【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2000年8月 6日 イースタンリーグ 15回戦 巨人−湘南(花巻) 報告者:健一

  R H
湘南シーレックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
川崎ジャイアンツ 1 0 0 0 0 0 0 0 × 1 4

S:戸叶尚(6回)−神田大介(2回)
G:小野仁(8回)−内薗直樹(1回)

シーレックス ジャイアンツ
(遊) 福本誠 (二) 宮崎一彰
(右) 田中一徳 (中) 川中基嗣
(左) 古木克明 (右) 高野忍
(一) 宮内洋 (一) 渡辺政仁
(中) 小池正晃 (三) 福井敬治
(捕) 鶴岡一成 (左) 大場豊千
(二) 大野貴洋 (遊) 永池們多
(三) 八馬幹典 (捕) 小田幸平
(投) 戸叶尚 (投) 小野仁

<1回裏>
川中基嗣、高野忍の連続二塁打で先制。高野忍は湘南先発戸叶尚の抜いた球をすくい上げ右中間フェンス直撃(あわやスタンドイン!)の当たりでした。

<4回表>
古木克明、小池正晃と四球で出塁も、古木克明が二塁上で牽制死・・・。打撃以外でマイナスポイントが目立つかも。

<8回表>
田中一徳がセンター前ヒットで出塁し暴投もあり一死三塁までチャンスを広げるも、ここで宮内洋は一ゴロ真正面しかも前進守備!田中一徳は「ゴロゴー」もさすがに間に合わず・・・


小野仁−内薗直樹・戸叶尚−神田大介それぞれ要所を締め「スミ1」。本日も終盤に降雨の為試合中断約1時間ということもありました。さすがに昨日、本日の試合中断で集中力の持続も難しかったでしょうか。それだけに打者の見せ場もあまりなし!?

【気になる選手達】
■戸叶尚(湘)
久しぶりに彼を観たのですが、下半身に粘りがないような立ち投げのように映りましたが、球威自体はありそうです。見えたというか腕の出は以前より上がっています。感覚的なものですが「切れ<球威」を感じるピッチングでしょうか。その要因の一つかも知れませんが身体が一回り大きくなったと印象です(絞った方がええんちゃう?(^^;))。


■神田大介(湘)
左足を上げたとき軽くそっくり返る節があるのか高めにボールが集まっていました。しかし球威自体は戸叶尚を上回るものがあります。追い込んだ後のフッと浮いて沈むフォークも有効!


■大野貴洋(湘)
打席で常にセーフティーバントの姿勢をみせ投手を揺さぶります。昨日の岩手県野田村のゲームでも猛打賞、そして「繋ぎの役割」も徹底しています(本日犠打一回失敗しちゃいましたが)。


■小野仁(巨)
緩い球でカウントを稼ぎ、ワンバウンドも含む低めに鋭い変化球もあり打者を苦しめました。最近は制球もそうですが故意に緩い球も交えての配球をしているように見えます。「好投」でした。8回無失点奪三振多数(^^;)
#最近一軍で戎信行(オ)、細見和史(湘)が好投も見せていますが、勿論小野仁にもそういう働きが出来る才覚はあるはずです。あとはいつ呼ばれても良いように精進するのみ・・・。

制球はどうかって?勿論無四球なんて無理な話(本日は5四球)ですが、本人も「四球で出塁させても本塁に返さなければいい」と達観し過ぎるぐらいのことを述べていましたが心意気としては非常に良いのではないでしょうか?チャンスがそろそろあるかもしれません。入来祐作の上での谷間の先発もありましたので。

■内薗直樹(巨)
剛速球でお馴染みの彼ですが、最後の1回を3人でピシャリ。でも変化球がショボイです・・・。押さえ込んだのは全て真っ直ぐ、抜ける変化球が目立つのでボロが出る前の短いイニングで好結果を残し徐々に厳しい場面での登板と移行させたいところ。

■小田幸平(巨)
最近加藤健にマスクを奪われていたが、メガネの奥の目も熱い!同級生の小野仁を巧みにリード。#単調なリードにならないように外内&緩急。


2000年8月 5日 イースタンリーグ 12回戦 西武−ヤクルト(浦和市営) 報告者:しんちゃん

  R H
ライオンズ 0 1 3 0 0 1 0 1 0 6 10
スワローズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 8

西 星野→ディアス
ヤ 山崎→三上→松田

HR
 赤田3号ソロ(2回山崎)4号(8回山崎)、ポール12号3ラン(3回山崎)

<試合経過>
 今回は省略させていただきます。

ライオンズ

1回

2回

3回

4回

5回

6回

7回

8回

9回

(中)

宮  地

中飛
(6)

 

三振
(3)

 

一ゴ
(1)

 

二飛
(8)

   

打左

青木和                

三振
(5)

(遊)

高木浩

一ゴ
(3)

 

左安
(4)

 

二ゴ
(4)

 

四球
(6)

   

打遊

前  原                

遊ゴ
(6)

(三)

玉  野

四球
(4)

 

中安
(5)

 

三振
(6)

 

中安
(1)

 

三振
(5)

(左)

ポール

左飛
(3)

 

右本
(2)

   

四球
(4)

三邪
(3)

   

柴  田            


   

(二)

赤  田  

中本
(3)

三振
(5)

   

三振
(6)

 

中本
(1)

 

(右)

高山久  

三振
(5)

左飛
(2)

   

中2
(4)

 

遊ゴ
(3)

 

(一)

岸  川  

投安
(1)

 

中2
(4)

 

遊ゴ
(4)

     

打一

大  島              

三飛
(2)

 

(捕)

田  原  

三振
(6)

 

一ゴ
(3)

 

投ゴ
(1)

 

中安
(2)

 

(投)

星  野  

三振
(5)

 

遊ゴ
(6)

   

三振
(3)

   

河  田              

二ゴ
(3)

 

ディアス              


 

【打点】:赤田2(2回8回)、ポール3(3回)、高山久1(6回)
【盗塁】:ポール(6回)

※注:打撃成績の下にある数字は打者に投じた投球数です。

スワローズ

1回

2回

3回

4回

5回

6回

7回

8回

9回

(二)

三  木

三ゴ
(6)

 

遊ゴ
(5)

   

右飛
(5)

三振
(5)

 

三振
(4)

(遊)

城  石

三振
(5)

 

投ゴ
(4)

   

左安
(4)

 

四球
(6)

 

(左)

佐  藤

中安
(4)

 

遊ゴ
(3)

   

四球
(4)

     

三  上                


打一

大  脇              

二併
(5)

 

(一)

小  野

右飛
(6)

   

捕ゴ
(8)

 

遊ゴ
(1)

 

遊ゴ
(5)

 

松  田                


(捕中)

鮫  島  

三振
(3)

 

二ゴ
(1)

 

三振
(4)

     

宇佐美                

中安
(2)

(中左)

橿  渕  

三振
(4)

 

二ゴ
(2)

   

左安
(3)

   

ユウイチ                

二ゴ
(4)

(右)

本  郷  

四球
(4)

   

中飛
(2)

 

二直
(2)

 

中安
(4)

(三)

ツギオ  

中安
(2)

   

右飛
(2)

 

左安
(6)

 

左安
(4)

(投)

山  崎  

三振
(5)

   

一ゴ
(2)

       

細  見            

三振
(5)

   

大  山                

左飛
(3)

【打点】:ツギオ1(9回)
<全くアテにならない選手寸評>
  あまりにも不甲斐ない試合だったので、今回選手寸評
は書きません。書く気になりません。
  ただ、4・5番がノーヒットじゃ勝てんぞ!!

ライオンズ 投球数
星野智樹 7 5 7 2 0 107
  ディアス 2 3 1 1 1 37
スワローズ 投球数
山崎貴弘 6 7 7 2 5 100
  三上真司 2 3 1 1 1 32
  松田慎司 1 0 2 0 0 16

<全くアテにならない投手寸評>
■山埼貴弘(ヤ)
実にこの日を含めて観戦した9試合の内4試合に先発登板。
4試合の中で最悪な出来でした。
ただ四球が少なくなっているのが唯一の成長か!?

■三上真司(ヤ)
僕が観に行くとだいたい悪い成績です。浦和市営のマウンドが彼には合わないのかな?

■松田慎司(ヤ)
点差がついていたが、まずまずの投球でした。

以上「自称ツバメランド2軍速報浦和市営担当記者(笑)」のしんちゃんでした!


2000年8月 5日 イースタンリーグ 16回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷) 報告者:外道中島さん/かずさん

  R H E
浦和マリーンズ 0 0 0 3 0 2 2 0 0 7 13 1
鎌ヶ谷ファイターズ 4 1 0 0 2 0 3 1 × 11 11 0

M:ノット(5回)−寺 村(2回)−寺 本(0/3回)−川 俣(1回)
F:吉 崎(5回)−沼 田(1/3回)−厚 沢(1回2/3)−竹 内(2回)
勝利打点:小田

マリーンズ 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 信  原 4 0 0 遊  ゴ   遊  ゴ 中  飛   投  儀   左  飛  
(遊) 渡  辺 4 3 1 中  安   遊  ゴ   中  安※ 中  犠@   右  安  
(三) 澤  井 5 1 0 三  ゴ   中  飛   右  安 一  ゴ   左  飛  
(左) 吉  鶴 5 1 0 右  飛     右安二 右  飛   三  ゴ   二  ゴ
(右) 佐  藤 2 2 0   四  球   四  球 右  安   四  球   左  安
(一) 山  本 4 2 2   中  安   死  球 中  飛   中  本A   遊併殺
(捕) 天  野 4 2 2   三  ゴ   左  安@   左  本@ 捕  飛    
池  野 0 0 0                  
(二) 鮎  川 3 1 0   四  球   遊併殺@   右  安 捕  ゴ    
(指) 松  本 3 1 1   遊併殺   右 安@   四  球   遊  ゴ  
注:[丸数字]は打点数、[※]は盗塁死
ファイターズ 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(捕) 高橋信 5 3 1 右  安 中  本@   三  振   中  安 遊  ゴ    
(三) 阿久根 3 1 0 三  犠 三  振   遊  飛   右  安   四  球  
(一)   西 4 1 0 一  ゴ 一  飛     三  安 捕  飛   四  球  
(左) 西  浦 3 0 0 四  球 四  球     三  振   投  ゴ 一  ゴ  
(中) 藤  島 3 2 4 中安二A 三  振     右  本A   死  球    
打中 大  貝 0 0 0               四  球  
(指) 小  牧 4 2 2 中  安@   中  飛   遊  ゴ   右  安 中  犠@  
(右) 日  里 4 1 1 左中二@   三  振   右  直   投  失 四  球  
(二) 小  田 4 1 2 四  球   一  ゴ     一  ゴ 左  安A 一邪飛  
(遊) 飯  山 3 0 1 三  振     三  振   投  ゴ 中  犠@    
試合展開(要所のみ)
1回裏: 藤島2点タイムリー、小牧タイムリー、日里タイムリーで4点目も、バッター飯山の所で雨天中断。約40分後に試合再開。
2回表: 吉崎、1アウト満塁を無失点で切り抜ける。
3回裏: 高橋信がライトへソロホームラン
4回表: 天野がノーアウト満塁からレフト前タイムリー、鮎川がダブルプレーの間にサードランナーホームイン、松本がらいと舞えタイムリー。
5回裏: 藤島が2ランホームラン。
6回表: Fの投手が沼田に交代も、1アウト2・3塁で厚沢に交代。直後、渡辺の儀牲フライで1点。
6回裏: Mの投手が寺村に交代。
7回表: 天野が同点2ラン。
7回裏: Mの捕手が池野に交代。小田が2点タイムリー、飯山がセンターに犠牲フライで1点。
8回表: Fの投手が竹内に交代。
8回裏: Mの投手が寺本に交代も、先頭打者阿久根に四球を与えた所で川俣に交代。藤島に代わって代打大貝。小牧がセンターに犠牲フライ。

★ 外道中島さん 編★
初めまして、鎌ヶ谷ファイターズ好きの外道中島と申します。今後ともよろしくお願いします。主に鎌ヶ谷に出没してます。

【気になった選手(日ハム)】
■吉崎勝(日)
左打者の外角低目に逃げる球(多分カーブ)が尽く見切られていた。三振が取れる球がないのも課題。球が速いようには感じないが、球威は有るように思える。

■沼田浩(日)
球威不足。簡単に遠くに運ばれていた。球自体は吉崎より速い。

■高橋信(日)
リードに難有り。吉崎の外角カーブ(と思われる球)を懲りずに投げさせて、カウントを悪くしていた。打撃は良いんだけどね。

■飯山裕志(日)
守備は合格点。やはり打撃が課題か。

■西浦克拓(日)
外角球の選球眼が良く、「好球必打」を体現している。パワーもあるので楽しみ

■竹内昌也(日)
1軍に上げても良い出来。少なくとも、正田よりは戦力になるはず。

【気になった選手(ロッテ)】
■ノット(ロ)
雨天中止で生き返った。右打者の内角に落ちる球(カーブ?フォーク?)が強力。

■天野勇剛(ロ)
打力は確かだが、リードには問題あり。

■川俣浩明(ロ)
とにかくストライクが入らない。ひたすらコントロールが悪い。

■吉鶴憲治(ロ)
今日はレフトで出場。前回見た時はファーストだった。次はどこへ行くのか・・・。

♪   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪

☆ かずさん編 ☆

【雑感:投手編】
5日に登板した選手で、これといった投手ば両チーム共にいませんでした。敢えて挙げれば2回を投げた竹内でしょうか。テンポも良くコントロールも決まってて、無難なリリーフでした。
吉崎は、セットになると、とたんにコントロールを乱し、沼田厚沢も現状では1軍は厳しいかなという印象です。
マリーンズのノットは立ち上がり4失点、寺村も2回3失点。寺本もワンポイントも四球で降板。続く川俣は全然ストライクが入らずでした。寺本君、球威は相変わらずも制球難が未だに改善されず。今後、どうなるのでしょうか。

【雑感:野手編】
印象に残ったのは、スタメンショートの飯山君でした。今日は守備機会も多く、そのグラブさばきを多く見られましたが、安定した守備でした。打撃さえ上向けば、小田と共に1軍に殴り込めるものはある感じがしましたね。
マリーンズ天野は、コンバートされて日が浅い為か、なかなか投手との呼吸が合わずに交代させられて最後は後味が悪かったですね。でも、捕手は一朝一夕でできるものではないから、しっかり頑張ってもらいたいものです。

【雑感:打撃編】
ファイターズ高橋信は、相変わらず好調でした。ファームの正捕手として着々と成長しているのがうかがえます。うかうかしていると、荒井も追い越されちゃうんじゃないでしょうか。後は藤島のパワー。右方向に持って行く力は、まだまだやれる、そう思わせるのに十分でした。その前を打つ西浦に、迷いがあるように思われます。かつての豪快な打撃の復活を。
マリーンズ天野パンチ力は要注意です。捕手として大成すれば古田のようになれる(?)


2000年8月 5日 イースタンリーグ 14回戦 巨人−湘南(岩手県野田村) 報告者:健一

  R H
湘南シーレックス 0 0 1 0 0 2 0 0 2 5 12
川崎ジャイアンツ 0 1 1 0 0 0 0 0 1 3 7

湘南:関口伊織(5回)−米正秀(2回)−五十嵐英樹(1回)−田中敏昭(1回)
川崎:條辺剛(5回1/3)−野村貴仁(1回2/3)−河本育之(1回)−佐藤充(1回)

□観ている範囲での観てある記□
本日の試合開始直後に約1時間30分の降雨中断がありました(年に一度あるかないかのプロ野球ゲームですので復旧に懸ける意気込みは並ではないです)。そのために最大延長の17:00を過ぎてしまいTV中継が終わってしまいました。ですのでこの後の試合結果はみんなのファーム観てある記掲載時に調整したいと思います。#明日のスポーツ新聞で確認します。


ジャイアンツは試合開始前の時点で2位に12ゲーム差をつけ走っております。この日のG先発はルーキー條辺剛、初の先発マウンド。初回大野貴洋に投手強襲の安打を許すも古木克明を低めのストレートで「二遊一」の併殺で上手く滑り出し5回を3安打に抑えるも、6回に崩れ宮内洋、小池正晃、七野智秀、川崎義文に4連打を喰らいKO・・・。しかし奪三振5はいずれも空振りでフォークが良いところに落ちていました。ここで2番手野村貴仁にスイッチ、新井潔に巧く合わせられこの回逆転。

條辺剛以外は何も見ていない状況でして、何をレポートすればよいのやら(^^;)

湘南は大野貴洋が出塁も古木克明が2度の併殺という場面もありました。#バットコントロールは抜けています。
そうそうエラーに近いプレーもありました、8回裏に打者は失念したのですが、左翼古木克明の左に飛んで、スタート&ダッシュも悪く大きく逸らすということがありました。試合はこのまま17:00を過ぎたのですがもしかしたら同点に追い付いてしまったかもしれません・・・。
▲翌日確認
古木克明のエラー後「ヒゲ魔人」こと五十嵐英樹が踏ん張ったようです。

なお簡単な得点経過ですが、序盤G堀田一郎、田辺路朗の適時打で逆転するも中盤條辺剛が捕まり集中打で逆転、終盤にも福本誠、大野貴洋、古木克明の活躍で駄目押し。G最後の攻撃では先発が左腕関口伊織のためか途中出場の渡辺政仁が本塁打で一点を返した。

G宮崎一彰が大きく足を上げてタイミングを取っていましたが、またすり足気味に戻したようです。この方が本来の嫌らしい打撃に繋がるような
気がします。後明日のG先発は小野仁です。


■條辺剛(巨)
野手としても評判もあったルーキー、ガッチリとした体格から重そうな球質を感じます。高校時代はややスリークォーターでしたがプロで真上から投げ下ろすオーバースローに変え球速も140`中盤を越えるようになり制球も高校時代よりかは良くなったそうです。
#本日のMAXは144`でした・・・ファームにも諸刃の大器がいますな。
売りはこのストレートと「スライダー」が良いそうです。更にフォークも本日はよく決まり奪三振の有効な一因となりました。
#左足を上げてからの体重移動中にやや「ギクシャク」するところもあります。全般に「固い」イメージです。


2000年8月 3日 イースタンリーグ 14回戦 巨人−ロッテ(東京ドーム) 報告者:kenさん(HP:Giants World

途中からの観戦なので、いい加減です(^^;。バックネット裏でも1500円だったので、金払って見てました。席は余裕でした。外野はガラガラ・・・。

東京ドームでのファーム観戦ははじめてでしたが、ファイヤーガールがパラパラしたり、ホームラン打った後の人形投げなど、ありました。ファームの試合とは思えない・・・。レフトでは、マリーンズファン有志が頑張っておりました。

注目して見ていたのは、キャッチャー天野。リードはまだまだ修行が必要そうです。送球も安定せず、センター前に送球って事もありました。成本は、球が高めに浮き、直球は130キロ中盤程度で、打たれまくってました(;;)この日の寺本は、球威はそれほどでもなく、コントロール重視の投球のようでした。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
巨人 0 0 1 4 0 1 0 6 X 12


投手(ロッテ) 小林宏-寺本-藪田-寺村-成本
投手(巨人) 趙-橋本-内薗
本塁打 高野9.10号、福井6号、十川1号
勝利投手 趙 3勝
敗戦投手 小林宏 1勝4敗


■観戦記

今日は東京ドームでのGM戦。仕事帰りに行ったので、ドームについたのは7時頃だった。そのため、最初の方はいい加減なのでご容赦を。マリーンズのキャッチャーは、噂の天野(^^;先発はソンミンと小林宏。


2回表、天野右飛。塀内空振り三振。
2回裏、大野遊ゴロ。渡辺三邪飛。福井フォークに空振り三振。

3回表、三者連続三振(泣)
3回裏、高野、内角球を引っ張り、ライトへホームラン。小田はストレートの四球。ソンミン三振。

4回表、幸彦の打球はライトへ。高野つっこむも、後ろにそらし、その間に幸彦は二塁へ。吉鶴倒れる。
4回裏、小林宏、先頭の永池の頭部に死球を与えてしまう。永池、ヒザから崩れ落ち、全く動かない。慌てて両軍ベンチから選手が飛び出し、永池の周りに人垣が出来る。しばらくし、永池意識を取り戻し、自力で立ち上がる。代走に宮崎が送られ、その宮崎、二盗を敢行。天野、二塁へ送球するも、送球がセンター前クリーンヒットに(号泣)。宮崎三進。堀田四球で無死一三塁。初球、大野一邪飛。渡辺も三振に倒れる。しかし福井、ライト前2点タイムリー。更に高野、スライダーを叩き、二打席連続ホームラン。

5回表、天野、いい当たりもサード正面のゴロ。塀内三振。小林宏に代打鮎川。鮎川三ゴロ。
5回裏、鮎川がファーストに回り、バッテリーは寺本と吉鶴に。ソンミン、初球をライトへ。イワオつっこむが捕れず、ヒットに。川中捕ゴロでソンミン封殺。宮崎空振り三振。ここで藪田にスイッチ。堀田、内角球に空振り三振。

6回表、信原三ゴロ。渡辺空振り三振。澤井中飛。
6回裏、大野遊ゴロ。渡辺ピッチャー返し。藪田の足に打球が直撃。藪田はなんとか無事。一死一塁。高野1-3から四球。小田がセンター前タイムリーヒット。渡辺返り6点目。しかし高野がサードでアウトになり、チェンジ。

7回表、巨人は橋本にスイッチ。イワオ2-3から中飛。幸彦も中飛。吉鶴、うまく流してライト前ヒット。藪田に代打松本。しかし松本は空振り三振。
7回裏、寺村にスイッチ。橋本の代打原、スライダーに空振り三振。川中、宮崎中飛。

8回表、河本にスイッチ。レフトスタンドから「守護神河本!」コールが。代打山本、空振り三振。鮎川、ライトフェンスへの打球。高野もフェンス直撃(笑)しかし打球を落とし、鮎川三進。信原、レフト前ポテンタイムリーヒットで1点返す。渡辺空振り三振。澤井カーブに三ゴロ。
8回裏、成本にスイッチ。またもやレフトスタンドから「守護神成本!」コールが。堀田右飛。大野ライト前ヒット。代走に山田。渡辺もライト前にクリーンヒット。成本、球威がない。福井、外角高めに浮いた球を、レフトへ3ラン。高野いい当たりも右直。小田センター前ヒット。河本に代打十川。十川、レフトへプロ入り初ホームラン。ジャビット人形をスタンドに投げ入れるも、なぜか人形は真上へ。初めての事で、うまく投げ入れなかったか(爆)更に川中センター前ヒット、宮崎もセンター前ヒットで一二塁。堀田のセンター前ポテンヒットで12点目。山田投ゴロで長い攻撃が終了。

9回表、マウンドには内薗。イワオ、2-0から外のフォークに見逃し三振。幸彦遊ゴロ。吉鶴にストレートの四球。しかし代打池野、フォークに空振り三振で試合終了。


2000年8月 2日 イースタンリーグ 19回戦 湘南−ヤクルト(横須賀) 報告者:設備屋ヒロさん(HP:Route 847

試合開始 18時  試合時間 2時間56分(手持ち時計)
天気 晴れ  風向・風速 ライトからレフトへ約3〜4m

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
湘南 0 1 0 1 3 2 0 1 X 8 11 1


○谷口 7勝2敗 (16試合)
●花田 1勝4敗 (15試合)

本塁打 宮内8号 (5回3ラン=花田)
二塁打 小池2 (4回、7回) ユウイチ (7回)
盗塁 大野 (5回) 鶴岡 (6回)
残塁 ヤ4 湘11
併殺 ヤ2 【野口−三木−大脇】進藤 (3回) 【野口−三木−大脇】谷口 (4回)
    湘1 【進藤−大野−宮内】佐藤 (1回)
走塁死 福本 (1回)
牽制死 三木 (1回)
失策 古木 (5回) 大脇 (6回)

打者成績
ヤクルト 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(二) 三木 2 0 0 0 0 2 0 0 0 四球     右飛   四球   遊ゴ  
(一) 大脇 4 0 1 0 1 0 0 0 1 中安     左飛   投ゴ     三振
(左) 佐藤 2 0 0 0 1 0 0 0 0 三併     三振          
鮫島 2 0 0 0 0 0 0 0 0             二ゴ   右飛
(捕) 小野 3 0 1 0 0 0 0 0 0   遊飛     左失   左安    
細見 1 0 0 0 0 0 0 0 0                 一ゴ
(右) 本郷 3 0 0 0 0 0 0 0 0   二ゴ     二ゴ   左飛    
(中左) ユウイチ 3 0 1 0 2 0 0 0 0   三振     三振   左2    
丹波 0 0 0 0 0 0 0 0 0                  
伊藤彰 0 0 0 0 0 0 0 0 0                  
(三) 城石 3 0 0 0 1 0 0 0 0     三振   三ゴ   二ゴ    
(遊) 野口 3 0 0 0 0 0 0 0 0     三ゴ     投ゴ   遊ゴ  
(投) 花田 1 0 0 0 0 0 0 0 0     投ゴ            
ツギオ 1 0 0 0 1 0 0 0 0           三振      
加藤 0 0 0 0 0 0 0 0 0                  
橿渕 1 0 0 0 1 0 0 0 0               三振  
湘南 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(遊) 福本 3 1 1 1 0 2 0 0 0 中安 四球     二邪 遊ゴ   四球
(二) 大野 2 2 1 0 0 1 1 0 0 投犠 捕邪     中安 四球    
八馬 0 0 0 0 0 1 0 0 0               四球
(左) 古木 3 1 3 0 0 1 0 0 1 中安   四球   一安 投安    
田中一 0 0 0 0 0 1 0 0 0               四球
(一) 宮内 4 1 2 5 1 0 1 0 0 一飛   三振   右本 右安   中犠
(三) 進藤 2 1 0 0 0 1 0 0 0   四球 遊併   中飛      
新井 1 0 0 0 0 1 0 0 0           二ゴ   四球
(右左) 小池 4 1 2 0 0 1 0 0 0   中飛   左2 四球   左2 遊飛
(中) 田中充 4 0 0 0 1 1 0 0 0   四球   一ゴ 一ゴ   三ゴ 三振
(捕) 鶴岡 4 1 2 1 0 0 0 0 0   遊ゴ   右安   右安 二飛  
(投) 谷口 3 0 0 0 1 1 0 0 0   四球   遊併   三振 二ゴ  


投手成績
  ヤクルト
花田 5 25 91 7 1 1 6 0 5 5 0 0
  加藤 1 7 24 3 0 1 1 0 2 0 0 0
  丹波 1 4 11 1 0 0 0 0 0 0 0 0
  伊藤彰 1 7 33 0 0 1 4 0 1 1 0 0
  湘南
谷口 9 31 125 3 0 7 2 0 0 0 0 0


【試合の流れ】
1回表
三木フルカウントから四球で出塁も、次打者大脇の時に牽制死。大脇センター前にポテンヒットで出塁。佐藤変化球を引っかけ、三ゴロ併殺。

1回裏
福本低めの変化球を上手く合わせてセンター前ヒット。大野手堅く送りバントを決め1死2塁。古木の1,2塁間を破るヒットで、福本本塁に突入するがタッチアウト。宮内一飛。

2回表
3者凡退。ユウイチは落ちる球(スライダー?)を空振り三振。

2回裏
進藤ストレートの四球。小池中飛。田中充ストレートの四球。鶴岡遊ゴロで田中充は2塁フォースアウト。2死1,3塁から谷口が四球を選び満塁、さらに福本も四球で押し出し。湘南ノーヒットで先制点を挙げる。大野捕邪飛。

3回表
3者凡退。城石はストレートを見逃し三振。

3回裏
古木ツーナッシングから四球を選び出塁。宮内外角の変化球を見逃し三振。進藤遊ゴロ併殺。

4回表
3者凡退。佐藤は外角低めの変化球(スライダー)を空振り三振。

4回裏
小池ショート後方にラッキーなポテンヒットで一気に2塁まで進塁。田中充一ゴロ。鶴岡ライト前にポテンヒットで小池生還。谷口初球を送りバントしようとするがファール、次の球は打ちにいくが遊ゴロ併殺に終わり、この回1点止まり。

5回表
小野レフトへ平凡なフライを上げるが、古木がまさかの落球で2塁まで進塁。本郷1,2塁間にヒット性のゴロを打つが、大野の好守に阻まれ二ゴロ、小野は3塁に進塁。ユウイチ低めの球を空振り三振、キャッチー鶴岡がボールを前にこぼす間に振り逃げを試みるが結局アウト。城石の打席の時に鶴岡がボールを後逸するが、谷口の素早いカバーで小野は走れず。城石三ゴロでヤクルトはチャンスを生かせず。

5回裏
福本1塁後方に二邪飛。大野センター前にクリーンヒット。古木のカウント2-2から大野が盗塁に成功。古木1塁方向にゴロを打つも、花田のベースカバーが遅れヒットに。宮内内角の球を快心の当たりでライト方向に3ランホームラン。進藤バットの先に当てて中飛。小池四球。田中充一ゴロ。湘南この回3点追加。

6回表
野口投ゴロ。花田の代打ツギオは落ちる球(スライダー?)を空振り三振。三木フルカウントまで粘って四球。大脇投ゴロ。

6回裏
この回から投手加藤鶴岡ライト前にクリーンヒット。谷口初球を送りバントしようとするがファール、次の球はバスターでファール、2-1から再び送りバントをしようとするが、ファールになり三振。福本のカウント1-1からウエストされるが鶴岡が盗塁に成功。福本遊ゴロ。大野四球で2死1,2塁。古木1塁方向にゴロを打つも、大脇のカバーが遅れヒット、大脇が送球を後逸する間に鶴岡が生還。更に2死1,3塁から宮内がライト前タイムリーヒットで大野生還。新井二ゴロ。湘南この回2点追加。

7回表
鮫島二ゴロ。小野レフト前にクリーンヒット。本郷左飛。ユウイチレフト後方にエンタイトルツーベ−スで2死2,3塁も、城石二ゴロでチャンスを逃す。

7回裏
この回から投手丹波、捕手細見小池レフト線にツーベースヒットで無死2塁のチャンスも、後続が凡退し得点できず。

8回表
3者凡退。古橿は落ちる球(スライダー?)を空振り三振。

8回裏
この回から投手伊藤彰福本大野の代打八馬田中一が連続四球で無死満塁。宮内センターへ犠牲フライを打ち福本生還。新井四球で1死満塁とチャンスは続くが、小池遊飛、田中充外角低めの変化球をハーフスイングで三振。湘南この回3者残塁で1点止まり。

9回表
大脇外角の変化球(カーブ)を空振り三振。鮫島右飛。細見一ゴロで試合終了。

試合後
ヒーローインタビューは谷口鶴岡宮内の3選手。先日、シーレックスの選手達はFM横浜のDJ栗原さんを講師に「話し方講座」を受講したが、成果はあまり現れていないようだ。

観戦後記(ヤクルト)
投手陣が四球で自滅。打線も谷口のスライダーに手も足も出ず。

観戦後記(湘南)
11安打で快勝。谷口が3安打完封の力投。古木の守備は・・・。


【気になる選手】
■谷口邦幸(湘)
ストレートの伸びは今一つも、スライダーのキレが抜群で三振を奪ったのは殆どこの球でした。制球はまあまあだったが、要所では低めに球が決まっていた。1回には牽制でランナーを刺す。打撃では送りバントを3度失敗する。

■福本誠(湘)
打撃の調子は良さそうで、1回には花田の変化球を上手くあわせる。四球も2つ選ぶが、1回には走塁で判断を誤り本塁で憤死。守備は無難にこなしていた。

■大野貴洋(湘)
好守に渡り活躍。1回には送りバント決め、5回にはヒットで出塁後に盗塁も決める。守備でも5回に外野に抜けそうな当たりを好捕、抜けていればタイムリーだっただけに素晴らしいプレーでした。

■古木克明(湘)
数字上では3安打の活躍だが、クリーンヒットは1回のライト前のみ。相変わらずストライクゾーンの球は見逃さずにバットが出る。懸念の守備では凡フライをまさかの落球。凡フライをキャッチして歓声が沸くのはこの人だけだろう(笑)。

■宮内洋(湘)
今日は4番の貫禄を見せ5打点。5回のホームランはライナーでスタンドに運ぶ。左投手2人から左安、中犠と苦手克服?。

■進藤達哉(湘)
久々の試合出場。併殺を1つ決めるなど守備で好プレーを見せる。さすがに守備は一流で、石井義と違いサードゴロも安心して見ていられる。足の状態はまだ完全ではなさそう。

■小池正晃(湘)
打撃の調子が上向きになってきたようで、空振りも少なくなってきた。4回のツーベースは相手の守備に助けられたが、7回には綺麗にレフト線にツーベースを放つ。全体的に引っ張る傾向が目に付いた。守備ではライトとレフトを守ったが、古木より安心して見ていられる。

■田中充(湘)
ケガをしていた右ヒザの状態は良さそう。守備機会は1回だけだったが動きはいまいち。

■鶴岡一成(湘)
守備では谷口の完封劇を演出、好リードを見せる。5回には2死3塁から後逸するが谷口の素早いカバーに助けられる。打撃では6回に加藤の緩い球を上手く流し打ちする。盗塁も1つ決めるなど機動力もアピールする。

■田中一徳(湘)
7回から途中出場。8回の打席はストレートの四球で、立ってるだけだった。守備機会はライトフライ1本のみ。


■花田真人(ヤ)
いいところはまったく無く、とにかく制球難に苦しむピッチング。毎回ランナーを出し、2回にはノーヒットで1点を献上、5回にはホームランを打たれる。唯一の奪三振も宮内の見逃しで、審判によってはボールの判定かも。

■三木肇(ヤ)
全打席でフルカウントまで粘り四球2つを選ぶが、1回に牽制で刺されるなど走塁面では良いとこ無し。守備では2併殺に絡む。

■佐藤真一(ヤ)
ヤクルトファンの声援はNo1でしたが、谷口のスライダーにタイミングが合わず、三ゴロ併殺、空振り三振で途中交代。守備機会は無し。

■小野公誠(ヤ)
守備では盗塁2つを許す。特に6回は守備側有利の右打者・左投手の時で、ウエストしたが送球が反れて刺せず。攻撃面ではヤクルトで唯一3塁を踏むが、本塁は遠かった・・・。

■ユウイチ(ヤ)
2打席連続三振の後、レフト後方にエンタイトルツーベースを放つ。スイングはシャープだったが、低めのスライダーに空を切る。

■野口祥順(ヤ)
全打席内野ゴロで、打撃はパワー不足が目に付く。守備では堅守を見せ、2併殺に絡む。

■加藤博人(ヤ)
投球はサイドスローで外角一辺倒。ストレートもカーブも今一つ。2死から左打者が4人続くが、四球、一安、右安、二ゴロと抑えきれず。エラーも絡み2失点と見方の守備に泣かされる。

■伊藤彰(ヤ)
いきなり3連続与四球の後、あっさり犠牲フライで得点を許す。制球が定まらかったが、カーブのキレはまあまあでした。


2000年7月30日 ウエスタンリーグ 13回戦 中日−ダイエー(ナゴヤ) 報告者:フォロンさん

  R H E
ダイエー 0 0 0 1 1 3 0 0 0 5 7 2
中  日 0 0 0 0 1 0 3 0 0 4 7 2

ダイエー:木村(6回1/3)、佐久本(0/3)、斎藤貢(1回2/3)、水田(1回)
中   日:矢口(5回)、山北(0/3)、呂(1回)、今中(1回)、佐藤(1回)、遠藤(1回)

ダイエー 1打席 2打席 3打席 4打席 5打席
(遊) 川崎 一ゴロ 右飛 左前安 左前安  
(二) 柳田 三振 四球 犠打 投ゴ併  
(一) 脇坂 三振 左飛 三振 二ゴロ  
(左) ニエベス 左飛 右前安 中2    
走左 高橋 遊邪飛        
(右) 吉本一 遊ゴロ 右2 投ゴ失 投ゴロ  
(捕) 内之倉 三振 二ゴロ 左前安    
走捕 的場 二ゴロ        
(三) 吉本亮 右飛 遊ゴロ 犠打 三振  
新里          
(中) 内野安 死球 犠打 三振  
(投) 木村 遊ゴロ 三振 三振    
佐久本          
斎藤貢          
西島 遊直        
水田          
 
中  日 1打席 2打席 3打席 4打席 5打席
(左) ショーゴー 一ゴロ 二ゴロ 一ゴロ    
山田広          
打左 原田 中前安 犠打      
(中) 大西 三振 三ゴロ 右邪飛    
蔵本 中飛        
中野 三振        
(三) 渡辺 二ゴロ 遊ゴロ 左2    
筒井 三ゴロ 遊ゴロ      
(一捕) 藤井 二ゴ失 四球 一ゴロ 内野安  
(遊) 森野 一ゴ併 三飛 三振 四球  
(右) 幕田 三振 左前安 三ゴ失 犠打  
(二) 善村 左飛 左飛 右前安 遊ゴロ  
(捕) 鈴木郁 三振 右前安 左前安    
清水          
高橋 二飛        
遠藤          
(投) 矢口 三振        
益田 二ゴロ        
山北          
         
今中          
ディンゴ 四球        
三輪          
佐藤          
安田 四球        
荒木          

  当日は風が強く、高く上がった打球は、風により失速して、いつもよりは手前に落ちる状態でした。
  矢口哲朗は制球がやや定まらず、2点は取られたものの全体的には割とよい出来であったように思えます。木村茂のほうもよい出来でしたが、7回吉本亮のファーストへの悪送球から突如崩れ始めました。続いて登板した佐久本昌広も勢いを止められず、連打されましたが、続く斉藤貢が何とか1点差までに抑えることが出来ました。中日も二番手山北茂利が誤算というか、彼はは連投が出来ないタイプなのに登板させた理由がわかりませんが、自ら招いたピンチを抑えることが出来ず、呂建剛にマウンドを譲りました。辻武史のところでダイエーは2ランスクイズを決めました。これが決勝点。中日側もこれが非常に痛かった感じでした。
  7回、今中慎二が登板し、最速129キロで投げた球はすべてストレート。まだまだ復活は遠い感じでした。
  最終回、水田章雄は何とか抑え、ダイエーはナゴヤで久しぶりに勝利となりました。


2000年7月29日 イースタンリーグ 14回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷) 報告者:かずさん/ぴろさん(HP:ぴろ's HomePage

  R H
浦和マリーンズ 0 3 2 0 2 3 0 1 1 12 15
鎌ヶ谷ファイターズ 0 0 1 0 0 1 0 0 1 3 12

M:吉田篤史(4回)−ロバーツ(3回)−戸部浩(1回)−薮田安彦(1回)
F:矢野諭(3回)−沼田浩(2回)−山原和敏(1回)−櫻井幸博(2回)−竹内昌也(1回)

本日は久しぶりに、鎌ヶ谷に行ってまいりました。いやあ、暑い暑い。お仕事とはいえ、プロの
皆様、ご苦労様です。
やはり、ファームの良さは、個人的にはあまり勝敗にこだわらずに楽しめる、選手と観客の
距離が近い、これに尽きますね。
ジャイアンツが「球音を楽しむ日」なんてのをやっていましたが、球音を楽しみたいんだったら、
ファームを見に行こう!ですね。ペットの応援も無く、純粋にボールがミットに収まる音、
ボールがバットに当たる音、選手の声が聞こえますものね。

さてさて、ファイターズとしては、高卒ルーキーの田中賢介君。やはり打撃センスが1つも2つも
他の若手をリードしていますね。もう木製バットに適応している気がします。今日も4安打、
見せてもらいました。
あとは成長著しい小田智之君。シャープな打撃は将来性を感じさせます。無名高校(?)から良くぞ
いい選手を発掘してくれたものです。
あとはひちょり(森本稀哲)君ですが、今日は居ないなーなんて思っていたら、どうやら旭川に
行っていた模様です。
目出度いっす!(^^)今バットは波打っているが、将来の糧となりますように・・・by健一

 

■ぴろさん編

土曜日にin鎌してきました。
「炎天下」という言葉がぴったり。上からの直射日光に加えて、スタンドのコンクリートからの照り返しで、しっかり日焼けしてしまいました。背中や腕がヒリヒリして眠れなかった人も多かったのでは?

いつものように写真をこちらに載せております。使ってください>健一さん(ぴろさん!ありがとさんです(^^)by健一
http://sukeda.com/piroko/photo/fm729.html

野次オヤジも暑さにはかなわないのか?あまり気になるものはありませんでした。1塁側(ロッテ側)で「熱く」応援しちゃってるお兄ちゃんがいましたが…。小さい太鼓を叩きながら「Let's go Marines!」と応援している少年に応じる形で、3塁側の野球少年たちが「Let's go Fighters!」と声をそろえていたのが印象的でした。

試合のほうは…ロッテの打線爆発(捕手にコンバートした天野、当たってます)&ロッテの守備壊滅(いつものことですが)が印象に残りました。Fsの投手陣は、制球が定まらずみんな似たような感じでした。それにしても「暑かった!」このひとことにつきますね(^^;


2000年7月29日 ウエスタンリーグ 18回戦 阪神−近鉄(鳴尾浜) 報告者:じんさん(HP:りが・みりてぃあ野球殿堂

藤井寺バファローズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
鳴尾浜タイガース 0 1 0 2 2 1 0 5 × 11
投手 Bu 宇高−吉川勝−高木−ツイドリー−岩隈
  山崎−舩木−弓長−部坂−窪田

2回裏 1死後大豊が左中間2塁打、続く北川の2塁打で1点先制。
4回裏 フランクリン、ライト前ヒット、濱中レフト前ヒット、大豊四球で
     無死満塁かた北川の2点タイムリー。
5回裏 1死後星野修の2塁打、2死後濱中四球で2死1,2塁から大豊
     左中間2塁打で2点。
6回表 代打中濱ヒット、内匠一塁ゴロでランナー入れ替わった後前田
     四球、川口犠牲フライの2死1,3塁から山下のタイムリー。
6回裏 1死後塩谷死球、代打佐々木ヒットで1死1,3塁、2死後代打関本
     のタイムリー2塁打。
8回裏 北川2塁打、塩谷ライト前タイムリー。1死後的場サードエラー、
     代打広澤四球で1死満塁から星野修は高嶋の打撃妨害で押し
     出し、フランクリンの一塁ゴロの間に1点、2死後濱中の2点タイ
     ムリーで計5点。

 

2000. 7.29 阪神タイガースvs大阪近鉄バファローズ ウェスタンリーグ 18回戦
阪神鳴尾浜球場 12:30開始〜15:25終了 天候:晴れ一時曇り時々小雨
主審 岡田、塁審(1)杉本 (3)白井

    1 2 3   4 5 6   7 8 9   TOTAL
Buffaloes        
Tigers       3x  

勝:弓長 負:酒井
ホームラン:吉川元(吉野)、広澤(酒井)


 前日の試合もそうだったのですが、この日の試合も審判3人制でした。草野球で、他のチームの試合のときに、たまに塁審を担当しなければいけないのですが、それも3人制になることが多く、審判の動きも見ていて参考になりますね。いや、この3人制のときの塁審の動きって、位置取りも含めて、結構難しいんですよねぇ。

 先発投手は、タイガースが吉野、バファローズがウォルコットです。


1回表 【森谷(中)】ショートゴロ。
【内匠(一)】ライト前ヒット!一死1塁。
【高須(ニ)】犠牲バント成功!二死2塁。
【大久保(右)】レフトフライ。
1回ウラ 【上坂(中)】空振り三振。
【星野修(ニ)】レフトオーバーの二塁打!一死2塁。
【フランクリン(左)】ファーストライナーをはじいてエラー!一死1,3塁。
【濱中(右)】レフトへの犠牲フライで1点先制!なおニ死1塁。
【大豊(一)】ファーストゴロ。 T 1−0 Bu
 吉野は無難な立ちあがりでしたが、ウォルコットの方は、味方のエラーもあって、簡単に1点を取られてしまいました。前日も同じようにファーストがライナーをはじく場面が見られたのですが、いずれもフランクリンの打球。確かに強い打球ではあるのですが、あまりにもお粗末だなぁと思いました。
 この回の大豊の打席でちょっとしたトラブル?がありました。
 大豊の打ったファーストゴロに対して、1塁塁審杉本がファールのジェスチャー。私は3塁側のスタンドで見ていたのですが、明らかにフェアの打球だったので、ラッキィ〜とか思ったのですが、球審を見るときっちりファールの判定をしていました。
 判定が一致してなかったので、ちょっともめたのですが、結局球審の判定で決着しました。それにしても、判定の問題で出場停止になった大豊の打球だったというところが、因縁ですねぇ。


2回表 【高嶋(捕)】見逃し三振。
【中濱(左)】セカンドゴロ。
【吉川元(捕)】空振り三振。 T 1−0 Bu
 ちょっとボール球が多いかなぁという感じの吉野でしたが、この回も2三振を奪って、上々の滑り出し。
 この回は、ちょっとした珍プレーがありました。(^^)
 高嶋がファールを打ったのですが、そのときの打球がちょうど壁に当たってダイレクトでネクストバッターズサークルにいた中濱のお尻に直撃!中濱も当然予期していなかったようで、大きな声で叫んでいましたが、スタンドからも、その一瞬に笑いが洩れました。


2回ウラ 【北川(捕)】レフト前ヒット!無死1塁。
【塩谷(三)】セカンドフライ。一死1塁。
【吉野(投)】バントするも2−6−3のダブルプレー。 T 1−0 Bu


3回表 【山崎(遊)】レフト前ヒット!無死1塁。
【ウォルコット(投)】3バント失敗。一死1塁。
【森谷(中)】セカンドフライ。ニ死1塁。
【内匠(一)】ストレートの四球!ニ死1,2塁。
【高須(ニ)】ライト前ヒット!ライト濱中からの好返球で山崎が本塁タッチアウト。結局無得点。 T 1−0 Bu
 濱中のホームへの返球は、まさにドンピシャリで返ってきました。
 スタンドからも声が飛んだのですが、まさに「新庄にも負けない」好返球でした。これまで濱中というと、守備はイマイチという印象があっただけに、このプレーにはビックリしましたが・・・。(^^;


3回ウラ 【的場(遊)】空振り三振。
【上坂(中)】ピッチャー強襲の内野安打!一死1塁。
【星野修(ニ)】ヒットエンドラン成功でレフト前ヒット!一死1,3塁。
【フランクリン(左)】レフトへの犠牲フライで上坂生還!ニ死1塁。
【濱中(右)】3球目に星野修が盗塁失敗。 T 2−0 Bu
 タイガースは、この回も犠牲フライできっちり1点追加しました。
 上坂の出塁で、ちょっと盗塁を見てみたいなぁと思ったのですが、星野とのヒットエンドランは見事に決まりました。上坂のスタートも良かったと思うし、星野もしぶとくレフト前に転がしていきました。いまいち本領発揮といかないフランクリンも、この打席では犠牲フライを打って、まさにベンチの意図した得点という感じでした。
 星野の盗塁が決まっていれば、さらに良かったのですが、そこまではうまくいかないか・・・。


4回表 【大久保(右)】センター前ヒット!無死1塁。
【高嶋(捕)】ショートゴロを的場がグローブに当ててトンネル!無死1,2塁。
【中濱(左)】ショートゴロ。今度はきっちり処理して6−4−3のダブルプレー。ニ死3塁。
【吉川元(三)】レフトへの2ランホームランで同点!
【山崎(遊)】四球でニ死1塁。
【ウォルコット(投)】セカンドへの内野安打!ニ死1,2塁。
【森谷(中)】初球にワイルドピッチで二死1,3塁。森谷の打球はショート内野安打になり山崎が生還で逆転!ニ死1,2塁。
【内匠(一)】ライトフライ。 T 2−3 Bu
 エラーが失点に繋がる、まさに典型的なイニング。的場のトンネルですが、完璧なトンネルではなくて、グラブに当てて股間を抜けていったような打球でしたが、やや制球に苦しんでいた吉野にとっては痛いエラーでした。
 その後の中濱を打ちとって、何とか切り抜けれるかと思ったところの吉川元のホームランも見事でした。完璧に捉えた打球で、打った瞬間に入ると思いました。
 同点になった後に、四球を出し、ピッチャーに打たれ、ワイルドピッチでランナーを進めて、内野安打で逆転です。ウォルコットと森谷の内野安打は、いずれもうまく処理すればアウトにできた打球だったと思いました。的場、星野修、ともに心もとない守備でした。


4回ウラ 【濱中(右)】ショートゴロ。
【大豊(一)】大きなセンターフライ。
【北川(捕)】サードゴロエラーで2塁まで進塁!二死2塁。
【塩谷(三)】ライトフライ。 T 2−3 Bu
 大豊の打球は、完璧に入った!と思うような打球だったのですが、残念ながらフェンス前で失速・・・。


5回表 【高須(ニ)】セカンドゴロエラー!無死1塁。
【大久保(右)】セカンドゴロ。ヒットエンドランで高須が2塁へ。一死2塁。
【高嶋(捕)】レフトフライ。二死2塁。
【中濱(左)】レフトフライ。 T 2−3 Bu
5回ウラ 【吉野(投)】ファーストゴロ。
【的場(遊)】ファーストゴロ。
【上坂(中)】粘って四球。ニ死1塁。
【星野修(ニ)】見逃し三振。 T 2−3 Bu
 両チームともランナーを出すものの、試合としては膠着状態といった感じになってきました。


6回表 【吉川元(三)】空振り三振。
【山崎(遊)】ショートゴロ。
【ウォルコット(投)】→代打【萩原】全球見送りの3球三振。 T 2−3 Bu
 前日に続いて萩原が代打で登場したのですが・・・さらに結果は悪かったです。全球見逃して、結局は3球三振ではどうしようもありません。タイガースファンからも、溜息が洩れてしまいました。


6回ウラ 代打の萩原に代わってバファローズの投手は古池に交代。

【フランクリン(左)】ライトフライ。
【濱中(右)】見送り三振。
【大豊(一)】またも大きなセンターフライ。 T 2−3 Bu
 大豊の打球は2打席連続の大きい当たり。この打席の打球も、一瞬、ホームラン!?と思うような打球でしたが、またまたフェンス前で捕球されてしまいました。
 タイガース、なかなか1点差が挽回できません。


7回表 【森谷(中)】2球セーフティバント失敗の後にセンター前ヒット!無死1塁。
【内匠(一)】2球バント失敗で結局空振り三振。一死1塁。
【高須(ニ)】初球に森谷が盗塁失敗。高須はセンター前ヒット!ニ死1塁。
【大久保(右)】ライト前ヒット!二死1,2塁。

タイガースの投手は舩木に交代。

【高嶋(捕)】1−3から四球で二死満塁!
【中濱(左)】2−1から空振り三振。3者残塁で追加点奪えず。 T 2−3 Bu
 いまいちピリッとしなかった吉野がピンチを迎えた場面で、遂にピッチャー交代。前日に続いて舩木が登板しました。高嶋に対してはストライクが入らず、ちょっと心配な投球だったのですが、満塁になって開き直ったのか、中濱に対しては全く寄せ付けない内容でした。


7回ウラ バファローズはショート山崎がセカンドへ、高須に代わってショート【市原】

【北川(捕)】ライトフライ。
【塩谷(三)】→代打【吉田浩】ショートフライ。
【舩木(投)】→代打【佐々木】ショートへの緩い当たりで内野安打!二死1塁。
【的場(遊)】2−2から見逃し三振。 T 2−3 Bu


8回表 代打した佐々木に代わりタイガースの投手は窪田に交代、吉田浩に代わってサード【寺田】

【吉川元(三)】空振り三振。
【山崎(ニ)】センターライナー。
【古池(投)】→代打【鈴木】2−3から見逃し三振。 T 2−3 Bu
8回ウラ 代打した鈴木に代わりバファローズの投手は酒井に交代。

【上坂(中)】セカンドゴロ。
【星野修(ニ)】1−3からの四球!一死1塁。
【フランクリン(左)】見逃し三振。
【濱中(右)】レフト前ヒット!ヒットエンドランで星野修は3塁へ。ニ死1,3塁。
【大豊(一)】ショートフライ。 T 2−3 Bu
 とにかく同点に追いつきたいタイガースなのですが、ランナーは出すもののあと1本が出ませんでした。8回も、絶好のチャンスに大豊、とこれ以上ないシチュエーションだったのですが、ここは酒井が踏ん張って無得点。いよいよ1点差で9回の攻防ということになってしまいました。


9回表 タイガースの投手は窪田に代わり弓長

【森谷(中)】ショートフライ。
【内匠(一)】2−3から四球!一死1塁。
【市原(遊)】ショートゴロ。そのまま2塁を踏んでから一塁へ送球、ダブルプレーで無得点。 T 2−3 Bu
9回ウラ 【北川(捕)】空振り三振。
【寺田(三)】→代打【関本】レフト前ヒット!一死1塁。→代走【高波】
【弓長(投)】→代打【橋上】3球目に高波が盗塁成功!橋上は四球で一死1,2塁。→代走【風岡】
【的場(遊)】→代打【広澤】レフトへの代打逆転サヨナラホームラン! T 5−3 Bu
 なんとまぁ、絶好のチャンスに代打で出てきた広澤の完璧なホームランで決着がついてしまいました。
 広澤のホームランは見事だったのですが、お膳立てをした関本、橋上もシブトイ働きだったんじゃないでしょうか。特に関本は前日の二塁打に続き、この日も素晴らしい当たりでした。バッティングの方はほぼ完調と言ってもいいですね。
 橋上もやっぱり渋い!(^^;)相手投手にプレッシャーをかけつつ、高波の盗塁を援護する空振りもあり、広澤にうまく繋げました。
 橋上や広澤といったベテランの姿を見て、若手も何かを感じとって成長していってくれれば、ベテランが二軍にいる意味も出てくると思います。

2000年7月29日 ウエスタンリーグ 12回戦 中日−ダイエー(ナゴヤ) 報告者:フォロンさん

  R H E
ダイエーホークス 0 2 1 0 0 0 1 0 0 4 12 0
中日ドラゴンズ 0 0 2 0 1 0 1 1 × 5 10 1

【ダイエー】:小椋(5回)、斎藤貢(2回)、水田(1回)
【中日】:山田洋(5回)、山北(1回2/3)、島崎(1/3)、 佐藤(1回1/3)、遠藤(2/3)

ホークス 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(遊) 川崎 中安 二ゴ 二ゴ 犠打  
打遊 新里 一邪飛        
(三) 吉本亮 投ゴ 左安 右飛 三振 中飛
(一) 脇坂 三振 右安 中安 二飛  
内之倉 中安        
森山          
(左) ニエベス 一ゴ 四球 三振    
高橋 二飛        
的場 三飛        
(右) 吉本一 中2 三振 四球 左安 三振
(二) 内野安 三振 三振 左2  
(捕) 川越 中安 内野安 二直 三ゴ  
(投) 小椋 三飛 二ゴ 三振    
斎藤貢          
柳田 三ゴ        
水田          
(中) 西島 中安 左飛 遊ゴ失    
左飛        
 
ドラゴンズ 第1打席 第2打席 第3打席 第4打席 第5打席
(右) 幕田 左2 本塁打 本塁打 三振  
(中) 大西 一直併 二ゴ 三ゴ    
中左 荒木 内野安        
(遊) 森野 三振 内野安 右飛 三振  
(一) 藤井 二飛 遊ゴ 左飛 四球  
安田          
(左) 原田 二飛 遊ゴ 中安    
清水 犠打        
(三) 筒井 左2 遊飛 四球 左2  
(二) 善村 一ゴ 三振 一ゴ 二飛  
(捕) 吉原 遊飛 二飛 内野安    
走中 蔵本          
(投) 山田洋 四球        
三輪 三振        
山北          
島崎          
山田広 右安        
佐藤          
遠藤          

  この日は、ダイエー楽勝か?と思いましたけど、小椋が、変なところで四球およびホームランで失点してしまうという、悪いパターンを出していました。なんで幕田にホームランを打たれるのかが解りません。中村(近鉄)のフォームを真似ている(失礼)からビビっているのか?
ダイエー打線は、ニエベスを除けばこの打順でいいんじゃないかな。ニエベスは相変わらず緩慢な動きで、来シーズンは多分いないかもしれません。
  中日打線は、幕田が2打席連続ホームランで、いいところもありましたが、走塁ミスもあり、差を広げれなかったというのが痛いです。

■幕田賢治(中)
  中村(近鉄)のバッティングフォームを真似(失礼)て、バットが振りぬけるようになった感じがします。ただ、4打席目は、大きいのをねらいにいったのがバレバレ。ホームランもいいけど、後続につなげることも大切。

■吉本亮(ダ)
  バントがきちんとできないのは、残念。28日もスクイズが決めれないのは、練習不足の証拠。


2000年7月28日 ウエスタンリーグ 17回戦 阪神−近鉄(鳴尾浜) 報告者:じんさん(HP:りが・みりてぃあ野球殿堂

藤井寺バファローズ 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
鳴尾浜タイガース 1 0 1 0 0 0 0 0 3× 5
投手 Bu ウォルコット−古池−酒井
  吉野−舩木−窪田−弓長

1回裏 1死後星野修2塁打、フランクリンの一塁ライナーをはじいて
     エラーの1死1,3塁から、濱中がレフトへ犠牲フライで1点先制。
3回裏 1死後上坂が投手強襲の遊撃内野安打、星野修ヒットエンド
     ランで1死1,3塁からフランクリンがレフトへ犠牲フライ。
4回表 大久保センター前ヒット、高嶋遊撃ゴロエラーで1死1,2塁。中濱
     併殺の2死3塁から吉川元が同点2ラン。さらに山崎四球、ウォル
     コットニ塁内野安打、ワイルドピッチで2死1,3塁から森谷遊撃内
     野安打で逆転。
9回裏 1死後代打関本がレフト前ヒット、代走高波が盗塁後、代打橋上
     が四球の1死1,2塁から、広澤が代打逆転サヨナラホームラン。

 

2000. 7.28 阪神タイガースvs大阪近鉄バファローズ ウェスタンリーグ 17回戦
阪神鳴尾浜球場 12:30開始〜15:41終了 天候:晴れ時々曇り
主審 白井、塁審(1)岡田 (3)杉本

    1 2 3   4 5 6   7 8 9   TOTAL
Buffaloes        
Tigers       ×   11

勝:山崎 負:宇高


 今年もやってきました!というわけで、夏休み恒例の「鳴尾浜−甲子園詣で」です。
 当初、この日の鳴尾浜の試合は予備日ということで、予定されていなかったようなのですが、2,3日ほど前にi-modeで試合日程を確認したところ、やることになっているではありませんか!
 当然、行くっきゃありませんよね。(^^;

 球場に着くと、バファローズのバッティング練習中でした。試合開始までは、まだまだ時間があったので、コンビニで買ってきたおにぎりなんぞ食べながら、練習を見ていました。
 このとき、出場停止で二軍で調整中(と言うんでしょうか?)の大豊が、バッティングゲージ裏のバファローズ首脳陣を表敬訪問してたりして、結構話しこんでいました。

 そうこうしているうちに、タイガースの選手たちもグランドに出てきました。
 シートノック前にベンチ前でのキャッチボール。ちょうど中谷を見ていたら、何やらバファローズの選手が彼の背後に・・・。ひょっとして高塚?と思ったら、案の定。(笑)
 高塚が後ろから中谷にちょっかい出してましたけど、この2人を一軍で見れるのは、いつになるんでしょうか・・・。

 そうこうしている間に、試合開始です。

 先発投手は、タイガースが山崎、バファローズが宇高です。


1回表 【内匠(右)】いきなりセンター前ヒット!
【前田(遊)】セカンドゴロでダブルプレー。
【川口(左)】1−3から四球。二死1塁。
【山下(一)】サードゴロで川口が2塁封殺。
1回ウラ 【吉田浩(中)】ライト前ヒット!
【星野修(ニ)】1−2から吉田浩が牽制死。星野は空振り三振。
【フランクリン(左)】空振り三振。 T 0−0 Bu
 両チームともに先頭打者がヒットで出るものの、チャンスを広げることなく終わってしまいました。両投手ともに「無難な」立ちあがりと言ったところでしょうか。
 タイガースは大豊が打線に入るということで、おそらく4番なのかなぁと思ったのですが、フランクリン−濱中−大豊のクリーンアップでした。とりあえず、4番濱中の基本線は守っているようです。二軍の試合ですから、それでいいと思うし、その辺りをきっちりと決めているところは安心しました。(濱中がいまだ二軍の主力ってのは不満ですが・・・)


2回表 【鷹野(中)】セカンドゴロ。
【高須(ニ)】ショートゴロ。
【高嶋(捕)】ショートゴロ。 T 0−0 Bu
 この回、3者凡退に抑えた山崎ですが、制球は相変わらずボロボロですよね。今年の山崎はどうしてこんなにコントロール悪いんでしょうか。バファローズの早打ちに割と助けられている面もあるのですが、はっきりわかるボール球が多いですね。


2回ウラ 【濱中(右)】サードゴロ。
【大豊(一)】左中間を破る二塁打!一死2塁。
【北川(捕)】センターオーバーの二塁打で大豊生還!なおも一死2塁。
【塩谷(三)】センターフライ。ニ死2塁。
【山崎(投)】空振り三振。 T 1−0 Bu
 タイガース先制です。大豊ですが、やはり格が違うなぁって感じですね。まぁ、当たり前と言えば当たり前なんだけど。
 このチャンスにすかさずタイムリーを打った北川もさすが。二軍じゃ、こういういいバッティングできるんですけどねぇ。
 宇高は、私の見たところ、山崎に比べて調子は「全然」いいと思いました。それでも先に点を取られてしまう・・・ありがちですが、野球はホントに不思議です。


3回表 【吉川元(三)】高いバウンドのピッチャーゴロも山崎が一塁へ悪送球。無死1塁。
【宇高(投)】3バント失敗。一死1塁。
【内匠(右)】ファーストゴロで3−6−1のダブルプレー。 T 1−0 Bu
3回ウラ 【的場(遊)】初球が死球。無死1塁。
【吉田浩(中)】空振り三振。一死1塁。
【星野修(ニ)】4球目に的場が盗塁失敗。星野は2打席連続の空振り三振。 T 1−0 Bu


4回表 【前田(遊)】空振り三振。
【川口(左)】空振り三振。
【山下(一)】ライトフライ。 T 1−0 Bu
4回ウラ 【フランクリン(左)】ライト前へ痛烈なヒット!無死1塁。
【濱中(右)】レフト前ヒット!無死1,2塁。
【大豊(一)】四球。無死満塁。
【北川(捕)】センター前ヒット!フランクリン、濱中が生還。無死1,2塁。
【塩谷(三)】セカンドフライ。一死1,2塁。
【山崎(投)】2球バントを失敗した後に空振り三振。ニ死1,2塁。
【的場(遊)】サードゴロで二者残塁。 T 3−0 Bu
 調子の悪そうな山崎がまた抑え、良さそうな宇高がまた点を取られてしまいました。山崎は抑えているけど、絶対に一軍じゃ通用しない内容です。
 この回のタイガースの攻撃は二軍とは思えない(^^;)フランクリン以下の打順ということもあって、宇高もつかまってしまいました。
 ただ、塩谷以下はきっちり抑えてきました。この辺りが、タイガースにとっても問題ありです。きっちりバントができなかった山崎は論外、怪我明けの的場も仕方ない部分がありますが、塩谷の元気のなさはどうしたものでしょうか。ちょっと心配です。


5回表 【鷹野(中)】四球で出塁!
【高須(ニ)】センターライナー。一死1塁。
【高嶋(捕)】ショートライナー。二死1塁。
【吉川元(三)】セカンドゴロ。鷹野動けず。 T 3−0 Bu
 山崎が悪いなりに、あれよあれよと5回まで抑えてしまいました。ここまでを振り返れば、ヒットは初回の先頭打者の内匠に打たれたセンター前だけなんですよね。
 ボール球は多いのですが、実はバファローズ打線で約半分の打者が三球以内に打って凡打になっているんですよね。バファローズの早打ちに助けられているように感じました。


5回ウラ 【吉田浩(中)】ファーストゴロ。
【星野修(ニ)】レフト線への二塁打!一死2塁。
【フランクリン(左)】ショートフライ。ニ死2塁。
【濱中(右)】ストレートの四球!ニ死1,2塁。
【大豊(一)】左中間を破る2点タイムリー二塁打!なおもニ死2塁。→代走【高波】
【北川(捕)】1−3から高波が飛び出して牽制死。 T 5−0 Bu
 タイガースの追加点です。やはり、ここでも大豊が貫禄を見せつけました。
 大豊の打席で注目したのは、ファールも含めて、ほとんど左方向へ打つことを意識していたこと。バファローズバッテリーが外角中心に投げ込んでいたこともあって、無理に引っ張らずに、きっちりと打ち返していました。オールスター前の好調は、依然維持しているようです。


6回表 代走の高波がセンターへ入るもすぐに【上坂】に交代。センター吉田浩がファーストへ。

【宇高(投)】→代打【中濱】センター前ヒット!無死1塁。
【内匠(右)】ファーストゴロで中濱が2塁封殺。一死1塁。
【前田(遊)】四球。一死1,2塁。
【川口(左)】センターフライで内匠が3塁へタッチアップ。ニ死1,3塁。
【山下(一)】センター前ヒットで内匠生還!なおもニ死1,3塁。
【鷹野(中)】ファーストゴロで1点止まり。 T 5−1 Bu
 ようやくバファローズが先頭の中濱のヒットをキッカケに1点を返しました。それでも、山崎を攻め切れずに終わったという感が強い攻撃でした。


6回ウラ 代打の中濱に代わってバファローズの投手は吉川勝に交代。

【北川(捕)】ショートゴロ。
【塩谷(三)】死球で一死1塁。
【山崎(投)】→代打【佐々木】ライト前ヒット!塩谷は3塁へ。一死1,3塁。→代走【高山】
【的場(遊)】浅いセンターフライ。二死1,3塁。

バファローズの投手は高木に交代。

【吉田浩(一)】→代打【関本】ライト線への二塁打!高山が生還して1点追加、なおも二死2,3塁。
【星野修(ニ)】ファーストライナー。 T 6−1 Bu
 タイガースの攻撃は止まらず、またも1点追加。
 佐々木の渋いヒットも良かったのですが、久しぶりに見た関本のバッティングはなかなか素晴らしい当たりでした。春先の怪我で心配していたのですが、バッティングに関しては、全く心配ないようですね。


7回表 代打した関本に代わりタイガースの投手は舩木に交代。サード塩谷がファーストへ、代走の高山に代わりサード【風岡】

【高須(ニ)】空振り三振。
【高嶋(捕)】ライトライナー。
【吉川元(三)】サードゴロ。簡単に3者凡退。 T 6−1 Bu
 舩木も久しぶりに見たのですが、球は速かった!
 ここまで投げた両チームの投手と比較してではあるのですが、速さで言ったら1番だったでしょう。バファローズ下位打線を簡単に抑えてしまいました。


7回ウラ バファローズの投手はツイドリーに交代。高須に代わってセカンド【好太】

【フランクリン(左)】空振り三振。
【濱中(右)】1−3から四球で一死1塁。
【上坂(中)】ショートゴロで濱中が2塁封殺。二死1塁。
【北川(捕)】2球目に上坂が盗塁失敗。 T 6−1 Bu


8回表 タイガースの投手は弓長に交代。

【ツイドリー(投)】→代打【萩原】ライトへのファールフライ。
【内匠(右)】見逃し三振。
【前田(遊)】レフト前ヒット!二死1塁。
【川口(左)】→代打【鈴木】ライト前ヒット!二死1,3塁。→代走【森谷】

タイガースの投手は部坂に交代。

【山下(一)】空振りの3球三振。 T 6−2 Bu
 萩原もまた久しぶりに見れたわけですが・・・う〜ん、打球に力がありませんねぇ。ちょっと、あのバッティングでは厳しいかなぁ。
 弓長も去年辺りのピッチングを考えれば、かなり復活してきているように感じました。ただ、二死から連続ヒットでピンチを作ってしまったところは、まだまだでしょうか。
 このピンチに出てきた部坂は打者1人でしたが、完璧なピッチングでした。たった3球だけだったのですが、キレが感じられました。


8回ウラ 代打した萩原に代わりバファローズの投手は岩隈に交代。鷹野がレフト、代走した森谷がセンターへ。

【北川(捕)】またもセンターオーバーの二塁打!無死2塁。
【塩谷(一)】ライト前ヒットで北川生還!無死1塁。
【風岡(三)】ファールで粘るもセンターフライ。一死1塁。
【的場(遊)】サードゴロをはじいてエラー!一死1,2塁。
【部坂(投)】→代打【広澤】ストレートの四球!一死満塁。→代走【寺田】
【星野修(ニ)】捕手の打撃妨害で押し出し!なおも一死満塁。
【フランクリン(左)】強烈なファーストライナー・・をはじいて的場が生還。ファーストは辛くもアウトで二死2,3塁。
【濱中(右)】センター前ヒットで2者生還でこの回5点!ニ死1塁。
【上坂(中)】センターフライ。バファローズの守備の乱れに乗じて打者一巡。 T 11−1 Bu
 バファローズ内野陣の守備の乱れも重なりましたが、タイガースが大量得点。本当ならこの回の得点は塩谷のタイムリーまででしたね。的場の打球を吉川元がはじいてからは連鎖反応の如くミスが重なってしまいました。
 塩谷にようやくヒットが出て、ちょっと安心・・・。(^^;


9回表 フランクリンに代わりタイガースの投手は窪田に交代。風岡がレフト、代走した寺田がサードへ。北川に代わりキャッチャー【中谷】

【鷹野(左)】ショートゴロ。
【好太(ニ)】ピッチャー強襲も窪田が弾き落としてピッチャーゴロ。
【高嶋(捕)】→代打【大久保】ライト前ヒット!二死1塁。
【吉川元(三)】セカンドゴロで試合終了。 T 11−1 Bu
 窪田のピッチングをはじめて生で見ました。相変わらずのバファローズ打線の早打ちで、あまりよく見れませんでしたが・・・。(笑)  球も速かったし、好太の打球を弾き落とした守備なんかは、なかなかいいぞと思いました。去年の福原的な活躍を期待していた投手だけに、早く一軍に上がってきて欲しい選手の1人です。
 怪我して以来の中谷の生プレーも、ようやく見ることができました。それほど難しいプレーもなかったのですが、ごく普通のプレーに関しては、特に問題はないようですね。

 試合はタイガースの一方的な展開でした。バファローズ的には、攻守ともに、あまりいいところがありませんでしたね。

2000年7月28日 ウエスタンリーグ 11回戦 中日−ダイエー(ナゴヤ) 報告者:フォロンさん

  R H E
ダイエーホークス 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 9 1
中日ドラゴンズ 2 0 1 0 0 0 0 3 × 6 10 0

【ダイエー】松本(4回)、渡辺秀(2回)、佐久本(1回)、斎藤貢(1回)
【中日】小池(4回)、武田(2回)、山北(1回)、遠藤(1回)、佐野(1回)

この日は、2回通り雨で中断がありました。では、試合内容としては、立ち上がり松本は制球力がなく、2四球でピンチを自分で招き、2点を献上してしまいますが、その後はなんとかきちんとさえることができました。
小池はダイエー打線の拙稿に助けられ、無失点で切り抜けることができました。中日投手陣としても、細かくつないでいきましたが、武田もイマイチフォームが悪く、まだまだという感じです。山北も、ランナーがいないときは割といいのですが、ランナーを背負った場面になると、とたんに弱気になります。これでは一軍にはいけないぞ。
渡辺秀は、変化球のキレがよく、ランナーを出しても、安心してみていることができました。先発はちょっと無理かも知れないけどしばらく中継ぎならOKです。この日はメモをとることができなかったのでこれくらいです。


2000年7月21日 フレッシュオールスター2000 全イ−全ウ(松山 坊ちゃんスタジアム) 報告者:健一

全イースタン 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
全ウエスタン 1 0 0 1 0 1 0 0 × 3
【最優秀選手賞】
河内  貴哉(広):3イニングを1被安打でピシャリ!
             (零封ですからその代表格ということかな)

【優秀選手】
上坂太一郎(神):2安打2盗塁(初回の2盗!続けて3盗!!)
山下  勝己(近):先制タイムリー(レフト前へ痛烈な当たりでした)
森野  将彦(中):2安打(本塁打含!)<無念(^^;)
田中  一徳(湘):盗塁は成功せずも3出塁
【全  イ】 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(三) 金城龍彦(湘) 4 1 0 中安   三ゴ     遊ゴ   遊飛  
(中) 田中一徳(湘) 2 1 0 四球     左安   四球     三振
(左) 高山久(西) 2 0 0 三振     三振          
打左 貝塚政秀(西) 2 0 0           三振     左飛
(右) 高野忍(巨) 3 0 0 三ゴ     四球     二飛   遊ゴ
(二一) ダイ(ロ) 3 0 0   中飛   三ゴ     三振    
塀内久雄(ロ) 0 0 0                  
(指) ユウイチ(ヤ) 3 0 0   左飛     中飛   左飛    
(一) 大島裕行(西) 1 0 0   左飛     四球        
宮崎一彰(巨) 1 0 0               右飛  
(捕) 實松一成(日) 2 0 0     三振   三振        
鶴岡一成(湘) 1 1 0               中安  
(遊) 野口祥順(ヤ) 2 0 0     遊飛   三振        
田中賢介(日) 1 0 0               一ゴ  
 
【全  ウ】 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中左) 上坂太一郎(神) 4 2 0 中安   遊ゴ   三飛   左2    
(指) 辻武史(ダ) 2 0 0 三振   三振            
打指 ショーゴー(中) 2 1 0         左2   左飛    
(三) 佐竹学(サ) 3 0 0 四球   遊ゴ   投直   三ゴ    
松本奉文(広) 0 0 0                  
(一) 山下勝己(近) 4 1 1 左安・     三ゴ 右飛     中飛  
(左) 鷹野史寿(近) 2 0 0 三振     四球   右飛      
松田匡司(神) 1 1 0               中安  
(右) 葛城育郎(サ) 4 0 0 一ゴ     三振   一ゴ   一ゴ  
(二) 森野将彦(中) 4 2 1   三ゴ   右安   右本・   中飛  
(捕) 木村一喜(広) 2 0 0   投ゴ   遊E          
打捕 的場直樹(ダ) 1 0 0           右飛      
(遊) 前田忠節(近) 3 0 0   投ゴ   三ゴ     中飛    
【全  イ】







正田樹(日) 2 9 44 2 2 1 1 1
  後藤光貴(西) 2 9 31 1 2 1 1 0
  花田真人(ヤ) 1 4 13 1 0 0 0 0
  寺本四郎(ロ) 1 4 13 1 0 0 1 1
  谷口邦幸(湘) 1 4 9 1 0 0 0 0
  内薗直樹(巨) 1 4 15 1 0 0 0 0
【全  ウ】







河内貴哉(広) 3 10 35 1 2 1 0 0
  福沢卓宏(中) 1 4 21 1 1 1 0 0
  小椋真介(ダ) 2 7 30 0 3 2 0 0
  藤川球児(神) 1 3 8 0 1 0 0 0
  藤崎紘範(近) 1 4 10 1 0 0 0 0
吉野誠(神) 1 3 14 0 1 0 0 0

【大まかな試合内容と雑感】
全ウエスタンが、全イースタンを3−0の零封リレーで押さえ込みました。全ウは全イ先発の正田樹を攻め初回に上坂太一郎の安打から二盗、三盗とチャンスを広げ山下勝己の痛烈なレフト前タイムリーヒットで先制。4回には鷹野史寿の四球、森野将彦のライト前安打で走者を貯め木村一喜のショートゴロを野口祥順がファンブル、焦って二塁手ダイもポロリ!?その間に走者鷹野史寿が生還。野口祥順のエラーではありますが、小さく弾いたので焦らなければ二封は出来たので無駄な失点かもしれません(^^;)。6回には森野将彦が、寺本四郎からライトにソロアーチを叩き込み突き放した。

全ウは河内貴哉−福沢卓宏−小椋真介−藤川球児−藤崎紘範−吉野誠と繋いで3安打好リレー。現時点での選手レベルでは全ウエスタンの方が高かったと思います。それに反して全イースタンの面子は新鮮度では勝っていたのでないでしょうか?この同一メンバーで5年後対戦したらどうなるでしょうかね?(^^)

【明日を担うスター候補達】
■河内貴哉(広)
3回を投げ1安打2三振、全ウ完封リレーの代表格ということなのか最優秀選手を受賞。初回に1番金城龍彦にタイムリー、2番田中一徳にも四球とどうなるかと思ったが高山久を「外角への厳しいコース+快速球」で三振、高野忍は三ゴで併殺崩れ!しかし2塁から三塁へ走った金城龍彦が併殺成立と勘違いし離塁の間にアウト・・・ボールから目を離すというボーンヘッドでもMVPの一因かも(^^;)。
その後は2回、3回と「伸び+球威」あるストレート#140中盤!を主体に打者を押さえ込みました。フォーム固定を目的にファームで調整を続けていましたがこのフレッシュオールスターを機に後半一軍に新風を巻き起こせるか!?注目っす。

■福沢卓宏(中)
1軍でも既にハードスライダーでデビューを飾っています。この試合でも鋭い腕の振りからスライダーを主に投げていました。後半というか来年以降ストレートにも更に磨きをかけ主戦投手として活躍して欲しいです。今現在でもこのスライダーで戦力となるかもしれませんが今後の「大きな活躍」の方が大事ですから#体力強化。

■小椋真介(ダ)
2回3奪三振 長い腕から繰り出す速球をが武器の超大型左腕。糸を引くようなストレートは惚れ惚れします、はい。ストレートもゆったりとしたフォームから「ピュッ」と来る感じなので差し込まれまくりです(野口祥順から三振を奪った最後の外角真っ直ぐは1軍でも打てないよ)。本日も2四球と制球難が1番の課題、そしてクレバーな投球なんてものもいつかみたいですね(^^)#ホークスそしてパリーグのエース候補!

■藤川球児(神)
本調子ではなかったそうですが1回を取り敢えずボロ出さず投げ終わりました。しかし2年目の今季は順調に成長しています。ストレートも140`前後、スライダーで緩急もついておりいろいろ汎用性ありそうです。便利屋だけにはしたくないので今後はスタミナ面で強化されれば先発としての起用もあるかもしれないです。

■藤崎紘範(近)
130`中盤ながらキレのある速球を投げています。テークバック時の右腕の動きは独特(小さく速い)です、この為打者が戸惑うのかもしれません。ストレートの速さは昨年からそう伸びていませんが緩急で勝負の投手でしょうか。金城龍彦の内角に良いストレート放っていましたよ。

■吉野誠(神)
1軍でもお馴染みの中継ぎ左腕ですが、9回は左打者との対戦、ここで打たれるわけにはいきませんな・・・ということでしたがピシャリと締めました。今後の彼の進む道はどうあるべきでしょうか?前半はご存じの通り中継ぎでしたが、外へ流れる変化球と半速球でよく頑張っているというのが正直な感想です。それを支えるのが彼の連投可能な丈夫な体でしょうか。さて7月は2軍で調整だったのですが、そこでの起用は先発!7安打完封の試合もありました、新たな変化球さえ身につければ先発としての才覚をみせるかもしれません!オッとフレッシュオールスターと離れましたが今後も頑張って欲しいもんです。

■上坂太一郎(神)
2安打2盗塁で優秀選手賞を受賞。初回センター前ヒットで出塁、先発正田樹のクイックのないフォームもあり2盗、そして3盗もあっさり決めました。入団以来波留敏夫(横)になれ!と叫ばれる今虎キチが一番見たい選手かも。走力の方は盗塁も狙える程度だと思います。ボーンヘッド走塁もちとあり元気者です(^^;)#但し発言等は波留敏夫からまるっきりかけ離れた内なる炎を絶やさぬ男でしょうか。
打撃は波留敏夫2世と言われるようにパンチ力もありです!<高波文一を凌駕してるんで首脳陣方々宜しくです。

■ショーゴー(中)
代打で登場、かなり開いたオープンスタンス、更に種田仁のような「がに股」も取り入れた独特な構えです。花田真人のストレートに対してバットのヘッドを効かせてレフトへ流すのではなく「引っ張る」感じで飛んでいきました。#そろそろ1軍で片鱗をみせて欲しいところです。

■松本奉文(広)
町田康嗣郎タイプのスラッガー。本日は終盤守備のみの出場でしたが、試合前のホームラン競争で大物打ちの一端を見せてくれました。他の選手(G高野忍:0本、L高山久:1本、YSユウイチ:1本、BU山下勝己:0本、鷹野史寿:2本)が総じてデカイ球場に気負うところを4本塁打と流石東都での本塁打王経験者でしょう。先輩新井貴浩とともにこれからの赤ヘルを引っ張って欲しい!

■山下勝己(近)
初回一死一三塁の場面で正田樹のカーブを引き付けてレフトへの先制タイムリー、優秀選手賞を受賞。#うめさん!これからもチャンスに強く在りたいですぞ!

■松田匡司(神)
終盤代打出場、剛速球の内薗直樹相手にそのストレートに力負けすることなくセンターに弾き返しました。自然体の構えから振り抜きの速いスイングはシャープ且つ的確!?守備でも正確さに磨きがかかれば出番もどんどん増えてくるでしょう。#彼は、どの位の重さのバットを使用しているのかなあ?いえね、バットがちと長い気がするのだが、器用に振り回しているので。

■森野将彦(中)
2安打、その内一本はライトへの駄目押しソロアーチ!上坂太一郎同様代役出場ながら優秀選手賞を受賞。
ドラの中でも一番期待している森野!彼の気になるところの一つはヒッチするところです(ドラの左打者特有なのでしょうか?他にも数人目立ちます(ショーゴー、善村一仁も)。#ヒッチしても振り遅れたり、アッパースイングにならなければ良いと思います、それぞれのタイミングの取り方ですから(^^;)ドウナンデショウ?)。しかしスイングの速さ、バットコントロールの巧さも垣間見え、大器の片鱗をうかがわせる・・・。
守備でも二塁手として出場、本日も空いている場所に入るあたりが彼の近年の現状を表しています・・・。二塁手、遊撃手の守備は無駄な動きも多くやっぱり「三塁手!」が適任と個人的に思わいます。チーム事情(ファーム内野守備事情)もあると思いますが、彼のこともう少し考えてやっても欲しいなあ!良い選手です!

■木村一喜(広)
本日はあの韋駄天:田中一徳の盗塁を2刺殺と強肩ぶり、いや「捕ってから投げるまで」の一連の速さを見せつけました!田中一徳の2度目の盗塁時は小椋真介のモーションを上手く盗んだものの木村一喜のスピード&送球はドンピシャ。西山秀二の出場機会を減らすぐらいの押し上げを後半戦期待。

 

■正田樹(日)
初回課題の「力み」から制球難、大きいモーションを盗まれ連続盗塁、そして適時打と結果的に敗戦投手にはなりましたが降板後の表情は明るかったです。それは顕著なカーブに対してプロで藻掻き苦しむストレートで空振り2奪三振!また右打者にクロスファイヤーで2連続投手ゴロと手応えを感じたからではないでしょうか。甲子園での好投手達との対戦で悉く勝ち進んだ勝負運は伊達ではないでしょう!ハムの一軍先発陣のバリエーションが増す日がいつか来ます!

■後藤光貴(西)
2回を投げ自責点無し(守備のエラーがあり1失点)。胸も十分張れて下半身にリードされるかのように腕も巻き付いていました。ストレートの伸びも非常に良く、フォークも鋭く落ちているようでした。6月頃からピッチングに安定感と粘りがなく低迷気味の彼ですが、「モノ」は良いです!!前半戦ファームながら3試合連続完封!「37回2/3」連続無失点記録!!ですから。後半復調の暁には一軍へ再度殴り込みですね(^^)

■花田真人(ヤ)
まとまった投球フォームから多彩な球種を投げ込む完成度の高い投手です。持ち味は外角に流れるスライダー、また緩いカーブで140`のストレートを生かしています。#タイプ的には中継ぎで重宝されそうです。中継中に1995年甲子園大会で延長15回サヨナラ負けを喫した柳川高校のエースとの件がありましたが、そうなのですか!あの敦賀気比高校、内藤投手と投げ合ったあの花田投手ですか!!200球近く投げたという激投は朧気ながらあります(話は飛びますが内藤投手にはプロでの活躍を期待していたんですよねえ。。。あの速球とドロップ)。

■寺本四郎(ロ)
一度身体を少し折り曲げるような体勢からオーバーハンドのパワーピッチング、制球難という課題をどのように消化していくのか興味が尽きませぬ・・・。本日は森野将彦に本塁打をかっ飛ばされもしましたが、丸坊主姿は甲子園での激戦を思い出させてくれました。彼に思い入れの強い野球ファンも少なくないと思います、今後の彼には野手転向も含めて成功して欲しいです!(一度松坂大輔と先発勝負見てみたいですね、試合は0−1の完封負け!そして限界を悟り打者として松坂大輔の対決へ移行・・・ドラマじゃあるまししねえ(^^;)デモミテミタイ!)

■谷口邦幸(湘)
1回を1安打無失点。スライダーとチェンジアップの緩急ある変化球に快速球で上手くまとめた感じでしょうか。昨年よりも心なしか今季は変化球が目立つ気がします(偶にファーム中継観るくらいなのであくまでイメージですが)。速い球あってのスライダーでもあるので基本のストレートに磨きをかけて横浜スタジアムでのピッチングを披露といきたいですね。

■内薗直樹(巨)
巨人の後半戦逃げ切りVの秘密兵器と新聞誌上で取り上げられてもいましたが、150`ストレートだけではなかなか飯喰っていけないです。本日も球速自体は150`前後をビシバシと決め込んでいました。これ以外に勝負出来る変化球と大雑把な制球さえあれば「後ろ」での活躍が見えてきそうです。<この手の制球難剛速球投手は芽が出ないことも間々あるのですが、それも才能の一つ!ここ数年が彼の旬でもある真っ直ぐ!そう時間はありません。

■金城龍彦(湘)
一軍では打率4割を目指す安打製造器、本日は初回いきなりのセンター前安打、そしてボーンヘッドもあり。昨年観た印象では守備とスローイングに多少の難がありましたが、打撃はシャープな「左」、パワーの「右」に観えました。ここまでの安打ぶりは吃驚です。後半戦も果敢に攻めてダントツの首位打者&新人王を目指したいところです。

■田中一徳(湘)
1安打2四球と嫌らしい出塁で優秀選手賞を受賞。これに2度の盗塁が成功していれば更に「◎」でした。前半一軍での代打や数少ない起用だったので後半戦は湘南シーレックスでのリードオフマンを期待しております。

■高野忍(巨)
イースタン4番を張りましたが安打無し。当たれば打球はピンポン球のように飛んでいくのですが、タイミングの幅が狭いように感じます。そこを外れると陳腐な内野フライもあります・・・。スイングも振り幅を小さくコンパクトなものなのでそこら辺の対応力に期待です!インコースの球も巧く捌くんですよ。

■ユウイチ(ヤ)
安打は出ませんでしたが左飛、中飛、左飛それぞれ良い当たりでもありました。昨年からの振り子打法も更にオープンスタンスに構え、身体的にもガッチリしてきました。昨年は変化球を器用に拾っていましたが、ストレートに差し込まれる場面もありましたが、今年は外野にも結構飛ばしてもいるのではないでしょうか?来年ペタジーニの横にユウイチがいるかもしれません!?(^^;)
試合前のホームラン競争では1本塁打だったのですが、終わった後のコメントは「BU中村紀洋選手をイメージして打席に入りました(笑)」と振り回してもいましたよ。<応援したくなる選手です!

■實松一成(日)
2打席とも豪快な空振り三振(^^;)。打撃フォームはかなり開いたオープンスタンスからオーソドックスなスタンスにしていました。当たればスタンドに届く飛球もあるし、強肩も馬鹿が付くくらいの楽しみな荒々しさが目立ちます、キャッチングやリード等々を備えて野口寿浩の後は實松一成の時代となるかもしれません(田村藤夫に次いで)。

■野口祥順(ヤ)
3回の守備機会のうち一つが失点に繋がるエラーになってしまいました(こういうときもあるさ!)。捕って投げるまでの形は大型遊撃手の様になって勇ましいです(かなりの強肩)。前評判の打撃もプロの前ではまだまだひ弱!身体強化が先ず一番。

コナミフレッシュ2000オールスター出場選手
7月21日 「松山ぼっちゃんスタジアム」
岡田彰布(神) 監 督 佐野嘉幸(日)
仁村  徹(中) コーチ 高田  繁(巨)
石渡  茂(近) 大石友好(西)
藤川球児(神) 投手 正田  樹(日)
吉野  誠(神) 内園直樹(巨)
福沢卓宏(中) 後藤光貴(西)
藤崎絋範(近) 寺本四郎(ロ)
小椋真介(ダ) 谷口邦幸(湘)
山口和男(サ) 藤井秀吾(ヤ)
河内貴哉(広) ―――――
的場直樹(ダ) 捕手 實松一成(日)
木村一喜(広) 貝塚正秀(西)
――――― 鶴岡一成(湘)
的場寛壱(神) 内野手 田中賢介(日)
高橋光信(中) 宮崎一彰(巨)
前田忠節(近) 塀内久雄(ロ)
山下勝己(近) ダ   イ(ロ)
佐竹  学(サ) 金城龍彦(湘)
兵動秀治(広) 野口祥順(ヤ)
松田匡司(神) 外野手 高野  忍(巨)
ショーゴー(中) 高山  久(西)
鷹野史寿(近) 大島裕行(西)
辻  武史(ダ) 田中一徳(湘)
葛城育郎(サ) ユウイチ (ヤ)
上坂太一郎(神)
森野将彦(中)
松本奉文(広)
変更
選手
花田真人(ヤ)

  ■掲示板@2軍愛■