【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 6月22日 イースタンリーグ11回戦 巨人−西武(三重県伊勢)報告者:健一

■イースタンリーグ 6月22日(土) 11回戦 川崎ジャイアンツvs所沢ライオンズ(三重県伊勢)

                      H E
所沢ライオンズ |000 001 000| 9 1
川崎ジャイアンツ|020 001 00X| 9 0

所:竹下潤(4回)−芝崎和広(2回)−内薗直樹(1回)−佐藤秀樹(1回)
川:真田裕貴(9回)

本塁打:高野忍4号(
芝崎和広

■所沢ライオンズ  打安点   ■川崎ジャイアンツ 打安点
(中) 佐藤友紀  400   (中) 山田真介  410
(二) 水田圭介  410   (三一)十川孝富  410
(一) 高木大成  420   (右) 高野忍   421
(左) 貝塚政秀  421   (遊) 黒田哲史  400
(右) 赤田将吾  420   (二) 永池恭男  220
(遊) 中島裕之  420   (左) 堀田一郎  310
(三) 平尾博嗣  300   (捕) 小田幸平  311
(捕) 細川亨   200   (投) 真田裕貴  310
 打  田原晃司  100   (一) 李景一   200
 捕  中嶋聡   100    三  大須賀充  100
(投) 竹下潤   100
 打  河田雄祐  100
 投  芝崎和広  000
 打  栗山巧   100
 投  内薗直樹  000
 投  佐藤秀樹  000
 打  中村剛也  100

         回打安責            回打安責
   ●竹下潤  41651      ○真田裕貴 93691
    芝崎和広 2821
    内薗直樹 1300
    佐藤秀樹 1420

□二塁打:貝塚政秀
□失 策:水田圭介


【大雑把な試合内容】
二回裏ライオンズ先発の竹下潤を攻め小田幸平のセンター前に詰まりながら先制の適時打、そして真田裕貴の遊ゴは併殺スリーアウトと思われたが、遊撃手水田圭介のボールが低く一塁手高木大成が捕れず(水田圭介に失策)・・・更に1点計2得点。六回表ライオンズは貝塚政秀の二塁打で1点返すが、その裏高野忍が二番手芝崎和広からセンターへの本塁打再度2点差。

ジャイアンツ先発ドラフト1巡目ルーキー真田裕貴は、9回には無死満塁、その他でも一死二三塁等々のピンチ等々ありましたが、低めを攻め外野にボールを運ばせず内野ゴロ、そして内外角へのストレートにスライダーのコンビネーションで大崩しませんでした。全体的にはテンポ良く、尚かつ力強く・・・高卒ルーキーらしからぬピッチングで完投勝ち!お見事!


【気になる選手達】

■真田裕貴(巨)
打者としても有望だった選手だけにマウンド上の体格は高校卒選手にしては立派な体格投球フォームは、立っている右膝がやや早く折れそこから前方に体重移動(主に下半身が主導)、ここから残った上半身を強引に引っ張る形。多少癖はあるが、腕の「振り」・「撓り」と高卒ルーキーらしからぬ逸材。

制球もそう悪くなく、何より
「テンポ」が良い。本日の球速は最速145km/hを表示、概ね140km/h強、終盤流石に130km/h後半も落ちる場面もあったが、力強さは落ちることなくスタミナ面も頼もしい。そのストレートは、シュート回転し右打者の内側を効果的に攻めていました、そして変化球は曲がりの大きいスライダー(カーブかなあ?)や落ちるボールとの緩急は、当に「実戦派」

本日の投球内容は、「9安打、1失点完投、奪三振13!」と打たれながらも打者を抑え付ける力投。高木大成から奪った三振は高めへのストレート、バットがボールの下を通過する空振り、次打者貝塚政秀には膝元に切れ込むスライダーとボール球で空振りを奪う打者もそのキレの良さを感じざるを得なかったかも知れません。

阿波野秀幸2軍投手コーチは「7月の連戦では先発の数が足りなくなってくる。当然『真田裕貴』も候補」と話す。先発もそうですが、中継ぎとしても重宝しそう。
先々を見据えてですが、先発の大黒柱というとりかはチームとして欠かせない「汎用性」のある戦力(前田幸長のようなタイプ)という位置付けになるではと個人的に感じています。#投げた後の身のこなしも良く、センスあり!


■高野忍(巨)
芝崎和広のインサイド高めストレートを器用に対応して(スムーズではなかったが、肘を畳みコンパクトなスイング)、打球は強風にも上手いこと運ばれてバックスクリーンへの本塁打。最終打席は、振り遅れたが三遊間を綺麗に抜く珍しい安打!?#変化球対応が毎度課題

当たれば打球はピンポン球のように飛んでいくのですが、タイミングの幅が「狭い」。甘めの球を中心に巻き込んで打つパワーは1軍クラス。。。その範囲も狭いんだ・・・そこを少しでも外れると陳腐な内野フライもあります・・・。スイング自体、振り幅が小さくコンパクトなものなのでそこら辺の対応力に期待!#現状はライトへの引っ張り専門。



■中島裕之(西)
一二塁間を破るライト前安打、そして引っ張りレフト前安打の2安打。一押しの逸材!

池山隆寛や石井浩郎に通じるのは
「リストの強さ」は特筆モノ。バットを上段に構え両肩を捕手側に強く捻りエネルギーを充填しているような構え。そこから左足を上げタイミングを計り、本人曰く「ガツン」というぐらいの力強いスイング!#毎度の事ながら惚れ惚れします(^^)

全体的には左方向にラインドライブが掛かった当たりが目立ちますが、右方向へはドラスイングということもあり以外と球が切れず、伸びがある。#その反面インサイド弱し、あと守備も。しかしこの
「打撃」は本当に楽しみ!


■中村剛也(西)
173cmと小柄な部類ながらその巨体は優に90kg強級。丸々肥えたといっていい感じかも知れません。しかしただのデブではない!@打撃に柔らかさあり。

9回裏二死満塁「西1−3巨」の場面で代打登場、真田裕貴の内側の真っ直ぐに対してボールを潰すようにフルスイング(詰まらせ気味の方があまり切れませんので)、打球はレフトポールを巻くようにも見えた場外弾!・・・見えた?そうなんです、大ファールでした。西武サイドも三塁審判に何度も確認、あわや「代打逆転サヨナラ本塁打」。。。その後何球か粘ったが、最後は外角に逃げるスライダーを追いかけ三振・・・試合終了


2002年 6月22日 ウエスタンリーグ 9回戦 阪神−広島(鳴尾浜)報告者:マリンライナーさん

由宇カープ    000000100|
鳴尾浜タイガース 01211000X|

由宇カープ   :大島崇行(4回)−筒井正也(2回)−天野浩一(2回)
鳴尾浜タイガース:川尻哲郎(5回)−原田健二(1/3)−川俣ヒロアキ(1回1/3)−
          山岡洋之(1回1/3)−伊達昌司(1回)

球審:吉本文弘: 一塁:土山剛弘 二塁:根本昌敏 三塁:嶋田哲也


■由宇カープ
        1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(左) 末永真史 三振  三振  二ゴ  
投  筒井正也
打  井生崇光             三振
投  天野浩一
打  石原慶幸                 左安
(中) 森笠 繁 右飛  三振    一直左安  右2
(一) 嶋 重宣 三振    右安  四球右安  遊ゴ
(三) 栗原健太   中安  一飛  中飛三ゴ
(右) 朝山東洋   三ゴ  三振  四球  三直
(二) 松本奉文   四球  二ゴ  死球  右飛
(遊) 甲斐雅人   三振    右飛遊ゴ  三振
(二) 倉 義和   三振    中安  左本  三ゴ
(投) 大島崇行     一ゴ  
打  鈴衛佑規         右飛
左  天谷宗一郎            二ゴ  三振


■鳴尾浜タイガース
        1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 狩野恵輔 四球三振  中安  捕飛  三振
投  伊達昌司  
(二) 梶原康司 中安  左飛四球  二ゴ
(左) 桜井広大 三振  左飛遊ゴ  中飛
投  山岡洋之
中  藤原 通
(三) 曽我部直樹左飛  左本  死球  三振
(遊) 沖原佳典   三ゴ左本  左安  三振
(右) 松田匡司   中本二ゴ  二ゴ  右2
(一) 新井亮司   三振  四球左犠
投  原田健二
投  川俣ヒロアキ
捕  中谷 仁             三振
(捕一)吉本 亮   左安  左飛中安    三振
(投) 川尻哲郎   四球  一ギ
打一 喜田 剛         一ゴ    中飛


>健一さん
阪神鳴尾浜球場へ行ってきましたよ!<
お疲れさまです(^^)by健一@管理人

ムーンライトながらと新快速をのりつぎで大阪入りしましたので、着いたのが10時ちょっと過ぎで、カープの選手が球場入りする時だったので、甲斐選手からサインもらいました。
練習をジックリ見ることができまして、一軍戦と好対照の試合展開でしたけど(笑)。以下印象に残った選手です。

■川尻哲郎(神)
5イニングを7奪三振!サイドから腕がよく振れていたし、3ボークはいただけませんが、安藤優也あたりと入れ替えも考えられます。

■川俣ヒロアキ(神)
浦和時代と変わらんやん(笑)

■山岡洋之(神)
CS中継での登板が多いのは気のせい?まったりとした雰囲気になりかかっていた試合をシャキっとさせました。極めつけは8回甲斐を見逃し三振に打ち取った瞬間です

■伊達昌司(神)
沖原のファインプレーに救われたものの、詰めが甘いぞ

■桜井広大(神)
PLから同時にプロ入りした今江敏晃と比較したくなりフリーバッティングではよく打球を飛ばしていましたが、実戦では惜しい当たり(あと少しで安打)がありました。

■曽我部直樹(神)
鳴尾浜の飛ばし屋の面目躍如か?3回のレフトへのホームランはドンピシャリ。5回の左肩直撃の死球はひやりとしましたが。

■沖原佳典(神)
鳴尾浜でなぜか人気を集めていた彼ですが、沖原ユニを着ていた親子連れがいたり、応援歌を口ずさんでいた女性ファンがいたりして、曽我部につづけてのホームランを打ったり、9回2アウト2,3塁から嶋のショートゴロ送球のファインプレーはすばらしかったです。

どうしても関本健太郎との競争になりますが甲子園でのプレーがみたいです。


■大島崇行(広)
4イニング4失点3被弾と意外と打たれやすいタイプ?

■天野浩一(広)
四国大学球界から初のプロ入りですが、2イニング5三振!ストレートの切れもよかったです。


2002年 6月22日 ウエスタンリーグ 9回戦 ダイエー−サーパス(雁ノ巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

神 戸 002 200 000 4
雁の巣 200 012 00x 5

神 戸 ●小林(7回)−牧野(1回)
雁の巣 ○永井(8回)−S鈴木(1回)

審判 球:飯塚 一:杉本 三:白井

永井、8回被安打11(奪三振9)も、何とか2勝目。
小林、7回避安打4と永井を凌ぐも、6回エラーに泣く(ノーヒットで逆転)。
サーパスはスタメン1〜4番まで新人。
野手スタメンは全員サーパス3年目以内の選手。

なお、明日(23日)は、雁の巣:杉内首痛のため神内、神戸:戎の先発のようです

詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。


2002年 6月22日 イースタンリーグ 7回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:よーこさん

延長11回 浦和 勝ち越し! R H E
浦和マリーンズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 6 6 2
鎌ヶ谷ファイターズ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 3

浦:小野晋吾(5回)−高木晃次(1回2/3)−5勝4敗10試合 渡辺俊介(4回1/3)
鎌:清水章夫(8回)−0勝1敗2試合 建山義紀(2回1/3)−山口弘佑(2/3)

本塁打:
小田智之7号(小野晋吾)、青野毅1号(建山義紀)、大村巌1号(山口弘佑


◆スタメン
■日ハム          ■ロッテ
打順  選手名   守備   打順   選手名   守備
1   原 田   7    1    今 江   6
2   石 本   8    2    ユウゴー  5
3   田中(賢) 4    3    酒 井   4
4   西 浦   9    4    佐 藤   7
5   小 田   5    5    里 崎   D
6   上 田   D    6    橋 本   2
7   田中(聡) 3    7    山 本   3
8   飯 山   6    8    早 川   8
9   荒 井   2    9    寺 本   9
P   清 水   1    P    小 野   1

勝利投手 渡辺(俊)
敗戦投手 建山

◆投手
日ハム 清水(8回)建山(2回1/3)山口(2/3)
ロッテ 小野(5回)高木(1回2/3)渡辺(俊)(4回1/3)

◆HR
日ハム 小田(ソロ)(2回)
ロッテ 青野(3ラン)(11回)、大村(ソロ)(11回)

◆エラー
日ハム 村西(11回)荒井(11回)小田(11回)
ロッテ ユウゴー(8回)丸山(10回)

【詳細】

1回表
今江   センター前2ベースヒット
ユウゴー 空振三振
酒井   ライトオーバー2ベースタイムリー
佐藤   セカンドゴロ ランナー3塁へ
里崎   ライトフライ

1回裏
原田   レフト前ヒット
石本   ピッチャーゴロ 2塁ランナーアウト
田中(賢)ファーストゴロ ランナースタート 2塁へ
西浦   ショートゴロ

2回表
橋本   空振三振
山本   ショートゴロ
早川   セカンドゴロ

2回裏
小田   ソロホームラン
上田   セカンドゴロ
田中(聡)見逃三振
飯山   ライトフライ

3回表
寺本   ショートゴロ
今江   ピッチャーゴロ?キャッチャーとお見合い 記録はヒット
ユウゴー ライトフライ
酒井   ショートゴロ

3回裏
荒井   見逃三振
原田   空振三振
石本   ピッチャーゴロ

4回表
佐藤   ライトフライ
里崎   セカンドゴロ
橋本   センター前ヒット
山本   キャッチャーフライ

4回裏
田中(賢)センター前ヒット
西浦   センター前ヒット エンドラン ランナー3塁へ
小田   サードフライ
上田   ショートゴロ ダブルプレー

5回表
早川   空振三振
寺本   セカンドゴロ
今江   ショートゴロ

5回裏
田中(聡)空振三振
飯山   ライト前ヒット
荒井   ショートゴロ 2塁ランナーアウト
原田   ライトフライ

6回表
ユウゴー 空振三振
酒井   センターフライ
佐藤   レフトフライ

6回裏
ピッチャー交代 小野→高木
石本   サードゴロ
田中(賢)空振三振
西浦   空振三振

7回表
里崎   空振三振
橋本   セカンドライナー
山本   ショートゴロ

7回裏
小田   空振三振
上田   空振三振
田中(聡)→中村
ピッチャー交代 高木→渡辺(俊)
中村   空振三振

8回表
西浦 ライト→ファースト
中村 ライト
早川   ファーストフライ
寺本   ショートゴロ
今江   空振三振

8回裏
飯山   ファーストフライ
荒井   空振三振
原田   サードゴロ悪送球 2塁へ
石本   ショート内安打 ランナー1塁・3塁
田中(賢)セカンドゴロ

9回表
ピッチャー交代 清水→建山
ユウゴー→丸山
丸山   空振三振
酒井   センターフライ
佐藤   見逃三振

9回裏
丸山→セカンド
酒井→青野→サード
佐藤→於保→センター
早川 センター→レフト
西浦   ライトフライ
小田   ショートゴロ
上田   空振三振

10回表
里崎→平井
平井   セカンドゴロ
橋本   センターフライ
山本→椎木
椎木   セカンドゴロ

10回裏
椎木→ファースト
中村   セカンドゴロ
飯山   センターオーバー2ベースヒット
荒井   セカンドエラー ランナー1塁・3塁
原田   空振三振 荒井盗塁で2塁へ
石本   ライトフライ

11回表
原田→村西→レフト
早川→信原
信原   レフトエラー 2塁へ
寺本   送りバント キャッチャー3塁へ悪送球 その間ランナー還り1点入る ランナー1塁
今江   レフトフライ
丸山   サードエラー ランナー1塁
青野   3ランホームラン
ピッチャー交代 建山→山口
於保   見逃三振
平井→大村
大村   ソロホームラン
橋本   空振三振

11回裏
信原→レフト
田中(賢)レフトフライ
西浦  サードゴロ
小田  ファーストゴロ


自分、スコアのつけ方知らないので球数は数えてません。なので、ピッチャーの投球回数は分かっても投球数は、分かりません。掲示板にも書きましたが、次からはこの文章を図にまとめるようにしますね。

どうもです!メールでの添付ファイルではお手数掛けてしまいました(汗)。よーこさんなりの観戦記で構いませんので、あまりご無理なさらぬよう重ね重ね御願いします。あんまり負担を掛けると試合を観戦すること自体が苦痛になりますから。

大事なことは生観戦・2軍戦中継観戦ならではの数字では図れないナニかを少しでも伝えられるか・・・だと個人的に思っています。感想印象なんかをお気軽に綴っていただければ皆さんも引き込まれるはず(^^)。by健一@管理人


【試合を通じての感想】
田口さんがダイエーに移籍し、高橋信二が一軍に上がったので誰が捕手として座るのかな?って思っていたら、荒井でした。
3回表の今江の内安打は、記録はヒットだったのですが清水と荒井のお見合いでした。声かけなくちゃ!、ですよね。
あまりバッテリー組んでいないから息が合わなかったのでしょうか。。。

その荒井が4回表、守備で魅せてくれました。山本のキャッチャーフライは、ロッテ側ベンチ前だったのですが見事なナイスキャッチだったのです!<滑り込んでよく取りました。

5回表の飯山のライト前ヒットは、寺本が、あと少しでファインプレーでした。ナイス、ファイト!!

6回表の酒井のセンターフライは、石本よく追いつきました!

8回裏、原田のサードゴロを、ユウゴーがファーストへ悪送球しました。続く石本のショートゴロを、今江が3塁に投げるか迷って結局どこにも投げられずでした。記録はヒットでしたが。しかし、エラーって連鎖反応するのですかね・・・。3つとも全て11回に起こりました。

村西は、守備で変わった途端、ですもの。いったんはグラブに入れたんですよ。なのに・・・。荒井はせっかくファインプレーで挽回したのに焦りましたかね。寺本の送りバント、3塁で刺せると思ったんでしょう。きちんと投げてれば、確かに刺せてたと思いますが。小田は、お手玉です。まさにこれは、連鎖反応かな?と思うエラーでした。2塁にいた寺本へ、建山が牽制したんです。誰がどう見ても、完全にアウトだったのに判定はセーフだったんです!!!

白井さんも抗議に出ましたが、判定覆らず。結構二軍って、あっさり覆るから期待したのですが。それで青野に3ランですものね。やってられません(泣)途中までは、とてもいい試合だったのに残念でした。あと、個人的に気になったのが、上田くんです。かなりなスランプです・・・。まったく打てず。なんでそんな球振るの??ってな感じでした。これじゃあ一軍どころか、二軍のスタメンも危ういです(泣)

あと二軍で気になってる選手は、飯山くん。守備が不安な彼ですが、今日はとても良かったです。3回良い守備をしました。抜けそうな当たりを取ってアウトにしたり、内安打になりそうなのを、きちんとファーストに投げてアウトにしたりと。随分、良くなりました。

しかし今日は日ハムが勝てる試合でした。相手からもらったチャンス生かせずという感じでした。残塁多いです。一回目のチャンスで、上田くんにまわりゲッツーでした。。。ロッテは、もらったチャンスでしっかり得点にしてました。その差が、出ました。

以 上


2002年 6月16日 イースタンリーグ 7回戦 ロッテ−西武(ロッテ浦和)報告者:マリンライナーさん

所沢ライオンズ|100402110|
浦和マリーンズ|200000001|

所沢ライオンズ:富岡久貴(4 0/3)−
竹内和也(2)−竹下潤(1)−福井強(1)−帆足和幸(1)
浦和マリーンズ:●井上貴朗(5 1/3)−高木晃次(2/3)−戸部浩(1)−田中良平(1)−
        長崎伸一(1)

◇所沢ライオンズ
(右) 河田雄祐 右安  左安四球    
打三 平尾博嗣           四球三振  遊ゴ 
(中) 佐藤友亮 投ギ  投ギ中2  三失  一ゴ三振
(指) 柴田博之 三ゴ  中飛遊ゴ  中犠  四球
(左) 貝塚政秀 左安  中飛  一ゴ投ゴ  四球
(三右)赤田将吾 三振    三振中飛  左本 ?
(遊) 中島裕之   左安  遊ゴ三振  三ゴ死球
(一) 中村剛也   四球  中安  中安中飛四球
(捕) 細川 亨   中飛  死球  ? 右安
打  栗山 巧               三振
捕  中嶋 聡   
(二) 水田圭介   二ゴ  右安  右安中安  三振
        1回2回3回4回5回6回7回8回9回

◇浦和マリーンズ
(一) ユウゴー 左安左失  二ゴ    二安  投ゴ
(二) 丸山泰嗣 一安中飛    左安  三振  死球
(三) 酒井忠晴 四球  右飛  二安  
走三 青野 毅             二飛  左安
(捕) 里崎智也 中飛  二ゴ  二併  中飛  右安
(左) 佐藤幸彦 中安  二ゴ  右安    
走中 於保浩己               三振
打  福澤洋一                 三振
(指) 大村 巌 右飛    左安
走指 山本保司         右飛    一ゴ三ゴ
(右) 喜多隆志 三振    二ゴ  二ゴ  中安
(中左)早川健一郎  右安  中安  三ゴ  右飛
(遊) 今江敏晃   三ギ  二飛  左飛    右2


■井上貴朗(ロ)…5回1/3 7失点はいただけません。4回途中までは良いピッチングをしていたのですが。
■田中良平(ロ)…コントロールの悪さが気になります。
■長崎伸一(ロ)…2三振は意外といいピッチングをしていました。
■酒井忠晴(ロ)…5回途中で退いたあたり、一軍復帰は…
■今江敏晃(ロ)…4回柴田のゴロを素早く三塁送球で佐藤友亮を封殺したのはすばらしかった。
■丸山泰嗣(ロ)…秋田で小林雅英が勝ち鬨をあげていたのと時を同じくして、右肩直撃のデッドボールは驚いたが、何事もなくほっとしました。

■平尾博嗣(西)…トレード早々のフェンス激突骨折から1年、リハビリの成果も出てきたようだが、まだまだみたいでした。
■赤田将吾(西)…高山久・大島裕行に遅れをとってしまったものの、レフトフェンスぎりぎりのホームランはお見事!
■中村剛也(西)…バットがよく降れていたで2安打はいい。
■細川 亨(西)…なぜか「MAYAMA 24」ユニ着用。

□本日のトンボ隊礒恒之、亮寛、信原拓人、富永旭、山崎貴弘、田中良平、長崎伸一

スコアに一部正確でない部分があるかもしれませんが、印象に残った選手は
上記の通りです。


2002年 6月16日 イースタンリーグ 8回戦 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/たださん(HP:私の秘蔵写真館

みつともさん編

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年6月16日(日)

  ペプシコーラ(株)協賛ペプシデー
  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−読売ジャイアンツ 8回戦
  日本ハム5勝3敗0分 (ファイターズスタジアム鎌ヶ谷) 13:30
  曇り 試合時間2時間52分 
  ◆球審:木 内 1塁:牧 田 2塁:佐々木 3塁:有 隅(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:及 川(セントラル・リーグ)

                       H E
巨  人 000 000 001 ・・ 1  4 3
日本ハム 000 200 010x ・・12 17 1

○ 勝利投手 清 水 2勝1敗  ● 敗戦投手  谷  6勝1敗
本  本塁打 小 田  5号 木 村A 8回無死 (日本ハム)
       上 田  1号 木 村@ 8回無死 (日本ハム)
       小 田  6号 木 村@ 8回2死 (日本ハム)
3B 3塁打 田中賢 8回1死 (日本ハム)
SB 盗 塁 大須賀 3回2死 (打者・十川孝) (巨  人)
 E 失 策  谷  4回2死 (2塁牽制悪送球)(巨  人)
       大須賀 6回2死 (小田三ゴロをファンブル) (巨  人)
       山 田 8回無死 (西浦中安をファンブル) (巨  人)
       山 地 9回無死 (堀田左飛を落球) (日本ハム)
   走塁死 高橋信 4回2死 (荒井右安で3塁狙い) (日本ハム) 
  盗塁失敗 加 藤 5回2死 (打者・大須賀は三振) (巨  人)
   暴 投 フリューリー 9回無死 (打者・高野) (日本ハム)
   後 逸 小 田 6回2死 (打者・上田は三振振リ逃げ) (巨  人)

(巨  人) 打線繋がり無く連敗。9回敵失からようやく1点が精一杯。高野1打点、黒田、
       永池、加藤、大須賀安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(8) 山 田 3 0 0 0 1 右邪    右飛       二飛    四球
(3) 十川孝 4 0 0 3 0 三振    三振       右飛    三振
(7) 堀 田 4 0 0 2 0 三振       左飛    見振       左失
(9) 高 野 3 0 1 1 0    二ゴ    三振       中直    左犠・
(6) 黒 田 3 1 0 0 1    左安    四球       二飛    中飛
(4) 永 池 4 1 0 0 0    二ゴ    左飛       中安    中飛
(2) 小 田 3 0 0 0 0    三ゴ       三直    二ゴ
(DH) 加 藤 3 1 0 0 0       三ゴ    左安       右飛
(5) 大須賀 3 1 0 2 0       右安    三振       三振
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁5 30 4 1 8 2  0  1  1  1  0  0  1  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 打線爆発!高橋信先制打、小田1イニング2発、上田今季1号、西浦、小田、
       高橋信3安打、田中賢3点打

        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7   8  8
(9) 大 貝 3 1 0 0 0 中飛    中安    二ゴ
 9  中 村 1 0 0 0 1                   三ゴ 四 球
(8) 石 本 4 1 1 1 0 見振    一ゴ    右飛    投犠 右 安・
 7  山 地 0 0 0 0 0 
(4) 田中賢 5 1 3 2 0 三振       二ゴ    三振 二ゴ 中越3・:
(3) 西 浦 5 B 1 0 0    遊ゴ    中安    三ゴ    中 安 右安・
 2  駒 居 0 0 0 0 0    
(5) 小 田 5 B 4 1 0    三振    左安    三失    右中本:右本:
(DH) 上 田 4 1 1 2 1    四球    三振    振逃    右中本・中飛
(2) 高橋信 4 B 1 0 0    左飛    中安・   中安    左 安
H 3 田中聡 1 1 0 0 0                          二安
(7) 荒 井 2 1 1 0 0       一ゴ 右安・
H 7 原 田 2 0 0 1 0                遊ゴ    三 振
H 8 村 西 1 0 0 0 0                          左飛
(6) 飯 山 4 2 0 1 0       中飛    見振    中安 中 安
     :             :  :  :  :  :  :  :      :
    残塁8 41 17 12 8 2  0  1  1  1  0  3  1      1
             ・は打点 見振は見逃しの三振 振逃は三振振り逃げ 8回は打者1巡
            
■西浦克拓1イニング2安打は、イースタンリーグ・タイ記録
            
■小田智之1イニング2安打は、イースタンリーグ・タイ記録
            
■小田智之1イニング2本塁打はイースタンリーグ・タイ記録


(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(巨  人) 谷4回2度の連打、6回途中降板2責点。林1回を無失点、木村大崩壊!
       1回を10安打3被弾10失点

 ●  谷    5 2/3 25  6   0   1   7   1
   柏 田     1/3  1  0   0   0   0   0
    林    1      4  1   0   0   0   0
   木 村   1     14 10   3   1   1  10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム)  流石は清水7回を4安打無失点好投で今季2勝目。山口1回を無失点、
        フリューリー失策から1失点も心配なし
 ○ 清 水   7     25  4   0   1   6   0
   山 口   1      4  0   0   1   2   0
   フリューリー  
 1      4  0   0   0   0   0

■試合内容
前日は茨城県・水戸市でのナイトゲーム、このカードが1試合分茨城県内で予定が立たなかった為、追加日程で日本ハムの本拠地・鎌ヶ谷で開催。日曜という事もあって開門前にはゲートに約300人程も並ぶ盛況振り。前日はサヨナラゲームで白星をモノにし、今日も連勝と行きたい日本ハム。対巨人戦は星一つリードしているがさらに差をつけられるか?通常より30分遅い試合開始時刻、空は梅雨の雲が厚く掛かっている中で試合開始。

日本ハムの先発は清水。巨人1回の攻撃は1番山田、0−1かに打ち上げたフライはライトファールゾーンへの切れて行くフライ。これを大貝が駿足飛ばして最後はスライディングで好捕!この大貝が後に悲劇に見舞われるとは予想する筈もない。2番十川孝は2−3からストレートに空振り三振。3番堀田、2−2から変化球に空振り三振で3者凡退。1回裏巨人の先発はここまで負けなし6勝と好調の谷、日本ハム1回の攻撃は1番大貝。1−3から打ち上げてセンターフライ。2番石本、2−3から変化球を見送るが見逃しの三振。3番先日から再びファーム降格となってしまった田中賢、しかしこれも緩い変化球に見逃しの三振でこちらも3者凡退。2回巨人は、4番高野から。その初球、打った瞬間にライトスタンド、ポールへの大飛球だったがファール。続く2球目も引っ張ってファールで2−0からの3球目を打ってセカンドゴロ。5番黒田、レフトやや左へのヒットで出塁。6番永池、打ってセカンドゴロ。黒田が打球を避けながら進塁しようとするが、これは田中賢が捕球して2塁送球でフォースアウト。ランナーが入れ替わって7番小田、ほぼベース上へのサードゴロで黒田が残塁。2回裏日本ハムは4番西浦から。2−0から打ってショートゴロ。5番小田、変化球に空振り三振。6番は肩のケガでファーム調整中もこの所指名打者での出場が多くなってきた上田。2−3から選んで四球で出塁、7番高橋信。打った瞬間はそのまま長打コースかという打球だったが、勢いが足りずレフトフライ。

3回巨人は8番加藤から、初球攻撃もボテボテのサードゴロ、小田が三・本間の中間程で捕球し1塁へ送球。微妙なタイミングになるがアウト。9番大須賀、流し打ちはタイミング充分でファースト右を鋭いライナーで抜けてライト前ヒット。1番に戻って山田、その初球に大須賀がスタートし山田もヒッティングに出るが打ち上げてしまいライトフライ。2番十川孝、その2−0から大須賀がスタート。高橋信が2塁送球もショート方向に逸れてしまいセーフで盗塁成功。2死2塁となったが続く投球を十川孝が空振りして三振。3回裏日本ハムは8番荒井からの攻撃。初球打ちはファーストゴロ。9番飯山、2−1から打ってセンターフライ。1番に戻って大貝、ピッチャー返しを放つと谷がグラブにこれを当てるが打球の勢いが勝っており、センター前ヒットに。2番石本、先程は巨人が「足」技で来たが今度は日本ハムもスタート。石本が打って打球はセカンドのいい位置に転がったが、勢いが弱すぎて平凡なセカンドゴロ。4回巨人は3番堀田から。高く打ちあがったフライはレフト荒井への打球、やや左中間方向へ移動して捕球。4番高野、2−0から高目のストレートで三振。5番黒田、1−3から低目のストレートを見送って四球で出塁。6番永池、初球打ちは打ち上げてレフトフライ・・だがショートの飯山も全力でレフト方向にこれを追う。しかし捕球寸前になってレフト荒井に譲って荒井が捕球して黒田残塁。4回裏日本ハムは、ここまで変化球ほ決め球に抑えられていた谷を攻める。3番田中賢から、1−2から打ってセカンドゴロ。4番西浦、打ってショート黒田が横っ飛びも捕球できずセンター前ヒット。続く小田もレフト前ヒットで続いて連打。1死1、2塁として6番上田。しかしここは三振。7番高橋信の時に谷が2塁へ牽制球を投じると、これほベースカバーの黒田か取れずボールはセンター前へ。この間に西浦が3塁へ進む。そして高橋信はセンター前ヒットを放って先制タイムリーで日本ハムが1点をリードした。さらに2死1、2塁となって8番荒井。引っ張った打球は1、2塁間を抜けてライト前ヒット。このヒットで小田が生還して2−0としたが、1塁ランナーの高橋信が一気に3塁も狙う!しかしこれは小田から3塁に送球されてタッチアウト。5回巨人は下位打線からの攻撃7番小田から。打った瞬間に抜けるか?という鋭いライナーだが、日本ハム・小田がこれを捕球。8番加藤、ショート左への打球に、ショート飯山が横っ飛びも捕れずレフト前ヒット。9番大須賀、2ストライクから加藤がスタートしてエンドランを仕掛けるが、大須賀は高目のストレートに空振りの三振、加藤も2塁タッチアウトの盗塁失敗で3人で攻撃終了。5回裏日本ハムは9番飯山から。2−0からストレートを見逃しの三振。1番に戻って大貝はセカンドゴロ。2番石本、引っ張るがライトフライで3者凡退。

6回巨人は1番から、山田。1−0から打ち上げると打球はライト前方に飛ぶ。しかしセカンド田中賢がこれを追っており捕球。2番十川孝、ここで「大事件」が発生する。十川孝の放った打球は、ライトへ一直線の鋭い当り!これに大貝が駿足を飛ばして背走、フェンス僅か手前で見事なファインプレーで捕球!ところが、余りにもフェンスが近かったのか、そのままスピードが全く減速されないまま、顔面からフェンスに直撃!あまりに激しく激突した為、野手がバッテリーを残して全員ライトへ集結。同時に首脳陣もダッシュでライトへ走ると、直に担架を要請するゼスチャーが出される。激痛に顔を歪めながら負傷退場する大貝に巨人サイドの観客からも拍手が起きる。大貝はそのまま、救急車で病院へ直行。ライトに中村がスタンバイして入る。3番は堀田、2ストライクからの内角球に仰け反って避けるがストライクのコールで見逃しの三振。6回裏日本ハムは3番田中賢から、ストレートに空振り三振。4番西浦、2−3から打つも引っ掛けてサードゴロ。5番小田、サード前へのボテボテのゴロだが、これにバウンドが合わなかったのか大須賀がこれを弾いてしまいエラー。6番上田。2ストライクから空振りで三振だったが、この投球を小田が後逸してしまい振り逃げ成功で2死1、2塁と野手のミスで日本ハムが追加点のチャンス。7番高橋信はセンター前に弾き返して満塁とチャンス拡大。ここで巨人は先発の谷を諦めて2番手に柏田を送る。左投手に代わった為日本ハムは代打を起用、原田が告げられる。しかし打ってショート前への弱いゴロで3者残塁。7回巨人は、4番高野から、打って鋭いライナーがセンター前へ飛ぶ、石本が前進してきて最後は飛びついて捕球、一回転して起き上がるファインプレー。5番黒田、低目の投球をアッパースイングで打つが打ちあがってしまいセカンドフライ。6番永池、やや詰まりながらもセンター前に運んでヒット。7番小田、打って転がった位置はセカンド横の無人地帯だったが、打球に勢いがなくセカンドゴロ。7回裏から巨人は3番手に林をマウンドへ。日本ハムこの回の攻撃は9番飯山から。やや詰まった打球だったがセンター前ヒット。1番に戻って負傷退場の大貝に代わってライトに入っている中村豊、サード前へ送りバントを試みるが、これは勢いが付き過ぎておりサード大須賀が捕球して2塁へ送球してフォースアウト。2番石本、これも送りバントだが、今度は巧いバント。石本が自慢の駿足で1塁に駆け込むと、セーフにも見えたが判定はアウト!これに珍しく石本が抗議、バントの仕草までして1塁塁審・牧田に詰め寄ると白井監督も登場。しかし判定は変わらず。2死2塁となって3番田中賢、引っ張るがセカンドゴロで中村残塁。8回から日本ハムは、ここまで僅か4安打完封ペースの清水に代えて2番手マウンドに山口を起用する。巨人この回の攻撃は8番加藤から、初球打ちもライトフライ。9番大須賀、2−2から変化球に空振り三振。1番に戻って山田、2−3から高目のストレートを見送って四球で出塁。2番十川孝、2−1から1塁ランナー山田がスタートするが空振り三振。

そして8回裏巨人は4番手マウンドにベテラン木村を投入するが、これが誤算所の騒ぎではなくなってしまう。日本ハムこの回は4番西浦から、打ってセンター前にヒット。しかしこの打球をセンター山田が弾いてしまい西浦は一気に2塁へ到達、ワンヒットワンエラーで無死2塁と追加点のチャンスに続くは5番小田。前日水戸でサヨナラホームランを放っているが、ここでも再現!打った瞬間に右中間スタンドに届く打球は第5号ツーランホームランで4−0と差を広げる。続くは肩のケガで指名打者での出場が続く上田、しかし打った瞬間にホームランと分る一撃は前の小田とほぼ同位置へ、今季第1号ソロホームランで1点を追加、これで完全に「お祭り開始」となる。7番高橋信もサード左を鋭く抜けるクリーンヒットで出塁。8番原田は3球三振してしまうが、9番飯山。センター前に打ち返して1死1、3塁とチャンスを作り続ける。1番に戻って中村豊、2ストライクに追い込まれてからファールで粘る事数球、最後は四球を選んで出塁。1死満塁となって2番石本。引っ張った打球はライト前に落ちてタイムリーヒット、6−0とする。さらに3番田中賢の時にはここまで当っていない、田中賢対策で巨人内野陣が前進守備。しかし田中賢も皆に続けとばかりに強振する。打球はセンターの頭上を一瞬で越えてボールがフェンスに到達、3者が生還して3点タイムリースリーベースでこの回7点目、9−0と「釣瓶打ち」が止まらない。1死3塁に変わって打順が1巡して4番西浦、すると今度はライト前に弾き返してタイムリー、10−0と試合を決定づける。そしてこの回の前の打席でホームランの小田、何と今度もフルスイング一閃はライトヘ一瞬でホームランの打球!第6号ツーランホームランでこの回10点目、12−0とお祭りが止まらない。こうなると期待は続く6番上田、1イニングに同一選手で2者連続ホームラン2度となると、記録になる・・果たして打球は大歓声と共にセンターやや左への大きい飛球、しかしほんの数メートルと前で失速してセンターフライ。しかしホームランとも劣らない打球。7番高橋信に代えて代打は田中聡、打った打球は完全に詰まった打球だったが、これが勢いというモノなのかセカンド永池が捕球して1塁送球もセーフで内野安打。8番原田に代わって代打は村西、しかし打ち上げてしまいレフトフライで漸く長い攻撃が終了した。12点リードの日本ハムは守備陣を大幅に「緩める」。代打の田中聡がそのままの入ってファースト、ファーストの西浦に代わって駒居が入りキャッチャー、同じく代打の村西がそのまま入ってセンター、センター石本に代わって山地が入りレフト。ピッチャーが3番手フリューリーに交代。9回巨人の攻撃は3番堀田から、打ち上げてレフトフライ・・しかし「代わった所にボール飛ぶ」とは誰が言ったか、山地がこれの落下点に入ろうとする。しかし落下点が定まらずファールライン際まで来たと思ったら、突如内側に方向を切り変える。フラフラと迷走して最後はグラブに掠らずに落球しエラー。まさか、この一打でフリューリーが・・切れるのも頷けるか4番高野への初球、駒居が飛びついても届かない様な暴投で無意味にランナーを3塁に進める。無死3塁で高野がタイムリーでも放てば・・という場面だったが打ち上げてレフトフライ。今度は山地がしっかり捕球して、堀田がタッチアップ。山地が汚名返上を狙ってか一人でバックホームするが、ホーム左に逸れてセーフ巨人が1点を返して12−1とした。しかしフリューリーはここから、黒田、永池を続けてセンターフライに打ち取って試合終了。

大貝のケガの容態が心配されるが、試合直後の球団関係者の話ではヒザ・じん帯に損傷はない模様。しかし試合終了後に病院から帰ってきた大貝は、右足が地面に付けないほど負傷している様子。俊足あってのファインプレーが大きな代償を払ってしまったが、早期の回復を期待。打線は悪夢を振り払うかの如く、8回に爆発。小田の2本塁打、西浦の2安打などは、イースタンリーグタイ記録。投げては先発清水が4安打無失点の好投で全くピンチなし。2番手山口も2三振無失点と好投で大勝した。■試合終了時刻16:22


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

たださん編

6月16日(日) イースタンリーグ ファイターズ−ジャイアンツ(鎌ヶ谷)

 000 000 001=
 000 200 010X=12
(勝:清水 負:谷)

8回表までは緊迫した投手戦であったが、8回裏に登板した木村龍治(G)が大乱調。
小田、上田に連続HRを浴び、さらに打順一巡して再び小田がHR、
続く上田も「あわやHR」という大飛球。この回だけで10失点。

この試合、
加藤健捕手(G)が8番・DHでスタメン出場♪
第一打席はボテボテの三ゴロ。
第二打席でレフト前ヒット。
第三打席はライトフライの合計3打数1安打。

ちなみに
富樫和大投手(F)は、登板は無かったものの、
ブルペンでかなり本格的な投球練習をしていました。もしかしたら実戦登板も近いかも。

それから、
大貝康輔(F)が、ライトの守備でフライを捕球した際、勢い余ってフェンスに激突。
担架で運ばれていくというアクシデントも・・・
こちらの方はちょっと心配です。


2002年 6月15日 イースタンリーグ 7回戦 日本ハム−西武(水戸)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年 6月15日 日本ハム−巨人 7回戦

F水戸市民(日本ハム4勝3敗)

 巨  人 100 000 100│
 
日本ハム 001 100 001X│
 
 勝 櫻 井 1勝1敗0S 登板14
 負 石 川 2勝2敗0S 登板11
    
 【巨人】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 山 田 530 三ゴ    投ゴ    右安    左2    中3
  D3十川孝 410 左安    投ゴ    一邪    投選    投ゴ
  F 堀 田 511 ニゴ    遊安    ニゴ    遊併    空振
  H 高 野 310 中飛    四球       遊ゴ 左2     
  E 黒 田 400    右直 遊ゴ       三邪 遊ゴ      
  D 吉 永 420    中安    ニゴ    右安    三飛 
  C 永 池 300    一ゴ    中飛    四球    見振 
  A 小 田 420    遊ゴ    左安    遊安    遊ゴ
  B  李  310       中安    見振 遊ゴ        
  5 大須賀 100                         捕邪
  犠盗失併残─────
  020110 36111

      回   打安振球責
  真 田 6   246412
  鴨志田 1   41000 
  石 川 10/3  41101

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 原 田 300 ニゴ    死球    ニ邪    左飛  
  6 飯 山 000     
  G 石 本 410 右安    左飛    左飛       三飛   
  C 田中賢 410 空振    中安    右飛       一ゴ
  B 西 浦 411 遊ゴ    左2       遊ゴ    空振 
  D 小 田 411    遊飛 右飛       一ゴ       中本
  A 高橋信 321    右2    左本    一ゴ     
  D 上 田 310    見振    ニゴ       右安    
  H 中 村 200    見振    中安       捕犠   
  E 野 中 200       捕邪 見振
  H7大 貝 100                   左飛      
  犠盗失併残─────
  10015 3083

      回   打安振球責
  江 尻 6    278121
  伊 藤 1    52001
  山 口 11/3  51100
  櫻 井  2/3  20100 
  
  本塁打  高橋信(日)3号@ (4回 真田)
       小 田(日)4号@ (9回 石川 サヨナラホームラン)
  三塁打  山 田(巨)    (9回 山口)
  二塁打  高橋信(日)    (2回 真田)
       西 浦(日)    (3回 真田 タイムリー)
       山 田(巨)    (7回 伊藤)
       高 野(巨)    (7回 伊藤)
  犠 打  十川孝(巨)     (7回 2塁走者山田が三進 
                    伊藤の野選により十川孝も一塁生存)
       中 村(日)    (7回 1塁走者上田が二進)
  盗 塁  石 本(日)    (1回 ニ盗成功 捕手小田 打者西浦)
       山 田(巨)    (5回 ニ盗成功 捕手高橋信 打者堀田)
  盗塁死  小 田(巨)    (4回 ニ盗失敗 捕手高橋信)
       中 村(日)    (4回 ニ盗失敗 捕手小田)
  暴 投  江 尻(日)    (1回 1塁走者十川孝が三進)
  野 選  伊 藤(日)    (7回 十川孝 無死2塁 投前バントを3塁に送球)
  併 殺  巨  人     (4回 野中 1死1塁 野中が三振し、中村が2塁憤死
                    三振ゲッツー)
       日本ハム     (7回 十川孝 1死1、3塁 野中−田中賢−西浦) 
      
  球審:有隅 一塁:上本 二塁:牧田 三塁:木内 公式記録:新向井  
  時間 3時間09分(降雨中断を含む)


■試合経過&得点経過
  1回表(巨) 先頭の山田が三ゴロに倒れるも、二番の十川孝が三遊間を破り、1死1塁。
        三番の堀田への初球に江尻が暴投、高橋信がボールを見失っている間に十
        川孝は一気に3塁へ、1死3塁。堀田の2ゴロ(セカンド田中賢のファイ
        ンプレー)の間に3塁走者十川孝がホームイン、巨人1点目。
  2回裏(日) この回の日本ハムの攻撃開始時から雨が降り始め、上田が見逃し三振に倒れ
        たところで、降雨中断。19:00プレー再開(20分程度の中断)。
                             ↑
               雨から逃げるので時計を見ていませんでした。スミマセン。
  3回裏(日) この回先頭の野中が捕邪飛に倒れるも、一番の原田が死球で1死1塁。二番
        の石本がレフトフライに倒れるも、三番の田中賢がセンター前で2死1、2
        塁。四番の西浦の三塁線を破るツーベースで2塁走者原田がホームイン、日
        本ハム1点目。
  4回裏(日) この回先頭の高橋信が外角の変化球に泳ぎながらもレフトオーバーのホーム
        ラン、日本ハム2点目。
  7回表(巨) この回先頭の山田が左中間を破るツーベース。二番の十川孝の投前バントを
        伊藤が3塁へ送球(フィルダースチョイス)、無死1、3塁。三番の堀田の遊
        ゴロ併殺打の間に3塁走者山田がホームイン、巨人2点目。
  9回裏(日) この先頭の小田が1−1からの3球目を右中間に鮮やかなサヨナラホームラ
        ン、日本ハム3点目。

■戦評
 2回裏に降雨による中断があるも、無事に試合は9回まで行われた。
 また、地元の水戸短大付出身の鴨志田に大きなX2声援が送られていた。
 両チームともノーエラー。


■選評
 鴨志田(巨) 試合前のセレモニーでの水戸市長から淡口監督へのお願いが実り(?)1イニン
       グの登板。先頭の上田にヒットを許すも後続を断ち、凱旋登板は無事終了。球
       速が速く日本ハム打線を詰まらせてはいたが球質は軽い印象。
 吉 永(巨) 2安打は共に鋭い打球で野手の間を抜いていくもの。オリックスへの移籍の話
       はどうなったのでしょう?
 石 川(巨) 小田に被弾するも、8回は7球で三者凡退に仕留める。今日はストレート、変
       化球のキレとも申し分のない投球。ただ、小田は勝負強いバッターなので、も
       う少し注意が必要だったかも。もちろん、捕手の小田にも言えることだが。

 
野 中(日) 4回1死1塁の場面で打席に立ち、2−3のカウントから見逃し三振に倒れ、
       スタートを切っていた中村が2塁で憤死してしまう。せめて空振りでもバット
       を振り、走者を助けるプレーが必要。ただ、守備は無難にこなし合格点。
 
伊 藤(日) ストレートは走っていたが、変化球が全くダメで試合を振り出しに戻してしま
       った。良い日と悪い日がはっきりしすぎている。
 
山 口(日) 石川(巨)と同様に8回は7球で三者凡退に仕留める。シーズン当初は三振は取
       れるが点は取られるという投球内容だったが、最近は中継ぎとして安定感がピ
       カイチ。立ち上がりから全力で行けるので、押さえとしての起用も面白いかも
 
 おまけ
 
小 田(日) 3塁後方のファールフライを取りに行ったときに3塁塁審の木内さんと衝突し
       脳しんとうを起こしてしまう(木内さんは無傷)。白井監督も飛び出したが、サ
       ヨナラホームランを考えると替えなくてヨカッタ!


2002年 6月15日 ウエスタンリーグ 8回戦 ダイエー−近鉄(雁ノ巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

藤井寺 000 004 100 1 6
雁の巣 003 000 020 0 5

藤 宇高(5回)−佐藤(1/3)−藤崎(1回2/3)−石毛(1回)−○盛田(1回)−有銘(1/3)−S近藤(2/3)
雁 杉内(6回)−養父(2回1/3)−●松(2/3)−吉武(1回)

HR バークハート(3ラン・宇高)

杉内俊哉、5回までノーヒットも、6回5安打集中4失点
石毛博史、相変わらずのハラハラ劇場
延長戦、
野々垣武のトンネルが勝負を分けた
最後は昨夏の甲子園優勝投手、
ルーキー近藤一樹が締めた


2002年 6月14日 ウエスタンリーグ 6回戦 阪神−サーパス(鳴尾浜)報告者:ギンペーさん

今日鳴尾浜にて行われた
阪神サーパス戦を観戦してきました。
スコアブックはつけていないのですが、4-2で阪神の勝利。
勝ち投手は藤川で、7回を2失点でした。
負け投手は小林宏で、6回に集中打をくらってKO、4失点。
気になった選手を挙げておきます。

◎阪神

■藤川球児(神)
いつも通りストレートが走って、緩急もつけて、結果7回を2失点。7回は、ランナー2人を背負って牧田にスリーベースをくらっての失点。それ以外はほぼ安心して見ていられましたが、気になったのは、先発のうち半分以上がルーキーのサーパス(早川・牧田・後藤・板倉・庄司)を抑えるのは、上を狙うなら当然ですが、1軍選手の塩崎に簡単にライト前に痛打されていたこと。

また、牧田に打たれたスリーベースもそうだったのですが、カウントが苦しくなって、球を置きにいったようなときに、少し腕が低い位置から出るように感じました。これが本当だったら、悪いクセは直さないといけないと思います。あとは、ストレートで三振をとっていたし、貫禄の投球だったでしょうか。

■山岡洋之(神)
藤川の後を受けて登板も、最初の打者を四球で歩かせ、次の打者にヒット。どちらも右打者(塩崎・上村の3・4番)。まだ去年の方が球威があった気がします。このオフに整理対象かな…。今年は先発も無いみたいだし。

■吉野誠(神)
下にも挙がってましたが、今日も投げました。
確かに、uerokuさんのおっしゃってるようにサイドというよりスリークォーターかな?
後藤の打席でワンポイントかな?と思いきや、そのまま試合終了まで2回を投げきりました。

投球練習を見ていると、縦のスローカーブも投げている模様。結果、後藤の送りバントを、捕手中谷の好指示でサードで封殺し、次の迎を併殺に切ってとり、最終回も3人で片付けるという安定した内容。球威はオーバースローの時よりも感じますが、サイド特有のもので、球威が増したように感じるだけかもしれないので、ちょっとよく分かりません。まだ制球が不安定なのと、変化球を磨いてほしいですね。期待しています。

■沖原佳典(神)
1番ショート。2安打で気を吐く。でも、特徴の無い選手に映るのは僕だけ?
守備もよく、ヒットもファームレベルなら出る。そこそこ足も速い。飛びぬけたものがほしい。ソツの無い選手だけど。

■田中秀太(神)
2番サード。送りバントを決められず、後ろの席のオッサン達が「だから上に定着できんのや」って言ってた。その通り。一応、0-0の均衡を破るタイムリーツーベースを放つ。

■松田匡司(神)
田中タイムリーのあと、センターへの犠牲フライ。
今日は4タコで、ほとんど外野フライだったけど、風が強くて押し戻された感あり。でも、どんどん小ぢんまりとしていってるのは心配しすぎか。そうでなければいいけど。

■曽我部直樹(神)
松田犠牲フライのあとレフトへの2ラン。でも、ヒットが出ないんだよな〜。

■喜田剛(神)
ライト前ヒットあり。もっとキレを出さないと…。桜井も同じ。キレ・スピード不足。


続いてサーパス。

◎サーパス

■小林宏(サ)
あのオマリーとの名勝負の彼はいったいどこへ…
6回に乱れる前は万全の内容だったけど、今の鳴尾浜タイガース打線が相手では当たり前だろう。上は先発投手が欲しいところだからチャンスはあるのに…

■岩下修一(サ)
復活の彼だけど、球威はありそう。ワンポイントで上にお呼びがかかるでしょう。吉田浩の背中に初球デッドボール。ヒロシの打席はこれ1回。ああ浩。鳴尾浜では人気者。

■牧田勝吾(サ)
タイムリースリーベースも良かったけど、守備がきびきびしてていい感じ。上は内野手に決定的な人がいないから、チャンスは多いと思うので頑張って欲しい。

■塩崎真(サ)
藤川の高めストレートを簡単にライトに流し打ち。うまい。ケガしてたのかな?でも実戦に出てるんだし、1軍復帰はもうすぐでしょう。

■上村和裕(サ)
彼がサーパスで一番良かった。肩がかなり良さそうで、送球がピンポイントで速い。セカンド送球の際も、テークバックがきれいで、中谷の比じゃない。高卒2年目にしてファームの4番を打つセンス。今日もヒット1本。

■板倉康弘(サ)
左投左打か…。スピード不足。藤川のストレートが見えるようにがんばりましょう。

■庄司大介(サ)
藤川に3球三振を喫する。打順も小林の後の9番。がんばれ!

■相木崇(サ)
去年見たときは、ボッコボコに打たれているのしか記憶にないけど、なんだかストレートが速くなったのか、キレが増したのか、岩下のあとをなんとか0に抑えました。もっと体全体の力が球に乗るといいんだけど、下半身と上半身が完全に連動していないというか、ちょっとしんどそう。ヒジとか壊さないか心配だけど、確実にステップアップしてると思う。


記憶を辿って書いてるので間違いがあるかもしれないので、その点はご了承下さい。3時半から日本−チュニジア戦があるからか、初めから観客は少なめでした。5回を終わって帰る人もけっこういたし。でも、試合はキッチリ3時過ぎに終わりました。
長くなりましたが以上です。


2002年 6月12日 ウエスタンリーグ 6回戦 近鉄−阪神(藤井寺)報告者:健一

■ウエスタンリーグ 6月11日(火)藤井寺バファローズvs鳴尾浜タイガース(藤井寺)

▲5回裏二死降雨コールドゲーム R H E
鳴尾浜タイガース 1 0 0 2 0 3 5 1
藤井寺バファローズ 0 2 1 1 2x 6 8 0

鳴:カーライル(3回1/3)−山岡洋之(1回)
藤:高木康成(5回)

本塁打:
沖原佳典3号(高木康成)、広澤克実2号(高木康成)、吉川元浩7号(カーライル


■鳴尾浜     打安点 1回 2回 3回 4回 5回
(中)狩野恵輔  300 三振    遊ゴ    三振
(二)斉藤秀光  210 三振       右2 四球
(遊)沖原佳典  321 右本・      遊ゴ 中安
(三)曽我部直樹 300 三振       投ゴ 三振
(指)広澤克実  212    ニゴ    左2:
(左)桜井広大  100    遊ゴ    四球
(右)松田匡司  210    投ゴ    二安
(一)新井亮司  200       三振 投ゴ
(捕)中谷仁   200       三振    ニゴ

■藤井寺     打安点 1回 2回 3回 4回 5回
(中)森谷昭人  310 ニゴ    一安    三ゴ
(遊)山崎浩司  210 遊ゴ    投犠    右2
(二)武藤孝司  310 三飛    一ゴ    一安
(三)山下勝己  321    中安 遊ゴ    中2・
(指)星野修   200    中飛    中飛
(一)吉川元浩  221    右安    左本・
(右)牧田明久  111    左2・   死球
(左)中濱裕之  101    右犠・   投併
(捕)高塚信幸  200    左飛       三振


■鳴尾浜    回    安  振  四死  責
カーライル (3回1/3) 5  0   0  4
 山岡洋之  (1回1/3) 3  1   1  1

■藤井寺    回   安  振  四死  責
高木康成  (5回)   5  7   2  3


【大まかな得点経過】
一回表初回連続三振で好調な立ち上がりの高木康成から沖原佳典がライト席に飛び込む先制本塁打。二回裏山下勝己吉川元浩のエンドランで一死一三塁の好機を作り牧田明久が左翼左への二塁打で同点、更に中濱裕之がライトへの犠牲フライで逆転。三回裏には二死三塁の場面で鳴尾浜先発のカーライルがボーク(セットがやや微妙でした)で追加点。
四回表
斉藤秀光の長打そして広澤克実の一発で一気に同点。しかし四回裏には吉川元浩が勝ち越しの本塁打、更に五回裏二番手山岡洋之から山崎浩司武藤孝司山下勝己の連打で2点を加えた。

という展開でしたが、ここで激しい降雨により一時中断の後コールドゲームと相成りました(試合中から徐々に雨足は強くはなってはいました)。


【気になる鳴尾浜タイガースの選手達】

■カーライル(神)
130km/h中盤〜後半のストレートも指に掛かってキレは良さそう。持ち味の緩急も良かったと思いますし。ただし組立は単調で、1軍を想定するとずば抜けた存在の助っ人という訳ではなさそう、強いて言うなら2勝3敗ペースか!?<これならまずまずか(笑)

三回裏に二死三塁でボーク(微妙でしたな・・・しかしカーライル納得いかず)をやらかしたり、その後吉川元浩の一発後のボールの判定に怒り、仕舞には白井一行球審に暴言を吐き退場とムラッ気のあるところを露呈していました。中谷仁との呼吸もあまり合っていなかったかも知れません。

結果はさておき内容としては可もなく不可、、、いや不可の部類でしょうか。好調時のストレートではありませんでした。良いときのストレートはもっと球速もあり打者の手元で伸びているはず(先日の試合ではもっと速かったですし、雨天の影響もあったと思います)。今直ぐはないでしょうが、バルデスがどうにも機能しなくなった時の保険の一つなんでしょうかね。因みにハンセルは昨日(6月11日)腰部の精密検査の為米国へ帰国とのことです、なお再来日は未定・・・この未定が怖いね、好調同士ならハンセルを推したいところです、もしもの時ですが。


■山岡洋之(神)
カーライルの突然の退場で急遽登板。いきなり死球スタートでしたが、中濱裕之を変化球でタイミングをずらし投手ゴロ、併殺完成。降雨コールドとなる五回裏も連打を喰らうなど打者を攻めきれず。毎回同コメントですが、スリークォーターから両サイドを突く丁寧な投球が持ち味だが、決め球に欠けなかなか一軍推薦を得られない・・・。


■狩野恵輔(神)
一番中翼手として出場。いろいろ試行錯誤しながらの起用法をしている今季です。守備では特に破綻をきたす場面はなし(定評通り足はそこそこ)。打撃では、高木康成の巻き込んでくるカーブに待ちきれず三振×2。打撃の型としては「高波文一型」か。嫌らしいタイプではなく、積極的なバッティング(右打ちはあまり得意ではない)。

効き手である右手のコネぐあいが心配な狩野恵輔ですが、「かなり強い」と思います(左方向へのライナー性の打球は鋭いが、広角的に打ち辛いかな、いわゆるドアスイング!?)。・・・というか捕手として一本立ちしてくれ!(××)


■斉藤秀光(神)
片岡篤史1軍復帰に伴い二軍降格。打撃は本塁打や一時三割を超えるところを見せましたが、根本的には「0.250」打てれば御の字の防衛型選手。1軍の布陣を鑑みたときベンチに1人置いておきたい守備専用選手の地位を築いていきたい。

本日は高め真っ直ぐを叩きライト越えの二塁打あり。スイッチ頓挫の今、右打席一本で頑張って欲しいです!<その昔より期待しておりました、特化した部分を持つ選手良いですねえ。


■沖原佳典(神)
高めの動くボール(恐らく曲がりきらなかったスライダーか?)をライトに叩きスタンドイン。本塁打はおまけとして、二打席目の無死二塁の場面で引っかけての遊ゴは頂けませんでした。上記の斉藤秀光また藤本敦士、田中秀太そしてここに来て大器降臨の関本健太郎とライバルの多い遊撃手争い!ナニか特長を見せたい(守備力&打撃の総合力!)。


■曽我部直樹(神)
三塁手として出場。特にミスはなかったですが、適しているとは前々より思ってはいません。さて打撃ですが、三振2個といいところは見られず。#今日は高木康成のカーブが切れていたからなあ。


■広澤克実(神)
四回表高木康成の真ん中真っ直ぐをドンピシャリのタイミング!軽いスイングで左翼席中段の同点弾。まだまだ捨てたもんじゃないが1軍レベルの速球への対応は年々下がっている。しかしベテラン魂!金では買えぬ経験を他のナインに!そして最後の一花を!


■桜井広大(神)
打撃フォームは左の腰を大きく開き、スイングしに行くときの右肩は少し下がり気味。上半身に力が入り、始動がやや遅れ気味。そんな不器用なパワーヒッターにありがちな差し込まれるようなところあり#ボールを乗せるという感じではなく「引っ張たく!」感じ。

・・・という以前の多少「雑」なイメージからフォームにドッシリ感が出てきたような気がします。良い意味で纏まってきたような感じか。本日は止めたバットの遊ゴと消化不良でしたが、次回は「スイングスピード」に堪能させてもらいましょう。


■松田匡司(神)
以前の振り下ろすようなスイングスピードが影を潜め、ヒッチ気味にボールを捉える小さなスイング。。。ちょっと残念な今季かも。ライト方向への打球の球足は屈指のモノだったんですが、現在は打球を捕らえることを第一にフォームを改造。<やるからには頑張って頂きましょう(でも戻すなら早い方が良いぞ、首脳陣)。


■新井亮司(神)
少しお尻を突き出すようにして構え、ちょっと清原和博風。構えはイイ感じ、しかし繰り出されるスイングはあまりスムーズではなく、スイングに力強さを感じられませんでした・・・。変化球にはタイミングが合わず、高木康成のカーブは辛すぎました。

守備面では、武藤孝司の一ゴを飛び込み好捕もベースカバーの山岡洋之に悪送球、二塁走者は一気に生還。拙い守備でした。

まだ今季安打の出ていない彼ですが、良いきっかけを掴んで欲しいです(常時スタメン!を謳う以前の問題のような気がする)。ブレイクすればただ者ではないだけに・・・。


■中谷仁(神)
軸足が動いてスイングも撫でる感じ。思いきりスイングせえい!打撃フォーム自体はよくなってきていると思うので・・・頑張って(^^;)#本日は見られなかったが、強肩はチーム一!



【気になる藤井寺バファローズの選手達】

■高木康成(近)
110km/h台と120km/h台の大小二つのカーブを軸にストレート、スライダーまた外側に抜くようなボールあり。組立は殆どカーブとストレートのコンビネーション。打者はワンバウンドになるカーブに付いていけず・・・追い込んだらお手上げ。

しかし全体的に制球は甘く、ストレートのパワー(130km/h台)がない。本日は捕手経験の浅い高塚信幸との息が合わなかったのか、サイン間違いそして投球のリズムが悪くなったときの修正が上手くいっていないように見受けられる場面がありました。

四回裏走者を背負うとビビリ癖が出てしまったのかカーブを連投連投、しかしボール先行で置きに来たストレートを狙い打たれるという高木康成が沈むいつものパターン・・・この回は2点で納まりましたが、ちょっと辿々しかったです。広澤克実の一発はバッテリー共に反省。打者を見て打ち気を逸らすピッチングを!


■森谷昭人(近)
先日は、右打席を重点強化中ということで右腕投手に対しても右打席で入っていましたが、本日は右腕投手に対して左打席と通常のスイッチヒッターとして打席に立っていました。

超が付く俊足を活かした一塁内野安打もありましたが、左打席は、いつもの通り「腹切り打法」で感心しません(利き腕である右手の引きが甘くリード仕切れず)。その分妙にボテボテ安打が多いんでしょうな。しかし左打席!腹切り打法・・・酷い。当てるだけスイングが出来ていない・・・もう治らないかも。足の速さは「尋常」ではないんです、その為にも「左打席」こそ課題!<並の代走選手で終わるか、猛牛打線のリードオフマンになるのか!勿論後者を期待してまっせ(^^)。


■山崎浩司(近)
「守備力」はアマチュア時代から定評のあるものの課題は「打撃」。今年4年目ですが、1〜2年目は1割台の低打撃成績。当時見たときは変化球とバットがかなり乖離していてまだまだなんかなあ・・・と思っていたらその後徐々に結果を残し昨年は「打率0.279」打撃成績!これは一枚壁を破ったんでしょうかね。

今季も守備力と共に2番という繋ぎ所も期待される。本日は出塁した森谷昭人を置いて犠打、そしてシュート回転の外角真っ直ぐを上手く捕らえライト線に流す長打あり。


■武藤孝司(近)
二塁手として出場。試合勘を取り戻すため二軍調整中。スピード感ある選手ですので、流石に2軍では光っています。<一軍復帰も待ち遠しいですね。


■山下勝己(近)
初球を積極的にスイングし中安。そしてセンターオーバー!の適時打を放つ。変化球の見極めと対応という大凡の選手の課題なんですが、こいつを徐々に克服出来れば「いてまえ打線」に割り込めるのでは!#一軍の面子を見ても守備位置で被るところがあるので外野兼任が可能なぐらいの挑戦も面白いかも。先ずは代打で!


■星野修(近)
スイングがやや大きく雑。以前は内側から捌けていたんですが。

元々打球センスというか彼は年々打撃が上手くなっているところを感じ、なかなか渋い選手と思っていたのですが、久慈照嘉の後の正遊撃手候補のチャンスを逃してからコツコツ来た彼の「運」がすり抜けていってしまったのでしょうか・・・。

しかし攻撃力はまだまだ捨てがたい!北川博敏のような存在になる可能性もあると思います。


■吉川元浩(近)
一昨年に投手から野手に転向しているのですが、当時から一押しの選手!一見して「強いリスト」が分かります、進藤達哉(オ)と相通じるところ(投手としてもかなりの速球派だったそうです)。ただスイング時の腕のたたみ方は、多少ぎこちない。#あの「手首の強さ」が彼の打者としての生命線!

数年後上で活躍する逸材だと思っています(成績も進藤達哉に近いものを残しそう「例:打率0.260 15本」とか)。

本日は、一打席目フルカウントからライトへ流し、一塁走者は一気に三塁へ進塁(エンドラン成功)。二打席目は擦り気味で尚かつ高く上がりすぎたような気がしましたが、巧く払って風にも乗せる本塁打。力感を感じさせないスイングですが、ボールに当たった瞬間のパンチ力は惚れ惚れ(^^)


■牧田明久(近)
脇を締めてボールを最短距離で鋭く振り抜く今後が楽しみな打者。鯖江高2年秋からはエースで4番。8試合連続ホームランちゅうものも素材の証か。#藤井寺バファローズは過去からそして他球団と比較しても高校卒の選手が育つ傾向があるのでそういう点もなんだか数年後がなんとなく楽しみ。#三塁手のすぐ横をアッという間に抜けていく球足の速い適時打あり。

初球のインサイド高めを突っ込まず巧く腕を畳んでレフトに引っ張る二塁打。桜井広大の左をアッという間に抜けフェンスまで到達。#「新庄剛志風のスイング!抜けが良い!」


■中濱裕之(近)
一昨年まで寝かせていたバットを立たせオーソドックスな構え、小柄だがパンチ力あり。昨年はウエスタン首位打者。本日は右方向に流し、手堅く犠牲フライで一打点。


■高塚信幸(近)
かなり肥えて投手から強打者の体格風?にはなったが、、、内容はかなり粗い(当てられればのレベル)。#打撃は高校時代から定評もあったそうなのでなんとか花開いて欲しいです。#山岡洋之のスライダーを大空振り三振・・・外角に逃げるスライダーに泳いでいました。

本日は捕手として出場(一塁手・指名打者としても出場したりしています)。「悪いなりのリード」という難しい部分をこなし投手から信頼を少しでも得られるよう頑張って欲しいです。<本日はバッテリーの息が合わなかったところも見られました(そういうところから投手への一知恵が入れられてこそでしょう!)。


2002年 6月 9日 ウエスタンリーグ10回戦 広島−サーパス(豊平)報告者:いの一番さん

■序章
今日は広島県豊平町で行われたウエスタンの広島×サーパス神戸を観戦してきました。
詳細は後日報告しますが、結果だけ書いておくと広島7−6サーパスでした。
サーパスの先発は川口知哉投手でしたが、彼の制球難は重症です。見ていて気の毒でした。
それと、試合の行われた豊平どんぐりスタジアムですが、グラウンドを見てびっくりしました。
外野が土というか砂というかとにかく芝生がないのです。
こんな球場で試合してもいいのでしょうか。
皆さんは外野に芝生のない球場で2軍戦が行われたのを見たことはありますか?<そう言われてみると見たことないような気がしますね。何方かご存じっすか??by健一@管理人


■本編
6月9日に広島県豊平町で行われた広島×サーパス神戸の試合について報告します。

神戸 010003002 6
広島 14001010× 7
勝−矢野  負−川口
(本)末永2号B(川口)、岡上1号@(川口)、上村2号B(矢野)
(投手)神戸 川口(5回)−平井(1回)−相木(1回)−牧野(1回) 
    広島 矢野(6回)−酒井(1回2/3)−佐竹(1/3)−河野(1回)
(審判)白井、杉本、古堅


(試合経過)
1回裏
川口は先頭岡上のヘルメットをかすめる死球を与える。白井球審が両チームに警告を発し、少し不穏なムード。
岡上はすかさず2盗、森笠の右飛で3進し兵動の時に川口が暴投し1点先制。
川口はなおも兵動、栗原に連続四球を与え、中尾監督がマウンドへ。かなり厳しい口調で何か言っていた。
川口は次の松本を併殺打に打ち取り何とかピンチを切り抜ける。

2回表
1死1,3塁から板倉が遊ゴロ、甲斐は併殺を狙い自分で2塁ベースを踏み1塁に送球したが間に合わずセーフ。
サーパスが1点を返し同点に追いつく。

2回裏
川口はこの回も制球定まらず、甲斐と倉に連続四球。次の末永にホームランを浴びる。
その後森笠のヒットもあり、広島はこの回4点をあげた。

5回裏
先頭の岡上がホームラン。

6回表
1死1,2塁から上村がホームラン、サーパスが2点差に迫る。

6回裏
先頭の松本のヒットを板倉が後逸し無死3塁。続く甲斐がヒットで1点。

9回表
塩崎と牧田のヒットでサーパスが2点を返し1点差。なおも長打が出れば逆転という場面だったが
河野が最後は何とか踏ん張り広島が逃げ切る。

(気になる選手)
この試合で一人挙げるとすれば
サーパスの川口知哉に尽きる。
1回と2回だけで5四球1死球1暴投。
右打者の内角に来る球が死球すれすれの球ばかりというかなり
ひどい制球難である。
3回からは走者がいない時でもセットで投げるようになり少しは落ち着いたが、
サイドに近いスリークォーターからのフォームはどこか自信なさそうで、見ていても不安であった。
未完の大器はこのまま終わってしまうのだろうか・・・。

<豊平どんぐりスタジアム>
広島バスセンターから豊平町方面のバスで1時間20分
両翼91m、センター120m、内野土、外野も土
スコアボード:打順表は手書き式、得点は電光式
スタンド:ネット裏長いす席、その他芝生席


2002年 6月 9日 イースタンリーグ12回戦 西武−日本ハム(西武第二)報告者:みつともさん/ふんぼるとさん

みつともさん編

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年6月9日(日)

  イースタンリーグ公式戦 西武ライオンズ−日本ハムファイターズ 12回戦
  西武8勝4敗0分 (西武第2球場) 13:00
  晴れ 試合時間2時間59分
  ◆球審:津川 1塁:村越 2塁:−−− 3塁:新屋(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:荒木(セントラル・リーグ)

                      H E
日本ハム 100 000 200 ・・ 11 2
西  武 202 010 01× ・・ 11 2

○ 勝利投手 富 岡 4勝3敗  ● 敗戦投手 厚 澤 2勝5敗
S  セーブ 帆 足 −勝−敗
本  本塁打 貝 塚  7号 厚 澤A 3回2死 (西  武)
2B 2塁打 野 中 1回無死 (日本ハム)
       赤 田 1回1死 (西  武)
       赤 田 3回2死 (西  武)
       高橋信 7回無死 (日本ハム)
       柴 田 8回無死 (西  武)
SB 盗 塁 佐藤友 1回1死 (打者・赤田) (西  武)
 E 失 策 山 田 1回2死 (中村三ゴロを1塁悪送球) (日本ハム)
       中 島 5回1死 (村西投ゴロで2塁封殺後1塁悪送球)(西  武)
       飯 山 7回1死 (貝塚二ゴロをトンネル) (日本ハム)
       中 島 8回1死 (高橋信1塁悪送球) (西  武)
   走塁死 中 島 1回2死 (中村遊失で本塁狙い) (西  武)
  盗塁失敗 小 田 2回無死 (打者・山田) (日本ハム)
   牽制死 原 田 3回2死 (打者・西浦) (日本ハム)
       村 西 5回2死 (打者・野中) (日本ハム)
Fc 野 選 小 田 8回1死 (田原一ゴロを本塁送球) (日本ハム)
   併殺打 小 田 4回1死 (中島−水田−中村) (日本ハム)
       山 田 8回1死 (中島−水田−高木大) (日本ハム)
       野 中 9回1死 (水田−高木大) (日本ハム)

(日本ハム) 7回集中打も攻め切れず対西武戦連敗止まらず。石本、原田、飯山タイムリー。
       小田、山田2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8  9
(6) 野 中 5 1 0 2 0 左2    遊ゴ       見振 三 振    二併
(8) 石 本 2 1 1 0 1 投犠    三ゴ       四球 二 安・
(DH) 原 田 4 2 1 0 0 右安・   右安       遊ゴ 二 直
(7) 西 浦 4 0 0 1 0 三振       遊ゴ    右飛     投ゴ
(2) 高橋信 3 1 0 1 1 三振       四球       中越2 遊失
(3) 小 田 4 2 0 0 0    三安    遊併       遊 ゴ 中安
(5) 山 田 3 2 0 0 1    四球       二安    右 安 遊併
(4) 飯 山 4 2 1 0 0    二ゴ       右飛    左 安・   中安
(9) 村 西 3 0 0 2 1    三振       投ゴ    死 球    三振
     :             :  :  :  :  :  :   :  :  :
    残塁7 32 11 3 6 4  1  1  0  0  0  1   3  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(西  武) 強風を物ともせず長打で得点。貝塚7号2ラン、赤田2安打1打点、
       中島2安打2打点、高木大1安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8
(8) 佐藤友 5 1 0 0 0 右安    三ゴ 遊ゴ    投ゴ    遊ゴ
(4) 水 田 5 0 0 1 0 左飛    左邪    遊ゴ 三振    投ゴ
(9) 赤 田 3 2 1 0 1 左2・   左2    四球    中飛
(7) 貝 塚 4 2 2 0 0 一ゴ    左本:   右安    二失
(6) 中 島 4 2 2 1 0 中安・   中飛    左安・   三振
(3) 中 村 2 1 0 0 0 三失       右安
H 3 高木大 2 1 0 1 0             右安    三振
(DH) 小 牧 2 0 0 0 0    遊直    中飛
H DH 柴 田 2 1 0 0 0             二ゴ       右2
(2) 細 川 3 1 0 1 0    遊ゴ    左安 見振       捕犠
(5) カ ズ 3 0 0 1 0    三振    遊ゴ    遊ゴ
 5  栗 山 0 0 0 0 0
 H  古 屋 0 0 0 0 0
 H  田 原 1 0 1 0 0                      一Fc
 R  河 田 0 0 0 0 0
 5  平 尾 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁8 36 11 6 5 1  1  0  0  2  3  0  1  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 Fcはフィルダースチョイス

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 厚澤5回途中1被弾9安打5責点で5敗目、こんなはずでは・・。
       伊藤2回1/3を無失点好投。神島1責点
 ● 厚 澤   4 1/3 23  9   1   1   2   5
   伊 藤   2 1/3  9  1   0   0   2   0
   神 島     2/3  3  1   0   0   1   1
   櫻 井     2/3  3  0   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(西  武) 富岡初回以外はピンチなし、6回を1失点好投。竹下1回を4安打2責点捕まる。
       帆足1回を3人でセーブ
 ○ 富 岡   6     22  5   0   3   4   1
   竹 下   1      8  4   0   1   1   2
   竹 内     1/3  2  0   0   0   0   0
   福 井     2/3  2  1   0   0   0   0
 S 帆 足   1      3  1   0   0   1   0

西 武−3日本ハム

前日に続いて週末の対西武2連戦は西武第2球場。前日は隣の西武ドームにも大歓声が響いていたが、今日はサッカーW杯の日本戦の為、1軍は試合ナシ。試合開始前から物凄い強風が吹く中での試合開始、全開の青空に照る陽差しも風が和らげている。

1回西武の先発は富岡、対日本ハム戦がお得意様状態なのか5月上旬の鎌ヶ谷のでの試合でも7回を無失点と日本ハム打線を封じている。日本ハム1回の攻撃は、その苦手になりつつある富岡から先制点を奪う。この所阿久根1軍昇格で出場機会が多い1番野中。引っ張った打球は3塁線への強い打球。サードカズのグラブ下を鋭く抜けて打球はファールゾーンを転がってツーベースで出塁。続くは2番石本、送りパントは富岡の前に転がる充分な打球。野中が3塁に進んでバント成功。1死3塁と先制のチャンスに3番原田、今日は指名打者での先発。流し打った打球は、ライト前へ巧いバッティングでワンバウンドでヒット、これがタイムリーとなって日本ハムが打者3人で1点を先制する。4番西浦、しかし空振りの三振。5番高橋信、これも三振で主軸がブレーキを掛けてしまう。1回裏日本ハムの先発は、厚澤。ここ数試合序盤で被弾し、失点を重ねるケースが目立つが今日は好投を期待。しかし首位を行く西武はそんな厚澤に初回から容赦なく襲いかかる。1番佐藤友、初球打ちはセカンド左を鋭く抜けてライト前ヒット。2番水田、これも初球攻撃に出ると、再びライトへの今度はハーフライナー。ライトの村西が前進してきて、地面スレスレで捕球しアウト。続く3番赤田、その赤田の時に厚澤が巧いモーションの外しで、1塁ランナーを誘い出す。完全にセットを解除した時点で1塁ランナー佐藤友が1、2塁間の半分程にも差し掛かっているのに、厚澤が1塁へ送球、しかもその送球が中途半端な速さだった為、これを捕った小田が2塁へ送球するが、全く間に合わない。盗塁成功の状態になってしまい、進塁を許す。1死2塁と同点のランナーを2塁に、赤田は打ってセンターやや左前方への打球、やや後ろに守っていたセンター石本が猛然と前進してくると、この打球にダイビングキャッチを試みる。しかしこれが捕れずボールは後方へ転々としフェンスに到達、タイムリーツーベースとなって1−1の同点に。4番は貝塚、ファーストゴロ。小田が捕って厚澤にトスしてアウト。2死3塁になって5番中島、打ってセンター前にクリーンヒットで西武があっさり逆転に成功2−1と1点のリードに。2死1塁に変わって6番中村、打ってサードゴロ・・しかしこれをサードで先発の山田が1塁へ悪送球。この間に中島が2塁から3塁、一気にホームを狙うがこれは暴走、ホームタッチアウトで追加点はならず。2回日本ハムは、6番小田から。バットの先で掠った様な打球は、サードゴロ。しかし小田が懸命に1塁へ駆け込むとセーフでラッキーな内野安打。7番山田ね先程のエラーを取り返したい場面だったが、自らキズを広げてしまう。エランドランのサインが出ていたのか、投球と同時に1塁ランナー小田がスタート。しかし山田がバットに当てる事ができず空振り。細川が2塁送球し小田はタッチアウト。結局山田は四球で出塁するが、8番飯山はセカンドゴロ。2死2塁も9番村西は三振で追いつけない。2回裏西武は、7番「対日本ハム戦用」戦術なのか、いや、単に左投手先発だからの起用か小牧。打った打球は、もの凄い鋭さでショート右を低いライナーで飛ぶ。ところが、これにショート野中が横っ飛びで捕球!見事なファインプレーで追加点の足掛かりを許さない。8番細川、ショート正面へのゴロ。9番カズは低めの変化球で三振、3者凡退。3回日本ハムは1番野中から。再び好打を期待だったがショートゴロ。2番石本もサードゴロ。3番原田が第1打席と同じ様な弾道で、ライト前ヒットで出塁。しかし、続く西浦の時に今度はこちらが牽制に引っかかる。原田は完全に戻れない状態で、タッチされると、足だけベースに戻るが既にアウトのコール済み。3人で攻撃終了。

3回裏西武は2死から追加点を奪う。打順は1番佐藤友から。サードゴロ、山田が捕球する寸前にバウンドが変わるが正面の打球だった為影響なく。2番水田、打ち上げてレフトフライ、強風に西浦が体勢を崩しながらも捕球。3番赤田、打ってサード横へのゴロだったが、これに山田がバウンドを合わせられず捕球できないと、ショートの野中も捕れず打球はレフト前へ転々とする。この間に赤田は躊躇無く2塁へ向かいレフト前ツーベース。続くは4番貝塚、打って低いライナーでレフトポール際へ飛ぶ。西浦がフェンスに当ったボールを処理する体勢だったが、打球はフェンスギリギリを越えてホームラン。第7号ツーランホームランで西武が2点を追加4−1と3点差に広げる。4回日本ハムは、4番西浦から。1発返しを期待だったがショートゴロ。5番高橋信が四球を選んで出塁。しかし続く小田がショート正面への「おあつらえ」のゴロ。中島−水田−中村と渡って併殺打、3人で攻撃終了。4回裏西武は6番中村から。流してライト前へポテンヒット。7番小牧、打ち上げて高く舞い上がった打球だったが、石本が捕球。8番細川、サード左を抜けてレフト前ヒット。2死1、2塁となって9番カズ。ショート前へのボテボテのゴロで2人のランナーが進塁し2死2、3塁と追加点のチャンスに1番佐藤友。しかしこれもショートゴロで厚澤はピンチを脱出。5回日本ハムは7番山田から、セカンドへの内野安打で出塁。8番飯山は打ち上げてライトフライ。9番村西は打ってピッチャーゴロ。完全な併殺打コースに富岡から中島に転送されて2塁フォースアウト。までは良かったが1塁へ転送した中島が悪送球で村西は2塁へ。2死2塁として1番野中。ところが2塁ランナーの村西が油断した訳ではないだろうが、2塁牽制球に引っ掛かってしまいタッチアウト2イニング続けて3人で攻撃終了。5回裏西武は厚澤を引きずり降ろす、2番水田から。ショートゴロで野中が1塁送球が捕りづらいワンバウンドの送球になってしまうが小田が巧く掬ってアウト。3番赤田は1−3から四球で歩かせる。1死1、2塁として4番貝塚、ショート右を抜けてレフト前ヒット。2塁から赤田が還って1点追加5−1と点差を広げる。ここで日本ハムは厚澤を諦める、5回途中9安打5責点と先発失敗。日本ハムの2番手には伊藤が上がる。続くは6番中村に代わって代打は高木大。引っ張ってセカンド右をゴロでライト前ヒットで1死満塁。7番小牧に代わって代打は柴田、1軍格の選手が続々登場する。日本ハム内野陣はバックホームに備えて前進守備。柴田の打球はセカンドゴロ、飯山がこれを前に弾いてしまうが、直に捕り直してホームに送球しフォースアウト。8番細川、しかし見逃しの三振で3者残塁。6回日本ハムは1番野中から、3球で見逃しの三振。2番石本は2−3から見送って四球で出塁、3番原田。ショートゴロに中島が捕って2塁へトスしてフォースアウト。4番西浦、打ち上げてライトフライで簡単に攻撃を終了してしまう。6回裏西武は9番カズからの攻撃。初球打ちもショートゴロ。1番に戻って佐藤友、ピッチャーへの高いバウンド、しかし伊藤がジャンプしてこれを捕球して1塁へ送球。2番水田は変化球に空振り三振で3者凡退。

7回から西武は好投の富岡に代えて2番手に竹下を投入するが、これが裏目に出る。日本ハムの攻撃は5番高橋信から、打った打球はセンターへの大きいフライ。センター佐藤友が捕るがボールがグラブから落ちてツーベースヒット。6番小田はショートゴロで高橋信動けず。7番山田は、流し打ちするとセカンド上を越えるライト前ヒット。1死1、3塁として8番飯山。引っ張ってレフト前タイムリーで1点返して5−2とする。さらに1、2塁から9番村西は足に当ったのか死球で出塁し1死満塁。1番に戻って野中、しかし三振で2死。2番石本、引っ張った打球がファーストを襲うと、高木大がこれを弾く。ボールがセカンド方向に転がってセーフ、タイムリーヒットで5−3と2点差まで詰める。さらに続く満塁のチャンスに3番原田、打ってセカンドへの鋭いライナー!しかし水田の正面で捕球されて3者残塁、一気に攻め立てられなかった。7回裏西武は3番赤田から、打ち上げてセンターフライ。4番貝塚、今度は引っ張ってセカンドゴロ、飯山が正面に入っていたが、これを綺麗にトンネルしてしまいエラー。5番中島は変化球に空振り三振。ここで日本ハムは伊藤から3番手神島に交代。バッターは6番高木大、しかし三振。8回西武は3番手に竹内をマウンドに送る。日本ハムの攻撃は4番西浦から、打ってマウンド左へのボテボテのゴロ。5番高橋信、ショートゴロだが中島が1塁悪送球で出塁。ここで西武は継投策に出る。4番手に福井を持ってくる。6番は小田、しかし左対左を物ともせずにセンター前ヒット。1死1,2塁として7番山田。初球攻撃に出るがショート正面へのゴロ、中島−水田−高木大と渡って併殺打でチャンスを潰してしまう。8回裏西武は8番柴田から、引っ張って一塁線への強い打球は、ライン一杯内側を抜けるヒット、小田が横っ飛びも捕れずツーベースヒット。8番細川がこれをしっかり送って1死3塁として9番7回からサードに入っていた栗山に代わって代打は古屋。しかし日本ハムがここで投手を交代、4番手に櫻井をマウンドに上げると西武は空かさず代打の代打わ起用、これに田原がコールされる。田原は引っ張ってファーストゴロ、小田が捕って素早くホームへ返球。高橋信のブロックも充分に見えたが、柴田が巧く回りこんでいて主審・津川はセーフのゼスチャー。フィルダースチョイスとなって1点を追加6−3とダメ押し点を入れられる。1番に戻って佐藤友、ショートゴロで2死2塁になる。続く2番水田の時にもう1点追加して安全圏を広げようとしたのか、2塁ランナーの田原に代えて代走起用。河田が2塁へ。しかし水田はピッチャーゴロでランナー残塁。9回西武は代走の河田に代わってサードに平尾。ピッチャーは5番手として帆足が上がる。日本ハム9回の攻撃は8番飯山から。打ってセンター前ヒットで出塁。9番村西は三振、1番に戻って野中。長打を期待だったが、セカンドへのゴロ。水田が捕ってセカンドベースを踏んで1塁へ送球して併殺打で試合終了。

日本ハム打線が西武先発の富岡を捉えられず、2番手竹下を完全に打ち崩せなく対西武戦の連敗が止まらない。昨年の覇者・西武の勢いを止められない。西武は3、4、5番が長打にタイムリーと打線が繋がり快勝。2位に迫っている巨人に首位の座を許さない。■試合終了時刻15:59



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ふんぼるとさん編

今日は西武第2球場に西武−日本ハムを見に行って来ました。
詳細はみつともさんにおまかせするとして、ミニ情報を。

以下は8回表、竹内投手が投げているときに素振りをしていた、大貝(#52)上田(#44)荒井(#9)の会話です。
上田佳範(日)「西武ってどんなピッチャーがいるの?」
荒井修光(日)「打ちやすそうで打ちにくいのがいる」
大貝康輔(日)
竹内和也(西)の次に出てくる福井強(西)
        これが打ちにくいんだよ。(注:竹内の次は福井でした)
        ストレートだと思って振るとスライダーでさ、逃げてっちゃうんだよ」


というこで、
福井強投手のスライダーは左バッターには打ちにくいみたいです。


2002年 6月 8日 イースタンリーグ11回戦 西武−日本ハム(西武第二)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年 6月 8日 西武−日本ハム 11回戦

J西武第2(西武7勝4敗)

 
日本ハム 020 100 202│7
 
西  武 120 200 40X│9
 
 勝 内 薗 2勝1敗 登板10
 負 伊 藤 0勝1敗 登板6
    

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 原 田 522 一飛 右2    中2       四球 空振 空振
  G 石 本 520 左飛 ニゴ    中飛       右安 遊安
  A 高橋信 320 四球    死球    三ゴ    左安 右安
  2 駒 居 000 
  B 西 浦 500 投ゴ    中飛    遊ゴ    ニ飛 三ゴ
  D 島 田 531    中安 右安    中飛    右安    ニ飛
  D 小 田 321    死球 投ゴ       左安 中犠    右安
  H 大 貝 310    四球 見振       ニゴ 遊安 
  H 山 田 110                         右2
  C6飯 山 501    遊ゴ    投失    右飛 空振    右飛
  E 野 中 100    遊ゴ    投犠
  H 上 田 100                空振
  4 山 地 200                      空振 投失
  犠盗失併残─────
  200012 36135

      回   打安振球責
  江 尻 31/3  188305
  清 水 22/3  100220
  伊 藤  0/3  22002
  高橋憲 1   63102
  神 島 1   30110

 【西武】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 柴 田 411 中安 ニゴ    遊ゴ    遊ゴ 
  HD小 牧 100                      三ゴ
  C 水 田 410 捕犠 空振    空振       三安 空振
  B 高木大 310 左安    空振    見振    
  3 中 村 110                   中安 四球
  F 貝 塚 301 左犠    中飛    一ゴ    一ゴ
  H 赤 田 311 空振    右飛    四球    中2
  E 中島裕 422 三ゴ       中3 三ゴ    右安
  D 平 尾 332 中安       中安    四球 右3
  A 中嶋聡 210 左安    捕犠       捕犠 空振
  2 細 川 000
  G 佐藤友 422 右2    左安       一ゴ 遊ゴ
  犠盗失併残─────
  40216 32139

      回   打安振球責
  眞 山 20/3  122042
  トモキ 2   82100
  佐藤秀 2   71100
  竹 内  1/3  53012
  福 井  1/3  21000
  内 薗 11/3  62400
  帆 足 1   62000
  
  三塁打 中島裕(西) (4回 江尻)
      平 尾(西) (7回 高橋憲 タイムリー)
  二塁打 原 田(日) (2回 眞山 タイムリー)
      佐藤友(西) (2回 江尻 タイムリー)
      原 田(日) (4回 トモキ タイムリー)
      赤 田(西) (7回 高橋憲 タイムリー)
      山 田(日) (9回 帆足)
  犠 打 水 田(西) (1回 1塁走者柴田が二進)
      野 中(日) (4回 1塁走者飯山が二進)
      中嶋聡(西) (4回 1塁走者平尾が二進)
      中嶋聡(西) (6回 1塁走者平尾が二進)
  犠 飛 貝 塚(西) (1回 3塁走者柴田がホームイン)
      小 田(日) (7回 3塁走者石本がホームイン)
  失 策 トモキ(西) (4回 飯山のゴロを1塁悪送球)
      帆 足(西) (9回 山地のゴロを1塁悪送球 タイムリーエラー)
  盗塁死 中 村(西) (9回 ニ盗失敗 捕手駒居)
  走塁死 小 田(日) (2回 本塁憤死 中島裕−中嶋聡)
      高橋信(日) (3回 三本間狭殺死 トモキ−平尾−中嶋聡)
      水 田(西) (7回 3塁憤死 西浦−小田)
  併 殺 西 武   (4回 1死2塁 石本の中飛で原田が帰塁できず)
      
  球審:新屋 一塁:津川 三塁:村越 公式記録:荒木  
  時間 3時間39分

■得点経過
  1回裏(西) 先頭の柴田が中前打。二番の水田が送り、三番の高木大が左前にポトリと落
        とし、1死1、3塁。四番の貝塚がレフトに犠牲フライを打ち上げ、3塁走
        者柴田がホームイン。
        西武1点目。
  2回表(日) この回先頭の島田が中前打。六番の小田が死球、七番の大貝が四球で無死満
        塁。八番の飯山の遊ゴロで1塁走者大貝が2塁封殺も併殺崩れになり、その
        間に3塁走者島田がホームイン。日本ハム1点目で、1死1、3塁。九番の
        野中の遊ゴロで3塁走者の小田が本塁突入も憤死、2死1、2塁。一番の原
        田が右中間にエンタイトルツーベースを放ち、2塁走者飯山がホームイン。
        日本ハム2点目で逆転。
  2回裏(西) この回先頭の中島裕が3ゴロに倒れるも、七番の平尾が中前打、八番の中嶋
        聡が右前打。中嶋聡のカウントが2−3だったため、平尾がスタートを切っ
        ており、1死1、3塁。九番の佐藤友が右中間にツーベースを放ち、3塁走
        者平尾と1塁走者中嶋聡がホームイン。
        西武3点目で逆転。
  4回表(日) この回先頭の飯山が投失で出塁。九番の野中が送り、1死2塁。一番の原田
        が中越えのツーベースを放ち、日本ハム3点目で同点。
  4回裏(西) この回先頭の中島裕が中越えのスリーベース。七番の平尾が中前打を放ち、
        3塁走者中島裕がホームイン。西武4点目で、無死1塁。八番の中島聡が送
        り、九番の佐藤友が左前打で1死1、3塁。一番の柴田の2ゴロの間に3塁
        走者平尾がホームイン。
        西武5点目で勝ち越し。
  7回表(日) この回先頭の原田が四球、二番の石本が右前打、三番の高橋信が左前打で無
        死満塁。四番の西浦がセカンドへのインフィールドフライに倒れるも、五番
        の島田が右前打を放ち、3塁走者原田がホームイン。日本ハム4点目で尚も
        1死満塁。六番の小田がセンターに犠牲フライを打ち上げ、3塁走者石本が
        ホームイン、日本ハム5点目で同点。
  7回裏(西) この回先頭の水田が三失気味の3塁内野安打で出塁。三番の中村が中前打で
        無死1、2塁。四番の貝塚は送りバントも首尾良く一塁手西浦が3塁に送球
        し、2塁走者水田が憤死。1死1、2塁。五番の赤田が中越えにツーベース
        を放ち、2塁走者中村がホームイン。西武6点目で、1死2、3塁。六番の
        中島裕が右前打を放ち、3塁走者貝塚、2塁走者赤田がホームイン。西武8
        点目。七番の平尾がライト右にスリーベースを放ち、1塁走者中島裕がホー
        ムイン。
        西武9点目で勝ち越し。
  9回表(日) この回先頭の島田が二飛で倒れるも、六番の小田が左前打、七番の大貝の代
        打の山田がライトへツーベースを放ち、1死2、3塁。八番の飯山が右飛に
        倒れ、2死1、3塁。九番の山地の投ゴロで万事休すかと思いきや、帆足が
        1塁へ悪送球し(一失気味)、3塁走者小田、2塁走者山田がホームイン。
        日本ハム7点目。

■戦評
 両チームとも投手陣が悪く、若いカウントからランナーを許してばかりだったため、真夏の
 ような陽射しのなかで3時間39分のロングゲームになってしまった。日本ハムは取ったら取
 られるの悪循環での敗戦。西武のトモキと帆足は自分のエラーにより、自責点ゼロ。
 隣の西武ドームで13:30から行われていた西武−ロッテと終了時間が重なってしまった。

■選評
 
原 田(日) 3週間ぶりに見たらメガメを掛けてました。その効果かどうかわかりませんが
       2安打2打点の活躍。打率の上昇を期待。
 
島 田(日) 3安打猛打賞。第3打席の中飛も佐藤友の攻守に阻まれたもの。日本ハム打線
       のなかで一番鋭い打球を飛ばしており、気分の良いクリーンヒットを連発。
 
江 尻(日) 味方が点を取った直後に失点するという悪い内容。踏ん張らなければならない
       場面で踏ん張れていない。しかし、ルーキー。次回は期待しています。
 
 
竹 内(西) ここのところ好投球が目立っていたが、今日は打者5人に対し、3安打1四球
       と散々。スリークォーターからテンポ良く投げてくるので、1回捕まるとその
       テンポでズルズル行ってしまうのかもしれない。
 
眞 山(西) そんなに悪いとは感じなかったが2死球を出してしまった。安定感をつければ
       上でも通用すると思う。
 
平 尾(西) 3安打1死球で出塁率100%、3打席目の四球は13球投げさせての四球であり、
       その粘りは見事。

 
新 屋(審) 7回の高橋信への2球目、ボールと言いかけてストライクの判定。日本ハムの
       白井監督の抗議を受ける。
 
津 川(審) 7回の平尾のライト線際への飛球をフェアと判定。ライトの大貝が打球に飛び
       込んでおり、見にくかったのは確かだが、大貝もフェアならば飛び込んではい
       ないと思う。こちらも白井監督の抗議を受ける。
 
村 越(審) 7回の貝塚のバントを3塁封殺と判定(上記)。贔屓目に見てもセーフ気味。こ
       ちらは西武ベンチより野次を受ける。


  ■掲示板@2軍愛■