【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2003年 4月 3日 イースタンリーグ 3回戦 ヤクルト−湘南(戸田)報告者:PONさん(HP:サインなPON!

03年4月3日(木) 館山初勝利!!
1勝1敗で迎えた湘南3回戦。2カード連続
で勝越しとなるでしょうか?

湘南第3回戦(戸田)

初回、湘南先発の新人加藤がツギオの打席で
ワイルドピッチが出て、先制点を取ります

教育リーグでは失点を重ねた館山が公式戦に
初登板初先発。
2回2死まで順調な立上がりを見せましたが
七野にはストレートの四球。4回も無死から
走者を許すと、内川にもストレートの四球と
まずまずの投球から突如制球を乱します。
ツギオタイムリー失策、鶴岡のダブルプレー
の間に1点、計2点を許し逆転されます。

ツギオのHRで同点としますが、6回に鶴岡
がタイムリーを打ち再び勝越しを許しますが
その裏に連日のビッグイニングが訪れます。
志田が四球で出塁すると、昨日サヨナラ打を
放った久保田が2試合連続の勝利打点となる
2ランHR。湘南の投手は2番手・新人堤内
(館山の日大同級生)が登板しますが、福川を
四球で出塁させると、宮出が二塁打で1点を
追加。さらに本郷が今季第1号2ランHRで
湘南にトドメをさします。

先発の館山はスライダーがキレて三振を多く
取りましたが、突然の制球の乱れが気になり
ます。
しかし連日の新人の活躍で湘南に2勝1敗。
吉川・館山が勝利投手、久保田が2試合連続
で勝利打点。
5日(土)西武第二球場での西武戦では新人の
高井雄平が先発です。3試合連続で新人投手
が勝利投手となるでしょうか?
 
Sr
X
志田 9飛   8飛     四球 見振      
久保田 四球   7飛     9HR 6飛       
福川 空振     9飛   四球   8安    
畠山 7安     見振   8飛   四球    
34 ツギオ 空振     8HR   3飛   9安    
93 宮出   6飛   2飛   72B   3飛    
本郷   6飛     7飛 9HR        
P9  橿渕               四球    
梶本   4飛     空振 7飛   4ゴ    
館山     見振   3ゴ          
PH  衣川             7飛      
 本間                    
PH  鮫島               5ゴ    
 松田                    
○館山
 本間
 松田
7回 被安打4 奪三振8 四球4 死球0 失点3
1回 被安打2 奪三振0 四球1 死球0 失点1
1回 被安打0 奪三振0 四球1 死球0 失点0
  館山

S:ストライク
B:ボール
F:ファール
1回 4北川  B、S、B、S、B、3ゴ
8小池  S、空、B、B、F、空振
6内川  4ゴ
2回 3コックス  S、3ゴ
2鶴岡  空、B、B、空、空振
5七野  B、B、B、四球
9南   B、B、F、空、空振
3回 7田中充 6ゴ?
1加藤  S、S、空振
4北川  B、B、F、F、5ゴ 
4回 8小池  B、空、空、8安
6内川  B、B、B、四球
3コックス  B、B、
3失策 ※代走吉村
2鶴岡  
6併
5七野  S、B、空、見振
5回 9南   S、6ゴ
7田中充 S、S、B、F、6失策
1加藤  S、F、1ゴ
4北川  B、B、9安
8小池  S、8飛
6回 6内川  B、B、B、S、8安
5吉村  空、B、S、見振 ※北川盗塁
2鶴岡  S、空、
8安
3七野  B、F、3ゴ

9南   S、空、B、B、B、四球
7田中充 B、B、B、F、F、空振
7回 H小田島 B、空、S、B、B、四球
4北川  4飛
8小池  S、B、F、B、B、空振 ※小田島盗塁
6内川  S、6ゴ
【S】○館山・本間・松田-福川
【Sr】×加藤・堤内・横山・杉本・竹下-新沼・小田島・相川
本塁打:ツギオ2号、久保田2号、本郷1号

2003年 4月 3日 イースタンリーグ 2回戦 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん/かわのさん

 3日 ジャイアンツ球場 第2回戦 浦和 2勝
 
                 R
 
浦 和 142 100 300 11
 川 崎 000 000 001 

 (川崎)●真田裕貴(4回)佐藤宏志(1回)林昌範(1回)ラス(2回)河本育之(1回)−小田
 (浦和)○渡辺俊介(6回)酒井泰志(1回)田中充(1回)田中良平(1回)−金澤

<浦和マリーンズ>
       1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(遊)早 坂 投安中飛中飛       
打遊 青 野         四球  左安  四球
(中)於 保 左2左本  右本左安  一ゴ  三振
(左)諸 積 投失二ゴ  四球
 左 寺 本         左飛  二ゴ
(三)初 芝 三振  右安中飛  
 二 西 岡           右飛三振
(二三)丸 山 三併  一ゴ四球  
打一 富 永           三振  一ゴ
(右)ユウゴー  右本三振中飛  中飛  三ゴ
 投 田中良
(一三)今 江   左安右3左飛    右本右飛
(捕)金 澤   中安四球  三振  中2  三振
(投)渡辺俊   一ギ右安  三振  
 打 大 塚             中安
 投 酒 井
 投 田中充
打右 伊与田                 遊飛

<川崎ジャイアンツ>
       1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(二中)宮 崎 投安  三振  二ゴ    二ゴ
(遊二)長 田 投ギ  右飛    二ゴ
 打 大須賀               三振
 投 河 本
(三二)吉 川 三振    二ゴ  三振  四球
(一)清 原 三ゴ    三ゴ  二飛
 投 ラ ス
打三 三 浦               三振
(右一)高 野   三振  遊飛    二ゴ  四球
(左)中 濱   三振    三失  中安  三振
(中右)堀 田   四球    投ゴ  中安  右飛
(捕)小 田   三振    中2  右飛  左2
(投)真 田     三振
 投 佐 藤
 打 山 田         三振
 投  林 
 遊 山 下             遊直  三ゴ
 
 本塁打 ユウゴー1号(真田)
     於 保 1号(3ラン=真田)、2号(真田)
     今 江 1号(ラス)

 盗 塁 堀 田(2回)、寺 本(7回)
 二塁打 於 保(1回)、小 田2(5回、9回)金 澤(7回)
 三塁打 今 江

<おおまかな試合展開>
先発はG真田、M渡辺俊介
真田が今ひとつピリッとせず、連打を食らい1点を失うと、2回に先頭のユウゴー、2死後於保にも一発を浴び4失点。3回、4回にも失点し合計8失点で今後に不安を残した。
一方、渡辺はまずまずの内容で巨人打線をわずか2安打に抑え、その後は継投で1失点でしのいだ。
巨人も最終回、小田のタイムリーで1点を返すが反撃もここまで。


<注目選手 ジャイアンツ>
■真田裕貴(巨)4回 安打10(本塁打3)失点8
来週の6連戦での昇格を控え、テスト登板(バックネット…というか、ホームベース後方の部屋には鹿取ヘッド、斎藤投手コーチが陣取り視察)
が…、球速は140kmに届くかといったところで、変化球もキレがなく、3発を浴びるなどで8失点と課題を残しました。2年目のジンクスか…?

■ゲーリー・ラス(巨)2回 安打4(本塁打1) 失点1
こちらも、昇格を見越しての登板と思われます。いきなり先頭の今江に一発を浴びるも、その後はランナーを出しながらも要所を締める好投。打たせて取る投球でした。

■長田昌浩(巨)2打数無安打
投ギ、右飛、二ゴ
2番・セカンドスタメン
打撃では、アンダー渡辺の前に良いところなしに終わりましたが、守備はやはり非凡なものを見せていました。

<注目選手 マリーンズ>
■渡辺俊介(ロ)6回 安打2 無失点
期待のサブマリン!!
ジャイアンツ打線が、今ひとつ調子に乗れないこともあり、球速は真田よりも遅く130km前半台も凡打の山を築く。

■於保浩己(ロ)6打数4安打(本塁打2)
真田の不調もあり、パンチ力を発揮!!
2回に3ラン、4回にもソロを放ち長打力をアピールしました。

■西岡剛(ロ)2打数無安打
期待のルーキー
途中守備より出場し、守備は軽快、しかし、打撃は結果が残せずでこの辺は慣れか。




かわのさん編

昨日、川崎ジャイアンツ球場に行ってきました。
試合前には工藤公康木佐貫洋がキャッチボールしてました。
鹿取義隆ヘッド、斎藤雅樹コーチもジャージ姿で視察に来てました。

試合では、真田裕貴はあっさりと外野に運ばれ、自身の守備でもエラーを犯し
1軍に上げるのは難しいと思いました。インコースに攻めきれていないのでしょうか。
打線もロッテ
渡辺俊介投手に完全に抑え込まれ内野ゴロの山でした。
大量失点、貧打が続き、開幕してから2軍の状態が異様に悪い気がします。

ロッテでは
於保浩己今江敏晃の打撃が目立ってました。
ルーキーの
西岡剛金沢岳も守備面でよかったと思います。


2003年 4月 2日 イースタンリーグ 2回戦 ヤクルト−湘南(戸田)報告者:PONさん(HP:サインなPON!

03年4月2日(水) 延長サヨナラ!!
昨日、初黒星を喫し連敗はしたくない試合。
雨の降る中行われました。

湘南第2回戦(戸田球場)

シャワーの様な雨が降る中、先発花田は安打
犠打、安打と6球で先制され、二死から相川
にもタイムリーを浴びてしまい初回2失点。

2回、スワローズのビッグイニングの口火は
宮出、本郷のライト前安打から梶本が四球を
選び満塁、花田はストレートの押し出し四球
で1点差、続く志田が2点タイムリーを放ち
逆転。1死後に福川が四球を選び再び満塁と
するとイースタン開幕から3試合ノーヒット
のツギオがセンターへ満塁HR。大量7点を
得ます。

花田は2〜4回に制球に苦しみながらも得点
を許しませんが、5回に小池のタイムリーに
相川のHRで1点差、7回七野のタイムリー
で同点に追い着かれてしまいます。

9回、久保田の二塁打と福川の犠打、ツギオ
が敬遠され、代打ユウイチの初球にツギオが
盗塁で1死23塁。ユウイチの打球が2塁に
転がると、ツギオが飛び出してしチャンスを
逸します。

グランドコンディション不良で9回引分けに
なりそうな雰囲気でしたが、延長戦に突入。
今季公式戦、初打席となる畠山が左前安打。
梶本が犠打空振りながらも畠山が走り、盗塁
成功。畠山の代走で内田が二塁走者。左投手
の岡本は志田を敬遠、左打者の久保田と勝負
しますが、久保田が流し打ちであわやHRの
サヨナラヒット。

3人で抑えた吉川にもプロ初勝利が付き新人
の活躍で通算3勝1敗となりました。
また開幕から4試合中、3試合で満塁HRが
出ています。
  10
Sr
志田 8安 7安 4飛     6飛   4ゴ   敬遠  
久保田 8安 4ゴ 7飛     9安     72B 7安  
福川 空振 四球   9飛   空振     犠打    
ツギオ 8飛 8HR   9飛   空振     敬遠    
衣川 6飛 8安   四球              
P9  橿渕             9飛        
P9  ユウイチ                 4ゴ    
93 宮出   9H/7W   8飛     4ゴ   空振    
 吉川                      
本郷   9H/3F     8飛            
PH  鮫島             9飛        
 松田                      
 畠山                   7安  
梶本   四球 9安   8飛     3飛   5ゴ  
花田   四球 犠打   5ゴ     4ゴ      
 牧谷                   6ゴ  
 花田
 松田
○吉川
6回 被安打11 奪三振10 四球2 死球0 失点7
2回 被安打0 奪三振3 四球2 死球0 失点0
1回 被安打0 奪三振1 四球0 死球0 失点0
【S】花田・松田・○吉川-福川
【Sr】谷口・横山・杉本・竹下・土居・×岡本-新沼
本塁打:ツギオ1号、相川1号
盗 塁:久保田(6回)、ツギオ(9回)、畠山(10回)、
    北川(8回)

2003年 4月 1日 イースタンリーグ 1回戦 ヤクルト−湘南(戸田)報告者:あわてんぼーさん/オブジェさん(HP:鞘師組)/PONさん(HP:サインなPON!

あわてんぼーさん編

 試合開始13時終了15時35分試合時間2時間35分
球審本田1塁濱野2塁木内3塁深谷公式記録員荒木
 戸田  (ヤクルト1敗)  観衆100人
                  R  H E
 
湘  南 010 110 210  10 0
 
ヤクルト 011 010 000   8 2

 勝川村 1勝        本塁打 七野2号(2回右翼佐藤秀@)
 S田崎 1S            久保田1号(3回右翼川村@)
 負佐藤秀1敗            南1号(8回左翼吉川@)
 盗塁 湘南0 ヤクルト1 三木(5回)   盗塁死 福川(1回)
 2塁打 田中充(2回)衣川(2回)宮出(4回)
 失策 湘南0 ヤクルト2 宮出(5回)ツギオ(7回)

 今日のポイント
 今日の勝負の分かれ目は、6回裏の佐藤秀の送りバントが成功しなかったことが敗戦に結びついた。1ストライク目はバントの構えから見逃し、2ストライク目はバスターの構えからファウル、3ストライク目はバントをファウルで三振と。中途半端な形にしてしまい最悪な結果に。
 それと、守備の差も出た。平凡なフライを落球してみたり、ゴロを追いつきながらはじいて安打にしてしまったり、悪送球してしまったり等。
 最後に、湘南田崎投手3者連続三振は見事と一言に尽きる。

    湘 南  打安点    ヤクルト 打安点
   C北 川  510   F久保田  311
   H 南   411  H8志 田  100
   E内 川  410  G7ユウイチ 300
   Bコックス 200   A福 川  311
   5吉 村  200   Cツギオ  400
   G小 池  510   B衣 川  420
  D3七 野  522   H宮 出  420
   F田中充  200   D本 郷  410
   A新 沼  421   @佐藤秀  300
   @川 村  300   1吉 川  000
   1岡 本  000   H内 田  100
   H鶴 岡  100   E三 木  310
   1堤 内  000   6梶 本  100
   1田 崎  000   計     3463
   計     37104


 投手成績

 湘 南  投回 投数 被安 四死 三振 失点 自責
○川 村  6  98  8  2  6  3  3
 岡 本  1  11  0  0  0  0  0
 堤 内  1  13  0  0  1  0  0
S田 崎  1  14  0  0  3  0  0

 ヤクルト 投回 投数 被安 四死 三振 失点 自責
●佐藤秀  7 103  9  5  1  5  3
 吉 川  2  16  1  0  1  1  1



 あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手&注目選手

 今日最も活躍した選手
■七野智秀(湘)
 今日先制の本塁打と勝ち越しとなる内野安打を打った選手。先制の本塁打を右翼へ打ったが多少風の助けはあったが、見事の一言につける。勝ち越しの内野安打は相手のまずい守備に助けられた面もあったが、それもきちんとバットを振りぬいている証拠。積極的なところが良い。

 今日注目の選手
■スティーヴ・コックス(湘)
 今日彼をはじめてみたのだが、縦の変化球についていけない感じ。まったく打てそうにない。もし、今打てるのはベルトから下ひざから上のストレートくらいか?

■川村丈夫(湘)
 今日の彼の出来は高めに浮きあまり良くなかった。本来のピッチングは低目をつきゴロを打たせるのが持ち味なのに高めに浮いていた為フライでのアウトが多かった。
 まだ1軍復帰は遠い感じがする。

■サトウ・ツギオ(ヤ)
 今日彼は守備面で拙い所を見せてしまった。7回の2つの内野安打(内川当たりはゴロをはじき安打に、七野の当たりはよく追いついたものの1塁悪送球。)はうまく処理をしていればアウトに出来ていただけに残念な気がする。


■先攻湘南
■後攻ヤクルト

1回表(ヤクルト投手佐藤秀捕手福川)北川三直、南投ゴロ、内川三塁ゴロ(湘南0)
1回裏(湘南投手川村捕手新沼)久保田二塁ゴロ、ユウイチ三邪飛、福川四球、ツギオの時福川2塁盗塁失敗(ヤクルト0)
2回表 コックス二塁ゴロ、小池遊飛、七野右翼越え本塁打、田中充右翼越え2塁打、新沼遊ゴロ(湘南1)
2回裏 ツギオ三振、衣川左中間2塁打、宮出中前安打で1,3塁、本郷二塁ゴロで衣川生還なお2塁、佐藤秀三振(ヤクルト1)
3回表 川村投ゴロ、北川右前安打、南二邪飛、内川投ゴロ(湘南0)
3回裏 三木三振、久保田右翼越え本塁打、ユウイチ三飛、福川二塁ゴロ(ヤクルト1)
4回表 コックス投ゴロ、小池右前安打、七野二塁ゴロで小池2塁進塁、田中充四球、新沼左前安打で小池生還なお1,2塁、川村遊ゴロで新沼2塁フォースアウト(湘南1)
4回裏(湘南コックスに代わり三塁吉村、七野三塁から一塁)ツギオ二飛、衣川遊飛、宮出左中間2塁打、本郷三飛(ヤクルト0)
5回表 北川二塁ゴロ、南三振、内川四球、吉村右飛失で内川生還も9−4−5とわたり吉村3塁タッチアウト(湘南1)
5回裏 佐藤秀二塁ゴロ、三木左前安打、久保田三振、ユウイチの時三木2塁盗塁成功、ユウイチ四球で1,2塁、福川右前安打で三木生還なお1,3塁、ツギオ中飛(ヤクルト1)
6回表 小池中飛、七野二塁ゴロ、田中充右前安打、新沼中前安打で1,2塁、川村遊ゴロ(湘南0)
6回裏 衣川投手強襲二塁ゴロ内野安打、宮出三振、本郷左前安打で1,2塁、佐藤秀スリーバント失敗の三振、三木一直(ヤクルト0)
7回表 北川一塁ゴロ、南四球、内川二塁ゴロ内野安打で1,2塁、吉村四球で満塁、小池一飛、七野二塁ゴロ内野安打と1塁悪送球で南、内川生還なお2,3塁、田中充四球で満塁、新沼中飛(湘南2)
7回裏(湘南投手岡本)久保田に代打志田二塁ゴロ、ユウイチ三飛、福川右飛(ヤクルト0)
8回表(ヤクルト投手吉川、志田中堅、ユウイチ中堅から左翼)岡本に代打鶴岡三振、北川二直、南左翼越え本塁打、内川遊ゴロ(湘南1)
8回裏(湘南投手堤内)ツギオ遊飛、衣川三振、宮出左飛(ヤクルト0)
9回表(ヤクルト遊撃三木に変わり梶本)吉村二塁ゴロ、小池中飛、七野一飛(湘南0)
9回裏(湘南投手田崎)本郷、吉川に代打内田、梶本3連続三振(ヤクルト0)





オブジェさん編

2003年4月1日(火) イースタンリーグ ヤクルト×湘南1回戦@戸田球場

湘  南 010 110 210 
ヤクルト 011 010 000 

 湘 南    打安点
【二】 北 川 510  @三 直  右 安 D二ゴロ F一ゴロ  二 直
【右】  南  411   投ゴロ  二邪飛  三 振  四 球  左 本・
【遊】 内 川 410   三ゴロ  投ゴロ  四 球  二内安  遊ゴロ
【一】 コックス200  A二ゴロ C一ゴロ
 三  吉 村 200             右飛失  四 球 H二ゴロ
【中】 小 池 510   三邪飛  右 安 E中 飛  一 飛  中 飛
【三一】七 野 522   右 本・ 二ゴロ  二ゴロ  二内安・ 一 飛
【左】 田中充 220   右線2  四 球  右 安  四 球
【捕】 新 沼 421   遊ゴロ  左 安・ 中 安  中 飛
【投】 川 村 300  B投ゴロ  遊ゴロ  遊ゴロ
 投  岡 本 000
 打  鶴 岡 100                 G三 振
 投  田 ア 000
        37104

 ヤクルト   打安点
【左】 久保田 311  @二ゴロ  右 本・ 三 振
 打中 志 田 100                 F二ゴロ
【中左】ユウイチ300   三邪飛  三 飛  四 球  三 飛
【捕】 福 川 311   四 球  二ゴロ  右 安・ 右 飛
【二】 ツギオ 400  A三 振 C二 飛  中 飛 G左 飛
【一】 衣 川 420   左中2  遊 飛 E遊内安  三 振
【右】 宮 出 420   中 安  左中2  三 振  左 直
【三】 本 郷 411   二ゴロ・ 三 飛  左 安 H三 振
【投】 佐藤秀 300   三 振 D二ゴロ  三 振
 投  吉 川 000
 打  内 田 100                  三 振
【遊】 三 木 310  B三 振  左 安  一 直
 遊  梶 本 100                  三 振
        3483

      回 打者 安打 本 球 振 失 責
○川 村  6 27  8 1 2 6 3 3
 岡 本  1  3  0 0 0 0 0 0
 堤 内  1  3  0 0 0 1 0 0
S田 ア  1  3  0 0 0 3 0 0

●佐藤秀  7 35  9 1 5 1 5 5
 吉 川  2  7  1 1 0 1 1 1

本塁打:七 野2号(2回:佐藤秀・ソロ・右越え)
    久保田1号(3回:川村・ソロ・右越え)
     南 1号(8回:吉川・ソロ・左越え)
二塁打:田中充(2回:佐藤秀・右翼線)
    衣 川(2回:川村・左中間)
    宮 出(4回:川村・左中間)
盗 塁:三 木(5回:二盗・捕手新沼)
盗塁死:福 川(1回:二盗・捕手新沼)
失 策:宮 出(5回:吉村の右飛を落球)
    ツギオ(7回:七野の二塁内野安打を一塁悪送球)


<1回表>(投手・佐藤秀、捕手・福川)北川三直。投ゴロ。三ゴロ。 (湘南0)

<1回裏>(投手・川村、捕手・新沼)久保田二ゴロ。ユウイチ三邪飛。福川四球。ツギオの打席で福川二盗失敗。 (ヤクルト0)

<2回表> コックス二ゴロ。小池遊飛。七野右越え本塁打。田中充右翼線2塁打。新沼遊ゴロ。 (湘南1)

<2回裏> ツギオ三振。衣川右中間2塁打。宮出中前安打で衣川三進。本郷二ゴロで衣川生還、宮出二進で二死二塁。佐藤秀三振 (ヤクルト1)

<3回表> 川村投ゴロ。北川右前安打。南二邪飛。内川投ゴロ。 (湘南0)

<3回裏> 三木三振。久保田右越え本塁打。ユウイチ三飛。福川二ゴロ。 (ヤクルト1)

<4回表> コックス一ゴロ。小池右前安打。七野二ゴロで小池二進。田中充四球。新沼左前安打で小池生還。川村遊ゴロで新沼二封。 (湘南1)

<4回裏>(一塁・七野、三塁・吉村)ツギオ二飛。衣川遊飛。宮出左中間2塁打。本郷三飛。 (ヤクルト0)

<5回表> 北川二ゴロ。南三振。内川四球。吉村右飛失で内川生還、吉村三塁走塁死。 (湘南1)

<5回裏> 佐藤秀二ゴロ。三木左前安打。久保田三振。ユウイチ(三木二盗)四球。福川右前安打で三木生還、ユウイチ三進で二死一三塁。ツギオ中飛。 (ヤクルト1)

<6回表> 小池中飛。七野二ゴロ。田中充右前安打。新沼中前安打。川村遊ゴロ。 (湘南0)

<6回裏> 衣川遊撃内野安打。宮出三振。本郷左前安打。佐藤秀スリーバント失敗で三振。三木一直。 (ヤクルト0)

<7回表> 北川一ゴロ。南四球。内川二塁内野安打。吉村四球。小池一飛。七野二塁内野安打で南生還、一塁悪送球で内川生還、吉村三進、七野二進で二死二三塁。田中充四球。新沼中飛。 (湘南2)

<7回裏>(投手・岡本)(久保田の代打)志田二ゴロ。ユウイチ三飛。福川右飛。 (ヤクルト0)

<8回表>(投手・吉川、左翼・ユウイチ、中堅・志田)(岡本の代打)鶴岡三振。北川二直。南左越え本塁打。内川遊ゴロ。 (湘南1)

<8回裏>(投手・堤内)ツギオ左飛。衣川三振。宮出左直。 (ヤクルト0)

<9回表>(遊撃・梶本)吉村二ゴロ。小池中飛。七野一飛。 (湘南0)

<9回裏>(投手・田ア)本郷三振。(吉川の代打)内田三振。梶本三振。 (ヤクルト0)





PONさん編
03年4月1日(火) 初黒星だけれども。
戸田球場でイースタン・リーグが開幕です。

湘南第1回戦(戸田球場)

佐藤秀の制球の乱れ、3失点が失策絡みとで
開幕3連勝とはなりませんでした。

佐藤秀は初回こそ3人で退けますが、2回に
スローカーブを七野にタイミングを合わされ
右翼にHRを打たれます。4回にはヒットと
四球で走者を出し新沼にタイムリーヒット。
5回は四球で出した走者を宮出が落球の間に
1点追加。外野からホーム方向にやや強め風
が吹いていた事もありますが。7回はヒット
に四球2つで2死満塁。七野が二遊間を抜け
そうな当たりをツギオが横っ飛びで、捕球し
ナイスプレーと思われた次の瞬間に、一塁へ
悪送球。二者が帰ってしまいます。

二試合連続二桁得点のスワローズ打線は先発
一時は横浜のエースだった川村から、2回に
衣川、宮出の連打で1・3塁とし、本郷が深
い当たりの二塁ゴロの間に1点、3回に新人
久保田が右翼へHR、5回には絶好調福川が
右前タイムリーを放ち今季3試合目で8打点
となります。
試合は負けましたが、川村から8安打放った
打線はまずまず好調だと言えるのではないで
しょうか?
川村以降の中継ぎ投手には完全に抑え込まれ
ましたが・・
特に9回から登板の田崎には3三振。
風が強く内野フライの多い試合でした。

風邪による体調不良で開幕1軍から漏れ、2
軍でも出場機会がない畠山は昨日、休日返上
で練習を行っていたそうです。
 
Sr
久保田 4ゴ   9HR   見振          
P8  志田             4ゴ      
87 ユウイチ 5飛   5飛   四球   5飛      
福川 四球   4ゴ   9安   9飛      
ツギオ   見振   4飛 8飛     6飛    
衣川   82B   6飛   1安   空振    
宮出   8安   82B   見振   7飛    
本郷   4ゴ   5飛   7安     見振  
佐藤秀   見振     4ゴ 空振        
 吉川                    
PH  内田                 空振  
三木     空振   7安 3直        
 梶本                 空振  
×佐藤秀
 吉川
7回 被安打9 奪三振1 四球5 死球0 失点5
2回 被安打1 奪三振1 四球0 死球0 失点1
【S】×佐藤秀・吉川-福川
【Sr】○川村・岡本・堤内・S田崎-新沼
本塁打:久保田1号、七野2号、南1号
盗 塁:三木(5回)
盗塁刺:福川(1回)
Sr 4北川
9南
6内川
3コックス
5 吉村
8小池
5
3七野
7田中充
2新沼
1川村

1 岡本
1 堤内
PH 鶴岡
1 田崎
5−1
4−1 1四球 1打点 1HR(吉川)
4−1 1四球
2−0
2−0 1四球
5−1
5−1     1打点 1HR(佐藤秀)
2−2 2四球
4−3     1打点
3−0


1−0


2003年 4月 1日 イースタンリーグ 2回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:koyama-kさん(HP:URAWA MARINES

PL:牧田 1B:深谷 2B:敷田 3B:濱野

     123 456 789 計 H E
浦 和  001 000 100  3 1
鎌ヶ谷  000 000 000  4 2

浦 和:薮田○(6回0/3)→藤田(1回)→吉田(1回)→長崎S(1回)
鎌ヶ谷:生駒●(7回)→神島(1回)→立石(1回)

浦 和
1 遊  早 坂  @二ゴロ  三失
  遊  青 野(5回)          左飛  H三振
2 二三 丸 山   一ゴロ  中?(1)   三振   三振
3 指  富 永   遊飛  C二ゴロ
  打  喜 多             F二ゴロ  三振
4 中左 伊与田  A遊ゴロ  右飛   中飛
5 三  今 江   遊ゴロ  二ゴロ
  二  西 岡(6回)          四球(盗塁)
6 左  井上純   三振  D遊ゴロ  左安(1) 
  中  於 保(7回)
7 一  天 野  B三振   遊ゴロ   G遊失
8 捕  辻     左安   中飛   一邪
9 右  寺 本   右安  E三振   遊併殺

鎌ヶ谷
1 二  田中賢  @四球   三振   三振   三振
2 遊  野 中   一ゴロ C三ゴロ
  打  石 本              左飛
  捕  實 松                    H三振
3 右  井 出   投ゴロ  二ゴロ  三振   二飛
4 指  藤 島  A右飛   三ゴロ F中安   死球
  走  尾 崎
5 一二 小 田   二ゴロ D中飛   二飛   三振
6 左  佐 藤   左飛   右安   三振
7 中  紺 田  B一ゴロ  三振   三振
8 捕一 駒 居   三振   三振  G遊ゴロ
9 三  山田憲   遊安  E左安   一ゴロ

M:3回一死満塁 丸山が中前にタイムリー打った場面
 二走・寺本三塁に行きかけて二塁に一旦戻るが、一塁から早坂進塁。
 中→三塁と転送されてアウト、記録上丸山ヒットなしに
 富永打席時に一二塁からダブルスチールかけるが、早坂のスタート早すぎ三塁盗塁死
 …投手がセットに入ろうかというシーンでスタート切ってしまった
M:7回井上純 西岡盗塁後左安打1点するも打者走者一二塁間にて狭殺
Fs:1回野中 一ゴロ2封後早坂一塁悪送球(失)野中二塁進塁
Fs:1回藤島打席の際、井出盗塁死
Fs:9回藤島 死球→代走 尾崎


2003年 3月30日 イースタンリーグ 2回戦 西武−湘南(西武第二)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年3月30日 西武−湘南 2回戦

A西武第二(1勝1敗)

 
湘南 052 000 200│
 
西武 100 000 010│
 
 勝  東  1勝0敗0S 登板1
 負  張  0勝1敗0S 登板1

 
【湘南】   打安点 1回   2回   3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 北 川 421 中飛    四球 中安       遊ゴ    右2
  A 鶴 岡 401 遊ゴ    中犠 見振       右飛    投ゴ
  E 内 川 300 空振    四球    四球    中飛    中飛
  G 多 村 321    中安 四球    右安       四球 捕邪
  D 小田嶋 520    左2 空振    三併       左安    一ゴ
  B 七 野 423    右本    遊安 一ゴ       一ゴ    四球
  H  南  401    空振    三邪    空振    右犠    空振
  F 田中充 532    中安    右3    空振    左安    遊ゴ
  D 吉 村 410    左安    空振    右飛    投ゴ
  犠盗失併残─────
  21218 36129

      回 打安振球責
   東  6 265421
  中野渡 1 30100
  竹 下 1 53101
  田 崎 1 30200
  
 
【西武】   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 栗 山 500 二失    見振    二ゴ    三飛    見振
  D 平 尾 210 四球    右安    遊失
  H54
    小 牧 100                   二飛
  C 石井義 310 右安    二ゴ    二ゴ
  H3野 田 111                      左本
  G 高 山 311 右犠    中飛    三ゴ       左安
  D 木大 420 中2       空振    左安    空振
  B5中 村 420 空振       中安    中飛    中安
  A 椎 木 300    中飛    四球    遊直    投併
  F カ ズ 300    一邪    遊飛    右飛
  H 田 原 100                         一ゴ
  E 水 田 200    空振    三ゴ
  H6玉 野 200                   見振    見振
  犠盗失併残─────
  10018 3482

      回   打安振球責
   張  3   208537
  鳥谷部 30/3 122222
  トモキ 10/3 52000
  竹 内 1   30000
  細 見  1/3 10000
  福 井  2/3 30110

  本塁打  七 野(湘)1号B (2回 張)
       野 田(西)1号@ (8回 竹下)
  三塁打  田中充(湘)    (3回 張 タイムリー)
  二塁打  木大(西)    (1回 東)
       小田嶋(湘)    (2回 張)
       北 川(湘)    (8回 トモキ)
  犠 飛  高 山(西)    (1回 1死1、3塁 3走の平尾がホームイン)
       鶴 岡(湘)    (2回 1死満塁 3走の田中充がホームイン)
        南 (湘)    (7回 1死2、3塁 3走の多村がホームイン)
  盗 塁  内 川(湘)    (4回 捕手は椎木、打者は多村 二盗成功)
  失 策  北 川(湘)    (1回 栗山の二ゴロをファンブル)
       内 川(湘)    (5回 平尾の遊ゴロを一塁悪送球)
  盗塁死  栗 山(西)    (1回 捕手は鶴岡、打者は平尾 二盗失敗)
  暴 投   張 (西)    (2回 2死 2走の吉村が三進 1走の北川が二進)
  捕 逸  鶴 岡(湘)    (5回 1死 1走の平尾が二進)
  併 殺  西 武      (4回 小田嶋 1死1、3塁 平尾−石井義−中村)
       湘 南      (8回 椎木 1死1、2塁 竹下−内川−七野)

  PL:橋本 1B:深見 2B:新屋 3B:橘 公式記録:新向井  
  時間 2時間51分(12:59〜15:50)


得点経過
 1回裏(西) 1死1、3塁から高山がライトへ犠牲フライ、平尾がホームイン 西武1点目
 2回表(湘) 無死2、3塁から七野が右越えスリーランホームラン      湘南3点目
       1死満塁から鶴岡がセンターへ犠牲フライ、田中充がホームイン 湘南4点目
       2死満塁から多村が押し出し四球を選ぶ、吉村がホームイン   湘南5点目
 3回表(湘) 1死1塁から田中充がライト線へ三塁打、七野がホームイン   湘南6点目
       2死3塁から北川が中前打、田中充がホームイン        湘南7点目
 7回表(湘) 1死2、3塁から南がライトへ犠牲フライ、多村がホームイン  湘南8点目
       2死1、3塁から田中充が左前打、小田嶋がホームイン     湘南9点目
 8回裏(西) 無死無走者から野田が左越えホームラン            西武2点目

戦評
 『代打に出ました小牧、そのまま入りましてサード』のアナウンスのときには場内も『小牧
 さんてサードもやるんだ』という感じだったが『サードの小牧がセカンドに回ります』のア
 ナウンスのときには場内が『はぁ?』となってしまったこの試合。
 湘南が2回に制球が定まらない張を攻め打者11人を送り込む集中打で5点を奪取し、試合を
 決める。また9回から登板した細見(西)の右ヒザ下に小田嶋のライナーが直撃し、細見は負
 傷退場。

選評
 七 野(湘) 2回のスリーランはライトの栗山が一歩も動けない非常に七野らしいホームラ
       ン。また、3回の打席ではショートの深いところのゴロに一生懸命走って内野
       安打にするなど走塁でもイイところを見せる。

  
南 (湘) 犠牲フライ1本を打ち上げるが、3つの空振り三振を喫する。調子が悪いのか
       正直バットにボールが当たる気がしない。好調湘南打線の中で蚊帳の外。

 
北 川(湘) 1回の守備ではエラーを犯してしまうが、3回は石井義のセンターへ抜けるか
       というゴロに飛び付き1走の平尾を2塁封殺。東が触れたため、打球の方向が
       変わっておりファインプレー。また、打撃では2安打1四球の1打点の活躍。
       キビキビした動きが○。


  
張 (西) 本来はここで投げていてはいけない投手。1回は三者凡退に抑えるが、2回に
       突如乱れ、3回を投げて7失点KO。ボールが全体的に高めに浮いており、椎
       木が飛び付いて止めるような球も目立つ。さすがに高めの直球には威力があり
       空振りを多く奪っていたが、制球が悪すぎる。

 
栗 山(西) (ごく一部で)話題沸騰中。しかし、打撃では5タコ(見逃し三振2つ)、守備で
       は田中充のライト線への打球のクッションボールの処理を誤り3塁打にしてし
       まうなど精彩を欠く。主審の橋本のストライクゾーンがおかしかった(↓参照)
       のはあるが、見逃し三振2つはあまりにもあっさりしすぎ。

 
鳥谷部(西) 高く振りかぶった右手を一度下に降ろす、ちょっとだけ大野豊(元広島)に似た
       手の使い方。初回はスローカーブが高めにすっぽ抜けており、どうなることか
       と思ったが、徐々に立ち直る。背が高い割には軟投派?


 
橋 本(審) ルーキー。2回表に内川への椎木が指先を下に向けて捕球するような初球の低
       い球をストライクと判定した上に2球目のハーフスイングをスイングと判定し
       湘南の日野監督にギャンギャン抗議を受ける。そして、2回裏にはまたもや水
       田のハーフスイングをスイングと判定し(1塁塁審の深見に確認したことろ深
       見がスイングと判定したため)西武の鈴木監督に抗議を受ける。素人目にもち
       ょっと?な判定。てんぱってるな(新沼(湘)談)。


2003年 3月30日 イースタンリーグ 2回戦 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん/健一

@白にゃんこさん編

 30日 ジャイアンツ球場 第2回戦 戸田 2勝
                 
 
戸 田 003 142 020 12 
 川 崎 100 100 000 

(川崎)●酒井順也、林昌範、鴨志田貴司−小田、入野
(戸田)○鎌田裕哉(5回)、石堂克利(2回)、松田慎司(1回)、吉川昌宏(1回)−福川、細見

 本塁打
 福川 1号(3ラン=酒井)
 宮出 1号(満 塁=酒井)

 盗塁 
 堀田(4回)

 簡易版テーブル(G+ 放送内)
<戸田スワローズ>
        1表2表3表4表5表
(左)久保田  中飛  三振  四球
(中)ユウイチ 左安  左安  右安
(捕)福 川  二飛  左本  中飛
(二)ツギオ  右飛  左邪  ※
(一)衣 川    一ゴ  二ゴ
(右)宮 出    二ゴ  中安
(三)牧 谷    遊飛  三ゴ
(投)鎌 田      右安左2
(遊)三 木      右邪中飛



<川崎ジャイアンツ>
       1裏2裏3裏4裏
(二)長 田 左安  中安
(遊)十川孝 一ギ  遊併
(右)高 野 中2  三ゴ
(一)清 原 三ゴ    右邪
 一 吉 永
(中)堀 田 遊ゴ    四球 
(三)吉 川   三振  三振
(左)中 濱   一ゴ  中安
(捕)小 田   四球  二ゴ
(投)酒 井   一ゴ

※5回表、戸田・打者ツギオ(投手酒井)、カウント1−2の場面で放送終了


原俊介情報!!
この日の夜、東京ドームでのドラゴンズ3回戦に原は代打で登場、レフトスタンドへ、記念すべき1号2ランを放ちました!!
自分がずっと追ってきた中でも長打力に期待していただけに、これは1軍生き残りへの、また、本人の自信にもつながる大きな一発となったことでしょう。

※成績は、G+中継中のものです

<注目選手 ジャイアンツ>

■酒井順也(巨) 5回 安打7 三振1 失点5
昨年終盤には1軍昇格も果たした(甲子園でも投げました!)右腕
初回は無難でしたが、3〜5回はやや制球を乱し、福川にタイムリーを浴びるなどで5失点。
まだ万全という状態ではないようです。今後頑張ってほしい。

■長田昌浩(巨) 2打数2安打
本日は「1番・セカンド」でのスタメン登場!!
守備機会は放送中3度ほどありましたが、どれも落ち着いて処理し新人離れしたところを見せ付け、また打席でも堂々と見送り、うまく弾き返すと非凡なものを発揮。
監督の意向もあり、育成重視のようですが、成績次第では早い時期の1軍昇格もあるかもしれないです。

■中濱裕之(巨) 2打数1安打
打席では1安打のみでしたが、注目すべきは守備で、ファールゾーンへも果敢に打球を追い捕球し、ホームラン性の当たりをしっかり打球を追いかけていました。1軍外野陣は左が多いですのでそこへ食い込んでほしいところ。


<注目選手 スワローズ>

■鎌田祐哉(ヤ) 4回 安打4 三振0 失点2
今後1軍で先発予定だそうで、今回はテスト登板のようです。
時折高めに抜ける場面があったので、コントロールが課題か。

■サトウ・ツギオ(ヤ) 2打数無安打(+打席中)
バットは結果が出ずも、守備では果敢に球に食らいつきファーストへ送球、アウト!
スワローズといえば、宮本慎也や土橋勝征など、守備職人的な選手も多いですが、野手陣は全体的にベテラン化している傾向にあるのでそこへ割って入れるか。

■牧谷宇佐美(ヤ) 2打数無安打
北海道出身!!元々は投手で入団も、3年前に打者へ転向
本来、外野手登録ですが、サードの守備は無難でした。彼も先のツギオ同様、残念ながら未だ1軍出場なしなので、今年はどんどんアピールして昇格のチャンスを掴んでほしい。




健一@管理人編

■3月30日(土) 川崎ジャイアンツvs戸田スワローズ(ジャイアンツ球場)

【14:30中継終了】
戸田スワローズ |003 142 020|12
川崎ジャイアンツ|100 100 000| 2

戸田:鎌田祐哉−
川崎:酒井順也−林昌範−鴨志田貴司

■戸田スワローズ   ■川崎ジャイアンツ
(左)久保田智    (二)長田昌浩
(中)ユウイチ    (遊)十川孝富
(捕)福川将和    (右)高野忍
(二)ツギオ     (一)清原和博
(一)衣川幸夫    (中)堀田一郎
(右)宮出隆自    (三)吉川元浩
(三)牧谷宇佐美   (左)中濱裕之
(投)鎌田祐哉    (捕)小田幸平
(遊)三木肇     (投)酒井順也

■大まかな試合展開
昨日に引き続き同カード第二戦を「G+」にて中継観戦。ジャイアンツ酒井順也、スワローズ鎌田祐哉は1軍での先発候補としての調整も兼ねる登板。1回表、ルーキー長田昌浩の左安で口火を切り、3番高野忍が中翼手をライナーで越える適時二塁打で先制。3回表スワローズは二死一三塁から福川将和、昨日の活躍がオーバーラップするようにレフトフェンスの向こうに飛び込む逆転3点本塁打。4回表裏にそれぞれ一点ずつを加点し、中継はナイター@「G-D」の前の様子を映す番組に移行のために終了。

また清原和博は、ボテボテの三ゴと右邪で引っ込みました。


■気になる選手達

■鎌田祐哉(ヤ)
華奢な身体も非常に整った綺麗なフォーム(やや突っ立ったような印象、押し込みがもう少し欲しい)。カーブ・スライダーやチェンジアップ等々のタイミングの外す球は有効、しかしストレートはそうボリューム感がないので今程度の大凡の制球力(本日は高めに抜けるボールが目立ちました。1軍を睨むとテンポもそう良く感じませんでした)では一軍の先発は心許ない・・・。#まとまりはあるが、力強さがもう少し欲しいし、場数を以てして成長して欲しい!

ただしスワローズ先発陣の頭数不足という点も鑑みると、彼の先発見切り発車で結果を残す可能性を少なからず感じます!


■福川将和(ヤ)
二打席目二死一二塁酒井順也の真ん中高めの真っ直ぐを上から叩き放物線を描くようにレフトフェンスを越える逆転3点本塁打。パンチ力ある打撃は定評。



■酒井順也(巨)
ややスリークォーター気味の腕の軌道(腕が長くて撓りがお見事!)。本日はあまり球が走らなかったのか140km/h前後のストレート。またカーブのような曲がりの大きいスライダーは上手くタイミングを外していたが、前述のストレートのせいもあってかコンビネーションに窮する場面が多かったです。#腕が振れているときの酒井順也はマウンド上で飛び跳ねます(^^)


■長田昌浩(巨)
結果を残しているという点もありますが、高卒ルーキーとは思えないプレー振りは感嘆モノ。早速1回表の第一打席では、鎌田祐哉に対して堂々と対峙していました。コースぎりぎりのボールを見送る様、そして「ふーん」とでも言いたげな冷静な表情・・・そしてフルカウントとして最後スライダーを軽く合わせるように流すレフト前安打。二打席目もポンポンと簡単に追い込まれながら、その後の厳しいコースをカットで逃げ、また見送り、これまた最後もセンター前に弾き返す安打・・・。

紅白戦、オープン戦と何度か見まして「センス」という類の言葉で片付けて良いのか判りませんが、非常にイイです(^^;)。形も良い、左打席に立つ打撃フォームは、リラックスしてバットの位置はやや高め。スイングに入る前にホーム方向に捻りを入れて反動を入れます。シーズンは長丁場だけに、この先壁にぶつかるかも知れませんが、彼には高いモノを求められるだけの選手でしょう。<打席での仕草、守備でのボールタッチ等々「柔らかさ」をつとに覚える「羨ましい選手」やねえ。


■高野忍(巨)
一死二塁鎌田祐哉の高めストレートに対して肘を畳みコンパクトなスイング、しかしパワーがあるだけに打球はライナーのまま中翼手ユウイチを越える適時二塁打。

当たれば打球はピンポン球のように飛んでいくのですが、タイミングの幅が「狭い」。甘めの球を中心に「巻き込んで打つパワー」は1軍クラス。。。しかしその範囲は狭い・・・そこを少しでも外れると陳腐な内野フライもあります・・・。スイング自体、振り幅が小さくコンパクトなものなのでそこら辺の対応力に期待!#ライトへの引っ張り専門系。


2003年 3月29日 イースタンリーグ 1回戦 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん/健一@管理人/PONさん(HP:サインなPON!

@白にゃんこさん編

皆様お疲れ様です(^-^)
28日にセパ同時開幕を迎えたプロ野球、イースタン・リーグは1日遅れて本日29日に開幕を迎えました!!
将来を渇望されるルーキー、若手選手の活躍を見るには絶好の舞台、自分もじっくり見守っていこうと思います。

29日・ジャイアンツ球場 第1回戦 
 戸田 1勝
                 R 
 
戸 田 040 100 530 13
 川 崎 010 100 000 
(川崎)●谷 浩弥(2回)、佐藤宏志(3回)、根市寛貴(2回)、十川雄二(2回)−小田
(戸田)○高井雄平(6回)、石井弘寿(1回)、吉川昌宏(1回)、松田慎司(1回)−福川

 本塁打
 ユウイチ 1号(満 塁=根 市)
 衣  川 1号(3ラン=十川雄)
 野 選
 十川孝富(2回)
 捕 逸
 小田(4回)

 簡易版テーブル(G+ 放送内)
<戸田スワローズ> 
       1表2表……3表4表5表
(中)志 田 左飛三振    三振 
(二)浜 名 中飛死球    遊ゴ 
(捕)福 川 三振右安    左2
(三)ツギオ   四球二ゴ  三振 
(一)衣 川   右安  二ゴ  二失
(右)宮 出   右安  遊ゴ  遊ゴ
(左)久保田   左安  二安  
(投)高 井   遊野  三振 
(遊)三 木   投ギ    投安

<川崎ジャイアンツ>
       1裏2裏3裏4裏
(遊)十川孝 中安  三振
(中)宮 崎 左飛  三振
(右)堀 田 振併    右飛
(一)清 原   四球  右安
 走 大須賀  
(三)吉 川   左安  三振 
(左)中 濱   右安  左2
(捕)小 田   遊併  左飛
(投) 谷
 打 山 本   中飛   
 投 佐 藤
(二)山 下     三ゴ

 ※5回表、戸田・宮出のショートゴロで放送終了


注目は当然、怪我からの復帰戦となった清原和博ですが(そのせいもあってかスタンドは超満員といっていいほどの観衆。さらに熱心なジャイアンツファンで知られる徳光和夫氏も特別にベンチ脇で観戦)打席は2打席1打数1安打、守備面では、守備機会は無かったものの、スローイングなどを見る限り不安は無いといっていいでしょう。再来週に組まれている東京ドームのタイガース戦にて1軍復帰予定で、それまで数試合はイースタンで調整するとのことです。

※以下、各選手の成績は放送内のものです。
<注目選手 ジャイアンツ>

■宮崎一彰(巨) 2打数無安打
オープン戦でも活躍したが、2軍スタートとなったスイッチヒッター。
打席では高井の球に合わなかったか、出塁できず自慢の俊足も披露できず。しかし足は魅力的ですので代走要員としての1軍を狙ってほしい。

■吉川元浩(巨) 2打数1安打
昨年移籍し、この試合がジャイアンツ初登場(オープン戦では何度か途中出場していますが)。
打順は清原に次ぎ5番に座り、2回はレフトへ弾き返しG初安打も4回は惜しくも三振。スイングが良いですね。


<注目選手 スワローズ>

■高井雄平(ヤ) 4回 安打5 三振3 失点2
注目のルーキーが初先発。
球速は140km台主体で(ガン表示が全球出たわけではないのが残念)、変化球のキレもまずまずといったところか。
初回は慣らしか?と思えるほど、2回裏清原との対戦では全力投球!3回には連続三振を奪うなど、尻上がりタイプなんでしょうか?

■宮出隆自(ヤ) 3打数1安打
投手として入団も、昨年より打者転向に取り組む。
2回、ビッグイニングの場面では先制打を放つなど打棒を見せました。スワローズ外野層は不動という感じですが、ぜひそこに割って入るような活躍を見せて欲しい!

■久保田智(ヤ) 2打数2安打
03年10巡目入団のルーキー。
社会人組だけに、1年目とは思えないような(プロ入り何年目、という)感じの風貌で、実際打っても2安打、うち1本は内野安打ということで俊足ぶりも見せ付けました。パンチ力、俊足とアピールできるものはどんどんアピールしていきたいところ。


遅くなってしまいましたが、イースタン開幕のこの日、1軍のドラゴンズ戦(2回戦)では、8年目の
原俊介代打で1軍初登場、ライトへ弾き返しプロ初打席で初安打、初打点という初ものづくしとなりましたおめでとう!!(尚、記念すべきその球は、ベンチなどからの声により本人に手渡されたとのこと)






健一@管理人編

■3月29日(土) 川崎ジャイアンツvs戸田スワローズ(ジャイアンツ球場)

                      R  H
戸田スワローズ |040 100 530|13 10
川崎ジャイアンツ|010 100 000| 2  7

戸田:
高井雄平(6回6安2責)−石井弘寿(1回0安0責)−吉川昌宏(1回1安0責)−松田慎司(1回0安0責)
川崎:●谷浩弥(2回4安4責)−佐藤宏志(3回3安1責)−根市寛貴(2回1安5責)−十川雄二(2回2安3責)

本塁打:ユウイチ1号(根市寛貴)、衣川幸夫1号(十川雄二)


■戸田スワローズ   ■川崎ジャイアンツ
(中)志田宗大    (遊)十川孝富
(二)浜名千広    (中)宮崎一彰
(捕)福川将和    (右)堀田一郎
(三)ツギオ     (一)清原和博
(一)衣川幸夫    (三)吉川元浩
(右)宮出隆自    (左)中濱裕之
(左)久保田智    (捕)小田幸平
(投)高井雄平    (投)谷浩弥
(遊)三木肇     (二)山下浩宜

PL:名幸一明 1B:萩原達也 2B:本田英志 3B:小林和公



■大まかな試合展開
スワローズはドラ1高井雄平、ジャイアンツは4年目アンダースローに近いサイドスロー谷浩弥

2回表スワローズ打線が爆発(教育リーグでは黙秘権を行使したか!?のように沈黙しておりました)、
ツギオ四球、衣川幸夫右安で走者を貯めると宮出隆自の右安適時打で先ず先制、更には久保田智の左中間に運ぶ適時二塁打で2点目。次打者高井雄平は遊ゴ、捕球した十川孝富はバックホームしたが、宮出隆自のスタートが良く生還という野選で3点目。その後浜名千広への死球等を挟み3番福川将和は右安適時打でこのイニング計4点。谷浩弥はこの回変化球の制球が悪く置きにいくストレートを狙われてしまいました。

2回裏足の故障からの復帰を目指す清原和博登場、詳細は別途にてしるしますが、四球にて出塁。移籍組の吉川元浩左安@ポトリ、中濱裕之右安で無死満塁。ここで小田幸平が、遊ゴ、お誂え向きの併殺となりその間の1点@清原和博生還のみで
高井雄平を崩せず。

4回表二死三塁@走者
三木肇の場面で前の打席に続いて福川将和は二番手佐藤宏志のスライダーを引きつけレフト線に巻き込む2塁打で1点追加。

4回裏二打席目の清原和博がライト右に力で運ぶ安打で出塁(代走:大須賀充)。中濱裕之
高井雄平の変化球を矯めて左中間を越える適時二塁打でもう一点を返す。

この回を終了し@14:30、一足先にベンチから引き上げる清原和博の画を以てして中継は終了してしまいました。なお試合の方はその後スワローズは、
ユウイチ衣川幸夫に一発が出て計13得点で勝利した模様。


■気になる選手達

■高井雄平(ヤ)
小柄ではあるが背中・腰・ケツと一回り隆起していて「小力」を感じさせるドラ1高卒左腕。身体能力の高さ、更には腕の振りの鋭さ、そしてフォームの良さ(回転・捻り)から繰り出されるストレートは本日最速146km/k、大凡140km/h前後、110km/h台のカーブ、125km/h前後のスライダー、あと落ちる球はチェンジアップでしょうか、そのような球も放っていました。

ストレートは序盤抑え気味だったのか、その後エンジンが掛かってきたのか徐々にスピードアップ。あと勝ち気の強さを感じられる場面(上気する表情に一変してもいました)でもあったのですが4番清原和博との対戦では、それまでの変化球を封印し全てストレートで勝負、それまでは140km/h弱のスピードがいきなりUP。また力みもありボールもあっちこっちで最終的には四球となりましたが、猪突猛進とも云えるところが少し垣間見られました(福川将和のリードかも知れませんが)。

本日は4回裏までの投球内容からの感想ですが、全体的に制球がばらついていました。ただ変化球のブレーキ、キレには「さすが」と思わせる部分はありました。十川孝富はブレーキの効いたカーブに、バットが止まらず放り出しての空振りを喫していました。またそれと同様に若さを感じるマウンド上の精神状態も初々しかったです(若さ故の長所と見ましょう!)。

今後の育成方針として首脳陣は先発構想があるそうでじっくり調整もありうるとのこと、ただ中継ぎ等であれば1軍として投げてもそう恥ずかしくない投球を見せられるモノを感じました。


■福川将和(ヤ)
約一足半開くオープンスタンス、バットを上段に構え強打風。一二打席ともライト前に運ぶ適時打。昨年はファームながら「71試合 205打数 57安打 5本塁打 18打点 打率0.278」と打つ方はまずまず。後は守備力が課題なんでしょうか。



■谷浩弥(巨)
アンダースローに近いサイドスロー。1年目から2年目は「なんだこの軟投派は?うーん」と首を傾げていたのですが、肩を痛めていたんだそうで、一昨年後半ぐらいからボールに勢いが戻ってきたようです。リリース後跳ねるぐらいの勢いもあります。ストレートは大凡140km/h弱、置きに行くときと飛びはなるように放るときのストレートの落差もあるのですが、こればかりは制球力とのバランス。調子がいいときは、この真っ直ぐにスライダー@120km/h前後、シンカー@110km/h台後半で左右に散らすコンビネーションとでかなり難敵。

本日は連打を浴びてしまいましたが、好調時を維持して1軍にタイプの違う投手としてアピールしたい。


■佐藤宏志(巨)
昨年も肩肘の故障で3カ月以上の戦線離脱・・・。投球フォームはゆったりとした動きで、右足を上げたときにワンテンポの間を空ける。そしてテイクバックに特異な軌道もありフォームに比べて腕の出が遅く、よく言われる球の出所が分かり難いタイプ。

ゆったりとしたフォームの割には、指でピュッと切るような感じで打者の手元で威力を発揮しそう。そんなストレートと緩い変化球(カーブ、スライダー&スクリューが主)のコンビネーションが武器。球速は130km/h中盤とあまり速くないですが、まとまりのあるピッチングそして「左腕」を活かしてアピールしたい。

年々「もっさり感」が強くなり使い所の難しさを感じる左腕、、、環境の変化を与えたい・・・


■清原和博(巨)
足の故障から復帰を目指す清原和博。一打席目は四球でしたが、高井雄平の初球高めのストレートをフルスイング!は特に違和感を覚えませんでした。二打席目は同じく高井雄平の真っ直ぐを差し込まれながらも右翼手右に運ぶ安打、普通であれば二塁を狙える当たりでもありましたが自制してシングル安打。

守備に関しても一塁手として出場、己の横を抜ける打球にも素速く、自然に反応(抜かれはしましたが)するなどかばうような部分は感じませんでした。

ただ打撃面では実戦不足、走塁面・守備面での瞬時の反応に心配なところは少なからず感じるので今暫く時間は必要か(4月下旬当たりか?報道では中旬には一軍復帰という青写真もあるそうです)・・・。


■吉川元浩(巨)
小野仁・永池恭男との交換トレードで巨人に移籍、昨年はウエスタンの本塁打王@「13本塁打」。数年前からの一押しの選手!一見して「強いリスト」が分かります、進藤達哉(オ)と相通じるところ(元々投手として入団しかなりの速球派だったそうです、その後打撃を活かすために打者転向)。ただスイング時の腕のたたみ方は、多少ぎこちない。ちょっとリストに頼り過ぎるきらいを感じてしまう・・・#とは言っても「手首の強さ」が彼の打者としての生命線!

数年後上で活躍する逸材だと思っています(成績も進藤達哉に近いものを残しそう「例:打率0.260 15本」とか)。

二打席目左翼手・中翼手・遊撃手のトライアングルスポットに落ちるラッキー安打あり。特に目新しいものは無し。ただ本日清原和博の出場が、ままならなければ「4番」として出場が予定されていたそうです。首脳陣もこの逸材に期待しているようです。


■中濱裕之(巨)
吉川元浩と共に移籍。バットを立たせオーソドックスな構え、小柄だがパンチ力あり+スピード感。一昨年はウエスタン首位打者@「打率0.347」。繋ぎのライト前安打、二打席目には一塁走者大須賀充を生還させる左中間越えのタイムリー二塁打あり。


■山本光将(巨)
熊本工高からドラフト5巡目入団、スラッガーとして期待される選手。3回谷浩弥に代わる代打として登場。初見だったのですがバットを立たせて構えながらスイング移行時に右肩に乗せてから始動。かなり大きめの軌道で、少々不格好。現時点ではスイングにスピードも感じられず、同ルーキーの長田昌浩のようにスッと実戦に入れないように感じました。数年2軍で叩き上げる必要がありそうです。

この打席では高井雄平の高めの真っ直ぐをセンターに大飛球の中飛。打ってナンボの選手ですので、このパワーを生かすために日々精進でしょう(^^)



PONさん編
03年3月29日(土) イースタン開幕戦・高井プロ1勝!!
ついにイースタン・リーグが開幕です。

巨人第1回戦(ジャイ球)

スワ打線は2回に宮出の先制打、福川が満塁
からのタイムリー等で4点をリードします。

開幕投手高井は2回併殺の間に1点、4回は
吉川の二塁打で1点を奪われますが、6回を
要所をしめて被安打6、奪三振7。
教育リーグでの登板の様に空振り三振を多く
取っていました。
制球もまずまず安定してMAX146km。
コンスタントに140km台の速さが出てい
ましたが、もうしばらく2軍で鍛えて150
kmを越える速球を投げれる体になってもら
いたいです。

7回に高井の代打・ユウイチが送りバントを
挟んで4連続四球と制球の定まらない3番手
根市からライトへライナーの満塁HR。
今季チーム第一号HRとなります。
8回には二者を塁に置いて、衣川が4番手の
十川雄からバック・スクリーンへの直撃弾。
センターフェンスまでが121.9mなので
バック・スクリーンがなければ130m級の
特大HRでした。

スワ2番手で登板した石井は140km後半
の直球を投込んでましたが、小田にファール
で粘られ、キレはイマイチなのでしょうか?
しかし今年の実戦初登板を3人で抑えたので
そう時間はかからず1軍に戻る事でしょう。

スワ3番手の新人・吉川は最初の打者を死球
で出塁させると、明徳義塾の先輩・宮崎にも
よけたバットのグリップに当たる危険な球。
しかし1イニングを無失点で抑え今後に期待
です。
 
13
志田 7飛 空振   空振   5ゴ 9飛   5ゴ  
浜名 8飛 死球   6ゴ   見振   72B    
P5  牧谷                 空振  
福川 見振 9安   72B     四球 空振    
54 ツギオ   四/4ゴ   空振     四球 四球    
衣川   9安 4ゴ   4失   犠打 8HR    
宮出   9安 6ゴ   ?併   四球 四球    
久保田   7安 4安   四球   四球 9飛    
高井   6Fc 見振   5ゴ          
PH  ユウイチ             9HR      
 石井                    
 吉川                    
PH  橿渕               6ゴ    
 松田                    
三木   犠打   1安   6飛 4飛   4ゴ  
○高井
 石井
 吉川
 松田
6回 被安打6 奪三振7 四球2 死球0 失点2
1回 被安打0 奪三振0 四球0 死球0 失点0
1回 被安打1 奪三振1 四球0 死球1 失点0
1回 被安打0 奪三振0 四球1 死球1 失点0
  高井

S:ストライク
B:ボール
F:ファール
1回 6十川孝 F、B、B、B、8安 ※盗塁刺
8宮崎  B、7飛
9堀田  B、B、S、空、F、空振
2回 3清原  空、B、B、B、四球
5吉川  7安
7中浜  S、9安
2小田  S、B、空、B、F、
6併
H山本  B、S、空、8飛
3回 4山下  S、F、B、B、F、F、5ゴ
6十川孝 S、S、F、B、F、B、F、空振
8宮崎  B、S、空振 
4回 9堀田  S、F、F、9飛
3清原  S、9安 ※代走・大須賀
5吉川  S、B、空、B、空振
7中浜  B、
7二塁打
2小田  B、B、7飛
5回 H長田  B、S、F、B、空振
    125,113,130,103,130km(VS長田・球速)
4山下  F、3ゴ
6十川孝 S、空、空振
6回 8宮崎  B、B、S、B、S、四球
9堀田  K、B、K、8飛
?大須賀 F、B、7安
5吉川  B、S、B、S、空振
7中浜  B、S、F、4飛
  石井 7回 2小田  F、B、B、F、F、F、F、F、6ゴ
H三浦  B、B、S、S、6ゴ
4山下  S、B、B、3飛
  吉川 8回 6十川孝 B、S、S、F、F、F、死球
8宮崎  B、S、B、B、S、F、F、9飛
9堀田  B、S、8安打
H吉永  S、8飛
  松田 9回 ?高野  B、S、B、B、死球
2小田  B、F、3ゴ
H李   S、B、7飛
4山下  B、B、S、B、四球
6十川孝 5ゴ

2003年 3月29日 イースタンリーグ 1回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年3月29日 日本ハム−ロッテ 開幕戦

@鎌ヶ谷(ロッテ1勝)

 
ロッテ  000 010 100│
 
日本ハム 000 000 000│
 
 勝 井上貴 1勝0敗0S 登板1
 S 長 崎 0勝0敗1S 登板1
 負 隼 人 0勝1敗0S 登板1

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 早 坂 300 一ゴ    遊ゴ    中飛
  6 青 野 110                      右2
  C 西 岡 110 死球    投襲
  H4丸 山 200                遊ゴ    空振
  A  辻  400 三併    遊ゴ       二ゴ    空振
  D 澤 井 410    中安    空振    見振       右飛
  B 今 江 200    一ゴ    中飛
  3 ユウゴー  200                   見振    空振
  F 井上純 300    空振    二ゴ       空振
  9 寺 本 100                         空振
  G7伊与田 322    三ゴ       中本    中本
  D 喜 多 310       右安    投ゴ    左邪
  H 於 保 200       三犠    遊ゴ       空振
  犠盗失併残─────
  10114 3162

      回   打安振球責
  井上貴 6   233440
  吉 田  2/3 51010
  藤 田 11/3 41100
  長 崎 1   30000
  
 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 井 出 310 右2    中飛    左飛    四球
  B5小 田 400 二ゴ    見振       二ゴ 一飛
  C 田中賢 220 四球    中3       四球    右安
  D 藤 島 400 見振    遊ゴ       中飛    二併
  F 佐 藤 400 三ゴ       空振    右飛    空振
  D 山田憲 200    遊直    空振
  H 石 本 100                   二ゴ
  3 荒 井 100                         遊ゴ
  H 紺 田 410    右安    二ゴ       三失    投ゴ
  A 實 松 200    四球       四球    二直    二飛
  E 野 中 310    遊ゴ       投ゴ    右安   
  犠盗失併残─────
  01018 3050

      回 打安振球責
  隼 人 6 224311
  佐々木 1 41201
  武 田 1 41300
  武 藤 1 30200


  本塁打  伊与田(ロ)1号@ (5回 隼人)
       伊与田(ロ)2号@ (7回 佐々木)
  三塁打  田中賢(日)    (3回 井上貴)
  二塁打  井 出(日)    (1回 井上貴)
       青 野(ロ)    (8回 武田)
  犠 打  於 保(ロ)    (3回 無死1塁 1走の喜多が二進)
  犠打失  野 中(日)    (5回 無死1塁 1走の實松が二封)
  盗 塁  紺 田(日)    (2回 捕手は辻、打者は實松 二盗成功)
  失 策  澤 井(ロ)    (7回 紺田の三ゴロをファンブル)
  盗塁死  紺 田(日)    (2回 捕手は辻、打者は野中 三盗失敗
                    1走の實松と重盗を試みる)
  牽制死  野 中(日)    (5回 1塁 井上貴−今江)
  併 殺  日本ハム     (1回 辻 1死1塁 山田憲−田中賢−小田)
       ロッテ      (8回 藤島 無死1塁 丸山−青野−ユウゴー)

  PL:濱野 1B:牧田 2B:深谷 3B:敷田 公式記録:荒木  
  時間 2時間27分(13:01〜15:28)

得点経過
 5回表(ロ) 無死無走者から伊与田がバックスクリーン直撃の大ホームラン ロッテ1点目
 7回表(ロ) 二死無走者から伊与田がバックスクリーン直撃の大ホームラン ロッテ2点目

戦評
 今年の鎌ヶ谷は清水鎌ヶ谷市長が始球式で早坂のヒザ元にストレートをズバッと投げ込んで
 開幕(かなり練習したね、市長。ニヤリ)
 試合の方は両チームの投手陣が好投もロッテが伊与田のホームラン2本で快勝。日本ハムは
 あと1本が出ず。

選評
 
井上貴(ロ) 相変わらずの軽い投球フォームながら6回を投げ零封。コントロールはあまり
       良くなかったが、要所要所でブレーキの利いた縦の変化球が面白いように決ま
       り日本ハム打線に空を切らせる。

 
伊与田(ロ) 2本とも打った瞬間にそれとわかるバックスクリーン直撃の大ホームラン。今
       日は完璧なバッティング。中堅手として田中賢のセンターオーバーの飛球に1
       回前進して3塁打にしてしまった(記録はヒット)のはご愛嬌。

 
井上純(ロ) スタンスの狭いバッティングフォームにリニューアル。湘南時代の井上純とい
       うと巧打者というイメージだったが、スタンスが狭い分だけ安定感が無いのか
       空振りが目立つ。特にインローの球に対応できていない印象。


 
野 中(日) 守備の方では3回に1死2塁から早坂のセンターに抜けるかという当たりを好
       捕するなど再三再四、良いところを見せていたが、打撃の方では重盗を手助け
       しなかったり、送りバントを失敗したり、牽制でアウトになったりと散々。

 
佐 藤(日) スタメン5番抜擢も当てただけの何か中途半端なバッティング。失うものは何
       もないのだから思いっ切りバットを振って欲しい。

 
藤 島(日) 4打席すべてランナーを置いての打席ながら4タコ(1併殺)。藤島レベルだと
       これで良いのかもしれないが、1塁へ全力疾走が見られない。

 
日本ハム  2回に1死1、2塁から重盗を試みる。スチールなのか打者の野中がエンドラ
       ンのサインを見落としたのかはわからないが、スチールだとしたら岡本野球は
       おもしろいものになりそう。


2003年 3月26日 イースタン教育リーグ 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:ミーさん/koyama-kさん(HP:URAWA MARINES

ミーさん編

 はじめまして、東京在住のミーです。
このページは、2年前から利用しています。もっぱら皆さんが集めた情報を見させていただいたのですが。すごい分析力ですね。今日は、僕も観戦記を書かせていただきます。
鎌ヶ谷ファイターズー所沢ライオンズです。
教育リーグ最終戦でした。
結果は1−0所沢勝利です。
ここからが観戦レポートです。

所 沢 000010000 計1
鎌ヶ谷 000000000 計0

先発は
正田樹張誌家でした。
正田樹は立ち上がりこそ不安でしたが1回をゼロで抑えると、5回まで、1失点でまずまずでした。特に右打者の膝元に決まるカーブは、所沢の各バッターも捕らえていませんでした。ただ、意外に左打者に見られていると言う印象を受けました。もっとも、5回に田原晃司にタイムリーを打たれてしまったのですが。全体的に見れば合格点でしょう。一方、張誌家はストレートに威力がありました。高めのストレートには鎌ヶ谷のバッター陣も振り遅れていました。
そのあと
鎌ヶ谷関根裕之江尻慎太郎佐々木貴賀伊藤剛
    
所 沢潮崎哲也眞山龍帆足和幸のリレーです。

関根裕之潮崎哲也はやっぱり一軍の投手ですね。さすがのピッチングをしました(ストレートよし、変化球よし)。帆足和幸は所沢で、今日の一番の収穫でないでしょうか。左右の揺さぶりはコーナーに決まっていました。しかも低めにコントロールされていました。鎌ヶ谷は2/3しか投げませんでしたが、佐々木貴賀はストレートに伸びを感じました。

一方打者陣は、一軍クラスの投手陣の中で翻弄されていたと言う感じですが、鎌ヶ谷:
飯山裕志はしっかりと狙い球を絞ってバッティングしている感じでした。所沢は柴田博之ですね。絶対走るという場面で登場し(指名代走で2度出場)2回とも盗塁を決めるのですから。
一つ気になるのが、
田中幸雄選手ですね。今日はたまたま調子が悪かっただけだと思うことにします。チームの気持ちの支えの選手だけに頑張ってほしいです。

二軍戦は、以前からよく行っていましたので今シーズンはどんどん書き込んで生きたいと思います。よろしくお願いします。




koyama-kさん編

上でミーさんが紹介していますので補足程度ですみません。

    123 456 789 計 H E
所 沢 000 010 000 1 3 1
鎌ヶ谷 000 000 000 0 2 0

所 沢:張 (3回)→潮崎○(2回)→眞山(1回)→帆足S(3回)
鎌ヶ谷:正田●(5回)→関根(1回)→鎌倉(1回)→江尻(1回)→佐々木(2/3回)→伊藤(1/3回)

所 沢
1 左二 佐藤 @左安  二ゴロ  左飛  二ゴロ
2 二  石井義 投犠 C三ゴロ E遊飛  三振
3 中  赤田  二安  三振   三ゴロ 中飛
4 右  高山  二併  三ゴロ  三邪 H遊直
5 指  犬伏 A投ゴロD四球(指走柴田・盗塁)
  打  大島          F二ゴロ
  打  野田               三振
6 三  平尾  遊ゴロ 三振
  左  栗尾           左飛
 打左  玉野               遊ゴロ
7 一  中村  右飛  遊飛
  一  高木大          四球(指走柴田・盗塁)
8 捕  田原 B遊ゴロ 左安(打点1)
  捕  椎木           中飛
9 遊  水田  遊ゴロ 四球  G四球

鎌ヶ谷
1 二  田中賢@三振 B四球  右飛  三振
2 三一 小田  三振  三邪 E左安(パス2進)
  一  山田              三振
3 一左 西浦  四球  左飛  三ゴロ 四球
4 指  田中幸 三振  三振  遊飛  中飛
5 中  井出 A二飛 C左飛
  打  石本          四球(走・野中)
  走遊 野中              三振
6 左右 佐藤  四球  三振  遊失 H三振
7 遊三 飯山  左安  三振  三振  三ゴロ
8 捕  實松  右飛 D三振
  捕  駒居         F三振  中飛
9 左中 紺田  遊ゴロ 遊ゴロ 二ゴロ

■正田樹(日)
一二回カーブ?が抜けていたが途中から決まりだす。實松のサインに首を横に振るシーンが目立つ。

■張誌家(西)
初回 高低に荒れ気味もFsが手を出し3三振

■江尻慎太郎(日)
先頭水田には頭上通過するようなシーンも。コントロール荒れ気味。

■鎌倉健(日)
捕手駒居が一球毎に激励しながらの投球。甲子園での投球シーンを思い出しました。

拙HP上にスライドアップしています。

http://homepage3.nifty.com/MARINES/index.html


2003年 3月24日 ウエスタン教育リーグ 広島−ダイエー(由宇)報告者:発生さん(HP:

広島 2003/3/24   ホークス - 広島   福岡雁の巣球場   12:00 ホークス
7 天谷
6 井生
8 末永
9 廣瀬
3
4 兵動
5 甲斐
DH 田村
2 山本翔
P 河内

T.N. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 0 1 1 0 0 0 0 2 0 4 8 2
ホークス 0 0 1 0 1 1 0 0 0 3 7 3



勝ち投手 酒井 ? ? ?
負け投手 倉野 ? ? ?
6 稲嶺
4 中村
DH 大道
7
2 北野
9 荒金
8 井出
3 山崎
5 関屋
P 田之上

※この記録はわたくし発生が観戦時にてきとーに取ったメモを元にして作っています。間違いや不正確なところが多々あると思います。あくまで試合の雰囲気が伝わればな〜、程度のものです。

スイマセン!急いだのですがプレイボールに間に合いませんでした。ぜえぜえ言って吐きそうになりながらスタンドに駆け登った時は選手が一回裏の守備に散っていくところでした。近くに座っていたファンに聞いたところとりあえず三者凡退だったということです。その人曰く「昨日の猛打のかけらもない3タコ」だそうです(爆)帰りも用事があったのでゲームセットの声を聞くと同時に全力疾走で球場を後にしました。球場から引き上げる選手に挨拶したかったのに・・・。そんなこんなでかなり慌ただしい観戦になりました。いつにもまして間違いや不正確なところが多いと思います。申し訳ないです。もしなんか気付いたらおしえてくださいませ。
さて、今日の天候ですが小雨が降って非常に寒かったです。気温はそこまで低くないとは思うのですが小雨混じりの強めの風は結構観戦するには厳しかったです。投手の方たちも指先がかじかんで投げにくかったんじゃないでしょうか。
昨日おとといの尋常じゃない打線爆発試合のあとだったのでちょっと地味なかんじの試合でした。でもちょっとホッとしたりして(笑)。たまに大勝ちはいいですがどっちかというと一点を争う攻防のほうが緊張感があって面白いですね。打線では末永選手が当たっていて3安打1打点でした。あ、それから昨日頭にデッドボールを受けて退場した井生選手ですが元気にフル出場して1安打を放っています。ただスタンドで井生選手のお母さんが話されていたのが聞こえたのですが「まだ頭がガンガンしている」ということです。そりゃそうでしょうねえ。石のように硬いボールが頭を直撃するんですから。ちなみに雁ノ巣では沢山の選手のご家族や友人の方たちが応援にいらっしゃってる光景を目にします。さすがに平日の今日は少なかったですが昨日おとといはかなりいらっしゃいました。その中にはなんと高コーチのご両親まで。今年は一軍コーチなので2軍の雁ノ巣には高さんはいらっしゃらないのに。カープを愛してくださってるんだなあ、とちょっと嬉しくなりました。以前、山本翔選手を上手に写せた写真があったのでスタンドに来ていたご両親に差し上げたことがあります。喜んで頂けたのが嬉しかったです。雁ノ巣のレフトスタンドっていいですよ〜。みなさんも是非いらしてください(笑)。話しがそれてしまいました(汗)話しを元にもどして投手陣です。先発の河内投手は三振に討取ったかと思うと簡単に打たれたり、ポンポンと追い込んだあとにフルカウントにしてみたり、ちょっと安定感はなかったですね。球自体はそんなに悪くない気がしました。天野投手は見かけより球威があるのか相手バッターは結構つまってました。筒井投手はキレ、制球ともイマイチな印象でした。しかし失点はエラーや不運な当たりがあったのでちょっとかわいそうなかんじです。酒井投手は2イニングを投げて4三振、6人でピシャリと抑えました。順調に仕上がっています。河野投手も良かったですね。

投手

C - 河内 - (4回裏) - 天野 - (5回裏) - 筒井 - (7回裏) - 酒井 - (9回裏) - 河野

H - 田之上 - (4回表) - 渡辺 - (5回表) - 岡本 - (6回表) - 飯島 - (8回表) - 倉野

得点経過

2 回 表 甲斐 左中間タイムリー二塁打 1 - 0
3 回 表 末永 センター前タイムリーヒット 2 - 0
3 回 裏 大道 センター前タイムリーヒット 2 - 1
5 回 裏 中村 レフトタイムリーエラー 2 - 2
6 回 裏 山崎の打席 捕逸(暴投?とりあえずキャッチャー後逸) 2 - 3
8 回 表 甲斐 ショートゴロ 3 - 3
8 回 表 田村 ライト前タイムリーヒット 4 - 3
試合経過

1 回 表

投手[田之上 ]      
天谷 1アウト ランナーなし
井生 2アウト ランナーなし
末永 3アウト  

1 回 裏

投手[河内 ]      
稲嶺 ピッチャーゴロ 1アウト ランナーなし
中村 レフト前ヒット&中継ミス 1アウト 2塁
大道 ファーストフライ 2アウト 3塁
空振り三振 3アウト  

2 回 表

廣瀬 セカンドゴロ 1アウト ランナーなし
四球 1アウト 1塁
兵動 レフトフライ 2アウト 1塁
甲斐 左中間タイムリー二塁打 2アウト 2塁
田村 ショートゴロ 3アウト  

2 回 裏

北野 見逃し三振 1アウト ランナーなし
荒金 センター前ヒット 1アウト 1塁
井出 センターフライ 2アウト 1塁
山崎の打席 けん制アウト 2アウト  

3 回 表

山本翔 空振り三振 1アウト ランナーなし
天谷 セカンドエラー 1アウト 1塁
井生 サードゴロ 2アウト 2塁
末永 センター前タイムリーヒット 2アウト 1塁
廣瀬の打席 末永盗塁 2アウト 2塁
廣瀬 ショートフライ 3アウト  

3 回 裏

山崎 右中間二塁打 ノーアウト 2塁
関屋 空振り三振 1アウト 2塁
稲嶺 見逃し三振 2アウト 2塁
中村 四球 2アウト 1塁2塁
大道 センター前タイムリーヒット 2アウト 1塁2塁
セカンドゴロ 3アウト  

4 回 表

投手[渡辺 ]      
セカンドフライ 1アウト ランナーなし
兵動 空振り三振 2アウト ランナーなし
甲斐 見逃し三振 3アウト  

4 回 裏

投手[天野 ]      
北野 センターフライ 1アウト ランナーなし
荒金 ピッチャーゴロ 2アウト ランナーなし
井出 ライトフライ 3アウト  

5 回 表

投手[岡本 ]      
田村 センターフライ 1アウト ランナーなし
山本翔 ショートエラー 1アウト 1塁
天谷 レフトフライ 2アウト 1塁
井生 ショートゴロ 3アウト  

5 回 裏

投手[筒井 ]      
山崎 セカンドゴロ 1アウト ランナーなし
関屋 ピッチャーゴロ 2アウト ランナーなし
稲嶺 センター前ヒット 2アウト 1塁
中村の打席 稲嶺盗塁 2アウト 2塁
中村 レフトタイムリーエラー 2アウト 2塁
大道 四球 2アウト 1塁2塁
セカンドゴロ 3アウト  
6 回 表

投手[飯島 ]      
末永 ライト二塁打 ノーアウト 2塁
廣瀬 サードゴロ 1アウト 2塁
四球 1アウト 2塁
兵動 ショートゴロ 2アウト 1塁3塁
甲斐 セカンドゴロ 3アウト  

6 回 裏

北野 ライト前ヒット ノーアウト 1塁
荒金 セカンドゴロ 1アウト 2塁
井出 ファーストゴロ 2アウト 3塁
山崎の打席 タイムリー捕逸(暴投?) 2アウト ランナーなし
山崎 四球 2アウト 1塁
関屋 サード内野安打 2アウト 1塁3塁
稲嶺 空振り三振 3アウト  

7 回 表

田村 ファーストエラー ノーアウト 1塁
山本翔 送りバント 1アウト 2塁
天谷 レフトフライ 2アウト 2塁
井生 サードフライ 3アウト  

7 回 裏

投手[酒井]
捕手[鈴衛]
     
中村 見逃し三振 1アウト ランナーなし
大道 セカンドゴロ 2アウト ランナーなし
空振り三振 3アウト  

8 回 表

投手[倉野]      
末永 ライト前ヒット ノーアウト 1塁
廣瀬 セカンドフライ 1アウト 1塁
ライト前ヒット 1アウト 1塁2塁
兵動の打席 暴投 1アウト 2塁3塁
兵動 四球 1アウト 満塁
甲斐 ショートゴロ 2アウト 1塁3塁
田村 ライト前ヒット 2アウト 2塁3塁
鈴衛 キャッチャーファールフライ 3アウト  

8 回 裏

北野 空振り三振 1アウト ランナーなし
荒金 ファーストライナー 2アウト ランナーなし
井出 空振り三振 3アウト  

9 回 表

天谷 センターフライ 1アウト ランナーなし
井生 センター前ヒット 1アウト 1塁
末永 レフトフライ 2アウト 1塁
廣瀬 センター前ヒット 2アウト 1塁2塁
ファーストゴロ 3アウト  

9 回 裏

投手[河野]      
山崎 見逃し三振 1アウト ランナーなし
PH大野 空振り三振 2アウト ランナーなし
稲嶺 サードライナー 3アウト

2003年 3月23日 ウエスタン教育リーグ 広島−ダイエー(由宇)報告者:発生さん(HP:

広島 2003/3/23   ホークス - 広島   福岡雁の巣球場   13:00 ホークス
7 天谷
6 井生
8 末永
9 廣瀬
3
4 兵動
5 甲斐
DH 田村
2 瀬戸
P 玉山

T.N. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 7 5 2 0 0 0 2 1 0 17 19 2
ホークス 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 6 0



勝ち投手 ランドクィスト ? ? ?
負け投手 神内 ? ? ?
8 井出
4 稲嶺
DH 大道
2 坊西
7
3 北野
9 荒金
6 関屋
5 中村
P 神内

※この記録はわたくし発生が観戦時にてきとーに取ったメモを元にして作っています。間違いや不正確なところが多々あると思います。あくまで試合の雰囲気が伝わればな〜、程度のものです。悪しからず。ちなみにスコアブック書きの知識は一切ありません(爆)・・・Kって三振の事、ですよね?ってくらいのレベルです(^_^;)

肌寒かった前日に比べて今日はものすごくあたたかでした。むしろ暑いくらいで日焼けで顔がヒリヒリになりました。雁ノ巣は風が強いことが多いのですが比較的穏やかでした。
ホークスの神内投手の球はよっぽど打ちやすいのかしょっぱなからバッディング練習状態でした。昨日につづきまたこのような展開になるとはびっくりです。スタンドのファンのおっちゃんが「ここはナイター設備ないよ。はよせんにゃー。」と言って周囲の笑いを誘っていました。それほど攻撃時間が長かったのです。しまいにはおっちゃん「これじゃあ、弱いものイジメのアメリカとイラクじゃが」と時事ネタまで飛び出す始末。1、2回だけで12点も得点してしまいました。しかし仮に神内投手から奪った12点を引いても5対2で勝ちです。つまり失点も少ないわけで打つほうばかりではなく投げるほうも好調だったと言えます。特に林投手はキレ、制球とも抜群で8回の3者連続三振は圧巻でした。上でも十分通用する・・・というかなんでココにいるの?ってかんじでした。

投手

C - 玉山 - (5回裏) - ランドクィスト - (8回裏) - 林

H - 神内 - (3回表) - ゴメス - (5回表) - 松 - (6回表) - 田中総 - (7回表) - 木村 - (8回表) - 佐藤(誠)←今年から登録名を誠から佐藤誠にもどしたらしい

得点経過

1 回 表 井生 左中間タイムリー二塁打 1 - 0
1 回 表 廣瀬 レフト?号スリーランホームラン 4 - 0
1 回 表 田村 レフトタイムリー二塁打 5 - 0
1 回 表 瀬戸 レフト?号ツーランホームラン 7 - 0
2 回 表 末永 センター前タイムリーヒット(センターがちょっともたついた間に井生が1塁から一気に生還) 8 - 0
2 回 表 兵動 センター越え3点タイムリー三塁打 11 - 0
2 回 表 甲斐 センター前タイムリーヒット 12 - 0
2 回 裏 左中間ソロホームラン 12 - 1
3 回 表 兵動 センター前2点タイムリーヒット 14 - 1
5 回 裏 大野 ライトエラー・・・だと思います多分(3人が駆け寄りお見合い気味でポロッと落としました) 14 - 2
7 回 表 センター前タイムリーヒット 15 - 2
7 回 表 兵動 左中間タイムリー二塁打 16 - 2
8 回 表 石橋 レフト犠牲フライ 17 - 2
試合経過

1 回 表

投手[神内 ]      
天谷 四球 ノーアウト 1塁
井生 左中間タイムリー二塁打 ノーアウト 2塁
末永 センター前ヒット ノーアウト 1塁3塁
廣瀬 レフト?号スリーランホームラン ノーアウト ランナーなし
四球 ノーアウト 1塁
兵動 レフト前ヒット ノーアウト 1塁2塁
甲斐 セカンドゴロダブルプレー 2アウト 3塁
田村 レフトタイムリー二塁打 2アウト 2塁
瀬戸 レフト?号ツーランホームラン 2アウト ランナーなし
天谷 ライトフライ 3アウト  

1 回 裏

投手[玉山 ]      
井出 セカンドゴロ 1アウト ランナーなし
稲嶺 ライト前ヒット 1アウト 1塁
大道の打席 一塁走者稲嶺:捕手後逸の間に二塁を狙い、瀬戸の送球でアウト(なんか稲嶺を一塁から誘い出すのにわざと後逸したようにみえなくもなかった・笑) 2アウト ランナーなし
大道 セカンドエラー 2アウト 1塁
坊西 センターフライ 3アウト  

2 回 表

井生 レフト前ヒット ノーアウト 1塁
末永 センター前タイムリーヒット(センターがちょっともたついた間に1塁の井生が一気に生還) ノーアウト 1塁
廣瀬 レフト前ヒット ノーアウト 1塁2塁
嶋の打席 ダブルスチール ノーアウト 2塁3塁
四球 ノーアウト 満塁
兵動 センター越え3点タイムリー三塁打 ノーアウト 3塁
甲斐 センター前タイムリーヒット ノーアウト 1塁
田村 四球&暴投 ノーアウト 2塁3塁
瀬戸 キャッチャーファールフライ 1アウト 2塁3塁
天谷 サードゴロ(田村がタッチアウトで天谷は二塁へ、だったと思う多分・汗) 2アウト 2塁3塁
井生 サードファールフライ 3アウト  

2 回 裏

レフトソロホームラン ノーアウト ランナーなし
北野 見逃し三振 1アウト ランナーなし
荒金 空振り三振 2アウト ランナーなし
関屋 センター前ヒット 2アウト 1塁
中村 空振り三振 3アウト  

3 回 表

投手[ゴメス ]      
末永 センター前ヒット ノーアウト 1塁
廣瀬 サードファールフライ 1アウト 1塁
ライト越え二塁打 1アウト 2塁3塁
兵動 センター前タイムリーヒット 1アウト 1塁
甲斐 センターフライ 2アウト 1塁
田村 セカンドゴロ 3アウト  

3 回 裏

井出 キャッチャーファールフライ 1アウト ランナーなし
稲嶺 ライト前ヒット 1アウト 1塁
大道 四球 1アウト 1塁2塁
坊西 センターフライ 2アウト 1塁2塁
四球 2アウト 満塁
北野 ファーストゴロ 3アウト  

4 回 表

瀬戸 ライト前ヒット ノーアウト 1塁
天谷 ピッチャーゴロ 1アウト 2塁
井生 死球(頭に当たり退場。代走石橋に交代。次の回の守りは、石橋→セカンド、兵動→サード、甲斐→ショート、へ。) 1アウト 1塁2塁
末永 レフトフライ 2アウト 1塁2塁
廣瀬 レフトフライ 3アウト  

4 回 裏

荒金 見逃し三振 1アウト ランナーなし
関屋 ライトフライ 2アウト ランナーなし
中村 ファーストゴロ 3アウト  

5 回 表

投手[松 ]      
サードファールフライ 1アウト ランナーなし
兵動 ライトフライ 2アウト ランナーなし
甲斐 ファーストフライ 3アウト  

5 回 裏

投手[ランドクィスト ]      
井出 空振り三振 1アウト ランナーなし
稲嶺 セカンドゴロ 2アウト ランナーなし
大道 センター二塁打 2アウト 2塁
大野 ライトタイムリーエラー(多分だったと。フライに3人が駆け寄りお見合い気味でポロッと落としました) 2アウト 2塁
見逃し三振 3アウト  

6 回 表

投手[田中総 ]      
田村 ピッチャーゴロ 1アウト ランナーなし
瀬戸 空振り三振 2アウト ランナーなし
天谷 セカンドゴロ 3アウト  

6 回 裏

北野 四球 ノーアウト 1塁
荒金 レフトフライ(けっこう美技だった) 1アウト 1塁
関屋 セカンドゴロ併殺打 3アウト  

7 回 表

投手[木村 ]      
石橋 ピッチャーゴロ 1アウト ランナーなし
末永 センター越え三塁打 1アウト 3塁
廣瀬 ショートゴロ 2アウト 3塁
センター前タイムリーヒット 2アウト 1塁
兵動 左中間タイムリー二塁打 2アウト 2塁
甲斐 四球 2アウト 1塁2塁
田村 セカンドゴロ 3アウト  

7 回 裏

中村 セカンドゴロ 1アウト ランナーなし
井出 ライト前ヒット 1アウト 1塁
稲嶺 空振り三振 2アウト 1塁
大道 ショートゴロ 3アウト  

8 回 表

投手[佐藤]      
PH鈴衛 レフト前ヒット ノーアウト 1塁
天谷 レフト前ヒット ノーアウト 1塁3塁
石橋 レフト犠牲フライ 1アウト 1塁
末永の打席 天谷盗塁 1アウト 2塁
末永 ショートゴロ 2アウト 2塁
廣瀬 ショートゴロ 3アウト  

8 回 裏

投手[林]捕手[鈴衛]      
大野 空振り三振 1アウト ランナーなし
空振り三振 2アウト ランナーなし
北野 見逃し三振(バットが真っ二つになるシーンも) 3アウト  

9 回 表

ショートゴロ 1アウト ランナーなし
兵動 ファーストフライ 2アウト ランナーなし
甲斐 セカンドフライ 3アウト  

9 回 裏

PH杉山 セカンドゴロ 1アウト ランナーなし
関屋 ファーストフライ 2アウト ランナーなし
中村 ピッチャーゴロ 3アウト

2003年 3月23日 ウエスタン教育リーグ 阪神−サーパス(鳴尾浜)報告者:kazunatumiさん(HP:阪神ファーム情報☆めざせ一軍・鳴尾浜☆

3月23日(日)鳴尾浜球場(阪神2勝1敗)
サーパス 300 002 020 
阪  神 000 010 000 

(サ)○小倉、岩下、佐野
(神)●川尻、橋本、杉山、加藤、伊代野
(本)中島3ラン
(三)狩野
(二)吉本、萱島、牧田、板倉

        打安点振球
(9)8 高波  40000
 7  松下  10000
(6) 久慈  20000
 6  田中聡  10001
(5) 片岡  20021
 H5 新井亮  10000
(3)78 喜田  41010
(7)D 的場  42000
(D)3 梶原康  30000
 H カツノリ 10000
(8) 桜井  10010
 9  早川  30010
(2) 吉本  21010
 2  狩野  11000
 2   東   11000
(4) 萱島  42110

     打 安 点 振 球 
     34 8 1 7 2

盗塁:なし 犠打:なし 失策:喜田

    回  打  安 三 四 失 責
川 尻 5 19 3 4 1 3 3
橋 本 1  7 3 0 1 2 2
杉 山 1  3 0 2 0 0 0
加 藤 1  7 3 0 2 2 2
伊代野 1  3 0 0 0 0 0


 <阪神>   <サーパス>
(右)高波   (遊)後藤
(遊)久慈   (二)牧田
(三)片岡   (三)中島
(一)喜田   (一)板倉
(左)的場   (中)肥田
(指)梶原康  (指)藤本
(中)桜井   (捕)吉原
(捕)吉本   (右)上村
(二)萱島   (左)早川
 P.川尻    P.小倉

1回表(先発:川尻)
後藤:四球、牧田:左線二塁打で、無死2、3塁(ありゃりゃ?)
中島:左越え3ラン(ありゃりゃりゃりゃ?)、板倉:一ゴロ、肥田:中飛
川尻、何事もなかったように、偉そうにベンチヘ(爆)

1回ウラ(先発:小倉)
高波:左飛、久慈:中直、片岡:粘って四球、喜田:左飛

2回表
吉原:空振り三振、上村:一塁強襲、喜田捕れず、
川尻ベースカバー遅れる。記録は一失
早川:初球右前クリーンヒットで一死1、2塁、後藤:一直併殺
ええ当たりばっかしされとるがな

2回ウラ
的場:左前クリーンヒット!、梶原康:左飛、
桜井:空振り三振(中途半端なスイング)、吉本:3球三振

3回表(右:早川、中:高波)
牧田:中直、中島:空振り三振、板倉:遊飛(桜井、おしおき交代か?)

3回ウラ
萱島:三ゴロ、高波:二飛、久慈:遊ゴロ
打たされてばっかしやなぁ、まともにバッティングできたん的場だけ。

4回表
肥田:一ゴロ(喜田ファインプレー!)、藤本:右飛、吉原:空振り三振
ようやく川尻の「おちょくり投法」になってきた^^

4回ウラ
片岡:フォーク空振り三振、喜田:中飛、的場:遊ゴロ

5回表
上村:空振り3球三振、早川:遊飛、後藤:右飛
川尻、おちょくり全開!5回で68球。

5回ウラ
梶原康:左中間痛烈なライナーも肥田が好捕、早川:ボテボテ三ゴロ、
吉本:右線痛烈な二塁打!、萱島:初球左中間タイムリー二塁打!速いっ!
吉本生還!高波:中飛(だから上げるなって・・・。)

6回表(投:橋本、捕、狩野、一:梶原康、遊:田中聡、左:喜田、指:的場)
牧田:右前安打、中島:エンドラン中前安打で無死1、3塁、
板倉:中前タイムリー、牧田生還、なお無死1、2塁、
肥田:四球で無死満塁(あーーー)、藤本の代打福留:二飛
吉原:右犠飛で中島生還、なお二死1、3塁
上村:二ゴロ

6回ウラ(二:福留、指:牧田)
田中聡:遊飛、片岡:外いっぱいストレート見逃し三振
喜田:初球右前安打!、的場:中前安打!(いいねぇ〜!)二死1、2塁、
梶原康:当たりはよかったが遊ゴロ

7回表(投:杉山)
早川:スライダー空振り三振、後藤:一ゴロ
牧田の代打菊池:スライダー空振り三振
きょうはようキレてる^^

7回ウラ(二:菊池)
早川:空振り3球三振、狩野:中フェンス直撃三塁打!
萱島:粘って2-3から11球目空振り三振、高波:どんづまりの一飛

8回表(投:加藤、捕:東、左:松下、中:喜田)
中島:四球、板倉:左中間タイムリー二塁打で中島生還、板倉三塁欲張りアウト
肥田:中前安打、福留:初球肥田二盗成功・
牽制悪投で三進・中前ポテンタイムリーで肥田生還(カトちゃボロボロ)
吉原の代打高橋:二飛、二死1塁、上村:四球、二死1、2塁、早川:右飛

8回ウラ(投:岩下、捕:高橋、二:福留、三:菊池、遊:中島、指:後藤)
田中聡:四球、片岡の代打新井亮:遊ゴロ失で無死1、2塁、喜田:空振り三振、
的場:止めたバット投ゴロ、二死2、3塁、梶原康の代打カツノリ:中直

9回表(投:伊代野、一:カツノリ、三:新井亮)
後藤:中飛、菊池:二ゴロ、中島:三ゴロ
気合満点!伊代野最高! これで3試合登板、未だ走者出さず!

9回ウラ(投:ピッカリ佐野)
早川:中飛、東:右前安打!萱島:三内野安打!めっちゃ速い!一死1、2塁、
松下:痛烈な三遊間のゴロだが、6-4-3の併殺、ゲームセット


2003年 3月23日 ウエスタン教育リーグ ダイエー−広島(雁の巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

由 宇 752 000 210 17
雁の巣 010 010 000 2

<投手>
由 玉山(4回)−○ランドクイスト(3回)−林(2回)
雁 ●神内(2回)−ゴメス(2回)−松(1回)−田中総(1回)−木村(1回)−佐藤(2回)

<ホームラン>
廣瀬(3ラン・1回・神内)、瀬戸(2ラン、1回、神内)、陳(ソロ、2回、玉山)

<審判>
球:岡田 一:金子 三:杉本

神内靖、大乱調。カーブ決まらず置きに行ったストレートを痛打。
由宇打線、兵動(6打点)、末永4安打を含む先発全員安打の20安打、
前日も15得点と雁の巣投手陣を連日の粉砕。
陳、二軍ながら初ホームラン。「当たれば」飛びます。

詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。

なお、24日月曜日は、12:00から雁の巣−由宇の練習試合が雁の巣で行われるそうです。


  ■掲示板@2軍愛■