【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2001年 7月 1日 イースタンリーグ10回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年7月1日(日)
千葉ロッテマリーンズVS.日本ハムファイターズ 10回戦 千葉ロッテ6勝4敗0分
(ロッテ浦和球場) 13:00 晴れ 試合時間2時間54分

                       H E
日本ハム  000 000 010 ・・  6 1
千葉ロッテ 200 000 20X ・・ 14 1

○ 勝利投手 加 藤 1勝0敗  ● 敗戦投手 矢 野 1勝4敗
HR 本塁打 天 野  4号 矢 野@ 1回無死=先頭打者 (千葉ロッテ)
       立 川  5号 櫻 井A 7回1死  (千葉ロッテ)
3B 3塁打 森 本 8回無死 (日本ハム)
2B 2塁打 西 浦 4回無死 (日本ハム)
       塀 内 4回1死 (千葉ロッテ)
       天 野 7回無死 (千葉ロッテ) 
       椎 木 8回無死 (千葉ロッテ)
 E 失 策 山 地 2回無死 (青野一犠を1塁悪送球) (日本ハム)
       青 野 7回1死 (山地三ゴロを1塁悪送球) (千葉ロッテ)
   後 逸 里 崎 4回2死 (打者・小田) (千葉ロッテ)
   牽制死 天 野 7回無死 (打者・於保) (千葉ロッテ)
   ボーク 加 藤 5回1死 (打者・石本) (千葉ロッテ)
       加 藤 6回2死 (打者・青野) (日本ハム)
   併殺打 渡辺正 1回1死 (小田−山地) (千葉ロッテ)

(日本ハム) 貧打に泣く日々が続く、大貝2安打、森本3塁打、西浦2塁打も連打なく・・・
        打 安 点 振 四  1  2  3   4  5  6  7   8  9
(9) 大 貝 5 2 0 1 0 見振    三安     右安    中飛     中飛
(7) 石 本 3 0 0 2 0 三振    投犠     見振    三邪
(8) 森 本 4 1 0 2 0 三振    中直     三振       右中3
(DH) 西 浦 4 1 1 1 0    三振    左中2    二ゴ    遊 ゴ・
(4) 阿久根 3 0 0 1 1    四球    三 振    一ゴ    中 飛
(2) 實 松 4 1 0 1 0    右安    三 振    遊ゴ    三 ゴ 
(5) 小 田 3 0 0 1 1    三振    四 球       遊ゴ     遊飛
(6) 飯 山 2 0 0 0 1    右飛    二 ゴ       死球
 H  荒 井 1 1 0 0 0                           二安
(3) 山 地 2 0 0 1 0       三振     一ゴ    三失
 H  田中聡 1 0 0 0 0                           遊ゴ
     :             :  :  :   :  :  :  :   :  :
    残塁9 32 6 1 10 3  0  2  1   2  1  0  2   0  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) 初回から猛攻、天野先頭打者アーチ、立川3安打1本塁打2打点、吉鶴タイムリー、塀内4安打
        打 安 点 振 四   1  2  3   4  5  6   7   8
(7) 天 野 4 2 1 1 0 右中本・三ゴ    三 振       中越2
 7  早 川 1 0 0 0 0                         三 ゴ
(8) 於 保 3 1 0 1 1 四 球 三邪        三振    右 安
(9) 立 川 4 3 2 0 0 左 安    左飛     中安    右 本:
(3) 信 原 4 1 0 1 0 左 安    三振     左飛    遊 ゴ 
(DH) 吉 鶴 3 1 1 0 1 右 安・   四球     右飛    三 ゴ
(2) 里 崎 2 0 0 1 0 見 振    遊ゴ
 2  椎 木 2 1 0 0 0                  右飛     右中2
(6) 渡辺正 4 0 0 1 0 三 併       三 振    右飛     遊 ゴ
(4) 塀 内 4 4 0 0 0     右安    右越2    中安     右 安
(5) 青 野 3 1 0 1 0     一犠    見 振    遊ゴ     右 安
     :              :  :  :   :  :  :   :   :
    残塁9 34 14 4 6 2   2  1  1   1  1  1   0   2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 矢野久し振りの先発も初回から痛打、加藤プロ初登板1安打無失点好投、桜井被弾。今井ピンチも
       無失点
 ● 矢 野   5    23  7   1   2   6   2
   加 藤   1     4  1   0   0   0   0
   櫻 井   1     5  3   1   0   0   2
   今 井   1     5  3   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ) 先発加藤ルーキーながら1軍実績ならではの投球7回を4安打無失点、礒1失点もタイムリー打
        たれず
 ○ 加 藤   7    29  4   0   3  10   0
    礒    2     8  2   0   0   0   0

千葉ロッテ−1日本ハム
   打者:安打:三振:四球:

(1回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:3 四球:0 ■千葉ロッテ −0日本ハム
今日から7月とても梅雨とは思えない快晴の中、真夏の様な気温て共に試合開始。千葉ロッテは先発は、先日からファーム再調整も既に1軍での活躍のある、ルーキー加藤。日本ハムは1回、今日は1番に入っている大貝、2−1からのカーブ4球目を見逃して三振。2番は石本、2−3フルカウントからの6球目低目の変化球に三振。3番、今日はクリーンアップに入っている森本。しかし2−2からの5球目ストレートに三振。何と3者三振で無得点。

(1回裏 千葉ロッテ) 打者:7 安打:4 三振:1 四球:1 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
日本ハムの先発は久し振りの先発登板、矢野。千葉ロッテの1番は天野、その天野の0−1からの2球目だった。スイング一閃!その打球は右中間へ飛び込む第4号先頭打者ホームランで千葉ロッテが早くも1点を先制。2番は於保1−3からの5球目、低目に外れて四球で出塁。3番は立川、1−1からの3球目を打って三遊間を抜けてレフト前へワンバウンドでヒット。無死満塁と初回から矢野は大ピンチに稲葉投手コーチがマウンドへ。交代ではなく、アドバイスの様子。5番は吉鶴、2−0からの3球目をライト前にこれもワンバウンドで、ヒット。タイムリーヒットで2点目。なお満塁、6番里崎、2−1からの4球目ストレートに見逃しの三振でようやく1死。7番渡辺正、2−2からの5球目を打ってサードゴロ、小田が捕ってベースを踏んで1塁へ転送されて併殺打。

(2回表 日本ハム) 打者:5 安打:1 三振:2 四球:1 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
この回は4番西浦から。2−3からの6球目、ハーフスイングも1塁塁審・津川がストライクのコールで三振。4者連続三振。5番阿久根は1−3からの5球目を見送って四球で出塁。6番實松、1−0からの2球目を打ってライト前ヒット7番小田、2−0からの3球目、低目の変化球に空振り三振。8番飯山、2−2からの5球目を打ってライトフライ、立川が殆ど動かず定位置で捕球。

(2回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
この回は8番塀内から、2−1からの4球目を打って1、2塁間を抜けてライト前ヒット。9番青野、早くもバントの構えから、1球目はボール、2球目はファール。1−1からの3球目をバント、山地が捕って1塁へ送球するが、これが打者走者となった青野の背中に当る。さらにこの当ったボールが1塁ベースカバーの阿久根の顔面に当たりエラー。犠打は成功しており、1、3塁。1番に戻って天野は1−3からの5球目を打ってサードゴロ、小田が捕って2塁へ送球しフォースアウトにする。すると、3塁ランナーの塀内がホームへ向かいかけており、阿久根が本塁へ送球、三・本間で狭殺プレーとなった。塀内はタッチアウトで2死2塁となって、2番於保。1−2からの4球目を打ち上げてサードフライでピンチを逃れた。

(3回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
この回は9番久し振りに先発出場となった山地から。2−0からの3球目やや高目のストレートに空振りの三振。1番に戻って大貝、−01からの2球目を打ち上げるとサード青野が捕球体勢。ところが、陽が目に入ったのか、目測を誤ったようでマウンド後方で、打球を誰も捕らない状態になってしまいヒット。2番石本は、初球を投前へバントで2死2塁とした。3番森本、2−2からの6球目を打ってセンターへの強い打球!しかし真正面へのライナーで1人残塁。

(3回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
この回は3番立川から、2−1からの4球目を打つとレフトへのファールも大飛球。続く5球目を打って再びレフトへの飛球、しかし石本の正面でレフトフライ。4番信原、2−2からの5球目変化球に空振り三振。5番吉鶴、2−3からの6球目変化球が低めに外れて四球。6番里崎、2−1からの4球目を打ってショート正面へのゴロ。飯山が捕って2塁へ送球しチェンジ。

(4回表 日本ハム) 打者:5 安打:1 三振:2 四球:1 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
この回の攻撃はこの試合2度目となる4番西浦から。1−0からの2球目を打って左中間への打球、ツーベースヒットで反撃開始。5番阿久根、2−3からの6球目高目のストレートに空振り三振。6番實松2−1からの低目変化球ら空振り三振。7番小田の1−1からの3球目、この投球を千葉ロッテのキャッチャー里崎が後逸してしまい、西浦は3塁へ。得点のチャンスが広がる。しかし小田は1−3からの5球目内角へのボールを避けて四球で出塁。8番飯山、2−0からの3球目を打ってセカンドゴロ。西浦残塁。

(4回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:3 四球:0 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
この回は7番渡辺正から、2球ファールからの3球目を空振り三振。8番塀内、2−1からの4球目を打つとライトへの大きい飛球。ライト大貝の上を越えてフェンス直撃、ツーベースヒット。9番青野、2−0からの3球目ストレートを見逃して三振。1番に戻って天野、2−1からの4球目スイングしかけで止まったが、1塁塁審・津川の判定はスイングで三振。

(5回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
9番山地から、2−1からの4球目を打って1塁線への高いバウンド、加藤が捕って1塁送球。1番大貝、2−2からの6球目をライト前へワンバウンドでヒット。2番石本、その1−0からの2球目を投じると1塁塁審・津川よりボークのコール。大貝は労せずして2塁へ。2−3フルカウントからの8球目内角へのストレートに見逃しの三振。3番森本、2−2からの6球目低めに空振りの三振。

(5回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
2番の於保から。2−1からの4球目を空振りで三振。3番立川、1−0からの2球目を打ってショート右を抜けてセンター前ヒット。4番信原、2−2からの5球目を打ってレフトフライ、石本がフェンス手前まで下がって捕球。5番吉鶴、1−2からの4球目を打つとライトフライ。やや手前への打球で落ちるかと思ったが、ライト大貝が駿足飛ばして猛前進してきて捕球し、スリーアウト。

(6回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
千葉ロッテはこの回から先発マスクの里崎に代わって椎木。日本ハムの攻撃は、4番指名打者・西浦から。期待の主軸まずはチャンスを。しかし2−2からの6球目を打ってセカンドゴロ。5番阿久根、2−3フルカウントからの6球目を打ってファースト正面へのゴロ。6番實松、2−2からの5球目を打つとバットが折れてショートゴロで3者凡退。

(6回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
日本ハムはこの回から2番手マウンドに、ケガでここまで調整が続いていたドラフト3位ルーキー加藤がプロ初登板。千葉ロッテは前の回からマスクの椎木から。1−3からの4球目を打ち上げてライトフライ。7番渡辺正、1−0からの2球目を打ち上げて、これもライトフライ。ライン際まで大貝が移動して捕球。8番丙内は初球を打ってセンター前ヒット。9番青野に初球を投じると、1塁塁審・津川が空かさずボークのコール。塀内は2塁へ、両軍の加藤投手がボークを演じる珍しい絵に。青野は2−2からの6球目を打ってショート正面へのゴロでスリーアウト。

(7回表 日本ハム) 打者:5 安打:0 三振:0 死球:1 ■千葉ロッテ2−0日本ハム
日本ハムこの回の攻撃は下位打線7番小田から、2−3フルカウントからの6球目を打ってショートゴロ。バットが折れて打球の勢いが弱まって1塁が微妙なタイミングだったが、アウト。8番飯山、初球低目への投球は飯山のツマ先に当る死球で出塁、飯山に影響なし。9番山地はヒッティングの構えから一転、1−0かの2球目をバント。すると、サード青野の前に転がる。これを捕った青野が1塁へ送球するが、ホーム方向にやや逸れてエラー。1死1、2塁とチャンスに1番、大貝。2−2からの5球目を打ち上げてセンターフライ。2番石本、1−0からの2球目を打ち上げてサードファールフライ。2者が残塁、この回も得点圏のランナーが返せず。

(7回裏 千葉ロッテ) 打者:5 安打:3 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ4−0日本ハム
日本ハムはこの回から3番手に櫻井をマウンドに送る。千葉ロッテは打順よく1番天野から。1−1からの3球目を打つと、センターへ一直線ねそのままフェンスに直撃してツーベースヒット。2番於保はバントの構え、1球目はボール。続く2球目を投じると於保はバットを引いて見送るが、2塁ランナー天野がベースを大きく離れており、實松が2塁へ送球すると、タッチアウト。しかし於保はライト前ヒットで出塁、3番立川は初球を叩くとライトへの大きな当り、ライト大貝が見送るだけの打球は第5号ツーランホームランで千葉ロッテが2点を追加4−0とリードを広げた。4番信原、0−2から打ってショートゴロ、5番吉鶴は1−0からの2球目を打ってサードゴロ。

(8回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ4−1日本ハム
千葉ロッテはこの回からレフトの天野に代わって早川、2番手マウンドに礒を送るそれぞれ選手の交代。日本ハムの攻撃3番森本から。初球打ちすると、右中間への大きい当りクッションボールの間に森本は3塁到達。今度こそ得点のチャンス。しかし連打が出ない日本ハムの攻撃は4番西浦。これも初球果敢に打ちをするが、打球が上がらずショートゴロ。この間に森本が還って1点を返す。5番阿久根は1−2からの4球目を打ってセンターへ強い打球。しかしフェンス手前、於保がジャンピングキャッチのファインプレー、抜けていれば・・・。6番實松は初球を打ってサードゴロ、サード青野が一歩目を躓いた感じだったが、捕球して1塁送球しアウト。主軸での攻撃だけに連打で続いて欲しかった。

(8回裏 千葉ロッテ) 打者:5 安打:3 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ4−1日本ハム
この回から日本ハムは4番手として今井がマウンドへ。千葉ロッテは6番椎木から、初球を打つと右中間を鋭くゴロで抜けるツーベースで出塁。追加点のチャンスに、7番渡辺正。2−3からの7球目を打ってショートゴロ。飯山が1塁へ送球してアウト。椎木は動けず。8番今日3安打と当っている塀内、この打席でも勢い止まらず。2−1からの4球目を打つと、ファーストへの強い打球。山地がグラブに当てるが打球はライト前に転がり、椎木が3塁を回った所で一旦止まりかけたが、再びホームへ向かう。しかし大貝がバックホームして、これはランナーの判断ミス。タッチアウト。9番青野は初球打ちすると、セカンドをようやく越える打球、ライト前ヒットになり今度は塀内が3塁へ向かう。ライト大貝が先程のホームに続いて今度は3塁送球もこれは塀内の足が速い。2死1、3塁となって1番早川。2−2からの5球目を打ってサードゴロで、スリーアウト。今井はヒット3本を打たれながらも守備に助けられて無失点。

(9回表 日本ハム)  打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 ○千葉ロッテ4−1日本ハム●
7番小田からの攻撃、2−2から2球ファールで7球目を打ち上げてしまいショートライ。8番飯山に代わって代打・荒井が告げられた。荒井は0−2からの3球目を打ってセカンド右への打球、これに塀内が追いついて捕球、1塁へ送球するが、セーフで内野安打。続く9番山地に代わって代打は田中聡。2−1からの4球目を打ってショートゴロ、併殺打コースだが、1塁はセーフ。1番に戻って大貝、1−0からの2球目を打ってセンターフライで試合終了。今日もランナーを得点圏に置きながら、タイムリーに欠いた日本ハムが前週に続いて週末連敗。5位ヤクルトに5ゲーム以上離されて、1軍同様沈んだままの状態が続く。

◆ 球 審 新 屋           ◇ 公式記録員 荒 木(セントラル・リーグ)
  1 塁 津 川
  2 塁 平 林
  3 塁 村 越(パシフィック・リーグ)


2001年 7月 1日 ウエスタンリーグ10回戦 サーパス−中日(北神戸)報告者:健一

                      R  H E
ナゴヤドラゴンズ|111 011 132|11 14 2
サーパス神戸  |000 000 253|10 12 6

ナ:朝倉健太(5回)−岡本真也(1回)−福沢卓宏(1回)−山北茂利(1/3)−宮越徹(2/3)−鈴木平(1回)
サ:相木崇(3回)−杉本潔彦(2回)−今村文昭(2回)−金田政彦(1回)−萩原淳(1回)

【 雑 感 】

関東では昨年に続くUHF局での放送(昨年は確か降雨中止)。試合の方は残念ながら六回表ドラゴンズの攻撃中に中継終了となりましたが、その後「乱打線」になったようで「11対10」でドラゴンズが勝ちました(試合結果は日刊スポーツファーム情報より)。

サーパス先発の
相木崇(サ)は、概ねアンダースローのサイドスロー、しなやかでゆったりとしたフォームから135km弱のストレート、右打者内側に沈むシュートかシンカーのような球が110km前後、外側に少し流れるカーブのような球で内外角に投げ分けていました。

先頭打者の
幕田賢治(中)には一塁手右側のラインギリギリに入る二塁打を契機に死球を絡め満塁のピンチ。高橋光信(中)はライトへ犠飛で一点先制。その後井上一樹(中)は左翼への飛球とたたみ込めませんでした。しかし二回にも追加点、三回にはアンロー(中)のセンター前適時打で毎回得点。

相木崇(サ)は、ボール先行で特にキレのある球でもないので打者に汲々とした感が強かったです。「しなやかな」殆ど下手フォームも個人的には好きなんすけどねえ。#決め球も乏しく今日の投球では辛いかな。

一方ドラゴンズの先発は二年目の
朝倉健太(中)。体格は二年目ということもあってガッチリとしてきました。解説の山沖之彦氏も述べていましたが、バランスの摂れた投手らしい体格とのこと。ストレート主体で、繰り出されるボールの球速は145km前後の力強かったです。やや上擦るところもありますが、打者を圧倒気味でした。変化球は120km後半のカーブを少々混ぜる程度でかな(ちょっと変化球の制球は抜けるところがあり、タイミングをずらす位になってもいました)。一本調子なところもありますが「本格派」のスタイルは大いに好感が持てます!こんな投手を2軍に抱えるチーム羨ましいですな(^^;)

四回表から登板した
杉本潔彦(サ)は、完全なサイドハンドに改造したんですね(タイプ的には左キラー)。代わり端の四回は三者三振で切りました。左打者は腰を引くような感じになり、右打者は内側に、そして外側から外側の低めに切れ込む変化球にかわされていました。打ち取ったところが下位打線でもあるのですが、まずまず良かったです。次の回には守備の乱れもあり一失点。

ドラゴンズでは
土谷鉄平(中)が出場していたのですが、一打席を見逃し、そして二打席目は気付いたら上記の杉本潔彦(サ)の外角に流れるボールに腰砕け三振の場面でした。また次回見てみたいものです。


2001年 6月30日 ウエスタンリーグ 9回戦 阪神−近鉄(鳴尾浜)報告者:ういすまさん(HP:てくてくバファローズ

 

2001年6月30日(土)12時30分試合開始 15時35分試合終了
ウエスタンリーグ 
阪神タイガース大阪近鉄バファローズ(鳴尾浜球場)

チーム名 合計
大阪近鉄バファローズ
阪神タイガース X
先発メンバー
打順 大阪近鉄 阪神
内匠 高波
山崎浩 坪井
山下 和田
萩原 塩谷
中濱 曽我部
阿部 沖原
牧田 新井
松比良 吉本
エルビラ 山岡

  試合経過
    
1回表 内匠四球。山崎浩捕犠で内匠二進。山下右飛。中濱三振。
   1回裏 
高波三振。坪井二ゴロ。和田左安。塩谷への4球目が暴投となり、和田二進。塩谷三振。

   2回表 阿部遊ゴロ。牧田三ゴロ。松比良三振。
   2回裏 曽我部遊飛。沖原遊ゴロ。新井三振。

   3回表 エルビラ三ゴロ。内匠中飛。山崎浩遊飛。
   3回裏 吉本左飛。山岡三振。高波二飛。

   4回表 山下右飛。萩原三ゴロ。中濱三振。
   4回裏 
坪井中安。和田(バント)内野安打で坪井二進。塩谷左飛。曽我部バックスクリーンへの3点本塁打
        
沖原(バント)内野安打。新井中安で沖原三進。新井に代走梶原。吉本四球で梶原二進。山岡三振。
                          
高波三邪飛。

   5回表 代走梶原が7番三塁に。
   
    阿部三塁内野安打。牧田右安で阿部二進。松比良への初球、牧田が二塁へスタートを切り、
       捕手吉本が二塁(遊撃手)へ悪送球。その間に阿部三進、牧田二進。
松比良三振。
       エルビラの代打
武藤二ゴロの間に阿部生還、牧田三進。内匠四球。内匠に代走好太。
   
    山崎浩遊ゴロ。
   5回裏
 代打武藤に代わり9番投手に吉川勝。代走好太が1番中堅、中堅中濱が左翼に。
       
坪井中飛。和田右安も二塁でタッチアウト。塩谷右飛。

   6回表 3番一塁に吉田浩、一塁塩谷が二塁へ。
       
山下左安。萩原左安で山下二進。中濱右飛。阿部中飛。牧田四球で山下三進、萩原二進。
       
9番投手に西川
       松比良の代打
大久保一ゴロ。
   6回裏 代打大久保が8番捕手に。
       
曽我部左安。沖原への初球、曽我部が二盗。沖原遊ゴロ。新井右飛。吉本への5球目、曽我部三盗。
       
吉本三ゴロ。 

   7回表 吉川勝の代打金谷三ゴロ。好太四球。山崎浩三振。山下左安で好太二進。
       8番
投手に井上、9番捕手に中谷。
       萩原への3球目に好太三盗。
萩原投ゴロ。
   7回裏 8番
投手に宮本、代打金谷が9番捕手に。
       
中谷四球。高波四球で中谷二進。坪井四球で中谷三進、高波二進。
       8番
投手に関口
       
吉田浩二ゴロで中谷生還、高波三進、坪井二進。
       8番
投手に松本
       塩谷への初球が捕逸になり、高波生還、坪井三進。
       
塩谷投ゴロ。曽我部三振。

   8回表 中濱遊ゴロ。阿部投ゴロ。牧田中飛。
   8回裏 
沖原三振。梶原二ゴロ。井上の代打松田三振。

   9回表 2番三塁に寺田、6番投手に吉野、三塁梶原が遊撃へ、代打松田が8番左翼へ。
       松本の代打
高塚三振。金谷三振。好太三振。

投手成績

大阪近鉄バファローズ
投手   投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
エルビラ 19 67
吉川勝 32
宮本 0/3 17
関口 1/3
松本 1 2/3 25

阪神タイガース
投手   投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
山岡 5 2/3 25 90
西川 19
井上 1 1/3 17
吉野 12

2001年 6月30日 ウエスタンリーグ 9回戦 ダイエー−広島(雁ノ巣)報告者:赤光さん(HP:赤光の住処

今回は両軍に拙攻が多い、「名目上の投手戦」でした。

      123456789  
      −−−−−−−−−  
由宇 (C)002000001 |
雁ノ巣(H)000001100 |

勝ち投手 林 昌樹 1勝 1敗(19試合)
負け投手 渡辺正和 0勝 1敗(1試合)

本塁打 田村恵(C)・1号ソロ(3回=土井)
    井生・1号ソロ(9回=渡辺正和)

二塁打 岡上(C)出口(H)

打撃成績(由宇カープ)

        打 安 点 盗 失
(遊)岡上   4 1 0 0 0
(中)末永   4 0 0 0 0
(二)兵働   4 1 0 0 1
(指)ブリトー 4 1 0 0 0
(一)松本   3 1 1 0 0
(右)井生   4 1 1 0 0
(左)伊与田  4 1 0 0 0
(三)甲斐   3 1 0 0 0
(捕)田村恵  3 1 1 0 0
        
  三振4 四球1 犠打0 併殺打1 残塁4 
         
打撃成績(雁ノ巣ホークス)
         
        打 安 点 盗 失
(二) 本間  4 0 0 0 0
(遊) 川崎  4 2 0 1 0
(中) 出口  3 1 1 1 0
(三) 吉本  4 0 0 0 0
(右) 高橋和 3 1 0 0 0
(左) 大野倫 3 1 0 1 0
(一) 柳田  4 0 0 0 0
(捕) 山崎  2 0 0 0 1
 打捕 杉田  1 1 1 0 0
 走  辻   0 0 0 0 0 
(指) 森山  3 1 0 0 0

三振11 四球3 犠打1 併殺打1 残塁6



投手成績

(由宇カープ)
         回  打 安 責
 ラドウィック  6  22 3 1
 島崎     11/3  7 3 1
○林      12/3  6 1 0

(雁ノ巣ホークス)

      回 打 安 責

 土井   6 24 7 2
 木村茂  1 3 0 0
 水田   1 3 0 0
●渡辺正  1 4 1 1

(■由宇カープ・選手寸評)

■末永真史(広)
井生・甲斐両選手と共に期待してる選手ですが、今日は精彩を欠きました。粘り腰で変化球についていくことができず、簡単に打ち取られていました。ファウルの打球を見るに「さすが」と思わせる部分も随所に見られたのですが。

■田村恵(広)
のらりくらりと投げていた土井に対して素直な直球狙いで打とうとしていたのがミエミエでしたが、打ち損じないできっちりそれを打ち返した本塁打はさすがです。しかしその打撃面より、きょうはリードが光りました。すべての球種を使って幅広く攻め、打者の意識を散らすことに成功していましたね。

■井生崇光(広)
小久保(H)のように高く足を上げていた打撃フォームは、スタンスを広めに、足の上げ方をややおとなしくして、形がまとまってきたようです。構えも上段で力強い感じです。金本選手あたりを参考にしたかもしれません。

で、打撃そのものについて言うと、力強さと淡白さが混在した選手です。制球に苦しみ、決め球のカーブを投げられない序盤の土井のチェンジアップの、ボール球をあっさり空振り三振したかと思えば、リリーフ陣のスライダーにきっちり対応してあわやテキサスヒットという当たりのセンターフライも打ち、最後はブリトー・松本をあしらうように片付けた渡辺正和のツーシーム系の球を思いっきりスイングして低い弾丸ライナーの決勝本塁打。

同期の東出のようなリードオフマン候補と思われた彼ですが、どうやらパワーヒッター路線でいくんでしょうか。

■ラドウィック(広)
今日投げた両軍の投手で最も速い球を投げていました。直球の威力・キレともに十分です。序盤は直球とスライダー系ばかり(カーブがストライクに入らない)中盤にカーブが入り出すと見るや、田村がそれを多投させて幅を広げました。直球の威力が落ちた6回以降に集中攻撃を食らって課題を残しましたが、今日の内容ならば心配ないでしょう。おそらく145キロを超える球を投げていたのでは?

■島崎毅(広)
遠山(T)が右から投げるイメージの投手です。スライダーとシンカーを投げられるようですが、狙って三振を取れる威力の球がないのが苦しいですね。直球も130キロ台中盤くらいしか出ていないと思います。

■林昌樹(広)
サイドハンドから浮いてくる直球をダイエーの打者がぜんぜん振ってくれませんでした。そのために苦しい投球を強いられましたが雁ノ巣の4番・吉本に対しての投球は光りましたよ。

落ちるシュートで慎重に初球ストライクを取って、直球をファウルさせ追い込んだら1球高め直球で遊んだ後に外のスライダーで三振。ここは見事でした。その後は結果オーライのピッチングでしたので、コントロールはまだ完全ではないんでしょうね


(■雁ノ巣ホークス・選手寸評)

■川崎宗則(ダ)
両軍唯一の2安打。カープで言うところの末永のように「薩摩のイチロー」という前評判で入団した俊足巧打の選手です。末永とはまた違うタイプの選手で、末永が前田2世ならば川崎はいわば柴原2世というところでしょうか。長打力に不満が残りますが、コツンと合わせていろんな球をヒットにできる投手にとって非常にいやな打者ですね。足の速さも文句なしです。

■杉田勇(ダ)
林孝哉(H)のように下段に構え、バスターのようにすばやくバットをトップの位置に持っていって反発力で打つ選手です。変化球狙いかと思ったら、きっちり高め直球に対応してしぶといヒットを打ちました。一軍では代打・坊西が怪我で離脱しているだけに、こういう打者が代打専門で出るチャンスもあれば、と思うんですが。ただし、彼の致命的弱点は足の遅さです。

■山崎勝己(ダ)
高卒新人が二軍のスタメンマスクというのが怪我人続出のホークス捕手陣の苦しさの象徴でしょうか。肩を買われて入団しただけあって、さすがに送球はしっかりしてます。しかし、リードは淡白でした。田村恵の本塁打はチェンジアップ系とストレートだけしか投げさせず、カーブを投げさせないことで狙いを絞り込まれたゆえの結果でしょう。惜しい本塁打でした。水田・木村茂をリードしたときは逆にそれがいい結果を生んだと思います。力はあるものの制球の乱れで崩れがちな2投手に対して彼らの最も強力な球(ストレートとスライダー)だけでぐいぐい押し込む攻めがパーフェクトリリーフにつながったのではないでしょうか。カープの打撃陣がいろいろ考えすぎるうちに簡単に片付けてしまっています。

■渡辺正和(ダ)
井生に対してだけ、2球目で簡単に高めツーシームを投げてしまい痛打されました。コントロールミスでしょうか?球もそこまで走っていませんでしたが、それで押さえてきたのが彼の投球なので、それは関係ないでしょう。現に、井生以外の打者については簡単に片付けています。

■木村茂(ダ)
永井・篠原と同期の3位指名選手です。ストレートは最速151キロを今期計測したほどで、非常に速い。この日の試合でもラドウィック(由宇)の次に速かったですね。また、高速スライダーを使えるようです。高速スライダーでカウントを取ってストレートで強引な力勝負に行って、抑えました。切れ味ではなく、むしろ重みを感じる直球でしたね。躍動感のあるフォームですが球のばらつきはいかんともしがたい部分をまだ抱えています。
それでもラドウィックと同程度でしたから実戦には十分耐えるレベルか。抑え候補として期待したいですね。ぺドラザもいつまでもいるわけではないし。

■水田章雄(ダ)
立命館大→ノンプロ出身の99年ドラフト4位。今となっては、ルーキーの山田を確実に獲得するためにパイプを作る目的で獲得した投手では?と噂されていますがそんな周囲の雑音をかき消すだけの素質は持ってますね。最速149キロのストレートと高速スライダーで99年いきなり谷間に先発して勝ち投手になりました。その後は結局制球に苦しんで伸び悩んでいます。

この試合では、まとまったコントロールを見せていました。ノーワインドアップからのフォームが、足の上げ方については桑田(読売)に近い印象でおとなしく、切れ味勝負の印象です。140キロを常時超える程度の球は来ていたと思います。高速スライダーは、今では緩いスライダーに変遷しましたがそれが逆に緩急をつける好循環を生んでいます。できればもうひとつ、ドロップボールのような新しい球種がほしい。


以上で寸評はおしまいです


2001年 6月30日 イースタンリーグ 9回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年6月30日(土)
千葉ロッテマリーンズVS.日本ハムファイターズ 9回戦 千葉ロッテ5勝4敗0分
(ロッテ浦和球場) 13:00 曇り/雨  試合時間3時間07分

                       H E
日本ハム  000 001 000 ・・  6 1
千葉ロッテ 000 010 31X ・・ 13 1

○ 勝利投手 戸 部 1勝1敗  ● 敗戦投手 斎 藤 0勝2敗
3B 3塁打 渡辺正 7回1死 (千葉ロッテ)
2B 2塁打 石 本 1回1死 (日本ハム)
       澤 井 5回無死 (千葉ロッテ)
       里 崎 8回無死 (千葉ロッテ)
SB 盗 塁 石 本 3回2死 (打者・阿久根) (日本ハム)
       小 田 6回2死 (打者・大貝) (日本ハム)
 E 失 策 澤 井 2回無死 (原田政三ゴロを後逸) (千葉ロッテ)
       正 田 3回1死 (1塁牽制悪送球) (日本ハム)
   走塁死 森 本 3回1死 (自身左安で2塁狙い) (日本ハム)
       早 川 4回無死 (自身左安で2塁狙い) (千葉ロッテ)
       天 野 8回2死 (立川左安で本塁狙い) (千葉ロッテ)
  盗塁失敗 大 貝 6回2死 (打者・實松) (日本ハム)
   併殺打 吉 鶴 2回無死 (小田) (千葉ロッテ)
       吉 鶴 4回1死 (飯山−阿久根−小田) (千葉ロッテ)

(日本ハム) 今日「も」好機が生かせない攻撃で敗戦。中軸全く打てず。大貝同点タイムリー、石本2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(5) 森 本 3 1 0 1 2 三直    左安    四球    四球    三振
(7) 石 本 3 2 0 0 1 二2    四球    右安    二ゴ
(4) 阿久根 4 0 0 2 0 二ゴ    中飛    見振    三振
(DH) 西 浦 4 0 0 1 0 投ゴ       二飛    中飛    三振
(9) 原田政 4 0 0 0 0    三失    捕邪    右飛    右直
(3) 小 田 4 1 0 1 0    三邪    一直    中安    三振
(8) 大 貝 4 1 1 0 0    遊ゴ       二ゴ 中安・      中飛
(2) 實 松 3 1 0 0 1    中飛       三ゴ    四球    左安
(6) 飯 山 2 0 0 0 1       右飛    四球    二ゴ
 H  田中聡 1 0 0 0 0                         二ゴ
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁9 32 6 1 5 5  1  1  1  0  3  0  2  0  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) 終盤集中打で快勝、天野2安打2打点、渡辺正勝ち越し2点タイムリー、立川、大村3安打猛打賞
        打 安 点 振 四  1   2  3  4  5  6   7    8
(3) 天 野 3 2 2 0 2 四球     三ゴ    中安・   四 球  左 安・
(6) 渡辺正 3 1 2 1 0 投犠     三振    捕犠    右中3: 遊 ゴ
(8) 9 立 川 5 3 1 1 0 見振        右安 右飛    中 安・ 左 安
(9) 7 早 川 4 1 0 1 0 三振        左安    捕邪 右 飛
(DH) 大 村 3 3 0 0 1    中 安    四球    右安 右 安
R DH ダ イ 0 0 0 0 0
(7) 吉 鶴 3 0 0 0 0    一直併    遊併    二ゴ
R 8 於 保 0 0 0 0 1                    四 球  
(5) 澤 井 4 1 0 0 0    二 ゴ       右2 遊ゴ 右 飛
(2) 里 崎 3 1 0 0 1        中飛    遊ゴ    四 球  右中2  
(4) 塀 内 1 1 0 0 1        左安    四球    投 犠  投 犠
     :             :   :  :  :  :  :   :    :
    残塁10 29 13 5 3 6  1   0  1  1  2  1   3    1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 正田今季初先発5回6安打1失点まずまず。斎藤7回捕まる、生駒1回を3安打1失点
   正 田   5    21  6   0   3   3   1
 ● 斎 藤   1 1/3   9  3   0   2   0   3 
   山 原     2/3   4  1   0   1   0   0
   生 駒   1     5  3   0   0   0   1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ) 長崎7回途中まで5安打1失点と好投、山崎打者2人を抑える。戸部2回1安打で○
   長 崎   6 1/3  28  5   0   5   1   1
   山 崎     2/3   2  0   0   0   1   0
 ○ 戸 部   2     7  1   0   0   3   0

千葉ロッテ−1日本ハム●  

(1回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0  ■千葉ロッテ −0日本ハム
梅雨の晴れ間が続いた週半ばだったが、今日は雨がパラつく中での試合開始となった。千葉ロッテの先発は長崎。日本ハムの1番は森本、0−1からの2球目を打ってサード正面へのライナー。地面スレスレだったが澤井が捕球しアウト2番は先日から再調整でファーム落ちとなってしまった石本、2−0から引っ張るとファーストライナー。しかしこの打球がファーストベースを直撃し、高く跳ね上がると1塁手天野の後方へ。ファールグラウンドを転々とする間に石本は2塁到達。珍しい打球でツーベースと早くも先制のチャンスに3番阿久根。1−1からの3球目を打ってセカンドゴロ、石本が3塁に進塁。2死3塁から4番西浦、しかし2−2からの6球目を打ってピッチャーゴロ。森本が残塁。

(1回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:0 三振:2 四球:1 ■千葉ロッテ0−0日本ハム
日本ハムの先発は前週の対ヤクルト戦で今季初登板した正田。今週は今季初先発、初勝利も狙う。1番は天野、2−3からの6球目低目の変化球を見送って四球で出塁。2番渡辺正、1−0からの2球目をバント、投前に転がり正田が捕って1塁送球し送りバント成功。3番は立川、2−3からの7球目変化球に見逃しの三振。4番早川、2−2からの6球目変化球に空振り三振でこちらも1人残塁。

(2回表 日本ハム) 打者:4 安打:0 三振:0 四球:0  ■千葉ロッテ0−0日本ハム
この回は5番原田政から、2−2からの7球目を打ってサードゴロ、しかしサード澤井が弾いて打球はレフト前へ。エラーで出塁。6番小田、2−2から打ち上げてサードファールフライ。7番大貝1−2からの4球目を打ってショート正面へのゴロ、原田政はスタートを切っており、セカンドは無理。1塁送球でアウト。8番實松は0−1からの2球目を打ってセンターフライ。

(2回裏 千葉ロッテ) 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ0−0日本ハム
この回は5番指名打者・大村から。1−0からの2球目を打ってセンター前にワンバウンドでヒット、6番吉鶴2−1から打つとファーストライナー。小田が捕球するとそのまま、グラブでベースをタッチして併殺打。7番澤井、2−0から打って1、2塁間への鋭い打球!これに阿久根が横っ飛びすると、見事捕球。1塁へ送球してセカンドゴロ。ファインプレーで打者3人で攻撃終了。

(3回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:1  ■千葉ロッテ0−0日本ハム
日本ハムこの回の攻撃は9番飯山から。0−1からの2球目を打ち上げてライトフライ。1番に戻って森本、1−2から打ってレフト左へのヒット、打球はフェンスに当ってツーベースコースだった。しかしハネ返りが良すぎて吉鶴が捕球すると、素早く渡辺正に返球し、セカンドへ送球されると森本はベース手前でタッチアウト。2番石本は2−3フルカウントからの7球目を見送って四球で出塁。3番阿久根の1−0からの2球目を空振りすると、石本がスタートしており、盗塁成功。阿久根は2−2からの5球目を打つがセンターフライで石本残塁。

(3回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 ■千葉ロッテ0−0日本ハム
千葉ロッテこの回の攻撃は、8番里崎から。2−1からの4球目を打つとセンターへの大きい当たり。森本がフェンス手前まで下がって捕球。9番塀内、2−3からの6球目を打って三遊間を抜けてレフト前ヒット。1番に戻って天野。その天野に初球を投じる前に正田が1塁へ牽制球を投げると、これが悪送球。小田のグラブを掠めるがボールがファールグラウンドを転々とする間に、2塁で一瞬止まりかけた塀内だが、そのまま3塁へ。阿久根の3塁送球もやや左へ逸れてセーフ、1死3塁と千葉ロッテ先制のチャンス。天野は2−3からの7球目を打ってサードゴロ、塀内は動けず。2番渡辺正、2−2からの5球目、高目にバットは止まったがハーフスイングのコールで三振。ランナー3塁に残塁。

(4回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ0−0日本ハム
この回は4番・指名打者の西浦から。初球を打ち上げてセカンドフライ。5番原田政、0−1からの2球目を打つと、これも打ち上げてキャッチャーファールフライ。6番小田、1−1からの3球目を引っ張るとファーストへのライナー天野が飛びついて捕球しアウト。3者凡退。

(4回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:2 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ0−0日本ハム
この回は3番立川から。2−0からの3球目を打ってライト前へ鋭い当りでヒット、ノーアウトのランナーが出塁。続くは4番早川。初球攻撃で打ちに行くと打球はレフトフェンス直撃、石本が捕ってショート飯山に返球、阿久根に送球すると、2塁を狙っていた早川は、やや際どいタイミングだったがタッチアウト。先程の日本ハム・森本と同じ様な状況、立川は3塁へ。5番大村は2−3からの7球目、外角の変化球を見送って四球で出塁。6番吉鶴、初球打ちもショート正面へのゴロ。飯山−阿久根−小田と渡って今日2つ目の併殺打、この回もランナー3塁が生かせない。

(5回表 日本ハム) 打者:6 安打:1 三振:1 四球:2 ■千葉ロッテ0−0日本ハム
7番大貝からの攻撃、2−0からの3球目を打ってセカンド正面へのゴロ。8番實松、3塁線一杯の強い打球に澤井が逆シングルでこれをキャッチ。1塁へ送球すると、實松の足では内野安打とはいかず。ファインプレーに阻まれてしまった。9番飯山、1−3からの5球目にハーフスイング。1塁塁審・新屋の判定はボールで四球。1番に戻って森本。2−3からの7球目を見送って四球、連続四球で2死1、2塁とチャンス。2番の石本は初球を打つと1、2塁間を抜けてライト前ヒット、飯山が3塁を回りかけたがストップ。ライトからの返球が良かったので、突っ込んでいればアウトだっただろう。これで2死ながら満塁とこの試合初のビッグ・チャンス。打者は3番阿久根、ところが2−3フルカウントからの7球目低目のストレートを見逃して三振。満塁のランナーが残った。

(5回裏 千葉ロッテ) 打者:6 安打:2 三振:0 四球:1  ■千葉ロッテ1−0日本ハム
ピンチの後にチャンスあり・・。誰が言ったのか、それは現実になる。ここまで、打ち取る投球で無失点の日本ハム先発の正田をこの回捕らえる。この回はこちらも7番からの攻撃。澤井は1−2からの4球目を打ってライト右への打球、フェンスに当ってツーベース。8番里崎、ショートゴロの間に澤井が3塁へ進塁。またしても千葉ロッテはランナー3塁と得点のチャンスを作る。9番の塀内、「左対左の不利」のはずだがストレートの四球で歩かせてしまう。打順は1番に戻って天野、1−0からの2球目を打ってセンター前にクリーンヒットで千葉ロッテ1点を先制した。先週の対ヤクルト戦でも見られた、一般的に不利と言われる対戦を四球で避けて、次の投打が逆になる打者に痛打されるシーンがまた。2番は渡辺正、初球をバントすると捕前へ転がり實松が捕って1塁送球し送りバント成功。2死2、3塁と追加点のチャンスが続く。3番立川、0−1からの2球目を打ってライトフライ。ここは1点で留めた。

(6回表 日本ハム) 打者:4 安打:2 三振:0 四球:0  ■千葉ロッテ1−1日本ハム
1点をリードされた日本ハム、この回は4番西浦から。1−1からの3球目を打つがセンターやや右へのフライ。5番原田政、2−3フルカウントからの7球目を打ち上げてライトフライ。6番小田、1−2からの4球目を打ってセンター前ヒット。やや右中間寄りの打球に1塁を回りかけたがストップ。7番大貝の1−1からの3球目と同時に、小田がスタートし里崎の送球もやや逸れて盗塁成功。大貝は次の球を打つと、セカンド左を抜けてセンター前ヒット。これが同点タイムリーとなって1−1。8番實松、1−1からの3球目と同時に今度は、大貝がスタートした。しかし、これは外された投球で里崎が2塁へ送球すると、大貝の駿足を持ってしてもタッチアウトで同点止まりだった。

(6回裏 千葉ロッテ) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0  ■千葉ロッテ1−1日本ハム
日本ハムはこの回から、2番手マウンドに斎藤が上がる。千葉ロッテの攻撃は4番早川から。1−3からの4球目を打ち上げてキャッチャーファールフライ。5番大村、2−3からの7球目を打つとライト右へのヒット。フェンスに当る打球だが、シングルヒット。6番吉鶴、0−1からの2球目を打つとセカンドゴロ。阿久根が捕り損ねて弾いてしまうが2塁へ送球して、フォースアウト。ここで1塁ランナーの吉鶴に代わって代走は、於保。7番沢井は打ってショート正面へのゴロ、飯山が2塁へ送球してスリーアウト。

(7回表 日本ハム) 打者:5 安打:0 三振:1 四球:2  ■千葉ロッテ1−1日本ハム
千葉ロッテは代走の於保がそのまま入ってセンター。センターの立川がライト、ライト早川がレフトへ。外野3人の守備位置が変更。日本ハムの攻撃は8番實松から、前の回で大貝が盗塁失敗でチェンジしたので、再び打席へ。2−3からの8球目内角のストレートを見送って四球。9番飯山、早くもバントの構え。初球はファール、2球目はボールで1−1からの3球目を打ってセカンドゴロ、實松は2塁へ進塁。1番に戻って森本、1−3からの5球目低目のストレートを見送って四球。1死1、2塁とした所で千葉ロッテベンチが動く。ここで先発の長崎から2番手は山崎に交代。打者は2番石本。セカンドゴロで森本が2塁封殺、ランナーは1、3塁から3番阿久根。しかし、2−1からの4球目を空振りして三振。チャンスに2打席三振で打線が繋がらない。

(7回裏 千葉ロッテ)  打者:9 安打:3 三振:0 四球:3 ■千葉ロッテ4−1日本ハム
この回の攻撃は8番里崎から。2−3からの6球目、内角のストレートを見送って四球で出塁。9番の塀内は初球をバント、斎藤が捕って1塁へ送球し送りバント成功。1番に戻って先程タイムリーヒットの天野、ストレートの四球で歩いて1死1、2塁。2番は渡辺正、1−2からの4球目を打つと右中間を真っ二つ。2者が生還して3−1とリードを2点に広げる。渡辺正のタイムリースリーベースで千葉ロッテが勝ち越し。3番立川、1−2からの4球目を打ってセンター前ヒットで連続タイムリーでさらに1点を追加4−1とした。ここで日本ハムは斎藤から、3番手に山原を投入する。4番は早川、1−2からの4球目を打つと、セカンド右を抜けてライト前ヒット。6番は於保、1−3からの5球目、高目のストレートを見送って四球で出塁。ここで、セカンドランナーの大村に代わって代走・ダイ。2死満塁として7番沢井。しかし2−1からの4球目打ってライトフライ、3者残塁。

(8回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0  ■千葉ロッテ4−1日本ハム
この回から、千葉ロッテは3番手に戸部をマウンドへ。日本ハムの攻撃は今日全く当りのない中軸4番からの攻撃。西浦は2−1からの5球目低目の変化球に空振りの三振。5番原田政、2−2からの5球目を打つとライトへの飛球。ライナー気味だったが、立川がキャッチ。6番小田、2−1からの5球目空振りすると、里崎がこの投球を捕り損ねるが1塁へ送球して三振。3者凡退。

(8回裏 千葉ロッテ) 打者:5 安打:3 三振:0 四球:0 ■千葉ロッテ5−1日本ハム
この回から日本ハムは4番手に生駒を投入、千葉ロッテの攻撃は8番里崎から。2−2からの6球目を打つと右中間を真っ二つ、ツーベースで追加点のチャンス。9番塀内、初球を投前にバント。生駒が捕って1塁へ送球して送りバント成功。1死3塁として、1番天野。2−1からの4球目を打って三遊間を抜けてレフト前タイムリーで1点を追加、5−1とダメ押し点を加える。2番渡辺正、2−3からの7球目を打ってショート正面へのゴロ。飯山が捕って1塁送球で2死2塁とチャンスが続く。3番立川も打つと、またしても三遊間を抜けてレフト前ヒット。この打球で2塁ランナー天野が一気にホームを狙うが、レフト石本からの返球はストライク・バックで實松へ。天野がタッチアウトでようやくこの回が終了。

(9回表 日本ハム)  打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 ○千葉ロッテ5−1日本ハム●
日本ハム最後の攻撃は7番大貝から、しかし2−2からの5球目を打ってセンターフライ。8番實松は0−1からの2球目を打ってレフト前ヒット。9番の飯山に代わって代打は田中聡。2−0からの3球目を打ってセカンドゴロ。2塁封殺。1番に戻って森本。しかし、2−1からの5球目を空振り三振で試合終了。今日も好機にタイムリーが出ず、主軸が無安打、投げては投手陣が理解に苦しむ投球で敗戦。6月も最下位で終了し、独走最下位に歯止めが掛からない。

◆ 球 審 村 越           ◇ 公式記録員 荒 木(セントラル・リーグ)
  1 塁 新 屋
  2 塁 山 崎
  3 塁 津 川(パシフィック・リーグ)


2001年 6月29日 ウエスタンリーグ 8回戦 阪神−近鉄(鳴尾浜)報告者:健一


■6月30日(土) 8回戦 鳴尾浜タイガースvs藤井寺バファローズ(鳴尾浜)

                        R  H E
藤井寺バファローズ|100 001 030 0|  7 0
鳴尾浜タイガース |000 302 000 0| 10 3
 ▲延長10回引き分け

藤:湯舟敏郎(3回)−宇高伸次(1/3)−関口伊織(2/3)−愛敬尚史(1回2/3)
 −松本拓也(1回1/3)−加藤博人(1回)−山崎一玄(2回)
鳴:藤田太陽(4回)−星野伸之(2回)−部坂俊之(2回)−舩木聖士(2回)

本塁打:山下勝己(近)3号(部坂俊之(神))

藤井寺バファローズ 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
(左右)内匠政博  510 右安    中直    三振    三振    左飛
(二) 山崎浩司  310 四球    四球       遊ゴ    左安    右直
(捕) 藤井彰人  300 投犠    遊ゴ       遊ゴ    三振
 捕  松比良平太 100                            一ゴ
(一) 萩原誠   420 投直       右飛    四球    左安    右安
(中左)中濱裕之  500 遊ゴ       捕ゴ    二失    一邪    三ゴ
(三) 山下勝己  413    左飛    三振    三ゴ    左本:・
(遊) 阿部真宏  410    三振       左2    右飛 二ゴ
(右) 牧田明久  300    三振       三振    投ゴ
 打中 好太    100                         二ゴ 
(投) 湯舟敏郎  100       二ゴ
 投  宇高伸次  000
 投  関口伊織  000
 打  塚信幸  100             三振
 投  愛敬尚史  000
 投  松本拓也  110                   右安
 投  加藤博人  000
 打  大久保秀昭 100                         二ゴ
 投  山崎一玄  000


阪神タイガース   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
(中) 高波文一  312 右飛    遊ゴ 中安:
 投  星野伸之  000
 打三 梶原康司  100                四球    二ゴ
  遊三
(左右)坪井智哉  512 左飛    二ゴ 三ゴ    右2:   一ゴ
(二) 和田豊   210 四球    中飛    中安
 走二 寺田祐也  100                中飛
 投  部坂俊之  000
 打遊 吉田剛   100                      遊ゴ
(三二)塩谷和彦  420 中飛       左安 死球    左2    中飛
(一) 曽我部直樹 210    中安    三振
 打一 吉田浩   300             遊ゴ    左飛    三振
(右) 高山智行  100    三振
 打中 松田匡司  300          四球 三振    右飛    三振
(遊) 沖原佳典  431    中安    中安・   左安 遊ゴ
 三  新井亮司  000
 投  舩木聖士  000
 打  狩野恵輔  100                            三振
(捕) 中谷仁   100    三振
 打左 平下晃司  200          四球    投ゴ    死球    遊ゴ
(投) 藤田太陽  100    三振
 打捕 吉本亮   410          一邪    一邪    左安    三ゴ


藤井寺バファローズ 打安責 回
 湯舟敏郎     1220(3回)
 宇高伸次     423(1/3)
 関口伊織     410(2/3)
 愛敬尚史     822(1回2/3)
 松本拓也     620(1回1/3)
 加藤博人     510(1回)
 山崎一玄     600(2回)

鳴尾浜タイガース
 藤田太陽     1511(4回)
 星野伸之     910(2回)
 部坂俊之     1043(2回)
 舩木聖士     710(2回)


【大まかな得点経過】
タイガース先発はフォーム固定に勤しむ藤田太陽、バファローズはタイガースから移籍、現在2軍にて調整中の湯舟敏郎。

一回表:藤田太陽が内匠政博にライト前に運ばれ次打者山崎浩司にもあっさり四球、藤井彰人が投手前に犠打を決めそれぞれ進塁。萩原誠には投手強襲の当たりもなんとか捕球!(グラブの出し遅れが生じていたら恐らく顔面直撃弾・・・^^;)オー、コワ)。まさかホッとしたのではあるまいが、外角のカーブがワンバウンドとなり暴投・・・先制点を許す。

四回裏:二番手宇高伸次から塩谷和彦がレフト前安打で出塁、松田匡司四球の後、左手甲骨折も癒え一軍復帰に向けての2軍スタメン(一打席目も中安)の沖原佳典がセンター前に弾き返し同点適時打。宇高伸次は曽我部直樹から三振を奪っただけで降板・・・。三番手関口伊織は走者を背負った場面で高波文一にコツンとセンター前に落とされ更に2点を失い逆転。

六回表:二死から星野伸之が、萩原誠に三遊間を破られる。そして盗塁で二塁へ進塁。次打者中濱裕之の当たりはセンター方向の二塁ゴロ(良い守備位置を取り真正面でさばく)も前の回和田豊の代走で出場しこの回から二塁に入った寺田祐也が打球をお手玉してしまい一塁へ慌てて送球!中濱裕之も一生懸命走りセーフ。その間に二塁走者の萩原誠は三塁を回り本塁へ激走、一塁手吉田浩の本塁への送球がワンテンポ遅れこれまたセーフで一点を返した。#要因:吉田浩の先を読むプレーと連係プレーに穴があった為かと。

六回裏:沖原佳典が四番手愛敬尚史から本日三本目の安打(三遊間を抜く左安)を放つ。その後代打梶原康司が四球で出塁。ここで愛敬尚史から松本拓也に交代。ここで二死ながら坪井智哉が右中間を破る2点タイムリー二塁打で2点を追加。

八回表:七回から登板の部坂俊之が山崎浩司、萩原誠にヒットを打たれる。中濱裕之を一塁横ファールフライで打ち取るが、山下勝己が甘く入ったスライダーをすくいレフトに同点スリーランホームラン!!

八回裏:この回五番手ヤクルトから移籍の加藤博人が平下晃司に死球。次打者吉本亮が三遊間へ上手く引っかけレフト前に運ぶ、エンドランも掛かっていたため平下晃司は一気に三塁へ。勝ち越しのチャンスに梶原康司は加藤博人の外角の球を前進守備の二塁手山崎浩司の真正面に打たされ三塁走者平下晃司は本塁で封殺、次打者坪井智哉、代打吉田剛も倒れこの回無得点。

九回・十回と舩木聖士・山崎一玄がそれぞれ締め延長十回5対5の引き分けとなりました。



【気になる選手達】
#球速はそれぞれ「最頻値(モード)」であって投手象を
#思い浮かべる上での参考数字ぐらいに見て下さいね。

■藤井寺バファローズ

■湯舟敏郎(近)
一軍では中継ぎの一投手として黙々と投げるも斜陽を感じる左腕。往年の投球フォームに比べると小さなテークバックで腕を上手く使えず小手先だけの投球に見えました(この腕の「撓り」の陰りは長年の勤続疲労のようなものなんだろう)。ストレート136km、スライダー124kmで変化球はカーブやフォークも含めてすっぽ抜けも目立っていました。再度カーブに活路を見出して軟投派で生き残りたい!


■宇高伸次(近)
藤井彰人との近大バッテリー今日も見られました(いつも2軍ですな)。4人の打者に対して2安打1四球とメロメロ。しゃくり上げるようなクセのあるサイドスローも手を放れたボールはそんなにクセもなく、左打者に対しては殊更辛いかも知れません。外角のスライダー一辺倒、しかも制球も甘く今日は特に不調だったのかな。数球投げた110km代のカーブはちょっと面白いかな。


■関口伊織(近)
足を上げてから独特のテークバック、ストレートは137kmと意外と力はあったが以前の力強さはなく置きに行くような球も見られ特に印象なしといった感じです。高波文一にはまさか(失礼)!?のセンター前ヒットで2点適時打を喫する。


■愛敬尚史(近)
やや突っ立ったようなサイドスローでストレートは135km〜140km弱、スライダーは高速というよりかは浮いて沈むような感じで球速も116km〜119kmぐらい、110km台のシンカーも効果的(たまに腕を上げてタテ軌道のカーブあり)。制球が全体的に悪く置きに来たような半速球の真っ直ぐやシュート回転系の球を狙い打たれているようでした。スライダー(スラーブ系)、シンカーはよく抜けていると思うので、もうちょっとストレートのボリュームが欲しいです。

・・・と前回の評と殆ど変わりません。ストレートはもっと速く投げられる素質ありですよね。
またインコースを突くのか?それともすっぽ抜けるのか分かりませんが現在ウエスタンの死球配給王だそうで本日も塩谷和彦を血祭りに上げました!?


■松本拓也(近)
誰が言ったか「マツタク」こと松本拓也です。今日登板した140km弱のストレートを投げていた投手達と比べて球速は頭一つ飛び抜けており最速146kmで最頻値とししても145kmのストレートをガンガン放っていました。体格も190弱の身長に80kg中盤のガッチリした体格(逞しくなってきましたねえ)、テークバックは小さく全体的にギクシャクした感ありで、あまり「ゆったり」としたようなフォームではありません。腕の「振り」は良いですねえ。たまに投げる120km台前半のスライダーかカーブの変化球は打者のタイミングを外す絶好の球で有効でした。制球に甘さを残しますが、今後に楽しみを感じる投手!


■加藤博人(近)
先の湯舟敏郎の項に述べた以上に腕の「撓り」がなく(左肘の故障もありましたしね)、手首だけでボールに変化を与えようとしているのか大きな変化ではなく打者の手元でチョット動くような変化球で打者を攻める。#かつての「お化けカーブ」が懐かしいよ。

現在の持ち味は、昨年戸田で見せていた「カーブを見せ球にして、シュート回転のひねくれストレートで打者を仕留める」パターンかと思います。彼は左のワンポイントというより右打者にも通用する左腕かと愚考します。


■山崎一玄(近)
前回見たときも外角のスライダーを多投し安定した投球を見せていましたが、本日も2回を投げピシャリの結果。ストレート136km・スライダー120km・カーブ110kmと緩急を付けるもそう突出したボール(強いて言えばスライダー(スラーブだな)だろうが)もなく一軍での長いイニングはちと荷が重いか。コンビネーションで追い込むものの決め球不足は相変わらず否めません(大事な場面での信頼性は残念ながらそう高くないかな)


■山崎浩司(近)
「守備力」はアマチュア時代から定評のあるものの課題は「打撃」。今年3年目ですが、1〜2年目は1割台の低打撃成績。ゴールデンウィーク時に見たときは変化球とバットがかなり乖離していてまだまだなんかなあ・・・と思っていたらその後徐々に結果を残し本日現在では3割を越える打撃成績!これは一枚壁を破ったんでしょうかね。結果を残しているせいか「粘り」が見られました。バットを振りにいってもギリギリで止めたり、カットしたりとあっさりしたところもあった打撃に成長の過程を感じました。調子の波は来るでしょうがどこまで「粘れる」か見守りたいです。#「0.250」は優に越えてもらわんとな。


■藤井彰人(近)
右膝手術から復帰した藤井彰人、小柄だが身体はガッチリ。八回裏タイガースの勝ち越しを阻むブロック(梶原康司の二ゴロを二塁手山崎浩司から本塁へ送球、そして三塁走者平下晃司を刺す)するもそのブロックした左足が走者を交錯し、立ち上がれず退場・・・松比良平太と交代。先の右膝手術もあり、この左膝が大事に至らなければ良いのですが。#藤井彰人は怪我に付きまとわれてばかりで可哀想ですなあ。


■萩原誠(近)
レフト前安打と最終打席にセカンド後方とライト前の中間にポトリと落ちるポテンヒット。「東の萩原淳(東海大甲府→オ)・西の萩原誠(大阪桐蔭→神)」と期待の萩原誠(一方の萩原淳(オ)は打者から本格派の投手転向目指して頑張っています!)でしたが、そろそろ襟首も涼しくなっても不思議ではない崖っぷちの昨今です。対左投手や代打のワンチャンスをモノにしたい。本塁打とか打率とかは置いといて「クラッチヒッター」としてモノになって欲しいなあと思っていました(^^;)。


■中濱裕之(近)
5タコと結果は出ませんでしたが、バットの振りの鋭さは山下勝己に次ぐかな?と思っています。昨年まで寝かせていたバットを立たせオーソドックスな位置、そして左肩を開かないように気を付けながらボールにバットをぶつけるようなスイング。小柄だがパンチ力あり。


■山下勝己(近)
バットスイング自体は鋭いと感じました、捉えたときの打球のスピードは大したもの。チャンスで大仕事をする雰囲気(観戦時に満塁弾や同点本塁打とかもあったので)ありです。本日もそんな場面でレフトへ同点本塁打、打ったのはやや甘めのスライダーで上手くバットに乗せ、そして風にも乗せてのものでした。その前の球が外角に流れるボール球に、泳ぐようなスイングだった直後もあり、コースの甘い分と併せて上手く拾いました。変化球の見極めと対応という大凡の選手の課題なんですが、こいつを徐々に克服出来れば「いてまえ打線」に割り込めるのでは!#一軍の面子を見ても守備位置で被るところがあるので外野兼任が可能なぐらいの挑戦も面白いかも。


■阿部真宏(近)
今岡誠の小型版のような打撃に感じました(いや悪い例えではないですよ、はい)。リードオフマンというよりかは「走者を返す」タイプかなあ。そう遠くない例えかなと思います(今岡誠も特に打率を稼げるわけでもないし、本塁打を量産と言うわけではないし・・・しかし良いところもあるんだよ、、、)。バイプレーヤーだけでは勿体ないかな#今後のバッティングの伸びしろに期待しても良いですか?

それ以上に「守備力」の高さは改めて良いですねえ、本日は遊撃手でしたが、二塁手・三塁手と汎用性もありそうです。#「5個」の守備機会も堅実かつ「おっ!上手いねえ」というプレーもありました。


■牧田明久(近)
2三振を含めて3タコ。打率は2割を切るものの脇を締めてボールを最短距離で鋭く振り抜いているところを見るに今後が楽しみです。変化球にもかわされ、ストレートに差し込まれたりとまだまだ力不足は否めませんが、鯖江高2年秋からはエースで4番。8試合連続ホームランちゅうものも素材の証か。#藤井寺バファローズは過去からそして他球団と比較しても高校卒の選手が育つ傾向があるのでそういう点もなんだか数年後がなんとなく楽しみ。


■高塚信幸(近)
代打出場して星野伸之の投球術にはまり敢え無く見逃し三振。カーブを意識してか外角のストレートでした。バットが出ず悔しそうな表情が印象的、今後振り込んで振り込んで自信を付けて欲しいです。
#今季投手から打者へ転向、打撃は高校時代から定評もあったそうなのでなんとか花開いて欲しいです。




■鳴尾浜タイガース

■藤田太陽(神)
久しぶりの藤田太陽にどんな姿が見られるのかちょっと不安でした。結果は4回を1安打自責点1(初回の暴投)で数字上はまずまずといったところなのかも知れませんが、正直かなり物足りなかったです・・・。

右肘の影響というよりかは相変わらず「フォーム」が固まっていないようで、初回の彼は確かに「2段モーション」でして、それよりも厄介なのが投げ終えたとき軸足である左足の甲外側に体重が乗り、フィニッシュ時に一塁方向へ流れる場面が間々ありました(以前よりも顕著なくらい)。当然ボールに乗るべくベクトルが分散するわけですしあんまり良くはないでしょう(^^;)#制球も安定しませんし・・・。ストレートは立ち上がり140km弱から142〜143kmと走って球速も上がってきて、大小二つのカーブはブレーキも効いていました。#二回牧田明久を見逃し三振に切った外角一杯の真っ直ぐはビシッと指に掛かり良い球でした(150kmよりも、140kmちょいでも綺麗に指の掛かったストレートの方が打者も組み難いはず)。

そんでもって2回以降は「2段モーション」から走者を背負った時を想定してなのか、制球重視なのか振りかぶらないノーワインドモーションでした(これは直ぐに「一段モーションだあ!」というものではないような気がするのですがどうでしょう?あくまでセットを外した投球かと。彼もクイック時は当然「2段」じゃないですから)

「2段」「1段」の件は概ね「2段モーション」の方向で現在は進んでいるのかなと思います(どちらが良いのかよう判りませんが)。一塁側に流れる点(踏み出す歩幅なんかも一つの要因なんですかね)や制球の面でもややすっぽ抜ける変化球ありと好調時には至っていないようです。今後もこの試行錯誤は続きそうですが、これを克服した暁には否が応でも一軍推薦対象になるでしょう・・・しかしそれは何時なんでしょうねえ(^^;)#直ぐではないでしょうが、ガンバレ太陽!


■星野伸之(神)
藤田太陽の後は、星野伸之が登板。阿部真宏に左翼左に運ばれる2塁打一本と次イニングで二死から四球、見方の拙い守備で1失点(自責点なし)の結果です。

どこがどうとかいうのはよく判らないんですが、独特のカーブ主体の投球に一軍を含めて思ったほど打者がタイミングを崩されないんですよねえ、昨年からなのかなあ。本日は三者三振に内野ゴロと持ち味は出ていたと思うのですが、あんまり腕が振り切れていないのか、ストレートとカーブの時の左腕の動きに差違を感じました。振りが一緒で初めて打者も戸惑うものですし、、、。あの打者をあざ笑うかのような老獪なピッチングまだ見たいです。#タイガースに来て「200勝」を逃した男と呼ばれたりしたら忍びないなあ・・・。


■部坂俊之(神)
伊藤敦並にワインドアップから潜るのですが、球の出どこはスリークオーター気味のサイドスロー。ストレートは137km、スライダーはスラーブに近く120km台。#そろそろ一軍の中継ぎに定着して欲しいなあ。

クセのあるフォームから「シュート」「スライダー」でどれだけ揺さぶれるか!といつも見ているのですが、今日もそうでしたが「内」を突かないんですよ。そう突出したものがあるわけではないので、打者に嫌がられることでもしないと安定して抑えられない公算大です。殆ど真っ直ぐ外角のスライダーの配球で、「えぐい内側」はなし。今のスラーブだけではちょっとウイニングショットとして厳しいし、左打者に対しても難しいというのは相変わらずのようです。中継ぎとして登用される機会も増えてきましたが、どうにも停滞しているといった感じが強いです。#2軍戦では多少安定感あるのかもしれませんが、一軍の中継ぎを睨むと物足りないという計算になるかも(2軍では映えるんだが(^^;))


■舩木聖士(神)
ゆったりとしたフォーム(オーバースロー)から「ズドン」と重そうなストレートは威力ありそうです。打者も全員流すような凡打を繰り返していました。130km前後のスライダーと単調なコンビネーションながら好投。一軍でも力で押す投球に好結果を残すときもありますが、まだまだ安定感がないかな。

球速ある割には痛打される場面もあるのは、「角度のない綺麗な球筋の真っ直ぐ、そして一定のフォームというのもあるかも。前にも述べましたが、彼こそ「2段モーション」どうでしょう?#「押して駄目なら引いてみな」??


■高波文一(神)
俊足揃いのルーキー達に押され、じり貧の高波文一。四回に2人の走者を生還させるセンター前適時打あり。打撃フォームが何だか変でして、突っ立ったような感じで左足を上げタイミングを計るのですが、大袈裟に言うならばそれがそっくり返る程なんです。しかしたまにこの型のタイミングを取る選手います。大野倫(巨→ダ)もそっくり返り気味で、左足カカトでバランスを計るようなフォーム。話が逸れましたが、そんな打撃フォームはまだ日が浅くなんだか頼りないというのは変わらずでしょうかねえ・・・。


■坪井智哉(神)
左肩の故障も良好で、今後一軍の復帰というのもそう遠い話ではないかも知れません。六回には一時駄目押しと思われた右中間を破る2点タイムリー二塁打を放ちました。しかしどの打席も「伸び上がるというかしゃくり上げるようなバット軌道」が大いに心配です。求道者的なところも多分にある彼ですが、同時に気分が乗らなかった時のあっさり感は腹正しい程です(笑)#一年目の頃の初々しさが懐かしい!あの打撃センスは活かさないと勿体ないですもんね。


■和田豊(神)
打撃コーチ兼任の彼です、三打席目のセンター前ヒットがなんと2軍戦ながら今季初ヒットだそうです。そういえば一軍でもまだ安打を放っていませんでしたね。この打席後、試合途中ながらコーチとして甲子園に赴く後ろ姿がありました。消える前の蝋燭の火力を見せたれ!?#代打としてまだまだ重宝したいです!


■塩谷和彦(神)
左方向へラインドライブの掛かった強い打球での安打2本。バットは遠回りながら遠心力を活かしたスイングでウエスタンの本塁打王です(6/29現在:8本)。規定打席に大きく足りていないのにこれですからパンチ力はありますね。

2軍では打率も3割中盤の高打率!しかし一軍に即繋がらないのが「いと物悲しい」塩谷和彦なんですよ。#これが上と下の壁なんでしょうかね。・・・もう諦め気味です(^^;)


■高山智行(神)
右翼として出場(最近こういう外野起用も少なくないです)、一打席目に湯舟敏郎に三振喰らうと次打席目には代打松田匡司ともう終わり。守備機会は、先頭打者内匠政博の右安、萩原誠の右飛の2個を処理。三振は、変化球に合わなかったかなといった感じ。打撃フォームはバットのグリップをみぞおち近辺に下げて構えています。今まで寄りかは背中が丸まっていないような構えです。


■沖原佳典(神)
左手甲の骨折も癒え一軍復帰に向けて2軍戦初スタメンで打撃始動!タイムリーを含む猛打賞(中安&中安&左安)とコンパクトな打撃は相変わらずです。二打席目のタイムリーは宇高伸次のスライダーに巧く追っつけてセンター前に運びました(三打席目の左安も内側の球でしたが、クルッと無駄なく回る技あり)。守備でも軽快なところを見せ一軍復帰カウントダウンは近いです!

左手甲の現在の状況としては、痛みはないもののやや赤く腫れているところもあるそうです。野球ができるという喜びの表情が良かったですねえ。


■中谷仁(神)
打撃では三振、そして藤田太陽と共に4回で交代(いつもの吉本亮へのスイッチ、、、この継投勘弁して欲しいですのですが、中谷仁はこんな見方しかされないのも現状なんすね・・・トホホ)。リードもよう判りませんが藤田太陽の暴投を止められたらなお良かったです。

打線の弱い虎打線に守備型@強肩捕手がはまるのか、、、えらい心配です。


■梶原康司(神)
春先好調だったものの3割近い打率は2割前半へ、2本塁打の数と打点も一向に増えない「どん底」のルーキー。最近は本日のような代打起用もあったりとお悩みの日々のようです。8回勝ち越しのチャンス(無死一三塁)に加藤博人の外角ストレートを引っかけニゴロと外目の球はやはり苦手なんでしょうね。インサイドを捌くあの閃光鋭い打撃だけは錆びつかせなきよう頼みますよ(^ー^)ニヤリ


■寺田祐也(神)
和田豊の安打後、代走として出場。中飛を一本、守備では失点に繋がる失策をひとつ六回にやってしまいました)。打撃・走塁と特に秀でたものがないだけにちょっと苦しいところは否めません。守備も売りではありますが、球界で一二を争うということもないですし・・・どうしたものか。


■松田匡司(神)
今季藤田太陽と共に一軍のキーを握る男とぶち上げたものの・・・音沙汰ナシです、、、スンマセン。配球をじっくり見る姿に武士道的なものも多少感じるのですが、仕掛けが遅すぎてか三振も意外と多いです(本日も2個)。一軍の繋がらない打線をみるに春先の彼ならば・・・と思うのです。それだけに今の覇気の感じられない松田匡司に苛立ちます。。。


■新井亮司(神)
沖原佳典の4打席目終了後、そこに三塁手として入るも舩木聖士登板のため退きました。守備機会もナシです、一軍の調整もありベンチを暖めることが昨年以上に多いですが、この起用はちょっとです(売りは打撃っしょ)。先の高山智行・寺田祐也・中谷仁と合わせて年間を通してこんな起用法では参っちゃうでしょうね(^^;)#そんな起用をされてしまう奴らも物足りないかもしれんが。


■平下晃司(神)
三打席目の死球は右手甲近辺に当たり、良い音?もしたのでヒヤリとしたが大事には至りませんでした(一安心)。彼も一軍で重点的に起用したい選手ですが、被る選手がチーム内に多々いますね(彼あたりが右打者だったらなあ(笑))。


■吉本亮(神)
毎度中谷仁の後を継ぐ吉本亮。しかし出場試合数、打席数そして成績を見るとほぼ同等(低打率までもそっくり)なんですね(なんでこれからの若者と斜陽の選手が切磋琢磨しているんだよお、勿論悪い話じゃナイですが、期待のドラ1なんで困るということ。そうでしょうよ?)。吉本亮のせいではないですが、頭が痛いです。吉本亮は吉本亮で頑張って一軍を目指す!


2001年 6月24日 イースタンリーグ11回戦 ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年6月24日(日)
ヤクルトスワローズVS.日本ハムファイターズ 11回戦 ヤクルト8勝3敗0分
(ヤクルト戸田球場) 13:00 曇り→晴れ 試合時間2時間29分

                     H E
日本ハム 010 000 000 ・・ 8 0
ヤクルト 000 000 002X ・・ 6 1
     (9回サヨナラゲーム)

○ 勝利投手 丹 波 1勝1敗   ● 敗戦投手 生 駒 0勝1敗
HR 本塁打 本 郷  1号 生 駒A 9回2死=サヨナラホームラン (ヤクルト)
2B 2塁打 野 口 3回1死 (ヤクルト)
SB 盗 塁 阿久根 8回1死 (打者・西浦は三振) (日本ハム)
 E 失 策 城 石 6回1死 (小田二ゴロを1塁悪送球) (ヤクルト)
   走塁死 野 口 3回2死 (城石右安で本塁狙い) (日本ハム)
   暴 投 鎌 田 5回1死 (打者・阿久根) (ヤクルト)
       鎌 田 6回1死 (打者・飯山) (ヤクルト)
   走塁死 西 浦 6回1死 (飯山投ゴロで本塁狙い) (日本ハム)
   併殺打 橿 渕 4回1死 (飯山−阿久根−西浦) (ヤクルト)
       大 貝 7回1死 (度会) (日本ハム)

(日本ハム) 2回、小田、飯山連打後、實松鮮やかな先制タイムリーも以降得点できず。好機に続かず。正田ヒット
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8  9
(8) 森 本 5 1 0 2 0 三振    遊ゴ    中安    一 邪    三振
(9) 大 貝 3 0 0 0 1 左飛    死球    中飛    一直併
(4) 阿久根 3 1 0 1 1 三ゴ    四球    見振        中安
(3) 西 浦 4 1 0 1 0    中飛 右飛       右安     三振
(7) 藤 島 4 1 0 2 0    三振 三振       中飛     左安
(5) 小 田 4 1 0 0 0    左安    遊飛    二失     二ゴ
(6) 飯 山 4 1 0 2 0    左安    見振    二ゴ     三振
(2) 實 松 4 1 1 1 0    中安・   二飛    二ゴ        三振 
(1) 新 谷 2 0 0 2 0    見振       三振
 1  正 田 1 1 0 0 0                   中 安
 1  山 原 0 0 0 0 0
 H  田中聡 1 0 0 1 0                          見振
 1  生 駒 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :  :  :   :  :  :
    残 塁 35 8 1 12 2  0  2  2  0  1  2   0  2  0 
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 

(ヤクルト) 好機築けないまま・・9回裏本郷4番の任務遂行「野球は2死から」を実践。逆転サヨナラツーラン!
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(4) 城 石  4 1 0 0 0 中飛    右安       三ゴ       三邪
(8) 代 田  4 0 0 1 0 遊ゴ       三振    遊ゴ       二ゴ
(3) 渡 会  3 1 0 1 1 見振       中安       三ゴ    四球
(5) 本 郷  4 2 2 0 0    中直    右安       一ゴ    中本:
(9) 橿 渕  3 1 0 0 0    中飛    遊併       左安
(7) ユウイチ 2 0 0 1 0    左飛       三振
 H  佐 藤  1 0 0 1 0                   三振
 7  大 山  0 0 0 0 0
(2) 米 野  2 0 0 0 0       遊飛    三ゴ
H 2 鮫 島  1 0 0 0 0                      遊ゴ
(6) 野 口  3 1 0 1 0       左2    一ゴ       見振
(1) 鎌 田  2 0 0 1 0       三振       投ゴ 
 H  ツギオ  1 0 0 0 0                      左飛
 1  丹 波  0 0 0 0 0
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残 塁  30 6 2 6 1  0  0  1  1  0  0  1  0  0X
                   ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 新谷5回4安打無四球無失点、正田今季初登板2回を無失点好投、山原1回を3人。生駒四球から
       サヨナラ弾で●
   新 谷   5    17  4   0   0   4   0
   正 田   2     7  1   0   0   1   0
   山 原   1     3  0   0   0   1   0
 ● 生 駒     2/3   4  1   1   1   0   2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ヤクルト) 先発ルーキー鎌田8回を投げ見方の援護を貰えずも8安打1失点の好投、丹波1回を3者三振の
       好投で○
   鎌 田   8    34  8   0   2   9   1
 ○ 丹 波   1     3  0   0   0   3   0

ヤクルト2x−1日本ハム● 

(1回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0■ヤクルト −0日本ハム
前日敗戦し、今週もまた週末連敗の危機な日本ハム連敗は避けたい。ヤクルトの先発はドラフト2位逆指名ルーキー鎌田日本ハム1回の攻撃は、昨日と同じく1番森本。初球空振りすると、あっという間に3球三振。2番は今日は右投手対策で先発の大貝、0−1からの2球目を打ち上げてレフトフライ。3番は阿久根、2−2から粘るも7球目を打ってサードゴロで今日も3者凡退でスタート。

(1回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0■ヤクルト0−0日本ハム
日本ハムの先発は新谷、ヤクルト1番は城石、初球打ちでセンターほぼ定位置へのフライ。2番は代田、これも初球打ちでショート正面へのゴロ。難なく捌く。3番は渡会、2−1からの4球目ストレートに見逃しの三振でこちらも3者凡退。

(2回表 日本ハム) 打者:6 安打:3 三振:2 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
4番の西浦から。2−2からの5球目をセンター返しも、ほぼ定位置へのフライ。5番藤島、変化球3球を全て空振りし3球三振。6番小田、初球打ちはサード左を鋭く抜けてレフト前ヒットで出塁。7番は飯山1−2からこれもレフト前にヒットで続き2死1、2塁と先制のチャンス。続くは8番實松、初球打ちはセンター前へのクリーンヒット、2塁から小田が還ってタイムリーヒット、3連打で日本ハムが1点をリードした。9番は新谷、2−0からの4球目を見逃して三振。

(2回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
こちらも4番から。本郷は1−1からの3球目を打ってセンターやや左へのライナー。この打球に森本が追いついて好捕。5番橿渕は初球打ち、またもセンターへの飛球だが今度は充分追いついてセンターフライ。6番ユウイチ、1−1からの3球目を打って平凡なレフトフライで3者凡退。

(3回表 日本ハム) 打者:5 安打:0 三振:1 四死球:2■ヤクルト0−1日本ハム
この回は早くも打者1巡し1番森本からの攻撃。1−0からの2球目を打ってショートゴロ。2番大貝の初球、内角へのストレートを避けるがユニホームに掠っていたようで、「当った!当った!!」の瞬時の猛アピールで死球。3番は阿久根、2−3フルカウントからの6球目高めに外れて四球で1、2塁と2回に続いて得点のチャンス。4番は西浦、2−1からの4球目を打つがライトフライ。5番藤島、2−2からの8球目、ファールで粘っていたが空振り三振で2者残塁。

(3回裏 ヤクルト) 打者:4 安打:2 三振:1 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
この回は7番米野から、1−0からの2球目を引っ掛けてショート後方へのフライ、飯山が下がって捕球。8番は野口、初球打ちはサード左を鋭く抜けるヒットで楽々ツーベース。9番鎌田、2−0からの3球目外角に外し気味の変化球に空振り三振。1番に戻って城石、2−2からの5球目を打つとライト前へのクリーンヒット。タイムリーかと思ったがライト大貝がこれを捕球すると、バックホーム。ストライクで返ってきて實松がブロック、際どいタイミングだったが、セカンドランナー野口タッチアウト。これにヤクルト首脳陣が抗議にホーム付近に集結するが判定は変わらず。同点を防いだ。

(4回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
この回は6番小田から。2−2からの8球目を打つもショートへの浅いフライ。7番飯山、2−2からの5球目内角球を見逃して三振。8番先ほど先制タイムリーの實松だったが、1−0からの2球目を打ってファースト後方へのフライ。セカンド城石が回りこんで捕球し3者凡退。

(4回裏 ヤクルト) 打者:4 安打:2 三振:1 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
ヤクルトこの回は2番代田から。2−1からの4球目、低目の変化球に空振り三振。3番度会0−1からの2球目ストレートを弾き返してセンター前へ鋭い当り。4番本郷は0−2からの3球目を打ってファースト左を抜けてライト前ヒット、度会は一気に3塁へ進塁し1死1、3塁と新谷はピンチ、ヤクルトまずは同点のチャンス。しかし、5番橿渕が初球打ちもショート正面へのゴロ。飯山今日は落ち着いて捕球、阿久根へトスして1塁へ転送し併殺打。

(5回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
この回の攻撃は9番新谷から。21−からの4球目を空振り三振。1番に戻って森本、1−0からの2球目を打ってピッチャー返し、センター前に抜けてヒットで出塁。2番大貝、強振すると打球はセンター後方への大きい当り、長打かコースかという位置だったが、センター代田が背走しこれを好捕。すると2塁を既に回っていた森本が慌てて帰塁、2塁を踏んで1塁へ到達。しかし代田の返球が悪く充分セーフ。続く阿久根の初球に鎌田が暴投で森本は2塁へ。その阿久根は2−1からの4球目外角を見逃すと見送り三振でチャンス生かせず。

(5回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
ヤクルトこの回は6番ユウイチから。2−2からの5球目外角の変化球に空振り三振。7番米野、2−2からの6球目を打ってサード正面へのゴロ、小田が取り損ねるが1塁へ送球しアウト。8番野口、1−0からの2球目を打って1塁前へのゴロ、西浦捕ってベースカバーり新谷にトスして3者凡退。 

(6回表 日本ハム) 打者:5 安打:1 三振:0 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
日本ハムこの回は4番の西浦から。2−1から4球目外角の変化球に体制を悪くしたが、ライト前に運んで出塁。5番藤島は初球を打って平凡なセンターフライ。6番小田、2−3から打ってセカンド左へのゴロに城石が追いついて捕球、1塁へ送球するが、本塁方向にやや逸れてエラー。1死1、2塁とチャンス、続く飯山の初球に暴投で2人のランナーがそれぞれ進塁し2、3塁。飯山は打ってセカンドゴロ、城石が捕って本塁へ送球すると、西浦が三・本間で狭殺プレーに。タッチアウトになるが直も1、3塁から實松、2−1からの4球目を打ってセカント正面へのゴロで2者残塁

(6回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
この回から日本ハムは、好投の新谷に代わって週半ばの対巨人戦を雨で流し今季初登板が遅れていた、正田が2番手でマウンドへ。ヤクルトは9番鎌田から、初球を打ってピッチャー前への高いバウンド。正田が落ち着いて捕球、1塁へ送球し無難なスタート。1番に戻って城石、0−2からの3球目を打ってサード左へのゴロ。小田が捕って1塁へ送球しアウト。3番の代田は1−1からの3球目を打ってショートゴロ。余裕を持っての送球で3者凡退。

(7回表 日本ハム) 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
この回の攻撃は、9番・投手の正田から。そのまま打席へ入る、すると1−0からの2球目を打って出るとセンター前に落ちるヒット、前日の藤崎同様「プロ初ヒット」となった。パ・リーグの投手故に打撃成績、しかもファームでは重要度はそれほどないが、十分ヒットだった。1番に戻って森本。打ち損じてファーストファールフライ。2番の大貝、引っ張って鋭い当たりだったが、ファースト真正面へのライナー。正田が戻る間もなくフォースアウトで3人で攻撃終了。

(7回裏 ヤクルト) 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
ヤクルトは3番度会から、1−3からの5球目を引っ掛けてサードゴロ。4番本郷、2−2からの6球目は内角高目、顔面近くへの投球に、實松も捕れない程で2−3。フルカウントからの7球目、打ってファーストゴロ。正田がベースカバーに入ってツーアウト。5番の橿渕は1−1からの3球目を打って綺麗にレフト前ヒットで出塁、正田から初のヒット。続くは、ユウイチに代わって代打・ベテラン佐藤。しかし2−1からの5球目真ん中への変化球に空振り三振。

(8回表 日本ハム) 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
ヤクルトは代打の佐藤に代わってレフトには大山。日本ハムの攻撃は、3番阿久根から、0−1からの2球目を打ってセカンド左への強い打球に城石が横っ飛びも、グラブに当って打球はセンター前に抜ける。4番西浦、2−2からの6球目阿久根がスタートして、西浦がヒッティングも空振り三振、阿久根は盗塁成功。5番藤島、0−1から打って三遊間を抜けてレフト前ヒットで1死1、3塁とチャンス。続くは6番小田、内野はバックホームに備えて前進守備、2−2からの8球目を打ってセカンド正面へのゴロ、ランナーは藤島が2類へ進塁したのみ。2死2、3塁となって飯山が打席へ。2−1からの5球目外角高目に空振り三振。チャンスが・・・。

(8回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
この回から日本ハムは正田に代わって3番手に山原がマウンドへ。ヤクルトは7番米野に代わって代打・鮫島。高目のストレートを打って初球打ちもショートゴロ。8番野口、2−3からの6球目ストレートに見逃し三振。ここで、9番投手の鎌田に代わって代打・ツギオ。しかし初球打ちで左中間への飛球も、西浦が充分追いついて3者凡退。

(9回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:3 四球:0■ヤクルト0−1日本ハム
9回の裏に起こる劇的な幕切れはこの回日本ハムの攻撃が伏線だったのだろうか・・、2回以外打線が繋がらずチャンスを潰してきたがこの回は、それ以前の状態だった。ヤクルトは代打の鮫島がそのままキャッチャー、同じく代打のツギオに代わって2番手マウンドに丹波。日本ハムの攻撃は8番實松から、2−1からの4球目内角の変化球に空振り三振、続く山原に代わって代打は田中聡。2−1からの4球目高目のストレートを見送って見逃しの三振。田中聡はこういったパターンでの見逃し三振が多い・・。1番森本、2−2からの6球目、変化球に三振で3者連続三振。

(9回裏 ヤクルト) 打者:4 安打:1 三振:0 四球:1■ヤクルト0−1日本ハム
日本ハムは代打の田中聡に代わって4番手に生駒がマウンドへ。得点差は最小1点差、ここまで3投手が無失点。完封リレーのバトンを託す。ヤクルトは打順よく1番から。城石はしかし、初球を打ち上げてサードへのファールフライ。2番は代田、1−0からの2球目を打ってセカンド正面へのゴロで2死。あと1人。しかし、ここから劇的な幕切れへ動きが変わる。3番は渡会、右対右で勝負を避けるとすれば1発警戒だけ、しかし逃げたての所で次打者は4番。余計に1発が怖くなるだけ・・。ところが、2−3フルカウントからの8球目変化球が外角に外れて四球で歩かせてしまった。4番は本郷、もう本郷の狙う打撃など只一つ。フェンスを越えればそれでいい。1点のリードが今や、四球1つでサヨナラの大ピンチ生駒、2−2からの7球目を打つとファースト右への鋭い打球もファール。ファールで粘られて2−3として、この試合初の1打者10球目になった、その10球目。本郷の打球はセンターへの大きい飛球、森本が懸命に背走しフェンスに到達、ジャンプ1番もしかし、打球はオーバーフェンス!!今シーズン第1号は劇的なサヨナラツーランホームラン。ベンチから飛び出しホームに集結し歓喜の輪を作るヤクルトナインの元に本郷がホームインで、ヤクルトが「野球は2死から」を実践しこの2連戦を連勝。日本ハムは3投手で無失点の完封リレーペースだったが、結局好機に追加点の奪え無かった打線と、9回の3者三振が痛く響いた。

◆ 球 審 有 隅          ◇ 公式記録員 荒 木(セントラル・リーグ)
  1 塁 小林和
  2 塁 敷 田
  3 塁 萩 原(セントラル・リーグ)


2001年 6月23日 イースタンリーグ10回戦 ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年6月23日(土)
ヤクルトスワローズVS.日本ハムファイターズ 10回戦 ヤクルト7勝3敗0分
(ヤクルト戸田球場) 13:00 曇り 試合時間2時間33分

                     H E
日本ハム 000 100 110 ・・ 7 2
ヤクルト 012 020 00X ・・ 5 2

○ 勝利投手 ニューマン 1勝0敗   ● 敗戦投手 矢 野 1勝3敗
S  セーブ 平 本   −勝−敗
2B 2塁打 橿 渕 2回1死 (ヤクルト)
 E 失 策 飯 山 3回1死 (代田三ゴロを2塁悪送球) (日本ハム)
       畠 山 4回1死 (西浦三ゴロをファンブル) (ヤクルト)
       畠 山 4回1死 (藤島三ゴロを1塁悪送球) (ヤクルト) 
       飯 山 5回無死 (城石遊ゴロをファンブル) (日本ハム)
   後 逸 米 野 4回2死 (打者・小田) (ヤクルト) 
   走塁死 本 郷 3回2死 (橿渕右安で本塁狙い) (ヤクルト)
   牽制死 實 松 3回無死 (打者・矢野) (日本ハム)
  盗塁失敗 實 松 5回2死 (打者・駒居は三振) (日本ハム)
   併殺打 畠 山 4回無死 (矢野−飯山−藤島) (ヤクルト)
       本 郷 5回1死 (阿久根−藤島) (ヤクルト)
       田中聡 9回無死 (野口−代田−本郷) (日本ハム)

(日本ハム) 貧打の中にも一筋の光あり。藤崎プロ初安打・初打点のタイムリー、西浦、原田政2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(8) 森 本 4 0 0 0 1 三直    二ゴ       四球 右飛    一飛
(4) 阿久根 3 0 0 2 1 三振       三振    一ゴ    死球
(7) 西 浦 4 2 0 0 0 二ゴ       三失    左安    右安
(3) 藤 島 4 0 1 1 0    見振    三失    二飛    一ゴ・
(9) 原田政 4 2 0 0 0    遊安    捕邪    二飛    右安
(5) 小 田 2 0 0 0 1    一犠    一飛       四球 二ゴ
(6) 飯 山 4 0 0 0 0    投ゴ       二直    二ゴ 三ゴ
(2) 實 松 2 1 0 0 1       左安    四球    三ゴ
 H  大 貝 1 1 0 0 0                         遊安
(1) 矢 野 1 0 0 0 0       遊直
 H  駒 居 1 0 0 1 0             三振
 1  厚 沢 0 0 0 0 0
 H  藤 崎 1 1 1 0 0                   右安・
 1  黒 木 0 0 0 0 0
 1  生 駒 0 0 0 0 0
 H  田中聡 1 0 0 0 0                         遊併
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残 塁 32 7 2 4 4  0  1  0  1  0  2  1  2  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(ヤクルト) 僅かな好機からでも確実に得点し勝利、ユウイチ、橿渕2点タイムリー、畠山タイムリー
         打 安 点 振 四  1   2  3  4   5  6  7  8
(4) 城 石  3 0 0 0 1 投ゴ     四球    遊 失    三ゴ
 1  平 本  0 0 0 0 0 
(8) 4 代 田  3 0 0 0 0 二飛     遊失    三 犠       一ゴ
(7) ユウイチ 4 1 2 0 0 一ゴ     左飛    右 安:      一ゴ
(3) 本 郷  3 0 0 0 1    投 ゴ 四球    二飛併       一ゴ
(9) 橿 渕  3 2 2 0 0    左中2 右安:       捕邪
(2) 米 野  2 0 0 1 1    右 飛    四球     三振
(5) 畠 山  3 1 1 0 0    中 安・   投併     三ゴ
 1  高 木  0 0 0 0 0
 8  大 山  0 0 0 0 0
(6) 野 口  3 0 0 2 0    三 振    三振        中飛
(1) ニューマン   1 0 0 0 0        二ゴ
 H  牧 谷  1 1 0 0 0              三 安
 1  本 間  0 0 0 0 0
 5  ツギオ  1 0 0 1 0                     三振
     :              :   :  :  :   :  :  :  :
    残 塁  27 5 5 4 3  0   1  1  0   0  0  0  0
                   ・は打点 

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 矢野先発失敗、序盤から失点。四球→適時打のパターン。厚沢味方のエラーから失点、
       黒木、生駒無失点
 ● 矢 野   4    17  3   0   3   2   1
   厚 沢   2     8  2   0   0   1   1
   黒 木   1     3  0   0   0   1   0
   生 駒   1     3  0   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ヤクルト) ニューマン4回ピンチもタイムリー許さず5回1失点で今季初勝利、高木2失点、
       平本無失点でセーブ
 ○ ニューマン    5    18  2   0   1   4   0
   本 間   1     5  1   0   1   0   0
   高 木   2    11  3   0   2   0   2   
 S 平 本   1     3  1   0   0   0   0

ヤクルト−3日本ハム  

(1回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 ヤクルト −0日本ハム
梅雨の長雨が続く関東地方だが今日は梅雨前線も北上、高気圧の影響もあって曇り空での試合開始となった。ヤクルトの先発はニューマン、1回日本ハムは1番森本、初球打ちもサード正面へのライナー。2番阿久根。2−2からの6球目高目のボール気味の球に空振りで三振。3番は西浦、1−2からの4球目を打ちバットが折れてセカンド正面への平凡なゴロで3者凡退。

(1回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 ヤクルト0−0日本ハム
日本ハムの先発は久し振りの先発マウンドとなった矢野。ヤクルト1番は城石、2−2からの5球目を打ってピッチャーゴロ。2番の代田も2−2からの7球目を打ってセカンドフライ。3番ユウイチ、初球打ちもファースト正面、藤島捕ってベースを踏んでこちらも3者凡退。

(2回表 日本ハム) 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 ヤクルト0−0日本ハム
この回は4番の藤島から。2−2からの5球目内角の球を見送って見逃しの三振。5番は原田政、1−2からの4球目を打つとバットが折れて打球は足に直撃!あまりの痛みにそのまま3塁ベース付近まで歩く程。しかし、次の5球目を打って三遊間へ転がる打球、ショート野口が逆ハンドで好捕、1塁送球もセーフ内野安打で1死1塁。続くは6番小田、0−1からの2球目をバント、1塁正面に巧く転がって成功2死2塁と先制のチャンス。しかし、7番の飯山1−2からの4球目を打ってピッチャーゴロ、ニューマンが弾くが1塁へ送球しスリーアウト。先制のチャンスが生かせない。

(2回裏 ヤクルト) 打者:5 安打:2 三振:1 四球:0 ヤクルト1−0日本ハム
4番の本郷から、0−1からの2球目を強振、いい当りのピッチャー返しとなったが、矢野がこれを好捕して投ゴロ。5番の橿渕はこれも0−1からの2球目を打って左中間へヒット、レフト西浦が前で打球を抑えるが橿渕は2塁へ到達しツーベースで1死2塁。6番米野1−2からの4球目を打つと、ライトほぼ正面への飛球。原田政が捕球すると、橿渕が3塁へ向かってタッチアップし成功。7番は畠山、1−3からの5球目を打つとセカンド後方、センターにはかなり前方だったが、この打球にセンター森本が猛然と前進。しかし捕球には遠くタイムリーヒットとなって1−0とヤクルトが1点を先行した。続く8番は野口、2−1からの4球目、変化球に空振りの三振。

(3回表 日本ハム) 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 ヤクルト1−0日本ハム
この回は、今日からファームで再調整となってしまった8番實松。試合前の打撃練習でも多く見られた、引っ張ってレフト線付近に落ちる打球を実践、レフト前ヒットでランナー1塁。続くは9番矢野、しかしその1球目を投じる前にニューマンが投げた1塁牽制球に、實松の帰塁が明らかに送れてタッチアウト。矢野は1−0からの2球目を打ってショート正面へのライナー。1番に戻って森本、2−2からの6球目を打つもセカンドゴロ。チャンスが作れない。

(3回裏 ヤクルト) 打者:6 安打:1 三振:0 四球:2 ヤクルト3−0日本ハム
この回は9番のニューマンから、2−1からの4球目を打ってセカンド正面への高いバウンド、阿久根が捕って1塁送球。1番に戻って城石2−3フルカウントからの7球目内角への変化球が外れて四球。2番代田は0−1から打ってショート前への弱い打球、飯山が捕って2塁送球も逸れてエラー。1死1、2塁と追加点のチャンスに3番ユウイチ。1−2からの4球目を打ってレフトへの飛球、西浦が後退もレフトフライ。4番は本郷2−3フルカウントからの8球目、外角高目に外れて四球。これで2死満塁とピンチ、続く橿渕は初球を打ってライト前ヒット2者が帰って3−0とした。そしてこの打球を捕ったライト原田政が中継に返球すると、打った橿渕を1、2塁間に挟む。この狭殺プレーを見て本郷がホーム突入を敢行するが、これはタッチアウト。

(4回表 日本ハム) 打者:5 安打:0 三振:1 四球:0 ヤクルト3−1日本ハム
この回は2番阿久根から、2−0と早々に追い込まれると3球目の変化球に空振り三振。3番西浦、2−2から打ってサード正面へのボテボテのゴロ。畠山が前進してきて捕球するが、バウンドが合わず弾いてエラーで出塁。続く藤島も打って出るがやはりサードゴロ、すると畠山が今度は確実に捕球したが1塁へ悪送球、ボールがファールゾーンを転々とする間に1塁から西浦が一気にホームインで1点を返した。続く原田政は初球を打ち上げてキャッチャーファールフライ。2死2塁として6番小田。1−1から打ち上げてしまいファーストフライでチヤンスが生かせない。

(4回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:1 ヤクルト3−1日本ハム
この回は6番の米野から、ストレートの四球で出塁。7番畠山1−1からの3球目強い当りのサードゴロ、するとこの打球を矢野が体勢を悪くしながらも好捕、2塁へ送球、1塁へ転送されて併殺打。8番野口は3球三振。

(5回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:1 ヤクルト3−1日本ハム
2点を追う日本ハム、この回は7番飯山から。初球を打ってセカンド正面へのライナー。8番實松、2−3からの8球目内角へのストレートを見送って四球で出塁。続くは9番矢野に代わって代打は駒井。2−1からの5球目変化球に合わず空振りの三振、實松がスタートを切っていたがセカンドでタッチアウト、盗塁失敗の三振ゲッツーで3人で攻撃終了。

(5回裏 ヤクルト) 打者:5 安打:2 三振:0 四球:0 ヤクルト5−1日本ハム
日本ハムはこの回から、代打の駒居に代わって2番手には厚沢がマウンドへ。これ以上の失点は非常にまずい。ヤクルトは5回を投げたニューマンに代わって代打は牧谷。1−2からの4球目を打ってサード前への高いバウンド、小田が前進してきて捕球するがバウンドが合わない。グラブから零してしまいエラーかと思ったが、ヒットの判定。1番に戻って城石はショート正面へのゴロ。完全な併殺打コースだったが、処理を焦ったのか飯山が弾いてしまいエラー。2番代田は0−2からの3球目をバント、サード前に上手く転がって成功1死2、3塁から、続くユウイチが初球打ち。セカンド右を抜けてライト前に2点タイムリーヒットでヤクルト5−1と4点のリード。4番本郷、2−3からの7球目を打つと1塁ランナーユウイチがスタート、しかし打球はセカンドへの浅いフライ。阿久根が捕って1塁へ転送して併殺打。

(6回表 日本ハム) 打者:5 安打:1 三振:0 四球:1 ヤクルト5−1日本ハム
ヤクルトは代打の牧谷に代わって2番手マウンドには本間。この回日本ハムは1番森本から。2−3フルカウントからの8球目外角への変化球だが、見送ってボール。四球で出塁しノーアウトのランナー。2番阿久根、1−2からの4球目を打ってファーストゴロ。この間に森本は2塁へ進塁、1死2塁から3番西浦。1−0からの2球目を打って三遊間を綺麗に抜けて1、3塁とチャンス拡大。4番は藤島、2−2からの5球目を打ち上げて、セカンドフライ。5番原田政、こちらも2−2からの5球目を打ち上げてしまいセカンドフライ。

(6回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 ヤクルト5−1日本ハム
ヤクルトはこの回今日2安打2打点と当っている5番橿渕から。2−1からの4球目を打ってキャッチャーファールフライ實松が殆ど動かず捕球。6番米野は2球で2ストライクの追い込まれると3球目を空振りで3球三振7番畠山、2−0からの4球目を打ってサード正面へのゴロで3者凡退。

(7回表 日本ハム) 打者:5 安打:1 三振:0 四球:1 ヤクルト5−2日本ハム
ヤクルトはこの回からサードの畠山に代わって3番手マウンドに高木、本間に代わってサードにはツギオが入る。日本ハムこの回は6番小田から。ストレートの四球で出塁、7番飯山2−3から打ってセカンドゴロ。小田が2塁へ進塁。続く實松は初球を打つがサードゴロ。9番の厚沢に代わって代打は、先日ケガから復帰した藤崎。2−1から打って、セカンド右への強い打球!セカンド城石が横っ飛びも捕れず、ライト前へタイムリーヒットで1点を返し5−2とした。これで藤崎はプロ入り初安打・初打点を記録した。1番に戻って森本、2−3から打つもライトフライで1点止まり。

(7回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 ヤクルト5−2日本ハム
プロ初安打・初打点の藤崎に代わって3番手マウンドには黒木。ヤクルトはこの回8番野口から、1−0からの2球目を打ってセンター左への強い打球も森本が猛ダッシュして好捕。9番は途中からサードの守備に入っているツギオ。2−1から空振りの三振、1番に戻って城石。初球打ちでサード正面へのゴロ、小田が捕って1塁へ送球し3者凡退。

(8回表 日本ハム) 打者:6 安打:2 三振:0 四球:1 ヤクルト5−3日本ハム
この回は2番阿久根から、1−0からの2球目内角ストレートを避けるが掠っており死球で出塁。3番西浦、2−3から打って出ると森本がスタートしており、打球は1、2塁間を抜けてライト前ヒット。ヒットエンドラン成功で1、3塁とチャンス。4番藤島、期待大だったが打ってファーストゴロ。2塁へ送球されている間に阿久根が返って1点を返し5−3とした。5番原田政が右打ち、ライト前ヒットで続き6番小田。左対左の不利な展開だが、1−3から打ってセカンドゴロ。併殺は逃れて1塁はセーフ、2死1、3塁とチャンスが続き、打者は飯山。しかし、打ってサードゴロ。2者が残塁チャンスを逃した。

(8回裏 ヤクルト) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 ヤクルト5−3日本ハム
日本ハムはこの回から4番手に生駒、ヤクルトはこの回2番代田から。2−3から打ってファースト正面へのゴロ。3番はユウイチだが、またしてもファーストゴロ。今度は生駒が1塁ベースカバーに入ってアウト。4番の本郷も打ってファーストゴロ、これも生駒がベースカバーに入ってアウトにし、3者凡退全てファーストゴロ。

(9回表 日本ハム) 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 ○ヤクルト5−3日本ハム●
ヤクルトはこの回から、高木に代わって大山が入ってセンター、センターの代田がセカンド、セカンド城石に代わって平本が入って4番手マウンドへ。日本ハムこの回は、實松に代わって代打・大貝が起用された。流し打ってショート左へのゴロ、野口が捕って1塁送球も大貝の足を持ってして充分のセーフ、内野安打で最後の反撃に出る。ところが、続く生駒の代打・田中聡がショート正面へのゴロ。野口−代田−本郷と渡って併殺打。1番森本も打つが、ファーストへの浅いフライで試合終了。またしても、チャンスにタイムリーが出ない日本ハム打線、序盤で早々と失点してしまう投手陣で敗戦。藤崎の初安打・初打点以外明るい兆しがなかった。  

◆ 球 審 牧 田          ◇ 公式記録員 荒 木(セントラル・リーグ)
  1 塁 敷 田
  2 塁 小林和
  3 塁 有 隅(セントラル・リーグ)


2001年 6月22日 イースタンリーグ 8回戦 湘南−ロッテ(平塚)報告者:設備屋ヒロさん(HP:Route 847)/右派さん(HP:Private Heaven

設備屋ヒロさん編

今日は平塚球場に、湘南VS千葉ロッテの試合を見に行って来ました。
湘南の先発野村が好投を見せ、4−1で湘南が勝利しました。

6月22日 湘南vs千葉ロッテ(平塚球場) 天気:曇

M 010 000 000:1 (H5 E3)
S 010 030 00x:4 (H5 E0)

M ●長崎(5)−渡辺(2)−クベンカ(1)
S ○野村(9)

先発オーダー
M 3天野−4松本−7吉鶴−2里崎−8立川−9早川−6ダイ−5青野−1長崎
S 9サンダース−4八馬−8多村−3宮内−5小池−7古木−2鶴岡−6福本−1野村

途中出場
M 信原、椎木、於保、澤井、渡辺、クベンカ
S 南、田中充


簡易成績【千葉ロッテ】
長崎 5回を投げ被安打5・被本塁打2・奪三振4・与四死球1・自責点4。
渡辺 2回を投げ被安打0・奪三振2・与四死球1・自責点0。
クベンカ 1回を投げ被安打0・奪三振3(振り逃げ1)・与四死球0・自責点0。失策1。
天野 3打数0安打・三振1.
松本 4打数1安打・三振1・盗塁死1。
吉鶴 4打数0安打。
里崎 2打数0安打。失策1.
立川 3打数2安打・三振1・得点1。
早川 3打数0安打・三振2。
ダイ 3打数1安打・三振2。
青野 3打数1安打。失策1。
信原 6回から守備で出場。1打数0安打。
椎木 6回から守備で出場。2打数0安打。
於保 7回から守備で出場。打席は無し。
澤井 8回に代打で出場。1打数0安打。

簡易成績【湘南】
野村 9回を投げ被安打5・奪三振7・与四死球0・自責点1。
サンダース 4打数0安打・得点1・打撃妨害1。
八馬 4打数1安打・得点1。
多村 4打数1安打・本塁打1・打点3・得点1・三振2。
宮内 4打数1安打・本塁打1・打点1・得点1・振逃1。
小池 4打数2安打・二塁打1・走塁死1。
古木 3打数0安打・四球1・三振2。
鶴岡 3打数0安打。盗塁刺1。
福本 2打数0安打・死球1・三振2。
南 8回から守備で出場。打席は無し。
田中充 9回から守備で出場。打席は無し。


鯨党右派さん編

平塚レポート・試合編
 こんばんは、健一さん。職場帰りに平塚へ湘南対ロッテ戦を観戦してきたので報告させていただきます。ただ、今日はメモをとらなかったので成績はかなり大雑把なんですが・・・

 梅雨の中休み、またも平塚でイースタン戦があると知り、終業後に読売ファンの同僚と共に球場へ。湘南先発が
野村と知り、がっくり・・・2週続けて見ることになるとは。試合前の練習には何故か七野の姿が見られず・・・故障だろうか。
 試合は両軍先発の
野村長崎が無難な立ちあがりを見せ、初回を終える。2回表、立川ダイのヒットで2死1.3塁のチャンスから青野がセンター前に弾き、ロッテが先制。0―1。2回裏、湘南も先頭の宮内がライトスタンドに2号アーチをぶち込みすぐに同点とした。1―1。以降、両投手ともランナーを出しながらも無難に抑えて行くが、試合を決めるイニングとなったのが5回裏。長崎は二者連続三振を奪い、サンダースもライトフライに討ち取りイニングを終えたかと思われた。しかし、サンダースのバットがミットに接触していたことが判明、打者妨害となり一塁へ。八馬も遊撃内野安打で繋いで3番多村が登場。真中に入った失投を見逃さずレフトスタンドへの特大の今季1号アーチを放ち、4―1となった。打線の援護を受けた野村は6回以降も危なげない投球を展開。一方のロッテも渡辺俊・クベンカが湘南をノーヒットに抑え、得点を許さない。結局、野村はこれといったピンチに陥ることもなく完投し、4―1で湘南が勝利した。
 湘南打線の安打数は5。いまだ不調から脱していないが、全体的に守備面でキビキビした動きを見せていたのが印象的。特に
多村・宮内といった中堅どころに良化傾向が感じられた。因みに期待の内川だが、この日は試合出場はせずバットボーイに徹していた。
 残念だったのは球場内の客のマナーの悪さ。大声で携帯電話をする、徒党を組んで複数席を陣取るなど周りの迷惑を考えない輩が多くて閉口した。何とかならないものだろうか。

平塚レポート・湘南編

オーダー  9サンダース4八馬8多村3宮内5小池7古木2鶴岡6福本1野村
投手継投  野村
途中出場  南(右翼)

■野村弘樹(湘)
先発して9回を投げ自責点1。被安打5・奪三振7・無四球。2回以外は全く危なげない投球。球速は平凡だが、微妙なコーナーワークでロッテ打線に的を絞らせず。恐らく近いうちに一軍に呼ばれるだろう。今日の出来なら細見くらいの仕事はできるはず。但し、2ストライク後の勝負球が課題になるだろうが。

■サンダース(湘)
実戦勘を取り戻すためか1番右翼で出場。右飛・三失・右飛(打撃妨害で出塁)で音無し。湘南降格後、10打席以上立っているがいまだノーヒット。外角を攻められ為す術なし。振りも鈍く、良化の兆しは今のところなし。但し、脚力は悪くない。スタートはイマイチだが、塁間スピードは大柄にしてはかなり速い。

■八馬幹典(湘)
2番二塁として二ゴ・右飛・遊安・右飛の4打数1安打。セカンド守備はかなりのレベル。多村のホームランを呼びこんだ内野安打はヘッドスライディングによるもの。


■多村仁(湘)
3番中堅として三振・中飛・左本・三振の4打数1安打3打点。試合を決めるホームランを放つなど、スイングが確りしてきた。運動量が比較的多かった中堅守備も無難にこなしており、膝の状態も悪くなさそうだ。一軍昇格も近そうだが、私的には暫く湘南にいたほうが良いと思う。今取り組んでいる神主打法を自分のものにするには、常に実戦経験が積める環境が必要。

■宮内洋(湘)
4番一塁として右本・右飛・三邪飛・三振(振り逃げ出塁)で4打数1安打1打点。フォームのバランスが良くなってきており、ようやく好調に転じてきたようだ。一塁守備での動きも比較的躍動感が感じられる。

■小池正晃(湘)
5番三塁として左2・中安を放つなど4打数2安打。2回裏に宮内のホームランの後に、彼も左中間へ大きな2ベースを放つが、サードを欲張り暴走。チャンス拡大の目を潰してしまった。

■古木克明(湘)
6番左翼として中飛・三振・四球・三振で音無し。今日1番注目していた選手だが、やはり状態は相当に悪い。フォームのバランスがバラバラで、上半身だけで打ちにいってしまっている。だから打球に伸びもなく、腰が引けているような感じである。比較的高低の変化にはついていける選手だが、その見極めも出来かねる状態で打席に迷いがあるのは明らか。ネットでの期待が大きい選手だが、現状での一軍昇格などもってのほか。酷な言い方だが、今の状態なら田中充や南を使ったほうがいい。彼は暫く試合帯同をさせずに、別メニューでフォームのチェックをするべき。

■鶴岡一成(湘)
7番捕手として出場、3打数ノーヒット。

■福本誠(湘)
8番遊撃として三振・死球・三振で音無し。

■南竜介(湘)
途中から右翼に入る。キャッチボールを見ているだけでも肩の強さが半端ではないことが分かる。あれではグラブを通しても相手の手はさぞ痛いことだろう。育成度外視が考えると、彼をかつての西武・羽生田のような起用をしても面白い。それほどの肩なのだ。

平塚レポート・ロッテ編

オーダー  3天野6松本7吉鶴2里崎8立川9早川4ダイ5青野1長崎
投手継投  長崎-渡辺俊-クベンカ
途中出場  沢井(代打)、信原(一塁)、於保(中堅)、椎木(捕手)

■長崎元(ロ)
先発して5回を投げ失点4、敗戦投手に。被安打5・奪三振4・与死球1。出来自体は悪くなかったが、勝負所でストレートが甘く入ってしまった。アーム気味の投球フォームから140前半くらいのストレート、横に滑るスライダーを投げ分ける。

■渡辺俊介(ロ)
2番手として2回を投げ無失点。奪三振2・与四球1。様式美すら感じるサブマリン。球の出所が本当に低く、土くれも一緒に投げているように見えるほど。球速は恐らく最高でも130中盤くらいだろうが、浮きあがるような球筋は右打者にとって見極めが難しい。投球テンポも良い。ただ、マウンドの相性が悪かったのか、投げた後に体のバランスを崩す場面が見受けられた。

■クベンカ(ロ)
3番手として1回を投げ無失点。奪三振3。アメリカ人らしいワイルドな野手投げ。力投型左腕。球速は140中盤くらいは出てるように見えたが、体の開きが早いため球種が見きられそうだ。何かイライラしながら投げているようにも見える。牽制などは雑。

■里崎智也(ロ)
4番捕手として2打数ノーヒット。左足を外に出し微動させてタイミングを取るフォームで多分に「振り子」が入っている。決して大柄ではないがスイングに力強さがある。

■立川隆史(ロ)
5番右翼として3打数2安打。里崎ほどではないが彼もオープン気味な構えで「振り子」が少し入ってる。そのためスイングの際に「溜め」が出来ており打球に力感が感じられる。この日は基本のセンター返しを志向。余談だが、横浜がスラッガータイプの野手の獲得を画策しているのならば、先日名前が挙がった西浦よりもこの立川を狙うべきであろう。無論、ロッテにとっては地元選手であるので一筋縄ではいかんだろうが・・・。

■青野毅(ロ)
8番三塁として3打数1安打1打点。先制のセンター前適時打を放つ。サードとしては見事なトンネルを披露・・・腰高を改善したいところ。


  ■掲示板@2軍愛■