【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 3月 9日 ウエスタン教育リーグ サーパス−近鉄(神戸サブ)報告者:ういすまさん(HP:てくてくバファローズ

2002年3月9日(土)13時ごろ試合開始 15時02分ごろ試合終了
教育リーグ 
サーパス神戸大阪近鉄バファローズ
(神戸サブ球場:両翼99.1m、中堅122m

チーム名 合計
大阪近鉄バファローズ
サーパス神戸

この試合、「規定により、7回をもって終了」となりました。

先発メンバー
打順 大阪近鉄 サーパス
武藤 牧田
前田 高見澤
牧田
星野 塩谷
高塚 庄司
長坂 久保
三木 玉木
吉川 新井
覚前 平野
  佐藤 小林


■試合経過
(この試合の結果は新聞で確認できませんでした。ここに書く内容が正式な記録と異なることもありえます。)

1回表
武藤アウト(見てませんでした。ごめんなさい<(_ _)>)。前田二塁内野安打。
牧田死球(右ふとももあたり)で前田二進。星野右翼二塁打で前田生還、牧田は本塁でタッチアウト、
星野は送球の間に三塁へ。
高塚三振。

1回裏
牧田二飛。高見澤四球。迎への3球目に高見澤二盗。二ゴロ。塩谷右中間安打で高見澤生還
庄司四球で塩谷二進。久保中飛。

2回表
長坂一邪飛。三木三振。吉川元二飛。

2回裏
玉木右翼二塁打。新井左安で玉木三進。平野左安で玉木生還、新井二進。
牧田二ゴロで平野が二塁封殺、新井三進。高見澤中犠飛で新井生還三邪飛。

3回表
覚前遊ゴロ。武藤中安。前田への2球目に武藤二盗。前田四球。牧田左翼線二塁打で武藤生還
前田三進。
星野二ゴロで前田生還高塚三振。

3回裏
塩谷三振。庄司四球。久保中飛。玉木右飛。

4回表
長坂二ゴロ。三木二ゴロ。吉川元右翼三塁打。覚前右飛。

4回裏
投手に
宇高
新井三振。平野三振。牧田三振。

5回表
武藤二ゴロ。前田一邪飛。牧田三振。

5回裏
高見澤四球。三振。塩谷遊ゴロで高見澤が二塁封殺。庄司への2球目に塩谷が二盗、
長坂が二塁へ悪送球する間に塩谷三進。
庄司一邪飛。

6回表 投手に
田村
星野三振。高塚三振。長坂右飛。

6回裏
投手に
玉峰
久保の代打
藤本中飛。玉木左翼二塁打。新井四球。平野左翼二塁打で玉木生還、新井三進。
牧田
三振。高見澤三振。

7回表
投手に
牧野、6番捕手に上村。
三木三振。吉川元三振。覚前の代打内匠捕邪飛。

■投手成績

バファローズ
投手   投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
佐藤 17 57
宇高 33
玉峰 26
サーパス
投手   投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
小林 21
田村 12
牧野 12


感想など(管理人は野球の技術的なことをよく知りません。思ったことを勝手に書いてるだけですので、あしからず)
総合運動公園内ではたくさん菜の花が咲いていましたが、そんな光景にふさわしい春らしいお天気のもとでの今季初観戦でした。
スタメンのうち、Buは長坂・三木・佐藤の3選手、サーパスは牧田(「まきた」です。Buの3番打者は「まきだ」)
平野の2選手がルーキー。
背番号の大きいサーパスの選手の中で、平野選手の「背番号9」は目立っていました。

試合前の守備練習を見ていて気になったのが、両チームの捕手の人数の違い。
Buは長坂・高塚の2選手のみ(松比良選手はどこ?)。一方、サーパスは吉原・久保・上村・高橋・藤本と5人。

両先発はともに3点を取られましたが、見ていて、違うなあ、と思ったのは、投球のテンポ。
小林投手はだいたい、ポンポンと同じような間隔、リズムで投げていたのですが、
Buバッテリーはどことなくギクシャクした印象を受けました。

「E」のランプは1回しかつかなかった(5回裏の長坂捕手の送球)のですが、実際には
他にも「おいおい…(-_-;)」というプレーがありました。
まずは1回の二塁内野安打。二塁手の玉木選手がちょっとお手玉していました。
4回表の三塁打はもしかしたらダイレクトキャッチできるかな?と期待した打球でした。
右翼手の庄司選手は捕球できなかったばかりか、打球を後逸して、さらに処理に手間取っていました。
ベンチに帰るとコーチにバットで頭をこつんとされて、何か言われていました。
6回裏の玉木選手の打球はレフトへ上がったのですが、左翼手の覚前選手が打球へ向かって
最短距離で行けていたら単打かも、という当たりでした。前進してから、あわてて後ろへ下がったものの、
打球に追いつけず、二塁打にしてしまいました。玉木選手は2本の二塁打を打ちましたが、2本とも、
ちゅうちょせずに二塁へ向かう走塁だったからこそ、の二塁打でした。

Bu打線は「4番打者まではいいけれど・・・」という結果でした。5番以降で出塁したのは吉川元選手の
三塁打のみ。5番打者の高塚選手は3打席とも空振り三振(6回のは一塁側へ逃げていく球)でした。
確かにまあ、サーパスの投手は一軍クラスの投手ばかりでしたが・・・。

Buでうれしい結果は宇高投手の2回無失点、5奪三振。
盗塁と失策で三塁まで走者を進められながらも、庄司選手を空振り三振(これも最後は一塁側へ逃げて行く球)に
切って取りました。4回の牧田選手にもファウル(右翼手が守備範囲の広い選手だったら捕れてるかもしれない
飛球もあり)で粘られましたが、最後は空振り三振(ハーフスイング)に抑えました。

試合とは関係のないことを最後にふたつ。
試合前にベンチ前で円陣を組んだBu。中心で大きな声を張り上げたのは2年目の牧田選手。
何を言ったのかはっきりとは聞こえなかったのですが、円陣が解けた後でチームの誰か(コーチかな?)に
冷やかされてるような感じでした。
おとなしそうに見える牧田選手はいったいどんなことを言ったんだろう?うーん。
4回終了後のグラウンド整備の間にちょうどトイレ(選手と観客共用?)の前あたりで、少年がサーパスの
背番号23の選手にサインをしてもらっていました。メッシュのユニフォームの背中に書かれたサインの上には
「Blue Wave」の文字が。今はBWやなくてサーパスやん、と心の中でツッコミを入れてしまいました。
ルーキーの早川選手、頑張ってBWへ上がって下さいね。


2002年 3月 9日 ウエスタン教育リーグ 阪神−広島(鳴尾浜)報告者:kazunatumiさん(HP:阪神ファーム情報☆めざせ一軍・鳴尾浜☆

3月9日(土)鳴尾浜球場(阪神1勝)
広 島 000 000 000 
阪 神 200 000 00X 

(広)●苫米地、菊地原、玉木
(神)○金澤(2勝)、弓長、S山岡(1S)
(本)なし
(三)なし
(二)浅井

1回表(投:金澤)
天谷:投ボテボテ内野安打、朝山:空振り三振・天谷二盗失敗(浅井ナイス!)
末永:中飛

1回ウラ(投:苫米地)
狩野:右飛、梶原康:中前安打!、喜田:二ゴロで梶原康二封
(梶ぃ、好スライディングで併殺阻止)
関本:右前安打!で二死1,2塁、松田:初球左中間へ浅いフライ、
左・中お見合いし二塁打!となり2者生還!!松田も三塁へ、
曽我部:遊ゴロ(阪神2−0広島)

2回表
栗原:空振り三振、倉:空振り三振、甲斐:遊ゴロ

2回ウラ
藤原:遊ゴロ、浅井:左線二塁打!、斉藤:空振り三振、狩野:初球遊ゴロ

3回表
鈴衛:三ゴロ、田村彰:中飛、石橋:二ゴロ

3回ウラ
梶原康:ストレート四球、喜田:二ゴロで梶原康二封、関本:0-3から右前安打!、
松田:初球遊飛、曽我部:空振り三振

4回表
天谷:空振り三振、朝山:左飛、末永:左前ポテン安打、栗原:捕邪飛

4回ウラ
藤原:痛烈な左直、浅井:遊飛、斉藤:投ゴロ

5回表
倉:一邪飛(喜田回転レシーブでナイスキャッチ!ナイス受身!)
甲斐:遊ゴロ、鈴衛:三ゴロ

5回ウラ
狩野:投ゴロ、梶原康:一飛、喜田:空振り三振

6回表
田村彰:中前安打、石橋:三ゴロ(梶原康好プレー)で一死2塁、
天谷の時、金澤牽制で二塁走者刺す。天谷:遊ゴロ

6回ウラ
関本:痛烈な中前安打!(猛打賞)、松田:二ゴロで一死2塁、
曽我部:四球、藤原:左飛、浅井:二飛

7回表(二:梶原康、三:新井)
朝山:捕邪飛、末永:右飛、栗原:空振り三振
(金澤、7回を73球3安打無四球5奪三振、ストレート走り、変化球も冴える)

7回ウラ(投:菊地原)
斉藤:二ゴロ、狩野:中直、梶原康:投飛

8回表(投:弓長)
倉:中飛、甲斐:左前安打、鈴衛:二ゴロで甲斐二封、田村彰:遊ゴロ

8回ウラ(投:玉木)
喜田:空振り三振、新井:初球止めたバットの一邪直、松田:一ゴロ

9回表(投:山岡)
石橋:空振り三振、天谷:中飛、朝山の代打井生:四球、末永:空振り三振
(試合終了:阪神2−0広島)

       打安点振球
(D) 狩野  40000
(5)4梶原康  31001
(3) 喜田  40020
(4) 関本  33000
 5  新井  10000
(8) 松田  41200
(9) 曽我部  20011
(7) 藤原  30000
(2) 浅井  31000
(6) 斉藤  30010

     打 安 点 振 球
     30 6 2 4 2

盗塁:なし 犠打:なし 失策:なし

    回 安 振 球 責
金 澤 7 3 5 0 0
弓 長 1 1 0 0 0
山 岡 1 0 2 1 0


2002年 3月 9日 イースタン教育リーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:右派さん(HP:Private Heaven

健一さん、御久しぶりです。遅ればせながら、今年もよしなに。とりあえず今日は教育リーグ湘南対ロッテ戦を観戦して参りましたので、その報告をば。なお、ロッテ編は近いうちに書き込みさせてもらいますね。

 2002年初の生観戦は千葉ロッテとの教育リーグ。兄貴分の横浜はキャンプ中より故障者の報道ばかり目立ってきたが、これは湘南も同様。故障で出遅れている選手が多く、先日は野手の数が不足して練習試合をキャンセルせざるをえないほどだったという。そういうこともあり本日の興行も開催できるかどうか危惧があったが、何とか野手の数が揃い無事試合は行われることに。それでも試合前の練習に参加していた野手は僅かに11人。それも外野練習に参加していたうちの一人は投手の関屋で、改めて野手層の数的不足を認識させられた。故に指名打者制をとることもできず、代えるべき投手の打席で代打を送らずそのまま打席に立たせざるをえないほど。湘南守備時の一塁側ベンチはまるで高校野球の弱小高のベンチのように閑散としており、プロ球団とは思えぬ体たらくである。

 さて試合は湘南・
川村、ロッテ・亮寛の先発でスタート。

1回表、キャンプ中に故障して以来初の実戦登板となる
川村は先頭のサブローにライト前ヒットを許す。後続打者との対戦中に捕手・小田嶋の緩慢な反応もあり、サブローに二盗・三盗を決められるものの、スライダーを要所に決め無失点で切り抜ける。

1回裏、
亮寛は先頭・福本に痛烈なピッチャー返しを打たれ、その後の四球や自らのバント処理ミスなどでいきなり無死満塁のピンチを迎える。ここで湘南4番・多村亮寛の高めに抜ける失投を見逃さず、レフトスタンドに満塁アーチをぶち込み4−0とした。

5回表、4点差を追うロッテは2番手・
吉見から湘南内野守備陣の乱れなどでチャンスを作り、サブローの右犠飛で1点を返し4−1。すぐにその裏、湘南は七野の右越え二塁打で1点追加、5−1。

6回表、
吉見小田嶋がファールフライを捕りそこなうと崩れはじめ、四球からピンチを迎える。ここで打者は8番・早川早川はセンターへの深い当たりを放つが、これは中堅・井上が落下地点に入ったかに見えた。ところが、井上は強風の影響か目測を誤り捕球に失敗(記録は何故か2ベース)、2点が入ってしまう、5−3に。

6回裏、湘南もロッテ2番手・
田中良の制球難に付け込み二死満塁として、多村の詰まりながらもショート後方に落とし2点を追加する、7−3。因みにここで井上がまたもミス、走塁判断を誤りチェンジとなる。試合中盤はシーソーゲームの様相を呈していたが、後半は静かに推移。

9回表、湘南は抑えの
を投入するが、サブローのヒットから小田嶋のパスボールで一死三塁に。ここで大村がレフト前ヒット、1点を返すがロッテの反撃はここまで。結局7−4で湘南が勝利した。

 両軍とも教育リーグだというのに、一軍で名が知れた選手がかなり出場していて新鮮味にやや欠ける面子だったといえる。湘南では
川村・前田・多村あたりの状態良化が明るい材料だが、即戦力と目されていた小田嶋が捕手として全く良いところが無かったのは残念。いっほ一方、ロッテでは2番手で登板した田中良の力強い投球が目立っていた。


■追浜リポート・湘南編

■オーダー
(遊)福本
(三)万永
(中)井上
(左)多村
(一)七野
(右)南
(捕)小田嶋
(二)八馬
(投)川村

   投手継投  川村-吉見-前田-米
   途中出場  渡辺(代打)

■川村丈夫(湘)
先発して3回を投げ無失点。被安打3・奪三振4・無四球。キャンプで右ふくらはぎを痛めて以来、初の実戦投球となるが出来はまずまず。右足を庇う様子もなくチューンナップ登板としては良かったのではないか。球種的にはスライダーが切れていたが、チェンジアップの制球はまだまだ。去年より若干腕の位置が下がったような気もする。この分なら、開幕一軍に間に合うのではなかろうか。

■吉見祐治(湘)
2番手として3回を投げ失点3、自責点2。被安打4・奪三振2・与四死球2。腕を目一杯振って投げ下ろすストレートは去年よりもスピードを感じさせたが、素直な球筋でエグミがなく打者にとって見切りやすそうである。また、相変わらずボール先行の欠点も垣間見せていた。今日の失点は小田嶋・井上に守備陣に足を引っ張られた部分もあるが、ボール先行がその主因だろう。変化球でカウントがとれないのも痛い。リーチがあるだけにリリースポイントを工夫すれば面白いと思うのだが。今日の出来では一軍はまだ遠そうだ。

■前田和之(湘)
3番手として2回を投げ無失点。被安打1・奪三振4・与四球2。ストレートの球速やハードなキレがあるスライダーは今日投げた湘南投手で一番良かった。気合も乗っていた。高めに威力があるストレートを投げれるのも魅力で、新ストライクゾーンの恩恵を被れるタイプであろう。但し、制球力に計算が出来ないので首脳陣が使いづらいタイプでもある。小宮山に似た足のあげ方をするようになった。

■米正秀(湘)
4番手として1回を投げ自責点1。被安打2・奪三振1。小田嶋が外重視の配球をしたため、持ち味のシュートは殆ど見られず。出来としては悪くは無かった。まとまっているので、一軍に呼ばれる可能性もありそう。

■福本誠(湘)
1番遊撃として中安・中飛・左中2・遊ゴ・遊ゴで5打数2安打。初回の4点の端緒となった彼のヒットは、真芯で捉えた痛烈なピッチャー返し。守備では相変わらず待って捕る癖。

■万永貴司(湘)
2番三塁として四球・三ゴ・遊飛・四球・中安の3打数1安打。盗塁も一つ決めた。選球重視の打撃内容。守備では送球を誤りエラーを一つ。

■井上純(湘)
3番中堅として投犠失・左2・二安・四球・三振で3打数2安打。先週一軍のオープン戦でホームランを打ったこともあり、依然として打撃は好調なようだ。何故に湘南でプレーしているのか不明だが、ベテランとして若手の範たるプレーをしたかというとそうでもない。中堅守備では捕球体勢に入りながら落球し、走塁では判断を誤り塁間で封殺されるなどボーンヘッドもしばしば。モチベーションが落ちているのだろうか。

■多村仁(湘)
4番左翼として左本・投直・右飛・左安で4打数2安打、打点は何と6と大活躍。初回に放ったホームランは高めの失投を見逃さずに叩いたもので、滞空時間が長い放物線を描いた。止めたという落合打法も片鱗は残っていて、「神主」が少し入っている。左翼守備もまあ無難にこなしており、一軍復帰も見えてきたか。

■七野智秀(湘)
5番一塁として遊失・四球・右2・中飛の3打数1安打1打点。スイングスピード・飛距離はやはり非凡。テイクバックの距離が若干短くなったか。何を思ったのか2度も無謀な盗塁を敢行、易々と刺殺された。

■南竜介(湘)
6番右翼として三振・左飛・三振・三振で音無し。重厚な打撃フォームだが、力みすぎて球からすぐに目が離れる。スイングスピードももう少し欲しい。右翼守備ではライン際の難しい邪飛を上手く処理。肩はとにかく素晴らしい。練習だけでもファンは一見すべき。

■小田嶋正邦(湘)
7番捕手として四球・右飛・中飛・左安で3打数1安打。新戦力ということで期待して注視したが、捕手としての未熟さが露呈される残念な結果に。まず、キャッチングがお粗末。あれでは投手は怖くてフォーク系の落ちる球は投げられまい。それくらいポロポロ後ろにそらす。肩は強いが、そのコントロールはあまり良くない。今日はスローイングミスで3盗塁を許した。ファールフライも捕り損ない、リードも単調且つインサイドをあまり攻めない。敵打者がハーフスイングをした際に審判にアピールすることもしない。とにかく捕手として悪いところばかり目立ったのが正直なところである。まあ、彼がミスをするたびにスタンドから凄まじい野次が飛ぶので、精神的に参ってしまったこともあるかもしれないが・・・現時点でポスト谷繁などとんでもない話。一方、打者としてどうかと言えば今のところ可もなく不可もなくといったところか。強振はあまりせずプロのボールを見ている段階と思われるが、ちょっとバットが遠回りで出るところがあるので内角を捌けるのか私的には不安がある。まあ新人なので長い目で見たほうが良るべきか。

■八馬幹典(湘)
8番二塁として右安・一ゴ・三安・三振で4打数2安打。相変わらず打球に力感は欠ける。いつもセーフティーバントの構えをするが、今日は珍しく本当にやった。

■渡辺雅弘(湘)
代打として登場、バントを決める。練習を見る限り、高卒2年目ながらスローイングの正確さは小田嶋を凌駕している。


■追浜リポート・ロッテ編

■オーダー
(右)サブロー
(二)丸山
(中)堀
(指)大村
(遊)伊与田
(一)吉鶴
(捕)橋本
(左)早川
(三)ユーゴー
   投手継投  亮寛-田中良-井上
   途中出場  福沢・椎木(代打・捕手)

■亮寛(ロ)
先発して5回を投げ5失点、自責点は恐らく4。被安打7・奪三振3・与四球3。本格派らしく見栄えがするフォームだが、コントロールが悪く自滅した。カーブは落差が大きいが、ストライクゾーンに入らないのが難点。

■田中良平(ロ)
2番手として2回を投げ自責点2。被安打3・奪三振2・与四球2。上半身主体でややフォームのバランスは悪いが、高めに力感溢れるストレートを投げ込む。多村にショートオーバーのタイムリーを打たれたが、フルスイングの打球を球威でどん詰まりにさせた。新ゾーン向きの投手である。制球力はまだまだだが、荒削りの魅力に溢れている。マウンド捌きもふてぶてしく、高卒2年目の選手には見えないほど。

■井上貴朗(ロ)
3番手として1回を投げ無失点。被安打1・奪三振2。立ち投げのような始動体制からスリークォーターの腕の振り、投げた後に体が沈む投球フォームでかなりの変則。小さく落ちるスライダーが武器のようだが、打者はフォームに幻惑されるのではないか。但し、変則ゆえにモーションが大きく、走者は盗塁しやすい。現に万永に二盗を易々と決められてしまった。

■サブロー(ロ)
1番右翼として右安・左安・中犠飛・四球・左安で3打数3安打1打点。走者として盗塁も3つ決めたが、捕手・小田嶋とは役者が違う感じである。

■丸山泰嗣(ロ)
2番二塁として三振・中飛・三振・遊ゴ・左飛で音無し。かなり細身の選手で、好球を見逃すことが多かった。いまだプロの球の見極めが出来ていないということか。今日はプレーぶりよりも派手な赤バットのみが目立っていた。

■堀幸一(ロ)
3番中堅として右飛・中飛・右飛・三振・二飛で音無し。イチローのかつての好敵手も全く精彩なし。振り遅れたスイングばかりで、バットでこするような当たりが目立つ。

■伊与田一範(ロ)
5番遊撃として二飛・死球・四球・三振・三振で音無し。強肩だが、ショートとして位置取りにやや不安がある。エラーを1つ記録。


2002年 3月 9日 イースタン教育リーグ 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/健一

みつともさん編

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年3月9日(土)

  イースタンリーグ春季教育リーグ 日本ハムファイターズ−読売ジャイアンツ
  2回戦 日本ハム2勝0敗0分 (ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 12:30 
  晴れ 試合時間2時間50分
  ◆球審:場内発表なし 1塁:場内発表なし 2塁:場内発表なし 3塁:場内発表なし
  ◆公式記録員:場内発表なし

                     H E
巨  人 101 000 100 ・・ 8 1
日本ハム 203 000 00x ・・ 8 2

○ 勝利投手 隼 人 −勝−敗  ● 敗戦投手 小野仁 −勝−敗
S  セーブ 佐々木 −勝−敗
本  本塁打 高 野  −号 隼 人@ 3回2死 (巨  人)
2B 2塁打 島 田 3回2死 (日本ハム)
       小 田 3回2死 (日本ハム)
       山 田 3回2死 (日本ハム)
       小 田 7回1死 (巨  人)
SB 盗 塁 大須賀 1回1死 (打者・高野)(巨  人)
       川 中 2回無死 (打者・小田)(巨  人)
       田中賢 7回2死 (打者・西浦)(日本ハム)
 E 失 策 田中賢 1回1死 (大須賀遊ゴロをファンブル) (日本ハム)
       田 中 2回1死 (山田一ゴロをファンブル)(巨  人)
       高 野 3回2死 (島田右越2をファンブル) (巨  人)
   走塁死 山 田 2回2死 (高橋信中安で本塁狙い) (日本ハム)
       村 西 3回2死 (山田左中2で本塁狙い) (日本ハム)
  盗塁失敗 村 西 8回2死 (打者・山田) (日本ハム)
Fc 野 選 小 田 7回1死 (鈴木一ゴロを本塁送球) (日本ハム)

(巨  人) 原先制タイムリー、高野ソロホームランも打線繋がらず。小田、田中2安打。
       李代打でヒット
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8  9
(4) 宮 崎 4 0 0 2 0 右飛    左飛    見振    見 振
 H   李  1 1 0 0 0                          左安
(6) 大須賀 4 0 0 1 1 遊失    左飛    三振    四 球    投ゴ
   (東北福祉大)
(9) 高 野 4 1 1 1 0 右飛    右本・      三ゴ 三 振
(7)  原  4 1 1 0 0 左安・   三ゴ       捕邪     遊ゴ
(5) 永 池 4 0 0 0 0 投ゴ       中飛    三ゴ     中飛
(DH) 川 中 4 1 0 2 0    右安    右飛       三 振 見振
(2) 小 田 4 2 0 1 0    三振    二安       左中2 遊ゴ
(3) 田 中 4 2 0 1 0    見振    三ゴ       右 安 左安
(8) 鈴 木 3 0 0 2 0    三振       遊ゴ    一Fc 三振
     :             :  :  :  :  :  :   :  :  :
    残塁8 36 8 2 10 1  1  1  0  1  0  0   3  0  2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記


(日本ハム) 田中賢同点打、島田勝ち越しの犠牲フライ、小田タイムリーツーベース、
       山田適時2塁打で勝利
         打 安 点 振 四  1  2   3  4  5  6  7  8
(2) 高橋信  4 2 0 1 0 左安 中安     三ゴ       三振
(8) 石 本  3 0 0 1 0 投犠    一 ゴ 遊ゴ       三振
(6) 田中賢  3 1 1 1 1 右安・   三 振    投ゴ    四球
(7) 西 浦  3 1 0 0 1 右安    四 球    三ゴ    三ゴ
(DH) 島 田  2 1 1 0 1 右犠・   右越2    四球
H DH 佐 藤  1 0 0 1 0                       見振
  (鳥 栖 高) 
(3) 小 田  4 1 1 1 0 見振    中越2・   一ゴ       三ゴ
(9) 村 西  3 1 0 0 1    二ゴ 左 安       一ゴ    四球
  (愛知学院大) 
(5) 山 田  3 1 1 1 0    一失 左中2・      三振
  (東海大浦安)
(4) 山 地  3 0 0 1 0    捕ゴ     二ゴ    三振
     :              :  :   :  :  :  :  :  :
    残塁4  29 8 4 7 4  1  0   1  0  1  0  1  0
                   ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(巨  人) 小野仁昨年のキラー振り発揮できず、5回8安打5失点、酒井3回を無安打
       5奪三振の好投
 ● 小野仁   5    24  8   0   2   2   4
   酒 井   3    10  0   0   2   5   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 隼人1被弾も5回を投げて2失点も無四球、佐々木4回を投げてピンチは1度だけ1失点
 ○ 隼 人   5    20  4   1   0   5   1
 S 佐々木   4    18  4   0   1   5   0

今週末の天気予報は晴れで気温も上昇の予想。実際に春の野球日和という好天で、週末の対巨人戦という事もあってか
スタンドは中々の入り。この週の火曜にも鎌ケ谷で巨人に勝利しているが、今日も白星でいきたい。

1回表 巨  人 打者:5 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム −1巨  人』
日本ハムの先発は隼人、1回表巨人の攻撃は1番、駿足が売り物の宮崎。出塁されると足が厄介だが、その初球やや高目を叩くと打球は右中間への痛烈な当り、早くもツーベースと思ったが先発でライトに入っている村西がこれに追いついて捕球のファインプレー。2番は東北福祉大から新入団の大須賀、2−3からの6球目を打つと打球は隼人の足元を抜ける当り。これにショートの田中賢が追い付くが弾いてしまいエラー。3番は高野、その初球に大須賀がスタート。高橋信がボールを握り直している間に盗塁成功。高野忍はライトフライ。原は1−1からの3球目を打ってレフト前へワンバウンドでヒット、大須賀が還って巨人が1点をリードする。続く5番永池、初球をセーフティバント。しかし転がった位置が悪く平凡な投ゴロでスリーアウト。

1回裏 日本ハム 打者:6 安打:3 三振:1 四球:0 『日本ハム2−1巨  人』
巨人の先発は昨年の対日本ハム戦では脅威を誇った小野仁、日本ハム初回の攻撃は、今日は1軍が神宮球場でゲームだが、調整なのかファームに出場の高橋信、先日のオープン戦では決勝弾を放つ等昨年よりさらに成長著しい。1−0からの2球目ストレートを打ってショート左を抜けてレフト前ヒット。2番は石本、1−1からの3球目を投前へ送りバントしこれが成功する。1死2塁とまずは同点のチャンスに3番田中賢、2−2からの6球目外角へのカーブを巧く引っ貼ってライト前へ同点タイムリーで1−1。4番は西浦、1−1からの3球目内角のボールをやや詰まりながらもライト前ヒット。1死1、3塁として5番島田。2−1からの4球目を打ってライトへの犠牲フライ、あと少しでスタンドだったが、ここは犠牲フライでも逆転なだけに堅実。2死1塁に変わって6番小田、2−1からの4球目高目のカーブを見逃して三振、日本ハム早くも逆転に成功した。

2回表 巨  人 打者:4 安打:1 三振:3 四球:0 『日本ハム2−1巨  人』
逆転された巨人は6番川中から、2−1からの6球目ストレートをライト前へワンバウンドでヒット。7番は小田、1−0からの2球目がストライクになると同時に川中がスタート。高橋信がまたしてもボールを握り直して送球するが、今度はセカンドカバーの上を通過してセンター前にボールが転がる。しかしランナーは進めず。小田は2−1からの4球目カーブに空振り三振。8番田中、2−0からの3球目真ん中へのカーブを見逃して三振。さらに9番鈴木、2−2からファールで粘りまくる。が、2−3からの13球目空振り三振で3者連続三振。

2回裏 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム2−1巨  人』
この回日本ハムは、初回に宮崎の打球を好捕した7番村西から。2−2からの7球目を打ってセカンドゴロ。8番もルーキーの山田、2−0からの3球目を打ち損なうとファーストゴロ。しかし田中がこれを前に弾いてしまいエラー。9番山地、1−2からの4球目を打つとキャッチャー前へのゴロ。小田と交錯する格好になるが1塁に送球されてアウト。2死2塁で1番に戻って高橋信、1−3からの5球目を打ってセンター前にクリーンヒット、2塁から山田がホームを狙うが、いや西3塁コーチャーが強引に?本塁突入を指示、しかし鈴木の返球はストライク、小田も好ブロックでタッチアウト。追加点ならず。

3回表 巨  人 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム2−2巨  人』
巨人この回の攻撃は打順よく1番からの攻撃、宮崎は2−2からの5球目、外角へのストレートを打ち上げてレフトフライ。2番大須賀、2−2からの5球目高目のストレートを打ってこれもレフトフライ。続く3番高野、その初球!真中へのストレートを強振すると打球はライトスタンドへ一直線!!スタンド後方の防球ネット中断まで届くホームランは同点アーチで2−2。4番原、1−0からの2球目を引っ張りサードゴロ、山田が捌いてスリーアウト。

3回裏 日本ハム 打者:7 安打:4 三振:1 四球:1 『日本ハム5−2巨  人』
同点とされた日本ハム、この回の攻撃は2番石本から。0−1からの2球目ストレートを引っ張るがファースト正面へのゴロ。3番田中賢、2−3からの6球目外角へのカーブに空振り三振。4番は西浦、2−3からの6球目またも外角へのカーブだが、これは外れて四球で出塁。5番は1回に一旦は逆転打となる犠牲フライの島田、0−2からの3球目先程と同じくライトへの飛球。これがフェンス直撃となりツーベースコースになる。しかしライトの高野がこの打球を取り損ねてしまいエラーが記録される。この間に島田は一気に3塁へ到達、1塁ランナー西浦が還って日本ハムがすぐに1点のリードを奪う。さらに、5番小田。1−1からの3球目を打つと打球はセンター目掛けて一直線!これがセンター鈴木の頭上を越えてタイムリーツーベース。4−2と1点を追加する。2死2塁と続くチャンスに7番村西、1−1からの3球目カーブに巧くバットを合わせると、打球は三・遊間を抜けてレフト前ヒット。1、3塁とチャンスがさらに広がる。続くは8番山田、0−3からの4球目を打つと左中間への打球。これがワンバウンドでフェンスに到達しタイムリーツーベースで5点目が入る。さらに1塁ランナーの村西にも本塁を指示するのは、3塁コーチの西コーチだが、またしてもムリがあった。本塁憤死のタッチアウトで流れが切れてしまった。

4回表 巨  人 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム5−2巨  人』
巨人は5番永池からの攻撃、2−3フルカウントからの7球目、センターへの平凡なフライ。6番川中、1−0からの2球目を打ってライトフライ。村西が1歩、2歩と後退もスタンドまでは距離あり。7番小田、1−3からの5球目を打ち上げてしまい、3者ぼんた・・・しかし、折りしも吹く強風にファーストの小田がセカンドの山地付近まできてしまう。しかし、やはりセカンド山地にまかせた時には打球の落下点が分らなくなっていた。ボールは山地の後方に落ちてヒット。8番田中、1−1からの3球目を打ってサードゴロ。山田が1歩下がって捕るもセカンドへ送球してフォースアウト。

4回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム5−2巨  人』
この回の攻撃は9番山地から。2−3からの7球目ストレートにバットが折れてセカンドゴロ。1番に戻って高橋信、1−3からの5球目を引っ掛けて、サードゴロ。2番石本1−2からの4球目を流し打つもショートゴロで3者凡退。

5回表 巨  人 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0 『日本ハム5−2巨  人』
巨人もこの回は9番からの攻撃、鈴木は2−1からの5球目を打ってショートゴロ。1番に戻って宮崎、2−1からの4球目外角高目が一杯に決まって見逃し三振。2番大須賀、2−0からの3球目高目にカーブが決まり空振り三振。2者連続三振でこちらも3者凡退。

5回裏 日本ハム 打者:4 安打:0 三振:0 四球:1 『日本ハム5−2巨  人』
日本ハムこの回の攻撃は追加点のチャンス、3番田中賢から。1−1からの3球目を打ってピッチャーゴロ。4番西浦、1−2からの4球目を打ってサードゴロ。5番島田、2−3フルカウントからの8球目外角へのシュートを見送って四球で出塁。6番小田、2−0からの3球目を引っ張りファーストゴロ、田中が横に弾くが自分で捕って素早く1塁へ駆け込みアウト。島田残塁。

6回表 巨  人 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム5−2巨  人』
日本ハムはこの回から2番手マウンドに佐々木を送る。昨年1軍で活躍の投手リレー。巨人の6回の攻撃は先程見事なホームランの3番高野から。2−1からの4球目外角のボールにバットを止めるが当ってしまいサードゴロ。4番原、1−0からの2球目を打ち上げてキャッチャーファールフライ。高く上がった打球に先程の光景が浮かぶが、ここは高橋信がしっかりと捕球する。5番永池、2−2からの5球目を打ってサードゴロで3者凡退。

6回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0 『日本ハム5−2巨  人』
巨人は先発の小野仁に代わって、2番手に酒井がマウンドへ。日本ハムこの回の攻撃は、7番村西から。村西はスイッチヒッターの為、酒井に対して左のボックスに入る。しかし2−2からの5球目低目のストレートを打ってファーストゴロ。8番山田、2−2からの5球目カーブに見逃しの三振。9番山地、2−3フルカウントからの6球目スライダーに手が出てしまい三振、3者凡退。中盤は両チーム共攻撃にならない。

7回表 巨  人 打者:7 安打:2 三振:3 四球:1 『日本ハム5−3巨  人』
巨人は6番皮中からの攻撃。2−1からの4球目カーブに空振り三振。7番小田、2−0からの4球目高目のストレートを打つと左中間を真っ二つ。ツーベースヒットで出塁する。8番田中、0−1からの2球目を巧く合わせるとこれがライト前ヒットになる。連打で1死1、3塁として9番鈴木。1−2からの4球目を打ってファースト正面へのゴロ。小田が捕って、いや、捕ったまでは良かったが、一瞬セカンドキャンバス方向を向いてしまうが、慌てて本塁へ送球。しかし、ワンバウンドで既に時遅く小田がホームインで巨人1点を返して5−3とする。記録は小田のフィルダースチョイス。1死1、2塁として1番に戻って宮崎、2−1からの4球目、高目へのカーブ。これまでだったら確実にボールの判定な高さだったが、今シーズンから適用の『新・ストライクゾーン』で見逃しの三振。2番大須賀、2−3フルカウントからの7球目カーブが外角高めに外れて四球。これで2死満塁と佐々木は一打同点、一発逆転のピンチを招く。しかし、ここは1軍格の投手に成長した投球を披露する。続くは3番高野の、2−2からの5球目外角高目へのストレートに空振り三振で3者残塁。巨人は大きいチャンスを逸した。

7回裏 日本ハム 打者:4 安打:0 三振:2 四球:1 『日本ハム5−3巨  人』
日本ハムラッキー7の攻撃は、1番高橋信から。2−3フルカウントからの11球目低目のスライダーに空振り三振。粘った末の三振だったが、バットを叩きつけて悔しがる。2番石本、2−2からの6球目外角へのストレート。これが外れて四球で出塁。4番西浦、2−2からの6球目と同時に田中賢がスタート、投球がワンバウンドし小田は2塁へ投げられず盗塁成功。西浦は2−3からの7球目を打ってサードゴロ。田中賢が残塁。

8回表 巨  人 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム5−3巨  人』
巨人この回の攻撃は、4番原から。2−2からの5球目を打ってショートゴロ。5番永池、その初球を打ってセンターフライ。6番川中、2−1からの4球目カーブに見逃しの三振。僅か10球で攻撃終了3者凡退。

8回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:1 『日本ハム5−3巨  人』
日本ハムは5番指名打者の島田に代わって代打は佐藤が告げられる。2−1からの4球目真ん中へのストレートを見送るが見逃しの三振に倒れる。6番小田、初球攻撃もサード前へのゴロ。1塁へ全力で駆け込むがアウト。7番村西、2−3からの6球目、内への変化球が外れて四球で出塁。8番山田、1−1からの3球目と同時に村西がスタートを切るが、小田が素早く2塁へ送球する。よほど自信があったのか、送球と同時にベンチに戻り始める。セーフだったら傑作だったが、これは見事な送球で盗塁失敗。

9回表 巨  人 打者:5 安打:2 三振:1 四球:0 ○日本ハム5−3巨  人●
延長ルールがない為これが巨人最後の攻撃。7番、たった今好送球でランナーを仕留めた小田から。しかし初球を打ってショートゴロ。8番田中2−3フルカウントからの9球目、打った瞬間はスタンド行きかと思ったが、伸びがそれほどなく、レフトからライト方向への強い風に戻されて、レフト線内側へ落ちるヒット。9番鈴木、2−1からの4球目外角へのカーブに空振り三振。1番に戻って宮崎だが、ここは代打が起用される。代打は李、2−1からの4球目を打つと三・遊間を抜けてレフト前ヒット。2死1、2塁として2番大須賀。しかし2−1からの5球目を打つとピッチャーゴロで試合終了。

日本ハムが先日の同カードに続き2戦2勝目。隼人は1被弾も充分の内容で勝利投手。2番手佐々木もピンチがあったのは7回の2死満塁だけ。しかも、この回の3つのアウトは全て三振で取ったので、1失点も問題なしの投球だった。打っては、先週の対韓国三星戦で3三振といい所の無かった島田が、初回に逆転の犠牲フライ、3回にもライト越えのツーベースと徐々に調子を戻してきている様子。足首のケガから復活し1郡外野戦線に戻る為にも焦りは禁物だが、パワー充分なだけに、春近しという所か。そして、新人軍団が総出となったこの試合で、村西がヒット、山田は左中間へのタイムリーツーベースと結果を出した。試合前に心配していた5番島田以下の、若手がどの位打てるかという点も、連打で繋がるなど取り越し苦労だった。<試合終了時刻15:20>


健一@2軍愛編


■教育リーグ 3月9日(土)鎌ヶ谷ファイターズvs川崎ジャイアンツ(鎌ヶ谷)

                      R H E
川崎ジャイアンツ |101 000 100| 8 1
鎌ヶ谷ファイターズ|203 000 00X| 8 2

川:●小野仁(5回)−酒井順也(3回)
鎌:○隼人(5回)−S佐々木貴賀(4回)


■川崎       打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(二) 宮崎一彰  400 右直    左飛    三振    三振
 打  李景一   110                         左安
(遊) 大須賀充  400 遊失    左飛    三振    四球    投ゴ
(右) 高野忍   411 右飛    右本・      三ゴ 三振
(左) 原俊介   411 左安・   三ゴ       捕飛    遊ゴ
(三) 永池恭男  400 投ゴ       中飛    三ゴ    中飛
(指) 川中基嗣  410    右安    右飛       三振 三振
(捕) 小田幸平  420    三振    二安       左2    遊ゴ
(一) 田中健太郎 420    三振    三ゴ       右安    左安
(中) 鈴木尚広  400    三振       遊ゴ    一ゴ    三振
                               (野選)

■鎌ヶ谷      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(捕) 高橋信二  420 左安 中安    三ゴ       三振
(中) 石本努   300 投犠    一ゴ 遊ゴ       三振
(遊) 田中賢介  311 右安・   三振    投ゴ    四球
(左) 西浦克拓  310 右安    四球    三ゴ    三ゴ
(指) 島田一輝  111 右犠・   右2    四球
 打指 佐藤吉宏  100                      三振
(一) 小田智之  411 三振    中2・   一ゴ       三ゴ
(右) 村西辰彦  310    ニゴ 左安       一ゴ    四球
(三) 山田憲   311    一失 左2・      三振
(二) 山地隆   300    捕ゴ    ニゴ    三振


■川崎    回  安  振  四死  責
●小野仁  (5回) 8  2   2  4
 酒井順也 (3回) 0  5   2  0

■鎌ヶ谷   回  安  振  四死  責
○隼人   (5回) 4  5   0  2
S佐々木貴賀(4回) 4  5   1  0



【大まかな得点経過】

■1回表(F0-1G)
大須賀充が、少々バウンドの多いショートゴロ。でも捕って欲しいなあという打球を田中賢介ポロリ・・・。大須賀充は棚ぼたのチャンスから二塁へ盗塁(高橋信二が二塁への送球時、ボールを握り直してしまった)。高野忍は平凡な右飛に倒れるが、打撃は1.5軍の原俊介がレフト前適時打で一点先制。鎌ヶ谷先発の隼人は、直球にややキレを欠き不安定な立ち上がりでした。

■1回裏(F2-1G)
先頭打者高橋信二三遊間を抜ける安打で出塁。二番石本努は手堅く二塁への送りバント。初回失点に繋がる失策を犯した田中賢介が汚名返上のライト前適時打で同点(小野仁のカーブにタイミングをずらされながらも右手一本で運びました)。

更に西浦克拓が、小野仁のインサイドから中側にシュート回転する球を巧く当て、右安(そう何度も再現できないような打撃)で田中賢介は三塁まで進塁し一死一三塁。この好機に島田一輝は無理せず右方向に犠牲フライで更に一点を追加(ホームからセンター方向に強風があり)。

■3回表(F2-2G)
4番高野忍が、隼人の甘めの直球をコンパクトに合わしライトのネットに突き刺さる弾丸ライナー本塁打で同点(風がなくとも・・・いやはや)。

■3回裏(F5-2G)
サイドからシュート回転するクセ球でスピードもあるストレート、ブレーキの効いたカーブと打者も組み難し投手なんですが、制球が甘かったのかストレートを連打されてしまいました・・・。

一死後、西浦克拓の四球から島田一輝がライト頭上を襲う二塁打(カバーに入った中翼手石本努が打球処理をもたつく間に、島田一輝は三塁へ。西浦克拓は本塁まで生還したが、守備側の失策により打点は付かないかと)で相手の失策もあり西浦克拓が本塁へ生還。

次打者小田智之も真っ直ぐを巧くミートし強風にも誘われて打球はセンターオーバーのタイムリー二塁打。ルーキー村西辰彦はレフト前ヒットで繋ぎ、同じくルーキー山田憲が左中間を破るタイムリー二塁打!小田智之は三塁から歩くように生還、そして一塁から村西辰彦も一気に本塁へ、しかしジャイアンツ側の連係プレーに本塁憤死。

P.S
実は、2回表にも同様なプレーがありました。この時は高橋信二のセンター前安打で、二塁から山田憲が本塁へ!しかしタッチアウト。共に共通するキーマンは・・・三塁ベースコーチャーである西俊児2軍守備走塁コーチ。ちょっと腕廻し過ぎかい!?風の便りでは「壊れた信号機」なんてな。でも得点に絡む安打でもありますし、両プレーとも「二死」ですしね。守備側が好プレーということで締めたいと思います。

■7回表(F5-3G)
二番手佐々木貴賀から小田幸平がレフトへの2塁打で出塁。そして田中健太郎がライト前安打で一気に一死一三塁のチャンス。次打者鈴木尚広の当たりは「やっちまった!」の一ゴ。しかし一塁手小田智之は、本塁への送球する体勢ながら「チラリ」と二塁を見遣る!?そんな「間」を持ってしまい本塁への送球、しかも悪送球(好返球でもあの「間」があってはタイミングもセーフ)による守乱でジャイアンツは1得点。#併殺が頭に過ぎったんですかね、瞬時のプレーだけに事前のシミュレーションが不足だったのかもしれません。



【気になる選手達@川崎ジャイアンツ編】

■小野仁(巨)
腕の出はほぼサイド、直球時は少し上げ気味。キレの良いストレートはややシュート回転しかも「速い」。長い腕がムチのように撓っている感じです。そして打者のタイミングを狂わすカーブが効果的でした。曲がりが大きいというかストレートと同じ腕の振りで、前につんのめってしまうような急ブレーキのカーブ。

課題は、対右打者で被安打8の内、6安打が右打者。ストレートを狙い打たれての連打で失点を重ねました。いつものテンポの良さが少しなかったか。ただブレーキ効き捲りのカーブは健在でした。ここ数年毎度同じコメントですが、1軍でチャンスを与えたい左腕です。<譲ってくれ(××)とは言っても原辰徳体制起用の余地は十分あるかもしれません。


■酒井順也(巨)
ドラフト時には阪神か巨人かの報道もあったので気になる投手の1人です。スリークォーター気味のフォームで多少ギクシャクしていますが、右腕から飛び出すストレートは140km中盤ぐらい出ていたかもしれません。そして本日の三振奪取のキーとなったのがスライダーで鋭く切れ込んでいました。

大雑把な制球力ではあるが、球威もあり変化球のキレと併せて今年こそブレイクするかも知れません。#今年はかつてルーキー時に槙原寛己が背負っていた「54」に変更、期待の投手です。

■大須賀充(巨)
初回遊撃手の失策で出塁し、いきなり盗塁。大柄ながら俊敏性も少なからずありそう。打撃はシャープなスイングでそう振り回さず強い打球を心懸けいるのかな?全体的にはちょっと粗いところが垣間見られました。


■高野忍(巨)
ミートに関してはタイミングの幅は狭いですが、当たればピンポン球のように飛んでいく持ち前のパワー。本日はそんなライトへの一発でした。スイングの振り幅が少ない「パンチショット」#左腕に対すると弱々しく見えるほど左腕アレルギー。


■原俊介(巨)
淡口憲治2軍監督も打撃だけなら1軍推薦・・・なんて報道もありますが、剣が峰の昨今です。本日は左翼手として出場。立ち上がり不安定だった隼人のストレートをレフト前に弾き返す適時打あり。その後は引っかける打撃が目立ちました。

捕手としてならば打てる方だと思いますが、一塁手、外野手としてみると辛いかもしれません。「打撃」こそ彼の最後の砦、期待されているうちに代打で1軍に割り込みたい。


■小田幸平(巨)
加藤健と共に2軍の正捕手争い中、本人はそんな事より1軍枠に割り込みたいことでしょう。リードに関してどこが、どうで良いとか悪いとかあまり分かりませんが、「今日はこの球!」という球種があると徹底傾向が見られました(小野仁なら「カーブ」、酒井順也なら「スライダー」)。

肩に関しては試合前の練習を見ても加藤健に勝るとも劣らず良い勝負。やはり鍵を握るのは「リード」なんでしょうね。打撃の方は、本日左中間を破る当たり(佐々木貴賀より)は良かったですが、もう一本の二安というのは、滞空時間の長い内野飛球で、山地隆がグラブに触れることもできなかった結果「二安」でした。


■田中健太郎(巨)
体格はガッチリしていているものの全体的な固さが安定感のなさを感じます(打撃に守備に)。本日はレフト前・ライト前と広角的に打ちました。パワーを活かした!#お酢でも飲むかい?


■鈴木尚広(巨)
昨年2軍で「27盗塁」、原辰徳監督も期待の快足選手。打順は9番ですが、リードオフマンとしての役割を果たせるかな?という見方で見ていました。結果2三振と内野ゴロでしたが、第一打席の三振は「13球目」粘りは良かったと思います。

あと彼は昨年までスイッチヒッターでしたが、本日は「左」腕佐々木貴賀に対して「左」打席。「左」で勝負するのかな。パワーはないですが、柔らかさは感じます。追い風に乗って1軍に滑り込みたい。<ここで掴めないとそうそう好機はないです。


■李景一(巨)
終盤代打で出場。佐々木貴賀の剛球にタイミングが全く合わずアッという間に追い込まれたが、カーブにバットが当たり三遊間を抜けていきました。これはもしや?プロ入り初安打とも思ったのですが、昨年2安打打っていました(^^;)

試合前の練習では、一塁に入っており。既に捕手兼任内野手という立場・・・、気になったのはイニングの合間の捕手の代わりで投手の相手をしていたのですが、投手への返球する腕の軌道がなんかギクシャクしていて、これで2塁へ強い送球が出来るのだろうか?と懐疑的にも思えました。ようはこんなところから捕手失格の烙印が押されてしまうのか?と・・・。本人も出来ることなら内海哲也とバッテリーを組みたいはず、にこやかな笑顔を見ていると応援してしまいますな。<小柄だし、もう心配ですわ



【気になる選手達@鎌ヶ谷ファイターズ編】

■隼人(日)
左足を素速くそして大きく上げ、真上から投げ下ろすフォーム。以前見たときと同じ様な立ち上がりで、ストレートが上擦りボール先行で苦しい投球内容。2回表以降は、カーブとスライダーそして落ちるボールを主に立ち直り、高野忍の一発はあったものの5回表までまとめる投球はさすが。

本日はいつもよりかはストレートに荒々しさが見られませんでしたが、まとまった感じに見えました。#変化球(縦の変化)で打者のタイミングを外していました。


■佐々木貴賀(日)
期待の左腕、アーム式の投球フォーム気味(肘から出て撓るようだと腕も長く見えますが、あまりそこら辺は感じない)ですが、身体全体を使って「肘」で投げると言うより「肩」で投げるような印象を持っています。ストレートの球威、そして左打者の外に切れ込む変化球は惚れ惚れします。短いイニングで全力投球の方が持ち味が出るのかも知れません。<ルーキー時は先発が良いのかなと思っていましたが、昨年の起用同様まずは任された場面を抑え実績を残したい。<「真っ向勝負!」


■高橋信二(日)
大上段に構え、右肘をバックネット方向に高く上げタイミングを計る。ここ数年の打撃力向上には目を見張るものがある(一般のファンの間でも認知されているんですよね?)。本日は、レフトとセンターに球足の速いゴロで抜けていく安打を2本。

ボールを握り直し二塁への盗塁を2個許してしまいました。正捕手候補實松一成を安閑とさせたくはないでしょう!


■田中賢介(日)
初回いきなり失点に繋がる失策からスタート・・・ただでさえ奈良原浩、野中信吾との遊撃手争いで後陣を拝してもいるので、なんか元気なさげか!?#足の運びなのか、グラブ捌きなのか、変な角度のゴロが行くとヒヤッとしてしまいます(^^;)#びびらず一歩前へ!

一方打撃に関しては、いつものコメントですが「ゴムマリのような弾力感」を感じさせてくれます。小野仁のカーブに手こずるも粘って最後には、右手一本でライト前に打球を運びました。


■島田一輝(日)
コンパクトなスイングながらややしゃくり上げるようなところあり。走者を置いてライトへの犠牲フライとライト越えの二塁打(守備の乱れの間に三塁へ進塁)。怪我で殆どの年が満身創痍だが、パワーある打撃をアピールしたい。


■小田智之(日)
クラウチング気味の構えで、スイング時に「軸足が動く(左足→右足)」打撃。ここ数年停滞気味・・・そこそこ打ってはいるのだが、期待が小さくないだけにモヤモヤ感が残ります。

守備位置も本日は一塁手とたまにはじかれ気味。本日は追い風に乗ってセンター越えの二塁打を放ちました。ちょっと器用貧乏にも見えます。「振り切るスイング」で首位打者獲得へ!

そうそう本日は7回表に「野選」もやらかしてしまいました。<次回注意のこと


■村西辰彦(日)
初回先頭打者宮崎一彰のあわや右中間二塁打!かという当たりに快速を飛ばし好捕!またファールフライに対しても諦めずヘッドスライディングを見せる(結果獲れずも)などガッツを全面に見せる。

小野仁に対して「右打席」、酒井順也に対して「左打席」のスイッチヒッター。ずんぐりむっくりした体型、打撃フォームは、内側に絞るように軽くステップしてスイングに入る。ミート重視で当てることが特長のよう(だたプロの変化球への対応に勉強中か?)。<力感はあまりない、体型とは違ってスマートな打撃を見せる(笑)期待持てます!


■山田憲(日)
高卒ルーキー@東海大浦安なんですね。モッサリしていたのでどこか社会人経由かと思ってしまいました(^^;)それなら納得です、三振が一個でしたが、それ以外にタイミングの合わない空振りがかなりありました。身体が開いてしまい左手一本になってしまうシーンが多々ありました。#今後の精進次第では、チャンスに強い打者になるかもしれません(スピード感がないので消去法ですな)。

二死一三塁の好機に左中間を破るタイムリーヒットをかっ飛ばしました。


■山地隆(日)
打撃フォームが、前述の高橋信二に通ずる部分があり打撃面に向上の後が感じられました(左足を一足分開くオープンスタンス)。結果は出ませんでしたが、今年は「0.250」ぐらい打率が跳ね上がるかも知れません!?<前年からのパンチ力ある打撃というのも強ち眉唾ものではないということですね。


■佐藤吉宏(日)
背番号「55」に一際抜けた馬鹿でかい体格の高卒ルーキーのドラフト4巡目の高い評価と期待しない方がおかしい大器。右足を上げ身体もやや前屈気味にしパワーを貯め一気にフルスイング!しかしまだ固く粗い印象。

本日は代打で三振と酒井順也のスライダーにタイミング合わず・・・。大物打ちの素材だけに今後「重点強化選手」として鍛え捲りたい選手。


■試合前

本日は天候は良かったのですが、風が強い1日でした。試合開始は12:30、球場には11:00過ぎに到着。先ずは三塁側ジャイアンツのブルペンを覗きに行きました。

投げているのは背番号「92」と「95」の投手。「誰?」と選手名鑑を見ますと・・・

「92」は二年目
川本大輔。甲子園で投げていた広陵高校時代と比べるとコンパクトなサイドスローになったような感じ。テークバックも小さめでサイドから「シュピッ」といったキレの良さそうな投球をしていました。<左腕の絞り方が、ヒゲ魔人こと五十嵐英樹(元横)に似ていました。

「95」はルーキー、ドラフト5巡目池田高校校卒の左腕
十川雄二。こちらは前評判の良さを聞いていましたが、綺麗な投球フォームの左腕です。線は細いものの長い腕をムチのように撓らせ投げ込む、今後更に伸びのあるストレートも期待できそう。しかし変化球時の腕の振りが、多少縮こまったように窮屈なものであり、これではプロの打者に見破られるのでは?と思いました。

すると後ろに陣取っていた阿波野秀幸2軍投手コーチが、「抜こうとせず、身体全体で投げ込め」とワンポイント指導。川本大輔と共にストレートのキレの良さも見せましたが、変化球そしてマウンド上での雰囲気に幼さを感じました。今後の伸びしろに期待。

11:30から球場内への入場が始まり、人混みを避けてバックネット裏中段に陣取りました。丁度ジャイアンツの打撃練習が行われており、バッティング回りで捕手組?の加藤健、小田幸平、田中健太郎、李景一がぐるぐると回ってフリー打撃・トス打撃をしていました。打撃投手は中條善伸?か独特の左腕で投げ込んでいました。

加藤健は右にライナー性の打球を放っていました。また李景一は練習ではありましたがあまり良い当たりが続きません。外野やファールエリアでは、各選手の個別ノックやランニングをする選手と試合前のアップが行われています。

暫くすると打撃練習から守備練習へ移行。ホームベース上に選手達より小柄な上田和明2軍内野守備走塁コーチが1人で内野、そして外野へノックを浴びせています。ベンチ前で、聞き覚えのある声が・・・緒方耕一2軍外野守備走塁コーチが選手に声を掛けていました。選手時代同様、アンダーソックスを高い位置まで引っ張っていました。試合では一塁ベースコーチャーでしたが、二塁へ盗塁でもするのではないかと思うほど軽快な動きをしていました(笑)

その後、ファイターズの守備練習が開始、こちらはホームベース上に西俊児2軍守備走塁コーチが内外野へノックをしていました。フォーメーションの確認、投内連係とキビキビ動く各選手。

そんなこんなで試合前のグラウンド整備、そしてバッテリーの発表その15分後スタメンの発表・・・そして12:30試合開始!


2002年 3月 8日 ウエスタン教育リーグ ダイエー−韓:ロッテ(雁ノ巣)報告者:hironoriさん

■3月8日(金)教育リーグ
始めまして。雁ノ巣で今日行われたダイエー対ロッテジャイアンツ戦を観戦しましたので書き込みに掲示板へきました。よろしくお願いします。

                      R H
ロッテジャイアンツ|000 000 000| 4
ダイエーホークス |100 010 000| 5

だったと思います。山田が5回を無失点その後田中⇒誠⇒佐久本⇒吉武のリレーでした。(吉武は3者連続三振でした。前見た3/3の阪神戦でも(遅刻して2回裏の2アウトからでしたが)新井から桜井までの7人を完璧に抑えていました。(うち三振三つ)近いうちに教育リーグからオープン戦のほうへ行くかも・・・。)


2002年 3月 7日 プロアマ交流戦 阪神−大阪ガス(鳴尾浜)報告者:kazunatumiさん(HP:阪神ファーム情報☆めざせ一軍・鳴尾浜☆


3月7日(木)鳴尾浜球場
大阪ガス 000 000 000 
阪  神 010 201 01X 

(神)加藤、藤田、川俣、面出、舩木
(本)カツノリ

2回、
カツノリのタイムリーで先制、4回にはまたもカツノリが今度は2ラン!
6回エラーで4点目が入り、8回は二塁打の
喜田藤原が中前タイムリーで返した。

先発
加藤は4回を1安打3奪三振2四球。
太陽は2回を無安打4奪三振と好投。
今日の阪神は8安打
(本)
カツノリ
(ニ)
沖原、関本、喜田
(単)
カツノリ、桜井、吉田、藤原

主なところでは
沖原:右中間二塁打、見逃し三振、三ゴロ(相手の好守備)
桜井:中前安打、空振り三振、三ゴロ失(ヒット性)、見逃し三振
新井関本の代打で登場のみ、四球


2002年 3月 7日 イースタン教育リーグ 巨人−三星(ジャイアンツ)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!

3月7日 ジャイアンツ 12:28〜15:41

三    星 022 000 002 6 H11 E1
ジャイアンツ 004 001 001 6 H11 E0

ジャイアンツ  数得安点  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
1 8 鈴 木 3110 二ゴロ………一 安………左 飛
  5 川 中 2110                ………三 振………右 安
2 56 大須賀 3111 投ゴロ………左中2………左 飛………四 球………四 球
3 64 永 池 3122 左 安………右 3………三 振………四 球………投犠打
4 7  原  3111 遊ゴロ………左犠飛………………右 安中 飛………四 球
5 9 高 野 5031 ………二ゴロ三 安………………左中2………中 安二ゴロ
6 D2 小 田 4011 ………左 飛………右 安………右犠飛………三ゴ失三 振
7 3 田 中 3000 ………三ゴロ………三 振………三 振………投犠打
8 2 加 藤 3110 ………………左 安三ゴロ………三 振………
  1 安 原 0000
  H  李  1000                      三ゴロ
  1 内 薗 0000                         ………
9 48 宮 崎 3000 ………………三 振………死 球………二ゴロ三ゴロ………
      計 326116

        回数 席 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1  鄭  5  23 21  78 6 1 2 4 4 4
  1 真 田 2  6 6  24 0 0 0 2 0 0
  1 安 原 1  5 4  16 2 0 0 0 0 0
  1 内 薗 1  7 6  30 3 1 1 3 2 2,


★短評★

 両チームともよくバットが触れており,投手にとっては苦しい試合となった。両チーム先発は,制球に苦しみボール先行の投球。ストライクをとりにいった甘い球を痛打され,大量失点につながった。

 今日の注目は,やはりジャイアンツのドラフト1位ルーキーの真田。スライダーがなかなかストライクを取れなかったものの,ストレートと緩いカーブが有効で,2回をパーフェクト投球。順調な仕上がりを見せ,高校生らしからぬ投球を見せた。

 また,ライオンズの2番手投手は右の横手投げ。直球もスピードがあり,変化球とのコンビネーションでうまくG打線をかわした。ジャイアンツ打線では,永池高野といった1軍経験者が格の違いを見せた他,新人の大須賀もボールをよく見ており,シーズンを通して見てみたい選手。宮崎は,守備や走塁ではいい場面を見せたが,やはり打撃が課題となるだろう。

 試合としては,両チームとも接戦からか勝負を意識した戦いとなり,スコア通りの熱戦となった。,


2002年 3月 6日 ウエスタン教育リーグ ダイエー−韓:ロッテ(雁ノ巣)報告者:ぴこさん(HP:TAKANOMA

■3月6日雁の巣練習試合

水曜日の雁の巣球場でのホークス対(韓国)ロッテジャイアンツ戦の経過をお伝えします。

G 220 000 000 = 4
H 000 000 011 = 2

メンバーは以下のとおり

ロッテジャイアンツ
(5)チョ・スンハン
(7)キム・デイイー
DHチョ・キューハン
(3)リー・デイホー
(8)イム・ジェイチョル
(9)リー・ケイソン−H9キム・インチュル
(4)リー・ドンオク
(2)キム・チースー−パク・キュンジュン−ホー・イクサム
(6)パク・キーハク
P キム・ヨンスー−キム・ジャンフュン−キム・サンスー−シン・マンチュー−カン・ミンユン

ホークス
(8)荒金
(6)川崎−6中村
(9)森山−9井手
(5)吉本
(7)大野−7辻
(3)北野−H山崎
(2)笹川
(4)加藤
DH田中瑞
P 木村−輝−土井−渡辺−水田

△1回表(ピッチャー木村)
チョ・スンハン(右) 2−3から四球(木村2−0と追い込むも…)
キム・デイイー(左) 1−1からセンター前にポトリと落ちるヒット(センター荒金が送球をミスし無死2・3塁)
チョ・キューハン(右) 2−0より空振り3球三振
リー・デイホー(右) 2−3よりショートゴロ(前進守備で3塁走者戻れず)
イム・ジェイチョル(右) 2−1から一・二塁間を破るタイムリーヒットで1点(G1−0H)
(一塁から二塁へ向かおうとした打者走者を挟殺プレーで殺そうとした、で、三塁にいたランナーが飛び出す、で挟殺プレーに参加していたショート川崎が三塁へ悪送球でもう1点)(G2−0H)
リー・ケイソン(左) 2−2よりセカンドフライ

▽1回裏(ピッチャー キム・ヨンスー(左))
荒金 1−0よりファーストファールフライ
川崎 初球ショートライナー
森山 2−1からファースト内野安打
吉本 2−2より空振り三振

△2回表
リー・ドンオク(右) 2−3からフォアボール(2ストライクまで追い込むも…)
キム・チースー(右) 2−1より空振り三振
パク・キーハク(左) 2−2よりショートゴロ(2塁封殺で二死1塁)
チョ・スンハン 1−0からデッドボール(二死1・2塁)
キム・デイイー 0−1から一・ニ塁間を破るタイムリーヒット(二死1・3塁)(G3−0H)
(打者チョ・キューハンの2球目、飛び出した3塁走者を刺そうとしたキャッチャー笹川の悪送球で1点、二死2塁)(G4−0H)
チョ・キューハン 2−3からフォアボール(二死1・2塁)
リー・デイホー 1−2よりファーストゴロ(北野腰高も無難にさばく)

▽2回裏
大野 0−1よりセカンドフライ
北野 2−1より見逃し三振
笹川 2−3よりサードゴロ

△3回表
イム・ジェイチョル 2−1よりファーストゴロ
リー・ケイソン 0−1よりファーストゴロ(北野3回連続の守備機会はノーエラー)
リー・ドンオク 初球ショートゴロ

▽3回裏
加藤 0−1から三塁線を破るツーベース(無死2塁)
田中瑞 ストレートのフォアボール(無死1・2塁)
荒金 初球ショートゴロ併殺打(二死3塁)
川崎 1−1よりセカンドゴロ

△4回表
キム・チースー 2−1よりサードゴロ
パク・キーハク 2−3からフォアボール(一死1塁)
チョ・スンハン 0−2よりショートゴロ(二死2塁)
キム・デイイー 0−1からレフト前ヒット(二死1・3塁)
チョ・キューハン 0−2よりサードファールフライ

▽4回裏(ピッチャー キム・ジャンフュン(右) キャッチャー パク・キョンジュン)
森山 0−1よりサードゴロ
吉本 2−2より空振り三振
大野 2−3より見逃し三振

△5回表(ピッチャー輝 ショート中村)
リー・デイホー 2−2より見逃し三振
イム・ジェイチョル 初球セカンド内野安打(一死1塁)
リー・ケイソン 0−1よりセカンドゴロゲッツー 

▽5回裏
北野 初球ショートゴロ
笹川 1−0よりキャッチャーファールフライ
加藤 2−1より空振り三振(続く)

△6回表(ピッチャー土井)
リー・ドンオク 2−1より空振り三振
パク・キョンジュン(右) 2−1より空振り三振
パク・キーハク 2−0よりピッチャーゴロ

▽6回裏
田中瑞 1−1よりサードファールフライ
荒金 2−2より見逃し三振
代打中村 1−0からレフト前ヒット(二死1塁)
(次打者森山の2球目に中村2盗)
森山 2−0から一二塁間を抜けるヒット(二死1・3塁)
吉本 1−2よりセカンドフライ

△7回表(ライト井手)
チョ・スンハン 2−3より空振り三振
キム・デイイー 空振り3球三振
チョ・キューハン 2−0よりセカンドフライ

▽7回裏(ピッチャー キム・サンスー(右))
大野 1−3よりセンターライナー
北野 2−1より空振り三振
笹川 2−2よりサードゴロ

△8回表(ピッチャー渡辺 レフト辻)
リー・デイホー 1−1よりサードゴロ
イム・ジェイチョル 2−3より空振り三振
代打キム・インチュル(右) 1−0よりサードゴロ

▽8回裏(ピッチャー シン・マンチュー(右) ライト キム・インチュル)
加藤 1−0からセンター前ヒット(無死1塁)
田中瑞 1−2からファースト内野安打(無死1・2塁)
(次打者荒金の4球目にダブルスチール成功で無死2・3塁)
荒金 2−2より空振り三振
中村 2−3からレフトへ犠牲フライ(一死2塁)(G4−1H)
井手 2−2よりサードゴロ

△9回表(ピッチャー水田)
リー・ドンオク 2−1より見逃し三振
代打ホー・イクサム(右) 2−1より空振り三振
パク・キーハク 2−2よりセカンド内野安打(水田にはアンラッキーな当たり)
チョ・スンハン 2−0より見逃し三振

▽9回裏(ピッチャー カン・ミンユン キャッチャー ホー・イクサム)
吉本 2−1より空振り三振
辻 2−1からセンター前に貫けるヒット(一死1塁)
代打山崎 2−1からライトにしぶといヒット(一死1・3塁)
笹川 1−2からショートのグラブをはじいてレフト前へタイムリーヒット(一死1・2塁)(G4−2H)
加藤 2−3から粘ってフォアボール(一死満塁)
田中瑞 2−3よりセンターライナー(3塁走者戻れず)
荒金 2−2よりファールで3球粘ったがセカンドゴロでゲームセット



■3月6日雁の巣練習試合(寸評)

一昨日福岡ドームでベンチ入りしていた
荒金久雄・吉本亮・笹川隆も元気に試合前から長い時間キャッチボールをしていました。しかし、昨日の試合はその一軍に帯同している彼らが試合を盛り下げてしまう結果になったんです。

1回、そして2回表の守り、強風での寒さ、集中力を欠きかねない場面、つまらない送球ミスが3つ相次ぎました。1回は無死一塁からセンター
荒金の前に落ちるヒット、本来ならカットに返すべきボールをそのままバックホームする不可解な悪送球で走者を3塁まで進めてしまいました。こういうプレーは続くもの、今度は2死二塁からライト前へのヒット、ここで一塁から二塁へ向かおうとした打者走者を挟殺プレーで殺そうとした、で、三塁にいたランナーが飛び出す、で挟殺プレーに参加していたショート川崎宗則が三塁へ悪送球して走者は生還、打者走者も二塁へ達してしまいました。2回は2死一・三塁から飛び出した三塁走者を刺そうとしたキャッチャー笹川が悪送球で三塁走者は生還。高知キャンプでA組に参加した面々の初歩的なミスはなんともいただけないですねぇ。

エラーばかりを挙げても仕方ないので印象に残った選手をピックアップしましょうか。

先発を任された
木村茂ですが、長いこと彼を二軍戦で観ますが先発は初めてでした。まずい守備で足を引っ張られた感じにも見えますが、実際は木村自身にも原因がない訳ではありません。エラーがあった1・2回、どちらも先頭打者を2ストライクまで追い込みながらも粘られてフォアボールを与えています。結果それが傷口を広げることになっています。今年はどういう形で起用されるかはわかりませんが、先発として気をつけるのは先頭打者に対する入り方ですね。

3番手で登板した
土井雅弘はよかったですね。スローカーブやスライダーが面白いように決まり2イニングをパーフェクト、しかも4奪三振という結果です。といってもロッテジャイアンツの打線自体が変化球に対して振りが大きかったことも言えますが、それを差し引いてもすばらしい内容です。力量は一軍首脳陣も知っている訳だから、あとは地道に結果を残すしかないですからね、必死さ伝わってきました。このことは最後に1イニング投げた水田章雄にしても同じこと、彼も1イニング無失点、取ったアウトはすべて三振という結果、相手打線が高速スライダーに警戒をしていたようで、そのスライダーに空振り、はたまた裏をかいて見逃し三振とこちらも結果を残しました。

一方打線は最初こそ元気がなく、どうなることかと思ったものの、8・9回に結果を残したい若手選手が意地を見せて2点を返しました。中でも今日は
加藤暁彦がよかったですね。3回は三塁線を破るツーベース、8回はセンター前、9回は粘って次打者に繋げるフォアボールの3打数2安打、8回にはダブルスチールも決めました。でも、ホークスの若手選手は何でか知らないけどオープンスタンスの選手が多いですよね。この加藤は極端ではないですが、今日途中から出てきた山崎勝己は去年と全く違うオープンスタンスの構えでした。そして8回に犠牲フライをあげた中村浩一もオープンスタンスでした。そうそう、川崎もそうです。高柳コーチの指導方針なのでしょうかね?

で、最初に挙げた
荒金吉本ですが、彼らは全くいいところがありませんでした。荒金は5−0の2三振、吉本は4−0の3三振。一・二軍兼務で疲れはあるかもしれません。でも結果を求められる立場である以上、何かを見せてほしかったという思いはありますね。吉本は試合終了後もかなり長い時間ロングティーに励んでいましたが、これを結果として結びつけてほしいですね。

それと、今年追いかけてみたい新人の
北野良栄、今日は一塁の守備について9回まで守りきりました。腰高の守備で危なそうな感じでしたが、ゴロの捕球も内野の送球も今日は無難にさばきました。送球ではワンバウンドをきれいにすくいあげるシーンもありました。打撃は3−0の2三振と結果は出せませんでしたが、今後も彼の打撃と守備は毎回追いかけてみようと思います。


2002年 3月 6日 ウエスタン教育リーグ 阪神−サーパス(鳴尾浜)報告者:kazunatumiさん(HP:阪神ファーム情報☆めざせ一軍・鳴尾浜☆


3月6日(水)鳴尾浜球場(1勝1敗)
サーパス 023 000 0 
阪  神 000 000 0 

(サ)○
今村(1勝)、萩原
(神)●
梶原和(1敗)、弓長山岡
(本)
庄司1号2ラン、塩谷1号3ラン

先発のルーキー
梶原和が、2回、3回とアーチを浴びた。
弓長山岡はそれぞれ2イニングを無失点。
打線もわずか3安打の完封負け。
まともな当たりは
喜田のヒット1本だったそうです。


2002年 3月 5日 イースタン教育リーグ ロッテ−三星(雁ノ巣)報告者:NASUさん

見てきました!教育リーグロッテ対三星戦。
試合結果は5対3でロッテが勝ちました。
皆さんのように詳しい試合結果は調べられませんでしたがとりあえず結果だけ・・。

ロッテ-三星

勝 田中(良) 負 ■■  S 礒
HR 大村(2ラン)

・・・た感じです。
三星側はすみません・・ちょっと分かりませんでした。

明日も中止にならなければ浦和に見に行こうかなぁと思っています。
中止にならなければいいのですが・・・、
ロッテ浦和球場の問合せ先が分からないので困っています。
何かいい方法があったら教えてください。
それでは失礼します。


2002年 3月 3日 イースタン教育リーグ 湘南−三星(平塚)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!

3月3日 平 塚 12:30〜15:15

三    星 300 110 002 7 H14 E0
シーレックス 010 000 000 1 H5 E0

シーレックス  数得安点  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
1 8 田中一 4010 二 飛………中 飛………………二 飛………………二 安
2 6 福 本 4000 右 飛………………三ゴロ………一ゴロ………………二 飛
3 7 井 上 4020 中 飛………………捕邪飛………………左 安………右 安
4 5 古 木 4010 ………右 飛………二 飛………………右 安………三 振
5 9  南  3110 ………四 球………………右 安………三 振………三 振
6 3 七 野 3001 ………二ゴロ………………右 飛………遊ゴ併………………
7 2 鶴 岡 3000 ………二 飛………………三ゴロ………………投ゴロ
  1  東  0000                         ………
8 D2 小田嶋 3000 ………………右 飛………右 飛………………三 振………
9 4 八 馬 3000 ………………遊ゴロ………………遊ゴロ………遊ゴロ………
      計 31151

        回数 席 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 後 藤 3  15 12  51 4 0 3 0 3 3
  1 前 田 3  14 13  48 5 0 1 2 2 1
  1 鈴木寛 2  9 7  28 3 0 1 1 0 0
  1  東  1  6 4  24 2 0 1 2 2 2,


★短評★

 日本の2軍と,韓国の1軍の差なのだろうか。個々の能力だけを見ればさほど変わらない印象があったものの,1つ1つのプレーに対する気持ちの持ちか谷は随分差があったように思える。

 特に,バッテリーの打者に対する配球などは,ライオンズが1枚も2枚も上だった。ライオンズの先発投手は,さほどたまに力があるタイプではないが,打者に対して丁寧に投球し,1点を失ったものの4回をノーヒットに抑え,順調な仕上がりを見せた。打者についても,明確に球を絞って振ってきており,4番が4安打を放つなど,シーレックス投手陣から14安打の猛攻。

 一方,シーレックスは,1つ1つのプレーに対し,目的意識を持って取り組んでいたようには見えなかった。ただ漠然とキャッチャーの指示通りに投球し,ストライクに対してとりあえずバットを振るような印象。今後,教育リーグを戦っていく中で,自分の課題を試合の中でどう処理していこうとするのかが求められていくだろう。,


2002年 3月 2日 ウエスタン教育リーグ ダイエー−阪神(雁ノ巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

こんばんは。いよいよ球春開幕ですね。

標題について、観に行ってきました。
拙サイトにレポをアップしましたので、よろしければ、ご覧ください。

鳴尾浜 0 0 0  0 0 0  1 0 0 1
雁の巣 0 0 0  0 0 0  0 0 1 1

鳴尾浜:山岡(5回)−星野(2回)−梶原(1回)−部坂(1回)
雁の巣:土井(4回)−誠(2回)−佐久本(2回)−水田(1回)

審判 球審:飯塚 一塁:杉本 三塁:古堅


今年も、ウエスタン関連(ホークス戦)で観に行った試合は、拙サイトにレポートをアップします。
テレビで見た試合は、掲示板に簡易版レポをアップしますが、こちらの掲示板にも書きたいと思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

▲皆さんもgascoigneさんのHPで詳細を確認して下さいませ。画像たっぷりです(過去ものまで遡ることをお薦めします)。by健一@2軍愛


2002年 3月 2日 イースタン教育リーグ 日本ハム−三星(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/尾がサワラさん(HP:ドラフト@ハム

みつともさん編

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年3月2日(土)

  イースタンリーグ春季教育リーグ 日本ハムファイターズ−韓国・三星ライオンズ 
  1回戦 (ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 12:30 曇り 試合時間2時間44分
  ◆球審:場内発表なし 1塁:場内発表なし 2塁:場内発表なし 3塁:場内発表なし
  ◆公式記録員:場内発表なし
                      H E
韓国三星 203 000 030 ・・ 11 2
日本ハム 300 000 000 ・・  8 0

○ 勝利投手 ペトリック −勝−敗  ● 敗戦投手 吉 崎 −勝−敗
本  本塁打 西 浦  −号 ペトリック@ 1回1死 (日本ハム)
       ブリト  −号 吉 崎A 3回1死 (韓国三星)
       パチュンドン −号 神 島B 8回2死 (韓国三星)
2B 2塁打 カ ン ド ン ウ 3回1死 (韓国三星)
       ヤンジュンヒョック 3回1死 (韓国三星)
       ブ リ ト  8回無死 (韓国三星)
SB 盗 塁 石  本 1回無死 (打者・田中賢)(日本ハム)
       大  貝 1回2死 (打者・原田)(日本ハム)
       ジンカックリョン 7回1死 (打者・パクチョンファンは三振) (韓国三星)
 E 失 策 ジンカックリョン 1回無死 (石本盗塁後2塁悪送球)  (韓国三星)
       キムジェゴル 8回無死 (石本二ゴロをトンネル)  (韓国三星)
   暴 投 ノジャンジン 6回無死 (打者・西浦) (韓国三星)
   後 逸 ジンカックリョン 1回無死 (打者・石本) (韓国三星)
   走塁死 ジンカックリョン 8回2死 (自身左安で2塁狙い) (韓国三星)
  盗塁失敗 石  本 3回2死 (打者・島田) (日本ハム)

(韓国・三星) ブリト3安打1発、パチュンドン1発3打点、マヘヨン2点タイムリーで快勝。キムハンス適時内野安打
          打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7   8  9
(8) パ ク ハ ン イ 4 0 0 0 1 四球    二ゴ 左飛       三ゴ     投ゴ
(9) カ ン ド ン ウ 4 2 0 0 1 中飛    左2    中安    左邪     四球
(6) ブリト   5 B 2 1 0 左安    左本:   投併       右中2 三振
(DH) ヤンジュンヒョック 3 1 0 0 1 四球    左2    中飛       左 飛
(3) マヘヨン  3 1 2 0 1 中安:   二ゴ       右飛    四 球
(5) キ ム ハ ン ス 4 1 1 0 0 投併    三安・      中飛    三 ゴ
(7) パ ク ボン ス 3 0 0 1 0    一ゴ 三振       一ゴ 
 7  パチュンドン  1 1 3 0 0                      左 本・:
(2) ジンカックリョン 4 2 0 1 0    見振    一ゴ       左安 左 安
(4) パクチョンファン 3 0 0 1 0    遊ゴ    一ゴ       三振
 4  キムジェゴル  0 0 0 0 0
H 4 キムスンゴン  1 0 0 0 0                          遊ゴ
     :               :  :  :  :  :  :  :   :  :
    残塁4   35 11 8 4 4  1  0  1  0  0  0  1   0  1
                    ・は打点 見振は見逃しの三振 選手名は電光掲示板表記のまま


(日本ハム) 石本3安打猛打賞、西浦やはり違いを見せる1発は今季チーム1号、駒居バット損失も1安打
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(5) 3 小 田  3 0 0 1 1 死球 見振       遊ゴ    投ゴ  
(8) 石 本  4 B 0 0 0 投安    遊安       左安    二失
(6) 田中賢  4 1 1 1 0 二ゴ・   二飛       中安    三振
(3) 西 浦  4 2 1 1 0 左本・   右飛       三振    左安
 5  山 田  0 0 0 0 0
  (東海大浦安)
(9) 島 田  4 0 0 3 0 三振       二ゴ    三振    三振
(DH) 大 貝  4 1 0 1 0 中安       一ゴ    遊ゴ    見振
(7) 原 田  3 0 0 0 0 投ゴ       二ゴ       三ゴ
 H  佐 藤  1 0 0 1 0                         三振
  (鳥 栖 高)
(4) 田中聡  3 0 0 1 0    二ゴ       三振    二ゴ
 H  村 西  1 0 0 1 0                         見振
  (愛知学院大)
(2) 荒 井  2 0 0 0 0    三直       二ゴ
 2  駒 居  2 1 0 1 0                   右安    見振
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁6  35 8 2 11 1  1  0  0  0  0  2  1  2  0
                   ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(韓国三星) ペトリック被弾も3回3失点、ノジャンジン危機もオサンシン好投。6番手キムジンウン1回を3者三振
 ○ ペトリック   3    13  4   1   1   2   2
   ノジャンジン  2 2/3  10 
 2   0   0   3   0
   オサンシン    1 2/3   7 
 1   0   0   1   0
   キムヒョンウッグ    1/3 
   1   0   0   1   0
   ジョンビョンホ    1/3 
   0   0   0   1   0
   キムジンウン   1     3 
 0   0   0   3   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 吉崎初回からタイムリー、ツーラン被弾で今後に課題、今井2回を1安打、神島3ラン被弾
 ● 吉 崎   5    22  6   1   2   2   5
   今 井   2     7  1   0   0   1   0
   神 島   1     6  3   1   1   0   3
   櫻 井   1     4  0   0   1   1   0


各球団の春季キャンプも終了し、オープン戦もスタート、ファームも今日からオープン戦に当る教育リーグが始まった。今年も前年の現代ユニコーンズに続いて韓国プロ野球球団が来日しており、イースタン6球団と1試合づつ対戦が予定されている。
 今回来日したのは、三星ライオンズ(サムスン・ライオンズ)。3月に入ったとはいえ、まだ寒さが感じられるが今日はそれ程気温も下がらず、曇りながらもまずまずの天気。鎌ケ谷のオープニングゲームを白星で飾りたい前年最下位の日本ハム、韓国球団と2度目の対戦。

1回表 韓国三星 打者:6 安打:2 三振:0 四球:2 『日本ハム −2韓国三星』
日本ハムの先発は1軍投手陣の中に入らなくてはならない吉崎がマウンドへ。1回表韓国三星の攻撃は、1番パクハンイから。2−3からの6球目が外角低目に外れて四球で出塁。2番カンドンウ、1−0からの2球目を打ち上げてセンターフライ。3番は新外国人選手のブリト、2−1からの4球目カーブを巧く捕らえて三・遊間を抜けてレフト前ヒットでチーム初ヒット。4番ヤンジョンヒョック、1−3からの5球目変化球が低目に外れて四球で、早くも韓国三星が満塁と先制のチャンスを迎える。続くは5番マヘヨン、その初球を打ち返すと打球はゴロでセカンドやや左へのゴロ。併殺打コースかと思ったが、セカンド田中聡の出足が一瞬遅く打球はそのままセンター前に。これが2点タイムリーとなって韓国三星が2点を先制した。さらに1、3塁と続くチャンスに6番キンムンス。1−2からの4球目を打つがピッチャーゴロ、吉崎が捕ってセカンドへ送球、田中賢−西浦と渡って併殺打。

1回裏 日本ハム 打者:7 安打:3 三振:1 死球:1 『日本ハム3−2韓国三星』
韓国三星の先発はペトリック、日本ハムの1番は昨年終盤1軍昇格し僅かだか1軍を経験した小田。1−0からの2球目、内角への変化球が右ヒザの外側に直撃し死球。2番石本、その初球に韓国三星のキャッチャー・ジンカックリョンがパスボールで小田は2塁に進塁。石本は1−1からの3球目をセーフティバント、すると投前に転がったこの打球に一瞬投手と捕手が見合う感じになる。こうなると石本の足は速く、1塁送球もセーフ。無死1、3塁とすぐさま反撃のチャンスに3番は田中賢、1−0からの2球目に石本がスタートを切るとこれを刺すべく、ジンカックリョンが2塁へ送球。しかしこれがワンバウンドの悪送球となってしまい、ボールはセンター前に。この間に3塁ランナー小田が生還して1点を返し2−1とした。さらにランナー3塁として田中賢は1−2からの4球目を引っ掛けてセカンドゴロ。この間に石本も生還して2−2の同点に追いつく。4番は昨年移籍騒動も、立ち消えとなり日本ハムで1軍争いに加わらなければならない、未完の大砲西浦。0−1からの2球目をフルスイングすると逆風にやや戻されるが、見事にスタンドイン!今季日本ハム第1号ホームランは逆転ソロホームランとなって、日本ハムが3−2と逆に1点のリードに変わる。5番は昨秋足首の手術をし、まずはイースタンでの完全復活を目指す島田。2−3からの6球目、高目のつり球に空振り三振。6番は指名打者で大貝、1−0からの2球目を巧く流し打ってセンター前ヒット。7番は昨春中日より移籍し、1軍で活躍の原田。2−0からの3球目に大貝が自慢の駿足飛ばして盗塁。これも成功しランナー2塁と追加点のチャンスだったが、原田は2−1からの4球目を打ってピッチャーゴロ。

2回表 韓国三星 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム3−2韓国三星』
1点のリードを許した韓国三星、この回の攻撃は7番パクボンスから。2−0からの3球目を引っ掛けてファーストゴロ、吉崎がベースカバーに入って1アウト。8番は自身のエラーで得点を許してしまったジンカックリョン。2−3フルカウントからの6球目外角へのシュートに手が出ず見逃しの三振。9番パクジョンハン、初球を打ってショート正面へのゴロで3者凡退。

2回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム3−2韓国三星』
日本ハムこの回は8番田中聡から。初球攻撃もセカンド左へのゴロ。9番は先発マスクで先日パパになったばかりの荒井、2−1からの5球目を流し打ちも打球は鋭かったが、サード正面へのライナー。地面スレスレだったが、捕球される。1番に戻って小田、2−1からの8球目内角に入るカーブに見逃しの三振で2回は両チーム共3人。

3回表 韓国三星 打者:7 安打:4 三振:1 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
1点を追う韓国三星は、1番のパクハンイから。初球を引っ掛けてセカンドゴロ。2番カンドンウ、1−0からの2球目外角へのストレートを打つとサード左を鋭く抜けてレフト線へのツーベース。3番はブリト、2−2からの7球目カーブを叩くと打球はレフトスタンドへ舞い込む逆転のツーランホームランで4−3と再び韓国三星が1点のリード。さらに4番のヤンジュンヒョックも初球を流すとレフトフェンス直撃のツーベース。5番マヘヨンも初球打ちに出るがこれはセカンドゴロ。1死3塁として6番キムハンス、2−3からの7球目を引っ掛けてしまうとこれがサード前へボテボテのゴロ。小田が捕って1塁送球も間に合わずタイムリー内野安打でさらに1点を追加し5−3と2点のリードに。7番パクボンス、2−2からの外角へのストレートに空振り三振。吉崎味方のリードが守れない投球は昨年と同じか?

3回裏 日本ハム 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
2点のリードを許した日本ハムは2番石本から。1−0からの2球目を打つとショートへの強い打球、ややベース寄りだったが、ショートがこれを捕球と同時に1歩下がってしまうと石本の駿足に叶わなくなる。1塁送球も内野安打となる。3番は田中賢、2−1からの5球目を打ち上げてしまいセカンド後方へのフライ。4番先程見事なホームランの西浦、この打席も1発の期待が掛かるが1−0からの2球目外角球を流し打つがライトフライ。5番は島田、1−0からの2球目ら石本がスタートを切るが今度は、ジンカックリョンが2塁へ正確に送球して駿足石本仕留めて3アウト。

4回表 韓国三星 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
この回は8番ジンカックリョンから、2−0からの3球目を打ってファーストゴロ。西浦が捕球と同時に1歩後退するが、吉崎がベースカバーに入ってアウト。9番パクチョンファン、1−2からの4球目今度もファーストゴロだが、今度は手前へのボテボテのゴロ。西浦が捕球し再び吉崎がベースカバーで2アウト。1番に戻ってパクハンイ、1−3からの5球目を流し打つがレフトフライで3者凡退。

4回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
韓国三星はこの回から2番手マウンドにノジャンジンを送る。日本ハムの攻撃は先程盗塁失敗でチェンジになった為、再び5番島田から。2−2からの5球目、スライダー気味のボールを打ってセカンドゴロ。6番大貝、2−3フルカウントからの6球目を引っ張るがファースト正面へののゴロ。7番原田、初球を打ってセカンドゴロで簡単に3者凡退。

5回表 韓国三星 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
韓国三星はこの回2番カンドンウから。2−0からの3球目、変化球をバットの先に当てた打球はフラフラと上がってセカンド後方、センター・ライトの手前に落ちるポテンヒット。しかし、続くブリトは初球を打ってピッチャーゴロ、吉崎が捕って田中賢に送球、西浦に転送されて併殺打。続く4番ヤンジュンヒョック、これも初球を打つとセンターバックスクリーン右への大飛球。これにセンター石本が後退、フェンス手前で失速した打球に合わせてジャンプ一番で飛びつくとこれを好捕のファインプレー!!韓国三星は3人で攻撃を終了した。

5回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
韓国三星の2番手ノジャンジンが捕えられない日本ハム打線だが、この回も沈黙してしまう。8番田中聡から。先日のキャンプ終盤まで1軍キャンプ帯同だったが、「取り得るものがみられない」としてファーム降格ら。足元を固めないと1軍が遠いが、前年同様の打撃の粗さがこの打席に出てしまう。初球をファール、2球目やや高目を見送って追い込まれると、続く3球目を空振りで3球三振。課題が大いに残る。9番は荒井、0−1からの2球目を引っ掛けてセカンドゴロ。1番に戻って小田、1−2からの4球目を流すがショート正面へのゴロ。3者凡退。

6回表 韓国三星 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
日本ハムはこの回から2番手マウンドに今井を送る。韓国三星は5番マヘヨンから。0−2からの3球目を打ち上げてライトフライ。続く6番はキムハンス、2−2からの4球目を打ち上げてセンターフライ。7番パクドンス、1−2からの4球目外角ストレートを引っ張るがファーストゴロで3者凡退。中盤はチャンスにならない。

6回裏 日本ハム 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
韓国三星は守備の交代、レフトのパクボンスに代わってパチュンドン。日本ハムの攻撃は、2番石本から。1−1からの3球目を流し打ってレフト前ヒットで3打席で3安打猛打賞は今季第1号。3番田中賢、2−2からの8球目を巧く打ってセンター前へ連続ヒット。無死1、2塁とチャンスを築いて4番西浦。その初球にノジャンジンが暴投で2人のランナーがそれぞれ進塁し無死2、3塁。西浦は2−2からの5球目高目の変化球に空振り三振。5番島田に一発の期待が掛かるが、2−1からの4球目、外角へのストレートに2者連続三振。ここで韓国三星は3番手投手に左のオサンシンをマウンド送る。バッターは6番大貝、左対左の対戦になるがしかし、2−1からの4球目に詰まってショートゴロで2者残塁チャンスが生かせない。

7回表 韓国三星 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
日本ハムはこの回から守備の交代、先発マスクの荒井に代わって今季に成長の期待が掛かる駒居がマスク。韓国三星は、9番ジンカックリョンから。0−2からの3球目を打ってレフト前へワンバウンドでヒット。9番はパクチョンファン、2−3フルカウントからの7球目高目に空振り三振。これと同時にジンカックリョンがスタートを切っており、駒居が2塁送球も高く逸れていてセーフ盗塁成功。1番に戻ってパクハンイは1−1からの3球目を打ってサードゴロ。2番カンドンウ、0−1からの2球目を打ち上げてレフトへのファールフライでジンカックリョン残塁。

7回裏 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
韓国三星は守備の交代、セカンドのパクチョンファンに代わってキムジェゴル。日本ハムの攻撃は7番原田から、初球攻撃も平凡なサードゴロ。8番田中聡、1−0からの2球目外角ストレートを打つが、セカンド正面へのゴロ。9番駒居、0−1からの2球目を打つとバットがグリップのやや上から真っ二つに折れてしまう。しかし打球はセカンドの頭上を越えてライト前ヒット。1番に戻って小田、初球を打つが投前へのボテボテのゴロ。オサンシンが捕って1塁送球でスリーアウト。

8回表 韓国三星 打者:6 安打:3 三振:0 四球:1 『日本ハム3−8韓国三星』
日本ハムはこの回から3番手に、神島送るが韓国打線に威力を見せ付けられる。韓国三星の攻撃は3番ブリトから、1−2からの4球目やや高目の球を流し打つと打球はライトやや左への大きい当りに、そのままスタンドインかと思ったが、フェンス上部ギリギリに当ってこれがツーベース。ブリトは3安打猛打賞、新助っ人は上々の発進か。4番ヤンジュンヒョック、2−2からの5球目低目のストレートを打ってレフトフライ。5番マヘヨン、1−3からの5球目変化球が外れて四球。1死1、2塁として、6番キムハンス。初球を打ってサードへの強い打球!しかし小田がこれを横っ飛びで好捕し、セカンドへ送球してフォースアウト。2死1、3塁に変わって7番パチュンドン、2−2からの6球目ストレートか変化しなかったのか、これをジャストミートすると打球はレフトスタンド一直線!!完璧な弾道で東京ドームと同じ広さのフィールドをフェンスオーバー。スリーランホームランで韓国三星ベンチが沸き立つ。8番ジンカックリョン0−1からの2球目を流し打ってレフト線やや内側へのヒット、足の早い選手ならツーベースコースだったが・・・。1塁ベースコーチャーは多分韓国語で「ゴー」を指示したが、原田がこれを素早く2塁へ返球、田中賢がこれを捕るとジンカックリョンがまだ塁間で、ランナーの到着を待ってタッチアウト、暴走だったか。

8回裏 日本ハム 打者:5 安打:1 三振:3 四球:0 『日本ハム3−5韓国三星』
手痛い3点を追加され苦しい日本ハムだが、この回の攻撃は今日3安打の石本から。1−1からの3球目を打ってセカンド正面へのゴロ・・だったが、捕球寸前でバウンドが変わったのかキムジェゴルがこれを綺麗にトンネル。エラーとなって石本は4度目の出塁。3番田中賢、2−0からの3球目高目のボール球に手を出して空振り三振。続く4番の西浦を迎えた所で韓国三星はピッチャー交代、4番手にキムヒョンウッグを投入する。西浦は1−1からの3球目を打ってレフト前ヒット。5番島田、2−3フルカウントからの7球目を振るがスライダー気味の変化球に空振り三振。そして続く左の大貝の所でまたまた投手交代。5番手マウンドは左のジョンビョンホ。2死1、2塁として再び左対左の対戦になった大貝、課題の左打ちだが、結局2−1からの4球目外角への変化球に見逃しの三振、またしてもチャンスが生かせない。日本プロ野球もそうだが、韓国三星は細かい継投でピンチを潰した。

9回表 韓国三星 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 『日本ハム3−8韓国三星』
日本ハムは選手の交代、ファーストの西浦に代わってルーキーやまだが入ってサード、サードの小田がファーストへ、ピッチャーが4番手櫻井に交代。韓国三星は、9番キムジェゴルに代わってキムスンゴンが代打に登場。1−1からの3球目を打ってショートゴロ。1番パクハンイ、2−1からの5球目を打つとバットの先端が砕けた様な折れ方をするがピッチャーゴロ。2番カンドンウ、2−3フルカウントからの6球目が外角への変化球が外れて四球で出塁。3番ブリト、2−1からの4球目高目のストレートにブリトは手を出す。バットが止まったが、1塁塁審がスイングのコールで三振。

9回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:3 四球:0 ●日本ハム3−8韓国三星○
韓国三星は代打のキムスンゴンがそのまま入ってセカンド、ピッチャーが6番手キムジンウンに交代。日本ハム最後の攻撃は、勝利に薄くなったからか今季新入団のルーキーを次々と送り込んでくる。日本ハムの攻撃は7番原田に代わって代打・佐藤(鳥栖高)。2−1からの4球目カーブにまったくタイミングが合わず三振。続く田中聡には同じくルーキーの村西(愛知学院大)が代打で登場。しかし、2−2からの5球目高目へのストレートを見逃して三振、9番駒居も2−1からの5球目カーブを見逃して三振、3者連続三振で試合終了。

韓国三星ライオンズが要所で一発を放つ等して快勝した。日本ハムは初回の3点のみで打線が繋がらず、前年の試合展開がそのまま出ている感じだった。また今季からルール改正になった日本プロ野球のストライクゾーンだが、やはりやや高いのでは?と思う投球が幾度もストライクのコールをされていた。ただ、新聞にも載っているようにまだバラつきがあるようで、韓国三星のキャッチャー、ジンカックリョンも数度、真ん中の投球をボール判定にされ「オ〜っ」と声を上げるシーンもあった。
■試合終了時刻:15:14

 

尾がサワラさん編

                        
三星ライオンズ    |203 000 030|
鎌ヶ谷ファイターズハム|300 000 000|

     1回2回3回4回5回6回7回8回9回

■三星ライオンズ

8パクハンイ 四球  二ゴ左飛    三ゴ  四球
9カンロン  中飛  左二  中安  左邪  三振
6ブリト 左安  左本  遊併    右二
Dヤン  四球  左二  中飛    左飛
3マヨン   中安   二ゴ    凡退  四球
5キムハン  二併  三安    凡退  三ゴ
7パクホン    一ゴ三振    一ゴ  左本
2リンパク    三振  一ゴ    左安左安 
4パクジョ   遊ゴ  一ゴ    三振  遊ゴ


■鎌ヶ谷ファイターズ

5小田  死球三振    遊ゴ  投ゴ
8石本  投安  遊安    出塁  二失
6田中賢 二ゴ  二飛    中安  三振
3西浦  左本  右飛    三振  左安
9島田  三振    二ゴ  三振  三振
D大貝  中安    一ゴ  遊ゴ  三振
7原田  投ゴ    二ゴ    三ゴ  
H佐藤                  三振
4田中聡   二ゴ    三振  二ゴ  
H村西                  三振
2荒井    三直    二ゴ  
 駒居              右安  三振 


:ペトリック−ノ−オ−キムヒョンフク−ジョン−キムジンイン
:吉崎5回−今井2回−神島1回−桜井1回


■選手評

今年初の野球観戦、相手が韓国プロということもあり、ハム選手のチェックに集中しようと思っていたのですが、目を奪われたのはほとんど韓国の選手たちでした。

注目した選手
ブリト(A)、ヤン・ジュントク(A)、マ・ヘヨン(A)、キム・ハンス(B)、ぺトリック(A)、ノ・ジャンジン(S)、オ・サンミン(B)、ジョン・ビョンホ(B)
ブリトはショートを守る大物打ちドミニカンで、守備や肩は今一つだがフルスイングから豪快なホームランを放った。ヤンはペタジーニを彷彿させる豪快なフォームから強烈なスイングで左右にホームランを打てるスラッガー、はのメジャーのガルシアパーラばりの打撃フォームで打球を叩き潰すスイングを見せる。ピッチャーでは常時140キロ台のクセと重さのある速球で押し捲るノ・ジャンジンが特に印象に残りました。


■55佐藤吉宏(日)
自然体の大きい構えから左ひじを立てながら豪快に足を上げてスイングする。この選手の特徴はバットと足を豪快に動かしながらの独特のタイミングの取り方、左ひじを立ててスイングする事により引き手のスイングに加えて左手のパンチを利かせたスイングをする事、などが上げられる。現段階ではまだまだプロとしての技術を構築する途上で、目きりの早さや選球眼などの面では不安を感じさせ、やや時間のかかる印象を受けた。まだまだ未完の大器といった印象だが、ボールボーイをしていても良く声が出るなど持ち前の明るいキャラクター、そしてプロの中に入っても目立つ抜群の体格で将来性を感じさせた。昨年の木元への第一印象と比べるとやや弱い印象を受けたが、これからじっくりと開花していってほしい。

■67村西辰彦(日)
俊足の外野手、打法は直立気味から軽く振り子のように足を出しスイングに入る。体系的にはアスリート型というよりは豆タンク型。同じようなタイプの多いハム若手の中で、どのようにアピールしてくるのか注目してみたい。

■65山田憲
序盤はボールボーイ、試合終盤からサードの守備堅めで出場、打席には立たなかった。体型を見る限り、それほどパワーのあるようでも、バネがあるようにも見えず、1年先輩の山地と非常に似通ったタイプであるように見えた。打撃面でどのようなタイプなのか、早くチェックしてみたい。

■51小田智之(日)
昨年から少し打撃に変化が見られた。やや捕手よりにバットを傾け、振り子気味に柔らかく振り出す姿は左ひじにゆとりもあり、内角や緩急に弱い今までの姿を払拭する可能性を感じさせた。

■ 3田中賢介(日)
スタンドからは痛烈な野次も飛んでいた。期待の裏返しとしてぜひ奮起してもらいたい。ゆったりとしたタイミングの取り方、鋭い振り出しなどはルーキー時を思い出させるものがあり、しばらくはファームで3番打者として確固たる結果を残し、一軍復帰時には即レギュラーを奪うような姿を見せてほしい。ここで腐ってしまうのはあまりにも惜しい。

■66西浦克拓(日)
豪快な一発は一軍での活躍を思い出させるスラッガーの放物線。彼のようなタイプは一軍も渇望しているだけに是非ともこのままのイメージを維持してもらいたい。

■41田中聡(日)
守備面での成長は残念ながらまったく感じられなかった。一歩目の遅さ、球際の弱さは致命的で打撃面でも賢介・阿久根らと比べるとアドバンテージはないだけに、やや苦しい印象。。

■56駒居鉄平(日)
ややオープンスタンスに構えを変え、振り出しがスムーズになり右へも強い打球が打てるようになった。今年はファームではホームランを5〜6本打てるかもしれない。肩やパワーに強烈なインパクトこそないものの、バランスはよく捕手センスに長け、着実に成長してもらいたい将来の戦力候補。

■34吉崎勝(日)
先発で5イニング、コントロールはなかなかで速球とカーブを織り交ぜかわすピッチング。やや力負けする点は仕方がない気もするが、一軍での活躍を見据えると乗り越えなければいけない厚い壁を感じたピッチングだった。

■17今井圭吾(日)
噂通りのサイドハンド、かわすピッチングに生きる道を探しているようだが、スピードがなくコントロールもなくゆるいカーブに頼るピッチングはやや寂しさすら漂った。

■58神島崇(日)
変則フォームからの速球とカーブ、チェンジアップを織り交ぜたが韓国のパワーの前に沈没。ストレートを強化しない事にはプロではやや厳しいか。。。

■38桜井幸博(日)
速球の切れはかなりのもので、韓国を完璧に抑えこんだ。本格派としてもう一度期待させる内容。


  ■掲示板@2軍愛■