【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 5月18日 イースタンリーグ 7回戦 湘南−西武(横須賀)報告者:健一

■イースタンリーグ 5月18日(土)湘南シーレックスvs所沢ライオンズ(横須賀)

                     
所沢ライオンズ |022 000 000|
湘南シーレックス|100 101 220|

:石井貴(3回:1自責点)−大沼幸二(3回2/3:3自責点)−福井強(0/3)−竹内和也(1/3:1自責点)−帆足和幸(1回)
:秦裕二(5回:4自責点)−田崎昌弘(2回)−稲嶺茂夫(1回)−ターマン(1回)


【大まかな試合展開】
チャンネルを変えながら見ていたので追い切れていません(笑)
序盤所沢打線は、投手である
石井貴水田圭介の連打で秦裕二を攻め逆転、次回にも追加点あり。調整登板で予定通り石井貴が降板した後、二番手大沼幸二が湘南打線のボディーブローのような連打を喰らい失点を喫した。終盤には失策絡みの失点で湘南が駄目押しの得点を挙げた。


【気になる選手達】
■福井強(西)
左腕で小柄なルーキー。典型的な左のワンポイントそして中継ぎ投手候補。タイプ的にはスライダー・フォークの「キレ」が身上。<特に左打者の外側に切れ込み&流れるスライダーが武器。

全体的にスピード、パワー不足。今季の福井強は初観戦ですが、以前のオーバースローからサイドに近いスリークォーターにフォームを改造していました。「対左打者対策」に特化したようです。
#本日は七野智秀に対してワンポイント登板



■秦裕二(湘)
しなやかなフォームが印象的なドラ1(寺原隼人の外れ1位)。華奢なところも見せますが、肩幅の大きさ、またケツのでかさを考えると今後は投手らしい体格になりそう。智弁学園時代のフォームと比較すると「力感」を増したように思えました。

腕を切るように投げるストレートは、キレを感じます。ただ変化球を放るときの腕の振りは多少鈍く、まだ曲がりも緩やかに思えました。#ストレートは「◎」

序盤右打者にライト方向に続けざまに追っつけられ逆点を許しました(5回を投げ7安打4自責点)。高卒1年目のルーキーですが、内容・投球フォーム等々まとまっているタイプですので1軍登板も数年内にあると思います(体重移動に関しても今後更にスムーズになっていくんじゃないかな)。


■小田嶋正邦(湘)
大柄な体付きだけで「強打の・・・」なんてフレーズがよく似合う。打撃フォームは、気持ち背中を丸め、バットは寝かせ気味。力んで構えているところもありタイミングの幅はそう広くなさそうに思えました。動きの中でタイミングを取るといいんじゃないかなあ・・・なんてことも感じました。ただ当たるとかなり飛んでいきそう!

途中出場(代打出場のみ「1打数0安打」)だったので捕手としての力量は分からず。ただ捕手は「捕って投げて打って」が大事で、素養の優先順位としてはリードなんて後々(^^)


■田崎昌弘(湘)
即戦力右腕・・・として期待されているルーキー。これぞアーム式の類の真上から投げ下ろす投球フォーム。ストレートは140km/hを超えていたと思います、変化球はフォークやチェンジアップの様な縦系の変化が主、制球は大雑把!そこはボールの威力で打ち取りたい。本日は、2回を6人でピシャリ!


■古木克明(湘)
やや前傾姿勢、そして右脇を締めて構えじっくりボールを見極めています(晩年の高木豊氏の打撃フォームにも似ています)。タイプ的には、以前よりどとらかというと「打率」を稼げる打者なのかなあと思っています。本塁打はヒットの延長ぐらいでしょうか。スイングはコンパクトで振り幅は小さくミスショットを最小限度に抑えているように感じます。

小さく纏まって欲しく無いなあ・・・とも思いますが、なんとか打撃で割り込んで欲しいです!<外野守備力向上も頑張って


■七野智秀(湘)
ずんぐりむっくり系、肉付きの良さも徐々に洗礼されてきたか!?<顔付きは魔人ブー。
引き付けてからのスイングスピードはなかなか。パンチ力そして球足の速さは湘南から横浜まであと一歩。しかし変化球の脆さは表裏一体の課題(低打率・・・)ですなあ。。。今日のように広角的な打撃もあると首脳陣もコマ@1軍として見てくれるかな?<4打数2安打(右左に一本ずつ)


2002年 5月17日 プロアマ交流戦 日本ハム−日本通運(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年 5月17日 プロ・アマ交流試合 1回戦 日本ハム−日本通運(鎌ヶ谷)

@鎌ヶ谷(日本ハム1勝)

 
日本通運 010 000 000│
 
日本ハム 101 100 00X│
 
 勝 清 水  1勝0敗0S 登板1
 S 矢 野  0勝0敗1S 登板1
 負 伊藤佳  0勝1敗0S 登板1   

 
【日本ハム】 打安点本 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 野 中 412@ 二ゴ    左本 右ゴ    中飛 
  F 飯 山 410  左安    空振 二ゴ    空振
  H 荒 井 320  右安    四球    中安    二ゴ
  B 田中聡 411  右安    二ゴ    左飛    二飛
  D 佐 藤 410  投ゴ    一ゴ    左安    空振
  D 山 田 420  見振       左安 中安       空振
  C 山 地 410     空振    左安 空振       空振
  A 藤 崎 300     一邪    投ゴ 空振
  2 駒 居 100                       三失 
  G 村 西 310     投ゴ    四球    右安    三ゴ
  犠盗失併残─────
  00119 34103 

      回 打安振球責
  伊 藤 3 123401  
  清 水 2 61000
  今 井 1 31000
  神 島 1 40010 
  櫻 井 1 51200 
  矢 野 1 30100

 
【日本通運】 打安点本 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回   
  G 下 窪 400  空振    空振    一ゴ       三失          
  H 佐 川 410  左飛    遊ゴ       一ゴ    中二   
  F  南  420  右安    三ゴ       右安    空振      
  B 廣 島 400  空振       一ゴ    三併    投ゴ    
  D 小 松 400     三ゴ    ニ直       遊ゴ    中直     
  D 小 林 411@    左本    二ゴ       遊ゴ    空振     
  E 亀 田 310     投襲       中飛    死球    ニ飛   
  A 小 川 200     見振       中直     
  2 伊藤徳 100                    三ゴ     
  C 山 ア 310     一ゴ       中安       見振
  犠盗失併残─────
  00306 3361

      回 打安振球責       
  伊藤佳 4 206322   
  武 田 2 94300   
  鈴 木 2 70300   

  本塁打 小 林(通)1号@(2回 伊藤)
      野 中(日)1号@ (3回 伊藤佳)
  二塁打 佐 川(通)   (8回 櫻井)
  牽制死 村 西(日)    (6回 武田−廣島 1塁)
  失 策 伊藤佳(通)   (3回 1塁牽制悪送球 走者田中聡が二進)
      伊藤佳(通)    (4回 1塁牽制悪送球 走者山田が二進)
      山 田(日)    (8回 ゴロを1塁悪送球)
      小 松(通)    (9回 遊撃寄りのゴロをファンブル)
  暴 投 伊 藤(日)    (2回 小川 1塁走者亀田が二進) 
      神 島(日)   (7回 伊藤徳 1塁走者亀田が二進)
  併 殺 日本ハム    (6回 廣島 1死1塁 山田−山地−田中聡)

  球審:村越 一塁:新屋 三塁:山本  
  時間 2時間28分


得点経過
  1回裏(日) 先頭の野中が二ゴロに倒れるも、二番の飯山がレフト前へクリーンヒット。
        三番の荒井がゴロで一・ニ塁間を破り、1死1、2塁。四番の田中聡もゴロ
        で一・二塁間を破り、二塁走者飯山がホームイン。日本ハム1点目。
  2回表(通) この回先頭の小松が三ゴロに倒れるも、6番の小林が左越えに流し打ちの
        ホームラン。日本通運1点。
  3回裏(日) この回先頭の野中が左越えにホームラン。日本ハム2点目。
  4回裏(日) この回先頭の山田が三遊間をゴロで破り、無死1塁。七番の山地への1球目
        を投げる前の1塁への牽制球が悪送球になり、山田は二進。山地にはバント
        のサインが出されるも、1球目は空振り、2球目はファールで2ストライク
        ヒッティングに切り替えた山地がしぶとくゴロで三遊間を抜き、1死1、3
        塁。八番の藤崎のピッチャーゴロで3塁走者の山田が飛び出し、三本間に挟
        まれアウト、1死1、2塁。9番の村西が四球を選び、1死満塁。一番に戻
        り、野中のライト前へポトリと落ちる飛球で三塁走者山地がホームイン。日
        本ハム3点目。しかし、ハーフウェイにいた一塁走者村西が2塁封殺になっ
        てしまったため、野中にはライトゴロが記録された。

 戦評
  西からの低気圧が近づき、多少小雨がぱらつくこともあった中で行われた記念すべきプロ
  ・アマ交流試合。日本ハムは主力メンバーはお休みで若手中心のメンバー構成。しかし、
  さすがプロ。日本通運に1点しか与えず白星。しかし、10安打で3点しか取れない拙攻。
  
 選評
  野 中(日) 2回に左越えにホームラン。非常に素直なパッティングフォームという印象
        足を見せてくれなかったのは残念。
  
山 地(日) 4回に廣島のセンター前へ抜けるかというライナーを横っ飛びで好捕。
        守備は安心して見ていられるが、打撃では送りバントをしっかりできなかっ
        た。特に1球目は空振りをしてしまい、2塁走者山田が危うくアウトになり
        そうだった。2年目で出場機会が減っているので、このようなチャンスを確
        実にものにして欲しい。
  
荒 井(日) きっちりと2安打。ここでは役者が1枚上という感じ。

  
佐 川(通) 8回に櫻井より流し打って左中間を破る2塁打。シャープなバッティング。
        阿久根タイプ。
  
小 松(通) 3塁手としてちょっと動きが重い感じ。
  
鈴 木(通) 2回を3三振・無失点の完璧な内容。投球フォームは2段モーションでタイ
        ミングが取りづらいタイプかも。外野への飛球がないのも立派。左腕という
        のも魅力。

  
山 本(審) 6回の日本通運の攻撃。1死1塁の場面でサードゴロを2塁封殺と判定。
        打者のカウントが2−3だったため、1塁走者は投球と同時にスタートを切
        っており、タイミング的にはセーフだったかも?しかし、審判は絶対です。

天気予報では雨の予報でしたが、なんとか試合終了まで持ってくれました。
日本通運には都市対抗野球で頑張って欲しいです。
試合開始が18分早くなり、12:42だったことを付記します。


2002年 5月17日 イースタンリーグ 9回戦 ヤクルト−巨人(さいたま市営大宮)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!

5月17日 さいたま市営大宮 13:00〜15:37(2時間19分・15:19〜15:37雨のため中断)

 040 000  
6回降雨コールド
 000 100 

勝 三浦 敗 松谷 本 福川3号ソロ

盗 塁 堀田,橿渕2
盗塁死 黒田,衣川
暴 投 丹野
ボーク 松谷 

今日から,さいたま市営大宮球場での3連戦。
教育リーグ並の寒空の下,試合は予定通り開始。
試合は,2回の4点で決まり。
Gの足を使った積極的な攻撃と,Sの
松谷の制球難が重なった大量失点でした。

G先発の三浦,おそらく調子はよくなかったかと。
打たれたヒット6本はほぼ完璧に捕らえられていました。
それでも,要所で変化球が決まり7奪三振は,1軍経験者の面目躍如といったところでしょうか。
Sで目立ったのは,
橿渕の足の速さ,リーゴツギオ似の打撃フォーム。
リーゴ,芯で捕らえれば飛びそうな雰囲気はあります。

試合は,6回裏途中から雨が強くなり,終了時点で中断。そのままコールドとなりました。


ジャイアンツ  数得安点  1  2     3  4  5  6 
1 8 宮 崎 2000 投 直捕 飛
  8 山 田 1000          ………中 飛………………
2 3 十川孝 1000 四 球死 球   ………投ゴロ………………
3 9 高 野 3011 二ゴロ右 安   ………一ゴロ………………
4 4 永 池 3011 三 振左 安   ………………遊ゴロ………
5 6 黒 田 1100 ………四 球三 振………………四 球………
6 7 堀 田 3110 ………右 安   三ゴロ………左 飛………
7 2  原  2110 ………四 球   二 安………………遊ゴロ
8 1 三 浦 3112 ………遊強安   三 振………………右 飛
9 5 大須賀 3000 ………右 飛   三 振………………投ゴロ
      計 22454
        回数 者 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 三 浦 6  24 23  97 6 1 1 7 1 1

スワローズ   数得安点  1  2     3  4  5  6 
1 7 志 田 3010 遊ゴロ………   投ゴロ………左 安………
2 8 橿 渕 3010 三ゴロ………   中 安………二ゴロ………
3 4 ツギオ 3010 中 安………   三 振………三 振………
4 3 衣 川 2000 遊ゴロ………   左 飛………………四 球
5 2 福 川 3111 ………三 振   ………右 本………三 振
6 9 宮 出 3000 ………中 飛   ………三 振………遊ゴロ
7 5 本 郷 2010 ………右 安   ………三 振………………
8 1 松 谷 0000 ………
  H リーゴ 1010    左 安
  1 丹 野 0000          ………
  H 内 田 1000             右 飛
  1 花 田 0000                ………………
9 6 野 口 2000 ………三 振   ………………遊ゴロ………
      計 23161

        回数 者 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 松 谷 2  14 10  61 4 0 4 2 4 4
  1 丹 野 2  7 7  30 1 0 0 2 0 0
  1 花 田 2  6 5  38 0 0 1 0 0 0


2002年 5月15日 イースタンリーグ 7回戦 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館)/健一

たださん編

5月15日 ジャイアンツ−マリーンズ(ジャイアンツ球場)

 031 101 101=
 001 000 010=

渡辺俊(7回・勝)、磯(2回)−辻、椎木
:小野剛(3回・負)、鴨志田(2回)、佐藤(1回)、南(1回)、柏田(1回)、川本(1/3回)、小野仁(2/3回)−原
本:
早川6号(3回・小野剛)、里崎3号(7回・南)、原3号(8回・

●試合内容
G先発の小野剛、初回は三者凡退の無難な立ち上がりも2回、ヒット5本を浴び3失点。
3回にも
早川にHRを浴び、この回で降板。その後登板した鴨志田、佐藤、南、川本の調子も今ひとつでいずれも1失点づつ。特に川本は3死球、1四球で1死を取っただけで降板。
故障で戦列を離れていた清原が4番・一塁で先発出場するも左邪飛、三振、三振の3タコと、本調子にはまだ今ひとつ。
M先発の
渡辺俊は、下手から浮き上がる球が効果的で7回を5安打1失点の好投。
2軍レベルの打者で、この球を打つのはかなり辛そう・・・

なおこの試合、清原が出場ということもあってか、スタンドは1、3塁側ともにほぼ満席で、立見客も沢山いました。
ちなみに加藤健(G)は、フリー打撃中、外野でストレッチ等をしていましたが、
試合前のシートノックには参加していませんでした。
(ノックに参加していたGの捕手は原、李、吉永の3人)
まだ本調子ではないようです・・・


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

健一@2軍愛編

■イースタンリーグ 5月15日(水)川崎ジャイアンツvs浦和マリーンズ(ジャイアンツ)

                     
浦和マリーンズ |031 101 101|
川崎ジャイアンツ|001 000 010|

渡辺俊介(7回)−礒恒之(2回)
:●小野剛(3回)−鴨志田貴司(2回)−佐藤宏志(1回)−南真一郎(1回)−柏田貴史(1回)−川本大輔(1/3)−小野仁(2/3)


■川崎ジャイアンツ  
■浦和マリーンズ
(左)後藤孝志    
(右)寺本四郎
(中)鈴木尚広    
(一)信原拓人
(右)高野忍     
(左)早川健一郎
(一)清原和博    
(中)伊与田一範
(二)永池恭男    
(三)里崎智也
(遊)黒田哲史    
(捕)辻俊哉
(三)クレスポ    
(遊)今江敏晃
(投)小野剛     
(投)渡辺俊介
(捕)原俊介     
(二)青野毅



【大まかな試合展開】

二回表
里崎智也左中間二塁打、辻俊哉右安で走者を貯め今江敏晃の三遊間を破る先制適時打。更に9番青野毅がセンター前に運ぶ2点適時打と小野剛に集中打を浴びせた。三回表も早川健一郎に一発(レフトオーバー)で追加点。四回表には、二番手鴨志田貴司から前の打席@小野剛でも右安を放った寺本四郎@打者転向が右中間へ適時二塁打!

ジャイアンツは三回裏原俊介後藤孝志と連続してレフト線を破る二塁打で一点を返した。

◆◇◆◇「G+」による中継は5回裏にて終了でした◆◇◆◇



【気になる選手達】

■小野剛(巨)
投球フォームは以前いた山田勉(ヤ→ダ→広)に似た感じで日本人離れしたがっしりとした身体はガルベス級!?そして繰り出さる140km中盤ぐらいの速球とチェンジアップのようなカーブ、そしてフォークとダイナミックな投手。気になる点としては、膝下からの部分が非常に細い、故なのか投球フィニッシュ時にふらつくところもあります(上半身がガッチリしている分気になりました)。

本日は、二年目にして初の先発登板。中継の一コマですが、この日の先発辞令に殊の外喜んだそうです。高橋一三2軍投手コーチ曰く「先発を告げてこんなに喜んだ投手は彼が一番かも知れない」と喜び勇んで先発したようですが、3回を投げ集中打(長打目あり)で4失点でした。初回2奪三振と高めの剛速球が唸っていましたが、チェンジアップのようなカーブと併せて制球(変化球は特に)がトホホで、甘めのストレートを狙われ痛打を浴びてしまいました。全体的に高めへボールが集まり抑えきれない傾向はあるようです。「モノ」としては、大物感も残します。


■鴨志田貴司(巨)
西の寺原隼人(日南学園→ダ)、東の鴨志田貴司(水戸短大付属高→巨)と言われた150km/h右腕。初見なのですが、思ったよりオーバースローなんすね(スリークォーター気味なのかと思っていました、ボールにも角度あり)。ストレートの伸び!そして重み!を感じます。喩えるなら橋本清(巨→ダ)系だと思います。

テークバックの時の右腕、手の平の返し方が少し早く(別に悪いとかそう言うのは分かりませんが、喩えると渡辺伸彦(神→オ→横)の動きに似ている<「テークバック」時のみ)、右腕の捻りがやや小さ目。#ここら辺の腕の軌道が、少し本格派っぽくないかなあ、うーん。

投球内容は、殆ど「真っ直ぐ」で小野剛よりも速かったと思います(ということは目測148km/hか(笑)<適当です、ただ速い)。あとスライダーは抜けたり余り曲がらなかったりと緩急の差になっているかな程度でした。本来はもっと精度があるのかな?#速いが、まだ幼い速球・・・これからこれから。

今後この速球に、キレも増してくると近い将来條辺剛のように彗星の如く現れるかも。


■後藤孝志(巨)
渡辺俊介の外角直球を巧く流し三塁手横を鋭く抜くタイムリー二塁打。試合途中にドームへ移動かな。#本日は、後藤孝志、鈴木尚広、クレスポと一軍登録選手が3名が調整で加わっていました。


■清原和博(巨)
左脇腹と左太もも裏側を痛めて調整中でしたが、2軍戦で実戦復帰。打席では三振を含めて結果は出ていませんでしたが、スイングをしても取り敢えずは痛くはなさそうです。いきなりスタメンはないかもしれないが、先ずは「代打」から現場復帰かな。<ただまだ本来のスイングではないと思います。

守備に関しては、一塁手として出場し正面の一ゴを普通に処理、バントシフトでも無難に動いていました(前後の動き)。


■原俊介(巨)
速球派をリードしましたが、序盤制球難もあり大変だったかな。打撃の方は大振りせず、しかしシャープなスイングも見せています(ここまで褒めてナンですが、捕手としての話・・・一塁手に転向!とまでの大風呂敷は広げられないか!?でも狙い目としては「右の代打」)。
本日は三塁線ギリギリに入る二塁打もあり。



■渡辺俊介(ロ)
右手の甲が地面に擦れるのではないか?というぐらい潜る躍動感のあるサブマリン。三回裏被連続二塁打で失点しましたが、中継中では崩れるところはありませんでした。高低、そしてシンカー系のボールの出し入れが有効でした。本日現在浦和マリーンズの投げ頭・・・1軍で投げてナンボですよ!


■寺本四郎(ロ)
4年目にして遂に打者転向。投手としてもなかなかのものをルーキー時に感じたが、この転向は応援したい(投手としての悔いを残すことになったかもしれなかったので、今までを「遠回り」とは言わないでおこう)。

高校時代は、もっと腰の据わった感じにも思えたのですが、構えはややオープンスタンスで、どのボールに対しても対処できるような感じでした。二打席目、内側のボールに巧く身体を開いて捌いていました(ライト前安打)。3打席目には2番手鴨志田貴司から右中間を破るタイムリー二塁打。この打撃を観て「巧さ」を感じました、そしてパンチも効いたところも残しているので、先々は愛甲猛(ロ→中)や福浦和也(ロ)のように成功すると思います!<いつの日にか、松坂大輔(西)と対戦だあ!!


■辻俊哉(ロ)
ぶつけるように一二塁間を抜ける安打、二打席目も同様な形でライト前ヒット。意外とといってはナンですが、器用なんですかね。#「打てるが守れない、守れるが打てない」の両極端の型(と言っても前者ばかりか)が目立つが、その間の可能性もあるので頑張って欲しいです。


■今江敏晃(ロ)
大上段に構えパンチ力のある打撃、守備に関しても見栄えのする選手ですね。将来は中距離打者としてチームを引っ張ってもらいましょう!#本日は新ストライクゾーンも微妙な高めを叩き三遊間を破る先制適時打。


■青野毅(ロ)
背中をピンと張りコンパクトなスイング。小野剛のストレートを強振せずセンター前に落とす2点タイムリー。


2002年 5月14日 ウエスタンリーグ 5回戦 近鉄−中日(藤井寺)報告者:神谷さん

 今季初めての藤井寺でしたが、ほとんどといっていいほど書くことありません。
 
3-1近鉄勝利という結果だけの試合でした。

 両軍の攻撃ともに散発で淡白。中日
山本昌、近鉄山崎一の当たり前といえば当たり前の投球でした。近鉄は2回2死から牧田のレフト前のあと吉川元の2ラン。中日は4回2死からの大豊のバックスクリーン越えのソロ。塁上に2人ランナーが出たのが9回表の近鉄のみ。両軍無四球(1死球)でした。

 9回の中日
岡本は球威、変化球、コントロールどれもいいんですけど、3つ目のアウトや3つ目のストライクが取りきれなかったところで山下に右翼線に痛い3点目のタイムリー。いまの一軍の中継ぎには入れないでしょう。山本昌も同じく6連戦モードに入るか、今のローテ投手が消えない間は1軍には上がれないと思います。真に残念ではあるんですが・・

 打撃陣ではお目当ては
土谷前田新といったところと別な意味を持っての山崎武
若手2人はじつにあっさり打ち取られてなにもわからず。
山崎は下でもやっぱり山崎でした。

 次の機会にはもうちょっといい試合が見たいですね。


2002年 5月12日 イースタンリーグ 5回戦 ヤクルト−西武(戸田)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館

 000 100 000=
YS 000 000 000=

L:富岡(8回・勝)、橋本(1回・S)−細川
YS:山部(7回・負)、本間(2回)−福川

●両チームのスタメン
 (L)      (YS)
7 佐藤友    
7 志田
4 水田     
6 野口
6 中島裕    
8 橿渕
8 赤田     
3 衣川
5 古屋     
9 宮出
9 カズ     
2 福川
3 中村     
4 本郷
2 細川     
5 牧谷
1 富岡     
1 山部

●試合内容
スワローズ先発の
山部は3回まで走者一人の好投。しかし4回表、中島裕に左中間にHRを浴び1失点。
対するライオンズの先発・
富岡は4,5回を除き毎回走者を背負う苦しい内容ながらも要所を抑え8回を無失点。
9回にリリーフした
橋本が先頭打者の福川に2塁打を打たれ、次打者・鮫島の送りバントで1死3塁のピンチを背負うも牧谷を三振、代打・畠山を投ゴロに打ち取りゲームセット。


2002年 5月12日 イースタンリーグ 4回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年5月12日(日)

  イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテマリーンズ−日本ハムファイターズ 4回戦
  2勝2敗0分 (ロッテ浦和球場)  13:00
  晴れ 試合時間2時間24分
  ◆球審:津 川 1塁:新 屋 2塁:平 林 3塁:村 越(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:西 原(セントラル・リーグ)

                      H E
日本ハム  000 000 011 ・・ 9 0
千葉ロッテ 102 001 00x ・・ 8 0

○ 勝利投手 井 上 2勝1敗  ● 敗戦投手 厚 澤 2勝3敗
S  セーブ  礒  −勝−敗
本  本塁打 今 江  2号 厚 澤@ 1回無死 (千葉ロッテ)
       ユウゴー 2号 厚 澤@ 3回1死 (千葉ロッテ)
       里 崎  2号 厚 澤@ 3回2死 (千葉ロッテ)
       早 川  5号 厚 澤@ 6回2死 (千葉ロッテ)
       西 浦  4号 高 木@ 8回無死 (日本ハム)
2B 2塁打 阿久根 6回1死 (日本ハム)
SB 盗 塁 伊与田 1回2死 (打者・里崎) (千葉ロッテ)
   暴 投 矢 野 8回2死 (打者・椎木) (日本ハム)    
   併殺打 立 川 7回1死 (飯山−阿久根−田中聡) (千葉ロッテ)

(日本ハム) 数度の好機にタイムリー出ず。西浦第4号ホームラン、島田タイムリーも
       攻めきれない・・。
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7   8  9
(5) 小 田 5 1 0 0 0 二ゴ    中飛    三ゴ    遊ゴ     左安
(8) 石 本 3 1 0 0 0 三邪       右安    中飛
H 9 島 田 1 1 1 0 1                   四球     中安・
(4) 阿久根 5 1 0 2 0 三振       二ゴ    右2 中飛     三振  
(7) 西 浦 5 2 1 1 0    二ゴ    左安    三ゴ    左中本・見振
(DH) 原 田 3 0 0 1 1    右飛    中飛    四球    三 振
(9) 8 大 貝 2 0 0 1 2    四球    四球    遊ゴ    三 振
(2) 荒 井 3 0 0 0 0    二ゴ    二ゴ       投ゴ
 2  駒 居 1 0 0 0 0                      三 ゴ
(3) 田中聡 3 1 0 0 0       一ゴ    二ゴ    二安
 H  高橋信 1 1 0 0 0                          左安
 R  村 西 0 0 0 0 0      
(6) 飯 山 4 1 0 2 0       三振    投ゴ    中安     三振
     :             :  :  :  :  :  :  :   :  :
    残塁11 36 9 2 7 4  0  1  0  3  0  2  3   0  2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) ソロアーチ4発で快勝!今江、ユウゴー、里崎第2号、早川第5号ホームラン、
        3安打猛打賞。
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8
(4) 今 江  4 1 1 2 0 左本・三振       三振    投ゴ
(7) 信 原  3 0 0 1 0 三振    左飛    二ゴ
 H  立 川  1 0 0 0 0                   遊併
 7  山崎貴  0 0 0 0 0
(6) ユウゴー 4 1 1 1 0 三振    右本・   三ゴ       遊ゴ
(5) 伊与田  3 0 0 1 1 死球    三ゴ       三振    三ゴ
(2) 里 崎  4 2 1 0 0 二ゴ    左本・      二飛    中安
(8) 早 川  4 B 1 0 0    左安 三ゴ       左本・   左安
(3) 椎 木  2 0 0 1 1    投犠    右飛    三振    四球
(DH)  辻   1 0 0 0 1    四球    左直
H DH 平 井  1 1 0 0 0                   左安
R DH 富 永  1 0 0 1 0                      三振
(9) 寺 本  2 0 0 0 1    二ゴ    一ゴ       四球
     :              :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7  30 8 4 7 4  1  2  0  0  0  0  1  3
                   ・は打点

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 厚澤6回を僅か5安打に抑えながら4被弾4責点で3敗目。矢野2回共に
       ピンチも無失点で切り抜ける。
 ● 厚 澤   6    25  5   4   2   6   4
   矢 野   2    10  3   0   2   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ) 井上6回途中交代も危なげない投球、無失点の好投で2勝目。
        高木1被弾、礒タイムリー許すも逃げ切り
 ○ 井 上   6 1/3  27  5   0   3   2   0
   高 木   2 0/3  10  3   1   1   3   2
 S  礒      2/3   3  1   0   0   2   0

千葉ロッテ 4−2 日本ハム

5月も中旬になり、芝の緑も鮮やかになってきたロッテ浦和球場。前日は降雨中止だったが、雨も上がり陽が出てきて、まずまずのコンディション。前日巨人が勝った為ゲーム差なしにながらも勝率の差で3位転落の日本ハム。対するは投手がケガ人多数発生で、4月上旬の試合では代打の「前」投手をマウンドに上げるほど深刻な投手不足の千葉ロッテ。

1回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ −0日本ハム』
千葉ロッテの先発は、中1週間今月5日の対湘南戦で今季初勝利の井上。日本ハム1回の攻撃は1番小田。1−0からの2球目を打ってセカンド正面へのゴロ。2番石本、2−1からの4球目これもストレートを打つが詰まってサードファールフライ。伊与田がベースほぼ真横で捕球。3番阿久根、2−2からの6球目外角への変化球に空振り三振。3者凡退。

1回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:1 三振:2 四球:1 『千葉ロッテ1−0日本ハム』
日本ハムの先発は今月4日の対西武戦で7回5安打ながら4責点で黒星の厚澤、今週は巻き返しに期待。しかし、それが打ち砕かれるのに「分」単位の時間が必要なかった。千葉ロッテ1回裏の攻撃は1番、ルーキーながら売り出し中の今江、厚澤の初球を叩くと打球はレフトポールやや右側へ一直線!そのままスタンドインは先頭打者・初球ホームランで千葉ロッテが1点をあっさり先制、プレーボールから5秒掛かっていない先制劇。2番信原、2−2からの6球目をスイングはバットが止まったが、3塁塁審・村越はスイングの判定で空振り三振。3番ユウゴー、2−3フルカウントからの6球目、落ちる変化球に空振り三振。4番伊与田、その初球が足に当って死球で出塁。5番里崎、2−1からの4球目に伊与田がスタート、投球が地面に着きそうな球だった為荒井は2塁送球できず。2死2塁と追加点のチャンスになる。里崎は2−3フルカウントからの7球目、低目への投球をフルスイングすると打球は当り損ねて3塁線を転々とするファールだが、バットがショートの前まで飛ぶ。続く8球目を打つとピッチャーへの高いバウンドのゴロ、厚澤が捕りに行くがこれをグラブで弾いてしまう。しかし、ボールがセカンド正面に転がったので阿久根が捕って1塁へ送球して1点で抑えた。

2回表 日本ハム 打者:4 安打:0 三振:0 四球:1 『千葉ロッテ1−0日本ハム』
1点を追う日本ハムこの回は4番西浦からの攻撃、2−1からの4球目外角のボールを打つがセカンド正面への緩いゴロ。5番原田、2−2からの5球目を流し打つとライトへの大きい飛球。しかし寺本が下がってこれを捕球。6番大貝、2球で2ストライクと追い込まれて、2−2からの6球目バットが回ったように「見えた」が判定はセーフで2−3フルカウント。続く7球目変化球が高めに外れて四球で出塁。7番は3試合連続先発出場、2試合連続先発マスクの荒井、初球攻撃はセカンドへの高いバウンドのゴロ、1塁へ送球されて大貝残塁。

2回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:1 三振:1 四球:1 『千葉ロッテ1−0日本ハム』
2回裏千葉ロッテは6番早川から、1−2からの4球目を弾き返してレフト前へのクリーンヒット。7番椎木、初球からバントの構え、1球目をバントはピッチャー前への高いバウンド、厚澤が捕って1塁へ送球して送りバント成功。1死2塁として8番ルーキーの辻、1−3からの5球目変化球が低めに外れて四球で出塁。1死1、2で9番寺本は初球を打ってセカンドゴロ、阿久根が捕って2塁へ送球してフォースアウト、1塁に転送されるがセーフ。2死1、3塁に変わって1番に戻って今江、2−2からの5球目低目の変化球に空振り三振で2者残塁。

3回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ1−0日本ハム』
日本ハムこの回の攻撃は、8番ファーストで先発出場の田中聡。2−1からの4球目を引っ張るがファーストゴロ、井上がベースカバーに入ってアウト。9番飯山、2球で2ストライクにされて続く3球目を空振りで3球三振。1番に戻って小田、0−1からの2球目を打ってセンターやや左への鋭いライナー。しかし早川が回り込んで捕球し3者凡退。

3回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:2 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
千葉ロッテこの回は2番信原から。1−1からの3球目を打つとレフトへの大きい飛球、しかし風が本塁方向に吹いていた為か失速し西浦がほぼ、レフトポール真下で捕球。3番ユウゴー、ライトへの擦った感じの打球の上がり方だったが、これが伸びて、そのままスタンドイン!第2号ソロホームランで千葉ロッテが1点を追加2−0とした。4番伊与田、初球打ちでサード正面へのゴロ。5番里崎、0−2からの3球目、厚澤が「ストライクを取りに」行ったボールだったのかこれを見逃さずフルスイング!レフト西浦が一歩、二歩追ってあっさり見送る打球は、第2号ソロホームランでさらに1点を追加3−0とリードを広げる。6番早川、2−2からの5球目を打ってサードゴロ。2本のアーチで2点を追加。

4回表 日本ハム 打者:6 安打:2 三振:0 四球:1 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
前半で3本のホームランで3点差の日本ハム、この回はクリーンアップに期待。2番石本から、1−1からの3球目を引っ張ってライト前へのクリーンヒット。3番阿久根、1−0からの2球目を打ってセカンドゴロ。ベース近くへのゴロだに今江が捕って2塁へ送球しフォースアウト、1塁転送はセーフ。4番西浦、0−1かの2球目を打ってショート左を抜けてレフト前ヒット。1死1、2塁として5番原田、2−3フルカウントからの6球目を打つとセンターへの大きいフライ。早川がこれを捕球すると、2塁ランナー阿久根が3塁にタッチアップしセーフ。2死1、3塁として6番大貝、2−3からの6球目ストレートが高めに外れて四球で2死満塁と一発逆転のチャンス。続くは7番荒井、1−0からの2球目を打つがセカンド正面への平凡なゴロで3者残塁、反撃ならず。

4回裏 千葉ロッテ 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
3回までに3本のホームランと立ち上がりを捉えられた日本ハム先発の厚澤だったが、この回は一転完璧に抑える。千葉ロッテ4回裏の攻撃は下位打線7番椎木から。1−1からの3球目を打ってライトライナー。8番辻、初球打ちはレフトライナー、9番寺本は2−1からの4球目を引っ張ってファースト正面へのゴロ、田中聡が捕ってベースを踏み3者凡退

5回表 日本ハム 打者:3 安打:0 三振:0 四球:0 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
千葉ロッテ先発の井上が捕えられない日本ハム打線は、この回8番田中聡から。1−0からの2球目を打つとセカンドキャンバス寄りのゴロ、しかしこれを今江が逆シングルで捕球、1塁へ送球してアウト。巧い守備を見せる。9番飯山、2−1からの4球目が留めたバットに当ってしまいピッチャーゴロ。1番に戻って小田、3球続けてボール、2球見逃してストライクの2−3からの6球目を流し打つがサード正面へのゴロ。この回も3者凡退。

5回裏 千葉ロッテ 打者:3 安打:0 三振:1 四球:0 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
千葉ロッテはこの回1番からの好打順。1番ホームランの今江から。2−3までくるが続く6球目変化球に空振り三振。2番信原、2−2からの5球目低目への変化球を打つがセカンドゴロ。3番ユウゴー、初球打ちもサード正面へのゴロでこちらも3者凡退。時間にして14:05分で半分の5回が終了する早い展開。

6回表 日本ハム 打者:5 安打:1 三振:0 四球:1 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
この回の攻撃は4回と同じく2番石本からの攻撃。主軸に反撃の期待が掛かる。2番石本は、0−1からの2球目を打ってセンターやや左へのフライ。3番阿久根、2−3フルカウントからの球目を引っ張ると打球は一瞬でライト寺本の頭上を越えてフエンス直撃のツーベース。1死2塁として続くは4番西浦、しかし初球を打ってサードゴロ。セカンドランナー阿久根は動けず。5番原田、2−3からの8球目変化球を見送って四球で出塁。2死1、2塁として6番大貝、2−1からの4球目を打つがショート正面へのゴロで2者残塁。

6回裏 千葉ロッテ 打者:5 安打:1 三振:0 四球:1 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
ここまで3発を浴びて3失点の厚澤だが、連打もなくホームラン以外大きいピンチもない為リードされている感じがしない投球だったが、この回そのホームランの魔力に4度沈む。千葉ロッテこの回は4番伊与田から。2−0からの3球目低目の変化球にバットが止まったが、空振り三振の判定。5番里崎、初球を打つ上げてセカンドフライ。続く6番早川。1−2からの4球目を打ち返すと、レフトへの大きい飛球。西浦がこれもあっさり見送ってそのまま打球が外野ネットを揺らすホームラン!第5号ソロホームランで1点を追加4−0とゲームを決めにかかる。続くは7番椎木、2−1からの4球目落ちる変化球に空振り三振。

7回表 日本ハム 打者:6 安打:2 三振:0 四球:1 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
日本ハムこの回は下位打線7番荒井からの攻撃。2−2からの6球目ピッチャー返しの強い打球だったが、これを井上が捕球して1塁へ送球。8番田中聡、2−2からの7球目、叩き付けたバッティングはセカンド前へのバウンド。今江が、突っ込んできて捕球し、崩れた体勢のまま1塁へ送球。しかしこれが全くの暴投でファールゾーンを転々とする。だが、里崎がカバーに入っており、田中聡は2塁へ向かう姿勢も取れずそのまま1塁ベースへ戻る内野安打。9番飯山、1−2からの4球目をセンター前にクリーンヒット。1死1、2塁として打順が1番に戻ったところで千葉ロッテは、ここまで無難な投球を続けていた先発の井上に代わって2番手に高木を送る、早目の継投策に出る。小田は、2−3フルカウントからの7球目を打ってショートゴロ、併殺打コースにユウゴー、今江と渡ってセカンドフォースアウト、1塁に転送されるが1塁はセーフで2死1、3塁に変わる。続くは2番石本だったが、ここは左投手用に温存しておいた島田が代打で登場。島田は1−3からの5球目ストレートが高めに外れて四球で出塁。2死満塁とこの試合2度目の満塁のチャンス。今度こそタイムリーを期待・・しかし続く3番阿久根は1−0からの2球目を打ち上げてしまい、センターフライ。またしても3者残塁と、タイムリー1本が出ない。

7回裏 千葉ロッテ  打者:4 安打:1 三振:0 四球:1 『千葉ロッテ3−0日本ハム』
日本ハムは選手の交代、代打の島田がそのまま入ってライト。ライトの大貝がセンター、キャッチャー荒井に代わって駒居、ピッチャーが2番手矢のに代わる。千葉ロッテこの回は、8番辻からだが、代打を起用。バッターは平井がコールされる。0−1からの2球目を流し打ちはショートを越えてレフト前ヒット。1塁に到達した所で、代走が起用される。ファーストランナーは富永。9番は寺本、ストレートの四球で出塁。無死1、2塁と早くもヒンチの矢野、打順は1番に戻って今江。初球を投前に送りバント、堅実にランナーを進め・・たい所だったが、矢野がこれに猛ダッシュで前進してきて捕球すると3塁へ送球!フォースアウトで送りバントは失敗。2番信原に代わって代打は、先程5回のグラウンド整備時に千葉ロッテ応援団から、何故かコールを受けていた立川。歓声に包まれて登場だが、0−1からの2球目を打って、ショート正面へのゴロ、飯山−阿久根−田中聡と渡ってダブルプレー。チャンス生かせず、矢野はピンチ脱出。

8回表 日本ハム 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0 『千葉ロッテ3−1日本ハム』
千葉ロッテは選手の交代、代打の立川に代わってレフトに山ア貴が入る。日本ハムこの回の攻撃は、4番西浦から。1−1からの3球目を打つと左中間への大きい飛球、そのままフェンスを越えて第4号ソロホームランで漸く1点を返して4−1に。続くは5番原田、連続アーチを期待だったが、2−1からの4球目ストレートに空振り三振。6番大貝、2−1からの4球目ストレートに空振り三振。7番駒居、2−2からの8球目を打ってサードゴロ。結局1発の1点で終わる。

8回裏 千葉ロッテ 打者:4 安打:1 三振:2 四球:0 『千葉ロッテ3−1日本ハム』
7回にピンチを脱出したばかりの矢野だが、この回も千葉ロッテに攻められる。3番ユウゴーからの攻撃、1−1からの3球目を打ってショートゴロ、セカンドベース左で捕って1塁へ送球。4番伊与田、初球を引っ張るとサード線上への痛烈な打球!しかしこれに小田が反応し好捕、1塁へワンバウンドで送球しアウトのファインプレー。5番里崎、1−1からの3球目をセンター前にクリーンヒット。6番早川、これも1−1からの3球目を打つとサード左を鋭く抜けてレフト前ヒット。2死1、2塁として7番椎木、2−3フルカウントからの5球目にランナーがスタート、しかし投球が先に地面にバウンドしており、これを駒居が捕れず。暴投で2人のランナーが進塁し2死2、3塁と最後まで追加点のチャンスを作る。結局椎木との勝負を避けて、続く7球目がワンバウンドで四球。2死満塁になる。8番富永、2−2からの5球目低目へのストレートに空振り三振で3者残塁。

9回表 日本ハム 打者:6 安打:3 三振:3 四球:0 ○千葉ロッテ3−2日本ハム●
3点ビハインドの日本ハム9回の攻撃は、8番田中聡に代わって代打は高橋信。先日の本塁クロスプレーでの負傷なのかここ数試合、欠場が続いたが代打で登場。0−1からの2球目をレフト前に弾き返す。1塁に達したところで代走は村西。9番飯山、2−2からの5球目、外角への変化球に空振り三振。1番に戻って小田、初球を巧く流し打ちはショート左を抜けてレフト前ヒット。続く2番島田を迎えた所で、千葉ロッテは継投策に出る。3番手マウンドに礒を投入して逃げ切りを図る。日本ハムは逆転に島田の一発を期待。0−2からの3球目を打ってセンター前ヒット、2塁から村西が還って1点を返し4−2とした。直も1と1、2塁のチャンスに3番阿久根、しかし気負いすぎたか3球三振。4番西浦、2−2フルカウント。あと1本・・の場面だったが、2−3からの8球目を見逃して三振で試合終了。

千葉ロッテが、4本のホームランで4点とビックバン打線を唄うチーム相手に本塁打攻勢で逃げ切り。投げては、井上、高木、のリレーで逃げ切りに成功。日本ハムは、5月に入ってから打線が湿りがち、先日は西武と大乱打戦も今日もタイムリー欠乏症。順位も3位巨人に交わされて3位転落。4位と5位の差が無い為、黒星を重ねるとブービー争いに参じる事態に。■試合終了時刻15:24


2002年 5月11日 ウエスタンリーグ 4回戦 阪神−近鉄(上富田)報告者:いの一番さん

昨日和歌山県上富田町で行われた阪神×近鉄の試合について報告します。

近鉄 000000000 
阪神 00100101× 
勝−
カーライル  負−吉川勝
(本)中谷1号@(吉川勝)
(投手)近鉄 吉川勝(7回)−関口(1回) 
    阪神 カーライル(8回)−ハンセル(1回)
(審判)白井、岡田、杉本

(試合経過)
阪神は3回、
斉藤高波沖原の3連打で1点を先制した。
その後も6回に地元和歌山県出身の
中谷が左中間へホームラン、
8回にまたも
中谷が右前適時打し、小刻みに加点した。
外国人枠の関係で1軍に上がれない
カーライルハンセル
その鬱憤を晴らすかのような好投で近鉄打線を完封した。
近鉄は
カーライルの変化球に泳がされる選手が多く2安打しかできなかった。

<上富田スポーツセンター野球場>
JR紀勢本線紀伊田辺駅から車で約10分
両翼98m、センター122m
外野天然芝、スコアボード手書き式


2002年 5月11日 ウエスタンリーグ 4回戦 広島−ダイエー(由宇)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

雁の巣 010 001 020 4
由 宇 001 000 002 3

雁の巣 ○永井(7回1/3)−日笠(2/3回)−S吉武(1回)
由 宇 ●広池(8回)−天野(1回)

審判:メモ失念…

永井、ようやく今期初勝利(二軍だけど…)!
FDH打線は13安打も、残塁の山…。一軍に分けてやりたい…。
Cは広池の粘投も、エラーに泣き、最後は力尽きる。

詳細は、拙サイトのレポートをご覧ください。

目的の観戦記コンテンツまで飛んで下さいませ(勿論観戦記以外の道中も是非 (^^)by健一@管理人


2002年 5月 6日 イースタンリーグ 8回戦 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:たけたけさん

たけたけです。5月6日(月)の鎌ケ谷でのファイターズライオンズの試合を観戦してきました。
正直言って すごい試合でした。
結果はスポーツ新聞でみなさまごらんのとおり
13
ライオンズの勝利

しかし、1回裏終了時点までは
ファイターズが6対0とリードしていたのですが…3回表終了時点で同点になり、一度はファイターズも逆転するけど

一番痛かったのは7回表、
生駒投入が裏目に大炎上で7回表だけで6失点これでは選手、ファンも意気消沈。さしもの名物おやじもやじれず、他の観客から「こxやまさん、もっと声だして」という野次がでるという試合でした。ちなみに両軍の安打は31安打、これって超乱打戦ですよね。

そんな試合で気づいたこと今まで4番に座っていた
西浦がスタメンをはずれ、ファーストを荒井が守っていました。ただ、大貝が1回裏にデッドボールで退場してその後は、荒井がレフト、代走で出た田中聡がファーストを守っていました。どうしたのでしょうか西浦さんは1軍行ったのかなあ?

ライオンズの3番、
中島は3塁打を打つなど、なかなかの活躍ぶりすぐに上に差し支えないのではと思ったのは私だけでしょうか

ファイターズ三番手、フリューリーはリリーフよりも先発で使ったほうがいい感じがするのです。彼の場合、回を追うごとに尻上がりに調子を上げていくピッチングを昨日見たのでそんな感じがします。(今まで、短いイニングの登板はなんどか見ましたが、あまりぴりっとしないというのかピンチを作って、ひやひやさせるピッチングばかりだったものですから)

ではでは


2002年 5月 6日 イースタンリーグ 8回戦 巨人−ヤクルト(唐津)報告者:まなとさん


|001 001 000|2
|100 300 000|4

勝利 谷浩弥  敗戦 
高橋一正
 S 河本育之

S:高橋一正(6回)−丹野祐樹(2回)
G:谷浩弥(7回)−十川雄二(1回)−河本育之(1回)

試合は、初回地元永池のタイムリーで先制したジャイアンツが、今度は1−1同点の4回に、高野のライトスタンドへのソロHR、永池Hitのあと、黒田の移籍後初アーチがレフトスタンド場外への2点弾、クリーンナップの3連打でたたみかけたジャイアンツの勝利。


■テーブル

<スワローズ>
.......打安点
(中左)志田 5 2 0
(遊.)野口 3 0 0
.代打.福川 1 0 0
(左.)ユウイチ 3 1 0
.打中.橿淵 1 0 0
(一.)衣川 3 1 1
(右.)宮出 1 0 0
(二.)本郷 4 2 0
(三.)畠山 2 0 1
(捕.)細見 4 0 0
(投.)高橋 2 0 0
.代打.牧谷 1 0 0
.投..丹野 0 0 0
.代打.鮫島 1 1 0
-------------------
.......31 7 2

9三振6四死球0盗塁1併殺1失策

<ジャイアンツ>

.......打安点
(左.)宮崎 4 1 0
(右.)山田 3 1 0
(一.)高野 4 2 1
(二.)永池 4 2 1
(遊.)黒田 3 1 2
(中.)川中 3 0 0
(捕.)原. 3 0 0
(投.)谷. 2 0 0
.代打.吉永 1 0 0
.投..十川 0 0 0
.投..河本 0 0 0
(三.)大須賀2 2 0
-------------------
.......29 9 4

4三振2四死球0盗塁1併殺1失策


...回打安責
高橋 6 23 6 4
丹野 2 .8 3 0
----------------
谷. 7 29 4 2
十川 1 .5 1 0
河本 1 .5 2 0



◆十川雄二(巨)
8回から1イニング登板、1被安打・2四球も無失点。
フォームは前田(巨人)に似た感じ。
前田より長身で、高いリリースポイントから投げ下ろす直球が長所。
球種は直球とタテ割れのカーブ。
ただこの日カーブはすっぽ抜け気味であまりストライクは取れず。

右打者へはインハイ・アウトローの直球が良いところに決まり、
特にインハイへは、キレ良く、前田より重そうな印象。

左打者へはアウトローの直球が甘めで三遊間にHitされていました。
この日は、左打者のほうが投げにくそうでした。

素材の良さが伝わる選手で、荒れダマもほどほどに持ち味かなと思いました。
数年後が楽しみです。


◆黒田哲史(巨)
3回の一発はど真ん中の甘い球も、豪快そのもの。
ツボにはまった打撃は、切れ味を感じました。


◆高野忍(巨)
勝ち越しの一発はインハイの球を上手くかぶせて打ったもの。
ファールにせず放った一発は、上手さも感じさせました。
しかし、あそこを放りこむんだから、長打力はあるんですね。


◆谷浩弥
全回を通してコントロールは大荒れ、逆球も多いが球威で押す投球。
シュート気味の直球は、高めに決まると球威を感じる。
フォームに躍動感ので出した3回以降は、
球威のある直球と抜いたスライダー、左打者の外に落ちるシンカーで
緩急の利いたピッチングが見られた。
が、コントロールがかなりアバウトなので、
安心して見ていられる...感じは全く無い。
この選手も新ストライクゾーンの恩恵をうけた1人か?

「左打者のインコースをいかに攻められるかが課題」とのこの日、
3番のユウイチや6番の本郷には、厳しくインコースを突いた投球も見られた。
左打者のインハイを直球で、インローをスライダーでついた後、
アウトローへシンカーで引っ掛けさせ、ゴロを打たせる配球が今後の生命線と思われる。
3回の失点は、左の衣川にシンカーが真中に入ったところを、ライトに放りこまれた。


◆大須賀充(巨)
この日は3塁でスタメン、2安打1四球を奪った。
ヒットは外よりの球を中堅・三遊間へゴロで抜けるあたりで、
シャープに振りぬくスイングに魅力も感じた。
選球眼は案外良さそう。

しかし、あれほど両腕を前に突き出した大きな構えで、
プロのインコースが打てるものか?と不安もおぼえた。
もしインコースがさばけなくて、弱点と見定められて、
ここを突かれ続けた時に、どんなバッティングをするのか今後
見ていきたいと思いました。


2002年 5月 5日 ウエスタンリーグ 4回戦 近鉄−ダイエー(藤井寺)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world)/ぴこさん(HP:TAKANOMA)/健一

gascoigneさん編

スカイAの放送を見て、簡単にまとめてみました。

雁の巣 002 111 000 5
藤井寺 100 000 100 1

※打者欄の数字は、打数、安打、打点、三振、四死球

<雁の巣>   1  2  3  4  5  6  7  8  9
(6)川 崎 三飛    捕犠 二安    中安       右飛
            (野選)
            (二盗)
   4 2 2 0 0 ヒットはいずれもセンター返し。足も見せた。
(9) 辻  右安    遊ゴ    右飛    三振    左安
      (二盗)
   5 2 0 1 0 2安打に二盗。そろそろアピールしないと…。
(3) 林  遊ゴ    三ゴ    左HR    遊ゴ
            (捕失)
   4 1 1 0 0 貫禄のHR。一軍にはご無沙汰だがそろそろ?
 5 中 村                         中安
   1 1 0 0 0 
(5)3吉 本 三振    右犠飛    三ゴ    左2B    三ゴ
   4 1 1 1 0 課題の守備も今日はなかなか。そろそろ一発がほしい。
 3 加 藤
   0 0 0 0 0
(7)大 野    二ゴ 右飛    三振    投ゴ
   4 0 0 1 0 今日は不発。
 7 森 山
   0 0 0 0 0 7回は躊躇し2Bを生んだが、8回のバックホームはお見事。
(D)笹 川    三振    二ゴ    中飛    一ゴ
   4 0 0 1 0 8回石毛からは粘りに粘ったが…。
(8)荒 金    左2B    左安    遊安    遊飛
              (牽制死)
   4 3 0 0 0 猛打賞で吹っ切れたか?牽制死はいただけないが…。
(2)山 崎    二ゴ    左安    三ゴ
   3 1 0 0 0 4回はうまくつないだ。
 2 杉 山                      三振
   1 0 0 1 0 打撃が良ければもっと上も目指せるが…。
(4)田中瑞       左安 左2B    二安       三振
            (二盗)(憤死)   (走塁死)
   4 3 0 1 0 左打ちも板についてきた。果敢な走塁もよし。上で使ってみたいね。

     回 打 安 振 球 失 責
○斉 藤 6 20  5  5  0  1  0
 MAX148km/h。ランナーなしの時はすぐにサインを覗くいいテンポ。
 スタミナがついてくれば一軍でも実績あり。初先発のあの衝撃は忘れんよ。
  輝  2 10  4  1  1  1  1
 変化球中心もMAX144km/h。でも勝負球が甘い。斉藤との差も明らか。
 もうちょっと特徴がほしい。
Sカステ 1  4  0  2  1  0  0
 黒ユニなのに太く見える(笑)。ここではサイド投げも有効。
 ラジオは二軍落ちしたが上げるには??

<藤井寺>   1  2  3  4  5  6  7  8  9
(8)森 谷 左2B    遊安       三振    遊安
                           (憤死)
   4 3 0 1 0 スイッチだが3打席は右に立つ。俊足だが8回本塁憤死。
(6)山崎浩 投失    右飛       三振    二ゴ
   4 0 0 1 0 斉藤には全く歯が立たず。打撃のレベルアップを!
(4)武 藤 遊ゴ       遊直       左2B 左安
      (盗失)
   4 2 1 0 0 二塁ということは肩はまだ今イチか。打撃では巧さをみせた。
(5)山 下 三振       右安       三ゴ    三振
              (盗塁死)
   4 1 0 2 0 新人時のOP戦での満塁弾以来、目立たないが…。
(7)中 濱    投安    二ゴ       四球    死球
   2 1 0 0 2 昨年のウ首位打者も、今年はまだ眠っているようで。
(9)牧 田    二併       遊安    左安    右飛
                 (牽制死)
   4 2 1 0 0 ガタイもよく、2安打は光る。一軍の層は厚いが…。
(3)吉川元    一ゴ       三ゴ    遊直    三振
   4 0 0 1 0 パンチ力はあるが今日は外野にも飛ばず。
(D)高 塚       三振    三ゴ    三振
   3 0 0 2 0 今年から捕手に。所属の少年野球チーム前で不発で悔しがる。
(2)近 澤       三振       中飛
   2 0 0 1 0 山村との息が合わなかったか?盗塁も許したし…。
 2 長 坂                     一邪飛
   1 0 0 0 0 新人だが一軍には一番近いかも。

     回 打 安 振 球 失 責
●山 村 6 28 11  3  0  5  3
 コントロール今イチ。スライダー決まらず。ランナー出せばしつこく牽制。
 昨年までの小気味いい投球は見られず。
 石 毛 2  7  1  2  0  0  0
 MAX146km/h。今日はコントロールもまともだったが、二軍に根付いた感も。
 有 銘 1  5  2  1  0  0  0
 子連れルーキー。奥さんがかわいいと評判(?)。タイミングが取り辛そうで、
 角度もあるフォーム。140km/h出てないが、バッターには速く見えるかも。

<得点経過>
・1回裏 右打席に入る森谷、2-1からレフトフェンスにツーベース。
     山崎浩は投手正面にバントも、斉藤ボールが手につかず。
     捕手がカバーし一塁に投げるもセーフ。
     武藤は初球をショートゴロ。二封の間に先制。
・3回表 先頭の田中瑞、1-1からスライダーを詰まりながらレフト前に。
     執拗に牽制するも、川崎の0-1から田中瑞二盗。
     すかさず川崎は次の球をバント。捕手近澤三塁に投げオールセーフ。
     辻の0-1から川崎ニ盗。近澤投げることもできず。
     辻は1-2からショートゴロでランナー釘付け。
     林は初球をサード正面のゴロ。バックホームでランダムプレー、
     と思った瞬間、近澤落球で同点。
     吉本は0-2から外角ストレートをライトに犠牲フライで逆転。
・4回表 一死後荒金が1-0からストレートをサード頭上にヒットも牽制死。
     山崎は直後に高めを引っぱたき三遊間ヒット。
     田中瑞は初球を3塁線にツーベースで2・3塁。
     川崎は0-1からセカンド深く内野安打で1点追加。
     田中瑞が果敢にホームを狙うもタッチアウト。狙いはよかった。
・5回表 一死後林に0-2からカウントを簡単に取りに行った球は逆球でインコース。
     フルスイングした打球はレフトスタンドへ。
・6回表 一死後荒金1-0からスライダーをショート深く内野安打で猛打賞。
     山崎は2-0からボテボテサードゴロで荒金二進。
     田中瑞は2-2から叩きつけてセカンドに内野安打で猛打賞。
     川崎は2-2からうまく合わせてピッチャー返しでセンター前、加点。
     田中瑞は三塁憤死。これはセンター森谷が素早い送球。
・7回裏 替わった輝から先頭の武藤、2-2からインコース低めスライダーを
     窮屈になりながらレフト線へ打ち上げる。森山突っ込むも及ばずツーベース。
     山下倒れたあと、中濱は2-3から四球。
     牧田は初球カーブを三遊間にタイムリー。

<その他>
・スカイAの解説は村上嵩幸氏とゲストは岡本伊佐美氏。
・藤井寺では開門後選手がサイン会。長坂、中濱等がやっていました。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ぴこさん編

藤井寺(5/5)雑感

こんにちは。

管理人さんやgascoigneさんがCSでの内容を書き込みされているのでスコアに関しては割愛します。

せっかく生で観戦したので、その感想などを…

普段(平日)は開門前も正面入口に10人くらいしか並んでいないこの球場、この日は連休の真っ只中、到着した11時30分頃(開門30分前)には100人以上の家族連れとおぼしきお客さんが長蛇の列を作っていました(開門時には倍くらいになっていましたが…)。この球場のウエスタン戦で開門前からこんな長蛇の列ができたというのは記憶にありません。一軍の試合(この日はGS神戸)に行って高い入場料払って米粒くらいにしか見えない
中村ローズを応援するよりは安上がりではありますね。

試合の感想ですが、走塁ミスや守備のミスで締まりに欠ける場面はありましたが、まずまずの試合。目に付いた選手を数名挙げたいと思います。(ホークスに偏ってしまうことご容赦ください)

ホークス先発の
斉藤和巳、個人的に実戦を観るのは一軍にいた一昨年以来なのですが、4月17日の鳴尾浜で先発し結果は残せなかったものの球速は150キロを計測したとのこと、そろそろ全開も近いかなと思いながら彼のピッチングを観ていました。立ち上がり先頭の森谷に140キロ中ぐらいのストレートを弾き返され二塁打(長打はこの1本のみ)、その後自らのバント処理ミスで傷口を広げ先行きを案じたのですが、武藤の内野ゴロの間に1点は失ったものの、クリーンアップに対し傷口を広げずに最小失点にとどめました。

その後は打ち取っている当たりもボテボテの内野安打になるアンラッキーもあったのですが、140キロ半ばから後半(球場の球速表示ではこの日のMAX148キロ)のストレートに、110キロ台のカーブ(チェンジアップ?)とスライダーを織り交ぜて6回被安打5(「不運」な内野安打3本含む)四死球0の奪三振5、与えた失点は初回の1点のみという結果でした。病み上がりの状態からウエスタンで投げられるようになったことは収穫ですが、本来先発要員として昇格させた
若田部健一が先発のチャンスを与えられない一軍の現状、永井智浩小椋真介が二軍の先発スタッフとしてそれなりの結果を残している現状を考えると、一軍にお呼びがかかるのはしばらくは先の話か?ウエスタンでの実戦経験を積んでからになるでしょう。

斉藤に代わり2番手で登板した同期の(松本)、2イニングを投げ被安打4の1失点。ストレートを痛打はされましたが、球速の走りは悪くはなかったと思います(MAXは146キロ)。シュートなどの変化球のコンビネーション生かして1イニングを抑えることが現状の課題でしょう。

最終回を締めた
C・カスティーヨ。ここ数試合最後の締めくくりを任されているようです。今後もこのようなリリーフ登板が主体となるのでしょうかは分かりませんが、中濱に肘にデッドボールを与え走者を背負いましたが、以前から懸念していた走者を置いてのピッチングについては今日は問題を感じませんでした。140キロのストレートでグイグイ攻め1イニング2奪三振、オープン戦の登板時に懸念したクイックができるのかどうかをもう少し見極めたいですね。登録抹消されたB・ラジオの代わりとして一軍はというと?という印象です。

野手ではこの日7番の
荒金久雄、9番の田中瑞希がそれぞれ二塁打1本を含む3安打を記録しました。

特に触れたいのは
田中瑞希。ヒットで出塁した2回には盗塁を決めたことはもちろん、特筆したいのは4回に三塁線に二塁打を放った後走者として残った場面、次打者川崎のセカンドへの内野安打で一塁への送球がもたついたのを見て一気に本塁生還を試みましたが紙一重のタイミングでタッチアウト、相手の守りの隙を突く走塁、タイミング次第ではセーフになる可能性もあった走塁だったと評価できると思います。管理人さんがご指摘するとおり現内野守備走塁コーチの柳田聖人にそっくりのいい意味での「いやらしい」選手、彼の目指すべき野球はこういう「ズルい」野球なのでしょう。スイッチヒッターに転向して2年目、この日は「作られた」左打席で3安打、去年はぎこちなかった打撃にも成長が見えてきたと思います。現在はショート兼用で出場していますが、打撃の成長次第では決め手に欠ける一軍のショートの争いに食い込める余地は有りますね。今は同じ立場の川崎宗則との競争になります。

その
川崎も俊足を生かし、内野安打だけで2安打(2打点のおまけつき)。田中瑞に負けてはいません。守備については現状ではセカンドよりはショートの方で使ってほしいとは思いますが、これも田中との兼ね合いですからね。

あと、管理人さんご指摘の
笹川隆、現状では捕手一本ですね。余程の事がない限り内野はやらないだろうな?今は捕手としての信頼を得ることが最優先かもしれません。

一方のバファローズ、気になったのはキャッチャーの
近澤昌志、個人的には高校(鳥羽高)時代から気にして見ているキャッチャー、ウエスタンには山崎勝己(H)上村和裕(SK)狩野恵輔(T)と同期が多いので彼らの成長を見守りたいと思うのですが、この日はすべてに散々でした。先発した山村宏樹との呼吸が今一つ合っていないような雰囲気、山村が走者を背負って必要以上に牽制球を投げているのは呼吸が合わないからと勘ぐってしまいましたが、実際のところどうなのでしょうか?

守備でも3回には送りバントの処理、間に合わない3塁へ送球し野選、その後の挟殺プレーでもサードからの送球をこぼし得点を与えてしまいました。こんな日もあるでしょう。このチームにとってキャッチャーは重点強化のポジション、若い彼にチャンスはたくさん与えられるでしょう。元々は打撃を買われてのプロ入り、前述の3人とは一線を画す(と言っては失礼か?)大型捕手としての素養は十分にあると思います。

もう一人、3番手で登板した新人の左腕
有銘兼久、カクカクっとしたフォームで岡島秀樹(G)のようなぎこちない感じがするのですが、いい球を投げるピッチャーですね。ストレートの球速表示は130キロ後半がほとんどだったものの、球速以上に速い球に感じました。実際に観た印象なので対戦した打者の印象もそれに近いものがあるのではないでしょうか?一軍でも使えるかも?という印象です。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

健一@管理人編

■ウエスタンリーグ 5月5日(日)藤井寺バファローズvs雁ノ巣ホークス(藤井寺)

                          H E
雁ノ巣ホークス  |002 111 000 0| 14 1
藤井寺バファローズ|100 000 100 0|  9 1

雁:斉藤和巳(6回)−輝(回)−カスティーヨ(1回)
藤:山村宏樹(6回)−石毛博史(2回)−有銘兼久(1回)

本塁打:
林孝哉1号山村宏樹


■雁ノ巣      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊) 川崎宗則  522 三飛    捕選 二安・   中安・      右飛
(右) 辻武史   520 右安    遊ゴ    右飛    三振    左安
(一) 林孝哉   411 遊ゴ    三ゴ    左本・   遊ゴ
 三  中村浩一  110                         中安
(三一)吉本亮   411 三振    右犠・   三ゴ    左2    三ゴ
(左) 大野倫   400    ニゴ 右飛    三振    投ゴ
 左  森山一人  000
(指) 笹川隆   400    三振    ニゴ    中飛    一ゴ
(中) 荒金久雄  430    左2    左安    遊安    遊ゴ
(捕) 山崎勝己  310    ニゴ    左安    三ゴ
 捕  杉山俊介  100                      三振
(二) 田中瑞季  430       左安 左2    二安       三振


■藤井寺      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 森谷昭仁  430 左2    遊安       三振    遊安
(遊) 山崎浩司  300 投犠    右飛       三振    二ゴ
             (投失)
(二) 武藤孝司  421 遊ゴ・      遊ゴ       左2 左安
(三) 山下勝己  410 三振       右安       三ゴ    三振
(左) 中濱裕之  210    投安    ニゴ       四球    死球
(右) 牧田明久  421    二併       遊安    左安・   右飛
(一) 吉川元浩  400    一ゴ       三ゴ    遊直    三振
(指) 高塚信幸  300       三振    三ゴ    三振
(捕) 近澤昌志  200       三振       中飛
 捕  長坂健治  100                      一邪


■雁ノ巣    回    安  振  四死  責
 斉藤和巳  (6回)   5  5   0  1
 輝     (2回)   4  1   1  1
 カスティーヨ(1回)   0  2   1  0


■藤井寺    回   安  振  四死  責
 山村宏樹  (6回)  11  4   0  4
 石毛博史  (2回)   1  2   0  0
 有銘兼久  (1回)   2  1   0  0


【大まかな得点経過】
一回裏森谷昭仁二塁打で出塁後、山崎浩司の犠打を斉藤和巳がお手玉(失策)し無死一三塁。武藤孝司の遊ゴロの間に三塁走者生還一点先制。

三回表
田中瑞季がレフト前ヒットで出塁し盗塁、川崎宗則の犠打を近澤昌志三塁へフィルダースチョイス!走者の足も考えると結果ミスだったか・・・。更に林孝哉の三塁ゴロで三塁走者の田中瑞季を狭殺プレーに持ち込もうと試みるが、近澤昌志送球をポロリ!?走者の生還を許す(またやっちまった)。

四回表連打を重ねて
川崎宗則のセンターよりの二塁内野安打で一点追加、五回表林孝哉の一発、六回表には再度川崎宗則がセンターに抜ける適時打で一点ずつ追加した。

七回裏
武藤孝司のラッキー二塁打から牧田明久のレフト前適時打で一点を返すに止まった。

雁ノ巣ホークス先発
斉藤和巳は、140km中盤を超える速球を軸に抑え込み、継投で逃げ切った。藤井寺バファローズ先発山村宏樹の制球力は甘く、ホークス打線をかわしきれなかった・・・。両チームとも守備でのミス・走塁ミスが多々ありました(××)



【気になる雁ノ巣ホークスの選手達】

■斉藤和巳(ダ)
145km/h前後の快速球と110km/h前後の緩いカーブの緩急差、また長身から角度もかなりついている長身本格派投手。流石に故障も癒えつつあるのか球が走っていました(新ストライクゾーンを活かす本格派)。#解説の岡本伊佐美氏も述べていましたが、長身足長腰高の体型もあってか足元のボールの捌きはヘボイです。バント処理とかボールが手に付かないなんて場面がありました。

そして笑顔が見られる場面もあり、故障中だった右肩は根本的に良好なんでしょう(しかも無四球)、手応えありの剛腕です。大凡の制球でもボールが切れていれば、後者が勝ります。


■輝(松本輝)(ダ)
長い腕を撓らせるというか多少ギクシャクさせながらシュート・スライダーに速球が印象的(本格派に通ずる!)。シュート系の球はあまり目立たずストレート勝負。#シュートで内を攻める投球が身上だと思うのですが、彼もやはり制球に甘さが残る・・・あともう一歩出てこい!と期待しています。

140km/hちょいのストレート(ややシュート回転)、130km/hを切るスライダー等々と西口文也(西)のイメージに近づけるか!?


■カスティーヨ(ダ)
120kg弱の巨漢もいいところのデブ。腕の振りはコンパクトで体に巻き付くように曲がりの小さな変化球を多々携えています(制球も悪くない)。偶に腕を完全にサイドから放ってみたりといろんな意味で変則派。球速は130km/h中盤が主だが、指に掛かったボールは140km/hを超える。<元横浜球団渉外編成牛込惟浩氏も誌上で述べていましたが「体重さえ落とせば」<自己管理崩壊ですな


■川崎宗則(ダ)
左打席から軽く開き(ステップし)内側に絞りスイング、また彼は「軸足が左足から右足に移動するタイプの打者」。六回表のセンター前適時打の当たりは、狙いすました「スナイパー」のようでしたよ。守備@遊撃手では、内野安打を3度許した。いずれも俊足選手と当たりの弱さもあったが、ポジショニングと守備の第一歩も関係ないとは言えないかな(^^;)。

#個人的には、守備範囲重視で二塁手として起用したいが、上には井口忠仁がいるからなあ。<そろそろ1軍定着を意識する起用(チャンス)も望まれる。しかしもう一寸シャープな身体をボリュームアップして欲しいなあ。


■辻武史(ダ)
守備範囲の広い俊足選手。本日は流して引っ張っての二安打。パワーもあるが、安定性がないので次戦力としての壁を越えられない。


■林孝哉(ダ)
腹の前の高さにバットのグリップを置き、投球に合わせしゃくり上げるようなスイング(若菜嘉晴バッテリーコーチの打撃フォームに通じているかも)。レフトへの本塁打もドンピシャリのスイングでした(内に入る甘いストレートをレフトポール際にライナーで突き刺す本塁打)。打撃を磨き代打の一番手へ!


■吉本亮(ダ)
お尻を突き出すようにやや前傾姿勢でボールを待ち、バットを絞り込むように引き撓め、、、そしてスイングする次世代の「主軸候補」(スイングスピードもハヤッ!)。ライトへの犠牲フライ、またレフトへの2塁打と4番としての役目キッチリ。そろそろ上でも場数を踏ませたい。


■大野倫(ダ)
そっくり返るような構えからタイミングを取り広角に打ち返す中距離型打者。<バットを押し潰すような感じ。同タイプ大道典良(ダ)の後釜を狙いたい。#4タコ・・・


■笹川隆(ダ)
四年目の昨季内野手から捕手に転向した変わり種。好調な打撃で本日は指名打者出場。結果4タコであったが、ユーティリーティープレーヤーとして1軍に割り込みたい。


■荒金久雄(ダ)
腕をたたんで綺麗にヘッドを抜くレフト線に入る二塁打(解説の村上嵩幸氏は、甘い球と述べていましたがいやいや。そういえば村上嵩幸氏も往年はイイ振り抜きをしていました)。内側を塞ぐように前に立つ位置からもインサイドに絶対的な自信があることがうかがわれます。

パンチ力ある打撃で引っ張りの傾向が強かったです。引っ張り系と言っても意外と右腕のバットコントロールも良し。#高い守備力もあり秋山幸二を超えたい!


■山崎勝己(ダ)
バットのグリップを余らせて握るコンパクトなスイング。盗塁を刺す強肩もあり!


■田中瑞季(ダ)
猛練習でスイッチ修得に勤しんだ結果「作られた左打席」も馴染んできました。右打席は、柳田聖人2軍守備走塁コーチの現役時代を更にこじんまりさせた「いかにも粘るぞ!」というような構え。#内野ゴロの間に、二塁から一気に本塁を奪う気概の走塁も見逃せない(結果憤死だったが)

前述の左打席で、三安打の猛打賞。左打席は右打席以上に小さなバットスイングで叩きつける打撃を心懸けているようです。また「当て逃げ」「走り打ち」の部分は今後長期間の課題か。右打席以上に非力満点な左打席ですが、バットコントロールの非凡さを感じてしまいます。<ライト方向に強い打球が打てれば上位も打たしたい。


■森山一人(ダ)
終盤守備要員としてレフトに入る。八回表武藤孝司のレフト前安打で、二塁から本塁を狙う俊足森谷昭仁を刺す強肩と素速い送球を見せた。高卒下位指名でだてに11年もプロで飯を喰っていないスペシャリスト。そうは言っても打撃力アップを!




【気になる藤井寺バファローズの選手達】

■山村宏樹(近)
可愛い顔してえげつないシュートを駆り的を絞らせない投球が売り(内を突いての外側に流れるスライダーが主の武器!)。球速は135km/h前後で打者からするとそう組み難い投手ではなさそう(シュートを捨てて踏み込むのが有効)。

本日は制球に甘いところを見せ痛打を浴びました。制球難ではないのですが、ボールの威力がある方ではないので、相当高い制球力を伴わないと1軍では負け数先行の投手のままかも。<スライダーを多投し過ぎ、もっともっと内を攻めないと!

あと相手先発の斉藤和巳のフィールディングの悪さとは正反対に、遊撃手のような俊敏な守備、そして牽制球は素速いクイックも取り入れ一塁ベース上で刺殺なんて場面も見られました(タイガース時代では野手転向という話もありました)。#ここらへんのセンスは、球界でも高いレベルだと感じます。<ただ投手なんで投げてナンボですが・・・それにテンポ度外視@牽制球多過ぎですな(^^;)


■石毛博史(近)
球速は往年時に比べると勢いを失った感はありますが、140km/hを超えるも球あり(最速146km/h)。<これは指が掛かった感じでした。しかし概ね120km/h台のスライダーを多投し130km/h台のストレートとスタイルはここ数年この形に変わりつつある。2軍でも結果を残しているので一軍昇格も遠い話ではないかも。<結果はまずまずだが、あまりピンとは来ませんでした(平均球速をもっと増さねば!)


■有銘兼久(近)
変則フォームの左腕、テークバックに入る時一塁側に激しく屈曲し、この一コマ多い動きが打者を幻惑させる。球速はキレを感じさせ、130km/h台のストレートにスライダー、カーブ、シンカー、チェンジアップと多彩な変化球が持ち味。もう少しストレートに力が出てくると評判通り厄介な投手になりそう。


■森谷昭仁(近)
「右投手」に対して「右打席」に入る森谷昭仁。「あれっ、スイッチまた頓挫?」と思っていたら現在右打席を重点強化中ということで右打席で入っているそうです!?。その後輝と対戦するときは、左打席で入り二遊間よりのショ−トゴロも快足を活かして内野安打もあり。

一打席目は、高めの真っ直ぐを上から叩いてレフトフェンス直撃の2塁打(右打席)。左打席は、腹切り打法であまり感心しません(利き腕である右手の引きが甘くリード仕切れていない傾向あり)。その分妙にボテボテの安打も多いかも。足の速さは「尋常」ではないです!その為にも「左打席」こそ課題!


■山崎浩司(近)
「守備力」はアマチュア時代から定評のあるものの課題は「打撃」。今年4年目ですが、1〜2年目は1割台の低打撃成績。当時見たときは変化球とバットがかなり乖離していてまだまだなんかなあ・・・と思っていたらその後徐々に結果を残し昨年は「打率0.279」打撃成績!これは一枚壁を破ったんでしょうかね。

今季も守備力と共に2番という繋ぎ所も期待される。本日は出塁した森谷昭仁を置いての打撃に課題を残した。


■武藤孝司(近)
二塁手として出場。深い当たりも俊足を活かして回り込み間一髪アウト!というプレーあり。左2の当たりは擦ったような飛球でレフト線に落ちるものでした。その後三遊間を破る当たりは綺麗な流し打ちでした。スピード感ある選手で、流石に2軍では光っています。<一軍復帰も待ち遠しいですね。


■山下勝己(近)
近澤昌志、藤崎紘範、松本拓也と共に「ドジャース帰り」の1人。チャンスで大仕事をする雰囲気(昨年観戦時に満塁弾や同点本塁打とかもあったので)ありです。引き付けてライト方向に流す安打があり4打数1安打。

変化球の見極めと対応という大凡の選手の課題なんですが、こいつを徐々に克服出来れば「いてまえ打線」に割り込めるのでは!#一軍の面子を見ても守備位置で被るところがあるので外野兼任が可能なぐらいの挑戦も面白いかも。先ずは代打で!


■中濱裕之(近)
一昨年まで寝かせていたバットを立たせオーソドックスな位置、そして左肩を開かないように気を付けながらボールにバットをぶつけるようなスイング。小柄だがパンチ力あり。昨年はウエスタン首位打者。


■牧田明久(近)
脇を締めてボールを最短距離で鋭く振り抜く今後が楽しみな打者。鯖江高2年秋からはエースで4番。8試合連続ホームランちゅうものも素材の証か。#藤井寺バファローズは過去からそして他球団と比較しても高校卒の選手が育つ傾向があるのでそういう点もなんだか数年後がなんとなく楽しみ。#三塁手のすぐ横をアッという間に抜けていく球足の速い適時打あり。


■吉川元浩(近)
前述の牧田明久も楽しみな素材ですが、一昨年に投手から野手に転向しているのですが、当時から一押しの選手!
一見して「強いリスト」が分かります、進藤達哉(オ)と相通じるところ(投手としてもかなりの速球派だったそうです)。ただスイング時の腕のたたみ方は、多少ぎこちない。#あの「手首の強さ」が彼の打者としての生命線!

数年後上で活躍する逸材だと思っています。


■高塚信幸(近)
投手から捕手そして内野手と転向。かなり肥えて投手から強打者の体格風?にはなったが、、、まだまだ粗い。本日はかつて所属していた少年野球チームの後輩達も見守る中、かなり気負ったんかな。高めの速球に三振しバットを叩き付け悔しがっていました。#打撃は高校時代から定評もあったそうなのでなんとか花開いて欲しいです。


■近澤昌志(近)
大型捕手にあるフットワークの鈍さを露呈する場面もあり。盗塁も許したが、捕ってから送球すまでの動作に無駄があるのかも。、また無死二塁でのバント処理ではバウンドの高いバントを処理し、二塁走者(田中瑞季)の足のことは頭にあったのかどうか分からないが、強引に三塁へ送球するフィルダースチョイス(野選)をしてしまいました。同回には内野ゴロから三本間の狭殺プレー!へ移行したが、単純な捕球ミスで走者の生還を許してしまった・・・。

打撃の素養はあると思うのでその特長の打撃は更に磨いて欲しいです。<内野手に転向というのも悪くないかも


■長坂健治(近)
途中出場。初球を一塁ファールフライ。


2002年 5月 5日 ウエスタンリーグ 4回戦 サーパス−広島(岡山)報告者:いの一番さん

昨日岡山で行われたサーパス神戸×広島の試合について報告します。

広島 200003000 
神戸 000020000 
勝−林  負−小林
(投手)広島 河内(4回2/3)−林(2回1/3)−広池(2回) 
    神戸 小林(6回)−山本(3回)
(審判)杉本、藤本、飯塚

(試合経過)
広島は1回小林の立ち上がりを攻め、栗原と朝山の安打で2点を先制した。
河内は4回まで無走者の完璧な投球だったが5回2死から突如崩れ、新井の2点二塁打で同点に追いつかれた。
しかし、その直後の6回小林が崩れ、嶋と朝山の二塁打で広島が3点を勝ち越し。
サーパス打線はその後林と広池に抑えられ、結局2安打に終わった。

■河内貴哉(広)
4回までは無走者の完璧な投球。しかし5回になると急に球が高めに抜け出した。
何とか2死を取ったものの、肥田に初安打を許すと高橋に四球を与え、新井に2点二塁打を浴びる始末。
ベンチも崩れると止まらなくなるのが判っているのか、ここで交代させた。
1軍に上がるにはもう少し時間がかかるかもしれない。

■朝山東洋(広)
3打数3安打3打点。打撃では他の選手と格が違うところを見せた。
ただ、ひざの故障はほとんど完治したが、まだ実戦では守備についていない。
不安なく守備ができるようになれば1軍に上がれるだろう。

■広池浩司(広)
あれ?いつから2段モーションになったんだ。
私は正直なところ、2段モーションはごまかしのようで好きになれない。
というか、こんなに甘いのは日本のプロ野球だけ。いつまでこの状態を放置しておくのだろう。

■小林宏(サ)
1995年の日本シリーズでオマリーと名勝負を演じた彼も31歳。
この試合では6回5失点という苦しい内容。故障上がりとはいえ、寂しい限り。
広島県出身なので気になります。もうひと花咲かせてほしい。

■山本拓司(サ)
3回を3三振無安打無失点、ただし、3四球1死球。
名鑑には制球力があると書いてあったが、この試合では荒れ球投手という印象であった。

サーパス打線
今季は打撃好調とのことだがこの試合は元気がなかった。5回以外は全て3者凡退というのは淡白すぎる。

それと、私はサーパスの主催試合をはじめて観ましたが、
サーパスのキャラクター、SUMMER&SILKYのぬいぐるみがグラウンドやスタンドでパフォーマンス、
そして、毎回のサーパス攻撃前にはサーパスの応援歌が流され雰囲気を盛り上げました。
さらに試合前と7回表には「それいけカープ」を流す大サービス。
相手チームの応援歌まで流すところは他にもあるのでしょうか。
また、5回裏終了時にはサーパスの選手がサインボールをスタンドに投げ込んでいました。
考えてみると、由宇で「それいけカープ」が流れたことはないし、
カープ2軍の地方試合でサインボールをスタンドに投げるのも見たことがありません。
スライリーを出せとは言いませんが、カープ2軍がサーパスに見習う点はあると感じました。

<岡山県営野球場>
JR岡山駅西口から徒歩15分
両翼91m、センター122m
外野天然芝、スコアボード手書き式、照明塔6基


2002年 5月 5日 イースタンリーグ 7回戦 巨人−ヤクルト(北九州)報告者:atackさん/健一

atackさん編

5月5日(日)ジャイアンツ−スワローズ

先発の根市寛貴が5/5イースタンのヤクルト戦に先発して、HRをかっ飛ばしましたね。レフトスタンドに豪快な一発でした。

ピッチングも初めて見たのですが、低めへのストレートの切れが良く、真直ぐな球筋が印象的でした。スピード表示は無かったので球速は分かりません。ただ、変化球のコントロールに課題がありそうで、外角低目を狙ったスライダー系の球が甘くはいって、HRを打たれたり、フェンス際まで運ばれるなど、痛打されるシーンが何度か見うけられました。

でも、高く足をあげてから沈みこむフォームが、
郭源冶(元中)を思わせるも、ややおとなしい印象。(下でも同じ印象を書かれていますがまさにそうですね。)打つにせよ、投げるにせよ、身のこなしにキレを感じさせるセンスの良い選手だと思いました。


健一@管理人編

■イースタンリーグ 5月5日(日)川崎ジャイアンツvs戸田スワローズ(北九州)

【延長11回 引き分け】
        
                 H E
戸田スワローズ |000 100 000 00| 9 0
川崎ジャイアンツ|001 000 000 00| 9 1

戸:萩原多賀彦(7回2/3)−平本学(1回1/3)−本間忠(1回)−丹野祐樹(1回)
川:根市寛貴(7回)−河本育之(2回)−安原政俊(1回)−木村龍治(1回)

本塁打:根市寛貴1号(
萩原多賀彦)、宮出隆自2号(根市寛貴)


【大まかな試合展開】
両先発根市寛貴萩原多賀彦が走者を出しながらも低めに丁寧にボールを集め集中打を許さなかった(四球が少なかったのでテンポがあった)。三回裏に投手根市寛貴左翼席に飛び込む先制ソロ本塁打。しかし次の回四回表には、7年目にして打者転向した宮出隆自が、根市寛貴のスライダーをフルスイングし左中間に同点本塁打を放った。終盤両チームとも小刻みな投手リレーで延長11回規定により引き分けた。


■根市寛貴(巨)
今年初めて彼の投球を観ましたが、昨年同様高校時代よりかは、「まとまったなあ」という印象を受けました。ただ相変わらずフォームは左足を高く上げ身体全体を使った躍動感あるフォーム(郭源治(元中)似)。#下半身の粘りが生命線でしょうか。

球速は目測で大凡140km/h弱か、勝負球のストレートはそれを超えていたかもしれません。腕はよく振れていてカーブ・スライダーが上手く抜けて(フッと浮いて、目線を上下させる効果あり)、打者のタイミングをずらしていました。序盤一死満塁の場面でも、緩い球を有効に使い「123」の併殺完成でピンチを脱しました。#本塁打はオマケとしても気分良く投げられたかも。

ストレート・変化球共に内側に抜ける逆球もありまだまだ制球は甘い。宮出隆自への一発は、外側に構えていたミットが、内側にずれ、、、打ち頃のスライダーがど真ん中へ・・・という場面もありました(カーブの方がもっとドロンとしていてカウント球としても使えていました)。#因みに前の打席に宮出隆自に死球を与えていたので遠慮した?外側勝負か!?

しかしこの「躍動感」を醸し出す投手はそうそう見られません。atackさんも述べられていますが「打つにせよ、投げるにせよ、身のこなしにキレを感じさせるセンスの良い選手」に同感です。今後も大きく育って欲しいですね。


■萩原多賀彦(ヤ)
JR東日本からドラフト6巡目で指名を受けたルーキー。背番号「14」ということからも期待の即戦力ということが、うかがえます。ストレートはそこそこ速く、変化球もカーブ、スライダー、チェンジアップにフォークと一通り持っているようです(シュート回転するボールもあり)。

ストレートとスライダー(フォーク課題)腕は振れているようで変化球はよく抜けていました、ただ低めには集まっていませんでした(逆に打者は面食らってもいたかな)。真上からというか、押し出すようなところもあって低めに思うほど集まらなかったのかなあ。


■雑感
ご当地選手山下浩宜(福岡出身、八幡西高→九州共立大→巨01ドラフト6位)が引っ張り込んでの2安打に盗塁と活躍。信頼度で4番(本人にその意識はないでしょう!)に座る永池恭男が3安打も盗塁死、失策とイタタ。。。まだ動ける選手だけに勿体ない気もする。


また中継ぎ登板した
平本学は、先日の通りフォーム一部修正で制球力アップ中!

・・・大凡は変わらないのですが、投球始動序盤、軸足で一本立ちに入り左足を上げるときに、一度小首を傾げるような動作が入りました。説明下手な私ですが、以前1992年阪神が優勝争いをしたシーズンありましたよね?その時の投の主役であったマイクこと仲田幸司(神)の投球動作と同じです。この動作を組み入れることにより常に一定の動作確認となるのでしょう。<「制球力」矯正中

平本学の1軍登板は近いと思います。その代わりに昨年時のボールの勢いは削られた感はあります。あと畠山和洋が2安打、また一番志田宗大は3安打猛打賞でした。


2002年 5月 5日 イースタンリーグ 7回戦 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年5月5日(祝・日)

  イースタンリーグ公式戦 西武ライオンズ−日本ハムファイターズ 7回戦
  西武5勝2敗0分 (西武第2球場) 13:00
  晴れ 試合時間2時間45分 
  ◆球審:村 越 1塁:津 川 2塁:−−− 3塁:新 屋(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:野 中(セントラル・リーグ)

                      H E
西  武 000 141 000 ・・ 10 1
日本ハム 000 000 000 ・・  4 0

○ 勝利投手 富 岡 2勝1敗  ● 敗戦投手 矢 野 1勝3敗
本  本塁打 貝 塚  3号 矢 野@ 4回1死 (西  武)
       古 屋  1号 矢 野@ 5回無死 (西  武)
       赤 田  2号 矢 野A 5回2死 (西  武)
2B 2塁打 島 田 6回1死 (日本ハム)
SB 盗 塁 飯 山 4回1死 (打者・山田) (日本ハム)
       河 田 5回2死 (打者・赤田) (西  武)
 E 失 策 佐藤友 2回1死 (阿久根左安をファンブル)(日本ハム)
   併殺打 赤 田 9回1死 (阿久根−小田) (日本ハム)

(西  武) 貝塚、古屋、赤田ホームランで4連勝!首位を完全にキープ。河田タイムリー、
       細川3安打1打点
        打 安 点 振 四  1  2  3  4   5  6  7  8  9
(7) 佐藤友 4 0 0 1 1 中飛    四球    遊 ゴ 二飛       三振
(9) 河 田 4 1 1 1 0 三振    三邪    中 安・三ゴ
 9  カ ズ 0 0 0 0 1                          四球
(8) 赤 田 5 1 2 2 0 見振       遊ゴ 右中本:   三振    二併
(DH) 貝 塚 4 1 1 0 0    投ゴ    中本・中 飛    二ゴ
(3) 大 島 4 2 0 0 0    中安    左飛     中安 捕邪
(6) 中 島 3 0 0 1 0    三振    遊ゴ     捕犠    中飛
(5) 古 屋 4 2 1 0 0    右飛       左中本・右安    三ゴ
 5  平 尾 0 0 0 0 0      
(2) 細 川 4 B 1 0 0       中飛    左 安 左安・   中安
(4) 水 田 3 0 0 1 1       右飛    遊 ゴ 四球    三振
     :             :  :  :  :   :  :  :  :  :
    残塁6 35 10 6 6 3  0  1  1  0   0  3  0  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 散発4安打、貧打線が止まらず3連敗。新人2人起用もカンフル剤にならず。
       島田ツーベース

        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(7) 村 西 4 1 0 2 0 三振    遊安    三振       三ゴ
(8) 石 本 4 0 0 0 0 遊飛    二ゴ    左直       一ゴ
(DH) 原 田 3 0 0 1 1 遊ゴ    四球       中飛    三振
(9) 島 田 4 1 0 1 0    三ゴ 三振       左2       右飛
(4) 阿久根 4 1 0 1 0    左安    見振    一ゴ       遊ゴ
(6) 飯 山 3 1 0 1 1    右安    四球    三振       三ゴ
(5) 山 田 3 0 0 1 0    三振    中飛       遊ゴ
(3) 小 田 3 0 0 0 0    三ゴ    遊ゴ       左飛
(2) 駒 居 3 0 0 2 0       二ゴ    三振    見振
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁6 31 4 0 9 2  0  2  2  1  0  1  0  0  0
                  見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(西  武) 富岡7回を4安打無失点の好投、竹内、福井1回を打者3人で打ち取り
       完封リレー
 ○ 富 岡   7    27  4   0   2   8   0
   竹 内   1     3  0   0   0   1   0
   福 井   1     3  0   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 矢野3被弾5回途中6安打5責点崩壊。柴田ピンチを今井救援できず。
       神島1回を打者3人
 ● 矢 野   4 2/3  21  6   3   1   3   5
   柴 田     2/3   4  2   0   0   0   1
   今 井     2/3   4  1   0   1   0   0
   フリューリー   1     3  0   0   0   1   0
   生 駒   1     4  1   0   0   1   0
   神 島   1     3  0   0   1   1   0


日本ハム0−西 武

首位西武の本拠地、西武第2球場で連敗の日本ハム。3位との差も詰まってきているが、今日から2連戦は本拠地鎌ケ谷でのゲーム。3連敗は阻止したい。快晴で夏のような日差し照る中で試合開始。

日本ハムの先発は4月29日対湘南戦以来の先発、矢野。1回西武は1番佐藤友、打ち上げてセンターフライ。2番河田ストレートに空振り三振。3番赤田、2−1から外角のストレートを見逃しの三振、3者凡退で矢野は無難な立ち上がり。1回裏日本ハムは1番、先発レフトのルーキー村西。しかし変化球に簡単に買わされて空振り三振。2番は石本、打ち上げてしまいショートフライ。3番は指名打者で原田、初球攻撃に出るがショートゴロでこらちも3者凡退。2回西武は、4番貝塚。打ち返した打球は強烈なピッチャーライナー!しかしこの打球に矢野がグラブを出して捕球・・しかし捕れない。ボールは真下に落ちてピッチャーゴロ。5番大島、打ってショート右へのゴロ、飯山が追いつけずセンター前ヒット。6番中島は空振り三振、7番古屋はライトフライで後続続けず。2回日本ハムは先制のチャンスを築く。4番島田からだが、サードゴロ。続く5番は阿久根、巧い流し打ちはレフト前ヒット。さらに6番飯山も流した打球はファーストの頭上を越えてライト前ヒット。1死1、2塁とチャンスに続く7番はサードで先発出場の山田。打てば今後にも出場の機会増は間違いない場面だったが、変化球で交わされて三振。8番小田は、流し打ちも打球が上がらず詰まってしまいサードゴロ。2者残塁。3回西武は8番細川から、打ってセンターへの大きいフライ。風に乗った感じの打球だったが、石本がフェンス手前でこれを捕球。9番水田、これも打った瞬間は長打を思わせる勢いだったが、ライトフライ。簡単に2死として1番に戻って佐藤友。選んで四球で出塁、2番河田。打ち上げてフライは、サード後方ファールゾーンへの飛球。山田がこれを追って捕球し佐藤友残塁。3回裏日本ハムは、9番高橋信が故障でつ上の為先発マスクの駒居。しかしセカンドゴロ、1番に戻って村西。打ってセカンドベースやや右への強いゴロ、これにセカンドの水田が横っ飛び!グラブに当てるとほぼ真横まで来ていたショート中島の前へ転がる。中島が捕球した時には村西は1塁を駆け抜けており内野安打。続く石本はセカンドゴロ、3番原田。四球で出塁し2死1、2塁と得点のチャンス。しかし続く4番島田が三振でランナー生かせず。3回に2本の大飛球を飛ばされた矢のだったが、4回西武打線に捕まってしまう。1死から、4番貝塚。打った打球はセンターやや右への大きい当り、これがそのままフェンスを越えるとバックスクリーン右下に直撃する第3号先制ソロホームラン。西武が1点をリードこの3試合で全て西武が先制点を上げる。5番大島はレフトフライ、6番中島は初球打ちもショート正面へのゴロで1点止まり。4回裏日本ハムは、5番阿久根から。しかし見逃しの三振。6番飯山は四球で出塁、続く7番山田の時にスタート。これが成功し1死2塁と再びチャンス。しかし山田はセンターフライ。8番小田もショードコロでチャンスが生かせない。5回西武は、矢野を完全に捉え猛攻を仕掛ける。この回は7番古屋からの攻撃、その古屋が捕えた打球はレフトスタンド一直線!完璧な当りの第1号ソロホームランで1点を追加2−0と西武が2点のリードに。さらに、8番細川はショート右を鋭く抜けてレフト前ヒット。続く9番水田だが、エンドランのサインが出ていたのか、2球バントを失敗すると一転ヒッティング。ファールを繰り返しても出続けるサインだったが、最後はショートゴロ。進塁打となって1死2塁と追加点のチャンス。1陣に戻って佐藤友、打ってショート正面へのゴロ。ランナーは動けず2番河田。センター前へのヒット、2塁ランナーの細川は石本の肩が弱いのを見て、スピードを緩めず本塁へ向かう。石本の返球はショートカットまで還ってくるのが一杯で、細川ホームイン。タイムリーヒットで3−0と西武が点差を広げ始める。直も1死2塁として3番赤田、これも打った瞬間にスタンド行きの打球は第2号ツーランホームランとなってライトスタンドに突き刺さる。ここで先発の矢野は降板、3被弾6安打5失点でまたしても先発失敗になってしまう。日本ハムの2番手は移籍の柴田、4番は貝塚、初球打ちもセンターフライ。3試合続けて前半に4点のビッグイニングで西武が5−0と試合を決めに掛かる。

5回裏日本ハムは、9番駒居から。しかし普段試合に出場していないせいか、簡単に追い込まれると最後は空振り三振。1番に戻って村西も同様のパターンかあっさり追い込まれて、三振。2番石本、強い打球をレフトに弾き返すが、これを佐藤友が背伸びでもして捕った様な格好で捕球、レフトライナーで3者凡退。6回西武は、5番大島から。センター前ヒットで出塁。続く6番中島がこれを捕前に送りバントで1死2塁とする。7番古屋はライト前へのポテンヒットで1、3塁とこの回も得点のチャンスを作る。ここで日本ハムは2番手柴田から3番手今井に後交代。しかしその今井がいつもの悪癖を出してしまい8番細川に、レフト前へのクリーンヒットを打たれてしまい、これがタイムリーヒットで1点を追加6−0とする。さらに1死1、2塁として9番水田が四球を選んで1死満塁と大ピンチ、西武は大量点のチャンス。しかし1番に戻って佐藤友が打ち上げてしまいセカンドフライ。インフィールドフライで2死満塁、2番河田がサードゴロで3者残塁。6回裏日本ハムは、3番原田からだが、センターフライ。4番島田がレフト線やや内側への痛烈な打球。これがツーベースヒットとなって1死2塁。続く5番阿久根に「0行進」ストップの期待が掛かったが、ファーストゴロ。島田は3塁に進んで2死3塁としたが、6番飯山は空振り三振で1点が遠い。7回から日本ハムは4番手にフリューリーをマウンドに送る。西武の攻撃は3番赤田から、高目のストレートに空振り三振。4番貝塚の打球はセカンド右、ファーストの左「1、2塁間を抜けてヒット」と表現できるコースへのゴロ。打球がやや緩かった事もあったが、これにセカンド阿久根が回りこんで好捕、一回転して1塁へ送球すると、ファーストの小田と1塁へ駆け込んだ貝塚とが交錯はしたが間一髪のアウト!ファインプレーに拍手が起きる。5番大島は打ち損なってキャッチャーファールフライ。駒居が抑えて3者凡退。西武先発の富岡が全く捕えられない日本ハム打線だが、7回裏も簡単に押さえ込まれてしまう。7番山田から、打ってショートへの平凡なゴロ。8番小田、打ち上げてレフトフライ。9番駒居は空振り、見逃しで2球で追い込まれると、続く3球を見逃して3球三振と全く相手にされない。8回から日本ハムは5番手に生駒を投入。中島、古屋を簡単に打ち取って2死。8番細川にショート左を抜けてセンター前ヒットを打たれる。細川は今日3安打猛打賞の活躍。しかし続く9番水田は空振り三振でスリーアウト。8回裏から西武は2番手に竹内を投入。日本ハムこの回の攻撃は、1番村西から。ピッチャーが右投げに代わったので両打ちの村西は今度は左打席に入る。しかし流し打ちはサードゴロ。2番石本はファーストゴロ、3番原田は空振り三振でこの試合4度目の3者凡退。9回日本ハムは6番手に神島を登板させる。西武も1番からの攻撃、佐藤友は空振り三振。2番は6回裏からライトに入っていたカズ、選んで四球で出塁。しかし3番赤田が、セカンド地面スレスレへの強いライナー。阿久根がライナーで捕らずワンバウンドしてから捕球、これではファーストランナーのカズもどうにもならず、飯山−小田と転送されて併殺打。9回裏西武は3番手に福井を投入して逃げ切り安泰を図る。日本ハムは完封敗戦は阻止したい情勢に4番島田からの攻撃。流し打ちはライト線内側へのフライ、当りはヒット性だったが打球が伸びすぎてライトカズが捕球。5番阿久根はショートゴロ、6番飯山はサードゴロで3者凡退で試合終了。

日本ハム先発の矢野が、3発を浴びる投球で3敗目。被弾数が多いのが昨年辺りから殆ど変わっていない上、一般的に「非力」とされている打者にフェンスオーバーされるなど課題が多い投球。打っても首位西武に離される一方の沈黙で3連敗、3位巨人も一進一退を繰り返している為、辛うじて2位という状態が続く。■試合終了時刻15:45


  ■掲示板@2軍愛■