【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 6月 4日 イースタンリーグ12回戦 ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!

4日・ロッテ浦和結果

13:01〜16:11[3時間10分] 観衆・約150人

湘 南 102 348 100 19 H22 E2
ロッテ 000 300 101 5 H6 E3

〔勝〕村西 3勝2敗
〔敗〕井上 3勝2敗

〔本塁打〕辻1号[ソロ=4裏・村西],里崎4号[ソロ=9裏・ターマン]
〔3塁打〕田中一[4表]
〔2塁打〕福本[4表],金城[4表],丸山[4裏],中根[5表],井上[6表]
〔盗 塁〕田中一[3表]
〔盗塁死〕古木[3表]
〔失 策〕今江[1表],里崎[6表],寺本[6表],古木2[7裏2]

〔審 判〕 球審・敷田 1塁・牧田 2塁・濱野 3塁・深谷,


世間はW杯一色。その中でも今日もっとも熱いのは,当然日本戦が行われるさいたま市。
そのさいたま市にあるロッテ浦和球場で行われた試合。<
NATSUさんの野球熱に頭が下がります、いいっすねえby健一@管理人
 →武蔵浦和駅も混雑しておりました。
内容は,湘南の圧勝という事で(そうとしか言いようがないです)。
日曜も16安打しているということで,湘南打線何げに好調???
1軍にも波及してくるといいのですが。。。(苦笑)


シーレックス  数得安点  1  2  3  4  5  6     7  8  9 
1 7 田中一 4344 四 球………右 安右 3右 安一 安
  9  南  1001                      遊ゴロ………………
2 8 金 城 6232 左 安………二 安右越2一直併遊ゴロ   中 飛………………
3 3 七 野 6132 捕ゴロ………右 安右 飛………中 安右 安………右 飛………
4 5 古 木 6221 投ゴロ………二ゴロ………右 安右 安三 振………中 飛………
5 9 中 根 2110 四 球………三 振………左 2
  97 井 上 2111                一ゴ失左 2………右 直
  1 稲 嶺 0000                            ………
  1 ターマ 0000
6 4 内 川 6223 投ゴ併………………遊ゴロ左 安中 安二ゴロ………………中 飛
7 2 鶴 岡 4101 ………右邪飛………三 振遊ゴロ左飛失
  2 新 沼 2110                      左 安………三ゴロ
8 D7 田中充 4311 ………中 直………四 球四 球中 安   遊ゴロ………中 飛
9 6 福 本 5242 ………二ゴロ………左中2左 安左 安   左 安………………
      計 49192218

        回数 者 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 村 西 5  24 19  93 4 1 5 4 3 3
  1 山 田 1  4 4  17 1 0 0 1 0 0
  1 神 田 1  6 5  20 0 0 1 0 1 0
  1 稲 嶺 1  3 3  8 0 0 0 1 0 0
  1 ターマ 1  5 4  25 1 1 1 0 1 1

マリーンズ   数得安点  1  2  3  4  5  6     7  8  9 
1 9 喜 多 3010 四 球………右 安左 飛………二ゴロ   ………
  H7 早 川 1000                         三 振………
2 79 寺 本 4110 投 安………一ゴロ二ゴロ………………   四 球………遊ゴロ
3 D 大 塚 4000 右 飛………一邪飛………死 球………   中 飛………左 飛
4 3 里 崎 5111 三 振………左 直………三 振………   三ゴ失………左 本
5 6 ユウゴ 4000 三 振………………右 飛二 飛………   遊ゴロ………四 球
6 2  辻  5111 ………三ゴロ………左 本二 飛………   三ゴ失………一ゴロ
7 8 於 保 3100 ………三 振………四 球………三 振   二ゴロ………………
8 5 今 江 3110 ………中 飛………四 球………左 安   ………中 飛………
9 4 丸 山 3012 ………………四 球右 2………左 飛   ………三ゴロ………
      計 35564

        回数 者 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 井 上 3.2 20 17  68 7 0 3 2 6 5
  1 山崎貴 0.1 2 2  7 1 0 0 0 1 1
  1 黒木純 0.2 7 6  21 4 0 1 0 3 3
  1 和 田 0.1 10 10  27 7 0 0 0 8 2
  1 高 木 1.2 8 8  32 3 0 0 1 1 1
  1 戸 部 2  6 6  17 0 0 0 0 0 0


2002年 6月 2日 ウエスタンリーグ 9回戦 サーパス−近鉄(兵庫県春日町)報告者:ういすまさん(HP:てくてくバファローズ

2002年6月2日(日)13時試合開始 15時58分試合終了
ウエスタンリーグ 
サーパス神戸大阪近鉄バファローズ
(春日スタジアム:両翼92m、中堅122m

チーム名 合計
大阪近鉄バファローズ
サーパス神戸 1x 4x
先発メンバー
打順 大阪近鉄 サーパス
森谷 早川
山崎浩 牧田
星野
山下 五島 
益田 庄司
三木 深谷
吉川元 板倉
牧田 吉原
長坂 平野
  近藤 山崎


試合経過

1回表 森谷二ゴロ。山崎浩遊ゴロ。星野四球。山下右安で星野三進。益田三振。
1回裏 
早川右飛。牧田投ゴロ。三直。

2回表 
三木左翼線二塁打。吉川元四球。
     牧田への初球で二・三塁間にはさまれた三木がアウト、その間に吉川元は二塁へ。
     
牧田二ゴロで吉川元三進。長坂捕邪飛。
2回裏 
五島二ゴロ。庄司右安。深谷への4球目に庄司二盗失敗。深谷三振。

3回表 
森谷中飛。山崎浩二ゴロ失(打球を後ろにはじいた)。星野一ゴロで山崎浩二進。
     山下
投ゴロ。
3回裏 
板倉右翼前二塁打。吉原二塁内野安打で板倉三進。平野中越え三塁打で板倉と吉原が生還
     
早川三振。牧田の左飛が犠飛となり、平野生還三振。0−3でサーパスがリード。

4回表 
益田右翼戦二塁打。三木三飛。吉川元四球。
     牧田
三ゴロ失(送球を受けた二塁手の失策)で益田生還、吉川元三進(一死1・3塁に)。
     長坂
右飛。森谷左飛。1−3でサーパスがリード。
4回裏 
五島三振。庄司四球。深谷遊ゴロで6−4−3の併殺。

5回表 
山崎浩三飛(三邪飛かも)。星野中飛。山下三振。
5回裏 投手に
佐藤
     板倉
一ゴロ。吉原捕邪飛。平野四球。早川中安で平野三進、中堅から三塁へ送球の間に
     早川二進。
     投手に
山崎一
     
牧田死球。三ゴロ。

6回表 
益田右二塁打。三木二ゴロで益田三進。吉川元左二塁打で益田生還
     牧田の代打
中濱三振。長坂の代打内匠一ゴロ。2−3でサーパスがリード。
6回裏 8番捕手に松比良。代打内匠が9番右翼に。
     
五島右安。庄司三ゴロで5−4−3の併殺。深谷遊飛。

7回表 投手に
平井。2番牧田が二塁から三塁へ、6番二塁に新井。
     
森谷二ゴロ。山崎浩二ゴロ。星野中越えソロ本塁打山下左飛。スコアは3−3の同点。
 7回裏 
板倉右飛。吉原投ゴロ。平野二ゴロ。

8回表 投手に岩下
     益田
中安。三木への初球の前に益田が一・二塁間にはさまれてアウト。
     
三木三振。吉川元中飛。
8回裏 
早川三邪飛(三飛かも)。牧田右飛。三振。

9回表 
投手に牧野
     松比良
三ゴロ。内匠左飛。森谷遊邪飛。
9回裏 
五島中安。庄司の投ゴロ(バント)を山崎一が二塁へ悪送球、無死1・2塁に。
     
新井右安で五島三進、庄司二進。三塁走者の五島に代走・高橋。
     
板倉死球で高橋が生還3−4でサーパスがサヨナラ勝ち。

投手成績

大阪近鉄バファローズ
投手   勝敗 投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
近藤   15 60
佐藤   2/3 20
山崎一 3 1/3 15 44
サーパス神戸
投手   勝敗 投球回数 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
山崎   27 99
平井   14
岩下   12
牧野


感想など(管理人は野球の技術的なことをよく知りません。思いつくままに書いたとりとめのない文章です。)
兵庫県氷上(ひかみ)郡春日町にある春日スタジアムでの観戦でした。バックネット裏から両軍ベンチの上にかけてはスタンド席、あとは芝生席。5回裏終了後には両チームの選手から観客席にサインボールがたくさん投げ込まれました。

私個人としては、シーズンインしてからは初めての二軍戦観戦だったので、それなりに楽しかったです。ただ、誰の目にもわかるような守備のミスや走塁ミスがいくつかあったのは、やっぱり二軍なのかな。

この試合での失策はサーパスが2つ(ともに牧田勝吾選手)、Buが1つ(山崎一玄投手)。その辺を中心に試合経過についての補足説明を。

まずはサーパスの守備。
☆山崎浩司の打球は1・2打席とも投手返し。1打席目の遊撃への当たりを平野選手が好捕&素早い送球でアウトにしたのに対し、2打席目の打球は二塁手の牧田勝吾選手がはじいてボールが後ろに転がってしまいました。

☆牧田勝吾選手2つ目の失策は4回。牧田明久の併殺打になりそうな打球を捕った三塁手の深谷選手が二塁へ送球。二塁ベース付近で音がしたので、私はてっきり走者・吉川元浩のヘルメットに送球が当たった(三塁手の失策)と思っていたのですが、二塁手に失策が記録されたということはサードからの送球は悪くなかったのでしょう。

☆6回。益田の打球はうまくいけば二塁でアウトかも、という当たりでしたが、ライトの迎選手が処理にもたついてしまい、二塁はゆうゆうセーフ。

続いてBuの守備。

☆1回の迎の打球は三塁線を抜けようかという当たり。これに三木選手が倒れこむように飛びついて好捕!(直後の自身の打席では同じような打球を放って二塁打にしていました。)三木選手は6回にもダブルプレーに貢献する好守を見せてくれました。

☆3回の3失点はまずい守備が重なった結果、と言えるかもしれません。まずは板倉の高く上がった打球。二塁手の山下選手とライトの牧田明久選手が譲り合う形で間にポトリ。(二塁打)続く吉原の投手前へのバントは近藤投手が捕りそこねて、二塁手が捕ってもどこにも投げられない。(内野安打)次の平野の打球はワンバウンドでフェンスに当たる三塁打…確かに俊足の打者でしたが、中継プレーで遊撃手がちょっともたついていたのが気になりました。

☆9回。無死1塁からの庄司のバントはセカンドでアウトにできそうな打球・・・と思いきや、山崎一玄投手の送球は高くそれて無死1・2塁に。続く新井の打球は右翼前へ。ここで素早く打球を処理した内匠選手は「走者をホームへ返さないぞ!」という意地を見せてくれたような気がしました。

■Buではルーキーの近藤・佐藤両投手が登板。
近藤投手はどうやら公式戦初登板・初先発。(←この観戦記を1度アップしてから気付きました。)佐藤投手は思うようにストライクが入らなかった、かな。3番手で登板した山崎一玄投手は5回のピンチも切り抜け、6・7・8回も抑えていたのですが、9回は自らの失策もあり、たった4球で満塁にすると、板倉選手に初球をぶつけてしまいました。前日のラジオで大塚投手がこの日の試合でも登板するような情報を聞いていたのですが、実際には登板せず。
これまで一度も投げるところを見たことのない“(ご本人いわく)変わった名前で、変わった投げ方の”有銘投手もこの日は登板機会がなくて残念でした。2投手とも球場で姿は見かけたのですが。

■一方、サーパスの投手陣は「復活を期する」顔ぶれ。
今年で36歳の山崎慎太郎投手は古巣・Buを相手にかつての印象どおり“球数は多いけどそれなりに抑える”ピッチング(失礼!)。BWを初優勝へ導いたかつての守護神・平井投手は…見る人が見ればあの頃との大きな違いがわかるのかも。
私には幸か不幸か(?)見る目がないので、ただ「がんばれ〜!」と思いながら見ていました。
山崎慎太郎投手がBuの先発ローテに入っていた頃、1試合3満塁HRの出たBu−BW戦でそのうち1本目を打ったのは内匠選手、(2本目はイチロー選手で、) 3本目を中村紀洋選手に打たれたのが平井投手。Buが牧野投手にプロ初勝利を挙げられて悔しかったのもその頃のような…。←もう6年も前のことなんですね。

■両チームの1番打者はともにスイッチヒッター。
Buの森谷選手は全打席、右投手との対戦だったので、左打席に入っていました。サーパスの早川選手は5回に佐藤投手と対戦した時のみ右打席、他の4打席は左打席で打っていました。

試合終了後、Buベンチで監督かコーチの方が選手に注意を与えている様子をスタンドから少し見ていたのですが、「ルールブックにもあるように、試合が始まったら相手チームや審判と話をしないこと」というごく基本的なことにまで話が及んでいました。(←このことについてちょっと思うことがあったので、
別コーナーに書きます。)その他に「明後日の試合には気持ちを切り替えてのぞむように」とも言われていました。

去年、観戦記の中でサーパスの野手陣について
『顔ぶれがあまり変わらない…つまり1軍へ上がっていく野手が少ないなあ』と書いたことがあるのですが、今季は野手を中心に顔ぶれがかなり変わり、背番号を見ても「えーっと…誰やったっけ?^^;」と戸惑ってしまいました。

しょっちゅう見ていた選手(田中雅興(オ→退)選手や斉藤秀光(オ→神)選手ら)がいなくなり、野手はとにかくルーキーが多いし(スタメン9名のうち早川・牧田・深谷・板倉・平野の5選手がルーキー)、主力選手の故障などの影響もあってか、一軍との入れ替えもひんぱんにあるようで、去年までとはずいぶん状況が変わったようです。二軍を見る側からすれば、おもしろくなってきた(^^)かな。

そんな中、捕手として入団した深谷選手がこの試合ではサードに挑戦。途中で退いた後、防具をつけてブルペンへ行っていたので、捕手をやめたというわけではなさそうです。試合前の守備練習で捕手をしていたのはベテランの吉原選手と上村・高橋の高卒2年目コンビ。

NHKテレビの『にんげんドキュメント』で中尾監督が言っておられた「同じ力の選手がいたら、若い方を使う」というコメントを思い出し、その言葉の重みを感じてしまいました。(自分と年の近い選手を見ると「がんばれ〜!まだまだ若いもんに負けるな〜」と応援したくなります。)

試合前の練習といえば、普通は捕手・内野手・外野手の練習で、投手はそれを手伝う程度、と思っていたのですが、この日のサーパスは相木・北川・島脇といった投手陣がホームや一塁のベースカバーに入る練習をしていました。ちょうどバックネット裏の席でお弁当を食べていたのですが、ホームベースに向かって走ってくる人の気配に思わず顔を上げてしまいました。ホームのベースカバーというかバックアップに入るところだったのですね。


2002年 6月 2日 ウエスタンリーグ 7回戦 広島−阪神(山口県柳井)報告者:いの一番さん

6月2日に山口県柳井市で行われた広島×阪神の試合について報告します。

阪神 014310200 11
広島 001110001 
勝−山岡  負−矢野
(本)根本1号@(矢野)、曽我部2号B(矢野)、梶原康2号B(矢野)、松本1号@(面出)
(投手)阪神 面出(4回)−山岡(2回)−原田(1回)−弓長(1回)−部坂(1回) 
    広島 矢野(6回)−筒井(1回)−田中(1回)−天野(1回)
(審判)金子、飯塚、古堅

(試合経過)
阪神は2回、
根本の左越えソロホームランで1点を先制、さらに3回には曽我部、4回には梶原康がともに3ランホームランを放ち、前半で大量リードした。
広島の先発
矢野は高めの球が多く制球難で、ストライクを取りに行ったところを阪神打線に狙われた。
ただ、3回、4回ともホームランの前に広島内野陣にエラーがあり、走者をためたことも大量点につながった原因である。
阪神投手陣も
面出山岡の出来はよくなかったが、大量点と広島の拙攻に助けられた。

<柳井市民球場>
JR山陽本線柳井駅から東へ徒歩15分
両翼98m、センター122m、内野土、外野天然芝
スコアボード:手書き式
スタンド:内野席長いす席、外野席芝生席


2002年 6月 2日 イースタンリーグ12回戦 巨人−ヤクルト(福島県鹿島町)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年 6月 2日 巨人−ヤクルト 12回戦

Kみちのく鹿島(巨人8勝3敗1分)

 
ヤクルト 100 100 100│
 巨人 001 400 00X│
 
 勝  谷  5勝0敗0S 登板9
 S 西 山 0勝0敗0S 登板5
 負 鎌 田 2勝3敗0S 登板8
    

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G5牧 谷 420 三ゴ    中安       空振    左安
  A 福 川 211 左本    ニ併       四球    三犠
  B 衣 川 310 右飛       右2    遊併    四球
  1 島 田 000
  D6畠 山 420 右安       一ゴ       中安 空振
  C ツギオ 312 空振       中犠       左2 遊飛
  H3宮 出 410    三ゴ    左飛       ニ飛    左安
  F リーゴ 400    三ゴ       見振    投ゴ    投ゴ
  E 梶 本 200    ニゴ       投ゴ    
  H8鮫 島 200                   空振    ニ併
  @ 鎌 田 200       空振    投ゴ
  1 松 田 000
  H9内 田 110                      中安
  犠盗失併残─────
  20105 3193

      回 打安振球責
  鎌 田 6 266645
  松 田 1 30100
  島 田 1 30100

 【巨人】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 山 田 311 捕邪    左2 四球       空振
  B 十川孝 300 投ゴ    四球    左飛    三直
  H 高 野 400 三ゴ    捕邪    空振       投ゴ
  E 黒 田 420    右安    左安 空振       空振
  F 堀 田 310    右飛    ニ安(※)  四球    ニゴ
  A 小 田 310    三飛    右安    遊ゴ
  D 大須賀 314       空振 左本    空振
  @  谷  300       三ゴ 見振    見振  
  1 木 村 000
  1 西 山 000
  C 宮 崎 200       四球 ニゴ       左飛
  犠盗失併残─────
  00033 2865

      回   打安振球責
   谷  60/3  236413
  木 村 2   92210
  西 山 1   31000
  
  本塁打 福 川(ヤ)4号@(1回 谷)
      大須賀(巨)2号C(4回 鎌田)
  二塁打 山 田(巨)   (3回 鎌田 タイムリー)
      衣 川(ヤ)   (4回 谷)
      ツギオ(ヤ)    (7回 谷 タイムリー)
  犠 打 福 川(ヤ)    (7回 2塁走者内田が三進、1塁走者牧谷が二進)
  犠 飛 ツギオ(ヤ)   (4回 3塁走者衣川がホームイン)
  失 策 福 川(ヤ)   (3回 大須賀の捕邪飛を落球)
  盗塁死 黒 田(巨)   (2回 ニ盗失敗 捕手福川)
      山 田(巨)   (4回 ニ盗失敗 捕手福川)
  捕 逸 小 田(巨)   (7回 2塁走者ツギオが三進)
  併 殺 巨 人     (3回 福川 1死1塁 宮崎−黒田−十川孝)
      巨 人     (6回 衣川 1死1塁 黒田−宮崎−十川孝)
      巨 人     (9回 鮫島 1死1塁 宮崎−黒田−十川孝)
      
  球審:濱野 一塁:牧田 二塁:深谷 三塁:敷田 公式記録:荒木  
  時間 2時間48分


■得点経過■

○1回表(ヤ)
先頭の牧谷が三ゴロに倒れるも、二番福川が左越えにホームラン。ヤクルト1点目。

●3回裏(巨)
この回先頭の大須賀が空振り三振、八番の谷が三ゴロに倒れるも、九番の宮崎が四球を選び出塁、2死1塁。一番に戻り、山田が左越えにツーベースを放ち、1塁走者宮崎が一気にホームイン。巨人1点目。

○4回表(ヤ)
この回先頭の衣川が一塁線を破るツーベース。四番畠山の一ゴロで2塁走者衣川が三進、1死3塁。五番のツギオがセンターに犠牲フライを打ち上げ、3塁走者衣川がホームイン。ヤクルト2点目。

●4回裏(巨)
この回先頭の黒田が三遊間を破るレフト前、五番の堀田がセカンド・センタ−・ライトの間に落ちるテキサスヒット(セカンドが処理)、六番の小田がライト前で無死満塁。七番の大須賀が初球をレフトオーバーの満塁ホームラン。巨人5点目。
今日はライトからサード方向に強風が吹いていたが、切れずにポール際へのホームラン。3Bの敷田さんの右手がいつも以上に回ってました。

○7回表(ヤ)
この回先頭の畠山がセンター前、五番のツギオが左中間を破るツーベースを放ち、1塁走者畠山が一気にホームイン。ヤクルト3点目。

■戦評■
今日の試合は満塁の好機を生かした巨人(しかも、大須賀が)と満塁の好機に四番・五番が沈黙してしまったヤクルトの差が出た試合。ヤクルトの四・五番コンビの畠山とツギオは当たっていないわけではなく、打線につながりがない印象。また、ヤクルトは3併殺の拙攻。それにしても巨人の集中打は圧巻。

■選評■

■鎌田祐哉(ヤ)
それにしても線が細い。今日は変化球は少なく、ストレート主体のピッチング序盤は適度に球が荒れていたため、的を絞らせずに討ち取ってきたが、中盤になってストライクとボールがはっきりしてきたところに集中打を浴びる。

■福川将和(ヤ)
ルーキーながら、ホームラン・犠打・盗塁刺し(2個)の大活躍。ホームランは既に4本も打っており、大技も小技も使えて地肩が良い(盗塁刺しは2個とも余裕を持ってアウト)となれば古田の後継者として期待大。順調に育って下さい。

■畠山和洋(ヤ)
今日はノーエラーで難しいショートバウンドのゴロも無難に捌いていた。しかし、試合前の練習では相変らず腰が高く、スローイングも安定していない。しかし、まだ2年目。これからの守備力の向上に期待。


■大須賀充(巨)
初球を叩いての満塁ホームラン。カウントが悪くなるとどうしても三振が増えてしまうので、今日のような積極性が出てくれば面白いと思う。

■山田真介(巨)
試合前のバッティング練習では一番鋭い打球を飛ばしており、今日のツーベースも強風の中で鋭い打球だった。

■谷浩弥(巨)
みちのく鹿島と言えば『谷』ということで(昨年の湘南戦も先発)。今日も勝ちハーラートップの5勝目(しかも、負けなし)。


おまけ
■鈴木尚広(巨)
地元相馬高校の出身。1軍にいることは良いことですが、地元の皆さんは勇姿が見れないことを残念がっていました。



みちのく鹿島球場はスコアボードは手書きですが、昨年できた球場ということで非常にきれいでした。が、バックネット裏で3.000円はちょっと高い・・・。

みちのく鹿島球場データ
 両翼100m、中堅122m、収容人員3,000名、内野−クレイ塗装、外野−高麗芝塗装。

■追記■
4回の巨人の攻撃。堀田選手の打球はセカンド・センター・ライトの間にポトリと落ちる打球のヒットでした(テーブルの※)。外野の領域でセカンドが処理したのですが、記録は何になるのですか?御存知の方、教えて下さい。(暫定でニ安にしました)。


2002年 6月 2日 イースタンリーグ12回戦 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年6月2日(日)

  イースタンリーグ公式戦 湘南シーレックス−日本ハムファイターズ 12回戦
  湘南6勝5敗1分 (横須賀スタジアム) 13:00
  晴れ 試合時間2時間49分
  ◆球審:萩 原 1塁:木 内 2塁:有 隅 3塁:佐々木(セントラル・リーグ)
  ◆公式記録員:加藤木(セントラル・リーグ)

                      H E
日本ハム 000 150 000 ・・ 11 0
湘  南 001 000 011 ・・ 16 1

○ 勝利投手 シールバック 1勝0敗  ● 敗戦投手 グスマン 1勝1敗
S  セーブ 山 口  −勝−敗

3B 3塁打 野 中 5回2死 (日本ハム)
2B 2塁打 原 田 6回無死 (日本ハム)
       八 馬 7回2死 (湘  南)
       古 木 8回無死 (湘  南)
SB 盗 塁 石 本 1回1死 (打者・島田) (日本ハム)
       八 馬 3回1死 (打者・福本) (湘  南)
       田中充 4回2死 (打者・西崎) (湘  南)
       八 馬 5回2死 (打者・福本) (湘  南)
 E 失 策 福 本 4回1死 (荒井遊ゴロをファンブル) (湘  南)
   暴 投 生 駒 9回2死 (打者・古木) (日本ハム)
   後 逸 鶴 岡 3回無死 (打者・野中は三振振り逃げ)(湘  南)
   併殺打 鶴 岡 4回無死 (野中−西浦) (湘  南)

(日本ハム) 5回集中打で逆転勝利。飯山同点打、犠飛2打点。野中走者一掃2点3塁打、
       荒井、西浦タイムリー。
        打 安 点 振 四  1  2  3  4   5  6  7  8  9
(7) 原 田 5 2 0 2 0 見振    見振    三 安 左2    中飛
(8) 石 本 4 2 0 1 0 中安    遊ゴ    右 安 捕犠       三振
(9) 島 田 4 0 0 0 0 二飛       三ゴ 捕 邪 捕邪
 9  村 西 1 0 0 0 0                          二ゴ
(3) 西 浦 5 2 1 0 0 遊ゴ       中安 左 安・中飛       左飛
 1  生 駒 0 0 0 0 0 
 1  山 口 0 0 0 0 0
(5) 小 田 4 2 0 1 0    三振    中安 左 安    捕飛
(2) 3 荒 井 4 1 1 1 0    三振    遊失 右 安・   遊飛
(4) 飯 山 3 1 2 0 0    投ゴ    右安・中 犠・   右飛
(6) 野 中 4 1 2 1 0       振逃 遊飛 左中3:      三ゴ
(1) シールバック 2 0 0 2 0       一犠 三振 三 振
 1  フリューリー 0 0 0 0 0
 H  田中聡 1 0 0 0 0                       中飛
 1  高橋憲 0 0 0 0 0
 2  高橋信 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :   :  :  :  :  :
    残塁7 37 11 6 8 0  1  0  1  3   1  1  0  0  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 振逃は三振振り逃げ

(湘  南) 打線爆発16安打も適時打出ず。古木4安打1打点、八馬、福本、
       鶴岡3安打猛打賞。田中充2安打1打点
         打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(4) 八 馬  5 B 1 1 0 三邪    中安・   中安    左2    見振
(6) 福 本  5 B 0 0 0 左安    右飛    二ゴ    右安    右安
(3) 七 野  5 0 0 2 0 二ゴ    見振       一ゴ 三振    右飛
(5) 古 木  5 C 1 1 0 見振       中安    中安    右2 中安・
(2) 7 鶴 岡  5 B 0 0 0    二ゴ    遊併    右安    左安 右安
(8) 田中充  5 2 1 0 0    三ゴ    中安    遊飛    中安・三ゴ
(7) 西 崎  2 0 0 1 0    見振    二飛
 2  新 沼  2 0 0 0 0                三ゴ    一飛
(9)  南   4 1 0 1 0       中安    遊飛    中飛 三振
(1) グスマン 0 0 0 0 0       三犠
 1  鈴木寛  0 0 0 0 0
 H  渡 辺  1 0 0 0 0             遊ゴ
 1  千 葉  0 0 0 0 0
 1  岡 本  0 0 0 0 0
 H  井 上  1 0 0 0 0                   二ゴ
 1  神 田  0 0 0 0 0
 H  中 根  1 0 0 1 0                      三振
 1  前 田  0 0 0 0 0
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁12  41 16 3 7 0  1  0  1  1  1  2  2  2  2
                   ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) シールバック6回8安打も1失点の好投、高橋憲3連打で1失点、生駒大ピンチを
       山口抑えてプロ初セーブ
 ○ シールバック   6    25  8   0   0   3   1
   フリューリー   1     5  2   0   0   0   0
   高橋憲   1     6  3   0   0   2   1
   生 駒     1/3   5  3   0   0   1   1
 S 山 口     2/3   1  0   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南) グスマン5回途中連打で捕まり降板初黒星、鈴木寛後続を抑えられず3失点、
       岡本、神田、前田1回を無失点
 ● グスマン  4 1/3  24  9   0   0   6   6
   鈴木寛     2/3   3  1   0   0   1   0
   千 葉   1     4  1   0   0   0   0
   岡 本   1     1  3   0   0   0   0
   神 田   1     1  3   0   0   0   0
   前 田   1     1  3   0   0   1   0


湘 南3−日本ハム

変則開催地での3連戦も今日が最終日、今日は湘南の本拠地・横須賀スタジアム。前日同様に真夏の様な日差し照る中での試合開始。1勝1分での3戦目、湘南は勝って3位の座を守りたい、日本ハムも勝って3位再浮上に近づきたい。

湘南の先発は、前日の予告通りグスマン投手がマウンドへ。日本ハム1回の攻撃は、1番原田。低目のストレートを見逃すと、やや低い感じはしたが、主審・萩原はストライクのコールで見逃しの三振。2番石本、打ってセカンドベース左をゴロで抜けてセンター前ヒットで出塁。続く島田の1−1から石本がスタートし盗塁成功で1死2塁。島田に先制打の期待がかかるが、今日は両チーム共に3番打者がブレーキしてしまう。打ち上げてセカンドフライで2死2塁。4番西浦はショートへの平凡なゴロで石本残塁。1回裏日本ハムの先発は、1軍が試合間隔が空く為の調整登板か、シールバックがイースタンリーグ初出場。湘南の攻撃は、1番八馬。詰まった打球はサードへのファールフライ。小田がラインの外で捕球。2番福本こちらも2番打者がチーム初安打は、1−0から打ってレフト前へのライナー性の打球。レフト原田が一旦は前進してくるが、自重してストップ、ボールは原田の手前に落ちるヒット。3番七野、七野が打つと同時に福本がスタートするが、七野の打球はセカンドゴロで進塁打まで。2死2塁となって4番古木、2球で2ストライクと追い込まれると、続く3球目はストレート。これが決まって3球三振。2回日本ハムは5番小田から、2球見逃して2ストライクにされて続く3球目、変化球を見逃して3球三振。続くは久し振りの先発マスク6番荒井。しかしこれも3球で三振に打ち取られる。7番飯山、0−1から打ってピッチャーゴロで3者凡退。2回裏湘南は、5番鶴岡。打ってセカンドベース寄りのセンター前ヒットでも充分のコースへのゴロ。しかし、これに飯山が追いついて逆シングルで捕球すると、直に振り向いて1塁へ送球しアウト!見事なファインプレーで今日から1軍昇格の阿久根の代役を務める。続くは6番田中充、打ってサードコロ。バウンドが変わったのか、これに小田が腰を完全に落として捕球、1塁へ送球してアウト。7番は昨日ファインプレーの西崎「外野手」。2−2から変化球を見逃して三振で3者凡退。3回日本ハムは、ここ数試合ショートで先発出場のルーキー野中。2ストライクからスイングも空振り。しかしこの投球を鶴岡が後逸してしまいボールがバックネットへ転々とする。三振振り逃げとなって野中が出塁。9番シールバック、ただてさえ打たないパ・リーグの投手でイースタン初出場でどんな打撃・・かは言うまでもなく、送りバント。これがファースト前に転がって成功し1死2塁と先制のチャンスを作る。1番に戻って原田、2−1からの変化球を見逃して第1打席同様見逃し三振。2死となって2番石本、2−1から打って出るがショート正面へのゴロで得点できず。先制してのは湘南、3回裏は8番南から。2−3フルカウントからやや詰まった打球だったが、センター前ヒット。9番グスマン。2−0からバントすると打球が再びバットに当った様に見えたが、グスマンはそのまま1塁へ向かって走る。送りバント成功かと思ったが、このプレーに日本ハムがすぐさま抗議。主審萩原が3氏審判と協議。しかし見たままだったのか、協議は一瞬で終了。主審萩原がファールをコール、湘南ベンチも分っていたのか、再抗議せず。しかしグスマンはスリーバントを敢行し、サード前へ転がる。送りバント成功で1死2塁として1番に戻って八馬、打ってセンター右、右中間方向への安打になるが石本が追いつく。2塁から南が還って湘南が先制点を上げる。その八馬の打球が、右中間ほ抜けていれば、楽々ツーベースだったが、石本がこれを捕球すると、一回転でセカンドへ送球してシングルヒットに。1死1塁で2番福本。その福本の時に八馬がスタート、荒井が2塁送球もセーフで1死2塁。福本は1−0から打ってライトフライ。2死2塁に変わって3番七野。しかし2−1から見逃すとストライクのコールで見逃しの三振。

1点を先行された日本ハム4回は3番島田から。初球攻撃はサードへのボテボテのゴロ。4番西浦、セカンドベース付近を転がってセンター前ヒット。5番小田、これも西浦と近い球筋で転がるセンター前ヒットで1死1、2塁。6番荒井、ショート前への高いバウンドでのゴロ。しかしこれに福本がバウンドを合わせ損なったのか、スネ付近にボールを当ててしまいエラー。ボールが1塁線の中間付近まで転がる。これで1死満塁と一打逆転のチャンス。7番飯山、巧い流し打ちは1、2塁間を抜けてライト前への同点タイムリーで1−1。さらに1死満塁のチャンスに8番野中。これは打ち上げてしまいショートフライ。9番シールバック、ここはチャンスだったが打撃しなさいという方が無理な展開で3球三振で3者残塁、同点止まり。4回裏湘南は、4番古木から。センター前ヒットで出塁。5番鶴岡、打ってショートゴロ、野中が捕ってベースを踏んで1塁へ転送して併殺打。6番田充、ゴロでセカンドベース右を抜けてセンター前ヒット。続くは7番西崎、その西崎の時に田中充がスタートし盗塁成功。2死2塁としが西崎はセカンドフライで得点できず。4回まで湘南先発のグスマンを攻めあぐねていた日本ハム打線だったが、5回一気に攻勢をかける。1番原田から、ピッチャー返しはグスマンの足に当り、サード前に跳ね返る打球、古木が捕球するが1塁は投げられず。続く2番石本もライト前ヒットで続いて無死1、2塁とチャンス。しかし3番島田は打ち上げてしまいキャッチャーファールフライ。4番西浦、引っ張ってレフト線内側へのヒット、2塁から原田が生還して2−1と逆転に成功。1死1、2塁となり5番小田。レフト前に落ちるヒットで1死満塁とグスマンを攻める。6番荒井、引っ張った打球はファーストのやや右を鋭くゴロで抜けてライト前ヒット。タイムリーヒットとなって、3−1と日本ハムが2点リードに。ここで湘南はピッチャー交代、グスマンに代わって2番手には鈴木寛が上がる。日本ハムは7番先程同点打の飯山。打ち上げてしまいセンターフライ、3塁ランナーが西浦の為本塁突入は微妙な位置だったが、捕球と同時に本塁に向かってスタート!滑り込んでセーフで犠牲フライとなって4−1と点差を広げる。2死1、2塁と続くチャンスに8番野中。さらにヒットが続けば痛い失点になるだけに、外野手がかなり前進守備を敷く。右、左中間深い所に打球が行けば、走者一掃になる陣形。そしてその期待が見事現実になる。果たして野中の打球は、「理想の位置」へ飛ぶ。ボールは左中間を転々としてフェンスに到達、2者が楽々生還、野中は2塁から3塁へ滑り込んでセーフ、2点タイムリースリーベースで日本ハムが6−1とこの回だけで5点のビッグ・イニング。9番シールバックはこうなると益々打撃の必要なしで3球三振。5回裏湘南は、8番南から。打ち上げてショートフライ。9番鈴木寛に代わって代打は渡辺。しかし、ショートゴロで簡単に2死に。1番に戻って八馬、ショート左を鋭く抜けてセンター前ヒット。続く2番福本の時にまたもスタートを切る。荒井が2塁送球もセーフで今日2個目の盗塁成功で得点圏にランナーが進む。しかし福本は2−3から打ってセカンドゴロ。6回から湘南は3番手にルーキー千葉をマウンドへ。さらに、キャッチャーの鶴岡をレフトの守備位置へ入れ、レフト西崎に代わってキャッチャーに新沼を入れる。日本ハムの攻撃は、この回も1番原田から。引っ張ってレフト線に落ちるツーベース。追加点のチャンスに、2番石本はこれを送って1死3塁。3番島田に一打の期待だったが、またしても打ち上げてしまいキャッチャーフライ。2死3塁となって4番西浦、しかしこれも打ち上げて平凡なセンターフライ。6回裏日本ハムはここまでチャンスに凡退の島田に代わってライトに村西が入る。湘南この回の攻撃は、3番七野から。1−2から打ってファーストゴロ。西浦が自分でベースを踏む。4番古木、先程と同じ様な転がり方のセンター前ヒット。5番鶴岡、打って1、2塁間を転がる打球。これに当っては拙いとファーストランナーの古木がジャンプしてこれを避けてライト前ヒット。1死1、2塁と反撃開始だったが、続く田中充は初球打ちで打ち上げてショートフライ。7番に新沼はサードゴロで2者残塁。シールバックは8安打を浴びるが1軍投手の貫禄を発揮1失点の好投でこの回でお役御免に。

7回から湘南は、4番手に岡本がマウンドに上がる。日本ハムこの回は、5番小田からだが打ち上げてしまいキャッチャーへのフェアフライ。6番荒井も打ち上げてショートフライ。7番飯山、これも打ち上げてライトフライで3者フライで凡退。7回裏から日本ハムは2番手にフリューリーが登板。湘南この回は8番南から、打ってセンターフライ。9番岡本に代わって代打は井上。しかし2−1から打ってセカンド正面へのゴロ。1番に戻って八馬、打ってレフト線に入るツーベースで出塁。2死2塁として2番福本、今日2安打目がライト前ヒット、これを捕球した村西がバックホームするがカットの西浦に返球された時には、3塁で八馬がストップしており1、3塁。3番七野、しかし今日は3番打者が両軍振るわないのは前述の通り。で、七野は3球共ストレートを見逃して3球三振でチャンス生かせず。8回湘南は、代打の井上に代わって5番手投手に神田が登板する。日本ハム8回の攻撃は、8番野中から。先程の好打連発・・といきたい場面だったがサードゴロ。9番フノューリーに代わって代打は田中聡が告げられる。しかし2球で2ストライクに追い込まれると、最後は打ってセンターフライ。センターが背走し、そのままバックスクリーン弾かと思ったが勢い足りず。1番に戻って原田、打ってセンターへのフライ、田中充がこれに前進してきて地面スレスレ一杯で好捕し3者凡退。8回裏から日本ハムは代打の田中聡に代わって3番手に高橋憲がマウンドへ。1軍格の投手、ファームでの調整も順調・・・。しかし信じられない光景が続く。湘南の攻撃は、5番古木から。ライトへ流し打った打球はライト線やや内側に落ちるヒット、これがフェンスに当ると真上にハネ上がり古木は楽々ツーベース。5番鶴岡は三・遊間を鋭く抜けてレフト前ヒットで1、3塁と一瞬でチャンスを作る。さらに、6番田中充。やや詰まった打球だったがセンター前に落ちる3連打がタイムリーとなって6−2と終盤で漸く反撃開始。さらに無死1、2塁と続くチャンスに新沼。しかし打ち上げてしまいファーストフライ、西浦がマウンド後方まで来て捕球。8番南、しかし3球三振。9番神田に代わって、中根が代打にコールされると1塁側スタンドは今日最高潮の大歓声に!しかしここは高橋憲が踏ん張った!3球三振に中根を仕留めてこれ以上の失点を許さない。9回湘南は前田を投入する。日本ハムの攻撃は2番石本から。しかし三振。3番村西、打ってセカンドゴロ。4番西浦、打ち上げてレフトフライで3者凡退。9回裏日本ハムは、こんな行く末を見越しての守備変更?なのかキャッチャーの荒井をファーストに、ピッチャーの高橋憲に代わって高橋信がキャッチャー、ファースト西浦に代わって4番手に生駒がマウンドへ。4点差を持って逃げ切りには充分な体勢だが、この横須賀スタジアムで2度のサヨナラ敗戦の餌食になっているだけに、3度目の正直の好投を期待。湘南は1番八馬から、今日3安打と当っていたが、3球三振に仕留める。「今日こそは安心だ」と思ったのはここまでだった。2番福本が猛打賞となるヒットをライト前に流し打ち。3番七野は2−3から打ち上げてライトフライ。2死1塁とあと1人まで来た。しかし、それがプレッシャーにでもなってしまったのか、続く4番古木の時に暴投してしまう。するとこのボール高橋信が見失ってしまう。バックネットに当るボールを見て福本は2塁から迷わず3塁へ向かう。2死3塁となり、古木はショート右へのゴロ。試合終了かと思ったが、これがセンター前に抜けるタイムリーヒットで1点を追加6−3と3点差になる。さらに、5番鶴岡にはセカンド右を抜かれてライト前ヒットを打たれると、田中投手コーチがベンチを出て即座にピッチャー交代となる。またしても生駒が湘南打線に、横須賀スタジアムに飲まれる。2死1、2塁と一発同点の今や「大ピンチ」に5番手に山口が登板。6番田中充、しかしサードゴロ。小田がこれを捕球すると、渾身の力で1塁へ送球し、辛うじて日本ハムが逃げ切りに成功し試合終了。

日本ハムは11安打で西浦、荒井のベテラン勢がタイムリー、それにも増して今日は飯山の同点打・犠牲フライ、野中の2点タイムリースリーベースは守備陣系を見据えてのヒットだけに価値ある1安打だった。しかし、高橋憲、生駒と今更ファームでの崩壊シーンを演じている場合ではない投手が、全く抑えられない状況。湘南打線は猛打賞が4人も出て、16安打と打線は好調だが、あと1本のタイムリーが出ない。グスマンが4、5回に捕まった以外は日本ハム打線を封じている内容だけに、「助っ人」の威力を見せて欲しい所。
■試合終了時刻15:49


2002年 6月 1日 ウエスタンリーグ 7回戦 ダイエー−中日(阿久根)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

雁の巣ホークスVSナゴヤドラゴンズ (6/1 於:阿久根) 

ナゴヤ 011 000 005 7
雁の巣 000 000 500 5

ナゴヤ 栗山(6回1/3)−山崎賢(1/3回)−洗平(1/3回)−○岡本(1回)−S小山(1回)
雁の巣 広田(6回2/3)−誠(1回1/3回)−●松(1/3回)−水田(2/3回)

HR:筒井(広田)

審判 球:嶋田、一:吉本、二:根本、三:土山

ナゴヤ、関川、高橋光、山崎武とクリーンアップ経験者が揃う(大豊もベンチにいた…)。
2回表筒井のHR以外の得点はいずれもエラー絡み。
市制50周年記念の鹿児島県阿久根市は、気温も試合も暑かった。

詳細は、拙サイトをご覧いただければ幸いです。


2002年 6月 1日 イースタンリーグ11回戦 湘南−日本ハム(大和)報告者:右派さん(HP:Private Heaven)/みつともさん/健一

右派さん編

 健一さんはテレビ観戦されたようですが、私も大和に観戦してきましたので別の見方ということで拙文を書かせていただきます。

引地台レポート・試合編

 ここのところ公私とも色々あり横浜と関わりが薄くなっていたが、ようやく時間的余裕がとれたため一ヶ月ぶりに湘南戦観戦へ。場所は大和引地台。初夏というより夏を思わせる気候で、試合が終わった頃には肌がひりひり状態。これからのデーゲーム観戦は男性でも日焼け止めは必須である。
 試合前の守備練習では相変わらず湘南の慢性的な野手不足が目に付く。捕手は3人いたものの、その他のポジションはそれぞれ一人ずつしか参加していない(それも左翼は捕手の
西崎)。つまり捕手以外一人でも故障で欠ければ、試合続行が難しくなるであろう布陣である。私的にここのところ打撃が上向きの小田嶋を見るのを楽しみにしていたが姿は見えず、恐らくはまた故障したものと思料される。ベテランの中根井上もベンチ入りこそしていたが、守備はまだ無理のよう。毎度書いてる気がするが、全くプロ球団とは思えぬ体たらくである。
 試合前に湘南・
、ハム・厚澤の先発が発表された。厚澤は読売の小野仁と並び湘南打線が苦手としている左投手で、それを知るスタンドからは早くも苦戦の空気が漂う。実際、初回裏の湘南の攻撃は僅か10球で終了。完封すら覚悟せざるを得ない状況だったのだが、試合は意外な展開を見せたのである。
 先制したのは日本ハム。初回こそ四死球連発による満塁のピンチを凌いだ
だったが、2回表も勝負球が決まらない。小田のヒット、サード古木の緩慢な守備による内野安打、バント処理を焦った自らの野選などで二死満塁のピンチを背負うと、2番石本に痛恨の押し出し四球、0−1。あっさり追い込んでいただけに勿体なかった。2回裏に湘南も反撃。福本が四球で出塁、エンドラン・盗塁で三塁に進塁すると、厚澤のフォークを捕手・高橋が後逸。意外な形で湘南が同点に追いつく、1−1。以後4回までは悪いなりに、厚澤は危なげなく抑える。このまま厚澤がすいすいいくと思われた5回裏、突然彼が自滅。湘南は2つの四球でチャンスを作ると、代打・中根が詰まりながらもセンター前にもっていき、2−1。変化球が悉く決まらなくなった厚澤は更に押し出しを含む四球を2つ湘南に献上、労せずとして湘南は3−1とした。2点差を追うハムも湘南3番手岡本を攻め、一死満塁の絶好のチャンスを作る。湘南はここで中野渡を投入、3番島田と相対。島田はレフトフライを放ち犠飛になると思われたが、急造のはずのレフト西崎が素晴らしいバックホームで捕殺に成功。この試合最大の見せ場となったこのプレーで、試合の大勢は決まった。7回裏、気落ちしたのかハムのリリーフ矢野山口が4つの四球を出し、4−1に。結局、このスコアのまま試合は終了した。
 5安打で4得点を挙げ結果的に勝利した湘南だが、ハム投手陣の自滅に助けられたのが実情。打撃陣での殊勲者はいなかったといってよい。特に
古木のチャンスでのへたれ打撃は毎度の事ながらがっかりさせられた。何とかならないものかねえ。



引地台レポート・湘南編

オーダー  4八馬7西崎3七野5古木6福本8田中充9南2新沼1秦
投手継投  
秦−鈴木寛−岡本−S中野渡
途中出場  中根・井上(代打)


■秦裕二(湘)
先発して5回を投げ自責点1。被安打3・奪三振3・与四死球4。数字だけみるとまずまずだが、調子はかなり悪かったようだ。ストレートのかなりのキレだが、スライダーは流れすぎ、カーブも落ちない。2ストライクまでは難なく追い込むものの、勝負球が決まらずいつのまにか四球で満塁という投球を序盤は繰り返した。それでも失点1に抑えたことは評価すべきか。良くも悪くも中途半端な球を投げないのが印象的で、満塁のピンチでボールを置きにいくくらいならばコーナーを突いて押し出し四球を出した方が良いとも言わんばかりの投球内容は私的には潔さすら感じたほど。但し、高校時代から指摘されていた内角へ投じた球がすっぽ抜ける悪癖は健在で、この日も2球(うち1つは四球)あった。現状では他球団にとって迷惑な投手かもしれない。

■鈴木寛樹(湘)
2番手として1回を投げ無失点。被安打1。足の上げ方が特徴的であり、遠目から見ても彼が投げていると分かるほど。堂々たる体躯の持ち主だが、球速・変化球とも平凡な印象で武器たるものがない。。現状ではキツイかも。

■岡本直也(湘)
3番手として1/3を投げ無失点。被安打2・与死球1で満塁のピンチを招いた。調子はイマイチだったようだが、時折キレのあるストレート・カーブを見せていた。投球のムラをなくせば、来年の今頃一軍で投げていても不思議ではない。下半身が安定すれば完成品に近いように思える。反面、スケール感はイマイチだが。

■中野渡進(湘)
4番手として2回1/3を投げ無失点。被安打1・奪三振1。一時の不調を脱したのか、投球態度に彼本来のふてぶてしさが感じられた。適度に打たれながら抑えるのが持ち味。長身軟投派として一軍復帰も近そう。

■八馬幹典(湘)
1番二塁として中飛・右安・一飛・二ゴ・遊ゴ併で5打数1安打。コンパクトに振り切るスイングを志向、非力さから脱却しつつある。

■西崎伸洋(湘)
2番左翼として三振・三振・四球・四球で音無し。この日まで5本塁打を記録しているだけあって思い切りの良いスイングが目立つが、正直すぎて変化球に脆い。反面、左翼守備では見事なバックホームで捕殺に成功するなど動きは良く、急造ながらレフトとして既に鈴木尚を越えたのではなかろうか。元気がとにかくあり、何となく波留テイストを感じさせる。

■七野智秀(湘)
3番一塁として一ゴ・右安・四球・四球で2打数1安打1打点。相変わらず落ちる球に脆いが、ベルト付近に来る球には対応できるようだ。ファーストとして平凡なライナーをファインプレーとして処理するところに、いまだ甘さが見受けられる。

■古木克明(湘)
4番三塁として二ゴ・三振・三振・投ゴで音無し。盗塁を1つ記録。絶好のチャンスで3度打席が回ってきたが、2度は三振1度は当てただけの投ゴロ・・見事なブレーキとなった。カウントが不利になると、迷いが感じられ全く打てる感じがしない。やはり彼は読売の高橋ばりに積極的に初球から打っていったほうが、結果を残すのではなかろうか。サードとしては守備位置が深すぎでバントヒットを2つ許した。このポジションに一番必要な突進力に欠け、打球を処理する際にも一瞬止まるようなところがある。強肩を利したスローイングには光るものがあるのだが・・・。攻守とも「勇気」が欲しい!

■福本誠(湘)
5番遊撃として四球・三振・中飛・四球で音無し。盗塁を1つ記録。湘南の1点目は彼の足攻によるところが大きい。選球眼も良い。課題の守備でも相変わらず待ち気味ながら、安定性が出てきた。そろそろ一軍で出番を与えたいところだが、彼が上に行ってしまうと湘南に遊撃手がいなくなる・・・。こんなことが一軍昇格の妨げになるなんて全く馬鹿げている。

■田中充(湘)
6番中堅として三ゴ・四球・四球・四球で1打点。盗塁を1つ記録。やや不得手な左投手を相手にじっくりと選球して出塁した点は評価できる。

■南竜介(湘)
7番右翼として捕邪飛・三振・中安・三振。打撃は依然として粗すぎて大型扇風機状態。日本有数の強肩は健在。湘南投手が三塁にランナーを置くと、意図的にライトに飛球を打たせるような配球をしているようにも見える。それくらい彼の肩は信頼されているのだろう。

■新沼慎二(湘)
8番捕手として三振・四球・左飛・中安で4打数1安打。スイッチ打法は止めてしまったようで相手投手が右でも右打席に入っていた。2年目以降、打撃面では後退している感が強い。捕手としては盗塁を2つ阻止するなど、スローイングの良さが目立つ。


引地台レポート・日本ハム編

オーダー  9阿久根8石本7島田3西浦2高橋信5小田4飯山6野中1厚澤
投手継投  
厚澤+伊藤−矢野−山口−今井
途中出場  山田・田中聡・大貝(代打)


■厚沢和幸(日)
先発して5回を投げ失点3。被安打3・奪三振8・与四球5。さしもの湘南キラーも今日は制球難で自滅。球速はさしてないが、バリエーションがいくつかあるドロン系フォークで湘南打線を翻弄。ピンチになると、やや力任せに投げ込む傾向がある。

■伊藤優(日)
2番手として1回を投げ無失点。被安打1・与四球1。サイドに近いスリークォーターの投球フォームからスピードボールを投げ込む。特に右打者の外角一杯に決まるクロスファイア気味のストレートは勝負球になるだろう。制球力がやや大雑把

■矢野諭(日)
3番手として1/3を投げ自責点1。与四球2。トルネード投法に再転向。但し、トルネードから投げ下ろすのではなくスリークォーター気味に腕を振ってくる異色派。球速は平凡だが、カーブは面白い。彼も制球力に課題があり、2者連続ストレートの四球は頂けない。

■山口弘佑(日)
4番手として2/3を投げ無失点。奪三振1・与四球2。満塁の場面で押し出し四球を許す。上背はさしてないが、ストレートとカーブのコンビネーションが持ち味の正統派左投手。故に面白みがあまりないタイプともいえる。

■今井圭吾(日)
5番手として1回を投げ無失点。被安打1。前述の伊藤に似たサイドスローだが、球速・球威で一枚落ちる印象。

■高橋信二(日)
6番捕手として右飛・右飛・左飛・中飛で音無し。打者としてはパワフルなスイングが印象的。反面、捕手としては3盗塁を許すなどスローイングに課題。キャッチングも心もとない。

■野中信吾(日)
8番遊撃として三安・二ゴ・一直で3打数1安打。かなり小柄な選手だが攻守ともバネが感じられる。打撃ではフルスイングが目立つが、バットに振り回されているようにも見える。遊撃守備では躍動感のある動きでプレーにスピードがある。内野手不足の横浜としてはやはり獲っておきたかった選手である。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年6月1日(土)

  イースタンリーグ公式戦 湘南シーレックス−日本ハムファイターズ 11回戦
  湘南6勝4敗1分 (神奈川県大和市・大和引地台球場) 14:00
  晴れ 試合時間3時間03分
  ◆球審:佐々木 1塁:有 隅 2塁:萩 原 3塁:木 内(セントラル・リーグ)
  ◆公式記録員:及 川(セントラル・リーグ)

                     H E
日本ハム 010 000 000 ・・ 7 0
湘  南 010 020 10x ・・ 5 0

○ 勝利投手  秦  2勝2敗  ● 敗戦投手 厚 澤 2勝4敗
S  セーブ 中野渡 −勝−敗
SB 盗 塁 福 本 2回2死 (打者・南) (湘  南)
       田中充 5回1死 (打者・南は三振) (湘  南)
       古 木 7回2死 (打者・福本) (湘  南)
   暴 投 厚 澤 2回2死 (打者・南) (日本ハム)
       厚 澤 4回1死 (打者・古木) (日本ハム)
   牽制死 八 馬 3回2死 (打者・西崎) (湘  南)
  盗塁失敗 石 本 1回1死 (打者・島田) (日本ハム)
       小 田 6回2死 (打者・野中) (日本ハム)
   走塁死 山 田 7回1死 (島田左飛で本塁狙い) (日本ハム)
Fc 野 選  秦  2回1死 (厚澤投前バントを1塁送球) (湘  南)
   併殺打 八 馬 8回1死 (野中−飯山−西浦) (日本ハム)

(日本ハム) 湘南より多い安打数も打線の繋がり無くタイムリー欠乏症、満塁のチャンスが生かせない。
       小田、石本2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(9) 阿久根 5 1 0 2 0 三振 三振       一直    三安    二飛
(8) 石 本 2 2 1 0 2 四球 四球・      右安    右安
(7) 島 田 3 0 0 0 1 四球 遊ゴ       左飛    左飛
(3) 西 浦 3 0 0 0 1 死球    左飛    中飛       遊ゴ
(2) 高橋信 4 0 0 0 0 右飛    右飛       左直    中飛
(5) 小 田 4 2 0 0 0    中安 中飛       右安    遊ゴ
(4) 飯 山 3 1 0 0 0    一犠    二ゴ    右飛       中安
(6) 野 中 3 1 0 0 0    三安    二ゴ       一飛
 H  田中聡 1 0 0 1 0                         三振
(1) 厚 澤 1 0 0 1 0    投Fc    三振
 1  伊 藤 0 0 0 0 0
 H  山 田 0 0 0 0 1                   死球
 1  矢 野 0 0 0 0 0
 1  山 口 0 0 0 0 0
 1  今 井 0 0 0 0 0
 H  大 貝 1 0 0 0 0                         左飛
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁9 30 7 1 4 5  2  3  0  0  1  0  2  0  1
                  ・は打点 

(湘  南) 四球、四球、四球の押し出し劇で棚ボタ得点。中根流石はベテラン代打で適時打、
       七野、田中充押し出し

        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8
(4) 八 馬 5 1 0 0 0 中飛    右安    一飛    二ゴ 遊併
(7) 西 崎 2 0 0 2 2 三振       三振 四球    四球
(3) 七 野 2 1 1 0 2 一ゴ       右安 四球・   四球
(5) 古 木 4 0 0 2 0    二ゴ    三振 見振    投ゴ
(6) 福 本 2 0 0 1 2    四球    見振    中飛 四球
(8) 田中充 1 0 1 0 3    三ゴ       四球 四球 四球・
(9)  南  4 1 0 2 0    捕邪       三振 中安 三振
(2) 新 沼 3 1 0 1 1       三振    四球 左飛    中安
(1)  秦  1 0 0 1 0       三振
 H  中 根 1 1 1 0 0             中安・
 1  鈴木寛 0 0 0 0 0
 H  井 上 1 0 0 0 0                遊ゴ
 1  岡 本 0 0 0 0 0
 1  中野渡 1 0 0 0 0                      投ゴ
     :             :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁9 27 5 3 9 10  0  0  0  1  3  2  3  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 投げても四球・四球・四球で10四球では野球にならず。僅か5安打ながら
       4失点で2押し出し1暴投。
 ● 厚 澤   5    22  3   0   5   8   3
   伊 藤   1     5  1   0   1   0   0
   矢 野     1/3   3  0   0   2   0   1
   山 口     2/3   4  0   0   2   1   0
   今 井   1     3  1   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南) 秦2回に押し出しも前回同様の好投。5回を3安打1失点。鈴木寛1回を
       3人で抑える。中野渡好救援でS
 ○  秦    5    22  3   0   4   3   1
   鈴木寛   1     3  1   0   0   0   0
   岡 本     1/3   4  2   0   1   0   0
 S 中野渡   2 2/3   8  1   0   0   1   0

湘 南−1日本ハム

今日から6月に入り、サッカーW杯も開幕、プロ野球の公式戦日程も一部サッカー対応となり1ヶ月間変則日程になる。1位西武を以下5球団が追うイースタンリーグ。今日は湘南が地元色を打ち出す一環の試合として予定されていた、神奈川県・大和市でのゲーム。99年にかながわ・ゆめ国体用に改装されてからプロ野球が開催さている。湘南の本拠地・横須賀スタジアムと似たグラウンド形状は、全面人工芝張り。真夏日の太陽が照りつける中で湘南対日本ハムの11回戦。

湘南の先発は前日の予告どおり、秦。先日の対日本ハム戦でも好投しただけに再び好投なるか?日本ハム1回の攻撃は1番、今日は本職のセカンドを若手に譲ってライトで先発出場の阿久根。しかし三振。2番石本は四球で出塁する。しかし続く3番島田の時に石本がスタートを切るが、新沼が2塁送球し駿足石本を仕留めてタッチアウト、盗塁失敗。島田は2−3からボールを見送って四球で出塁。4番は西浦、しかし今度は上腕部付近に当る四球で出塁。2死1、2塁と独りでにチャンスがやって来る。5番高橋信、2ストライクに追い込まれてからファールでカットし粘るが最後はライトフライに倒れて2者残塁。1回裏日本ハムの先発は、厚澤。湘南は1番八馬、初球攻撃も打ち上げてセンターフライ。2番西崎、低目の変化球に空振り三振。3番七野、1ストライクから打ってファースト正面へのゴロで3者凡退。厚澤は無難な立ち上がり。2回日本ハムの攻撃は、6番小田から、やや詰まった打球がセンター前に落ちて両チーム初安打で出塁。続くは7番飯山、送りバントを敢行は、ファーストの前に転がって成功。1死2塁として8番野中、打って平凡なサードゴロに見えた。ところがこれを捕った古木が1塁へ送球するとやや高目にそれてしまい七野の足がベースから離れてしまう。この一瞬に野中が1塁を駆け抜けてセーフ。内野安打で1、2塁とする。9番はピッチャーの厚澤、セ・リーグの投手ならば時に強行策でヒッティングもあろうが、ここは手堅く投前に送りバント。しかしこれを秦が捕ったまでは良かったが1塁ベースカバーが遅れており秦が送球した時には厚澤とベースカバーの八馬が「同着」でセーフ。フィルダースチョイスの判定で1死満塁と先制のチャンス。1番に戻って、阿久根。しかし第1打席と同じ様な空振りの三振、積極性がバットに当らない。2死満塁として2番石本、最後は選んで四球で押し出しの四球で日本ハムが1点を先制する。さらに続く満塁のチャンスに3番島田、1発・・しかし打ってショート正面への平凡なゴロで3者残塁。

2回湘南は、日本ハムバッテリーを一瞬で揺さぶって追いつく。4番古木は1−2から打ってセカンドゴロ。5番福本は、2−3からワンバウンドのボールを見送って四球で出塁。この四球が得点になるとは予想さえ・・続く田中充はサードゴロでこの間に2塁進塁。2死2塁となって続く7番南の時に、セカンドランナーの福本が3塁に向かってスタート。投球がワンバウンドして高橋信は全く投げられずセーフで2死3塁。さらに続く2球目に今度は厚澤が暴投してしまい福本が2球でセカンドから生還して1−1の同点に追いつく。南は打ち上げてキャッチャーファールフライ。3回日本ハムは4番西浦から。1−1から打つがレフトフライ、5番高橋信これも打ち上げてライトフライ。6番小田、さらに打ち上げたフライはセンターフライで中軸3人が3ヶ所に打ち上げて3者凡退。3回裏湘南は8番新沼、ファール・空振りで2ストライクにされて続く3球目、低目の変化球に空振りで3球三振。9番投手の秦、2球ファールもストレートを空振りで三振。1番に戻って八馬、ライト前にワンバウンドでヒット。続く2番西崎、しかし1塁ランナーの八馬が数度の牽制から、最後は待ち切れずモーションでスタートを切ってしまい、厚澤が外して1塁へ送球、西浦から2塁に送球されてタッチアウト、牽制で3アウト、3人で攻撃終了。4回日本ハムは、7番飯山からの攻撃。2−3フルカウントから打ってセカンドゴロ、8番野中、これもセカンドゴロ。定位置やや右へ転がる。9番厚澤、2死で無走者の為打つ意味がないのか、3球三振で3者凡退。4回裏湘南は2番西崎から。第1打席と同じ様な低目の変化球に空振り三振。3番七野、2−0と追い込んでおきながらライトやや右へ運ばれるヒット。続く5番古木の時に、厚澤が暴投で七野は2塁へ。1死2塁となって古木はワンバウンドのボールにバットが止まったが、主審・佐々木がストライクのコールで三振。続く福本も高目のストレートを見逃して三振、この回は3つのアウト全て三振。5回日本ハムは、打順よく1番阿久根から。引っ張って鋭い打球はファーストベースを襲うライナー!しかしこれを七野が難なく捕球してアウト。2番石本、ライト前へヒット。3番島田、3球続けてボールで0−3となるが、続く4球目を打ち上げてしまい平凡なレフトフライ。4番西浦も2−2から打ち上げてセンターフライ。5回裏、ここまで1失点で抑えてきた日本ハム先発の厚澤だったが、この回四球渦に巻き込まれる。湘南この回の先頭バッターは、6番田中充。2−3から高目のストレートが外れて四球で出塁。7番南の時に田中充がスタート、盗塁成功でランナー2類と追加点のチャンス。南は空振りの三振で1死、8番新沼、1−3から低目の変化球が外れて四球で1死1、2塁。9番ピッチャーの秦だがここは代打を起用する。代打はベテランといって、湘南には余りある中根が登場。打った打球は詰まった打球だったが、センター前に落ちる。打球に勢いが無かった為2塁から田中充が生還して1点を追加2−1と1点のリードを奪う。1死1、2塁と続くチャンスに1番に戻って八馬、1−1からの高目のストレートを打ち上げてしまいファーストフライ、インフィールドフライが宣告される。2番西崎、ここまで2打席連続で三振に打ち取っており、勝負を避ける理由はない様に思えたが、四球で歩かせてしまう。2死満塁として続く3番七野も四球を与えてしまい押し出し。ムダな1点を献上してしまい3−1と湘南が2点リードになる。さらに続く満塁のチャンスに4番古木、一発なら試合が完全に決まってしまう場面だったが、見逃しの三振で3者残塁。6回から湘南は、先程代打でタイムリーの中根に代わって2番手マウンドに鈴木寛を送る。日本ハム6回の攻撃は、5番高橋信打って強い打球だったが、レフトライナー。6番小田はライト前ヒットで出塁し、7番飯山。打ち上げてしまいライトフライ。8番野中の時に小田がスタートを切る。しかし新沼がこれを2塁送球で仕留めて3アウト、3人で攻撃を終わらせる。6回裏日本ハムも投手交代、前の回で一杯の厚澤に代わって2番手に伊藤を送る。湘南6回の攻撃は、5番福本、打ち上げてセンターフライ。6番田中充、2−3から低目へのストレートを見送って四球で出塁。7番南、ショート右へ転がる打球に野中が横っ飛びで捕りに行くがセンター前に抜けるヒット。1死1、2塁で8番新沼、2−0から打ってレフトへのフライ、島田が前進してきて捕球。9番鈴木寛に代わって代打は井上が告げられる。しかしショートへのゴロで追加点が奪えない。

7回日本ハムは、8番野中から。打ち損じが打ち上がってしまいファーストフライ。9番伊藤に代わって代打には山田が起用される。しかしその初球が上腕分か、腕に当る死球で出塁。1番に戻って阿久根、春の教育リーグで幾度が見られた、意表をつくセーフティバントがここで出た。3塁前への小フライになったが、守備陣が予期していなかった為これが見事成功し内野安打。1死1、2塁と反撃開始で2番石本。ライト前ヒットで続いて1死満塁と一打同点のチャンス。続くは島田だが、湘南はピッチャの交代を告げる。この回から代わっていた岡本に代えて中野渡がマウンドに上がる。1死満塁で島田、勿論一発の期待だったが、打ち上げてしまう。しかし3塁にランナーがいるため犠牲フライのチャンス。やや浅めのフライだったが、レフト西崎が捕球と同時に3塁ランナーやまだがスタート。本職ではない外野手、いくら捕手とはいえ、それはないはず・・が現実になる。バックホームで返球されるとストライクバック、捕手の新沼もこれをしっかり捕球し、山田をプロックしてタッチアウト!1死満塁がスリーアウトで無得点、湘南は大きなピンチを切り抜けた。7回裏日本ハムは代打の山田に代えて3番手に矢野をマウンドへ。しかしこれがさらなる四球渦の始まりになってしまう。湘南7回は1番八馬から、2−1から打ってセカントゴロ。続く2番先程好返球の西崎、しかしストレートの四球。全くストライクゾーン付近にボールが行かない。3番七野、これもストレートの四球。1球もストライクが入らないで1死1、2塁のピンチを招くと、ここで4番手に山口を投入。4番古木はピッチャーゴロで山口がこれを捕球すると2塁へ送球してフォースアウト。2死1、3塁に変わって5番福本。その福本の時に古木が2塁に向かってスタート。3塁ランナーを警戒してか2塁送球できず。2死2、3塁とチャンスが広がって、福本も四球を選んで2死満塁。さらに続く田中充には3球続けてボールであとがなくなってしまうと、山口は続く4球目も完全に外れるボール球でストレートの四球で押しだし、10個目の与四球が駄目押し点とにり4−1と湘南が3点リードに。さらに続く満塁のチャンスだったが、7番南は三振で四球渦から脱出した。8回日本ハムは、主軸に打順が回る。4番西浦、ショート正面へのゴロ。5番高橋信、打ち上げてセンターフライ。6番小田もショートゴロで3者凡退。8回裏日本ハムは5番手に今井をマウンドに送る。湘南は、8番新沼からの攻撃。初球攻撃はショートの上を越えてセンター前ヒット。9番はピッチャーの中野渡だが、湘南リードでこれ以上投手を代える意味がないからか、そのまま打席に入る。打ってピッチャーゴロ、今井が捕って2塁へ送球してフォースアウト。1番に戻って八馬、しかしショートゴロ。野中−飯山−西浦と渡って併殺打。9回日本ハムは、7番飯山から。打ってセンター前ヒットで出塁。続く野中に代わって代打は田中聡。しかし、3球で簡単に三振。9番今井に代わって代打は大貝、左攻勢が続く。しかし打ち上げてレフトフライ。ラインのやや内側で捕球される。1番に戻って阿久根、初球打ちもセカンドフライで試合終了。

タイムリーヒットは僅か1本の湘南だが、日本ハム投手陣の四球乱発の影響で勝利。地方ゲームとはいえ主催試合の為試合直後のヒーローインタビューは人選に苦慮したのか、7回にバックホームで山田をタッチアウトにした「捕手」2人、西崎外野手と、新沼捕手がお立ち台に。珍しい「守」のヒーローインタビュー。日本ハムは、どういうワケか週末の試合になると打線が繋がらない。肝心のクリーンアップがノーヒットで8個のフライでは・・・。■試合終了時刻 17:03



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

健一@管理人編

■6月1日(土)湘南シーレックスvs鎌ヶ谷ファイターズ(大和)

                      R H
鎌ヶ谷ファイターズ|010 000 000|1 7
湘南シーレックス |010 020 10×|4 5

鎌:厚沢和幸(5回)−伊藤優(1回)−矢野諭(1/3)−山口弘佑(2/3)−今井圭吾(1回)
湘:秦裕二(5回)−鈴木寛樹(1回)−岡本直也(1/3)−中野渡進(2回2/3)


【気になる湘南鎌ヶ谷な選手達】

■今井圭吾(日)
「フォームをサイドに転向し来季に賭ける!かなり腕が下から出るサイドハンドです(腕の出はアンダースローに近いかも)。球速はそうなさそうですが、右打者の内側から外へ流れる大きな変化球が有効な感じでした。長いイニングだとちょっと掴まるような気がします。そう巧打の選手、特に左打の打者には手こずるような気がします。<フォームを変えても以前からの持ち味のシュートをもっと生かさないと。」by 2001年コスモスリーグより

・・・と以前アンダースローにちかいサイドスローに転向していたのですが、今シーズンは腕をあげてサイドスローに近いスリークォーターに戻したようです。腕を気持ち上げた分以前の武器であるフォークも観られました。

ここら辺はバランスみたいなもので、少しストレートは速くなったのでしょうが、変化球はやや大人しくなったのかな。どこらへんを「落とし所」にするのかが肝要かと。#一時的なものか再改造なのかまた定点観測の機会がありましたら報告します。


■小田智之(日)
クラウチング気味の構えで、スイング時に「軸足が動く(左足→右足)」打撃。ここ数年停滞気味・・・そこそこ打ってはいるのだが、期待が小さくないだけにモヤモヤ感が残ります。

例年に比べると右足の上げ幅を上げたような気がします。純粋に上げると言うより放り投げるような上げ方で「振り子」にやや相通じるタイミングの取り方。動きの中でタイミングを取るので良いときと悪いときの差が激しい・・・。本日は2安打と巧く拾っていました。


■野中信吾(日)
小柄だがそれを活かしたゴムマリのような軽快な動きは、守備でも通じます。そして打撃はバットを長めに持ち思いきりの良いバッティング

春季キャンプでは1軍に帯同し頑張っていましたね。以前の書き込みではこんな時もありました。まだまだ出番も少なく、そしてプロの壁にぶつかっていますが、乗り越えて欲しいですね!

◎2002年2月下旬某日
「ドラフト5巡目の高卒ルーキー野中信吾が先日火曜日の紅白戦にて一暴れしたそうです。8番・二塁手として出場し「3打数2安打1打点」しかも「2盗塁」と俊足も見せました。開幕スタメン(話半分とは言え、鎌ヶ谷組ではなく東京ドーム組っすらかね)なんて持ち上げられていますが、そんなことより高卒ルーキーにあるまじき、高い意識を感じさせるコメントを聞くと「オッ、やるかも!?」なんて楽しみです。本日も「開幕スタメンですか?実力の世界ですからね。当然狙っていきます」と控えめじゃないところが良いですし、鎌ヶ谷への入寮の時にも新聞誌上にコメントが掲載されていましたが、この時もチャカついたことろを全く感じさせない言動がありました。」



■秦裕二(湘)
しなやかなフォームが印象的なドラ1(寺原隼人の外れ1位)。華奢なところも見せますが、肩幅の大きさ、またケツのでかさを考えると今後は投手らしい体格になりそう。智弁学園時代のフォームと比較すると「力感」を増したように思えました。腕を切るように投げるストレートは、キレを感じます。<良い素材、制球力やその他も後から付随してくるでしょ。

ただ変化球を放るときの腕の振りは多少鈍く、まだ曲がりも緩やかに思えました。またテークバック時センター側に身体が傾倒気味で腕を振るときに抑えが効きにくく抜ける場面も見えました(前回同様)。#ストレートは「◎」高卒ルーキーでローテに入るだけでも立派。

本日は、無駄球も多く5回で100球を超えるほどでした・・・(××)。<5回3被安打3奪三振4四球


■鈴木寛樹(湘)
そっくり返り気味のところもある投球フォーム。腕が非常に長く感じ、ムチのように撓って見えました。緩いカーブとストレートの緩急が武器で打たせて取るタイプの投手か(故障前はどうだったのかな)。ケツがデカイので今後のスケールアップを期待したいです。


■岡本直也(湘)
大小二つのカーブを武器に活きの良いストレートが印象的な小柄な左腕@高卒ルーキー。腕がよく振れているように見えました。しかし制球は大雑把で抜けたり抑えが効かなかったりとまだまだこれから。高卒ルーキー@D4巡目で背番号「13」を付与されるあたり期待されているのですな。<楽しみな左腕!


■西崎伸洋(湘)
捕手登録だが兼任のはずの外野手も板に付いてきたか。打撃は、ツボにはまれば・・・と一か八かのバッティング!?打撃成績は、2割を大きく下回る打率「0.170」で僅か10安打だが、半分の5本が5本塁打と当にツボにはまれば。。。(^^;)


2002年 5月26日 イースタンリーグ 7回戦 巨人−西武(宇都宮)報告者:まなとさん/たださん(HP:私の秘蔵写真館)ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

まなとさん編

2002.5.26 ジャイアンツ Vs ライオンズ 栃木県清原球場

ライオンズ先発が台湾選抜エース右腕・張誌家( チャン・ズージャ)投手(21)、
ジャイアンツは、ここまで3勝0敗防御率3.09投球回32で奪三振25と、ファームの勝ち頭、谷が先発。

張誌家は前回の登板では、4回4奪三振、自責点0で、
今回の登板内容次第では、1軍昇格をかけた大事な試合。

ただ今、2回を終わったところで0対0と両投手ともいいピッチング。

■張誌家(ライオンズ)
直球の球威・コントロールとも申し分無く、
特に低めへの球筋の良さが目を引く。
フォーム的には走者がいなくてもノーワインドアップで
やや腰高の投げ方から、主に上体を使って投げこんでくる感じ。

この日の直球はMax143kmも、勝負どころでは球威充分に押す投球。
初回も3番クレスポをキレ抜群のアウトロー直球で三振。
2回先頭黒田に甘い高めの変化球を左中間に打ち返され2塁打。
この無死2塁のピンチから、
高野をインハイストレートでゴロアウト、その後、堀田・原をいずれも直球で連続三振。
5回は、自軍2失策と2盗塁で掻き回された上、
足首の故障の影響か、球威が落ちたところを、山田・十川の粘りの打撃にやられてしまった。

投球全体としては、意外と変化球が多く、
球種もカーブ・スライダー・チェンジアップ・シュート・フォーク・シンカーと豊富。
ただ、この日はどの変化球も高めにぬけることが多く、
5回の連打もシュートがインハイに入り山田・十川にしぶとく中前に落とされた。
ジャイアンツの安打は中前が多く、こつこつセンター返しが攻略法かもしれない。

変化球を投げる際、よけいに腰高になる印象で、
チェンジアップなども、ややフォームが緩みがち。
それでも4回までは1安打ピッチングは、直球の威力によるところが大きいが、
この投手の本来の投球は、変化球のコンビネーションでスタミナを温存しながら、
ここ1番に球威充分な直球で、打者を押しこむ投球にあるようだ。

バント処理の際にひねった足首は軽症とのこと、1軍もそう遠く無いと感じさせる投球でした。


■大須賀允(ジャイアンツ)
3打数2三振とあいかわらず荒い印象。
腕を大きく突き出した構えから、脇が甘いままバックスイングのトップをつくるので、
直球には押しこまれ、緩い球にはあっさり抜かれて、いいところが全く見られない。
スイングスピードはありそうで、シャープなスイングを心がければ、
バッファローズに移籍した吉岡のようなスケール感のあるバッターになれる素材は感じるが、
今のままでは、1軍の変化球には通用しないのではないか。

期待の右の長距離砲だけに、工夫が見られない打撃を改善して、成長して欲しい。


■クレスポ(ジャイアンツ)
この日はすべて左打席。あいかわらず鋭さを感じないスイング。
前後の打者がこつこつとセンター返しでつないでいるのに、
この日の打順、3番はおおきな穴が開いた印象。
まったく打てる気がしない。
この選手がもう1度1軍に上がる事はあるのだろうか?


■小野剛(ジャイアンツ)
8回からリリーフも、2人ランナーを残して、河本に代わり結果は残せなかった。

187センチの長身から投げ下ろす直球は目測で145くらい出ていそう。
角度のある直球に長所がある、球種はカーブとフォーク。
この日はカーブでもカウントがとれており、
もうすこし制球がまとまれば、面白い存在と感じました。

残したランナーも、先頭バッターの大友にはインコース直球をしぶとく一二塁間をぬかれ、
次の赤田も2−3からアウトロー直球がコーナーに決まったが、ボールの判定。
その時走っていた大友はアウトのタイミングだっただけに、
ストライク判定なら三振ゲッツーのケース。

つづく大島もインコース直球で一塁ゴロに討ち取るも進塁を許し、
一死2・3塁になったところで降板。

大事な首位攻防でなければ続投だったろうし、
非常におしい投球だった。


■谷浩弥(ジャイアンツ)
昨年3勝4敗も、今年は今日で4勝0敗とファームの勝ち頭。
高めへの直球にキレがあり、早いスライダー・シュートを低めに決め、
左打者へはアウトローへのシンカーでタイミングを外す投球。
高低を使い分ける制球がみられたこの日は、本人も「調子が良かった」とのコメント。

ライオンズは左が、大友・大島・貝塚・栗山と強打者がならび、
課題とする左打者対策を試すには格好のチーム。
3回の失点も、2死2塁から大島にインハイを責めて、
2ストライクまで追いこみながら、決め球のアウトローへの変化球が甘く入り、
左越え2塁打タイムリーを許した。
阿波野コーチは、「低目が強い大島に追い込みながら低目を投げるとは...」と、厳しい評価。
淡口監督は「いいピッチングだった」と好評価も、左対策には課題が残った。

谷のようなタイプは、高低を使い分けて打者の目線をずらしたり、
インハイストレートと緩い変化球で幻惑したりと、
打者に対して、自信満万で、なげこむ態度が無いと抑えられないのではないか。
打者が余裕を持って打席で構えられると、球威が無いだけに苦しい。

そういう意味では、直球・変化球とも、制球にもっと自信が持てないと、
1軍で打者を幻惑する事は難しいだろう。

ジャイアンツの1軍は本格派の投手が多く、中継ぎで使えば面白い存在になれそう。
新ストライクゾーンの恩恵をもっとも受けられるタイプの1人だけに、あともうひと伸びを期待したい。


■大島裕行(ライオンズ) 
真中(ヤクルト)の構えをもう少し大きくした感じから、
スイングを始めると一転、大振りが目立つ。

懐が深そうな構えなのに、インコースの緩い変化球を全く呼込めず、
膝が割れるほど体勢を崩して空振りしてしまう。
構えからすると一瞬インコースに投げにくい印象だが、
案外厳しいインコースは、苦手としているのでは無いかと感じてしまった。

タイムリーとなった2塁打は、追いこまれた後のアウトローの変化球を
上手く上から叩いて、打球も早く、レフトの頭を越した打球は圧巻だったが、
甲子園での活躍からすると、まだまだ、物足りない印象。

本来は、インコースが、キレよい直球でも、ぬいた変化球でも、
ふところ深く呼び込んで、キレよいスイングでさばき、
スタンドに運ぶバッティングができるはずなのに、
久しぶりに見て、なにか、残念でならない。

■総括
試合は、ジャイアンツの勝利で今年始めて首位を取ったわけですが、
久しぶりに見たライオンズのファームの打線は、
特に、大島・貝塚・中島裕之のクリーンナップに、
ルーキーの中村とスケールの大きい打者が並ぶ、楽しみな打線だと感じました。

ジャイアンツ打線の小粒ぶりとは好対象でうらやましい限りです。

ただ、好投手・張をこつこつとセンター返しでつなぎ、
盗塁で掻き回しながら、一挙4点を奪った攻撃は、
投手戦に苦戦して、桑田・工藤・ワズディンの好投を
見殺しばかりの1軍打線に見習わせたい試合巧者ぶりでした。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

たださん編

L 001 000 000=1
G 000 040 00X=4

G:谷(勝)、石川、小野剛、河本、木村(S)−原、小田
L:張(負)、福井、竹内−中島聡、細川

3回表:2死から赤田、大島の連続2塁打でライオンズが1点先制。
5回裏:無死1塁で6番・堀田の三ゴロを栗山が一塁へ悪送球。
    ボールがファールグラウンドを転々としているうちに
    一塁走者の高野が一気に生還し1点。
    その後、2死2,3塁から1番・山田がセンター前に2点タイムリー。
    これをセンター大友がバウンド処理を誤りボールをはじいている間に山田は2塁へ。
    その後2番・十川考もセンター前にタイムリーを打ち、この回一挙4点。

●張(L) 投げる時、上体を2塁方向に傾ける打撃投手のような(?)フォーム。
      4回までは無難な投球だったが5回、味方のエラーもあってピンチを広げ、
      さらに原のバント処理の時に足を痛める。
      その影響か、2死後、山田、十川考に連続タイムリーを浴び、この回で降板。

●竹内(L) 昨日の上尾に続いて2試合連続の登板。
       昨日同様、スリークウォーターから小気味のいい投球で2イニングを
       無安打・無四球・3三振の好投。

●大島(L) チームの先輩・鈴木健に似た構え・打ち方で1・3回にレフト方向へ
       2打席連続2塁打。

●河本(G) 8回表、1死2・3塁のピンチで登板、4番・貝塚、5番・中島裕を連続三振。
       2軍レベルの選手で河本の速球を打つのはかなり大変そう。

●加藤(G) ベンチ前で投手とキャッチボールをしたり、ブルペンで投手の球を受けたりするも
       この日は出番なし。まだレガースの後ろにクッションを付けています。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ふんぼるとさん編

2002年 5月26日 巨人−西武 7回戦

F宇都宮清原(巨人4勝3敗)

 
西武 001 000 000│
 巨人 000 040 00X│
 
 勝 谷 4勝0敗 登板8
 負 張 0勝1敗 登板2   

 【西武】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 大 友 310 左飛    中飛    投犠       右安
  H4赤 田 310 三ゴ    右2    三ゴ       四球   
  B 大 島 421 左2    左2    中飛       一ゴ
  F 貝 塚 300 四球    空振       右飛    空振 
  E 中島裕 400 空振       右飛    見振    空振   
  C 平 尾 310    右安    遊ゴ    三ゴ
  9 河 田 100                         一ゴ
  D 栗 山 210    空振    左安             
  H 佐藤友 100                   ニゴ
  1 竹 内 000  
  H 中 村 110                         中安
  A 中嶋聡 200    遊併    一ゴ           
  H2細 川 200                   投ゴ    一併
  @  張  210       空振    左安  
  1 福 井 000     
  H5カ ズ 100                   右飛
  犠盗失併残─────
  10317 3281

      回 打安振球責
   張  5 215410
  福 井 1 30000
  竹 内 2 60300

 【巨人】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 山 田 412 左飛    左飛    中安       見振  
  B 十川孝 311 左飛       四球 中安       三失   
  C クレスポ  400 見振       遊併 捕邪       空振  
  E 黒 田 310    中2    中飛    右飛   
  H 高 野 310    ニゴ       中安 ニ飛    
  F 堀 田 300    空振       三失 ニゴ     
  A  原  210    空振       投安 
  2 小 田 100                   三ゴ 
  @  谷  100       遊ゴ     
  H 吉 永 100             三ゴ
  R 山 下 000                    
  1 石 川 000       
  H 宮 崎 100                   遊ゴ    
  1 小野剛 000
  1 河 本 000
  1 木 村 000
  D 大須賀 300       右邪    空振    空振
  犠盗失併残─────
  02022 2953

      回   打安振球責
   谷  5   216411
  石 川 2   60100
  小野剛  1/3  31010
  河 本  2/3  20200
  木 村 1    31000
  

  二塁打 大 島(西) (1回 谷)
      黒 田(巨) (2回 張)
      赤 田(西) (3回 谷)
      大 島(西) (3回 谷)
  犠 打 大 友(西) (5回 1塁走者張が二進)
  盗 塁  原 (巨) (5回 ニ盗 捕手中嶋聡)
      山 下(巨) (5回 ニ盗 捕手中嶋聡)
  失 策 栗 山(西) (5回 ゴロをファンブル&1塁悪送球 1塁走者高野がホームイ
                ン、打者走者堀田が二進 タイムリーエラー)
      大 友(西) (5回 中前打を後逸 3塁走者堀田と2塁走者山下がホームイン
                打者走者山田が二進 タイムリーエラー)
      カ ズ(西) (9回 ゴロを1塁悪送球)
  盗塁死 十川孝(巨) (9回 ニ盗失敗 捕手細川)
  併 殺 巨 人   (2回 中嶋聡 1死1塁 黒田−黒田−十川孝)
      西 武   (4回 クレスポ 無死1塁 中島裕−平尾−大島)
      巨 人   (9回 細川 1死1塁 十川孝−黒田−木村)
  球審:新屋 一塁:津川 三塁:村越 公式記録:新向井  
  時間 2時間30分

得点経過
  3回表(西) この回先頭の張が空振り三振、一番に戻り、大友が中飛に倒れるも、二番の
        赤田、三番の大島がそれぞれ一塁線、左越えに連続ツーベースを放ち、西武
        1点。
  5回裏(巨) この回先頭の高野が中前打。六番の堀田のサードゴロを栗山がファンブルし
        た上に1塁へ悪送球し、1塁走者高野は一気にホームイン。巨人1点目。打
        者走者堀田も2塁へ、無死2塁。七番の原は投前にバント。張が3塁を見た
        分だけ送球が遅くなり、1塁セーフ(記録は内野安打)。また、このとき張が
        右ヒザを捻ったようで、一瞬ヒヤッとさせられる(張は続投)。八番の谷の代
        打吉永の初球に原が盗塁し、無死2、3塁。吉永はサードゴロ。3塁走者堀
        田が三本間に挟まれるが、3塁に帰塁。2塁走者原が3塁ベースに到達して
        いたため、原がアウト。1死1、3塁。九番の大須賀の4球目に吉永の代走
        山下が盗塁し、1死2、3塁。大須賀は空振り三振で、2死2、3塁。一番
        に戻り、山田が中前打。大友が後ろに逸らしている間に3塁走者堀田、2塁
        走者山下がホームイン(記録はワンヒット、ワンエラー)。巨人3点目。打者
        走者山田も2塁へ、2死2塁。二番の十川孝が中前に弾き返し、2塁走者山
        田がホームイン。巨人4点目。

 戦評
  今日の試合はミスをしたほうが負けるという典型的な試合でした。巨人は5安打ながらも
  西武の守備の乱れに付け込み、5回に4安打を集中させ、快勝。巨人は首位浮上。

 選評
   
張 (西) ストレートピッチャーだと思っていたが、カーブ・フォーク・シュート・チ
        ェンジアップと変化球も多彩。5回に守備に足を引っ張られ崩れたが、4回
        までは1安打、1四球とほぼ完璧な内容。投球フォームとしてはやや上半身
        で投げているという印象だが、ストレートはめっぽう速い。下半身も使った
        ら、もっとスピードが出るかも。5回に崩れたのは若さが出たかな?
        また、バッティングフォームはオープンスタンスで振り子打法、しかも右投
        手の谷に対して1打席目は左打席、2打席目は右打席で打っていた。スイッ
        チヒッター?1打席目からは絶対にバットにボールが当たらないと思ってい
        たが、2打席目に三遊間を破る左前打。見られた人は貴重です!
        右ヒザの状態が心配。
  
大 島(西) 地元から大応援団(15人ぐらい)が来てました。今日は流し打っての2安打1
        打点の活躍。しかし、高校通算86発のスラッガーはこんなものではないはず
        埼玉出身として鈴木健のような打者に育って欲しい。
  
栗 山(西) 5回に痛恨の1塁悪送球。試合前の練習でも1塁悪送球が多く心配していた
        が、モロに出てしまった。練習しましょう。

  大須賀(巨) 地元栃木の出身。九番で先発出場も3打数2三振のちょっと残念な内容。
  石 川(巨) ルーキーながら2回を打者6人で抑える完璧な内容。ストレートに伸びがあ
        るのか打者を詰まらせていた。
  河 本(巨) 8回、1死1、2塁のピンチに登板し、後続を連続三振に切って取った。ス
        トレートの切れ、スピードとも群を抜いており、ここでは役者が1枚も2枚
        も上。

注目の張が先発するということで宇都宮に行ってきました。
今日は崩れてしまいましたが、十分に及第点だと思います。


2002年 5月25日 イースタンリーグ 7回戦 ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年 5月25日 ロッテ−ヤクルト 7回戦

Fロッテ浦和(ヤクルト4勝3敗)

 
ヤクルト 100 100 105│
 
ロッテ  000 100 000│
 
 勝 高 橋 1勝3敗 登板11
 負 長 崎 2勝3敗 登板7   

 【ヤクルト】 打安点本 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 飯 田 300  左飛    一直    遊ゴ
  8 橿 渕 111                    中ニ    死球
  8 内 田 000
  F 志 田 100  四球    右飛
  7 ユウイチ  310              中飛    一ゴ    右安
  B 衣 川 400  一失    見振       一ゴ    投ゴ
  H 鮫 島 100                          三失
  1 島 田 000    
  D 畠 山 5342 一邪       左本    空振    右三 左本
  C 本 郷 521  右安       ニゴ    左安    ニゴ 一飛
  D3ツギオ 410  一飛       中安    捕邪    三ゴ
  H 宮 出 410     左飛    三飛       遊ゴ    左安
  R9牧 谷 000 
  A 米 野 300     三ゴ    見振       四球    遊飛
  E 梶 本 400     投ゴ       見振    空振    三ゴ
  犠盗失併残─────
  00116 3896 

      回 打安振球責
  高 橋 5 226621
  本 間 2 81200
  丹 野 1 42000
  島 田 1 41000

 【ロッテ】  打安点本 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H8立 川 421  四球    空振 中ニ       右ニ    一ゴ
  C 酒 井 210  ニゴ    右安    
  R9寺 本 300              一ゴ    左飛    遊ゴ
  F 大 塚 410  空振    三安    空振    三ゴ
  7 於 保 000  
  G5伊与田 310  四球    空振    遊ゴ       左安
  D 平 井 200  投ゴ    ニゴ
  HD早 川 210                 空振    遊安
  B 信 原 410     右安    ニゴ    空振    ニゴ
  A  辻  210     三犠    右安    ニゴ
  H2里 崎 100                       遊併
  E 今 江 410     見振    空振       遊ゴ    左二
  D4青 野 410     右飛    中安       三失    遊ゴ
  犠盗失併残─────
  102010 35101

      回   打安振球責
  長 崎 7   295522
  高 木  2/3  31000
  黒木純 1   62010
  山崎貴  0/3  10000
  亮 寛  1/3  21001
  

  本塁打 畠 山(ヤ)5号@(4回 長崎)
      畠 山(ヤ)6号B (9回 亮寛)
  三塁打 畠 山(ヤ)    (8回 高木)
  二塁打 立 川(ロ)   (4回 高橋 タイムリーヒット)
      橿 渕(ヤ)    (7回 長崎 タイムリーヒット)
      立 川(ロ)    (7回 本間)
      今 江(ロ)    (9回 島田)
  犠 打  辻 (ロ)    (2回 1塁走者信原が二進)
  走塁死 青 野(ロ)    (4回 本塁憤死 飯田−本郷−米野)
  失 策 信 原(ロ)   (1回 ゴロをファンブル 1塁走者志田が三進)
      畠 山(ヤ)    (7回 ゴロをファンブル)
      伊与田(ロ)    (9回 イレギュラーのゴロを後逸 タイムリーエラー)
  捕 逸 米 野(ヤ)    (1回 伊与田 2塁走者立川が三進) 
  併 殺 ヤクルト    (8回 里崎 1死1、3塁 梶本−本郷−衣川)

  球審:木内 一塁:濱野 二塁:牧田 三塁:小林和 公式記録:嵯峨  
  時間 3時間00分


得点経過
  1回表(ヤ) 先頭の飯田が左飛に倒れるも、二番の志田が四球で出塁。三番の衣川のゴロ
        をファーストの信原が弾き、志田は一気に3塁へ、1死1、3塁。四番の畠
        山が一邪飛に倒れるも、五番の本郷がしぶとく一、ニ塁間を破り、3塁走者
        志田がホームイン。ヤクルト1点目。
  4回表(ヤ) この回先頭の畠山が左越えにホームラン。ヤクルト2点目。
  4回裏(ロ) この回先頭の信原が二ゴロに倒れるも、七番の辻が右安打で出塁。八番の今
        江が空振り三振に倒れるも、九番の青野が中前に運び、2死1、2塁。一番
        に戻り、立川の右中間を破るツーベースで、2塁走者辻がホームイン。しか
        し、1塁走者青野が本塁で憤死。本郷からのバックホームは決して良くなか
        ったが、十分にアウト。ロッテ1点。
  7回表(ヤ) この回先頭の宮出が遊ゴロ(ショート今江のファインプレイ)に倒れるも、八
        番の米野が四球で出塁。九番の梶本が空振り三振に倒れるも、一番に戻り、
        橿渕の右中間を破るツーベース。青野から好返球が帰ってくるが、キャッチ
        ャーの辻がポロリをしてしまい、1塁走者米野がホームイン。ヤクルト3点
        目。
  9回表(ヤ) ビックイニング。
        この回先頭の宮出が左安打で出塁。八番の米野は遊飛に倒れ、九番の梶本は
        三ゴロ。1塁走者宮出は2塁封死もゲッツー崩れになり2死、1塁。一番に
        戻り、橿渕が死球で2死1、2塁。二番のユウイチは右安打で2死満塁。ロ
        ッテのピッチャーは黒木純から山崎貴に交代。三番の衣川の代打、鮫島が三
        ゴロで万事休すかと思いきや、サード伊与田の前でバウンドが変わり伊与田
        は後逸(記録はエラー)。3塁走者梶本、2塁走者橿渕がホームイン。ヤクル
        ト5点目で、尚も、2死1塁、3塁。ロッテのピッチャーは山崎貴から亮寛
        に交代。四番の畠山が左越えにスリーランホームラン。ヤクルト8点目。

 戦評
  ロッテはヤクルトを上回る10安打、そして、投手陣は自責点3に抑えたものの拙攻、守備
  の乱れにより、終わってみれば8−1の大敗。ロッテにもヤクルトにも不味い守備があり
   (1)7回表 辻(ロ)がバックホームを落球(上記)。
   (2)8回裏 無死1塁で、ショートの梶本(ヤ)が早川のボテボテのゴロを2塁に送球。
         1塁、2塁オールセーフ。記録はヒットだが、野選気味。
   (3)8回裏 無死1、2塁で、セカンドの本郷(ヤ)が信原のゴロを2塁にやや悪送球。
         2塁は封死も、1塁には投げられず。
  テンポの悪い試合になってしまった。
  この点も両チームが下位に甘んじている理由の一つかも?
   
 選評
  
飯 田(ヤ) 3打席とも上手にボールをミートしているが、腰の入っていない手打ちのた
        め打球に勢いが無い。今の状態では一軍復帰は厳しいかも?
  
畠 山(ヤ) 逆風を切り裂いての2本塁打。このパワーには圧巻。しかし、今日も失策を
        記録しており、守備がまだまだの印象。
  
高 橋(ヤ) 要所を締めるピッチングで5回を6安打1失点。そして、ストライクからボ
        −ルになる変化球が冴え渡り毎回の6三振。ナイスピッチング!

  
長 崎(ロ) 負け投手になってしまったが、7回を5安打3失点(自責点2)の好投。今年
        の長崎は安心して見ていられる。ただ今日は投球数が多いイニング(ボール
        が先行)と少ないイニング(ストライクが先行)がはっきりしていた。そろそ
        ろ1軍?

今日はファイターズが横須賀遠征のため、ロッテ浦和に行ってきました。
それにしてもスワローズは女性ファンが多いですね(^^;)

 追記:ロッテ亮寛投手の自責点について
    この試合で亮寛投手は9回2死1、3塁の場面で登板し被弾しました。日刊スポーツ
    によりますと自責点は『1』になっています。おそらくヤクルト畠山選手の本塁打の
    ことを指していると思います。
    しかし、この回はロッテ伊与田選手のエラーがあり、もし、伊与田選手のエラーがな
    ければ既にヤクルトの攻撃は終了しており、畠山選手の打席自体が想定されないもの
    なので、亮寛投手の自責点にはならないと思うのですが・・・。
    ちなみに9回に登板した他の投手には自責点はついていません。
    どなたか理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

re:ロッテ亮寛投手の自責点について 投稿者:ぴか  投稿日: 5月29日(水)13時20分40秒

はじめまして
いつもROMさせていただいておりますが、はじめて書き込みます。

エラーでセーフになった場合、
自責点計算の上ではアウトになったものと考えますので、
この試合では、エラーの段階で3アウトになり、
その後の失点は、自責点にはならないのが原則です。
ただし、エラー後に登板した投手については、登板前のエラーを
考慮せずに(つまり、この試合では、2アウトで登板したとして)、
自責点計算をします。

この試合では、ホームランで3点入っていますが、
うち2点は前の投手が残した走者によるものであり、
その投手の失点になりますが、
自責点計算では上述のとおり3アウト後の失点なので、自責点になりません。

一方、残りの1点は、打者走者によるものであり、
これは亮寛投手の失点になり、
かつ、上述のように、エラー後に登板した亮寛投手は、
自責点免除の恩恵(?)を受けませんので、
自責点1がつきます。


2002年 5月25日 イースタンリーグ 8回戦 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

こんにちわ。
5/25横須賀
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 1  1
湘南   0 0 0 0 2 0 0 0 -  2

湘南5回裏→福本タイムリーとパスボールで2点
ハム9回表→高橋信二タイムリーで1点

湘南11安打。満塁チャンスが3回もありながら結局2点。
ハム4安打。打線の沈黙と投手の自滅は毎度のことです。

まわりでみていた方々はみなさん一様に
湘南の先発・秦がよかった、と言ってました。
ハム先発の山口は、ランナーたくさん出しました。これからに期待。

とりあえず結果報告でした。


2002年 5月25日 イースタンリーグ 6回戦 西武−巨人(上尾)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館)/福井派さいたましみんWさん

たださん編

5月25日 イースタンリーグ ライオンズ−ジャイアンツ

 030 001 000=
 000 000 000=

:三浦(6回・勝)、河本(1回)、西山(2回)−小田、加藤
:石井(5回・負)、トモキ(1回1/3)、竹内(2/3)、佐藤秀(2回)−細川
本:堀田(G)

3回表、大須賀のタイムリー内野安打、小田の遊ゴロ野選、十川の犠飛で3点先制。
6回表、堀田のライトスタンドへのHRで1点追加。

ジャイアンツは三浦、河本、西山の3投手がほぼ危なげない投球で完封リレー。

ライオンズはジャイアンツの3投手から散発5安打、先発石井も2回に3安打を浴び3失点、
2番手のトモキも6回、堀田にHRを浴び、7回にも1死で満塁の走者を残して降板するなど
不安定な内容。
3番手の新人・竹内(近江高)は、1死満塁の場面で登板し、スリークウォーターから
小気味のいい投球で後続の二人を打ち取る。

なお、加藤健(G)が、8回の守備から登場。同じく8回から登板した西山を無難にリード。
ただ、膝の状態がまだ完全でないのか、昨年の古田(S)のようにレガーズの後ろに
クッションを付けていました。
ちなみに打順は廻って来ませんでした


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

福井派さいたましみんWさん編

上尾の試合

投手を中心に、簡単に。出た順で。

○三浦貴投手(巨)
6回4安打無失点。コントロールいいですね。低めに決まります。まあピンチらしいピンチもなし。西武の若手には仮想1軍体験となったことでしょう。直球はほとんど130前半。きょう投げた投手の中では遅いほうですが、制球のほか重そう、という点でもダントツでした。なお、さいたま市大戸の少年野球チームの出身です。

●石井貴投手(西)
5回5安打3失点。仮想一軍体験、という意味では、悪いけど三浦投手どころではない存在のはずなんですが・・・でも、フォームから球種ばれてたと思います。球自体もイマイチ。直球も2回以降は平均137キロ程度。盛時と比較すると10km落ちです。また、変化球はとっちらかる。ワンバウンドも多くて、細川捕手のすねには土がべったりついていました。

●トモキ投手(西)
1.1/3回2安打1失点。左膝をうんと後ろに向けて、投げる瞬間くいっと内側に入れ込む。みてると膝と足首が痛くないか心配してしまうほど、不自然。

●竹内和也投手(西)
2/3回無安打無失点。1死満塁で高卒ルーキーを出すのがすごい。もっとも、他の高卒ルーキー2人も一塁三塁でスタメンで出ています。西武って内野手手薄なんですよ・・・さて、竹内投手。直球130km出てなかったり、変化球も凄くなかったり(きょうのほかの投手と比べるのは酷ですが)、なのに4番黒田選手5番原選手(途中出場)をあっさり退けました。ううむ、よく分からんが今後注目します。

○河本育之投手(巨)
1回無安打無失点。146kmでてましたよ(2球)。太った感もありますが、スムースなフォームでテンポよく140km台で押してこられちゃ、2軍では敵なしです。打撃技術は西武でも屈指とされる貝塚選手(今月4割打ってます)も、三浦投手に対してただ一人きちんとした打球を放ってた(二塁打と鋭い一ゴロ)大島選手(今月3割打ってます)も、あっさり凡退。こんな投手がなんで1軍に行かないのか。それはわかりませんが、これだから他球団に出せないんだろうな、ということはわかります。

●佐藤秀樹投手(西)
2回無安打無失点。140km直球と105km変化球のコンビネーションで無難に抑えました。

○西山一宇投手(巨)
2回1安打無失点。相変わらず凄いフォームです。140kmの直球はそんなに有効でないようでしたが、120km台の変化球で空振りをとります。もっとも、中島選手など一部の選手には簡単に粘られていました。



□小田幸平捕手(巨)
1回裏2死、貝塚選手の遊撃強襲打で2塁走者の大島選手が本塁に突入したとき、うまくブロックしたんですが大島選手と激突しました(腹に膝が入ったように見えましたが詳細不明)。小田捕手は本塁上でうずくまりその後肩車で退場したほどのダメージをうけたんですが、ボールは離しませんでした。もっとも、大事には至らず。その直後の2回表に打席に立ち、3ゴロ野選。これは本塁に突入した堀田選手と送球が重なったか、L細川捕手が落球してしまったものでした。

■中島裕之選手(西)
ヒットは出なかったものの、三浦投手から1四球。それにしても、スローイングがナチュラルシュートする。しかも少し沈む。左打者には有効そうな球、なんていってる場合ではない。そんなことより、彼のファウルボールは鋭いライナーになりがちなので、観戦の時は注意してください。

 主審村越さん、球審新屋さん、津川さん(あの、甲子園で打った人。審判2年目)。球場は両翼95m中堅121m、たいまつ状の照明あり。内野は土、外野は天然芝。ブルペンは屋内にあるらしい。抽選券が配られ、すいぶんたくさん景品が出てました。なお、試合開始直前に入った私の番号は2843だったから、観客3000人くらいでしょう。客は一塁側のほうが圧倒的に多かったですが、これは西武ファン、ということではなく、単に日陰だから、だったようです。


2002年 5月23日 イースタンリーグ 6回戦 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:NATSUさん(HP:LET'S GO TO BALLPARK!

ジャイアンツ球場 6回戦 13:00〜15:19(2時間19分)

 000 000 000  (H2,E1)
 200 002 00X  (H11,E0)

勝 真田(3-1) 負 江尻(1-1)

三塁打 堀田 二塁打 黒田 盗塁死 野中 走塁死 小田(F) 失策 江尻

審判 球審・敷田 一塁・牧田 二塁・濱野 三塁・深谷

真田…初回,いきなり先頭・野中を四球で出し,制球が定まらない立ち上がり。
   しかし,2番・石本の時,カウント1-3から野中が盗塁失敗。
   これで気分的には楽になったのでは。
   3回のピンチも好守備に助けられ切り抜けて,あとはノーヒット投球。
高橋憲…6回1死満塁で登板。左の高野を併殺打に打ち取る。
    続く7回も右3人をしっかり抑えた。

ファイターズ  数得安点  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
1 6 野 中 3010 四 球………左 安………………一ゴロ………………三ゴロ
2 8 石 本 3010 三ゴロ………右 安………………中 飛………………四 球
3 4 阿久根 4000 三 振………………二ゴロ………左 飛………………一ゴロ
4 3 西 浦 3000 ………遊ゴロ………中 飛………………四 球………投ゴロ
5 7 島 田 2000 ………三 振………四 球………………遊ゴ併………………
6 2 高橋信 3000 ………三 直………二ゴロ………………三 振………………
7 9 大 貝 3000 ………………三 振………左 飛………………二ゴロ………
8 5 小 田 2000 ………………死 球………三邪飛………………中 直………
9 1 江 尻 2000 ………………三 振………三 振………
  1 高橋憲 0000                   ………
  H 田中聡 1000                      遊ゴロ
  1 櫻 井 0000                         ………
      計 26020

        回数 者 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 江 尻 5.1 29 24  92 9 0 4 2 4 4
  1 高橋憲 1.2 4 4  11 0 0 0 0 0 0
  1 櫻 井 1  6 5  26 2 0 1 1 0 0

ジャイアンツ  数得安点  1  2  3  4  5  6  7  8 
1 8 山 田 4120 四 球中 安………三 振………左 安………中 飛
2 3 十川孝 5032 遊ゴロ投安失………遊ゴロ………左 安………左 安
3 9 高 野 4100 四 球三邪飛………………三邪飛二ゴ併………三 振
4 4 永 池 3000 四 球三ゴロ………………三 振………右 飛………
5 6 黒 田 4021 右 安………右 飛………左中2………遊 飛………
6 7 堀 田 4021 中 安………右中3………遊 飛………右 飛………
7 2 小 田 4110 二邪飛………遊ゴロ………………中 安………遊ゴロ
8 1 真 田 2000 二ゴロ………二ゴロ………………投 犠………四 球
9 5 川 中 3110 ………中 飛………遊ゴロ………四 球………右 安
      計 31565

        回数 者 数 投球 安 本 球 振 失 責
  1 真 田 9  31 26  121 2 0 5 6 0 0


2002年 5月22日 イースタンリーグ10回戦 ロッテ−湘南(浦和)報告者:最後のバッター豊さん(HP:東京都横浜市大洋町ベイスターズビル

 健一さん、ご無沙汰しております。今季もちょくちょくファームに足を運んでいたのですが、とてもコチラに書けるような観戦[5回から観に行ったり...。(^^ゞ]だったのでお邪魔しておりませんでした。
 今日は今季2回目の浦和球場に行ってきました。

まずはデータから
湘南シーレックス   000|010|000 1
千葉ロッテマリ−ンズ 011|000|00X 2

投手
シーレックス 鈴木健之(5回 1/3)→稲嶺(2/3)→前田(1回)
マリーンズ  薮田(8回 1/3)→高木(2/3)

スタメン ■シーレックス    ■マリーンズ
      8 田中 充    9 喜多
      2 鶴岡      4 丸山
      3 七野      DH 大塚
      7 古木       8 伊与田
      4 小川      3 里崎
      5 小田嶋     2 橋本
      6 福本      7 寺本
      9 南       6 今江
      DH 八馬      5 青野

 1回表:充 4球三振、全くタイミングが取れないようでした。鶴岡 ニゴロ、七野 右飛。初回の薮田投手の投球は何かを確かめるような感じで、球を置きにきていました。コントロールを重視しての登板だったのでしょうか?
 1回裏:喜多 三ゴロ、丸山 三振、大塚 遊飛。

 2回表:古木 左飛、小川 三振、小田嶋 三ゴロ。小川内野手を空振り三振に切って取ったスライダーは良かったです。
 2回裏:伊与田 左安、里崎 ニ併、橋本 右HR、寺本 投内安 すかさず盗塁、今江 三ゴロ。里崎選手のニゴロは小川選手の判断良く、伊与田選手にタッチしに行ったのですが避けたので1塁へ送球。結局伊与田選手は1〜2塁間に挟まれ併殺でした。

 3回表:福本 遊ゴロ、南 三振、八馬 三ゴロ。
 3回裏:青野 左飛、喜多 中安、丸山 遊安(2塁フィルダースチョイス)、大塚 中安(打点1)、伊与田 三併。

 4回表:充 投ゴロ、鶴岡 三振、七野 三振。この辺りから薮田投手はストレート主体の力で抑える投球に変わりました。
 4回裏:里崎 遊ゴロ、橋本 中飛、寺本 遊ゴロ。

 5回表:古木 中安、小川 遊ゴロ、小田嶋 中安(打点:1)。この際センターの伊与田選手のまずい守備もあり、一気に3塁へ。福本 初球を遊ゴロ、南 三振。
 5回裏:今江 三振、青野 一ゴロ、喜多 足首への死球、丸山 三邪。

 5回の死球により大幅な守備位置変更がありました。1番喜多→レフト 早川、2番丸山→センター 立川、伊与田→サード、寺本→ライト、青野→セカンド。

 6回表:八馬 中飛、充 中安、鶴岡 投併。
 6回裏:大塚 中安、伊与田 三振、里崎 四球。この際ワイルドピッチがあり、ランナー大塚は三塁へ。代打 辻 遊ライナー(福本選手ナイスプレーでした。)、寺本 ニゴロ。

 7回表:七野 三振、古木 三振、小川 中安、小田嶋 三遊間安、福本 遊ゴロ。
 7回裏:今江 ニゴロ、青野 中安、早川 三振、立川 三ゴロ。

 8回表:南 ニライナー、八馬 左飛、充 投ゴロ。
 8回裏:大塚 中飛、伊与田 三振、里崎 遊ゴロ。

 9回表:鶴岡 三ゴロ、七野 三振、古木 投ゴロ。

寸評:マリ−ンズ先発の薮田投手のピッチングだけが光った試合でした。現時点で1軍は両チームとも最下位なのですから、ファームの選手は今がチャンスだと思います。
 しかし(大洋ファンなのでシーレックスのみ言及しますが)、田中充・七野選手は全くタイミングが合わず大振りが目立ちました。上記2選手の他に鶴岡・南選手はなんだかやる気なさそうに、覇気が感じられませんでした。対照的に稲嶺投手はやる気が見えていましたので、ココが端境期なのではと思いました。
 いずれにせよあまりにも淡々と試合が進み過ぎ、特筆すべき事項はありませんでした。死球の喜多選手は途中交代しました。個所が微妙なだけに大事に至らなければ良いのですが...。


2002年 5月19日 イースタンリーグ 5回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

 5月19日(日) ファイターズスタジアム鎌ヶ谷のイースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−千葉ロッテマリーンズ 5回戦 は4−2で千葉ロッテが勝ちました。

                      H E
千葉ロッテ 020 101 000 ・・ 8 1
日本ハム  100 010 000 ・・ 5 0

○ 勝利投手 小 野   ● 敗戦投手 正 田
S  セーブ  礒
本  本塁打 平 井  2号 正 田A 2回1死 (千葉ロッテ)
       伊与田  2号 立 石@ 4回無死 (千葉ロッテ)



2002年 5月18日 ウエスタンリーグ 5回戦 サーパス−阪神(グリーンスタジアム神戸)報告者:kazunatumiさん(HP:阪神ファーム情報☆めざせ一軍・鳴尾浜☆

ちょっと遠征してきましたので・・・。
18日はGS神戸で圧勝、19日は甲子園で今季観戦初黒星。

5月18日(土)グリーンスタジアム神戸(阪神2勝1敗1分け)
阪  神 100 020 700 10
サーパス 000 000 020  2

(神)○カーライル(4勝1敗)、西川、藤川、加藤
(サ)●本柳(2勝3敗)、相木、ユウキ、川口
(本)沖原1号ソロ、平下1号2ラン、吉田浩1号ソロ、曽我部1号3ラン、
   竜太郎4号ソロ
(三)なし
(ニ)平下、沖原、葛城2

        打安点振球
(8) 高波  50000
(6) 沖原  53210
(4) 梶原康  40021
(5)エバンス 30001
 5  新井  10000
(9) 曽我部  41301
(3) 吉田浩  32120
 1  藤川  00000
 H  狩野  10000
 1  加藤  00000
(2) 矢野  20011
 2  中谷  10000
(D)3 喜田  42000
(7) 平下  42420

     打 安 点 振 球 
     37 10 10 8 4

盗塁:沖原 犠打:なし 失策:なし

      回 安 責 振 球
カーライル 6 3 0 9 0
西   川 1 1 0 1 0
藤   川 1 4 2 2 0
加   藤 1 1 0 1 1 

1回表(投:本柳)
高波:遊ゴロ、沖原:2-3から左中間最深部へ1号ソロ!梶原康:空振り三振、
エバンス:左飛(阪神1− サーパス)

1回ウラ(投:カーライル)
葛城:遊飛、牧田:見逃し三振、高見澤:中飛

2回表
曽我部:右飛、吉田浩:空振り三振、矢野:空振り三振(ちゃんと振れてる^^)

2回ウラ
久保:空振り三振、五島:中前安打、新井:空振り三振、玉木:二ゴロ

3回表
喜田:左前安打!、平下:空振り三振、高波:右飛、沖原:空振り三振

3回ウラ
上村:投ゴロ、竜太郎:三飛(エバンス、後ろ向きダイビングキャッチ^^)
葛城:右線二塁打、牧田:遊ゴロ

4回表
梶原康:投ゴロ、エバンス:三ゴロ、曽我部:三飛

4回ウラ
高見澤:右飛、久保:空振り三振、五島:見逃し三振

5回表
吉田浩:中前安打!、矢野:ラン&ヒット三ゴロ、一死2塁、喜田:投ゴロで
二塁走者吉田浩飛出し、2,3塁間狭殺、二死1塁、
平下:右スタンド中段へ豪快な2ラン!!、高波:左飛(阪神3−0サーパス)

5回ウラ
新井:空振り三振、玉木:二ゴロ、上村:見逃し三振

6回表
沖原:左前安打(ほんまはエラー)、梶原康:一ゴロで一死2塁、エバンス:三ゴロ、
曽我部:遊飛

6回ウラ
竜太郎:右前安打、葛城:投直、牧田:空振り三振、高見澤:見逃し三振
(カーライルは6回79球3安打9奪三振・無四球の完璧な投球。ストレートは
 141〜143q、矢野の好リードで直球主体にグイグイ!文句なし!)

7回表(投:相木、三:竜太郎、左:迎)
吉田浩:右中間最深部へ1号ソロ!、矢野:四球、喜田:右前ポテン安打で無死1,2塁
平下:右線2点タイムリー二塁打!!、(捕:高橋に交代)高波:遊ゴロ、
沖原:右越えタイムリー二塁打!(猛打賞!)梶原康:見逃し三振、エバンス:四球、
曽我部:左スタンド中段へ豪快な3ラン!!!、吉田浩:空振り三振(阪神10−0サーパス)

7回ウラ(投:西川、捕:中谷)
久保:空振り三振、五島:中前安打、新井:遊直、玉木:中飛

8回表(投:ユウキ)
中谷:二ゴロ、喜田:二ゴロ、平下:空振り三振

8回ウラ(投:藤川、一:喜田、三:新井)
高橋:145qアウトロー直球見逃し三振!、竜太郎:右越え本塁打、
葛城:右線二塁打、迎:中前タイムリー安打、高見澤:右前安打、
久保:右飛、五島:空振り三振
(藤川143〜145qのストレートオンリー、高めにいったところを痛打)
(阪神10−2サーパス)

9回表(投:川口)
高波:捕飛(フェアゾーンなのに走らず、怒ったら走り出した)、沖原:三ゴロ失、
梶原康:四球、新井:二飛、曽我部:死球で満塁、藤川の代打狩野:三ゴロ

9回ウラ(投:加藤)
新井:四球、玉木:空振り三振、高橋の代打深谷:二ゴロで二死2塁、
竜太郎:右前安打で新井本塁突入も曽我部の矢のような好返球に、
本塁間一髪アウト!!!お見事!(試合終了阪神10−2サーパス)


  ■掲示板@2軍愛■