【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年 9月 4日 ウエスタンリーグ17回戦 阪神−近鉄(鳴尾浜)報告者:健一

■ウエスタンリーグ 9月4日(水)鳴尾浜タイガースvs藤井寺バファローズ(鳴尾浜)

<延長10回引き分け>             
   H E
藤井寺バファローズ|000 010 100 0|  9 0
鳴尾浜タイガース |100 000 010 0| 10 0

藤:藪恵壹(6回)−福原忍(1/3)−遠山奬志(2/3)−金澤健人(3回)
鳴:バーグマン(8回)−有銘兼久(2/3)−山崎一玄(1/3)−石毛博史(1/3)−小池秀郎(1/3)−松本拓也(1/3)


【大まかな得点経過】
故障から2回目の登板藪恵壹(一軍復帰も近いぞ)、そして1軍でピリッとしたところもなく調整中のバーグマン(3連勝したときもあったのですが・・・)と調整対決。

一回裏二死から
斉藤秀光左安、喜田剛が詰まりながらの右安で一三塁の好機を作る。ここで5番梶原康司が真ん中の球を逆らわず左中間フェンスにワンバウンドで到達する先制タイムリー二塁打。

五回表
星野修四球後、牧田明久にはエンドランを決められ一気に一塁三塁。続く長坂健治にセンタへの飛球、高波文一は追い付くもののボールはグラブの下へ・・・失策は付かなかったが十二分に「失策」。その間に同点。

七回表二番手
福原忍登板・・・しかし被安打2、たった「1/3」で降板・・・トホホ。代わりまして遠山奬志、右打者山崎浩司には外角のシンカーをライト前に運ばれ勝ち越しを許す(バットのヘッドを返さず、巧いことぶつける打撃@そう何度も出来得ぬが)。下位打線ということもあってなんとかこの一点で締める。

八回裏
藤本敦士がライナー性のライト前安打、そして盗塁で好機を演出。ここまで踏ん張っていたバーグマンは喜田剛に詰まりながらも巧く捌き遊撃手頭上を越える同点打。

終盤は、小刻みな継投を見せる藤井寺投手陣、そして調整中ではあるが一軍昇格はそう遠くないであろう投球をした
金澤健人がそれぞれ打撃陣を押さえ決着付かず延長10回ドロー。


【気になる選手達】

■藪恵壹(神)
7月下旬に左脇の故障で戦列を離れていましたが、1軍復帰手前という段階にまで戻ってきました。投球内容は、先日の試合のメモによると「6イニング、被安打4、与四球1、奪三振5、失点1」#速球@140km/h以上と変化球をバランスよく配す実戦的な投球でした(ちょっと変化球が多かったかなあ)。特にここで触れることもないですが、故障個所も気になるようなところは見られず、本人・首脳陣共に手応えありの内容だったようです。復帰時期は9月上旬とのこと!


■福原忍(神)
藪恵壹の後を継いで、7回表から投球。安打2本に代打の左の内匠政博が出て、左腕遠山奬志に交代・・・1アウトのみ。左だ右だでジタバタして欲しくない投手なんですが、現状の信頼度は低そうです。それとも先日降格理由のぎっくり腰の影響なんでしょうか?違うなあ(××)

そっくり返り気味のフォームから軽く140km/hを越えるストレートながら打者は組み難しではないんでしょうね。#個人的には数年前より「抑え」に福原忍を!と思っていましたが、乖離しちゃってますね(^^;)<でも俺はいつか「抑え」が似合う男になると思う


■遠山奬志(神)
一死一三塁の場面、上記の代打内匠政博に代わって代打の代打山崎浩司に外角のシンカーに対して、右手を返さずバットをぶつけるスイングでライト前適時打を打たれる。その後は下位打線に進んだこともありこの1点で済んだ。清原和博(巨)、桑田真澄(巨)と同期に中たるこの遠山奬志。勤続疲労なのか、それとも寄る年並みに・・・。


■金澤健人(神)
終盤の3回を締めてくれたのがこの金澤健人。走者を背負わない8回表はリラックスしたフォームから140km/h強の真っ直ぐと得意のスラーブを交えてのピッチング。延長10回表二死二三塁のピンチには、顔を真っ赤に気合いモード!最後は市原圭を一ゴに抑える(甘い球でしたが、これが気合いの為せる業!?)。ピッチングにムラのある金澤健人ですが、今季はよう頑張りました(俺は信じておったぞ)。来季は一ランク高い内容を望みたいです、藪恵壹と同じく一軍復帰近そうです。


■高波文一(神)
ブンブン振り回す打撃で安定感はありませんが、足と守備はお任せあれ(一番中翼手として出場4タコ)。しかしそんな守備で軽率なプレー1つあり。5回表一死一三塁打者長坂健治の打球はセンターライナー、掴んでバックホーム勝負!と予想された打球だったのですが、前進する高波文一のグラブの下をすり抜け適時打にしてしまう場面がありました。高波文一も膝に手を当て下を向きしまった・・・と背中で語っていましたが、三塁走者を気にしちゃったんでしょうね。次回は頼む、あとバットそんなに振り回さないで(^^;)若しくは再度スイッチ挑戦する?


■藤本敦士(神)
2番二塁手として出場。調子としては可もなく不可もなく・・・2軍レベルなら尚更目立って欲しいのだが。猫背気味の構えから伸び上がるようなスイング、というか腕だけで捌こうとしているような印象。よく判らないのですが、結果がパッとしないので勝手に解釈しています(笑)

しかし彼らしいところも見せてくれました。8回裏ライト前にライナー性で運ぶ安打(打ち上げないで低い打球、こういうのを頼む!)そして二塁へ素速く盗塁、同点の足掛かりとなりました。藤本敦士は良い意味で「やんちゃ」なところを感じます。それは精密機械のようにミスの少ないという卒のない選手ではなく、ミスもあるがデカイ仕事もする!そんな選手のような匂いをルーキー時より感じるんです

安芸キャンプを通じて見て今年の一押し選手として挙げさせて頂いたこの藤本敦士、昨年の松田匡司共々見る目のない私ですが、本当にやると思ったんです・・・。松田匡司は今季打撃フォームも変え方向性を変えてしまいましたが、この藤本敦士はまだまだ底を見せていません。少なくとも田中秀太を一蹴すると見ています(^^;)


■斉藤秀光(神)
3番遊撃手として出場。なんで打撃の弱い彼が3番なんだろう?と訝しげに思われましたが、打者一巡して「なるほど」と感じました。現存のメンバーで考えると確かに今の斉藤秀光は打撃も好調で、これもありかなという落としどころで納得しました。

守備は強肩も相まって鉄壁の部類。個人的には今岡誠降格@右膝関節炎の際には、藤本敦士ではなくこの斉藤秀光が昇格するのではと感じていました。

他球団の編成は狙っても面白い選手だと思われます。打撃の良いチームまた内野層を厚くしたいならヘタにドラフトに走るより堅実な選手だと思います。タイガースもある意味勿体ないんだよなあ、、、致し方なしなのか。


■喜田剛(神)
1軍の故障者続出もあり入れ替わりの激しい鳴尾浜を支えるこの喜田剛@4番一塁手。ややオープン気味の打撃フォーム、バットの位置は低めにどちらかというと「静」の構え。スイング軌道は後ろが小さく、前が大きい点が特徴。「軸足が前に移動する」打撃フォームで坪井智哉や吉永幸一郎の類の並進型!でぶれがない分「変化球の対応力」はまずままず。

しかしキレというかスイングスピードがなくそこそこの対応力が勝っている内容。1軍を見据えるといきなりスタメンはきつそうです。この課題をクリアすると安定感ある打撃に拍車が掛かるかも。

本日は、初回梶原康司の適時打に繋ぐ安打(詰まりながら右安)、そして8回裏同点に追い付くレフト前適時打(遊撃手の頭上を越える渋めの安打)の2安打で1打点でした。ともに差し込まれていましたがスイング軌道自体は良いと思います。

守備はあまりよくなく本日の一塁守備範囲も狭く、普通の一塁ゴロをナイス!守備と褒められていました。解説の中西清起氏は「捕って当たり前」とごもっともなコメント(笑)。少なくとも守りで飯を喰う選手ではないので、打って活路を見出しましょう。重ね重ね振り込み!振り込み!かと。


■梶原康司(神)
上記の梶原康司と共に鳴尾浜タイガースを引っ張るカジ(5番三塁手)。コンパクトなスイングで、特にボールを身体に近いポイントまで呼び込み、内側からスパッと振り抜くスイングは当に「一閃」モノ!#「居合い抜き」系!

初回二者を置いてパウエルの真ん中の球を逆らわず左中間フェンスにワンバウンドで到達する先制タイムリー二塁打。次戦力の中でもこの梶原康司、そして喜田剛の2人は1軍に近い位置にいる選手だと思います。いつなんどき好機が降ってくるか分からない難しい立場ですが、その日が来るまで、そして来た暁にはモノにして欲しいです。#彼らは数少ない「走者を返す型」の選手なのですから・・・


■桜井広大(神)
打撃フォームは左の腰を大きく開き、スイングしに行くときの右肩は少し下がり気味。上半身に力が入り、始動がやや遅れ気味。そんな不器用なパワーヒッターにありがちな差し込まれるようなところあり#ボールを乗せるという感じではなく「引っ張たく!」感じ。そして「スイングスピード」はグングン速くなってきているようです(^^)

6番左翼手として出場、前の5番、6番の2人と比較すると安定感のない桜井広大ですが、開花した時のモノはそれを上回ることでしょう。しかしながら一年間というシーズンにかなりへばり気味なのでしょうか。打率も2割ちょいの状態。しかしながらこの日までに計8本塁打は、濱中おさむ、関本健太郎を遙かに凌いでいます。来季さらには数年先を見据えて見守っていきたい逸材です。

ブッ叩いたレフト前ヒットありましたが、粗かったです(笑)<3打数1安打
彼も打ってナンボの選手、緩慢な守備ではありますが、肩は弱肩ではなさそう。


■狩野恵輔(神)
7番吉本亮、8番藪恵壹を挟んで9番右翼手(試合途中左翼手に守備位置変更)。先ずは捕手登録の彼には本来捕手道を学んで欲しいのですが、実際は機会を得るためと言うことでこのように外野も頻繁に守っています。要は捕手を任せるにはナニかが足りないんでしょうかね・・・吉本亮起用しているんですから。経験がものを言うポジションでもあるので優勝争いの中の起用は特に避けていると思いますが、優勝が決まったら是非起用して上げて欲しいです。

打撃は、100打席強ではありますが、「0.260 2HR 12打点 2盗塁」と悪くないです。ルーキーの東辰弥は少しお粗末な部類だけに、なんとか捕手として一本立ちして欲しいのが本心です。


■藤井寺バファローズ全般
試合の流れや結果に関係なく気になる選手としては、リストの強い打撃が特徴の吉川元浩(4タコ)、シャープな打撃はまだまだ捨てがたい星野修(3打数1安打)、スイングは不格好ですが、超俊足の森谷昭人(5打数1安打)は即そして数年後楽しみな選手と感じます。

あと
覚前昌也を初めて見ました(田中一徳(横)、七野智秀(横)とPL学園同期組)。代打で登場、10回表金澤健人の外角のボールに食らい付くライト前安。中背でやや恰幅があり、高校時代に比べると肥えた印象。今季の成績を見ると打数は少ないながら「32打数 13安打 0.406」と貴重な代打役を果たせたみたいです。今後1軍を見据えるとどう起用して良いのか思案に悩みます。。。来年も継続できれば活路が開けるでしょうが、どうなるかな?


2002年 9月 1日 イースタンリーグ16回戦 湘南−西武(横須賀)報告者:弘田さん

2002年9月1日(日) 横須賀スタジアム 西武ライオンズ 対 湘南シーレックス 16回戦 
13時30分開始 試合時間2時間11分 
失策 小牧(5回) 犠打 水田(1回)

西武 100 000 000 1
湘南 000 000 000 0

西  武 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
G大 友 四球……捕邪……遊併…………三ゴ……
C水 田 投犠……右飛…………右飛……三振……
E中島裕 三振……三振…………中安…………遊ゴ
B鈴 木 右2…………二ゴ……二併…………左飛
Dマクレ 中飛…………ニゴ…………四球……三振
H高 山 ……右安……右安…………三振…………
F小 牧 ……二直……遊ゴ…………………………
7佐藤友 ………………………………左安…………
A田 原 ……中飛…………中安……ニ併…………
@帆 足 ……ニゴ…………捕ゴ…………三振……

湘  南 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
F小 池 一ゴ…………遊ゴ…………三安……投ゴ
G金 城 遊ゴ…………三ゴ…………遊ゴ……四球
H七 野 右飛…………三振…………三振……三振
Bグラン ……三振…………三振……一ゴ…………
A相 川 ……ニゴ…………三振…………左飛……
D石井義 ……三振…………三振…………右飛……
C福 本 …………遊直…………投ゴ……遊ゴ……
E関 屋 …………三振…………三ゴ………………
H八 馬 …………………………………………三振
@山 田 …………遊ゴ………………………………
1前 田 ………………………………………………
H渡 辺 …………………………三振………………
1細 見 ………………………………………………
H内 川……………………………………………遊安

   回 打者 投球数 被安 奪三 与四 自責
帆 足9 30 118  2 11  2  0 5勝1敗
…………………………………………………………………
山 田5 19  67  4  2  1  1 1勝5敗
前 田1  3   8  1  0  0  0
細 見3 10  34  1  4  1  0


この日の湘南は1軍の横浜がナイターで横浜でやるということもあって、お得意の1軍登録の選手を昼の2軍の試合で出場させ、そして夜の1軍でも試合に出場させる方法で金城、福本、石井義が1軍登録にも関わらずスタメンで出ていまいた。
またこの日の西武は併殺打が3でけっこう多かったと思います。


2002年 9月 1日 ウエスタンリーグ17回戦 ダイエー−阪神(大牟田・延命球場)報告者:さいとうさん(HP:Days Like this)/gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

さいとうさん編
☆2002.9.1 Hawks-Tigers(大牟田・延命球場) ウエスタンリーグ
Team   R
T  
H  
T ○安藤、成本、橋本、部坂−カツノリ
H ●神内、誠、田中総、養父、日笠、飯島−内之倉、笹川

PL杉本 1B白井 3B岡田 SC山川


Tigers
(4) 藤 本 四球 投犠打   四球
(二盗)
  一ゴロ   右2安  
(9) 狩 野 二内安 三振°   中本塁打
**
  右飛   左2安*  
(7) 吉 田 四球 投ゴロ   ◎左飛   三振      
PH 吉 本               二ゴロ  
1 成 本                  
1 橋 本                  
1 部 坂                  
(3) 喜 田 四球*   二ゴロ 中失
(二進)
    二飛 三振°  
(6) 斉 藤 中犠飛*   遊ゴロ 遊ゴロ     右安   一飛
(5) 梶 原 三振°   二飛   遊ゴロ   四球   三邪飛
(DH) 7 桜 井 四球     四球
(ボーク)
三失   三振°   三振°
(2) カツノリ 遊ゴロ     三振 中安   三振°    
(8) 藤 原   中安   左本塁打
**
二ゴロ*     二ゴロ  
交  代       ◎誠P 井手LF
森山CF
田中P 笹川CH
◇養父
日笠P
加藤2B

 
 
球数 名前 勝敗 打者 打数 投球回数 安打 本塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責
94 安 藤 22 22 6   5 0 0 0 1 0 4 1 1 1 0
30 成 本   5 5 1 2/3 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
4 橋 本   1 1   1/3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
12 部 坂   3 3 1   0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0


Hawks
(6) 川 ア 投内安#1   投ゴロ   右飛     ▽左邪飛       
(7) 8 森 山 二邪飛   三振°     左飛     三振
(2) 内之倉 二内安
#2
    三振   遊ゴロ      

2

笹 川

                三振°
(3) 大 野 三ゴロ     右2安
(暴投)
  二ゴロ      

PH

杉 山

                二ゴロ
(DH) 的 場 遊ゴロ     遊ゴロ     中安    
(9) 荒 金   遊飛   三直     三振°    
(4) 本 間   三振°     右安
(二盗#3)
  中飛    

PH 4

加 藤

                 
(5) 中 村   三内安
(二盗刺)
    投ゴロ     三ゴロ  
(8)     三振°            

7

井 手

        三振°     二ゴロ  
交  代             成本P ▽橋本P
桜井LF
部坂P
球数 名前 勝敗 打者 打数 投球回数 安打 本塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責
86 神 内 27 19 3 1/3 4 2 1 1 6 0 3 0 1 6 6
15   7 7 1 2/3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
17 田中総   4 4 1 1/3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
15 養 父   4 3   2/3 1 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0
24 日 笠   5 5 1   2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1
12 飯 島   3 3 1   0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
注)*は打点
  三振
°は空振り三振
#1:投失により二塁へ進塁
#2:内之倉のときに二失により川アは得点。内之倉は二塁へ進塁
#3:ボークにより三塁へ進塁

台風一過で風は強いものの、日差しはかなり強かったです。
地方球場で恒例のサイン会には寺原が。昨日(久留米)も寺原が担当していたようで人だかりができていました。興味がなかった
のであと一人は誰だったかは?

先発はH神内、T安藤と期待をされた二人でしたが、内容は対照的でした。安藤の投げるストレートは「スーッ」という感じでミットに
収まっていくようでした。(わたしのイメージ分かるかな?)
神内のほうはというと、わたしが前回見た福岡ドームでの調子の悪さがどれだけ戻っているか期待していたのですが、ちっとも
いいところがありませんでした。コントロールが良くないので四球連発で初回からダラダラ・・・とてもいいピッチャーだと聞いている
だけに残念でなりません。

狩野が3安打と素晴らしい活躍で2打席目の本塁打は球場自体が広くないのもありますけど、バックスクリーンの中段まで飛ばし
ていました。

では、斉藤はというと昨日の3番に引き続きこの日は5番とクリーンアップを打っていました。
初回に無死満塁とドキドキの先取点を取る大チャンス、結果は犠牲フライで最低限の仕事をしてくれました。
4打席目のライト前ヒットはバットの根っこで打ち、決して快心の当たりではありませんでした。
守備のほうでは無難にこなしていました。

この日の試合にTが勝ったのでマジックが「4」となりました。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

gascoigneさん編

鳴尾浜 200 410 010 8
雁の巣 100 000 000 1

鳴尾浜 ○安藤(6回)−成本(12/3回)−橋本(1/3回)−部坂(1回)
雁の巣 ●神内(31/3回)−誠(12/3回)−田中総(11/3回)−養父(2/3回)−日笠(1回)−飯島(1回)

HR 藤原(2ラン・神内) 狩野(2ラン・神内)

審判 球:杉本 一:白井 三:岡田


安藤、6回5安打5三振1失点(自責0)。一軍復帰も近いか?
でも、前日の久留米では弓長、藪、金沢、橋本が投げた。大牟田でも見かけた…。
神内、31/3回6四球。とにもかくにもコントロール。
台風一過で大牟田は快晴。ホントに9月か?


詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。


2002年 9月 1日 イースタンリーグ18回戦 ヤクルト−日本ハム(大田スタジアム)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年9月1日(日)

  大田区夏の野球フェスタ
  イースタンリーグ公式戦 ヤクルトスワローズ−日本ハムファイターズ 18回戦
  日本ハム14勝4敗0分 (東京都大田区・大田スタジアム) 13:00
  晴れ 試合時間4時間04分
  ◆球審:津 川 1塁:村 越 2塁:−−− 3塁:新 屋(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:中 村(セントラル・リーグ)

                         H E
日本ハム 047 010 020 1 ・・15 17 1
ヤクルト 320 003 303 0 ・・14 21 2
          (延長10回) 

○ 勝利投手 櫻 井 3勝1敗  ● 敗戦投手 本 間 0勝4敗
HR 本塁打 小 田  10号 高 橋B 3回1死 (日本ハム)
3B 3塁打 ユウイチ 7回1死 (ヤクルト) 
2B 2塁打 田中聡  8回2死 (日本ハム)
       ユウイチ 9回無死 (ヤクルト)
       宮 出  9回1死 (ヤクルト)
SB 盗 塁 福 川  1回2死 (打者・寺村) (ヤクルト)
       野 口  7回無死 (打者・内田) (ヤクルト)
       小 田  9回2死 (打者・木元) (日本ハム)
       ユウイチ 9回無死 (打者・畠山) (ヤクルト)
 E 失 策 衣 川  2回1死 (矢野一ゴロをファンブル)(ヤクルト)
       畠 山  3回無死 (上田三ゴロをファンブル)(ヤクルト)
       森 本  6回2死 (青柳中安を3塁悪送球) (日本ハム)
   後 逸 高橋信  2回1死 (打者・衣川) (日本ハム)
   ボーク 寺 村  2回1死 (打者・小田) (ヤクルト)
   走塁死 内 田  4回1死 (衣川中安で本塁狙い) (ヤクルト)
   併殺打 橿 渕  1回無死 (飯山−木元−田中聡) (ヤクルト)

(日本ハム) 飯山2適時打、田中聡3安打3打点、小田1発と4安打。森本2安打3打点、佐藤好打一撃。
        打 安 点 振 四  1  2  3  3  4  5  6  7   8  9  10
(8) 森 本 6 2 3 0 0 右飛 右安・左安:      右飛    遊ゴ     一邪
(5) 小 田 6 C 4 0 0 二安 遊ゴ 右本・:      左安    一ゴ     中安
(4) 木 元 6 2 0 1 0 三振 中飛 中安       二安       一 ゴ 左飛
(7) 島 田 3 1 1 0 1 遊ゴ    四球 一ゴ    右安・
R 7 村 西 1 1 0 0 1                         右 安    四球
(9) 上 田 5 1 0 0 0    遊ゴ 三失 一ゴ    一ゴ       右 安    捕犠
(2) 高橋信 4 0 0 0 1    四球 投犠    左飛    遊ゴ    一 邪    捕飛   
(3) 田中聡 5 B 3 1 1    中安 四球    三振    遊ゴ    左越2:   二安・
(6) 飯 山 6 2 2 1 0    中安・右安・   遊ゴ    遊直    三 振    二飛
(1) 矢 野 1 0 0 0 0    一失
 H  佐 藤 1 1 1 0 0       中安・
 1  山 口 0 0 0 0 0
 H  藤 崎 1 0 0 1 0                見振
 1  今 井 0 0 0 0 0 
 1  加 藤 1 0 0 1 0                      見振
 1  伊 藤 0 0 0 0 0
 H  原 田 1 0 0 1 0                             三振
 1  櫻 井 0 0 0 0 0
     :             :  :     :  :  :  :  :   :  :  :
    残塁8 47 17 14 6 4  1  1     1  0  2  0  0   1  1  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 3回は打者1巡

(ヤクルト) ユウイチ準サイクル4安打2打点、衣川3安打3打点、野口猛打賞、青柳代打で適時打、畠山2安打
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8   9  10
(8) 飯 田 1 1 0 0 1 四球 右安
 8  内 田 5 1 0 3 0          三安    三振 三振 三振     遊ゴ
(7) ユウイチ6 C 2 0 0 中安 投犠    右安    右飛 中3:   右 2 二ゴ
(3) 衣 川 3 B 3 0 2 中安・左犠・   中安    四球 右安・   死 球
(5) 畠 山 4 2 1 1 1 左安 遊ゴ    左安    四球 三振    中 犠・
(4) 本 郷 2 1 1 0 1 四球・   左安 遊ゴ
 1  丹 波 0 0 0 0 0
 H  青 柳 1 1 2 0 0                中安:
 1  島 田 1 0 0 0 0                   二飛
 H  宮 出 1 1 0 0 0                         左越2
 1  本 間 0 0 0 0 0
(9) 橿 渕 6 2 1 2 0 遊併    三振    遊直 右安    三振 左 安・
(2) 福 川 1 0 0 0 1 四球    左飛
 2  細 見 4 1 1 2 0             三振 三振    中安 遊 ゴ・
(1) 寺 村 1 0 0 0 0 投ゴ
 1  高 橋 0 0 0 0 0
 H  リーゴ 1 0 0 1 0       三振
 1  石 堂 0 0 0 0 0
 4  ツギオ 3 1 0 0 1             遊ゴ    中安 死球 遊 ゴ
(6) 野 口 6 B 0 0 0    右安    捕邪    中安 中安 三ゴ     中飛
     :             :  :  :  :  :  :  :  :   :  :
    残塁12 46 21 11 9 7  2  0  1  3  0  2  1  2   1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 今日も先発崩壊、矢野2回5安打5失点、加藤2回7安打5責点、櫻井10回は3人も3安打3責点
   矢 野   2     13  5   0   3   0   3
   山 口   2     10  5   0   0   2   0
   今 井   1      3  0   0   0   1   0
   加 藤   2     15  7   0   2   4   5
   伊 藤   1      5  1   0   1   2   0
 ○ 櫻 井   2     10  3   0   1   0   3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ヤクルト) 寺村3回途中7安打7責点、高橋いきなり被弾3失点、島田3回4安打2失点、本間10回逆転打
   寺 村   2 1/3 19  7   0   3   1   7
   高 橋     2/3  4  2   1   0   0   1
   石 堂   1      3  0   0   0   1   0
   丹 波   2      9  3   0   0   1   1
   島 田   3     13  4   0   0   3   3
 ● 本 間   1      5  1   0   1   0   0

ヤクルト14−15日本ハム

前日の壮絶なゲームを制した日本ハム、あと一歩が出なかったヤクルト、今日も残暑厳しい東京・大田区の大田スタジアムで3連戦の最終戦。前2試合が壮絶な試合になるとは予想できなかった事だが、今日は「輪を掛けて」凄まじい展開になるとは・・・予想できたら苦労しない。

1回ヤクルトの先発は寺村、1回日本ハムの攻撃は1番森本。1−1から打ち上げてライトフライ。2番小田、引っ張った打球にファースト衣川がミットを出すが捕球できず弾く。これがセカンド前に転がって内野安打になる。3番木元、2−1からのストレートに空振り三振。4番今日は先発レフトに入っている島田。しかし1−0からショートゴロ、野口が捕って2塁へトスしフォースアウトで無得点。平穏な立ち上がりに。

1回裏日本ハムの先発は矢野。しかしその矢野が大乱調で試合展開は前日以上のものとなる。1回裏ヤクルトの攻撃は1番飯田。2−3からストレートが外れて四球で出塁。2番ユウイチ、1−2からショート右、ベースの左を転がってセンター前ヒット。無死1、2塁で3番衣川、詰まった打球がセンター前に飛ぶ。ショートの飯山をこれを追うが届かずヒット、2塁から衣川が還ってヤクルトが早くも1点を先制した。直も1、2塁として4番畠山、三・遊間をゴロで抜けてレフト前ヒット。無死満塁として5番本郷、ボール球が先行して1−3から内角低目へのストレートが外れて四球で押し出し。2−0とヤクルトがリードを広げる。5番橿渕、しかしこれはショート正面へのゴロ、飯山−木元−田中聡と渡って併殺打。2死3塁に変わって7番福川、次がピッチャーの打順なのを見越してなのかストライクを1球も入れずにストレートの四球で歩かせる。2死1、3塁として8番寺村、その寺村の1−0からの2球目に1塁ランナー福川がスタート。3塁ランナーの本塁突入を警戒して2塁送球せず盗塁成功。2死2、3塁とする。しかし寺村は2−1から打ってピッチャーゴロ、高いバウンドのゴロだったが矢野が捕って1塁へ送球。

3点をリードされた日本ハム2回の攻撃は5番上田から、2−1から打つがショート正面へのゴロ。6番高橋信、1−3から内角への投球が外れて四球で出塁。7番は今日もスタメン・ファーストで出場の田中聡。2−3フルカウントから打ってセンター返し、ベース上を通過してヒット。1死1、2塁として8番飯山、これも確実なセンター返し、2塁から高橋信が還って反撃開始、3−1とする。なおも1、2塁で9番矢野、打ち損なった打球がファーストへのバウンドでのゴロになる。しかしこれを衣川が処理を焦ったのか弾いてしまう。ボールがショート前まで転がって1死満塁と位置だ逆転のチャンス。1番森本、初球攻撃に出るとセカンド右を転がってライト前ヒット、3−2と1点差に追いつく。2番小田、その小田に対して寺村が投げそこなったのか、投球がボテボテのゴロでホーム付近へ。これにボークの判定が出て3塁から飯山が還ってあっさり3−3の同点に。さらに1死2、3塁として小田はショートゴロ。これで3塁ランナー矢野も還って4−3と逆転。3番木元、2−1からいい当りだったがセンターフライ。

自分の立ち上がりの失点を簡単に逆転してもらった矢野だが、2回ヤクルトに反撃を受ける。2回裏ヤクルトは9番野口から。流し打った打球はツーバウンドでライト前ヒット。1番に戻って飯田、1−0からこれも流し打ちはセカンド右へのゴロ。木元が横っ飛びで捕球を試みるが球足が速くライト前ヒット。無死1、2塁として2番ユウイチ、初球を送りバント。ピッチャー前に巧く転がって1死2、3塁になる。3番衣川、その衣川の時に矢野が外角高目へストレートを投じるがこれを、高橋信が捕り損ねてしまう。後逸で3塁から野口が還って4−4の同点。3塁にランナーが残って衣川はレフトへ犠牲フライで5−4とヤクルトが逆転。4番畠山、1−1からってショート正面へのゴロでスリーアウト、今日も前日以上に長い試合展開になる。

3回日本ハムの攻撃は4番島田。ストレートの四球で歩かされる。5番上田、打ってサードゴロだが、これを畠山が弾いてしまいエラー。無死1、2塁と労せず同点のチャンス。6番高橋信は初球を送りバント、投前に転がって成功1死2、3塁になる。7番田中聡、2−3から内角へのストレートが外れて四球で出塁し満塁。8番飯山、ライト前に巧く流し打ちでタイムリーヒット、5−5の同点に追いつく。9番大乱調の矢野に代わって代打が起用されて、矢野は降板とる。代打は佐藤、その佐藤が放った一打はいい当りでショート左を抜けてセンター前ヒット、上田が還って6−5と犠句点に成功する。直も満塁で1番に戻って森本、叩き付けた打撃はサード頭上をバウンドで越える。2者が還って8−5と3点差に広げる。ここでヤクルトは漸く先発の寺村を諦めて2番手に高橋を送る。しかし待っていたのは、強烈な一発だった。2番小田、その小田の打球は一瞬でライトスタンドに届く第10号スリーランホームラン!!逆風を全く苦にしないホームランでこの回7点目、11−5とする。さらに3番木元、センター前にクリーンヒットで出塁して打者1巡。4番この回2度目の打席の島田、バットの先に当って横回転してのファーストゴロ。木元は2塁へ進んで5番上田、引っ張るがファーストゴロ、衣川が自分で1塁へ入って長い攻撃が終了。

3回裏日本ハムは、代打の佐藤に代わって山口がマウンドへ。ヤクルトは5番本郷。サード下をゴロで抜けてレフト前ヒット。6番橿渕、2−2からの外角ストレートに空振り三振。7番福川、0−1からのストレートを打ってレフトやや左へのフライに島田が走りながら捕球。8番高橋に代わって代打はリーゴ、2−2からボール球の高目ストレートを空振りで三振。

▲4回ヤクルトは守備の変更、センター飯田に代わって内田が入る、キャッチャー福川に代わって細見、代打のリーゴに代わって石堂が入って3番手。4回日本ハムは、6番高橋信から、0−1から打ち上げてレフトフライ、7番田中聡、2−3から空振りの三振。8番飯山はショート正面へのゴロで3者凡退、前の3イニングとは比較にならない一瞬での攻撃終了。

4回裏ヤクルトは9番野口から、1−2から打ち上げてしまいキャッチャーフライ、高橋信が1塁側ネクストサークル付近で捕球。1番内田、打ち損なった打球がバウンドでサード前に。小田が前進してくるがこれは予想できず内野安打。2番ユウイチ、セカンド右を抜けてライト前ヒット。1死1、2塁として3番衣川、打ってショートゴロ・・に見えたがこれが飯山の前で突如バウンドが変わって、センター前に抜けるヒットになる。2塁から内田が一気に本塁へ突入するが、これを捕ったセンター森本がストライク・バックでホームインを許さない。2死1、2塁と続くチャンスで4番畠山、サード右をバウンドで抜けてレフト前ヒットで2死満塁と反撃する。5番本郷、しかしショートゴロで飯山が2塁へトスしてスリーアウト、4連打で無得点に終わる。

5回ヤクルトは守備位置の交代、ピッチャーの石堂に代わってツギオが入りセカンド、セカンド本郷に代わって丹波が入り4番手。日本ハムこの回の攻撃は9番山口に代わって代打は藤崎。久し振りの登場に一打期待。簡単に2ストライクに追い込まれるが、ここからファールで粘る粘る。しかし2−1から最後は内角のストレートを見逃して三振。1番に戻って森本、0−2から流し打ちは風がなければ・・という勢いだったが、小田が切り裂いた強風に戻されてライトフライ。2番小田、今度はレフトに長し打ちでヒット、早くも3安打猛打賞。3番木元、セカンド右への打球にツギオが捕って1塁送球も内野安打。2死1、2塁として3番島田。1、2塁間を抜けてライト前ヒット、2塁から小田が還ってダメ押しの1点が入り12−5と大量7点差が付く。島田は1塁に到達した所で代走・村西と交代。5番上田はファーストゴロでチェンジ。

5回裏日本ハムは代打の藤崎に代わって今井が入る。5回裏ヤクルトの攻撃は、6番橿渕から。1−0から打ってショートライナー。7番細見、2−1から変化球空振り三振。8番ツギオ、引っ張ってサード左へのゴロ。小田が追いつけずグラブにも掠らないが、ショートの飯山がこの後方に来ており、これを捕球し1塁へ送球しアウト。

6回日本ハムは6番高橋信から、1−0から打ってショートゴロ。7番田中聡、2−2からこれもショートゴロ。8番飯山、1−1から鋭い打球だったがショートライナーで3者凡退。

6回裏から日本ハムは今井に代わって加藤を投入するが、1軍でも投げている加藤がここまで打たれるとは・・・、そしてこれが大乱戦の始りになる。ヤクルトこの回は9番野口から、いきなり右中間へワンバウンドでヒット。1番に戻って内田、2−1から変化球に空振り三振。2番ユウイチ、2−1からライトフライ。上田が後退するが向き直して捕球。3番衣川、ボールが先行して1−3から外角低目へのストレートが外れて四球。さらに4番畠山も1−3から外角高めにボールで四球で2死満塁のピンチ。5番丹波に代わって代打は青柳が起用される。その青柳は打ってセンター前ヒット、一気に2者が生還して12−7となる。さらにこの打球を処理したセンター森本が3塁に向かっていた、畠山を3塁で仕留めるべく送球するが、3塁手前で送球が畠山に当ってしまいボールは3塁後方のファールゾーンを転々とする。結局走者一掃の状態になり、青柳も2塁へ到達12−8と試合展開が分らなくなってくる。6番橿渕、ライト前にワンバウンドでヒット。2死1、2塁として7番細見は2−1から高目のストレートを空振り三振で長い攻撃が終了。

▲7回ヤクルトは代打の青柳に代わって島田が入りピッチャー。7回日本ハムは9番加藤がそのまま打席に入り、続投の様子。2−1からストレートを見逃しの三振。1番森本、1−0から打ってショートゴロ。2番小田、高いバウンドのゴロがファーストへ。衣川がベース後ろ捕って自分でベースを踏んで3者凡退。

前の回を漸く投げきった加藤だったが、やはり調子が悪いのかこの回もヤクルト打線に捕まる。8番ツギオからの攻撃、2−2からショート下を抜けてセンター前ヒット。9番野口、0−1からセンター返しでセカンドベース上を転がるヒットコースの打球。ところがこれがベースに当って方向が変わりレフト前ヒットの様な状態になる。これに1塁からツギオが一気に3塁へ到達して無死1、3塁とチャンスを作る。1番内田、その1−0からの2球目に野口がスタートして盗塁成功、3塁になる。内田は2−1から高目の変化球にチップするが高橋信が捕球して三振。しかし2番ユウイチが、やや前進していた外野守備陣を見越した一打を放つ。右中間へのヒット、ゴロの打球だが通常の守備位置なら問題ない所だが、これがフェンスまで届くヒット。2者が楽々ホームインで12−10と2点差まで詰め寄ってくる。さらに3番衣川、初球打ちは1、2塁間を抜けてライト前ヒット、ユウイチがホームインで12−11と1点差になる。4番畠山は2−0から低めの変化球に空振り三振。5番島田がそのまま打席へ、打ち上げてセカンド後方へのフライ、ライトの上田も前進してくるがセカンド木元が捕球。

8回日本ハムは前の2回を3者凡退に抑えられている島田を捉える。3番木元から、引っ張るがファーストゴロ。4番は代走からフトに入っていた村西。1、2塁間を抜けてライト前ヒット。さらに5番の上田もライト前に今日初安打で出塁。1死1、2塁として6番高橋信、打ち上げてしまいファーストファールフライ。2塁から駿足村西が、捕球体勢の崩れた衣川を見て3塁にタッチアップしセーフ。2死1、3塁になる。7番田中聡、ファールで粘った末に、やや差し込まれた感じだったが、レフトへの流し打ちは大きい飛球。これにユウイチが逸早くフェンス下に行き、捕球体勢を取る。しかし風にも乗った打球はフェンスの最上部に当り、ユウイチがグラブを掠めていたが捕球できず。2点タイムリーツーベースで14−11と今度こそ試合を決める一打になる。8番飯山は三振で田中聡残塁。

8回裏日本ハムは加藤に代わって伊藤がマウンドに。6番橿渕からの攻撃、2ストライクからの投球を空振りするが、高橋信がこれを落球する。しかし橿渕が全く1塁に向かって走らない為、そのまま三振に。7番細見、初球打ちでセンター前ヒット。8番ツギオ、腰上部に「バキッ!」という音と共に死球。9番野口はサードゴロ。1番に戻って内田、2−1から低めの変化球に空振り三振で2者残塁。

9回日本ハムは9番伊藤に代わって代打は原田が起用される。2−0からの3球目低への変化球に空振り三振。1番森本、2−0から当てただけのバッティングになってしまいファーストファールフライ。2番小田、流し打って定位置やや左へのヒットで今日4安打。3番木元、その2−0からの3球目に小田がスタートし盗塁成功。2死2塁とするが木元は打ち上げてレフトフライ。

9回裏日本ハムは代打の原田に代わって櫻井が登板して逃げ切りを図る。しかし・・・。ヤクルトこの回の攻撃は、2番ユウイチから。引っ張った打球はファースト田中聡のグラブ下、線一杯に入るフェア。そのままファールゾーンを転々としてツーベース。3番衣川、腿に当ったのか死球で出塁。3番畠山、その0−1から2塁ランナーユウイチが3塁に向かってスタートし盗塁成功。無死1、3塁と一発で同点のチャンスを作る。畠山はセンターへ打ち上げてしまうがユウイチがタッチアップして1点返し14−12。1死1塁として5番島田に代わって宮出が代打に。ここで日本ハムは白井監督自らがこの試合2度目となるマウンドへ直接行っての伝令。しかし宮出はあと少しでホームランというレフトオーバーのツーベースで出塁し1死2、3塁。6番橿渕、詰まった打球だがレフト前に落ちるヒット、衣川が還って14−13と1点差に。なおも1、3塁で7番細見、何でもないショートゴロだがバックホームには間に合わない打球で3塁ランナーホームインで14−14の同点!日本ハムは遂に7点差が守りきれなかった。8番ツギオはショートゴロ。飯山が捕って2塁へトスしてスリーアウト。

▲10回ヤクルトは代打の宮出に代わって本間がピッチャー。日本ハムは4番村西から。2−3から変化球を見送って四球で出塁。これが貴重なランナーになる。5番上田、今日は当りがないからか、ここは送りバントで1点を取りに行く。キャッチャー前に転がして成功1死2塁。6番高橋信は打ち上げてしまいキャッチャーファールフライ。7番田中聡、先程は流した一打だったが、今度は忠実にセンター返し!ピッチャー本間の足元を抜けてセンター前・・という転がり方だったが、これにセカンドのツギオが追いついて横っ飛び!グラブに一旦は入ったが、打球勢いが強くボールが零れてセカンドベース後方に。駿足村西が一気にホームに還って1点勝ち越し15−14とした。8番飯山はセカンドフライ。

10回裏ヤクルトは勢いで逆転サヨナラと行きたい所、9番野口からの攻撃。2−3からストレートを打ってセンターフライ。1番内田、途中出場で4三振は逃れたい場面だが、初球打ちでショートゴロ。2番ユウイチ、これも初球打ちでショートゴロで試合終了。

3試合で日に日に試合時間が長くなる「大乱戦」は日本ハムが田中聡の決勝打で勝ち越して逃げきった。ヤクルトは土・日と接戦を演じたが上位叩きに貢献できずこのカード1勝2敗と負け越した。依然日本ハムめ巨人・西武に僅差が付いたが湘南の4強での首位争いが続く。■試合終了時刻17:04


2002年 8月31日 イースタンリーグ14回戦 巨人−ロッテ(愛媛県西条)報告者:@白にゃんこさん

31日愛媛・西条 13時試合開始(2時間47分)
浦 和 300 100 000 
川 崎 000 300 04X  

勝利投手 安 原 1勝2敗16試合
敗戦投手 薮 田 4勝8敗16試合

本塁打 堀田13号(=薮田)、山下 1号(=薮田)、十川孝7号(=薮田)


(川)三浦(2回2/3)−佐藤(2回1/3)−十川雄(2回)−安原(1回)−鴨志田(1回)/加藤
(浦)薮田(8回)/橋本

二塁打 橋本(1回)、佐藤(4回)
走塁死 丸山(4回

審判 PL深谷 1B木内 2B萩原 3B敷田

  浦 和  1 2  3  4  5  6  7  8  9
(二)丸 山二ゴ三ゴ  中安    二ゴ 
(右)喜 多右安中飛    四球  二ゴ
(三)澤 井四球中飛
打左 早 川        二飛    遊ゴ 
(左三中)
   伊与田四球  死球  三振    遊ゴ
(捕)橋 本左二  三振  左飛    左安
(一)信 原一ゴ  一ゴ    
 一  ユウゴー          三振  三振
(遊三)今 江投ゴ    投安  左飛    三振
(投)薮 田  中安  一ゴ  三振
 打 塀 内                中飛
(中)於 保  左安  一ゴ    右飛
 遊 青 野
 打 富 永                三ゴ

  川 崎
(中)鈴 木二ゴ  中飛  二ゴ  二ゴ
(三)山 下遊ゴ  二ゴ  中飛    左本
(右)高 野死球    中飛三振    三邪
(一) 原 右安    一失  遊ゴ  右安
(二)永 池中飛    三失  中安  一ゴ
(左)堀 田  三振  左本  遊ゴ  四球
(遊)大須賀  三ゴ  三振  
 遊 十川孝          二ゴ  左本
(投)三 浦  三振
 投 佐 藤      左二
 投 十川雄
 打 田 中            投ゴ
 投 安 原
 打  李               左安
 投 鴨志田
(捕)加 藤    遊ゴ遊ゴ    三振二ゴ

大まかな試合展開
折からの台風接近に伴い、小雨降る中で行われた、四国遠征の初戦。
1回 ロッテが1死満塁から、橋本の走者一掃タイムリーで3点を先制。
その裏、巨人は高野に死球、これにより警告試合となるが、その後大事には至らず、高野も出塁。

2回、3回は三浦、薮田がふんばり両軍無得点。
4回、ロッテは丸山のタイムリーで追加。ここで巨人は先発三浦を諦め、2番手佐藤に交代。
なおロッテが走者を置いたが、喜多のとき丸山が一、二塁間に挟まれ追加は1点。
その裏巨人はエラーで1死一、二塁とし、ここで堀田がレフトへ大きな当たりの一発を放ち、
1点差に詰め寄る。
中盤はロッテ薮田、巨人も佐藤、十川といった継投陣が決まり、静かな展開となる。
迎えた8回裏、巨人は先頭山下のプロ初ホームランで同点に追いつき、なお2死一、二塁の場面で、途中から守備で入っていた十川孝富の一発で3点の勝ち越しに成功。9回表はルーキー鴨志田が締めた。


注目した選手
■堀田一郎(川崎)
つい、先日まで1軍にいたものの、2軍に来た堀田。4回に追い上げとなる3欄を放つ。数少ない、同郷(北海道)出身選手として、再昇格めざし頑張ってほしいです。
原俊介(川崎)2回ほど見ているので、大体の様子はわかってきましたが、四番として、内外や、さらに捕手も努めるなど頑張っています。この日も2安打を放ち、チャンスに繋げる働きをしてました。初1軍めざし頑張れ!

■佐藤宏志(川崎)
先発、三浦の後を受け、後続を絶つとその後2イニングも好投。打っても痛烈な当たりの二塁打を放つなど、がんばっていました。

■伊与田一範(浦和)
死球にも耐え、また元捕手出身ということで、内外野を上手くこなしてました。

■喜多隆志(浦和)
1軍戦での、連日のサヨナラ・デビューは鮮烈でしたが、その後2軍落ち。ヒットはこの日は初回のみでしたが、ルーキーですし今後に期待。

■薮田安彦(浦和)
昨年は一時期、ローテも努めましたが、この日も8回を投げきり、結果的に敗戦投手になったとはいえよく頑張っていたと思います。


2002年 8月31日 イースタンリーグ17回戦 ヤクルト−日本ハム(大田スタジアム)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館)/みつともさん

たださん編

8月31日(土) イースタンリーグ スワローズ−ファイターズ (大田スタジアム)

Fs 230 030 001=
 240 000 100=

Fs:シールバック−厚沢−伊藤−桜井、高橋信
S:五十嵐貴−丹野−丹波−松谷−高橋一−本間、福川−鮫島
本:畠山15号(S)

1表(F):島田・上田タイムリー
1裏(S):畠山15号2ラン
2表(F):一死満塁で小田の三ゴロを畠山が2点タイムリーエラー
      木元タイムリー
2裏(S):シールバック暴投、ユウイチタイムリー、畠山2点3塁打
5表(F):小田タイムリー、島田の二ゴロをツギオが2点タイムリーエラー
7裏(S):ツギオ二ゴロの間に1点
9表(F):1死1・3塁、森本の遊ゴロを本郷が本塁悪送球

序盤から両チームの投手の調子が不安定で激しい点の取り合い。
ファイターズが挙げた9点のうち5点は、相手のエラーによるもの。
およそ3時間50分の長時間ゲーム・・・



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みつともさん編

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年8月31日(土)

  大田区夏の野球フェスタ
  イースタンリーグ公式戦 ヤクルトスワローズ−日本ハムファイターズ 17回戦
  日本ハム13勝4敗0分 (東京都大田区・大田スタジアム) 13:00
  晴れ 試合時間3時間48分 
  ◆球審:新 屋 1塁:津 川 2塁:−−− 3塁:村 越(パシフィック・リーグ)
  ◆公式記録員:及 川(セントラル・リーグ)

                      H E
日本ハム 230 030 001 ・・  9 1
ヤクルト 240 000 100 ・・ 10 3

○ 勝利投手 厚 澤 4勝7敗  ● 敗戦投手 丹 野 2勝3敗
S  セーブ 櫻 井 −勝−敗
HR 本塁打 畠 山  15号 シールバックA 1回2死 (ヤクルト)
3B 3塁打 畠 山  2回2死 (ヤクルト)
2B 2塁打 衣 川  7回無死 (ヤクルト)
       田中聡  9回無死 (日本ハム)
SB 盗 塁 森 本  1回1死 (打者・木元) (日本ハム)
       ユウイチ 2回2死 (打者・衣川は三振) (ヤクルト)
       高橋信  3回1死 (打者・田中聡は三振)(日本ハム)
       原 田  9回1死 (打者・森本) (日本ハム)
 E 失 策 畠 山  2回1死 (小田三ゴロをファンブル) (ヤクルト)
       ツギオ  5回2死 (島田二ゴロをトンネル) (ヤクルト)
       小 田  6回無死 (橿渕三ゴロをファンブル) (日本ハム)
       本 郷  9回1死 (森本遊ゴロを本塁悪送球) (ヤクルト)
   暴 投 五十嵐貴 2回1死 (打者・島田) (ヤクルト)
       シールバック 2回1死 (打者・ユウイチ) (日本ハム)
       丹 野  5回2死 (打者・森本) (ヤクルト)
       厚 澤  6回2死 (打者・リーゴ) (日本ハム)
   走塁死 木 元  5回2死 (上田右安で本塁狙い) (日本ハム)
   併殺打 高橋信  4回1死 (本郷−ツギオ−衣川) (日本ハム)
       小 田  9回1死 (ツギオ−衣川) (日本ハム)

(日本ハム) 序盤からノーガードの打ち合いを制す。上田3安打1打点、木元、島田、小田タイムリー
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7  8  9
(8) 森 本 2 0 0 0 4 四球 四球 四球    四球    二ゴ    遊ゴ
(5) 小 田 6 1 1 1 0 三飛 三失 見振    中安・   二ゴ    二併
(4) 3
 木 元 4 1 1 1 1 二直 中安・   二ゴ 四球       三振
(7) 島 田 4 1 1 1 1 右安・中飛    四球 二失       三振
(9) 上 田 4 B 1 1 1 中安・見振    中安 右安       死球
(2) 高橋信 4 0 0 0 1 右飛    四球 遊併    右飛    中飛
(3) 田中聡 5 2 0 1 0    中安 三振    一ゴ 一ゴ       右2
R 4 野 中 0 0 0 0 0
(6) 飯 山 2 1 0 0 2    右安 死球    四球 遊ゴ       投犠
(1) シールバック
  0 1 0    見振
 H  佐 藤 1 0 0 0 0       二ゴ
 1  厚 澤 0 0 0 0 0             投犠
 H  山 地 1 0 0 0 0                   中飛
 1  伊 藤 0 0 0 0 0
 H  原 田 0 0 0 0 1                         死球
 1  櫻 井 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁11
 34 9 4 6 11  1  2  3  1  2  0  0  1  1
                  ・は打点 見振の見逃しの三振

(ヤクルト) 序盤長打で逆転も中盤続かず・・。畠山15号2安打4打点、ユウイチ2安打1打点、橿渕2安打
        打 安 点 振 四  1   2  3  4  5  6  7  8  9
(8) 飯 田 3 0 0 1 0 二ゴ 遊 直    三振
 8  牧 田 2 1 0 0 0                 左飛    右安
(7) ユウイチ3 2 1 1 0 中安 右 安・   三振
 H  リーゴ 1 0 0 0 0                 三振
 1  松 谷 0 0 0 0 0       
 1  高 橋 0 0 0 0 0
 H  青 柳 1 0 0 1 0                       見振
 1  本 間 0 0 0 0 0
(3) 衣 川 5 1 0 2 0 右飛 三 振    投ゴ       中2    三振
(5) 畠 山 5 2 4 0 0 左本:右中3:      一邪    遊ゴ    二ゴ
(4) ツギオ 4 0 1 1 1 四球 二 ゴ       三振    二ゴ・   遊ゴ
(6) 本 郷 3 0 0 0 1 一ゴ     二直    二ゴ    四球
(9) 8 橿 渕
 4 2 0 1 0    遊 安 中安       三失 三振
(2) 福 川 2 1 0 1 0    左 安 三振
H 2 鮫 島 2 0 0 2 0                 見振 見振
(1) 五十嵐貴0 0 0 0 1    四 球
 1  丹 野 1 0 0 0 0        一ゴ
 1  丹 波 0 0 0 0 0
H 9 宮 出 2 1 0 0 0                 中安 投ゴ
     :             :   :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7 38
 10 6 10 3  1   1  1  0  0  2  1  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) シールバック大崩壊2回6安打1被弾6失点、厚澤4回を無失点好投、櫻井1回を打者3人。
   シールバック   2     14  6   1   2   1   6 
 ○ 厚 澤   4     15  2   0   0   5   0
   伊 藤   2      9  2   0   1   3   1
   櫻 井   1      3  0   0   0   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ヤクルト) 五十嵐貴2回味方ミス等で大量失点、丹野ピンチを再び失策から失点、松谷1回を無安打
   五十嵐貴  2 1/3 16  5   0   3   3   3
 ● 丹 野   2 1/3 14  2   0   5   0   1
   丹 波   1 1/3  5  1   0   0   0   0
   松 谷   1      3  0   0   0   0   0
   高 橋   1      4  0   0   1   0   0
   本 間   1      5  1   0   1   0   0

ヤクルト7−日本ハム

前日の金曜日からの3連戦で行われているのは、東京都・大田区の大田スタジアムでのヤクルト−日本ハム戦。今季はヤクルトが何試合かをこの球場で予定しており、連戦も数回あった。前年は巨人の主催で試合があった日本ハムだが、今日はヤクルトとの対戦。全面人工芝に、海からの風が強く、残暑厳しい中で試合開始。

1回ヤクルトの先発は五十嵐貴、1回日本ハムの攻撃は1番森本、2−3からストレートが外れて四球で出塁。2番小田、2−1から打ち上げてしまいサードフライ、畠山がマウンド後方で捕球。3番木元、その初球に1塁ランナー森本がスタートし盗塁成功。木元は鋭い打球を放つがセカンライナー、ツギオが捕って飛び出していた2塁ランナー森本を刺すべく二塁へ送球もカバーの本郷が落としてセーフ。2死2塁として4番島田、打ってライト前へのヒット、2塁から森本が一気に本塁へ突入する。際どいタイミングで福川もタッチにいっていたが、主審・新屋が判定を下さない。本塁に触れていない森本、ランナーにタッチしていない福川を見ており、これに気付いた森本が足を伸ばして本塁に触れるとセーフの判定で日本ハムが1点を先制。島田はこの回に2塁に進塁。5番上田、ショート右を抜けてセンター前ット、島田が2塁から生還して2点目を入れる。さらに2死2塁として6番高橋信、1−0から打って右中間へのフライだがライト橿渕が捕球。1回裏日本ハムの先発はシールバック、幸先良く2点をリードしてもらったが、こちらも不調だったのか大味な試合展開を演出する事になる。1回裏ヤクルトの攻撃は1番飯田、1−2から打ってセカンド正面へゴロ。2番ユウイチ、1−2から打ってショート下をゴロで抜けてセンター前ヒット。3番衣川、0−3からの4球目を打ち返すとライトへの大きい飛球。上田が後退して振り返ってこれを捕球。4番畠山、0−1から引っ張った打球はライトからレフト方向に向かっていた強風にも乗って、ライナー性の打球のままスタンドイン!第15号同点ツーランでヤクルトが日本ハム同様攻撃開始数分で2−2の同点に追いつく。5番ツギオ、2−3から外角に大きく外れて四球で出塁。6番本郷、ファーストゴロ。田中聡が線内側で捕って自分でベースを踏んでスリーアウト。2回日本ハムは、相手のミスから追加点を奪う。7番田中聡から、1−0から流し打ってショート右をゴロで抜けてセンター前ヒット。8番飯山、も流し打ちに出るとライト前ヒット。ファースト後方へ落ちる打球に1塁から田中聡が3塁へ向かう。無死1、3塁として9番シールバック。2−0から真ん中のストレートを見逃して三振。1番森本、2−3からストレートが外れて四球で出塁し1死満塁とチャンス拡大。2番小田、サードへの打球だったがこれを畠山が弾いてしまいエラー。2者が生還して4−2と逆転を許してしまう。さらに1死1、2塁として4番木元がセンター前に弾き返して5−2と3点リードになる。1、2塁として5番島田、その島田の時に五十嵐貴が暴投でランナーが進塁、1死2、3塁になる。しかし島田は2−3から詰まったセンターフライ、飯田が駿足で前進してきて捕球、この辺は流石というプレー。5番上田、2−2から真ん中付近への変化球を見送るがストライクのコールで見逃し三振、2者が残塁。再び逆転してもらった日本ハム先発のシールバックだが、やはり本当に調子が今一つの様子でヤクルトに反撃を食らう。2回裏ヤクルトは7番橿渕から、センター返しの打球だったのか、しかしバットがシールバックの足元を襲い、ボールはショート前への詰まった打球。飯山が捕って1塁送球も間に合わず内野安打。8番福川、3塁線へのゴロに、小田がベース付近で捕球しようとしたが、この打球がベースに当り大きくハネてレフトへ。1塁から橿渕が3塁へ進んで不運なヒット2本でこの回もピンチに。9番五十嵐貴、しかしピッチャー相手に投じた事がないからか、4球全て完全なボールでストレートの四球で歩かせてしまう。1番に戻って飯田、初球打ちはショートへのライナー。しかし飯山が捕ってまずは1死。しかし続く2番ユウイチの時にシールバックが暴投で、何もせずに1点献上してしまい5−3に。ランナーもそれぞれ進塁して2、3塁。ユウイチはライト前にタイムリーで1点を追加5−4に。1死1、3塁に変わって3番衣川、2−3になり1塁ランナーのユウイチがスタートするが空振り三振。2死2、3塁として4番畠山。再び一発喰らったら堪らないが、しかし打った打球は完璧に捕えられており、右中間を真っ二つ!走者一掃の2点タイムリースリーベースでこの回4点で6−5と逆転に成功。5番ツギオはセカンドゴロでようやくチェンジ。2回を終了して既に1時間を楽々突破してしまったこの試合、収拾付くのかという展開。

3回日本ハムは、6番高橋信から。2−3から後頭部を掠める投球で高橋信は背中から転倒。四球で出塁。7番田中聡、2−3から高橋信がスタートするが低めの変化球に空振り三振、盗塁は成功。ここでヤクルトは早くも先発・五十嵐貴を諦める。2番手に丹野がマウンドへ。8番飯山、その初球がワキかヒジかに当り死球で出塁。1死1、2塁として9番シールバックだが、日本ハムもこれを諦めて代打を起用。佐藤が打席に向かう。佐藤は打ってセカンドゴロ、ツギオが捕って走ってきた飯山にタッチするがこれは空振りで1塁塁審・津川がセーフの判定、しかし1塁へ送球されて佐藤はアウト。2死2、3塁で1番に戻って森本、2−3から3度四球で歩かされる。2死満塁で2番小田、しかし2−2からストレートを見逃して三振、3者残塁。3回裏日本ハムは代打の佐藤に代わって2番手に厚澤を送る。3回裏ヤクルトは6番本郷から、初球打ちも芯を外れていたのか弱いライナーでセカンドへ。7番橿渕、1−3から叩き付けた打撃はピッチャー頭上を越え、セカンドベース上を通過してセンター前ヒット。8番福川は2−1から変化球に空振り三振。9番丹野がそのまま打席へ入るがファーストゴロ。▲4回日本ハムは3番木元から、初球打ちもセカンドゴロ。4番島田、2−3から四球で出塁。5番上田、流した感じの打球がセンターやや左へのヒット。1死1、2塁として6番高橋信、しかしショートゴロ、本郷−ツギオ−衣川と渡って併殺打。4回裏ヤクルトは1番からの好打順。1番飯田は2−2から高目のストレートに空振り三振。2番ユウイチ、2−1から低めへの変化球に空振り、高橋信が1塁へ送球してアウト。3番衣川、0−1からピッチャー前への高いバウンドも厚澤が捕って1塁へ送球して3者凡退。5回ヤクルトは守備の後退。センター飯田に代わって牧谷が入る。日本ハムは7番田中聡から、2−2から打ってファースト正面へのゴロ。8番飯山、1−3から低めの変化球を見送って四球で出塁。9番、ピッチャーの厚澤がそのまま打席へ。その初球を送りバントしキャッチャー前へ巧く転がして成功。2死2塁で1番森本。その森本の時に丹野が暴投で労せずランナーが3塁へ進塁。森本は2−3からファールで粘りに粘った末に四球で出塁。2死1、3塁として2番小田がセンター前にタイムリーヒットで6−6の同点に。3番木元は2−3から高目のストレートを見送って四球で出塁しこれで2死ながら満塁のチャンス。ここでヤクルトは投手交代を告げる、3番手として丹波がマウンドへ。4番島田、打ってセカンドベース寄りのセカンドゴロ。逆転ならずか・・と思ったがこれをセカンドのツギオがトンネルしてしまい2者が生還し8−6と逆転に成功した。さらに1、2塁のチャンスに5番上田がライト前に今日3本目のヒット。2塁から木元が本塁へ突入するが、これはタッチアウト。5回裏ヤクルトの攻撃は、4番畠山。初球打ちだが詰まってファーストファールフライ。田中聡がコーチャーボックスの前で捕球。5番ヅキオ、2−3から高目のストレートに空振り三振。6番本郷、1−1から打ってセカンド正面へコロで3者凡退。6回日本ハムは、6番高橋信からの攻撃、2−1から流すが打ち上がってしまいライトフライ。7番田中聡、1−1から打ってファーストゴロ。8番飯山、2−0から打ってショートゴロ、セカンドベース寄りで本郷が捕球し1塁へ送球。こちらも簡単に3者凡退。6回裏ヤクルトは、7番橿渕から、初球を打ってサードゴロ。しかしこれを小田が焦ったのかボールが手につかずエラー。8番福川に代わって代打は、鮫島。2球で2ストライクとして続く3球目、ストレートを見逃して3球三振。9番丹波に代わって代打は宮出。センター前ヒットで出塁。1番に戻って牧谷、初球打ちはレフトフライ。2番ユウイチに代わって代打はリーゴ。そのリーゴの時に厚澤が暴投でランナーが進塁、2死2、3塁になる。しかしリーゴは2−3フルカウントから打ってサードゴロで2者残塁。

7回ヤクルトは選手の交代、代打の鮫島がそのまま入りキャッチャー、代打の宮出もそのまま入りライト、ライト橿渕がセンター、センター牧谷がレフト。代打のリーゴに代わってピッチャーに松谷が入る。4番手に松谷を投入。日本ハムの攻撃は、9番厚澤に代わって代打は山地。2−2から打つがセンターフライ。1番森本、2−2から外角低めの投球に手を伸ばしてバットに当てるがセカンドゴロ。2番小田、2−2から打ってセカンドゴロで3者凡退。7回裏日本ハムは代打の山地に代わって伊藤が入りピッチャー。7回裏ヤクルトは3番衣川、打ち上げてセンターやや左、左中間へのフライ。これを森本が追うが、捕球寸前までくるとレフトの島田も接近しており、森本が追うのをやめてしまう。お見合い落球の様な状態でヒット、衣川は2塁へ。4番畠山、2−2から打ってショート正面へのゴロ。1死3塁で5番ツギオ、これもセカンドゴロでこの間に衣川が還って8−7と1点差に詰め寄る。ランナーがいなくなって6番本郷は四球で出塁。7番橿渕、2−3から空振り三振で1点差まで。8回ヤクルトは5番手に高橋に交代、日本ハムこの回の攻撃は、3番木元から。2−1からストレートに空振り三振。4番島田、2−0から高目の変化球に空振り三振。5番上田、ランナー無しで勝負を避ける場面ではないが、今日3安打の相手に投げ難かったのか死球を与えてしまう。6番高橋信、1−1から打ち上げてセンターフライ。8回裏ヤクルトは8番鮫島から、2−3から見逃しの三振。9番宮出、強い打球だったがピッチャーゴロ。1番牧谷、初球打ちはライト前にワンバウンドでヒット。2番高橋に代わって代打はベテラン青柳、2−1からストレートを見逃して三振。9回ヤクルトは代打の青柳に代わってピッチャーに本間。9回日本ハムの攻撃は、7番田中聡から。引っ張った打球はライト線一杯に入るツーベース。8番飯山がこれを送って1死2塁で9番伊藤に代わって代打は原田。しかし死球を食らい1死1、3塁。1番森本の時に原田がスタートして2塁盗塁成功。1死2、3塁になる。森本は平凡なショートゴロだが、これを捕った本郷が本塁へ送球する。しかし左打席の外側に逸れてしまい3塁ランナー生還で1点を追加、9−7とした。直も1、3塁としたが2番小田はセカンドゴロ。森本にタッチして1塁へ転送されて併殺打。9回裏代打の原田に代わってピッチャーに櫻井が入る。9回裏ヤクルトは3番衣川から。主軸の一発に期待がかかる。しかし2−2から低めのストレートに空振り三振、4番畠山。2−1から打ってセカンドベース右へのゴロ。5番ツギオ、1−0からショート正面へのゴロ。飯山が1塁へ送球して試合終了。

1、2回だけで1時間を越えてしまった「大乱戦」は、日本ハムがヤクルトのミスから逆転し、この2戦目で1勝1敗のタイに。両軍の先発投手が初回から大味な試合展開を演出、中盤以降もチャンスが続くなどて試合終了は午後5時近くになった。両軍の主軸に入った、日本ハム上田がタイムリーなど3安打、ヤクルトの若き主砲・畠山が2安打が何れも長打の4打点と活躍。■試合終了時刻16:48


2002年 8月30日 イースタンリーグ14回戦 湘南−西武(平塚)報告者:右派さん(HP:Private Heaven

平塚レポート・試合編

 こんばんは、健一さん。昨日平塚で湘南対西武戦を観戦してきたので書き込みさせていただきます。ただ、今回は試合途中から転寝してしまったので手抜き気味なんですけど・・・。

仕事帰りに平塚球場に赴き湘南戦を観戦。夏休みの終了間際のせいか観客に子供が多く見受けられる。試合前の練習では故障していた内川と相川が元気に参加、動きに不安はなさそう。彼らの姿を目で追っているうち見慣れない長身の選手がショートとサードの練習をしていることに気づく。眼を凝らして見れば背番号58。投手の関屋だった。教育リーグでも彼が内野練習していることを見たことがあるので気分転換でやってるのかと思ったが、スタメン発表を聞いて仰天。「8番ショート関屋」・・・何てこった。

 試合は湘南が川村、西武はトモキの先発投手でスタート。1回裏、二死から小田嶋が四球を選ぶと、4番古木レフト頭上を越える2ベースを放ち湘南が先制する、1−0。続く相川も敵失で出塁すると、6番光山はレフト前におっつけ2−0とした。湘南先発の川村は光山の好リードで4回まで零封。特に4回表は圧巻、スライダーを効果的に使い3者連続三振を奪った。ところが5回表に西武が反撃。高木大・中島に続けてライト前ヒット、古屋にもバントを決められ一死2.3塁のピンチを背負う。ここで8番野田は三遊間を破りそうなゴロ、ショートの関屋が飛びつき打球を止めるも内野安打となり1−2となる。続く代打のカズもライトへ犠牲フライ(浅いフライだったがライトが七野だったため)で同点、2−2。川村は試合中盤で失点する最近の悪癖が出てしまったといえよう。6回以降は両軍とも打線は沈黙、継投のせいもあるが貧打戦の色彩が強く盛り上がりに欠ける試合展開が続いた・・・。というより正直言って試合中盤から筆者は強い睡魔に襲われ、あまり試合の記憶がないだけかもしれないが。結局試合は延長10回で2−2のドローゲームに終わった。

 淡々とした試合であまり語るべきことはないが、やはり目立ったのはスタメンデビューした関屋だろう。西武では鳥谷部の堂々たるマウンド捌きに萎えました。それ以外は・・・先述のとおり試合途中から筆者は白川夜船の状態に陥ってしまったので、今回の個人評は手抜きでご勘弁を。


平塚レポート・湘南編

   オーダー  4吉田9七野5小田嶋3古木8相川2光山7田中充6関屋1川村
   投手継投  川村-稲嶺-米-岡本
   途中出場  井上・内川・八馬(代打)、新沼(左翼)

■川村丈夫(湘)
先発して7回を投げ自責点2。被安打5・奪三振8・与四球1。二段モーションからテイクバックを小さくして投げ下ろす投球フォーム。全体的に以前よりこじんまりとしており、ボールに体重がのっていないような感じ。とはいえこの日はスライダーのキレがあり、コンビを組んだ光山の配球も良かったことから好投したといえよう。スタミナにやや不安がありそうで、一軍復帰を目指すならば先発に拘らないほうが良いかもしれない。

■古木克明(湘)
4番一塁として左2・三振・中安・右安で4打数3安打1打点。早いカウントから積極的に打っていく彼の良さが戻ってきた。引っ叩くような打撃でレフト方面にも強い打球を飛ばせるのも魅力。31日に一軍再昇格したのも頷けるほど内容が良い。

■関屋智義(湘)
8番遊撃として右飛・投ゴ・三犠・四球で音無し。本格的野手デビューといえるが、先日における日産戦の乱調で投手に見切りをつけたのだろうか?185センチの超大型ショートはグラウンドでもかなり目立つ存在だ。肝心の遊撃守備だが、腰高な捕球体勢・雑なスローイングと流石に荒削りな感は否めない。しかし、脚力を生かした守備範囲は広く、三遊間に抜けそうな当たりを横っ飛びで止めるあたり瞬発力もありそうだ。打撃では短めにバットを持ちややオープン気味に構える。しゃくりあげるようなスイングで現段階では差し込まれてポップフライを量産しそう。スイングスピードもイマイチだが、及び腰ながらも鳥谷部のスライダーを見極め四球を選ぶなど選球眼は悪く無さそう。特筆すべきは脚力。一塁を駆け抜ける足の速さならチームでもトップクラスだろう。そういう意味で右打者というのは惜しい気がする。全体的な印象としてはまだ海のものとも山のものとも分からないが、一芸たるものを持っているだけに見守りたい素材である。今日の湘南で一番ユニフォームが汚れていたのも印象的であった。


2002年 8月28日 イースタンリーグ17回戦 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:みつともさん

2002”イースタンリーグ観戦記録 平成14年8月28日(水)

  イースタンリーグ公式戦 湘南シーレックス−日本ハムファイターズ 17回戦
  8勝8敗1分 (横須賀スタジアム) 18:00
  晴れ 試合時間3時間41分
  ◆球審:萩 原 1塁:有 隅 2塁:本 田 3塁:深 谷(セントラル・リーグ)
  ◆公式記録員:野 中(セントラル・リーグ)

                        H E
日本ハム 100 010 030 3 ・・ 15 2
湘  南 200 201 000 1 ・・ 11 1
         (延長10回)

○ 勝利投手 櫻 井 2勝1敗  ● 敗戦投手 前 田 2勝3敗
HR 本塁打 七 野 13号 関 根@ 1回1死 (湘  南)
       ヤング  5号 矢 野@ 6回無死 (湘  南)
3B 3塁打 小 田  8回1死 (日本ハム)
       高橋信  9回1死 (日本ハム)
2B 2塁打 小田嶋  1回1死 (湘  南)
       飯 山  5回無死 (日本ハム)
       田中聡 10回2死 (日本ハム)
       小田嶋 10回1死 (湘  南)
SB 盗 塁 八 馬  4回2死 (打者・井上) (湘  南)
       相 川  6回2死 (打者・八馬) (湘  南)
       高橋信  8回1死 (打者・飯山) (日本ハム)
 E 失 策 木 元  1回2死 (ヤング一飛を落球) (日本ハム)
       飯 山  4回無死 (ヤング遊ゴロを1塁悪送球)(日本ハム)
       小田嶋 10回無死 (飯山三ゴロをファンブル) (湘  南)
   走塁死 ヤング  1回2死 (自身一失で2塁狙い) (湘  南)

(日本ハム) 森本爆発5安打2打点、小田、木元2安打1打点、高橋信同点打、勝ち越し打2安打2打点
        打 安 点 振 四  1  2  3  4  5  6  7   8  9   10
(8) 森 本 6 D 2 0 0 右安    中飛    三安・      二 安 右安 遊 安・
(5) 小 田 6 2 1 1 0 右安    左邪    三振       左中3・二ゴ 中 飛
(9) 上 田 4 1 1 2 1 右安・   三振       見振    四 球 遊飛
(3) 4
 木 元 5 2 1 2 0 三振       左飛    三振    右 安・   二 安
(7) 島 田 4 1 0 0 0 右飛       二ゴ    二安    一 飛    投 犠
 7  村 西 0 0 0 0 0 
(2) 高橋信 5 2 2 2 0 三振       見振    中飛    右 安・   左中3・
(6) 飯 山 5 1 0 1 0    遊ゴ       右2    右飛 三 振    三 失
(4) 野 中 3 0 0 0 0    一邪       一ゴ    二ゴ
 1  山 口 0 0 0 0 0
 H  原 田 1 0 0 0 0                      二 ゴ
 1  櫻 井 0 0 0 0 0
 H  山 田 1 0 0 1 0                             三 振
 1  柴 田 0 0 0 0 0
 1  伊 藤 0 0 0 0 0
(1) 関 根 1 0 0 1 0    三振
 H  佐 藤 1 0 0 0 0             捕飛
 1  厚 澤 0 0 0 0 0
 1  矢 野 0 0 0 0 0
H 3 田中聡 3 1 1 1 0                   三振     中飛 三 2・
     :             :  :  :  :  :  :  :   :  :   :
    残塁9 45
 15 8 11 1  2  0  0  0  1  1  0   2  1   2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(湘  南) 七野ポール直撃弾2安打1打点、ヤング第5号、八馬2点適時打、古木タイムリーも追いつけず
        打 安 点 振 四   1  2  3  4  5   6  7  8  9  10
(7) 井 上 5 0 0 4 0 三 振    投ゴ 三振        三振    三振
(3) 七 野 5 2 1 1 0 左 本・   右安    二ゴ     三振       一ゴ
(5) 小田嶋 5 2 0 3 0 左中2    三振    見振     三振       中2
(6) 古 木 5 1 1 2 0 二 ゴ    二ゴ    三振        見振    中安・
(8) ヤング 5 2 1 0 0 一 失       遊失    右中本・   遊ゴ    中安
 R  関 屋 0 0 0 0 0   
(9) 田中充 4 1 0 1 1     二ゴ    投安    三 振    四球    遊ゴ
(2) 新 沼 3 1 0 2 0     左安    投犠    見 振    三振
 H  西 崎 1 0 0 1 0                              三振
(1) 田 崎 1 0 0 0 0     投犠    二ゴ
 H  相 川 1 1 0 0 0                 左 安
 1   米  0 0 0 0 0
 1  河 原 0 0 0 0 0
 1  木 塚 0 0 0 0 0
 H  内 川 1 0 0 0 0                           左飛
 1  前 田 0 0 0 0 0
(4) 吉 田 1 0 0 1 0     三振     
H 4 八 馬 3 1 2 1 0           中安:   三 振       捕ゴ
     :              :  :  :  :  :   :  :  :  :  :
    残塁7
 40 11 5 16 1   0  1  1  1  0   1  0  1  0  2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 

(投手成績)   投球回   打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 関根4回1責点も4失点。厚澤1回を打者3人、山口3者連続三振。伊藤3連打で1失点。
   関 根   4     19  6   1   0   4   1
   厚 澤   1      3  0   0   0   2   0
   矢 野   1      5  2   1   0   3   1
   山 口   1      3  0   0   0   3   0
 ○ 櫻 井   2      7  0   0   1   3   0
   柴 田     1/3  1  0   0   0   0   0
   伊 藤     2/3  5  3   0   0   1   1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南) 田崎いきなり3連打で1失点も6回途中まで好投、米2安打で2責点。前田長短打で逆転許し●
   田 崎   6     24  6   0   0   8   2
    米    1 0/3  5  2   0   0   1   2
   河 原     0/3  2  1   0   1   0   1
   木 塚   2      8  2   0   0   1   0
 ● 前 田   1      8  4   0   0   1   1

湘 南6−日本ハム

湘南シーレックス恒例となっている平日のナイトゲーム、今日は日本ハムが対戦相手。順位は4位とはいえ混戦上位争いに入っている湘南、目の上の日本ハムを叩いて僅差さらに縮めたい。日本ハムは勝って最低4位との差を広げたい。
湘南の本拠地、イースタン本拠地で唯一ナイトゲームの開催できる横須賀スタジアムでの1戦。

1回湘南の先発は田崎。1回日本ハムの攻撃は1番森本、2−1から打ってライト前ヒットで早くも出塁。2番今日は上位打線に入っている小田。引っ張って一・二塁間をゴロで抜けてライト前に連続ヒット、1塁から森本が一気に3塁に向かっており無死1、3塁と早くも先制のチャンス。3番上田、これもライト前ヒットは一・二塁間をゴロで抜けて
森本が生還し試合開始5分足らずで日本ハムが1点を先制した。4番木元、2者連続左打者のヒットで続くかと思ったが2−0からの3球目に空振り三振。5番島田、1−1から流し打つがライト線内側へのフライ。6番高橋信、2−2から高目のストレートに空振り三振で、田崎は3連打の後突如立ち直る。1回裏日本ハムの先発は関根、調子を戻して1軍に戻る投球が必要。1回裏湘南の攻撃は1番井上、2−1から低めへの変化球に空振り三振。2番七野、湘南では完全な主軸打者だが、日本ハム小田同様に2番に。その七野、流した打球がレフト線真上を空過していくのがハッキリ分る打球を放つ。レフトポール内側が外かという打球だったがそのままポール内側に付いている金網部分に直撃!第13号ソロホームランでまずは同点に追いつく。続くは3番小田嶋、期待の新人捕手だがサードで出場。その初球を叩くと左中間真っ二つ、ワンバウンドでフェンスに当るツーベースで逆転のランナーになる。4番古木、0−3から打ってセカンドゴロ、センター前に抜けそうな打球だったが野中が抑える。2死3塁として5番ヤング、打ち上げてしまった打球はファーストフライ。何でもないフライに見えたが、日没から間も無くナイターの照明と重なってしまったのかこれを落球してしまいエラー。3塁から小田嶋が還って2−1と逆転する。しかしヤングが落球した時点で1塁を回っていたが、落としたボールを木元が捕るとヤングが一・二塁間の半端な位置に挟まれてしまう。逃げる間もなくタッチアウト。2回日本ハムは7番飯山からの攻撃、2−1から打ってショートゴロ。8番野中、2−1から詰まったのかファーストファールフライ。9番関根、1軍では絶対に見られない打席姿に「偶然」の確率を重ねてみるが2−0からの3球目低めの変化球に空振り三振、3者凡退。2回裏湘南の攻撃は、6番田中充から。叩き付けたバッティングでセカンド前へのゴロ、野中が捕って1塁へ送球際どいタイミングだったがアウト。7番新沼、初球うちでレフト前にワンバウンドでヒット。8番ピッチャーの田崎、これも初球を送りバント。関根がワンバウンドで捕って1塁へ送球。2死2塁と追加点のチャンスに9番吉田。2−0からの3球目低めへの変化球に空振り三振。3回日本ハムは1番からの攻撃、森本は初球打ち。しかし定位置やや右へのセンターフライ。2番小田、1−0から流し打つがレフトへのファールフライ。3番上田、2−0からの3球目低めのストレートに空振り三振で初回の3連打の3人が簡単に凡退。3回裏湘南の攻撃は、こちらも1番からの攻撃。井上は初球打ちもピッチャーゴロ。関根かマウンドを下りて自分で捕って1塁ベースを踏む。2番七野、今度は引っ張った打撃を見せる。1−0からセカンド右をゴロで鋭く抜けるライト前ヒット。野中が横っ飛びも捕れず。3番小田嶋、2−1かに高目のストレートに空振り三振。4番古木、2−2から打ってセカンド正面へのゴロで七野残塁。

4回日本ハムは4番木元から。左中間へのいい当りだったがレフト井上が捕球。5番島田、1−1から打ってセカンドゴロ。6番高橋信、2−3から高目の変化球見送るがストライクのコールで見逃しの三振、3イニング続けて3者凡退。4回裏湘南の攻撃は、5番ヤングから。平凡なシートゴロに飯山がこれを捕球して1塁送球も手前でワンバウンドしてしまい木元が捕れずエラー。6番田中充、初球を投前へセーフティバントを敢行する。すると関根がこれに前進してきて捕球し1塁へ送球するが1塁ベースカバーに野中が入り遅れてセーフ。無死1、2塁とチャンスが出来る。続くは7番新沼、今度は完全に送りバント。サード前に巧く転がして2者を進塁させる。1死2、3塁として8番田崎、ヒッティングに出るがセカンド正面へのゴロ。前進守備を敷いていた為、ランナー動けず。9番吉田に代わって代打が告げられる。代打は八馬。打って出ると抱き勇はセカンドベース上をバウンドで転がってセンター前ヒット、2塁から田中充も還って2点タイムリーで4−1と3点差に広げる。1番に戻って井上、2−2から低めの変化球を空振り、高橋信が捕り損ねたのかタッチすると球審・萩原がアウトのジェスチャーで三振。5回湘南は代打の八馬がそのままセカンドに入る。日本ハムは7番飯山から、打ってライト線一杯に入るツーベース。8番野中、流し打つがファーストゴロ、七野が捕って自分でベースへ。飯山は3塁へ進む。9番関根に代わって代打は佐藤が起用される。しかし打ち上げてしまいキャッチャーフライ。マウンド手前で捕球。1番に戻って森本、打ち損じた打球だが3塁線上へボテボテのゴロ。小田島が前進してきて捕るが、勢いがなさ過ぎて内野安打、タイムリーとなって1点を返し4−2とする。2番小田、1塁から森本がスタートを切るが高目のストレートに空振り三振でチェンジ。5回裏日本ハムは2番手マウンドに厚澤を送る。5回裏湘南の攻撃2番七野から、2−2からやや低めを打つがセカンド正面へのゴロ。3番小田嶋、2−2からのストレートを見逃しの三振。4番古木、2−3からのストレートに空振り三振で3者凡退。6回日本ハムは3番上田からの攻撃、2−3フルカウントから高目へのストレートを見送るがストライクの判定で見逃し三振。4番木元も2−0からの3球目外角へのストレートに空振り三振。5番島田、センター返しするとセカンドベース付近への当り。八馬が追いつくが1塁はセーフ。6番高橋信、2−0から打ち上げてしまいセンターフライ。ヤングが一歩も動かず捕球し島田残塁。6回裏日本ハムは3番手に矢野を投入、湘南この回の攻撃は5番ヤングから。その初球、矢野が速球を投じるがヤングも負けじとフルスイング!打球は右中間最深部に届く第5号ソロホームランで湘南が1点を追加5−2と試合を決める一発。6番田中充、2−1から低めへの変化球に空振り三振。7番新沼も2−2からの低め変化球に見逃し三振。8番田崎に代わって代打は、今季は1軍で活躍中だが湘南再調整の相川。2−2から打つと鋭い打球でレフト前ヒット。9番八馬の2−2から1塁ランナー相川がスタートし盗塁成功で2死2塁。八馬は2−3フルカウントから外角へのストレートに空振り三振、結局この回3つのアウト全て三振。

7回湘南は代打の相川に代わってピッチャーに米が入る。日本ハム7回の攻撃は、7番飯山。2−0からストレートを流し打ちもライトフライ。8番野中、2−2から低めの変化球にバットに当てるのが一杯だったのか、撫でた様なスイングでのセカンドゴロ。9番矢野に代わって代打は田中聡、しかし空振り三振で3者凡退。7回裏日本ハムは代打の田中聡がそのまま入ってファースト、ファースト木元がセカンド、セカンド野中に代わって、4番手に山口が入る。湘南は1番からの攻撃、井上は2−1から変化球に空振り三振。2番七野も2−1からの低めストレートに空振り三振。さらに3番小田嶋も2−2からストレートに空振り三振の3者連続三振!一瞬で攻撃終了。8回日本ハムは好投の湘南投手陣のリレーを阻止する。前の回を3人で抑えた米だが、日本ハムは1番森本からの攻撃。先程同様にボテボテの打球だが、人工芝の特性を生かしたヒットとも言える打球。セカンドへの内野安打で出塁。2番小田、森本がスタートを切って小田がヒッティング!すると打球は右中間を綺麗に破る。スタートしていた森本が生還しタイムリースリーベースで1点返して5−3とする。ここで湘南はピッチャーの交代、河原が告げられる。2人続く左打者対策か。無死3塁で3番上田、しかしストライクが入らず1−3から内角への変化球がボールで四球。4番木元、引っ張った打球が一・二塁間を転がってライト前タイムリーになる。さらに1点返して5−4と1点差に詰め寄る。ここで湘南はピッチャー交代、リリーフ失敗の河原に代わって木塚が投入される。再び無死1、3塁として5番島田、打ち上げてしまいファーストファールフライ。6番高橋信、ここまで2三振と当りがなかったが、ライト前に巧く流したバッティング!ライト前タイムリーで遂に5−5の同点になる。さらに1、3塁が続き7番飯山。すると高橋信がスタートして盗塁成功、1死2、3塁と逆転のチャンスが広がる。しかし飯山は空振り三振。8番山口に代わって代打は原田。しかしセカンドゴロで一気の逆転ならず。8回裏日本ハムは代打の原田に代わって櫻井が入り5番手投手に。同点に追いつかれてしまった湘南は4番古木から。2−3から見逃しの三振。5番ヤングはショートゴロ、飯山が弾いてしまい「またか・・」と思ったがここは素早く捕り直して1塁へ送球しアウト。6番田中充、1−3から四球を選んで出塁。7番新沼、カウントが2−3になり田中充が投球と同時にスタート。しかし低めのストレートを空振りで三振。9回日本ハムは9番田中聡から、2−2から打ち上げてしまいセンターフライ。1番に戻って森本、ライト前に巧く打ち返してヒット、勝ち越しのランナーが出塁。2番小田、ショート正面へのゴロだが、これを古木が弾いてしまう。しかし捕り直して2塁送球、これはセーフだが、1塁へ転送されてこれがアウト!これに菅野コーチが1塁塁審・有隅に抗議、白井監督も出てくるが受け入れられず。2死2塁として3番上田、打ち上げてサード後方へのフライ、ショート古木が回り込んで捕球。勝利の為にはサヨナラしかない湘南は9回裏8番木塚に代わって代打・内川を告げる。0−1から流し打って大きい当たりだったが、レフトフライ。9番八馬は1−0からセーフティバントを敢行!しかし転がった位置が悪くキャッチャー高橋信が捕って1塁へ。1番井上は2−1から変化球に空振り三振で3者凡退。延長戦に突入する。

10回湘南は代打の内川に代わって前田がピッチャーに入る。10回日本ハムの攻撃は、4番木元。センター前に抜けそうな打球だったがこれに八馬が追いつく。弾いてしまうが内野安打。5番島田、その初球をバントし送りバント成功。無難な作戦で1点を取りに行く。1死2塁として6番高橋信、湘南外野陣はバックホームに備えて前進、しかし高橋信はそれを見越してか、強打に出る。すると打球は左中間への大きい打球!ラバー部分を直撃するタイムリースリーベースで勝ち越し。続くは7番飯山、打ち損なった打球だが3塁線上を転がるボテボテのゴロ。しかし処理を焦った小田嶋がこれを取り損ねてしまいエラー。3塁ランナー高橋信はこの動きをしっかり見ており本塁へは向かわない。1死1、3塁として8番櫻井に代わって代打は山田。2−2からの変化球に空振り三振。9番田中聡、打ち上げてしまいサードやや後方へのフライ。しかしこれを小田嶋が捕れず。判定はヒットでタイムリーツーベースとなりさらに1点を追加7−5とする。1番に戻り森本、ショート右、サード左の深い位置へゴロで転がる。古木か捕って1塁送球も森本も1塁へヘッドスライディングでセーフ。内野安打がタイムリーで今日5安打の固め打ち、8−5と試合を決めた。2番小田、打ち上げてセンターフライ。10回裏日本ハムは代打の佐藤に代わってピッチャー柴田が入りマウンドへ。湘南の攻撃は、2番七野。ファーストゴロで1死。ここで日本ハムは継投策に出る。伊藤をマウンドに送って万全を期す筈が、ピンチを招く事になる。3番小田嶋、右中間への深い打球、ゴロで真っ二つと思ったがセンター森本が追いつく。抜ければスリベースだったがバックアップに来ていたライトの上田にトスして上田からセカンドに送球されて、小田嶋は2塁止まり。4番古木、センター前に弾き返して2塁から小田嶋が還って8−6になる。さらに5番ヤングもセンター前に弾き返して1死1、2塁と一発サヨナラの場面になってしまう。ヤングには代走関屋が起用される。6番田中充、セカンドベース付近を通過してセンター前ヒットかと思ったが飯山がこれに追いつき、2塁へトス。しかし上に逸れてしまいエラーかと思ったが、セカンドベースカバーに入った木元がこれを素手で捕りアウト。2死1、3塁に変わって7番新沼に代わって代打は西崎。しかし2−1から変化球で空振り三振し、試合終了。

日本ハムが終盤に追いつき、延長で勝ち越しに成功して首位争いに勝利。湘南は終盤リリーフ投手がリードを守り切れず敗戦、上位3球団との差が付き始めてしまった。■試合終了時刻21:41


2002年 8月27日 イースタンリーグ13回戦 湘南−西武(横須賀)報告者:佑太さん

初めまして。こちらでの投稿は初めてになると思いますが、昨日の試合の情報がないようなのでご報告させて頂きます。

西武 000 100 000 1
湘南 000 000 000 0

【投手】
西武 ◎冨岡(5回) デニー(1回) 大沼(1回) 星野(0回0/3) S鳥谷部(2回)―田原
湘南 ●秦(7回) 河原(0回2/3) 前田(1回1/3)―新沼・相川

【二塁打】西武:田原(3回) 湘南:古木(6回) 八馬(8回)
【ボーク】西武:冨岡(1回)
【審判】主審:深谷 1塁:名幸 2塁:萩原 3塁:西本  公式記録員:生原
【観衆】1051人

【得点経過】
4回表:
高山久四球、鈴木健右飛、マクレーン四球、中島裕之左飛の2死1・2塁から、田原晃司がレフト前タイムリーで1点

西武は3番
高山久、4番鈴木健、5番マクレーン、それに1番大友進という1軍クラスの布陣。また途中から高木大成も登場。投手も2番手にデニーが登場するなど、選手層は厚い。
先発の
富岡久貴は初回、先頭の井上純にヒットを許すものの、3回までは打たせて取る緩急のバランスの良い内容。4回には死球・安打・四球で1死満塁のピンチを迎えるが、後続の七野智秀南竜介を打ち取る。その後デニー大沼幸二と繋ぎ、8回から星野智樹を投入するが、八馬幹典に2ベース、井上純に不運なヒットを打たれ1死も取れず降板。そこから変わった鳥谷部健一が、内野安打1本を許すもののあとは完璧に打ち取りセーブを上げる。

湘南先発の
秦裕二は、早さのあるストレートを中心に7回に降板するまで9奪三振1失点とまずまずの内容。河原隆一前田和之もランナーこそ許したがまずまずの内容で強打の西武を抑える。
打線は今日も3番
小田嶋正邦・4番古木克明・5番ヤングのクリーンナップだが、古木克明が猛打賞のほかは前後の打線がつながらず、西武投手陣の口頭にも抑え込まれ、何度も得点機を潰す。
9回表には投手の
関屋智義がセカンドのポジションにつくなど、西武とは相反して戦力層の厳しさを痛感させられた。


2002年 8月25日 イースタンリーグ16回戦 湘南−巨人(山口県防府市)報告者:いの一番さん

8月25日に山口県防府市で行われた湘南×読売の試合について報告します。

読売 000100000 
湘南 00000211X 
(観衆2,870人)
勝−米(5試合2勝)  負−小野仁(15試合4勝3敗)
(投手)読売 小野仁(6回)−木村(2/3)−柏田(1/3)−鴨志田(1回) 
    湘南 後藤(4回1/3)−米(2回2/3)−前田(1回)−木塚(1回)
(本)ヤング4号@(鴨志田)
(審判)名幸、西本、牧田、濱野  (記録)野中

(試合経過)
4回表
無死1塁で堀田がレフト線2塁打を放ち1点先制。
6回裏
1死満塁からヤングがライトに犠牲フライで同点。
なおも2死1,3塁から井上の左中間2塁打で勝ち越し。
7回裏
2死2塁で救援した柏田から七野の左中間2塁打で1点追加
8回裏
先頭のヤングがセンターにホームラン
9回表
2死無走者で打者は鴨志田。当然代打と思いきや、野手不足のため鴨志田がそのまま打席に。
しかしその鴨志田はセンター前にライナーのヒットで球場が沸く。
続く鈴木はショートゴロに倒れ試合終了。


選手評(読売)

■小野仁(巨)
3回まではまあまあの内容だったが4回から制球が悪くなり6回につかまった。
コントロールをつけるためか、常にセットで投げていたがそれもあまり効果なし。
彼がサイドスローにしたのは持ち味を殺すようでもったいないと思う。
他の球団に行けば絶対1軍なのに…(カープに来ないか?歓迎するよ)

■鴨志田貴司(巨)
期待の新人。この日投げた両チームの投手では一番球が速かった。
将来が楽しみな選手であることは間違いない。
ただ、振り回すヤングに真っ向勝負を挑み見事にホームランを浴びた。
他の選手は完璧に力で勝っていたが、外国人パワーにはかなわなかったということか。

■西山一宇(巨)
ブルペンで投げていたのを見たらスリークォーターから投げていた。
サイドにしたのではなかったの?

選手評(湘南)

■後藤伸也(湘)
制球が悪く5回途中で降板。
たまたま運がよかっただけで、よく1点で済んだと思うような内容だった。
まだ2年目だしこれからだろう。

■米正秀(湘)
地元山口県出身。
この試合は気合が入ったのか好救援を見せて勝ち投手になり故郷に錦を飾った。

■ヤング(湘)
2打点で打のヒーロー。
しかし、走者1塁で打席に入った場面では3塁コーチがサインを出しているのに
それを全く見もせずに素振りをしていた。こんなのでいいの?

<防府スポーツセンター野球場>
交通:JR防府駅から車で10分(バスもあるが本数が少ない)
グラウンド:両翼92m、センター120m 外野天然芝
スタンド:ネット裏ベンチ席、その他内野席コンクリート、外野席芝生
スコアボード:手書き式


2002年 8月25日 イースタンリーグ19回戦 ヤクルト−西武(戸田)報告者:赤田万歳さいたましみん4さん

 きょう、戸田の試合見てきたら、大田スタジアム3連戦のポスターありました。といって、そういうつもりで見なかったんで恐縮ですが・・・なんでも、バス臨時便出るそうですよ。ってことは、”なるべく電車・バスでお越しください”的なニュアンスを感じるんですが。 なお、入場料800円、とマトモな球場にしてはやや安め。
 ポスターには、若燕の代表として、
平本投手畠山選手米野選手松谷投手がうつってます。松谷投手のキャッチフレーズが、”直球で追い込み、直球で打ち取る。カーブもフォークもある。”になってました。あるけど使えないってわけではないと思います。また、平本投手のキャッチフレーズは”日本シリーズの秘密兵器とされた”でした。

  R H E
所沢ライオンズ 0 2 0 0 0 0 3 0 1 6 13 2
戸田スワローズ 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 5 0

所:帆足和幸(7回)−トモキ(1回)−星野智樹(1回)
戸:萩原多賀彦(6回1/3)−丹野祐樹(2/3)−本間忠(1回)−五十嵐貴章(1回)

本塁打:
中島裕之11号(萩原多賀彦)、池山隆寛1号(帆足和幸)、高山久11号(五十嵐貴章


 今日の試合。ヤクルト若手を悩ました西武
帆足投手に6回池山選手があっさりレフトへ同点弾。しかし西武も7回萩原投手をKO、高木大成選手中島選手のタイムリーなどで勝ち越し。9回高Q選手の一発で締めました。
 なお、開始早々
飯田選手が頭部死球で担架に乗せられ退場したそうです。一応大丈夫とのことでしたが、帰る時も”痛い”と言ってたとか。心配です。


雑な寸評

■ツギオ 選手(ヤ)
 面白いフォームですね。右肘が肩より上に上がってます。大きくみれば”種田系”。でも、打つ瞬間右手を順手でバットを相手に押し付けるような感じになってます。  でも、”椿三十郎”で三船敏郎が仲代達矢を居合いで仕留めた時って(もちろん役の上で、ですよ)、刀の刃を相手に向けて右手で押し出してるんですよね。そっちのほうが普通に刀振るより相手に速く刺さる。ツギオ選手の右手使いも、大きなインパクト加速力を生むには理にかなったことなのかも、と思いました。
 なお、鮫島選手リーゴ選手も、種田系。

■牧谷宇佐美 選手(ヤ)
 久々に見たんですが、野手っぽくなってきましたね。前は渡辺久投手そっくりだったんですが(それはそれでかっこいいが、打者としてはねえ。もっとも、渡辺久投手は自称強打者でしたが)。ただ、せっかくの巨体なのに膝を折り背筋を曲げた小さいフォームなのが惜しい気もします。


■中島裕之 選手(西)
 牧谷選手とは逆に、体のわりには大きなフォーム。タイムリーヒットも強引に中前に持っていった打球でしたが、その前の打席ではバットを折りながらもライト前に運びました。その折れたバットを拾った中村選手が驚き、栗山選手に見せてました。ほんとにグリップのところで折れてる・・・その後しばし2人はバットの折れたところを観察したり、打球の飛んでいったほうを見たり、お互い顔を見合わせたり、してました。

■小牧雄一 選手(西)
 西武ファンの中に小牧ユニ着てる方がおられました。しかも、サードユニ(基本的に一軍・札幌用。ビジターユニの青いところも白くした感じ。首の横後ろに中途半端にラインが入ってるのがファンには不評)。これって商品化されてるのか?いやそれ以前に、小牧選手用のサードユニって本人も持ってなかったりして(失礼)。

 これでは小牧情報になってないので追加。小牧選手はなんでも屋ですが、こないだはブルペン捕手やってました(捕手登録だからむしろ当然なのだが)。そして、不調だった帆足投手にフォームを指導してました。肘を高く、とか前で大きく振る、とかいう感じの、身振りでの指導(これがまた自然できれいな左投げの恰好するんです、小牧捕手は)。帆足投手の最近の好調は、あの指導のおかげかもしれません。右打者外角にすっぽ抜ける球が少なくなってます。
 しかし何より、小牧捕手相手に投げてるときの若手、とても気持ちよさげでした。真山投手なんか、本当になついてる感じがしました。
 ところが、きょうはブルペンに現れず。


  ■掲示板@2軍愛■