【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです(笑)。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2001年10月 6日 ファーム日本選手権 西武−阪神(松山坊ちゃんスタジアム)報告者:健一

■10月6日(土)所沢ライオンズvs鳴尾浜タイガース(松山坊ちゃんスタジアム)

  R H E
鳴尾浜タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
所沢ライオンズ 1 2 2 0 0 0 0 0 X 5 5 1

鳴:山岡洋之(2回)−吉野誠(3回)−部坂俊之(2回)−舩木聖士(1回)
所:三井浩二(7回)−帆足和幸(1回)−大沼幸二(1回)

PL:秋村謙宏 1B:土山剛弘 2B:津川力 3B:深谷篤


■タイガース    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 高波文一  410 三振    左飛       左安       左飛
(遊) 藤本敦士  410 三振    右飛       右安       一ゴ
(指) 関本健太郎 300 三振       二飛    投併
 打  根本隆輝  100                         中飛
(右) 曽我部直樹 320    右安    遊ゴ       中安
(二左)塩谷和彦  300    右飛    一邪       遊併
(一) 吉田浩   300    二失       三振    ニゴ
(三) 梶原康司  200    投ゴ       捕ゴ
 打三 新井亮司  100                      中飛
(捕) 吉本亮   310    中飛       遊ゴ       中安
 捕  中谷仁   000
(左) 平下晃司  100       四球       右飛
 打二 吉田剛   100                      三併

▽三回表:平下晃司走塁死(一塁牽制に飛び出し)


■ライオンズ    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(二) 佐藤友亮  410 中2 左飛    ニゴ       遊ゴ
(右) 宮地克彦  400 一ゴ    三ゴ    三振       左飛
(中) 赤田将吾  411 左安・   三失    ニゴ       中飛
(指) ポール   300 二併    四球    左飛       中飛
(左) 高山久   200    四球 左飛       三ゴ
(一) 貝塚政秀  322    右安 右2:      左邪
(三) 玉野宏昌  311    三安・左飛       中飛
(捕) 野田浩輔  300    中飛    三振       中飛
(遊) 黒田哲史  311    三ゴ・   左飛       遊ゴ


■タイガース 回  安  振  四死  責
山岡洋之 (2回) 4  0   1  3
 吉野誠  (3回) 1  2   1  0
 部坂俊之 (2回) 0  0   0  0
 舩木聖士 (1回) 0  0   0  0

■ライオンズ 回  安  振  四死  責
三井浩二 (7回) 4  4   4  0
 帆足和幸 (1回) 1  0   0  0
 大沼幸二 (1回) 0  0   0  0



【大まかな得点経過】
▲一回裏
先頭の
佐藤友亮山岡洋之のシュート回転のストレートをセンター右へ弾き返す。やや深い位置だったが佐藤友亮の好走塁で二塁を貶める。次打者宮地克彦の一塁ゴロの間に佐藤友亮は三塁へ。一死三塁、赤田将吾もストレートを叩きレフト前適時打で先制。

▲二回裏
先頭打者の
高山久が四球で出塁#山岡洋之ボール先行・・・。貝塚政秀はファールで粘りながら「2−2」のカウントで甘めのインサイド真っ直ぐを引っ張られ無死一二塁。玉野宏昌は犠打を試みるも2ストライクまで追い込まれる、しかし最後はスライダーを三塁線へ引っかける当たり。この打球を梶原康司が横っ飛びもグラブに当てるだけでボールはファールゾーンへコロコロ。その間に二塁走者高山久が三塁を蹴って一気に生還。捕ればファインプレーといった類だと思うので今の梶原康司なら致し方なし・・・追い込んでからの山岡洋之の投球でしょうよ。

さてまだ無死一二塁の場面で、
野田浩輔も犠打を試みるが簡単に追い込まれる。これは適時打を打ったとは言え玉野宏昌同様拙いです、最後はなんとかセンターへ飛球を放ち二塁走者の貝塚政秀が三塁へ進塁。一死一三塁、黒田哲史は三塁へやや弱い打球のゴロ、前進守備の梶原康司の左へ!捕球後二塁、一塁へ連係も併殺完成せず更に一点追加。

▲三回裏
この回から二番手
吉野誠登板。宮地克彦三塁ゴロの後、赤田将吾の打球は三塁へ、これを梶原康司がはじき(失策)一塁へ生かす。打球は速かったですが、真正面ですのでこれはイカンです。ポールにはストレートの四球(なんか怖れています、一軍でも観られるシーンですね、トホホ)。一死一二塁、追い込みながらもインサイドの緩いカーブに、貝塚政秀は身体を開きながらフルスイング!打球は右中間を抜ける2点適時打!!



 ■表彰式
┌───────────────────────────────┐
最優秀選手賞三井浩二 (西)7回被安打4無失点勝利投手   │
│                               │
優秀選手賞 :貝塚政秀 (西)2点適時打を含む2安打     │
│       
赤田将吾 (西)初回先制適時打         │
│       
佐藤友亮 (西)先頭打者として先制点を導く二塁打│
│       
曽我部直樹(神)三井浩二から2安打       │
└───────────────────────────────┘

■鳴尾浜タイガース

■山岡洋之(神)
ややスリークォーターからの投球フォームも今季は入団時のオーバースローに近いフォームに変わっているように思いました。ストレート130km台(MAX136km)、シュート125km強、スライダー120km強、フォークは緩めで114km前後と打者を圧倒するほどの球はないが、その分を球の出し入れと緩急で抑えたいところ。

配球は、ストレートを見せ球に、外へスライダー・内へシュート、シンカーの変化球でかわしまくるという投球スタイル。今季課題のシュートに磨きがかかったもののその反面ストレートが走らなくなってきた・・・なんて悩みもあるそうです(両立出来ぬ!?)。確かに「お辞儀をするようなボール」も目立ちます。制球自体はよくストライク先行もその後が結構イライラさせてくれます(^^;)そうなんです、一年目から言われている追い込んでからの「決め球」・・・解消できず。#痛打された決め球は、困った末の「真っ直ぐ」と頂けぬ。<こじんまり度120%です・・・


■吉野誠(神)
ストレートは130km中盤と山岡洋之と同等も癖のない素直な球筋。抑えているときは緩急を活かして内野ゴロの山なんてシーンもあるんですが、走者を背負うと「非常」に苦しそうな投球(三振を奪えず粘られ、根負け)をみせ「これじゃ難しい・・・」となってしまいなかなか良さと適性が見えづらい左腕です。#タフな奴なんですか・・・また個人的には消極的ですが先発かなあ。

安芸キャンプ時の緩く遅いカーブが、打者のタイミングを外し、減り張りを付けていたので期待していたのですが、今年は完全に裏切られました。来季は一軍で戦力になって欲しいです。#真っ直ぐを見せ球に、制球はもとよりスクリュー系の落ちる球が有効!!


■部坂俊之(神)
伊藤敦並にワインドアップから潜るのですが、球の出どこはスリークオーター気味のサイドスロー。ストレートは135km、スライダーはスラーブに近く120km台。内を剔る球は投げそうで意外と投げない、シンカー系の抜く内球に傾倒しつつあります。

彼も130km中盤のストレート・・・抜けるようなストレートを投げる投手はうちにはおらんのか!?さて120km前後のシンカーはイイ感じです。内野ゴロに取った球がシンカーでした、これは有効。
また蹴り上げる右足が大きく上がるほど思いっ切り投げる場面もありそんなストレートは140kmを掲示していました。安定してその攻めが出来れば「横手投げ中継ぎ投手陣」の後を継ぐことが出来るはずです。


■舩木聖士(神)
いつも通りかな。143km前後を投げ込む数少ない投手・・・球威はあるんですが、単調な投球。

ゆったりとしたフォーム(オーバースロー)から「ズドン」と重そうなストレートは威力ありです。本日も130km前後のスライダーと単調なコンビネーションながら好投。一軍でも力で押す投球に好結果を残すときもありますが、まだまだ安定感がないかな。

本日ではないですが、球速ある割には痛打される場面もあるのは「角度のない綺麗な球筋の真っ直ぐ、そして一定のフォームというのもあるかも。前にも述べましたが、彼こそ「2段モーション」どうでしょう?#「押して駄目なら引いてみな」??


■高波文一(神)
俊足揃いのルーキー達に押され、じり貧の高波文一でしたが、そんな一割台の打率も中盤以降は数字を上げてきました。ただ「手段」が伴わない内容かなと。#打撃フォームは春先からこんな形に安定:『突っ立ったような感じで左足を上げタイミングを計るのですが、大袈裟に言うならばそれがそっくり返る程』

パワーアップを図り強振し(<上記の「手段」)長打が増加した高波文一。しかし足も大きく挙げてバットもちょっと遠回りじゃないっすかあ?(^^;)あと己が野村克也監督にどういう選手であるべきか・・・と考えたらとてもじゃないが全打席引っ張れないし初球左飛にはならないと思うぞ、、、年間を通してこんな打撃が目に付きました、長打は増えましたが、それよりも目指せ!和田豊です。


■藤本敦士(神)
バットコントロールには定評のある巧打者、ボールの乗せ方が特長もん。課題はインサイドの速い球でとても窮屈なスイング軌道です@腕の畳み方というやつでしょうか。真ん中近辺なら変化球でも速球でもそれなりに対応できそうな気がするところが個人的に頼もしく思います。守備や足もそうですが、高い戦闘能力を持ちつつもやや「雑」。

やはり右手の捌きに「センス」を感じさせてくれます。本日は三打席もインサイドの真っ直ぐを上から被せ綺麗にライトへ弾き返しました。ただ抽象的ですが、この「センス」に頼っているのみにも見えます。これでは先日私が述べた「プレー自体の質がいかに優れているか、たとえその確率が低くても・・・」とキラリと光る選手だけで、終わってしまいます。期待も小さくない突貫小僧まだまだ伸びる選手だけに頑張って欲しいです!


■関本健太郎(神)
今年は5月から右肩故障で長期戦列を離れるなど戦線離脱もありましたが、バットを大上段に構え打撃自体が大きくなってきたのが良いですねえ(故障前とも変わっていなくホッとしております)。細身ながらも身体を撓って飛ばす天性の力はありますよ、しかしバットが撓らず・・・なんか軌道が固いんですよ。前者が後者の撓りを引き出したときには濱中おさむと同様にこれからのタイガースを背負ってくれると思います。

鳴尾浜も長い彼ですが、岡田彰布二軍監督の英才教育(先ずは細かいプレーが出来ることが前提と言うことで2番や下位打線)?からやっと昨年から主軸として起用される昨今。来季こそは打撃成績でも長打に拘って数いる内野手が持ち合わせぬ武器「長打力」を振りかざして欲しいです!まだ一軍では厳しい感はありますが、打撃在っての彼ですよ。将来的には正三塁手を狙える器。


■曽我部直樹(神)
左足つま先を内側に絞るように軽くステップしタイミングを計る。三井浩二の外側高め真っ直ぐを合わせライト前に落とす安打。三打席目にも真っ直ぐに振りまけずセンター前に運ぶ安打と以上の2安打で優秀選手賞を獲得(打てませんでしたねえ、阪神・・・)

コンパクトなスイングと左足の上げを小さくするなど安定感は多少増してきた印象。一二軍を通してチーム一の「バカ肩」も試合終盤「役」に立つかもしれません。その為にも打撃の安定感を!


■塩谷和彦(神)
左足を投手に合わすようにゆっくりとあげ、タイミングを計り振り抜くも全体的な「硬さ」は拭えない。ミートポイントは少ないが当たるとさすが打球は速い。バットは遠回りながらも遠心力を活かしたスイングでパンチ力あり!

2軍では打率も3割を優に越える高打率!しかし一軍に即繋がらないのが「いと物悲しい」塩谷和彦なんですよ。#これが上と下の壁なんでしょうかね。・・・もう諦め気味です(^^;)


■吉田浩(神)
年々ドッシリ感も増している彼(肥えてきました)、個人的に伸びしろここに尽きたかの感あり、しかし腰の据わった打撃はまだまだ使えます!!とと連呼しただけに今の起用法も特に驚きなし。#ただ増してきたパワーに反し、スイングが鈍く感じる!?


■梶原康司(神)
バットを腹の前に構え、そこからケツでタイミングを計りスパッと小さく鋭くバットスイングはタイガース打線では出色(ストレートに差し込まれる印象が強い虎打線の中では今後も含めて頼もしい存在)。#ややケツに体重が乗り過ぎなのが特長にも繋がるのだが、課題でもある(インサイドは必要以上に捌けるが、外側が・・・ただ今はこのまま突き進んで欲しい!)

本日は、投手ゴロとセーフティバント失敗と持ち味は出せず。


■吉本亮(神)
毎度中谷仁の後を継ぐ吉本亮でしたが、本日はスタメン。しかし中谷仁とライバル争い・・・出場試合数、打席数そして成績を見るとほぼ同等(低打率までもそっくり)なんです(なんでこれからの若者と斜陽の選手が切磋琢磨しているんだよお、勿論悪い話じゃナイですが、期待のドラ1なんで困るということ。そうでしょうよ?)。

吉本亮のせいではないですが、本当に頭が痛いです。


■平下晃司(神)
故障に泣かされた一年でした。逆もまた然り故障さえなければパンチの効いた打撃も見せてくれることでしょう。しかし起用所が難しい被るタイプの選手が結構いるんすよ。パワー満点(上半身の逞しさはタイガースのそれではないです(^^;))の彼は、打線低迷ですんで必ずお鉢が回って来るはずです!「いてまえ」の片鱗見せて下さい、そして最後に・・・染まらないで下さい!!!以上


■新井亮司(神)
打撃フォームは昨年までバットを掲げて大きい構えだったのですが、粗いとこもあったので、キャンプ時より胸の前に構えコンパクトなスイングを心懸けているようです。しかし当たれば十分なパワーですのでこの対応力アップさせて欲しいです!
今季は出場試合も伸びず、虎キチも物足りないです!三割を越えたとは言え「19安打」ですし、首脳陣「関本健太郎・梶原康司」と並び重点強化選手ですぞ。

実際に昨年と比べて振りが格段に良くなったように思います、経験値を彼に!!。#本日は代打出場し帆足和幸の144kmのストレートに差し込まれ中飛。


■吉田剛(神)
今季は一軍出場なしと辛い立場のベテラン遊撃手。帆足和幸の変化球を引っかけ「三塁−二塁−一塁」と併殺打・・・#2軍の内野不足もドラフトで補充したいところ。


■中谷仁(神)
終盤吉本亮に代わり守備のみ出場。#打線の弱い虎打線に守備型@強肩捕手がはまるのか、、、えらい心配です。


■根本隆輝(神)
「左足から右足に軸足が移動する打撃」も板に付く根本隆輝です。右手の捌きも器用なんですが、器用すぎて多少タイミングが合わずとも飛びついてしまうところがなんとも痛し痒しです(こねるところ多々あり)。#センスが実践に則すことを願います。

最後の打者(中飛)<好打者なんすけどね。



■所沢ライオンズ

■三井浩二(西)
即戦力左腕のふれ込みも「トウの立った」投手の印象も春先ありました。大柄な身体の割に後ろも小さく腕の振りも特に鋭くなく、ストレートもカーブもスライダーも「もっさり」している!?

カーブ、スライダー、シュート、シンカーと球種は豊富。本日は外から外角一杯に決まるスライダーが良かったんじゃないでしょうか。ストレートにややバラツキがありましたが、カーブ・スライダーでカウントを取り不利な状況を作らせませんでした(結果は良かったですけど、どっちに転ぶか分からない内容でもありました)。球威自体は力があり、多彩な変化球もありますし更に制球がアップすればローテを守れる左腕として今年以上にやってくれそうです。

7回を投げ被安打4と試合を作りました。2回以外は、真っ直ぐ・変化球のコンビネーション良かったです。本日(あくまで)は2軍のそれではなかったです(^^)#本日の最優秀選手賞
#本日は特にありませんでしたが、走者を背負うと「ビビリ」が入るタイプですね、結構。


■帆足和幸(西)
変則的なテークバック(センター方向に左腕を撓らせワンポイント遅れて腕が出てくる)から145前後の快速球を放る。そして一番の武器はスライダー。左腕の使い方をみるに変化球は切れるだろうと思いましたが、予想以上に外角へ切れ込みます@キレ一級品です!。#佐藤友紀(西)をスケールアップさせた感じ。

上記は西武とのオープン戦時の寸評です。ただ制球が粗く勝負所でボール先行が今のところ難点。


■大沼幸二(西)
「力」が入った投球フォームで地肩の強さが伺い知れます(体全体と言うより右腕で「おりゃあー」と言った感じ)。球速は150km近いものがありました。この特長に反しての制球難と変化球のショボイところもあります。しかしこれだけ速い球でそこそこの制球があれば2軍では頭一つ抜けています。そんなに凄いとは感じない変化球(チェンジアップ有効)でもあの快速球の後では、タイミングもずらされたりと成り立っていました。

短いイニングなら一軍でも十二分に働いてくれそうです。肩肘の故障には要注意して欲しいところです。#負担が掛かりそうな感じかな。#彼は社会人野球経由のドラフト1位ですが、「即戦力」ではなく「素材型」!


■佐藤友亮(西)
一軍で開幕スタメンと華々しいスタート、即戦力として十分な一年目でしょうか。
チームの二塁手不足というチャンスに内野も挑戦した慶応卒ルーキー。足は速そうですが、打撃はドアスイングっぽい。内角はあまり上手く捌けていませんでしたが、振り遅れるかのようなライト方向への打球もライナー性も飛ばしていました(ドアスイングの特長)。


■宮地克彦(西)
本日は4タコ(一進塁打あり)でしたが、今季も繋ぎの打撃はさすがです。外野守備は一軍レベル、またカット術やボールの見極めそして捌きと2軍では抜けている存在。


■赤田将吾(西)
二軍と一軍の成績に温度差が感じられます。それだけに2軍ではもう十分なものを見せるのですが、一軍だと気負うのか一二軍をエレベーター・・・。来季は一軍定着を目指す!!

初回の好機に先制のタイムリー。

首脳陣も守備位置に迷いがあるのが、汎用性があることに甘えがあるのか内外野一致せず#本日は中翼手。
来季は4年目、今更ですが体格ガッチリしていますね。多少スイングが「ドア」スイングっぽいですが彼の場合広角的に使えているのかな。一軍完全定着はまだか!


■ポール(西)
2年連続の三冠王!大柄ではないが、撓らせる打撃フォームで打球を叩く。来季は何処で働くかというのも興味あります。


■高山久(西)
大きなフォロースロー。岡田彰布に通ずる打撃スタイルにも感じます、ということはインサイドに強そうですね。<今後そんな選手となりライオンズの主軸を任されるでしょう。

そして両チーム合わせてスイングの速さでは一番ではないかと思われるるぐらい「速い、しかも大きい」実績を残しているからなのか、そうだから結果がでているのかは定かではない(^^;)#走力も大したものです。


■貝塚政秀(西)
走者一掃の2点タイムリー二塁打を含む2安打で優秀選手賞を獲得。
プロ入り後は、捕手よりも特長の打撃を生かすために一野手としてユーティリーティープレーヤーとして働いています。テークバックをゆっくり取り遠心力を使った打撃を以前より心懸けているそうです。またバットコントロールも非常に柔らかく吉野誠からの二塁打も身体を開きながら右中間に運ぶなど技術力を感じさせる。左翼手としてもそこそこです、本日は一塁手でした。


■玉野宏昌(西)
2回無死一二塁の場面で、犠打で進塁を試みるも追い込まれてしまいました。最終的にタイムリー内野安打を放ちましたが、繋ぎも不可欠な下位の得点源ですので細かいプレーの精度も上げていくことも大事ですね。次世代の正三塁手候補からの脱却を!#まだ物足りないですね・・・


■野田浩輔(西)
吉野誠の高め真っ直ぐに空振り三振をはじめ本日結果は出ませんでしたが、パンチ力ある打撃そしてガッチリした体格と近い将来の一軍捕手の1人となることでしょう。意外や和田一浩をコンバートさせることになるかも!?なんて思っています。#うーん、阪神に欲しかった(^ー^)


■黒田哲史(西)
五回表吉本亮の深い当たりのショートゴロに正面で追い付き一塁へ矢のような送球!「攻撃的守備」良いっすね(鈍足な吉本亮でしたけどね)#併殺崩れの1打点あり


2001年 9月30日 イースタンリーグ20回戦 ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:yujiさん/マリンライナーさん

yujiさん編

 9月30日日曜日浦和ロッテVS戸田スワローズ(ロッテ浦和球場)
 戸田スワローズ6対1浦和マリーンズ
 スワローズ先発    ○ 坂本弥太郎(9回1失点)
   ロッテ先発    ● 武藤潤一郎(5回3失点)

僕は試合よりサインを頂に行きました。
今日の収穫…ロッテ…BBM2001諸積兼司・UPPERDECK諸積兼司・BBM2001石井浩郎・UPPERDECK石井浩郎・BBM2001竹清剛治・BBM2001吉田篤史・BBM200長崎伸一・BBM2001黒木智宏・BBM2000黒木智宏・BBM99黒木智宏・最多投球回数(自写)黒木智宏…スワローズ…BBM2000花田真人・BBM2001副島孔太・FB99橿渕聡・BBM2001青柳進X2…などなど他20枚ほど…
今日は今までで一番良い思いでになりました。 


マリンライナーさん編

私も今日、ロッテ浦和球場にて観戦しました。

■9月30日(日) 浦和マリーンズvs戸田スワローズ最終戦

戸田スワローズ |001101200|
浦和マリーンズ |010000000|

戸田:坂元弥太郎(9回)
浦和:武藤潤一郎(5回0/3)−小林渥司(2回)−礒恒之(2回)

坂元は前回の湘南戦に続き8安打8三振2四球と好投、しかも完投勝利。
打っても畠山、本郷、鮫島いずれも2安打など13安打5点。
浦和マリーンズは光山4打数3安打1本塁打のほか、諸積、里崎、天野、吉鶴、
ダイが1安打づつであったが、武藤は5 0/3回9安打4三振5四球3失点と
不調。小林渥司も2回2安打3三振3四球2失点と悪い流れを変えられず、
せめて礒の好投が救いでしょうか。

本日のトンボ隊は礒、長崎、戸部。ブルペンにてドラフト1位田中良平投手の
投球練習がみられたのとカモメ通信の最新号がもらえたのが収穫でした。
2日の対所沢戦が最終戦となりますが、田中の登板はあるでしょうか。


2001年 9月30日 イースタンリーグ20回戦 巨人−湘南(福島県鹿島町)報告者:健一

■9月30日(日)川崎ジャイアンツvs湘南シーレックス20回戦(福島県鹿島町)

                      H
湘南シーレックス|012 003 010| 8
川崎ジャイアンツ|000 000 000| 3

川:●谷浩弥−酒井純也−安原政俊−小野剛−内薗直樹
湘:後藤伸也−東和政−竹下慎太郎−前田和之

6回まで被安打1の後藤伸也から東和政、竹下慎太郎、前田和之と繋ぎ完封リレー!
谷浩弥、酒井純也がピリッとせず湘南打線に捕まったようです・・・そうなんです途中から観たのでよく分からないんです(^^;)

東和政は1回を被安打1の内容、長い腕をぐるーりと回し投げ込む、非常に「撓り」キレがあります。今後後藤伸也、東和政の高卒同期で切磋琢磨して欲しいものです、あともうひとり鈴木健之もね。<まだ観ぬ選手は気になるっす。
竹下慎太郎は3者連続奪三振!来年も今年並みに投げる機会があるはずでしょう。


■小野剛(巨)
武蔵大からドラフト7位で入団のルーキー。初めて観た感想としては、以前いた山田勉(ヤ→ダ→広)に似た感じで日本人離れしたがっしりとした身体から繰り出さる140km中盤ぐらいの速球とチェンジアップのような大きなカーブ、そしてフォークで粗い投球内容(投球後一塁側に身体が流れる癖あり)も化けたら凄そうな印象(あくまでも化けたら)。#抑え候補、背番号「59」が前任者のガルベスをを思い出させるほどデカイです(187cm-89kg)。

8回に登板田中充にストレートを右翼席に一発を運ばれる。<登板数も増えるであろう来季は勝負の年となるでしょう!ドラ7に時間はそうない。


2001年 9月28日 ウエスタンリーグ20回戦 阪神−中日(鳴尾浜)報告者:Bluebirdさん

月遅れの夏休みを強引に取得し,阪神ファームの2001年度最終戦を見に行ってきました。
例によって阪神中心ですけど,観戦記を投稿します。

1.試合全般
 100010000  
 00110300X  

先発メンバーは次のとおり。

[中日]
1.ショート   善村
2.セカンド   仲澤
3.センター   ショーゴー
4.ファースト  藤井
5.サード    神野
6.ライト    筒井
7.レフト    辻田
8.キャッチャー 中野
9.ピッチャー  小山

[阪神]<−−このうち4人が戦力外通告。淋しい。
1.ファースト  吉田浩
2.セカンド   寺田
3.レフト    平下
4.キャッチャー 吉本
5.サード    エバンス
6.ショート   星野
7.センター   松田
8.ライト    高山
9.ピッチャー  井上

また投手リレー・バッテリーは以下。カッコ内は投球回数。

   井上(5+1/3),面出(2+2/3),岡本(1)−吉本,狩野,中谷,本田
   小山(5+2/3),曹(1+1/3),船越(1)−中野

本塁打 T高山3号(3回,投手:小山,ソロ),4号(6回,投手:小山,3ラン)
    Tエバンス6号(4回,投手:小山,ソロ)

阪神が(今年限りで解雇が濃厚な選手たちの)一発攻勢で試合をを決めました。右投手なのに高山がスタメンだったのはこれが最後の試合だったからなのでしょうか。
阪神先発の井上(こちらも解雇が濃厚)は、例によって無難なピッチング。中日ファームは元気がありませんでした。

2.気になった選手たち。

(1)阪神
<投手編>
■井上貴朗(神)
例によってスピードはないですが,変化球のキレはまずまず。ファームレベルではそれなりに通用します。筋トレあるのみと思うのですが...。戦力外通告されたようです。彼に関しては仕方ないですね。

■面出哲志(神)
春先から比べるとややヒジを下げて投げてます。球威はイマイチですが,長いリーチから投げるチェンジアップ気味のカーブ(スライダー?)は効果的です。もう少しフォームが固まれば,中継ぎとして活躍できるかもしれません。

<野手編>
■高山智行(神)
今日は2発。飛距離が伸びてきました。ファームでもフル出場すればかなりの成績が残せると思います。来季に期待したかったのですが,無情にも戦力外通告されたようです。まだ二年目なのに...。こんなに早く解雇するんやったら最初から獲るなよといいたい。ホント残念です。フロントは岡田監督の意見を聞かないのでしょうか。それよりも前にファームの試合を見てるのでしょうか。私ならもう一年様子を見ます。

■エバンス(神)
今日は中越えの一発を放ちましたけど,彼も解雇なんだろうな。ファームで一年下半身を鍛えれば,一軍でもそれなりの成績が残せるのではと思うのですが。今の阪神球団にはそんな余裕はないんでしょうな。

■関本健太郎(神)/新井亮司(神)
両名ともフェンス直撃の安打を放ちました。2人とも当たればかなり飛びます。これで的場が出てくれば,右打者は揃ってきます。今年のドラフトは左打者中心でいいのではないでしょうか。


(2)中日
<投手編>
■小山伸一郎(中)
小山ってこんなにこじんまりした投手でしたっけ。コントロールはまずまずなのですが,球威がありません。戦力外通告される選手たちに3発を浴びるとは。これでは一軍ではなかなか通用しないでしょう。

■曹竣揚(中)
オーソドックスなフォームから球威のある球をなげこみます。なかなか面白い素材。うまくいけば,来季はセットアッパーとして一軍で活躍しているかもしれません。

<野手編>
■仲澤忠厚(中)
入団時にはいろいろな噂のあった選手ですが,野球センスは素晴らしいものをもってるようです。でもバントは丁寧にやらないとダメですね。

3.最後に
(1)今日の8,9回の守備でファースト曽我部,セカンド根本,サード新井,ショート梶原という守備陣をみてしまいました。根本は意外にも俊敏,塩谷や梶原よりも動きはいいですね。一軍でもセカンドの守備につくかもしれません(あんまり見たくないけど)。

(2)高山や寺田には来季にかけての飛躍が期待できると感じたのですが,健一さんも書かれている通り(以下参照),無情にも戦力外通告された模様です。鳴尾浜では,おなじみの面々だけに淋しいものがあります。

正直なところ高山,寺田,奥村の解雇は解せません。それやったら曽我部,吉田剛,吉本が先やろと思うのですが。高山,寺田は去年と比べてハッキリ成長しているのに...。といっても一軍でレギュラーを張るほどのキャパがあるかどうかは?ですけど。ホントに淋しい秋です。ドラフトでの大量採用に期待したいです。

ストーブリーグ情報も求む<現実にも目を背けず・・・来年への構想を!! 投稿者:健一  投稿日: 9月28日(金)23時39分34秒

■戦力外通告
酒井弘樹、井上貴朗、中込伸、奥村武博、吉田豊彦、星野修、寺田祐也、高山智行、本田明浩の9選手に戦力外通告が行われました。10月末には合同トライアウトがあることからも早めの通告のようです。

そうですか・・・そんな時期ですか。。。それぞれに思いのある選手だけに寂しいのが第一印象です。しかしこの新陳代謝に明日のタイガースを見たいです。この中から来年違うユニフォームを着る選手もいることでしょう。

お薦めは断然星野修です。2軍の戦力としては十分過ぎるのですが、これだけでは困りますよね、一軍でも代打また内野の控えとしても戦力になり得ます。はまればスタメンに名前が載るぐらいに思っています。それ以外には中込伸も有り得ると思います。他はどうでしょうねえ、手を挙げる球団もいるかもしれませんね。

高山智行は今季外野にも挑戦していましたが、球団としては伸び幅を感じなかったのかな。<恐らく打撃面

長嶋茂雄監督勇退ですか、しかし明日もプロ野球は続くんだ。
#帰宅して今知りました。


2001年 9月23日 イースタンリーグ17回戦 日本ハム−巨人(山形県鶴岡市)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年9月23日(祝・日)
鶴岡ドリームシリーズ第2戦
日本ハムファイターズVS.読売ジャイアンツ 17回戦 巨  人14勝3敗0分
(山形県・鶴岡市 鶴岡市小真木原野球場=鶴岡ドリームスタジアム)
12:30 晴れ 試合時間3時間08分

                     H E
巨  人 611 000 001 ・・ 9 3
日本ハム 000 000 010 ・・ 6 5

○ 勝利投手 佐 藤 9勝7敗   ● 敗戦投手 矢 野 2勝9敗
2B 2塁打 山 田 5回無死 (巨  人)
SB 盗 塁 鈴 木 1回2死 (打者・宮崎) (巨  人)
       山 田 7回無死 (打者・宮崎) (巨  人)
 E 失 策 小 田 1回無死 (山田三ゴロをファンブル) (日本ハム)
       飯 山 1回1死 (川中二ゴロをファンブル) (日本ハム)
       田中賢 2回無死 (永池遊ゴロをファンブル) (日本ハム)
       遠 藤 3回無死 (1塁牽制悪送球) (日本ハム)
       十 川 8回2死 (田口遊ゴロを1塁悪送球) (巨  人)
       十 川 8回2死 (上田遊安後1塁悪送球=タイムリーエラー) (巨  人)
       村田善 8回2死 (十川1塁悪送球を後逸) (巨  人)
       田 口 9回1死 (鈴木一ゴロをファンブル) (巨  人)
   走塁死 山 田 5回無死 (宮崎捕前バントで2・3塁間狭殺) (巨  人)
   暴 投 伊 藤 5回1死 (打者・宮崎) (日本ハム)
Fc 野 選 飯 山 1回1死 (鈴木一ゴロを本塁送球) (日本ハム)

(巨  人) 初回から相手ミスに乗じて大量点。村田善2安打2打点、原2安打1打点、宮崎、山田適時打
        打 安 点 振 四  1  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
(9) 山 田 5 3 2 1 0 三失 右犠・   三振    左2    右安    左安・
(4) 宮 崎 4 1 1 2 0 捕犠 三振    二安・   捕ゴ    見振
H 5 山 下 1 0 0 0 0                            右飛
(5) 永 池 2 0 0 0 2 死球    遊失 遊ゴ    死球
5 4 吉 村 2 0 0 1 0                      見振    二ゴ
(DH) 高 野 3 0 0 2 1 四球    左飛 投直    見振       三振
(3) 村田善 5 2 2 1 0 右安:   左飛    右安 見振       二ゴ
(7) 川 中 3 0 1 0 2 二ゴ・   四球    遊飛    遊飛    死球
(2)  原  4 2 1 0 1 四球    中安・   左安    三直    投ゴ
 2  加 藤 0 0 0 0 0 
(6) 十 川 4 0 1 1 1 四球・   二ゴ    二ゴ    遊飛       三振
(8) 鈴 木 5 1 1 0 0 二ゴ・      投安 三邪       左飛    一失
     :                :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁12 39 9 9 8 7     2  2  1  2  2  0  1  1  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 1回は打者1巡

(日本ハム) 佐藤が全く打てず・・。小野剛、三浦と繋がれて大敗。西浦2安打。
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(6) 田中賢 4 0 0 2 1 三振    三振    四球    二ゴ    一ゴ
(5) 小 田 5 1 0 1 0 三振    左飛    中飛       遊ゴ 中安
(9) 島 田 4 0 0 2 1 四球       中飛    三振    中飛 三振
(7) 西 浦 4 2 0 0 0 二ゴ       二飛    中安    中安
(DH) 田 口 3 0 0 2 1    三振    四球    三振    遊失
(8) 上 田 4 1 0 0 0    三邪    遊ゴ    中飛    遊安
(3) 田中聡 3 1 0 0 1    右安       右飛    死球 左飛
(4) 飯 山 3 0 0 1 1    三振       四球    三ゴ    右飛
(2) 駒 居 1 0 0 1 0       三振
H 2 藤 崎 3 1 0 1 0             三振    右飛    右安
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁11 34 6 0 10 5  1  1  0  1  2  1  1  2  2
                  ・は打点

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(巨  人) 佐藤日本ハム打線に的を絞らせず7回2安打0責点。小野剛、三浦1回2安打も無失点
 ○ 佐 藤   7    28  2   0   5   9   0
   小野剛   1     6  2   0   0   0   0
   三 浦   1     5  2   0   0   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 矢野不運の極み僅か2安打1責点も見方のミスの嵐で敗戦投手、遠藤、伊藤、吉崎も。
 ● 矢 野   2    17  2   0   5   1   1
   遠 藤   2    10  4   0   0   1   0
   伊 藤   3    12  2   0   1   4   0
   吉 崎   2     9  1   0   1   2   0

日本ハム1−9巨 人

前日のナイトゲームの寒さ(外気温12度程)から変わって雲一つない秋晴れに恵まれて、今日も鶴岡での試合。先発投手は巨人が佐藤、日本ハムが矢野の両投手。しかし1回で試合は決着してしまうばかりか、日本ハムには悪夢の連発となってしまう。巨人の1回、まず手始めが1番山田の放った平凡なサードゴロ。前日の様に芝の影響もなく小田の正面へ。しかし小田がこれを弾いてしまいエラー、するとこれで矢野のリズムが失われてしまった。続く宮崎がこれを送ってランナー2塁。3番永池はモモ付近に死球で1、2塁から4番高野。高野は四球を選ぶとこれで満塁。ノーヒットで満塁のピンチを背負った矢野は続く5番村田善にセンター前タイムリーを打たれて2者が生還、2−0と今日も巨人が先制した。さらに、1、3塁から6番川中はこれも何でもないセカンドゴロ。しかし今日は久し振りのセカンドのポジションでタイミングが合わなかったのか、これを飯山が弾いてしまう。この間に3塁ランナーがホームインで1点を追加3−0とした。1、2塁と続くピンチに続く原にも四球を与えてしまうと満塁から8番十川にも四球で押し出しで4−0と収拾のつかない状態になってきてしまう。さらには、9番鈴木をこれも完全に打ち取った辺りはセカンドゴロ。これを飯山が捕ったまでは良かったが、何と全然間に合わない本塁へ送球、駒居にボールが届いた時には、既にランナーがベースを駆け抜けいてた。フィルダースチョイスとなって5−0と早くも巨人が大量リード。直も満塁が続いて打順が1番に戻って山田が、打ち上げてしまいライトフライも充分の犠牲フライで、さらに1点を追加6−0となる。続く宮崎が三振でようやく1回表が終了。早くも絶望的な展開に1回裏日本ハムの攻撃。しかし1番田賢、2番小田と巨人先発の佐藤から連続三振。3番島田が四球で出塁するが、4番西浦がセカンドゴロで反撃できない。2回巨人はこの回も相手のミスから得点する。この回先頭の永池が打ってショートゴロ、すると今度はショート田中賢までこれを弾いてしまいエラー。2死になるが、川中が四球を選ぶ。2死1、2塁として7番原がセンター前にヒット、これで2塁ランナー永池がホームインして1点を追加7−0に。2回日本ハムは2死から今日は先発出場の田中聡、ライト前にヒットは日本ハムチーム初ヒット。しかし続く飯山が三振で2回で早くも4つ目の三振と佐藤にタイミング以前の問題。今日はバラバラの日本ハム内野陣はこの回から2番手としてマウンドに上がった遠藤をも苦しめてしまう。3回巨人は9番鈴木から、打って遠藤への高いバウンドのピッチャーゴロ。遠藤が捕って1塁へ送球するが、1塁ベースカバーに飯山が遅れてしまい内野安打。さらに1番山田の時に遠藤が自らを苦しめるミスを冒す。1塁へ投じた牽制球が暴投となりファールグラウンドを転々。この間に鈴木は3塁へ到達。山田は三振も、2番宮崎がこれもセカンドへの高いバウンドでのゴロ。飯山が捕るが内野安打はタイムリーとなってさらに1点を追加し、8−0と試合は決着ばかりか、ダメ押し状態。3回日本ハムは9番駒居からるしかし三振、1番に戻って田中賢も2打席連続三振、小田も凡退して3者凡退。4回巨人は先頭の村田善がライト前ヒット、1死から原がレフト前にクリーンヒット、2死2、3塁となって9番鈴木だが、サードファールフライで得点できず。4回この回も簡単に2死になってしまうが、5番指名打者の田口が四球で出塁。しかし続く上田がショートゴロでチャンスにならない。5回日本ハムはこの回から3番手マウンドに、伊藤が上がる。巨人5回の攻撃は1番山田から、レフト線へのツーベースヒットで出塁、1死から3番永池が今度は背中に死球の今日2度目の御難。1死1、2塁として4番高野、見逃しの三振。続く村田善も見逃しの三振でチャンスが潰える。

5回日本ハムは先程チーム初ヒットの田中聡から、その田中聡が放った一打は、ライト頭上を襲う。背走するライト山田の頭上は越えそうな勢いだった。ところが、山田がこれをまさに好捕といえるナイスキャッチ。山田はフェンスに当たるが影響なし。続く飯山が四球で出塁し、9番駒居に代わって代打・藤崎。しかし三振、1番田中賢が四球で出塁し、2死1、2塁とするが、2番小田がセンターフライ。6回巨人は1死から原。原の打った打球は、サードへの鋭い当たり。しかしこれを小田がこれに横っ飛びすると、序盤の凡ミスを少しでも取り戻すファインプレー、結局この回は3者凡退。6回日本ハムは、1死から4番西浦がセンター前ヒットで出塁。しかし後続が続かない。7回巨人は1死から、1番山田がライト前ヒットで出塁、続く宮崎の時に山田がスタートして盗塁成功。宮崎は見逃しの三振、続く途中からサードの守備に入っている吉村も見逃しの三振で得点できず。巨人先発の佐藤の前にここまで僅か2安打と全く攻撃にならない日本ハム打線だが、この回も先頭の田中聡が死球で出塁したが後続3人が凡退してチャンスすら作れない。8回から日本ハム4番手には、吉崎がマウンドへ。巨人8回は2死から、川中に背中への死球で出塁も続く原がピッチャーゴロで追加点を与えない。8回から巨人は2番手に小野剛を投入。8回日本ハムはこの回も簡単に2死になってしまう。しかし4番西浦がセカンド横を抜けるセンター前ヒットで出塁、続く田口は打ってショートゴロ。この回も・・と思ったがこれを捕ったショート十川がこれを1塁悪送球でエラー。2死1、2塁として、続くは上田。上田が打つと打球はサードを越えるがショートの手前でバウンドする。この時点で上田は内野安打だったが、十川がこれを捕球すると1塁へ送球。しかしこれが悪送球となってエラー。さらにその送球を捕る1塁手の村田善がこれを後ろに逸らしてしまい、エラーが記録される。上田は2塁へ、西浦がホームインして1点を返す。さらに2死2、3塁とチャンスが続くが田中聡が大きい打球だったが、あと少し距離が足りずレフトフライ。9回巨人は、エラーで始まった日本ハム内野陣が最後も犯すミスで得点を追加する。1死から、9番鈴木のファーストゴロを田口が弾いてしまう。打球がセンター前まで転がる間に鈴木は2塁へ。1番に戻って山田がレフト前にタイムリーヒットで、日本ハムは最初も最後もエラーによって失点を重ねる。9回から巨人は3番手に三浦をマウンドへ送る。日本ハムは8番飯山からだが、ライトフライ。続く9番藤崎が今季見せているライトへの流し打ちをここで見せる。ライト前にヒット、1番に戻って田中賢は凡退するが、2番小田はセンター前ヒットで出塁、2死1、2塁と反撃に出るが時既に遅く。3番島田が三振して試合終了、序盤3回で試合が決まってしまう程のミスの連発で敗戦、地方遠征3度目の連戦連敗。

◆ 球 審 村 越           ◇ 公式記録員 新向井(セントラル・リーグ)
  1 塁 平 林
  2 塁 新 屋  
  3 塁 津 川(パシフィック・リーグ)


2001年 9月22日 イースタンリーグ16回戦 日本ハム−巨人(山形県鶴岡市)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年9月22日(土)
鶴岡ドリームシリーズ第1戦
日本ハムファイターズVS.読売ジャイアンツ 16回戦 巨  人13勝3敗0分
(山形県・鶴岡市 鶴岡市小真木原野球場=鶴岡ドリームスタジアム)
18:00 晴れ 試合時間3時間41分

                      H E
巨  人 130 100 300 ・・ 12 3
日本ハム 002 040 000 ・・ 12 2

○ 勝利投手 酒 井 4勝4敗   ● 敗戦投手 神 島 0勝1敗
S  セーブ 西 山 −勝−敗
2B 2塁打 田中賢 1回無死 (日本ハム)
       宮 崎 2回2死 (巨  人)
       川 中 7回2死 (巨  人)
SB 盗 塁 堀 田 1回2死 (打者・村田善) (巨  人)
       川 中 2回無死 (打者・原) (巨  人)
       宮 崎 8回2死 (打者・吉村) (巨  人)
 E 失 策 田 口 2回無死 (川中捕前バント1塁送球を落球) (日本ハム)
       永 池 5回無死 (島田三ゴロをファンブル) (巨  人)
       小野仁 5回1死 (1塁牽制悪送球) (巨  人)
       田中賢 7回無死 (宮崎二ゴロを1塁悪送球) (日本ハム)
       酒 井 8回無死 (荒井投前バントをファンブル) (巨  人)
   後 逸  原  1回無死 (打者・小田) (巨  人)
   暴 投 小野仁 5回1死 (打者・駒居) (巨  人)
   併殺打 飯 山 2回1死 (小野仁−宮崎−村田善) (日本ハム)
       荒 井 5回1死 (十川−宮崎−原) (日本ハム)
       田中賢 8回無死 (十川−吉村−大場) (日本ハム)

(巨  人) 7回一気に逆転して逃げ切り。山田、宮崎、堀田、村田善適時打、川中2点2塁打、
       原2点適時打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(7) 9 山 田 5 2 1 0 0 二安 遊ゴ    左安・   三飛    左飛
(4) 8 宮 崎 4 2 1 0 0 捕犠 二2    一ゴ       二失 左安
(9) 堀 田 4 2 1 1 0 右安・三振    遊ゴ       左安
R 4 吉 村 0 0 0 0 1                      四球
(DH) 高 野 5 0 0 3 0 中飛    中飛    三振    見振 三振
(3) 2 村田善 5 1 1 0 0 投ゴ    右飛    右飛    中安・   遊ゴ
(5) 永 池 5 2 0 0 0    三安 一ゴ    中安    中飛    二飛
(8) 川 中 3 1 2 0 0    一失    遊ゴ 遊ゴ    左2:
 7  鈴 木 1 0 0 0 0                         投ゴ
(2) 3  原  3 1 2 1 1    中安:   四球    中飛 見振
 3  大 場 0 0 0 0 0
(6) 十 川 3 1 0 1 0    捕犠    左安    三ゴ    三振
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁8 38 12 8 6 2  1  1  0  2  1  0  1  2  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 5回逆転も逃げ切れず。駒居3安打2打点逆転打、西浦2点適時打、上田、飯山適時打、
       田中賢3安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(4) 田中賢 5 3 0 1 0 右2    右安 左安    三振    遊併
(5) 小 田 5 1 0 2 0 三振    一ゴ 三振    遊安    二ゴ
(DH) 島 田 4 0 0 2 1 二飛    死球    三失 見振       三振
(7) 西 浦 5 1 2 2 0 三振    左安:   左飛 中飛       三振
(3) 田 口 4 1 0 1 0    見振 左飛    左安    三邪
 H  田中聡 1 0 0 1 0                         三振
(8) 上 田 4 2 1 0 0    右安    投ゴ 中安・   左飛
(6) 飯 山 4 1 1 1 0    投併    右直 中安・   三振
(2) 駒 居 3 3 2 0 1       四球 中安 二安:      左安
(9) 荒 井 2 0 0 0 1       遊ゴ 死球 遊併       投失
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁8 37 12 6 10 3  1  0  2  3  0  1  0  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(巨  人) 小野仁5回突如崩れる10安打4失点、酒井3回を好投で勝利投手、
       西山貫禄の3者三振でS
   小野仁   4 1/3  26 10   0   3   4   4
   真 木     2/3   1  0   0   0   0   0
 ○ 酒 井   3    11  2   0   0   3   0
 S 西 山   1     3  0   0   0   3   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 今井初回から失点を重ね4回7安打3責点、遠藤1回を無失点、
       神島ピンチを黒木救えず。
   今 井   4    21  7   0   1   1   3
   遠 藤   1     4  1   0   0   1   0
   竹 内   1     3  0   0   0   0   0
 ● 神 島     1/3   3  1   0   0   1   0
   黒 木   1 2/3   9  3   0   1   3   1
   斉 藤   1     3  0   0   0   0   0

日本ハム6−8巨 人

リーグ優勝も決まり、対戦カードの日本ハムの敗け越しが確定しと完全な消化試合だが、地方遠征でのこのカードは普段と同じくプロのプレーを見て貰い、其々の選手の研鑚には打ち切れない試合。今日から山形県は鶴岡市での2連戦、球場は五輪日本代表や東京大学野球部が夏合宿に使用している鶴岡ドリームスタジアム。日本初の内外野天然芝張りのメジャー式の球場。芝の緑が綺麗に映える中での今日はナイトゲーム。先発は巨人が、今季も一年中ファームでの登板となってしまった小野仁、またこの投手に屈してしまうのか?日本ハムはサイドスロー転向で不振を払拭したい今井の両投手。しかし今井は初回から巨人打線に捕まってしまう。巨人は1回先頭の山田がセカンドゴロ、しかしこれが高く弾むバウンドとセカンドベース寄りに転がった為内野安打。続く宮崎の送りバントで2塁に進み、3番堀田。ライト前に弾き返すとこの打球を始めとして2日間この様な打球が転がりつづけるヒットは、深い芝に打球の勢いがあっという間に弱まり、定位置で守っていたライト荒井が返球する間もなく、山田がホームへ還って巨人が1点を先制。1回裏日本ハムは先頭の田中賢がライト右へのツーベースで出塁、続く小田の時には原が後逸で無死3塁と同点のチャンス。しかし小田から3人が凡退して無得点。2回巨人は、先頭の永池。打って土のグラウンド「なら」只のサードゴロだが、これが芝に取られて、そのまま捕球しないでもベース付近まで転がったかどうかという当たり。これがまたしても内野安打で出塁、続く川中がバントを敢行する。これを捕った駒居が1塁へ送球するが、これを普段なら1塁を守る事のない「はず」の田口が今日は先発だった為か、この処理に一瞬送れてしまうと送球を落球してしまいエラー。無死1、3塁から、8番原。その原の時に1塁ランナーの川中がスタート、駒居が投げられず盗塁成功で無死2、3塁と追加点のチャンスに、原はショート後方へやや詰まった打球。ショートでは遠く、センターではやや前方の位置に、ポテンヒットほどは弱くない打球が飛ぶと・・そう、「例によって」芝に取られた打球を見て2者が迷わずホームへ。2点タイムリーとなって3−0と巨人が今井を攻める。さらにランナー1塁から9番十川がこれを送って1死2塁。1番に戻って山田は凡退も2番宮崎が、これは鋭い打球をファースト正面へ。ところが、これを田口が捕れず弾いてしまうとセカンド後方まで、転がってしまい宮崎2塁へ。強襲のツーベースで原が生還して4点目。早くも巨人優勢の展開。2回日本ハムは1死から上田がライト前ヒットも続く今日から再びファーム再調整となってしまった飯山が、併殺打。3回巨人は5番からだったが、今井の前に3者凡退。するとその裏の日本ハム、この回先頭の駒居が四球で出塁すると、1死から1番田中賢がライト前ヒット。今度は日本ハムが芝を「利用」して1、3塁とチャンスを作る。2死となって3番島田。一発を恐れたのか小野仁が島田のヒザ付近に死球を与えてしまい2四ながら満塁と日本ハム反撃のチャンス。4番は西浦、期待に応えてレフト前にゴロで抜けるタイムリーヒット、当然ゴロなら弱まる打球の勢いを見て2者が生還して2点タイムリーで4−2とした。しかし4回巨人は日本ハム先発の今井の調子が良くないのを見逃さず、続けざまに攻撃。1死から原が四球で歩くと、続く十川がレフト前ヒット、1番に戻って山田が、先程の西浦同様にレフト前ヒット。これがタイムリーとなって1点を追加5−2と再びリードを広げる。4回の日本ハム、簡単に2死となってしまうが、8番駒居がセンター前ヒット、続く荒井には腰か、腹部に死球。蹲った荒井だが、交代はせず。1番に戻って田中賢がレフト前ヒットで3打席で猛打賞。2死満塁としたが、続く小田が三振で3者残塁。5回から日本ハム2番手には、この球場が大学4年間の合宿にしようされていて、地元の観客にも周知の遠藤がマウンドへ。5回の巨人はその遠藤の御礼登板の前に2死から永池がヒットも4人でこ攻撃終了。

すると5回日本ハムは、その遠藤に白星をとばかりに打線が巨人先発・小野仁を捕える。先頭の島田の打球はサードゴロ。しかしこれを永池が弾いてしまいエラー。1死から田口がレフト前に運んで出塁、続く上田の時に1塁に牽制球を投げた小野仁だが、これが1塁手が届かない悪送球でボールがファールグラウンドを転々。この間に2、3塁となって上田がねセンター前にタイムリーヒット、左対左も何の今日2安打目。さらに1、2塁として7番飯山。これもセンター前に落としてタイムリーヒットで5−4と1点差に。さらに続く1、2塁のチャンスに駒居。駒居の時に小野仁が自らを苦しめる暴投で2、3塁と逆転のランナーまでホームに近づけてしまう。その駒居の打球に小野仁がマウンド上でガックリとなってしまう。駒居が途中で止めたバットだったが、ボールがあたってしまう。しかしこの打球が小野仁の横を抜けると小野仁がこれを捕れず転倒。さらに打球がセカンド方向に転がるが、セカンドが逆を突かれた格好になってしまい、慌てて向きを変えるが宮崎も芝に滑ったのか捕れずに転倒してしまう。ボールはセカンド定位置を止まりそうな勢いで転がる間に上田、飯山がホームを踏んで日本ハムが一気に逆転。マウンドでヒザを付き呆然とする小野仁に、交代が告げられる。巨人2番手には真木が登場。すると続く荒井をショートゴロ併殺打に打ちとって日本ハムの勢いを何とか止めた。6回から日本ハム3番手には、再び東北で凱旋登板となった竹内が久し振りのマウンドへ。6回巨人はその竹内の前に3者凡退。巨人も6回から3番手に酒井を投入。6回日本ハムは1死から小田がショートへの内野安打で出塁するが、島田、西浦の両主軸が凡退でチャンスにならず。7回から日本ハムは逃げ切りにと、4番手に神島をマウンドへ。しかしこれが誤算となってしまう。この回先頭の宮崎は平凡なセカンドゴロ。芝の影響も受けない打球だったが、これを捕球した田中賢が、1塁へ悪送球でエラー。続く堀田にはレフト前ヒットで出塁される。ところが、1塁塁上の堀田が走塁の際に足を捻った様子で代走吉村が起用される。続く高野を見逃しの三振に打ち取った所で日本ハムは、「右対右対策」の為に5番手黒木にスイッチ。ところがこれが、「凶」と出るのに時間がかからなかった。1死1、2塁から村田善にセンター前タイムリーヒットで6−6の同点。2死から、左打ちの川中に巧くレフト線に流し打ちされると、これが2点タイムリーツーベースとなって巨人が8−6と逆転に成功した。7回の日本ハムは田口からの攻撃だったが、先程タイムリーの上田、飯山と3者凡退。8回巨人は、2死から、宮崎のヒット、盗塁、続く吉村の四球で2死1、2塁としたが4番高野が三振。8回日本ハムは先頭の駒居が凶3安打猛打賞となるヒットをセンター前に、9番荒井がこれを送ろうとバント。しかし酒井がこれほ弾いてしまいエラーで無死1、2塁としたが、1番今日3安打の田中賢がショートゴロ併殺打で得点できない。9回日本ハムは5番手に斉藤をマウンドに送る。9回巨人はその斉藤の前に3者凡退。9回巨人のマウンドには4番手に西山が登場、完全に抑え投手が出てきた。9回日本ハムの攻撃は、しかしもう反撃の余力はなかった。3番島田からの攻撃に期待だったが、西浦、代打・田中聡と3者連続三振で試合終了。酒井を攻められなかった日本ハムが、リリーフ失敗でこのカードだけで10個目の借金となる敗戦。5回の逆転打後と、8回2者を溜めての併殺打が痛かった。

◆ 球 審 津 川            ◇ 公式記録員 新向井(セントラル・リーグ)
  1 塁 村 越
  2 塁 平 林
  3 塁 新 屋(パシフィック・リーグ)


2001年 9月18日 ウエスタンリーグ20回戦 中日−広島(ナゴヤ)報告者:かんすけさん

ご無沙汰しています。
今日、ナゴヤ球場で中日-広島戦みてきました。結果は広島の大勝でした。

C|501 000 012|
D|000 000 000|

C:広池(7回)−シュールストロム(1回)−佐藤康(1/3)−島崎(2/3)
D:矢口(2回1/3)−岡本(2回2/3)−川添(1回)−洗平(1回1/3)−曹(2/3)−山北(1回)

本塁打 ブリトー(3回ソロ矢口)

スタメン
カープ
(中)伊与田
(右)岡上
(二)兵動
(三)松本
(一)ブリトー
(左)栗原
(捕)倉
(遊)甲斐
(投)広池

ドラゴンズ
(中)ショーゴー
(遊)仲澤
(三)神野
(左)ティモンズ
(一)藤井
(三)善村
(右)辻田
(捕)中野
(投)矢口


簡単な試合経過
1回表 
1番伊与田ライト前ヒット 2番岡上センター前ヒットで無死1、3塁
3番兵動ライトライナーで倒れるも次の打者4番松本のところで岡上二盗きめて1死2.3塁。
さらに松本が歩いて1死満塁。
5番ブリトーがライト前ヒットを放ち、またライト辻田がジャックルしたためサードランナーもかえり先制の2点が入り、1死1.2塁。(ワンヒットワンエラー) 
6番栗原がライト前ヒットで続き1死満塁。7番倉がセカンドゴロで1点追加2死2.3塁。
8番甲斐がセンター前タイムリーを放ちさらに1点追加 2死1.3塁。
9番広池もセンター前タイムリーで1点追加 2死1.2塁。
1番伊与田センターフライでチェンジ。

6安打すべてがセンターから逆方向への打球ということで見事な集中打でした。   

1回裏
1番ショーゴー倒れるも2番仲澤 3番神野連続ヒットで1死1.2塁のチャンスも、
4番ティモンズ ショートゴロゲッツーでチェンジ。

2回表
中日先発矢口立ち直り、岡上 兵動 松本を3者凡退

2回裏
5番藤井が内野安打放つも6番善村セカンドゴロゲッツー 7番辻田セカンドゴロ 3人で攻撃終了

3回表
ブリトー センターへホームラン、栗原レフトフライ、倉レフトへヒット。
ここでD投手岡本に交代です。矢口は1回表調子がつかめないままあっというまに5点とられたという感じです。
甲斐がヒット、広池バント、伊与田四球で2死満塁とピンチ広げるも岡上をファーストゴロになんとか岡本が抑えました。

3回裏 8番中野 9番岡本 1番ショーゴーと3者凡退に抑えられます。

4回表裏は岡本 広池両投手が3者凡退に抑えます。

5回表 
1死から倉レフト前ヒット 次の打者甲斐のときに盗塁決めて1死2塁
甲斐が歩いて1死1,2塁とするも広池 伊与田が凡退し無得点。

5回裏 
藤井がヒットででるも 善村が第1打席に続きこの打席もセカンドゴロゲッツー
辻田も三振を喫し 3人で攻撃終了。

6回表
D投手3人目川添にかわりました。
岡上 兵動凡退後 松本がセンター前ヒット放つもブリトーがファーストフライで無得点

6回裏
中野 ライトフライ(岡上ダイビングキャッチ)、代打筒井サードゴロ、ショーゴー三振
3者凡退
 
7回表 D投手4番手洗平
栗原四球も 次打者倉のときに牽制に誘い出されアウトに。倉 甲斐も倒れ3人で攻撃終了

7回裏 1死から神野 ティモンズ連続ヒットも藤井 善村と倒れ またも無得点

8回表
広池に代わる代打小畑 キャッチャーファールフライ
伊与田、岡上連続四球で1死1,2塁となり D5番手投手曹に代わります。
兵動サードゴロも野選で1死満塁
松本がレフトへ犠牲フライ カープ7点目です。
ブリトーは三振でした。

8回裏 C投手2番手シュールストロム
辻田 中野倒れるも 曹の代打三輪がレフトオーバーの2ベースで2死2塁。
しかし、ショーゴーがセカンドゴロでまたしてもチャンスを潰します。

9回表 D投手6番手山北
栗原 凡退も 倉 甲斐連続ヒットで1死1,2塁。
シュールストロムの代打佐藤裕が左中間へ2点タイムリー2ベースをはなち カープ9点目。
その後 山北が伊与田 岡上を抑えます。

9回裏 C3番手投手佐藤康 仲澤ピッチャーゴロ
C4番手投手島崎にかわり、 神野 ティモンズが凡退し試合終了。

試合の感想
1回表のカープの集中打見事でした。
また、カープ先発広池が140km近い速球とコントロールがよく7回無失点でした。
(カープ投手陣 ドラゴンズ打線に対し四死球0)
対照的にドラゴンズ投手陣は四死球が6に野選となんかぴりっとしませんでした。
特に洗平が打者6人で3四球は寂しかったです。
 
あと、試合には関係ないんですが ナゴヤ球場はレフトスタンドがきれいに取り壊され、
レフトスタンドにあったスピードガン表示はセンターややライトよりののスコアボードに
集約されていて、あまりの変わり様に驚きました。


2001年 9月16日 ウエスタンリーグ15回戦 サーパス−中日(神戸)報告者:hiromaruさん

 今日の神戸はまたもや曇り、でも、晴れ間も見え、試合も最後まで行われました。
一軍対近鉄戦はあと一歩のところで勝ちを逃しました(一軍戦については、テレビ、新聞などをご覧ください)
 その後行われたウエスタン、サーパス対中日戦、予定より40分(予定は16時半)遅れの、17時10分に試合は始まりました。

ウエスタン、サーパス対中日戦。

 000 000 210=
 011 101 00X=

勝 小林 S 萩原淳 負 小山

この試合の本塁打は出ませんでした。

13時開始の一軍戦(私の現地入りが11時前)そして、20時10分過ぎにファーム終了。
約8時間以上のGSでの長い長い修羅場でした・・・。 

 

 サーパス対中日第15回戦、スタメン編

 
中  日            サーパス(#は一軍出場選手)
(中)  ショーゴー     #(右)   相川
(遊)  仲澤          捕    上村
(三)  神野         (二)   福留
(一)  大豊        #(三)   五十嵐
(指)  藤井          走左   庄司
(二)  善村          右    田中
(右)  辻田        #(一)   藤井
(捕)  中野          走一   河野
(左)  三輪          投    萩原淳
                (捕)   久保
                 走三   玉木
                (指)一  新井潔
                (中)右中 高見澤
                (左)中  迎
                 打左   松元
                (遊)   斉藤

投手 
中  日:小山−山北−福沢
サーパス:小林−木村−杉本−栗山−萩原  


簡単な試合経過
 中日先発の小山、試合開始までの準備が十分でないせいか、2回、3回と押し出しの四球で2失点。3回で降板し、二番手山北はワンポイントで起用。新井潔を二ゴロで抑えた。
 三番手福沢はその後、最後まで投げたが、2失点。投手王国のはずなのにこれでは・・・。

 サーパス先発の小林。5回まで無失点の好投。二番手木村は2失点。三番手はワンポイントで杉本が登板。無難にこなすが、その後の栗山がピリッとせず。これまた1失点。1点差を最後は萩原淳が抑えて、何とか負けは逃れたが、個人的には小林に続投させたかった。

 打線はサーパス。押し出しの四球などでまず1点ずつ、計2点。福留の適時打。そして、上村の決勝適時三塁打。しかし、その後は、安心してか、無得点に抑えられてしまう。最後まで全力で挑んでほしかった。おとといとは違い。何がなんだか・・・という結果。


サーパス観戦実話日記第三日目
 いやぁー、GSは大阪ドーム化してたよ。妙に三塁側外野の方が盛りあってた。しかし、一軍戦が終わり、いざ、本命のサーパス・・・ってころには、静かになっちゃうもの。もう少し最後まで付き合ってほしいなぁ、と感じました。
 この試合には昼間の一軍戦にも出ていた藤井、五十嵐、相川と、上は次の日、千葉での試合だから、多分7時か8時くらいの新幹線か飛行機かで移動しなくてはならないのに・・・(翌日、強行移動はちときついか・・・)。それにしても、一軍は気づくのが遅すぎる。9回になって1点差までこぎつけたけど、僅差で負け。こんな試合が何度とあることやら・・・。ま、サーパスも何とか勝って、親子敗戦という最悪は免れたが、河野を威圧感のある代打の切り札として、起用してもらいたい。和製大砲不在なのだから・・・。
 話は変わりますが、ウエスタンが関東に来るという話。しかし、サーパスは名乗りをあげなかった。見たかったのに・・・サーパス対湘南(分かりますよね?)、ま、暇なときにでものぞいて見ようかと思う。来年はもっと空中戦が見たいなと思いました・・・。


2001年 9月16日 イースタンリーグ20回戦 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:みつともさん

2001”イースタンリーグ公式戦 平成13年9月16日(日)
敬老の日特別65歳以上無料招待デー
湘南シーレックスVS.日本ハムファイターズ 20回戦=最終戦 湘南11勝9敗0分
(横須賀スタジアム) 13:00 曇り→晴れ 試合時間3時間07分

                      H E
日本ハム 110 200 100 ・・ 11 0
湘  南 001 000 100 ・・  8 2

 勝利投手 中村隼 2勝2敗   ● 敗戦投手 後 藤 3勝5敗
S  セーブ 山 原 −勝−敗
3B 3塁打 阿久根 4回1死 (日本ハム)
2B 2塁打 阿久根 1回1死 (日本ハム)
       中村隼 2回2死 (日本ハム)
       多 村 2回1死 (湘  南)
       内 川 7回無死 (湘  南)
 E 失 策 新 沼 1回1死 (阿久根右中2で本塁中継をファンブル)(湘  南)
       竹 下 7回無死 (田中聡投前バントを2塁悪送球)(湘  南)
   暴 投 後 藤 2回1死 (打者・荒井)(湘  南)
       後 藤 4回2死 (打者・阿久根)(湘  南)
   併殺打 宮 内 3回1死 (阿久根−田中聡)(湘  南)
       万 永 8回1死 (阿久根−田中賢−小田) (湘  南)

(日本ハム) 効率の良い得点で勝利。阿久根3安打3打点サイクル安打にリーチ、中村隼タイムリー、
       田中賢タイムリー
        打 安 点 振 四   1   2  3   4  5   6  7  8  9
(6) 田中賢 4 2 1 0 2 二 ゴ 四 球    四 球    右 安 左安・   三邪
(5) 3 小 田 4 1 0 2 2 二 安 三 振    右 直    死 球 四球    三振
(4) 阿久根 5 3 3 0 0 右中2・    右飛 右中3:   右 安 一ゴ
(7) 西 浦 5 1 0 2 0 遊 直     左安 遊 ゴ    三 振    見振
(9) 島 田 5 0 0 0 0 遊 ゴ     中飛     左飛 中 飛    投ゴ
(8) 上 田 1 1 0 0 4     四 球 四球     四球     四球 右安
(3) 5 田中聡 5 1 0 3 0     三 振 三振     三振     投失 左安
(2) 荒 井 4 1 0 2 0     三 振    右 安 二ゴ     投犠 三振
(1) 中村隼 3 1 1 1 0     左越2・   投 犠    右 飛 見振
 1  吉 崎 0 0 0 0 0
 H  田 口 1 0 0 0 0                             遊ゴ
 1  山 原 0 0 0 0 0
     :              :   :  :   :  :   :  :  :  :
    残塁15 37 11 5 10 8   1   2  2   1  1   3  3  2  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(湘  南) 2度の連打も後続続かず。古木タイムリー、2安打。七野、多村2安打、サンダース
       犠牲フライ

        打 安 点 振 四  1   2  3  4  5  6  7  8  9
(9) 田中充 3 1 0 1 0 三振     一安    一ゴ
 1  竹 下 0 0 0 0 0 
 1   東  0 0 0 0 0 
H 2 西 崎 1 0 0 1 0                    見振
(4) 大 野 1 0 0 0 0 遊飛     捕犠
 H  井 上 1 0 0 0 0                 二ゴ
 4  八 馬 1 0 0 0 0                       右飛
(7) 古 木 3 2 1 1 1 三振     左安・      四球    左安
(5) 宮 内 3 0 0 1 0    遊 飛 二併       三振
H 5 万 永 1 0 0 0 0                       二併
(8) 多 村 4 2 0 0 0    右越2    右飛    中飛       右安
(3) 七 野 4 2 0 0 0    一 ゴ    一ゴ       左安    中安
(6) 内 川 3 1 0 0 1    四 球    二飛       中2    遊ゴ
(2) 新 沼 2 0 0 0 0    中 飛       遊ゴ
H 9 サンダース 1 0 1 1 0                    右犠・   三振
(1) 後 藤 0 0 0 0 1        四球
 1  神 田 0 0 0 0 0
H 9 金 川 2 0 0 1 0              遊ゴ    三振
 1  山 田 0 0 0 0 0
 1  河 原 0 0 0 0 0
 H   南  1 0 0 0 0                          三ゴ
     :             :   :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7 31 8 2 6 3  0   2  1  0  0  1  1  0  2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 中村隼7回5安打2失点の好投、ピンチも脱出しファーム脱出へ。
       吉崎、山原1回を無失点
 ○ 中村隼   7    28  5   0   3   5   2
   吉 崎   1     3  1   0   0   0   0
 S 山 原   1     5  2   0   0   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南) 後藤初回から痛打4回6安打4責点、竹下1失点、リリーフ陣好投で
       大量失点を防ぐ。
 ● 後 藤   4    22  6   0   4   4   4
   神 田   1     4  0   0   1   1   0
   竹 下   1 2/3  12  3   0   3   2   0
    東      1/3   1  0   0   0   0   0
   山 田   1     5  2   0   0   2   0
   河 原   1     3  0   0   0   1   0

湘南2−日本ハム

(1回表 日本ハム) 打者:5 安打:2 三振:0 四球:0 ■湘  南 −1日本ハム
前日の敬老の日を祝って今日は65歳以上の入場者招待という、ファームの試合では過去に例の無いイベントデー。湘南の先発は後藤、日本ハム1回の攻撃は前日同様に田中賢からスタート。2−1からの5球目を打ってセカンド正面へのゴロ。2番は小田、2−3からの7球目を打ってこれもセカンドゴロ。しかしバットが折れて打球の勢いが弱かった為、小田が1塁へ駆け込んでセーフ、内野安打で出塁。3番は阿久根、0−1からの2球目を打つと右中間を真っ二つに破る。1塁から小田が生還してまずは1点を先行、タイムリーツーベースで日本ハムがリード。さらにこの打球を処理した中継のセカンド大野が本塁へ送球するが、これが悪送球となってしまい、捕手・新沼がこれを弾いてしまう。この間に阿久根はサードに進塁。エラーで直も1死3塁とチャンスが続く。4番西浦、1−1からの3球目を打っていい当たりもショートライナー。5番島田、2−2からの7球目を打ってショートゴロで阿久根残塁。

(1回裏 湘  南) 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0 ■湘  南0−1日本ハム
日本ハムの先発は中村隼、1回湘南の攻撃は1番田中充。2−1からの4球目ストレートに空振りの三振。2番は大野初球攻撃もショートやや後方への浅いフライ。3番古木、2−2からの5球目低目の変化球に空振り三振。3者凡退。

(2回表 日本ハム) 打者:6 安打:1 三振:3 四球:1 ■湘  南0−2日本ハム
2回日本ハムは、前日は左投手に苦しめられ音なしだった上田から。しかし、第1打席の成績から以降今日は違う意味で音なしとなる。2−3からの8球目外角にストレートが外れて四球で出塁。7番田中聡、2−1からの4球目を空振り三振。8番は今日は久々に先発マスクの荒井、本職にて本領発揮といきたい所。しかしその初球が投じられると、これが捕手・新沼の頭上を空過する暴投で上田が2塁へ進む。荒井は2−3からの7球目をハーフスイングで止まったが3塁塁審・渡田がストライクの判定で空振り三振。2死2塁となって9番投手・中村隼。パ・リーグ投手の打撃と期待薄が、とんでもない無礼となる。前日に湘南・吉見が打者バリのタイムリーを放ったのを見ていたのか、お返しとばかりにスイング一閃は、レフト古木の頭上を一瞬で越えるタイムリーツーベースで日本ハムが「9人目の野手」で1点を追加2−0とした。1番に戻って田中賢、4球全て外れてストレートの四球で出塁、2死1、2塁とさらに追加点のチャンスが続く。2番小田、2−2からの5球目低目への変化球に空振り三振。2者が残塁。

(2回裏 湘  南) 打者:5 安打:1 三振:0 四球:1 ■湘  南0−2日本ハム
2回湘南の攻撃は4番宮内から。初球を打ってショートフライ。5番多村は0−1からの2球目を打ってライトへの飛球、ライト島田が前進してきてライトフライと思いきや、突如後退。打球はこれを越えてフェンスに到達、目測を誤ってしまいツーベースにしてしまう。6番は七野、1−0からの2球目を打ってファーストゴロ。田中聡が捕ってそのままベースを踏んでアウト、多村は3塁へ進塁。7番は内川、1−3からの5球目が低めに外れて四球で出塁、2死1、3塁と長打で同点の場面を作ってしまう。8番は新沼、0−1からの2球を打ち上げてセンターフライ。上田が前進してきてショート後方で捕球。湘南は得点できず。

(3回表 日本ハム) 打者:5 安打:1 三振:1 四球:1 ■湘  南0−2日本ハム
この回の攻撃は初回にタイムリーヒットの3番阿久根から。しかし0−2からの3球目を打ち上げてしまいライトフライ。4番西浦、1−2からの4球目を打ってサード左を抜けてレフト前ヒット。5番島田は、0−2からの3球目を打ってセンターフライ。6番は上田、2−3からファールで粘って9球目、高めにストレートが外れて2打席連続で四球で出塁。7番田中聡、初球ストレート見逃し、2球目変化球に空振り、3球目低めに外し気味の変化球を降って3球三振、打撃の方向性が見えない。2者残塁。

(3回裏 湘  南) 打者:5 安打:2 三振:0 四球:1 ■湘  南1−2日本ハム
2点を追う湘南は9番・投手の後藤から。それにしても投手を出塁させる事がこれほど簡単に失点に繋がるとは・・。2−3からの6球目が高めに外れて四球で出塁、1番に戻って田中充。1−2からの4球目を引っ張ってファーストへの強い打球、これを田中聡がミットに当てて後方へ弾く。しかし、跳ね返りが弱く2塁が間に合うタイミングに阿久根が2塁送球を指示していたが、ボールを捕った田中聡が2塁送球を諦めてしまい送球せず。内野安打で出塁、無死1、2塁と一打同点のチャンスに続くは2番大野。その初球を捕前にバントすると、これが成功して1死2、3塁と今度は一打で逆転のチャンス、中村隼はピンチを背負う。3番古木、2−1かの4球目を打ってレフト前へヒットで3塁ランナー生還2−1と1点を返すタイムリーヒット。さらに2死1、3塁と続くチャンスに4番宮内。1−3からの5球目を打ってセカンドゴロ、阿久根が捕って1塁ランナー古木にタッチ、1塁へ送球して併殺打。

(4回表 日本ハム) 打者:6 安打:2 三振:0 四球:1 ■湘  南1−4日本ハム
この回は8番荒井から、1−2からの4球目を打ってライト前へツーバウンドでヒット。9番は先程2点目のタイムリーを放った中村隼。すると、今度は初球を投前へバント。これが成功して1死2塁。1番に戻って田中賢、1−3からの5球目、低目への投球が外れて四球。1死1、2塁として2番小田。初球を打ってライトへのいい当たりもライトライナー。3番阿久根、0−1からの2球目がまたしても捕手の上を通過する暴投でランナーがそれぞれ進塁した。2、3塁となって阿久根は−02からの3球目を打ってまたしても、右中間を真っ二つにするヒット、2者が生還して2点を追加4−1と3点のリードに。阿久根は、一気に3塁へ進むタイムリースリーベース。続くは4番西浦、2−2からの6球目を打ってショートゴロ、阿久根が残塁。

(4回裏 湘  南) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 ■湘  南1−4日本ハム
4回の湘南は5番多村から、2−2からの5球目を打って右中間への大きい当たり。先程イージーミスを犯してしまった島田だったが、今度はそうはいかないとばかりに、走って走ってこれを好捕!6番七野、2−3からの7球目を打って詰まったファーストゴロ。7番内川、初球打ちも打ち上げてしまいセカンドフライ。3者凡退。

(5回表 日本ハム) 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 ■湘  南1−4日本ハム
湘南はこの回から先発後藤に代わって2番手マウンドに神田。日本ハムの攻撃は5番島田から、初球打ちに出るが右中間への大きい飛球はレフト古木が捕球する。6番上田、4球全て外されたボールで四球。3打席連続四球で3度歩かされる。7番ここまで2三振の田中聡だが、この打席も2球でツーストライクと追い込まれると2−1からの4球目、変化球にタイミングが合わず3打席連連続三振。8番荒井、0−1からの2球目を打ってセカンドベース寄りのゴロ、大野が捕って2塁へトスしてスリーアウト、チャンスにさせない。

(5回裏 湘  南) 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 ■湘  南1−4日本ハム
この回は8番新沼からの攻撃。2−1から低目の変化球を打ったがショートゴロ。9番神田に代わって代打は金川。0−1からの2球目を打ってこれもショートゴロ。1番に戻って田中充、2−2からの5球目を打ってファーストゴロ。田中聡がベースを踏んでこの回も3者凡退。

(6回表 日本ハム) 打者:6 安打:2 三振:1 死球:1 ■湘  南1−4日本ハム
湘南代打の金川そのまま入ってライト、ライトの田中充に代わって3番手マウンドには、ルーキーながらリリーフで活躍していた竹下、この所の不調でか湘南での再調整。日本ハムこの回は9番中村隼から、2−3かの7球目を打ってライトフライ。1番に戻って田中賢、1−1からの3球目を打って1、2塁間を抜けてライト前ヒット。2番小田、1−2からの3球目がヒジ上部に当たって死球で出塁。1死1,2塁として、3番阿久根。2−1からの4球目を打ってライト前に落ちるヒットで、今日3安打猛打賞と共にサイクル安打にもリーチとなった。1死満塁となり4番西浦。しかし2−2からの5球目第1打席と同じく変化球に合わず空振り三振。5番島田、打ってセンターへの大きい飛球だったが多村が背走からフェンス前で捕球し日本ハム満塁のチャンス生かせず。

(6回裏 湘  南) 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 ■湘  南1−4日本ハム
日本ハムは守備の後退、先程死球の小田がサードからファーストへ、ファーストの田中聡がサードへ。湘南のこの回は2番大野からだが、ここは代打の切り札井上が起用される。1−1からの3球目を打ってセカンドゴロ。3番古木、2−3からの6球目が低目へのワンバウンドで四球。4番宮内、2−1からの4球目を振って空振り三振。5番多村、1−0からの2球目を打ち上げてセンターフライ。

(7回表 日本ハム) 打者:7 安打:1 三振:1 四球:2 ■湘  南1−5日本ハム
湘南は代打の井上に代わってセカンドには八馬。日本ハムの攻撃は6番上田から、1−3からの5球目、内角が外れて4度四球。完全に勝負を避けられている。続くは今日3三振の田中聡、しかし、今度は初球をバント。しかしこれが投手・竹下の正面に転がってしまう。竹下が捕球すると当然2塁へ送球したが、これがベースカバー内川の足元を抜けてボールがセンター前に転がってしまいエラー。無死1、2塁となって8番荒井。これも初球をバント、すると今度は成功で2、3塁になる。9番は投手の中村隼だが、ここは好投を続けているため代打は送らずそのまま打席へ。今回ばかりはアウトになるのを避けるため、殆ど打撃体勢を取らず。2−1からの4球目を見逃しの三振。1番に戻って田中賢。1−1からの3球目を流し打つと、これがレフト前にワンバウンドでヒット。タイムリーヒットとなって中村隼には大きなリードとなる1点を追加5−1と4点差に広がる。直も2死1、3塁と続くチャンスに2番小田。ストレートの四球で歩いて満塁のチャンス。ここで湘南はピッチャー交代、4番手マウンドには東が上がる。続くは今日3安打3打点と当たっている阿久根、あと本塁打でサイクルヒット達成だが、初球攻撃は引っ張ってのファーストゴロで2者残塁

(7回裏 湘  南) 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0 ■湘  南2−5日本ハム
4点のリードを貰った中村隼だが、この回は流石に疲れが出始める。湘南の攻撃は、6番七野から、1−0からの2球目を打ってレフト前に落ちるヒット、7番内川、2−0からの3球目を打ってセンター左へ落ちるヒット。上田が回り込んでこれを捕球する間に内川は2塁へ進ツーベース。連続ヒットで無死2、3塁と湘南が反撃に転じる。続くは8番新沼に代わって代打・サンダース。2−3フルカウントからの7球目を打つとライトへのファールフライ。島田がこれを捕球すると、3塁ランナー七野がスタートを切ってホームイン。犠牲フライとなって湘南が1点を返し5−2と3点差に。2塁ランナーの内川も3塁にタッチアップしており、尚もチャンスが続く。中村隼はこの試合最大のピンチ、1発浴びれば、流れを持っていかれそうな状況。しかしここから、見事な投球を披露する。9番金川、2−0と2球で追い込むと続く3球目を空振りさせて三振。1番戻って、投手・東に代わって代打は西崎。これも2−0と簡単に追い込むと、続く3球目がいい所に決まって3球三振。2者連続三振で中村隼が自力でピンチを脱出した。

(8回表 日本ハム) 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0 ■湘  南2−5日本ハム
湘南は選手の交代、代打のサンダースがそのまま入ってライト、ライトの金川に代わって5番手マウンドに山田、同じく代打の西崎がそのままキャッチャーへ。日本ハムこの回は4番西浦から、2−1からの4球目をスイングしかかるがバットは止まった。しかし、主審・木内が見逃し三振のジャッジで三振。5番島田、2−2からの5球目を引っ掛けてピッチャーゴロ。6番上田、今度も四球だと、5連続四球のイースタン・リーグタイ記録となる所だったが、それほど喜べない記録に名は連ねまいか、初球からスイング。すると、これがいい当たりでライト前へのヒットで出塁。続くは7番田中聡、これも続けざまに初球打ちに出ると三・遊間を抜けてレフト前ヒット。2死1、2塁として、8番荒井、2−1からの5球目低目への変化球に空振り三振で2者残塁。

(8回裏 湘  南) 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 ■湘  南2−5日本ハム
日本ハムはこの回から好投の中村隼に代わって2番手に吉崎を投入して逃げ切りを図る。リリーフ失敗の続いた吉崎、ここは3点差逃げ切って欲しいマウンド。湘南は、2番八馬から、2−1からの4球目を打ち上げてしまい、ライトフライ。3番古木、初球を巧く流し打ってレフト前へワンバウンドでヒット。4番宮内に代わって代打は万永がコールされる。しかし2−3からの6球目を打ってセカンドゴロ、阿久根−田中賢−小田と渡って併殺打で3人で終了。

(9回表 日本ハム) 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 ■湘  南2−5日本ハム
湘南は代打の万永がそのまま入ってサード、ピッチャーが6番手河原に。日本ハムは9番投手の吉崎に代わって代打田口。1発で追加点を期待だったが、2−0からの3球目を打ってショートゴロ、1番に戻って田中賢。2−0からの3球目を打ち上げてサードファールフライ。2番小田、2−3からの7球目空振り三振でこの試合初の3者凡退。

(9回裏 湘  南) 打者:5 安打:2 三振:1 四球:0 ●湘  南2−5日本ハム○
日本ハムは代打の田口に代わって3番手マウンドに山原を投入。湘南は5番多村から、初球打ちに出るとライト前へワンバウンドでヒット。6番七野、2−2からの5球目を打ってこれもセンター前ヒットで無死1、2塁と山原を攻める。続くは7番内川、しかし打ってショートゴロ、田中賢が捕ってベースを踏んで1塁へ送球。しかし1塁はセーフ。1死1、3塁と変わって8番サンダース、まさに1発が怖い場面だったが、2−1からの4球目変化球に空振り三振。2死とあと1人にこぎつけて、9番河原に代わって代打・南。しかし2−0と簡単に追い込まれると3球目を打って平凡なサードゴロ、田中聡が捕って1塁へ送球して試合終了。連敗は何とか避けられた1戦だった。中村隼は7回を投げて5安打2責点の好投で2勝目、打っては3番阿久根の中軸らしい活躍、吉崎山原のリリーフ陣がこれを守って逃げ切りに成功、山原はセーブ。

◆ 球 審 木 内           ◇ 公式記録員 生 原(セントラル・リーグ)
  1 塁 濱 野
  2 塁 牧 田  
  3 塁 渡 田(セントラル・リーグ)


2001年 9月15日 イースタンリーグ20回戦 巨人−西武(ジャイアンツ)報告者:かわのさん

延長11回ジャイアンツサヨナラ勝ち R H E
所沢ライオンズ 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
川崎ジャイアンツ 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 1X 1X 5 1

所:大沼幸二−帆足和幸−芝崎和広−佐藤秀樹−トモキ
川:佐藤宏志−内薗直樹−斎藤雅樹−小野仁−南真一郎
本塁打:赤田将吾12号(佐藤宏志)

みなさん、こんにちは。
みつともさんにいただいた招待券で9月15日よみうり
球場に行ってきました。
今回も家族と行った為試合途中までの観戦でした。
中途半端ですが試合経過と感想を書きたいと思います。
GファンなのでG中心になりますがあしからず。
また、メモも取っていないので間違ってたらごめんなさい。

一回表
Gの先発は佐藤−原のバッテリー。先頭の古屋センター前ヒット。
2番水田にストライク入らず、四球。佐藤は相変わらずの制球難。
3番赤田をサードゴロに仕留めるもサード永池がセカンドに
悪送球、外野に転がる間に古屋かえって1点先制。
無死1、2塁で4番高木大成は浅い外野フライ。
5番またも四球で満塁に。6番三振。7番内野フライ。

一回裏
Lの先発は大沼−野田のバッテリー。制球がいいのか
Gの選手はみなストライクは振っていく。
先頭の山田、2番宮崎ともにいい当りの外野ライナー。
3番佐々木凡退。

二回表
下位打線からということもあり安定したピッチング。
しかし9番投手大沼のときボールが続き不安に。

二回裏
4番高野も積極的に打って出るがファールで追い込まれ
最後は見逃し三振。近くの年配の常連客によると高野は
見逃し三振が多いらしい。5番村田凡退、6番川中空振り三振。

三回表
2番水田三遊間抜けるヒット、3番赤田左中間へライナーの2ラン。
4番高木またも外野フライ。5番、6番凡退。
高木の代わりに大島のバッティングが見たかった。

三回裏
7番永池ヒットで出塁。8番原凡退、9番佐藤送りバントで
二死2塁。1番山田いいあたりも外野フライ。

四回表
このあたりでジャイアンツおやじ徳光氏現れる。観客の視線が
集まりVサイン。西武ファンの方すみません。攻撃内容を覚えて
いません。

四回裏
2番からの好打順も宮崎ピッチャーゴロ、佐々木凡退。
4番高野に期待するが、止めたバットに当たって内野ゴロ。

斎藤が投げるまで待ちたかったが、息子が遊園地に行きたがったので
やむなく退場。斎藤はブルペンにはいたが、投球練習はまだせず、
真木と内薗がブルペンで投げていた。
今日の収穫は息子と外野に入って遊べたこと、そこでジャビットと
ルーキーの山下、李をまじかで見れたこと。
試合前のサインボール投げ入れサービスで根市のボールをGETしたこと。
試合と関係ないところで感激しまくりでした。根市のボールは家宝にします。
ちなみに根市はノックの時ボールボーイをしてました。試合中は
同じくルーキーの川本とバットボーイをしていたようです。
試合は結局、Gが原のバットでの活躍で追いつき、最後は李の打席で
サヨナラ暴投だったようです。

今度は9月27日か10月のコスモスリーグでの平日観戦をしたいと
思います。メモを取りながら・・・
以上、長文失礼しました。

サヨナラ場面 by 健一
丁度その場面をTV中継観てました!

■李景一(巨)
やや振り遅れ気味でしたが思いきりの良いスイング!トモキ(西)の指に掛かったストレートにやや押され気味も悔しさが表情に伝わる負けん気の強さは大事かも知れません。今季の打席数が12打席とまだ顔見せ程度ですが来季は守備でも見せて欲しいです。#プロではまだ特長がないので自分の生きる道を模索するここ数年になると思われます。ガンバレ!二年後には内海哲也も来るぞ!?

さてこの場面なんですが、丁度帰宅したときに川崎ジャイアンツvs所沢ライオンズの2軍戦、しかも延長11回二死一三塁で代打李景一というところだったんです(巨3−3西)。
投手はトモキ(西:要は佐藤友紀です)、速球に2球連続空振り!そして3球目トモキのカーブはなんと!捕手の前で叩き付けられる程の「暴投」。。。ああ、三塁走者が生還サヨナラという結果に出会しました。李景一は「俺のバットで!」と気合いが入っているようでしたが、次回の機会に(^^;)

結果は「4x−3」でジャイアンツがライオンズに延長11回サヨナラ勝ちです。またこの試合はなんと徳光和夫氏がゲスト解説に来ていたようです。あれだけジャイアンツを愛し倒せば愛くるしくも思いますが、彼のジャイアンツを愛するが故に他の者総てを引き倒すのは勘弁ですね(^^;)ナニか失礼なこと言ってませんでした?ほら、本塁打記録がどうのこうのとかさ(笑)<ジャイアンツファンも困りますよ、総意じゃないんだから。

  ■掲示板@2軍愛■