【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 3月19日 イースタン教育リーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!

ジャイアンツ球場 12:30〜15:55

 803 020 000 13 H10 E3
 000 000 000 0 H3 E2

〔勝〕金村
〔敗〕川本

〔2塁打〕高橋信[3表],西浦[5表]
〔盗 塁〕宮崎2[1表,5表],李[5表],二岡[6表]
〔盗塁死〕山田[6表]
〔走塁死〕西浦[1表],小田[4表],佐藤[9表]
〔失 策〕山田[1裏],田中賢[1表],大須賀[5表・ファールフライの落球],山地[6裏],山田[7表]
〔暴 投〕川本5[1表5]
〔捕 逸〕小田[6表],

★得点経過★
1表 F1‐0G 3つの四死球で1死満塁から,5番島田への4球目が暴投になり1点
   F2‐0G 島田への続く5球目が再び暴投で1点追加
   F3‐0G 2死満塁となり,8番小田への3球目がこの回5つ目の暴投となり1点
   F4‐0G 9番山田が四球を選び押し出し
   F5‐0G 1番田中賢が四球を選び押し出し[これで8連続四死球]
   F7‐0G 2番石本がライトへ2点タイムリー安打
   F8‐0G 阿久根が四球で2死満塁となり,4番西浦が四球を選び押し出し
3表 F11‐0G 2本のヒットと四球で2死満塁から,6番高橋信が左中間を抜ける走者一掃のタイムリー2塁打
5表 F12‐0G 2塁打と四球で1死1,2塁から,高橋信がセンターへタイムリー安打で1点追加。なおも1死1,3塁
   F13‐0G 続く7番中村がセンターへ犠牲フライ

★短評★
 試合自体は初回で決まった。G先発の川本が制球定まらずに大乱調。汗と涙を流しての初回降板となった。2番手の安原,3番手の小野剛も制球に苦しみ失点を重ね,4番手の河本も無失点だったものの3四球と冴えなかった。

一方,F先発の金村は,5回を2安打無失点ということで,まずは順調な仕上がり。ただし,2ストライクと追い込んでからの投球で,ファールで粘られた場面も多かった。金村は,テンポよく少ない投球数の時こそ真価を発揮するだけに,変化球の細かい制球が開幕までの課題になりそうだ。

2番手の矢野は,変化球でなかなかストライクが取れなかったものの,直球に勢いがあり3回無失点と結果は出した。

打者では,Fの西浦が好調。石本も球をしっかりととらえて3安打。中盤以降の交代選手では,新人の佐藤が2安打。2本のヒットはいずれもライナー性のいい当たり。河本,南といった1軍経験豊富な選手から打ったもので,今後2軍での成長を見守りたい。Gの二岡は,守備ではさすがの場面を多く見せた。打撃は0安打だったが,いい当たりも見せており,復調もそう遠くはないだろう。

Gは結局完封負けとなったが,初回から積極的に足を絡めた攻撃を見せた。教育リーグを通して徹底しており今後も注目したいところだ。


ファイターズ  数得安点  1     2  3  4  5  6  7  8  9 
1 6 田中賢 4101 死 球四 球………三 振遊ゴロ………三 振………二ゴロ………
2 D 石 本 4132 二ゴロ右 安………中 安左 安………
  HD 藤 崎 1000                   四 球………右邪飛………
3 4 阿久根 2200 死 球四 球………遊ゴロ………中 飛
  8 村 西 1000                   四 球………………二ゴロ
4 7 西 浦 2121 四 球四 球………中 安………左 2
  R9 荒 井 2100                   三 振………………三 振
5 9 島 田 1200 四 球投ゴロ………四 球………四 球
  R7 佐 藤 2120                   ………中安失………左 安
6 2 高橋信 4124 四 球   捕邪飛左中2………中 安………三 振………………
7 8 中 村 1101 四 球   四 球三 振………中犠飛
  4 山 地 1000                   ………三 振………………
8 3 小 田 2110 四 球   二ゴロ………右 安
  3 田中聡 2000                三 振………三ゴロ………………
9 5 山 田 3101 四 球   三ゴロ………三ゴロ………四 球………三 振………
      計 32131010
        回数 席 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 金 村 5  20 19  87 2 0 1 7 0 0
  1 矢 野 3  12 10  41 1 0 2 2 0 0
  1 厚 沢 1  3 3  8 0 0 0 0 0 0

ジャイアンツ  数得安点  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
1 7 宮 崎 4020 三ゴ失………二ゴロ………二内安………二内安………………
2 8 山 田 4000 三 振………右 飛………二 直………二ゴロ………………
3 6 二 岡 4000 三 振………中 飛………………二ゴ失………右 飛………
4 4 永 池 4000 遊ゴ失………………三 振………三 振………遊ゴロ………
5 D 高 野 3000 三 振………………捕邪飛………四 球………一 直………
6 9 堀 田 4000 ………遊ゴロ………三 振………遊ゴ併………………捕邪飛
7 2 加 藤 1000 ………三ゴロ………………
  2 小 田 2000             四 球………三 振………三ゴロ
8 3  李  3000 ………三 振………………三ゴロ………四 球………右 飛
9 5 大須賀 3010 ………………中 安………三 振………一 飛………………
      計 32030

        回数 席 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 川 本 0.2 13 2  60 1 0 11 0 8 8
  1 安 原 3.1 16 14  57 5 0 2 2 3 3
  1 小野剛 1  6 4  31 2 0 1 1 2 1
  1 河 本 2  9 6  47 1 0 3 4 0 0
  1 柏 田 1  3 3  12 0 0 0 1 0 0
  1  南  1  3 3  12 1 0 0 1 0 0


2002年 3月17日 イースタン教育リーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年3月17日(日)

  イースタンリーグ春季教育リーグ 日本ハムファイターズ−ヤクルトスワローズ
  1回戦 日本ハム1勝0敗0分 (ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 12:30
  晴れ 試合時間2時間40分
  ◆球審:場内発表なし 1塁:場内発表なし 2塁:場内発表なし 3塁:場内発表なし
  ◆公式記録員:場内発表なし

                    H E
ヤクルト 000 000 101 ・・ 7 0
日本ハム 000 070 00x ・・ 8 1

○ 勝利投手 関 根 −勝−敗  ● 敗戦投手 高 橋 −勝−敗
HR 本塁打 田中賢  −号 高 橋A 5回2死 (日本ハム)
       青 柳  −号 櫻 井@ 9回1死 (ヤクルト)
2B 2塁打 中 村 5回1死 (日本ハム)
       西 浦 5回2死 (日本ハム)
       青 柳 7回無死 (ヤクルト)
SB 盗 塁 野 口 3回2死 (打者・ユウイチ)(ヤクルト)
 E 失 策 山 田 8回1死 (梶本三ゴロを1塁悪送球)(日本ハム)
   暴 投 高 橋 5回1死 (打者・島田は三振振り逃げ) (ヤクルト)
       武 藤 7回無死 (打者・青柳) (日本ハム)

(ヤクルト) 青柳2安打1本塁打、牧谷2安打1打点も反撃しきれず。強風に負けた感が否めず・・・。
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8   9
(6) 4 野 口  4 0 0 3 0 三振    捕ゴ    三振    三 振
(DH) ユウイチ 3 1 0 0 0 左飛    二安    二ゴ
H DH リーゴ  1 0 0 0 0                       遊ゴ
(7) 佐 藤  2 0 0 1 1 四球    投ゴ       三振
 6  梶 本  1 0 0 0 0                       三失
  (専大北上高)
(3) 衣 川  4 0 0 2 0 左飛       三振    三振     左飛
(4) 7 本 郷  3 0 0 1 0    二ゴ    三邪    三振
H 7 宮 出  1 0 0 1 0                       三振
(5) 畠 山  4 1 0 2 0    見振    遊直       左 安    見 振 
(2) 鮫 島  2 1 0 0 0    遊飛       一安
H 2 青 柳  2 2 1 0 0                   右越2    右中本・
(8) 牧 谷  3 2 1 1 0       中安    左安    右 犠・   三 振
(9) 橿 渕  3 0 0 2 0       右ゴ    三振    三 振
 H  内 田  1 0 0 0 0                          遊 ゴ
  (日 大 三)       
     :              :  :  :  :  :  :   :  :   :
    残塁7  34 7 2      1  0  2  0  2  0   1  1   0
                   ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記

(日本ハム) 春の嵐吹くスタジアムに5回突如打の嵐!打者1巡の猛攻、中村連日の2打点、
       西浦2点打、田中賢ホームラン
         打 安 点 振 四  1  2  3  4   5   5  6   7  8
(6) 田中賢  4 1 2 0 0 二ゴ       二ゴ 中 本:       三 邪 
(8) 石 本  3 1 0 1 0 二ゴ       三振 中 安
 8  大 貝  1 0 0 0 0                        三 邪
(4) 阿久根  4 1 0 0 0 投ゴ       二ゴ 二 安        三 ゴ
 4  山 地  0 0 0 0 0
(7) 西 浦  3 1 2 1 0    三振       二 飛 中越2:
 7  佐 藤  1 0 0 0 0                            二ゴ
  (鳥 栖 高)
(DH) 島 田  3 1 0 2 0    三振       振 逃 左 安
H DH 藤 崎  1 0 0 0 0                            中飛
(5) 3 小 田  4 1 0 0 0    遊ゴ       右 安 一 ゴ        左飛
(9) 中 村  3 1 2 2 0       三振    右中2:    見振
 9  村 西  0 0 0 0 0
  (愛知学院大)
(3) 田中聡  3 1 0 1 0       中飛    左 安     三振
 5  山 田  0 0 0 0 0
  (東海大浦安)
(2) 田 口  3 0 1 1 0       遊ゴ    一 ゴ・    三振
 2  駒 居  0 0 0 0 0
     :              :  :  :  :       :  :   :  :
    残塁2  33 8 7 8 0  0  0  0  0       2  0   0  0 
                   ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記
                   振逃は三振振り逃げ 5回は打者一巡

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 関根貫禄の投球5回を4安打無失点の好投、武藤連打から1失点、吉崎1回を無失点、
       櫻井1被弾
 ○ 関 根   5    20  4   0   1   5   0
   武 藤   2     8  2   0   0   5   1
   吉 崎   1     4  0   0   0   1   0
   櫻 井   1     4  1   1   0   2   1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ヤクルト) 4回まで完全の高橋5回突如乱れ8安打1被弾7失点崩壊、五十嵐亮2回を完全、
       鎌田も1回を打者3人
 ● 高 橋   5    24  8   1   0   5   7
   五十嵐亮  2     6  0   0   0   3   0
   鎌 田   1     3  0   0   0   0   0

今年の春一番はもう吹いたはずだが、今日は試合前から物凄い強風が球場を包んでいた。試合前はレフトからライト方向へ、試合が始まるとセンター方向への強風が吹き荒れる。この強風が試合の明暗をも決めるとは・・・。

1回表 ヤクルト 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 『日本ハム −0ヤクルト』
日本ハムの先発は調整登板なのか、どう見ても1軍投手の関根が先発マウンドへ。ヤクルト1回の攻撃は、1番野口、2−1からの5球目内角へのストレートに空振り三振。2番ユウイチ、初球を打ち上げてレフトフライ。3番佐藤、2−3フルカウントからの7球目、低目への変化球が外れて四球で出塁。4番衣川、0−1からの2球目を流し打ちもレフトフライ。

1回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
ヤクルトの先発は高橋。日本ハムの1番は田中賢、1−2からの4球目やや高目を打つがセカンドゴロ。2番石本、同じく1−2からの4球目を打つがこれもセカンドゴロ。3番阿久根、2−3フルカウントからファールで粘って12球目、外角球を打ち損なってピッチャーの右へのゴロ。高橋が自分で捕ってそのまま1塁を踏んで3者凡退。

2回表 ヤクルト 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
ヤクルト2回は5番本郷から。2−1からの4球目外角への変化球ほ打ってセカンドゴロ。6番一発に関しては昨年、この鎌ケ谷球場で印象深い一発ならぬ、「二発」を披露した畠山。2−1からの4球目変化球に見逃しのの三振。7番鮫島2−2からの6球目を打ち上げてショートフライ。風が心配な上がり方だったがこれは田中賢がしっかり捕球。

2回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
この回は4番西浦からの攻撃。2−1からの4球目ね内角低目への変化球に空振り三振。5番島田、2−3フルカウントからの6球目カーブに空振り三振。6番は前日の試合でホームランの小田。しかし第1打席は2−0からの3球目、外角のストレートを打つがショートゴロで2イニング連続の3者凡退。

3回表 ヤクルト 打者:5 安打:2 三振:0 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
ヤクルトは8番、投手から転向し野手業が板に付いてきた感のある牧谷。1−0からの2球カーブを打ってセンター前に両軍初のヒット。9番橿渕、2−0からの3球目を打ち上げてファースト後方へのフライ、これが強風に流されてライン際まで来る。ライト、セカンドが追うが前進してきたライト中村がこれをスライディングキャッチ。しかし、これを落球してまう。が、ハーフウェイにいた1塁ランナー牧谷が落球を見て慌てて2塁へ向かうが、中村がこれを2塁へ送球しフォースアウト。こんな場面でなければ見られない珍プレー「ライトゴロ」。1番に戻って野口、初球をバントしランナー進塁を試みるが、先発マスクの田口がこれを捕ってすばやく2塁へ送球しまたもフォースアウト。送りバント失敗。2番ユウイチ、その初球に1塁ランナー野口がスタートし盗塁成功。2死2塁となってユウイチは1−1からの3球目を打って、ファーストが捕れそうな打球だったが、一塁横を抜ける。セカンドの阿久根がこれに追いついて1塁へ送球もセーフで内野安打。2死1、3塁と先制のチャンスが広がり3番佐藤。1−0からの2球目を打ってピッチャーゴロで2者が残塁。

3回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
日本ハムこの回の攻撃は7番中村から。1−1からの3球目を流し打つと、ライトポール方向への飛球だが風に流されてスタンドインはファール。2−1からの4球目内角ストレートに空振り三振。8番田中聡、1−1からの3球目を打と風がなければセンターフライだろうが、風に乗ってフェンスに近づく。しかしこれはスタンドまでは遠い。9番田口、2−わからの3球目を打ってピッチャーの頭上をワンバウンドで越えてセンター前に抜けそうな打球になる。しかしショート野口が回りこんで捕球、1塁へ送球しアウト。田口の足が速ければ・・・。3者凡退で9人で3回を終了。

4回表 ヤクルト 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
この回は4番衣川から。2−1からの4球目ストレートに空振り三振。5番本郷、1−3からの5球目を打ち上げてしまいサードファールフライ。6番畠山、初球攻撃だったがショートライナーで3者凡退。

4回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
ヤクルト先発高橋の前に打者1巡で無安打の日本ハム、この回は1番からの攻撃。1番田中賢は、1−0からの2球目内角ストレートに詰まりセカンド前への小フライ。セカンド本郷がワンバウンドしてから捕って1塁へ送球。2番石本2−2からの8球目内角高目のストレートに空振り三振。3番阿久根、1−0からの2球目を引っ張るがセカンドゴロ

5回表 ヤクルト 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0 『日本ハム0−0ヤクルト』
この回は7番鮫縞からの攻撃、2−3フルカウントからの7球目を打ち上げる。田口が捕球の合図を出すが、強風に煽られて一塁線方向へ流れる。するとこれが誰も捕れず内野安打まさに「風ヒット」。8番牧谷、1−0からの2球目カーブを打って三・遊間を鋭く抜けてレフト前ヒット。連打で無死1、2塁と再び先制のチャンス。9番橿渕、2−1からの5球目外角へのカーブに空振り三振。1番に戻って野口、2−1からの4球目変化球に空振り三振。2番ユウイチ2−3からの6球目を打ってセカンド左への強い打球、しかし阿久根がしっかりこれを抑えて1塁へ送球しスリーアウト。ヤクルトは先制のチャンスが生かせない。

5回裏 日本ハム 打者:12 安打:8 三振:1 四球:0 『日本ハム7−0ヤクルト』
4回までパーフェクトピッチングを続けるヤクルト先発の高橋だが、この回一つのプレーから流れが変わる所か、怒涛の攻めに遭う。日本ハムこの回の攻撃は4番西浦から。0−1からの2球目を打ち上げる、セカンドが体勢を崩しながらも捕球。続くは5番島田、この島田から・・・。2−2からの6球目をハーフスイング、しかし主審にスイングを取られており三振のはずだが、キャッチャー鮫島がこれを取れ損ねておりボールはバックネット方向へ転々・・。これを見た島田が1塁へ走り出す。鮫島が1塁へ送球するが、内側へ逸れてしまいセーフ三振振り逃げで出塁。6番小田、初球を打って一・二塁間を破ってライト前へチーム初ヒット。ノーヒットノーランから脱出した。1死1、2塁として、7番中村、0−1からの2球目を流し打つと、強風に乗って右中間フェンスに直撃のヒットになる。このクッションボールをセンターが捕れず、ボールが無人ゾーンを転々とする間に島田、小田が相次いで生還2−0と日本ハムが先制、中村は2塁ストップも2点タイムリー。1死2塁と続くチャンスに、8番田中聡。2−0と2球で追い込まれるが、続く3球目を巧い流し打ち。これが三・遊間を抜けてレフト前ヒット。1死1、3塁になって9番田口、0−1からの2球目を打つがファーストゴロ。ファースト衣川が弾くが取り直してベースを踏んでアウト。しかしこの間に3塁ランナー中村が生還して3−0と1点を追加。打順が1番に戻って田中賢、0−1からの2球目をジャストミートすると、風が無くてもスタンドに届いたであろう打球は、バックスクリーン右への大アーチ!ツーランホームランでさらに2点を追加5−0とした。ランナーが一掃されたが、まだ攻撃が止まらなかった。2番石本、1−0からの2球目を打ってセンター前ヒット、2死1塁から3番阿久根。1−0からの2球目を打つとセカンド後方へのフライ、つまり気味だったがセカンドがこれを捕れずヒット。石本は一気に3塁を陥れる。この回で打者1巡し、2死1、3塁として、4番西浦。2−2からの6球目を打つ返すとセンター目掛けて一直線!!フェンスの金網部分にそのまま突き刺さる様に直撃し、2者が生還して7−0と大量のリード。5番島田、初球打ち出ると三・遊間を抜けてレフト前ヒット。再び2死1、3塁として6番小田。1−1からの3球目、バットが真っ二つになるが、打球は平凡なファーストゴロ。これでようやく長い攻撃が終了、日本ハムが7−0とこれまでの無安打が嘘の様な程の「釣瓶打ち」を見せた。

6回表 ヤクルト 打者:3 安打:0 三振:3 四球:0 『日本ハム7−0ヤクルト』
日本ハムは先発の関根に代わって2番手に武藤が上がる。7点をリードされたヤクルトは3番佐藤からの攻撃。2−3フルカウントからの6球目外角への変化球に空振り三振。4番衣川、2−2からの6球目、低目への変化球に空振り三振。5番本郷、2−1からの4球目、ハーフスイングにバットは止まった様に見えたが、3塁塁審の判定はスイングで三振。3者三振。

6回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:3 四球:0 『日本ハム7−0ヤクルト』
ヤクルトは選手の交代、レフトの佐藤に代わってドラフト2巡目ルーキーの梶本が入りショート、ショート野口がセカンド、セカンド本郷がレフトへ。ピッチャーが先発高橋から2番手五十嵐亮に交代。日本ハムこの回は7番中村から。2−2からの5球目ストレートに見逃しの三振。8番田中聡、2−0からの3球目外角ストレートに3球三振。9番田口も2−1からの4球目高目のストレートに空振り三振。3者三振を同じくして取られる。

7回表 ヤクルト 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0 『日本ハム7−1ヤクルト』
日本ハムは守備の交代、センター石本に代わって大貝、ライト中村に代わって村西が入る。7回ヤクルトの攻撃は、5番畠山から。2−3フルカウントからの7球目を打って三・遊間を抜けてレフト前ヒット。7番鮫島に代わっては代打が起用される。代打は青柳。その初球を武藤が投じるとこれが暴投になり、1塁ランナー畠山は2塁へ。無死2塁となって、2−2からの5球目を流し打つと打球はアッという間にライトオーバー、フェンス直撃のツーベースになる。無死2、3塁と反撃開始の状態を作ると、続くは8番牧谷。初球を打ってライトフライ、これが犠牲フライとなってヤクルトが1点を返した。1死3塁となって、9番橿渕。2−2からの6球目内角への返化球に空振り三振。1番に戻って野口、2−3フルカウントからの6球目変化球に見逃し三振。

7回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム7−1ヤクルト』
ヤクルトは代打の青柳がそのまま入りキャッチャー。日本ハムこの回は、1番からの攻撃。田中賢は1−0からの2球目を打ち上げてしまいサードファールフライ。2番大貝、0−1からの2球目をこれも打ち上げてしまうと、再びサードファールフライ。畠山が3塁ベンチ前で捕球。3番阿久根、2−2からの5球目を打ってサードゴロで3者凡退。

8回表 ヤクルト 打者:4 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム7−1ヤクルト』
日本ハムは選手の交代、レフトの西浦に代わって佐藤、サードの田中聡に代わって山田が入りサード、サード小田がファースト、キャッチャー田口に代わって駒居、セカンド阿久根に代わって山地が入る。ピッチャーも3番手吉崎に交代。8回ヤクルトの攻撃は、2番ユウイチに代わって代打はリーゴ。2−1からの4球目を打ってショートゴロ。3番梶本、2−1からのこれも4球目を打つとサードゴロ。何でもない普通のゴロだったが、この回から守備の山田がこれを1塁へ悪送球しエラー。4番衣川、2−2からの6球目を打ってレフトフライ。5番本郷に代わって代打は、宮出。2−1からの7球目、変化球に空振り三振。

8回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム7−1ヤクルト』
ヤクルトは代打の宮出、そのまま入ってレフト、ピッチャーが3番手鎌田に交代。日本ハムは4番佐藤から、1−1からの3球目を打ってセカンドゴロ。5番島田に代わって代打は藤崎。0−1からの2球目、当たりは良かったが、センターフライ。6番小田、1−3からの5球目を打ち上げてしまいレフトフライ。3者凡退。

9回表 ヤクルト 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0 ○日本ハム7−2ヤクルト●
日本ハムはピッチャーの交代、4番てマウンドには櫻井が登場。ヤクルト最後の攻撃は6番畠山から、2−2からの6球目、外角へのスライダーに見逃し三振。7番青柳、1−1からの3球目を打つと一瞬で右中間スタンドに到達するホームランで1点を返して7−2。8番牧谷、2−0からファールで粘って6球目。ハーフスイングにバットは止まったが1塁塁審の判定はスイングで三振。9番橿渕に代わって代打で登場は、昨夏の甲子園で日大三高を優勝に導いた選手の1人、内田が告げられる。しかし1−0からの2球目を打って平凡なショートゴロで試合終了。

日本ハムが5回に突如爆発し打者1巡8安打を浴びせて、4回までを完全ペースで抑えられた、ヤクルト先発高橋を攻略。しかし、その後に1安打も出ないなど、1イニング集中砲火で快勝。ヤクルトは2度の先制のチャンスに得点できなかった事で主導権を取れず、寄せていた流れを手放した。日本ハム先発の関根は貫禄の投球といってもいい内容。風によるヒットと見方ミスがなければ完璧に近い投球。ヤクルト2番手の五十嵐亮も流石は1軍投手という投球を披露し試合終了<時刻15:10>


2002年 3月16日 ウエスタン教育リーグ 阪神−近鉄(鳴尾浜)報告者:ういすまさん(HP:てくてくバファローズ

2002年3月16日(土)12時30分ごろ試合開始 14時33分ごろ試合終了
教育リーグ 
阪神タイガース大阪近鉄バファローズ(鳴尾浜球場:両翼96m、中堅120m

チーム名 合計
大阪近鉄バファローズ
阪神タイガース

(試合開始前に、両チームともDHを使う旨を知らせるアナウンスがありました。)

先発メンバー
打順 大阪近鉄 阪神
武藤 上坂
山崎 藤原
前田 梶原
高塚 桜井
牧田 関本
長坂 曽我部
吉川 新井
三木 中谷
覚前 狩野
  高木 藤川


■試合経過
(この試合の結果は新聞で確認できませんでした。ここに書く内容が正式な記録と異なることもありえます)

1回表 武藤右飛。山崎浩遊ゴロ。前田中飛。
1回裏 
上坂四球。藤原二ゴロで4−6−3の併殺。梶原康投ゴロ。

2回表 
高塚遊ゴロ。牧田左邪飛。長坂三振。
2回裏 
桜井三振。関本四球。曽我部右中間二塁打で関本三進。新井三ゴロ。
    中谷
二塁内野安打で関本生還、曽我部三進。狩野三振。

3回表 
吉川元二飛。三木遊ゴロ。覚前一ゴロ失策(ミットに当てて後ろにはじく)。武藤三振。
3回裏 
上坂二飛。藤原遊ゴロ。梶原康左安。桜井遊ゴロ。

4回表 
山崎浩右安。前田三振。高塚三振。牧田三ゴロ失策(トンネル)で山崎浩三進。長坂左飛。
4回裏 
関本二ゴロ。曽我部三振。新井三振。

5回表 
吉川元三振。三木中安。覚前捕邪飛。武藤一ゴロで三木が二塁で封殺。
5回裏 
中谷二ゴロ。狩野右飛。上坂二ゴロ。

6回表 投手に
福原、8番捕手にカツノリ。
山崎浩三ゴロ。前田三振。高塚三ゴロ。
6回裏 
藤原三ゴロ。梶原康左安。桜井5球目を空振り三振、梶原康二盗失敗。

7回表 
牧田三振。長坂右飛。吉川元二飛。
7回裏 関本遊ゴロ。曽我部三振。新井三振。

8回表 投手に
川俣
    三木四球。覚前投犠打で三木二進、投手川俣の一塁悪送球で覚前は一塁に。
    武藤
一犠打で三木三進、覚前二進。山崎浩二ゴロ。前田中飛。
8回裏 
投手に近藤
    カツノリ
遊ゴロ。狩野三振。上坂中飛。

9回表 
投手に舩木
    高塚
三振。牧田三振。長坂三振。

投手成績

バファローズ
投手   投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
高木 25 97
近藤 14
タイガース
投手   投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
藤川 19 72
福原 21
川俣 15
舩木 12


感想など(管理人は野球の技術的なことをよく知りません。思ったことを勝手に書いてるだけですので、あしからず。)
9回までが約2時間で終わる、とてもスピーディーな試合展開でした。両チーム合わせて6安打ということもありますが、
高木投手の投球テンポがとても速かったように思いました。
え?と思うような高いボールがストライクになっていたこと(新ストライクゾーン?)も試合進行を速めたかも。

最近の一軍と同様、打てないBu攻撃陣でした。安打は4回と5回に1本ずつ出た単打のみ。
3塁まで走者を進めたのも、4回と8回の2度だけで、しかも、どちらもタイガース内野陣の失策がらみ。
つまり、失策がなければ3塁も踏めなかったかもしれないBu。
試合前の守備練習を見ていても野手がとても少なく、ベンチ入りしていたBuの野手で試合に出なかったのは
市原選手だけだと思います。
また、この日捕手の練習をしていたのは長坂選手だけでした。ルーキーなのにいきなり試合出場の機会が多いのは
チャンスなんでしょうね。松比良選手はいったいどうしたんでしょう??

高木投手は2回一死から10球粘られて四球を与えた関本選手を2本の安打でホームへ返してしまいました。
曽我部選手の右中間二塁打は大きくワンバウンドしてから中堅手が捕球し、内野手−捕手とバックホームされ、
それよりも少し早く関本選手が生還したかに思われましたが、どうやら打球は一度フェンスを越えてバックスクリーンに
当たっていたらしく、関本選手は三塁に戻されました。
中谷選手のタイムリー内野安打は、センターへ抜けそうなあたりを二塁手の山崎浩選手が止めたが、一塁送球は
間に合わなかった、というものでした。
5回裏の上坂選手のセカンドゴロも山崎浩選手がよく止めたな、という打球でした。

4回表にBuが二死1・3塁というチャンスを作り、打者はルーキーの長坂選手。
レフトへいい当たりが飛んだのですが、こちらもルーキーの桜井選手が軽くジャンプして捕ってしまいました。
ちなみに、この4回表、無死1塁で打席に入った前田選手は12球粘っての空振り三振でした。
初球はバント失敗のファウル、2球目は見逃しのストライク。3球目からは9球続けてファウル。
無理してバットに当てているようなファウルもあり、ついに12球目はバットに当たらず三振になりました。

Bu2番手の近藤一樹投手は高校出のルーキー。
一軍経験のあるカツノリ・上坂両選手も含めて、きっちりと抑えました。
寺原投手(FDH)や真田投手(G)と比べれば、なんてことないのかもしれませんが、最近のBuにはめずらしく
この時期にこんな若い投手が投げているというのは楽しみなことです。
タイガースでは4番にこちらも高校出のルーキー・桜井選手。今日は無安打でしたが、期待が大きいんでしょうね。


2002年 3月16日 イースタン教育リーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年3月16日(土)

  イースタンリーグ春季教育リーグ 千葉ロッテマリーンズ−日本ハムファイターズ
  3回戦 千葉ロッテ2勝1敗0分 (ロッテ浦和球場) 12:30
  曇り/晴れ 試合時間2時間36分
  ◆球審:場内発表なし 1塁:場内発表なし 2塁:場内発表なし 3塁:場内発表なし
  ◆公式記録員:場内発表なし

                      H E
日本ハム  000 200 303 ・・ 16 0
千葉ロッテ 000 000 200 ・・  9 1

○ 勝利投手 正 田 −勝−敗  ● 敗戦投手 薮 田 −勝−敗
HR 本塁打 小 田  −号 薮 田A 4回2死 (日本ハム)
3B 3塁打 中 村 7回無死 (日本ハム)
2B 2塁打 阿久根 4回2死 (日本ハム)
       駒 居 4回2死 (日本ハム)
       駒 居 7回無死 (日本ハム)
       寺 本 7回1死 (千葉ロッテ)
       田中賢 9回無死 (日本ハム)
 E 失 策 吉 鶴 1回2死 (田中賢一ゴロをファンブル)(千葉ロッテ)
   暴 投 薮 田 5回2死 (打者・西浦) (千葉ロッテ)
   ボーク 薮 田 7回1死 (打者・田中賢) (千葉ロッテ)
       正 田 7回1死 (打者・寺本) (日本ハム)
   後 逸 椎 木 9回1死 (打者・島田) (千葉ロッテ)
   併殺打 小 田 6回1死 (薮田−丸山−吉鶴) (日本ハム)
       早 川 6回無死 (小田−阿久根−西浦) (千葉ロッテ)

(日本ハム) 16安打快勝!中村2安打2打点、田中賢適時打、島田2安打1打点、小田2ラン、
       駒居2塁打2本
         打 安 点 振 四  1  2  3   4  5  6   7  8   9
(7)  中 村 3 2 2 1 1 見振    投犠     左安    中越3:   四 球
(DH)  石 本 4 0 0 0 0 二ゴ    遊ゴ     一ゴ    左 飛
H DH  田中聡 1 1 0 0 0                           左 安
(6)  田中賢 5 1 1 2 0 一失    見振     遊ゴ    三 振    右越2・
(3)  西 浦 4 2 1 0 0 左安       三 ゴ 遊直    右 安    右 犠・
(9)  島 田 5 2 1 1 0 三ゴ       見 振    三ゴ 右 安    中 安・
(4)  阿久根 3 2 0 1 0    見振    右 2    左安
 4   山 地 2 1 0 0 0                    二 ゴ    左 安
(5)  小 田 5 1 2 1 0    三振    右中本:   投併     三ゴ 右 飛
(2)  駒 居 5 2 0 2 0    三振    中 2       右越2 投ゴ 三 振
(8)  大 貝 4 2 0 0 0       中安 三 邪       遊 安 左飛
      :             :  :  :   :  :  :   :  :   :
     残塁9 41 16 7 8 1  2  0  1   1  1  0   2  0   2
                   ・は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) 7回反撃開始も時遅く・・・。寺本3三振もタイムリーツーベースは完璧な打球、
        椎木2安打1打点
          打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8  9
(8)  喜 多  5 1 0 0 0 二ゴ    二ゴ       一安 一 ゴ    遊ゴ
   (慶 応 大) 
(7)  早 川  3 0 0 0 0 一ゴ       二ゴ    三併
H 7  於 保  1 0 0 0 0                       二ゴ
(3)  吉 鶴  4 1 0 0 0 投ゴ       遊ゴ    二ゴ     左安
(DH)  橋 本  3 1 0 0 1    中飛    中飛       死 球 左安
(6)   堀   4 0 0 1 0    遊ゴ       二ゴ    一 飛 見振
(9)  寺 本  4 1 1 3 0    三振       見振    左中2・見振
(5)  ユウゴー 3 1 0 1 1       中安    四球    遊 ゴ    見振
(2)  清水将  1 1 0 0 0       捕犠    左安
 2   椎 木  2 2 1 0 0                   左 安・   左安
(4)  丸 山  4 1 0 0 0       二ゴ    遊ゴ    遊 安    左飛
   (武 蔵 大)
      :              :  :  :  :  :  :   :  :  :
     残塁8  34 9 2 5 2  0  0  1  0  2  0   2  2  1
                    ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記


(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 正田追試合格開幕1軍へ再発進の7回6安打2失点の好投、櫻井1回を2三振無失点、
       矢野1回無失点
 ○ 正 田   7    28  6   0   2   2   2
   櫻 井   1     5  2   0   0   2   0
   矢 野   1     4  1   0   0   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ) 1軍格薮田1被弾に12安打5失点で再調整か。井上1回3者を打ち取る好投。
        礒4安打3失点崩壊
 ● 薮 田   7    33 12   1   0   7   5
   井 上   1     3  0   0   0   0   0
    礒    1     8  4   0   1   1   3

週半ばの暑い程の好天は今日は一休み、曇り空に時折太陽が覗く天気の中試合開始。前週は千葉ロッテ快勝、週半ばの鎌ケ谷での試合でも千葉ロッテが勝利と、教育リーグとはいえ苦戦している日本ハム。今日はどんな展開か?

1回表 日本ハム 打者:5 安打:1 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ −0日本ハム』
千葉ロッテの先発は1軍ローテーション入りが有力視される薮田。日本ハム1番はケガでファームで調整中の中村。今日から1軍が本拠地東京ドームに登場とあって即昇格かと思ったが、まずは下慣らし。2−2からファールで粘って8球目、低目への変化球を見送って見逃し三振。2番、今日は指名打者で先発出場の石本。1−2からの4球目低目を打つがセカンド正面へのゴロ。3番田中賢、1−1からの3球目を引っ張るとファーストへの強い打球、バウンドが少し変わったのか、グラブは下から出ているが捕球位置は胸の辺りと半端になってしまい、これを弾いてエラー。打球はライト前まで転がる。2死1塁として4番西浦、2−2からの7球目ストレートを打ってショート左を鋭く抜けてレフト前ヒット。5番島田、2−2からの5球目を打つが詰まったサードゴロ、ユウゴーが前進してきて捕球、1塁へジャンピングスローでアウト。

1回裏 千葉ロッテ 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ0−0日本ハム』
日本ハムの先発は前週のこのカードで4回5失点と散々だった正田。今日は同じ失敗は開幕2軍を意味しかねない。千葉ロッテ1番は昨秋のドラフトで1巡目氏名の喜多。2−0からの5球目打ってセカンドゴロ。2番早川、初球をセーフティバントもファール。1−0からの2球目を打つがファーストへの小フライ。ベースの右でワンバウンドを西浦が捕ってベースを踏んでアウト。3番吉鶴、2−1からの4球目カーブを打ち損なってピッチャーゴロで3者凡退。

2回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:3 四球:0 『千葉ロッテ0−0日本ハム』
日本ハムこの回は6番今日からファーム降格になってしまったのか阿久根から。先発セカンドで出場、2−0からの4球目ストレートを見逃して3球三振。7番小田、2−1からの4球目を空振り三振。さらに8番駒居もフルカウントからの6球目外角への変化球に空振り三振。3者三振。

2回裏 千葉ロッテ 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ0−0日本ハム』
千葉ロッテはこの回4番橋本からの攻撃。0−1からの2球目を打ってセンターフライ。5番堀、0−1からの2球目やや低目を打ってショートゴロ。6番外野手に転向し、実戦経験を積まなければならない寺本、2球で2ストライクと簡単に追い込まれて3球目低目へのストレートを見送って見逃しの三振。2イニング連続で3者凡退。

3回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ0−0日本ハム』
この回は9番大貝から、0−2からの3球目低目に巧く合わせたバッティングはレフト前へのヒット。レフト前にワンバウンドで落ちる。1番に戻って中村、初球をバントもファール。続く2球目を今度は投前に送りバントでこれが成功し1死2塁。2番石本、初球打ちに出るがショートゴロ。この間に大貝は3塁へ進塁し2死3塁と先制のチャンスに3番田中賢。しかし2−1からの4球目ストレートを見逃して三振。

3回裏 千葉ロッテ 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ0−0日本ハム』
7番ユウゴーからの攻撃、今季から天野を改名してチャンスを狙う。2−2からの5球目を打つと正田の頭上をバウンドして越えるとそのまま打球はセンター前へのヒット。これでチーム初ヒットとなる。8番清水将、初球からバントの構えに、早速三塁線にバント。そのまま見送るとフェアになると判断したのか、駒居が捕って1塁へ送球。高目に逸れてしまうが、ファーストベースカバーの阿久根がジャンプしてこれを捕球しそのままベースに着地。間一髪だったがアウトで送りバント成功。1死2塁となって9番丸山、0−1からの2球目を打ってセカンドゴロ。ユウゴーは3塁に進塁。1番に戻って喜多、高目を叩き付けるがセカンドゴロでユウゴー残塁。

4回表 日本ハム 打者:6 安打:3 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ0−2日本ハム』
前半戦を終わって両軍共にチャンスが作れなかったが、均衡を破ったのは4回日本ハム。4番西浦からの攻撃、1−3からの5球目低目へのストレートを打ってサードゴロ。5番島田、2−0からの4球目、高目への変化球を見逃して三振。主軸凡退でこまかいも無得点かと思ったが、ここからが違った。6番阿久根、2−0からの3球目を引っ張ると、打球はライトの右へ落ちるヒット、ワンバウンドでフェンスに当りこれがツーベース。2死2塁として7番小田、2−0からの3球目ストレートをジャストミートすると、打球は右中間最深部へ綺麗な弧を描いて、フェンスオーバー!!先制のツーランホームランとなって日本ハムが2点をリードした。さらに8番駒居、1−0からの2球目を打ち返すとセンターやや左を抜ける強い当たり、これがツーベースとなってチャンスが続く。2死2塁として9番大貝、1−1からの3球目内角にバットが折れて詰まったサードへの小フライ。ユウゴーがファールゾーンに出て捕球しチェンジ。

4回裏 千葉ロッテ 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ0−2日本ハム』
2点をリードされた千葉ロッテはこの回2番早川から。2−1からの5球目を打ってセカンドゴロ。阿久根が一旦は弾くが直に取り直して1塁へ送球しアウト。3番吉鶴、初球打ちもショート正面へのゴロ。4番橋本、2−3フルカウントからの7球目を打ち上げてしまいセンターフライ。早くも3回目の3者凡退で正田が捕えられない。

5回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ0−2日本ハム』
この回は打順よく1番からの攻撃、中村が3度目の打席に入る。2−3フルカウントからの7球目を打ってショート左を抜けてレフト前ヒット。2番石本、初球を打ってファーストゴロ。併殺コースに吉鶴は2塁へ送球しフォースアウト、1塁は石本の足を持ってしてセーフ。ランナーが入れ替わる。3番田中賢、2−0からの3球目を打ってショートゴロ。2死2塁となって4番西浦、2−1からの4球目変化球が掛かりそこなったのか、ホームベースのかなり手前でワンバウンド、清水将がこれを取れず後ろにそらす暴投で石本は3塁へ。西浦は2−2からの7球目低目のストレートを巧く打つがショートライナーで石本残塁。

5回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:1 三振:1 四球:1 『千葉ロッテ0−2日本ハム』
この回は5番堀から。1−0からの2球目を打ってセカンドやや右へのゴロ。6番寺本、2−2からの5球目カーブを見逃して三振。7番ユウゴー、2−3フルカウントからの6球目高目へのストレートが記ずれてこの試合初の四球を出す。8番清水将、初球を打って三・遊間を抜けてレフト前ヒット。2死1、2塁とチャンスを作って9番丸山。初球を打つがショートゴロ。田中賢が捕って2塁へ送球してフォースアウトでチェンジ。正田は5回を投げてピンチなし。

6回表 日本ハム 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ0−2日本ハム』
千葉ロッテは選手の交代、キャッチャー清水将に代わって椎木がマスク。日本ハムこの回は5番島田からの攻撃。2−3からの7球目を打ってサードゴロ。6番阿久根、1−0からの2球目を打つとバットが真っ二つに折れる。しかし打球はレフト前へ落ちるヒット。7番は先程、先制ツーランの小田。しかし今度は2−0からの4球目を打つがピッチャーゴロ。薮田−丸山−吉鶴と渡って併殺打完成。3人で攻撃終了。

6回裏 千葉ロッテ 打者:3 安打:1 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ0−2日本ハム』
日本ハムは守備の交代、2安打の阿久根がお役御免となりセカンドには山地が入る。千葉ロッテは打順よく1番からの攻撃、喜多は1−1からの3球目を引っ張ってファースト右を抜ける・・はずの打球だったが横っ飛びした西浦のグラブの先には1塁審判をしていた秋村審判員が。勢いがついたまま秋村審判の足に打球が直撃、ボールはセカンド方向に転がりツーベースコースがシングルヒットに。続く2番早川、2−1からの4球目を打つとサードゴロ、小田−山地−西浦と渡って併殺打。打球直撃単打が千葉ロッテにアダとなる。3番吉鶴、初球打ちもセカンドゴロ。3人で攻撃終了

7回表 日本ハム 打者:8 安打:5 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ0−5日本ハム』
千葉ロッテ先発の薮田を捕えられそうで、小田のホームラン以外得点できない日本ハムはこの回、突如打線が爆発する。この回は8番駒居から、初球を流し打ちするとライトを一瞬で越えるツーベースヒットになる。9番大貝、初球を打つがショート前へのボテボテの打球。しかし、大貝の足ならこれが内野安打になる。無死1、2塁とチャンスを作り、1番に戻って中村。0−1からの2球目をバントも小フライ、これはファールになるが続く3球目。バントの構えから素早く引いてヒッティングに切り替えると、この打球が前進守備のセンターを越える。2者が一気に生還し中村は3塁に到達、2点タイムリースリーベースで日本ハムが4−0と差を広げた。2番石本、2−2からの6球目を打ち上げてしまいレフトフライ。レフト早川がショート後方まで前進してきて捕球した為タッチアップできず。1死3塁となって3番田中賢、するとその初球を投じるとボークがコールされて3塁ランナー田中賢が労せずして生還5−0と1点を追加した。田中賢は0−3から2球続けてストライクにされて続く6球目変化球に空振り三振。4番西浦、1−1からの3球目を巧く流して一・二塁間を抜けてライト前ヒット。5番島田、2−0からの3球目をおっつけたバッティングは西浦とほぼ同じコースを辿るライト前ヒット。2死1、2塁として6番山地、0−3からの4球目を打ってセカンドゴロ。2者残塁も日本ハムが5−0と試合を優位にした。

7回裏 千葉ロッテ 打者:7 安打:3 三振:0 四球:1 『千葉ロッテ2−5日本ハム』
日本ハム先発正田の前にチャンスが作れなかった千葉ロッテだが、この回一気に反撃に出る。この回は、4番橋本から。初球内角へのストレートがユニホームに掠っており死球。アピールをして死球判定。5番堀、1−0からの2球目低目を掬い上げるがファーストフライ。6番寺本、1球ファール後の2球目を正田が投じると今度は、正田がボークを宣告されてしまう。これで1塁ランナー橋本が2塁へ進む。寺本は2−0からの5球目を打つと、これが左中間への大きい打球、真っ二つに割るタイムリーツーベースで千葉ロッテがようやく1点を返し5−1にする。続くは7番ユウゴー1−0からの2球目を打ってショートゴロ。この間に寺本は3塁へ進む。2死3塁となって8番椎木、2−1からの4球目ストレートを打って三・遊間を抜けるタイムリーヒットでさらに1点を追加5−2と反撃開始。さらに9番丸山、2−1からの5球目を叩き付けたバッティングはショート左へのゴロ。田中賢が追い付くが内野安打に。2死1、2塁と続くチャンスに1番喜多。初球攻撃は失敗しファーストゴロで2者凡退。

8回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ2−5日本ハム』
千葉ロッテは先発の薮田に代わって2番手に先週も好投の井上がマウンドへ。日本ハムの攻撃は7番小田から。2−1からの4球目を流し打ち、サードユウゴーが線の内側一杯で捕球し1塁へ送球。微妙なタイミングだったがアウト。8番駒居、1−1からの3球目内角へのストレートに詰まりピッチャーゴロ。9番大貝、1−0からの2球目を打ち上げてレフトフライで3者凡退。

8回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0 『千葉ロッテ2−5日本ハム』
開幕1軍に黄信号だった正田が自分でミスを取り返すと、日本ハムはここで交代。7回2失点と好投の正田を継ぐのはこちらも1軍でのマウンドを踏んでもらわねばならない櫻井が登板。千葉ロッテは2番早川からの攻撃。しかしここは代打が起用される。代打は於保、2−3フルカウントからの7球目ストレートに詰まりセカンドゴロ。3番吉鶴、1−0からの2球目変化球を捕えると三・遊間を抜けてレフト前ヒット。4番橋本、1−1からの3球目を打ってサードへの強い打球!小田が横っ飛びで捕球しに行くが獲れずレフト前ヒット。1死1、2塁として5番堀。2−2からの6球目外角高目ストレートに見逃しの三振。6番寺本、2−1からの5球目ストレートを見逃して今日3つ目の三振で櫻井はピンチを脱した。

9回表 日本ハム 打者:8 安打:4 三振:1 四球:1 『千葉ロッテ2−8日本ハム』
千葉ロッテは代打の於保がそのまま入ってレフト、ピッチャーが井上に代わって磯がマウンドへ。しかしこの継投が失敗になってしまう。日本ハム最後の攻撃は1番中村から。2−3フルカウントからの7球目高目のストレートにバットが出かかるが、1塁塁審の判定はセーフで四球。続く2番石本に代わって代打は田中聡。0−1からの2球目を流し打ちはレフト前に落ちるヒット。無死1、2塁として続くは3番田中賢、1−3からの5球目を引っ張ると打球は一瞬でライト寺本の頭上を越えてフェンスに到達。中村が生還して1点を追加6−2とする。無死2、3塁と続くチャンスに4番西浦。2−2からの5球目を打ってライトライナー。これが犠牲フライとなってさらに1点を追加7−2に。1死2塁となって5番島田、2−0と簡単に追い込まれてからの3球目、これが外角に外れて椎木が取れずパスボール。これで田中賢が3塁へ進む。島田は2−1からの4球目を打ってセンター前に綺麗に抜けるヒット。これがタイムリーとなって1点を追加8−2と大差になる。1死1、2塁となって7番小田、初球を叩くが打ち上げてしまいライトフライ。8番駒居、2−2からの5球目カーブに空振り三振。

9回裏 千葉ロッテ 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 ●千葉ロッテ2−8日本ハム○
日本ハムは投手の交代、3番手マウンドには昨年「トルネード投法」に転向?!で話題になった矢野。話題にあらず実力も備わって欲しい投手。5点を追う千葉ロッテは7番ユウゴーからの攻撃開始。2−3フルカウントからの8球目、変化球が低めに決まり見逃しの三振。8番椎木、初球のストレートを流し打ってレフト前ヒット。9番丸山、初球を打つとレフト前に落ちそうな打球。これにレフト中村が前進してくる。地面スレスレだったがこれを好捕、打球の行方を見ていた1塁ランナー椎木がまだ塁間なのを見て、中村が1塁へ返球。タイミングは微妙だったがボールが本塁方向に逸れた為セーフ。2死1塁として1番に戻って喜多、2−2からの5球目を打ってショート正面へのゴロ。田中賢が捕って1塁へ送球して試合終了。

日本ハムが対戦3試合目にしてようやく1勝をあげた。先発の正田が前回とは全く別人の投球。7回に捕まるが6回までは完封ペースでの投球、打っては上位打線、下位打線で8安打と満遍なく、長短打で攻めて快勝。駒居が2本のツーベースを放ったが2本共に完璧な打球、16安打8得点と効率もよかった。


2002年 3月16日 ウエスタン教育リーグ 広島−ダイエー(由宇)報告者:いの一番さん

今日は由宇で行われた広島×ダイエーの試合を観戦してきました。結果は次のとおりです。

 200010010 
 11000400X 

勝ち投手−玉山  負け投手−田之上   本塁打−鈴衛B(田之上)  

投手成績
田之上  6回 打者27人 安打11 四死球0 三振0 失点6
渡辺   1回 打者3人  安打0  四死球0 三振2 失点0
山村   1回 打者6人  安打2  四死球1 三振1 失点0
玉山   7回 打者27人 安打6  四死球2 三振7 失点3
筒井   2回 打者8人  安打2  四死球0 三振4 失点1

広島×ダイエーで気になった選手について 投稿者:いの一番  投稿日: 3月16日(土)20時45分45秒

<ダイエー>
■田之上慶三郎(ダ)

昨年の勝率1位も現在2軍。3回から5回は良い内容だったが6回に一挙4点を奪われた。
納得がいかないのか降板後もブルペンで投げ込んでいたが、これでは開幕1軍は厳しいかも。

■山村路直(ダ)
いきなり無死満塁のピンチを迎えどうなるかと思ったが、後続を抑え何とか0点で切り抜けた。
球は速くカープの選手は皆振り負けていた。2本の安打も流し打ちによるもの。
昨年はドラフト1位入団ながら全く試合出場がなかったが、今年はそんなことはないだろう。

■田中瑞季(ダ)
8回表、意表をつくバントで出塁。相手のエラーを誘い2塁へ行った後、筒井の暴投で一挙に生還。
由宇はファールグラウンドが広いとはいえ、積極的な走塁であった。

<広島>
■玉山健太(広)

立ち上がりが不安定なところをつかまったが、2回からは立ち直った。
速球に威力があり7三振を奪う。今季は期待できそう。

■筒井正也(広)
即戦力として期待される巨漢投手。
1点は取られたが、速球の威力とフォークの落ち具合は素人の私が見ても素晴らしく感じた。
早い時期に1軍に上がるのは間違いない。

■栗原健太(広)
パワーが売り物だが、今日は右方向の打球ばかりで4打数3安打。
引っ張るだけでなく流しもできるようになれば1軍も見えてくる。

■朝山東洋(広)
膝の故障からの再起を図る。
今日は指名打者で出場し、2本の2塁打と3塁ライナーという良い内容。
まだ少し走りに不安があるようで途中で交代した。

■鈴衛佑規(広)
本職は捕手だが今日は1塁で出場。しかし、どこであろうと出場しないと7年目の彼に後はない。
今日は3打数2安打、うち1本は本塁打で首脳陣にアピールした。


2002年 3月16日 イースタン教育リーグ 湘南−巨人(大和引地台)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館)/右派さん(HP:Private Heaven

たださん編

大和引地台球場に、教育リーグを観に行って来ました。

ジャイアンツ 001 000 003=
シーレックス 020 410 00X=

●ジャイアンツ
       1  2  3  4  5  6  7  8  9
9 山田   中飛    中飛    中飛       遊飛 三ゴ
8 宮崎   一ゴ    中安       二ゴ    三振
6D二岡   三ゴ       遊ゴ    三振    二ゴ
4 永池      三飛    中安    中安       四球
7 堀田      左安    二ゴ    左直       右安
56大須賀     右飛    一ゴ       一ゴ    左二
2 加藤      三振       二飛    一ゴ    投ゴ
D3小田         左安    遊飛    三振    三ゴ
3 李          三ゴ    右安       死球 
(R5川中)                         右中二

●シーレックス
       1  2  3  4  5  6  7  8
D8井上   右飛 二ゴ    四球 二ゴ    二ゴ
6 内川   三ゴ    死球 左飛    中安 三振
7 古木   投ゴ    右安 死球    死球    三振
8D多村      中飛 三ゴ 中本
(HD吉田)                四球    遊飛
3 七野      四球 投ゴ 一ゴ    三振    三振
9 南       右安 四球    左安 中飛
5 万永      四球 三ゴ    三飛 三振
4 八馬      四球    二ゴ 中安    遊ゴ
2 渡辺      左犠    左安 二ゴ    三失

●投手
G:根市2回−十川2回−鴨志田2回−林2回
SS:村西3回−谷口3回−山田2回−前田1回

シーレックスは2回、制球の定まらない根市から押し出しと犠飛で2点先行、
4回には
多村の満塁HR、5回には渡辺の二ゴロの間に加点。
最終回に登板した
前田以外の投手はまずまずの内容。
ジャイアンツは根市十川鴨志田のコントロールが定まらず、加藤の苦心のリードも実らず。
7回から登板したはまずまずの投球。


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

右派さん編

 たださんと同じく私も大和に湘南対読売戦を観戦してきましたのでご報告をば。

前週に続き教育リーグを大和にして観戦。福本が横浜に昇格し、内川・古木・新沼が湘南降格となったため、先週よりは野手陣に余裕が出てきたかに見えた。ところが新沼・小田嶋が今週に故障したらしく、西崎も練習に参加したものの試合出場はまだできず(声はよく出ていたが)、唯一湘南で動ける渡辺も全力疾走できない状態ということで深刻な捕手不足に陥ってしまった。15日に前ロッテの光山捕手の獲得を発表した横浜だが、チームとしては一日も早い合流が望まれているに違いない。それくらい現場は切羽詰まってそうな状況である。

 さて、試合経過を語る前に読売の投手リレーを紹介したい。根市-十川雄-鴨志田-林という継投である。これはドラフトファンとすれば垂涎ものの継投であろう。何れの投手もドラフト前にファンの評価が高かった高卒投手であり、事実、この日に登板した様を見ても素材として凄いものがあることを敵ながら認めざるを得ない。羨望すらも覚えたほどだ。しかし、現時点において林以外の3投手の制球力は別の意味で恐怖を感じた。それは素質の片鱗を示したからではなく、彼らの荒れ球で湘南選手が病院送りにされはしないかという不安から。新人投手を登板させることは彼らにとって精神的に潰されかねないリストもあるが、相手チームにとっても肉体的に潰されるリスクがある。そんなことを感じた試合だった。

 試合は湘南・村西、読売・根市の先発でスタート。村西は「力」で、根市は「切れ」で初回の攻防を切り抜ける。特に根市の球の切れは絶品で湘南打線は打ちあぐむと思われたが、2回裏に七野への四球からあっさり崩れた。南のヒットの後万永にも四球を出し一死満塁。続く八馬にもストレートの四球で押し出し湘南が先制した、1−0。次の渡辺に犠牲フライを打たれ2−0になる。根市はこの回3人の打者に対して9球連続ボールと制球が大幅に乱れてしまった。3回表、読売も反撃、宮崎のタイムリーで2−1とする。3回裏より読売は新人の十川雄を投入するも、制球難で満塁のピンチの連続。3回こそ湘南の拙攻で切り抜けたが、4回裏に二死満塁から4番多村が左中間の一番深いところにグランドスラムをぶち込み湘南の6−1と
なった。5回裏より読売はまたも新人の鴨志田も投入するが、彼も制球に苦しみピンチを招く。渡辺がエンドランによる二ゴロで湘南が追加点、7−1。続く7回裏も死球などで無死満塁とするが、七野らの不甲斐ない打撃で得点0。残塁数が増えるばかりであった。谷口-山田の継投に試合終盤まで何となく抑えられていた読売だが、最終回に反攻。抑えとして登板した前田が先頭打者にあっさり四球を出すと、大須賀の三塁線を破る2ベース、小田のサードゴロ、川中の左中間2ベースで3点を一気に返した。しかし、時既に遅し。7−4で湘南が勝利した。

 根市・十川・鴨志田の3投手で6四球そして死球が3という荒れ様。湘南・山田も好投したが李の頭部を直撃する死球を出してしまい後味が悪い結果に。勝ったものの湘南も拙攻の連続で締まらない試合だったといえよう。


「引地台レポート・湘南編」

   オーダー  D井上6内川7古木8多村3七野9南5万永4八馬2渡辺
   投手継投  村西-谷口-山田-前田
   途中出場  吉田(代打→DH)

■村西哲幸(湘)
先発して3回を投げ自責点1。被安打3・奪三振1・無四球。プロでの実戦登板を見るのは、筆者は初めて。去年まで在籍していた小桧山ほどではないが、彼も体が開くアーム式の投球フォーム。ストレートの球速・力強さはなかなかのもので切れよりも馬力で勝負するタイプのようだ。特に高めは良い。また、村西と言えばナックルが決め球だが、今日は殆どがワンバウンドしてしまいカウントを無駄にするだけであった。

■谷口邦幸(湘)
2番手として3回を投げ無失点。被安打3・奪三振1・無四球。結果としては抑えたが、出来としてはあまり良いようには見えなかった。この投手の投球の軸になるのはスライダーだが、殆どが流れてしまっていた。また、ストレートもしばしぱ高めに浮き痛烈なピッチャー返しを打たれるなどイマイチ。唯一の奪三振は二岡を打ち取ったフォークによるもの。一軍昇格には今暫くの調整が必要ではないか。

■山田博士(湘)
3番手として2回を投げ無失点。被安打0・奪三振2・与死球1。今日は球が走っており、140中盤近く出ていたのではないか。横に滑るタイプと小さく落ちるタイプの2種のスライダーのキレも非凡であり、かつて古巣の中日で毎年のようにプロスペクトとして挙げられていたことも頷ける。それくらい出色の出来だったと思う。続けてこういう投球が出来るのかが一軍昇格の鍵。ただ、李の頭部に直撃する死球を与えたことは後味が悪かった。

■前田和之(湘)
4番手として1回を投げ自責点3。被安打2・与四球1。先頭打者に対してあっさり四球を出す悪い癖が出た。ランナーを背負うと不用意にストライクをとりにいって痛打を食らうのも悪いパターンだ。投球のムラをなくさないと一軍昇格は難しい。

■井上純(湘)
1番DHとして右飛・二ゴ・四球・二ゴ・二ゴで音無し。引っ掛けるような力ない打球が多い。調子は下降気味か。

■内川聖一(湘)
2番遊撃として三ゴ・死球・左飛・中安・三振で4打数1安打。体つきは一回りは大きくなったような印象で、細身という感じではなくなった。リズム感のある遊撃守備は非凡だが、打撃はイマイチ特長がなくなってしまったような気もする。打者としての方向性も試行錯誤の段階なのかもしれない。

■古木克明(湘)
3番左翼として投ゴ・右安・死球・死球・三振で3打数1安打。相変わらず左投手に弱い。特に縦に割れるカーブにはからっきし。

■多村仁(湘)
4番中堅として中飛・三ゴ・左本で3打数1安打4打点。ファールも含めて打球は全て真っ芯で捉えた当たり。グランドスラムとなったホームランも、球場で一番深い左中間スタンドにぶち込んだ凄い打球であった。最早イースタンレベルでは別格の存在。打撃フォームにも無駄な力が入っていない感じで、スイングも高速。一軍に上げるべきで、今の打撃ならレギュラーも狙えるはず。但し、試合中盤で交代してしまったのが気になる。守備のときにどこか痛めた様子は無かったと思うのだが・・・。単なる御役御免だったのか、どこか突発的にいためたのか不明。何もなかったと良いのだが。

■七野智秀(湘)
5番一塁として四球・投ゴ・一ゴ・三振・三振で音無し。チャンスで悉く凡退。特に6回裏無死満塁の場面、青色吐息の状態だった鴨志田を助ける空振り三振には参った。いくら新ゾーンといっても明らかな高めのクソボールに手を出すとは・・。左投手に弱いのも相変わらず。覇気も感じられず。

■南竜介(湘)
6番右翼として右安・四球・左安・中飛で3打数2安打。粗いが常にフルスイング。然るに詰まっても振り切っているから、野手の前にポトリと落とすことが出来た。確実性はまだまだだが、意外性ある打撃が今季しばしば見ることが出来そうだ。また、セールスポイントの強肩も走者の二塁から三塁への進塁を防ぐ送球で披露、観客にどよめきが起こった。

■万永貴司(湘)
7番三塁として四球・三ゴ・三邪飛・三振で音無し。彼もチャンスで凡退することが多かった。高めの釣り球に引っかかることも多く、新ゾーンに苦労するかもしれない。

■八馬幹典(湘)
8番二塁として四球・二ゴ・中安・遊ゴで3打数1安打。選球重視で繋ぐ打撃を志向している。右打席のほうが打球は強い。

■渡辺雅弘(湘)
9番捕手として左犠飛・左安・二ゴ・三失で3打数1安打2打点。大きいのは期待できないが、バットを短く持ちコンパクトに振り切ることを志向。ミートはなかなか上手いので空振りは少ないタイプ。但し、打球に力感は欠ける。捕手として2盗塁を許したが、スローイング・キャッチングともまとまっている。攻守とも一生懸命やっている様は好感が持てる。


「引地台レポート・読売編」

   オーダー  9山田8宮崎6二岡4永池7堀田5大須賀2加藤D小田3李
   投手継投  根市-十川雄-鴨志田-林
   途中出場  川中(代走→三塁)

■根市寛貴(巨)
先発して2回を投げ失点2。被安打1・与四球3。流れるような投球フォームから投げられるストレート・スライダーのキレは素晴らしい。初回の投球を見てこりゃ湘南は打てないなと思ったほど。ところがこの投手、走者を出すと別人になってしまう。制球は乱れ9球続けてボールが続いたくらいで、手投げ状態に。

■十川雄二(巨)
2番手として2回を投げ失点4。被安打3・与四死球4。見栄えがする本格派左腕。綺麗な投球フォームで腕の振りも滑らか。縦に割れるカーブは良いが、制球力はまだプロレベルではない。あれでは対戦するチームは怖いだろう。投球練習時よりも実戦では球速がかなり落ちる印象。フィールディングは俊敏。グラブトスも披露した。

■鴨志田貴司(巨)
3番手として2回を1失点。被安打3・奪三振2・与四死球2。ゆったりとした足の運びから、体を少し開き気味に快速球を投げ込む。左打者のインロー突くクロスファイア気味のストレートに威力あり。高めの球も良いので新ゾーン向きだ。但し、球速の割には空振りが取れるような球は少ない。制球力もかなり大雑把な印象。彼も走者を背負うと手投げ状態になってしまうことがある。あの球速で制球が乱れると怖い。

■林昌範(巨)
4番手として2回を投げ無失点。被安打0・奪三振3・無四球。十川の体格・フォームを一回り大きくしたようなタイプ。ストレートにボリューム感があり、カーブ・スライダー・シュートと一通りの変化球を投げれる。制球力も悪くなく、安定感がありそう。ただ、モーションが大きいので走者を出したときどうかなとも思う。

■山田真介(巨)
1番右翼として中飛・中飛・中飛・遊飛・三ゴで音無し。高めの球を打っていき打ち上げてしまうことが目立つ。一番打者としては感心しない。

■大須賀充(巨)
6番三塁として右飛・一ゴ・二ゴ・左2で4打数1安打。打撃は若干粗く、強い当たりが打てる中距離ヒッターという印象。三塁守備はもともとショートということもあり、守備範囲は広い。ただ、グラブ捌きが雑で送球するまで手間取るところがある。


2002年 3月12日 イースタン教育リーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年3月12日(火)

  イースタンリーグ春季教育リーグ 湘南シーレックス−日本ハムファイターズ
  1回戦 0勝0敗1分 (横浜ベイスターズ総合練習場) 12:30
  晴れ 試合時間2時間34分
  ◆球審:場内発表なし 1塁:場内発表なし 2塁:場内発表なし 3塁:場内発表なし
  ◆公式記録員:場内発表なし
  
  ※ 特別ルール採用
  
                    H E
日本ハム 100 000 010 ・・ 5 3
湘  南 100 000 100 ・・ 8 3
     (9回終了規定により引き分け)

2B 2塁打 八 馬 7回1死 (湘  南)
       田中聡 9回1死 (日本ハム)
SB 盗 塁 石 本 1回1死 (日本ハム)
       石 本 3回2死 (日本ハム)
 E 失 策 加 藤 1回無死 (1塁牽制悪送球=打者・万永)(日本ハム)
       小田嶋 3回2死 (石本盗塁後2塁悪送球) (湘  南)
       佐 藤 5回2死 (吉田左安をファンブル) (日本ハム)
       小 田 7回無死 (南三ゴロを1塁悪送球) (日本ハム)
       七 野 8回無死 (荒井一ゴロをトンネル) (湘  南)
       前 田 8回無死 (1塁牽制悪送球=打者・田中賢)(湘  南)
   併殺打 島 田 8回1死 (前田−内川−七野) (日本ハム)

(日本ハム) 石本日曜から6打席連続ヒットで3打席目は勝負されず。西浦全得点となる
       2点タイムリーも決め手に欠く
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(5) 小 田  4 0 0 0 0 投ゴ 中飛       右飛    投ゴ
(8) 石 本  2 2 0 0 1 左安    中安    四球
 8  荒 井  1 0 0 0 0                      一失
(6) 田中賢  4 0 0 0 0 三ゴ    捕邪    中飛       右飛
(3) 西 浦  4 2 2 0 0 左安・   中飛       二ゴ    中安・
R 4 山 地  0 0 0 0 0 
(DH) 島 田  4 0 0 1 0 三振    一直       左飛    投併
(9) 大 貝  3 0 0 1 0    二ゴ    二飛    三振
 9  村 西  1 0 0 0 0                         三ゴ
  (愛知学院大) 
(4) 3 田中聡  3 1 0 1 1    三振    右飛       死球    左2
(2) 駒 居  2 0 0 2 1    四球    三振       捕犠    三振
(7) 佐 藤  3 0 0 1 1    四球       一ゴ    右飛    三振
  (鳥 栖 高)
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7  31 5 2 6 4  1  2  1  0  1  0  1  0  1
                   ・は打点 新入団選手の下に経歴表記


(湘  南) 期待のルーキー小田嶋2安打、八馬2安打ツーベース1本もチャンス少なく
       引き分けに。
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(6) 内 川  4 1 0 2 0 左安    三振    見振    左飛    捕邪
(5) 万 永  3 1 0 0 0 一犠    三ゴ       二ゴ    中安
(8) 井 上  4 1 1 1 0 二ゴ・      中飛    三振    右安
(7) 多 村  4 0 0 2 0 遊ゴ       二飛    見振    三振
(3) 七 野  4 0 0 3 0    中飛    三振       三振 三振
(9)  南   3 0 0 1 1    死球       三振    三失 三ゴ
(2) 小田嶋  3 2 0 1 0    三振       右安    左安
  (東 海 大)          
R 2 渡 辺  1 0 0 1 0                         三振
(4) 八 馬  4 2 1 1 0    一ゴ       三振    右2・   左安
(1) ターマン 0 0 0 0 0
 1  後 藤  1 0 0 0 0       遊ゴ
 H  吉 田  3 1 0 2 0             左安    
  (大阪近鉄)
 1  後 藤  − 再 登 板 −
 H  吉 田  − 再 代 打 −                   三振
 1  前 田  0 0 0 0 0    
 1   東   0 0 0 0 0
 H  吉 田  − 再 代 打 −                         三振
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7  34 8 2 14 1  0  1  0  0  2  0  2  2  1
                   ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記
                   H吉田は3度共同一人物、1後藤は2度共同一人物の再出場

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 加藤4回を投げ1安打1失点好投、建山再三のピンチも切れのある変化球で三振の山、
       厚沢1回を無失点
   加 藤   4    14  1   0   1   3   1
   建 山   4    19  6   0   0   9   0
   厚 沢   1     4  1   0   0   2   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南) ターマン2回を2安打2四球要微調整か?後藤5回を1安打ピンチなし好投、
       前田1失点、東1回2三振
   ターマン  2    10  2   0   2   2   1
   後 藤   5    18  1   0   2   2   0
   前 田   1     4  1   0   0   0   0
    東    1     4  1   0   0   2   0
   ※ 湘南・後藤投手は代打後の再登板も含む

春の日差しが暑いほど照る青空の下で、先日は鎌ケ谷で予定されていた試合が中止になり、今季初のこのカード。湘南はケガ人多数で選手数が大幅に不足し、特別ルール(その場内アナウンスはなし)で試合開始。今日は横浜ベイスターズ総合練習場での1戦。

1回表 日本ハム 打者:5 安打:2 三振:1 四球:0 『湘  南 −1日本ハム』
湘南の先発は調整登板なのか、今季新入団の「巨大ミミズ」ことターマン。公称208cmの通り聳え立っている様。日本ハム1回の攻撃は1番日曜に続いて小田、初球を打ってピッチャーゴロ。2番石本、日曜は4打数4安打と爆発だったが、今日もいい仕事をする。1−1からの3球目、外角球を流し打ちは三塁右を抜けてレフト前ヒットで出塁。3番田中賢、ボールカウント2−0からの3球目と同時に石本がスタート。小田嶋が2塁送球も一瞬遅くセーフで盗塁成功。田中賢は2−1からの6球目、ストレートを打つがサードゴロ。2死2塁として4番西浦、0−2からの3球目、ストレートを打ち返してレフト前に先制のタイムリーヒット。5番島田、2−1からの5球目カーブにタイミングが合わず空振り三振。

1回裏 湘  南 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
日本ハムの先発は昨年ルーキーながら中継ぎとしての登板が殆どだった加藤が先発のマウンドへ。1点を追う湘南は1番、今季から背番号が一桁になり期待の大きい内川。2−2からの6球目外角のストレートにやや詰まりながらもレフト前に落ちるヒット。2番万永が打席に立つと、内川の足を警戒してか早速1塁に牽制球を投じる。ところが、いきなり悪送球となってしまい内川は労せずして2塁到達。万永は1−0からの2球目をバント、西浦が捕って1塁へ送球し送りバント成功。1死3塁となって3番、代打の切り札も昨秋からファームで調整が続く井上。2−1からの4球目を打ってセカンドゴロ。1塁は際どいタイミングだったがアウト、この間に内川が生還して1−1の同点に。4番多村、1−1からの3球目を打ってショート前へのハーフライナー、田中賢がワンバウンドで捕り1塁へ送球しスリーアウト

2回表 日本ハム 打者:5 安打:0 三振:1 四球:2 『湘  南1−1日本ハム』
日本ハムこの回は6番大貝からの攻撃だが、マウンド上のターマンとは公称身長差が39cmという滅多に見られない(?)対戦。2−1からの4球目変化球を打ってセカンドゴロ。7番今日はセカンドで先発出場の田中聡、2−1からの7球目、外角低めに落ちるチェンジアップに空振り三振。8番駒居、2−3フルカウントからの6球目、ストレートが外角高目に外れて四球で出塁。続く9番は佐藤、1−3からの5球目ストレートが外れて連続四球。1番に戻って小田、0−2からの3球目を打ってセンターフライ。2者残塁。

2回裏 湘  南 打者:4 安打:0 三振:1 死球:1 『湘  南1−1日本ハム』
湘南この回は5番七野から、1−0からの2球目ストレートを打つがセンターやや右へのライナー。6番南2−1からの4球目、外角への変化球が足に当り死球。7番は東海大から入団、期待のドラフト3巡目ルーキー小田嶋。2−2からの6球目外角へのフォークに空振り三振。8番八馬、初球を1塁側へのセーフティ・バントを試みる。一瞬スキを突かれたのか、西浦がこれを捕って1塁送球も、ベースカバー田中聡と交錯するような状態でベースに駆け込む。微妙だったが、判定はアウト。

3回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
湘南は調整登板終了のターマンに代わって2番手マウンドには後藤が上がる。日本ハムは前の試合から5打席連続ヒット中の石本、1−2からの4球目、ストレートを打ち返してピッチャーの足元を抜けてセンター前ヒット。6打席連続安打と好調なバッティングを披露。3番田中賢、1−3からの5球目を打ち上げてしまいキャッチャーファールフライ。1塁側ベンチ前で捕球。4番西浦、初球打ちもセンターフライ、5番島田。その初球に石本が再びスタートを切るとタイミングもセーフながら、小田嶋の2塁送球が右に逸れてしまいボールはセンター前に。この間に石本は3塁に進塁、エラーが記録された。2死3塁のチャンスになったが、島田は2−3からの7球目ストレートを巧い流し打ちだったがファーストライナー。

3回裏 湘  南 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
3回湘南の攻撃は、9番投手の後藤がそのまま打席に入る。2−0からの3球目カーブに詰まってショート正面へのゴロ、田中賢が捕り損ねて弾くが、直に取り直して1塁へ送球しアウト。1番に戻って内川、2−1からの4球目カーブに空振り三振。すると内川がこれをカットしようとスイングしたのか、ボールではなくバットがボールボーイ席にクリーンヒット。大事には至らずも三振。2番万永、1−0からの2球目、内角へのストレートを打つがサード正面へのゴロ。両軍初の3者凡退。

4回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
この回は6番大貝から。0−1からの2球目ストレートに詰まりセカンドフライ。7番田中聡、2−1からの5球目を打ってライトフライ。8番駒居、2−3からの6球目高目へのストレートに空振り三振。あっさりと3者凡退。

4回裏 湘  南 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
湘南この回は3番、昨年は1軍で代打の切り札として活躍した井上から。2−3フルカウントからの6球目をすくい上げるがセンターやや左へのフライ。4番多村1−1からの3球目を打ち上げてセカンドフライ、田中聡が1塁後方に回り込んで捕球。5番七野、2−1からの4球目内角へのフォークに空振り三振。2イニング連続で3者凡退。

5回表 日本ハム 打者:4 安打:0 三振:0 四球:1 『湘  南1−1日本ハム』
追加点の干して日本ハムはこの回は、9番佐藤から。1−0からの2球目を引っ張ってファーストゴロ、七野がベースカバー後藤にトスし、競争状態だったがアウト。1番に戻って小田、0−2からの3球目ストレートを打つがライトフライ。2番石本、0−3からの4球目低目へのストレートが外れて勝負避け気味の四球で歩かせる。3番田中賢、初球攻撃も打ち上げてしまいセンターフライ。

5回裏 湘  南 打者:5 安打:2 三振:3 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
日本ハムは選手の交代、先発の加藤に代わって2番手に建山がマウンドへ。センターの石本に代わり荒井が入る。その代わった建山にいきなり大ピンチが襲う。湘南この回は6番南から。2−2んらの5球目低目への変化球に空振り三振。7番小田嶋、0−1からの2球目を打ってライト前ヒット。8番八馬、2−1からの5球目、外角へのシュートに空振り三振。9番後藤に代わって代打は今季、テスト入団で大阪近鉄から来た吉田。初球を打ってレフト前ヒットにすると、この打球をレフトの佐藤がファンブル。この間に吉田は2塁へ、エラーが記録される。2死2、3塁と湘南逆転のチャンスに1番に戻って内川。しかし、ここは建山が一枚上手だった、2−2からの5球目高目へのストレートに空振り三振。2者残塁。

6回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
湘南は代打の吉田に代われる選手がいないのか、通常ルールなら再登板できないはずの後藤がそのまま続投。日本ハムこの回は4番西浦からの攻撃。1−0からの2球目を打ってセカンドゴロ。5番島田、1−0からの2球目高目へのストレートを打ち上げてレフトフライ。6番大貝、2−1からの4球目高目へのスライダーに空振り三振。

6回裏 湘  南 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0 『湘  南1−1日本ハム』
日本ハムは守備の交代ライトの大貝に代わって村西。湘南この回の攻撃は2番万永から、2−3フルカウントからの6球目内角へのストレートに詰まってセカンドゴロ。3番井上、2−2からの6球目カーブに空振り三振。4番多村、2−2からの5球目外角へのストレートを見逃し三振で3者凡退が続く。

7回表 日本ハム 打者:4 安打:0 三振:0 死球:1 『湘  南1−1日本ハム』
1回以降得点どころかチャンスも作れない日本ハムはこの回ね3番田中賢からの攻撃。2−2からの8球目ストレートがヒザ付近に当り死球で出塁。8番駒居は早くもバントの構え、初球を捕前に送りバント。これが成功してランナー2塁、9番佐藤は初球を打ち上げてライトフライ。1番に戻って小田、1−2からの4球目を打ってピッチャー返し!後藤の足に直撃する打球だっが、ピッチャーゴロに倒れる。

7回裏 湘  南 打者:6 安打:2 三振:2 死球:0 『湘  南2−1日本ハム』
湘南この回は5番七野から。2−3フルカウントからの6球目スライダーに空振り三振。6番南、2−1からの4球目を打ってサードゴロ。何ともない平凡なサードゴロだったが、これを捕った小田が1塁へ悪送球。これが失点への切欠になってしまう。西浦がこの送球をジャンプして捕るがセーフ。7番小田嶋、2−2からの7球目を打ってレフト左へのヒット。南は三塁に進み1死1、3塁と得点のチャンス。続くは8番八馬、0−2からの3球目を流し打ち。すると1塁右を鋭く抜けてライト線へのタイムリーツーベースとなり湘南が待望の追加点を上げて2−1と1点のリードを奪う。ところが、この間の走塁で足を痛めたのか3塁ランナーの小田嶋がケガの治療為に一旦ベンチに下がる。しかし、直に代走が起用される。サードランナーは代走渡辺。続くは9番後藤に打順が回ってきたのだが、代打がいない為、先程代打に登場した吉田が再び代打でボックスへ。2−1からの4球目外角へのストレートに空振り三振。1番に戻って内川、0−1からの2球目外角へのストレートを強振もレフトフライ。2者残塁も逆転に成功。

8回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:2 死球:0 『湘  南2−2日本ハム』
湘南は代走の渡辺がそのまま入りキャッチャー、再び代打に登場した吉田に代わって前田が3番手としてマウンドへ上がる。1点のリードを許した日本ハム、この回はクリーンアップに期待。まずは2番、ト注からセンターに入っている荒井の今日初打席。その初球を打つとファーストゴロ、ところがこれにバウンドが合わなかったのか七野がトンネル。3番田中賢、その初球を投じるより前に1塁へ牽制球を投げるとこれが先程の日本ハムと同様に牽制悪送球となってしまいエラーで荒井は2塁へ。田中賢は0−1からの2球目を打ってライトへの大きい打球。ライトフライとなるがこの間に荒井がタッチアップで3塁に進塁。4番西浦、1−3からの5球目はどう見ても高く、幾ら「新・ストライクゾーン」でもボールだろうという高さだが、審判の判定はストライク。これには相手方湘南ファンの多いスタンドも「オオ〜っ」と声があがる。西浦は2−3からの7球目を弾き返してセンター前に同点のタイムリーヒット。1塁に達した所で「お役御免」となり代走は山地。5番島田に一発の期待がかかるが、1−1からの3球目を打ってピッチャーゴロ。前田−内川−七野と渡って併殺打。

8回裏 湘  南 打者:5 安打:2 三振:2 死球:0 『湘  南2−2日本ハム』
日本ハムは代走の山地がそのまま入ってセカンド、セカンドの田中聡かファーストに回る守備の交代。相手のミスから得点をした湘南だが、自軍のミスで簡単に同点にされた湘南、この回は2番万永から。初球を打ってセカンド左への強いゴロ。代わったばかりの山地が横っ飛びも捕れずセンター前ヒット。3番井上、2−2からの7球目を引っ張ってライト右へのヒット。1塁ランナー万永は一気に3塁へ到達。無死1、3塁と絶好のチャンスに4番多村。2−1からの5球目外角のスライダーに空振り三振。続く七野、2−2からの5球目外角へのシュートに空振りの三振。さらに6番南は初球を打ってサードゴロ。小田が捕ってセカンドへ送球してフォースアウト。建山は大ピンチを自力で脱出した。

9回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:0 死球:0 『湘  南2−2日本ハム』
この回から湘南は4番にマウンドに東が上がる。日本ハム最後の攻撃は、6番村西から。2−1からの5球目を打ってサードゴロ。7番田中聡、0−1からの2球目を巧い流し打ち!サード左を抜けてレフト線へのツーベース。8番駒居2−2からの5球目、内角へのストレートにバットが回ってしまい三振。9番佐藤、2−3フルカウントからの6球目カーブら空振り三振。得点できなかった日本ハムの勝利がなくなる。

9回裏 湘  南 打者:4 安打:1 三振:2 死球:0 △湘  南2−2日本ハム△
1軍オープン戦同様、非公式戦の為9回終了で延長戦はなし。日本ハムは引き分けに持ち込む為にも失点はならないが2番手建山に代わって3番手に厚沢がマウンドへ。湘南は7番渡辺からの攻撃。一発でサヨナラか?しかし2−2からの5球目カーブに空振り三振。8番八馬、初球打ちはレフト前ヒット。9番東に代わって代打は今日3度目の代打登場、吉田。2−0からの3球目外角へのストレートに空振り三振。1番に戻って内川、初球を打ち上げてしまいキャッチャーファールフライで試合終了。2−2の引き分けに終わる。試合終了時刻15:04


2002年 3月10日 イースタン教育リーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年3月10日(日)

  イースタンリーグ春季教育リーグ 千葉ロッテマリーンズ−日本ハムファイターズ
  1回戦 千葉ロッテ1勝0敗0分 (ロッテ浦和球場) 12:30
  晴れ 試合時間2時間19分
  ◆球審:場内発表なし 1塁:場内発表なし 2塁:場内発表なし 3塁:場内発表なし
  ◆公式記録員:場内発表なし

                      H E
日本ハム  000 000 000 ・・  8 2
千葉ロッテ 103 100 10x ・・ 12 0

○ 勝利投手 長 崎 −勝−敗  ● 敗戦投手 正 田 −勝−敗
3B 3塁打 石 本 3回2死 (日本ハム)
2B 2塁打 橋 本 2回無死 (千葉ロッテ)
       伊与田 3回無死 (千葉ロッテ)
       橋 本 5回1死 (千葉ロッテ)
       富 永 7回1死 (千葉ロッテ)
       椎 木 7回1死 (千葉ロッテ)
SB 盗 塁 石 本 1回2死 (打者・田中賢は三振)(日本ハム)
 E 失 策 山 田 4回2死 (大村三ゴロをファンブル)(日本ハム)
       田中賢 6回2死 (寺本二ゴロで2塁封殺後1塁悪送球)(日本ハム)
   走塁死 石 本 3回2死 (自身左3で本塁狙い) (日本ハム)
   後 逸 藤 崎 8回2死 (打者・大村) (日本ハム)
   併殺打 島 田 9回無死 (丸山−伊与田−ユウゴー) (日本ハム)

(日本ハム) 石本1人野球状態の4安打、あと1歩でランニングホームランも・・。荒井2安打、
       山田連日のヒット
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(4) 小 田  4 0 0 1 0 左邪    三振    左飛       二ゴ  
 4  山 地  0 0 0 0 0 
(8) 石 本  4 C 0 0 0 左安    左3       左安    二安
 7  佐 藤  0 0 0 0 0 
  (鳥 栖 高)
(6) 田中賢  4 0 0 1 0 三振       左飛    左飛    左飛
(3) 西 浦  4 1 0 0 0 一邪       一ゴ    一飛       中安
(DH) 島 田  3 0 0 0 1    右飛    四球    右飛       二併
(7) 8 荒 井  4 2 0 1 0    左安    三振       二ゴ    右安 
(9) 村 西  4 0 0 2 0    三振       左邪    三振    投ゴ
  (愛知学院大)
(2) 駒 居  3 0 0 2 0    三振       中飛    見振
 2  藤 崎  0 0 0 0 0    
(5) 山 田  3 1 0 1 0       三ゴ    中安       見振
  (東海大浦安)
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7  33 8 0 8 1  1  1  0  1  1  1  0  1  1
                   見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記

(千葉ロッテ) 打線繋がり快勝!伊与田2安打2打点、橋本2塁打2本、椎木適時打、
        寺本「外野手」1安打
         打 安 点 振 四  1   2  3  4   5  6   7  8
(9) 8 サブロー 3 2 0 0 1 一安 二 ゴ    右安     四球
 8  於 保  1 0 0 0 0                         三直
(4) 丸 山  4 0 0 2 0 投犠 三 振    投ゴ     見振     遊ゴ
  (武 蔵 大)
(8)  堀   2 1 0 0 1 中安     四球 中飛
 9  寺 本  2 1 0 0 0                  二ゴ     左安
(DH) 大 村  5 1 0 1 0 二直     右安 三失     二飛     三振
(6) 伊与田  4 2 2 1 0 左安・    右2・遊ゴ        三 振
(3) 吉 鶴  3 0 1 0 0 二飛     一ゴ・   投 ゴ
 5  富 永  1 1 0 0 0                     左 2
  (春 野 高)
(2) 橋 本  2 2 1 0 0    右中2 左犠・   左越2
 2  椎 木  1 1 1 0 0                     右中2・
(7) 早 川  3 0 0 2 1    四 球 見振    一 邪    見 振
(5) 3 ユウゴー 4 1 0 1 0    一 ゴ    右安 三 振    投 ゴ
     :              :   :  :  :   :  :   :  :
    残塁10  35 12 5 7 3  2   2  0  2   1  1   1  1
                 ・は打点 見振は見逃しの三振 新入団選手の下に経歴表記

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 正田炎上毎回ピンチ4回8安打5失点、立石2回を1安打、武藤「凱旋登板」は
       手痛い返礼で。
 ● 正 田   4    23  8   0   2   2   5
   立 石   2     8  1   0   1   2   0
   武 藤   2     9  3   0   0   3   1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ)長崎6回を5安打無失点1軍昇格へ弾みか。移籍井上1回を打者3人、
       礒2回を無失点好投
 ○ 長 崎   6    23  5   0   1   5   0
   井 上   1     3  0   0   0   2   0
    礒    2     8  3   0   0   1   0

春の陽気全開で上空には雲一つない青空、前日よりもさらに気温が上昇する予報の野球日和。まだまだ芝は枯れた茶色
だが、春が近づきつつあるロッテ浦和球場での1戦。

1回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ −0日本ハム』
千葉ロッテの先発は2年目に飛躍の期待が掛かる長崎。日本ハム1回の攻撃は1番小田から。1−1からの3球目を打ち上げてしまいレフトファールフライ。2番は石本、2−0からの4球目やや高目を流してレフト前にワンバウンドでヒット。3番田中賢、2−3からの9球目に石本がスタート、田中賢は空振りし三振も橋本からの2塁送球が高く逸れて石本は盗塁成功。2死2塁と先制のチャンスだっだか、4番西浦は1−0からの2球目を打ち上げてしまいファーストファールフライ。

2回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0 『千葉ロッテ1−0日本ハム』
前日に続き今日も初回にリードを許した日本ハム、早めに長崎を捕えたい2回の攻撃は5番島田から。0−2からの3球目を打ち上げてライトフライ。6番、今日はレフトでスタメンの「万能選手」状態にある荒井、初球を打ってショート横への打球。伊与田が飛びつくも捕れずレフト前ヒット。7番村西、2−2からの5球目、低目の変化球に空振り三振。8番駒居、2−1からの4球目地面に付きそうな変化球に空振り三振で荒井残塁。

2回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:1 三振:1 四球:1 『千葉ロッテ1−0日本ハム』
千葉ロッテこの回の攻撃は7番橋本から。初球攻撃は右中間真っ二つのツーベースヒット。8番早川、2−2からファールで粘り2−3フルカウントとして9球目、ストレートが高めに外れて四球で出塁。無死1、2塁と初回に続きチャンスに9番今季から「天野」を登録改名しユウゴー。初球をバントするがファースト西浦が猛ダッシュ、これを捕って3塁へ送球しフォースアウト。1番に戻ってサブロー、2−3フルカウントからの6球目、一塁線を襲う強いゴロ。西浦がこれを捕球すると、ベースカバー正田にトスしてアウト。2死2、3塁となって2番丸山、2−1からの4球目変化球に空振り三振で2者残塁。

3回表 日本ハム 打者:3 安打:1 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ1−0日本ハム』
1点を追う日本ハムこの回は、前日タイムリーーベースの9番山田から。初球打ちもバットが折れてサード正面へのゴロ。1番に戻って小田、2−0からの3球目高目のストライクが幾ら多いとはいえ、これは吊り球というボールに手を出して3球三振。2番石本、1−1からの3球目を流し打ちはレフト線に入るヒット。早川が前進してきていた為、打球が後ろへ転がりファール地域を転々とする。2塁を回って一気に3塁も狙うが、3塁も回って一気にホームへ!3塁を回った時点ではセーフのタイミングだったが、早川からの返球とショート伊予田の好返球がストライクでホームへ。これでは幾ら石本が駿足でも叶わず、本塁憤死。ランニングホームランならず。

3回裏 千葉ロッテ 打者:6 安打:2 三振:1 四球:1 『千葉ロッテ4−0日本ハム』
一打で同点のピンチを脱出した千葉ロッテはこの回日本ハム先発の正田を一気に攻める。3番堀、2−3からの7球目を見送って四球で出塁。4番大村、1−2からの4球目を打ってライト前ヘヒット。堀が一気に3塁を狙うとライト村西が3塁へ送球、しかしやや左に逸れてしまいセーフ。無死1、3塁として5番伊与田、2−3からの6球目を流し打ちすると打球はライト線一杯に入るタイムリーツーベースで1点を追加し2−0とする。続くは6番吉鶴、1−1からの3球目を打ってセカンド右への強いゴロ。小田が追いついて1塁へ送球の間に大村が生還し1点追加3−0に。1死3塁となって7番橋本、2−1からの4球目をレフトへライナー気味のフライ。これが犠牲フライとなって1点を追加4−0と早くも一方的な展開になる。ランナーがなくなって8番早川、2−1からの4球目ストレートを見逃して三振

4回表 日本ハム 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 『千葉ロッテ4−0日本ハム』
序盤で4点のリードを許してしまった日本ハム、この回は主軸に打順が回る。3番田中賢、2−0からの3球目変化球に当てただけでレフトフライ。4番西浦、初球を打ってファーストへの詰まったゴロ、長崎がベースカバーに入って早くもツーアウト。5番島田、2−3フルカウントからの6球目低目への変化球見送って四球で出塁。6番荒井、2−2からの5球目やはり、低目への変化球だが手が出てしまい空振り三振。

4回裏 千葉ロッテ 打者:6 安打:2 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ5−0日本ハム』
千葉ロッテこの回は9番ユウゴーからの攻撃。1−2からの4球目を打って詰まり気味もライト前ヒット。1番に戻ってサブロー。初球を打ってライト前ヒットだが、1塁ランナーユウゴーのスタートが遅くライト村西がこれを捕球すると2塁へ素早く返球。タイミングは良かったがセカンド小田が捕れずセーフ。無死1、2塁として2番丸山、1−1からの3球目を投前に送りバント。しかし正田がこれを捕って3塁へ送球しフォースアウト、バント失敗。3番堀、2−1からの4球目、センターへの大きい飛球に石本が後退するがフェンス手前で捕球。2塁からタッチアップでサブローが3塁に進む。4番大村、その初球は平凡なサードゴロ。しかし山田がこれを横に弾いてしまいタイムリーエラーで千葉ロッテ1点を追加5−0とした。2死1、2塁と続くチャンスに5番伊与田、これも初球打ちに出てくるがこれは、平凡なショートゴロ。田中賢が捕って2塁へトスしてスリーアウト。

5回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ5−0日本ハム』
日本ハムこの回の攻撃は下位打線7番村西から。1−2からの4球目を打たされてレフトファールフライ。8番駒居、2−1からのこれも4球目、打ち上げてセンターフライ。9番先程手痛いタイムリーエラーを犯した山田、取り返せるか?2−3フルカウントまできて6球目を打ち返してセンター前ヒット。1番に戻って小田、1−0からの2球目を打ってレフトフライ。レフトがやや後退もフェンスまでは届かず。

5回裏 千葉ロッテ 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ5−0日本ハム』
日本ハムはこの回から投手交代、2番手マウンドには立石が上がる。千葉ロッテは6番吉鶴からの攻撃、初球攻撃もピッチャーゴロ。立石がグラブで叩き落とした様な捕り方でボールが1塁ベース方向に転がる。そのまま自分で捕って西浦にグラブトスしアウト。7番橋本、1−3からの5球目を流し打つと、これがレフトを越えてフェンス直撃のツーベースヒットになる。8番早川、1−0からの2球目を打ち上げてしまい、ファーストファールフライ。9番ユウゴー、2−1からの4球目低目への変化球に空振り三振。

6回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ5−0日本ハム』
千葉ロッテは選手の交代、センターの堀に代わって甲子園のヒーローも投手を断念し外野手に転向した寺本が入りライト、ライトのツブローがセンターに回る。千葉ロッテ先発の長崎の前に連打が出ずチャンスも間々ならない日本ハムこの回は再び主軸に回る。2番今日2安打と1人気を吐く石本から。0−1からの2球目を流し打ってサード左を抜けるヒット。3番田中賢、初球を打ち上げてしまいレフトフライ。4番西浦、2−1からの5球目を打ち上げてファーストフライ。5番島田は1−1からの3球目を打ってライトフライ、ライトに入った寺本がやや体勢を崩しながらも捕球。

6回裏 千葉ロッテ 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 『千葉ロッテ5−0日本ハム』
千葉ロッテこの回は打順よく1番からの攻撃。サブローは2−3フルカウントからの7球目ストレートが外れて四球で出塁。2番丸山、2−1からの7球目ストレートが外れて見逃しの三振。3番寺本、高校時代の打撃センスを生かしての野手転向という事でだが、お手並み拝見。2−2からの5球目を打ってセカンド正面へのゴロに、完全な併殺コースだったが、小田のトスを受けたショート田中賢が1塁への送球をワンバウンドにしてしまう。西浦がこれを捕れず、寺本は2塁へ到達。2死2塁として4番大村、2−2からの6球目を打ち上げてセンターフライ。

7回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0 『千葉ロッテ5−0日本ハム』
千葉ロッテはここまでピンチもなく好投の長崎に代えて2番手マウンドに、阪神を戦力外になりテスト入団の井上。守備でも選手交代、ファーストの吉鶴に代わってルーキー富永が入りサード、サードのユウゴーがファースト、キャッチャー橋本に代わって椎木がマスク。日本ハムこの回は6番荒井から、2−2からの6球目を打ってセカンドゴロ。7番村西、2−2からの5球目変化球に空振り三振。8番駒居、これもカウント2−2からの5球目、今度は変化球に見逃し三振し3者凡退。

7回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:2 三振:2 四球:0 『千葉ロッテ6−0日本ハム』
日本ハムはこの回から、昨オフ黒木潤との交換トレードで日本ハム入りの武藤。昨年は一年の半分以上をここで過ごしてしまい、復活への足掛かりを古巣から掴みたい。場内に「ピッチャー・武藤」が告げられると千葉ロッテベンチからは、「久し振りやの〜」と、3塁側千葉ロッテ側スタンドからは拍手が起きる。千葉ロッテこの回の攻撃は、5番伊与田から。2−0からの3球目低目への変化球に空振り三振。しかし続く6番途中出場のルーキー富永、0−3からの4球目を流し打ちはレフト線に入るツーベース。7番椎木、2−0からの4球目を右中間へ運ぶ。フェンス直撃のタイムリーツーベースとなって1点を追加6−0と試合を決める。8番早川、2−0からの3球目ストレートに見逃しの三振。9番ユウゴー、1−0からの2球目、バットが折れてピッチャーゴロ。

8回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ6−0日本ハム』
千葉ロッテは2番手井上に代わって3番手マウンドには礒を送る。日本ハムは9番山田からの攻撃、2−1からの4球目ストレートに見逃しの三振。1番に戻って小田、1−3からの5球目を打ってセカンドゴロ。2番石本、1−0からの2球目を打つと、セカンド左へのゴロ。丸山が横っ飛びで捕りに行き、これを1塁に素早く送球するが石本の足をもってしてセーフの内野安打。これで今日4打数4安打。しかし、石本が出塁しても続く田中賢が3度初球打ちも平凡なレフトフライ。

8回裏 千葉ロッテ 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ6−0日本ハム』
日本ハムは選手の交代、セカンドの小田に代わって山地。センター石本に代わって佐藤が入ってレフト、レフト荒井がセンターに回る。キャッチャー駒居に代わって藤崎がマスク。千葉ロッテは1番、前の回からサブローに代わってセンターの守備に着いていた於保。初球を打ってサードライナー。2番丸山、1−1からの3球目を打ってショートゴロ。3番寺本、初球を打ってショート左へのゴロ、田中賢がグラブを出すが打牛はレフト前へのヒット。4番大村、1−0からの2球目を藤崎がパスボール、寺本は2塁へ。大村は2−0からの3球目スイングし掛けてバットが止まったが、1塁塁審の判定はスイングで三振。

9回表 日本ハム 打者:4 安打:2 三振:0 四球:0 ○千葉ロッテ6−0日本ハム●
日本ハム最後の攻撃は4番西浦から、1点でも取って完封は逃れたい。2−3からの6球目巧くバットを合わせてセンター前ヒット。続くは5番島田、0−1からの2球目を打つとセカンド真正面へのゴロ。丸山−伊与田−ユウゴーと渡って併殺打であと1人になってしまう。6番荒井、1−3からの5球目を引っ張って一塁横を抜けてライト前ヒット。7番村西、1−1からの3球目を打つがピッチャーゴロで試合終了。

千葉ロッテ打線が巧く繋がり、12安打で快勝。戦力外通告を受けテスト入団の伊与田が2安打2打点、投げては井上が1回を打者3人で完璧に抑えるなどの活躍。また、現西武松坂との死闘は既に有名な寺本投手が、打撃センスを生かす為に外野手に転向。日本ハムの上田選手も投手→甲子園→プロ入り数年で外野手となり、活躍しているだけにまずは経験積みから。早速ヒットも放つ等出足はまずまずという所か。逆に日本ハムでは、同じ甲子園の優勝投手・正田が、初回からピンチの連続、2回は0点に抑えたがやっとの投球。春季キャンプでは上々の仕上がりが新聞等で伝えられていたが、課題の多いマウンドとなった。(試合終了時刻14:49)


2002年 3月10日 ウエスタン教育リーグ 阪神−広島(鳴尾浜)報告者:kazunatumiさん(HP:阪神ファーム情報☆めざせ一軍・鳴尾浜☆

3月10日(日)鳴尾浜球場(阪神2勝)
広 島 000 010 000 
阪 神 000 020 00X 

(広)●玉山、筒井、林
(神)○藤田(1勝)、部坂、川俣、面出、S舩木(1S)
(本)なし
(三)斉藤
(二)喜田、中谷

1回表(投:藤田)
天谷:中前安打、朝山:投ゴロ、末永:初球、天谷盗塁失敗(仁もええ肩!)・中直

1回ウラ(投:玉山)
吉田:二ゴロ、藤原:二ゴロ、喜田:中越え二塁打!(よく伸びた打球)、
桜井:見逃し三振((/_;)/

2回表
栗原:見逃し三振、倉:遊ゴロ、甲斐:空振り三振(太陽の直球威力十分)

2回ウラ
関本:投ゴロ、松田:3球振らずに見逃し3球三振、新井:空振り三振(*_*)

3回表
鈴衛:二ゴロ、田村彰:見逃し三振、石橋:死球、天谷:遊ゴロ

3回ウラ
中谷:中飛、斉藤:左飛、吉田:二ゴロ

4回表
朝山:見逃し三振、末永:遊ゴロ、栗原:二ゴロ(太陽文句なし)

4回ウラ
藤原:一飛、喜田:左大飛球(惜しい)、桜井:四球、
関本:右前安打!二死1,3塁、松田:一ゴロ

5回表
倉:遊ゴロ、甲斐:左前安打(桜井目測誤りスタート遅れる)、鈴衛:捕邪飛、
田村彰:中前ポテン安打(藤原目測誤り捕れず、桜井とオタオタする間に甲斐生還、
石橋:右前安打、二死1,3塁、天谷:遊ゴロ(太陽には気の毒な失点となった。)
(阪神0−1広島)

5回ウラ
新井:遊ゴロ、中谷:左線二塁打!、斉藤:右線タイムリー三塁打!!、
吉田:左飛、藤原:汚名返上の中前タイムリー!!、
喜田:2球目藤原盗塁失敗(阪神2−1広島)
太陽は5回62球4奪三振1死球、不運な1失点のみ。
ストレート中心で制球抜群!4奪三振のうち3つが見逃し。
すべてアウトロー一杯のストレート。
打者19人に2-3となったのは1度もなし。

6回表(投:部坂)
朝山:三ゴロ、末永:右前安打、栗原:三ゴロで末永二封、倉:空振り三振

6回ウラ(投:筒井)
喜田:二ゴロ、桜井:空振り三振、関本:三ゴロ

7回表(投:川俣、捕:浅井)
甲斐:遊ゴロ、鈴衛:三内野安打、田村彰:空振り三振、石橋:二ゴロ

7回ウラ
松田:二直、新井:空振り三振、中谷の代打浅井:遊ゴロ失、斉藤:二ゴロ

8回表
天谷:中飛、朝山の代打井生:遊ゴロ、(投手交代:面出)、末永:右飛

8回ウラ(投:林、捕:田村恵)
吉田の代打根本:二ゴロ、藤原:空振り三振、喜田:遊ゴロ

9回表(投:舩木)
栗原:三ゴロ、田村恵:中前安打、甲斐:空振り三振、
鈴衛の代打山本翔:四球、田村彰:空振り三振(試合終了:阪神2−1広島)

試合前の新井・桜井(未来の大砲コンビ)のフリー打撃は壮観ですよ。
試合は2人で4三振ノーヒットですけど(^^;

       打安点振球
(D) 吉田  30000
 H  根本  10000
(8) 藤原  41110 
(3) 喜田  41000
(7) 桜井  20021
(4) 関本  31000
(9) 松田  30010
(5) 新井  30020
(2) 中谷  21000 
 2  浅井  10000
(6) 斉藤  31100

     打 安 点 振 球 
     29 5 2 5 1

盗塁:なし 犠打:なし 失策:なし

     回   安振球責
藤 田 5   4 4 1 1
部 坂 1   1 0 0 0
川 俣 1 2/3 1 1 0 0
面 出 0 1/3 0 0 0 0
舩 木 1   1 2 1 0


2002年 3月10日 ウエスタン教育リーグ ダイエー−中日(雁ノ巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world
ナゴヤ 000 100 100 2
雁の巣 001 000 000 1

ナゴヤ 朝倉(3回)−曹竣揚(3回)−山崎賢(1回)−福沢(2回)
雁の巣 永井(5回)−神内(1回)−誠(1回)−佐久本(1回)−輝(1回)

審判 球審:金子 一塁:古堅 三塁:白井

詳細は、拙サイトのレポをご覧頂ければ幸いです。

土曜日は、若田部と山本昌(だったらしい)。
今日は永井と朝倉。非常に豪華です。

#管理人様
「見てある記」で拙ページをあんなに丁寧に紹介頂いて、ありがとうございます。
拙いページですが今後も情報提供は続けていきますので、よろしくお願いいたします。


2002年 3月10日 イースタン教育リーグ ヤクルト−巨人(戸田)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!


3月10日 ヤクルト戸田 12:29〜15:13

|000 502 120|10 H16 E1
|001 103 010|6 H8 E2

〔勝〕三浦 〔敗〕萩原

〔本塁打〕野口[ソロ=3裏・三浦],佐藤[ソロ=4裏・三浦]
〔2塁打〕小田2[2表,6表],李[8表]
〔盗 塁〕大須賀[1表],野口[6裏],永池[7表],鈴木[8表],宮崎[8表]
,
ジャイアンツ  数得安点  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
1 47 宮 崎 5011 三 振………二 飛遊ゴロ………二ゴロ………左 安………
2 6 大須賀 5022 中 安………三 振左 安………………二 飛中 飛………
3 9 高 野 5000 三 振………………遊 飛左 飛………二ゴロ三 振………
4 72  原  4210 左 飛………………遊 安三 振………四 球………左 飛
5 54 永 池 5121 ………中 飛………右 安左 飛………左 安………遊ゴロ
6 D 川 中 5221 ………捕邪飛………一 安………中 安三 飛………一ゴロ
7 2 小 田 3131 ………左 2………右 安………三強2………
  H3  李  1110                      右 2………
8 35 田 中 3133 ………………中 安中 安………中 犠………中 安………
9 8 鈴 木 3211 ………………三 犠二 安………二ゴロ………三ゴロ………
      計 39101610

        回数 席 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 三 浦 5  18 16  73 2 2 2 3 2 2
  1 西 山 3  15 14  51 6 0 1 4 4 4
  1  南  1  3 3  10 0 0 0 1 0 0

スワローズ   数得安点  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
1 6 野 口 3211 三 振………中 本………………四 球………三 振………
2 9 橿 渕 4110 遊ゴロ………遊ゴロ………………遊 安………三 振………
3 D 佐 藤 2111 三ゴロ………………左 本………
  HD ユウイ 2221                右 安………右 安………
4 4 本 郷 3010 ………四 球………遊ゴロ………二ゴロ………中 安………
5 3 衣 川 3012 ………遊ゴ併………三ゴロ………左 安
  3 宮 出 1011                   ………中 安………
6 5 畠 山 3000 ………四 球………一 飛………二ゴ併………中 飛………
7 2 福 川 2000 ………二 飛………………三 振………
  2 鮫 島 2000                   三 振………遊ゴロ
8 7 牧 谷 4000 ………………投ゴロ………遊ゴ失………投ゴロ………中 飛
9 8 内 田 3000 ………………三 振………投ゴ併………三 振………
  H 青 柳 1000                         三 振
      計 33686

        回数 席 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 山 部 3  11 10  34 3 0 0 3 0 0
  1 萩 原 1  9 9  38 7 0 0 0 5 5
  1 松 田 2  8 7  28 2 0 0 1 2 2
  1 松 谷 3  14 13  53 4 0 1 1 3 2


★得点経過★
 3裏 G0‐1S 2死から,1番・野口がバックスクリ−ンへ飛び込むソロアーチで
          先制
 4表 G1‐1S 1死から連打で1,3塁とし,川中がファーストへの内野安打で3
          塁走者が入り同点。1塁送球間のエラーで1塁走者は3塁へ
    G2‐1S 続く小田が1塁走者とのエンドランでライト前に落ちるタイム
          リー。なおも1,3塁の場面続く
    G3‐1S 続く田中がピッチャーの足下を抜けるセンター前タイムリー
    G5‐1S 鈴木の内野安打で1死満塁。これでGは6連打。宮崎凡退後,大須
          賀がレフトへ2点タイムリー
 4裏 G5‐2S この回先頭のベテラン佐藤がレフトポール際へソロホームラン
 6表 G6‐2S 川中,小田の連打で無死2,3塁から,田中がセンターへ犠牲フラ
          イ。2塁走者も3塁へ進塁
    G7‐2S 続く鈴木のセカンドゴロの間に,3塁走者がホームへ
 6裏 G7‐3S 野口が四球で出塁。盗塁後,橿渕の内野安打で無死1,3塁とし,
          代打ユウイチがライト前へタイムリー
    G7‐5S 本郷のセカンドゴロで1死2,3塁から,衣川がレフト線へ詰まっ
          た当たりのヒットで2人生還
 7表 G8‐5S 2死後原が四球で出塁。松谷の牽制悪送球で3塁まで進塁後,永池
          のレフト前タイムリーで追加点
 8表 G9‐5S 代打李が2塁打で出塁後,田中のタイムリーで得点
    G10‐5S 続く鈴木がサードゴロで走者が入れ代わり,その鈴木が2塁へ盗塁
          後,宮崎のレフト前ヒットで生還
 8裏 G10‐6S 2死後,ユウイチ,本郷の連打で1,2塁から,宮出がセンター前
          へヒットを放ち,2塁走者がホームイン

★短評★
 両チームの先発は,まずまずの仕上がりを見せた。スワローズの
山部は,毎回安打を打たれたものの,要所で変化球が決まり3回を無失点。開幕までに細かい制球が決まってくれば,1軍のチャンスも巡ってきそう。

 ジャイアンツの三浦も,ホームランこそ2本打たれたものの,5回を投げて被安打もその2本だけ。アウトの3分の2は内野ゴロで,変化球をコーナーに投げ分け,打たせる投球は見ごたえがあった。こちらも昨年同様,1軍でも重宝されるのではないだろうか。

 2番手以降の投手はピリッとしなかった。スワローズ2番手の
萩原は,今日の投球では空振りを誘う変化球が見られず,カウントをとりにいった球や追い込んだものの粘られてストライクに投げざるを得なくなった球を狙われた。

 ジャイアンツ2番手の西山も,サイドスローになってもコントロールが定まらず,走者を出しセットポジションになると,直球のスピードが落ち,連打されるという内容。

 打者については,スワローズ新人の
内田が先発出場したものの,走攻守とも精彩を欠く内容で,プロの球に慣れ切れていない印象。これからしっかり経験を積む必要がありそうだ。


  ■掲示板@2軍愛■