【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 8月 1日 ウエスタンリーグ14回戦 広島−近鉄(由宇)報告者:いの一番さん

〜9回引き分け〜 R H E
藤井寺バファローズ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 4 3
由宇カープ 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 8 2

藤:有銘兼久(4回 被安打4)−佐藤和宏(1回 被安打0)−愛敬尚史(3回 被安打1)−吉田豊彦(1回 被安打3)
由:マテオ(8回 被安打4)−ステニファー(1回 被安打0)

本塁打:
朝山東洋7号(吉田豊彦

8月1日(木)に由宇で行われた広島×近鉄の模様が深夜にローカル放送され、録画しておいて先ほど見てみました。2時間23分の試合を1時間に編集し、しかもカープ中心なので評を書くほどのものはないのですが、目についた選手を2人ほどあげておきます。

マテオ投手
ドミニカカープアカデミー出身。猛暑の中8回を2失点と好投。テレビ解説のあの厳しい大下剛史氏が「後2,3回2軍で投げて結果がよければ1軍に上げてもいい。」と褒めていました。

末永外野手
4打数3安打。有銘、吉田という左腕投手からカーブにうまくバットを合わせてライトへヒットを打った。1軍では代走だけだったが、今度は打席にも立ってほしいもの。

解説:大下剛史(容赦ない解説が炸裂)
1塁ゴロを後逸した松本(記録はヒット)、チャンスで三振した森笠に対し、
「こんなのでは1軍から声がかからない。全然ダメ。」と厳しい解説。アナの間違いに対しても容赦はせず、入社2年目のアナはおびえるように実況していました。


2002年 7月29日 イースタンリーグ15回戦 巨人−ヤクルト(東京ドーム)報告者:健一

■イースタンリーグ 7月29日(月) 川崎ジャイアンツvs戸田スワローズ(東京ドーム)

                     R  H E
戸田スワローズ |100 200 002| 10 1
川崎ジャイアンツ|000 014 01X| 13 0

戸:松谷秀幸(5回)−●丹野祐樹(2/3)−丹波幹雄(1/3)−高橋一正(1回)−山部太(1回)
川:○谷浩弥(6回)−西山一宇(1回)−柏田貴史(1回)−酒井順也(1回)

#他番組と併用でTV観戦していたので選手起用に対しての誤字脱字、及び追記事項は明日にでも編集機能にて修正しますね。

【簡易な雑感】
本日は先日同様東京ドームを使用したナイター(恒例の夏の東京ドームシリーズ)。先制は衣川幸夫が谷浩弥から本塁打(観てませんでした(^^;))、四回表にはレフトへ流す技ありの2点本塁打(引き付けての押し込みが良かったですよ)。

一方ジャイアンツは五回表に続き六回裏には吉永幸一郎、山下浩宜(プロ入り二打点目)、そして高野忍の2点適時打で一気に突き放した。八回裏には、宮崎一彰を一塁に置いて、鈴木尚広は山部太のインサイドの球を巧く捌きライト線ギリギリのライナー性安打、宮崎一彰は俊足を活かして一気に生還、打った鈴木尚広も三塁を奪う快足。この後犠飛になるか?という浅いライトファールフライに対して鈴木尚広スタート!間一髪のタイミングでしたが「速えぇ・・・」<右翼手牧谷宇佐美の強肩も良かったぞ。

最終回スワローズは、ツギオ、更には代打福川将和に適時打・・・最後は一死満塁の場面まで来ましたが三振、中直で試合終了。


【気になった選手達】

■松谷秀幸(ヤ)
押し出すような体重移動だが、真上から投げ下ろす角度のあるボールを投げるフォーム、内外角の細かい制球はなく、フォークや縦のカーブを用いる縦のコンビネーション。ワンバウンドのボールも多く捕手米野智人も大忙し。

ケツはデカイものの下半身に華奢な分を残しドッシリ感は感じませんが、ボールに威力を感じました。まだまだ発展途上中の素材。走者を背負い四苦八苦の場面もありましたが要所での緩急が良かったです。


■丹野祐樹(ヤ)
体型は豆タンク型(手足も短いような気がする、あまり撓りはないかも)でゆったりとしたフォームからストレート、カーブ・フォークの緩急と上下の変化で打者を打ち取る(球速は130km/h中盤)。これといった決め球はなく、全ての球が平均点と言った感じ。特長としてはボールの出し入れや制球力に光るものを感じます(丁寧さに磨きを懸けたい)。「シュート系」の球にも良いところがあるので打たせて取る・・・という投球術が今後の生命線。#全体的に力不足・・・


■丹波幹雄(ヤ)
190cmを超える巨体に「眼鏡」着用がクレバーっぽい(笑)。非常にがっしりとした体格ながらも投球の身上は「打たせて取るピッチングの軟投派」。緩い球(120km/hを切るタテのカーブ、他にもそれより少し速いスライダーにフォークまで)を交え打者のタイミングをずらし、140km/h弱のストレートと緩急命。投球フォームは、始動から中盤ぐらいまでは川崎憲次郎(ヤ→中)に似ているような印象。#本日は塁上が埋まったところでの登板で木っ端微塵!


■高橋一正(ヤ)
八巻カーブ(内角を剔るようにして内側ぎりぎりに制球、内角から内角へのカーブですな)が有効で右打者が仰け反るも「ストライク!」の場面が何度かありました。高津臣吾U世というか宮本賢治U世は着実に成長している(と言うもののそろそろ1軍定着してもいい頃だが。<もう一踏ん張り!)。あの長い手(まるで大きく羽ばたくようだ・・・(笑))から繰り出される内外角への変化球は実戦派ですよ。フィールディングもなかなかのものだし、全体的にセンスの良さを感じます。<大層な人気者


■衣川幸夫(ヤ)
バットの振りの鋭さとスイング軌道が美しい好打者。小柄だが右足を軽くステップしながらのフルスイングは気持ちが良いですねえ。また裾を上にたくし上げるところも気持ちが前に出ていて、なんか好きです(^^)。

藤井寺バファローズ時代の1998年には「打率0.352」で首位打者に輝くなど打撃では2軍ではもうお馴染みの強打者。翌年の1999年にはウエスタンで「77打点」っすよ。#この頃から既に捕手と言うより指名打者や一塁手が多かったですが打撃は目を見張ります。

本日は己の誕生日だそうでベタですが「バースデーアーチ」ですな、しかも2本塁打。追加点となる本塁打は谷浩弥の外よりのボールを上手く押し込み左翼席に運ぶ2点本塁打!でした。左の代打としてはかなり上物だと思います。


■戸田雑感
他にも畠山和洋、本郷宏樹とパワー、シャープな打撃を見せる選手もいます。ツギオは右肘を捕手方向に高く上げて構え、上から振り下ろす強引にも感じるスイング!(応援したくなりますなあ)。あと最後代打で出てきた福川将和は打撃もよく古田敦也なき後の捕手としても名乗りを上げたい。


■谷浩弥(巨)
アンダースローに近いサイドスロー。1年目から2年目は「なんだこの軟投派は?うーん」と首を傾げていたのですが、肩を痛めていたんだそうで、昨年後半ぐらいからボールに勢いが戻ってきたようです。リリース後跳ねるぐらいの勢いもあるんです。しかし前もそうでしたが左打者のインサイドを突くような制球もなく大雑把な外側中心の攻め。。。全体的に「雑」。内側を突いて外で引っかける場面もありますので、これを偶にから安定して攻められるように出来るかが今後1軍を睨む上での課題か。あとルーキー内田和也も出ていたようです、次回はチェック!


■西山一宇(巨)
オーバースローからスリークォーターに近いサイドスローに改造。
身体の開きも早く、シュート回転のストレート、但し制球は大凡のためか右打者は打ち辛そうでした(なんかすっぽ抜けてきそうで、踏み込み辛そう)。しかし左打者にはやや組み易しに感じられました。#毎度同じコメントですが、一軍登板時の気持ちの持ちようとしか言いようがないですね。#結果が全てですから・・・


■酒井順也(巨)
ややスリークォーター気味の腕の軌道(腕が長くて撓りがお見事!)。制球重視の為のでしょう常にノーワインドアップで投球。それでも目測140km/h以上を優に越えるストレート。腕の振りが課題だそうで、テークバック時「ボールを握る右手」と「身体」がMAXで離れた位置がややバラツキがあり、腕の軌道とそれぞれがなかなか固定しないようです。これが決まっているときの投球は惚れ惚れだそうな。<「ファーム固め」!

カーブのような曲がりの大きいスライダーも投げ、走者を背負わないときのテンポの良さも買える。近い将来條辺剛に近い働きをすると思います(お薦め)。#今後の伸び幅は以上のような感想ですが、本日の内容は、四球、二塁打でツギオ、そして福川将和に適時打と貶される部類のモノでした(^^;)


■川崎雑感
スミマセン・・・気になる選手がいなかった訳ではないのですが、あまり観ていなかったのです(^^)。次回はジャイアンツにも目を凝らしますので許して下され。


2002年 7月28日 イースタンリーグ14回戦 ヤクルト−ロッテ(戸田)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年 7月28日 ヤクルト−ロッテ 14回戦

M戸田(ヤクルト8勝6敗)

 
ロ ッ テ 000 300 001│
 
ヤクルト 050 100 00X│
 
 勝 丹 波 1勝0敗0S 登板18
 S 島 田 0勝2敗3S 登板20
 負 井 上 4勝5敗2S 登板20
    
 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 丸 山 510 空振    右安 左飛       三直    中飛
  D 今 江 410 右安    遊併    ニ直    三ゴ
  G9喜 多 300 左飛       四球 一ゴ       遊直
  F 佐 藤 411 右飛       中2 投直       遊飛
  1 戸 部 000
  A 清水将 200    左飛    四球    ニゴ
  1 田中良 000
  H 早 川 100                      ニ飛
  B 信 原 410    一ゴ    遊安    中飛       ニゴ
  E 青 野 201    一ゴ    左犠    遊飛      
  H 橋 本 110                         右安
  @ 井 上 000
  H8於 保 310       左安 ニゴ       遊失
  H 大 村 111                         中2
  R 山崎貴 000
  H 寺 本 100       ニゴ
  1 亮 寛 000
  H 平 井 111          左安
  R 福 沢 000
  1 黒木絢 000
  2 里 崎 200                   右飛    右飛
  犠盗失併残─────
  10226 3484

      回 打安振球責
  井 上 2 125301
  亮 寛 1 31000 
  黒木絢 2 93101
  田中良 2 70020
  戸 部 1 30000
  
 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 橿 渕 311 遊失 左3    三ゴ       四球
  F ユウイチ  411 三邪 右3    中飛       左飛
  B 衣 川 400 ニゴ 空振       ニゴ    ニ飛
  1 高 橋 000
  1 島 田 000
  D 畠 山 401    見振 ニ飛    捕邪    遊ゴ
  E4本 郷 430    右本 左安    右2       左飛
  A 福 川 400    右失 遊併    空振       一飛
  C3ツギオ 411    左2    一飛    ニゴ    中飛
  @ 平 本 100    見振
  H リーゴ 111          左本 
  1 丹 波 000                四球
  6 野 口 000
  G 代 田 321    中安    右安    遊併      
  犠盗失併残─────
  02114 3293

      回 打安振球責
  平 本 4 196123
  丹 波 3 100000
  高 橋 1 30000
  島 田 1 52001


  本塁打  本 郷(ヤ)3号@ (2回 井上)
       リーゴ(ヤ)1号@ (4回 黒木絢)
  三塁打  橿 渕(ヤ)    (2回 井上 タイムリー)
       ユウイチ (ヤ)    (2回 井上 タイムリー)
  二塁打  ツギオ(ヤ)    (2回 井上 タイムリー)
       佐 藤(ロ)    (4回 平本 タイムリー)
       本 郷(ヤ)    (5回 黒木絢)
  犠 飛  青 野(ロ)     (4回 3塁走者佐藤がホームイン)
  盗 塁  代 田(ヤ)    (4回 ニ盗成功 捕手清水将 打者橿渕)
       橿 渕(ヤ)    (7回 ニ盗成功 捕手里崎 打者畠山)
  失 策  青 野(ロ)    (1回 橿渕の遊ゴを1塁悪送球)
       寺 本(ロ)    (2回 福川の右飛を落球、福川は3塁へ)
       本 郷(ヤ)    (7回 於保の遊ゴを後逸)
  牽制死  橿 渕(ヤ)    (1回 井上−信原 打者ユウイチ)
  併 殺  ヤクルト     (3回 今江 1死1塁 本郷−ツギオ−衣川)
       ロ ッ テ     (3回 福川 1死1塁 青野−丸山−信原)
       ヤクルト     (6回 代田 1死1塁 遊直で1塁走者丹波が帰塁でき
                    ず 青野−信原) 
      
  球審:敷田 一塁:佐々木 二塁:萩原 三塁:木内 公式記録:加藤木  
  時間 2時間44分(12:59〜15:43)

戦評
 ヤクルトは2回に寺本のエラーに付け込み、5長短安打を集中させ、5点を奪取。
 ロッテも制球の定まらない平本を攻め、4回に3点を返すが、2番手の丹波に抑えられる。
 9回に島田を攻め、1点を返すも、反撃もここまで。丹波は今期初勝利!

選評

 
井 上(ロ) 1回は無難に抑えるも、2回、本郷に被弾し、更に寺本のエラーを足掛かりに
       計5点を献上(自責点は1)。投球技術うんぬんよりも、緊張の糸が切れてしま
       って連打を浴びたという印象。精神面の強化が必要かも?

 
丸山青野 7回の橿渕の盗塁の際に全くのノーマークだったのか橿渕よりもセカンドキャ
  ↑  ↑  ンバスに入るのが遅いという失態。田中良が完全にモーションを盗まれている
 二塁 遊撃 上に里崎もノーマークだったようだが、これは頂けない。

 
田中良(ロ) 数字だけ見れば2回を無安打無失点だが、ストライクが入らず適度に球が荒れ
       いたというのが正解。オーソドックスな投球フォームで軸がぶれているという
       印象はないが、何故コントロールが悪いのでしょう?


 
丹 波(ヤ) クラブチーム出身や弟さんの件で話題になった右腕も4年目。今日は丁寧にコ
       ーナーを突くピッチングで3回をエラーでランナーを出しただけの10人でピシ
       ャリ。 193cmの長身から投げられる球は決して球威があるわけではないが、球
       質は重そう。ただ、投げ終わった後に体が1塁方向へ流れるのが気になる。

 
代 田(ヤ) 足のスペシャリスト。4回、ヒットで出塁すると当然の如く盗塁を決め、更に
       橿渕の3ゴロでサードの今江の牽制を受けながらも、3塁をを陥れる。また、
       9回には大村のオーバーフェンスの当たりをジャンプ1番、グランド内にはた
       き落とす。さすが!

 
本 郷(ヤ) 連日のホームランを含む、右へ左へ3安打猛打賞。しかも、第1打席からホー
       ムラン・単打・2塁打と放ち、第4打席にはサイクルヒットの期待が掛かった
       が、惜しくもレフトフライに倒れる。残念!

 おまけ
 
うぐいす嬢 4回のロッテの攻撃、ヒットの平井の代走に福沢が出たときに間違って『ファ
       ーストランナー、平井に代わりまして早川』とアナウンスしてしまい、主審の
       敷田さんに『違う!ふ・く・ざ・わ』と怒鳴られる。敷田さんもそんなに怒ら
       なくてもねぇ(笑)。


2002年 7月28日 イースタンリーグ13回戦 日本ハム−巨人(長野県飯田市)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年7月28日(日)

  長野県シリーズ第2戦
  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−読売ジャイアンツ 13回戦
  日本ハム8勝4敗1分 (長野県・飯田市 県営飯田野球場) 13:00
  晴れ 試合時間2時間47分
  ◆球審:村 越 1塁:新 屋 2塁:−−− 3塁:津 川(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:荒 木(セントラル・リーグ)

                      H E
読売巨人 000 010 210 ・・  7 1
日本ハム 030 100 02x ・・ 10 0

○ 勝利投手 伊 藤 1勝1敗  ● 敗戦投手 酒 井 1勝1敗
S  セーブ フリューリー −勝−敗
HR 本塁打 上 田  2号 酒 井A 8回1死 (日本ハム)
2B 2塁打 高 野 8回2死 (読売巨人)
 E 失 策 永 池 2回1死 (阿久根二ゴロを本塁悪送球) (読売巨人)
   暴 投 酒 井 7回2死 (打者・小田は三振振り逃げ) (読売巨人)
   牽制死 古 城 2回2死 (打者・森本) (日本ハム)
  盗塁失敗 十川孝 5回2死 (打者・山下) (読売巨人)
   走塁死 石 本 8回無死 (上田バント空振りで二・三塁間狭殺)(日本ハム)
Fc 野 選  原  2回1死 (阿久根一ゴロを本塁送球) (読売巨人)
       小 田 4回無死 (上田捕前バントを3塁送球) (読売巨人)
   併殺打 原 田 1回1死 (原−十川孝−原) (日本ハム)

(読売巨人) 十川孝反撃開始の適時打、原2安打2打点、高野一旦は逆転のタイムリー
ツーベース
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7   8  9
(8) 鈴 木 3 0 0 0 0 投ゴ    三邪       右飛    一 犠
(7) 山 田 4 0 0 0 0 三ゴ       投ゴ    二ゴ    三 飛
(9) 高 野 4 1 1 0 0 左飛       三邪       三ゴ 右越2・
(4) 永 池 4 1 0 0 0    一邪    左飛       右安 中 飛
(DH) 吉 永 3 1 0 1 1    左飛       四球    中安     三振
(2) 小 田 4 0 0 0 0    三ゴ       三ゴ    一ゴ     二ゴ
(3)  原  4 2 2 1 0       中安    右飛    中安:    三振
(6) 5 十川孝
 3 1 1 0 0       三ゴ    左安・   三ゴ
(5) 山 下 2 0 0 0 0       二飛       二ゴ
 6  大須賀 1 1 0 0 0                      左 安
     :             :  :  :  :  :  :  :   :  :
    残塁3 32 7 4 2 1  0  0  1  0  0  0  2   1  0
                  ・は打点 

(日本ハム) 古城2打席連続左投手から適時打2安打2打点、上田試合決着の2号2ラン、
       西浦連日の3安打
        打 安 点 振 四  1   2  3  4  5  6  7  8
(8) 森 本 4 0 0 1 0 遊ゴ     投ゴ 三振       右飛
(3) 小 田 4 1 0 2 0 左安     三振    二ゴ    振逃
(7) 原 田 4 0 0 2 0 一併     見振    捕邪    三振
 7  大 貝 0 0 0 0 0   
(DH) 西 浦 3 B 0 0 1    四 球    中安 中安       右安
R DH 石 本 0 0 0 0 0   
(2) 高橋信 4 B 0 0 0    中 安    遊安 二飛       中安
(9) 上 田 3 1 2 0 0    二 ゴ    捕Fc    二飛    右本:
(4) 阿久根 4 0 1 0 0    一ゴFc・   一ゴ    二ゴ    中飛
(5) 飯 山 4 0 0 3 0    右 飛    三振    見振    見振
(6) 古 城 3 2 2 0 0    左 安・   左安・      中飛
     :             :   :  :  :  :  :  :  :
    残塁5 33 10 5 8 1  0   0  0  3  1  0  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 Fcはフィルダースチョス

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(読売巨人) 石川6回を7安打2責点の投球、酒井8回連打から上田に逆転ホームランで
       今季初黒星
   石 川   6     26  7   0   1   5   2
 ● 酒 井   2      9  3   1   0   3   2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 立石7回1点差も好投。高橋憲1点差守れず同点打許す、伊藤5球で今季初○、
       フリューリー打者3人
   立 石   7     26  5   0   1   0   3
   高橋憲     2/3  4  2   0   0   0   1
 ○ 伊 藤     1/3  1  0   0   0   0   0
 S フリューリー 
  1      3  0   0   0   2   0

日本ハム−4 読売巨人●

前日に引き続き、長野県・飯田市の県営飯田野球場での試合。この日も朝から気温がみるみる上昇し午前11時頃には36℃を掲示していた。前日は巨人が勝利し飯田で3連勝と相性の良さを発揮。対する主催側日本ハムも上位戦線から離脱しない為にも連敗は避けたい。

1回日本ハムの先発は前週に続いて立石がマウンドへ。1回巨人の攻撃は1番昨日と同じく鈴木。3球ファールで2−0として最後はピッチャーゴロ。2番山田1−0から打ってサード正面へのゴロ、飯山が前進してきて捕球し1塁へ送球。3番高野、2−1から打ち上げてしまいレフトやや右へのフライで3者凡退、日本ハム先発・立石は順調なスタート。1回裏巨人の先発はドラフト4順目期待の左腕石川。1回裏日本ハムの攻撃は、1番こちらも前日と同じ打順ながらもセンターでの出場森本。1−3から打ってショートゴロ。2番小田、流してレフト前ヒットで出塁。3番昨日は指名打者だったが、本職のレフトで先発・原田。狙いは良かったが、流した打球はファーストゴロ、原−十川孝から捕った原がファーストベースに戻ってきて併殺打。3人で攻撃終了。2回巨人は4番永池から、1−0から速球に詰まってファーストファールフライ。5番吉永、初球攻撃に出るがレフト定位置へのフライ。6番小田、2−1から打ってサードゴロ。飯山が一歩下がって捕球し1塁へ送球。この回も3者凡退。2回裏日本ハムは4番西浦から、ホームランを避ける為か1球もストライクが入らずにストレートの四球で出塁。5番高橋信、2−0と簡単に追い込まれるが、続く投球をセンター前にクリーンヒット。無死1、2塁と先制のチャンスに6番前日は3三振と地元でいい所を見せられなかった上田。引っ張るがセカンドゴロで2人のランナーがそれぞれ進塁し1死2、3塁に変わる。7番阿久根、これも引っ張るとファーストゴロ。正面へのゴロに原が捕球すると、3塁ランナーの西浦が本塁に向かっていた。普通に送球すれば難なくアウトで充分のタイミングに見えたが、原がこれを本塁へ悪送球してましう。やや3塁ベース方向に送球してしまい、ボールは小田の後ろへ転々とする。これで2者が生還し2点を先制、阿久根の記録はファーストゴロと原の野選、失策となった。1点リードして1死2塁になり8番飯山、打ち上げてしまいライトフライ。この打球を見て2類ランナーの阿久根が3塁に向かってタッチアップしセーフ。2死3塁として9番古城、流し打った打球はサード左を鋭く抜けてレフト前にタイムリーヒットでこの回3点目、3−0と日本ハムがリードする。1番に戻って森本、しかし1塁ランナーの古城が石川の牽制に引っかかってしまう。古城は挟まる事無く盗塁スタートと似た状態で一気に2塁へ向かうが、これは2塁タッチアウト。3回巨人は7番原から、0−2から打ってセカンド阿久根のグラブを掠めるがボールはセンター前へ転がって巨人の初ヒット。8番十川孝、サードベース上3塁線一杯へのゴロ。飯山が捕って2塁へ送球しフォースアウト。9番は期待の大型内野手・山下。しかし打ち上げてセカンドベース後方へのフライ。2死になり1番に戻って鈴木、初球打ちもサードファールフライ。3塁ベースやや前方、コーチャーボックス付近で捕球しスリーアウト。

3回裏日本ハムは、先程古城がタッチアウトで攻撃を終了した為再び1番森本から。3球でスリーボールから2球ストライクで2−3となるが最後は打ってピッチャーゴロ。2番小田、高目のストレートに空振り三振。3番原田、2−3からの投球にバットが止まるが球審・村越がストライクのコールで見逃しの三振、3者凡退。4回巨人は、2番山田から。初球をセーフティバントするが、強い打球となってしまい転がった位置もピッチャー立石の正面へ。普通のピッチャーゴロ状態で1死。3番高野、これも初球打ちするがマウンド上空へのフライ。ファーストの小田が出てくるが、サード飯山がこれを捕球。2球で2死、3球でスリーアウト・・しかし4番永池は2−2からの5球目を打って左中間への大きい飛球も原田の守備範囲。それでも7球で3者凡退に打ち取る。4回裏日本ハムは4番西浦から。2球で2−0に追い込まれてしまうが続く3球目をセンター前に弾き返す。続く5番高橋信がショートへの内野安打で連続ヒット。無死1、2塁として6番上田。捕前へのバントを敢行すると、これを小田が捕球して3塁へ送球!しかし、間に合わないのが確実なほど走者のスタートと、転がった位置が良くフィルダースチョイスに。無死満塁と追加点のチャンスに、7番阿久根。引っ張ってファーストゴロ、原が今度は正確に本塁へ送球してフォースアウト、1塁への転送はセーフ。1死満塁となり8番飯山、2−2からストレートを見逃し三振で2死満塁。1点も入らないのか・・と思ったが、続く9番古城。左対左の不利の筈が、タイミングが合っていたのか第1打席同様サード右を鋭くライナーで抜けるレフト前ヒット。3塁から西浦が還って1点追加4−0とする。1番に戻って森本、しかし空振り三振で追加点ならず。5回巨人は5番吉永からの攻撃。1−3から変化球が外れて四球で出塁。6番小田、打ってサードゴロ、吉永が2塁に進んで1死2塁。7番原、流してライト上田が素早く後退するがフェンスまでは届かないライトフライ。2死2塁で8番十川孝、引っ張ってサード頭上を鋭く抜けてレフト前ヒット。これを捕った原田がバックホームするが、1塁方向に逸れておりセーフ。1点返して4−1に。9番山下、初球と同時に十川孝が2塁に向かいスタート!投球はストライクとなり高橋信が2塁へ送球してタッチアウト。盗塁失敗でチャンス続かず。5回裏日本ハムは、2番小田からだがセカンドゴロ。3番原田はキャッチャーファールフライ。4番西浦が2−3から打ってセカンドベース上を転がってセンター前ヒット。5番高橋信も打ち上げてしまい平凡なセカンドフライ。6回巨人は9番宮崎からの攻撃、2−2から打って阿久根が前進してきて捕球しセカンドゴロ。1番鈴木、右中間への大きい飛球だったがライトフライ。2番山田、0−1から打ってセカンド正面へのゴロで3者凡退。6回裏巨人は選手の交代、サード山下に代わって大須賀が入る。日本ハムの攻撃は6番上田から、0−1から打つが左対左の不利か効いたのかセカンドフライ。7番阿久根、2−1から打ってセカンドゴロ。8番飯山、2−2からのストレートを見逃して三振、こちらも簡単に攻撃を終了して3者凡退。

日本ハム先発の立石から1点しか奪えていない巨人打線だがこの回ようやく立石から得点を奪う。7回巨人の攻撃は、3番高野からの攻撃。サード左への鋭い打球だったが、飯山がこれを好捕!そのまま何事もなかったかの様に1塁へ送球してアウト。4番永池、0−1から打ってライト前へワンバウンドのヒット。続く5番吉永、2−3から1塁ランナーの永池がスタートし吉永が打ってヒットエンドランになる。これが見事成功してセンター前ヒット。1死1、3塁となって6番小田。詰まってファーストゴロ。3塁ランナーを牽制して小田が自分でベースを踏む。2死2、3塁になって7番原。打球はセカンド頭上を越えてセンター右へのヒット、2者が生還して4−3と巨人が1点差に詰め寄る。8番十川孝、2−0から打つがサード正面へのゴロ。7回裏巨人は先発の石川に代わって2番手に酒井をマウンドへ。7回裏日本ハムの攻撃は、9番今日2安打2打点の古城から。2−3から高目を無理に打ちに行くがセンターフライ。1番森本、流してライトへの大きい飛球だがライトフライ。2番小田、空振り三振になるが、この投球を小田が捕れない。ボールが3塁側ネクスト・サークル付近まで転がると小田が1塁を駆け抜けており振り逃げで出塁。3番原田、低めへの変化球にバットが止まるがスイングを取られて空振り三振。1点リードの日本ハムは8回先発の立石に代えて2番手に1軍でも実績充分の高橋憲を送る。しかしこれが裏目に出てしまう。8回巨人の攻撃は9番大須賀から、レフト前へワンバウンドでクリーンヒット。1番に戻って鈴木、1−2から送りバント。1塁前に転がって成功1死2塁に。2番山田は打ち上げてしまいサードフライ。サード飯山がマウンド前方まで来て捕球。2死2塁になって3番高野、引っ張った打球がライト上田を襲う!これが一瞬でライトオーバーのタイムリーツーベースとなって高橋憲救援失敗、4−4の同点になる。ここでピッチャーの交代、3番手に伊藤がマウンドへ上がる。続くは4番永池、2−2から打ってセンターフライで逆転ならず。飯田4連敗は避けなければならない日本ハムは8回裏、やはり地元人がミスも好打も「演出」する。4番西浦からの攻撃、流し打ってライト前ヒットで今日も3安打猛打賞。2日連続で猛打賞7打数6安打の固め打ち。西浦が1塁に到達した所で代走が起用される。1点を争う場面にランナーは駿足・石本。続くは5番高橋信、2球で簡単に2ストライクに追い込まれるが、続く投球をセンター前に詰まりながらもヒットで高橋信も3安打猛打賞。無死1、2塁として6番上田、場内の期待は「勝ち越しホームラン」だったが、ベンチからのサインに上田の構えは送りバント。ところが、バントしなければならない投球を上田が空振りしてしまう。塁間の半分程度までリードしていた石本がこれに、慌てて2塁へ戻るがキャツチャー小田からの牽制球が2塁に来ると、石本は3塁へ向かう。2・3塁間での狭殺プレーになってしまい石本はタッチアウト。1塁ランナー高橋信は2塁へ進んでおり、1死2塁に変わる。しかし上田が、続く投球をスイング一閃!!自分の不始末を自ら取り返すには余りある打球が、ライト上空を一瞬で通過して行く!ライト・高野が数歩追っただけで諦めてしまった打球はライトポールやや左側への第2号勝ち越しツーランホームランで、6−4と日本ハムが2点リード。場内のファンも敵・見方の別なく拍手で上田の一打を称える。7番阿久根は打ち上げてセンターフライ。8番飯山は見逃し三振。9回日本ハムのマウンドには抑えの切り札フリューリーが上がる。9回巨人の攻撃は5番吉永から、2−1から低めの変化球に空振り三振。6番小田、2−1から打ってセカンドゴロ。阿久根がヒザを付いて捕球し1塁へ。7番原、最後は空振り三振で試合終了。

日本ハムが長野県・出身の上田の逆転ツーランで飯田での対巨人戦の連敗を3でストップ。戦術的には手痛いミスだったが、正に「結果オーライ」でミスを塗りつぶした。投げては立石が7回を3失点ながら好投、フリューリーが9回を打者3人で打ち取ってセーブ賞。巨人は先発の石川が6回を古城の2本のタイムリーに抑える投球を披露。2番手酒井が上田の一発に沈む。■試合終了時刻15:47


2002年 7月27日 イースタンリーグ12回戦 日本ハム−巨人(長野県飯田市)報告者:みつともさん

健一@簡易版

現場@長野県からの速報(書記:健一) 投稿者:健一  投稿日: 7月27日(土)18時52分17秒

首題の通り、みつともさんから電話にて速報がありました。それを起こして以下の観戦記を代理アップさせていただきます。後日この試合の本編にあたる観戦記投稿を予定されているそうです。

また明日もみつともさんは同球場にて同カードを観戦されるそうです。なんでも最高気温38度という炎天下だそうです・・・本当にお疲れさまです(瀬戸くんも大丈夫かあ(^^))。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■イースタンリーグ 7月27日(土) 12回戦 鎌ヶ谷ファイターズvs川崎ジャイアンツ(長野県飯田市県営飯田野球場)
                      R H E
川崎ジャイアンツ |003 000 000| 7 1
鎌ヶ谷ファイターズ|000 000 001| 8 1

川:○小野仁(9回)
鎌:●生駒雅紀(2回2/3)−厚沢和幸(5回1/3)−山口弘佑(2/3)−伊藤剛(1/3)

【数少ない得点場面&雑感】

□3回表
ジャイアンツはこの回先頭打者の田中健太郎が四球で出塁、十川孝富の遊ゴの間に二塁へ進塁(ラン&ヒット)。鈴木尚広は平凡なレフトライナーかと誰もが思った・・・その瞬間!左翼手
森本稀哲まさかの落球。鈴木尚広は一気に二塁を奪取、二塁走者の田中健太郎もまさか落球するとは思わなかったので二塁を大きくは離れられず結果的に三塁ストップ。
そんな一死二三塁の場面で、山田真介が遊ゴ。その間にジャイアンツ先制得点。更に3番高野忍には右安で2点目。もう一つ4番永池恭男にも投球強襲の適時打でこの回計3点目。#なお打球は
生駒雅紀の足に当たり、方向として右中間に転がる強襲打でした。

□9回裏
小野仁
に要所を締められていたが、最後に反撃を見せた。先頭打者4番
西浦克拓猛打賞となる中安、高橋信二も左安と続き無死一二塁の好機。しかし阿久根鋼吉上田佳範の左打者陣が連続三振・・・。アウトカウントだけ増え風前の灯火となったか二死一二塁、本日小野仁に芳しくない飯山裕志に変わって代打山地隆、ここでセンターへのクリーンヒットで二塁走者が生還し1点を返す。しかし次打者古城茂幸が中飛で試合終了。


ジャイアンツ先発の小野仁は、左サイドからキレの良いストレート、そして外角に流れる変化球のコンビネーションで9回を投げきり完投、そして11奪三振!#羨ましい逸材(^-^)

そんな好調時の小野仁に手も足も出なかったのが、鎌ヶ谷左打者陣。
石本努は、併殺を含む2個の投ゴで4タコ。6番阿久根鋼吉、7番上田佳範、また右打者ではありますが8番飯山裕志のこの3人はいずれも3三振・・・3人で9個ですな。

また本日の鎌ヶ谷打線8安打の内訳は、
森本稀哲2安打、西浦克拓3安打、高橋信二2安打、山地隆1安打と全員右打者でした。

小野仁小野仁で課題があるということ(対右打者、それに対左打者を意識する中継ぎ候補としては緊迫する場面での登板がどうしても増えます。しかしノミの心臓、、、と1軍と2軍の壁があるようです<クリアできるモノだとは思います)。

序盤無意味な四球から失点を重ね、仕舞には投手強襲で退いた
生駒雅紀ですが、その後にマウンドに立った二番手厚沢和幸が、5回1/3を無難に締めたようです。

最後に両チームの長野県ご当地選手として出場した
上田佳範(松商学園1992.3卒業)田中健太郎(松商学園1998.3卒業)は共に安打はなく大きな拍手に成績では応えられなかった。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


みつともさん@完全版

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年7月27日(土)

  長野県シリーズ第1戦
  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−読売ジャイアンツ 12回戦
  日本ハム7勝4敗1分 (長野県・飯田市 県営飯田野球場) 13:00
  晴れ 試合時間2時間59分
  ◆球審:津 川 1塁:村 越 2塁:−−− 3塁:新 屋(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:荒 木(セントラル・リーグ)

                     H E
読売巨人 003 000 000 ・・ 7 1
日本ハム 000 000 001 ・・ 8 1

○ 勝利投手 小野仁 3勝0敗  ● 敗戦投手 生 駒 2勝4敗
2B 2塁打 森 本 8回無死 (日本ハム)
       吉 永 9回無死 (読売巨人)
SB 盗 塁 高 野 3回2死 (打者・永池) (読売巨人)
 E 失 策 永 池 1回無死 (石本三直を後逸) (読売巨人)
       森 本 3回1死 (鈴木左直を落球) (日本ハム)
   走塁死 森 本 1回1死 (原田三振後二・三塁間狭殺) (日本ハム)
       山 下 9回1死 (宮崎投ゴロで3塁狙い) (読売巨人)
       森 本 8回無死 (石本投ゴロで二・三塁間狭殺) (日本ハム)
   併殺打 石 本 3回無死 (小野仁−十川孝−田中) (日本ハム)
       原 田 8回1死 (十川孝−宮崎−原) (日本ハム)

(読売巨人) 3回相手ミスから得点。高野、永池2安打1打点。吉永ツーベース
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8   9
(8) 鈴 木 4 1 0 1 0 三振    左失    左安    二ゴ    
(7) 山 田 3 0 1 0 0 遊飛    遊ゴ・   投犠       遊ゴ
(9) 高 野 4 2 1 1 0 中安    右安・   二ゴ       三振
(5) 永 池 4 2 1 0 0 遊飛    中安・      左安    三ゴ
(DH) 吉 永 4 1 0 0 0    三ゴ 二ゴ       遊飛       中越2
R DH 山 下 0 0 0 0 0    
(2) 小 田 4 0 0 0 0    中直    二ゴ    右飛       中 飛
(4) 宮 崎 4 0 0 0 0    遊ゴ    一ゴ    投ゴ       投 ゴ
(3) 田 中 2 0 0 1 1       四球 見振       左飛
 3   原  1 1 0 0 0                         左 安
(6) 十川孝 4 0 0 0 0       遊ゴ    中飛    右飛    左 飛
     :             :  :  :  :  :  :  :  :   :
    残塁6 34 7 3 3 1  1  0  1  0  1  1  0  0   2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 西浦3安打、高橋信2安打、森本2安打も決定打が出ず。山地代打で登場
       タイムリーで完封阻止
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7   8  9
(7) 森 本 2 2 0 0 2 中安    四球    四球       左中2
(8) 石 本 4 0 0 0 0 三失    投併    遊邪       投 ゴ
(DH) 原 田 4 0 0 1 0 三振    中飛       遊直    遊 併
(3) 西 浦 4 B 0 1 0 見振       右安    中安        中安
(2) 高橋信 4 2 0 0 0    右安    遊直    遊ゴ        左安
(4) 阿久根 4 0 0 3 0    投ゴ    三振    三振        三振
(9) 上 田 3 0 0 3 1    四球    三振       三振     三振
(6) 飯 山 3 0 0 3 0    三振       三振    三振
 H  山 地 1 1 1 0 0                          中安・
(5) 古 城 4 0 0 0 0    中飛       中直    投ゴ     中飛
     :             :  :  :  :  :  :  :   :  :
    残塁8 33 8 1 11 3  1  2  0  1  1  1  0   0  2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(読売巨人) 小野仁日本ハムキラーぶりを充分に発揮し9回8安打1責点完投勝利。
 ○ 小野仁   9     36  8   0   3  11   1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 生駒負傷降板も見方ミスから失点、厚澤5回1/3を2安打無失点好投。
       山口危機を伊藤封じる
 ● 生 駒   2 2/3 13  3   0   1   1   0
   厚 澤   5 1/3 18  2   0   0   2   0
   山 口     2/3  4  2   0   0   0   0
   伊 藤     1/3  1  0   0   0   0   0


日本ハム1−3読売巨人

前週は日本ハムの本拠地・鎌ヶ谷でのこのカード、今週末は長野県・飯田市の県営飯田野球場での2連戦。前回は2年前の9月に行われ巨人がイースタンリーグ優勝を決めた球場。南信州・飯田市も真夏の太陽が照り付けバックスクリーンの風速計は常時1b程度、気温は最高38℃を最高に37℃を表示し続ける暑い中で試合開始。

1回日本ハムの先発は生駒がマウンドへ。1回巨人の攻撃は1番鈴木。2−3から低めのストレートを空振り三振。2番山田、初球打ちに出るがショートフライ。飯山が下がって芝部分で捕球。3番高野、2−2から打ってセンター前ヒット、セカンドベース上をゴロたで転がる。4番永池、しかし打ち上げてショートフライ。2番の山田と同じ様な位置で捕球し、高野残塁。1回裏巨人の先発は、日本ハムキラーという表現で充分の小野仁がマウンドへ。1回裏日本ハムの攻撃は、1番森本。ストレートを打ち返してセンター前ヒット。2番石本、流し打ちすると鋭いライナーがサード永池を襲う!この打球を永池がグラブで弾くとレフト前に転がる。記録はエラーで無死1、2塁と日本ハムが早くも先制のチャンスを作る。3番原田、2ストライクからエンドランのサインだったのか、2塁ランナーの森本がスタート。しかし原田が空振り三振してしまうと、森本が2・3塁間での狭殺プレーになってしまう。森本が塁間を右往左往するが結局タッチアウトで2死2塁に変わる。4番西浦、しかし低めのストレートを見逃すとストライクの判定で見逃し三振。2回巨人は、5番吉永から。2−1から流し打ちもサード正面へのゴロ。6番小田、打ってセンター前に落ちるかというライナー。外野手の判断でヒットにしても何の問題もない打球だったが、センター石本がこれに前進してくると最後はダイビングキャッチ!!横向きに一回転してファインプレーでアウト。7番宮崎、2−1から打つも速球に詰まった感じのショートゴロで3者凡退。2回裏日本ハムの攻撃は5番高橋信からの攻撃。打ってセカンド右をゴロで抜けてライト前ヒットで出塁。6番阿久根、引っ掛けてピッチャーゴロ、小野仁が捕ってファースト田中にトス。田中と阿久根がベースへ駆け込んでタイミングが同時に見えたが、阿久根がベースを踏めてなく、田中もギリギリで阿久根にタッチしておりアウト。7番先発ライトで出場は、完全な地元ではないものの「長野県のヒーロー」という事で場内の敵味方を問わず拍手でバッターボックスは上田。ここで打って1軍へ再昇格したい所。2−3から内角のストレートを見送って四球で出塁。8番飯山、2−1から高目のストレートを振ってしまい空振り三振。9番古城、2−2から打ってセンターやや右へのフライで上田残塁。3回巨人は8番、先程の日本ハムと同じく長野・松商学園出身という事で上田程ではないが場内から拍手で打席は田中。2−3から低めストレートを見送って結果も上田と同じく第1打席は四球で出塁。9番十川孝、0−1から田中がスタートし、十川隆は打ってランエンドヒットの形になるが打球はショート正面へのゴロで送りバント状態。1死2塁となって、1番に戻って鈴木。ここで日本ハムに信じられないミスが出てしまう。鈴木の打球はやや低いながらもレフト森本へのライナー。森本が捕球体勢に入るが、これを落球してしまう。ハーフウェイでこの打球を見ていた田中が捕球されたと思い、一旦はセカンドベースに戻るが慌てて3塁へ向かう。打った鈴木は2塁へ進み1死2、3塁と巨人が先制のチャンス。2番山田、0−2から打ってショート正面へのゴロだがこの間に田中が生還して巨人が1点を先制する。さらに3番高野、引っ張って打球はボテボテのゴロだが、1、2塁間を抜けてライト前ヒット。3塁から鈴木が還って2−0と巨人が2点のリード。2死1塁となって4番永池、ここで日本ハム先発の生駒にアクシデントが襲う。まずは2−0から高野がスタートし盗塁成功で2塁に進むと、続く投球を永池が打ち返す。打球が鋭いピッチャー返しとなって生駒の足に直撃する。スパイクに当ってボールがハネ返り、センターに抜ける打球用にセカンドベース方向に移動していたセカンド阿久根の逆を衝く位置へ転がる。これがセンター前タイムリーとなって巨人が3−0と3点差にする。この打球で生駒が一旦ベンチに治療の為下がるが、続投不可能との判断が出たのか白井監督がすぐさま交代を告げる。2番手マウンドに厚澤が緊急登板。5番吉永、1−0から引っ張るがファーストゴロ。

3回裏日本ハムは、1番森本からの攻撃。先程の失敗を取り返したい場面だったが、2−3からの投球がキャッチャー小田の下を転がってバックネットへ。四球で出塁する。2番石本、打ってピッチャーゴロ、やや強い当りだったが小野仁−十川孝−田中と渡って併殺打。3番原田、2−2から打ってセンターが後退して行くがフェンスまでは距離がありセンターフライ。3人で攻撃終了。4回巨人は6番小田から、2−0から打って、ややセカンドベース寄りのゴロ。7番宮崎、初球打ちでファーストゴロ、西浦が捕ってベースカバーの阿久根へトス。8番田中、2−2から高目のストレートを見送るが見逃しの三振。4回裏日本ハムは4番西浦かの攻撃。2−2から流し打ちしライト前ヒット。5番高橋信、打って鋭いライナーだったがショート正面へのライナー、セカンドベース左側で捕球される。6番阿久根、2−1からのカーブに空振り三振。7番上田もストレートに空振り三振で左の小野仁対日本ハム左打者陣が対戦にならない。5回巨人は、9番十川孝から。2−わから打ってセンターへ、石本が後退するが充分の守備範囲でアウト。1番に戻って鈴木、1−0から流してレフト前へワンバウンドでヒット。1死1塁で2番山田、初球を投前へ送りバントし成功して2死2塁。追加点のチャンスに3番高野、2−1からピッチャー返し!厚澤が打球を弾いてまたしてもセカンドが逆を衝かれる転がり方。しかし先程の永池の打球程勢いがなく、セカンド阿久根が捕って1塁へ送球してアウト。これはグラブで弾いていた為何事もなかった。5回裏日本ハムは、8番飯山。2−3からまたしても高目のストレートに空振り三振。9番古城、2−3から打ってセンターへ鋭い打球もセンターライナー。1番に戻って森本、1−3から四球で出塁。2死1塁で2番石本、打ち上げてしまいサード斜め後ろへのファールフライ、巨人側ブルペン付近まで十川孝が追って捕球。6回巨人は、4番永池。サード左を鋭く抜けてレフト線やや内側へのレフト前ヒット。5番吉永、1−0から打ち上げてしまいショートフライ。6番小田は初球打ちも平凡なライトフライ。7番宮崎、1−0から強い打球だったがピッチャーゴロで永池残塁。6回裏日本ハムの攻撃は、3番原田から。1−0から打ってショートライナー。4番西浦、センター前ヒット。5番高橋信、打ってショートゴロ。十川孝が捕ってセカンドベースカバーの宮崎に送球してフォースアウト。6番阿久根、2−3から最後はカーブで空振り三振。7回巨人は、8番田中から。2−2からファールで数球粘るが打ち上げてレフトフライ。9番十川孝、2−3から打ち上げてライトフライ。1番に戻って鈴木、1−1からセカンドゴロ。高校球児ばりのヘッドスラィディングで1塁へ滑り込むが微妙なタイミングにも届かずアウト、3者凡退。7回裏巨人は選手の交代、ファーストの田中に代わって原が入る。日本ハムの攻撃は、7番上田からの攻撃。2−2からのカーブに空振り三振。8番飯山、2ストライクから低めのストレートを空振りで今日3三振と振るわない。9番古城、2−2から止めたバットに「当ってしまった」が見たままのスイングでピッチャーゴロでこちらも3者凡退。

8回巨人は、2番山田から。2−2から打ってショートゴロ。3番高野、2−3からの変化球に空振り三振。4番永池、2−2から打つとバットが折れてサードゴロで2イニング続けて3者凡退。日本ハム2番手の厚澤は緊急登坂ながらも5回1/3を僅か2安打無失点の好投。8回裏日本ハムの攻撃は1番森本から。打って左中間を破るツーベースで出塁。2番石本、点差と相手投手の投球内容を考えると1点を取る為の送りバントより、強振してでも結果に期待という所だったのか、石本は全くバントの構えをせず強行。しかし結果は最悪のものになってしまう。ピッチャーゴロ、これで森本がまたしても2・3塁間で狭殺プレーになってしまいタッチアウト。3番原田も強行策に出るが、ショートゴロ、十川孝−宮崎−原と渡って今日2個目の併殺打、3人で攻撃を終了してしまう。9回日本ハムは好投の厚澤から3番手山口に交代する。巨人9回の攻撃は、5番吉永から。南海・門田ばりの独特のスイングから放たれた打球はセンターオーバーのツーベース。山口はいきなりピンチを背負う。吉永が2塁到達した所で代走が起用される。セカンドランナーは山下。続くは6番小田、0−2から打ち上げてしまいセンターフライ。7番宮崎、足の速い山下を3塁に進めれば1点追加が近づく。しかしバントがピッチャー前に転がってしまい、山口が捕って3塁へ送球し山下はタッチアウト。送りバント失敗で2死1塁。8番原、サード横を鋭く抜けてレフト前ヒットで2死1、2塁と再びチャンスを作る。9番十川孝を打席に迎えた所で日本ハムはピッチャー交代、4番手に伊藤が上がる。十川孝は打ち上げてしまいレフトフライで2者残塁。巨人先発の・小野仁の前に攻撃にならない日本ハム打線だが、結局最後まで小野仁を苦しめられない。最後の攻撃9回裏は、4番西浦から。センター前に弾き返して今日3安打猛打賞。続く5番高橋信も引っ張ってレフト前ヒットで無死1、2塁とようやく反撃開始。6番阿久根、しかし空振り三振で今日3個目の三振。7番上田、しかし上田も3三振となる空振り三振で小野仁が攻略できない。2死、あと1人となって8番飯山、右打者ながら既に3打席連続三振とあって、分が悪いと判断したのか、白井監督が代打ほ起用する。バッターは山地、久し振りの登場で実戦感覚・・ところが、センター返しの忠実なバッティング!塁かに西浦が還って完封阻止となる待望の1点を挙げて3−1とした。9番古城、しかし打ち上げてセンターフライ、センター鈴木がやや前進しており、打球と同時に後退するが、打球は伸びずセンターフライで試合終了。

日本ハム打線が、苦手小野仁を攻略できず飯田でのゲーム3連敗。上位打線の躓きが痛く響いた。巨人は相手ミスを見逃さず連打で加点し勝利。小野仁は9回に1点を失うが、全く危なげない投球で完投勝利。試合後の表彰も3安打の日本ハム西浦を除いて巨人勢で独占した。■試合終了時刻15:59


2002年 7月25日 イースタンリーグ11回戦 巨人−日本ハム(東京ドーム)報告者:健一

■イースタンリーグ 7月25日(木) 川崎ジャイアンツvs鎌ヶ谷ファイターズ(東京ドーム)

                      R  H
鎌ヶ谷ファイターズ|510 020 000| 12
川崎ジャイアンツ |010 000 000|  5

鎌:吉崎勝(6回)−今井圭吾(1回2/3)−柴田佳主也(1/3)−伊藤剛(1回)
川:三浦貴(1回2/3)−十川雄二(1/3)−根市寛貴(3回)−酒井順也(1回)−小野剛(1回)−川本大輔(1回)

本塁打:堀田一郎11号(吉崎勝)、古城茂幸1号(根市寛貴)


■鎌ヶ谷      打安点   ■川崎       打安点
(左) 森本稀哲  300   (中右)山田真介  410
(中) 石本努   320   (二) 永池恭男  410
 中  大貝康輔  100   (右一)高野忍   300
(二) 阿久根鋼吉 311   (左) 堀田一郎  311
 打遊 飯山裕志  100   (一) 原俊介   300
(一) 西浦克拓  421    投  林昌樹   000
(三) 小田智之  400    投  川本大輔  000
(右) 上田佳範  322    打  宮崎一彰  100
 打  佐藤吉宏  110   (三) クレスポ  100
 捕  駒居鉄平  000    遊  大須賀充  300
(捕) 高橋信二  300   (捕) 加藤健   000
 打右 村西辰彦  100    捕  小田幸平  310
(遊二)古城茂幸  323   (投) 三浦貴   000
 打二 山地隆   100    投  十川雄二  000
(投) 吉崎勝   310    打  田中健太郎 100
 打  田中聡   110    投  根市寛貴  000
 投  今井圭吾  000    打  山下浩宜  100
 投  柴田佳主也 000    投  酒井順也  000
 打  野中信吾  100    投  小野剛   000
 投  伊藤剛   000    打中 鈴木尚広  110
                (遊三)十川孝富  300


【雑感】
本日は東京ドームを使用したナイター(恒例の夏の東京ドームシリーズ)。試合は序盤から荒れます。今季2年目のジンクスなのか2軍で燻る三浦貴が、鎌ヶ谷打線に捕まりつるべ打ち・・・制球が悪く置きに入ったところを阿久根鋼吉の先制適時打、上田佳範の三遊間を破る流し打ち適時打、はたまたクレスポの失策による失点を挟み古城茂幸にも適時打で鎌ヶ谷一挙5得点。次の回にも失点を許し序盤でKO。

今季の2軍での
三浦貴の成績を見るに「12試合 5勝 4敗 0S 59回1/3 被安打49 防御率3.64(7月22日現在)」そう目も当てられない数字ではないので今後の調整次第で一軍復帰も遠くないと思われます。<それだけ1軍投手陣の層が厚いんでしょうなあ、でも今日は悪かったみたいですよ(中継開始時既に降板)

2回裏に先発
吉崎勝から堀田一郎の左翼席に飛び込むソロ本塁打。5回表には3番手根市寛貴のやや甘めのストレートを古城茂幸が巧く巻き込み右翼席への2点本塁打で突き放す。

ジャイアンツは、三浦貴の後左腕
十川雄二、そして
古城茂幸に一発を浴びたとは言え躍動感のある投球が毎度目を引く根市寛貴が並の好投。後は一ヶ月以上故障で登板を回避していた酒井順也が復帰(癖のあるストレートは威力あり)、その後も小野剛川本大輔と小刻みな継投。一方ファイターズ先発の吉崎勝は変化球とストレートのコンビネーションもよく打者の的を外す小憎らしいピッチングは良し。


【気になった選手達】
■吉崎勝(日)
先日以下のような印象をふんぼるとさん宛に書き記しましたが、一年ぶりに彼の登板を観たところ投球フォーム少しリニューアルしているように感じました(もう朧気・・・)。とは言っても大凡は変わっておらず多少スリークォーター気味からオーバースローの腕の出。また右足は大きく上げるのですがちょっと「エルナンデス(ヤンキース)風」で貯めてから腕を畳みながら一気に振り下ろす(ここら辺は以前と同じで頭がぶれるほど強く振り切っていました)。<全体的にはギクシャクしている感じのフォーム

また走者を背負うと右足は軽くステップする程度でクイック。前述共々独特なフォームの部類かもしれません。

そんな腕の振りからの変化球は打者もタイミングが合いませんでした。特にブレーキの効いたカーブ、スライダー、そしてフッと沈むシンカーはたまたスクリューのようなボールが有効でした。投球内容は
「小笠原孝(中)」のような感じ・・・と言って伝わるでしょうか?
#そうそう左サイドにしないほうがいいと思い直しました(^^;)、

2軍実績「14試合 5勝 2敗 0S 62回2/3 被安打44 防御率2.44(7月22日現在)今日の投球をプラスすると勝ちも6個、そして防御率も更に2点に近づきますよ」は十二分一軍昇格近いでしょう!!

――――――――――――――――――――――――――――――
■吉崎勝(日)
右足を大きく上げ、その反動を利用するかのようなファームのためか多少頭がぶれるのが気になります。この投手改めて見ますに腰の回転がサイドのフォームに適しているのでは?と思いました。素人意見ですが近い将来左サイドにフォーム改造すると愚考します。中盤ストレートの球威はまずまずありました(外角に流れる変化球効果的)。本日は6回を投げ被安打10と結果の割には一苦労の内容。
――――――――――――――――――――――――――――――

■鎌ヶ谷雑感
打線では小田智之の右足を上げコマのような回転でのスイングはパワーを醸し出しますが、ちょっと粗いかもしれません。このまま馴染むまで待ちますかね(個人的には本塁打打者ではないので以前のフォームの方が良いと思うが、3年経っても1軍に定着できませんでしたので致し方なしかな、まあ成功している部類ですしね)。西浦克拓も右翼手越えの二塁打あり、長いこと低迷中・・・一皮剥ければといい続けてもう何年?でも待ちます。あと最後9回を締めた伊藤剛、近年の成績は物足りないですが、巨体からまとまったフォームで球速はかなり速く球威もありそう(テンポも良かったです)。#シュート気味のストレートは武器になるのでは。



■根市寛貴(巨)
毎度同じコメントですが、左足を高く上げ身体全体を使った躍動感あるフォーム(郭源治(元中)似)。#下半身の粘りが生命線でしょう。

球速は目測で大凡140km/h弱か、勝負球のストレートはそれを超えていたかもしれません。腕はよく振れていてカーブ・スライダーが上手く抜け(フッと浮いて、目線を上下させる効果あり)、打者のタイミングをずらしていました。今季・昨年とまだ「高校級」から「プロ」になり切れていないという漠然として停滞感を覚えます。

古城茂幸への一発も今のような大雑把な制球では、続くかも知れません。前回観戦時も宮出隆自(ヤ)に甘い制球を見透かされるかのようにやっぱり被弾。

しかしこの「躍動感」を醸し出す投手はそうそういませんよ。今後も大きく育って欲しいですね。


■川崎雑感
打線は固定しているので個人的にあまり新鮮味なし。反面投手陣は次世代を担う戦力が牙を研ぐ。根市寛貴は前述の通りで、その後の酒井順也は、なにやら一ヶ月以上ぶりの故障明け投球。その割にストレートの威力は相変わらず。今後のスケールアップが楽しみ。小野剛は日本人離れした体格を持ちグイグイ押すストレートは2軍のそれではない・・・が制球そして精神面の弱さは当にほろ苦い2線級(化けたらスゴイ)。春先尋常ではない制球難(四球の嵐)で教育リーグながら新聞の記事に扱われた川本大輔が悔しさから復帰。サイドからキレの良いボールが特長!長所を伸ばしたい。


2002年 7月24日 イースタンリーグ12回戦 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:よーこさん

7/24(水)鎌ヶ谷 
試合開始13時
日ハム対ヤクルト戦

チーム  123 456 789=R H E
ヤクルト 020 000 010=3 8 1
日本ハム 002 200 50x=9 12 0

勝:矢野
敗:萩原
S:なし
HR:ヤクルト  橿渕
  日ハム 西浦
E:ヤクルト  五十嵐貴

投手:ヤクルト 萩原(4回)丹野(2回)五十嵐貴(1/3)
        丹波(2/3)高橋(1回)
   日本ハム 矢野(7回)山口(1回)フリューリー(1回)

ヤクルトスタメン・成績

ポジション 打安打
      数打点
(8-7)志田  400
(7)ユウイチ 300
-8橿 渕  111
(3)衣 川  310
-H3青 柳  110
(5)畠 山  300
(6)本 郷  110
-6梶 本  300
(D)福 川  310
-HD鮫 島  100
(4)ツギオ  422
(2)米 野  200
-H牧 谷  100
-2細 見  100
(9)宮 出  310

日本ハムスタメン・成績

ポジション 打安打
      数打点
(8)森 本  311
-DH石 本  210
-HD田中聡  100
(7)原 田  300
-R7大 貝  100
(4)田中賢  510
(3)西 浦  313
-4山 地  000
(5-3)小田  421
(4)阿久根  431
-R6飯 山  000
(9)上 田  411
-9村 西  000
(2)高橋信  431
-2駒 居  000
(6-5)古城  300

【詳細・感想】
2回表、ノーアウトランナー1・2塁のところで、バッター米野くんが送りバントの構えをしていて、球をよけようとしたら、バットに当たってしまいちょうどピッチャーの左横辺りに転がっていって、米野くんはその場で転んでしまい動けず、3塁に送球してアウト。1塁に送球してアウトになってしまい、ヤクルトは大量得点のチャンスを逃してしまいました。一瞬、何が起こったのか分からなかったです。
2回裏、萩原さんが2塁へ牽制球を投げた時それてしまいその球を捕ろうとしたときだと思うのですが、本郷さんが足を痛めてしまって、おんぶされ交代しました。高橋くんの当たりはよかったのですが畠山くんが飛びついて捕りました!!
3回表、石本さんが送りバントをしたのですが、足が速いので1塁もセーフかな?と思ったのですが、判定はアウトでした。西浦さんの当たりは、打った瞬間HRだと思いました。
4回表、福川くんの当たりは凄く良かったのですが、小田くんが飛びついてよく取りました!!
4回表、上田くんのタイムリーは、あと少しでHRという当たりでした。原田さんの当たりは、センター抜けるかと思ったのですが
志田くんがナイスキャッチでした。
7回表、五十嵐貴が初球のワンバウンドから、どうしたのかな?と思ったのですが、かなり悪かったです。暴投3つしてしまいました。死球もしてしまって、大量得点に繋がりました。一人相撲状態でした。9点目となる高橋くんのタイムリーは、志田くんが球処理にもたついてしまったので、得点になりました。普通に捕っていれば多分1・3塁だったと思われます。
8回表、志田くんのショートゴロは、内安打になるかと思ったのですが飯山くんナイスプレーでした!畠山くんのショートゴロは
ゲッツーかと思ったのですが、2塁アウトにした後山地くんが球を落してしまい、一塁はセーフになりました。


2002年 7月23日 ウエスタンリーグ14回戦 ダイエー−サーパス(雁ノ巣)報告者:monoさん

初カキコします。福岡で放送されていたので・・・

サーパス神戸 000 001 000 1
福岡ダイエー 000 000 06x 6

サーパス神戸 徳元(8回)
福岡ダイエー 小椋(8回)−田中総(0/3回)−輝(1回)

6回表葛城の右中間へのホームランでサーパス先制
8回裏大野のレフトスタンドへのホームラン、出口のレフト前タイムリー
高橋のライト前タイムリー
代打北野の左中間への走者一掃タイムリーツーベース(北野は3塁タッチアウト)
だったと思う・・・


■サーパス神戸

■徳元敏(サ)
序盤はよかったのだが後半になるとボールが真ん中に集まりだしそこをダイエー打線に滅多打ち。やはり勢いで勝負するピッチャーなので中継ぎ向きか。同タイプの相木が1軍でデビューし好投したので上は遠いかも・・・。あと100キロくらいのカーブをあまり投げないのが気になる。もっと緩急をつけないと(相木もなのだが)

■葛城育郎(サ)
小椋の142キロの真ん中高めのストレートを右中間へホームラン。副島の加入が刺激になったか?

■藤井康雄(サ)
葛城のホームランと同じようなボール、コースの球を右中間へツーベース(これは高橋の守備に問題があるのだが)やはり衰えを感じてしまうが1軍にいって満塁ホームランを見せてほしい!ちなみにバットは田口モデルを使用。


福岡ダイエー

■小椋真介(ダ)
MAX149キロの快速左腕。気が付けば2軍にもどっていたのだが今日のMAXは147キロでコントロールもよく1軍にいたときとは大違いであった(1軍では変化球でストライクをとるのに苦労していた)今日のピッチングで再び1軍昇格予定。

■輝(松本輝)(ダ)
9回2者連続三振とるなどボールが切れていた。なかでもスライダーのコントロールがよかった。(審判はとってくれなかったが)

■川崎宗則(ダ)
試合前のベースランニング競争で13秒88をマークしトップだったようにダイエーで1番の足の持ち主。1軍で見たときも思ったが結構簡単に打ち上げてしまうことが多い。快足を生かすためにゴロを。

■北野良栄(ダ)
定岡2軍監督曰く高卒では城島健司以来の打の逸材。今まで数えるくらいしかヒットを打っていないのだが監督の期待のあらわれのようにツーアウト満塁の場面に代打で登場。徳元のど真ん中にきたボールを左中間にはじきかえし3塁に狙ったがおしくもタッチアウト。このままがむしゃらにプレーしてほしい。


1軍のダイエー投手陣は崩壊しているので入れ替えがあるとおもったら
小椋真介木村茂が昇格するみたいです。木村茂投手の投げているところを見たことがないので速くその姿を見せてくれ!
先日、
斉藤和巳が自己最速の152キロを木村茂が153キロをマーク1軍の救世主となってほしいものです。


2002年 7月21日 イースタンリーグ10回戦 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年7月21日(日)

  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−読売ジャイアンツ 10回戦
  日本ハム6勝3敗1分 (ファイターズスタジアム鎌ヶ谷) 13:30
  晴れ 試合時間4時間24分
  ◆球審:津 川 1塁:村 越 2塁:−−− 3塁:新 屋(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:新向井(セントラル・リーグ)

                        H E
読売巨人 000 120 001 00 ・・ 8 1
日本ハム 000 001 003 00 ・・ 9 1
      (延長11回規定により引き分け)

HR 本塁打 高 野  5号 厚 澤@ 9回1死 (読売巨人)
2B 2塁打 原 田  1回2死 (日本ハム)
       クレスポ 4回2死 (読売巨人)
       高橋信  6回1死 (日本ハム)
       西 浦  9回2死 (日本ハム)
SB 盗 塁 鈴 木  6回2死 (打者・永池) (読売巨人)
       原 田  6回無死 (打者・西浦) (日本ハム)
       原 田 11回2死 (打者・西浦) (日本ハム)
 E 失 策 吉 永  2回2死 (古城三振振り逃げ後1塁送球を落球)(読売巨人)
       古 城  5回無死 (鈴木三ゴロをトンネル) (日本ハム)
   暴 投 小野仁  3回2死 (打者・西浦) (読売巨人)
       山 口  5回無死 (打者・高野) (日本ハム)
   走塁死 飯 山  2回2死 (古城三振振り逃げ後二・三塁間狭殺)(日本ハム)
       小 田  4回2死 (飯山二ゴロで3塁狙い) (日本ハム)

(読売巨人) 原先制打、黒田2点タイムリー、高野5号決勝弾の筈が・・。延長回決めて欠き引き分け
         打 安 点 振 四  1  2  3   4  5  6  7  8  9  10  11
(8) 鈴 木  6 1 0 1 0 三振    二ゴ     三失 二安    投ゴ       二ゴ
(5) 永 池  4 1 0 1 2 遊ゴ    四球     右安 四球       三ゴ    見振
(9) 高 野  5 2 1 0 1 左飛    右安     四球 遊飛       右本・   遊直
(6) 黒 田  5 1 2 0 0    二飛 遊ゴ     中安:   右飛    三ゴ
(3) 吉 永  1 0 0 0 1    四球    中 飛
H 3 十川孝  3 1 0 2 0              三振    中安    三振
(7) 堀 田  4 0 0 2 1    左飛    遊 ゴ 三振    三振       四球
(DH) クレスポ  2 1 0 1 1    四球    左中2 三振
H DH 山 田 
 2 0 0 2 0                    三振       三振
(2)  原   5 1 1 1 0    遊ゴ    中 安・   三振    遊飛    遊ゴ
(4) 宮 崎  5 0 0 1 0       左飛 三 ゴ    二ゴ    投ゴ    三振
     :              :  :  :   :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁11  42 8 4 11
   0  2  2   1  2  2  1  0  0  1  0
                   ・は打点 見振は見逃しの三振


(日本ハム) 高橋信反撃開始のタイムリーツーベース。原田3安打猛打賞、西浦土壇場で貴重な2点タイムリー
        打 安 点 振 四   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
(9) 8 森 本 5 1 0 1 1 三 振    中安    一ゴ    三ゴ    四球    三ゴ
(8) 石 本 2 0 0 1 0 二 ゴ    投犠    三振
 9  上 田 1 0 0 0 1                       二ゴ 四球
R 9 大 貝 1 0 0 1 0                                三振
(7) 原 田 4 B 1 0 2 右中2    二飛       右安    右安 四球・   死球
(DH) 西 浦 4 2 2 0 2 遊 ゴ    四球       三ゴ    右安 左2:   敬四
R DH 村 西 0 0 0 0 0   
(2) 高橋信 5 1 1 1 1     遊ゴ 三振       左2・   二ゴ 敬四    中飛
(4) 阿久根 4 0 0 2 1     遊ゴ    四球    二ゴ    三振 三振
(3) 小 田 5 1 0 2 0     左安    投ゴ    三振       三振 中飛
(6) 飯 山 4 1 0 0 1     四球    二ゴ       遊ゴ    中安 中飛
(5) 古 城 2 0 0 2 0     三振       三振
H 5 山 田 3 0 0 2 0                    三振    三振 三ゴ
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁13 40 9 4 12 9   1  2  2  0  0  1  0  2  3  0  2
                  ・は打点 敬四は敬遠四球

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(読売巨人) 小野仁5回を3安打無失点の好投、木村中継ぎ失敗1失点、柏田9回2死から3責店、
       真木2回を零封
   小野仁   5     20  3   0   3   5   0
   木 村     2/3  4  2   0   0   0   1
   石 川   1 1/3  4  0   0   0   2   0
   西 山     2/3  4  2   0   0   0   0
   柏 田   1 1/3 10  2   0   4   4   3
   真 木   2      8  0   0   2   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 立石2死から1失点、山口エラーから崩れて2失点、伊藤2回を1安打好投、
       フリューリー2回を無安打好投
   立 石   4     18  3   0   3   1   1
   山 口   2     12  2   0   2   4   1
   伊 藤   2      7  1   0   0   2   0
   厚 澤   1      4  1   1   0   1   1
   フリューリー 
  2      7  0   0   1   3   0


日本ハム4−4読売巨人△

前日の袖ヶ浦の試合日20日に梅雨明けし、関東地方にも夏が到来した。それに合わせたかの様に打線も爆発、大勝した前日から今日は、本拠地・鎌ヶ谷に戻っての10回戦。灼熱の太陽が照りつける中、前日がナイトゲームだった為13:30の試合開始。30分遅れのスタートが長い一日の始りになるとは・・・。

1回日本ハムの先発は立石、1回巨人の攻撃は1番鈴木。2−1からのストレートに三振。2番永池、1−1から打ってショート正面へのゴロで簡単に2死。3番高野、1−2から流し打ちだがレフトほぼ定位置へのライナー気味のフライで3者凡退。1回裏巨人の先発は、対日本ハム戦になると驚異的に好投を繰り返す小野仁。日本ハム1回の攻撃は、開幕から1軍で活躍を続けていたが、ここへきて調子が落ちてしまい、再調整の森本。2−1から低めに空振り三振。2番石本はセカンドゴロ、3番原田。巧くバットに合わせると打球はセカンド頭上を越えて、右中間真っ二つへ。そのままフェンスまで数バウンドで到達し原田も2塁へ到達、ツーベース。2死2塁として4番西浦、しかし2−2から打ってショート正面への平凡なゴロで先制のチャンス生かせず。2回巨人は4番黒田から、2−1から詰まったセカンドフライ。5番吉永、2−3から外角へのストレートが外れて四球で出塁。6番堀田、打ち上げてレフト前方へのフライにショートの飯山、センターの石本も前進してくる位置。しかしそのままレフトの原田が捕球。7番クレスポは四球で出塁し2死1、2塁になって巨人が先制のチャンス。8番先発マスクの原、ショート正面へのゴロ。飯山が捕ってセカンドへ送球してスリーアウト。2回裏日本ハムの攻撃は、5番、森本同様に先日ファーム降格となってしまった高橋信。しかしショートゴロ。6番阿久根、こちらも先日から再調整。高橋信と同じ様な打球でショートゴロ。7番小田、流し打ちはレフト前ヒット。8番飯山が四球を選んで2死1、2塁と1回に続いて得点のチャンス。9番古城、最後は空振りの三振になってしまうが、この投球をキャッチャー・原が捕球できず後ろに逸らしてしまう。主審・津川のやや後方程度の位置だった為、原が直に捕球して1塁へ送球、充分アウトの状態だった。ところが、ランナーが視界を邪魔したのか1塁手の吉永がこれを落球してしまいエラーで古城はセーフ。しかし、2塁に到達していた飯山が2・3塁間の半分近くまで進塁してしまっていた為に、今度は2・3塁間での狭殺プレーになる。3塁ランナーの小田が2死の為、本塁へ向かうべき場面だったが、3塁コーチャーの西コーチも状況判断を誤ったのか、小田に指示が出ない。結局飯山が3塁ベース寸前でタッチアウト、3塁に飯山が到達してもランナーが重なってしまう為、結局どうにもならずチャンスを潰してしまう。3回巨人は、9番宮崎からの攻撃、初球打ちもレフトフライ。1番に戻って鈴木、これも初球を今度は引っ張るとセカンド右、ファーストでは全く届かない、ヒットコースへのゴロ。打球もやや強い当りだったが、セカンドの阿久根がこれに追いつく!そのまま一回転して1塁送球しアウトのファインプレー!2球で2死になるが2番永池には3球で0−3、2−3まで戻すが最後はストレートが外れて四球で出塁。さらに3番高野がライト前へチーム初ヒットで出塁して2死1、2塁とする。4番黒田、しかしショートゴロでチャンスが生かせない。

3回裏日本ハムは1番森本からの攻撃。高目のストレートを思い切り引っ叩いて打った打球は鋭いライナーでのセンター前ヒット。これを2番石本が送って1死2塁。3番原田はセカンドへの詰まったフライ、ハーフライナーの様な打球。4番西浦の時に、小野仁が暴投で森本は3塁へ進む。西浦にはボール球が先行し1−3から四球で勝負を避ける。5番高橋信、2−1から高目のストレートを振って三振で3イニング続けてチャンスが生かせない。▲4回巨人は5番吉永から、2−1から打ち上げてセンター定位置へのフライ。6番堀田、初球打ちはショート正面への打球、強い当りだったが飯山がワンバウンドで捕球し1塁へ。7番クレスポ、鋭い打球がショート頭上をライナーで越えると、そのまま左中間真っ二つのツーベース。8番原、打って強い打球がセカンドベース付近を通過してセンター前ヒット、2塁からクレスポがホームインで巨人が1点を先制した。9番宮崎、打ってサード線上へのゴロ、小田が捕球して1塁へ送られてアウト。4回裏日本ハムは6番阿久根から。1−3から高目のストレートが外れて四球で出塁。7番小田、送りバントの構えから投前へ送りバント。しかし打球の勢いが強く小野仁が前進してきて捕球すると、2塁送球してフォースアウト。送りバント失敗。8番飯山、流してセカンド右やや捕球が難しい位置へのゴロ。宮崎が体勢を崩しながら捕球して1塁へ送球しアウト。すると、1塁ランナーの小田が全くスピードを緩めず2塁を回って3塁へ向かう。判断と状況は良かったが、吉永から永池に送球されてタッチアウト。奇襲攻撃実らず。5回日本ハムは先発の立石に代わって2番手マウンドに山口を送る。5回巨人は相手のミスから一気に攻め立てる。1番の鈴木から、打って平凡なサードゴロ。しかしサードの古城がバウンドを合わせ損ねたのか、グラブを出すがボールはそのままレフト前へ。エラーで出塁。2番永池、先程日本ハムはエンドランを失敗していたが、これが見本だとでもいうかの、成功例を披露する。鈴木がスタートし打ってファースト右をライナーで抜ける鋭い打球。鈴木は当然3塁に到達し無死1、3塁とチャンス。3番高野の時に立石が暴投で3塁ランナーは動けないが1塁ランナー永池が2塁へ進んで無死2、3塁。高野をストレートの至急で歩かせてしまい無死満塁と立石は大ピンチ。4番黒田は打ってピッチャーライナー、立石のグラブを掠めてセンター前へクリーンヒット。センター石本の肩の弱さを衝いてか2塁ランナーの永池も一気にホームへ滑り込んで2点タイムリーヒットで3−0と巨人が3点のリードになる。直も無死1、2塁が続いて5番吉永に代わって代打は十川孝。しかし2−1から低めのストレートの空振り三振。6番堀田も2−0かの3球目、低めの変化球を空振りで3球三振。さらに7番クレスポ、これも2−1から変化球で空振り三振と突如、3者連続三振ショーを演じてこれ以上の失点を防ぐ。5回裏日本ハムは、9番古城から。先程のエラーを取り返すべく・・しかし2−0からの3球目ストレートを空振りで3球三振。1番森本、打ち損じてファーストゴロ。2番石本は高目へのカーブを空振り三振で3者凡退。6回巨人は、8番原から。しかし三振で4者連続三振。9番宮崎、0−1から打ってセカンドゴロ。1番に戻って鈴木、セカンドうへのライナー、阿久根が捕ったかに見えたが打球の勢いに負けて落としてしまう。1塁へ送球するがセーフは内野安打。すると2番永池の0−1からスタートし盗塁成功。永池はストレートの四球で歩いてまたしても2死1、2塁と得点のチャンス。3番高野、0−2から打ち上げてショートフライで2者残塁。

6回裏巨人は先発小野仁に代わって2番手に木村がマウンドへ。日本ハムは、3番原田から。流し打ったが打ち上げってしまう。しかしこれがライト前に落ちるポテンヒットで出塁。続く4番西浦の時にスタートして盗塁成功。西浦はサードゴロで原田進めず。1死2塁になって5番高橋信、引っ張った打球がレフト線に入って原田が生還、1点を返すタイムリーツーベースで3−1とした。6番阿久根はセカンドゴロで高橋信が3塁に進む。ここで巨人は木村から3番手のルーキー石川にスイッチ。続く左の対小田用のスイッチ、その小田、2−2からの変化球に力のないスイングで三振、追加点が奪えない。▲7回日本ハムは2番手山口から3番手伊藤に交代、7回巨人の攻撃は4番黒田から。0−1から打ち上げてライトやや右へのフライ。5番先程代打からそのままファーストに入っている十川孝、初球打ちはピッチャーの頭上をバウンドで越えるセンター前ヒット。6番堀田、2−0からの3球目低めの変化球に空振り三振、2打席連続3球三振。7番クレスポに代わって代打は山田、2−2から高目のストレートに空振り三振。7回裏日本ハムの攻撃は、8番飯山から。シヨートゴロ、9番今日2三振の古城に代わって代打は山田。しかし2−2から低めへの変化球に空振り三振。1番に戻って森本はサードゴロで3者凡退。8回巨人は8番原からの攻撃、2−2から打ってショートへの小フライ。9番宮崎はピッチャーゴロ。1番に戻って鈴木は1−2から打ってこれもピッチャーゴロで3者凡退。8回裏巨人は4番手に西山をマウンドへ送る。日本ハムこの回の攻撃は、途中からライトの守備位置に入っていた上田の初打席から。初球攻撃も平凡なセカンドゴロ。3番原田、ファースト横を鋭く抜けてライト前ヒットで今日3安打猛打賞。続く4番西浦も流し打ってライト前ヒットで1死1、2塁とする。5番高橋信のセカンドゴロの間にそれぞれランナーが進塁して2死2、3塁として6番阿久根。ここで巨人は5番手に柏田を投入して対左の阿久根に備える。その阿久根に一打の期待だったが、低めの変化球に空振り三振でチャンスが生かせない。9回日本ハムは4番手として厚澤がマウンドへ。巨人は2番永池からの攻撃、打ってサードゴロ。山田が捕って1塁へ送球までは良かったが、小田の手前でワンバウンド。小田が巧く捕球してアウト。続く3番高野、打った瞬間にライトへ大飛球!打球の行方が直に分らなかったのか、場内が静まり返るが、ボールがライトスタンドに落ちると巨人サイドは歓声が!高野の第5号ソロホームランで4−1と3点差を付けて勝利を確定させた。4番黒田はサードゴロ、しかし今度は山田が小田が背伸び状態でギリギリ届く高さに投げてしまう。アウトにはなったが、守備に安定さがない。5番十川孝は低めへの変化球に空振り三振。

高野のホームランで試合は完全に決まり敗戦は避けられない日本ハムだったが、脅威の粘りが奇蹟を呼ぶ。9回裏日本ハムは、7番小田からの攻撃、2−1から低めの変化球に空振り三振。8番飯山は初球をセンター前にクリーンヒット。9番山田は2−3まで粘るが最後はストレートに空振り三振で2死。あとアウト1つで試合終了だが、巨人投手陣のピンチでの弱さがファームでも出てしまう。1番に戻って森本には1球もストライクが入らずストレートの四球で2死1、2塁。さらに左対左の2番上田にも2−3から最後はボールで四球。2死満塁と一発逆転サヨナラの場面を作る。続くは今日当っている3番原田、勝負はイヤでも避けられない左対右。しかし、1点を捨てでも次の今日当っていない西浦との勝負を選んだのか、原田には敬遠気味の投球で四球、押し出し。4−2と2点差になり直も2死満塁が続く。そして4番西浦、ファームとはいえ頼れる主砲はやはり必要だった。打った打球はアッという間にレフト左へのヒット。タイムリーツーベースに2者が一気にホームインして4−4の同点。敗戦から一気に同点、逆転のチャンスまでになる。もう、一発はいらない状態、一打で充分。5番高橋信、当然左投手では危機を背負っている為、1球目からキャッチャー原が立ち上がって敬遠四球。2死満塁、どっちが勝つかの場面に6番阿久根。しかし低めの変化球に空振り三振で最大のピンチを脱出し、同点で延長戦に突入する。▲10回日本ハムは、抑え投手でもあるフリューリーを投入して「1失点」を防ぎに行く。巨人10回の攻撃は6番堀田から、2−3からストレートが外れて四球で出塁。7番山田、高目のストレートに付いて行けず空振り三振。8番原、打ってショートゴロ。飯山が捕球してセカンドに送球するが、これがセーフ。ベースカバーに入った阿久根がそのまま併殺打と同じ状態で1塁へ送球すると、1塁はアウト。2死2塁となって、9番宮崎。2−1から低めのストレートに三振。10回裏巨人は真木がマウンドに上がる。日本ハムの攻撃は、7番小田から。打ち上げてしまいショートフライ。8番飯山、打った瞬間は勢いがあり、センターが後退するがフェンスまでは遠くセンターフライ。9番山田はサードゴロで3者凡退。11回巨人は1番からの攻撃、鈴木は2−1から打ってセカンドゴロ。2番永池、内角へのストレートを見送るがストライクのコールで見逃し三振。やや内寄りに見えたが、やはり永池も納得行かないのか抗議の素振りだったが引き下がる。3番高野、先程のホームランが思い出されるが、打った打球はショート頭上を越えそうな鋭いライナー。しかし飯山がジャンプ一番これを捕球して3者凡退。11回裏、この回に試合を決められないと規定により引き分けになってしまう日本ハム。1番森本からの攻撃、サードゴロに永池が弾くが真正面へ弾いた為、慌てず1塁へ送球してアウト。2番先程の上田四球で代走からライトに入っていた大貝、2−3からストレートを空振り三振。3番原田、一発に期待だったが、地面スレスレの投球が足に当った様で死球で出塁。4番西浦、その1−0から原田がスタートし盗塁成功は今日2個目。2死2塁で1塁が空くと、次の投球から原が立ち上がって、一発の危険のある西浦を歩かせる。2死1、2塁とサヨナラのチャンス。巨人外野陣はいつにも増して前進守備でバックホームに備える。続くは5番高橋信、打ってセンターへの飛球!スタンドの歓声はサヨナラゲーム状態だったが、打球が上がりすぎたのか、センター鈴木が前進守備の位置から後退して捕球し試合終了。

13:30と通常の30分遅れで試合が始まったとはいえ、真夏の炎天下で4時間24分の大激戦は引き分けとなった。完全な敗戦ゲームを引き分けに「戻した」日本ハム、まさか3点リードの9回2死からタイゲームにされるとは予想もつかなかった巨人サイドだったが、延長に入って両軍共に無安打でこのカード初の引き分け。両チーム共に主軸打者が打点を上げる活躍だったが、下位打線に殆ど繋がりが出ず決め手を欠いた。■試合終了時刻17:54


2002年 7月20日 イースタンリーグ 9回戦 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:風車の弥生さん

7月20日(土) 晴れ   ジャイアンツ@袖ヶ浦市営球場

 

巨  人  000 000 000 0 ( 7安打)

日本ハム  000 710 00× 8 (13安打)

 

【1回表・巨人】

(日本ハム先発は下柳)

山田  1-2から足元に死球

十川孝 初球高く上がったファーストフライ

高野  2-2からセカンドゴロ。山田はスタートをきっていたので二塁はセーフ

黒田  1-2からセカンドライナー

 

【1回裏・日本ハム】

(巨人先発は三浦、山田に代わりサード大須賀、サードの十川孝が

センターにまわる)

原田  2-1から1球粘ったが、中途半端なスイングで空振り三振

石本  2-0からセカンドの右を速い打球で抜けて、センター前ヒット

小田  2-1から空振りの三振。このとき石本が盗塁成功

西浦  2-1から空振り三振

 

【2回表・巨人】

堀田  2-0からうまくバットをあわせてレフトへヒット

永池  初球ショートゴロ。2塁フォースアウト

クレスポ  0-2からレフトフェンス直撃の2塁打。永池は3塁でストップ

加藤  初球セカンド正面へのゴロ。ランナー動けず

李   1-1からショートゴロ。古城がうまくさばいてピンチ脱出

 

【2回裏・日本ハム】

上田  2-1から見逃し三振

高橋信 1-1からセカンド正面へのゴロ

阿久根 2-0からセンター前へ運びヒット

森本 (1-0のとき三浦ショートバウンドの暴投。阿久根2塁へ進む)

    フルカウントからフォアボールを選ぶ

古城  1,2塁間を破るライト前ヒット、阿久根本塁を狙うがアウト

 

【3回表・巨人】

大須賀 2-1から1球粘ったが空振り三振

十川孝 2-1から空振り三振

高野  1-1から窮屈な体勢で打たされピッチャーゴロ

 

【3回裏・日本ハム】

原田  初球レフトフライ

石本  1-0からレフトフライ

小田  1-0からライトフライ

 

【4回表・巨人】

黒田  1-0からセンター右への打球。石本がうまくまわりこんでシングルヒット

堀田  1-0からレフトフライ

永池  2-1から見逃し三振

クレスポ (2-1のとき黒田が盗塁失敗)

 

【4回裏・日本ハム】

西浦  2-1から当てただけのバッティングでファーストゴロ

上田  2-2からセカンド正面へのゴロ

高橋信 1-1からレフト前にうまく運びヒット

阿久根 2-2からライト高野の上を抜けていく3塁打で先制

森本  強風をものともしない強烈な当たり、あわや場外の2ランホームラン

古城  セカンド永池のグラブをかすめながらもライト前ヒット

原田  初球レフトへ2ランホームラン。ひちょりに負けない強烈な当たり

石本  初球右中間を抜けスリーベース

小田 (0-2のとき三浦が暴投。石本生還)

    0-3からフォアボールを選ぶ

西浦  センターオーバーの2塁打。智之生還

上田  2-2から風に押し戻された感じのセンターフライ

 

【5回表・巨人】

クレスポ  凡打

(加藤に代打原)

原   レフトへヒット

  (1-1のとき原盗塁成功)

    2-1から空振り三振

大須賀 ショートゴロ

 

【5回裏・日本ハム】

(巨人この回からピッチャー真木、キャッチャー原、李にかわりファースト田中)

高橋信 2-1からのセカンドベース上へのゆるいゴロをショート黒田がうまく

    さばく

阿久根 フルカウントからフォアボール

森本  サードベース寄りのゴロ、大須賀捕球はしたものの送球をしようとした

    ときにポロリと落とす

古城  2-2から三振

原田  センター前ヒット、ショート黒田のグラブにかすったので阿久根楽々

    ホームイン、ひちょりは三進

石本  2-1から空振り三振

 

【6回表・巨人】

十川孝 初球ライトフライ

高野  2-1からセカンドゴロ

黒田  0-1からショートゴロ

 

【6回裏・日本ハム】

(巨人この回からピッチャー鴨志田)

小田  0-2からライト前へヒット

西浦  2-2から空振り三振

上田  フルカウントからショートゴロ、智之はスタートをきっていたので

2塁に進む

高橋信 2-1からショートゴロ

 

【7回表・巨人】

堀田  0-1から三遊間への当たり、ショート古城よく捕ったが送球できずヒット

永池  2-0から空振り三振

クレスポ  2-0からハーフスイング、1塁塁審津川さんはスイングの判定で三振

   初球をセンターへヒット

田中  2-2から空振り三振

 

【7回裏・日本ハム】

(阿久根に代わり代打飯山)

飯山  フルカウントからフォアボール

森本  2-1からライトフライ

古城  セカンドゴロ、2塁はフォースアウト、1塁はセーフ

原田  0-1からピッチャーゴロ

 

【8回表・巨人】

(日本ハムこの回からピッチャーは矢野、キャッチャー高橋信に代わり駒居、

センター石本に代わり大貝、ショートは飯山、古城はセカンドにまわる)

大須賀 2-3から見逃し三振

十川孝 2-0から空振り三振

高野  2-0から見逃し三振

 

【8回裏・日本ハム】

(巨人この回からピッチャー根市、サード大須賀に代わり山下、セカンド永池に

代わり宮崎)

大貝  フルカウントからフォアボール

小田  初球をショートフライ

西浦  フルカウントからフォアボール

上田  初球ライトへのヒット、西コーチ手を回すも大貝三塁に戻る。このとき

キャッチャーからの送球が大貝の背中に当たる

駒居  2-1からサードゴロで5-2-3のゲッツー

 

【9回表・巨人】

(日本ハムこの回からピッチャーは厚澤)

黒田  2-3から三振

堀田  ショートライナー

宮崎  1-3からレフトへヒット

クレスポ (2-2のとき厚澤暴投で宮崎二進)

フルカウントからフォアボール

原   2-2から見逃し三振。ゲームセット

    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

8 山 田 0-0 死球

5大須賀 3-0       三振    遊ゴ       三振

5山 下

58十川孝 4-0 一飛    三振       右飛    三振

9 高 野 4-0 二ゴ    投ゴ       二ゴ    三振

6 黒 田 4-1 二直       中安    遊ゴ       三振

7 堀 田 4-2    左安    左飛       遊安    遊直

4 永 池 3-0    遊ゴ    三振       三振

4宮 崎 1-1                         左安

D クレスポ 3-1    左2       凡打    三振    四球

2 加 藤 1-0    二ゴ

H2 原  3-2             左安    中安    三振

3  李  3-0    遊ゴ       三振    三振

3田 中

    1回 2回 3回 4回    5回 6回 7回 8回

D 原 田 5-2 三振    左飛 左本:    中安・    投ゴ

8 石 本 4-2 中安    左飛 右3    三振

8大 貝 0-0                         四球

5 小 田 4-1 三振    右飛 四球       右安    遊飛

3 西 浦 4-1 三振       一ゴ 中2・    三振    四球

9 上 田 4-1    三振    二ゴ 中飛    遊ゴ    右安

2 高橋信 4-1    二ゴ    左安    遊ゴ 遊ゴ

2駒 居 1-0                         三併

4 阿久根 2-2    中安    右3・    四球

H6飯 山 0-0                      四球

7 森 本 3-1    四球    左本:    三失    右飛

64古 城 4-2    右安    右安    三振    二ゴ

   回 安 振 球 点        回 安 振 球 点

三 浦 4 10 4 2 7    下 柳 7 6 7 1 0

 真 木 1 1 2 1 1     矢 野 1 0 3 0 0

 鴨志田 2 1 1 1 0     厚 澤 1 1 2 1 0

根 市 1 1 0 2 0

PB 新屋  1B 津川  3B 村越  公式記録員 荒木


2002年 7月20日 ウエスタンリーグ13回戦 阪神−中日(鳴尾浜)報告者:北河内星人「吉川」さん

7月20日 阪神×中日13回戦(鳴尾浜)

得点経過
     1 2 3 4 5 6 7 8 9  H E
中  日 0 0 0 0 0 0 0 0 0  4 0
阪  神 0 0 0 2 0 1 0 0 0  6 4

スタメン
  中  日      阪  神
(中)波  留 1 (ニ)藤  原
(遊)善  村 2 (中)赤  星
(ニ)前田 新 3 (左)桜  井
(左)ブレット 4 (右)喜  田
(一)リナレス 5 (一)根  本
(三)辻  田 6 (遊)梶原 康
(捕)田  上 7 (三)新  井
(右)土  屋 8 (捕)中  谷
(投)宮  越 9 (投)伊  達

過試合経過
1回表…波留・遊失/善村・三ゴロ(波留2塁へ)/前田新・一飛/ブレット・三ゴロ
1回裏…藤原・投ゴロ(セフティーバント)/赤星・空振三振/桜井・左飛
2回表…リナレス・空振三振/辻田・左飛/田上・遊ゴロ
2回裏…喜田・空振三振/根本・中直/梶原康・投ゴロ
3回表…土屋・遊飛/宮越・空振三振/波留・投ゴロ
3回裏…新井・見逃三振/中谷・遊ゴロ/伊達・空振三振
4回表…善村・左安/前田新・一犠/ブレット・左飛/リナレス・三ゴロ
4回裏…藤原・右安/赤星・左2/桜井・見逃三振/喜田・左安(打点1)/根本・ニゴロ(喜田封殺・打点1)/梶原康・右飛
5回表…辻田・中安/田上・中飛/土屋・二失/宮越・一犠/波留・捕邪飛
5回裏…新井・遊ゴロ/中谷・ニ飛/伊達・中飛
6回表…善村・見逃三振/前田新・遊失/ブレット・空振三振/リナレス・中安/辻田・死球/田上の代打大豊・ニゴロ
【大豊→清水(捕)・リナレス→高橋光(一)・辻田→筒井(三)】
6回裏…藤原・左飛/赤星・ニゴロ/桜井・中安/喜田・中ニ(喜田走塁死・打点1)
7回表…土屋・中安/宮越の代打前田章・三失?(記録失念)/波留・投ゴロ(土屋封殺)
【伊達→原田(投)】
善村の代打都筑・ニゴロ併殺
【都筑(ニ)・前田章→久本(投)】
7回裏…根本・三邪飛/梶原康・一ゴロ/新井・空振三振
【新井→山岡(投)・原田→狩野(右)・喜田(右→一)・根本(一→三)】
8回表…前田新・右飛/ブレット・中飛/高橋光・右飛
【久本→福沢(投)】
8回裏…中谷・左2/狩野・投犠/藤原・遊ゴロ/赤星・四球→桜井への初球盗塁/桜井・三ゴロ
【山岡→船木(投)】
9回表…筒井・捕邪飛/清水・見逃三振/土屋・見逃三振(ゲームセット)

<阪神 打者・投手成績>
<打者>  打安点
4 藤 原 410
8 赤 星 310
7 桜 井 410
93喜 田 322
35根 本 301
6 梶原康 300
5 新 井 300
1 山 岡 000
1 舩 木 000
2 中 谷 310
1 伊 達 200
1 原 田 000
9 狩 野 000
振球犠併
6111  2863
<投手>       
      回  打 安 責
伊 達 6 1/3  28 4 0
原 田   2/3  1 0 0
山 岡 1    3 0 0
舩 木 1    3 0 0

<中日 打者・投手成績>
<打者>
       打安点
8 波 留 300
6 善 村 310
H4都 筑 100
46前田新 200
7 ブレット400
3 リナレス310
3 高橋光 100
5 辻 田 210
5 筒 井 100
2 田 上 200
H 大 豊 100
2 清 水 100
9 土 谷 310
1 宮 越 100
H 前田章 000
1 久 本 000
1 福 沢 000
振球犠併
6121  2840
<投手>       
     回  打  安 責
宮 越  6 22 5 3
久 本  1  3  0 0
福 沢  1  5  1 0

感 想
注目のリナレスはまだまだ本調子ではないよう。しかし、強烈なサードゴロを放ったり、初安打が出たりと徐々に調子を取り戻してきているようだ。
しかし、低めに落ちる変化球に弱いのか(それとも調整不足なのか)、空振りするシーンがあった(第1打席の最後のボールと第3打席の2ストライク目が同じようなボールだったのだが、同じように空振り)。また、本人が、日本のストライクゾーンは「国際大会では経験のない高さを取る」と言っており、慣れるまでには時間がかかりそうで(順応能力というか学習能力がどの程度のものかは知らないが)、日本の野球に慣れた頃にはシーズン終了。ということもありそう。

他では、阪神内野陣の拙守が目立った。記録に失策がつかなくても危なっかしいプレーが他にもあり。


2002年 7月19日 イースタンリーグ13回戦 ヤクルト−湘南(戸田)報告者:よーこさん/RYOさん(HP:野球のために鐘は鳴る

よーこさん編

ご無沙汰してます。よーこです。
昨日のヤクルト対湘南戦。
詳細を送ります。

7/19(金)戸田球場
試合開始13時 ヤクルト 対 湘南戦

     123456789 = R H E
湘  南 001000100 = 2 8 0
ヤクルト 000000000 = 0 5 1

勝:グスマン3勝1敗10試合
敗:本間忠 0勝3敗24試合
S:ターマン
E:ヤクルト 志田
投手:湘南 グスマン(6回)谷口(1回)関ターマン(2回)
   ヤクルト 本間(5回)前田(2/3)丹野(1回)丹波(1回1/3)高橋(1回)

湘南スタメン・成績

ポジション 打安打
      数打点
(4)石井義  420
(6)福 本  422
(3)七 野  400
(7)古 木  400
(5)グラン  420
(9)井 上  420
(2)鶴 岡  400
(8)田中充  400
(1)グスマン 200
-H八 馬  100
-1谷 口
-1ターマン 100

ヤクルトスタメン・成績

ポジション 打安打
      数打点
(8)代 田  400
-H9橿 渕  100
(7)志 田  200
-9宮 出  200
-1高 橋
(3)ユウイチ 410
(5)畠 山  400
(4)城 石  410
(6)本 郷  220
(9-7)牧谷  310
(2)米 野  200
-H2福 川  100
(1)本 間  100
-Hリーゴ  100
-1前 田
-1丹 野
-1丹 波
-H青 柳  100
-R8内 田

【感想】
かなり風が強くて、やる方も見る方も大変でした。
3回表、石井義くんがライト前Hを打ち、続く福本くんがサードゴロかと思ったのですが、畠山くんが捕れず球はレフトへ。
レフト志田くんが球を後ろに逸らしてしまい、ランナーがホームに還ってきて1点先制されてしまいました。
続く七野くんにストレートの四球を出してしまいましたが、古木くんをゲッツーにしとめ、1点に抑えました。
4回表、鶴岡くんの当たりは、センターフライかと思ったのですが風で球がレフト方向に流され、志田がいったん捕ったのですが代田と少しぶつかり、球を落してしまいました。
風が強かったので、守るの大変だったとは思いますが3回といい、きちんと処理してほしかったです。
この2つのプレーが影響したのか、5回表に変えられてしまいました。
7回表、先頭打者田中充くんを四球で出してしまい、代打八馬さんに送りバントをされ、福本くんのレフト前タイムリーHで1点追加されてしまいました。
8回表、古木くんの当たりは、1・2塁間抜けるかと思ったのですがユウイチが飛びついて、よく捕りました。
8回裏、代打青柳さんが四球で出てチャンスを作ったのですがユウイチのレフト前Hでランナーがホームまで還ってきてタッチアウトになってしまいました。
ちょっとホームまでは、無理があったように思いました。
ヤクルトは完封負けしてしまいました。
得点圏に何回かランナーを置いたのですが、還すことが出来ませんでした。
本間くん、負け投手にはなってしまいましたがいいピッチングをしてたと思います。
やはり、エラーをした方が負けてしまうのでしょうか。

よーこ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

RYOさん編

7月20日 ヤクルトVS湘南

・・・の観戦に行ってまいりましたので観戦リポートを寄贈します。
なんと今年2戦目の生観戦。失格ですな、野球HPの管理人として。
炎天下でのリポートゆえ後半かなりダレてますがご勘弁を。

http://yakyu.cside.to/kansen/


暑い中での観戦記がお馴染みとなってまいりましたか(笑)。牧歌的で尚かつプロ野球でありながら原風景の佇まいを見せる・・・そんな2軍戦のある1日。謙遜されるかも知れませんが「文才」を感じずにはいられません。<貴HPでの「RYO節」今後も楽しみにしています(結構映画ネタ好きです、しかも参考にさせていただいています)。by健一@管理人


2002年 7月19日 ウエスタンリーグ12回戦 阪神−中日(鳴尾浜)報告者:神谷さん

阪神−中日(鳴尾浜)

 
リナレスがお目見えということで鳴尾浜へ。阪神高速事故渋滞のため試合開始に20分遅刻。第一打席は見逃したかな?と思ってたら4番大豊が出塁したところで、リナレスの初打席に間に合いました。
 細身で猫科のイメージを持っていたのですが、
ブレットと同じ様な体形でした。

 
構えは重心を低く、ややクラウチング気味、グリップを何ミリか空けてる感じで、レベルスイングからライナーを狙うという構え。雰囲気は満点といっておきましょう。
 
ただ、体形やスイングともに実戦に向けてのきれというものが感じられず、普通に打ったらみんなサードゴロにしかならない打席内容でした。来週からバリバリとはいかないんじゃないかと思います。

 さて、試合は阪神
藤田太陽、中日矢口哲朗とローテーション5本目6本目入りの候補同士の先発。結果から言うとどちらも1軍ではまだまだしんどいというところでしょう。
 
藤田太陽はオッと思わせる威力のある速球を投げ込みますが、変化球がお話になりません。特に一回りしてからはまともにコントロールされた変化球はほとんどありませんでした。
 
矢口哲朗はすべてにおいて物足りません。端的に言って力そのものが弱い。とりあえず打者に打ってもらって結果は運次第という感じで、特に左打者はミートに徹すれば簡単に真芯で捉えられそうです。2軍では通用しても上ではまだまだ・・・

 野手陣では阪神勢。特にクリーンアップの
桜井広大喜田剛梶原康司のスイングの大きさと鋭さがうらやましい限りでした。がっちりと足場を決めてグッと振りぬく。うちのバットを振ってるんだか振られてるんだかわからないようなスイングとは大違いでした。
 特に惚れたのは
桜井広大。中村紀洋ばりのいいスイング。体つきも高卒ルーキーとは思えないできかたで、いい選手を取ったもんだとうらやむばかりです。

 それにしても中日ファンとしてはつまらん試合でした。
波留敏夫前田新悟ブレット大豊泰昭リナレス藤井優志(なんと右翼手)−善村一仁中野栄一。今季終了後何人残ってるかすらあやしい選手ばかりのスタメン。阪神とは大違いで、ホントに将来に対する不安ばかりがつのります。


  ■掲示板@2軍愛■