【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 8月12日 プロ・アマ交流戦 湘南−日産自動車(横須賀)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/健一

ふんぼるとさん編<完全版>

2002年 8月12日 プロ・アマ交流戦 湘南−日産

B横須賀(通算 日産2勝1敗)

 
日 産 040 020 240│12
 
湘 南 100 000 000│
 
 勝 押 本
 負 関 谷
    
 【日産】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回   8回   9回
  E 伊 藤 410 中飛 右飛       四球    中安 ニ直
  H 武 田 110                            左安
  6  岡  000
  C 四乃宮 500 左飛    ニゴ    三ゴ    一邪 四球    左飛
  G 吉 浦 522 中飛    四球    一ゴ    遊安 中安    空振
  B 小 山 312    四球 一ゴ    右本    空振 四球
  D 池 田 200    投犠 一飛    空振
  2 安 田 112                   中3 四球
  D 渡 辺 301    四球    一ゴ    一ゴ 右飛 四球
  H 梶 山 200    死球    ニゴ    見振   ────
  5 青柳大 100                      四球 一邪
  F 村 上 331    左安    右安    遊安
  H 桝 本 110                      中安
  7 青柳信 100                            空振
  A 中 原 201    遊ゴ    遊ゴ 
  H 宮 崎 100                見振
  9 塩 田 210                      空振    中安
  犠盗失併残─────
  01119 37119

      回 打安振球責
  中 村 4 164211
  押 本 2 60100
   辻  2 71100
  加 藤 1 52100
  
 【湘南】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 石井義 410 空振    中安    遊ゴ       中飛
  E 吉 田 210 右2    空振     
  2 渡 辺 200                左飛    ニゴ
  A5小田嶋 410 ニゴ    左安       ニゴ       右飛
  F6古 木 411 左安    ニ直       ニゴ       空振
  B 七 野 410    一直    中飛       空振    中飛
  G 西 崎 420    中飛    遊ゴ       中安    左安
  H 田中充 300    四球    右飛       遊失    投ゴ
  D  南  300    左飛       一邪    遊併
  D7新 沼 300       ニゴ    空振       左飛
  犠盗失併残─────
  00106 3371

      回   打安振球責
  関 谷 12/3 91034
   東  11/3 91010
  山 田 1   51112
  千 葉 2   104302
  鈴木健  2/3 92154
  前 田 11/3 62200

  本塁打  小 山(日)A (5回 山田)
  三塁打  安 田(日)  (7回 千葉 タイムリー)
  二塁打  吉 田(湘)  (1回 中村)
  犠 打  池 田(日)   (2回 1塁走者小山が二進)
  盗 塁  伊 藤(日)  (7回 捕手渡辺)
  失 策  渡 辺(湘)  (7回 2塁悪送球 タイムリーエラー)
       伊 藤(日)  (7回 遊ゴロをファンブル)
  牽制死  古 木(湘)  (1回 中村−小山 打者七野)
  暴 投  関 谷(湘)  (2回 3塁走者梶本がホームイン、1塁走者中原が三進)
       関 谷(湘)  (2回 3塁走者中原がホームイン、連続)
  併 殺  日 産    (7回 南 1死1、2塁 伊藤−四乃宮−小山)
      
  PL:萩原 1B:牧田 2B:深谷 3B:木内 公式記録:場内発表なし
  時間 3時間16分(18:01〜21:17)

得点経過
  1回裏(湘) 2死3塁から古木が左前打        湘南1点
  2回表(日) 1死満塁から村上が左前打        日産1点目
        1死満塁から中原の併殺崩れの間に      2点目
        1死1、3塁から関谷が暴投         3点目
        1死3塁から関谷が暴投           4点目
  5回表(日) 2死1塁から小山が右越え本塁打       5、6点目
  7回表(日) 2死1、3塁から渡辺の2塁悪送球の間に   7点目
        2死3塁から安田が中越え3塁打       8点目
  8回表(日) 2死満塁から吉浦が中前打          9、10点目
        2死満塁から鈴木健が押し出し        11点目
        2死満塁から鈴木健が押し出し        12点目
 
戦評
 ライトからレフトへかなりの風の吹く中、2,056人の観衆を集めて行われた今年で3回目の
 プロ・アマ交流戦『湘南−日産』。1勝1敗のタイで迎えたこの試合、勝ち越すのはどちら
 かと思われたが日産が湘南投手陣から10四死球を選び、11安打を浴びせ圧勝・・・というより
 は、湘南投手陣が自滅した試合。湘南投手陣は5人で200球以上、試合時間が長い・・・。

選評
 中 村(日) 何を隠そう高校の同級生(佐野日大−青森大−日産、マンモス校のため、僕は
       彼を知っているが、彼は僕を知らない(笑))。彼のピッチングを見るのは甲子
       園以来なので実に8年振り!相変らず、背が小さい(笑)。そして、相変らず決
       め球はドロップ。今日はドロップのコントロールが今一つだったが、それでも
       湘南打線のバットに空を切らせていた。3回に小さく変化するカーブを狙われ
       捕まりかけたが、古木のライナーがセカンド真正面で危機脱出。試合前のアナ
       ウンスでは左のエースと紹介されていた。都市対抗でも頑張れ、中村!

 小 山(日) 体を縮める独特のフォーム(呂明賜(巨)がもう少しグリップの位置を下げた感
       じ(健一さんへ 誰かに似てるなって思ったんですけど、呂明賜が思いついち
       ゃいました)。パワフルなスイングで見事なホームラン。

言われてみると呂明賜(巨)に似ていますね。深く沈み込みがに股ちっくなろころなんて言い得て妙な厳つき感を表しています。誰々に似ているという表現はイイッスよね。イメージが湧きます。by健一@管理人


 村 上(日) 3打数3安打の猛打賞ですが、その3安打は前進守備の三遊間を抜く、ライト
       前にポトリと落ちる、ショート内野安打とヒット性の当たりはなし。しかし、
       それをヒットにしてしまう粘り濃い野球が日産野球の持ち味かも。

 加 藤(日) 三菱ふそう川崎よりの補強選手。左足を大きく上げるサブマリン投法。かなり
       の変則投法で打ちにくいのかと思っていたが、七野、西崎にいい当たりをされ
       る。結構、打ちやすいのかな?

 吉 浦(日) 良い意味でも悪い意味でも1番、日産応援席より声援が飛んでいた。線も細く
       パワーヒッターという感じではないが、シュアなバッティング。


 関 谷(湘) 初回から良い当たりを外野に3つも持って行かれたので、危ないなと思ってい
       たら案の定2回に崩壊。フォアボールで走者を溜め、ヒットと暴投で還してし
       まうという最悪のパターン。特に暴投2つはキャッチャーがどうやっても捕れ
       ないようなボール。

 鈴木健(湘) 押し出し2つを含む3連続四球など、2/3回で5四球と崩壊。

 七 野(湘) 豪快なバッティングは見られなかったが、一塁手としてファインプレイを2つ
       (一、二塁間のゴロを押さえたのと難しいファールフライをキャッチ)。しかし
       9回にヒットで出塁したときに、西崎が空振りしたボールをキャッチャーが後
       ろへ逸らし、西崎が進塁しろとアピールしているのに進塁せず。点差も開いて
       おり、ファウルに見間違えたのだと思うが、次の塁を狙うという意識が足りな
       い。

 千 葉(湘) プロ入り後、初めてピッチングを見たが、高校時代に比べると腕の位置が少し
       上に上がり、球威が格段に増した印象。何せ久しぶりに見たので、間違ってた
       ら、ゴメンナサイ。見逃し三振2つは立派、手が出ないという感じ。

  東 (湘) 湘南投手陣の中で好投。今日もビュンビュン投げてました。



健一@管理人編<中途半端版>

■プロアマ交流戦 8月12日(月)湘南シーレックスvs日産自動車(横須賀)

〜6回表終了現在〜            R H E
日産自動車   |040 020 ■■■|6 ■ ■
湘南シーレックス|100 00■ ■■■|1 ■ ■

日産:中村将明(4回)−二番手背番号「19」の大柄右腕@中央大卒(■回)−
湘南:関屋智義(1回2/3)−東和政(2回1/3)−山田博士(1回)−千葉英貴(■回)−

試合はTVKで18:30〜20:00の間生放送されていました。経過の方はチャンネルを変えながらの「ながら観」の為殆ど虫食い観戦です。序盤湘南が1点先制したが、二回表先発関屋智義が掴まりというか自滅も絡みKO・・・。その後二番手東和政が締めたが、三番手山田博士のストレートを日産自動車4番小山豪がライトへ豪快な一発で更に2点追加。5回表四番手登板のルーキー千葉英貴の活きの良い投球に感心していると中継は残念ながら終了と相成りました。

今年で三年連続三回目となるこの対戦。「2000年8月15日 プロアマ交流戦 湘南2×−1日産自動車(横須賀) 報告者:健一」は以下URLで簡易に作成しているが、湘南のサヨナラ勝ち、昨年は日産自動車が勝ったそうです。今年も日産自動車かな?

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/4284/farm24.htm


【気になる選手達】

■中村将明(日産)
一見石川雅規(ヤ)に感じるぐらい小柄な左腕(フォームも似ています)。変化球を効果的に打たせて取るピッチング。湘南の右打線を上手いこと引っかけさせていました。


■小山豪(日産)
カンセコを左打席にしたようなゴッツイ構え。5回裏3番手山田博士の真っ直ぐを捕らえライナーで右翼席に運ぶ2点本塁打あり。


■関屋智義(湘)
中継が始まった時には、既に火だるま状態・・・2回KOでした。チラッと観たところフォームはオーバースローでした(以前はスリークォーターにしたりと試行錯誤)。四球・死球・暴投と精彩を欠く投球だったようです。<故障からの復活を!


■東和政(湘)
キビキビしたフォーム(テークバックが「ぐるーり」といった感じ)から繰り出されるストレートはキレがあり、変化球もブレーキが掛かって活きの良さを非常に感じました。まだ身体は細身ながらもこの「撓り」は大事にしたいですね(あまり筋骨隆々だと今のキレを失いそう)。


■千葉英貴(湘)
四番手として登板。昨年の甲子園大会以来、プロとしては初めて目にしました。プロのユニフォームがそうさせるのか・・・大きく見えました。上体に頼っている部分が強いですが、サイドハンドから指の掛かったストレートの威力は「おおっ」と目を見張るものがありました。

スライダーはフッと浮くような感じですが制球力はあまりなく緩急としてワンポイントでしょうか、シュート回転のキレの良いストレートの合間に投げられると打者も面喰らいそう!#木塚敦志のような切れ味鋭い中継ぎになれるかな?<今は小細工利かないけど楽しみな素材(^^)


2002年 8月11日 イースタンリーグ *回戦 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:右派さん(HP:Private Heaven

追浜リポート・試合編

 こんばんは、健一さん。暑い毎日が続きますが、ご健勝でらっしゃいますでしょうか。さて昨日またも湘南・ロッテ戦を観戦して参りましたので、拙文を書き込みさせていただきます。

約一ヶ月ぶりの追浜観戦はナイトゲーム。試験的な新趣向として球場の審判掲示板を利用してスピードガン表示されるようになった。表示されるまで時間がかかったり毎球表示されなかったりで十分に機能したとはいえないが、試合の演出としては悪くない試みといえる。また、レック君も随分と舞台慣れてきた印象だ。

 毎度同じ事を書いている気もするが、とにかく湘南は野手がいない。今日の試合は終盤でもつれ消耗戦となったが、最終回の絶好機でも野手を使い尽くしてしまったことで万事休す。結局ドローゲームに。なお、先日の読売戦で右肩を打撲した内川もベンチ入りはしていたものの、試合出場できる状態ではないようだ。

 試合は湘南・谷口、ロッテ・薮田という一軍半の先発投手でスタート。1回表、外角一辺倒の投球を見越したのか、喜多・佐藤がライト前ヒットを連ね二死1.3塁。ここで5番・大村はセンターへ平凡な飛球を打ち上げるが、中堅ヤングが目測を誤りヒットとしてしまいロッテが1点先制する。3回裏、吉田が右中間を破る2ベースで出塁すると、種田も左中間2ベースで続き同点。更に小田嶋も右翼線を刻む2ベースで逆転、バッテリーエラーの後に古木もレフトに犠牲フライ、湘南が3−1とする。2回以降谷口はスライダーが冴え渡りほぼ完璧な投球を見せるが、6回表にまたもヤングに足を引っ張られる。先頭の丸山にヒットを許した後、続く喜多をセンターへの高い飛球に打ち取ったかに見えた。ところが、ヤングはまたも目測を誤り頭を越され3ベースにしてしまい3−2。これでペースが乱れたのか谷口は佐藤にもセンター返しされ3−3の同点。以後も四球2つでピンチを広げるが何とか抑えた。7回裏、ロッテ3番手・黒木純より吉田が四球を選び出塁。石井義が送り二死二塁とすると、小田嶋が左中間に2ベース、4−3。続く古木もレフト頭上を越えるホームラン性の2ベースを放ち、5−3。湘南が再び勝ち越し。流れは完全に湘南ペース、そのまま試合終了と思われたが九回表に波乱が訪れる。湘南3番手山田が寺本に不運な内野安打を打たれると、日野監督は4番手の左腕・岡本をマウンドに送る。これを見てロッテも左の丸山に変え今江を代打に。高卒ルーキー対決・・・軍配は今江に。0−2から打った瞬間それとわかる起死回生の同点アーチをレフトスタンドにぶち込んだ。5−5となり土壇場で試合は振り出しに。九回裏、ロッテ5番手・和田が二死から突如崩れ湘南は満塁のチャンス。ここでバッターは5番・ヤング。2つのミスを取り返せる汚名挽回の好機だったが、敢え無く三振。試合は延長戦に突入。11回裏、湘南は二死から西崎・小田嶋が連打、二死1.2塁のサヨナラ機を再び迎える。ここで4番古木が登場しスタンドは盛り上がるが、ロッテベンチは冷静だった。湘南の野手枯渇を見越して古木を敬遠し、敢えて満塁としたのだ。この目論見は成功、湘南は投手の前田に変え今季いまだ無安打の渡辺を代打に送る。が、やはり荷は重くサードゴロに打ち取られ万事休す。結局、4時間にわたった接戦はドローゲームに終わった。


追浜リポート・湘南投手編

   オーダー  5石井義6種田3小田嶋7古木8ヤング9田中充2新沼1谷口4吉田
   投手継投  谷口-田崎-山田-岡本-東-前田
   途中出場  八馬・南・渡辺(代打)、西崎(代走)

■谷口邦幸(湘)
先発して6回を投げ自責点3。被安打7・奪三振3・与四球2。失点のうち2点はヤングの拙守によるもので、内容的には良かった。フォームは以前よりややこじんまりとした感じだが、腕が遅れて出てくる。球のキレは変わらない。特にスライダーのキレは出色だった。ストレートも球速こそ最速142キロだったものの、外角へのコーナーワークはなかなかのもの。ただ、内角への配球が少なかったのが気になる。6回に同点に追いつかれるなどスタミナ面も懸念されるが、今の一軍の状況ならばリリーフとして上げるべきだろう。

■田崎昌弘(湘)
2番手として1回を投げ無失点。被安打1・奪三振2。アーム気味のフォームから投ぜられるストレートは常時145キロを越え最速は149キロ。スライダーも130キロ台と高速だが、フォークの落差も相当なもので空振りがとれる。但し、この投手はランナーが出ると球速がかなり落ちてしまうところがあるので、そのあたりが課題だろう。ポカも多そうなタイプだが、彼も一軍で慣らすべきだろう。

■山田博士(湘)
3番手として1回を投げ自責点1。被安打2・奪三振1。シーズン序盤は一軍の主戦として投げていたものの、当時より調子がかなり落ちている印象。フォームのバランスが悪く、手投げ気味だ。ストレートの最速は142キロだが、概ね130キロ後半が多い。

■岡本直也(湘)
4番手として1/3を投げ自責点1。被安打2・奪三振1。ボール先行で苦しみ今江にまさかの同点弾を喫す。ルーキーながらかなり使われていることもあり、疲労がピークなのでは。

■東和政(湘)
5番手として2/3を投げ無失点。同点にされた直後のいやな場面での登板だったが、スライダーを駆使して落ち着いて後続を断った。一軍での修羅場を経験したことを生かしていたのではないか。

■前田和之(湘)
6番手として2回を投げ無失点。被安打2・奪三振4。ストレートは最速144キロに止まったように本調子ではなかった。


追浜リポート・湘南野手編

■石井義人(湘)
1番三塁として四球・一邪飛・投ゴ・投犠・三振・二ゴで音無し。バントを2度試みて一度成功させる。彼だけに見られることではないが、どうもこのチームの打者はバントの際に自らも生きるようにセーフティー気味のバントをやることが多い。きっちり腰を落してやらせるべきでは。

■種田仁(湘)
2番遊撃として一犠・左中2・右安で2打数2安打1打点。故障から復帰しての調整試合だったが、攻守とも最早不安はない。近いうちに一軍に上がるだろう。それにしても彼の蟹股オープンスタンス、真後ろから見ると更に異様に感じられる。

■小田嶋正邦(湘)
3番一塁として三ゴ失・右2・一ゴ・左中2・四球・中安の5打数3安打2打点。広角に強い打球を飛ばし、かなり侮れない打者になってきた。アッパー傾向を改め上から叩くような打撃だが、打球はかなり伸びていく。以前のように何でも振っていくこともない。もう一冬こせば、以外な伏兵としてファースト候補に名乗りを上げることもありうるかも。

■古木克明(湘)
4番左翼として三振・左犠飛・中安・左2・四球・四球で3打数2安打2打点。第一打席こそ薮田の緩急にフォームをバラバラに崩されたものの、第2打席以降は力まず引っ叩くようなスプレーヒッティングで結果を出した。特に特に第4打席での2ベースはホームラン性の当たりで、反対方向にも強打が打てたことは収穫ではないか。この試合の前まで不振に悩んでいたようだが、この日の結果で再浮上のきっかけになると良いのだが。

■ヤング(湘)
5番中堅として右飛・一飛・中飛・補飛・三振と音無し。攻守とも味方の足を引っ張り、勝てる試合を取れなかった主因となった。特にセンター守備は酷く2度にわたり目測を誤る。風向きが頻繁に変わっていたので守りが難しかったこともあるのだろうが、仮にもメジャーの正センターだった選手。あれはないだろうという感じである。打撃ではスライダーに悉く振り遅れるがリーチがあるためバットが届く。しかし、殆ど当てただけのポップフライに倒れることしきり。あのパワーでレフト方向に引っ張ることができないのは残念だ。

■田中充(湘)
6番右翼として中直・二ゴ・右2・一ゴ・二ゴで5打数1安打。小さく変化する球を引っ掛けて凡打に倒れるケースが多い。余談だが、彼の出囃子(ラップ。曲名は忘れたが)は雰囲気にあって格好いい。

■新沼慎二(湘)
7番捕手として中飛・中飛・三振・三振・三振で音無し。捕手としてキャッチングは安心できるレベルになってきたが、相川を擬したような外角に偏る配球は如何なものか。打撃はスイッチヒッターとして左右両打席に入ったものの、全く打てる気がしない。変化球は特に駄目で、ストレートも高めをファールできる程度。入団2年目くらいまではここまで打てない選手ではなかったのだが。

■吉田好太(湘)
8番二塁として左中2・三振・四球・三振・右飛で2打数1安打。小柄ながら体操選手のような体型で、意外とパワーがある。俊足を利したベースランニングもかなりのものだ。しかし、やはり1.2番タイプの選手であるので、スイングはもっとコンパクトにすべき。現状では大きすぎる。立場的には微妙な選手だが、身体能力は高そうで様子を見たい素材である。

■八馬幹典(湘)
代打として登場、三振2つに倒れる。彼もスイングが大きく、持ち前の粘っこい打撃は影をひそめていた。


追浜リポート・千葉ロッテ編

  オーダー  4丸山9喜多3山本7佐藤9大村2里崎5ユーゴー1薮田6青野
  投手継投  薮田-田中充-黒木純-高橋-和田
  途中出場  今江・平井・福沢・橋本・清水将・寺本(代打)、於保(代走)、信原(三塁)

■薮田安彦(ロ)
先発して5回を投げ失点3。被安打4・奪三振4・与四球1。ストレートは概ね130キロ終盤も大小の変化球を駆使して打たせてとる投球を展開。球が高めに行かなければ安定した内容。

■田中充(ロ)
2番手として1/3を投げ無失点。被安打2。かなり大きな投球動作からややアーム気味に投げ下ろす左腕。ストレートは130キロ終盤。球種も多そうだが、古木・田中といった左打者に打たれるなど勝負球に欠ける印象。

■黒木純司(ロ)
3番手として1回2/3を投げ失点2。被安打2・奪三振2・与四球1。サイドにかなり近いスリークォーター気味のフォームから140キロ超のストレートで勝負する。際どい内角球で打者をのけぞらし、外角をどすんと突くあたりは経験豊富。しかし、この日は球が高くスラッガータイプに弾かれてしまった。

■高橋薫(ロ)
4番手として1回を無失点。奪三振2。かつてのドラ1左腕も故障に苦しみ満足な成績を残していないが、この日の投球を見て流石と思った。ストレートこそ130キロ終盤でまだまだだが、ブレーキが利いたカーブが出色。その球筋は生きているかのような独特の変化をする何とも形状しがたい球なのだ。故障が回復すれば、来年におけるロッテの秘密兵器になるのではなかろうか。

■和田孝志(ロ)
5番手として3回を投げ無失点。被安打3・奪三振4・与四球3。2度にわたる満塁のピンチを老獪な投球術でかわして見せた。変化球主体の投球。

■喜多隆志(ロ)
2番中堅として右安・二ゴ・中3・投安・右安・三振の6打数4安打1打点。一・二塁間を抜くヒットをいとも簡単に打ってみせる安打製造機。非力かと思えば投手やセンター方向に強烈な打球も放つ。打撃の上手さは流石にドラ1。

■山本保司(ロ)
3番一塁として2三振に倒れ、途中で代打を送られた。応援団の旗持ちのような始動体制。

■今江敏晃(ロ)
代打として登場、左本・一飛で2打数1安打2打点。起死回生の同点2ランは0−2からボールを置きにいったところを逃さず打ったものだが、完全に呼び込んでいた。打球が飛んだ瞬間それと分かる当たりで、アーチストとしての片鱗を垣間見せつけた。喜多や丸山と合わせて、今後楽しみな選手である。


2002年 8月11日 イースタンリーグ14回戦 ヤクルト−日本ハム(札幌市円山球場)報告者:風車の弥生さん

8月11日(日) 曇りときどき晴れ

      ファイターズ@札幌市円山球場

 

【1回表・ファイターズ】

 (スワローズ先発は平本)

  森本  1-2からいい当たりは飛びすぎてライトライナー

  小田  1-3からフォアボール

  阿久根 2-2からショートの左を抜くヒット

  木元  セカンドゴロ。当たりが緩くランナーそれぞれ進塁

  藤島  2-1から見逃し三振

 

【1回裏・スワローズ】

 (ファイターズ先発は矢野)

  橿渕  2-0からサードの右を抜くヒット

  野口  0-1からピッチャー前へ送りバント

  ユウイチ  ストレートのフォアボール

  衣川  2-3からサードファールフライ

  ツギオ 2-0から三遊間を緩い打球が抜けヒット。橿渕生還

  福川  1-3からフォアボール

  宮出  2-2から見逃し三振

 

【2回表・ファイターズ】

  上田  フルカウントからショートの深いゴロだったが、1塁アウト

  高橋信 フルカウントからセカンドゴロ、ツギオお手玉の上に悪送球、ボールは

       バックアップにきたキャッチャー福川がおさえ信二は1塁どまり

  飯山  1-2からヒットエンドラン。打球はファースト正面のゴロで飯山はアウト

  矢野  初球ワイルドピッチで信二3進。フルカウントからフォアボール

 (平本、いつもの制球難がでてきました)

  森本  1-0からセンター前ヒット。信二生還

  小田  0-1から右あしのすねにデッドボール

  阿久根 2-2から左中間まっ二つの2塁打。走者一掃

  木元  1-3からフォアボール

  藤島  0-2から1,2塁間を破るヒット。阿久根生還、木元3進

  上田  2-2からレフト前ヒット。木元生還

(スワローズ平本に代わり、ピッチャー丹波)

  高橋信 1-1からショートゴロ、2塁フォースアウト

 

【2回裏・スワローズ】

  牧谷  1-0からショートゴロ

  丹波  2-1から2塁ベースよりのセカンドゴロ

  橿渕  2-1からレフトへホームラン性のヒヤリとする当たりはファール。そのあと、ショートゴロ

 

【3回表・ファイターズ】

  飯山  0-1からきれいにセンター前に運ぶ

  矢野  2-1から空振り三振。バントできず

  森本  2-0から空振り三振

  小田  2-2からヒットエンドラン。レフト前ヒットで飯山2塁どまり

  阿久根 1-0からレフトオーバーの2塁打。飯山生還、智之3塁ストップ

  木元  1-1からサードファールフライ

 

【3回裏・スワローズ】

  野口  1-0からレフト前ヒット

  ユウイチ  初球レフトフライ

  衣川  1-0からレフトフライ

  ツギオ 3球目のとき野口が盗塁成功。フルカウントから1球粘ってフォアボールを選ぶ

  福川  ライト線の打球ファールかと思われたが、フェアとの判定で2塁打。野口生還、

       ツギオ3塁どまり。白井監督抗議の構えを見せるがすぐにベンチに戻る。

    (この回の攻撃が終わりベンチに戻ってきた上田は「ファールかと思った

     けど、線の上にボールのあとがありました」とベンチに報告)

  宮出  0-1からショートゴロ

 

【4回表・ファイターズ】

  藤島  1-1から詰まった当たりが左中間に飛ぶ、センターがワンバウンドで捕球

  上田  0-1からセカンドゴロ。高く弾んだので2塁フォースアウトのみ

  高橋信 0-1からセンター後方へのフライ

  飯山  1-2からサード正面のゴロ、2塁フォースアウト

 

【4回裏・スワローズ】

  牧谷  1-0からショート飯山の左を抜くヒット

 (スワローズ丹波に代わりバッター真中)

  真中  2-3からサードへ小飛球。ファールフライでアウト

  橿渕  2-1からタイミングを狂わされた形での空振り三振

  野口  1-3からライトフライ

 

【5回表・ファイターズ】

 (スワローズ真中に代わりピッチャー丹野)

  矢野  2-0からお約束の空振り三振

  森本  初球大きなフライもレフトフェンス前まで。ユウイチらくらく捕球

  小田  1-2からいい当たりだったがピッチャーゴロ

 

【5回裏・スワローズ】

  ユウイチ  1-2からセンターへのいい当たりだったがひちょりがっちりキャッチ

  衣川  2-1からいい当たりだったがピッチャーゴロ

  ツギオ 1-1からキャッチャーファールフライ

 

【6回表・ファイターズ】

  阿久根 2-3からレフト前ヒット

  木元  0-1からライト前ヒットで、宮出がお手玉のすきに阿久根3進

  藤島  2-0から見逃し三振

  上田  1-3からフォアボール

  高橋信 0-1からサードゴロ。併殺

 (いくら点差があるとはいえ、1アウト満塁で併殺は痛いですね)

 

【6回裏・スワローズ】

  福川  1-2から三遊間を破るレフト前ヒット

  宮出  初球レフト前ヒット

  牧谷  1-3からフォアボール

 (ファイターズピッチャー矢野に代わり櫻井)

 (スワローズ丹野に代わりバッターリーゴ)

  リーゴ センター前ヒット。2者生還

  橿渕  2-1から空振り三振

  野口  2-3からフォアボール

  ユウイチ  センターへの犠牲フライ

  衣川  フルカウントからセンター前ヒット。リーゴ生還

  ツギオ フルカウントからショートゴロ

 

【7回表・ファイターズ】

 (スワローズ衣川に代わりピッチャー高橋、リーゴはレフト、レフトユウイチがライト、

  ライト宮出はファースト)

  飯山  初球ライト前ヒット

 (ファイターズ櫻井に代わりバッター大貝)

  大貝  初球絶妙な送りバント

  森本  2-1から低めの球に空振り三振

  小田  1-2からショートライナー

 

【7回裏・スワローズ】

 (ファイターズ大貝に代わりピッチャー伊藤)

  福川  初球サードフライ

  宮出  初球セカンドゴロ

  牧谷  2-2から空振り三振

 

【8回表・ファイターズ】

 (スワローズ高橋に代わりピッチャー山部)

  阿久根 1-1からファーストゴロ

  木元  2-2から空振り三振

  藤島  2-2からショートゴロ

 

【8回裏・スワローズ】

  リーゴ 初球レフト前ヒット

  橿渕  0-2からピッチャー前へ送りバント

 (スワローズ2塁走者リーゴに代走内田)

  野口  0-1からセンターフライ

 (ファイターズ伊藤に代わりピッチャー高橋憲)

 (スワローズユウイチに代わりバッター畠山)

  畠山  敬遠のフォアボール

 (スワローズ山部に代わりバッター梶本)

  (電光掲示板に間違えて「梶尾」と表示された上に、応援団から「がんばれがんばれ梶尾」

といわれてしまった梶本くん、可哀想すぎるぅ)

  梶本  2-1から空振り三振

 (この回の攻防はなかなか見ごたえがありました)

 

 

【9回表・ファイターズ】

 (スワローズ梶本に代わりピッチャー島田、内田はセンター、センター橿渕はライト、

  畠山はサード、サード牧谷はレフト)

  上田  1-1からレフトフライ

  高橋信 0-1からショートゴロ。野口エラーで送球できず

  飯山  初球送りバント

 (ファイターズ高橋憲に代わりバッター島田)

  島田  0-3から敬遠気味のフォアボール

 (ファイターズ島田に代走村西)

  森本  2-1から空振り三振

 

【9回裏・スワローズ】

 (ファイターズ村西はレフト、藤島に代わりピッチャー武藤)

  ツギオ 初球ショートゴロ。飯山ファインプレー

  福川  2-1から空振り三振

  宮出  2-2からレフトライン際へツーベース

  牧谷  2-0からセカンドゴロ。ゲームセット

 

 

  F      1回 2回    3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

8 森 本 6-1 右直 中安・   三振    左飛    三振    三振

5 小 田 3-1 四球 死球    左安    投ゴ    遊直

4 阿久根 5-4 左安 左2:・   左2・      左安    一ゴ

3 木 元 4-1 二ゴ 四球    三邪       右安    三振

7 藤 島 5-2 三振 右安・       中安    三振    遊ゴ

 1武 藤

9 上 田 4-1    遊ゴ 左安・   二ゴ    四球       左飛

2 高橋信 5-0    二失 遊ゴ    中飛    三併       遊失

6 飯 山 4-2    一ゴ    中安 三ゴ       右安    捕犠

1 矢 野 2-0    四球    三振    三振

 1櫻 井

 H大 貝 0-0                      捕犠

 1伊 藤

 1高橋憲

 H島 田 0-0                            四球

R7村 西

 

  YS      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

89橿 渕 4-1 左安 遊ゴ    三振    三振    投犠

6 野 口 3-1 投犠    左安 右飛    四球    中飛

79 ユウイチ  2-0 四球    左飛    中飛 中犠・

H5畠 山 0-0                      四球

3 衣 川 4-1 三邪    左飛    投ゴ 中安・

 1高 橋

 1山 部

 H梶 本 1-0                      三振

 1島 田

4 ツギオ 4-1 左安・    四球    捕邪 遊ゴ       遊ゴ

2 福 川 4-2 四球    右2・      左安 三飛    三振

93宮 出 5-2 三振    遊ゴ       左安 二ゴ    左2

57牧 谷 4-1    遊ゴ    左安    四球 三振    二ゴ

1 平 本

 1丹 波 1-0    二ゴ

 H  1-1          三邪

 1丹 野

H7リーゴ 2-2                            中安:    左安

R8 

 

     回 安 振 球 点      YS   回  安 振 球 点

矢 野 50/3 7 2 4 5    平 本 12/3 5 1 4 6

 櫻 井 1    2 1 1 1     丹 波 21/3 4 2 0 1

 伊 藤 12/3 1 1 0 0     丹 野 2    2 2 1 0

 高橋憲  1/3 0 1 1 0     高 橋 1    1 1 0 0

 武 藤 1    1 1 0 0     山 部 1    0 1 0 0

 島 田 1    1 1 1 0

 

 PB 牧田  1B 有隅  2B 萩原  3B 深谷  公式記録員 荒木

 


2002年 8月10日 イースタンリーグ13回戦 ヤクルト−日本ハム(札幌市円山球場)報告者:風車の弥生さん

8月10日(土) 曇りときどき雨(気温20℃くらい?)

      ファイターズ@札幌市円山球場

 

【1回表・ファイターズ】

 (スワローズ先発は萩原)

  森本  1-2からいい当たりもライトライナー

  小田  2-2からライト前ヒット

  阿久根 2-3から1・2塁間を破るヒット。智之はスタートを切っていたので

      3塁まで進塁

  木元  2-2から空振り三振

  高橋信 1-3からのゴロはショート正面

 

【1回裏・スワローズ】

(ファイターズ先発は立石)

  真中  2-2から高いバウンドのサードゴロ、智之すばやく1塁に送球したが、

      ゆうゆう内野安打

  ユウイチ  2-1からレフトのライン際に高く上がったフライに島田が追いつく

  衣川  2-3から空振り三振。このとき真中が盗塁成功。タイミングはアウトだっ

      が飯山のベースカバーが遅れ、タッチできずにセーフ。

  畠山  鋭い当たりのセンター前ヒット、真中は3塁どまり

  ツギオ ピッチャーゴロ

 

【2回表・ファイターズ】

  島田  初球レフト場外へのものすごい当たりのホームラン。

      あまりの打球のすごさに場内の観客はア然。3塁塁審

      牧田さんの手が回ってはじめて歓声があがる。

  飯山  0-2から高く上がったレフトフライ

  大貝  初球セカンドゴロ

  立石  2-1から当てただけのセカンドゴロ

 

【2回裏・スワローズ】

  福川  0-1からいい当たりがサード右に飛び、レフト前ヒット

  牧谷  セカンドゴロ。おあつらえのゲッツーコースだったが、

      飯山の1塁への送球がそれ、2塁フォースアウトのみ。

  萩原  バント失敗の後、3球目を見逃しの三振

  野口  2-1からボテボテのセカンドゴロ

 

【3回表・ファイターズ】

  森本  フルカウントからフォアボールを選ぶ

  小田  1-0からピッチャー前に送りバント

  阿久根 2-1からレフトフライ

  木元  (0-2のとき、キャッチャーからの牽制でひちょりがアウト)

 

【3回裏・スワローズ】

  真中  初球レフト前ヒット

  ユウイチ  1-0から送りバント

  衣川  2-1から空振り三振

  畠山  ストレートのフォアボール

  ツギオ 初球折れたバットはサード前へ、打球はショートライナー

 

【4回表・ファイターズ】

  木元  1-0からショートゴロ

  高橋信 2-2から空振り三振

  島田  1-3からセカンドフライ

 

【4回裏・スワローズ】

  福川  2-2からセカンドゴロ。阿久根2塁ベース前にゆるく転がってきた球を

      うまくさばく

  牧谷  初球サード前へバント。1塁へのヘッドスライディングも及ばずアウト

  萩原  2-2からショートゴロ。けっこういい当たりだったが飯山の正面

 

【5回表・ファイターズ】

  飯山  初球センター前への飛球。真中ダイビングも及ばずヒット

  大貝  1-0からライト前ヒット

  立石  初球バントの構えで空振り、このとき飯山が飛び出し

      2,3塁間に挟まれアウト、大貝は2塁へ進塁。

      しかし、1-1から野手顔負けの打球を右中間に飛ばし

      2塁打。大貝が生還

     (飯山がアウトになって嫌な雰囲気になったのを吹き飛ばす、とてもいいヒットでした)

  森本  1-2からレフト前へヒット、立石は3塁どまり

  小田  右中間へ2塁打、立石生還、ひちょりはクロスプレー

      だったが、福川のブロックの隙間に足をうまくいれて

      ホームイン

  阿久根 フルカウントから見逃し三振

  木元  2-0から見逃し三振

 

【5回裏・スワローズ】

  野口  セカンドゴロ

  真中  2-1からセンター前ヒット

 (早くも猛打賞、真中ひとりが気を吐いています)

  ユウイチ  1-0からレフトフライ

  衣川  2-1から空振り三振

 

【6回表・ファイターズ】

  高橋信 2-2からファーストフライ

  島田  0-1からショートゴロ

  飯山  2-0からセンター前ヒット

 (飯山くんは前の回にまずい走塁があったし、守備もさえてなかったので、再びヒットがでてひと安心)

  大貝  2-0から空振り三振

 

【6回裏・スワローズ】

 (ファイターズこの回からレフト島田に代わり村西)

  畠山  0-1からセカンドゴロ

  ツギオ 2-2からバックスクリーン左へホームラン

  福川  初球三遊間の深いところへのゴロ。飯山よく踏ん張って1塁へ送球し

      アウト

  牧谷  フルカウントから窮屈なバッティングでのサードゴロ

 

【7回表・ファイターズ】

  立石  打つ意思は全くなく、2-0から見逃し三振

  森本  2-2からセカンドゴロ

  小田  2-0から空振り三振

 

【7回裏・スワローズ】

 (スワローズ萩原に代わりバッター橿渕)

  橿渕  1-1から左中間へホームラン

  野口  0-1からセンター後方へのフライ、ひちょり目測をあやまり捕れず

      (記録は2塁打)

 (ファイターズピッチャー立石に代わり山口)

 (さっきの立石の打席のときに代打を立ててもよかったのか・・・)

  真中  2-3からピッチャーゴロ、ランナー動けず

 (スワローズユウイチに代わりバッターリーゴ)

  リーゴ 2-2から空振り三振

 (スワローズ衣川に変わりバッター宮出)

 (ファイターズピッチャー山口に代わり伊藤)

 (白井さんも必死の継投ですな)

  宮出  1-1からサードゴロ

 

【8回表・ファイターズ】

 (スワローズリーゴに代わりピッチャー山部、宮出はそのままファーストに、

  橿渕はライトに入り、ライト牧谷はレフトに)

  阿久根 2-2からショートゴロ

 (ファイターズ木元に代わりバッター藤島)

  藤島  2-1から左太ももにデッドボール

  高橋信 初球サードゴロで2塁フォースアウト

  村西  フルカウントから2球ファールで信二を走らせたあと

      で、空振り三振

 

【8回裏・スワローズ】

 (ファイターズ藤島がそのままファーストに入る)

  畠山  初球ショートゴロ

  ツギオ 1-0からいい当たりだったが、センター正面のライナー

  福川  0-1からキャッチャーファールフライ

 

【9回表・ファイターズ】

 (スワローズ山部に代わりピッチャー高橋)

  飯山  1-1からボテボテのセカンドゴロ

  大貝  2-1から空振り三振

 (ファイターズ伊藤に代わりバッター田中聡)

 (地方球場ではありがちだが、「田中」と電光掲示板にでている)

  田中聡 0-2からショート右を抜くヒット

  森本  レフトへツーランホームラン

 (これでダメ押しですね)

  小田  2-2から空振り三振

 

【9回裏・スワローズ】

 (ファイターズピッチャー伊藤に代わり、武藤)

  牧谷  2-2から高目の球に手を出し空振り三振

  橿渕  2-1からタイミングをずらされ空振り三振

  野口  2-0からサードゴロ。ゲームセット

 

 

  F      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

8 森 本 4-2 右直    四球    左安    二ゴ    左本:

5 小 田 4-2 右安    投犠    右2:    三振    三振

4 阿久根 4-1 右安    左飛    三振       遊ゴ

3 木 元 3-0 三振       遊ゴ 三振

H3藤 島 0-0                      死球

2 高橋信 4-0 遊ゴ       三振    一飛    三ゴ

7 島 田 3-1    左本・   二飛    遊ゴ

 7村 西 1-0                      三振

6 飯 山 4-2    左飛       中安 中安       二ゴ

9 大 貝 4-1    二ゴ       右安 三振       三振

1 立 石 3-1    二ゴ       右2・   三振

 1山 口

 1伊 藤

 H田中聡 1-1                         中安

 1武 藤

 

  YS      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

8 真 中 4-3 三安    左安    中安    投ゴ

7  ユウイチ  2-0 左飛    捕犠    左飛

 Hリーゴ 1-0                   三振

 1山 部

 1高 橋

3 衣 川 3-0 三振    三振    三振

H3宮 出 1-0                   三ゴ

5 畠 山 3-1 中安    四球       二ゴ    遊ゴ

4 ツギオ 4-1 投ゴ    遊直       中本・   中直

2 福 川 4-1    左安    二ゴ    遊ゴ    捕邪

97牧 谷 4-0    二ゴ    三ゴ    三ゴ       三振

1 萩 原 2-0    三振    遊ゴ

H9橿 渕 2-1                   中本・   三振

6 野 口 4-1    二ゴ       二ゴ    中2    三ゴ

 

  F   回  安 振 球 点      YS  回 安 振 球 点

立 石 60/3 8 4 1 2    萩 原 7 9 7 1 4

 山 口  2/3 0 1 0 0     山 部 1 0 1 1 0

 伊 藤 11/3 0 0 0 0     高 橋 1 2 2 0 2

 武 藤 1    0 2 0 0

 

PB 深谷  1B 萩原  2B 有隅  3B 牧田  公式記録員 荒木

 

 

スワローズ応援団(4人くらい?)

  太鼓1、トランペット1、ハンドマイク1


2002年 8月10日 ウエスタンリーグ10回戦 ダイエー−広島(サンマリンスタジアム宮崎)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world


由 宇 000 000 000 0
雁の巣 101 000 00X 2

由 宇 ●山内(5)―林(2)―佐竹(1)
雁の巣 ○土井(6)―輝(2)―S篠原(1)

審判 球:金子 一:藤本 二:杉本 三:丹波

寺原隼人、ケガで地元凱旋登板ならずも、サイン会を行う(始球式を寺原弟が勤めていました)。
ご当地
井手正太郎、2安打2盗塁。地元で活躍。
土井雅弘、パラシュートボールとイン突きストレートで好投。
輝、MAX149km/h!最近何かと話題の
篠原貴行も復調気味。

この試合の詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。

サンマリンスタジアム、すばらしい球場です。
それにしても、本場のチキン南蛮はうまかった。


2002年 8月 7日 ウエスタンリーグ15回戦 ダイエー−阪神(福岡ドーム)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world)/健一

gascoigneさん編

年に一度の雁の巣ホークス福岡ドーム見参。
47,000人(主催者発表)の大観衆が、若手のプレーに声援を送りました。

鳴尾浜 040 000 200 6
雁の巣 100 000 110 3

鳴尾浜 加藤(41/3)−原田(2/3)−○部坂(2)−川俣(1/3)−弓長(1)−S舩木(2/3)
雁の巣 ●神内(5)−水田(1)−田中総(1)−鈴木(1)−ゴメス(1)

審判 球:白井 一:飯塚 二:古堅 三:岡田

HR:森山(8回:川俣)

福原忍一軍招集で急遽登板の加藤隆行、まずまず好投!
神内靖、9四死球と制球力課題も、今後が楽しみ。



健一@管理人編

上のgascoigneさんからの追加情報として、RKB毎日放送のサイト(同試合の動画あり)を教えていただきました。皆さんもご自身の目で雁ノ巣ホークス、そして鳴尾浜タイガースの面子をチェックしてみて下さい。

下記は、同動画を観ての印象です(以下投手はまだじっくりと観ていなかったのでアップしてみました)


■加藤隆行(神) 186cm/82kg 長崎工高→阪神ドラフト5位
投球フォームは、オーバースローとスリークォーターの間ぐらいの腕の出。後述藤川球児似に感じた同特長として
「腕の撓り」に非凡なものを感じます。ストレートは、大凡140km/h弱ですが、140km/h以上も望めそう。変化球は110km/h台のカーブ、120km/h台後半のスライダー。要所でブレーキの効いたカーブ@多投が巧く抜けたかも。

以前に比べ全体的に多少スムーズになったような気がしました。前は
住友一哉(近→神)というか、左手のグラブを突き出すようにして、それを素速く折り畳むような動作が特徴でしたが、全体的にオーソドックスで、パッと見、藤川球児(神)に近いものを感じました。

気になる点は、他の方も述べられていますが、左肩を早く開いて打者と真正面で相対する間を与えるためか、そう組み難いという感じではないかも知れません。ただその一塁側に早く流れる動きにカーブが巧く乗っているところもあるのが痛し痒し。<球離れや球の出どこ等々も含め改良の余地ありだと思います。

現時点では、まとまっている段階でこのままではそう計算は立てられませんが、上に述べた「腕の撓り」に期待・応援したいです!この特長を伸ばすことが出来れば、ストレート・変化球ともにスケールアップするんじゃないでしょうか。#後半戦は、経験値を稼がせましょう。

本日は先発し4回1/3を投げ被安打5、奪三振5、与死球1、失点1とまずまずの投球内容(ボロが出る前の温情もあるかもな、まあ精一杯でしょう)。初回いきなり連打&死球で無死満塁とどうなるかと思われましたが大道典良併殺の間の1失点と不幸中の幸いの出だしに乗った部分もあるかもしれません。
(2002年8月7日 雁ノ巣ホークス3−6鳴尾浜タイガース(福岡ドーム))


■神内靖(ダ) 178cm/75kg 延岡学園→ダイエー2002年ドラフト4巡目
体格はどちらかというと「ずんぐりむっくり」している印象(ガッチリしていると言った方がいいかも)。ワインドアップで両腕を高く掲げ、右足も高い位置まで引き上げる。その反動を利用してテークバックから一気に巻き込む活きの良い左腕(胸も張れています)。

130km/h台中盤のストレートを多投し、得意のカーブは抑え気味?本来ならばもう少し緩急を活かした投球だと思うのですが、本日はストレートに課題を置いていたのかも知れません。制球はバラバラで本日は過度に悪かったものだと思われます。次回に期待しましょう!

適性はよく分からないのですが、短いイニングを全力投球という吉田修司U世のような中継ぎにはまりそうな予感あり。ただまだルーキーですのでどの方向に進むのか見守りたいです。

本日の投球内容は、5回を投げ、被安打3、奪三振4、与四死球9、失点4で敗戦投手となってしまいました。被安打3ですが、与四死球9というのが頂けませんでした・・・。
(2002年8月7日 雁ノ巣ホークス3−6鳴尾浜タイガース(福岡ドーム))


■ゴメス(ダ)
なんでも若干17歳の助っ人。なるほど顔付きも幼いです(でも17歳は若いですね、1985年生まれだってさ・・・)。投球フォームは、エルナンデス(NY)ばりに左足を神々しく上げて真上から投げ下ろす本格派(フィニッシュの時に一塁側に体重が流れます)。#将来を鑑みるにタイプは「先発型」

ストレートは概ね140km/hを越え、最速は140km/h台中盤の値を示していました。変化球は120km/hちょっとのカットボールを投げていました(スライダーかもしれません)。あと最後に一球投げた112km/hの球はチェンジアップだと思います。8対2の割合をストレートでぐいぐい攻めていました。

制球は、抑えが効かずに上擦る場面も見られれる、また変化球等々・・・課題はあるものの素晴らしい逸材だと感じました。以前広島に在籍していたチェコのような活躍を見せるかも。#身体が出来てフォームが固まったりと課題をクリアしていけば、それ以上のスケールアップが見込めそう!まだ17歳ですから、伸びますよ。三年契約だそうですので、その期間真面目に取り組めれば自ずと結果が出ると思います(^^)

9回1イニングを投げ、喜田剛(中飛)、曽我部直樹(捕邪)、梶原康司(ニゴ)と3人を「力」で抑え込みました。僅か2球で二人を片づけ、最後は梶原康司に粘られたがインサイドに抜く球(チェンジアップ)で二塁ゴロ試合終了。今日は出来過ぎのきらいもありますが(長いイニングだと制球難等ボロがでるかも)、「潜在能力」は十分見せつけました。
(2002年8月7日 雁ノ巣ホークス3−6鳴尾浜タイガース(福岡ドーム))


2002年 8月 5日 イースタンリーグ13回戦 巨人−湘南(札幌ドーム)報告者:しろにゃんこさん

8月5日、札幌ドームで行われたイースタンリーグ公式戦、巨人−湘南戦は、7対2で巨人が勝ちました。

札幌ドーム 18時1分試合開始(2時間52分)
                RHE
湘 南 000 110 000 62
巨 人 001 101 40X 111

勝利投手  谷  9勝2敗18試合
敗戦投手 川村 0勝3敗 8試合
(巨)谷−柏田−西山/小田
(湘)川村−稲嶺−山田−岡本−千葉/鶴岡

審判 PL名幸 1B牧田 2B萩原 3B濱野

同点の6回、巨人は1死一、二塁から鈴木の適時打で勝ち越し。
7回には小田、宮崎の二塁打などで4点を加え試合を決定付けた。
投げては、先発谷が7回を投げ、5安打2失点の好投。

二塁打:ヤング(4回=谷)鶴岡、吉田(5回=谷)小田(7回=川村)
失 策:古木(4回)大須賀(9回)
暴 投:川村、山田(7回)
盗 塁:鈴木(7回)

(湘南)  打安点   (巨人)  打安点
(三)石井義310   (中)鈴 木521
打三 八 馬100   (右)山 田400
(左)田中充200   (一)吉 永420
打左 西 崎100    投 柏 田000
(一)小田嶋400    投 西 山000
(右)中 根310   (左) 原 511
(中)ヤング421   (捕)小 田510
(遊)古 木400   (三二)十川孝410
(捕)鶴 岡410   (遊)大須賀421
(投)川 村200   (二左)宮 崎212
 投 稲 嶺000   (投) 谷 310
 打 光 山100    打  李 100
 投 山 田000    三 山 下000
 投 岡 本000
 投 千 葉000
(二)吉 田311


投手成績

(巨人)
 谷 7  回打者26 5安打2失点
柏 田1  回打者3 1安打無失点
西 山1  回打者5 1安打無失点

(湘南)
川 村52/3回打者29 6安打2失点
稲 嶺 1/3回打者1 無安打無失点
山 田 2/3回打者8 4安打3失点
岡 本 1/3回打者2 1安打無失点
千 葉1  回打者3 無安打無失点

注目した選手
■谷浩弥(巨人)
アンダーに近い?サイドということで面白い存在、今期イースタンでもまずまずの結果を残しているだけに期待。
3回までほぼパーフェクトピッチング、その後もヒットは許すもわずか5安打2失点とシーレックス打線を抑える好投を披露。

■鈴木尚広(巨人)
俊足巧打ぶりを発揮している鈴木、きょうも盗塁やタイムリーを含む2安打と活躍。斎藤、堀田などに続いてほしいところ。


■ヤング(湘南)
イースタンでの調整が決まったヤング、4回に同点打、7回にも出塁し反撃ののろしかと思わせたが…、残念。

■吉田好太(湘南)
5回表左翼線へ運ぶ二塁打で同点の打点。


巨人1軍の方では、先日、はるばる?遠軽から広島へ急遽、昇格にあわせ移動したという永池が出場、先頭打者として出塁するなど活躍していました。頑張ってほしいです。


2002年 8月 4日 イースタンリーグ12回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年 8月 4日 日本ハム−ロッテ 12回戦

K鎌ヶ谷(日本ハム7勝5敗)

 
ロ ッ テ 000 000 000│
 
日本ハム 010 200 00X│
 
 勝 ミラバル  1勝0敗0S 登板1
 S 矢 野 2勝3敗2S 登板13
 負 井 上 4勝6敗2S 登板22
    
 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 丸 山 300 遊ゴ    四球       見振    中飛
  H 喜 多 400 三ゴ    右飛       一ゴ       ニゴ
  D 平 井 300 右飛       四球    中飛       空振
  F 佐 藤 310    遊安    見振       右飛
  8 於 保 100                         見振
  G7早 川 310    三ゴ    遊飛       左安
  B 山 本 300    三併    ニゴ       空振
  A 清水将 310       右安    遊ゴ    空振
  5 ユウゴー  000
  E 青 野 100       投犠    空振
  H2橋 本 100                      見振
  D6今 江 300       右飛    遊ゴ       右飛
  犠盗失併残─────
  10014 2830

      回   打安振球責
  井 上 62/3 289613
  田中充 11/3 40200
  
 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 森 本 410 右2 ニ併    ニゴ       空振
  G 石 本 400 投ゴ    投ゴ    一直    中飛
  D 古 城 300 四球    ニゴ    左飛       空振
  D 島 田 410 三ゴ    右安    見振       空振
  F 原 田 300 空振    中飛       遊ゴ
  7 大 貝 100                      ニ飛
  C 阿久根 310    中安    空振    ニゴ
  A 高橋信 320    右安    中安    見振
  B 小 田 311    空振    右3       ニゴ
  E 飯 山 332    左安    中安       中安
  犠盗失併残─────
  00015 3193

      回 打安振球責
  ミラバル  5 182220
  矢 野 4 131600

  三塁打  小 田(日) (4回 井上 タイムリー)
  二塁打  森 本(日) (1回 井上)
  犠 打  青 野(ロ) (3回 1塁走者清水将が二進)
  牽制死  森 本(日) (4回 井上−山本 打者石本)
  捕 逸  清水将(ロ) (7回 1塁走者飯山が二進)
  併 殺  日本ハム  (2回 山本 1死1塁 古城−阿久根−小田)
       ロ ッ テ  (2回 森本 1死1、2塁 丸山−丸山−山本)
      
  球審:新屋 一塁:津川 二塁:平林 三塁:村越 公式記録:荒木  
  時間 2時間22分(13:01〜15:23)

得点経過
  2回裏(日) 先頭の阿久根がニ遊間を破る中前打で出塁。高橋信がエンドランを決め、
        無死1、3塁。小田は空振り三振で倒れるも、飯山が前進守備のショートの
        左を破る左前打で阿久根がホームイン。日本ハム1点目。
  4回裏(日) 先頭の阿久根が空振り三振に倒れるも、高橋信が中前に弾き返し、1死1塁
        小田の右中間を破るスリーベースで高橋信がホームイン。日本ハム2点目で
        1死3塁。飯山が中前に弾き返し、小田がホームイン。日本ハム3点目。

得点経過
 普段よりは涼しいとはいえ、灼熱の夏の太陽の下『明治生命デー』として行われた。
 ロッテは先発の井上が3失点と好投も、打線がミラバル−矢野の前に散発の3安打でシャッ
 トアウト負け。日本ハムの矢野は4回を1安打6三振と見事なリリーフ。

選評
 井 上(ロ) 2回と4回に3安打づつを集中される。先週のヤクルト戦もそうだが、連打を
       許してしまう傾向。また、落ちる球が冴えており、空振りでカウントを稼ぎ、
       6三振を奪取。しかし、見ている感覚ではもっと三振を取っている印象。
       真夏でも相変らず暑さ(熱さ)を感じさせない投球フォームでした。

 
田中充(ロ) 1回1/3を投げ、日本ハムのクリーンアップ(余談:西浦がいない・・・)から、2
       つの空振り三振を奪取。初めて見たが、非常に素直なフォームでコントロール
       も良く好感が持てる。

 
ルーキー達 喜多・丸山・今江のルーキートリオ。ちょっとお疲れかな?暑い夏が続きます
       が、頑張りましょう!


 
矢 野(日) セットからのピッチングで制球難も顔を見せず、4回を無四球!でほぼ完璧な
       内容。6回、7回は直球を低めに集め、8回、9回は変化球でカウントを取り
       直球で仕留める内容で空振り3つ、見逃し3つの計6三振を奪う快投!

 
ミラバル (日) ケガから復活し、5回を2安打、2四球の内容。外野へ打球が飛んだのは4回
       だけで、しかも、真芯で捕らえられたのは清水将のライト前というサスガの内
       容だが、ボールが先行していたのは気掛かり。もう1回ぐらいファームで投げ
       た方がいいかも。

 
高橋信(日) ヒットエンドランを決めるなど、2安打の活躍だが、2本とも力のヒットとい
       うよりは、うまく合わせてのヒット。技術力が着々と着いてきてます!
       また、完封リレーを演出したリードも光る!


2002年 8月 3日 イースタンリーグ11回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年8月3日(土)

  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−千葉ロッテマリーンズ 11回戦
  日本ハム6勝5敗0分 (ファイターズスタジアム鎌ヶ谷) 13:00
  晴れ 試合時間2時間42分
  ◆球審:村 越 1塁:秋 村 2塁:山 崎 3塁:新 屋(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:荒 木(セントラル・リーグ)

                      H E
千葉ロッテ 000 000 020 ・・ 8 0
日本ハム  000 010 30x ・・ 9 1

○ 勝利投手 立 石 1勝0敗   ● 敗戦投手 薮 田 4勝6敗
S  セーブ 武 藤 −勝−敗
3B 3塁打 古 城 7回2死 (日本ハム)
       早 川 8回1死 (千葉ロッテ)
2B 2塁打 佐 藤 1回2死 (千葉ロッテ)
       森 本 3回2死 (日本ハム)
       寺 本 7回無死 (千葉ロッテ)
 E 失 策 飯 山 8回無死 (丸山遊ゴロをファンブル) (千葉ロッテ)
   併殺打 喜 多 3回1死 (古城−阿久根−小田) (千葉ロッテ)
       平 井 7回無死 (小田−飯山−小田) (千葉ロッテ)

(千葉ロッテ) 数度のチャンスにタイムリー出ず。早川2点タイムリースリーベースまで、
        佐藤2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(4) 丸 山 4 1 0 1 0 三振    三安       遊ゴ    遊失
(8) 9
 喜 多 4 1 0 1 0 三振    三併       右安    左飛
(7) 佐 藤 3 2 0 0 0 中2       三ゴ    中安
R 7 早 川 1 1 2 0 0                      中3:
(DH) ボーリック
  0 0 2 1 四球       三振    中飛    三振
(9) 大 村 2 0 0 1 0 遊直       三振
 9  寺 本 1 1 0 0 0                   右2
 H  里 崎 1 0 0 0 0                      遊ゴ
 8  於 保 0 0 0 0 0
(2) 橋 本 3 0 0 0 1    二ゴ       二直    四球    一ゴ
(3) ユウゴー2 0 0 0 0    遊ゴ       遊ゴ
 H  平 井 1 0 0 0 0                   一併
 3  信 原 1 0 0 0 0                         遊飛
(6) 青 野 3 0 0 2 0    投ゴ       見振    三振
 H  山 本 1 1 0 0 0                         右安
(5) 今 江 4 1 0 0 0       中飛       三ゴ    中安 右飛
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7 34 8
 2 7 2  2  0  0  0  0  2  1  1  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム) 石本先制タイムリー2安打、古城満塁走者一掃の3点タイムリーベース、
       阿久根2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6   7  8
(7) 森 本 4 1 0 1 0 投ゴ    右2    三振    捕 犠 三飛
(8) 石 本 4 2 1 0 0 右飛    三飛    右安・   右 安
(DH) 原 田 3 0 0 1 1 右飛       三振 四球    遊 ゴ
(9) 西 浦 1 0 0 0 0    左直
 9  大 貝 2 1 0 0 0          右安 遊ゴ
 H  島 田 0 0 0 0 1                   敬 四
R 9 村 西 0 0 0 0 0
(5) 古 城 4 2 3 1 0    右安    見振    左飛 右中3・:
(2) 高橋信 3 0 0 0 1    左飛    中飛    遊ゴ 四 球
(4) 阿久根 4 2 0 1 0    中飛       中安 中安 三 振
(3) 小 田 4 0 0 1 0       遊ゴ    三振 一飛     遊ゴ
(6) 飯 山 3 1 0 0 1       右飛    中安    四 球 右飛
     :             :  :  :  :  :  :   :  :
    残塁9 32 9 4 5 4
  0  1  1  1  3  1   2  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 敬四は敬遠四球

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(千葉ロッテ) 薮田5回6安打1失点も打線の援護なく。亮寛ピンチに田中充
        抑えられず追加点許す
 ● 薮 田   5     22  6   0   1   4   1
   山ア貴   1      4  1   0   0   0   0
   亮 寛     2/3  4  1   0   1   0   2
   田中充     2/3  5  1   0   2   1   1
   戸 部     2/3  2  0   0   0   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム) 立石今日は無失点好投!7回無死で交代も5安打。高橋憲救援成功、
       武藤1安打好投セーブ
 ○ 立 石   6 0/3 24  5   0   2   5   0
   高橋憲   1      2  0   0   0   1   0
   伊 藤     1/3  4  2   0   0   1   1
   厚 澤     1/3  1  0   0   0   0   0
 S 武 藤   1 1/3  5  1   0   0   0   0

日本ハム−2 千葉ロッテ

今週末を最後に約2週間程、本拠地・鎌ヶ谷を離れるファイターズ今週末は連勝で地方遠征に出たい。対するは4位日本ハムとの差が大きく開いてしまっている千葉ロッテ。不調で調整中だがボーリックをはじめ、ベテラン勢もいるだけに油断はできない。夏真っ盛りの晴れ間の中で試合開始。

1回日本ハムの先発は先週の長野・飯田で白星こそ付かなかったが、好投の立石。今日も好投で1軍への足掛かりを掴みたい。1回千葉ロッテの攻撃は1番丸山。2−1から低めのストレートに空振り三振。2番喜多、同じく2−1からの真ん中へのストレートに空振り三振。3番はベテラン佐藤、打ってセンター前へ落ちそうなフライ。センターの石本が猛前進してくるが捕球できず、ボールが石本のやや後ろを転がる間に佐藤は2塁へ行きツーベース。4番今季は不調からファームでの調整が続く言わずと知れたボーリック。存在感だけで圧倒されたのか、立石が1軍での対戦で打たれた事があるのか、1塁ベースも空いている場面だったので半ば敬遠気味の四球で歩かせる。5番こちらも知らない人を探す方が苦労する大村。打って猛烈なスピードのライナーがショート飯山へ飛ぶ!しかし正面への打球だった為捕球してアウト。2者が残塁。1回裏千葉ロッテの先発は薮田。1回裏日本ハムの攻撃は、1番森本。2−3から打つが詰まったピッチャーゴロ。薮田が足元でワンバウンドで捕球し1塁へ。2番石本、0−1から打つと、かなり上空高い位置まで上がるが伸びがなくライトフライ。3番原田、0−1から流し打ちだがライトフライ。大村がライト線内側で捕球。2回千葉ロッテの攻撃は6番橋本、2−1から打ってセカンドベース右側へのゴロ。7番ユウゴー、初球打ちしセカンドベース後ろで飯山が捕って1塁へ送球してアウト。8番青野0−2から内角のボールを打ってバットが折れたのかボテボテのピッチャーゴロで3者凡退。2回裏日本ハムは4番西浦から。0−2から芯で捉えた鋭いライナーがレフトへ飛ぶ。しかし打球が上がらなかったのとレフト・佐藤の正面だった為レフトライナーに。5番は今日は主軸打者の打順に起用されている古城。引っ張った打球がファーストユウゴーのグラブを弾いてライト前へ日本ハムの初安打。6番高橋信、1−2から打ってレフトやや左へのフライ。7番阿久根、2−1からの投球に古城がスタートを切る。しかし阿久根は打ってセンターフライでチャンス作れず。3回千葉ロッテは9番今江からの攻撃、初球打ちに出るとセンター後方ややレフト寄りへの大飛球!これに石本が背走しフェンスまで到達、そのままフェンスオーバーかという打球だったが石本がジャンプ一番、飛び上がるとこれを好捕!!ファインプレーの見本の様なナイスキャッチで千葉ロッテにチャンスを与えない。1番に戻って丸山、叩き付けたバッティングはサード頭上への高いバウンドのゴロ。古城が思い切りジャンプするが打球がさらに上にあり、グラブから零れてしまう。これが内野安打となって出塁。2番喜多、1−0から打つがサード正面へのゴロ。古城−阿久根−小田と渡って併殺打で一気にチェンジ。3回裏日本ハムの攻撃は、8番小田。詰まった打球はショートゴロ。9番飯山、2−1から流し打ちに出るがライトフライ。1番に戻って森本、これもライトへの流し打ちをするとファースト後方への小フライ。ライトが前進してくるがライト線一杯にこの打球が入りヒットになると、弾んだボールの回転にドライブが掛かっていたのかファールゾーンに切れる。森本は全くスピードを緩めずファーストキャンバスを蹴るとそのまま2塁へ。ライト前ツーベースで2死2塁と先制のチャンス。2番石本、1−1から打ち上げてしまいサードフライ。今江が3塁線上を後退して捕球し森本残塁。

4回日本ハムは守備の交代、ライト西浦に代わって大貝が入る。どこか負傷でもしたのか?思い当たるプレーが見当たらないが交代。千葉ロッテは3番佐藤から。1−1から打ってボテボテのサードゴロ。4番ボーリック、2−1から高目のストレートに空振り三振。5番大村、2−1からの低め変化球にバットが止まったが、1塁塁審・秋村がストライクのコールで空振り三振、3者凡退。4回裏千葉ロッテは選手の交代、ライトの大村に代わって寺本が入る。日本ハムは、3番原田から、2−1から高目ストレートに空振り三振。4番大貝、ライト前へワンバウンドでヒット。5番古城、2球で2ストライクにされると続く3球目高目へのストレートを見逃しで3球三振。6番高橋信、1−2から打ち上げてセンター定位置やや後方で捕球のセンターフライ。5回千葉ロッテは6番橋本からの攻撃、1−0から打つと1回の大村のショートライナーと同程度の強烈なライナーが今度はセカンドに飛ぶ。しかしこれも正面への打球で阿久根が捕球。7番ユウゴー、1−1からショートゴロ。飯山が前に弾いてしまうが素早く取り直して1塁へ送球しアウト。8番青野、2−2から見逃し三振で3者凡退。ここまでチャンスが作れていない日本ハム打線だったが、5回裏漸く薮田を捕らえる。この回は7番阿久根から、初球打ちするとセカンドベース上をバウンドしながら転がってセンター前ヒット。続く8番小田は、2−0から低め変化球に空振り三振。9番飯山、これも初球攻撃に出るとセカンドベースやや左を転がる打球。ショートの青野が捕球体勢に入っている様にも見えたが捕れずセンター前ヒット。1死1、2塁として1番に戻って森本、2−3からファールで粘りに粘って数球を稼ぐが、最後は空振り三振。バットを叩きつけて悔しがる粘りぶりだった。2番石本、これも2−3まで行くと最後は2人のランナーが2死の為同時にスタート。自動的にエンドランの状態になり石本がヒッティングすると、打球はファースト右を抜けてライト前ヒットで2塁から阿久根が還って日本ハムが1点を先制した。直も2死1、3塁のチャンスに3番原田。一発・長打を警戒してか敬遠気味にストレートの至急で歩かせる。2死満塁となり4番大貝、3度2−3まで行くが打ってショート正面への平凡なゴロで3者残塁。1点をリードされた千葉ロッテは6回、日本ハム先発の立石を攻める。9番今江から、打ってバットが真っ二つに折れると、バットはショート定位置付近へ、打球はサードゴロ。1番に戻って丸山、1−2から流すがショートゴロ。2番喜多、0−2から打ってライト前への打球、駿足大貝だったがこれは無理せず前に落としてシングルヒット。3番佐藤、センターやや右への連続ヒットで1塁ランナー喜多は一気に3塁へ到達する。ここで佐藤に代わって代走が起用される。早川が1塁へ。2死1、3塁と同点、逆転、一発2点差のランナーを塁上に4番ボーリック。1−2から打ち上げると高〜く舞い上がったセンターフライ。長い滞空時間だったがフェンスは遠くほぼ定位置。2者残塁で千葉ロッテ追いつけず。6回裏千葉ロッテは2番手に山ア貴がマウンドに上がる。6回裏日本ハムの攻撃は、5番古城から。2−1から打ち上げてレフトフライ。6番高橋信、0−1から打ってショートゴロ。7番阿久根、初球打ちでセンター前ヒットで出塁。2死1塁で8番小田、2−3フルカウントから詰まった打球はファーストフライで阿久根残塁。7回千葉ロッテは5番寺本から。引っ張ると鋭い打球がファーストベース上、ライン一杯に入り、小田を襲うとこの打球に小田が正面に入って捕球体勢だったが、捕れずにボールはライトファールゾーンを転々とする。ツーベースヒットで出塁。6番橋本は1−3から外角へのストレートを見送って四球で無死1、2塁とチャンス。ここで日本ハムはピッチャーの交代、先発の立石に代わって2番手には高橋憲が上がる。続く7番ユウゴーに代わって代打はベテラン・平井。しかしファーストゴロ。小田が捕ってセカンドベースカバーの飯山に送球、1塁に転送はピッチャーの高橋憲と小田が交錯する感じで1塁ベース上だが、小田が転送されたボールを取って併殺打。2死3塁とチャンスは続いたが8番青野は2−3から高目のストレートに空振り三振でチャンス潰える。

7回裏日本ハムは追加点を奪うが、打順と打者特性を千葉ロッテ投手陣が誤ってしまったのか?という場面。この回から千葉ロッテは3番手亮寛がマウンドへ、日本ハムの攻撃は9番飯山から。1−3から真ん中への変化球が外れて四球でノーアウトのランナーが出塁。1番戻って森本、0−1からキャッチャー前への正確な送りバントでランナーを得点圏に進める。1死2塁として2番石本、0−1から引っ張ったバッティングで1・2塁間を破ってライト前ヒット。1死1、3塁として3番原田はショートゴロ、1塁ランナーの石本が2塁へ進む。ここで次がホームラン打者ではないとはいえ、対左打者になるので千葉ロッテはピッチャーの交代、4番手に田中充がマウンドへ。左の田中充対左の大貝の対決・・にしておく筈もなく日本ハムは代打に温存しておいた右の大砲・島田を代打に告げる。すると当然元の状態に戻ってしまったので田中充は島田を初球と同時に敬遠し、歩かせる。1塁に島田が行くと代走が告げられる。ファーストランナーに村西が起用される。2死満塁として左の古城がバッターボックスへ。左対左の対戦、外野はやや前進守備の隊形。しかしセオリー通りに事は進まなかった!古城はスイング一閃、強振すると打球はセンターやや右への飛球。定位置での守備「だったら」やや後退してセンターフライだが、センター喜多が全力で下がる。しかし打球はその喜多を越えてタイムリーヒット。打球がフェンスまで到達する間に1塁から村西も還って3点タイムリースリーベースで3点を追加4−0と突き放す。さらに6番高橋信には1球もストライクが入らずストレートの四球。2死1、3塁として7番阿久根。またしても、の一打に期待だったがここは2−1からの変化球に空振り三振。8回日本ハムは代走の村西がそのままライトに入る。ピッチャーが伊藤に代わる。8回千葉ロッテの攻撃は、9番今江から。1−0から打ってピッチャー右横を鋭く抜けてセンター前ヒット。1番に戻って丸山、鋭いを越える速さといっても充分な「速球」がショート飯山の前へ飛ぶ!これに飯山が捕体勢だったが、打球の勢いが強すぎたのかこれを弾いてしまいエラー。無死1、2塁として2番喜多は初球攻撃。しかしレフト正面への打球でランナー進めず。1死1、2塁として3番早川、打ってセンター前への打球。これに石本が駿足で前進してくると、最後は横向き一回転しての捕球を試みるが捕れない!ボールがそのままセンター後方に転がり2者が一気に生還して4−2と2点差に詰め寄る。早川は3塁へ行き2点タイムリースリーベース。一発同点のチャンスに4番ボーリック、右打席に立つが3球続けて大きく曲がる変化球に空振り3つで三振。ここで日本ハムはさらに継投策に出る、左の寺本を迎えた所で左の厚澤を投入する。しかし今度は千葉ロッテが先程の日本ハム同様にベンチワークを駆使する。代打に右の里崎を告げて勝負再開。初球打ちをすると先程ではないが、鋭い打球がショート飯山の正面へ飛ぶ。この打球が飯山の足元付近でワンバウンドするが、しっかり捕って1塁へ。千葉ロッテ逆転ならず。8回裏日本ハムの攻撃は、8番小田からの攻撃。初球打ちはショートゴロ。ここで右打者が続く為千葉ロッテは継投に出る。5番手に戸部がマウンドへ。9番飯山、1−2から流し打ちだがライト線上フェンス手前へのライトフライ。1番森本打ち上げてしまうが、この打球をサード今江が追う。風に流されたのかショートの前を過ぎ、セカンドベース方向へ段々移動してきてショートも落下点へ来るが、そのままサード今江が捕球。セカンドベースのすぐ近くで膝を付いて捕球のサードフライで3者凡退。9回千葉ロッテは6番橋本から、初球打ちはファーストゴロ。小田がベース後方ライン上で捕球してアウト。7番先程代打の平井に代わってファーストに入っていた信原、1−0から打ち上げてショートフライ、レフト定位置前方で捕球。8番青野に代わって代打は山本、流し打ちで1・2塁間を抜けてライト前ヒット。ラストバッターを逃れた。しかし9番今江が打ち上げてライトフライで試合終了。

日本ハムが立石の好投、古城の3点タイムリーで逃げ切った。千葉ロッテはチャンスにチームの主砲・ボーリックに打順を回すも、ノーヒット。投げても7回の敬遠が裏目に出てしまい敗戦。西武・巨人・日本ハム・湘南の上位戦線から離れられない日本ハムが、白星を追加した。■試合終了時刻15:42


  ■掲示板@2軍愛■