで二軍では実力上位。イースタンでの4月のMVPになったそうだが、そろそろ一軍で使ってやって欲しい。

 

<追浜リポート・西武編>

 オーダー  8柴田4高木浩2田原9宮地7高山久5古屋3大島6原井1後藤
 投手リレー 後藤-平良-芝崎

 後藤・・・先発して7回3分の1を自責点1、被安打3に抑えこんだ。松坂をやや縮小したような投球フォームから投げ込む直球は、序盤で140中盤くらいは出てたような気がする。
投球時のフォロースルーが良い為、湘南打者が良い当たりを打っても失速してしまうことがしばしば。特筆すべきはその投球スタイル、捕手の田原のリードのせいかもしれないが内角・高めは殆ど攻めず外角・低め攻め一辺倒なのだ。球種もスライダー・フォークやシンカーらしき球を持っているが殆ど外角低めに放ってくる。細かい制球はまだ無いようで要らぬ四球を出すこともあり、2ストライク以後の勝負球に課題がありそう。しかし、今後かなり期待が持てそうな投手であり羨ましい限りだ。

 平良・・・2番手として1回を無失点。球速は大したことないが、カーブ・スライダーの切れは左打者にとってイヤラシイほどで、ワンポイントとして有効な投手。私的には去年から注目している選手で、西武で一軍戦力として期待していないならば、横浜に譲渡して欲しいほどだ。

 柴田・・・1番センターとして出場。打撃は球に逆らわない柔軟性を持っている。特筆すべきはその足、トップスピードになるとその速さは尋常ではない。盗塁も1つ決めている。

 宮地・・・4番右翼として出場。打撃は4番タイプではないがシュア。右翼守備は素晴らしく、飛球への追いつき方があれだけで飯が食えるのでは、と思わせるほど。ファールゾーンにスライスしていく難しい飛球も難なく捌いていた。

 大島・・・7番一塁として出場、4打数2安打1打点。打撃はオーソドックスなフォームから基本に忠実なセンター返しを志向、スケールはあまり感じられなかったがミートは巧く大振りするタイプではない。スイングスピードもなかなか速かった。

 高山久・・・5番左翼として出場。フォームにそれほど癖はないが、まだプロの変化球や緩急について行けない印象だった。

以上、お粗末でした。球速やら球種やらは誤認している可能性が高いのでご了承下さい。


2000年5月3日 ウエスタンリーグ 6回戦 サーパス−阪神(グリーンスタジアム神戸) 報告者:健一/こぐまさん

19:00前にオリックスvs日本ハムの試合が終了し約30分後の19:15からの慌ただしいウエスタンでした。なお上記一軍の試合は9回BWニールの一発で同点に追い付き、抑えのFミラバルを攻め最後はBW田口のサヨナラヒットで勝利を収めました。しかし解説の酒井勉氏は1軍、2軍と両試合の解説お疲れさまでした(^^;)

鳴尾浜タイガース
サーパス神戸 ×
PL:白井 1B:金子 2B:飯塚 3B:良川
タイガース 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊) 的場 一ゴ   捕飛   三振     中飛  
(二) ハートキー 四球   右本   中飛     右安  
(中) 吉田浩 中飛   三振     三振   一ゴ  
(一) 塩谷 三振     四球   二直     中安
(三) バトル   三振   四球   三振     遊併
(指) 橋上   一ゴ   二ゴ     中安    
走指 風岡                 三振
(右) 松田   一ゴ   三振     中飛    
(捕) 山田     三ゴ 三振     三振    
(左) 上坂     投安   右飛     右飛  
 
サーパス 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(右) 田中 三振     一ゴ   投安   三振  
(左) 嘉勢 三振     三振   右3・      
(一) 五島 一ゴ     三振   投飛      
(指) マルセド   二ゴ     三ゴ   三振    
(中) 葛城   右飛     三振   投ゴ    
(三) 佐竹   二ゴ     三ゴ   中飛    
(二遊) 福留     三振     四球   三振  
(遊) 相川     左飛     三振   左2  
 二  南渕                  
(捕) 久保     三振     投犠   三ゴ  
タイガース
●岡本
  中込
サーパス
  ウィリー 2 2/3
○栗山 6 1/3

【大まかな試合内容】
3回表
上坂が三塁線に絶妙なセーフティーバントで出塁、的場は繋ぐ打撃を出来ずあっさりキャッチャーフライ・・・、そしてシーズン途中来日の新助っ人ハートキー、彼の特徴等は後程と言うことで、この打席ではライトポール際に特大の本塁打で2点先行。しかしこの場面で納得いかないのがウィリー、どういうことかと申しますとポールを切ったのではないか?と白井球審に詰めより終いにゃ暴言も吐いて退場・・・ウィリーはかなり激高しているようでベンチに帰っても怒りは納まらずといった様子でした。VTRを見る限りポールの相当上を飛んでいきましたがボールの落ちた位置から推測するに回ったような気もしますが・・・審判の判定は絶対ですので判定通りということでしょう。
(SK0-2T)
#そんなところまで飛ばされたウィリーが悪い!?なんて穿った見方もあるわけです(^^;)

4回表
前のイニング途中から慌ただしい登板の栗山が塩谷、バトルと連続与四球。橋上には併殺お誂えのセカンドゴロを打たせるも二塁手福留から遊撃手相川への送球を相川が掴み損ね2封のみ。一死13塁のピンチも松田、山田を落ちるボールで連続三振!ピンチを脱する。

6回裏
ここまでサーパスの攻撃シーンがありませんがタイガース先発岡本が5回まで全て3人で抑え7奪三振の完璧な投球内容。そしてこの回先頭の福留を四球で出塁を許す、相川は右打ちを試みるも最終的には見逃し三振、、、頂けませぬ。久保はプッシュ気味の投犠打で二死2塁、更に田中雅が投手強襲の内野安打(この試合初安打)で二死ながらチャンスを広げる。
ここでバッテリー&内野に乱れが出てしまいました・・・先ず田中雅が盗塁!しかしバッテリーは見破りファーストへ!そしてセカンド送球も間に合わずセーフ!!その間に3塁走者が本塁を狙う!セカンドから本塁への送球が一塁側に逸れまんまと生還を許す・・・とこんなシーンもありました。
(SK2-2T)
ここで踏ん張りたい岡本が嘉勢に右中間を破られる3ベースヒットで同点!この回に急に球威が落ちてきました、そして抑えが効かずストレートがワンバウンドになりワイルドピッチ!!3塁から嘉勢が楽々本塁を陥れ逆転!!
(SK3-2T)
えー、捕手山田に苦言・・・片手で捕りにいくな!身体で止めにいけ!!まったく。。。

この後は特に大きな動きはなくサーパス神戸が鳴尾浜タイガースを逆転で差しきり3−2で勝利を納めました。



【気になる選手達】

■岡本浩二(神)
高卒ルーキーとは思えないガッチリとした体格は逞しいですね。近年タイガースの高卒新人は暫く体力強化とやらで試合には殆ど出ませんからそれを考えても出色です。
キャンプ以来の久しぶりの岡本ですが、右足の突っ張りが多少気になるところ(つっかえ棒のような形になるので力が分散するのでは?ということ、ただ変化球はそのつっかえ棒が支点となりフォークは良く落ちるのではないでしょうか?違います?(^^;))ですが、本日のストレートは140`を越えるも平均すると140`弱、フォークは130`位、少しスライダーも投げておりこれは128`位か。サーパス神戸の打撃テーブルを見るように5回までは完全な投球内容、制球もそんなに悪くないですしストレートは抑え気味ながらもキレを感じ、何といってもフォークの落ち!が鋭い!!ストライクゾーンからストンと良いところに落ちるんだ。
しかし解説の酒井勉氏曰く、一軍経験の山田が変化球、特にフォークを多投し過ぎが心配との懸念も述べていたのが後半に的中し握力が弱まったのか制球やボールのキレが前半に比べると一気に落ちたのが今後の課題でしょうか。兎に角久しい大器ですので怪我なく大きく育って欲しいです。<虎キチの皆さん、楽しみですぞ!!

■ハートキー(神)
上記の岡本浩二は今後の大器さに楽しみが膨らみますが、このハートキーは現時点でなんとかしてくれ!の「急場凌ぎ」に対応できる選手です。さてどんな選手かというと小柄なスイッチヒッターで、パワーは無いものの選球眼、臭いところの対応も外国人選手らしからぬ嫌らしさを持っています。しかしツボにはまれば一発長打もありです(長打の期待はしてはいけませぬが)!本日は左打席のみでしたので右打席も次回見てみたいもんです(恐らく右は一発、左は巧打)。走力はタラスコよりはあります。きっと盗塁シーンも見られることでしょう。守備力(二塁手として)はそつない感じでした。
#シーズン途中の新助っ人ですが本日が初の試合でした。近日中に一軍に昇格し「少し」は働いてくれるでしょう!

ハッキリ言ってバトルより断然戦力になります!<断言します。
またタイガースはシーズン途中来日の助っ人に外れまくり(「ジョーンズ、マース、クレイグ、シークリスト、マクドナルド」しかしメイ、ミラーは数少ない当たりでしたね#打者はきついのか!?)ですが、このハートキーは近年稀にみる当たりでは?と個人的に愚考します。「幹」でないのは残念ですが、堅実な彼のプレーは必ずやタイガースの救世主となるはず。#騙されたと思って期待してやって下さい。来年もいるかもしれませんよ(^ー^)ニヤリ
#しかしこんな目先の戦力補強ではなく本来あるべき大局的に見たドラフト戦略が必要である。

■的場寛壱(神)
守備機会はなく、課題の打撃ですが本日は良いところ無しでした。第四打席のセンターフライはイイ感じでしたが、それ以外はタイミングが合わずというか遅れるようにも見えた凡打でした。一軍昇格しても田中秀太に劣らない貧打となるでしょう、また秀太ほどの走力が無い分、打力向上を望みたいです。#うーん、即戦力がこれでは困るよ・・・。

甲子園の内野で光る人材だと思っています!頑張れ!!寛壱!!#「カンイチー!」コールも一軍で聞きたいものです

■中込伸(神)
ストレートは140`を越え、まっスラも有効。彼の場合は賛否両論?いや彼以外非難囂々の「腹」ですが、あんな腹をもってしないと重い球質を維持できないようでは情けない話だとも思う次第です。ただ現時点で次戦力として計算できうる力はあるのでそれに備えて貰いましょう。

■橋上秀樹(神)
今シーズン未だヒットなしでしたが、17打席目に遂にセンター前へ安打を放ちました。今季の成績が即彼の野球人生に繋がるシーズン、左キラーとしての仕事を果たせるよう頑張って欲しいです。


■ウィリー(サ)
問題児(遅刻やら造反やら)?のウィリーですが突っ立ったようなフォームからの剛速球は150`近い球を投げています。前回の登板内容とほぼ同じで剛速球&チェンジアップの緩急は打ち辛そうでした。そして課題の走者を背負った時はまったくの別人の様な酷さです・・・。
イライラしている感じを醸し出してしまい、テンポも遅くなりマウンド上でも彷徨いたりという具合です。極めつけはハートキーの本塁打への判定で審判団に暴言を吐き退場・・・1人で怒り狂っている様は浮いているようにさえ見えてしまいました。#精神面の脆さが課題です。

■栗山聡(サ)
急な場面での登板も終わってみると6回1/3を3安打8奪三振の安定した投球内容でした。振りかぶって上げた左足で少しタイミングずらすような感じのフォームです、全体的にはオーソドックスです。本日の試合ではシュートと外へ逃げる変化球、そしてストレートの出し入れが良く的を絞らせない投球が尻上がりの好結果に結びつきました。ただ決め球!というものがないように見えた点が気になりました。

■嘉勢敏弘(サ)
6回に岡本から右中間を破る同点3塁打を放ちました、しかし一打席、二打席共にストレートとフォークのコンビネーションにまったくタイミングが合わず連続三振、3塁打の当たりはすっぽ抜けのフォークでした。本人も自分に課せられたものを理解しているのか同点打に喜びの声はなくその前の三振に言及するほどでした。売りの打撃が湿っている。。。もう一踏ん張りっす!!

■葛城育郎(サ)
即戦力と期待された彼ですが、プロのストレートに現時点では対応しきれていないようです。2割を切る低打率は寂しいです・・・ただ見逃し方やバットスイングは今後のブルーウェーブを背負うものだと思います!守備は即戦力級、プロに馴れれば!!ですよ。


2000年5月3日 イースタンリーグ 7回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷) 報告者:みつともさん

イースタンリーグ公式戦 平成12年5月3日(祝・水)
日本ハムファイターズVS.千葉ロッテマリーンズ 7回戦 日本ハム4勝3敗0分
(ファイターズスタジアム鎌ヶ谷) 13:00 晴→曇/晴 試合時間 3時間35分

                       H   E
千葉ロッテ 201 000 200・・  6 
日本ハム  011 030 05X・・10 18 1

○ 勝利投手 沼 田 1勝1敗 ● 敗戦投手  榎  0勝2敗
◎ 勝利打点 森 本 8回左翼本塁打

本塁打 大 村  2号 オレラーノ @ 3回無死 (千葉ロッテ)
フランクリン 3号 和  田 A 5回1死 (日本ハム)
佐 藤  3号 今  井 A 7回2死 (千葉ロッテ)
森 本  1号   榎   @ 8回無死 (日本ハム)
2塁打   西   2回1死 (日本ハム)
大  村 5回1死 (千葉ロッテ)
井  出 5回2死 (日本ハム)
  西   8回2死 (日本ハム)
盗  塁 天  野 1回無死 (千葉ロッテ)
失  策 オレラーノ  3回2死 牽制悪送球=打者・橋本 3回2死 (日本ハム)
塀  内 8回2死 實松三ゴロをトンネル (千葉ロッテ)
走塁死 松  本 2回2死 自身安打で2塁狙い (千葉ロッテ)
田中賢 6回2死 島田右安で本塁狙い (日本ハム)
  西  7回無死 小田二ゴロで三本間狭殺 (日本ハム)
盗塁失敗 森  本 4回2死 打者・田中賢 (日本ハム)
ボーク 寺  村 8回2死 打者・島田 (千葉ロッテ)
併殺打 フランクリン 1回1死 (天野−渡辺−天野) (日本ハム)
天  野 2回無死 (田中賢−古城−西) (千葉ロッテ)
島  田 3回無死 (渡辺−松本−天野) (日本ハム)
實  松 7回1死 (渡辺−天野) (日本ハム)
前半は優勢も連打が出ず敗戦。大村、佐藤ホームラン 諸積実戦復帰即タイムリー
(千葉ロッテ) 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(3) 天 野 四球 遊併   一邪          
 3 山 本             右飛 左飛  
(4) 松 本 投犠 中安     遊ゴ   左飛   二ゴ
(7) 大 村 三Fc   中本・   左2   四球   三振
(DH) 佐 藤 四球   四球   四球   右本・   右飛
(8) 諸 積 左安・   投犠   二ゴ   一ゴ    
(9) 早 川 一邪   中飛   遊ゴ        
H 9 平 井               四球  
(2) 橋 本 四球   三振            
H 2 里 崎           三ゴ      
H 2 椎 木               左安  
(6) 渡 辺 三ゴ     投ゴ   三振   投犠  
(5) 塀 内   四球   三振   二ゴ   三振  
  残 塁 29
  「・」は打点 「Fc」はフィルダースチョイス
 
田中賢、古城3安打、西4安打2打点フランクリン3号小田2安打2打点森本決勝アーチ
(日本ハム) 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(6) 田中賢 一安   右安   二ゴ 右2   遊ゴ  
(4) 古 城 左飛   投安   投安 二安   四球  
(7) フランクリン 一併   四球   右本: 左飛   死球  
R 7 日 里                  
(9) 島 田   三振 遊併   遊ゴ 右安   四球  
(3)  西   右2 死球   左安   左安 中2:  
(DH) 井 出   中飛 二ゴ   右2   中安 四球  
R DH 高橋信                  
(5) 小 田   右安・   三振 一安・   二ゴ 二ゴ  
R 5 飯 山                  
(2) 實 松   左安   中飛 三ゴ   遊併 三失  
(8) 森 本   遊ゴ   四球   見振   左本・−三ゴ  
  残 塁 38 18  
  「・」は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) 和田5回で11被安打5責点1被弾、榎決勝弾を許す、寺村3四死球にボーク
(日本ハム) オレラーノ乱守に耐え4安打3責点、今井被弾で試合混沌、沼田○、立石1回完全

投手成績 投球回 打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
   和  田 26 11
   榎 2 1/3 12
   寺  村   2/3
 
   オレラーノ 27
   今  井 1 2/3
 沼  田   1/3
   立  石

 ○日本ハム10千葉ロッテ●

ゴールデンウィークも中盤に入り今日からは対千葉ロッテ3連戦。対戦カードの星を一歩でもリードしたい今日の試合。先発は千葉ロッテ和田、日本ハムがオレラーノの両投手。

1回千葉ロッテはオレラーノから天野が四球を選ぶとすかさず牽制球。すると天野がこれに引掛り狭殺プレーに。ところが日本ハム守備陣にミスが!何と2塁ベースカバーが入っておらず無人状態。天野は盗塁の形で松本が送って3塁、さらに大村のサードゴロで本塁へ進みかけた天野がまた狭殺プレーに。するとまたしても3塁が無人でFc。続く今日から戦列復帰顔面死球で調整中の諸積が怪我人とはいえ実力差でレフト前タイムリーで千葉ロッテが先制、橋本にも押し出し四球で2点を失う。

日本ハムは2回西が2塁打、小田が反撃開始のライト前タイムリーで2−1。3回千葉ロッテは先頭の大村がセンター右へ特大の第2号ソロアーチで再び1点リード3−1。その裏日本ハムは田中賢、古城が連続ヒット、フランクリンが四球で満塁のチャンスも島田がショートゴロ併殺打。田中賢が還って3−2。

今一つ調子の良くない和田を攻めきれないでいた日本ハムは5回から「ビッグバン打線」ぶりを存分に発揮する。1死から古城が今日2本目の内野安打で出塁すると、フランクリンが貫禄の一発!第3号逆転ツーランで和田を捉えると、2死から西がレフト前ヒット、怪我で調整中の井出が右中間真っ二つのツーベース、小田の打球はボテボテり一塁ゴロ。ところがこの当たりが弱すぎて小田が一塁を駆け抜けてタイムリー内野安打でこの回3点で5−3とした。

オレラーノは一発を浴びてからその後は順調に抑え6回には今日2イニング目の3者凡退に千葉ロッテの攻撃を退けると、2番手今井に交代。ところが今井がリリーフでは最もやってはならない失点をしてしまう。1番からの攻撃を簡単に2死にするが、今日2安打の大村を歩かせてしまうと続く今日3四球と勝負させて貰えなかった佐藤が鬱憤晴らしかライトへ第3号同点ツーランで一気に5−5同点に追いつく。

今井は8回にも代打・平井に四球、代打・椎木にレフト前ヒット、渡辺にこれをそれぞれ送られて2死までこぎつけるがピンチを残して3番手沼田にスイッチ。沼田は山本をレフトフライに討ち取ってこれ以上の失点を抑えた。日本ハムは6回に3本のヒットも本塁タッチアウト、7回にも西が3
安打目となるレフト前ヒット、井出も続いたが得点できずにいた。しかし同点で迎えた8回その逆点劇はまさに何の前触れもなく訪れた。この回先頭の森本が振り抜いた一撃はレフトスタンドへ!今シーズン第1号ホームランが決勝弾となるソロアーチで6−5と逆転に成功。1死となったところで古城に四球、ここで千葉ロッテは3番手寺村を投入。しかしこれが大誤算だった。まずフランクリンに対して膝下に死球を見舞うと、フランクリンが激痛のあまり叫び声を上げバットをベンチ側へ放る。日里が代走、島田との勝負を避けたのか四球で1死満塁。ここで今日当たっている西が18安打目となるタイムリーツーベース、井出に四球で満塁から實松のサードゴロを塀内がトンネルさらに2点が入り10−5。9回を立石が3人で斬って試合終了。森本の貴重な一発が試合を決めた。

◇ 球  審 秋  村            ◆ 公式記録員 嵯  峨(セントラル・リーグ)
   1  塁 村  越 
   2  塁 柳  田
   3  塁 桃  井(パシフィック・リーグ)


2000年5月3日 イースタンリーグ 4回戦 ヤクルト−巨人(みどりの森県営) 報告者:さいとうさん(HP:Days Like This〜こんな日々〜

ジャイアンツ
スワローズ

G  ○鄭(6回)、平松(1回1/3)、入来智(2/3)、S南(1回)−小田
YS ●本間(6回)、丹波(1回)、伊藤彰(1回)、前田(1回)−小野

初めてのイースタンリーグ。試合開始前に辻コーチに佐賀県より表彰状が送られ、地元出身のG中村に花束贈呈がありました。練習中にはテレビで見たことのあるGの選手がいっぱい...(笑)Sの方は名鑑がないと。G小田はバッティング練習の時にずっと淡口コーチに指導を受けていました。(タイミングの取り方のようでした)

試合は、G鄭S本間の先発で始まりました。6回まで3安打無失点。三振も9個(内見逃し4個)と素晴らしい内容ではないでしょうか。Sの本間8安打されていましたが失点は1。連打されていたので精神的なものが関係しているのでしょう。精神的に強くなってください。(わたしが言うなって)
丹波はエラーと2ベースヒット2本で3失点。わたしの後に座っていた人は丹波のファンらしくずっと声援を送っていたのに答えてあげられなかったのは残念でしたね。昨年までBWに在籍していた前田も投げました。相変わらず日焼けして色が黒い、毎日頑張っているんだなと感心していました。

G平松が悪かったですね。この選手もわたしがひそかに応援している選手。しかし、2イニングで6安打3失点。せっかく締まった試合だったのにちょっとだけダラダラ。
小田が練習中に指導してもらったのが良かったのか2安打でした。テレビで良く観かけていたのでずっと目で追っていたのですが彼はキャッチャーなのに『キャッチャー投げ』のフォームじゃないのが気になるところでした。(この意味わかる人います?)

なんとなくですがウエスタンにない爽やかさを感じました。なぜだろう...

審判:PL名幸 1B木内 2B敷田 3B深谷 SC中村


2000年5月2日 ウエスタンリーグ 4回戦 広島−中日(由宇) 報告者:さいとうさん(HP:Days Like This〜こんな日々〜)/ぴろさん(HP:ぴろ's HomePage

ドラゴンズ
カープ

D カールソン(4回)、福沢(1回)、遠藤(1回2/3)、○日笠(1回1/3)、佐野(1回)−清水、中野
C カンバーランド(7回)、●遠藤(1回)、小林幹(1回)−瀬戸、木村一
HR 筒井(2号)、高橋(2号)

初めての由宇球場は山の中にあり大自然に囲まれ、いい感じでした。
ホームチームは3塁側でビジターのロッカールームらしき場所は観客席の一部に建てられたプレハブのようでした。

試合のほうは、DカールソンCカンバーランドの先発で始まりましたが、スタメンの18人の内、外国人の選手はなんと6人。調子が悪いらしい野村(故障上がり)が1番サードで出場していました。その野村は2打数2安打と復調をアピール。2打席目のヒットを打ったあと代走が出たのでそのまま広島にいってスタメンか?とウワサしておりましたが...
ダラダラと進んでいった前半はなぜか点数はあまり入らず。カンバーランドは徐々に投球内容が良くなりました。カンバーランドの次に出てきた遠藤が悪かったです。昨年の後半からひそかに応援していたので登板して嬉しかったのですが全然ダメで高橋にHRは打たれるし暴投はするし...まだまだのようです。
Dのディンゴがスタメンで出場していました。1安打1打点でしたがなんか物足りない感じを受けました。心はシドニーか??
終盤には小林幹英佐野が登板しまさかこんなところで見れるとは...ピッカリ投法は観れませんでした。(笑)

この試合はかなり珍しい(そうでもないかもしれないけど)プレーを観ました。まず、D福沢の足(?)に当たった打球(地面には触れず)が大きくはねキャッチャーが捕球したためバッターアウトになりました。
次に原田が打った打球がサードファウルフライが犠牲フライとなり1点。スコアつければ良かったかなと思ってしまいました。
福沢とボール(インターバル中の練習の時にボールを捕球後、突然足を痛め退場)のケガは大丈夫でしょうか??

審判:PL渡真利 1B嶋田 2B土山 3B根本 SC山田

■広島市内にいたのに由宇だけ… ●ぴろさん編

GWはずっと広島でしたが、野球観戦は由宇の1試合のみでした。
#ま「嫁」なのでしかたないです。それにしても「何故市民球場じゃないの?」と言われつつ(^^;
5/2由宇の観戦記はさいとうさんのものがスコア付で詳しく載っていますが、わたしの分は主に
画像です。…といっても例によって審判の画像が多いですが(^^;
ボールとカンバーランドの解雇にはびっくりしました。ボールのあの「痛がる姿」(↓にも載って
ます)が最後になってしまうとは…。カンバーランドのほうはまぁまぁかなと思ったんですが。
http://sukeda.com/piroko/photo/yuu502.html