【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 4月13日 ウエスタンリーグ 2回戦 サーパス−広島(神戸)報告者:マリンライナーさん

  R H E
由宇カープ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 1
サーパス神戸 0 0 3 2 0 1 0 0 X 6 8 1


■由宇カープ   ■サーパス神戸
8  末永昌史  
7  早川大輔
7  井生崇光  
4  福留宏紀
2  倉義和   
8  高見澤考史
3  栗原健太  
3  五島裕二
DH 朝山東洋  
5  新井潔
6  甲斐雅人  
9  肥田高志
5  兵動秀治  
DH 板倉康弘
4  石橋尚登  
2  久保充広
9  天谷宗一郎 
6  平野恵一

P  横松寿一  
P  戎信行



友人と一緒に観戦したため、3回まで0−0のところでGS神戸を後にせざるをえませんでした。最後まで観戦したかったのですが、「にんげんドキュメント」で村上スカウトを取り上げた時に獲得までを描いた
横松寿一甲斐雅人が出場しました。

横松寿一の立ち上がりはよく、甲斐雅人は三振でしたが板倉康弘のショートゴロの守備はよかったです。

まさかこんなところで
戎信行をみられるとは。格の違いをみせつけましたが復帰は???

「にんげんドキュメント」といえば先日ブルーウエーブの契約金なし選手を取り上げていましたが、板倉もそのひとりで、
深谷亮司は試合前練習でみただけでしたが。契約金なしでも飛び込んだ選手の意気を買いたいところです。

肝心のマリーンズ観戦のためにGS神戸に来たのですが。・・・浦和マリーンズもまだ2勝ですし、でも塀内の一軍初ホームランはヨカッタです。


2002年 4月13日 イースタンリーグ 1回戦 巨人−西武(八王子)報告者:健一

■2002年4月13日(土) 川崎ジャイアンツvs所沢ライオンズ(八王子)

  R H E
所沢ライオンズ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 1
川崎ジャイアンツ 0 0 3 2 0 1 0 0 X 6 8 1

富岡久貴(4回)−竹内和也(2回)−福井強(1回)−内薗直樹(1回)
:●鄭a台(6回)−真木将樹(2回)−南真一郎(1回)

■所沢ライオンズ  ■川崎ジャイアンツ
(中)佐藤友亮   
(二)十川孝富
(二)水田圭介   
(中)山田真介
(遊)中島裕之   
(右)高野忍
(左)高山久    
(一)永池恭男
(右)大島裕行   
(遊)黒田哲史
(一)中村剛也   
(左)堀田一郎
(捕)細川亨    
(三)大須賀充
(三)玉野宏昌   
(捕)李景一
(投)富岡久貴   
(投)鄭a台

PL:本田英志 1B:深谷篤 2B:牧田匡平 3B:濱野太郎 


【大まかな得点経過(1回〜5回)】
先頭打者佐藤友亮にいきなり四球、すぐに二盗に成功。二番水田圭介三塁に送る犠打成功。3番好調中島裕之がセンターへの犠牲フライでライオンズ試合開始5分で先制。そして4番高山久が追加点となるレフトへの本塁打。

三回裏、高野忍が左中間への本塁打で一点を返し、永池恭男左安で出塁後、黒田哲史の右中間タイムリースリーベース、そして鄭a台が暴投で黒田哲史生還と一気に3失点。四回裏大須賀充が三塁手失策で出塁し二塁へ進む(これは強い打球でした)。そして李景一のタイムリーヒット!更に山田真介の二塁内野安打の間に李景一が三塁を蹴って本塁生還!でこの回2点目。

五回裏
富岡久貴から二番手竹内和也に交代の場面で、2軍戦中継終了。

画面は東京ドームでの試合前のジャイアンツナインの練習風景を映しています。今年は2軍戦中継時、1軍が東京ドームでの試合の場合は、途中で終了という構成なのかな?<そしてその分、2軍戦中継が増えたのか。


■所沢ライオンズ編

【気になる選手達(1回〜5回)〜ライオンズ編〜】

■富岡久貴(西)
久しぶりに見まして随分とイメージが変わったなあ・・・というのが第一印象(落ち着いたのね(笑))。テークバックは小さめ、投球フォームは背中を丸めるような感じで以前に比べて粘りが見られます。フォーム的には、下柳剛(日)または杉本正(元ダ)に近いものを感じました。

三回裏、四回裏とつるべ打ちになったとは言えそう救えない内容ではないかなと感じました。<両イニング共にアッという間の失点でした。

変化球主体(変化自体は大きくない)で威力あるストレートははまると手こずりそう(ボールに力があるだけに短いイニングではかなり有効!他球団編成は狙い目かもよ)。強いて言えば走者を背負った時の投球内容の不安定感、そして右打者の外側にいく球種がないだけに心許ない(コースが一本調子気味)。


■中島裕之(西)
三塁に走者を置いて高めのボールを叩いてセンターへ犠牲フライ(長打にならなかっただけバッテリーはラッキー!?)。打撃フォームは、先日の通りのイメージ(石井浩郎(横)にプラスして池山隆寛(ヤ)も加えましょうかね)、「リストの強い打撃」楽しみです。#高校通算43本塁打!だてではなさそうです。<この選手要注目ですよ!!


■高山久(西)
鄭a台のチェンジアップのような緩い球を引き付け強振!高い放物線を描いてレフト席に入る本塁打(抜けた変化球で高めの球でした)。二死満塁の場面では、力んで内野フライ!バットを叩き付けて悔しがっていました。


■中村剛也(西)
中村紀洋(近)だって入団時はこんなに肥えていなかったぞ。。。というぐらい高卒ルーキーながら既に中村紀洋入ってます(しかし本家に近づくためには絞るところは絞らなんとな)。打撃に柔らかさがあるので楽しみ(^^)
ライトフェンス直撃の安打あり、鄭a台の外側の真っ直ぐに力負けせず!


■細川亨(西)
大須賀充を二塁(李景一と間でエンドランか?)で刺す強肩を見せてくれました。低めの変化球を捕球後、素速く放られたボールがグーン!と伸びるぐらいに見えました(頼もしいですね!)。


■栗山巧(西)
代打登場。外角の真っ直ぐに近い抜けた変化球(恐らくスライダーか)を振り抜き右中間真っ二つの三塁打。ちょっと暴走気味でしたが、走塁中の栗山巧の背中に当たり結果セーフ。印象は、前述の通りで、端的に顕わすなら「打席での雰囲気として『高木大成(西)』を感じました。」ですな。



■川崎ジャイアンツ編

【気になる選手達(1回〜5回)〜ジャイアンツ編〜】

■鄭a台(巨)
最速144km/hのストレートも立ち上がりの制球が粗く、変化球が抜けるように高めに集まってしまいました。初回四球で走者を出し、犠飛・本塁打それぞれ高めの抜けた球でした。ボールには威力があるだけに勿体ないです。<逆に言えば低めに集まればなかなか攻略は難しいかもしれません。

初回以外は力で抑えたところもありますが、制球は全体的に高めに抜ける傾向。変化球はチェンジアップのようなドロンとしたボールが主、またフォークボールも抜けて同球種のように見える場面もありました。

中盤にかけて制球が整ってきたとは言え、5回表も四球が主で満塁のピンチもあったりとボールを押し込め切れず。2軍クラスであれば大怪我もしないのでしょうが、1軍なら1勝4敗ペースか!?(どういう表現だ(笑))


■高野忍(巨)
ミートに関してはタイミングの幅は狭いですが、当たればピンポン球のように飛んでいく持ち前のパワー。<スイングの振り幅が少ない「パンチショット」。

一打席目は、アウトコースのスライダーを踏み込みライト前安打、二打席目は左中間への本塁打。左腕には弱い彼ですが、内球がないだけに踏み込めたか?


■黒田哲史(巨)
シーズン前に内薗直樹と交換トレードでジャイアンツへ移籍した黒田哲史。グリップの端を握り長めにバットを使い、強くライナー性の打球を放とうとしているように見受けられます。本日の右中間真っ二つのタイムリー三塁打もライナー性の打球でした。#大柄な体格ながら器用な選手、この繋げる打撃は侮れません。逆に守備は大柄故に映えます!


■李景一(巨)
捕手としてプロ入り初先発出場。先月の教育リーグで「気になったのはイニングの合間の捕手の代わりで投手の相手をしていたのですが、投手への返球する腕の軌道がなんかギクシャクしていて、これで2塁へ強い送球が出来るのだろうか?と懐疑的にも思えました。」なんてことを述べましたが、佐藤友亮の盗塁成功に対してのスローイングは、やはりトホホでした。鄭a台のクイックとかの問題ではなく、スローイングモーションに問題ありか。同様に2回表水田圭介が二盗成功、これも送球動作が遅く、山なりの送球・・・、更にもう一つ4回裏水田圭介に走られました・・・無惨・・・(厳しめですがこのままでは失格・・・、ただ李景一はまだ若いっす、よね?)。本人、首脳陣とも分かっている課題だそうですので今後に期待したいです・・・うーん。<ライオンズも突いてきますねえ

また送球で肘を痛めたようなところもあったようです(ベンチにて左手で右肘を抑える場面あり)

打撃面では好調のようです。二打席目二塁に失策で出塁した大須賀充を置いて、
富岡久貴の内側ストレートに肘を畳んで二遊間を抜けるタイムリー安打(形は前述するほど綺麗なものではなく、根性ヒット)。そして山田真介の二塁内野安打の間に、二塁走者として三塁を一気に駆け抜け本塁へスライディング!セーフこれは好走塁(俊足では無さそうですが、気持ちの走塁か!)。

打撃はそう悪くないので、やはり捕手としてのリード面(ベンチからサインが出ていたみたいです)、そしてスローイング矯正・・・出来ることならば捕手に拘って欲しいな。ガンバレ李景一!#
詳細は分かりませんが、六回裏「本塁打 第2号」が出たそうですぞ。


2002年 4月11日 イースタンリーグ 2回戦 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:トシグリーンさん

初めてスコアを取ったので合っているか不安ですが。結果を載せていただきます。

■イースタンリーグ4/11(木) 湘南シーレックスVS川崎ジャイアンツ

                      H E
湘南シーレックス|010 103 100| 10 0
川崎ジャイアンツ|000 000 200| 7 1

:ターマン(6回1/3鈴木まで)−森中(1回2/3)−東(1回)
:真田(6回)−木村(1回)−十川雄(1回)−根市(1回)

本塁打
七野一号(真田)、内川一号(真田)、斎藤一号(ターマン)

盗塁死
高野(一回)、斎藤(二回)


■湘南     打安点  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 5  石井義 410  投ゴ 投ゴ       三振    右二    四球
 4  福本  410  三振    中安    二ゴ    投犠    三振
 98  田中充 410  左安    左飛    一ゴ    四球    三ゴ
 8  井上  300  二ゴ    二併       四球 三邪    
  9  南  100                          三振
 7  古木  421     三振    二ゴ    左安 右安  
 3  七野  421     右安    右本    二ゴ 三振  
 6  内川  423     左安    三ゴ    左本    三邪
 2  新沼  311     右安    四球    二ゴ    三飛
 1  ターマン300     三振    三振    三振
  1  森中 100                       二ゴ
  1  東  000

■川崎     打安点  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 5  十川孝 300  三振    四球       二ゴ 三振
 7  堀田  410  三振    二ゴ       左2 右飛
 9  高野  410  中安       三ゴ    二ゴ    一直
 4  永池  400     遊ゴ    中飛    一ゴ    右飛
  1  根市 000
 6  黒田  410     三振    中直       左安    二ゴ
 3  斎藤  332     三安       左二    右本
  5  川中 100                       二ゴ
 23  原   410        左二    左飛    右飛    遊ゴ
 1  真田  200        一ゴ    一直 
  1  木村 000
  H2  李  100                    四球    一ゴ
 8  鈴木  200        中飛    一ゴ    四球
  1  十川雄000
 4  山下  000
盗塁死
(川)、高野(一回)、斎藤(二回)


■湘南     回    球数  安  振  四死  責
 ターマン  61/3   103  7  3  3   2
 森中    12/3    29  0  2  0   0
 東     1      9  0  0  0   0 

■川崎    回     球数  安  振  四死  責
 真田    6     99  8  6  2   5
 木村    1     28  2  1  1   1
 十川雄   1      9  0  0  0   0
 根市    1     19  0  2  1   0



〜 選手の簡単な印象 〜

●湘南シーレックス

■ターマン(湘)
チェンジアップを有効に使って打たせてとるピッチングを展開。ただ90球を超えるあたりからコントロールが定まらなくなる。

■森中聖雄(湘)
1アウト1,2塁で登板も後続を断ち切る。球自体悪くないので早く一軍に戻ってほしい。

■東和政(湘)
球は見やすそうだが、速いストレートと、変化球(スライダー?)でしっかり抑える。向かっていく姿勢が見える点もよい。球の出所しだいでは後半戦あたり中継ぎで出てくるかも。

■七野智秀(湘)
真田の高めのストレートをホームラン。体で巻き込んで引っ張った感じでした。守備でも抜けるかというあたりをダイビングキャッチなど本日一番魅せた選手。

■内川聖一(湘)
真田の肩口から入る球をホームラン。狙って打った感じでした。守備機会は少なかったが無難にこなす。


●川崎ジャイアンツ

■真田裕貴(巨)
ストライクを簡単に先行させることが出来る自滅の少なそうなタイプ。中盤少しコントロールを乱すも三振を六つ取る。フィールディングもうまい。ヒットやホームラン二本はいずれも早いカウントを狙われた。これは真田より原に責任があるかも・・・。ただバント失敗が悔やまれる。

■木村龍治(巨)
ストレートの伸びが今ひとつ。コーナーを丹念に突いて抑えていた。ただ、いい頃の出来にはないので一軍では苦しいかも。

■根市寛貴(巨)
なんと言ってもフォームが綺麗でストレートの伸びもよい。ただ、今日はいい球と悪い球がはっきりしていた。リリースポイントが一定ではないのかもしれません。球質が軽そうな点も気になるが、コントロールがつけば上でもやれそう。

■原俊介(巨)
10球粘って二塁打を打ったと思えば、真田がバント失敗した(1ゴロ)さい、本来なら三塁タッチアウトぐらいのタイミングなのに、スタート悪く2,3塁間にはさまれるなど、いいところと悪いところが目立ったゲームだった。リードも、簡単に追い込もうとしたところを打たれるなど今ひとつ。リード面の課題は大きい。

■斉藤宜之(巨)
左に二塁打、右にホームランとさすが一軍でも期待の選手。ただ、二軍でも外野で起用してほしい。

■山下浩宜(巨)
守備固めで出てきて一塁への悪送球(併殺失敗)。エラーはつかなかったが、クロスプレーもないのにこのイージーミスはいただけない。


2002年 4月10日 イースタンリーグ 3回戦 西武−ヤクルト(西武ドーム)報告者:健一

  R H E
戸田スワローズ 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4 3
所沢ライオンズ 5 0 2 0 0 0 0 0 X 7 12 1

戸:平本学(5回)−河端龍(1回)−丹波幹雄(1回)−丹野祐樹(1回)
所:後藤光貴(5回)−佐藤秀樹(2回)−竹内和也(1回)−水尾嘉孝(1回)


■戸田スワローズ 打安点 ■所沢ライオンズ 打安点
(遊) 野口祥順 411 
(中) 宮地克彦 300
(中) 志田宗大 400 
 中  佐藤友亮 110
(指) 佐藤真一 300 
(遊) 中島裕之 523
 打指 ユウイチ 000 
(一右)大島裕行 420
(二) 本郷宏樹 301 
(左) 貝塚政秀 210
(一) 衣川幸夫 300  
一  中村剛也 100
 打  牧谷宇佐美100 
(右左)高山久  420
(三) 畠山和洋 400 
(指) 栗山巧  410
(右) 橿渕聡  430 
(三) カズ   300
(左) 宮出隆自 300 
 打  河田雄祐 100
(捕) 細見直樹 300  
三  玉野宏昌 000
             (捕) 細川亨  523
             
(二) 水田圭介 310

■戸田スワローズ 回 打安責
 平本学     5 3084
 河端龍     1 410
 丹波幹雄    1 410
 丹野祐樹    1 620

■所沢ライオンズ 回 打安責
 後藤光貴    5 1820
 佐藤秀樹    2 921
 竹内和也    1 400
 水尾嘉孝    1 300



■大まかな得点経過
ライオンズ打線が、初回平本学に襲いかかった。中島裕之の左中間本塁打で号砲を上げると大島裕行の四球に貝塚政秀高山久の連続右安で一死満塁。打者栗山巧、ここで暴投、、、これは細見直樹に体を呈して止めて欲しかった(左打者の内側に切れ込むスライダーでした)。そんな訳でライオンズ一点先制。結局栗山巧には四球、平本学は二死まで辿り着いたが、細川亨の右翼越えの走者一掃二塁打で更に3点追加。

三回裏、
カズ四球、細川亨は遊撃手野口祥順の失策で無死一二塁。水田圭介が犠打で送り、宮地克彦内野ゴロ(走者進めず)で一死一二塁、ここで絶好調中島裕之がライト越えのタイムリー二塁打で2点追加。

六回表二番手
佐藤秀樹の代わり端を捕まえて野口祥順の左翼席上段に突き刺さる特大ソロ本塁打等で2点を返すもののライオンズの細かい継投にかわされ「7−2」でライオンズが勝利。

試合内容は置いといて、ライオンズの若手に楽しみな素材がここ数年で増えて参りました(本日は、ルーキー4名揃い踏み!
細川亨中村剛也栗山巧竹内和也)。彼らを含めて若手がモノになるのか実際分かりませんが、彼らがチームの根幹を予定通り担ってくれると長期に亘るライオンズ時代到来です!#若手でも打線の軸となる「走者を返すことが出来る」選手が他チームと比べると多いと思います。


【気になる戸田スワローズの選手達】

■平本学(ヤ)
昨年は規格外の制球難でファン並び打者をも違う意味で畏怖させた剛腕@150km/hサイドスロー。課題の制球に注意を図っているのかストレートは、大凡140km/h前後と抑え気味か(中島裕之の奪三振時に146km/hを計測)。またすっぽ抜けているのか意図的なのか「インスラ(内側から巻き込んでくるスライダー)」を多投、結構打者が腰を引いてアクセントの一つとなった#細見直樹もそこら辺にミットを構えてもいるので半分以上は意図通りかも。<本日は立ち上がりを除けば過度の制球難はありませんでした(って除くなよな(笑))。

ただ走者を背負うと力むのかシュート回転するストレートが制御できなくなって無駄な四球後、痛打&連打というパターンで大量失点に結びついてしまいました。

しかし右打者を震え上がらすサイドからの内側に切れ込むシュート回転のストレート、同じく左打者の膝元に決まる同ストレート(左打者も腰を引いてしまう)が「ビシッ」と来るとさすがドラ1!ここで小さくまとまるのか?、そこそこの制球を身につける剛腕投手となりえるのか?育成方針そして本人の努力に期待です。


■丹波幹雄(ヤ)
190cmを超える巨体に「眼鏡」着用がクレバーっぽい(笑)。非常にがっしりとした体格ながらも投球の身上は「打たせて取るピッチングの軟投派」。緩い球(120km/hを切るタテのカーブ、他にもそれより少し速いスライダーにフォークまで)を交え打者のタイミングをずらし、140km/h弱のストレートと緩急命。投球フォームは、始動から中盤ぐらいまでは川崎憲次郎(ヤ→中)に似ているような印象。


■丹野祐樹(ヤ)
体型は豆タンク型(手足も短いような気がする、あまり撓りはないかも)でゆったりとしたフォームからストレート、カーブ・フォークの緩急と上下の変化で打者を打ち取る(球速は130km/h中盤)。これといった決め球はなく、全ての球が平均点と言った感じ。特長としてはボールの出し入れや制球力に光るものを感じます(丁寧さに磨きを懸けたい)。シュート系の球にも良いところがあるので打たせて取る・・・という投球術に期待です。#8回裏1回を投げたが、一死満塁とピンチを招いたがなんとか抑える(ここ一番のシュート系のボールが良かった)


■野口祥順(ヤ)
シャープというか、グラウンド上ではスリムに感じる三年目のドラ1遊撃手。ややオープンスタンスで振り子までじゃないですが、かなり内側に絞り込み反動を付けた打撃フォーム。佐藤秀樹の代わり端を叩き左翼席上段への本塁打を放ちました。


■志田宗大(ヤ)
青学ではキャプテンも任されたルーキー。守備では、初回二塁走者細川亨を本塁で刺殺する強肩と素速い動作はお見事でした。<不動のスタメンというよりバイプレーヤーの雰囲気を醸し出す!?


■本郷宏樹(ヤ)
4番セカンド。懐も深くボールを迎え入れる雰囲気がイイ感じです。パンチ力は、稲葉篤紀岩村明憲副島孔太といった左の中長距離打者と同様に備えており期待をかけています。守備位置は、登録では内野手ですが、外野・一塁・三塁そして二塁手といろいろなところを守っていてなかなか定着出来ないのがマイナス点。二塁手としての小気味良さからはややかけ離れますが、基本からそう外れている訳ではないと思うので、現在の土橋勝征の代わりの浜名千広城石憲之の二塁手争いに名前すら挙がらないのは辛い・・・。


■衣川幸夫(ヤ)
小柄ながら右足を軽くステップしてタイミングを取り、そして彼らしいフルスイングは気持ちが良いですねえ。小柄ながら系として「吉永幸一郎(ダ→巨)型」の左打ちの捕手(兼任で内野手もこなす)。#左の代打として1軍に割り込みたい。


■畠山和洋(ヤ)
重心が低くやや猫背気味に構える打撃フォームで、潜るようにしてスイングしていきます。入団当時だぶつき気味の95kg強の体重から90kgまで絞ったようです。2軍首脳陣からもこの打撃のスケールは相当なモノと認められています。<こういう一芸に秀でた「骨太打者」を見つけて欲しいもんですよね


■橿渕聡(ヤ)
今年は左足を上げて前に放り投げるようなタイミングの取り方でセンター方向に弾き返していました。今日は三安打と結果を出していました。チーム4安打の内、橿渕聡が三安打ですから本日はライオンズ投手陣が全体的に良かったです。


■細見直樹(ヤ)
後藤光貴の変化球・ストレートに付いていけず恐らく狙い球ではないボールに手をだしてしまうのかスイング後、悔しい表情も見せていました。


■宮出隆自(ヤ)
今年から投手を廃業し打者転向。巨体からのパワーを活かしたタイプの打者を目指す。途中代打出場、スイングは波打ちドアスイング気味。この手の打者転向話は結構あるが、パワー型へ打者転向はあまり成功例がない・・・そんな宮出隆自には投手としての力量もありながらの打者転向、是非成功して欲しいっすね。




【気になる所沢ライオンズの選手達】

■後藤光貴(西)
胸も十分張れて下半身にリードされるかのように腕も巻き付いていました。ストレートの伸びも非常に良く、フォークも鋭く落ちているようでした。球速自体は、ストレート140km/h前後で「伸び」を感じる球筋。追い込んでからのフォークは相変わらず効果的でした。

1軍先発陣のレベルは高いですが、
後藤光貴もその枠に入るだけの力はあると思います。後日の調整明けの昇格を待ちましょうか。本日は5回で降板ながら被安打2と好投。


■佐藤秀樹(西)
球威のありそうなストレート・変化球もまずまずなのに「これっ!」という 決め球が無く、135km/h前後のストレートと緩いタテ系の変化球との緩急のみ。いよいよ後がなくなってきました・・・。


■竹内和也(西)
プロ初登板のルーキー。サイドスローに近いスリークォーター(腰回転軸を見るとサイドスローにも見える)。腕が思いきり振れており外角に117km/h位のフッと浮くようなスライダーで空振りを奪っていました(持ち球にはパームボールもあり!この球でも奪三振)。ストレートは軽いシュート回転で130km/h台。

本日は1回を2奪三振と上々の初登板。投球は高卒ルーキーながらまとまっており中継ぎとして登板は少なく無さそうです@そうスケールのでかい投手ではないみたい。


■中島裕之(西)
昨年ルーキー時は代走出場と守備機会のみの観戦でしたが、打撃良いですね!バットを上段に構え両肩を捕手側に強く捻りエネルギーを充填しているように感じる(捻りが大きい!、私は石井浩郎(近→巨→ロ→横)の構えに相通ずるところ感じます!!)。そこから左足を上げタイミングを計り、本人曰く「ガツン」というぐらいの力強いスイング@安定感に多少欠けますが、この「リスト」の強い打撃は見応えあります<2三振あり

左中間席へ飛び込む豪快な本塁打(既に4号!)、そして追加点となるライトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打は流した感じではなく、喩えるなら右打者ながらライト方向に引っ張る感じの打球でした。いやー、活きの良い選手ですねえ。<皆さんの観戦記の中でも
中島裕之評が高かったので注目してみました(勉強になりました、はい)

ただ捕球時グラブ内でボールが遊び送球を焦り一塁への送球が逸れる失策もあり(数回守備機会を見たのですが、スローイングに難がありそうです、腕の振りがぎこちない)。現在は好調な打撃で
水田圭介を二塁に追いやるほどだが、守備の安定感も徐々に備えたいところ。


■貝塚政秀(西)
アマ時代は、内薗直樹(巨→西)とバッテリーを組んでいた元捕手、現外野手。プロ入り後打撃を買われユーティリティープレーヤーとしてのマルチぶりはご存じの通りです。上手くバットに乗せる「打撃技術」が売り。


■高山久(西)
下半身もどっしりしており、右方向への打球も腰が入っているのか、伸びる!!順応度は同期大島裕行よりも一枚上手。パワーにスピードも兼ね備えている。こねるきらいもあるが、一軍定着を楽しみにしたい#平本学からの死球に対して、投手側にムッと憤慨の様子


■栗山巧(西)
バットの始動が小さくコンパクトなスイング、しかしそのスイングは力強い。膝の柔らかさがあまり見られず上体で腕を被せていくような「固い」ところも見られました。しかしスピード感のある三拍子揃った選手の方向で現在育成中!<打席での雰囲気として「高木大成(ヤ)」を感じました。数年後楽しみな選手だと思います。


■カズ(西)
「カズ?誰だ?」と思ったら青木和義でしたか(今年に賭けてか登録名変更していましたね)。スイングが外回りの傾向があり、折角のパワーも持ち腐れ気味!?でした(九産大時代には、リーグ記録の本塁打数を誇るほどのパワーヒッター)。ただし今年は、バットのグリップをやや余し気味に持って、内側からバットを出そうと心掛けているのを感じなくはない。方向性としては大道典良(ダ)か。<ただこの「タイプ転向」は難しいんですよね。今年に賭けるカズ!


■細川亨(西)
伊東勤の後釜を期待したい大型捕手。お尻を少し突き出すような構え、リード面は良く分かりませんが、打撃では初回二死満塁の好機に走者一掃のタイムリー二塁打はナイスバッティング。


■中村剛也(西)
173cmと小柄な部類ながらその巨体は優に90kg強級。丸々肥えたといっていい感じかも知れません。しかしただのデブではなく打撃そして守備にも柔らかさを感じました。守備では、一塁に走者を置いた場面で、一塁ゴロを捌いて二塁へジャンピングスロー!と軽快なところを見せていました(守備範囲はそう広く無さそうですが、身の回りのことは意外と丁寧な仕事するかも(笑))。

本日はこねるような内野ゴロと死球(左脇腹にドスン)でしたが、パワー満点の打撃は興味尽きることなさそうです。#
貝塚政秀に代わり4番一塁手として途中出場。


2002年 4月 7日 ウエスタンリーグ 3回戦 阪神−広島(鳴尾浜)報告者:健一

■ウエスタンリーグ 4月7日(日)鳴尾浜タイガースvs由宇カープ(鳴尾浜)

※9回規定により引き分け R H E
由宇カープ 0 0 0 0 0 3 0 1 1 5 6 1
鳴尾浜タイガース 2 0 0 0 0 2 1 0 0 5 8 0

:林昌樹(5回)−筒井正也(1回1/3 ※関本健太郎まで)−佐竹健太(2/3)−シュームストロム(1回)−矢野修平(1回)
:吉野誠(6回)−部坂俊之(1回)−山岡洋之(1回)−舩木聖士(1回)

本塁打:
兵動秀治1号(吉野誠)、甲斐雅人1号(舩木聖士


■由宇       打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(左) 井生崇光  310 中飛       四球    捕ゴ    中2
(三) 兵動秀治  313 三ゴ       三振    左本:・  死球
(中) 森笠繁   411 遊ゴ       右飛    三振    中2・
(一) 栗原健太  400    ニゴ    三ゴ    三振    凡打
(捕) 倉義和   400    遊ゴ       遊ゴ    左飛    三ゴ
(遊) 甲斐雅人  421    遊ゴ       ニゴ    右2    左本・
(右) 田村彰啓  300       遊ゴ    ニゴ    三振      
 投  佐竹健太  000
 投  シュール  000
     ストロム
 打  鈴衛佑規  100                         捕ゴ
 投  矢野修平  000
(二) 石橋尚登  410       遊ゴ       左安 三直    一ゴ
(投) 林昌樹   100       三振
 打  朝山東洋  000                四球
 投  筒井正也  000
 右  天谷宗一郎 100                      ニゴ


■鳴尾浜      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中一)吉田浩   510 左飛 ニゴ       三振    凡打    左安
(遊) 斉藤秀光  410 左2    ニゴ    二飛    三失    一犠
(左) 桜井広大  200 四球    投ゴ    三振    四球
 投  山岡洋之  000
 投  舩木聖士  000
 打  山田勝彦  100                         三振
(二) 関本健太郎 420 ニゴ    遊ゴ       安打 右2・
(三) 梶原康司  322 中安・      三振    中2・
 打右 曽我部直樹 100                   中直併
(一三)エバンス  311 中安・      四球    三振    凡打
(右中)松田匡司  411 一直       中飛    左2・   遊ゴ
(捕) 中谷仁   100    三振    四球
 打  根本隆輝  100                中飛
 左  高波文一  100                      三飛
(投) 吉野誠   200    三振    三振
 打  広澤克実  100                三振
 投  部坂俊之  000
 捕  浅井良   000                         ニゴ


■由宇     回    安  振  四死  責
 林昌樹   (5回)   3  6   3  2
 筒井正也  (1回1/3) 4  2   1  2
 佐竹健太  (  2/3) 0  0   0  0
 シュール  (1回)   0  0   0  0
  ストロム
 矢野修平  (1回)   1  1   0  0


■鳴尾浜    回   安  振  四死  責
 吉野誠   (6回)   2  4   2  3
 部坂俊之  (1回)   1  1   0  0
 山岡洋之  (1回)   2  1   0  1
 舩木聖士  (1回)   1  0   0  1



【大まかな得点経過】

一回裏一死から
斉藤秀光が左中間への二塁打で出塁。更に桜井広大の四球でカープ先発の林昌樹を攻め、梶原康司エバンス連続のセンター前適時打で2点を先制。六回表初安打を許した吉野誠の投球内容が一変・・・走者を貯め兵動秀治にレフト越えの逆転3点本塁打。タイガースもその裏梶原康司松田匡司の連続二塁打で再逆転。更に七回裏兵動秀治の失策から始まり関本健太郎のライト線に入る二塁打で一点を追加。しかし八回表森笠繁の適時打、そして九回表には甲斐雅人の同点本塁打!とそれぞれ山岡洋之舩木聖士が捕まり九回試合終了の規定により5−5のドロー。



【気になる由宇カープの選手達】

■林昌樹(広)
球速は135km/h前後、シュート回転するストレートを軸に、120km/hを切る外にフッと浮くような感じのスライダーと内外を投げ分けるサイドスロー(序盤は右打者の内に制球が偏っていましたが、中盤からは散らしていましたよ)。内へはシンカー系の落ちる球もあり。昨年と比較するとサイドスローでも気持ち腕の出を下げた?為か球速は全体的にややダウン、制球重視の方向性なんでしょうな(入団時のオーバースローでは、140km/h中盤の球速で制球難という投手でした。この手の改造多いですね)。


■筒井正也(広)
元力士の父親譲りの身体のでかさ(体重100kg超)。投球フォームは、テークバック小さめ、担ぐようなオーバースローで大塚晶文(近)似。ストレート・フォークと高低差を活かした攻めが特徴。しかし下馬評の剛球は140km/hには届かず(136〜138km/h、高めの指に掛かったボールで139km/h)、125km/h強のフォークのコンビネーション。<まだまだ1軍は遠いか。


■シュールストロム(広)
前述の筒井正也並の巨体から135km/h前後の綺麗な球筋のストレート。緩い変化球もあるものの、以前の剛腕ぶりとは雲泥の差の現状・・・故障明けには前に近いものを見せてくれるのでしょうか。


■矢野修平(広)
無かったかもしれない九回裏に登場、甲子園では高鍋高のエースとしての投球フォームが記憶に残るところ(肘が悪かったので当時はもっと腕の出が低かったです)。現在は完全なオーバースロー、昨年の印象では、テークバックの小ささと担ぐような所がありましたが、そんなコンパクトに感じたところが「大きく」改造したようです。清川栄治2軍投手コーチ指導の下、長谷川昌幸(広)似のフォームに変身か!

球速はちと抑え気味で140km/h弱でしたが、本来は140km/hを優に越えることでしょう。今季1軍定着なるか!


■井生崇光(広)
第三打席の無死一二塁での犠牲バントは、打球を殺しすぎてしまい捕手の目の前にチョコン!三塁封殺、残念。八回表には一点差に詰め寄る井生崇光らしい「思いきりの良い」スイングでセンター左を襲う二塁打(新庄剛志(神→メ→ジ)に通ずるところもなきにも非ず ^^;)#盗塁1個記録。


■兵動秀治(広)
六回表走者を背負ってオロオロする吉野誠のストレートを引っ張り込みレフト越えの逆転スリーランホームラン!!! 七回裏には斉藤秀光の真正面の三塁ゴロを綺麗!?にトンネルという失策(しかも得点に絡む)もあり。


■森笠繁(広)
やはり左打席の方が、タイミングの取り方に「幅」を感じます。山岡洋之の外目のシンカーを巧くすくいセンター前へ運びました。#森笠繁は左投手に対しても左打席の方が良いかも。


■栗原健太(広)
打席でのドッシリ感があります(183cm 95kg)、左足を上げる打撃フォーム(中継に映る高い打撃成績は好スタート)。本日は吉野誠のストライク先行のテンポに合わず内球を引っかけ内野ゴロ。「江藤智(広→巨)」型の打率も残せるスラッガーに成れるか!楽しみな素材ですね(^^)。


■甲斐雅人(広)
スイング時のタイミングの取り方に独特なもの(打ちに行く時にやや後ろに引くような動き)を見せる若鯉。九回表鳴尾浜抑えの舩木聖士から価値ある同点本塁打。


■田村彰啓(広)
昨年ルーキー時の頃に比べると身体を開いていたオープン気味の打撃フォームも少し抑え気味になっていました。当時は「オープンスタンスで飯田哲也(ヤ)に似ていました。高校時代まではスラッガーだったそうですが、プロではどのような選手になるんでしょうね」なんて印象ですが、そう変わらず「バットコントロールの良さ」を感じました、、、ただ腕だけで当てに行くきらいもありもう少し振り切って欲しいもんです。


■石橋尚登(広)
選手名鑑には昨年同様「右投右打」とありますが、昨年からスイッチ打法を修得中(構えは両打席ともややオープン気味)。六回表吉野誠から三遊間を破るチーム初安打そして走者として吉野誠を揺さぶる(いや吉野誠が勝手に動揺したんか!?)。三打席目は左打席で立ち三塁手正面のライナーとボールを捕らえていました。

昨年も「辿々しい左打席」なんて感想を漏らしていましたが、振り込んで振り込んで潜在的な「シャープな打撃」を掘り起こせるか。


■天谷宗一郎(広)
終盤に代打で登場。左打席に立ちボールの見送り方にセンスを感じます(堂々としている感じ)。最後は二塁手左への強い打球。<石橋尚登同様足も速いぞ



【気になる鳴尾浜タイガースの選手達】

■吉野誠(神)
130km/h弱のストレート、100km/hちょいのカーブ
アウトコースのストレートで簡単にカウントを整え、内にもズバッとストレートそしてスクリュー、カーブやスライダーの緩急を活かしていました(本日は真っ直ぐを多投)。外側の制球となにより「テンポ」が良かったです(内野ゴロの山山山)。

しかし6回表に石橋尚登に安打を許しなにやら雲行きが・・・、更に四球(変化球の制球そして投球のリズムが、、、)を出し、兵動秀治に甘いストレートをレフト越えの逆転3点本塁打。<走者を背負ってからこの変わり様、、、どのポジションで起用すれば良いのか頭を悩ます左腕(××)#「先発or中継ぎ」そりゃあ、先発なんだろうけど信頼をそこまで置けぬ。強いて言えばロングリリーバーという中途半端な落とし所か・・・

毎度同じコメントですが、ボリューム感は相変わらずないっす、、、本日の前半の投球が1軍でも再現できるかどうかは怪しい!?(実績を残して一軍昇格を待ちたい)


■部坂俊之(神)
伊藤敦並にワインドアップから潜るのですが、球の出どこはスリークオーター気味のサイドスロー。ストレートは132〜135km/h、スライダーはスラーブに近く120km/h台。#そろそろ一軍の中継ぎに定着して欲しいなあ。


■舩木聖士(神)
豆タンク型、淡泊な投球フォームでボールにもあまり角度がなく現状では組易し投手か(ついつい1軍という目線でこの投手を見てしまうなあ、期待が小さくないのでね)。最速142km/h、大凡140km前後のストレート。少し球速を抑えたナチュラル気味のシュート(掛かっているのすらあまり感じない「ナチュラル」ですな)でバット一本へし折りました。

甲斐雅人の一発は痛かった・・・(××)。


■斉藤秀光(神)
あれっスイッチ解消?「右投」である林昌樹に相対して「右打席」ですぞ。急造ながら「左打席」の内側の捌きに良いモノを感じたんだけどなあ(同様に外側の球に対してはかなりキツイが)。

守備力は高く、前半戦吉野誠テンポに内野ゴロが多かったのですが、3回までに5個の守備機会。捕球後の真上から放る強肩は安定感あります。攻撃力の弱い1軍打線に守備固めのみの選手は入り込みづらいっす。己の打撃力向上以上にみんなの打撃向上も祈る今日この頃でしょう。


■桜井広大(神)
左の腰をやや開き、スイングしに行くときの右肩は少し下がり気味(良いのか悪いのかはあまりよく分からないのですが、ちと不格好)。上半身に力が入り、始動がやや遅れ気味。そんな不器用なパワーヒッターにありがちな差し込まれるようなところあり#ボールを乗せるという感じではなく「引っ張たく!」感じ。

一打席一スイング毎の「形」がまだ出来上がっていないようです。ただ打席での「思いきりの良いスイング」こそが嬉しいですねえ!この経験+技術力UPで一回りも二回りも大きくなって欲しいです。


■関本健太郎(神)
バットを大上段に構え打撃自体が大きく、リーチも長いのですが、そのリーチはあまり撓らず同期濱中おさむと比較すると「固い」印象。今年は岡田彰布2軍監督曰く「三番桜井広大、4番関本健太郎」が重点強化選手の最たる選手だそうです。

筒井正也の真っ直ぐをライト右へのタイムリー二塁打(矢野輝弘(神)が見せるライト方向への強い打球の打ち方に極めて似ていました)#大型選手関本健太郎!今年もやっぱり期待しまっせ。


■梶原康司(神)
構えたバットはややみぞおちの上でスイングは殊の外小さく(やや後ろに引くだけで一気に振り抜く)、本当にコンパクトなスイング。ボールを身体に近いポイントまで呼び込み、内側からスパッと振り抜きは「一閃」モノ!#「居合い抜き」系!
その反面外角の球は苦手・・・。インコースは身体を上手いこと一塁側に流しながら捌くのですが、遠目は逆に届かないです。

一打席目、高めの甘い球(スライダー)を擦るようにセンター前に合わせる先制打。三打席目も同じようにセンター前、しかしハーフバウンドを森笠繁が合わせられず後ろに逸らすようなタイムリー二塁打で計2打点。


■エバンス(神)
キャンプ時から続くスイング時の「ふらつき」は相変わらず・・・。センター前に強いライナー性の打球で追加点あり。しかしあのふらつくほどのフルスイングの方向性は同調したい部分もあるのですが、あそこまでふらつくのは如何なものかなあ。


■松田匡司(神)
筒井正也の真っ直ぐを左翼手越えの追加点となるタイムリー二塁打。昨年春先のチャンスをモノに出来ず(というか持ち上げられるだけ持ち上げられるものの機会を与えられずというところもあるぞ)に、忘却の彼方に行ってしまうのか、、、

個人的にも買っているのでなんとか良いところで起用したいが、チーム構成上なかなか難しい。他球団の編成に御願いするのもなんだが、かなりお薦めですぞ。実績だけの選手と交換すればいい仕事するよ、この松田匡司。


■中谷仁(神)
視力の方もなんとか馴れてきて偏頭痛はもう大丈夫(しかし回復はしとらん・・・)。昨年ぐらいから打席での雰囲気だけは良いような気がするんです。前までは突っ立ったような構えでしたが、少し前傾姿勢でバットのヘッドを揺らしタイミングを計る。。。そんな構えにボールに食らい付いていくぞ!というようなものを好意的ながら感じた次第です。#しかし打てんなあ(^^;)


2002年 4月 7日 ウエスタンリーグ 2回戦 ダイエー−近鉄(雁ノ巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

Bu 100 000 000 1
FDH 000 000 000 0

Bu ○門倉(7回)−山崎一(1回)−S石毛(1回)
FDH●若田部(5回)−斉藤(1回)−カスティーヨ(3回)

審判 球審:岡田 一塁:金子 三塁:古堅


2002年 4月 7日 イースタンリーグ 2回戦 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年4月7日(日)

  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−西武ライオンズ 2回戦
  1勝1敗0分 (ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 13:00
  曇り→晴れ 試合時間2時間58分
  ◆球審:村 越 1塁:津 川 2塁:−−− 3塁:新 屋(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:山 本(セントラル・リーグ)

                      H E
西  武 201 020 110 ・・ 13 3
日本ハム 000 000 100 ・・  4 1

○ 勝利投手 眞 山 1勝1敗  ● 敗戦投手 清 水 0勝1敗
本  本塁打 中 島  2号 清 水A 1回1死 (西  武)
       中 島  3号 清 水@ 3回無死 (西  武)
2B 2塁打 大 島 7回1死 (西  武)
 E 失 策 野 中 5回無死 (佐藤友遊ゴロを1塁悪送球)(日本ハム)
       玉 野 7回無死 (西浦三ゴロをトンネル) (西  武)
       玉 野 7回1死 (大貝三邪飛を落球=ファール)(西  武)
       玉 野 7回1死 (駒居三ゴロをファンブル)(西  武)
  盗塁失敗 小 牧 9回無死 (打者・大島) (西  武)
   併殺打 玉 野 5回1死 (田中賢−野中−小田) (西  武)
       飯 山 5回1死 (玉野−中村) (日本ハム)
       島 田 9回1死 (青木−中島−大島) (日本ハム)

(西  武) 打線爆発!中島2本3打点、大島、宮地2安打1打点、河田タイムリー、中嶋
       2安打等で13安打大勝!
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8  9
(9) 宮 地 5 2 1 2 0 三振 遊安    見振    遊ゴ     中安・
(8) 佐藤友 5 1 0 1 0 中安 二ゴ       遊失 三振     遊ゴ
(6) 中 島 3 2 3 0 2 左本:   右本・   四球    死 球 二ゴ
(DH) 貝 塚 4 1 0 1 0 見振    中飛    左安    中 飛
H DH 小 牧 0 0 0 0 1                          四球
(3) 中 村 2 0 0 1 0 三振    右飛
H 3 大 島 2 2 2 0 0             左犠・   左中2・   左安
(7) カ ズ 2 0 0 1 0    三振 三ゴ
H 7 河 田 3 1 1 0 0             左安・   二 ゴ    二併
(2) 中 嶋 2 2 0 0 1    左安    左安 四球
 H  栗 山 1 0 0 1 0                   三 振
 2  細 川 0 0 0 0 0
(5) 玉 野 2 0 0 0 0    遊ゴ    投犠 二併
H 5 原 井 1 1 0 0 0                       右安
(4) 水 田 3 1 0 0 0    右安    右邪    遊ゴ     投犠
     :             :  :  :  :  :  :   :  :  :
    残塁8 35 13 7 7 4  0  3  0  1  2  0   1  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 僅か4安打で攻撃にならず、数度の好機に三振、併殺打と打線空回り。阿久根、
       西浦、大貝、野中1安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(4) 田中賢 4 0 0 3 0 見振    三振       三振    二ゴ
 4  山 地 0 0 0 0 0 
(3) 小 田 4 0 0 1 0 遊ゴ       二ゴ    二ゴ    三振
(DH) 阿久根 4 1 0 1 0 遊ゴ       三振       左安    一ゴ
(7) 西 浦 4 1 0 0 0    二ゴ    一飛       三失    右安
 R  村 西 0 0 0 0 0
(9) 島 田 3 0 1 2 0    三振       三振    右犠・   投併
(2) 高橋信 1 0 0 1 1    三振       死球
R 2 駒 居 1 0 0 0 0                   三失
(8) 大 貝 3 1 0 1 0       二ゴ    右安    三振
(5) 飯 山 3 0 0 1 0       捕邪    三併    三振
(6) 野 中 3 1 0 2 0       左安       見振    見振
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁4 30 4 1 12 1  0  0  1  0  1  0  2  0  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振
(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(西  武) 先発眞山6回を2安打無失点の好投、大沼味方エラーで1失点、水尾、青木
       1回を無失点
 ○ 眞 山   6    20  2   0   1   8   0
   大 沼   1     6  1   0   0   2   0
   水 尾   1     3  0   0   0   2   0
   青 木   1     3  1   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 清水先発は荷重だったか、5回途中8安打4責点、櫻井2失点、フリューリー
       不用意な失点、山口無失点
 ● 清 水   4 0/3  22  8   2   1   5   4
   櫻 井   2     7  1   0   1   1   0
   フリューリー   1     5  1   0   1   1   0
   生 駒   1     5  2   0   0   0   1
   山 口   1     3  1   0   1   0   0


日本ハム1−西  武

前夜半から降り始めた雨が朝方で止み、グラウンド状態は絶好でないものの天候には心配なく試合開始となった。開始後には少しの晴れ間も見えて、まずまずのコンディションに。前日劇的に勝利の日本ハム、前年のチャンピオンを鎌ヶ谷に迎えての2回戦、連勝で上位に付けていたい。

日本ハムの先発は前週、正田との完封リレーで好投の左腕清水、今週はスターターでのマウンド。前週同様に好投を期待。

1回西武は、今日は1番に入った宮地が三振も、続く佐藤友がストレートを弾き返してレフト前に痛烈な当りのヒット、3番中島、打った瞬間にレフト西浦があっさり追うのを中止する完璧な一打は、第2号先制ツーランとなって西武が試合開始5分程度で早くも2点をリード。4番貝塚、5番中村は連続三振で1回の清水は3つのアウト全てを三振に仕留めたが、立ち上がりを捕えられた。

西武先発は眞山、その眞山に日本ハム打線が散々なメに遭うとはまだ予期できない。1回裏日本ハムの攻撃は、1番田中賢が見逃し三振に倒れると、小田、阿久根の左打者が打たされた感のあるショートゴロで3者凡退。右対左の有利が全く生かせず。

不安なスタートの清水だが、今日は本当に調子が悪かったらしい。2回も西武に攻め立てられる。1死から、7番先発マスクの中嶋にレフト前にクリーンヒット、玉野がショートゴロで2死も9番水田が、巧く合わせたバッティングはセカンド右を転がってライト前ヒット。2死1、2塁として1番に戻って宮地、痛烈な打球をピッチャー返しすると、これが清水の足に当ってショート方向に転がる。野中が捕るがドコにも投げられず2死満塁のピンチ。打球が当った清水には影響はなかった様子。初回に続く得点機に2番佐藤友だったが、ここはセカンドゴロで清水ピンチ脱出。

2回日本ハムは、4番西浦からだが、セカンドゴロ。続く5番は前日の立役者・島田。しかし三振、6番高橋信も三振でこ
の回も3者凡退。

3回西武は、1回に完璧な一発を放った3番中島から。すると今度はまたも「完璧に」ライト方向への大きい当り。これもあっさり島田が見送って第3号ソロホームランは2打席連続、西武が3−0と試合を一方的なペースに持ち込み始める。後続は3人とも凡退。

3回裏日本ハムは2死から、期待のルーキー野中。キャンプ、オープン戦を1軍帯同した実力を発揮できるか?野中はその期待通りにチーム初安打をレフト前に運んで出塁。1番に戻って田中賢だが、またも三振でチャンスメイクできない。

4回西武は、7番中嶋が第1打席同様の当りをレフト前に弾き返して出塁、これを8番玉野がキッチリ送って1死2塁。9番水田がライトファールフライ、1番宮地が見逃し三振で追加点にはならない。

4回裏も日本ハムは、右投手の眞山に左打者の小田、阿久根が出塁できず4番西浦がファーストフライで4回で3度目の3者凡退。

5回も西武は清水を攻める。2番佐藤友からだが、佐藤友の打球は平凡なショートゴロ。しかしこれを野中が1塁へ悪送球、ベースの上には投じていたが、小田がジャンプしてやっと届く位置でこれがエラー。続く2打席連発を浴びている中島を半ば敬遠気味の四球で歩かせると、清水はもうこれ以上抑えられる状態でなくなっていた。4番貝塚にレフト前へワンバウンドでヒットを打たれて1死満塁のピンチを招くと、ここでピッチャー交代。8安打4責点で前週の好投の面影がなくなってしまった。2番手マウンドには櫻井が上がる。続くは中村に変わって代打は、大島。その大島が変わりっぱなの初球を流してレフトへのライナー性の打球。これが犠牲フライとなって1点を追加4−0とした。さらに1死1、2塁として続くカズに代わって代打は河田。その河田が、思い切り詰まった打球だったが、飛んだ位置が守備陣にはつらい所、サード後方へフラフラッとした打球。これがレフト前タイムリーとなって5−0と試合を決定づけた。中嶋は四球を選んで再び満塁と西武は大量点のチャンス。しかし玉野がセカンドゴロの併殺打で大量失点は逃れる。

5回裏日本ハムにアクシデントが発生する。5番島田が三振して1死から6番高橋信。特にこれまで荒れ球は見受けられなかった西武先発・眞山が唯一の失投でもしたのか、高橋信の指に死球を与えてしまう。高橋信はそのまま負傷退場し、代走は駒居。続くは7番大貝がライト前ヒットで1死1、2塁とようやく反撃の態勢が出来た。しかし、続く8番飯山の打球は、3塁線を鋭く襲うゴロ。抜けていれば長打コースは確実な打球だったが、これをサード玉野が横っ飛びで好捕!そのままベースをグラブごとタッチしてフォースアウト、1塁へ送球して飯山もアウトの併殺打で、前半を終わって西武が5点のリード。

6回西武は9番水田からだが、日本ハム2番手の櫻井が3人で抑えてこの試合初めて3者凡退に。

6回裏日本ハムも9番野中からだったが、1番の田中賢と連続三振で3者凡退。全く攻撃にならないイニングが続く。

7回から日本ハムは3番手にフリューリーをマウンドへ送る。7回西武は3番中嶋から。しかしフリューリーが死球を与えてしまうと、続く4番貝塚を打ち取ったものの、5番中村の代打・大島に簡単に左中間へ持っていかれて、これがタイムリーツーベースで西武1点を追加し6−0とした。

7回裏から西武はコア等の先発眞山に代えて2番手に、大沼を送る。しかしその大沼が見方のミスから失点する。日本ハム7回の攻撃は、3番阿久根から。外角球を当てただけだったが、これがレフト前ヒット、続くは西浦。強い当りのサードゴロに玉野がこれを綺麗にトンネル。無死1、3塁として5番島田がライトへの犠牲フライでようやく1点を返して6−1に。さらに、死球で途中交代した高橋信に代わって代走からマスクの駒居。またもサードゴロだが、今度は玉野がこれを前に弾いてエラー。1死1、2塁と反撃開始かと思ったが、続く大貝、飯山が連続三振で1点止まり。

8回から日本ハムは4番手に生駒をマウンドへ。西武は前の回に2つのエラーの玉野に代わって代打は原井。原井の打球はファースト小田のミットを掠めてライト線へ転がる。これがツーベースとなり、続く水田が大量点差にも関わらず、送りバトでランナーを進塁させる。1番に戻って宮地、センター前にライナーで落ちるヒット、これを捕球した大貝がバックホームする。しかし、ストライク返球だったが原井の滑り込みが早くセーフ。タイムリーヒットでダメ押しの7点目が入る。

8回から西武は3番手に水尾が登板。日本ハムは9番野中からだが、またしても見逃しの三振。この回も2三振で毎回三振が止まらない。

9回日本ハムは5番手に山口がマウンドへ。西武は4番貝塚に代わって代打は小牧。四球で出塁すると、続く大島の初球に盗塁を敢行。しかし、明らかにスタートが遅く、駒居が2塁へ送球した時点で、まだ1、2塁間の半分にも届かない位置。勿論小牧の到着を待ってタッチアウト。大島がレフト前ヒットで出塁も続く、代打河田がセカンドゴロ併殺打。

9回日本ハムは、1死から4番西浦がライト前ヒットで出塁も、続く島田が強い当りだったが、ピッチャーゴロで万事休す。併殺打となってしまい試合終了。

西武は6回を除き、毎回安打の猛攻で日本ハムの連勝狙いを阻止。投げては先発眞山が6回8奪三振の好投、リリーフ陣も不安定な投球がなく、ほぼ完封勝利に近い投球。日本ハムは、チャンスメイクどころか9回を除いて逆に毎回三振と散々。しかも外野飛球がヒットの4本と島田の犠牲フライ1本のみという、打てないゲームの典型的なパターンで連勝ならず。
 

記録の訂正をお願いします。 投稿者:みつとも  投稿日: 4月18日(木)23時05分08秒

  こんばんわ、先日の書き込み4月7日(日) 鎌ケ谷での日本ハム−西武2回戦の記録
  の訂正をお願いします。

  書き込みの上では、西武のエラーを「2」、玉野選手のエラーを2つ書き込みましたが、
  球場では、西武のエラーは「3」になっていました。完全に弾いてのエラーが2つと、1
  つは、ファールフライを落球したものがありましたが、公認野球規則に「ファールフライ
  を捕球していれば、アウトが1つ増えるはず」(文章を暗記しきれませんでした)という
  のがあり、一見「落とせばファール」と思いがちなプレーを「失策ではない」と自己判断
  してました。判断が微妙なプレーで、何やら色々書いてありましたが、またこんな機会が
  あったらその時には、必ず説明できるようにします。

  そんなワケで以下の1行を足して下さい。

  E 失 策 玉 野 7回1死 (大貝三邪飛を落球=ファール)(西  武)

  この記録の訂正に、試合を見てもいないのに、一瞬で間違いを指摘して下さった「プロ」
  には、当分記録取りではかないませんです。 >ひなさんアリガトウです。


わざわざの訂正有り難うございます(上記訂正済)。by健一@管理人

2002年 4月 6日 イースタンリーグ 1回戦 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年4月6日(土)
 
  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−西武ライオンズ 1回戦
  日本ハム1勝0敗0分 (ファイターズスタジアム鎌ケ谷) 13:00
  晴れ→曇り 試合時間2時間43分
  ◆球審:新 屋 1塁:村 越 2塁:−−− 3塁:平 林(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:新向井(セントラル・リーグ)

                     H E
西  武 000 010 000 ・・ 6 0
日本ハム 010 000 002x ・・ 6 1
     (9回サヨナラゲーム)

○ 勝利投手 厚 沢 1勝0敗  ● 敗戦投手 内 薗 0勝1敗
本  本塁打 阿久根  2号 富 岡@ 2回1死 (日本ハム)
       島 田  1号 内 薗A 9回1四 (日本ハム)
2B 2塁打 貝 塚 1回2死 (西  武)
       高橋信 1回2死 (日本ハム)
SB 盗 塁 野 中 8回無死 (打者・大貝)(日本ハム)
 E 失 策 山 田 5回2死 (佐藤友三ゴロを後逸=タイムリーエラー)(日本ハム)
   ボーク 正 田 3回無死 (打者・佐藤友)(日本ハム)
   走塁死 野 中 8回無死 (大貝投前バントで3塁狙い)(日本ハム)
   暴 投 正 田 5回2死 (打者・佐藤友)(日本ハム)
       富 岡 8回1死 (打者・田中賢)(西  武)

(西  武) 初回から得点機会もタイムリー出ず。中島2安打、貝塚ツーベースも11三振の
       拙攻で3連勝止まり
        打 安 点 振 四   1  2  3  4  5  6  7  8  9
(8) 佐藤友 4 0 0 0 0 投 ゴ    一ゴ    三失    三ゴ
(9) 宮 地 3 0 0 1 1 二 ゴ    三振    四球       一ゴ
(6) 中 島 4 2 0 0 0 中 安    三ゴ    二ゴ       遊安
(DH) 貝 塚 4 1 0 1 0 左越2       遊ゴ    二ゴ    三振
(3) 中 村 4 0 0 4 0 三 振       三振    三振    三振
(5) 玉 野 4 0 0 1 0     遊ゴ    遊ゴ    二ゴ       三振
(7) カ ズ 4 1 0 2 0     遊ゴ       見振    左安    見振
(2) 細 川 3 1 0 2 0     三振       中安    投犠    三振
(4) 水 田 3 1 0 0 0        右安    右直    投ゴ
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7 33 6 0 11 1   2  0  1  0  2  0  1  1  0
                  見振は見逃しの三振

(日本ハム) 島田劇的なサヨナラツーランで鎌ケ谷開幕戦白星スタート。阿久根2号は技あり、
       高橋信3安打猛打賞
        打 安 点 振 四  1   2  3  4  5  6  7  8   9
(6) 田中賢 4 0 0 2 0 三振     一ゴ       二ゴ    三振
(7) 原 田 4 0 0 1 0 遊飛     投ゴ       三振    二ゴ
(2) 高橋信 4 B 0 0 0 中2        遊ゴ    中安       遊 安
(DH) 西 浦 3 0 0 2 1 一飛        四球    三振       三 振
(9) 島 田 4 1 2 1 0    左 飛    三振       右飛    左中本:
(4) 阿久根 3 1 1 0 0    左中本・   左飛       二ゴ
(3) 小 田 3 0 0 1 0    見 振       遊ゴ    二ゴ
(5) 山 田 3 1 0 1 0    投 ゴ       三振       左安
 R  野 中 0 0 0 0 0    
 5  飯 山 0 0 0 0 0
(8) 大 貝 3 0 0 2 0        三振    三振       投ゴ
     :             :   :  :  :  :  :  :  :   :
    残塁4 31 6 3 10 1  1   0  0  1  0  1  0  1   0x
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(西  武) 富岡8回まで4安打1失点の好投も9回対右打者対策で交代。内薗痛恨のサヨナラ
       ツーラン被弾
   富 岡   8    29  4   0   1   9   1
 ● 内 薗    1/3    3  2   1   0   1   2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 正田白星付かずも6回1失点の好投、武藤1回を1安打無失点、厚沢5者連続三振
       で今季初勝利
   正 田   6    24  4   0   1   6   0
   武 藤   1     4  1   0   0   0   0
 ○ 厚 沢   2     7  1   0   0   5   0

日本ハム3x−1西  武

足早に進む春に合わせて、グラウンド上の芝生も緑色が目立ち始めてきた日本ハムの本拠地・鎌ケ谷球場。今年はどんなドラマが展開されるだろうか?開幕から2勝2敗のイーブンの日本ハム、週半ばの対千葉ロッテ戦を3タテで4連勝を狙う2位西武との今季第1回戦、東映フライヤーズで1時代を築いた土橋正幸氏の始球式で試合開始。

1回表 西  武 打者:5 安打:2 三振:1 四球:0 『日本ハム −0西  武』
日本ハムの先発は、先週の対湘南戦で6回無失点と好投で今季初勝利だった正田、本拠地でも好投を期待。西武1回の攻撃は1番佐藤友。2−1からの4球目内角高目のカーブを打つが投前へのボテボテのゴロ。正田が捕って1塁へ送球。2番宮地、これも2−1からの4球目カーブを打ってセカンドゴロ。3番中島、3球続けてボールから1球空振り、1球見逃しで2−3フルカウントとして続く7球目。内角へのストレートにやや詰まった感じも、ライナーでピッチャーを抜けてセンター前ヒット。4番貝塚、2−1からの5球目やや高目へのストレートを流し打つと、この打球が伸びてレフトフェンス直撃のツーベース。1塁ランナー中島は3塁ストップで2死2、3塁として、5番“浪速のカブレラ”ことルーキー中村。しかし、2−1からの5球目高目ストレートに空振りの三振。2者残塁。

1回裏 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『日本ハム0−0西  武』
西武の先発は、かつてのドラフト1位投手も典型的な「鳴かず飛ばず」に苦しむ富岡。しかし今日は飛ばなかったのは日本ハム打線のボールになるとは・・。1回日本ハムの攻撃は、1番田中賢。2−3フルカウントからの6球目外角へのスライダーに空振り三振。2番原田、2−2からの5球目を打ち上げてしまいショートフライ。センター前の位置でフラつきながらも捕球。3番高橋信、1−1からの3球目を弾き返すと打球は、早い球足でセンター右へ転がるヒット、高橋信は迷わず2塁へ向かい滑り込んでセーフ。ツーベースにツーベースでお返しし日本ハムも1回から得点のチャンス。続くは4番西浦、しかし1−1からの3球目を打ち上げてファーストフライ。

2回表 西  武 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム0−0西  武』
2回西武は6番玉野から。2−1からの4球目を打ってショートゴロ。7番カズこと青木和義、改名して心機一転なるか。2−2からファールで粘って9球目が外角高めに外れて2−3フルカウント。さらにファールで12球目、内角へのストレートのバットが折れてショートゴロ。8番期待のルーキー細川、2−1からの4球目内角へのカーブに空振り三振。両チーム初の3者凡退。

2回裏 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『日本ハム1−0西  武』
2回日本ハムの攻撃は5番島田から。初球攻撃に出るがレフトフェンス手前で失速のレフトフライ。6番阿久根、0−1からの2球目を外角球を巧くジャストミートすると、これが左中間の一番深い所へ飛ぶ。そのままスタンドインで第2号ソロホームランで日本ハムが1点を先行した。7番小田、2−1からの4球目カーブに見逃し三振。8番山田、2−1からの4球目内角ストレートにバットが折れてピッチャーゴロ。

3回表 西  武 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『日本ハム1−0西  武』
1点をリードされた西武3回は9番水田からの攻撃、2球で2ストライクと追い込まれてからの4球目、内角球を打つと打球が詰まりながらも、セカンドをフラフラと越えてライト前へ落ちるヒット。1番に戻って佐藤友、バントの構えから初球をバントは一塁中間辺りへのファール。ところが、これと同時に1塁塁審・村越がボークをコールしており、水田は2塁へ。ファールはカウントされず。正田のセットが完全に停止していなかった。佐藤友は2−1からの4球目打ち損なった打球は一塁線上へのファーストゴロ。水田は3塁に進む。1死3塁と同点のチャンスに続くは2番宮地、2−1からの4球目低目への変化球に空振り三振。3番中島、1−0からの2球目を打ってサードゴロ。ライン際ベースの後ろで捕球した山田が1塁へ送球してスリーアウト。

3回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム1−0西  武』
日本ハムもこの回は9番からの攻撃。大貝は2−3フルカウントからの6球目ストレートに空振り三振。1番に戻って田中賢、初球を引っ張ってファーストライン際への強いゴロ。抜ければ長打コースだったがこれを中村が捕ってファーストゴロ。2番原田、3球続けてボールで結局2−3からの6球目外角への変化球ほ打ってピッチャーゴロ。3者凡退

4回表 西  武 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム1−0西  武』
この回は4番貝塚からの攻撃、2−2からの5球目外角へのストレートを打ってショートゴロ。5番中村、2−2からの6球目内角高目のストレートに空振り三振。6番玉野、2−1からの4球目ストレートにバットが折れてショートゴロ。3者凡退。

4回裏 日本ハム 打者:4 安打:0 三振:1 四球:1 『日本ハム1−0西  武』
日本ハムはこの回はクリーンアップに打順が回る、追加点を期待。3番高橋信から、2−2からの7球目外角高目のストレートを引っ掛けてショートゴロ。詰まったゴロとなり高橋信が1塁へ駆け込み、中島からの送球と微妙なタイミング。セーフにも見えた感じだか1塁塁審・村越はアウトの判定。これに菅野コーチが抗議、白井監督も直にベンチを飛び出し抗議も判定は変わらず。4番西浦、1−3からの5球目カーブがベース手前でワンバウンドして四球で出塁。5番島田、2−1からの4球目カーブに空振り三振。6番先程ホームランの阿久根、一発を警戒してか3球続けてボールの後1球ストライクで1−3からの5球目。外角低めにバットを合わせただけになってしまい、レフトフライ。カズがショート後方まで前進してきて捕球。

5回表 西  武 打者:6 安打:1 三振:1 四球:1 『日本ハム1−1西  武』
西武は7番カズから。2−1からの4球目ストレートにバットが止まったが、それ以前に球審・新屋が見逃し三振をコールしていた。8番細川、初球打ちはピッチャー正田の足元をゴロで抜けてセンター前ヒット。9番水田、初球攻撃は流し打ってライトへのライナー。これに島田が前進してきてスライディングキャッチの好捕、塁間に出ていたランナーほ刺すべく1塁返球はセーフ。1番に戻って佐藤友、そのカウント2−2からの6球目高目へのストレートが大きく外れて高橋信が飛びついて捕りに行くが、ミットを掠めてボールがバックネットへ。暴投で2死2塁となる。佐藤友は2−3フルカウントからの7球目を打ってサードゴロ。何でもないゴロに見えたが、山田がグラブだけで捕りに行ったからか、バウンドが変わりこれを後ろに逸らしてしまう。2塁ランナー細川が生還してタイムリーエラーで1−1の同点になる。正田は不運に失点で直も2死1塁。2番宮地には動揺が出てしまったのか、左打者にも関わらずストレートの四球。塁上は1、2塁と詰まるが、打順は3番中島。2−2からの8球目外角ストレートを引っ掛けてセカンドゴロ。ピンチ脱出も同点になる。

5回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:2 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
同点にされた日本ハムはこの回、下位打線に回る。7番小田から、初球を打ってピッチャーの左足元をゴロで抜けるがショート中島が回りこんでいて捕球し1塁へ送球。8番、先程手痛いエラーを犯してしまった山田、借りを返せるか?しかし2−2からの5球目を空振りで三振。この三振で何を思ったのか、西武細川捕手がボールを審判に渡してベンチへ帰ろうとしてしまうが、まだツーアウト。直に気付いたので何事もなかったが、一瞬の珍プレーが。続くは9番大貝、2−2からの5球目高目への変化球に空振り三振で今度こそスリーアウト。

6回表 西  武 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
4番貝塚からの攻撃、1−0からの2球目外角へのカーブを打ってセカンド正面へのゴロ。5番中村、2−2からの6球目外角やや高目へのストレートに空振り三振。6番玉野、初球を打ってセカンド正面へのボテボテのゴロ。阿久根が出てきて捕球、3者凡退。

6回裏 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
2回に阿久根の一発以外これといってチャンスが築けない日本ハム打線、西武先発の富岡から追加点が奪えない嫌な展開。この回は1番田中賢から、2−1からの4球目を打ってセカンドゴロ。2番原田、2−3フルカウンからの6球目内角低目へのカーブに空振り三振。3番高橋信、0−2からの3球目ストレートを打ってショート右を鋭く抜けてセンター前ヒット。4番西浦、2−0からの3球目変化球に空振り三振。

7回表 西  武 打者:4 安打:1 三振:0 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
日本ハムは6回まで4安打1失点と好投の正田に代わって2番手マウンドに武藤を送る。西武は7番カズからの攻撃。0−1からの2球目を打って三・遊間を抜けてレフト前ヒット。8番細川、初球をバントし武藤がこれを捕って1塁へ送球して送りバント成功。1死2塁となって9番水田、2−2からの5球目を打つがピッチャーゴロ。武藤が捕って2塁ランナーカズを見てから1塁ヘ送球してアウト。1番佐藤友、2−3フルカウントからの6球目、引っ張ってライン際へのサートーゴロ、山田が捕って慎重に1塁へ送球してアウト。

7回裏 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
日本ハム「ラッキー7」の攻撃は5番島田から。2−1からの4球目バットが割れてライトフライ。6番阿久根、初球打ちもセカンドゴロ。7番小田、1−1からの3球目引っ掛けてセカンドゴロ。簡単に3者凡退で攻撃終了。

8回表 西  武 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
日本ハムは2番手武藤に代わって3番手には厚沢がマウンドへ。西武は2番宮地から、1−1からの3球目を思い切り引っ張るがファーストゴロ。3番中島、2−1からの4球目を打ってショートゴロ。これがショート左深い所へ転がって、田中賢が追いつき捕球。1塁へ送球もセーフ内野安打。4番貝塚、2−1からの4球目変化球に空振り三振。5番中村、今日3三振ときたいに応えられていないが、この打席も2−2からの5球目高目のストレートに空振り三振。

8回裏 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:1 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
日本ハムはこの回8番山田から、0−1からの2球目を打ってサード右を鋭く抜けてレフト前ヒット。1塁に到達した所で代走が送られる。ファーストランナーは野中。9番大貝、初球からバントの構えに1球目をバント。しかしフライになってしまう。が、これはバックネットでファール。続く2球目に野中がスタートを切っており、細川が2塁送球も間に合わず盗塁成功。大貝は1−1からの3球目を再びバント、ところがこれが投前に強く転がってしまい富岡が素早く捕って3塁へ送球。野中が駿足といえどこれはタッチアウトでバント失敗。1番に戻って田中賢、2−2からの6球目内角高目への投球を細川が捕れず暴投。大貝が労せずして2塁に進む。田中賢は2−3からの8球目を空振り三振。2死2塁となって2番原田、2−1からの4球目を打つがセカンドゴロ。

9回表 西  武 打者:3 安打:0 三振:3 四球:0 『日本ハム1−1西  武』
日本ハムは代走の野中に代わってサードには、昨日からファーム落ちとなってしまった飯山が入る。西武9回の攻撃は6番玉野から。2−2からの5球目カーブに空振り三振。7番カズ、2−0からの3球目低目へのストレートを見逃して三振。8番細川、2−1からの4球目低目への変化球に空振り三振。厚沢対右打者3人を3者三振のなで斬り!

9回裏 日本ハム 打者:3 安打:2 三振:1 四球:0 ○日本ハム3x−1西  武●
西武はここまで好投の先発・富岡に代えて2番手に先日巨人からトレードの内薗をマウンドへ。しかしこれが・・・。日本ハムは1点を取ればいい状態、この回はクリーンアップに回る。一発に期待が掛かる。3番高橋信から、2−1からの4球目を打ってショートゴロ。やや詰まった打球だったからか、中島が捕って一瞬ボールを持ってしまうが1塁へ送球、高橋信が1塁へ全力で駆け込むとこれがセーフ!内野安打となって出塁。続くは4番西浦、2−1からの5球目内角高目へのストレートに空振り三振。そして、劇的なクライマックスはここにいました。続くは5番ケガからの復活、1軍昇格へ焦らずとは言うものの、1軍外野戦線が好調なだけに結果が欲しいのは、島田。初球やや高目を思い切り叩くと打球は一瞬にして長打と分る飛び方、そのまま左中間の最も深い位置へ入る、サヨナラツーランホームラン!!前週こんな一発に泣いた日本ハムが、今度は一発の魔力を見せつけるホームランで鎌ケ谷球場開幕戦を白星で発進。島田がホームへ還って来ると、ネクストサークル付近でお決まりの「儀式」に包まれる。

日本ハムの先発・正田は6回まで1失点、タイムリー等がなく四球も1つだけと好投。打線が早い回に追加点を奪えなかった為白星は付かなかったが、先週の対湘南戦同様にナイスピッチング。「新・ストライクゾーン」でなければ好投は有り得ない。といった低い評価を覆す投球が続き、1軍へのステップをまた一つ上がった筈。3番手厚沢は今季初勝利、8回1死から9回まで5者連続三振と勝利投手に相応しい内容。西武は、9回の対右打者対策に交代した先発・富岡の好投が報われず。打っても期待の新人・中村が4三振と振るわず、連勝は3でストップ。日本ハムはこれで2位に浮上した。■試合終了時刻15:43


2002年 4月 5日 ウエスタンリーグ 1回戦 ダイエー−近鉄(雁ノ巣)報告者:あすちさん

5日 FDH×Bu(雁ノ巣球場) R H E
藤井寺バファローズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 4 0
雁ノ巣ホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 2

FDH 0-1 Bu
○高木康成(8回)−盛田幸妃(1回)
●永井智浩(6回)−寺原隼人(3回)

勝:高木 S:盛田 負:永井
ちなみに今日の雁ノ巣、寺原登板予告のためか、観衆は5,000人だそうです。
外野近くの芝まで開放されていました。スタメンは・・・

1武藤   1田中瑞
2森谷   2川崎
3吉川元  3林
4内匠   4吉本
5益田   5大野
6中濱   6荒金
7前田   7森山
8長坂   8加藤
9三木   9杉山

相変わらずうろ覚えでが近鉄のほうは間違いないはずです(^^;
<両チームともバッチリですby健一@2軍愛
益田なんてウィルソン加入の煽りを最初に受けているみたいですね。

◇高木康成(近)
今日は純粋な先発テストのようで8回を投げ抜きました。一旦ためを作ってから投げるため、打者はタイミングを取りにくそうでした。ただ、それよりも良かったのは直球と変化球でかなり速度差を作れていたことでしょうか。やや大振りなフォ−ムではありましたが、直球の後に投げるカーブはほとんどの打者がタイミングを外されていました。

◇内匠政博(近)
結構振れていたと思います。益田と比べても遜色無い打撃を見せていました。
事実、鋭いライナー性のあたりを多く飛ばしていましたし、最近の数年では特に調子がいいのではないのでしょうか。川口が控えに回るような状況ではなかなか出番も貰えないでしょうが、
腐らずに頑張って欲しい選手です。

◆永井智裕(ダ)
一応1失点です。しかし実際は結構鋭い辺りを飛ばされながら、それが野手の真っ正面だったから凌げた、という程度でした。フォークは99年の時よりも鋭くなって空振りが簡単に取れるレベルでしたが、それ以外は二軍相手に簡単に見透かされている始末でした。OP戦前半は何だったの?と疑うような内容で、別に無理して一軍に上げる必要性はないと思います。

◆寺原隼人(ダ)
実物は始めてみました。今日投げた投手では一番速かったように思います。
149km/hだったそうです)体も結構がっちりした物になり、直球で押していける貴重な投手という印象を受けました。
やはり球の出し入れというか、投げ分ける能力、そして意外と打ちにくそうなカーブなど、素材型での評価と思ってましたが実際は即戦力に近い意味での素材型かも知れません。


2002年 4月 4日 イースタンリーグ 2回戦 巨人−日本ハム(ジャイアンツ球場)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!


ジャイアンツ球場 12:59〜15:15 球審:牧田

 000 000 000  H2 E2
 200 003 00X  H6 E0

 ●隼人,今井‐高橋信,駒居
 ○真田,南,河本‐小田

二塁打:高野,永池,小田,十川孝(G)
盗 塁:堀田,黒田,原(G)
失 策:島田,小田(F)
ボーク:隼人(F)

■雑感
真田が7回1死まで,F打線相手にパーフェクト投球を見せた。石本にショート内
野安打を許したものの,後続も冷静に抑え,7回1安打無失点と文句無しの内容。球
数も90球と理想的な投球数。

一方,
隼人はいずれの失点も四球が起点。それでも3〜5回とパーフェクト。いい隼人
と悪い隼人がともに顔を出した感じ。一方打線では,Gは走者のいる場面で効果的に長
打が出た。一方Fは,内野安打2本だけでは何も出来なかった。

この試合のテーブルスコアは,下のアドレスよりどうぞ。

http://www1.ttcn.ne.jp/~relax/ballpark/


2002年 4月 3日 イースタンリーグ 1回戦 巨人−日本ハム(ジャイアンツ球場)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館)/かわのさん

たださん編

ファイターズ 002 200 000=
ジャイアンツ 000 200 000=

:立石(1回)、武藤(3回・勝投手)、櫻井(1回2/3)、吉崎(1/3回)、フリューリー(1回)、神島(1/3回)、矢野(1回2/3・セーブ)−高橋信
:武田(4回・負投手)、安原(2回)、木村(1回)、西山(1回)、真木(1回)−小田

本:阿久根1号、田中賢1号(いずれも武田)

Gの先発・武田は、初回こそ三者凡退に抑えるも、3回に阿久根、4回に田中賢に2ランHRを浴びて降板。
Fsの先発・立石は初回を三者凡退に抑えるが、なぜかここで降板。

2番手・武藤が4回2死まで無走者に抑えるが、3番・高野の内野安打からリズムを崩し4番・永池に四球、5番・黒田、6番・小田の連続タイムリーで2失点し、4回で降板。

その後は小刻みな投手リレーで2点差を守り切る。

なお、お目当ての富樫(F)、加藤(G)の姿は観られず残念・・・


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

かわのさん編

昨日(4月3日)は家に家族を残して1人でジャイアンツ球場に行ってきました。
イースタン観戦3戦目にして初めて試合終了まで見ました。

試合前日本ハムのバッティング練習で目に付いたのは
小田智之選手でした。鋭いライナー連発でした。右に引っ張る打球ばかりっだったと思います。

あと試合で2ランを打った
田中賢介選手は練習では上体が突っ込んでいる感じを受けました。素人が何を指摘しとんねんと突っ込まれるかもしれませんが・・・

ジャイアンツでは西武から移籍のの
黒田哲史選手、売り出し中の十川孝富選手が目に付きました。今、一軍に上がってもいいのはこの二人ぐらいかなと思いました。

ここで何かと話題の
李景一選手も気になってましたのでついつい目がいってしまいました。スタメンでファーストを守ってましたが守備練習の時からハラハラプレー連発で、試合では阿久根鋼吉選手の2ランのきっかけとなる一塁内野安打(投手へのトスするタイミング合わず一呼吸置いてしまった)を演出してしまいました。バッティングでは最終打席(途中で原俊介選手と交代)の二死二、三塁の場面ではいい感じのレフトフライでした。変化球の時に体が結構沈んでしまいますが守備で自信が付けば期待の出来る打者になるのではと思いました。

次は5月1日観戦予定です。


  ■掲示板@2軍愛■