【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2001年 5月 9日 ウエスタンリーグ 4回戦 近鉄−阪神(藤井寺)報告者:健一


鳴尾浜タイガース |100 003 100|5
藤井寺バファローズ|300 120 00X|6

タイガースの先発は
金澤健人、バファローズはタイガースから移籍の山崎一玄。立ち上がりテンポの悪かった山崎一玄から塩谷和彦の先制打。その裏ガルシアがレフト上段に突き刺さる特大3点本塁打で逆転。山崎一玄は2回以降緩急(特に外角のスライダーが良かったです)を付け安定した投球を見せました。

中盤バファローズは、
森谷昭仁の引っ張ったのに打球はセカンド後方ライト線にポトリの「あっち向いてホイ打法」で出塁、好太が送りガルシア四球の場面で代打中濱裕之がタイムリー内野安打(これは厳しめに言うと三塁手梶原康司がおぼつき二封ならず・・・固さはしょうがないかなあ@打ってなんぼの打者ですし)、その後バッテリーミスもあり「6−1」。

タイガースは6回
宇高伸次から塩谷和彦が態勢を崩しながらレフト左へ運ぶタイムリー二塁打、更に連打で2点追加、7回も同投手の甘いスライダーを的場寛壱がレフトに本塁打@上手くすくい上げました。最後は盛田幸妃が締めました。


2001年 5月 9日 イースタンリーグ 7回戦 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館


●5月9日 ジャイアンツ−マリーンズ7回戦 (ジャイアンツ球場)

 000 100 020=3
G 001 000 000=1

M:クベンカ(6回)、小林渥(1回・勝投手)、戸部(1回)、小林宏(1回・セーブ)−橋本
G:根市(4回)、谷(1回)、玉峰(2回)、内園(1回・負投手)、小野剛(1回)−加藤

序盤はお互いにチャンスの潰し合い。
3回裏、ジャイアンツが斉藤宜のタイムリーで先制、
4回表、マリーンズが渡辺正のタイムリーで追い付く。
1−1の同点で迎えた8回表、2死1,3塁で代打・石井のライト前ポテンヒットで
マリーンズが勝ち越し、その後、堀にもタイムリーが出て、この回2点。

マリーンズの2番手・小林渥がサイドからのキレのいい球で1イニングを三者凡退に抑え
勝ち投手に。

ジャイアンツ先発の根市は制球が今一つ。まだ長いイニングは厳しそう。
2番手の谷は球威はそこそこだがこちらもコントロールが不安定。満塁のピンチを招くも
何とか1回を無失点。

なお、入場料は700円。
1塁側スタンドはプラスチック製の長椅子が9列あるが、金網が高く見づらい。
3塁側は土手の上にベンチが置かれているが、こちらも3塁側ベンチの屋根が邪魔で見づらい・・
立見になってしまうがスタンドに降りる階段の踊り場が、障害物が無く、一番見やすいと思う。


そういえば、昨日はカトケン(加藤健)を観ることが一番の目的で行ったのに、
カトケンの事を全く書いていませんでしたね。

昨日(9日)のカトケンは、7番・捕手で先発出場し、
見逃し三振、右直(ライトの好捕)、空振り三振の3タコで、最終回の打順では、
代打と代わりました。
守備面ではリードの大きい2塁走者を牽制で刺したり、好ブロックで本塁突入を防いだりと、
まずまずの内容でした。
(一度も球を後ろに逸らしませんでしたし・・・)


2001年 5月 8日 ウエスタンリーグ 3回戦 近鉄−阪神(藤井寺)報告者:健一

■5月8日(火)藤井寺バファローズvs鳴尾浜タイガース(藤井寺)

鳴尾浜タイガース |202 300 000| 7
藤井寺バファローズ|510 050 10X|12

鳴:星野伸之(3回)−窪田淳(2回)−中込伸(2回)−酒井弘樹(1回)
藤:愛敬尚史(4回)−山本省吾(3回1/3)−盛田幸妃(2/3)−石毛博史(1回)

鳴尾浜タイガース  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(右一)吉田浩   522 中3    三振 左3:   遊飛       右飛
(中左)上坂太一郎 300 死球    死球 遊ゴ       捕飛    一ゴ
(二遊)星野修   413 二ゴ・   右本:   右直    一ゴ
(左三)塩谷和彦  310 二飛    四球    左2    遊失
(一) 根本隆輝  311 右安・   遊併    左飛
 打右 曽我部直樹 100                   三振
(三) 梶原康司  400 一ゴ       一ゴ 中飛       二ゴ
 二  寺田祐也  000
(遊中)的場寛壱  400    右飛    三振    投ゴ    三振
(捕) 中谷仁   200    三振    三失
 打捕 吉本亮   100                四球    二ゴ
(指) 高山智行  410    二ゴ    右安    投ゴ       中飛


藤井寺バファローズ 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(右) 牧田明久  421 中安 投ゴ    四球 中安・   三振
(左) 中濱裕之  200 四球 四球    右飛
 打左 内匠政博  223             右2:   左2・
 走左 覚前昌也  000
(三) 山下勝己  422 左安 三ゴ    三振 左本:   四球
(一) ガルシア  531 左2・左2    右安 三ゴ    遊ゴ
 一  塚信幸  000
(捕) 藤井彰人  512 中安:遊ゴ    三振    右飛    三ゴ
 捕  松比良平太 000
(指) 近澤昌志  200 三振    三振
 打指 大久保秀昭 310             右安 三振    中飛
(二) 好太    531 中2・   中安    左安 三振    右飛
(遊) 山崎浩司  300 三失    一ゴ    投犠    投ゴ
(中) 森谷昭仁  420    中2 二ゴ    投ゴ    投安

【大まかな試合展開】
一回表「重量」先頭打者こと吉田浩がセンター越えの三塁打、星野修の二ゴの間に先制点、根本隆輝がライトに弾き返し追加点。
一回裏藤井寺打線が、
星野伸之を襲う・・・。牧田明久が中安で出塁、山下勝己はカーブの落ち際を上手く拾って左前そしてガルシアは三塁線を破るタイムリー二塁打、藤井彰人もしぶとくセンターへ運ぶ2点適時打、好太も「右打席」でセンターを越えるタイムリー二塁打・・・まだ続くの?、、、山崎浩司はタイミングのずれた平凡な三ゴ・・・も梶原康司が失策でもう一点、ふー。

三回表
上坂太一郎死球後、星野修がガツンとライト席に突き刺さる2点本塁打。四回表には中谷仁@失策、高山智行@右安で出塁、吉田浩今度は左翼を越える2点タイムリー三塁打しかも外野からの送球が逸れる間に吉田浩本人も生還。

五回裏代打
大久保秀昭が右安、好太は「左打席」で綺麗に三遊間を破り走者を貯める。その後牧田明久のセンター前同点適時打、代打内匠政博のライト越え2点二塁打、トドメは山下勝己が左翼席中段に2点本塁打!7回表にも内匠政博の長打で得点。


【気になる選手達】
□鳴尾浜タイガース
■星野伸之(神)
#3回 8安打 4自責点
この試合前の今季2軍成績は「2試合 2勝 0敗 防御率1.50」で、調整も終了と行きたかったのですが、、、序盤連打を浴びてしまいました。特徴あるカーブは相変わらずでしたが、やや制球が高めに見えました。最近見られる「魅入られたかのような連打劇」でしょうか。打者を翻弄する投球を再度見せて欲しいです。

■窪田淳(神)#2回 6安打 5自責点
ストレートは140kmぐらいですが、見た目切れているようには感じました。しかし制球はちょっと大雑把かな、フォーム的に振りかぶって投げ下ろす時(沈み、テークバックの右肩旋回中に肩のあたりに力みが徐々に増幅していくのを感じます)、にガチガチの力みを感じます、そんなところにも制球の拙さがあるのかな?ストレートでぐいぐい押し、一本調子になるところが見受けられる。5回の集中打も当にそんな感じでした。一本調子でも押さえ込む球速があればなあ・・・停滞気味と判断しています(^^;)

■中込伸(神)#2回 2安打 1自責点
135km〜140km前後のストレートとドロップ気味のカーブ(緩急は付いていたが高めに抜ける時もありました)のコンビネーションも全体的に覇気を感じさせない投球(なんか抽象的で嫌なんですけどどうにもそんな風に見えました)。#あの体格ですからなんだか球威があるようにも見えてしまうのですが、なんとか中継ぎで起用できるように調整してもらいたいもんです、うーむ。

■酒井弘樹(神)#1回 0安打 0自責点
ストレートは135km後半もフォークかチェンジアップの大きく浮き上がり落ちる球との緩急はキャンプ時より有効と思っていましたが、以外とというか制球が甘いように思えます、また緩い球は抜けてイイ感じなのですがアウトコース高めに行くことも間々あります(もう少しまとまりある制球ならば是非一度上げて起用してみたらどうでしょう)。本日投げた右投手の中では中込伸の方かなあ・・歯切れの悪い選択ですな(^^;)

■吉田浩(神)
年々ドッシリ感も増している彼、個人的に伸びしろここに尽きたかの感あり、しかし腰の据わった打撃はまだまだ代打でなんとか出来ないのものかなあ。#増してきたパワーに反し、スイングが鈍く感じる!?

■上坂太一郎(神)
広いスタンスで重心の低いバッティング。二打席連続「死球」しかも二打席目左肘の死球には、バファローズベンチからバットではないか?の野次も投げられていました。調整し再度一軍昇格を願いたいところです。#時たま思います・・・もしもスイッチを継続していたらどないなっていたのかなあ?と。<新庄剛志無き後の緊急時にそう時間を掛けられなかったということもなきにしもあらず。

■星野修(神)
2軍スタートの彼ですが、最近というか2軍では「打撃」抜けています。昇格してペレスと交代してもそう恥ずかしいものを見せないかと愚考します(個人的には塩谷和彦より星野修です)。他球団も移籍獲得対象として彼を狙うのも良いかと思います。<いやー、惜しいなあ、あの打撃(^^;)

■塩谷和彦(神)
三打席目にルーキー山本省吾のスライダー(外側から外側)に対してフォロースルーを大きく取るかのようにタイミングを合わしレフト横を抜ける2塁打(ずらされながらも合わす所は買える)。彼のタイミングをややずらされる打撃多いですよね、でもミートポイントの少ない彼ですのでこれが出来ているのは悪くないと思います。#外野守備(本日は左翼→三塁)も本職ではないのですが、内匠政博の切れてくる打球に変な追い方で捕れず・・・#失策ではないですが、拙い守備。

■根本隆輝(神)
「左足から右足に軸足が移動する打撃」も板に付く根本隆輝です、右手の捌きも器用なんですが、器用すぎて多少タイミングが合わずとも飛びついてしまうところがなんとも痛し痒しです(こねるところ多々あり)。一打席は愛敬尚史のインコースのストレートを難なくライト前に巻き込む安打。#センスが実践に則すことを願います。

■梶原康司(神)
愛敬尚史のようなサイドスローには有利な打撃を見せてくるかなと期待していましたが、愛敬尚史のシンカーにどうにも間合いが掴めなかったのか、引っかけこねる打撃を展開。その後も山本省吾の変化球に苦しむ。左打者で山本省吾のような流れる変化球はなかなか打ち難いが彼もやっぱり(非常に)というか大の苦手。#バットを腹の前に構え、そこからケツでタイミングを計りスパッと小さく鋭くバットスイングはタイガース打線では出色。

■的場寛壱(神)
三振2個と結果は伴わなかったが、打撃に関しては一軍でも起用してみたいですね(少々気になるのは、深巳さんも述べられている膝の状態のみ、本人は大丈夫との事ですがまだかばったところありかな)。終盤遊撃手から中翼手に守備変更しました、守備機会は平凡な中飛を一つでした、それに今後の守備のことも気になりますね(外野手兼用程度なのか、まさか外野専任の方向なのか、やっぱり内野手専任なのか)・・・ドラ1ということもあり三拍子とも頼むというのが本音(^^;)

■中谷仁(神)
三振と三塁山下勝己の失策出塁で、いつものよう(毎試合というわけではないと思いますが、私が観た試合は全てこの継投?でした)に試合中番で吉本亮と交代・・・。守備では俊足の好太が仕掛けた二盗を刺しましたが、二塁への低い軌道はモノが違います!現在一軍では矢野輝弘と山田勝彦の争い、第3捕手と代打のカツノリと付け入る隙が無さそうだが、近い将来このトライアングルに割り込むのは必至でしょう。#打線の弱い虎打線に守備型捕手がはまるのか、、、少々心配です。



□藤井寺バファローズ
■愛敬尚史(近)
#4回 5安打 4自責点
やや突っ立ったようなサイドスローでストレートは135km〜140km弱、スライダーは高速というよりかは浮いて沈むような感じで球速も116km〜119kmぐらい、たまに腕を上げてタテ軌道のカーブあり。制球が全体的に悪く置きに来たような半速球の真っ直ぐやシュート回転系の球を狙い打たれているようでした。スライダー(スラーブ系)、シンカーはよく抜けていると思うので、もうちょっとストレートのボリュームが欲しいです。

■山本省吾(近)#3回1/3 1安打 0自責点
足首の故障からやっと実戦登板、2軍とは言え初の公式戦です。スリークォーター気味の左腕、ストレートは130kmを切るぐらいでまだまだ本調子ではないのでしょうが、外角に流れるスライダー@(118km・123kmと同変化球にて二段階の球速ありか)はプレートの左端からと対角も付いていて打者はかなり苦戦すると思います。夏前には一軍でガンガン中継ぎとして重宝されるかと思われます!

■盛田幸妃(近)#2/3 0安打 0自責点
ゆったりとしたフォームからシュート系の速球、そして緩いカーブとの緩急。投げるだけならそう遜色ないものを見せてくれます。あとはフィールディング(脳腫瘍の後遺症か、以前バント処理へのダッシュが欠けていた)、そして連投、若しくはスタミナと一軍を睨むといろいろ足りないところはありそうですね。

■牧田明久(近)
打者ではルーキー牧田明久目に付きます。以前衛星放送での日向キャンプの映像で高校卒ながらシャープなスイングに驚いたものだが、脇を締めてボールを最短距離で鋭く振り抜いているところを見るに今後が楽しみです。#藤井寺バファローズは過去からそして他球団と比較しても高校卒の選手が育つ傾向があるのでそういう点もなんだか頼もしいぞ。

■中濱裕之(近)
昨年までの構えはバットをやや捕手方向に寝かせてバットの出をスムーズにしたような打撃フォームでしたが、本日見ましたところ身体をやや開き気味の構えは変わらないのですが、寝かせていたバットを立たせオーソドックスな位置にしていました。そして左肩を開かないようにしてかボールにバットをぶつけるようなスイング。小柄だがパンチ力あり。

■山下勝己(近)
無理矢理引っ張るようなシーンがこの試合以外からも見受けられますが、バットスイング自体は鋭いと感じました(藤井寺バファローズで一番かな)。2本の安打の内容としまして、一打席目は星野伸之のカーブの落ち際を巧く拾ってのレフト前ヒット。レフトへの2点本塁打は窪田淳の低目ストレートをアジャストして左翼席中段。スイングが速いですねえ、しかも内側から。#一昨年キャンプ中はゴムチューブを身体に巻き付け脇が開かないように矯正していましたが、移動の際もズーッとそのままの姿は微笑ましかったです。目指せスラッガー!

■ガルシア(近)
スーッと立ちバットも真上に向け見た目も特に力感は感じませんが、褐色の巨人だけに当たればそのパワーは恐るべし。しかし変化球を追いかけてしまうきらいあり。星野伸之の緩いカーブにも迎えに行くように突っ込んでなかなかタイミングが合わなかったのですが、一打席目はストレートをフルスイングし三塁線を破る左2、次打席は高めのカーブを巧く叩きこれまた左2。打撃は外国人打者特有の上体に頼ったスイングで、下半身は弱そうに見えました(ここら辺が変化球にタイミングが合わない原因なのか)。#立派な上半身に比べて「細い足首」が気になります。。。クルーズ(神)もねえ、曙(元横綱)もか。

■藤井彰人(近)
右膝手術から復帰した藤井彰人、小柄だが身体はガッチリしている。彼は守備型なんでしょうか?それとも打撃優先なんすか?
一打席目星野伸之の緩いカーブに的を絞ったのか、ずらされずに追っつける打撃で打球は地を這いながらセンターへ2点適時打。宇高伸次とのバッテリー一軍でも見たいですね。

■近澤昌志(近)
高校卒も体格的には恵まれているか。捕手も打撃優先での起用が目立つ、本日は指名打者で出場一二打席共に星野伸之カーブ主体の投球に手も足も出ず三振・・・。結果よりも気になったのが、ヒッチの目立つ打撃フォームが影を潜めオーソドックスな構えに改造したようです。今後どのような守備位置、そして特長ある打撃を伸ばせるかと興味あります。

■好太(近)
小柄ではありますがパンチ力ある「右打席」にスイッチを取り入れた「左打席」はまだまだ作られた打撃のためか少々ぎこちない気もするが、流し打ちをメインに巧打を見せる(脇を締めてシャープな振りを心懸けているように見えました)。星野伸之に対して右打席でセンター方向へ2本の安打、そして窪田淳からは「左打席」で三遊間を抜ける安打を放つ。左打席の巧打な反面、合わせるのが精一杯のところもみられるので今後引っ張れるパワー・タイミングの取り方に勤しんで欲しいです!スイッチ挑戦者、頓挫することなく頑張ってくれ!

■山崎浩司(近)
守備力はアマチュア時代から定評のあった選手です。課題は打撃で今年3年目ですが、1〜2年目は1割台の打撃成績、犠打を一つ決めるが、それ以外の打席での変化球対応は、近澤昌志以上にバットとボールが乖離していました・・・変化球が苦手なのかな。

■森谷昭仁(近)
星野伸之の高めカーブを中間に弾き返しアッという間に二塁到達、足の速さは「尋常」ではないです(^ー^)。二回前述の通り二塁到達後、中濱裕之の四球で一死一二塁の場面で山下勝己が三ゴ、「5→4→3」の併殺がギリギリで崩れる間に、二塁走者の森谷昭仁は一気に三塁を回り本塁へ突入!一塁手から本塁へ送球も間に合わず。これは好走塁ですが、その裏には相当な走力への自信があるのでしょう。その後の投手への高いバウンドのゴロも一塁へ駆け込む森谷昭仁の勝ち。兎に角足は速い!#打撃は2安打したとは言えまだミートポイントも少なく物足りない、しっかり叩ける打撃が身に付けば自ずと率も上がっていくのかも知れません。

■内匠政博(近)
先日中日から益田大介を獲得したバファローズですが、タイプ的にも被る内匠政博ですが、本日は代打から右2、左2と長打で3打点と結果を出しました。窪田淳、中込伸共に高めのストレートを叩かれました。近いうちにチャンスが来るとはいえない現状ですが、どんなもんなんでしょうねえ。。。難しいっす。#無償移籍なんてどうでしょう?

■塚信幸(近)
終盤一塁守備として出場。今季投手から打者へ転向、打撃は高校時代から定評もあったそうなのでなんとか花開いて欲しいです。


2001年 5月 6日 イースタンリーグ 6回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/外道中島さん

みつともさん編

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年5月6日(日)
日本ハムファイターズVS.千葉ロッテマリーンズ 6回戦 3勝3敗0分
(ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 13:00 晴れ 試合時間3時間53分

                       H E
千葉ロッテ 400 012 000 ・・7 11 1
 日本ハム 600 000 000 ・・6 11 1

 勝利投手 小林渥 1勝0敗  ● 敗戦投手 櫻 井 1勝2敗
S  セーブ 小林宏 −勝−敗
HR 本塁打 西 浦  5号 清水直B 1回1死 (日本ハム)
2B 2塁打 吉 鶴 1回1死 (千葉ロッテ)
       渡辺正 1回2死 (千葉ロッテ)
       荒 井 1回2死 (日本ハム)
       大 塚 5回無死 (千葉ロッテ)
       吉 鶴 6回2死 (千葉ロッテ)
SB 盗 塁 於 保 2回1死 (千葉ロッテ)
       於 保 6回2死 (千葉ロッテ)
 E 失 策 渡辺正 1回2死 (飯山遊ゴロを1塁悪送球) (千葉ロッテ)
       森 本 4回1死 (天野三ゴロをトンネル) (日本ハム)
  盗塁失敗 ダ イ 5回2死 (打者・信原は三振) (千葉ロッテ)
       松 本 6回1死 (打者・於保) (千葉ロッテ)
       高橋信 9回1死 (打者・小田) (日本ハム)
   併殺打 石 井 2回1死 (小田−飯山−荒井) (千葉ロッテ)

(千葉ロッテ) 初回から打線爆発!吉鶴2塁打2本2打点、光山、石井、里崎、渡辺正タイムリーで逆転勝利
        打 安 点 振 四   1  1  2  3  4   5   6  7  8  9
(9) 天 野 4 0 0 2 0 三 振 三振       三失     捕邪飛    
 9  早 川 0 0 0 0 0                            投犠     
 5  青 野 0 0 0 0 0 
(8) 於 保 3 1 0 1 2 四 球    四球    見振     二 安    一ゴ
(7) 9 吉 鶴 4 2 2 0 1 左中2・   右飛    遊ゴ     左中2・   敬四
(2) 橋 本 0 0 0 0 2 四 球    四球 
 H  大 塚 1 1 0 0 0                 中越2
 2  光 山 1 1 1 0 1                     右 安・   四球
(3) 石 井 3 2 1 0 0 右 安・   二併       左 安
 R  ダ イ 0 0 0 0 0 
 6  塀 内 2 0 0 0 0                     捕 飛    二ゴ
(DH) 里 崎 4 1 1 2 1 右 安・      見振    四 球     三ゴ    三振
(5) 澤 井 2 0 0 1 0 一 飛       見振
H57  堀  2 1 1 0 0                 左 犠・    二ゴ    右安
(6) 渡辺正 2 1 1 1 0 右 2・      見振 
H 3 信 原 3 0 0 1 0                 三 振     二ゴ    二ゴ
(4) 松 本 3 1 0 0 2 四 球          遊飛     四 球    中安 中飛
     :                 :  :  :  :   :   :  :  :  :
    残 塁 34 11 7 8 9      3  1  0  1   1   1  0  3  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 敬四は敬遠四球 1回は打者1巡

(日本ハム) 初回逆転も中盤沈黙で最下位脱出ならず。西浦3試合連発弾、荒井タイムリー、高橋信4安打

        打 安 点 振 四   1  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(5) 森 本 4 0 0 0 1 死 球 右飛       三ゴ 中飛       遊ゴ
(8) 大 貝 5 1 0 1 0 左 安    一ゴ    二ゴ    三振    右飛
(DH) 原田政 3 1 0 0 2 遊 ゴ    二ゴ    四球    四球    右安
(7) 西 浦 4 1 3 0 1 左 本・:   二ゴ    四球    遊ゴ    遊ゴ
(9) 島 田 4 0 0 1 1 投 ゴ       三振 二ゴ    四球       右直 
(2) 高橋信 5 4 0 0 0 右 安       中安    左安 中飛       左安
(4) 小 田 4 1 0 0 0 右 安       右飛    一犠    遊ゴ    遊飛
(3) 荒 井 4 2 1 1 0 左 2・      遊ゴ    左安    三振
(6) 飯 山 4 1 0 0 0 遊 失          中安 投ゴ    遊直
     :
    残 塁 37 11 4 3 5      :  :  :  :  :  :  :  :  :
                       1  0  1  3  2  2  0  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 1回は打者1巡

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(千葉ロッテ) 清水直まさかの被弾に見方のエラーで6失点、小林渥無安打で○、戸部2回を零封、小林宏S
   清水直   4 1/3  26  9   1   3   1   4
 
 小林渥   1 2/3   7  0   0   2   1   0
   戸 部   2     7  1   0   0   1   0
 S 小林宏   1     3  1   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 矢野大乱調!1回持たず4安打3四球4責点。吉崎連打で1失点、櫻井逆転打許す、竹内、原田無失点
   矢 野     2/3   9  4   0   3   1   4
   吉 崎   3 1/3  14  2   0   2   5   1
 ● 櫻 井   3 2/3  16  4   0   3   1   2
   竹 内     2/3   4  1   0   1   1   0
   原田健     2/3   2  0   0   0   0   0

日本ハム6−7千葉ロッテ

開幕直後より続いてる最下位低迷に、僅か順位1つだが上に上がれる機会がまた訪れた。今日こそ勝って最下位脱出を図りたい日本ハムは千葉ロッテとの6回戦。先発は千葉ロッテが清水直、日本ハムが矢野の両投手。しかし試合は日本ハム先発の矢野の大乱調で始まった。1番の天野を三振に斬り幸先が良いかと思ったのは、ここまで。続く於保に四球を与えると吉鶴に早速左中間を真っ二つにされるタイムリーツーベースで、あっさり千葉ロッテが1点をリードする。続く橋本にも四球で1、2塁から、石井にライト前に弾き返されて2点目、続く里崎にもライトやや右へ運ばれて連続タイムリーで3点目。2死になって渡辺正には、ライトの更にライン寄りに打たれて、これがタイムリーツーベースで早くも4失点、9番の松本にも四球を与えると、打者1巡1回を持たずに降板した。2番手には吉崎、1番に戻って天野を三振に取って4−0と早くも敗戦ムード。ところがその裏、奇蹟が起きた。日本ハムは1番の森本が背中に死球で出塁、続く大貝が巧くレフト前に運んで1、2塁。1死から4番の西浦が、もはや調整中とは思えない打球を放つ。レフト場外室内練習場の遥か上段に直撃する3試合連続の第5号スリーランで1点差。島田が凡退して高橋信がこちらも「1軍格」の打撃を披露、ライトへ鋭いライナーを放ち、ライト天野が捕球しかけたが捕り切れずヒット、小田もライト前に続いて1、2塁から荒井の打球は3塁前へ転がる。強襲打というほど鋭くはないが、澤井がこれを捕球できず高橋信が生還、タイムリーツーベースで4−4の同点。さらに2、3塁から飯山の打球はショートゴロ。しかし渡辺正がこれを捕球して1塁へ送球するが、中途半端な送球になってしまい石井が取れずエラー。2死の為2人の走者がスタートを切っていた為一気に2人ホームインで6−4と逆転に成功した。両軍揃って打者1巡の攻撃で1回終了で50分が経過し、先の長い展開かと思ったが、2回以降は初回の様な猛攻はなかった。2回千葉ロッテは於保、橋本が四球で出塁し1死1、2塁としたが、石井が併殺打。日本ハムも2回は3者凡退。3回千葉ロッテはDHの里崎からだったが2番手吉崎が何と3者連続見逃しの三振に斬って取る好投を見せる。日本ハムも3回1死から高橋信が今日2本目のヒットも続かず。さらに4回には飯山ヒットで2死から原田政、西浦と連続四球で満塁の好機も島田が凡退で引き離せない。すると5回千葉ロッテは4番の橋本に代わって代打・大塚がセンターオーバーのツーベースで出塁、続く石井もレフト前に弾き返して1、3塁とした所で3番手櫻井に交代する。その櫻井が続く里崎を歩かせて、満塁のピンチを作ってしまうと、澤井の代打・堀がレフトへ充分の犠牲フライで1点差。初回に大崩れの千葉ロッテ先発・清水直だが、2回以降は何とか持っていた。しかし5回裏日本ハムは先頭の高橋信が3打席目で早くも猛打賞となるヒットはまたも、一瞬でレフト前に達する鋭い打球、小田が送って荒井もレフトへヒットで続くが飯山、森本と凡退して得点できず。6回徐々に千葉ロッテペースに傾いてきたが、この回遂に逆転する。先頭の松本が四球で歩くと、1死から於保がピッチャー返し、櫻井が弾いて小田が捕球も投げられずで、1、2塁から吉鶴が第1打席同様に左中間を真っ二つにするタイムリーツーベースで6−6同点。さらに代打大塚に代わってマスクの光山にもライト前に打たれる。すると本塁返球を焦ったのか島田が、グラブから零してしまうと3塁コーチが於保の本塁進塁を止める体勢にいたが、一気に腕を回して本塁を指示、於保が生還して千葉ロッテ逆転に成功した。日本ハムもその裏、千葉ロッテ2番手小林渥から2死ながら、2つの四球で1、2塁と一打同点のチャンスに今日3安打の高橋信。しかし、いい当たりだったがセンターフライで得点できず。8回途中から日本ハムは昨日リリーフに失敗した竹内をピンチの状態でマウンドへ。光山に四球でさらにピンチを広げると昨日の悪夢再現かと思ったが、今日は抑えた。7回からマウンドに上がっていた3番手戸部は安定した投球で、日本ハム打線にチヤンスを与えない。9回からは小林宏が4番手でマウンドへ。島田を打ちとって1死から、高橋信に今日4安打目はレフト前へまたも痛烈な打球。しかし続く、小田の時にスタート、投球は完全に外されており光山が2塁へ送球タッチアウトに。これで最後の望みも絶たれて小田は力なくショートフライで試合終了。日本ハムは中盤の3イニングで7つの残塁が手痛く、「スミ6」で終わってしまいまたも最下位脱出に失敗した

◆ 球 審 津 川             ◇ 公式記録員 西 原(セントラル・リーグ)
  1 塁 新 屋
  2 塁 −−−
  3 塁 村 越(パシフィック・リーグ)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

外道さん編

昨日と同じく、ファイターズマリーンズの一戦の寸評を報告します。

F 高橋信二:センター中心に打ち返す打撃は一級品!送球も去年よりは良くなった。
  
吉崎勝:生命線はアウトローへのカーブに思える。これが決まるときは良い投手。
  
矢野諭:制球難。以上。
  
浅野啓司2軍投手コーチ:出たら打たれる投手コーチ。

M 石井浩郎:打撃は「○」。しかし、守備がいまいち。一軍では代打要員か?
  
清水直行:さんざんバックに足を引っ張られたが、投球自体はそんなに悪くない。

風が強かったので投手はつらい試合でした。昨日今日とファウルボールが直撃した高橋信は、神島選手にお祓いしてもらったほうがいいのでは?と、思います。がんば!!


2001年 5月 6日 イースタンリーグ 6回戦 巨人−西武(熊本県山鹿市)報告者:健一

■5月6日(日) 川崎ジャイアンツvs所沢ライオンズ(熊本県山鹿市民球場)

所沢ライオンズ |000 000 000|0
川崎ジャイアンツ|000 000 20X|2

所:安藤正則(6回2/3)−福井強(1/3)−寺本比呂文(1回)
川:上野裕平(6回)−柏田貴史(3回)−S木村龍治(1回)


【大まかな試合展開】
ジャイアンツはドラ2位の上野裕平、ライオンズは、先日阪神とのトレードで移籍してしまった
谷中真二の代わりに安藤正則が今季初の先発起用。両投手とも走者を背負うものの要所を締めて終盤・・・十川孝富・佐々木明義の連続適時打で2点を取り、ご当地柏田貴史そして木村龍治が締めて今シーズン所沢ライオンズに対して初勝利。


【気になる選手達】

■安藤正則(西)
昨年までのスリクォーター気味のフォームから完全なオーバースローに改造。以前の過度の制球難の投球は白けましたが、このオーバースローの方が良いのかな。縦軌道の腕の振りのためか縦に大きく落ちるボールが有効でした(カーブかスライダー)。#この抜けるボールが有効と同時に大きくすっぽ抜ける場面もままあり・・・。

少々突っ立って投げているようなところもあってか、打者に対してボールの押し込みがあまり感じられません(どちらかというと「ひょい」といった感じ)。ドラ1位という過去を観るに寂しい限りですが、なんとか一軍で働いてくれることを祈ります。


■福井強(西)
左腕で小柄なルーキー。2点失った安藤正則の後を継いで「1/3」のワンポイントの仕事を果たしました。典型的な左のワンポイントそして中継ぎ投手候補。タイプ的には帆足和幸と同様に、スライダー等の流れる球の「キレ」が身上。特に左打者の外側に切れ込み&流れるスライダーはかなり打ち辛いはず。

小さな大先輩橋本武広を目指せです。


■寺本比呂文(西)
終盤野田浩輔とのご当地バッテリーで投げました。ドラフト同期でもある先輩西口文也とフォームがそっくりで、あの細身の身体からギクシャクと投球後一塁に流れ右足で踏ん張るところといい瓜二つ!これで内容も伴えば即一軍ものです。売りとしては西口文也同様スライダー、またストレートは然したる剛球ではないのですが、ノラリクラリと内外角へ散らした後のズバッとストレートは効きます。

しかしフォームに一部リニューアルがありました、それはちょっと右腕をダラリと下げる間が大きくなったんです。なんだか腕が出てこないようにも見えますが、タイミングは取り辛そうでした。本日は最後の一イニングでしたが、課題は「スタミナ」不足。


■大友進(西)
昨年右肩を手術して今季の復帰が待たれるバイプレーヤー。本日は体全体を使ったシャープなスイングでライトフェンス直撃のシングルヒット、レフトへ流す安打と打撃は好調(粘っての四球もあり)。右肩完治となれば一軍合流でしょう。


■水田圭介(西)
細身しかし印象としてはシャープな選手。大阪桐蔭高時代は金属バットの影響もあり小柄ながらパンチ力のある遊撃手という触れ込みも社会人経由の現在は、打撃も脇腹を締めて内側から抜くような小さなスイングを心懸けているようです。
ただ高校時代の大雑把な打撃もあってか犠打等の細かいプレーにやや難あり・・・犠打を2度とも失敗(無死一二塁で失敗、無死一塁で犠打失敗追い込まれ、仕舞いには三ゴで併殺)#本日の敗因の一つ。

キビキビしたところは好感が持てるが、生まれ変わっての「繋ぎの打撃」に期待です。



■上野裕平(巨)
初回から3回まで先頭打者を許す不安定な立ち上がりも要所を締める投球。球種はストレート・カーブ・スライダー・フォーク、それにチェンジアップも修得中のこと。カーブ・スライダーは共に鋭いというよりも曲がりが大きくカウントを取りに行く球としても有用でした。腕も良く振れていて、振り切った右手はそのまま左脇腹に触れるほど身体全体を使っていました。<同期ルーキーの三浦貴も同様に腕が大きく鋭く振っていますね。#また本日は先発4回目も先発勝利ならず・・・。

物足りない部分としては、それぞれの球種が標準以上も決め球不足、それとストレートのボリューム感を増すと他の球種も更に有効に使えると思います。4月8日対戸田戦でも「バランスの良い体格なお且つ投げ下ろすフィニッシュもコンパクトでスライダーは武器の一つかも知れません。それ以外にフォーク、チェンジアップあり#彼の決め球はなんでしょうか?」と決め球不足を感じたものでした。
また
赤田将吾を三振に取った最後の球インハイのストレートのような球をもっと使うと投球の組立そして幅が増すかと思われます。
本人の目標は「先発完投」の出来る投手だそうなので、その大きな目標を鑑みるにまだまだ精進でしょうか。#2軍での群を抜く安定感を見せると共に実績をコツコツ残して欲したいですね。

■十川孝富(巨)
内野手登録も外野も兼ねる大阪商大出身の2年目の選手。本日はレフト前ヒットに続き2安打目の先制のタイムリー二塁打がナイスバッティングでした。手こずっていた
安藤正則の緩いカーブを上手く拾って左翼手オーバーの当たりでした。


■村田善則(巨)
捕手は加藤健で一塁手として出場。現状では2軍の彼ですが、近い将来は阿部慎之助のライバル、守備的な捕手として一軍では欠かせない選手に落ち着くと思います。しかしカトケンもいるんだよなあ(^^;)ウラヤマシ


■鈴木尚広(巨)
昨年の右肘手術から遂に復帰です。ライバル吉村将生には差を付けてしまった感じ。彼はスイッチなのですか?前々から左打席の彼しか観ていないのでどうなんでしょう、中翼手、俊足と広い守備範囲で安定しており、攻撃面でも2盗塁も決めリードオフマンぶりも発揮。


2001年 5月 5日 イースタンリーグ 5回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/外道中島さん/健一

みつともさん編

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年5月5日(祝・土)
日本ハムファイターズVS.千葉ロッテマリーンズ 5回戦 日本ハム3勝2敗0分
(ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 13:00 晴れ/曇り 試合時間2時間42分

                      H E
千葉ロッテ 000 000 002 ・・2 3 2
 日本ハム 000 111 10X ・・4 7 0

 勝利投手 中村隼 1勝0敗  ● 敗戦投手 後 藤 1勝1敗
S  セーブ 黒 木 −勝−敗
HR 本塁打 西 浦  4号 後 藤@ 4回1死 (日本ハム)
       原田政  1号 後 藤@ 6回無死 (日本ハム)
2B 2塁打 高橋信 5回無死 (日本ハム)
       於 保 9回無死 (千葉ロッテ)
       吉 鶴 9回無死 (千葉ロッテ)
SB 盗 塁 於 保 1回1死 (打者・大塚) (千葉ロッテ)
       森 本 1回1死 (打者・原田政) (日本ハム)
 E 失 策  堀  7回2死 (森本三ゴロを後逸=タイムリーエラー) (千葉ロッテ)
       青 野 8回無死 (西浦三ゴロを後逸) (千葉ロッテ)
  盗塁失敗  堀  1回無死 (打者・於保) (千葉ロッテ)
       松 本 3回1死 (打者・渡辺正は三振) (千葉ロッテ)
   併殺打 天 野 5回1死 (中村隼−小田−荒井) (日本ハム)

(千葉ロッテ) 9回一気の反撃も遅し、於保反撃開始ツーベース、吉鶴2点タイムリーツーベース
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8   9
(5) 3  堀  2 0 0 0 2 四球    遊ゴ       遊ゴ       四 球
(8) 於 保 3 1 0 0 1 四球       二ゴ       二直    左越2
(7) 大 塚 2 0 0 0 0 遊ゴ       遊ゴ
H 7 吉 鶴 2 1 2 1 0                   見振    左中2:
(DH) 信 原 2 0 0 0 0 三直       二ゴ
H DH 澤 井 1 0 0 1 0                   三振
H DH 光 山 0 0 0 0 1                         四 球
(3) 石 井 2 0 0 0 1    二飛       二飛       四球
 R  ダ イ 0 0 0 0 0
 9  早 川 1 0 0 1 0                         三 振
(2) 里 崎 3 1 0 1 0    中飛       左安       三振 
 6  塀 内 1 0 0 1 0                         見 振
(9) 天 野 2 0 0 1 0    三振       投併
H 2 椎 木 2 0 0 0 0                      中飛 中 飛
(4) 松 本 1 0 0 0 2       四球       三ゴ    四球
(6) 渡辺正 2 0 0 2 0       三振       三振
 H  橋 本 1 0 0 0 0                      二ゴ
 5  青 野 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :  :  :  :  :   :  
    残 塁 27 3 2 8 7  1  0  0  0  0  0  0  2   2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 西浦2試合連発第4号アーチ、原田政ファーム移籍1号、相手のミスも見逃さず勝利
        打 安 点 振 四  1  2  3  4   5   6  7  8 
(5) 森 本 4 1 1 0 0 三安    中飛    遊 ゴ・    三失
(8) 大 貝 4 1 0 2 0 三振    見振    一 ゴ     一安
(9) 原田政 4 1 1 1 0 三振       二ゴ     左中本・三直
(7) 西 浦 4 1 1 0 0 遊ゴ       右本・    遊 ゴ    三失
(DH) 島 田 4 0 0 1 0    右飛    中飛     三 振    二ゴ
(4) 小 田 4 0 0 3 0    三振    三振     二 ゴ    見振
(2) 高橋信 4 1 0 2 0    見振       左越2     三直 見振
(3) 荒 井 2 1 0 0 1       中安    投 飛     四球
(6) 飯 山 2 1 0 0 0       捕犠    中 安     一ゴ
     :             :  :  :  :   :   :  :  :
    残 塁 32 7 3 9 1  1  0  1  0   1   0  2  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(千葉ロッテ) 後藤2被弾、3失点●も7三振を奪う投球、礒1回を2三振無安打の好投
  ● 後 藤  7    30  7   2   1   7   3
     礒   1     4  0   0   0   2   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 中村隼8回1安打無失点好投で1軍近しか、竹内、原田健崩壊、黒木貫禄の2三振でS
   中村隼  8    27  1   0   5   6   0
    竹 内    0/3   3  2   0   1   0   2
    原田健    0/3   1  0   0   1   0   0
  S 黒 木  1     3  0   0   0   2   0

日本ハム4−2千葉ロッテ

今日は祝日子供の日とあって、スタンドは巨人戦並みの2000人を越える人で埋まり、下位に低迷中の両チームとはいえ、恥ずかしいゲームはできない1戦。先発は千葉ロッテが後藤、日本ハムが中村隼の両投手。1回千葉ロッテは先頭の堀が四球で出塁すると続く於保の時に、かすさずスタートを切るが今日は先発マスクの「1軍格」高橋信が刺してチャンスを作らせない。しかし中村隼が於保にも四球、於保は大塚の時にスタート、今度は成功、その大塚の遊ゴロの間に3塁へ進み、早くも得点のチャンスだったが、信原のサード頭上を越えそうな当りに、森本がジャンプ1番これを好捕、得点を許さない。日本ハムもその裏、森本が当り損ないながらもサードへの内野安打で出塁、盗塁も決めて得点圏にランナーが行くが、4番西浦がいい当たりもショート正面で得点できず。1回のピンチを切り抜けた日本ハム先発の中村隼は2、3、4回とほぼ完璧な投球で千葉ロッテ打線にスキを与えない。一方千葉ロッテ先発の後藤も3回まで、毎回三進を奪うなどで、ランナーを許しはするがこれといったピンチを招かない。試合が動いたのは4回裏日本ハム、1死から西浦が放った打球はライトスタンドへ一直線で飛び込む、2試合連続の第4号ソロホームランで日本ハムが1点を先制した。5回千葉ロッテは1死から、先発マスクの里崎がチーム初ヒットをレフト前に打つが、続く天野がピッチャーゴロ併殺打。その裏日本ハムは、先頭の高橋信の打球はレフトへの平凡なフライ。ところが、レフト大塚がこの打球を見失ったのか、目測を誤ったのか、かなり前進してきてしまうと、打球はその後方へ落ちてツーベース、続く荒井がバントを失敗し1死になるが9番飯山がセンター前に弾き返して1、3塁と追加点のチャンス。1番に戻って森本のショートゴロは併殺打コースだが、森本が懸命に走って1塁はセーフこの間に高橋信が還って2−0とリードを広げた。さらに日本ハムは6回、この下位先頭の原田政が強振すると打球は、左中間スタンドへ飛び込む第1号ソロホームランで3点目を入れる。7回も千葉ロッテは中村隼の前に2つの三振を喫してしまうと、日本ハムの優位は確実なものになった。その裏日本ハムは2死2塁として、森本。森本はサードゴロ・・と思ったがこの打球をサード・堀が弾いてしまい、ボールがショート後方に転がる間にもう1点追加4−0と試合を決めた。千葉ロッテは8回先頭の石井が四球、2死になるが松本も四球で出塁し1、2塁のピンチ。しかし、続く代打・橋本をセカンドゴロに打ち取って、準ノーヒットノーランも間近の1安打ピッチングを展開する。しかし、終盤に強い千葉ロッテは9回、好投の日本ハム先発中村隼から2番手竹内に代わると僅かな所から決まったはずの流れを引き戻す。この回先頭の堀が四球で出塁すると、続く於保はレフト線に落ちるツーベースで出塁、一瞬にして無死2、3塁のチャンスを作ると、続く吉鶴の打球は、これまでなかったいい当たりで左中間を真っ二つにして、2者が生還4−2と2点差に詰め寄る。ここで竹内は交代、3番手に原田健がマウンドに上がるが、代打・光山に対してクサい所がつけず結局四球で歩かせてしまい、さらに1、2塁。一発浴びれば中村隼の好投が全てパーになるピンチに、原田健に代わって4番手に黒木がマウンドへ。その黒木は早川、塀内と連続三振、続く椎木にはセンターへ強い打球を打たれるがセンター大貝の駿足を持ってして充分のフライで試合終了。最後は肝を冷やす場面だったが、守り抜いた。これで、中村隼は今季初勝利、最下位脱出寸前で敗けが込んでいるが、今度こそ明日の勝利に脱出をか
ける。

◆ 球 審 村 越             ◇ 公式記録員 山 本(セントラル・リーグ)
  1 塁 津 川
  2 塁 −−−
  3 塁 新 屋(パシフィック・リーグ)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

外道さん編

ひさしぶりに書き込みます。試合を見てきたので良かった選手について報告いたします。

5月4日 
ファイターズマリーンズ (鎌ヶ谷)
F 森本稀哲:二軍に置いとくにはもったいない状態。
  
高橋信二:去年とは別人に思えるくらい成長。野口はともかく、田口となら勝負できる状態。
  
大貝康輔:見る影もなし。オフは危ないか。
  
中村隼人:先発。決め球が無いため2ストライクにしてからがつらい。
  
浅野啓司2軍投手コーチ:この人を出てきた直後に投手が打たれるというパターンが定着してる。

M 堀幸一&石井浩郎:攻走守すべてにおいて精彩を欠いている。心配。
  
後藤利幸:悪くは無いが、良くは決して無い。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

健一@管理人編

■5月5日(土) 鎌ヶ谷ファイターズvs浦和マリーンズ(鎌ヶ谷)

                      R H E
浦和マリーンズ  |000 000 002|2 3 2
鎌ヶ谷ファイターズ|000 111 10X|4 7 0

浦:●後藤利幸(7回)−礒恒之(1回)
鎌:
中村隼人(8回)−竹内昌也(0/3)−原田健二(0/3)−S黒木純司(1回)

本塁打:西浦克拓(後藤利幸)、原田政彦(後藤利幸)

PL:村越茶美雄 1B:津川力 3B:新屋晃 公式記録員:山本

浦和マリーンズ   打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(三一)堀幸一   2 0 0 四球    遊ゴ       遊ゴ       四球
(中) 於保浩己  3 1 0 四球       二ゴ       二直    左2
(左) 大塚明   2 0 0 遊ゴ       遊ゴ
 打左 吉鶴憲治  2 1 2                   三振    左2:
(指) 信原拓人  2 0 0 三直       二ゴ
 打指 澤井良輔  1 0 0                   三振
 打  光山英和  0 0 0                         四球
(一) 石井浩郎  2 0 0    二飛       二飛       四球
 走  ダイ    0 0 0
 右  早川健一郎 1 0 0                         三振
(捕) 里崎智也  3 1 0    中飛       左安       三振
 遊  塀内久雄  1 0 0                         三振
(右) 天野勇剛  2 0 0    三振       投併
 打捕 椎木匠   2 0 0                      中飛 中飛
(二) 松本尚樹  1 0 0       四球       三ゴ    四球
(遊) 渡辺正人  2 0 0       三振       三振
 打  橋本将   1 0 0                      二ゴ
 三  青野毅   0 0 0                        

鎌ヶ谷ファイターズ 打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(三) 森本稀哲  4 1 1 三安    中飛    遊ゴ・   三失
(中) 大貝康輔  4 1 0 三振    三振    一ゴ    一安
(右) 原田政彦  4 1 1 三振       二ゴ    左本・三直
(左) 西浦克拓  4 1 1 遊ゴ       右本・   遊ゴ    三失
(指) 島田一輝  4 0 0    右直    中直    三振    二ゴ
(二) 小田智之  4 0 0    三振    三振    二ゴ    三振
(捕) 高橋信二  4 1 0    三振       左2    三直 三振
(一) 荒井修光  2 1 0       中安    投飛    四球
(遊) 飯山裕志  2 1 0       捕犠    中安    一ゴ


浦和マリーンズ   回     安  振  四死  失
●後藤利幸    7回 0/3 7  7  1  3
 礒恒之     1回     0  2  0  0
 
鎌ヶ谷ファイターズ 回     安  振  四死  失
中村隼人    8回     1  5  5  0
 竹内昌也    0回 0/3 2  0  1  2
 原田健二    0回 0/3 0  0  1  0
S黒木純司    1回     0  2  0  0

【大まかな試合展開】
鎌ヶ谷の先発はルーキー中村隼人、浦和は後藤利幸。両先発の投げ合いも中盤西浦克拓、原田政彦の一発、また守備に足を引っ張られる形での失点の後藤利幸。中村隼人はスライダーとストレートのコンビネーション良く立ち上がりの制球難以外は打者に的を絞らせなかった。後藤利幸は数字の上では負け投手となったが、中村隼人以上のボールの切れ・制球力そして風格を感じました(但し中盤まで)、二発喰らいましたが先日の川崎ジャイアンツ戦での完投と同じく総合力では一軍にあげてもそう恥ずかしくないものを感じます。

試合展開に戻りますが、終盤中村隼人からスイッチした竹内昌也誤算の投球内容は、四球と二本の二塁打で2失点、最後は黒木純司が二奪三振でなんとか抑えました(最後の中飛はあわやセンターオーバーか!という椎木匠の当たりでした)。



【気になる選手達】

□浦和マリーンズ

■後藤利幸(ロ)
立ち上がりから制球・球威・投球の組立と安定感ある投球を見せてくれました。後ろ髪の長さが気になる投手ですな(^^;)投球フォームは、小野晋吾(ロ)に通ずるコンパクトで癖のないフォーム。先日のジャイアンツ戦では被安打8も無四球で要所を締める完投勝ち。本日は2発の不用意なところは反省材料としても他の2失点は不運な失策とそれに類するものですので欲を言えば精神面の強化が必要か・・・ここら辺はこじつけですね(笑)。ただ安定感ある投球が、今後も続けば自ずと一軍の道は拓けるかと!#でも見た目これが良い!というのは分かり難い投手ですね。

■礒恒之(ロ)
弓をしなるように胸を張り、小柄ながらもダイナミックなフォームで球を放ります。ボールは散らばり気味ではありますが球威は感じました。また左肩が開きながらも腕が遅れ気味に出る(右腕を引っこ抜くようなそれ)のか変化球(スライダー、フォーク)も鋭かったです。ただ漠然の制球力が毎度の課題かと。
本日は終盤一イニング投げ2奪三振を含みピシャリでした。

■於保浩己(ロ)
小さなフォームから繋ぎのバッティング。最終回竹内昌也の半速球を撫でるようにレフト線内側へ入る左2を放つ。#初回盗塁成功

■大塚明(ロ)
中村隼人のスライダーにタイミング合わずか二打席とも引っかけるような遊ゴ、その後吉鶴憲治に交代。#右膝痛はまだ完治ではないのですか?

■信原拓人(ロ)
先日7年目にして一軍初登録!(再度挑戦ですよ)。本日は石井浩郎を差し置き4番で出場。私あまり見ていないのでよく分からないのですが、彼は打者を返すタイプの打者なのでしょうか?(非常にアンニュイな質問ですね@2軍愛にてお待ちしております)。数年前の下位のイメージが残っている次第です。昨年からシャープさに磨きがかかったか!

■石井浩郎(ロ)
まだというか故障上がりなんでしょうか?べたですが勝負強い打撃まだまだ見たいですねえ。

■里崎智也(ロ)
左足を一足半後ろに下げ、左肩はあまり開かない変則的なオープンスタンス。バットはグリップギリギリを握りかなりバットを長めにしてスイング#ちょっとしゃくり上げるところも見えます。5回表チーム初安打となるレフト前ヒットを放つ。

■天野勇剛(ロ)
数年前からの期待度に比べるとかなり停滞気味・・・。本日は三振・投併と結果は散々、数年後は初芝清のケツを煽るのは天野勇剛か!と思ったが殊の外「思いきり」を感じませんでした。昨年の一時捕手コンバートも何かしら彼の成長の糧となって欲しいもんです。#印象としては八木裕(神)の青い頃といった感じ<また分かり難い表現ですな(^^;)、要は物足らんということか!?

■渡辺正人(ロ)
大塚明以上に中村隼人のコンビネーションに合わずこちらは2打席連続三振・・・どうする渡辺正人!?<頑張るしかないっすよね。明日はガンバレ!

■吉鶴憲治(ロ)
大塚明の後そのまま左翼へ・・・レフトもやるんですね。最終回追撃の2点適時打よりもその汎用性に感心!?

■澤井良輔(ロ)
信原拓人の代打で出場も三振、次打席の最終回では吉鶴憲治の2点適時打の直後イケイケの場面で投手が左腕原田健二に代わり、澤井良輔にも代打の光山英和が送られ、ウェーティングサークルでガックリのポーズ(笑)#こういう場面でも使われる実績を地道に作りましょう!

■椎木匠(ロ)
さて浦和は何人の捕手を擁しているんだというぐらい本日5人出場しました(福沢洋一はいたのかな?一軍?)。守備よりも打撃が売りの捕手、最終回の中飛はいやーあと一歩でした。

■青野毅(ロ)
8回表から三塁守備で出場。西浦克拓の強い当たりの三ゴをはじき失策・・・次回は打撃も見ていたいです。



□鎌ヶ谷ファイターズ

■中村隼人(日)
左足を素速くそして大きく上げ、真上から投げ下ろすフォーム。立ち上がり制球がおぼつかずボール先行で四球も盗塁死(堀幸一、松本尚樹は四球で出塁も盗塁死)や併殺打もあって要所を乗り越える。それ以外はストレートとスライダーのコンビネーションが冴え打者の的を絞らせなかった(欲を言えばというかフォーク等の決め球が本日は足りないか!)。#特に変化球で打者のタイミングを外し散発の被安打1。

散発1安打ではあるが、制球力抜群と言う風には見えませんでした。荒れ球がはまったときのような投球内容でしょうか。<この手の投球内容が一番打ち辛い!#今後もそこそこの制球力でも力強い投球を見せて欲しいです。

■竹内昌也(日)
竹内昌也の悪いときの投球パターンです・・・堀幸一に臭いところを突きながらも四球、4点リードもそこから焦りだしたのかボール先行でストライクを取りに行くような半速球を連続で痛打(左2)され2失点。「0/3」で敢え無く交代の憂き目・・・どっしり構えようぜ(XX)

■黒木純司(日)
無死一二塁の厳しい場面からの登板(竹内昌也の後、原田健二も四球でワンポイント失敗)。早川健一郎・塀内久雄にはストレートでグイグイ攻めて最後もストレートで空振りの三振を奪いました。椎木匠の中飛はよもや!?の当たりでしたが締めました。

■森本稀哲(日)
第一打席フルスイングも三塁前に転がるボテボテの内野安打、足はアスリート型で速いですね(何と申しましょうか個人的に新庄剛志の匂いを多少なりとも感じたりする選手)。#他には遊ゴ(併殺崩れ)・三塁失策(堀幸一そこで、はじくか・・・)の間にそれぞれ1点づつチームは加点しました。

■原田政彦(日)
左膝を二塁方向に開きバットを掲げる様は種田仁(中→横)に通ずるものがあります(あそこまで斬りかかりそうな型ではないが)。左翼席へ一直線の本塁打はドンピシャリのタイミングでした。

■西浦克拓(日)
先制のライトへの本塁打。後藤利幸のストレートを逆らわずライトへ流しながらもライナー性!じっくり使えば低打率ながら本塁打も稼げる打者だとは思いますが、どうなんでしょうね。#気になるのは、伸び上がるようなスイングかな。
#他球団ファンとしては、再開花前に引っこ抜きたいですな(^^;)<まあ戯れ言ですので。

■島田一輝(日)
右足かかとの故障から先頃復帰。ご家族も鎌ヶ谷観戦されており娘さんは目元が父上に似ていらっしゃいました。コンパクトなスイングながらややしゃくり上げるようなところあり、中直・右直はそれぞれ上手くミートはしていました。島田一輝よりも西浦克拓の方が一軍が近いような気がする。

■小田智之(日)
4タコ3三振・・・彼は軸足が左足から右足に動く打法を用いているのですが、この打撃はモノに出来れば大層な打者になるのですが、タイミングが合わないとギッコンバッタンで無惨でした(^^;)。ちょっと調子が悪いのかなあ。

■高橋信二(日)
4月末に練習中の打球を目に当てて負傷中でしたが、先頃から戦列復帰。本日は立ち上がり不安げな中村隼人を助ける二盗塁刺殺を2個決めました(送球自体はワンバウンドでやや危なかったかな)。打撃の左2というのは、左翼大塚明がボールを見失ったためで打球としては平凡な左飛でしょうか。ただ三打席目の三塁ライナーは巧く引っかけるような感じの当たりでした。#昨年から打撃開眼中。<右肘をバックネット裏方向に高く上げてタイミングを計る打法がポイントなのか。

■荒井修光(日)
試合前もレガースを付けず、一塁手として参加、外野内野と器用な選手、肩足とも平均以上に思えるし打撃にも粘りが出れば良いリードオフマンになれるのではないかと応援しております。#犠打を浮かして投飛になるところは反省(でもこの小さな投飛を鬼気迫るダッシュで捕球した後藤利幸は好プレーでした)。

■飯山裕志(日)
試合前4月の鎌ヶ谷ファイターズ月間MVPとして表彰されていました(「67打数18安打 打率0.269」と相対評価なのかな)。試合でも犠打をサラッと決め(最近あまり観られなかったぞ)、2点目に繋がるセンター前ヒットあり。


【試合前のブルペンにて】
一塁側ビジターのブルペンで新助っ人左腕クベンカが投球練習を行っていました。井上祐二2軍投手コーチと通訳の三人で足下の踏み出し位置やリリースポイント等々を確認しながらの投球練習をしていました。

投球フォームは右足の上げは小さく、ガッチリした上半身に頼るかのように投げ下ろす投球フォーム(上半身がかなり前に傾倒します)。変化球はそう大きくなさそうでしたが打者の手元で小さくずれる感じか、またストレートの球威はありそうでした。近々一軍登板もあるのではないでしょうか。


【雑感】
本日はGWということもあり球場への来場者も多く、駐車場もキャパオーバーで球場を取り囲むように駐車していました(この時期は毎度これですね)。また本日は私2年ぶりに鎌ヶ谷野次オヤジ連の総帥コウ●マ氏が来鎌。いやー出入り禁止との噂も聞いておりましたがどうなんでしょう?#浦和・戸田では猛威を奮っているそうです!?
鎌ヶ谷のリードもありそうは脱線せずいつもの「・・・くれぇい!」「〜だよぉう」と節も健在でした。物議を醸す人物ですが、また出逢いたいもんです。

バックネット裏のスピードガン担当は
加藤竜人(日)でした。また週末に限りボールボーイが地元の子供達に任されるそうです。


2001年 5月 5日 イースタンリーグ 5回戦 巨人−西武(長崎県佐世保)報告者:S.Horseさん(HP:ふるほうす

G×L(5/5・佐世保) 投稿者:S.Horse  投稿日: 5月 6日(日)12時25分09秒

  R H E
所沢ライオンズ 3 0 0 2 0 1 0 0 0 6 11 0
川崎ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 1

所:鳥谷部健一(7回)−福井強(2/3回)−森慎二(1回1/3)
川:●河原純一(4回)−内薗直樹(2回)−玉峰伸典(1回)−根市寛貴(1回)−安原政俊(1回)

初めてこのページに来ました。よろしくお願いします。
昨日、巨人vs西武戦を観戦しました。
我が佐世保には10年ぶりのプロ野球ということで、
スタンドも七〜八割は埋まっていたように思います。

管理人様が
鳥谷部投手の好投に触れられていますが、
本当に巨人打線、手も足も出ないという感じでした。
(巨人ファンの僕としてはかなりブルー入ってましたが…)

鳥谷部健一(西)が7回を被安打1の好投(内容は判りませんが)で
無傷の4勝目。剛腕から故障もありややスケールダウンしましたが、
それが即成績に反映しないところが興味深いです。リニューアルし
鳥谷部健一にも期待しております。

by翌日の新聞を見ながら健一@管理人がちょっと前にカキコして
いました

また、巨人は河原が先発。初回にホームランを浴びるなど
まだまだ本調子ではない様子でした。

また、ご当地・佐世保出身の村田(善)捕手もスタメンマスクをかぶり、
ものすごい歓声を浴びていましたよ。

(( 追伸 ))
たくさんの方が選手の移動バスの前で"出待ち"をしていたのですが、
村田(善)捕手の次に人気があったのは、高田監督でした(笑)。


2001年 5月 4日 イースタンリーグ 4回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年5月4日(金・祝)
千葉ロッテマリーンズVS.日本ハムファイターズ 4回戦 2勝2敗0分
(ロッテ浦和球場) 13:00 晴れ 試合時間3時間04分

                       H E
日本ハム  000 030 100 ・・4 11 1
千葉ロッテ 002 003 10X ・・6 11 1

 勝利投手 長 崎 1勝1敗  ● 敗戦投手 建 山 1勝1敗
S  セーブ 小林宏 −勝−敗
HR 本塁打 大 塚  2号 建 山A 3回2死 (千葉ロッテ)
       西 浦  3号 長 崎A 5回2死 (日本ハム)
2B 2塁打 森 本 7回無死 (日本ハム)
SB 盗 塁 森 本 1回無死 (打者・大貝) (日本ハム)
       大 貝 3回2死 (打者・原田政) (日本ハム)
       森 本 5回1死 (打者・原田政=大貝とダブルスチール) (日本ハム)
       大 貝 5回1死 (打者・原田政=森本とダブルスチール) (日本ハム)
       吉 鶴 6回無死 (打者・橋本) (千葉ロッテ)
 E 失 策 森 本 4回1死 (澤井三ゴロをファンブル) (日本ハム)
       橋 本 5回1死 (大貝・森本重盗後3塁悪送球) (千葉ロッテ)
   併殺打 飯 山 6回無死 (長崎−塀内−信原) (日本ハム)
       原田政 7回無死 (堀−渡辺正−信原) (日本ハム)
       渡辺正 7回1死 (飯山−小田−山地) (千葉ロッテ)
  盗塁失敗  堀  5回1死 (打者・大塚) (千葉ロッテ)

(日本ハム) 西浦逆転弾2安打2打点、森本、大貝3安打猛打賞も攻めきれず。
        打 安 点 振 四  1  2  3  4   5  6  7  8  9
(5) 森 本 5 3 0 0 0 中安    遊ゴ    中 安    左2    右飛
(8) 大 貝 5 3 0 0 0 中直    右安    左 安    一安    投ゴ
(7) 原田政 4 0 0 1 0 遊ゴ    三振    一 ゴ    二併
(DH) 西 浦 3 2 2 0 1 中飛       中安 左中本:   四球
(9) 島 田 4 1 0 2 0    一ゴ    三振 左 安    三振
(4) 小 田 4 1 0 0 0    中飛    右安 遊 飛       一直
(2) 荒 井 2 1 0 1 1    四球    三振     中安
H 2 高橋信 1 0 0 0 0                       中飛
(6) 飯 山 4 0 0 1 0    中飛    三振     投併    投ゴ
(3) 山 地 3 0 0 1 0       三振    中 直 右邪
 H  田中聡 1 0 0 1 0                          三振
     :             :  :  :  :   :  :  :  :  :
    残 塁 36 11 2 7 2  1  1  1  2   1  0  1  0  0
                  ・は打点 
(千葉ロッテ) 於保逆転タイムリー2安打2打点、大塚先制弾、渡辺正、澤井タイムリーで逆転勝利
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8
(7) 4  堀  4 2 0 1 1 中安    三振    左安 四球    一飛
(8) 於 保 4 2 2 0 0 投犠    中安    中飛 右安:   左飛
(DH) 大 塚 3 1 2 1 1 見振    左本:   四球 一飛
(3) 信 原 3 0 0 1 0 三振    一ゴ    二ゴ
H 3 天 野 1 0 0 1 0                   三振
(9) 7 吉 鶴 4 2 0 1 0    三振    右飛    左安 右安
(2) 橋 本 2 2 0 0 2    右安    左安    四球 四球
(5) 澤 井 3 1 1 0 0    左飛    三失    一犠 右安・
(6) 渡辺正 4 1 1 0 0    中飛    右飛    左安・遊併
(4) 塀 内 2 0 0 0 0       右飛 中飛
H 9 早 川 2 0 0 2 0                三振    三振
     :             :  :  :  :  :  :  :  :
    残 塁 32 11 6 7 4  1  1  0  2  1  2  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 先発建山6回途中同点打許す、オーミータイムリー2本浴び3失点、黒木1回を3人斬り
 ● 建 山   5 1/3  26  8   1   2   4   5
   オーミー  1 2/3   9  3   0   2   2   1
   黒 木   1     3  0   0   0   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ) 長崎7回途中まで11安打3失点も我慢の投球で今季初勝利、戸部、小林宏好投でS
  長 崎   6 0/3  29 11   1   1   5   3 
   戸 部   2     6  0   0   1   1   0
 S 小林宏   1     3  0   0   0   1   0

千葉ロッテ6−4日本ハム

(1回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0■千葉ロッテ −0日本ハム
千葉ロッテの先発はルーキー長崎、日本ハムの1番は今日はサードでの先発出場、森本。1−2から打ってセンター前ヒットで出塁、続く大貝の1−2から森本がスタート、長崎が外すが森本の足が速く盗塁成功。大貝は2−3からの8球目を打ってセンターライナー。原田政は2−2から打ってショートゴロ。4番西浦は0−1からセンターフライを打ち上げて森本残塁。

(1回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0■千葉ロッテ0−0日本ハム
日本ハムの先発は建山、千葉ロッテは不振でファームでの調整が続く堀。堀の打球は深めに守っていたセンターより手前に落ちるヒット、2番は於保。初球を投前に送りバントで1死2塁。続くは指名打者大塚、2−3から低めのストレートを見逃して三振。1回は両チーム共ランナー2塁から後続が続かず無得点。

(2回表 日本ハム) 打者:4 安打:0 三振:0 四球:1■千葉ロッテ0−0日本ハム
この回の攻撃は、今日から戦列復帰の島田から。0−2から止めたバットに当ててファーストゴロ、長崎がベースカバーで1死。打者は小田、センターに強い打球もフェンス手前まででセンターフライ。続くは久しぶりに先発マスクの荒井、2−3からのストレートを見送って四球で出塁。しかし、飯山がセンターフライで荒井残塁。

(2回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0■千葉ロッテ0−0日本ハム
吉鶴からの攻撃、2−2からの変化球にタイミングが合わず空振り三振、続く橋本はライト前にヒット、打球がフェンスまで到達するが、当りが強すぎて1塁止まり。澤井は初球打ちもレフト線へのフライで、2死。続く渡辺正は打ち上げてセンターフライでスリーアウト。

(3回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0■千葉ロッテ0−0日本ハム
この回の攻撃は9番の山地から、2−3フルかウントからの7球目を振って空振りの三振、1番に戻って森本。打ってショートの右、ベース後方へのゴロで渡辺正が回り込んで捕球1塁へ送球して2死。続く大貝が1、2塁間を抜けてライト前ヒット。打者は原田政、2−3から低めの変化球に空振り三振で大貝が残塁。

(3回裏 千葉ロッテ) 打者:5 安打:2 三振:1 四球:0■千葉ロッテ2−0日本ハム
千葉ロッテもこの回の攻撃は9番から、塀内は1−2から打ってライトフライ、島田が殆ど動かず捕球。1番に戻って、堀が2−0からの3球目を空振りで3球三振。打者は於保、2−1からセンター前にクリーンヒットで2死1塁とした。続く大塚はレフトへ弾丸ライナーで飛び込む2号ツーランホームランで千葉ロッテが2点をリードした。4番の信原は引っ張ってファーストゴロ、建山がベースカバーに入ってスリーアウト。

(4回表 日本ハム) 打者:5 安打:2 三振:3 四球:0■千葉ロッテ2−0日本ハム
日本ハムこの回の攻撃は4番の西浦から。1−2から打ってセンター前に落ちるヒット、続く島田は2−2から低めの変化球に空振りの三振。続く小田は1−3からライト前へクリーンヒットで1死1、2塁のチャンスに荒井、しかし2−3からやはり低目に決まる変化球に空振りの三振。続く飯山も同じ変化球に三振でこの回は3つのアウト全て空振りの三振でチャンス生かせず。

(4回裏 千葉ロッテ) 打者:5 安打:1 三振:0 四球:0■千葉ロッテ2−0日本ハム
千葉ロッテこの回は吉鶴から、初球を打ってライトフライ。橋本はレフト線へのヒットで出塁、この打球は原田政が前進してきて捕球するかと思ったが、捕らずにヒット。続く澤井の打球はサードゴロ、しかし森本が弾いてしまい、後方に来ていた飯山が弾いたボールを捕るが投げられずエラーで1死1、2塁。しかし、渡辺正がライトフライ、塀内も打ち上げてセンターフライ、大貝がセカンド後方まで出てきて捕球しスリーアウト。

(5回表 日本ハム) 打者:7 安打:4 三振:0 四球:0■千葉ロッテ2−3日本ハム
この回は9番山地から。2−1からの6球目を打ってセンター右への強い打球もセンター於保の守備範囲でセンターライナーで1死。1番に戻って森本、今度はセカンド右を抜けてセンター前にヒット、続く大貝はショート左を抜けてレフト前に連続ヒットで1、2塁とチャンスを作る。そして、続く原田政の時に両ランナーがスタートすると、タイミングは充分セーフでダブルスチール成功、さらにこれを刺そうと橋本が3塁へ送球したが手前でバウンドしてしまい、澤井が捕球できずこれを横に弾いてしまい、ボールはファールグランドを転々とする。この間にに森本は一気にホームインで1点を返す。原田政はファーストゴロで3塁に大貝がクギ付け、2死3塁から打者は西浦。その西浦の打球は打った瞬間にホームランと分かる、第3号逆転ツーランで3−2、日本ハムが逆転に成功した。さらに続く島田も三遊間を綺麗に破るヒットで出塁。しかしここは、小田が高く打ち上げてしまいショートフライでスリーアウト。

(5回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:1■千葉ロッテ2−3日本ハム
この回の攻撃は1番の堀から。堀はショート左を抜けてレフト前ヒットで出塁、続く於保は直にバントの構え、しかし、打って出てセンター前への浅いフライに大貝が猛ダッシュで前進、これを捕球。前週の足への死球の影響は全く見られない。続くは先程先制弾を放った大塚、その大塚の0−1から堀がスタートを切るが荒井がセカンドに送球タッチアウトに仕留める。大塚は1−3からの低めを見送って四球て出塁、4番の信原は1−3から打ってセカンド正面へのゴロ、小田が1塁へ送球してスリーアウト。

(6回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0■千葉ロッテ2−3日本ハム
この回は今日当りのない下位打線から、確実に1点を追加して千葉ロッテを離したい。7番の荒井から、0−1から打ってセカンド右を抜けてセンター前ヒット、続く飯山は早くもバントの構え、1−0から切り換えてヒッティングに出るがファール。2−0と追い込まれてから打つが、ピッチャーゴロ、長崎−塀内−信原と渡って、最悪の併殺打。続く山地が打つもライトファールフライでスリーアウト。

(6回裏 千葉ロッテ) 打者:8 安打:3 三振:1 四球:2■千葉ロッテ5−3日本ハム
千葉ロッテこの回の攻撃は、吉鶴から。打って三遊間を抜けるレフト前ヒット。続く橋本の1−1から吉鶴がスタート、投球が外角低めへのワンバウンドで荒井は送球できず盗塁成功。橋本は2−3フルカウントから低めを見送って四球で出塁。無死1、2塁から、続く澤井はバント、森本と山地が前進してきてファースト山地が捕球、少し体勢を崩すが1塁へ送球で1死2、3塁。一打逆転のチャンス、日本ハム建山は同点のピンチに打者は、渡辺正。渡辺正は三遊間を破って同点タイムリーヒットで3−3。さらに1、3塁から塀内に代わって代打は早川、するとここで日本ハムベンチも動く。先発の建山に代わって2番手にオーミーの送る。早川は2−2からファールで粘り、8球目を空振りの三振で2死1、3塁。1番戻って堀。堀はストレートで四球を選んで2死ながら満塁と絶好のチャンス。続くは於保、1、2塁間を抜けてライト前にタイムリーヒット、ライト島田が懸命のバックホームも届かず2者が生還、5−3と千葉ロッテ2点リード。打った於保は本塁返球の間に2塁に到達。続く大塚がファーストフライで千葉ロッテの長い攻撃が終了。

(7回表 日本ハム) 打者:5 安打:2 三振:1 四球:1■千葉ロッテ5−4日本ハム
2点を追う日本ハムは1番森本から。三塁線を鋭く抜けてツーベースで出塁、今日3安打の猛打賞。続くは大貝が1−1からセーフティ・バントをすると、この打球が投手の右、セカンドのかなり前方、ファーストのやや左という面白く微妙な位置へ転がり、内野安打で1、3塁とした。ここで疲れの見え始めと判断した千葉ロッテベンチは11安打を浴びながらも好投の長崎に代えて2番手に戸部をマウンドに送る。無死1、3塁と反撃のチャンスだったが、原田政がセカンド正面へのゴロ、堀−渡辺正−信原と渡って併殺打。この間に森本はホームインで1点を返すが、流れが完全に途切れてしまった。続く西浦はほぼ、敬遠気味の四球で歩かされると、島田は2−0から低目の投球にハーフスイングで三振。

(7回裏 千葉ロッテ) 打者:5 安打:2 三振:1 四球:1■千葉ロッテ6−4日本ハム
千葉ロッテこの回のコヴ記は、今日当りのない信原に代わって天野が代打に告げられる。2−2からの変化球に空振りの三振、続く橋本は2−3フルカウントからファールで粘り、吉鶴が投球の度にスタートを切る。結局オーミーが四球を与えて、1、2塁。打者は澤井、澤井はライト左へタイムリーヒットで千葉ロッテ取られた点を空かさず取り返し、6−4とした。なおも1、2塁から渡辺正だが、ここはショートゴロ。飯山が捕って2塁へ送球、小田−山地と渡って併殺打。

(8回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0■千葉ロッテ6−4日本ハム
この回の小田から、しかし簡単に打ってファーストライナー。ここで、荒井に代わって先日打撃練習中のボールが目に当り、眼球打撲でファーム落ちの高橋信が代打で登場。しかし1−0から打ってセンターフライ。続く飯山もあっさり投ゴロで3者凡退。

(8回裏 千葉ロッテ) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0■千葉ロッテ6−4日本ハム
日本ハムはこの回から3番手黒木にスイッチ。千葉ロッテこの回の攻撃は早川から。しかし2−1からの変化球に空振り三振、1番に戻って堀、打ち上げてファーストへの浅いフライ。於保はレフトフライでこちらも3者凡退。

(9回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0■○千葉ロッテ6−4日本ハム●
千葉ロッテは最終回のマウンドに、小林宏を送る。日本ハムは9番の山地に代わって代打は田中聡。しかし初球を見逃し、2球目を空振り、3球目変化球に空振りの三振と、相変わらず初球を見逃しては簡単に三振する悪いパターン。1番に戻って森本は1−0から打ってライトライン際へのフライで2死、大貝は強い当りで投手返しも小林宏が捕って1塁へ送球し、試合終了。千葉ロッテが逆転勝利で対戦カードを2勝2敗に戻した。

◆ 球 審 新 屋            ◇ 公式記録員 山 本(セントラル・リーグ)
  1 塁 村 越 
  2 塁 −−−
  3 塁 津 川(パシフィック・リーグ)


2001年 5月 4日 イースタンリーグ 8回戦 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:右派さん(HP:Private Heaven

  R H E
戸田スワローズ 0 3 1 0 0 0 1 0 1 6 11 3
湘南シーレックス 0 0 1 0 0 1 1 0 0 3 6 3


【追浜リポート・試合展開】

 今日は追浜へ湘南対ヤクルト戦を観戦して参りましたのでご報告させて頂きます。試合は負けましたけど、吉見が見れてラッキーでしたよ。

 初夏の気候の折、ゴールデンウイークの真っ只中とあって球場の入場時間には長蛇の列が続く。試合途中からは外野席も解放されるなど、大入り満員。観客数の公式発表は2008人、2軍戦としては異例の数字だ。試合前の練習には故障していた新沼・大野の姿も見えるが、何故かドスターの姿がない。新外国人獲得が噂されたこともあり遂に引導を渡されたかと思いきや、帰宅後に一軍昇格していたことが判明しびっくり。更に福盛も右肘痛で登録抹消されたと聞き更にびっくりであった。また、スタメンで小池が二塁に入り、故障していた吉見も登板してくるなど驚きの多い1日であった。

 試合は故障明けの湘南先発・細見、ヤクルト先発は宮出。両投手ともまずまずの立ちあがりを見せたが、2回表細見が崩れる。本郷に真芯で当てられる2ベースを打たれるなど無死1.2塁のピンチ。ここで橿渕が2点2ベース更にツギオがライトに犠飛を放ち3―0とヤ軍が先制。3回表も代田がヒット・盗塁でチャンスを作ると、ユウイチが左翼に犠飛を放ち4―0とした。3回裏、湘南も古木が右翼席に飛び込む5号ソロアーチを放ち1―4とするものの、この日の宮出のストレートは伸びがあり以降まともなチャンスを作ることができない。6回裏、ようやく湘南は鶴岡のヒット・盗塁及びヤ軍捕手・細見のスローイングミスによりチャンスを作り小池の犠飛で2−4。7回表、ヤ軍も湘南3番手・杉本から3連打で1点追加、2―5。7回裏、ヤ軍2番手・松谷から福本のヒット・ボークで2死2塁とすると、福本が3盗しこれをまたも細見がスローイングミスを犯し3―5となった。しかし9回表に、ヤ軍は本郷の右越3ベースで駄目押しの1点を追加、結局3―6で湘南は完敗した。

 今日のヤクルトの投手陣が軒並み良かったこともあり、湘南打撃陣は振るわず見せ場が極めて少ない試合であったといえる。それでも気になっていた故障明けの細見・吉見・杉本を見ることができ、私的には日野監督に感謝したいほどであった。

【追浜リポート・ヤクルト編】

 オーダー  8代田6城石7ユウイチ3本郷5畠山9橿渕4ツギオ2細見1宮出
 投手継投  宮出-松谷-河端-花田
 途中出場  大山・大脇(代打)

■宮出隆自(ヤ)
先発して6回を投げ失点2で勝利投手に。被安打3・奪三振7・与四球2。この日の出来ならば一軍でも十分やれるはず。ストレートが手元で伸び、高めの球にも威力がある。フォークの切れも非凡。投球フォームは上げ足を一旦停止させる二段モーションに近いもの。

■松谷秀幸(ヤ)
2番手として1回を投げ失点1。被安打1・与四球1。高卒新人だが、球速は140以上は出ている。あまり投げなかったがカーブもブレーキがかかる良い球。彼も投げる際に上げ足を一旦停止させ、右半身に頼ったようなフォーム。球筋がやや素直すぎるかな。ボークを記録するなどセット時の投球も課題。
 河端・・・3番手として1回を無失点。奪三振1。彼も故障からの復活組だが、スリークォーターからの小気味良い投球は健在。スライダーのキレも良い。シンカーらしき球も投げていた。

■花田真人(ヤ)
4番手として1回を無失点。被安打2・奪三振1。まとまりがある投球が持ち味だが、石井義を三振に打ち取ったチェンジアップはお見事。

■代田建紀(ヤ)
1番中堅として一ゴ・中安・左2・中安・左安と5打数4安打。盗塁も1つ決め(最終回の盗塁は前田和之の暴投が優先)、最早盗塁技術ではイースタン敵なし。打撃も本郷と並んでよく振れており、左打席では巧打、右打席では強打ぶりが印象的。

■城石憲之(ヤ)
2番遊撃として三振・二ゴ・三振・中安・三振で5打数1安打1打点。遊撃手としての球際の強さがあり、今日もヒット性の当たりをいくつか捌いていた。

■ユウイチ(ヤ)
3番左翼で遊飛・左犠飛・右飛・右直・二ゴで1打点。

■本郷宏樹(ヤ)
4番一塁として左中2・三振・中飛・中安・右3で5打数3安打1打点。広角に強い打球を打ち分ける。打球がとにかく伸びるのが印象的。

■畠山和洋(ヤ)
5番三塁として四球・三失・四球・二ゴ・二ゴで音無し。三塁守備でグラブ捌きを誤りエラーを1つ記録。

■橿渕聡(ヤ)
6番右翼として左中2・三ゴ・中飛・右2で4打数2安打2打点。盗塁を試みるも失敗。

■ツギオ(ヤ)
7番二塁として右犠飛・左飛・一飛・敬遠で1打点。二塁守備であわやセンター前に抜ける当たりに追いつき、不安定な態勢から走者を一塁で刺した肩が目立っていた。

■細見直樹(ヤ)
8番捕手として三ゴ・三ゴ・三ゴ・三振と音無し。ヤクルトの失点のうち2点は、彼のスローイングミスによる2つのエラーによるもの。盗塁も3つ決められるなど課題多い。


【追浜リポート・湘南編】

 オーダー  5石井義8田中一7古木2鶴岡4小池3七野6内川9田中充1細見
 投手継投  細見-吉見-杉本-前田
 途中出場  福本(代打二塁)・宮内(代打一塁)・八馬(代打)・杉山俊(捕手)

■細見和史(湘)
先発して4回を投げ自責点4。被安打3・奪三振3・与四球1。キャンプ中に右肩の張りを訴え調整が大幅に遅れていたが、ようやく実戦復帰。しかし、出来はやはりまだまだ・・・意図的に低めに制球しようとするなど「らしさ」も見せていたが、上手く行かず高めに浮いてしまう。ヤ軍に打たれた安打・犠飛は何れも真芯に当てられていた。持ち味のカーブの制球もイマイチ。まあ、実戦復帰したばかりなのでこんなものかもしれない。去年より足の上げ方が少し変ったような気もするが、今後暫く実戦投球を続ければ良化も期待できよう。

■吉見祐治(湘)
2番手として2回を投げ無失点。被安打1・奪三振1・与四球1。彼も左肩痛から復帰、公式戦では初登板となるが、なかなか見栄えが良い投球だった。188センチの長身から投げ下ろす直球は球威こそ感じられないが角度があり打ちづらそうだ。球速は140くらいだろうか。ただ、決め球のチェンジアップの制球はイマイチで、本調子ではないのかあまり投げなかった。唯一の奪三振となった城石への勝負球は内角を突いたスクリューボール、これには思わず唸った。彼も今後の実戦登板が必要。先発左腕として期待されているのでスタミナ面も試してみたいところ。

■杉本友(湘)
3番手として1回1/3を投げて自責点1。被安打5・敬遠1で滅多打ちを食らう。彼も右肩の張りで調整が遅れていたが・・・。ダイナミックなフォームからの直球は140中盤くらいは出てそうで、球自体は良いものもあった。7回に3連打を食ったが打球は球威に押されていた。しかし、どう言う訳か決め球のフォークを始めとする変化球を殆ど投げないため投球が単調であった感がある。彼も今後の実戦登板が必要。戸叶を出したのは間違いだったと野次られないように頑張ってほしい。

■前田和之(湘)
4番手として1回2/3を投げ自責点1。被安打2・奪三振2。いきなり一死満塁のピンチで登板するが、ここは何とか抑えた。しかし、次の回にあっさり追加点を献上、よく分からん投球。球速は140中盤で体格を利したような重量感溢れる投球が持ち味だが、変化球の制球が課題。

■石井義人(湘)
1番三塁として四球・二飛・左飛・四球・三振で音無し、一軍戦力の存在感は見せられず。課題のサード守備ではまたもスローイングをミス(記録的には送球を受けた七野に失策が付きました。彼のスローイングミスであることは間違いないです)。彼の守りぶりを見ると、森監督が彼をスタメン起用しないことも一理あることが分かる。

■田中一徳(湘)
2番中堅として投犠・中飛・捕ゴ・遊ゴで音無し。久しぶりに打撃フォームを見て驚いた。お尻を突き出し頭をベースに持たれかかるような構え・・・超クラウチ型とでも言おうか。テークバックを小さくして振りきることが趣旨と思われるが、とにかく異様。途中から右翼に入ったが、落下地点まで追いつきそうになりながら躊躇して頭を越されることが2度あった。彼の足なら何とかなったと思うのだが・・・。

■古木克明(湘)
3番左翼として三振・右本・三振・三振で4打数1安打1打点。失投を見逃さずに右翼席にぶち込んだホームランはお見事。しかし、それ以外の打席は全て三振で淡白そのもの。追い込まれると粘りがない。また、相変わらず外角へ逃げるスライダーへの見極めが甘い。

■鶴岡一成(湘)
4番捕手として三失・捕邪飛・左安・右飛で4打数1安打。この日はリレードスチールを2つ成功させるなど走塁面をアピール。

■小池正晃(湘)
5番二塁として三ゴ・三振・中犠飛・三ゴで音無しながら1打点。二塁で起用されるとは驚愕もの(高校時代にショートだったこともあったが)。注目したものの守備機会が少なく適性はよく分からない。ただ、姿だけならまさに大型セカンド。途中から中堅に入った。帰宅後に判明したが一軍登録を抹消されていた。

■七野智秀(湘)
6番一塁として三振・一ゴ・遊ゴと音無し。

■内川聖一(湘)
7番遊撃として四球・遊ゴ・二ゴ・投ゴで音無し。遊撃守備は安定。練習を見る限り、肩も素晴らしい。

■田中充(湘)
8番右翼として三振・三振で音無し。

■宮内洋(湘)
代打として登場、そのまま一塁に入る。中飛・三飛と音無し。どうも今のフォームはしっくりしていないようで、打席に迷いが感じられる。オープン戦で高打率を残しながら湘南に降格され気の毒だったが、今の状態では一軍昇格は難しい。

■福本誠(湘)
代打として登場、そのまま二塁へ。三振・左安・遊安の3打数2安打。盗塁も1つ記録するなど俊足ぶりが目につく。二塁守備では相変わらず待って取る癖があり、安心できない。


2001年 5月 4日 ウエスタ・トーナメント大会 準決勝 第1試合 阪神−近鉄(碧南)報告者:Torahisaさん

  R H E
藤井寺バファローズ 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 3 0
鳴尾浜タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1

藤:岩隈久志(5回)−古池拓一(2/3)−山本省吾(1/3)−
   山崎一玄(2回)−柴田佳主也(0/3)−石毛博史(1回)

鳴:●山岡洋之(4回)−窪田淳(1回)−金澤健人(2回)−
   吉野誠(1/3)−部坂俊之(1回2/3)


【準決勝 第一試合】
鳴尾浜タイガースvs藤井寺バファローズ

Bu 000 200 010 3
T  000 000 000 0 決勝進出ならず(;_;)


敗戦の中にも奮闘する虎戦士が。
昨日に続き吉田浩のファインプレー!(^o^)
昨日のセンターライナーのダイビングキャッチに続き、
今日はセンター前に落ちようかという当たりをまたもダイブ。

攻撃では、レフト前にフラフラっと上がった当たりで、全力疾走〜二塁を陥れました。
一生懸命やってますし、結果も出してます。
新庄と同い年でまだ二軍のヒロシ、今年は背水の陣。一軍でチャンスを与えて欲しいです。


昨季ウエスタン本塁打王の曽我部直樹、この昨日&今日の2戦は大ブレーキ。
まともなスイングが出来てませんでした。彼も新庄と同い年。期待してるのに..

公式戦では打撃好調だった的場も、この二戦で9タコ。
今日は満塁のチャンスにフルカウントからボール球を空振り三振..
足をしっかり治してしっかり鍛えてからの昇格が良いと思います。
(この試合では8回表から遂にセンターに入ってました。いよいよコンバートか..)


バファローズではセカンド吉田好太が印象に残りました。
守りの時でも攻撃の時でも声が非常に良く出てます。
ファールでも全力疾走。死球の後もすぐ立ち上がります。
頑張って欲しいです。

それと、阪神から移籍の山崎一玄、昔のフォームに戻してます。
球持ちも良く、好投してました。(^-^)


2001年 5月 3日 ウエスタ・トーナメント大会 1回戦 第2試合 中日−サーパス(碧南)報告者:Torahisaさん

  R H E
サーパス神戸 1 0 0 2 2 0 0 0 0 5 10 1
ナゴヤドラゴンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2

サ:今村文昭(3回)−木田優夫(2回)−岸川登俊(2回)−徳元敏(2/3)−田村勤(1/3)−山口和男(1回)
中:●小山伸一郎(4回2/3)−福沢卓宏(1/3)−宮越徹(2回)−曹竣揚(2/3)−洗平竜也(1/3)−中山裕章(1回)


【一回戦 第二試合】
ナゴヤドラゴンズvsサーパス神戸
こちらは、5回表までしか見てません。しかも喋りながら..。(^_^;)

新聞でも既報の通り、ドラゴンズは、李・関川・ゴメスと続く打線を組んでました。
ゴメス合流との報道を知った中日ファンでスタンドは満員。

が、サーパス先発の今村〜二番手木田が上位打線を完璧に抑え、
攻撃でも完全にサーパスのペース。スタンドは徐々に静かに。(^^;)

打では、河野と佐竹が目に付きましたが、田中の脚はナカナカですね。(^-^)
サーパスのチーム全体で、足を絡めて前半はかき回し放題といった感じでした。

そして、気になるタム爺(田村勤)の元気な姿をブルペンで確認し、満足のまま家路へ..(^^ゞ

初回の関川のセンターへのライナー、センター高見沢が背走しスーパーキャッチ!
サーパスの守り、堅かったです。(^-^)


2001年 5月 3日 ウエスタ・トーナメント大会 1回戦 第1試合 阪神−広島(碧南)報告者:Torahisaさん

  R H E
由宇カープ 0 0 2 0 0 0 0 0 1 3 10 1
鳴尾浜タイガース 0 1 0 0 1 0 0 4 X 5 10 0

由:長谷川昌幸(7回1/3)−ヤング(1/3)−●林昌樹(1/3)
鳴:藤川球児(5回)−吉野誠(1回)−
部坂俊之(2回)−吉田豊彦(1回)

本塁打:嶋重宣(藤川球児)、塩谷和彦(長谷川昌幸)


【一回戦 第一試合】
鳴尾浜タイガースvs由布カープ

先発の藤川球児、絶好調。(^-^)
初回の2個の三振を含め、直球・変化球ともに良かったです。

が、調子に乗りすぎたのか、三回表、二死から投手の長谷川を出すと、
トップに回り、嶋が、右翼場外へ消える逆転の2点本塁打..。
1打席目空振り三振だった嶋、今度は配球を読み切ってのフルスイングです。上手い。

そこから藤川、気合を入れ直して、更に締まったピッチング。
5回までに奪三振が7つ。上でやれるんじゃないかなぁ..。


打では梶原康司が好調。7番サードでスタメン出場。

第一打席:1死1塁から二ゴロ(進塁打)
 しっかり叩き、最低限の仕事が出来ました。(^-^)

第二打席:先頭打者でレフトオーバー二塁打!\(^o^)/
 相変わらず左方向へ強い打球が打ててます。

第三打席:先頭打者で四球
 同点の場面、選球眼もナカナカで、仕事キッチリ。
 第二打席の打球もあり、相手も警戒してました。

第四打席:中前へタイムリーヒット!\(^o^)/
 塩谷の一発で1点リードの後、更に攻めて一死1,3塁。
 曽我部三振で二死になった後、何としてももう一本〜追加点が欲しかった場面。エライっ!


センターへのコンバートが噂される的場は三遊間の打球への対応が今ひとつ。
相手のレフト前ヒットのうち、1〜2本は何とかなったと思います。

足の回復がまだまだ完全じゃないようで、歩く時は少し引きずっています。
これが、三塁寄りへ動く一歩目に影響していたのかも知れません。

カープはベンチで皆、立ってるんですね。気持ちの良い姿勢です。
3番手の林昌樹、最初の打者3人への13球で、ストライクは僅か1球。しっかり!


  ■掲示板@2軍愛■