【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2002年11月16日 プロ・アマ交流戦 住友金属鹿島−西武(住友金属鹿島球場)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年11月16日 プロアマ交流試合 住友金属鹿島−西武 住友金属鹿島球場

 
 西  武  101 021 202│
 
住友金属鹿島 110 003 000│
 
 勝 帆 足
 負 金 子
    
 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H8栗 山 420 左安 ニゴ       四球    中安    空振
  F 赤 田 310 左2    右飛    投犠    見振    四球
  G 柴 田 322 投襲    投ゴ    右2
  3 中 村 110                   四球    中安
  D 高木大 332 左安    右本    中安
  HD野 田 200                   左飛    見振
  B9大 島 524 捕邪    空振    中飛    右2    右2
  E 中島裕 511 空振       中飛    左本 左飛    空振
  C 玉 野 200    遊ゴ    投ゴ
  5 古 屋 200                見振    空振
  A 細 川 410    中安    中飛    右飛    右飛
  D4水 田 420    空振       左2 右飛    左安
  犠盗失併残─────
  10206 38159

      回   打安振球責
  大 沼 5   204612
  竹 内  2/3 74123
  帆 足 11/3 40000
  芝 崎 1   52100
  星 野 1   30200

  他の遠征選手 投 手:トモキ、鳥谷部、青木、福井
         捕 手:小牧、田原
         外野手:カズ
  
 【住金鹿島】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 福 田 300 空振 四球       空振 遊ゴ
  H 吉 田 100                         空振
  E 高 浦 410 右3 空振       空振    一ゴ
  H 吉 川 100                         見振
  C5青 木 521 右安    ニゴ       中2 投ゴ    遊ゴ
  D 細 谷 410 見振    中安       空振 一直
  B ニ 村 411 一邪    中飛       左安    遊ゴ
  G 鴨志田 431    左本    三ゴ    右2    左2
  D 鎌 田 200    三ゴ    見振    四球
  4 シーモア  110                      右安
  F 古 閑 201    遊失    遊ゴ    死球
  H7高 島 100                      空振
  A 国 井 311    投犠       三飛 中安    右邪     
  犠盗失併残─────
  10007 35105

      回 打安振球責
  川 畑 4 176302
  永 井 2 104113
  金 子 2 93212
  原 田 1 62312

  本塁打  鴨志田(鹿)@ (2回 大沼)
       高木大(西)@ (3回 川畑)
       中島裕(西)@ (6回 永井)
  三塁打  高 浦(鹿)  (1回 大沼)
  二塁打  赤 田(西)  (1回 川畑)
       水 田(西)  (5回 永井)
       柴 田(西)  (5回 永井 タイムリー)
       青 木(鹿)  (6回 竹内)
       鴨志田(鹿)  (6回 竹内)
       大 島(西)  (7回 金子 タイムリー)
       鴨志田(鹿)  (8回 芝崎)
       大 島(西)  (9回 原田 タイムリー)
  犠 打  国 井(鹿)  (2回 1塁走者の古閑が二進)
       赤 田(西)  (5回 2塁走者の水田が三進 1塁走者の栗山が二進)
  失 策  中島裕(西)  (2回 古閑の遊ゴロを1塁悪送球)
       水 田(西)  (6回 竹内の2塁牽制球を後逸 2塁走者の青木が三進)
  盗塁死  栗 山(西)  (1回 捕手は国井 打者は赤田 ニ盗失敗)
       細 谷(鹿)  (3回 捕手は細川 打者は鴨志田 ニ盗失敗)
       柴 田(西)  (5回 捕手は国井 打者は高木大 三盗失敗)
  走塁死  鎌 田(鹿)  (6回 2塁から国井の中前打で本塁突入も憤死
                  柴田−中島裕−細川)
  牽制死  水 田(西)  (8回 金子の1塁牽制球で誘き出されてしまい1、2塁間で
                  挟殺 金子−ニ村−高浦)

  PL:ホシ 1B:フクモリ 2B:スズキ 3B:マエジマ 以上アマ 
  記録:松本(住友金属鹿島) 
  時間 2時間58分(12:45〜15:43)

得点経過
  1回表(西) 1死1、3塁から高木大が左前打      西武1点目
  1回裏(鹿) 1死3塁から青木が右前打         鹿島1点目
  2回裏(鹿) 無死ランナーなしから鴨志田が左越え本塁打 鹿島2点目
  3回表(西) 2死ランナーなしから高木大が右越え本塁打 西武2点目
  5回表(西) 1死2、3塁から柴田がライト戦へ2塁打  西武4点目
  6回表(西) 無死ランナーなしから中島裕が左越え本塁打 西武5点目
  6回裏(鹿) 1死3塁からニ村が左前打         鹿島3点目
        1死満塁から古閑が押し出し死球      鹿島4点目
        1死満塁から国井が中前打         鹿島5点目
  7回表(西) 2死1、2塁から大島が右越え2塁打    西武7点目
  9回表(西) 2死2、3塁から大島が右越え2塁打    西武9点目
 
戦評
 曇天の寒空の下で行われた住友金属鹿島と西武のプロアマ交流試合。
 西武が鹿島の先発の川畑の立ち上がりに4連打を浴びせ、先制点を挙げるも、その後はシー
 ソーゲーム。6回に鹿島が竹内の大乱調に付け込み同点に追いつくも、西武は7回、9回と
 大島にタイムリーツーベースが飛び出し、突き放す。
 また、12:30にプレイボールの予定だったが、西武の到着が遅れ(なんと、11:30!)試合開始
 が 12:45に変更された。

選評
 
竹 内(西) 2/3回を投げ、打者7人に4安打、2四死球(押し出し含む)、自責点3と大誤
       算。背も大きくなく、線も細いながら、春先はダイナミックなフォームで大き
       く見せていたが、良く言えばコンパクト、悪く言えばこじんまりした投手にな
       ってしまっている。手先だけで投げている印象のボールに勢いなどあるわけが
       なく、鹿島打線に痛打を食らう。

 
中 村(西) 本日の走塁王。7回は大島のニ塁打で1塁から生還(2死だったので、打った
       瞬間にスタートは切っていますが)、9回はランナー1塁の場面で中前打を放
       ち、1塁走者が3塁を奪う間に、2塁を落とし入れる好走塁。今までは中村が
       スタートを切ると必ずエンドランだったが、これからは盗塁もあるかな?

 
栗 山(西) 本日も2安打。バッティングフォームを変え、外野を守るようになり打撃開眼
       今日は1番バッターだったが、3番バッターとして使うのが面白いと思う。
       完全に栗山の虜になってしまった・・・。


 
青 木(鹿) 住友金属鹿島の主将。まだ28歳だが、風貌、体型を見ると『どちらの草野球チ
       ームですか?』と聞きたくなってしまう(失礼!)。しかし、そこは主将。試合
       前のフリーバッティングでは一番の快音を響かせていたし、試合では2安打の
       活躍。

 
鴨志田(鹿) 170cmと小柄ながら、1本塁打、2二塁打の3安打猛打賞。また、守備では5
       回の大島の大きな大きなセンターフライをジャンプ一番で好捕!

 
細 谷(鹿) 185cmと大柄ながら、お尻を突き出して縮こまる独特のバッティングフォーム。
       ファールなどの飛び方を見ると、パワーは抜群だが、いかんせん選球眼に乏し
       い。パワーと選球眼は得てして相反するものだが・・・。

住友金属鹿島球場データ
 両翼93m、中堅120m、内野−土、外野−天然芝

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
御礼 今年はこれで観戦記は最後(多分)になると思いますが、今年1年間、つたない観戦記に
   お付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
   観戦記を書いていると、ふと自己満足になっているだけじゃないか?読んで頂いている
   方はいらっしゃるのだろうか?と不安になってしまうことがあるので、何かしらの反応
   を頂いたときは非常に嬉しかったです。
   去る人もいれば来る人もいます。どうしても戦力外通告を受けて去っていく人はファー
   ムでよく目にしていた人であり寂しさは拭えませんが、ドラフトでは新しい戦力が入っ
   てきます。やっと観戦記のフォームもできてきましたので、来年も、これからプロ野球
   界の担っていく若い選手たちのプレーを目に焼き付け、みなさんに報告できたらと思っ
   ていますので、これからもよろしくお願い致します!
   しつこいですが、来年の注目は
『栗山巧(西)』です!(←でも日本ハムファン)


毎回観戦記のお裾分け有り難うございます(^^)。観戦記投稿者へのサイレントユーザーはかなりいるはずです。そしてその中からのレスを頂けると本当に嬉しいですよね(不安の件等々共感いたします(笑))。
これからも「これは!」という選手を一足先に見つけましょう。来年以降も宜しく御願いいたしますm(..)m by健一@管理人


2002年11月14日 プロ・アマ交流戦 2回戦 西武−東京ガス(西武第二)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年11月14日 プロアマ交流試合 西武−東京ガス 2回戦

A西武第2(1勝1敗)

 
東京ガス 000 003 010│
 
西  武 001 011 000│
 
 勝 片岡茂
 S 宗 政
 負 眞 山
    
 【東京ガス】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 天 野 400 投ゴ    左直    見振    一ゴ
  H 上ノ山 110                      中安
  9 有 馬 000
  C 高 橋 210 四球       右飛 右安    四球 四球
  B 末 定 410 右飛       中安 中飛    四球 右飛
  F 真 崎 420 三ゴ       右安    四球 一ゴ    中安
  D  菅  400    ニゴ    四球    投併 ニ直    一併
  E 片岡保 200    投ゴ    三ゴ 
  H 飯 野 000                死球
  R6奥 田 100                      四球 遊ゴ
  D 山 口 300    三ゴ    三ゴ    四球    ニゴ
  A 井 上 100       ニゴ    四球
  H98
    新 島 113                左本    死球
  H 千 里 300       捕ゴ    見振 一ゴ
  2 久保田 100                      見振
  犠盗失併残─────
  002011 3163

      回 打安振球責
  糸 井 5 236512
  二本柳 1 52001
  片岡茂 2 70010
  宗 政 1 41200
  
 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 赤 田 400 中飛    捕犠    遊飛 ニゴ       見振
  H 栗 山 531 中3    ニ野    中安    ニゴ    右安
  G 柴 田 500 中飛    一ゴ    遊ゴ    一ゴ    遊ゴ
  D 大 島 200 投ゴ    空振
  HD高木大 211             右2    ニゴ
  E 中島裕 410    空振    左2 右飛       三ゴ
  D 古 屋 200    空振    空振
  5 水 田 100                ニゴ    四球
  B 中 村 410    三ゴ    左直    左安    投ゴ
  A 細 川 310       左安 四球    投ゴ    右飛
  C 玉 野 421       左安 空振    中安       空振  
  犠盗失併残─────
  10129 3693

      回 打安振球責
  眞 山 8 3953114
  星 野 1 31000

  本塁打  新 島(東)B (6回 眞山)
  三塁打  栗 山(西)  (1回 糸井)
  二塁打  中島裕(西)  (4回 糸井)
       高木大(西)  (5回 糸井 タイムリー)
  犠 打  赤 田(西)  (3回 2塁走者の細川が三進、1塁走者の玉野が二進)
  失 策  千 里(東)  (4回 中村のライトファアルフライを落球)
       末 定(東)  (6回 2死2塁で玉野の中前打のバックホームのカットに入
                  るがセンターからの送球を横に弾く。打者走者の玉野
                  が三進)
       柴 田(西)  (8回 2死1、2塁で上ノ山の中前打を弾く。2塁走者の奥
                  田がホームイン、1塁走者の新島が三進)
  走塁死  玉 野(西)  (3回 1死1、3塁。3塁走者として柴田の一ゴロで本塁突
                  入も憤死)
  野 選  高 橋(東)  (3回 1死2、3塁で栗山のニゴロを本塁送球)
  併 殺  西 武    (6回 菅 無死1塁 眞山−中島裕−中村)
       西 武    (9回 菅 無死1塁 中村−中島裕−中村)

  PL:川口(1回〜3回) 1B:津川 2B:秋村( 1回 〜3回表) 3B:山崎
     秋村(4回〜9回)          川口(4回裏〜 9回 )
   ※3回裏と4回表は2塁塁審不在
  公式記録:場内発表なし
  時間 2時間54分(12:29〜15:23)

得点経過
  3回裏(西) 1死2、3塁から栗山のニゴロを高橋が本塁送球(野選) 西  武1点目
  5回裏(西) 2死2塁から高木大が右越え2塁打          西  武2点目
  6回表(東) 2死1、2塁から新島が左越えスリーランホームラン  東京ガス3点目
  6回裏(西) 2死2塁から玉野が中前打              西  武3点目
  8回表(東) 2死1、2塁から山ノ上の中前打を柴田が弾くエラー  東京ガス4点目 

戦評
 東京ガスの新監督に就任した石井章夫(西武の石井貴の実兄)の初陣。
 今日(11/14)は『埼玉県民の日』ということで小学生ファンも多く駆け付けた。
 試合は序盤は西武ペースで進んだが、東京ガスが6回に突如制球が乱れ出した眞山に付け込
 み、新島のスリーランで逆転。その後、西武に追いつかれるも、8回に柴田のエラーで勝ち
 越し。最後は宗政の気迫溢れる投球で西武の反撃を阻止。石井東京ガスの初陣を飾る。

選評
 
新 島(東) 風貌は福澤(ロ)。6回のチャンスで代打で出場し、眞山の肩口から入ってくる
       スライダーをジャストミートし、左翼ネットに突き刺さる値千金の逆転ホーム
       ラン。ストレートだと思って振ったら当たっちゃった(本人談)のようだが、こ
       れも実力のうち。

 
糸 井(東) 右のオーバースロー。腕よりも体が先に突っ込んで行くため、腕が後から唸っ
       て出てくるフォーム(わかりにくい表現でスミマセン)。球の出所が見にくいの
       か西武打線より5個の三振(しかも、すべて空振り!)を奪う。

 
宗 政(東) 右のスリークォーター。窮屈さが全くないフォームで豪速球を投げ込む。しか
       も球質は重そう。最初からグングン行けるため、抑えには向いていると思うが
       嫌らしさがないので慣れてしまえば打たれそう。先発には不向き?


 
眞 山(西) 序盤は内野ゴロの山を築き、シーズン終盤の安定感抜群の眞山だったが、6回
       (100球前後)から突如制球が乱れ、6回からの3イニングスで8個の与四死球
       の大乱調。今日は意図的だと思われるがシーズン中のウイニングショットのフ
       ォークを封印し(そのため三振はわずかに3つ)ストレートとスライダーで勝負
       特に決め球としてのストレ−トの制球力がなく、はっきりとストライクとボー
       ルがわかれてしまった。オフは体力作りが必要な印象。
       ただ、序盤はドン詰まりのドン詰まりの打球を打たせていた。

 
栗 山(西) 3塁打を含む3安打猛打賞。小田(日)のようなバッティングフォームが板に付
       いてきたようで、真芯でボールを捕らえる心地良い球音を響かせていた。
       冗談抜きで
来期は大注目!

 
柴 田(西) 今日はタイムリーエラーを犯してしまったが、守備範囲の広さは抜群。また、
       打者毎に前後左右に守備位置を変えており、プロアマ交流といえどもデータを
       押さえている西武に感心。
おまけ
 
内 海(東) インターコンチネンタル杯出場中の為不在


2002年11月10日 練習試合 社会人新人選抜−サーパス(GS神戸サブ球場)報告者:CRYさん(HP:CRYの記憶

日曜に社会人との練習試合があるとサーパスのHPに載ってたので、行ってきました。

 11月10日(日) グリーンスタジアム神戸サブ球場

SK 000 020 120 
JP 100 000 100 

 SK:小川−(勝)北川−山本−(S)本柳
 JP:松田−歌藤−(敗)川岸−仁部−山本−桟原

サーパス 1(左)肥田
     2(遊)玉木
     3(三)後藤
     4(右)相川
     5(一)五島
     6(中)迎
     7(指)葛城
     8(捕)上村
     9(二)平野

1回裏 4番林のタイムリーで社会人新人選抜が1点先制。
5回表 7番葛城の右中間二塁打に続いて、8番上村左越タイムリー二塁打で同点。9番平野ライト前タイムリーヒット。サーパス逆転。
7回表 先頭の9番平野がレフト前ヒット。1番肥田の初球に二盗。肥田送りバントで1死3塁。2番玉木のセカンドゴロで平野ホームイン。
7回裏 好投の北川から7番河田が右越ソロホームラン。
8回表 2死1・2塁から8番上村が打ち上げたフライがライト前に落ちる二塁打となり、ダイビングしたライトが弾いた球が転がる間に2者生還。

■上村和裕(サ)
守備で再三いいプレーを見せてくれました。初回無死2・3塁のピンチ、セカンド右へのゴロを平野がバックホーム、きわどいタイミングだったが、上村がきっちり好ブロックしてアウト。
2回2死満塁では、1塁走者を牽制で刺してピンチを脱した。小川が立ち上がりからよくなかっただけに、ここで打たれていたら(打者は3番だった)試合が壊れかねない場面だった。
その後もう一つ1塁牽制で刺しかけたし、2塁牽制も見せた。シーズン終盤に一軍に呼ばれてただけのことはある。
打撃はまだ安定感なし。でも、積極的に振っていく。

■平野恵一(サ)
守備は相変わらず最高!ベース寄りの緩い二ゴロを1塁へジャンピングスロー。ジャンピングスローで平野は、ふわっと軽やかに浮く。それでいて投げるのは早い。めちゃめちゃ華麗。飛ぶ前に投げたようにさえ見える。吉田義男さんが「捕る前に投げた」と言われたのはこんな感じかなあと想像したりします。来季のゴールデングラブ候補筆頭。
打撃の課題はフライが多いことでしたが、今日はゴロのヒット2本の3打数2安打1打点1四球。俊足で盗塁も決めたし、3塁からセカンドゴロの間に頭からホームに突っ込んで点を奪った。

■小川裕介(サ)
4回4安打2四死球1失点。よく1点で済んだ。カーブが得意な左腕だが、変化球が抜けることも多かった。1・2塁や満塁で足の上げ方が大きいので、かなり走者にリードをとられている。ファーストゴロでベースカバーが遅れ、併殺を逃がす場面も。

■北川智規(サ)
3回1安打1死球1失点。アンダースロー気味のサイド。テークバックが極めて小さい。一発こそ打たれたが、登板してから試合が締まった。来季は上でも勝てるのでは。

■山本拓司(サ)
1回1安打1四球無失点。3点リードの場面で登板して、左打者に四球を与えて走者を2人ため、一発で同点の場面をつくって前の打席でホームランを打ってる打者にまわしてしまった。

■本柳和也(サ)
1回無安打無失点。いつもながら右打者の外角低めにビシビシ速球とスライダーを決める。度胸もある感じで期待がふくらむ。


2002年11月10日 プロ・アマ交流戦 新日鐵君津−西武(君津)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年11月10日 プロ・アマ交流戦 新日鐵君津−西武 5回戦

D君津(西武3勝2敗)

 
西   武 105 014 510│17
 
新日鐵君津 002 020 010│
 
 勝 大 沼
 負 吉 元
    
 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 柴 田 110 四球    右安 投犠
  H7玉 野 322                遊ゴ 左本 左安
  F9赤 田 520 空振    四球 投ゴ    中安 中2 見振
  B 大 島 632 中飛    ニ飛 右飛    左安 中本    左2
  D 高木大 424 左安    左2    一ゴ 空振
  HD中 村 211                   左本    空振
  E 中島裕 523 三ゴ    右本    四球 左安 一飛    空振
  D 古 屋 310    三ゴ 右飛    中安
  5 カ ズ 313                右本 一飛    空振
  H8栗 山 310    四球 四球    遊安 中飛    ニゴ
  A 野 田 511    投併 三飛    遊ゴ    左本 中飛
  C 水 田 520       左安 左安 空振    ニゴ 左失
  犠盗失併残─────
  13217 451916

      回 打安振球責
  大 沼 8 378873
  福 井 1 30000

  他の遠征選手 投 手 眞山、トモキ、鳥谷部、帆足、青木、竹内
         捕 手 細川、小牧、田原
         外野手 大友
  
 【新日鐵君津】打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 澤 村 210 四球    四球    中安    四球 一併
  C 相 良 312 投犠    中3    投犠    右飛    ニゴ
  D 長尾健 412 ニ飛    見振    左2    四球    ニゴ
  B 郡 司 400 投ゴ    空振    捕ゴ    空振
  H 河 本 100                         一ゴ
  F 佐 野 310    空振    中安 空振    四球
  H 星 野 410    一ゴ    中安    左飛 左飛
  A 並 木 310    見振    空振    中安
  2 上之薗 100                      遊ゴ
  G 藤 田 210       右安 空振    四球    四球
  E 松 枝 310       投犠    遊失 三ゴ    右安
  犠盗失併残─────
  31418 3084

      回 打安振球責
  吉 元 4 216146
  桜 井 1 62110
  長尾康 1 74104
  石 橋 1 85005
  領 家 2 92400

  本塁打  中島裕(西)A (3回 吉元)
       カ ズ(西)B (6回 長尾康)
       野 田(西)@ (7回 石橋)
       玉 野(西)@ (7回 石橋)
       大 島(西)A (7回 石橋)
       中 村(西)@ (7回 石橋)
  三塁打  相 良(君)  (3回 大沼 タイムリー)
  二塁打  高木大(西)  (3回 吉元 タイムリー)
       長尾健(君)  (5回 大沼 タイムリー)
       赤 田(西)  (7回 石橋)
       大 島(西)  (9回 領家)
  犠 打  相 良(君)  (1回 1塁走者の澤村が二進)
       松 枝(君)  (3回 1塁走者の藤田が二進)
       柴 田(西)  (4回 1塁走者の水田が二進)
       相 良(君)  (5回 2塁走者の松枝が三進、1塁走者の澤村が二進)
  盗 塁  柴 田(西)  (1回 捕手は並木 打者は赤田 ニ盗成功)
       柴 田(西)  (3回 捕手は並木 打者は赤田 ニ盗成功)
       赤 田(西)  (4回 捕手は並木 打者は大島 ニ盗成功)
       星 野(君)  (4回 捕手は野田 打者は並木 ニ盗成功)
  失 策  佐 野(君)  (1回 高木大の左前打を後逸、高木大は2塁へ)
       並 木(君)  (4回 赤田のニ盗のときに2塁悪送球、赤田は3塁へ)
       長尾健(君)  (5回 野田の三ゴロをファンブル、ショート松枝のカバーに
                  より野田は1塁アウトも、3塁走者の中島裕がホーム
                  イン)
       中島裕(西)  (5回 松枝の遊ゴロをトンネル)
       佐 野(君)  (8回 太陽が目に入り、水田の左飛を落球、水田は2塁へ)
       中島裕(西)  (8回 併殺を取ろうとして、2塁ベースカバーに入るが、1
                  塁への送球を1塁走者の松枝に当てる。3塁走者の藤
                  田がホームイン、打者走者の澤村が二進)
  盗塁死  並 木(君)  (6回 捕手は野田 打者は藤田 野田−中島裕 ニ盗失敗)
  走塁死  水 田(西)  (4回 2塁走者として赤田の投ゴロで飛び出してしまい、2
                  3塁間に挟まれタッチアウト 吉元−松枝−長尾健−
                  相良)
       佐 野(君)  (4回 3塁走者として大沼の並木への暴投のときに本塁突入
                  もタッチアウト 野田−大沼)
  牽制死  澤 村(君)  (8回 打者は相良 リードが大きすぎ捕手からの牽制でタッ
                  チアウト 野田−中島裕)
  暴 投  大 沼(西)  (4回 打者は松枝 3塁走者の佐野が本塁突入もタッチアウ
                  ト)
  併 殺  新日鐵君津  (2回 野田 1死1塁 吉元−松枝−郡司)
       西   武  (8回 澤村 1死1、2塁 大島−中島裕−{大島} 中島裕
                  の1塁への送球が1塁走者の松枝に当たる悪送球)

  PL:コイズミ 1B:イトウ 2B:タケダ 3B:ヤマト 以上アマ
  時間 3時間22分(12:29〜15:51)

得点経過
  1回表(西) 2死2塁から高木大が左前打            西武1点目
  3回表(西) 1死満塁から高木大が走者一掃の左中間への2塁打  西武4点目
        1死2塁から中島裕が右越えツーランホームラン   西武6点目
  3回裏(君) 1死1、2塁から相良が中越え3塁打        君津2点目
  5回表(西) 1死満塁から野田の三ゴロを長尾が弾く間に     西武7点目
  5回裏(君) 1死2、3塁から長尾健が左越え2塁打       君津4点目
  6回表(西) 2死1、2塁から中島裕が左前打          西武8点目
        2死1、3塁からカズが右越えスリーランホームラン 西武11点目
  7回表(西) 無死無走者から野田が左越え本塁打         西武12点目
        1死無走者から玉野が左越え本塁打         西武13点目
        1死2塁から大島が中越えツーランホームラン    西武15点目
        1死無走者から中村が左越え本塁打(フェンスの上で
        レフトの佐野のグラブに触れるもスタンドイン)    西武16点目
  8回表(西) 2死2塁から玉野が左前打             西武17点目
  8回裏(君) 1死1、2塁から澤村の一ゴロで併殺を狙った中島裕
        の1塁への送球が悪送球になる間に         君津5点目

戦評
 春先から数えて5回目の両チームの激突。
 試合の方は晩秋(初冬?)の抜けるような君津の青空に6発の花火を打ち上げた西武が君津投
 手陣に19安打(しかも、出場野手全員安打のおまけつき)を浴びせ、17点を奪う圧勝。
 新日鐵君津は試合前の練習で捕球ミス、送球ミスが目立っており、集中力の差がそのまま点
 数に表われた印象。

選評
 
高木大(西) 4番として2安打4打点の大活躍!本来はここで野球をしている選手ではない
       ので、来期は1軍での活躍を期待。

 
大 島(西) 西武打線が序盤から爆発しているなか、最初の3打席は3タコとカヤの外状態
       だったが、終わってみれば6打数3安打2打点の猛打賞。7回のホームランは
       一瞬にしてバックスクリーン右へ飛び込む打球スピード。

 
相 馬(西) 試合前の練習では一番大きな声を出してノックバットを振っていた人。来年の
 
88番   西武のコーチングスタッフで背番号『88』の人が見当たらないが誰でしょう?
       今までの西武は泥臭い印象がないが、この人が加わり西武にたくましさが加わ
       ったら、来年の西武は更に脅威になりそう。

       ↑
相馬勝也チームスタッフ


 
松 枝(君) 守備範囲が広いし、守備がうまい!!!
       サードが弾いたゴロをバックアップして1塁でアウトにしたり、1死1、2塁
       の場面で三遊間の深いゴロを抑え2塁へ素早く送球したり(ワンバウンドの送
       球になりセカンドが捕球できなかったため、アウトにはできなかったが、タイ
       ミングは完全にアウト)、まさにショートストップと呼ぶにふさわしい守備!
       打撃が・・・。

 
相 良(君) 174cm、70kgと小兵。バットを短く持つバッティングフォームながら、3回に
       放った3塁打は俊足のセンター柴田の頭上をあっという間に越えていった打球
       スピード。また、犠打を2つ決めるなど器用なところもあり(ただ、2つとも
       投前に強いバントになってしまっており、もっと練習が必要かも)!まだ高卒
       ルーキーなので、将来的には堅実な2番打者になりそう。

 
領 家(君) 右のオーバースローの本格派。崩壊君津投手陣のなかで2イニングスを自責点
       0で切り抜ける。9回は無死2塁のピンチに陥るも、中村、中島裕、カズを3
       者連続空振り三振に切って取る。中村はストレートで、中島裕は変化球で空振
       りさせており、ストレートでも変化球でも三振が取れるのは魅力。


2002年11月 6日 プロ・アマ交流戦 富士重工−西武(太田市運動公園野球場)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年11月 6日 プロ・アマ交流戦 富士重工−西武 太田市運動公園野球場

 
西  武 110 010 000│
 
富士重工 000 001 010│
 
 勝 帆 足
 S 芝 崎
 負 田 上
    
 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 柴 田 200 三ゴ 右飛       三犠
  4 水 田 100                      一飛
  C 玉 野 200 空振    右邪
  H8栗 山 211             中2       ニゴ
  E 中島裕 420 左安    左飛    中飛       中安
  F 赤 田 411 右2    空振       中飛    遊ゴ
  D 高木大 400 遊ゴ       一ゴ    空振       一ゴ
  B 中 村 400    左飛    捕邪    一邪       空振
  F 大 島 420    左安    ニゴ       右飛    中安
  A 細 川 400    空振       空振    ニ飛    空振
  D カ ズ 211    中安       四球    捕邪
  犠盗失併残─────
  11015 3373

      回 打安振球責
  帆 足 6 246311
  福 井 2 102321
  芝 崎 1 51310
  

 【富士重工】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 寺 内 410 遊ゴ    左安    遊ゴ    見振
  H 植 田 110                         右安
  D 冨 村 500 遊ゴ    ニゴ       空振    空振 空振
  H 岩 元 530 左3       右飛    中安    中安 空振
  F  林  410 空振       遊ゴ    中安    遊ゴ
  B 波多野 211    ニゴ    死球    中安    四球
  A 松 尾 411    ニゴ    見振    ニ併    三安
  E 青 木 400    三ゴ       ニゴ    投ゴ 三ゴ
  D 藤 原 200       ニゴ    右飛
  HD神 谷 100                   空振    四球
  G 谷 岡 310       遊ゴ    中安    四球    空振  
  犠盗失併残─────
  010010 3592

      回 打安振球責
  田 上 4 164302
  野 沢 3 111211
  高 橋 1 41000
  大 村 1 41200


  三塁打  岩 元(富) (1回 帆足)
  二塁打  赤 田(西) (1回 田上 タイムリー)
       栗 山(西) (5回 野沢 タイムリー)
  犠 打  柴 田(西) (5回 1塁走者のカズが二進 セーフティーバント気味)
  盗 塁  大 島(西) (2回 捕手は松尾 打者は細川)
       谷 岡(富) (7回 捕手は細川 打者は寺内)
  暴 投  芝 崎(西) (9回 2塁走者の神谷が三進、1塁走者の植田が二進)
  併 殺  西 武   (6回 松尾 1死1、2塁 水田−中島裕−中村)
    
  PL:■■■ 1B:■■■ 2B:■■■ 3B:■■■ 以上アマ   
  時間 2時間30分ぐらい(??:??〜14:35)

得点経過
  1回表(西) 2死1塁から赤田が右越え2塁打            西武1点目
  2回表(西) 2死2塁からカズがニ遊間を破る中前打         西武2点目
  5回表(西) 2死2塁から栗山がセンター右への2塁打        西武3点目
  6回裏(富) 1死1、3塁から波多野が中前打            富士1点目
  8回裏(富) 2死1、2塁から松尾が三塁キャンバスに当たる内野安打 富士2点目
 
戦評
 12:30の試合開始予定だったが、12:10に仕事を終え、12:20に駆けつけると既に2回表が終
 わろうとしていた。ナゼ?
 試合の方は序盤から効率的に3点を挙げた西武が富士重工の反撃を2点に抑え、辛勝。
 富士重工は最終回に芝崎を攻め立て、2死2、3塁でバッターは今日3安打の岩元と絶好の
 好機を得るが、あと一本が出ず。

選評
 
栗 山(西) 上半身は大貝(日)、下半身は小田(日)によく似たバッティングホームに改造中
       シーズン中はあまり打てる印象はなかったが、シーズン終盤からオフシーズン
       に掛けてはボールを真芯で捕らえた気持ち良い打球を連発。センターの守備で
       は浅いフライに無理に突っ込んできて、わざわざ難しいショートバウンドで処
       理するなど危ない場面も見られるが、ルーキーでは一番成長している印象。
       来年は面白い存在になるかも。

 
カ ズ(西) 5回の四球はファアルで粘って粘っての四球。今日のカズは淡白なバッティン
       グで4タコの中村とは対照的に濃いバッティングで1安打1得点の活躍!

 
細 川(西) バッティングでは3つの空振り三振を含む4タコに守備では盗塁を許すなど精
       彩を欠く。シーズン中盤は打撃も上向きかけていたが、今日はどこ吹く風。
       来年は野田と上のレギュラーを任されるのだから、頑張れ!


 
岩 元(富) バッティングフォームは左足を大きく後ろに引く右打者版イチロー。4番を任
       せられているが大きなのを狙うというより、コツコツ当てていくタイプ。今日
       3安打猛打賞と気を吐くが9回の好機には空振り三振を喫してしまう。

 
大 村(富) 体型は細身だが投球フォームは大きく振りかぶって投げるトルネード投法とダ
       イナミック。投球練習中は形だけかと思ったが、1回を投げ中村と細川からス
       トレートで空振り三振を奪う。まだ大卒ルーキーであり、このキレは非常に先
       が楽しみ。
 
太田市運動公園野球場データ
 両翼90m、中堅120m、内野−土、外野−天然芝


2002年10月25日 コスモスリーグ 西武−阪神(西武第二)報告者:虎鼓さん(HP:虎鼓の『星野阪神ドラフト』掲示板


はじめまして、虎鼓といいます。このHPのおかげで、無事に西武第二球場に着きましたので、お礼も兼ねてアップいたします。しかぁーし。真面目に記録を付けていた訳では無いので、特に西武に関してのデータはデタラメです(大汗)どなたか修正して下さいませ。(言い訳:西武の選手全然知らないし、阪神はビジター用名前無しユニフォームだったしぃ)

阪神
      【1回】
1(二)上坂 中前  右前  四球  三失
2(遊)藤本 二併●●左前  右前2 四球
           二牽制●
3(右)平下 中前  左飛● 三振●
    斎藤             二失1
          【4回】
4(中)浜中 遊ゴ● 三振● 三振● 中前2
      【2回】    【6回】
5(左)桜井 左本1 四球  左飛● 遊ゴ●
6(指)的場 右飛● 遊併●●
    狩野         投ゴ●
          【5回】
7(三)新井 見振● 三振●
    梶原         左飛●
              【7回】
8(捕)中谷 三ゴ● 右三  投ゴ●
      【3回】
9(一)藤原 捕飛● 四球
           盗塁?
    喜田         三振●

(投)梶原→4回吉野→6回伊達→7回藤川
(捕)中谷

西武
    【1回】
1?赤田 中前  中三  三振●
2二栗山 一併●●三振●
 玉野          遊ゴ1●中前
3遊中島 左前  中飛● 四球  四球
        【4回】
4右高山 中前  二ゴ● 中飛● 三振●
            【6回】
5一大柴 右前  右飛● 二ゴ● 本塁3
6二古谷 ??●?遊ゴ● 三振● 四球
        【5回】
7指中村 ??●?中三  四球  
8捕田原 三併●●死球  ??●
 細川              ??●
    【3回】    【7回】
9左カズ 中飛● 左二1 中飛●

(投)大沼→帆足
(捕)田原→細川

≪印象に残った阪神の選手≫
・野手
【濱中おさむ】
守備が兎に角鈍い。二塁打を三塁打にするし、フェンス際で捕球体勢に入っているのに、獲れないし。おまけにほとんど無風。打撃に関しては、最初、西武大沼にいい様に抑えられていたが、土壇場の7回、チャンスでしぶとく中前へ落とす当り、さすが。結局はこの2点のおかげで勝った。

【桜井広大】
噂に違わぬスラッガー。外野フライだと思った打球が、そのままスタンドイン。かなり強烈なスピンが掛かっている模様。田淵2世か?。3打席目もかなり大きな飛球だったが、惜しくも届かず。

【中谷仁】
守備の時、打球がファールになった時の反応が鈍い。いくつか落球したのがあった。まだまだ練習が必要。

【喜田剛】
膝元のスライダーかカーブに、くるくる回っていた。変化球の対応がまだまだか。

・投手
【梶原和隆】ランナーを出して苦しみながらも、なんとか抑えていた。もうちょっとキレがあれば、という所。

【吉野誠】
4回は無難に抑え、さすがと思わせたが、5回上記の浜中フェンス際事件で三塁打されてから、アップアップに。もともと、この日は球威がイマイチだった。

【伊達昌司】
速い。素人目から見ても、この日一番の速球だった。フォークがすっぽ抜けて四球を出していたが、全体的に良かった。

【藤川球児】
新聞によるとシュートを試していたらしいが、球威、コントロールとも全然無い。警戒もせず3ランでは、これが最後の2軍試合だった岡田監督が怒るのも解る。最後のバッターだけ、帽子を飛ばして気合入れてたかな。

以上、かなりいい加減な内容ですが、とりあえず・・・。


2002年10月24日 コスモスリーグ 西武−阪神(西武ドーム)報告者:すずさん

10/24 西武−阪神(西武ドーム)

 
|000 000 103|
 −+−−−+−−−+−−−+−
 
西|102 010 20x|

 (神)●藤田、藤川−浅井
 (西)西口、○張、後藤、許、水尾、森、豊田−伊東、中嶋

 [本] なし

         打安点
1D  沖 原  400  1空三振   一邪飛  6空三振  8右 飛
 H  狩 野  100                           空三振
26  藤 本  410   中前安   遊 飛   遊ゴロ   三邪飛
39  平 下  400   空三振  4遊 飛   二ゴロ   三ゴロ
48  濱 中  420   空三振※  一邪飛  7左前安  9左前安
53  喜 田  200  2空三振   空三振
 H5 斎 藤  200               空三振   三ゴロ※
67  桜 井  410   見三振  5空三振   右前安   空三振
75  梶 原  200   空三振※  見三振
 H3 藤 原  211               遊ゴロ※  中前安・
82  浅 井  432   右 飛   二 安   右前安・※ 右中三・
94  上 坂  411  3右 飛   右 飛※  遊 直   右前安・

※藤本が二盗成功。
※振り逃げ。
※浅井が二盗成功。
※セカンド封殺のみ。
※セカンド強襲のライト前ヒット。
※三塁・エバンスが少しファンブル、一塁のみアウト。

         打安点
16  松 井  430  1空三振  3右中二  5右 二※  右前安
 6  上 田  000
29  小 関  420   遊 安   投 安※  一ゴロ   空三振※
38  宮 地  223   右線二   四 球   投 犠・※ 右前安:※
43  カブレラ 213   遊ゴロ・  中 安:
 3  高木大  200               右 飛  8中 飛
57  和 田  300   二 飛   遊ゴ併※ 6投ゴロ   四 球
 R7 大 友
654 平 尾  310  2左前安   遊ゴロ   空三振
 H  貝 塚  100                     見三振
 4  平 尾※
7D  松 坂  200   空三振※  三ゴロ
 HD 石 井  100               遊 飛
 HD 鈴木健  100                     二ゴロ
82  伊 東  300   三ゴロ   二ゴロ  7空三振
 5  エバンス
94  高木浩  200   空三振   中 飛
 H  柴 田  110               左前安
 2  中 嶋  000

※平尾が二盗成功。
※投前犠打が内野安打に。
※6→4→3と転送され併殺。
※ライト前の当たりを平下が弾き二塁打。
※松井が二盗成功。
※一塁への当たりがイレギュラーしてライト前へ。打者走者・宮地は二塁でタッチアウト。
※コスモスリーグ特別ルールで再び出場。

[阪神投手]
●藤 田 5回 被安打7 奪三振3 与四死球1 失点4 自責4
 藤 川 3回 被安打3 奪三振4 与四死球1 失点2 自責2

[西武投手]
 西 口 2回 被安打1 奪三振6 与四死球0 失点0 自責0
○ 張  2回 被安打0 奪三振1 与四死球0 失点0 自責0
 後 藤 1回 被安打1 奪三振2 与四死球0 失点0 自責0
  許  1回 被安打0 奪三振1 与四死球0 失点0 自責0
 水 尾 1回 被安打3 奪三振1 与四死球0 失点1 自責1
  森  1回 被安打0 奪三振0 与四死球0 失点0 自責0
 豊 田 1回 被安打4 奪三振2 与四死球0 失点3 自責3

西口がとにかく凄かった(2回で6奪三振!対戦相手全て三振!)。完璧にレベルの違いを見せつけた感じでした。

[野手の再出場について]
チーム事情により参加選手が少ないチームについては、野手が負傷退場した場合、既に退いた野手を再び出場させることができる。但し、必ず試合前に相手チームおよび審判団の了解を得なければならない。


見て分かる通り、西武のメンバーが豪華すぎです(笑
もう二度とこんなメンバーの試合は見れないだろうなぁ と思って感激してしまいました。
肌寒かったのが難点でしたが、ネット裏最前列で見ることが出来たし、エンドラン、スクイズなどもあり、伊原野球を堪能できました。
しかし、豊田が3点も取られるなんて、シーズン中にもなかった事では・・・。阪神ファンとしては嬉しいことですが、シリーズ2日前だけにちょっと心配ですね。


2002年10月24日 コスモスリーグ 湘南−広島(平塚)報告者設備屋ヒロさん(HP:Route847

こんにちは〜
今日は、(仕事を抜け出して)平塚球場まで足を運んできました〜
寒かったです・・・。

●コスモスリーグ 10月24日(木)湘南シーレックスvs広島東洋カープ(平塚球場)

広島 000 000 000:(H 8 E2)
湘南 013 000 21x:(H11 E2)

広島:●玉山(5)−大島(2)−酒井(1)
湘南:○谷口(5)−杉本(2)−中野渡(2)

本塁打:【湘】古木(玉山)3ラン
二類打:【広】倉(5回),山本芳(8回),松本(9回) 【湘】田中一(1回),古木(7回)
盗塁:【湘】小池(2回),金城2(3回,7回),福本(7回)
盗塁死:【広】天谷(1回),松本(2回)
牽制死:【広】栗原(4回),天谷(6回)
走塁死:【湘】古木(7回)
併殺:【湘】『(三振)鶴岡−石井義』栗原(1回),『(三振)鶴岡−石井義』田村彰(2回),『福本−金城−七野』栗原(6回)
失策:【広】岡上(2回),倉(2回) 【湘】福本(1回),石井義(4回)

【広島】
(左) 天谷  遊失・遊直・中安・捕邪
(遊) 岡内  三安・三振・二安・二ゴ
(中) 廣瀬  三振・三振・死球・遊ゴ
(三) 栗原  三振・三失・遊併・三ゴ
(二) 兵藤  右飛・右飛・投ゴ・三振
(一) 松本  中安・二ゴ・死球(指走)・左2
 指走 井生
(捕) 倉   左安・左2(指走)・遊ゴ
 指走 井生
 捕  山本翔 遊ゴ
(指) 田村彰 三振・三振・三振
(右) 山本芳 中飛・遊ゴ・左2

【湘南】
(左) 田中一 右2・右安・右飛 【得点1】
 右  南   三振・死球
(二) 金城  捕邪・一飛・四球・中飛 【得点2】
(一) 七野  二飛・一飛・四球・右安 【得点1・打点1】
(中) 古木  一ゴ・右本・捕邪・中2 【得点1・打点4】
(指) 小池  遊失・右飛 【得点1】
 打指 相川  中飛・左安
(三) 石井義 右飛・右飛・中安・遊ゴ 【得点1】
(捕) 鶴岡  中犠・捕邪 【打点1】
 捕  新沼  遊ゴ・右安
(右) 田中充 四球・遊飛
 打左 多村  一邪・三振
(遊) 福本  中飛・遊飛・左安・中安 【打点1】

【広島】
●玉山 投球回数(5)投球数92・被安打4・奪三振0・与四死球2・自責点3・失点4
 大島 投球回数(2)投球数37・被安打4・奪三振1・与四死球1・自責点2・失点2
 酒井 投球回数(1)投球数27・被安打3・奪三振1・与四死球1・自責点1・失点1

【湘南】
○谷口  投球回数(5)投球数67・被安打4・奪三振6・与四死球0・自責点0・失点0
 杉本  投球回数(2)投球数30・被安打2・奪三振1・与四死球2・自責点0・失点0
 中野渡 投球回数(2)投球数14・被安打2・奪三振1・与四死球0・自責点0・失点0


2002年10月23日 コスモスリーグ ロッテ−ダイエー(浦和)報告者:@白にゃんこさん

■杉内俊哉(ダ)ノーヒットノーラン!
内容:128球 打者31 0安打 13奪三振 4四球 失点0 自責点0 内ゴ6 内飛4 外飛3

杉内俊哉ノーヒットノーラン達成ですが、浦和のテーブルが出てましたので載せておきます
10月23日 ロッテ浦和球場
雁ノ巣 010 010 010 
浦 和 000 000 000 
勝利投手 杉 内(ノーヒットノーラン達成!)
敗戦投手 田中良
(浦)田中良−長崎−山ア貴−田中充−井上
(雁)杉 内
       1 2 3 4 5 6 7 8 9
(遊)渡辺正四球   三振    遊ゴ     中飛
(二)丸 山四球     三振  四球     四球
(一)澤 井三振     三振  三振
 打 喜 多                  遊ゴ
(指)里 崎三振     四球
打指 今 江              二飛  一ゴ
(捕)橋 本   三振  三邪     中飛
(左)伊与田   三振         二ゴ
 右 寺 本          三振
(右左)ユウゴー  三振     右飛     二飛
(三)青 野     遊ゴ   二飛     三振
(中)於 保     三振     遊ゴ   三振

と、テーブルを見る限り、ピンチらしいピンチは初回くらいで、あとはスイスイ放ったようですね。なにより自分も、あの松坂との投げあい1998年の甲子園大会を良く覚えているだけに、寺原以上のものを来期以降、期待したいところです。


2002年10月23日 コスモスリーグ 日本ハム−広島(鎌ヶ谷)報告者:レイトンハウスさん

10月23日 新百合野球観戦の会 今シーズン最終観戦試合です。
平日のデーゲームで私は会社を休み、小学生の息子と2人で鎌ヶ谷に出かけました。今日はただの親子連れです。

 100 210 101 
 000 000 100 

(スターティングメンバー)
カープ     ファイターズ
7 天谷    4 田中賢
6 岡上    3 林
8 廣瀬    5 木元
5 栗原    7 西浦
3 松本    D 高橋信
4 兵動    8 阿久根
2 石原    9 飯山
D 井生    6 古城
9 山本芳   2 駒居
1 河内    1 加藤

(得点経過)
1回表
四球ででた天谷が2盗後、駒居のパスボールで2塁から生還。
4回表
兵動レフト線2塁打、井生ライト前ヒット、2塁3塁から山本芳がセンター前ヒットで兵動生還、天谷が四球で出塁、廣瀬の打席のときワイルドピッチで山本芳生還。
5回表
兵動のレフトスタンドへのホームラン。
7回表
松本がレフト前ヒット、指名代走田村。兵動がセンターオーバー2塁打、田村本塁タッチアウト。その間に兵動がサードに進む。石原のショートゴロを古城がエラーして兵動生還。
7回裏
木元がライトオーバー3塁打、西浦のライト犠牲フライで木元生還。
9回表
栗原がライトオーバー2塁打、松本のライト前ヒットで栗原生還。
(印象に残った選手)

■ファイターズ
駒居 鉄平  パスボール2、加藤に暴投のついた後逸1、許した盗塁6。厳しい結果しか残すこ
       としかできませんでした。特に初回のパスボールは2塁からの生還を許してしまう
       ものになりました。後逸したあとのボールの追い方も緩慢で、この試合は初回の失
       敗をずうっとひきずって、冷静さを失っていたようです。ルーキーだった昨年後半
       もスタメンマスクをかぶっており、今日のようなバタバタした姿が本来の姿だとは
       思えません。それよりも強く感じたことは、1つの失敗でわれを見失ったり、あき
       らめてしまうのではなく、精神的な粘り強さ(言い換えれば、試合の真っ最中であ
       っても冷静に軌道修正して、2枚腰・3枚腰で乗り切ってしまう、したたかさ)を
       身に付けて欲しいと思いました。先輩捕手を差し置いて駒居を起用している首脳陣
       も、練習では身に付けることができない、このような精神的な成長を望んでいるの
       ではないでしょうか。「がんばれ!駒居!」

飯山 裕志  外野手がけがで不足しているという事情もあるのでしょうが、ライトでの出場でし
       た。5回にはテキサス性の当たりをダッシュよく好捕してました。今日の内野メン
       バーであれば、ベンチで控えて試合後半から守備固めで出場するというのが公式戦
       の起用方法でしょう。しかし、今回の外野での出場は首脳陣の意図がとても出てい
       るように感じます。守備には充分に特長がありますから、打撃を磨くためできるだ
       け多くの打席を与えようということではないでしょうか。打撃面でも「飯山色」を
       強く出すことができれば、ファイターズにはないタイプの新ショートの誕生となり
       ます。第二の川合昌弘を目指してください。川合が1軍に定着したのは入団6年目
       くらいだったと思います。あせらず、自分の打撃をこころがけて欲しいです。

■カープ

河内 貴哉  切れのいい速球と小さく曲がるカーブ(スライダー)をどんどん投げて、危なげな
       い投球でした。6回のピンチや7回に木元に打たれたのは多少スタミナが切れたか
       集中力が切れかけたのかもしれません。しかし、9回の2者連続三振のボールは圧
       巻でした。試合を締めようという意図がボールにうつっていました。

兵動 秀治  この日大活躍の大型セカンドです。レフト前ヒット、盗塁、レフト線2塁打、レフ
       トオーバーホームラン、センターオーバー2塁打、四球とこの日は凡打する姿を見
       ることはありませんでした。大型ショートというのはかつての宇野や池山の例はあ
       りますが、クリーンアップを打つ大型セカンドというのは日本ではあまりないよう
       に思います。「セカンドの概念を変えるセカンド」になって欲しい選手です。

岡上 和典  この日はヒットはありませんでしたが、最も印象に残った選手です。かつての野村
       や正田のような体重移動が少なく左右にヒットを打つ俊足選手でしょうか。「広島
       らしい選手」といったイメージです。穴の少ない打撃で大きい当たりはない代わり
       に、「いやらしさ」を感じました。入団2年目ということですし、今後の岡上選手
       に注目したいです。広島ファンの方で詳しい情報がありましたら、教えてください。

以上、気ままに思うまま書かせてもらいました。事実と違うことがありましたらご容赦ください。


2002年10月20日 コスモスリーグ 巨人−近鉄(越谷)報告者:@白にゃんこさん

みなさん、お疲れ様です(^^)
うう…風邪をこじらせてしまいました、みなさんも肌寒い時期ですので、観戦の折はご注意ください。
20日の試合ですが、報告が無かったようなので書かせていただきます。

10月20日 越谷市民球場
藤井寺 340 000 020 
川 崎 201 000 020 

(川)根市−河本−川本大−林
(藤)
勝利投手 宮本
敗戦投手 根市
本塁打 吉川元(2ラン、根市)
    堀 田(有銘)
おおまかな試合展開
1回表 藤井寺が無死1,3塁から吉川元の左前適時打で先制、なお山下の三塁強襲二塁打、益田の中犠飛でこの回3点。
1回裏 1死1,2塁から川崎は、山下、山田が重盗を決め、藤井寺の捕手長坂が二塁悪送球する間に1点を返し、1死3塁から山田の右前適時打で2点目。
2回表 1死2,3塁から森谷の右犠飛、2死2塁から山崎浩の適時打、2死1塁から吉川元の左越2ランで追加。
3回裏 2死1塁から、川崎が原の左前二塁打で1点を返す
8回表 1死3塁から藤井寺が、中濱の投ゴロの間、2死3塁から森谷の左翼線二塁打で追加
8回裏 川崎先頭の堀田が左越の一発、さらに無死1,2塁から大須賀の中前適時打で4点差とする

投手成績
根市 5回92球 9安打2三振四球2失点7
河本 1回10球 無安打3三振無四球無失点
川本 2回38球 3安打0三振1四球失点2自責1
 林 1回14球 無安打1三振無四球無失点

根市、2回までの7失点は痛いですね…、これで試合が決したといってもいいでしょう。
打撃ではひそかに?期待の堀田が一発ということですが、もう少し早めの反撃がほしかったところでしょうか。


2002年10月20日 コスモスリーグ ロッテ−広島(ロッテ浦和)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2002年10月20日 コスモスリーグ ロッテ−広島 ロッテ浦和球場

 
広 島 300 001 001│
 
ロッテ 000 000 000│
 
 勝 苫米地
 負 渡辺俊
    
 
【広 島】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H7天 谷 300 四球    見振    空振       三ゴ
  E 岡 上 421 中3    ニ安    一ゴ       一ゴ
  F 末 永 210 一ゴ    四球       右安    
  3 松 本 100                      空振
  B5栗 原 221 中犠    中安       右安       四球
  G 広 瀬 412 左本    空振       三併       空振
  C 兵 動 410 三ゴ       中安    中飛       遊失
  A 石 原 411    ニ飛    中飛       遊飛    右安
  DR 山本翔                              ↑
  D 井 生 200    投ゴ    ニゴ
  HD田村彰 200                   遊ゴ    遊ゴ
  D9山本芳 300    見振       空振    右飛
  犠盗失併残─────
  11013 3185

      回 打安振球責
  苫米地 5 2041020
  佐 竹 3 110320
  筒 井 1 51210

  ※DR=コスモスリーグ特別ルールによる指名代走

 
【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 渡辺正 410 中安    空振    一併    空振
  H 寺 本 300 空振       見振 空振
  H9ユウゴー  100                      右飛
  B 澤 井 300 空振       四球    見振    見振
  A 里 崎 210 空振       中安    四球
  2  辻  100                      中飛
  D 橋 本 410    空振    空振    ニゴ       中2
  F 伊与田 200    空振    四球    四球       空振
  D 今 江 400    空振    遊ゴ    遊ゴ       三ゴ
  G 於 保 310       三邪    右安    ニゴ    四球
  C 丸 山 210       左邪    投襲
  H4青 野 100                   見振
  H 喜 多 100                         空振
  犠盗失併残─────
  00119 3150

      回 打安振球責
  渡辺俊 7 277524
  田中充 1 30100
  和 田 1 51111

  本塁打  広 瀬(広)@ (1回 渡辺俊)
  三塁打  岡 上(広)  (1回 渡辺俊 タイムリー)
  二塁打  橋 本(ロ)  (9回 筒井)
  犠 飛  栗 原(広)  (1回 3塁走者の岡上がホームイン)
  盗 塁  栗 原(広)  (9回 捕手は辻、打者は広瀬 ニ盗成功)
  失 策  渡辺正(ロ)  (9回 兵動の三遊間寄りのゴロをファンブル)
  盗塁死  岡 上(広)  (3回 捕手は里崎、打者は末永 ニ盗失敗)
       兵 動(広)  (4回 捕手は里崎、打者は井生 ニ盗失敗)
  併 殺  広 島    (5回 渡辺正 無死1、2塁 栗原−岡上−栗原)
       ロッテ    (6回 広 瀬 無死1、3塁 今江−丸山−澤井
                  タイムリー)
      
  PL:栄村 1B:秋村 3B:新屋  
  時間 2時間45分(12:59〜15:44)

得点経過
  1回表(広) 天谷が四球を選び、無死1塁。岡上が右中間を破る3塁打を放ち、天谷がホ
        ームイン。広島1点目で、無死3塁。末永は一ゴロに倒れるが、栗原がセン
        ターへ大きなフライを打ち上げ、岡上がタッチアップからホームイン。広島
        2点目。広瀬がレフトオーバーのホームランを放ち、広島3点目。
  6回表(広) 末永が右前打、栗原がキレイに1、2塁間を破るエンドランを決め、無死1
        、3塁。広瀬はサードゴロ併殺打に倒れるが、その間に末永がホームイン。
        広島4点目。
  9回表(広) 栗原が四球を選び、無死1塁。広瀬は空振り三振に倒れるも、広瀬が三振を
        喫した投球のときに栗原が盗塁を決め(送球が逸れたためセーフになったが
        タイミング的にはアウト)、1死2塁。兵動が遊失で出塁し、1死1、2塁。
        石原が1、2塁間を破る右前打を放ち、栗原がホームイン。広島5点目。

戦評
 昨日からも雨により開催が危ぶまれたが、みんなの思いが天に通じたのか、夜半過ぎには雨
 はあがり、試合終了まで持ってくれた。
 試合の方はロッテが渡辺俊、広島が苫米地の先発ということで投手戦が予想されたが、広島
 が初回より渡辺俊を攻め立て3得点。広島はその後も6回に中押し、9回にダメ押しと理想
 的な得点経過。投げては苫米地−佐竹−筒井の完封リレーで快勝!
 グランド状態が良くなかったためにロッテ、広島共に打撃練習が室内練習場で行われたのは
 残念。

 広島の選手は大半が初めて目にする選手ばかりだったが、投手、野手共に良い選手が揃って
 おり、今後が楽しみ!

選評

 
苫米地(広) 5回を投げ、7者連続空振り三振を含む10三振を奪う快投。苫米地のスゴイと
       ころはファールなどでカウントを稼いで落ちる球を振らせて仕留めるというの
       ではなく、空振りでカウントを稼いで落ちる球を振らせて仕留めるというとこ
       ろ。ストレートも変化球も切れまくっていた。5回に丸山のピッチャー返しが
       足に直撃したのが心配。

 
栗 原(広) 一人だけ体格が違う。栗原には大砲というイメージを持っていたが、今日は大
       砲らしい大きな犠牲フライ(外野フライでいいときにキッチリ犠牲フライが打
       てるのは立派だと思います)の他にエンドランを決めるなど、細かいところも
       見せてくれた。将来の赤ヘルの主砲を担うであろう逸材。

 
石 原(広) はっきり言ってワンバウンドの投球を止めるのが上手い!苫米地の落ちる球を
       1つも後ろに逸らしたり、横に弾いたりすることなく捕球していた。これだけ
       キッチリ捕球してくれれば投手としても落ちる球を有効に使えるというもの。
       西山以降、正捕手不在の状態が続いているが、石原が頭角を表してきそう。

 
筒 井(広) ダイナミックなフォームから放たれるストレートは球威、球速とも十分。また
       球質は非常に重たい印象。しかし、それ以上に魅力的なのがフォーク。ストレ
       ートと同じフォーム、同じ初速で放たれるフォークは落ちも良く、1イニング
       で2個の三振を奪取。ストレートとフォークだけで抑えられる印象。

 
佐 竹(広) 2段モーションっぽいフォームのサイドスローの左腕。3回を無安打無失点だ
       が、右バッターの外角への球が大きく外れるのが目立つ。コントロールに課題?

 岡 上(広)
 詰まった二ゴロを内野安打にしてしまう俊足の持ち主。また、初回の3塁打も
       普通の打者なら2塁打にしかならない当たり。とにかく速い。

 
広 瀬(広) さすが六大学の三冠王を思わせるホームラン。バッティングフォームは至って
       シンプル。また、今日はセンターで出場ながら、初回の守備のときにライトに
       着いてしまいカープフリークの皆さんの爆笑を誘う。普段はライトでの出場が
       多いそうです。
 
 
澤 井(ロ) 広島投手陣の前に3三振を喫する。特に後ろの2つは見逃しの三振。

 
うぐいす嬢 ユウゴーが代打で出たときに『バッター、寺本に変わりまして天野』とアナウ
       ンスしてしまい、ユウゴーに怪訝な顔をされる。シーズン当初ならわかるが、
       この時期に・・・。


2002年10月20日 コスモスリーグ 湘南−阪神(横須賀スタジアム)シーレックスのFANさん/kazunatumiさん(HP:阪神ファーム情報☆めざせ一軍・鳴尾浜☆)/すずさん

シーレックスのFANさん編

湘南シーレックス 対 阪神タイガース 横須賀スタジアム 来場者数 1,115名
阪神100000010‖ H 4 E2
湘南10030202x‖ H11 E0
本:多村(湘1回)濱中(阪8回)勝利投手:後藤(湘)敗戦投手:中林(阪)

スタメン発表で、いきなりシーレックス担当ウグイス嬢が、上坂を ”うえさか”と
読み違え、大爆笑に・・・!!
2死からの得点が、大半を占める試合内容で、良くも悪くも”濱中デー”
4回裏のセンター濱中への 相川2B・南2B・田中(一)3Bで、流れが決まる。
ポジション取りのミスと強い海風にやられ・・・

最後まで雨に見舞われず(5回辺りから寒かったですが)無事に終了!
はじめて、横須賀スタジアムに来られた阪神ファンの方は、いかがでしたか?
天気が心配ですが、21日(月)も予定されています。是非、おいで下さい。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

kazunatumiさん編

10月20日(日)横須賀スタジアム
阪 神 100 000 010 
湘 南 100 302 02X 

(神)●中林、加藤
(湘)○後藤、中野渡、稲嶺、田崎
(本)多村ソロ、濱中ソロ
(三)田中一、金城
(二)喜田、相川、南

スタメン
 <阪神>     <湘南>
(右)平下    (二)金城
(遊)藤本    (遊)福本
(一)梶原康   (指)多村
(中)濱中    (三)古木
(指)喜田    (左)小池
(三)斉藤    (一)七野
(左)桜井    (捕)相川
(捕)中谷    (右)南
(二)上坂    (中)田中一
 先発:中林    先発:後藤

1回表
平下:空振り三振、藤本:四球、梶原康:四球で一死1,2塁、
濱中:中飛、喜田:右線先制タイムリー二塁打!で藤本生還、
なお二死2,3塁、斉藤:右直(阪神1− 湘南)

1回ウラ
金城:右直、福本:中飛、多村:バックスクリーン左へ同点ソロ
(濱中、ジャンプしグラブに当てるも捕れず)、古木:三邪飛(阪神1−1湘南)

2回表
桜井:四球、中谷:送りバント失敗後、空振り三振併殺、
上坂:四球、平下:ストレート四球で二死1,2塁、藤本:初球二ゴロ

2回ウラ
小池:中飛、七野:右飛、相川:右前安打、南:三ゴロ、送球を一塁梶原康落球
二死1,2塁、田中一:中飛

3回表
梶原康:遊飛、濱中:中飛、喜田:右飛

3回ウラ
金城:左飛、福本:二ゴロ、多村:二飛

4回表
斉藤:一邪飛、桜井:中飛、中谷:中前安打、上坂:右飛

4回ウラ
古木:見逃し三振、小池:三ゴロ、七野:四球、
相川:右越えタイムリー二塁打で七野生還(平下、いったん前進あわててバック)
南:中越えタイムリー二塁打で相川生還、田中一:左中間突破タイムリー三塁打で南生還
金城:三ゴロ(阪神1−4湘南)

5回表
平下:二ゴロ、藤本:左飛、梶原康:見逃し三振

5回ウラ(投:加藤)
福本:中前ポテン安打、多村:右飛、古木:二ゴロ・二封で二死1塁、
(上坂、走者をタッチに行くも逃げられタッチに手間取る。打者を先に刺せてれば併殺)
小池:3球目古木二盗成功・右前安打二死1,3塁、七野:遊ゴロ

6回表(投:中野渡)
濱中:右飛、喜田:二ゴロ、斉藤:遊ゴロ

6回ウラ
相川:左前安打、南:四球、田中一:送りバント成功で一死2,3塁、
金城:右中間突破2点タイムリー三塁打
(濱中、ダイビングキャッチするも一歩及ばずボールはフェンスまで転々)
福本:遊ゴロ、多村:遊直(阪神1−6湘南)

7回表(三:石井義、左:田中充、中:古木)
桜井:空振り三振、中谷の代打新井:三直、上坂:右前安打、平下:0-3から右飛

7回ウラ(捕:東)
古木:四球、田中充:右直、七野:中飛、相川の代打西崎:3球目自打球当て退場、
西崎の代打渡辺:空振り三振

8回表(投:稲嶺、捕:渡辺)
藤本:一飛、梶原康の代打藤原:空振り三振、濱中:中越えソロ!、
喜田の代打的場:右飛(阪神2−6湘南)

8回ウラ(一:藤原)
南:中前安打、石井義:右前安打、金城:死球で無死満塁、福本:遊飛、
多村:三ゴロの併殺コースだが、上坂の一塁送球がワンバウンド、
一塁藤原はじき南、石井義の2者生還、古木:初球WPで多村二進・四球で二死1,2塁、
田中充:空振り三振(阪神2−8湘南)

9回表(投:田崎)
斉藤:遊ゴロ、桜井:空振り三振、東の代打狩野:空振り三振
(試合終了:阪神2−8湘南)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

すずさん編

20日(横須賀)の連続写真があるので上げてみたりしてみます。


■先発:中林祐介(神)


■2番手:加藤隆行(神)


2002年10月19日 コスモスリーグ 湘南−シダックス(ベイスターズ球場)報告者設備屋ヒロさん(HP:Route847

2002年10月19日 コスモス・リーグ 湘南−シダックス(ベイスターズ球場)

試合開始 13時 試合時間 2時間36分(手持ち時計)
天気 曇りときどき晴 風向・風速 レフトからライト方向へ約3m
観戦位置 バックネット裏
観客 推定約150人 (山下大輔氏も観戦していたようです)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シダックス 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 6 0
湘南 3 0 0 0 1 1 0 0 x 5 9 0


横山  (?試合)
武田  (?試合)

本塁打 古木 (1回3ラン=武田
残塁 7 5
併殺 2 【杉本−寺前−中島】福本 (6回) 【田中善−松岡−中島】相川 (9回)
    0
盗塁 田中善(4回) 田中一 (5回)
盗塁死 小池(4回)
牽制死 七野(4回) 金城(7回)

打者成績
シダックス 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(指) R 森本 4 0 2 0 1 0 0 0 0 中安   遊飛     中安   三振  
(中) L 臼井 2 1 1 1 0 0 2 0 0 三ギ   一直     一ギ   右安  
(左) L 入江 3 0 1 0 0 1 0 0 0 四球     中飛   遊ゴ   二安  
(三) R 田中善 3 0 1 1 2 1 0 1 0 三振     四球   三振   右安  
(二) R 松岡 3 0 0 0 0 0 0 0 0 遊ゴ     右飛     三ゴ 死球  
(捕) L 坂田 4 0 0 0 0 0 0 0 0   遊ゴ   一ゴ     遊ゴ 中飛  
(一) L 中島 4 0 0 0 1 0 0 0 0   左飛     一ゴ   一ゴ   三振
(遊) R 寺前 2 0 0 0 1 0 0 0 0   三振     右飛        
打右 R 石田 2 1 1 0 0 0 0 0 0               右安 遊ゴ
(右) L 庄田 3 0 0 0 0 0 0 0 0     二ゴ   右飛     三ゴ  
R 田中康 1 0 0 0 0 0 0 0 0                 遊ゴ
湘南 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(左) S 田中一 4 0 1 1 1 0 0 1 0 右飛   遊ゴ   中安   三振  
(二) S 金城 1 1 0 0 0 3 0 0 0 四球   二ゴ   四球   四球  
(指) R 多村 3 1 1 0 1 1 0 0 0 左安   三振   三ゴ   四球  
指走 R 内川 0 0 0 0 0 0 0 0 0                
(中) L 古木 4 1 1 3 0 0 0 0 0 右本     一ゴ 二ゴ   二ゴ  
(三) R 小池 2 0 1 0 0 0 0 0 0 一飛     右安        
打三 L 石井義 1 1 1 0 0 1 0 0 0           四球   中安
(一) L 七野 3 0 1 0 1 1 0 0 0 一ゴ     四球   右安   三振
(捕) R 鶴岡 3 0 1 0 1 0 0 0 0   中飛     中安 三振    
R 相川 1 0 0 0 0 0 0 0 0               三併
(右) R 2 1 0 0 0 0 0 0 0   三ゴ     遊ゴ      
打右 L 田中充 1 0 1 1 0 0 0 0 0           遊安    
(遊) R 福本 3 0 1 0 0 0 0 0 0   一邪     中安 投併    

※指走=指名代走(コスモス・リーグ特別ルール)

投手成績
  シダックス
LS 武田 5 1/3 20 63 6 1 1 2 0 4 4 0 0
  RU 杉本 2 2/3 8 41 2 0 2 4 0 1 1 0 0
  R 恩田 5 10 1 0 1 0 0 0 0 0 0
  湘南
R 横山 26 78 1 0 2 2 0 0 0 0 0
  R 山田 8 9 1 0 1 0 0 0 0 0 0
  LT 河原 3 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  R 2 33 4 0 2 0 1 2 2 0 0


【試合の流れ】

1回表
森本センター前ヒット。臼井サード前に送りバントを成功させ一死2塁。入江四球で一死1,2塁も、田中善は変化球(フォーク)を空振り三振、松岡遊ゴロ。

1回裏
田中一右飛。金城フルカウントから四球。多村レフト前ヒットで一死1,2塁。古木ライトスタンドへライナーで飛びこむ3ランホームラン。小池一飛。七野一ゴロ。湘南3点を先制する

2回表
3者凡退。石田は外角のストレートを見逃し三振。

2回裏
3者凡退。

3回表
3者凡退。

3回裏
3者凡退。多村は外角低めの変化球(シンカー?)を空振り三振。

4回表
入江中飛。田中善はツーナッシングから粘って四球。松岡右飛。坂田の打席のカウント1-1から田中善が二盗に成功。坂田ファースト正面のライナー。

4回裏
古木一ゴロ。小池右中間へのヒット。七野の打席のカウント1-1から小池が盗塁を試みるも、ウエストボールを投げられ盗塁失敗(キャッチャー坂田は余裕の盗塁刺)。七野四球で出塁も、鶴岡の打席の時に武田に牽制で刺される。

5回表
3者凡退。

5回裏
鶴岡センター前ヒット。初球を叩き遊ゴロ、併殺くずれで1塁に生きる。福本センター前ヒットで一死1,2塁。田中一右中間へのヒットでが生還し、一死1,3塁。ここでシダックスの投手は杉本に交代。金城の打席のカウント0-1から田中一が二盗に成功(金城は空振りで援護、坂田は投げられず)。金城四球で一死満塁。多村ボテボテの三ゴロで福本は本塁で封殺、多村は一塁に生き二死満塁。古木二ゴロで多村が二塁で封殺。この回湘南は1点を追加する。

6回表
この回から投手山田森本センター前ヒット。臼井ファースト前に送りバントを成功させ一死2塁も、入江遊ゴロ、田中善は空振り三振。

6回裏
小池の代打石井義四球。七野右中間へのヒットで無死1,3塁。鶴岡カウント2-0から外角のボール球に手を出し空振り三振。の代打田中充がショートへの技有り?ポテンヒット(七野が走っていた為、ショートがベースカバーに入ろうとセカンドへ動き、空いたスペースにボールが落ちた)で七野が生還し一死1,2塁。福本投ゴロ併殺。この回湘南は1点を追加する。

7回表
この回から投手河原、捕手相川。3者凡退。中島のバットが折れる。(今日の河原は球が走っていました)

7回裏
田中一高めのボール球に手を出し空振り三振。金城ストレートの四球で出塁も、多村の打席の時に杉本の牽制から一〜二塁間に挟まれ憤死。多村四球で指名代走内川古木強い打球の二ゴロ。

8回表
この回から投手寺前の代打石田はライト前ヒット。庄田三ゴロ(タイミングはセーフだったが・・・)で一死2塁。森本外角のストレートを空振り三振。臼井ライト前ヒットで石田が生還。入江1〜2塁間のゴロを七野が飛びつくがはじいて内野安打。二死1,2塁から田中善がライト前ヒットで臼井が生還し、二死1,3塁。松岡死球で二死満塁も、坂田中飛。この回シダックスは2点を返す。

8回裏
この回から投手恩田石井義はショートの頭上を越えるセンター前ヒット。七野フルカウントから外角高めのストレートを空振り三振。相川三ゴロ併殺。

9回表
中島高めのストレートを見逃し三振。石田はセーフティバントを試みるもファールし結局遊ゴロ。田中康遊ゴロで試合終了。


【シダックスって何の会社・・・?】←特に意味無し(笑)
■武田 勝(シ)
サイドどスリークォーターの中間から投げる左腕投手。スピードはそれほど無く、制球もあまり良くなかったが、牽制刺を見せたり盗塁刺をアシストするなどキャッチャーとのコンビネーションは抜群だった。

■杉本 忠(シ)
綺麗なフォームで投げるアンダースロー右腕。アンダースローはコントロールガ良いというのが定説だが、この投手には当てはまらないようだ・・・(笑)。シンカーのような変化球を投げていた。

■臼井 康宏(シ)
玄人好みする技術を持つバント職人(誉めすぎかな・・・?)。バットに当てる技術は相当なものだと感じた。シダックスの石井義人と呼んであげたくなる選手だ(笑)。


  ■掲示板@2軍愛■