【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2001年 7月31日 イースタンリーグ14回戦 ロッテ−巨人(ロッテ浦和)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館

 031 430 013=15
 100 010 002=

G:チョンミンテ(5回・勝投手)、佐藤(2回)、上野(1回)、アルモンテ(1回)−村田善、加藤
M:横田(3回・負投手)、小林渥(1/3回)、山崎(2/3回)、良寛(4回)、川俣(1回)−椎木

本:佐々木、村田善(G)、大村(M)


マリーンズの投手陣が総崩れで15失点。3時間40分にも及ぶ長時間ゲーム。
ジャイアンツのチョンミンテは5回2失点で勝投手になるものの、コントロールがやや不安定で一軍で通用するかどうか、ちょっと怪しい・・・

ちなみにGのカトケン(加藤健)は8回、1死2,3塁という絶好の打点のチャンスで代打で出場するも、良寛の変化球に空振り三振。その後、試合終了までマスクを被る。

なお、この球場は入場無料。1,3塁側それぞれの入口付近にジュース類の自動販売機があるが、売店は無し。
武蔵浦和駅近辺には店はいくらでもあるので、この近辺で仕入れるのが便利。
(駅から球場までは新幹線の高架線沿いの道路を東京方面に歩いて10分ほど)


2001年 7月29日 イースタンリーグ13回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年7月29日(日)
日本ハムファイターズVS.千葉ロッテマリーンズ 13回戦 日本ハム7勝6敗
(ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 13:00 晴れ 試合時間3時間34分

                       H E
千葉ロッテ 100 110 100 ・・ 10 0
 日本ハム 003 101 00X ・・ 12 0

○ 勝利投手 伊 藤 2勝2敗  ● 敗戦投手 後 藤 2勝5敗
HR 本塁打 原田政  6号 後 藤B 3回1死 (日本ハム)
       早 川  5号 櫻 井@ 4回無死 (千葉ロッテ)
2B 2塁打 田中聡 2回1死 (日本ハム)
       藤 崎 3回無死 (日本ハム)
       荒 井 4回1死 (日本ハム)
       原田政 5回無死 (日本ハム)
       光 山 7回2死 (千葉ロッテ)
       藤 崎 8回無死 (日本ハム)
SB 盗 塁 天 野 1回1死 (打者・信原) (千葉ロッテ)
   後 逸 藤 崎 1回2死 (打者・大村) (日本ハム)
   牽制死 澤 井 4回1死 (打者・堀) (千葉ロッテ)
Fc 野 選 天 野 3回無死 (小田一前バントを3塁送球) (千葉ロッテ)

(千葉ロッテ) 1回先制、5回一気の反撃も攻め切れず。早川5号、天野3安打、光山タイムリー
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8  9
(4)  堀  5 2 0 1 0 中安 遊ゴ    中安    見振     遊ゴ
(8) 於 保 4 0 0 0 0 投犠    投ゴ 二ゴ    三邪     中飛
(3) 天 野 4 3 0 0 1 左安    四球    左安    右 安    遊ゴ
(5) 信 原 5 1 0 1 0 三振    一ゴ    右安    左 飛    中飛
(7) 大 村 3 1 0 0 2 四球    四球    中安    二 ゴ    右飛
(2) 椎 木 2 0 1 0 0 二ゴ    右飛    左犠・
H 2 光 山 1 1 1 0 0                   右中2・
(9) 早 川 4 2 1 1 0    三ゴ    右本・三振    左 安
(DH) 澤 井 1 0 0 0 2    四球    四球 中飛
H DH 里 崎 1 0 0 0 0                   二 ゴ
(6) 青 野 3 0 0 2 0    三振    一犠    遊ゴ     見振
     :             :  :  :  :  :  :   :  :  :
    残塁10 33 10 3 5 5  2  1  2  1  2  0   2  0  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 原田政逆転6号スリーラン、藤崎爆発!3安打猛打賞2塁打2本、荒井、小田タイムリー
       で連勝
        打 安 点 振 四  1   2   3   4  5  6  7  8
(6) 小 田 3 1 1 2 0 三振     一Fc 三 振    左安・   投犠
(8) 石 本 5 1 0 1 0 左飛     中 飛 見 振    左安    投ゴ
(7) 原田政 5 2 3 1 0 中直     中 本・:    右2 右飛    見振
 3  山 地 0 0 0 0 0    
(DH) 西 浦 3 0 0 0 1    四 球 一 ゴ     遊ゴ 二飛 
(4) 阿久根 4 1 0 2 0    二 ゴ 三 振     三振    左安
(5) 田中聡 4 2 0 2 0    左中2     右 安 三振    三振
(9) 大 貝 3 0 0 2 0    三 振     投 犠    三振 二飛
(3) 7 荒 井 4 2 1 0 0    遊 飛     左越2・   中安 遊ゴ
(2) 藤 崎 3 3 0 0 1        右中2 死 球    右安    右2
     :             :   :   :   :  :  :  :  :
    残塁10 34 12 5 10 2  0   2   0   2  1  3  1  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 Fcはフィルダースチョイス

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(千葉ロッテ) 後藤4回途中1被弾4失点で●、戸部6回4連打で1失点、川井2回を2安打無失点
 ● 後 藤   3 1/3  18  5   1   2   3   4
   山 崎     2/3   2  0   0   0   2   0
   戸 部   1 1/3   9  5   0   0   3   1
   小林渥     2/3   2  0   0   0   0   0
   川 井   2     8  2   0   0   2   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 櫻井5回途中で降板6安打2責点、斎藤1回を1安打無失点、伊藤4回を3安打1失点
       で○
   櫻 井   4 0/3  22  6   1   5   2   2
   斎 藤   1     4  1   0   0   1   0
 ○ 伊 藤   4    15  3   0   0   2   1


日本ハム − 4 千葉ロッテ

週末に鎌ケ谷での試合は7月上旬以来の日本ハム、前日の接戦に勝利し今日も勝って週末の連勝に期待。今日の先発は千葉ロッテ後藤、日本ハム櫻井の両先発。1回千葉ロッテは相手のミスから先制する。1番の堀がセンター前に落ちるヒットで出塁すると、2番於保がすかさず送りバントで1死2塁。さらに3番天野がレフト前ヒットで早くも1、3塁と櫻井の立ち上がりを攻める。続く信原の時に1塁ランナー天野が盗塁を決めて2、3塁。信原は三振も続く大村の時に、藤崎が後逸で千葉ロッテ1点を先制した。1回の日本ハムは2死から3番原田政が、初球攻撃でセンターへのいい当たりだが、センターライナーで無得点。2回日本ハムは4番西浦が四球、1死から田中聡が左中間を抜けるツーベースで1、3塁と同点のチャンスだったが後続が凡退して得点できず。3回千葉ロッテは1死から天野が四球で出塁、信原凡退後、大村が四球を選んで1、2塁と追加点のチャンスだが続く椎木がライトフライで追加点ならず。その裏、日本ハムは一撃で試合をひっくり返す。先頭の、今日はスタメンマスクの藤崎が巧い流し打ちはライトの右を抜け、フェンスまで到達するツーベースで出塁。さらに1番に戻って小田がバントを試みると、これが一塁手・天野の前に転がるナイスバント。しかし天野がこれを捕球すると足の速さに難のある藤崎を3塁でしとめる為に送球。ところが、悪送球という程ではなかったが、3塁にスライディングしてきた藤崎と信原が交錯する格好となってしまい、信原が落球してフィルダースチョイス。これで無死1、3塁とまずは反撃の体勢が整った。続く石本はセンターフライも3番・原田政、原田政の打球はライト方向へ吹く風に負けず、左中間へスタンドイン!第6号逆転スリーランホームランで日本ハムが逆に3−1とリード。しかし4回千葉ロッテは、一発の返礼を一発で返す。この回先頭の7番・早川が放った打球はライトスタンドへ入る第5号ソロホームランで3−2と1点差に詰め寄る。さらに澤井が四球で出塁すると、青野がこれを送ってランナー2塁と同点のチャンス。1番に戻って堀がセンター前ヒットで1、3塁とチャンスが広がる。しかし続く於保がセカンドゴロで得点できず1点差まで。するとその裏日本ハムは、この回先頭の田中聡が今日2本目のヒットはファーストの足元を鋭く抜けるライト前ヒットで出塁。続く大貝が送って2塁、続く荒井がレフトへ打った打球に大村が追いついて捕球するかのような守備体勢だったが、打球はそのまま大村を越えてフェンスに到達。タイムリーツーベースとなって1点追加4−2と差を広げにかかる。続く藤崎に死球を与えた所で後藤は交代、千葉ロッテ2番手には山崎がマウンドへ。その山崎は1番小田、2番石本を連続三振に斬って追加点を許さない。

5回千葉ロッテは、今一つ制球の定まらない櫻井を捉える。先頭の天野がレフト前ヒット、続く信原もライト前ヒットの連打で無死1、2塁とした所で櫻井は降板、2番手は斎藤。しかしその斎藤も続く大村に今度はセンター前に運ばれて3連打で無死満塁と同点どころか一発出れば試合が決まりかねない場面に。しかし続く椎木がレフトへ犠牲フライを放って1点返して4−3と再び点差は1点に。直も続くチャンスだったが、前の打席でホームランの早川が三振、澤井も平凡なセンターフライで1点止まり。その裏日本ハムは先頭の原田政がライトへのツーベースも後続が3人凡退。6回から日本ハムは3番手に伊藤を送る。6回千葉ロッテはその伊藤の前にあっさり3者凡退。何とか点差を広げたい日本ハムはその裏、1四から荒井がセンター前ヒットで出塁、続く藤崎が第1打席にそっくりの打法でライト前に落ちるヒット、この間に荒井は一気に3塁へ。1死1、3塁から1番小田がレフト前にタイムリーで5−3と再び2点差をつける。さらに続く石本にもレフト前にヒットを打たれると、千葉ロッテは4番手小林渥にスイッチ。すると小林渥は西浦、原田政をフライに打ち取って追加点のチャンスを摘む。反撃にでる千葉ロッテは7回、先頭の天野がライト前に今日3本目のヒットで出塁、2死になって椎木に代わって代打・ベテラン光山。その光山は以前にも鎌ケ谷で代打で登場し打った右中間へのタイムリーツーベースで1点を返し5−4とした。7回裏から千葉ロッテは5番手に川井を送りこれ以上の失点を抑えに入る。7回の日本ハムは先頭の阿久根がヒットで出塁するが、後続の3人が簡単に打ち取られて無得点。前日の厚沢同様、快調にリリーフを続ける伊藤は8回の千葉ロッテの攻撃も、先頭の青野を見逃し三振に斬り、この回も3人で片付ける。そして8回裏、2死からファームでは珍しいシーンに遭遇する。打者は今日ホームラン2安打の原田政、しかし見逃しの三振の判定にコールされるとバットを手放し、ヘルメットを思い切り地面に叩きつける、悔しがり様。これが審判への侮辱行為とみなされて、球審・新屋が退場を宣告。点差は詰まっていたが、それほど重要な場面ではない所での三振にこれだけの、怒り様は真相が知れず。9回表の守備にはファーストの荒井がレフトへ、原田政に代わってファーストに山地が入る。9回千葉ロッテの攻撃は、3番からの攻撃。しかし、天野、信原と簡単に凡退、続く大村もライトフライで試合終了。日本ハムが前日に続き3時間30分を越える接戦を制して、後半戦を連勝スタート。1軍同様に上位叩きに入る。

◆ 球 審 新 屋             ◇ 公式記録員 野 中(セントラル・リーグ)
  1 塁 平 林
  2 塁 村 越
  3 塁 津 川(パシフィック・リーグ)


2001年 7月29日 ウエスタンリーグ12回戦 中日−阪神(岡崎市民球場)報告者:torahisaさん

<岡崎市民球場>
鳴尾浜 000 000 000 
ナゴヤ 000 100 01X 

先発金澤から高橋の本塁打で先制し、8回に併殺崩れの間に
1点を追加したドラゴンズの勝ち。
金澤の力投に応えられなかったタイガース打線は、散発の6安打..。(;_;)


岡崎市民球場は、両翼99.1m、中堅が126mの広い球場、
試合前の阪神の打撃練習で放り込んだのは曽我部&吉田浩。

スターティングラインナップは以下のとおり
【阪神】   【中日】
9 松田   
8 蔵本
8 高波   
6 テル
7 平下   
5 渡辺
5 曽我部  
3 高橋
3 吉田浩  
9 筒井
4 塩谷   
7 幕田
6 梶原   
2 清水
2 中谷   
4 土谷
1 金澤   
1 中里

試合の展開は、
YAHOOの鳴尾浜トピに載せました。


ナゴヤのルーキー中里ですが、無走者の時は真っ直ぐが速いですねぇ。
走者が出てセットになると、やや制球が甘くなりがちですが、
9連勝中の鳴尾浜タイガース打線をゼロ行進に抑えたのはご立派。(@_@;)

鳴尾浜の金澤、被弾こそしましたが、こちらは丁寧なピッチングで
ゴロを多く打たせてました。もう少し育てましょう。(^^ゞ

私が肩入れしている、べーやんこと曽我部直樹、外野からの返球が見られない
のが残念だったのですが、サードの守備もすっかり板についています。
守備範囲については、そういう打球が飛んでこなかったので不明ですが、
送球は流石と思わせるものでした。(^-^)

梶原のショートの守備、送球に危なっかしさを感じましたが、
どうにかこなせるようになってきていますね。
今は将来のサード守備への勉強中と考えてますので、長い目で..。(^^ゞ

あとは..特筆すべき点が少ないゲームだったなぁ..(^_^;)


2001年 7月28日 イースタンリーグ16回戦 ヤクルト−ロッテ(戸田)報告者:RYOさん(HP:野球のために鐘は鳴る♪〜プロ野球総合ページ〜

■7月28日(土)ヤクルト−ロッテ 戸田球場

  R H
浦和マリーンズ 0 0 0 0 0 0 0 3 1 4 6
戸田スワローズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 7

浦:吉田篤史  1勝0敗 1試合
ヤ:坂元弥太郎 3勝4敗10試合

坂元弥太郎オールスター前から続いての4連勝ならず!


◎ 序 章
ベースマガジン夏季号の野球場特集を見ていて、ふと2軍の野球場が見てみたくなり、ヤクルトスワローズ戸田球場に行くことにした。長い移動時間を持て余さぬようバックに本を詰め込み、埼京線で北を目指す。戸田球場の最寄り駅はJR埼京線北戸田駅なのだが、地図を見る限り球場はそこから2.5キロも離れていて、歩いていける距離ではなさそう。前述のベースボールマガジンによれば、1つ先の駅の武蔵浦和の駅から隣接する道満グリーンパーク行きのバスが出ているらしいのでそれを利用することにする。ちなみに埼京線では武蔵浦和の駅の手前で電車の窓からロッテの2軍球場・浦和球場を望むことができる。この日のロッテの2軍メンバーはこれから行く戸田球場で試合のはずだが、居残りだろうか?打者がひとりバッティング練習をしていた。

・・・読み物としても秀逸な「観戦記(画像付き)」の続きはこちらへ(by健一@管理人)
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~yakyu/baseballpark/728.htm


2001年 7月28日 ウエスタンリーグ11回戦 中日−阪神(ナゴヤ)報告者:虎8さん

健一さん、少しご無沙汰しております。虎太郎あらため虎8です(他の掲示板等で同じ名前の方がいますので改名しました)。28日に遠征し名古屋での
名古屋ドラゴンズvs鳴尾浜タイガースの試合観てきました。タイガースの話題中心で恐縮ですが、気になった選手についてご報告いたします。
タイガース 010 300 100 …
ドラゴンズ 000 000 000 …

投手 T 薮(4回)、吉田豊(3回)、吉野(1回)、井上(1回)
投手 D 宮越(3回0/3)、呂(2回)、紀藤(2回)、井本(1回)、小池(1回)

■藪恵壹(神)
あいかわらずのきれいなバランスのよい実にスムーズなフォーム。ひじの故障で心配されていましたが、腕は大きく振れていました。それでも1回、2回は130キロ台が多く(高速スライダーかもしれません)140キロをマークしたのは1球だけ、打者にはライナー性のいいあたりをされていました。しかし、3、4回とイニングが進むごとに140キロ台が出るようになりバットの芯を外すようになり尻上がりによくなりました。MAXは142キロ(2度マーク)、薮独特の右打者アウトコースへのびしっと決まるストレートも見られましたので一安心でしょうか。また、130キロ台後半の薮独特の高速スライダーや大きな曲がりのスライダー、フォークも投げていました。あとは登板以降のひじの具合とスタミナといったところでしょうか。

■吉田豊彦(神)
MAX143キロの切れ味あるストレート、インコースへ切れ込むスライダーは、あいかわらずで腕の振りも非常にシャープ、年齢を感じさせないのだけど、高めに結構ぬけていました。ボリューム感のないストレートなので切れいているときはいいのですが、切れていないときに低めにごまかして投げることが必要なんでしょうね。

■吉野誠(神)
MAX144キロは今日投げた投手の中では両チームで一番、1イニングしか投げなかったけど、最初の2人までは135〜8キロのストレートにカーブ、スライダー、3人目のテル(中)にはあきらかにそれまでと違って力をみなぎらせて140キロ台連発(MAX144)、でも最後に139キロをライト前へヒットされましたが、次の打者を136キロで三振にとりました。結果として三振を2つとったのですが、いずれも136、7キロのストレート(ひょっとしてシュートさせているかもしれませんが)でとったもの。吉野の場合、8割りがたの力で投げた方がいいのかもしれません。よくを言えば1、2、3のタイミングで投げている感じがするので1、2、〜3というのがあればいいと思うのですけど…。

■梶原康司(神)
1打席目は宮越(中)のインコースの138キロのストレートをややつまりながらリストの強さで押し込んでセンター前タイムリー、2打席目は135キロのストレートをシャープにライト前へタイムリー、3打席目は紀藤(中)のインコースのフォークに三振、4打席目は井本(中)のカーブかスライダーにおよいで外野フライ。今日は変化球にあわず。守備では以外と軽快な面も見せましたが、薮が投げているときにショート前のぼてぼての内野ゴロをとってから一呼吸おいてなげて内野安打としてしまいました。

■中谷仁(神)
自慢の強肩で幕田(中)の盗塁をさしました。

■新井亮司(神)
8回に代打で登場、小池(中)の初球131キロストレートを弾き返し、当たりは良かったけどセンター正面でアウト。もうそろそろスタメンで常時出場させたらどうかですかね。

薮の後、藤川、金澤、岡本、窪田、加藤などいずれかの投手を観たかったのですけど、なかなか投げないですね。若手に出場機会を与えるよりなんだか勝負にこだわり過ぎているような感じがしました。残念。またの機会に。

■呂建剛(中)
ストレートは135〜138キロがほとんどですが、球が重いのか、伸びがあるのか打者が押されていたように見えました。まだまだ未完成といった感じ。フォームのバランスも含めてこれからといった感じ。

■幕田賢治(中)
2安打よりも梶原(神)が放ったセンター前タイムリーのときにセンターよりの返球で間一髪セーフになったけど、観客を「オー!」とうならせた肩は一級品。どういう打者を目指すかを早く決めたところかな。


2001年 7月28日 イースタンリーグ10回戦 巨人−日本ハム(太田スタジアム)報告者:hiromaruさん/みつともさん

hiromaruさん編

早速ではありますが、28日の、巨人対日本ハム戦の観戦レポートをさせていただきます。

7月28日、巨人対日本ハム第10回戦(大田スタジアム 3時間40分)
                          
 002 004 000=
 000 400 000=

勝=正田 負=佐藤 S=厚沢
この試合のホームランは出ませんでした。

■試合展開
 巨人先発は小野仁、4回を投げ、2失点、8奪三振とまずまずの結果。しかし、1軍同様、中継ぎ陣がピリッとせず、ハムのビッグバン予備軍の前に倒れる。
 巨人打線は、4回に相手失策に助けられ、打者一巡の猛攻で4点を奪ったのみ、日本ハム2番手、厚沢の好投により、チャンスすら作れず。完敗。
 今日のゲーム、両チーム合わせて6失策と守備の乱れが目に付いた。この日、ファームで調整中の、アルモンテ投手が4番手に登板、三者連続三振に打ちとめ、このときばかりは観客も驚きの表情を見せた。


■28日のスタメン
  
巨人        日本ハム
(左)  山田     (遊)  小田
(中)  十川     (中)  石本
 打    原     (左)  原田
 投   佐藤     (一)  西浦
 投   上野     (二)  阿久根
 打   加藤     (三)  田中聡
 投   アルモンテ  (右)  大貝
 投   内薗     (捕)  駒居
 投   谷      (投)  正田
 打   李       打   藤崎
(二)三 佐々木     投   厚沢
(三)  福井 
 中   鈴木 
(遊)  永池
(右)  高野
(一)  田中健
(捕)  小田
(投)  小野仁
 打   村田善
 中 二 宮崎

■投手リレー
巨  人 小野仁−上野−佐藤−アルモンテ−内薗−谷
日本ハム 正田−厚沢
 
■この試合の目玉選手
●李 景一(巨)
この日は代打で出場、しかし三振。捕手の座をいち早く奪い、その姿を一軍戦で!、
 
●小野 仁(巨)
ノーヒットノーラン男!、4回のハムの攻撃を三者連続三振!。1軍のレギュラー陣に居てもおかしくないのに・・・。GO!GO!.

 なお当日は、JR大森駅より、スタジアムまでの臨時直行バスが運行されました。
時間は、試合開始、終了時刻に合わせて運行しております。(大人片道210円)
7月29日、8月15日・27日の大田スタジアムでの巨人ファーム戦でも、運行の予定があるかと思われます。駐車スペースが限られてるので、「車」での来場は控えてほしいと思われます(この日も移動要請アナウンスが何件か耳にしました)。
  
以上で報告を終わります。
次回は遠く北神戸から、サーパス3連戦(8月3日〜5日、3日・4日はナイトゲーム、)をお伝えする予定です。初めて観戦される方へ、「サーパスの歩き方」を、後日、お伝えする予定です。                                             (続く・・・)


みつともさん編

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年7月28日(土)
読売ジャイアンツVS.日本ハムファイターズ 10回戦 巨  人8勝2敗0分
(東京都大田区・大田スタジアム) 18:00 曇り 試合時間3時間40分

                     H E
日本ハム 002 004 000 ・・ 6 3
巨  人 000 400 000 ・・ 8 2

○ 勝利投手 正 田 2勝0敗   ● 敗戦投手 佐 藤 5勝5敗
S  セーブ 厚 沢 −勝−敗
3B 3塁打 石 本 6回1死 (日本ハム)
2B 2塁打 佐々木 1回2死 (巨  人)
       福 井 4回2死 (巨  人)
       原田政 6回1死 (日本ハム)
SB 盗 塁 小 田 8回2死 (打者・石本) (日本ハム)
 E 失 策 田中聡 3回1死 (佐々木二ゴロを1塁悪送球) (日本ハム)
       田中聡 4回無死 (小田三前バントを1塁悪送球) (日本ハム)
       小 田 4回無死 (村田善三ゴロで三本間狭殺で本塁悪送球) (日本ハム)
       福 井 5回1死 (原田政三ゴロをファンブル) (巨  人)
       宮 崎 8回2死 (小田三ゴロを1塁悪送球) (巨  人)
   暴 投 小野仁 2回2死 (打者・駒居は三振振り逃げ) (巨  人)
       小野仁 3回1死 (打者・阿久根) (巨  人)
   走塁死 大 貝 2回2死 (駒居振り逃げで3塁狙い) (日本ハム)
       小 田 4回無死 (山田三ゴロで三本間狭殺) (巨  人)
       田 中 5回2死 (小田捕邪で2塁タッチアップ失敗) (巨  人)
   牽制死 原田政 6回1死 (打者・西浦) (日本ハム)

(日本ハム) 西浦2点タイムリーで先制、石本満塁から走者一掃の逆転タイムリー、原田政タイムリーで勝利
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5   6  7  8  9
(6) 小 田 3 0 0 2 2 三振    見振    四球 死 球    二失
(8) 石 本 3 2 3 1 2 四球    一安    三振 右中3・
:   四球
(7) 原田政 5 2 1 0 0 三飛    中安    三失 右中
2E・   投ゴ
(3) 西 浦 4 1 2 1 1 三振    右安:   四球 中 飛       二ゴ
(4) 阿久根 5 0 0 3 0    遊ゴ 三振    三振     三振    二ゴ
(5) 田中聡 5 0 0 2 0    遊ゴ 三振    捕飛     三振    左飛
(9) 大 貝 3 1 0 2 1    左安    三振    四 球 見振
(2) 駒 居 4 0 0 3 0    振逃    三振    三 振    遊ゴ
(1) 正 田 1 0 0 1 1       四球 見振
 H  藤 崎 0 0 0 0 1                四 球
 1  厚 沢 1 0 0 1 0                       見振
     :             :  :  :  :  :   :  :  :  :
    残塁9 
34 6 6 16 8  1  1  2  0  3   0  0  2  0
                  ・は打点 2Eはエンタイトルツーベース 
                  見振は見逃しの三振 振逃は三振振り逃げ

(巨  人) 4回相手のミスで同点、佐々木2点タイムリーで一旦は逆転も、中盤から打線沈黙。田中2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(7) 山 田 5 0 0 2 0 遊ゴ 三ゴ    三ゴ    三振       三振
(8) 十 川 2 0 0 2 0 三振    三振
 H   原  1 0 0 1 0          三振
 1  佐 藤 0 0 0 0 0
 1  上 野 0 0 0 0 0
 H  加 藤 1 0 0 1 0                三振
 1  アルモンテ 
0 0 0 0 0
 1  内 薗 0 0 0 0 0
 1   谷  0 0 0 0 0
 H   李  1 0 0 1 0                         三振
(4) 5 佐々木 5 2 2 1 0 左2    三失 左安:   三振       遊ゴ
(5) 福 井 2 1 0 0 1 四球    三ゴ 左2
 8  鈴 木 1 0 0 1 0                   見振
(6) 永 池 4 0 0 0 0 中飛    右飛 三ゴ       右飛
(9) 高 野 4 1 0 2 0    遊ゴ    中安 見振    三振
(3) 田 中 3 2 0 1 1    四球    左安 中安       三振
(2) 小 田 3 1 0 0 0    左安    三犠 捕邪       左飛
(1) 小野仁 0 0 0 0 0    三犠
 H  村田善 1 0 0 0 0          遊失
 
84  宮 崎 2 1 0 0 0                遊安    右飛
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁8 
35 8 2 12 2  2  2  1  2  0  1  0  0  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 正田味方のエラーから失点も直後に逆転で○、厚沢3回を無四球8三振の好投でセーブ
 ○ 正 田   5    26  7   0   2   4   0
 S 厚 沢   4    13  1   0   0   8   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(巨  人) 小野仁3回連打で2失点、佐藤逆転打許す。アルモンテ3者三振、内薗、谷無失点
   小野仁   4    18  4   0   2   9   2
 ● 佐 藤   1 
1/3  11  1   0   5   3   4
   上 野     
2/3   2  1   0   0   0   0
   アルモンテ   
1     3  0   0   0   3   0
   内 薗   1     5  0   0   1   1   0
    谷    1     3  0   0   0   0   0

●巨  人4−日本ハム

首都高速が隣を走り、外野には物品輸出用のコンテナが見え、航空機が外野上空を飛ぶ。野球場の風景とは思えない球場周辺だが、スタジアムはナイター照明に照らされ人工芝とはいえ、鮮やかな緑が映えていた。いつもの地方球場カードとは違い今日の試合は両軍の1軍本拠地がある東京都での試合。その東京でもここは大田区の臨海沿いにある大田スタジアムでの1戦。

先発は日本ハムが、前回宮城での同カードで初回から2被弾などで散々だった正田。1軍昇格へ今度こそ好投を期待。巨人は小野仁が先発。1回日本ハムはその小野仁に秋田、宮城と続き三振ショー3度目の幕開けとなる攻撃、先頭の小田が三振し石本が四球で出塁も原田政は打ち損ないのサードフライ、4番の西浦も三振と早くも2三振で無得点。1回裏巨人は2死から佐々木がレフト前へのポテンヒット。原田政が前進してくるが、後逸を恐れて打球を手前に落とす、ところが全面人工芝のグランドにこの打球が高くバウンドしこの間に佐々木は2塁へ、ツーベースとなる。さらに続く福井にストレートの四球で2死1、2塁と正田は早くもピンチ。しかし、ここは続く永池をセンターフライで巨人も無得点。2回日本ハムは2死から7番大貝が流し打ってレフト前ヒットでチーム初ヒット、続く今日は先発マスクでアピールには持ってこいの駒居だが、三振。しかしこれは振り逃げの状態となって駒居は出塁・・したのは良かったが1塁ランナーの大貝が一気に3塁を狙う!幾ら大貝の足が駿足でもこれは暴走、小田が3塁へ送球してタッチアウトでチャンスにならず。2回の巨人は1死から田中が四球、小田がレフト前ヒットで1、2塁のチャンスに9番小野仁がサードへ送りバント。これが成功して2死2、3塁と先制のチャンス。だが1番山田がサードゴロでチャンス生かせず。巨人に得点を許しだすと一気に行かれる事が多い故に、早く先制点を奪って正田を楽にたい日本ハム打線は3回、先頭の正田が自らチャンスの足がかりを作る。粘って四球で出塁すると1死から石本。石本の打球はファーストゴロだが、バウンドも付いて1塁ベースカバーもやや遅れてセーフ、内野安打で1、2塁。続く原田政がセンター前にクリーンヒット、先制点と思ったが2塁ランナーが投手・正田の為、西3塁コーチが予めストップを掛けてこれで満塁。続くは4番西浦、レフトからライト方向への強風にいつものレフト方向へのホームランは狙えなかったのか、ここはライト前に巧い流し打ち。2者が生還して2点タイムリーで日本ハムが先制した。さらに、1、2塁と続くチャンスに小野仁が暴投でランナーが進塁。しかし阿久根、田中聡と左打者2人が連続三振。その裏巨人は1死から佐々木がエラーで出塁するが後続が凡退して無得点。4回日本ハムは大貝から始まる下位打線とはいえ3者連続三振を喫してしまう。これで4回で9個もの三振とやはり小野仁に相性が悪い。すると日本ハムのリズムが崩れたのかその裏、巨人は相手のミスに付け込んで一気に逆転する。この回先頭の高野、続く田中が連続ヒットで1、2塁とチャンスに、続く小田が送りバントを敢行、するとサード前へ転がる。難なく処理と思ったが田中聡がこれを1塁悪送球。この回に高野がホームインでタイムリーエラーで1点差。さらに続く小野仁の代打・村田善はピッチャーゴロ。正田が捕って飛び出した三塁ランナーを三本間に挟む。ところが、この狭殺プレーに入ったショートの小田が本塁へ悪送球で、最後は駒居がタッチも空タッチとなってしまいセーフ。これには白井監督以下首脳陣が総出で抗議も判定変わらず。2−2の同点となって、1番戻るが山田、十川の代打・原が三振で2死。しかし続く佐々木がレフト前に2点タイムリーを放って4−2と巨人一瞬にして逆転に成功。
5回から巨人の2番手には佐藤がマウンドへ。しかしその佐藤、制球が課題と自ら言っていたがホントに課題だと思わせる投球を披露してしまう。先頭の小田に、四球を与え、1死から原田政はサードゴロ。しかしこれを福井が弾いてエラー、ところがこの打球が顔面に当った様で福井は交代、鈴木がセンターに入り宮崎がセカンドへ、セカンド佐々木がサードへ回る。さらに続く西浦にも四球を与えて満塁と日本ハムはチャンスだったが、またしても阿久根、田中聡の左打者が凡退して無得点。その裏巨人は先頭の高野が三振、田中がセンター前ヒットで出塁。続く小田はキャッチャーへのファールフライ、バックネット手前への飛球で駒居がこれを捕球、すると1塁ランナーの田中が駒居をナメた訳ではなかろうが、2塁へタッチアップ!しかし駒居が2塁へ確実に送球してタッチアウトに仕留める。捕球位置から2塁までの距離があったからのスタートだったがこれは無謀だった。制球難と自認する佐藤だが、やはり四球が失点を招いた。6回先頭の大貝が四球で出塁、1死から正田の代打・藤崎が追い込まれながらも四球で1死1、2塁。1番に戻って小田。その小田への初球が腕付近への死球となって満塁と、一打逆転のチャンスに続くは石本。外野はバックホームに備えてやや前進、右・左中間を抜ければ・・そんな期待に石本が鮮やかとしか、言い様のない形で応える。簡単に2ストライクと追い込まれながらも粘る。そして打った打球は期待通り、右中間への鋭い打球!ライト高野が追いつけずフェンスまで打球は転々。一気に3人のランナーがホームインして5−4と逆転に成功、石本は駿足飛ばして3塁へ到達。走者一掃の逆転タイムリースリーベースで反撃。ここで巨人は佐藤に代わって3番手に上野を投入、さらに続く原田政の打球も右中間への飛球、センター右を越えてワンバウンドでヒットになると、この打球が高くバウンドしてそのままオーバーフェンス。エンタイトルツーベースで石本が生還して6−4と差を2点に広げる。続く西浦にも長打が期待だったが、2塁ランナーの原田政が投球を待たずにスタートする様なリード、佐藤が外して2塁へ牽制球すると既に原田政は戻れない程、離塁しており滑り込むこともできずにタッチアウト。西浦もセンターフライだが、日本ハムが一気に逆転に成功した。土壇場で勝利投手の権利を手にした正田に代打が起用された為、日本ハムの2番手には厚沢がマウンドへ、その厚沢が小野仁に張り合う様な三振ショーを演じる。6回巨人は途中から守備で出場し、センターからセカンドに回っていた宮崎から、宮崎のサード左を抜ける打球にショート小田が回りこんで捕球もそこまで。内野安打で出塁、しかし1番に戻って山田、2番上野の代打・加藤、3番佐々木を3者連続三振に仕留め巨人の反撃を許さない。7回から巨人は4番手に先日1軍でリリーフに失敗し降格となったアルモンテがマウンドへ。そのアルモンテがスタンドを沸かせる。球場の電光掲示板に速度計表示が付いていた事もあって、それは大歓声となる。先頭の阿久根に投じた投球は152km/hを表示。あまりの速球に阿久根は当てることもできずに三振、続く田中聡も全く打撃にならず三振、さらに大貝もアッという間に追い込まれて最後は見逃しの三振。投じた速球全てが150km/hを越えてはお手上げである。7回裏巨人も厚沢の投球に三振を連ねる。先頭の鈴木が見逃し三振、永池はライトフライも、高野が三振で早くも厚沢は2回で4つの三振と巨人投手陣に張りあう。8回から巨人は5番手に内薗をマウンドへ。日本ハムは2死から小田がセカンドゴロ、3者凡退かと思ったが宮崎が1塁へ悪送球。逸れた送球を捕った田中が小田にタッチしたようだったが、セーフの判定に今度は巨人・高田監督が抗議。しかし判定変わらず。続く石本とは勝負を避けたような四球で2死1、2塁としたが原田政が凡退で追加点ならず。8回巨人の攻撃は7番からの下位打線だが、厚沢の前にあっさり3者凡退。9回巨人は6番手投手に谷を送る。日本ハムは4番からの攻撃だが、3者凡退。好投を続ける厚沢の前にヒット1本の巨人打線だが、9回裏も反撃にならない。先頭の1番山田が三振、続く谷の代打・李も三振で2死、あと1人から佐々木は平凡なショートゴロ。これで試合終了、日本ハムが2度の集中打で逆転勝利、正田は寸での所で敗戦投手から勝利投手になり2勝目、4回を8三振の好投厚沢がセーブ。この勝利でようやく対戦カード2勝目をマークした。

◆ 球 審 本 田            ◇ 公式記録員 新向井(セントラル・リーグ)
  1 塁 牧 田
  2 塁 萩 原
  3 塁 濱 野(セントラル・リーグ)


2001年 7月20日 フレッシュオールスターゲーム 全イースタンvs全ウエスタン(東京ドーム)報告者:健一

■7月20日(金祝)フレッシュオールスター(東京ドーム)

                        R  H E
ウエスタンリーグ選抜|000 000 031| 4 10 3
イースタンリーグ選抜|000 313 30X|10  9 0

ウ:中里篤史(中_3回)−●山本省吾(近_1回)−藤田太陽(神_2回)
 −佐竹学 (広_1回)−山田秋親(ダ_1回)
イ:上野裕平(巨_2回)−
高橋一正(ヤ_2回)−大沼幸二(西_2回)
 −渡辺俊介(ロ_1回)−酒井純也(巨_1回)−後藤伸也(湘_2/3)
 −井場友和(日_1/3)
本塁打:里崎智也・蔵本英智


■ウエスタン      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊) 沖原佳典 (神)200 死球    遊ゴ 三ゴ
打遊  阿部真宏 (近)210                   投ゴ    右2
(中) 赤星憲広 (神)510 三振    ニゴ    遊ゴ    投ゴ    中安
(指) 高見澤考史(サ)330 右安    四球    中安       左2 四球
(一) 吉本亮  (ダ)320 四球    左安    三併       左2 四球
(右) 中濱裕之 (近)100 遊併    四球
打三  梶原康司 (神)310                中安    一ゴ 一併
(三) 相川良太 (サ)300    三振 中飛       三振
 右  蔵本英智 (中)213                      左本:・三振
(左) 岡上和典 (広)300    三振    遊ゴ    三振
打左  辻田摂  (中)000                      死球
(捕) 清水清人 (中)110    死球    左安
打捕  木村一喜 (広)200                中飛    遊ゴ
(二) 川崎宗則 (ダ)400    三振    中飛       遊飛 一ゴ

■イースタン      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 赤田将吾 (西)500 中直    三邪 遊ゴ    三失 三振
(左) 田中充  (湘)312 四球    中飛    四球 右安:   二ゴ
(右) 高山久  (西)311 三振       三失 中安 中犠・   四球
(一) 七野智秀 (湘)400 一ゴ       死球 三邪 一邪    三振
(指) 高橋信二 (日)521    三振    三安 遊ゴ・   左安 三振
(三) 畠山和洋 (ヤ)200    三ゴ    一飛
 遊  内川聖一 (湘)210             中飛    右2
(二) 渡辺正人 (ロ)110    捕安    四球    四球
打二  水田圭介 (西)100                   投ゴ
(遊三)飯山裕志 (日)322    遊ゴ    左安・   二安 左犠・
(捕) 加藤健  (巨)000
 捕  米野智人 (ヤ)100       三振
打捕  里崎智也 (ロ)213          右犠・   中直 左本:


■イースタン    回 安 三 四 死 失 責
 上野裕平(巨)  2 1 4 1 2 0 0
○高橋一正(ヤ)  2 2 0 2 0 0 0
 大沼幸二(西)  2 2 2 0 0 0 0
 渡辺俊介(ロ)  1 0 0 0 0 0 0
 酒井純也(巨)  1 3 0 0 1 3 0
 後藤伸也(湘)  2/3 2 0 2 0 1 0
 井場友和(日)  1/3 2 1 0 0 0 0

■ウエスタン    回 安 三 四 死 失 責
 中里篤史(中)  3 1 3 1 0 0 0
●山本省吾(近)  1 2 0 1 1 3 1
 藤田太陽(神)  2 3 0 2 0 4 3
 佐竹学 (広)  1 3 1 0 0 3 3
 山田秋親(ダ)  1 0 2 1 0 0 0



【試合前のアトラクション】

■選手入場
両チームの選手紹介が行われています(ホームのイースタンから)蒼々たるメンバーです。近い将来この中の何人かは間違いなく一軍でバリバリと働く選手が出てくるのでしょうね。また浅黒い顔・背番号の大きさが目立つところに初々しさが印象的ですな。(国歌斉唱をされた方は存じませぬが、ビジュアル系ボーカリストなんすかね ^^;)


■スピードガンコンテスト
加藤健(巨)
米野智人(ヤ)畠山和洋(ヤ)吉本亮(ダ)相川良太(サ)蔵本英智(中)で争われます。加藤健米野智人相川良太蔵本英智なんて150km近い数値出しますかね?トップ予想としては蔵本英智かな。次点加藤健相川良太か?

ちびっ子8名も混ざって各2球でスピードの出た方を採用とのことです(ちびっ子の球速は省略 ^^; 大凡60〜80km)。

 加藤健 (巨) 135km
 
米野智人(ヤ) 134km
 
畠山和洋(ヤ) 129km

 
吉本亮 (ダ) 123km
 
相川良太(サ) 128km
蔵本英智(中) 148km

思ったほど球速は出なかったようです・・・しかしながらさすが学生時代は投手・外野兼任だった
蔵本英智(打撃力をアップして打倒大西崇之か!?)。イチロー新庄剛志のような撓りがありました@これぞ強肩!。イースタンの捕手陣は小さなテークバックで素速く投げる「捕手投げ」のため球速は伸びず。畠山和洋はスイングスピードで勝負したいところでしょうか(笑)


■ダイヤモンドリレー
大久保勝信(サ)岡上和典(広)赤星憲広(神)飯山裕志(日)内川聖一(湘)高山久(西)が出場。これまたちびっ子を交えて本塁(一塁方向へ)・二塁(三塁方向へ)上から同時にスタート。ちびっ子も混ざっているのでお遊びではありますが、ウエスタンは追い付かれそうになりました。


【大まかな試合内容 with 「観てある記」から抜粋一口コメント】

■一回表
上野裕平沖原佳典に死球。二番赤星憲広にはストライク先行もスライダー、ストレートをカットされていますねえ、決め球が。。。赤星憲広沖原佳典の阪神一軍組は今朝移動でお疲れのようです。フルカウントまで粘るも外角ストレート(139km)を空振り三振!

三番
高見澤考史は初球をライトにクリーンヒットです。#一死一二塁

四番
吉本亮の時に二塁走者沖原佳典二塁から三塁へ盗塁で一死一三塁。吉本亮にも臭いところを突くものの四球で一死満塁。ここで中濱裕之チャンスです。しかし初球をお誂えのショートゴロ、遊二一と併殺完成。


一口コメント■高見沢考史(サ)
俊足・強肩・ミートの巧い打撃と三拍子揃ったルーキー。打撃フォームは非常にオーソドックスで、動きの少ない打撃でこれならぶれることも少なく対応力も非凡なんだろうなと思わせてくれました。#現ロッテの秦真司二軍打撃コーチの現役時代に似ています!肩も強肩と三拍子揃った好打者。

一口コメント■中濱裕之(近)
昨年までの構えはバットをやや捕手方向に寝かせてバットの出をスムーズにしたような打撃フォームでしたが、本日見ましたところ身体をやや開き気味の構えは変わらないのですが、寝かせていたバットを立たせオーソドックスな位置にしていました。そして左肩を開かないようにしてかボールにバットをぶつけるようなスイング。小柄だがパンチ力あり。


□一回裏
中里篤史の初球をセンターやや左前に落ちそうな当たりを赤星憲広好捕。しかし中里篤史いきなり145km!今度は149kmいやー、昨年の埼玉県予選決勝の彼から一回り大きくなったようです。#田中充には四球。

ストレートは145km以上でキレもよく、スライダー@120km弱、カーブ@100km台と後半戦一軍で起用されてしまうんでしょうねえ(じっくりというのも分かりますが、だって良いんだもん)。
高山久は三振、七野智秀は一ゴ。


■二回表
相川良太三振、上野裕平140km弱のストレートといつものスピードは出ていませんが、ボールの勢いはありあそうです。一軍でも代走で出場している岡上和典が左打席に立ちます。岡上和典に対しても外角高めの真っ直ぐで三振。そして「サツロー」こと川崎宗則にも膝元の真っ直ぐで見逃し三振!!

一口コメント■相川良太(サ)
リストの効いた打撃は進藤達哉バリですよ。ただ滅法強い対ストレートですが、大凡変化球には弱い・・・が今後の課題でしょうか。

一口コメント■岡上和典(広)
春先の観戦記で「左打ち」とか言ってしまいましたが、スイッチ取得中なんですね。作られているのが「左打席」の方で、本来が「右打席」のようです。左打席ではオープンスタンスで、小さなスイング(左脇を締めて叩き付ける!)を心懸けており、右打席はオーソドックスな構えで右方向への執拗なバッティングをしていました。パンチ力はないけれど守備ありきの繋ぎ役を目指す。#バウンドの合わせ方なんかセンスがあるんじゃないですかねえ。


□二回裏
打撃の良い
高橋信二を高めで空振り三振。畠山和洋も引っかけさせ三ゴ。渡辺正人は捕手前のゴロが内野安打。飯山裕志中里篤史の速球に差し込まれショートゴロ。


■三回表
この回から上野裕平に代わって
高橋一正登板。阪神「一軍」の沖原佳典赤星憲広を遊ゴ・ニゴで抑える。高見澤考史四球、吉本亮左安で繋ぐ。中濱裕之は平凡な中飛。


□三回裏
途中出場の
米野智人高めストレートに三振。赤田将吾田中充も抑えられました。

中里篤史145kmを優に越えるストレート!撓っていますねえ。予想以上に良かった投球内容でした。


■四回表
前の回から投げている
高橋一正高津臣吾型のサイドハンドに投げストレートは135kmちょいで右に左に投げ分ける。シンカーを磨いている最中です!細かい制球力が欲しい。

試合展開は上記のテーブルも交えますね。


□四回裏
中里篤史に次いで山本省吾登板です。高山久が変化球を引っかけるがサード相川良太一塁へ悪送球!!
高橋信二も三塁へボテボテの当たり、相川良太よく捌くものの内野安打、また悪送球の間に高山久が三塁を蹴り本塁生還。

満塁から
飯山裕志がレフトへ適時打で一点追加。駒のようにクルッと回りました。守備は抜群なんすから!代打里崎智也もライトへ犠牲フライを打ち上げ更に加点。

一口コメント■山本省吾(近)
足首の故障からGW後実戦登板。スリークォーター気味の左腕、ストレートは130kmを切るぐらいでまだまだ本調子ではないのでしょうが、外角に流れるスライダー@(118km・123kmと同変化球にて二段階の球速ありか)はプレートの左端からと対角も付いていて打者はかなり苦戦すると思います。夏前には一軍でガンガン中継ぎとして重宝されるかと思われます!

一口コメント■里崎智也(ロ)
左足を一足半後ろに下げ、左肩はあまり開かない変則的なオープンスタンス。バットはグリップギリギリを握りかなりバットを長めにしてスイング#ちょっとしゃくり上げるところも見えます。


■五回表
三番手
大沼幸二登場。


一口コメント■大沼幸二(西)#(春先の試合の寸評より)
今年のドラフト1位、投球フォームは、リラックスに相反する力が入った投球フォームで地肩の強さが伺い知れます(体全体と言うより右腕で「おりゃあー」と言った感じ)。球速は最速148kmでそれに近い球もビュンビュン放っていました。この特長に反しての制球難と変化球のショボイところもあります。

しかしこれだけ速い球でそこそこの制球があれば2軍では頭一つ抜けると思います。8回表からの登板だったのですが、当にこの回はそれを地で行く投球でした。そんなに凄いとは感じない変化球でもあの快速球の後では、タイミングもずらされたりと成り立っていました。しかしその一本調子にはまる格好となった9回表もありました、走者を背負いボールがモロに先行、置きにいったのか分かりませんが藤島誠剛にも適時打を打たれるなど脆さも見せていました。

彼は社会人野球経由のドラフト1位ですが、「即戦力」ではなく「素材型」なんですね。課題は、投球フィニッシュ時に顎があがってしまいフォームのバランスが悪くなる時があるそうです、もしかしたら8回と9回の内容の差はこんなところもあったのかもしれませんね。#一軍で安定した投球を見せるまではちょっと時間が必要かも。


□五回裏
三番手期待の藤田太陽登板。さてフォームは・・・「2段」です。球速は145km前後(最速149km)。思いきり投げてますね。ストレート中心の投球、、、この内容どこかで見た記憶が、、、そうこれは五輪壮行試合での試合ですよ、あの時は落選の悔しさを晴らすかのようなストレート一辺倒でしたね。力強いボールが集まっています。

田中充には力んだのか四球、走者を背負ったので1段にしてクイック。ストレートが140km台前半に少々ダウン。そして高山久は詰まりながらもセンター前に運び、一死一三塁。

一口コメント■田中充(湘)#先日観たとある試合です。
右足を上げるのですが、つま先が下を向くような型ではなく足の裏と地面とが平行になるような、いわゆる佐伯貴弘(横)と似た感じの足の上げ方です(恐らく参考にしているのでしょう)。

三回裏の先制時の舞台を作り上げた右越え2塁打は見事でした、ツボにはまれば長打も繰り出す今季好調な田中充です。打撃にややムラを生じるタイプですのでこのままの打撃を残せるかというと疑問かな!?<要はここらへんが一軍/二軍の壁!#4打数1安打(二塁打)


気合いの入った
高橋信二の遊ゴの間に田中充が生還。内川聖一の当たりはあわや適時打とないそうな中直。赤星憲広好捕でした!彼は後ろへの打球に危うさを覚えるのですが、前は良いっすよね。藤田太陽、ふー(^^;)


■六回表
代打
梶原康司、剛速球を投げる大沼幸二に力負けしません!彼の振り抜きは一級品です。打球はセンターへ弾き返されました。

しかし
相川良太岡上和典にはストレートとフォークのコンビネーションで奪三振。打撃?は好調の木村一喜も力負けセンターフライです。

一口コメント■梶原康司(神)
梶原康司は4月の月間MVPで3割近い打率から現在2割前半へ急降下中・・・と代打も交えて低迷中でしたが、先日久しぶりの一発!に2四球それ以後の数試合にも安打が出るようになりまた持ち直してきました。

バットを腹の前に構え、そこからケツでタイミングを計りスパッと小さく鋭くバットスイングはタイガース打線では出色(ストレートに差し込まれる印象が強い虎打線の中では今後も含めて頼もしい存在です)。


□六回裏
藤田太陽ストレート主体の力投・・・もややボールが上擦り気味。あらっ渡辺正人に四球。飯山裕志は投手を越える二塁内野安打、巧く捕球できていたら二封出来たかもしれませんが。里崎智也は低めのストレートをひっぱたきセンターへ、赤星憲広は前にダッシュしてから一転後退しなんとか捕球(赤星憲広も苦笑)。#しかし藤田太陽捕らえられていますねえ、ストレートを試す心意気は良しか。

高山久はフルカウントから高いバウンドのゴロ、相川良太の失策で出塁。田中充もストレート狙いで一塁横を破る2点適時打。


■七回表
サブマリン
渡辺俊介登板。山田久志(急)のしなやかさとゆうよりかはキビキビしたアンダースローでしょうか。この回3人でピシャリ。#アンダースローの地位向上も目指す!<「こういう投手も必要だと言うことを証明したい」とも述べています。


□七回裏
左のサイドハンドに転向した二年目
佐竹健太登板。右打者2人に連打で無死二三塁。代打水田圭介投ゴの間に走者はそれぞれ進塁し飯山裕志があわやレフトオーバーの当たりを岡上和典が好捕、しかし犠牲フライでまた加点。

そしてひっぱたく打撃には定評のある
里崎智也の2点本塁打!!#巧くすくい上げましたよ、彼が「MVP」かな。


一口コメント■佐竹健太(広)#春先のとある試合です
左のサイドスローストレートは135km前後も抜くカーブが110km前後で上手く緩急を付けて松元秀一郎・高見沢考史・新井潔の左打者を打ち取っていました。左キラーになれるかどうかが一軍定着の鍵でしょうか。

NKKから入団した昨年までは、確かにオーバースローでしたが、現在は完全な「左のサイドスロー」でした。球速は130km前後で、田村勤(神→オ)型の速球型ではなく、よくいる軟投派のワンポイント向きでしょうか。プレートを目一杯に使い(一塁側ギリギリに足を掛けていました)左打者の背中から放ろうとしているようにも見えました。

このタイプは広池浩司に続くのですが、制球力は佐竹健太の方があると思います。球威はそう感じません(オーバースロー時も)が、試合数で抑えるショートリリーフで生き抜く(ただ勝ちゲームで「松井秀喜」等々の場面でワンポイントというのは怖いです(^^;))。


■八回表
五番手酒井純也登板。
高見澤考史右に左にと三本目の安打、スプレーヒッターですね。吉本亮はレフトに跳ねる二塁打。当たりが微妙で高見澤考史三塁ストップ。2人の走者を置いて走りと守りの蔵本英智が打ちました、酒井純也の内角のストレートをしゃくり上げるようにフルスイング!スピードガンコンテストだけではなかったようです!?#木村一喜川崎宗則ともに内野ゴロに倒れる


一口コメント■蔵本英智(中)#とある試合です
広い守備範囲に強肩そして俊足だが打撃が課題。本日も走者一塁の場面で、吉本亮の中翼右への飛球に素速く回り込み捕球すると、飛び出した一塁走者を矢のような送球で刺すという場面がありました。守備から入り二塁への高いバウンドの内野安打もありましたが、手打ちの感あり。打撃力がアップすれば、大西崇之を超えられるか!?



□八回裏
五番手
山田秋親登板。後半戦一軍のキーマンとなるかもしれませんね。「水野雄仁」似の殴りつけるようなフォーム!?指に掛かったストレートは力強そうです。#145km前後のストレート、フォークも良いっす。

高山久に与四球がありましたが、2奪三振!


■九回表
最終回抑えとして
後藤伸也登板。中里篤史に比較すると小さなテークバックですが小気味よい腕の振りです@最速144km。阿部真宏は右翼前で大きく跳ねる二塁打。赤星憲広がセンター前へ綺麗なライナーで安打(その後暴投の間に赤星憲広進塁)。

高見澤考史にはボール先行で四球・・・満塁です。ちょっと力みはじめてきましたか。対するは吉本亮ストレートも抑え気味(140km弱)になってきて雲行きが悪くなってきました。あっ、今度は里崎智也のパスボール、、、その間に三塁走者生還(それぞれ進塁)しまた吉本亮に四球。。

ここで
梶原康司、是非アピールして欲しいねえ。しかし抜いた球を上手く合わせたが一塁ライナーで一塁手がベースを踏んでダブルプレー。

ここで
井場友和の登板です。だるそうな!?投球フォームですが、力強いというか重そうな球です、最後は146kmのストレートで三振!見事締めました。



■表彰式
┌─────────────────────────────┐
【最優秀選手賞】  本日の内容              │
│ 
■里崎智也(ロ) 代打でライトへの犠牲フライ&左翼席に飛│
│          び込む2点本塁打           │
│                             │
【優秀選手賞】                      │
│ 
■田中充 (湘) 2点適時打              │
│ 
■飯山裕志(日) 適時打と犠牲フライで2打点      │
│                             │
│ 
■蔵本英智(中) 最終回3点本塁打           │
│ 
■中里篤史(中) 三回を投げ内野安打一本に3奪三振で零封│
└─────────────────────────────┘
  
 次点だったかな
  
■高見澤考史(サ)右中左と打ちわけた3安打猛打賞

なかなか見所のあった試合でした。一番はウエスタン先発の
中里篤史(中)。体付きがしっかりしましたね、昨年はまだ華奢にも感じましたが、胸板そして横幅もマウンド上の貫禄がそうさせるのか一回り大きく感じました。一軍での登板も起爆剤的に求められそうですが、心配性の私としては潰れないか?なんて早くも余計な心配もしています。

藤田太陽(神)もこれでもか!これでもか!の真っ直ぐ勝負。綺麗な球筋がやや組易しだったのでしょうか、あれが本調子とは思いたくないので次回の機会に期待しましょう(^^;)

イースタンでは
高橋信二(日)の振りの鋭さに改めて「良いなあ」と思う次第です。なんとかあの打撃を開花させて欲しいです。

現時点では、一軍での活躍も難しい・・・ところもありますが、ここからがコアなファンの目の付け所である「伸びしろ」に思いを馳せると共に、各選手に「色」を付けてこれからも見守りましょう。


2001年 7月15日 イースタンリーグ 9回戦 巨人−日本ハム(宮城県石巻市民球場)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年7月15日(日)
宮城県シリーズ第2戦
読売ジャイアンツVS.日本ハムファイターズ 9回戦 巨  人8勝1敗0分
(宮城県石巻市・石巻市民球場) 13:00 晴れ 試合時間3時間13分 

                      H E
日本ハム 001 500 000 ・・  7 2
巨  人 400 121 00X ・・ 13 0

○ 勝利投手 上 野 3勝1敗  ● 敗戦投手 黒 木 1勝5敗
S  セーブ 西 山 −勝−敗
HR 本塁打 高 野  5号 正 田A 1回2死 (巨  人)
       田 中  4号 正 田@ 1回2死 (巨  人)
2B 2塁打 原田政 4回2死 (日本ハム)
       加 藤 6回無死 (巨  人)
SB 盗 塁 斎藤宣 5回1死 (打者・永池) (巨  人)
 E 失 策 飯 山 2回1死 (山田遊ゴロをファンブル) (日本ハム)
       飯 山 4回1死 (加藤遊飛を落球) (日本ハム)
   暴 投 佐 藤 3回2死 (打者・西浦) (巨  人)
       佐 藤 3回2死 (打者・西浦) (巨  人)
       佐 藤 3回2死 (打者・實松) (巨  人)
       黒 木 4回1死 (打者・李) (日本ハム)
       黒 木 5回2死 (打者・田中) (日本ハム)
   ボーク 佐 藤 1回無死 (打者・小田) (巨  人)
  盗塁失敗 山 田 4回2死 (打者・十川) (巨  人)
       阿久根 8回2死 (打者・石本は三振) (日本ハム)
   併殺打 十 川 2回1死 (飯山−阿久根−西浦) (巨  人)
       高 野 3回無死 (飯山−西浦) (巨  人)
       小 田 6回1死 (十川−永池−田中) (日本ハム)

(日本ハム) 4回逆転も後半攻められず。西浦2安打2打点、森本2安打1打点、原田政2点2塁打
        打 安 点 振 四  1  2  3   4  5  6  7  8  9
(9) 5 森 本 4 2 1 0 1 四球    三ゴ 左 安・   右安       三ゴ
(5) 6 小 田 4 1 1 0 0 投ゴ    一安 右 犠・   遊併       一ゴ
(7) 原田政 4 1 2 2 0 遊飛    三振 左中2:      三振
(3) 西 浦 4 2 2 2 0 三振    中安・中 安・      見振
(2) 實 松 4 0 0 1 0    中飛 三振 右 飛       一邪
(4) 阿久根 2 1 0 0 2    中安    四 球 二ゴ       四球
(8) 9 大 貝 2 0 0 1 2    四球    四 球 中飛       三振
(6) 飯 山 3 0 0 1 0    一飛    捕 ゴ 見振
H 8 石 本 1 0 0 1 0                       三振
(1) 正 田 1 0 0 1 0    見振
 H  山 地 0 0 0 0 1          四 球
 1  黒 木 0 0 0 0 0
 H  荒 井 1 0 0 0 0                 左飛
 1  建 山 0 0 0 0 0
 1  山 原 0 0 0 0 0
 H  田中聡 1 0 0 1 0                          三振
     :             :  :  :   :  :  :  :  :  :
    残塁5 31 7 6 10 6  1  2  1   1  0  0  0  0  0
                 ・は打点 見振は見逃しの三振



(巨  人) 二日連続2者連続アーチ、田中逆転打2安打3打点、斎藤宣3安打、十川タイムリー、
       高野5号2打点

        打 安 点 振 四   1  2  3  4  5  6  7  8 
(7) 山 田 5 1 1 0 0 三 ゴ 遊失    中安・   左邪    左飛
(6) 十 川 4 1 1 1 1 四 球 遊併       遊飛 中安・   三振
(8) 9 斎藤宣 4 3 0 0 0 右 安    右安    右安 二ゴ
(4) 永 池 4 2 1 1 0 二 ゴ・   右安    左安    見振
(9) 高 野 4 2 2 0 0 右中本:   遊併    二飛    右安
R 8 鈴 木 0 0 0 0 0 
(3) 田 中 4 2 3 0 0 左中本・   三ゴ    左安:   投ゴ
(5) 川 中 3 0 0 0 1 二 ゴ       二飛 三邪    敬四
(2) 加 藤 4 2 0 1 0     中安    遊失    左2 三振
 1  西 山 0 0 0 0 0
(1) 佐 藤 0 0 0 0 0     投犠
 1  安 原 0 0 0 0 0
 H   李  1 0 0 0 0           三ゴ
 1  真 木 0 0 0 0 0
 1  内 薗 0 0 0 0 0
 H  山 下 1 0 0 0 0                 二ゴ
 1  上 野 0 0 0 0 0
H 2 小 田 1 0 0 1 0                       三振
     :              :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁6 35 13 8 4 2   0  1  1  0  1  1  2  0 
                  ・は打点 見振の見逃しの三振 敬四は敬遠四球

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 正田初回から炎上2被弾、3回6安打4責点、黒木リードを守りきれず、建山1責点
   正 田   3    15  6   2   1   0   4
 ● 黒 木   2    10  4   0   0   0   2
   建 山   2    10  3   0   1   2   1
   山 原   1     3  0   0   0   2   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(巨  人) 佐藤4回連打でKO、安原勢い止められず、真木、上野、内薗無失点、西山1回
       3人斬りでS
   佐 藤   3 2/3  20  4   0   5   3   5
   安 原     1/3   3  2   0   0   0   1
   真 木   1     3  0   0   0   1   0
   内 薗   1     3  1   0   0   0   0
 ○ 上 野   2     6  0   0   1   4   0
 S 西 山   1     3  0   0   0   1   0

巨  人8−6日本ハム

今日も真夏の太陽が照りつける中での試合開始となった。舞台を前日の名取市から石巻市に移しての1戦。前年は2連戦が雨で流れてこけら落しが中止、球場は既にオープンしているが、プロ野球開催でのこれが「こけら落し試合」。両チームの先発は日本ハムが1軍昇格へあと少し、球宴明けの昇格を目指す正田、巨人は佐藤の両先発。

1回日本ハムは先頭の森本が四球で出塁すると、続く小田の時にボークで労せずランナー2塁。小田はバントを試みるがこれが投前に強く転がってしまい、バント失敗。3番原田政、4番西浦と凡退して無得点。1回裏巨人は正田の立ち上がりを一気に攻める。1死から十川が四球で出塁、続く斎藤宣のライト前ヒットで十川が一気に3塁へ進塁。続く永池のセカンドゴロで早くも1点を先制した。すると続く高野は、前日の名取よりさらに広い感のあった右中間へ届くアーチは第5号のツーランホームランで2点を追加3−0とした。そして前日もあった2者連続弾が「また」出た。これも昨日同様ざわめき醒めぬスタンドをよそに、続く田中が今度は左中間へ第4号ソロホームランで巨人は初回から4点のリード。

2回日本ハムは1死から阿久根がヒット、大貝が四球で1死1、2塁と反撃のチャンスだったが、飯山がファーストフライ、正田は見逃しの三振で得点できない。2回巨人は、先頭の加藤がヒット、9番・投手の佐藤がこれを送って1死ランナー2塁、1番に戻って山田の打球はショートゴロ。しかし飯山がこれを弾いてしまい、エラー。1死1、3塁と正田は初回に続いてピンチ。しかし続く十川をショートゴロ併殺打で追加点を許さない。

3回日本ハムは、1死から小田の打球はファーストゴロ。田中が捕ったが1塁ベースカバーが遅れてセーフ、内野安打で出塁するとここから、珍現象に遭遇する。続く原田政が三振で2死1塁になるが、4番西浦が打席に入ると、佐藤が暴投で小田は2塁へ、さらに西浦の時にまたしても暴投で小田は3塁へ。西浦は結局センター前ヒットを放ったがこれが、反撃開始となるタイムリーで1点を返した。そして、続く實松が打席の時に佐藤がまたしても暴投で西浦が2塁へ。實松は三振で1点止まりだったが、佐藤は1イニング3暴投のイースタンリーグ・タイ記録をマーク、巨人投手陣では初の珍事。因みに1試合1人の投手による最多暴投はこの後登板する西山投手の「5」。

2回に併殺打でランナーを潰した巨人だったが、3回も同じ様な攻撃になってしまう。この回先頭の斎藤宣、永池が連続ヒットで出塁するが、高野がショートゴロ併殺打。田中も凡退して無得点。4回日本ハムは反撃に出る。先頭の阿久根、大貝が連続四球で塁を埋めて、飯山はキャッチャーゴロも続く正田の代打・山地も粘って四球を選んで3四球で満塁と絶好のチャンス。ここで、1番に戻って森本がレフト前にタイムリーヒットで4−2とした。さらに続く小田は思い切り引っ張ると打球は飛距離を増してライトへ。スタンドインだったら・・だが、ライトへ充分の犠牲フライでさらに1点を追加4−3に。さらに続く原田政は、左中間を真っ二つに割る2点タイムリーツーベースで逆転に成功した。さらに4番西浦もセンター前タイムリーで続くと6−4と2点の差を付けていた。4回から日本ハムの2番手には黒木がマウンドへ。しかし黒木がこのリードを守りきれない。巨人は1死から加藤が打ち上げてショートへの平凡なフライ、飯山が落下点に入るが夏の陽が目に入ったのかこれを落球してしまう。続くは安原に代わって代打・ルーキー李。しかしその李の時に黒木が暴投でランナーが進塁。李はサードゴロでランナーは進めず。1番に戻って山田、山田はセンター前に弾き返して1点を返し6−5し1点差に詰め寄る。さらにこの打球を捕った大貝が本塁返球の間に山田が2塁を狙うが、カットプレーにより山田を1、2塁間に挟んだ。ところが挟んだまではよかったが、1塁ベースカバーが誰もおらず1塁へ帰塁してセーフ。続く十川の時に山田はスタートを切るがこれは失敗。

5回から巨人は近鉄から移籍の真木が3番手マウンドへ上がる。日本ハムの攻撃は阿久根から下位へ進む打順だが、真木の前に簡単に3者凡退してしまう。するとその裏巨人は黒木の乱調に付け込んで反撃の手を緩めない。1死から斎藤宣がライト前ヒットで出塁すると、続く永池の時にスタートして盗塁成功。さらに永池もレフト前ヒットで1、3塁として、続く高野は凡退も今日ホームランの田中を迎える。その田中の時に黒木が暴投でランナー2、3塁と逆転のチャンスを広げて、田中がレフト前に2点タイムリーヒットを放ち7−6と巨人逆転に成功した。

6回から巨人は4番手に内薗を送る。その内薗も1死から森本にヒットを打たれるが、続く小田を注文通りにショートゴロ併殺打で3人で攻撃終了。これで完全に巨人ペースになってしまった。その裏から日本ハムは建山が3番手として登板。しかし黒木同様不調なのか、先頭の加藤にレフト線へのツーベースで出塁を許すと、続く代打・山下のセカンドゴロで3進、1番に戻って山田を打ち取るも2番十川に、センター前へ運ばれてタイムリーヒット、8−6と逆に2点のリードとした。

7回から巨人は上野を5番手マウンドへ送り、小刻みなリレーで逃げ切りを図る。日本ハムは3番からの好打順だが、既に反撃の余力は残っていなかったのか、原田政、西浦の主軸が連続三振。實松も凡退で3者凡退。その裏巨人は1死から高野がヒットで出塁、2死から川中を敬遠で歩かせて1、2塁とするが続く加藤を三振で得点を許さない。8回日本ハムはこの下位先頭の阿久根が四球で出塁、しかし大貝が三振、続く飯山の代打・石本も三振。石本の三振と同時に阿久根が2塁へ向かっていたが、これもタッチアウトの盗塁失敗で3人で攻撃終了。成す術が無い。その裏日本ハムは4番手として山原がマウンドへ。山原は今日登板の投手陣で唯一失点なしの投球を披露する、代打・小田を三振、1番山田をレフトフライ、十川を三振の3者凡退。9回巨人は抑えに1軍でも実績充分、今さらファームの抑えには余りすぎる西山が登板。日本ハムは代打・田中聡を三振、1番森本をサードゴロ、小田をファーストゴロで3者凡退で試合終了。日本ハムは4回の逆転を投手陣が守りきれず、中盤以降打線が沈黙。これでこのカードは未だ1勝、遠征試合に至っては秋田に続く2連戦連敗で5位も遠くなっていく。


◆ 球 審 敷 田           ◇ 公式記録員 荒 木(セントラル・リーグ)
  1 塁 濱 野
  2 塁 深 谷
  3 塁 名 幸(セントラル・リーグ)

◆ スタジアムデータ等

  球場名:石巻市民球場
  所在地:宮城県石巻市南堺字新小堤18
 アクセス:JR仙石線 石巻駅よりタクシー 1500円程
 電話番号:不明(情報収集できず)
   両翼:100M
   中堅:122M
 収容人員:情報収集できず。記載文献等もなし。
      推定:内、外野で3000人収容でかなり満員に近いと予想される。
ナイター灯:6基 (プロ野球開催の明るさではない)
グラウンド:内野、土  外野、 天然芝
  スコア
  ボード:電光掲示10イニング得点表示、得点合計表示、安打・失策数表示なし
      カウント表示 安打・失策・野選表示 両チーム名・守備位置表示電光掲示
      出場選手名表示(手書き・手動)
当日の主催:読売新聞社 報知新聞社 宮城テレビ 宮城読売サービスセンター
      宮城県読売会
当日の協賛:RICOH宮城リコー株式会社 サッポロビール株式会社 仙台三越
      宮城トヨタ自動車株式会社 日本製紙株式会社 大昭和製紙株式会社
      東日本急行株式会社 県民共済


2001年 7月14日 イースタンリーグ 8回戦 巨人−日本ハム(宮城県名取市愛島球場)報告者:みつともさん/健一

みつともさん編

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年7月14日(土)
宮城県シリーズ第1戦
読売ジャイアンツVS.日本ハムファイターズ  8回戦 巨  人7勝1敗0分
(宮城県名取市愛島・東北電力名取スポーツパーク愛島球場) 13:00 晴れ 試合時間2時間55分

                    H E
日本ハム 000 000 000 ・・ 7 0
巨  人 001 130 00X ・・ 8 1

○ 勝利投手 小野仁 6勝4敗   ● 敗戦投手 厚 沢 0勝4敗
HR 本塁打 永 池  2号 厚 沢@ 4回無死 (巨  人)
       佐々木  3号 厚 沢A 5回1死 (巨  人)
       斎藤宣  4号 厚 沢@ 5回1死 (巨  人)
2B 2塁打 實 松 2回1死 (日本ハム)
       小 田 3回無死 (巨  人)
 E 失 策 永 池 3回無死 (厚沢遊ゴロを1塁悪送球) (巨  人)
   暴 投 厚 沢 2回2死 (打者・田中) (日本ハム)
  盗塁失敗 森 本 5回2死 (打者・石本は三振) (日本ハム)
   併殺打 石 本 7回1死 (斎藤宣−十川−佐々木) (日本ハム)

(日本ハム) 15三振と三振の山で零敗、溜めたランナーが悉く返せず13残塁。實松2塁打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8  9
(9) 森 本 4 1 0 0 1 投ゴ    投ゴ    右安    死 球    三ゴ
(8) 石 本 4 0 0 2 1 三振    三ゴ    三振    中直併    四球
(4) 阿久根 5 1 0 4 0 三振    三振       右安     三振 三振
(7) 原田政 4 1 0 1 1    右飛    三振    四球     左安 二ゴ
(2) 實 松 3 1 0 1 1    中2    四球    三振     遊ゴ
(3) 田中聡 2 0 0 2 0    三振    三振
 H  西 浦 1 0 0 0 0                投ゴ
 3  荒 井 1 1 0 0 0                       中安
(5) 小 田 3 1 0 2 1    四球    三安    三振     三振
(6) 飯 山 3 1 0 2 1    三振    三振       四 球    遊安
(1) 厚 沢 2 0 0 1 0       遊失    見振
 1  山 原 0 0 0 0 0
 H  山 地 1 0 0 0 0                   右 飛
 1  黒 木 0 0 0 0 0
 1  神 島 0 0 0 0 0
 H  大 貝 0 0 0 0 1                          四球
     :             :  :  :  :  :  :   :  :  :
    残塁13 33 7 0 15 7  0  2  1  2  0  2   1  2  3
                  見振は見逃しの三振

(巨  人) 佐々木、斎藤宣、永池、主軸3者揃い踏みのアーチ攻勢、佐々木は3打点、田中2安打。
        打 安 点 振 四  1  2   3  4  5  6  7  8
(7) 山 田 3 0 0 1 1 右飛    死 球    遊ゴ 三振
(6) 十 川 4 1 0 1 0 捕ゴ    三 振    左安    中飛
(4) 佐々木 3 2 3 0 0 三直    中 安・   左本:
 5  川 中 1 0 0 0 0                    右飛
(8) 9 斎藤宣 3 1 1 0 1    二直 一 ゴ    右本・   四球
(5) 4 永 池 4 1 1 1 0    三振     左本・二ゴ    二ゴ
(9) 高 野 2 0 0 0 1    四球     右飛 中飛
 H  加 藤 1 0 0 1 0                       三振
 8  鈴 木 0 0 0 0 0
(3) 田 中 4 2 0 0 0    投ゴ     中安    中安    中飛
(2) 小 田 4 1 0 0 0       右中2 左飛    中飛    中飛
(1) 小野仁 1 0 0 0 0       三 犠 投ゴ    投犠
 1  上 野 0 0 0 0 0
 1  西 山 0 0 0 0 0
     :             :  :   :  :  :  :  :  :
    残塁6 30 8 5 4 3  0  1   2  1  0  1  1  0
                  ・は打点 

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 厚沢3被弾7安打5失点で連敗止まらず・・、山原、黒木、神島それぞれ1回を無失点
 ● 厚 沢   5    24  7   3   2   2   5
   山 原   1     4  1   0   0   1   0
   黒 木   1     4  0   0   1   0   0
   神 島   1     3  0   0   0   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(巨  人) 小野仁1軍格の投球で6勝目、12三振を奪う好投。上野ピンチを招くも、西山後続を絶つ
 ○ 小野仁   7    29  4   0   5  12   0
   上 野   1 1/3   9  3   0   2   2   0
   西 山     2/3   2  0   0   0   1   0

巨  人5−0日本ハム

前回は日本ハム主催の秋田シリーズも今回は巨人主催で宮城県での連戦。今日は名取市の愛島(めでしま)球場での試合。巨人主催とあってか真夏の太陽が照りつける中でも満員の観衆、先発投手は日本ハムが今日こそ連敗脱出へ、厚沢、巨人が小野仁の両投手。1回日本ハムは森本が投ゴロで凡退すると2番・石本、3番・阿久根が連続三振で無得点。これが、今日の三振ショーの始りだったとはまだ分らない。1回裏巨人も厚沢の前に3者凡退。2回日本ハムは1死から5番の實松、センター左を越えて行く打球でフェンスまで到達、ツーベースで出塁。続くは先日の鎌ケ谷で2アーチ放ちファーストでスタメンの田中聡、期待どころだったが三振。小田が四球を選んで1、2塁とさらにチャンスが広がるが続く飯山が3球三振でチャンス生かせず。その裏巨人も2死から高野が四球で出塁も、田中が凡退して無得点。3回、日本ハムの三振の嵐の前に、敵から頂いたチャンスを全く生かせない象徴的なシーンが試合の流れを傾けた。この回は9番・投手の厚沢から。その厚沢が打って出ると打球はサードゴロ、高いバウンドも永池がこれを捕って1塁へ送球する。しかし悪送球で厚沢が出塁、さらにこの悪送球が1塁側のカメラマン席に入ると、1塁塁審・深谷が2塁への安全進塁を指示、テイクワンベースで無死2塁と先制のチャンス。ところが、続く森本が投ゴロ、石本もサードゴロ、さらに阿久根は三振と後続3者が凡退で、送る事すらもできないで無得点。すると、その裏巨人は日本ハムとは全く対称的な攻めで先制する。先頭の小田が右中間へのツーベースで出塁すると、9番・西山は流石にセ・リーグの投手からなのか、きっちりサード前に送りバント成功、1死3塁として、1番山田は死球を与えてしまい1、3塁とピンチを広げてしまう。続く十川を三振に打ち取って2死にとするが、3番佐々木に詰まった当りながらもセンター前に運ばれて巨人が1点を先制した。4回日本ハムは1死から實松が四球を選んで出塁、2死から小田がサードへの内野安打で1、2塁としたが、飯山が三振でこの回の3つのアウトは全て三振。4回裏巨人は、この回先頭の永池。レフトへの一発は第2号ソロホームランで1点を追加、2−0とした。1死から田中にヒットで出塁を許すが小田、小野仁を打ち取って1点で留める。5回日本ハムは、厚沢が三振、1番に戻って森本がライト前に上手く運んでヒット、続くかという場面だったが、石本の時に森本がスタート、石本は空振り三振、森本はタッチアウト盗塁失敗でチャンスにならない。そして5回裏、巨人は日本ハム先発・厚沢を一気に攻める。1死から十川がサード左を鋭く抜けるヒットで出塁すると、3番、先程先制タイムリーの佐々木が今度は、レフトスタンドへ完璧な当り、第3号ツーランホームランで2点を追加した。さらに続く斎藤宣が、ホームランに湧くスタンドをお構いなしに続けざまにホームランを放つ。これがライトスタンドに刺さる第4号ソロホームランでさらに1点追加、2者連続アーチでこの回3点を追加して5−0と試合の体勢を決めた。日本ハム先発の厚沢はこの回で降板、3被弾で連敗から脱出できない。

6回日本ハムは、先頭の阿久根がライト前ヒットで出塁、4番の原田政が四球を選んで繋ぐが、続く實松が三振、ここで今日2三振と精彩を欠く田中聡に代わって代打・西浦が登場。その西浦の打球はかなり強い勢いでピッチャー返し。しかし小野仁がこれを捕球して2死。続く小田が三振でこの回も2者が残塁、得点圏のランナーが生かせない。6回から日本ハムは2番手マウンドに、山原を送る。巨人6回の攻撃は、7番田中から。その田中が今日2本目のヒットをまたもセンター前に運んで出塁、1死から9番小野仁が投前への送りバントで、ランナー3塁とするが山田が三振で得点できない。7回日本ハムは、3回に続く相手から貰っただけのチャンスを作る。先頭の飯山が四球で出塁、山原の代打・山地がライトフライで凡退。1番に戻って森本が死球で1、2塁として石本。その石本の打球はセンター前にいい当り、しかし斎藤宣が前進してきてこれを捕球、飯山は打球の勢いを見てヒットと思ったのか3塁へ既に向かっていたが、2塁へ帰塁する。しかし西サードコーチの叫びが中途半端だったのか、飯山がセンターライナーにも関わらず、全力で2塁へ戻らない。結局ショート、セカンドと転送されて併殺打。7回から日本ハムの3番手には黒木が登場、主軸に回る巨人7回の攻撃だが、斎藤宣に四球を与えた以外は無難な投球で無安打。8回から巨人は好投の小野仁に代わって2番手に上野を投入。1死から4番原田政がショートゴロ・・と思ったがショート十川が弾いてレフト前へ。エラーかと思ったが何とヒットのランプが。2死となって、先程代打の西浦に代わってファーストの荒井がセンター前ヒットで2死1、2塁とした。しかし続く小田が三振でまたしても、チャンスが生かせない。8回から日本ハムのマウンドには4番手・神島が上がる。巨人の攻撃は高野に代わって代打・加藤。しかし加藤は三振、後続の2人も凡退して無得点、9回の守備に備える。9回日本ハムは先頭の飯山がショートへの内野安打で出塁、続く神島の代打・大貝が四球を選んで繋ぐ。1死となって石本も四球を選ぶと満塁と日本ハムこの試合最大のチャンス。ここで巨人は1軍でも既に実績のある西山を抑えに投入して、逃げ切りを図る。打者は3番阿久根、しかし三振でこの試合15個目の三振、続く原田政に全ての期待を託すが、打った打球はセカンド正面への弱いゴロ。これで試合終了、対戦カードで大きく差を付けている巨人が主軸の3本と、3投手の完封リレーで勝利した。日本ハムはヒットが出ないまでも相手から貰った四球等のチャンスが生かせず13残塁を喫した。


◆ 球 審 濱 野           ◇ 公式記録員 荒 木(セントラル・リーグ)
  1 塁 深 谷
  2 塁 名 幸
  3 塁 敷 田(セントラル・リーグ)


◆ スタジアムデータ等

  球場名:東北電力名取スポーツパーク愛島球場 
  所在地:宮城県名取市愛島塩手字滝沢1−6
 アクセス:JR東北本線・常磐線 名取駅よりシャトルバス
      読売旅行会貸切の観光バス(有料片道500円)で30分程   
 電話番号:022−384−9541
   両翼:98M
   中堅:122M
 収容人員:情報収集できず。記載文献等もなし。
      推定:内、外野で3500人収容でかなり満員に近いと予想される。
ナイター灯:6基 (プロ野球開催の明るさではない)
グラウンド:内野、土  外野、 天然芝
  スコア
  ボード:電光掲示10イニング得点表示、得点合計表示、安打・失策数表示なし
      カウント表示 安打・失策・野選表示 両チーム名・守備位置表示電光掲示
      出場選手名表示(手書き・手動)
当日の主催:読売新聞社 報知新聞社 宮城テレビ 宮城読売サービスセンター 宮城県読売会
当日の協賛:RICOH宮城リコー株式会社 サッポロビール株式会社 仙台三越 宮城トヨタ自動車株式会社
      日本製紙株式会社 大昭和製紙株式会社 東日本急行株式会社 県民共済


健一@管理人編

■7月14日(土) 8回戦 川崎ジャイアンツvs鎌ヶ谷ファイターズ(宮城県名取市 愛島球場)

鎌ヶ谷ファイターズ|000 000 000|
川崎ジャイアンツ |001 130 00X|5

鎌:厚沢和幸(5回)−山原和敏(1回)−黒木純司(1回)−神島崇(1回)
川:小野仁(7回)−上野裕平(1回1/3)−西山一宇(2/3)

■川崎ジャイアンツ 
■鎌ヶ谷ファイターズ
(左)山田真介   
(右)森本稀哲
(遊)十川孝富   
(中)石本努
(二)佐々木明義  
(二)阿久根鋼吉
(中)斉藤宜之   
(左)原田政彦
(三)永池恭男   
(捕)實松一成
(右)高野忍    
(一)田中聡
(一)田中健太郎  
(三)小田幸平
(捕)小田幸平   
(遊)飯山裕志
(投)小野仁    
(投)厚沢和幸


【大まかな得点経過】
3回裏小田幸平が右中間を破る二塁打(二塁へドタドタと)、厚沢和幸は小野仁にボール先行ですわ四球かとも思われたが、小野仁も同様になんとか三塁前に犠牲バントを決め走者を三塁へ進めた。次打者山田真介はユニフォームにかする死球で一死一三塁。ここで厚沢和幸十川孝富に対して内外、そしてフォークを交え奪三振!ピンチを脱したかと思われたが、佐々木明義に落ち際のボールを合わされセンター前に先制の適時打を打たれる。(G1-0F)

4回裏:この暑さに帽子からの覗く髪はびっしょりの
厚沢和幸(内の球がど真ん中@真っ直ぐへ)から永池恭男「永池們多」から再度改名だそうな)がレフトスタンドに飛び込む本塁打。(G2-0F)

5回裏:足の故障(左足の親指、前の打席で走塁時スパイクされる)で打席に入るのがちょっと遅れて打席に入る佐々木明義。初球のストレートを叩きレフトへ文句なしの本塁打!足が痛そうでゆっくりとランニング、力が抜けて良い感じ?一人塁上にいたのでツーランですな。
(G4-0F)
次打者斉藤宜之は、
厚沢和幸のフォークを引っ張り&すいく上げこちらも弾丸ライナーへ突き刺さる二者連続本塁打。(G5-0F)

※この試合の結果7勝1敗で圧倒的にジャイアンツが勝っているようです。


【気になる選手達】

【鎌ヶ谷ファイターズ】

■厚沢和幸(日)#6回を3本塁打と要所を締められず・・・立ち上がりから持ち味出ていたんですけどねえ。
腕の出はややスリクォーター気味、あまりスムーズとはいえない腕の旋回で引っこ抜くようなところがあります(ここら辺が故障癖との因果関係なのかも知れません)。本日もフォークと内を突くストレートで上手く高低を付けるコンビネーションと彼の持ち味が出ていました(やっぱりインサイドのストレートが走っているときは外目の球にも打者は手を出してしまいますよね)。

しかし3本塁打(コントロールミスの真っ直ぐど真ん中が2本と斉藤宜之のすくった変化球は打者が巧かった)と一発等「要所」で締められませんでした・・・。


■神島崇(日)
ストレートの速さはそう感じませんが、彼の特徴は非常に柔らかい手首・肘の撓りでしょうか。ドロップ気味の緩いカーブはなかなかブレーキが効いていました。ただ球種が少ないのが課題かもしれません。ストレートが物凄い剛速球と言うほどではないので変化球を磨けば中継ぎとして重宝するかもしれません。昨年とそう変わった印象は感じませんでした。「小型版平松一宏(巨)」と言ったら誉め過ぎだろうなあ(^^;)#あのカーブを活かした投球を!


■森本稀哲(日)
3年目のひちょりです。一年目から徐々に力を付けているのが感じられなんだか嬉しい限りの元気者です。今年は昨年の経験重視から結果にも顕れており打率も3割にあと少し、そして盗塁も現在盗塁王代田建紀(ヤ)の31個から離れているが15個と2番手争いをしています。

高卒選手から何年か2軍で鍛えその後一軍に定着・・・そんな理想型になりますかね。彼はドラフト4位でしたが、3位から4位の高校卒選手って意外とチームの核になっていますよね、大事なんすよ。


【川崎ジャイアンツ】

■小野仁(巨)
最速145km、また腕の出を多少上げ下げでストレートとスライダー/カーブを使い分け打者を翻弄。特に左打者は手こずっていましたよ、インサイドから入ってくる変化球に仰け反りカウントを整えられ、外角に流れる変化球を追いかけ三振・・・、またなんとかして欲しい右打者も外角の制球が殊の外決まり左打者と同様に内外角のボールの出し入れに四苦八苦・・・。全体的に制球も低め低めで付け入る隙すら見せませんでした。

ストレートは相変わらず腕も振れてキレを強く感じさせてくれました。ただ6月上旬に「ノーヒットノーラン」を達成した時に冴えていたカーブがあまり曲がらず(曲げようとしているのはよく判ったが)、うまく「抜け切れて」いなかったようでした。しかしそんなボールの出来不出来ではなく気持ちの問題と言った精神面的なものかもしれませんね、彼の場合。下ではマウンド上での態度も不貞不貞しくも、何故か一軍ではオドオドしているような「一軍/二軍」に物凄い大きな壁を感じてしまいます。彼には頭ごなしにプレッシャーを与えるよりかは、自信を付けさせるような、そして導かせる必要があると思うし、それに応えるスペックを持ち合わせていると思います!

カーブが思ったほど決まらないとは言えストレート・スライダーの速いコンビネーションだけでも2軍レベルなら十分なのか打者を幻惑し、7回を4安打、奪三振「12個!!」の内容でした。

それにしてもノーヒットノーラン時の「球速よりも制球・テンポに気を付け、自身のピッチングを拡げるキーワードは「カーブ」でこの球が悉く決まりました。」内容はキレ・緩急共々良かったです。


■上野裕平(巨)
小野仁の後を8回から引き継ぐ。球種はストレート・カーブ・スライダー・フォーク、それにチェンジアップも修得中のこと。カーブ・スライダーは共に鋭いというよりも曲がりが大きくカウントを取りに行く球としても有用でした。腕も良く振れていて、振り切った右手はそのまま左脇腹に触れるほど身体全体を使っていました。<同期ルーキーの三浦貴も同様に腕が大きく鋭く振っていますね。#綺麗なフォームでかなり好きな投手です。

9回に、安打と2四球を絡め一死満塁のピンチ。共にストライク先行もカットされたり決められず。。。ウイニングショットがなあぁ。

物足りない部分としては、それぞれの球種が標準以上も決め球不足、それとストレートのボリューム感を増すと他の球種も更に有効に使えるんじゃないっすかね。前の観戦記でも「バランスの良い体格なお且つ投げ下ろすフィニッシュもコンパクトでスライダーは武器の一つかも知れません。それ以外にフォーク、チェンジアップあり#彼の決め球はなんでしょうか?」と決め球不足を感じたものでした。

本人の目標は「先発完投」の出来る投手だそうなので、その大きな目標を鑑みるにまだまだ精進でしょうか。#2軍での群を抜く安定感を見せると共に実績をコツコツ残して欲したいですね。#現在の一軍の投手不足の穴埋め候補には成り得ませんな。


■西山一宇(巨)
5点差の最終回、一死満塁の場面に登場。3番阿久根鋼吉にはストライク先行で緩いカーブを投げた後の速いフォークで奪三振、次の4番原田政彦にはインコース高めの速球でボテボテの二塁ゴロで試合終了。

彼も小野仁(小野仁の方が使えると思うが)同様に気持ちの問題だと思うし、起用法も自信を付けさせてやるような方が良いような気もするのですが、そんなん甘い!とも同時に思うが、持ち上げてでも働いてもらわねば。ダメならポイっではなく、如何にして使い所を見つけるか!。。。そんなところから花咲くこともあるのです。


■小田幸平(巨)
今季は小野仁とのバッテリーが目立ちます(先の試合でも勿論コンビでした)。パワーはあるのですが、打撃の安定感はそうなく強肩・守備型の捕手。先制の足掛かりとなる右中間二塁打は、厚沢和幸のストレートを弾き返しました。一軍を睨むとなるとカトケンこと加藤健よりかは一軍に近いと思われます!


■永池恭男(巨)
中継中に、永池「們多」から「恭男」に改名(本名に戻しました)したとのこと、知りませんでした。好転になると良いですがねえ。ストレートを引っ張り本塁打。


■佐々木明義(巨)
先制の適時打は、厚沢和幸のフォークを巧く拾いセンターに落としました。相手選手との交錯で左足親指をスパイクされ足を引きづる場面もあり。その次の打席ではワンスイグで決めるレフトへの本塁打。上記永池恭男と同様に厚沢和幸の失投を見逃さずと言ったところでしょうか。

しかしこの両名どっぷり「川崎ジャイアンツ」と言っても過言ではないです・・・(因みに、永池恭男は横浜から移籍、佐々木明義はオリックスから移籍)。移籍、そしてバイプレーヤー的内野手と被るところ多々ある2人ですね。


  ■掲示板@2軍愛■