【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2003年 5月 1日 ウエスタンリーグ 4回戦 近鉄−サーパス(藤井寺)報告者:健一@管理人

■ウエスタンリーグ 5月1日(木) 藤井寺バファローズvsサーパス神戸(藤井寺)

                      R
サーパス神戸   |100 400 000|
藤井寺バファローズ|000 000 001|

サ:○今村文昭−牧野塁−川越透−佐野慈紀
藤:●谷口悦司−佐藤和宏−有銘兼久

 ■サーパス神戸  ■藤井寺バファローズ
(左)早川大輔  
(指)森谷昭人
(二)福留宏紀  
(三)山崎浩司
(遊)後藤光尊  
(一)武藤孝司
(右)竜太郎   
(左)下山真二
(指)相川良太  
(遊)阿部真宏
(一)板倉康弘  
(二)永池恭男
(捕)前田大輔  
(右)牧田明久
(中)迎祐一郎  
(捕)長坂健治
(三)菊池俊夫  
(中)坂口智隆


【大まかな得点経過】

一回表先頭打者早川大輔が、藤井寺先発左腕谷口悦司に対して右打席@スイッチ打者でレフト線ギリギリに入る打球を放つ!長打!・・・しかし三塁審判にガツン!?運悪し・・・シングルヒット(^^;)すかさず早川大輔は二盗に成功(ウエスタンリーグ盗塁部門を爆進中、昨年もリーグ3位の24盗塁を記録する快足の持ち主)。その後二死から竜太郎のレフト前適時打でサーパス先制。

四回表竜太郎はこの打席でも右中間を破る二塁打、相川良太の中安で走者を貯め、板倉康弘の右前適時打、続く菊池俊夫に代わる代打牧田勝吾の中安適時打でそれぞれ一点ずつ追加。更に満塁の場面で早川大輔押し出しの死球(引いた右足にワンバウンドでコツン)、福留宏紀センターへ犠牲飛球とでこの回計四得点。

この四回谷口悦司は集中打を浴びKOと相成りました(五回より二番手佐藤和宏登板)。中盤以降は先発今村文昭を含めて中継陣が試合を締めました。最終回帰ってきた「ピッカリ投法」佐野慈紀が長打・暴投を絡まれ一失点。

サーパス今村文昭「桑田真澄ばり」のピッチングが冴え、藤井寺打線は打ち気を逸らされてしまったようです(^^;)


【気になる選手達】

■谷口悦司(近)
昨年ルーキー元年は左肘手術(リハビリ含)のため登板なし。#二年目こそはアピール!
長身の割にはコンパクトな腕の振り、また腕の出はスリークォーター気味で全体的にはクセのない投球フォーム。ストレート@135km/h前後、カーブ@110km/h強、スライダー@125km/h前後が大凡の球速。あとツーシーム@130km/h強で右打者の内角に突くボールも投げていました。

低めにボールを集めようと腐心していましたが、走者を貯めた場面では力むのかボール先行し置きにいったストレートをことごとく捕らえられてしまいました・・・。<パワーというよりかは・制球キレ重視のピッチングが信条、2軍で実績を残してナンボでしょう


■佐藤和宏(近)
テークバックの時左肩が少し後ろに入り、その為かやや横ぶりのダイナミックなフォームで剛速球を投げ込む小柄な左腕投手。昨年観たときは145km/h近い速球主体のピッチングでしたが、本日は135km/h強と抑え気味か?
キレの良いといった感じではありませんが、沈み込むようなスライダーとのやや単調なコンビネーション。しかしテンポ自体は良かったように見受けました。

「河本育之型」かなと期待を掛けすぎていたところもありますが、ストレートが「肝」の中継ぎ候補。


■有銘兼久(近)
変則フォームの左腕、テークバックに入る時一塁側に激しく屈曲し、この一コマ多い動きが打者を幻惑させる(投球フォーム:スリークォーター)。球速はキレを感じさせるタイプで、球速には余り出ませんが130km/h台のストレートにスライダー、カーブ、シンカー、チェンジアップと多彩な変化球が持ち味。もう少しストレートに力が出てくると評判通り厄介な投手になりそう。終盤2イニングをピシャリと抑えました。


■森谷昭人(近)
足の速さは尋常ではない!この森谷昭人。本日は2安打と好リードオフマンぶりを見せました。それぞれ左打席でボールを強く叩きました(打ち上げないように、うちあげないように(^^))。また彼の左打席を見るといつもの感想ですが、「腹切り打法」であまり感心しません(利き腕である右手の引きが甘くリード仕切れず、逆に添えている左腕が被さるような出るスイング)。その分妙にボテボテ安打が多いんでしょうな。#好不調の波が激しい選手、そして代走止まりで終わるのか、大村直之からリードオフマンを奪取できるのかここ一、二年が重要


■坂口智隆(近)
ドラフト1巡目@神戸国際大付校のルーキー。左打席の構えは、さすがドラ1いい雰囲気を持っています。ボールの見送り方(自分の間もあり、意外とギリギリのコースにも自信を持って見逃す様なんていいです)、また右手の捌きも柔らかくバットコントロールも良さそう。#しなりのある打撃は面白い

ただ現時点ではプロの投球に対応するのに精一杯、そしてスイングも弱い・・・しかしパッと見将来「打率0.270 15HR 60打点 15盗塁」の成績を残す選手になるのでは!?(^^;)また守備もまだ粗いですが、強肩にエリアも広く先々三拍子揃った選手になるでしょう!!

二打席目にあわや右中間を抜ける当たりかという右直あり。


■筧裕次郎(近)
昨年明徳義塾の四番打者のルーキー。小柄な身体ながら打撃センスを感じさせる打者。しかしミートセンスはあるとはいえ長打はそう期待するタイプではなく、守備@捕手も長けているといった感じではないような気がするので、礒部公一(守備も捕手上がり)のような選手になれるかもしれないという印象を覚えました。<終盤代打で登場@凡打



■今村文昭(サ)
再度の投手転向し1軍でも中継ぎとして有用な戦力。あまり観戦機会もないのですが、腕の出を上げたのでしょうか?<昨年もそうだったのかな?

パッと見「桑田真澄(巨)」そっくりの「投球フォーム」に「投球内容」。ストレートは130km/h後半、110km/h弱の緩いカーブ、125km/h前後のスライダーに130km/h前半のシュート等々・・・緩急、左右と散らすは、コーナーを突くはと打者の打ち気を逸らす投球は2軍のそれではありませんでした。

ただこの投球が1軍でおいそれと出来るかというと「球威不足」が心配・・・。しかし本日に限れば確かに桑田真澄だった(^^;)<ナイスピッチング!@シュート&緩いカーブ!!


■早川大輔(サ)
俊足巧打のスイッチヒッター@外野手。本日は藤井寺の左腕群に対して右打席。初回先頭打者で出塁(当たり自体は三塁線に入る長打)後、即盗塁と自慢の足を見せつけました。

チームに同タイプの選手が多々おり埋没しかねないですが、素直な打撃フォーム(左打席は小坂誠(ロ)似)だし、いい面に出るのでは・・・。<2割後半の打率を期待したい


■竜太郎(サ)
大物打ちではないが、バットコントロールは「◎」。パッと見、関川浩一(中)の打撃フォームに通ずる部分が見えました。多少前傾姿勢で構え(バットは始めから深い位置)、そしてスイングも速い。<一塁側に身体を開きながらスイングするので、ライト方向に強い打球を飛ばす反面、レフト方向へは軽打を見せる。

ただバットコントロールの良い打撃と述べましたが、安打製造器と感じるまでには至りませんでした。打率0.270強で強いて言えば「チャンスに強い」(少しヒッチしますが、これが彼のボールを捌くタイミングの取り方なのでしょう)。


■板倉康弘(サ)
球団としては藤井康雄2軍打撃コーチに続いて欲しい左のスラッガー候補。古木克明(横)や小笠原道大(日)のようにトップを身体から離しその高い打点から一気に振り下ろす長打を期待できる素養あり。

真ん中から外目のストライクゾーンを引っ張る(恐らく)長打スポット以外は、かなり苦手かと感じました。それは腕の畳み方がえらい不格好で先々の1軍起用を鑑みると「対応力」という点では「うーん」。<「打撃不安定ながら下位打線で一発」そのような選手をイメージ


■前田大輔(サ)
ガッチリした体格、少し前屈み気味に立ち、左足を一足半ぐらい引くオープンスタンス。ボールを迎入れる時に左足を大きく上げタイミングを計る(合わない場合は、二段モーションのように速く上げ下げ)。大きな動きの中でタイミング(フラフラ!?)を計る分、当たればパンチ力あり、反面不安定・・・。

初回森谷昭人を二塁で刺した。<今村文昭のクイックと前田大輔の「強肩」が合わさりました!


■菊池俊夫(サ)
小柄でずんぐりむっくり、パンチ力が売りなようだが、まだ身体能力アップが第一の課題か。第一打席谷口悦司の内を突くストレート、外目の変化球に、手だけで合わそうとする弱々しい上に、振らされるスイング・・・。結局二打席の満塁好機に牧田勝吾を代打に送られる。

次回はフルスイングを見たいっす!


2003年 4月30日 ウエスタンリーグ 4回戦 広島−阪神(由宇)報告者:いの一番さん

4月30日(水)に由宇で行われた広島カープ−阪神タイガースの試合が広島ホームテレビで
ダイジェスト放送されたので,解説の大下剛史サンのコメントも交えて報告します。

 000300331 10
 000022000 

勝−吉田(1試合1勝)  負−矢野(4試合1敗)
(投手)T 谷中(4回)−吉田(2回)−中村泰(2回)−久保田(1回) 
    C 大竹(1回)−大島(1回)−田中(3回)−矢野(2回)−筒井(2回)
(本)関本3号B(田中)
(審判)福家,岡田,金子(3人制)

(選手評)
阪神
■関本健太郎(神)
3打数2安打2四球。翌日のデイリースポーツによると,自分では本塁打より際どい球に手を出さず
四球を選んだことを評価しているようだ。1軍から声が掛かるか?(上がったんですね)。

■吉田篤史(神)
ロッテから移籍したばかり。勝ち投手にはなったが2回で6安打4失点。
大下「ダメだね,これは。星野監督は使わないよ。クイックモーションができない。」

■中村泰広(神)
4順目入団の新人。この日は2回投げ,無走者に抑える。
大下「球種が豊富でコントロールもいい。1軍は近いと思う。
ワンポイントからロングリリーフまでいろいろできる使い勝手のいい投手になるのでは。」

広島
■大竹寛(広)
故障後初の実戦。11ヶ月ぶりのマウンド。1回を投げ,1邪飛,四球(盗塁死),遊ゴロ。
142キロ出たそうだ。
大下「素質の片鱗が覗える投球。今後が楽しみだね。」

■矢野修平(広)
7回に3安打1四球で3点を失う。ピンチで厳しい表情がテレビに大写しになった時一言。
大下「表情だけじゃなくて,球も厳しいのを投げないと。この内容じゃ2軍でも使ってもらえないよ。」

■天谷宗一郎(広)
この日は5打数1安打3三振だったが,1安打はタイムリー3塁打で,
放送には出なかったが守備でもファインプレーがあったらしい。
大下「気持ちがプレーに出ているいい選手だ。今後要注目だな。」

(放送席)
■大下剛史(解説者)
元々言葉遣いのいい方ではなかったが,最近磨きがかかり,尊大になってきた。
この日も意地悪というか厳しいというか言いたい放題で,アナとも呼吸も合わず。
圧巻は放送終了直前のこの場面。
大下の厳しいコメントを受けてアナが「大下さんの厳しい…」と言いかけたところ,
大きな声で「厳しくないっ!! 当たり前の話だっ!!」とアナを一喝。怖いよー。

■土屋 誠(広島ホームテレビアナ)
入社3年目。なかなか実況が進歩しないなあ。
大下の解説が余計意地悪くなるのはこの人の技術不足,勉強不足も原因。
もっと野球のことを勉強しないと,いつまでも突っ込まれるぞ。


2003年 4月30日 イースタンリーグ 7回戦 西武−日本ハム(西武ドーム)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/さすらいのにーひゃん/@白にゃんこさん/レイトンハウスさん

■江尻慎太郎(日)が四球1つノーヒッター

イースタン対西武戦

日本ハムの江尻慎太郎(26歳)が、4月30日、西武ドームで行われたイースタン・リーグ西武戦でノーヒットノーランを達成した。リーグ19度目で18人目。106球を投げて8奪三振、四球も7回二死から宮地克彦に1つ与えただけのほぼ完璧な内容だった。野球人生で初めてという江尻慎太郎「7回ぐらいからいけるかと思った。信じられない」と興奮気味。報告を受けたヒルマン監督「素晴らしい。すぐ1軍というわけにはが、彼には小さい贈り物をしておいたよ」と祝福した。江尻慎太郎は2月に大リーグ・ダイヤモンドバックスのキャンプに留学しており、早くも効果が現れた形。この日が26歳の誕生日で、二重の喜びとなった。(※2003年5月1日日刊スポーツ紙面より)

 

ふんぼるとさん編

さすらにのにーひゃんさん、@白にゃんこさん、観戦おつかれさまです!
スカパーあるんですね、いいなぁ〜(T0T)

2003年4月30日 西武−日本ハム 7回戦

江尻(日)無安打無得点試合(イースタンリーグ通算18人目(19回目))

F西武ドーム(日本ハム6勝1敗)

 
日本ハム 300 010 130│
 
西  武 000 000 000│
 
 勝 江 尻 2勝1敗0S 登板3
 負 眞 山 0勝1敗0S 登板4

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 佐 藤 400 四球 見振    投ゴ       遊ゴ 三ゴ
  D 飯 山 532 右安 中安       右飛    空振 左2
  C 田中賢 321 遊安 空振       右安    四球 四球
  B 木 元 422 四球 三邪       中2    右2 左飛
  D 小谷野 400 死球    遊ゴ    空振    空振    右飛
  G 紺 田 411 一安    遊ゴ    一ゴ       四球 見振
  A 實 松 500 見振    空振       遊ゴ    遊飛 二ゴ
  H 山田憲 201 四球       三ゴ    一ゴ    四球
  E 野 中 411 二ゴ       投ゴ    遊ゴ    右安
  犠盗失併残─────
  02008 3598

      回 打安振球責
  江 尻 9 280810

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 赤 田 400 投ゴ       見振       二ゴ    右飛
  H 栗 山 300 中飛       空振       左飛
  G 宮 地 200 空振       遊直       四球
  F 高 山 300    三ゴ       空振    三ゴ
  D 貝 塚 300    空振       二ゴ       一ゴ
  B 中 村 200    見振       空振
  H2田 原 100                      一ゴ
  E 中 島 300       二ゴ       遊ゴ    三ゴ
  A 野 田 200       二飛       中飛
  3 上 本 100                         二ゴ
  C 水 田 300       空振       三ゴ       遊ゴ
  犠盗失併残─────
  00001 2700

   内訳 空振り三振:6 
      見逃し三振:2 
      内野ゴロ :13(投手1、一塁2、二塁4、遊撃2、三塁4) 
      内野飛球 :2(二塁フライ1、遊撃ライナー1)
      外野飛球 :4(左翼1、中堅2、右翼1)
      四球   :1

      回   打安振球責
  眞 山 62/3 306655
  竹 下  1/3 21100
  内 薗 1   82033
  トモキ 1   30100


  二塁打  木 元(日) (5回 眞山 タイムリー)
       木 元(日) (7回 竹下 タイムリー)
       飯 山(日) (8回 内薗 タイムリー)
  盗 塁  紺 田(日) (8回 打者は山田憲 捕手は野田 三盗成功)
       飯 山(日) (8回 打者は田中賢 捕手は野田 三盗成功)
  走塁死  飯 山(日) (1回 1走として田中賢の三塁後方へポトリと落ちるショート
                 内野安打で3塁を欲張り憤死 中島−赤田)
  暴 投  内 薗(西) (8回 無死1塁 1走の紺田が二進)

  PL:深見 1B:橋本 3B:新屋 公式記録:新向井
  時間 2時間42分(11:00〜13:43)

得点経過
 1回表(日) 無死1、3塁から田中賢がサード後方へポトリと落ちるショ
       ート内野安打。佐藤がホームイン             日本ハム1点目
       1死満塁から紺田がファーストへ高いバウンドの内野安打。
       田中賢がホームイン                   日本ハム2点目
       2死満塁から山田憲が押し出しフォアボールを選ぶ。木元が
       ホームイン                       日本ハム3点目
 5回表(日) 1死1塁から木元が右中間を破るツーベース。田中賢がホー
       ムイン                         日本ハム4点目
 7回表(日) 2死1塁から木元がファースト中村強襲のツーベース。田中
       賢がホームイン                     日本ハム5点目
 8回表(日) 1死1、3塁から野中が右前打。紺田がホームイン     日本ハム6点目
       1死1、2塁から飯山がレフト越えツーベース。野中、佐藤
       がホームイン                      日本ハム8点目

戦評
 天気予報は寒冷前線が関東地方を通過するため昼頃に冷たい雨との予報だったが見事に当た
 り、所沢でも10時ぐらいからかなり強めの雨が降り始めた。
 今日は西武−ダイエーがナイターで行われるため西武−日本ハムは11:00からドームで行わ
 れたが、いつも通り西武第2だったらおそらく雨天中止になり、江尻(日)の快挙は生まれな
 かったわけで、江尻の運の強さを感じる。
 試合の方は江尻のノーヒットノーランを後押しするように日本ハム打線が先制−中押し−ダ
 メ押しと理想的な攻めで圧勝。明後日からのロッテとの首位攻防4連戦に弾みを付けた。

選評
 
江 尻(日) 期待の2年目。昨年は何か頼りないマウンド捌きだったが、今年は春先のアメ
       リカ留学で一皮剥けたか、畏怖堂々の投球。試合前半はストレート三振、後半
       変化球で打たせて取るピッチングで見事にノーヒットノーラン達成。江尻とい
       うと、どちらかというと技巧派との印象が強いが、今日1番良かった球はスト
       レート。キレが抜群で面白いように西武打線から空振りの山を築いていった。
       今日の投球を支えにして今後とも成長していって欲しい。
       ノーヒットノーラン達成、おめでとう!

観戦者雑感
 今まで数多くの試合を球場で見てきましたが、ノーヒットノーランに遭遇できたのは始めて
 です。観客のみなさんも6回辺りから徐々に意識し始め、8回以降はみんな気付いているん
 だけど、江尻に余計なプレッシャーを掛けたくないという思いからか誰もこのことを大声で
 言わないという妙なんだけど、非常に心地良い空気の中で試合を観戦することができました
 (もちろん、ゲームセット後はみんな喜び爆発です)。

追伸:@スカパーの完全中継のある試合でこんなことをするなんて、江尻も役者ですね(笑)
   A自分の誕生日にこんなことするなんて、江尻も役者ですね(笑)


〜江尻(日)投球内容コンプリート〜

2003年4月30日 西武−日本ハム 7回戦

江尻慎太郎(日)ノーヒットノーラン達成試合

F西武ドーム(日本ハム6勝1敗)

 
日本ハム 300 010 130│
 
西  武 000 000 000│
 
 勝 江 尻 2勝1敗0S 登板3
 負 眞 山 0勝1敗0S 登板4

江尻(日)投球内容

 凡例 ○:見逃しストライク
    ◎:空振りストライク
    ●:ボール
    V:ファール

 イニング 打者    カウント      結果    イニング投球数  通算投球数
  1回  赤田  ●○V●    ピッチャーゴロ   
      栗山  ●       センターフライ
      宮地  ○V●◎    空振り三振       11球      11球
  2回  高山          サードゴロ
      貝塚  ○V●◎    空振り三振
      中村  ◎◎○     見逃し三振       8球      19球
  3回  中島  ●○◎     セカンドゴロ
      野田  ●V      セカンドフライ
      水田  ○●◎●◎   空振り三振       12球      31球
  4回  赤田  VV○     見逃し三振
      栗山  ○●◎●◎   空振り三振
      宮地  ●◎V     ショートライナー    12球      43球
  5回  高山  ●◎◎●◎   空振り三振
      貝塚  ●       セカンドゴロ
      中村  ●○◎V●◎  空振り三振       13球      56球
  6回  中島  ◎●      ショートゴロ
      野田          センターフライ
      水田          サードゴロ       5球      61球
  7回  赤田  ○●◎     セカンドゴロ
      栗山  ●○      レフトフライ
      宮地  ○V●●●V● フォアボール
      高山  V●VV    サードゴロ       19球      80球
  8回  貝塚  ●●●○    ファーストゴロ
      田原          ファーストゴロ
      中島  ●○●     サードゴロ       10球      90球
  9回  上本  ●V●V●   セカンドゴロ
      水田  ●○●     ショートゴロ
      赤田  V●◎●●   ライトフライ      16球      106球

 ※イースタンリーグとしては02年9月5日の厚澤(日)以来、18人目(19回目)の快挙!

↑ふんぼるとさん、凄いっす!by健一@管理人




さすらいのにーひゃんさん編

ふんぼるとさん、いつも綿密なレポートありがとうございます!!

江尻、やりましたねえ〜。しかも1四球のみ!!殆ど「完全」ですね。
先程から録画中継(セッティングをミスって途中から…涙)を見ていたの
ですが、例によってライオンズは準1軍とも言えそうなメンツ、それも
赤田、宮地の「助っ人」を含めていたにも関わらずこの結果は…ちょっとは
何か感じて欲しいものですね…

■江尻慎太郎(日)
さて江尻ですが、自由枠で入団して2年目。昨年は結局全く1軍戦力にならず
今年も特別イースタンでも際立った結果を出していなかったのですが、今日の
白眉は何と言ってもスプリットフィンガーでしょう。ある時はカウント球に、
はたまた勝負球に、と正に自由自在にこの球を操っていた印象です。

ストレートの球速はアヴェレージ130km後半で、しかもやや上擦り気味だったにも
関わらずの今日の結果は、矢張りスプリットの切れがもたらした物と言えそうです。

今日位スプリットが切れ、制球共に安定していれば1軍でも充分働けそうですが…
果たして今日の内容を継続出来るか否か。課題は「安定性」に尽きると思います。

その他の注目選手を何名か。

■實松一成(日)
怪我が無ければ1軍正捕手、もう実戦はオーケー。
この日の好リードをお土産に、1軍昇格となるでしょうか。

■田中賢介(日)
今年はコイツの年だ!と思っていたのですが…
先ずは打撃好調の阿久根を抜かねば。腰の入ったスイングは矢張り魅力です。

■木元邦之(日)
スライド回転のインローのボール球を右中間に弾き
返した打撃には目を見張りました。これも「あと一息の安定性」がキモか。

■眞山龍(西)
早4年目か…決め球のスライダーに加え、意識して
いるのかいないのか、ストレートもハッキリとスライド回転。あと10kmスピードが
あればマリアーノ・リベラ(ヤンキーズ)クラスの「カット・ファストボーラー」
なのですが…「この球なら打たれない」球が無いのは辛いなぁ。

■野田浩輔(西)
いまやすっかり細川に大差を付けられた感の
「次代の正捕手候補」こちらも怪我は癒えた模様ですが、どうもコースが
片寄りがちなリードは相変わらず…上本達之の足音も聞こえて来そう。

■竹下潤(西)
ゆったりした腕の振りの割に「ぴゅっ」と来る
ボールの切れは徐々に回復か。年齢的にも、完全に正念場。もう一花咲かせる
には、環境を変えてやるのも一手かな〜、などとも。

ライオンズ打撃陣には…本日はコメント無し、です。



@しろにゃんこさん編

皆様お疲れ様です(^-^)

上記試合ですが、残念ながら最後のほう(8回表〜)しか、観戦できませんでしたので、寸評などはありませんが、江尻投手はまったく危なげなく打者を打ち取っていたのが印象的でした。
さすらいのにーひゃんさんが仰る通り、やはり変化球のキレが印象的でした。
昨年は1軍で2試合登板機会がありましたが、実力重視のヒルマン監督の下、ぜひ1軍で頑張って我々移転を待つ札幌のファンにも名前をとどろかせてほしいところです。

 30日 西武ドーム 第7回戦 鎌ヶ谷6勝1敗
 11時試合開始
 
鎌ヶ谷 300 010 130 
 
所 沢 000 000 000 

(所 沢)●眞山 龍(1敗)、竹下 潤、内薗直樹、トモキ−野田、田原
(鎌ヶ谷)○江尻慎太郎(2勝1敗)−實松

  スタメン
 <鎌ヶ谷>    <所 沢>
(左)佐 藤   (三)赤 田
(指)飯 山   (右)栗 山
(二)田中賢   (中)宮 地
(一)木 元   (左)高 山
(三)小谷野   (指)貝 塚
(中)紺 田   (一)中 村
(捕)實 松   (遊)中 島
(右)山田憲   (捕)野 田
(遊)野 中   (二)水 田
(投)江 尻   (投)眞 山


■江尻慎太郎(日)
 9回 106球 
 被安打  0 
 内野ゴロ13
 内野飛球 2
 外野飛球 4
 三  振 8
 四  球 1
 失  点 0
 
 なお、彼はこの日くしくも誕生日だったそうです。

ふんぼるとさん、朝早くからお疲れ様でした(^o^)



レイトンハウスさん編

昨日は西武ドームで江尻投手のノーヒットノーランと東京ドームでビッグバン打線の爆発17点ゲームを見ました。小学生の息子を学校を休ませて連れていったかいがありました。

西武ドームの試合で印象に残った選手について触れてみたいと思います。

■江尻慎太郎(日)
試合後半になっても球威が衰えませんでした。120km台のボールが有効的で西武の若手選手はタイミングが合ってませんでした。速球との緩急をつけた投球は見事です。おめでとう江尻投手!

■木元邦之(日)
この日は4番ファーストで出場。2塁打2本と貫禄を見せてくれました。負傷した手の状態も完全に回復したそうです。(本人から聞きました。)クローマーが打率1割台で低迷しているだけにそろそろイースタン卒業でしょうか。

■飯山裕志(日)
この日は2番DHで出場。以前は右方向にしか打球が飛ばない印象がありましたが、レフトへの2塁打を見せてくれました。約1ケ月の1軍での経験が一皮むけたようです。首脳陣も意図があってのDH起用でしょう。打撃を磨いて一流の遊撃手に成長して欲しいです。

■實松一成(日)
打撃についてですが技術以前の問題で、見送り三振が気になりました。13日も戸田で観戦したのですが、その時も好機に見送り三振がありました。初球からどんどん積極的にボールに食いついていくような姿勢がほしいです。がんばれ實松!

こんな試合を観戦できて幸せです。江尻投手の今後の活躍を見守っていきたいと思います。


2003年 4月29日 ウエスタンリーグ 3回戦 広島−阪神(由宇)報告者:いの一番さん

4月29日(火)に由宇で行われた広島カープ−阪神タイガースの試合について報告します。

 000000001 
 00110050X 

勝−広池(5試合3勝1敗)  負−中林(5試合2敗)
(投手)T 中林(3回1/3)−三東(1回2/3)−石毛(2回)−梶原和(1回) 
    C 広池(9回)
(審判)岡田,金子,福家(3人制)  

(試合経過)
3回裏
1死後天谷が2塁打,井生は打撃妨害で出塁。2死後栗原四球で満塁。広瀬も四球で押し出し,1−0。
4回裏
兵動がレフトへ2塁打,倉の1邪飛で3塁へ。広池四球。ここで投手は中林から三東に交代。
1死1,3塁から天谷の中前打で2−0。
7回裏
先頭の広池が左前打。天谷ライトオーバーの2塁打で広池一気に生還,3−0。
バックホームの間に天谷は3塁へ進む。井生三振の後,末永ライト線2塁打で4−0。
栗原右前打で末永は3塁に止まったが,ライトからバックホームされ,その間に栗原は2塁へ。
広瀬左前打で末永生還5−0。広瀬はすかさず盗塁し,1死2,3塁。
松本奉中前打で2者生還し7−0
9回表
高波,的場が連続安打したが,斉藤は2ゴロで4−6−3の併殺。
2死3塁関本の場面で,倉が捕逸し,阪神ようやく1点を返す。
関本は3塁ゴロに倒れ試合終了。

(選手評)
阪神
■中林佑輔(神)
2年目の左腕。1回は3者凡退だったが,2回以降は走者を出す苦しい投球で,4回途中で降板。
まだ,課題は多そうである。

■三東洋(神)
島根県津和野町出身で,同町初のプロ野球選手とのこと。目標は今中(元中日)。
登板直後に天谷に安打を許したが後は抑えた。
新聞によると1軍に一番近い位置にいるということで,今後が楽しみ。

■石毛博史(神)
近鉄を自由契約になりテスト入団。
6回は無得点に抑えたが,7回はカープ打線につるべ打ちに遭った。これでは1軍は難しい。


広島
■広池浩司(広)
最後に少し疲れて1点失ったが上出来の内容。1軍は左投手が不足しているので,早く上がってほしい。
完投できるスタミナがあるのだから,ワンポイントだけではなく,ロングリリーフもいいのでは。

■天谷宗一郎(広)
打率が少し下降気味だが,この日は5打数3安打2打点。左投手から2安打し,結構パワーもあるようだ。

■栗原健太(広)
残念ながらこの日の前日1軍登録抹消。松原コーチから「反動を使った大きな打撃フォーム」への
改造を宿題として与えられ,出直しを誓う。


2003年 4月29日 イースタンリーグ 6回戦 ヤクルト−湘南(太田スタジアム)報告者:風車の弥生さん

429 火曜日(晴れ)
シーレックス大田スタジアム

  
湘  南 100 001 020 ( 8安打)
  
ヤクルト 200 000 201X (11安打)

      勝 
吉川   負 堤内

      
PL 敷田  1B 西本  2B 牧田  3B 濱野


      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
6 木 村 4-1 左安 遊ゴ       二ゴ       右飛
_1杉 本
_1堤 内
8 小 池 4-3 右2    二ゴ       左本    左安
97河 野 4-2 三振    三振       中安    中3:
3
七 野 4-0 遊飛    投直       遊飛    一ゴ
2 小田嶋 2-0 四球       四球    二併    投ゴ
7 田中充 3-0 三ゴ       二ゴ       三飛
_1千 葉
_6内 川 1-0                         中飛
5 北 川 4-0    中飛    右併       三振    投ゴ
4 福 本 4-1    左安       遊ゴ    右直    一ゴ
1 竹 下 2-0    一邪       投ゴ
_1土 居
_9 南  1-1                      右安

  Ys    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 飯 田 3-2 中安    遊失    左安
_9 ユウイチ 2-1                   一ゴ    中2
4 三 木 4-2 左2    三失    中安    遊ゴ    投犠
98志 田 5-2 二ゴ・    右飛    一邪    二安    左安
35
畠 山 3-1 中犠・    三ゴ    右飛    左安
7
橿 渕 3-0 三振       遊ゴ    右飛
H7久保田 1-1                   左2
58
牧 谷 2-0    一直    三振    四球
H9本 郷 1-0                   遊ゴ
6 大 原 4-1    中飛    中飛    中安    投ゴ
2 米 野 3-0    遊ゴ       右飛 死球    三振
1 石 堂 2-1       遊ゴ    中安
_H度 会 1-0                二併
_1山 部
_H鮫 島 1-0                      中飛
_1吉 川

     回 安 振 球 点     Ys   回 安 振 球 点
 竹 下 51/3 6 2 2 2    石 堂 5  6 5 4 3
 土 居  2/3 0 0 0 0    山 部 2  1 1 1 0
 千 葉 1  3 0 0 2   吉 川 1  1 1 1 0
 杉 本 1  0 1 0 0
堤 内  1/3 2 0 0 1


【得点経過】
 
1回表 S 無死2,3塁で打者河野の1-1からの3球目を石堂が暴投
 
1回裏 Ys 無死2,3塁で志田のセカンドゴロの間に1点
       1死3塁で畠山のセンターフライで三木が三塁からタッチアップ、
       タイミングはアウトだったが、本塁をブロックにいった小田嶋が三木
       にタックルをうける感じになりセーフ。

 
6回表 S 無死走者なしで、小池がレフトオーバーのホームラン
 
7回裏 Ys 2死2塁で畠山のレフト前タイムリーで1点
       2死2塁で久保田がレフトオーバーのエンタイトルツーベースを
       打ち、1点

 
8回表 S 1死1,2塁で河野が右中間を破るツーベースを打ち、二者生還
 
9回裏 Ys 1死3塁で志田がフルカウントからレフト前ヒット。サヨナラ。

【自分が気にしている選手】
 
七野 前の試合でF武藤から勝ち越しタイムリーを打ちヒーローとなったがこの日は4の0
    とブレーキ。しかし、古木なきあとのシーレックスの主砲というより、
    ベイスターズで活躍すべき選手だと思う。
 
福本 この人の応援歌がけっこう好きなのだが、この日は早打ちが目立ち、応援歌は
    ほとんど耳にすることができなかった。
 
畠山 まだ若いのに、打席ではある種の風格も感じさせる。この日は
    オーバーフェンスはなかったものの2打点と活躍。
 
牧谷 いい身体つきをしているので、打者としては開花するかなと期待して
    いるが、まだまだバットに球が当たらない感じ。

【その他】
 天気はよかったのですが、終始、ライトからレフトもしくは3塁側ベンチ方向に
  強い風が吹いていました。
 ラッキー賞でスワローズのレプリカユニフォームをいただきました。


2003年 4月29日 イースタンリーグ 5回戦 巨人−ロッテ(千葉マリン)報告者:@白にゃんこさん

皆様お疲れ様です(^-^)
本日も恒例「G+」中継より、千葉での試合の模様です。


29日 千葉マリンスタジアム 第5回戦 浦和3勝1敗1分
13時01分試合開始 観衆 6,000
                 R
 
浦 和 400 150 100 11
 川 崎 000 400 003 

(川 崎)●石川雅実(1敗、4回)根市寛貴(0/3)佐藤宏志(1回)條辺 剛(2回)十川雄二(2回)−小田、入野
(浦 和)酒井泰志(4回)○黒木詢士(1勝、2回)戸部 浩(2回)田中良平(2/3)舩木聖士(1/3)−橋本将、金澤、福澤


<マリーンズ>
       1表2表3表4表 5表 6表7表8表9表
(遊)早 坂 三振投安  死球    
打遊 青 野         右安    中飛  四球
(中)代 田 四球遊飛  中2左2    中安
打中 諸 積                   右安
(三)今 江 三失二ゴ  左犠遊ゴ    中安  遊併
 捕 金 澤
 投 舩 木
(一)初 芝 四球  三振二飛右安
 一 澤 井               左飛
(左)垣 内 左本  中2  中安四球
 左 喜 多               三振
(捕)橋本将 三振  死球  四球中飛    三振
 投 田中良
 捕 福 澤
(右)ユウゴー 左安  三直
打右 寺 本         四球  右安  二ゴ
(二)丸 山 四球  中飛  三振  三直  一ゴ
(投)酒 井 右飛    三振
 打 大 塚         右安
 投 黒木詢             三振
 投 戸 部
打三 富 永                   三振


<ジャイアンツ>
       1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(中)宮 ア 二ゴ  三振左飛    遊ゴ
(遊)大須賀 三邪  三振  二飛  三振
(左)吉 川 中飛    三ゴ右飛    三振
(一) 原    二ゴ  中飛三振    遊ゴ
(右)堀 田   三ゴ  中安  三振  二ゴ
(捕)小 田   三ゴ  四球  二ゴ
 投 十川雄
 打 山 下                 四球
(三)三 浦     三振左3  二飛    ※
(投)石 川     中安
 打  李        中安
 投 根 市
 投 佐 藤
 投 條 辺
打捕 入 野             二ゴ
(二)長 田     中安中2    中安

 ※9回裏無死一塁、打者三浦(投手田中良)カウント0−1の場面で放送終了

  川崎投手成績
       回 安 三 四 失
 ●石川雅実 4 5 4 5 5
  根市寛貴0/31 0 2 0
  佐藤宏志 1 4 1 1 5
  條辺 剛 2 3 1 0 1
  十川雄二 2 1 2 1 0

 浦和投手成績
  酒井泰志 4 5 3 1 4
 ○黒木詢士 2 0 1 0 0
  戸部 浩 2 1 2 0 0
  田中良平2/31 0 4 3
  舩木聖士1/30 1 0 0

 <本塁打>
 垣 内 1号(満塁=石川)

 <盗 塁>
 代田・今江(1回)
 ユウゴー(1回)

 <盗塁死>
 寺 本(6回)
 
 <暴 投>
 酒 井(4回)

 <失 策>
 條 辺(7回)

 <牽制死>
 早 坂(2回)

<審 判>
 球審 木 内 一塁 萩 原 二塁 名 幸 三塁 本 田


上記試合の展開・寸評です。

<おおまかな試合展開>
綺麗な青空の下、千葉名物?の強風の中行われた試合。
ジャイアンツで初めて、千葉マリンスタジアムで行われた主催試合となったが、ここはマリーンズのホームグラウンドなので、クラブハウス等の関係上マリーンズが一塁側で先攻(ビジター)ジャイアンツが三塁側で後攻(ホーム)という変則スタイル。
初回、浦和は1死後、四球やエラーで満塁とし、ここで5番に座った垣内が、石川のややインコースに入る球を弾き返しレフトスタンドへ一直線!!グランドスラムで4点を先行。
4回には犠飛で1点を追加するが、川崎も2死から三浦のレフトオーバー三塁打、李、長田の連続タイムリーで一気に4点を返すも、5回には制球の定まらない川崎・根市から満塁とし、代打攻勢の大塚・青野、代田のタイムリーで5点を追加し大量リードを奪った。
川崎も、最終回なんとか3点を返したが(是非映像を見たかったところでしたが、残念…)反撃が遅すぎた。


<選手寸評 川崎ジャイアンツ>

■石川雅実(巨)4回 被安打5 奪三振3 失点4
ラスや先日の林に次ぐ位置付けとなる左腕先発。
ガン表示が何故か出なかったので目測ですが、MAXは140前半台くらいか。
初回、不運なエラー、ダブルスチールなどから一気に失点。さらに左打者へのインハイが、抜けてそこを痛打、あるいは2個も死球を記録するなど、課題はコントロール、セット時の投球といったところ。


■長田昌浩(巨)4?打数3安打(打点1)左安、中2、中安
招待した家族やファンが見守る中、地元・千葉(東海大望洋)出身で堂々の「9番・セカンド」スタメン
第1打席ではお手本のようなセンター返しを披露。第2打席では、右中間へきれいに弾き返しタイムリー二塁打!!3打席目もセンター前へ運び猛打賞を達成。
守備も、機会はさほど多くないがミスもなく、地元へ錦を飾ったというところでしょう。


■三浦貴(巨)4打数1安打 三振、左3、二飛、(打席中)
これまでは途中出場などだったので、自分が最初から守備機会をきちんと観たのはこれが初となりました。
初回こそエラーを犯すも、3回、6回にはライナーを捕球するなど、徐々にサードに慣れて来た、というところか?
打撃ではパンチ力の強さを見せ付け、4回裏の2点三塁打、凡退でしたがその打席でのレフトへの痛烈なファールを打つなどしていました。



<選手寸評 浦和マリーンズ>

■酒井泰志(ロ)4回 被安打6 奪三振3 失点4
ドラフト6巡目ルーキー右腕
こちらもガン表示が出ずも、大体130km台か。
変化球主体で打たせて取る投球、一転インコースを突く強気な攻めも見せた。4回で息切れの感がありましたが、先発投手としてはやはり5回を目処としたいところ。


■垣内哲也(ロ)4打席3打数3安打(打点4) 左本(満塁)、中2、中安、四球
西武黄金時代に入団し、優勝経験豊富なベテラン。
まだまだその打棒は衰えておらず、初回には石川雅実のインハイを弾き返し豪快なグランドスラム!これが2軍初安打とのことでした。さらに3回にも、強風に乗りフェンス直撃の二塁打を放ち、5回にはビッグイニングの口火となる先頭打者での出塁と、まさに打棒をアピールした格好になりました。


■今江敏晃(ロ)5打席4打数1安打(打点1) 三失策、二ゴ、左犠飛、遊ゴ、中安、遊併殺
将来の中軸として期待が掛かる2年目「3番・サード」
打撃では、併殺もありましたが終盤7回にダメ押しとなるタイムリー二塁打を放ち、守っては守備機会が多かったせいもあってか、ゴロの捕球など堅実という感じでした。


2003年 4月29日 ウエスタンリーグ 3回戦 ダイエー−中日(雁の巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

4/29 雁の巣ホークスvsナゴヤドラゴンズ(於:雁の巣)

ナゴヤ 016 003 000 10
雁の巣 010 040 200 7

ナ ○平松−栗山−久本−S小山
雁 ●ゴメス−飯島−小椋−松

審判(珍しく4人)
球:土山 一:嶋田 二:根本 三:山本

ゴメス、制球難からカウント取りの甘い球を痛打。
平松、ランナーが出ると制球が甘くなり痛打。両先発は課題あり。
高橋光、田上、清水が猛打賞。今なら一軍に上がるチャンスだ!
(田上はこの日二軍召還されたばかりだが…)
故障していた小椋、大越が今季初登場、出遅れを取り戻せ!

詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。


2003年 4月29日 イースタンリーグ 6回戦 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/ミーさん/ふんぼるとさん

みつともさん編

 4月29日(祝・火)ファイターズスタジアム鎌ヶ谷のイースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−西武ライオンズ6回戦は 13−4で日本ハムファイターズが勝ちました。

                    R  H E
西  武 000 021 010 ・・ 4 11 1
日本ハム 000 801 22x ・・13 14 1

○ 勝利投手 隼人4勝1敗  ● 敗戦投手 小野寺 0勝2敗
HR 本塁打 田中賢  4号 星 野A 4回2死 (日本ハム)
       飯 山  1号 青 木@ 6回2死 (日本ハム)

連敗中の日本ハムが若手選手の打線爆発劇で、快勝!小谷野選手に至っては5打数5安打2打点の大暴れ。昨日からファーム再調整となってしまった飯山選手も満塁から走者一掃のスリーベース、さらにはライトへ技有りの一発は今季第1号ソロホームラン。投手陣がピンチを招くが大量点に守られて逃げ切り。




ミーさん編


■13−4 鎌ヶ谷勝ち

所 沢 000021010  4
鎌ヶ谷 00080122X 13

勝 隼人
敗 小野寺
本 飯山、田中賢

鎌ヶ谷の圧勝でした。特に4回の打者11人の攻撃(8点)で勝負あったという試合でした。先発 小野寺ー隼人の投げ合いで始まったのですが、終わっていたらワンサイドのゲームでした。

所沢
■小野寺力(西)ストレートには威力があるが、制球不足。2死球、3四球はいただけません。
■星野智樹(西)4回、小野寺KO後登板しましたが、田中賢にホームランを浴びるなど散々の出来。
■中村剛也(西)右に、左に鋭い当たりを飛ばす。狙いをはっきりさせていて、非常に面白い選手になってきました。
■田原晃司(西)リードに問題あり。所沢の投手陣は、さほど調子が悪くはないと思ったのですが、外角オンリーのリード。確かに、外角は一番安全なところですが、もっと内角を有効に使ってもいいのではないか。

鎌ヶ谷
■飯山裕志(日)今シーズン、成長著しい選手。しっかりとした打撃ホームで、しっかりと打球を捕らえる。しかも、選球眼も良くなっている。あえて注文すると、初回ノーアウト、一塁で粘ったが三振(佐藤が飛び出して併殺)。この辺で、巧打が打てるようになること。特長(ストレートに強いとか、チャンスに強いとか)を作れば、一軍定着できるはず。
■隼人(日)球はそれほど速くないが、シュート、スライダーをコーナーに決める。ストレートが高めに浮いていたことが心配な点だが、今日はまずまずなのではないか。
■田中賢介(日)ホームラン、二塁打と打撃は好調さをアピールしたのだが、ショートの守備は、もう一皮剥けてほしいところ。
■實松一成(日)打撃が課題なのだが、やはり構え遅れたりまだまだ課題が残る。
■小谷野栄一(日)お見事、5−5.早く一軍からお呼びがかからないか待ちどおぢい選手。特に、外角をさばく技術はすばらしい。あとは、内角の速い球、落ちる球にどれだけ着いていけるか。

今日特に気づいたことは、鎌ヶ谷岡本監督の采配です。バントを一切使わない。二軍の選手は打たないと、一軍には上がれない(バントがうまくても)という姿勢なのでしょうか。選手も、それを感じて、しっかりした打撃をしていました。



ふんぼるとさん編

2003年4月29日 日本ハム−西武 6回戦

E鎌ヶ谷(日本ハム5勝1敗)

 
西  武 000 021 010│
 
日本ハム 000 801 22X│13
 
 勝 隼 人 4勝1敗0S 登板5
 負 小野寺 0勝2敗0S 登板4

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 栗 山 300 空振       左飛 遊併    四球    四球
  C 水 田 520 右飛       右安 三ゴ    左安    見振
  G 宮 地 410 一ゴ       空振    右2 一ゴ
  H 玉 野 100                         遊ゴ
  F 高 山 410    遊飛    遊安    空振 遊ゴ
  D 貝 塚 300    一ゴ    二ゴ    三失
  HD2
    上 本 100                      見振
  B 中 村 321    三ゴ       左2 左犠    右2
  E 中 島 431       中飛    中安 右安    右安
  A 田 原 411       中飛    左安 右飛    遊併
  1 トモキ 000
  D カ ズ 410       三直    右安    遊ゴ    空振
  犠盗失併残─────
  11138 36113

      回   打安振球責
  小野寺 32/3 185255
  星 野  1/3 42113
  芝 崎 1   41200
  青 木 1   41001
  鳥谷部 1   72110
  トモキ 1   63002

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回   4回   5回 6回 7回 8回 9回
  F 佐 藤 300 死球    二ゴ    四球    遊飛 三ゴ
  D 飯 山 424 振併    二併    中2    右本
  HD鶴 岡 100                         左飛
  E 田中賢 512 一邪       遊ゴ 右本    遊ゴ    二ゴ
  D3木 元 410    空振    四球 空振       遊失 左2
  G 藤 島 210    死球    右安    空振
  8 荒 井 210                      空振 中安
  C5小谷野 552    右安    右安    右安    右安 右2
  A 實 松 201    四球    右犠    見振    四球 三ゴ
  B 駒 居 312    遊併    中安    左飛    右犠
  H 山田憲 322       四球 右安       三ゴ 右安 
  犠盗失併残─────
  20126 341413

      回 打安振球責
  隼 人 6 268302
  野 村 1 51010
  伊 藤 1 42101
  佐々木 1 40210


  本塁打  田中賢(日)4号A (4回 星野)
       飯 山(日)1号@ (6回 青木)
  二塁打  飯 山(日)    (4回 星野 タイムリー)
       中 村(西)    (5回 隼人)
       宮 地(西)    (6回 隼人)
       中 村(西)    (8回 伊藤)
       木 元(日)    (8回 トモキ)
       小谷野(日)    (8回 トモキ タイムリー)
  犠 飛  實 松(日)    (4回 1死満塁 3走の木元がホームイン、2走の藤島
                    が三進)
       中 村(西)    (6回 1死1、3塁 3走の宮地がホームイン、1走の
                    貝塚が二進)
       駒 居(日)    (7回 1死満塁 3走の木元がホームイン、2走の小谷
                    野が三進)
  盗 塁  水 田(西)    (4回 打者は宮地 捕手は實松 二盗成功)
  失 策  木 元(日)    (6回 貝塚の三ゴロを一塁悪送球)
       中 島(西)    (7回 木元の遊ゴロをファンブル)
  牽制死  佐 藤(日)    (1回 田原−中村)
  併 殺  西  武     (1回 飯山 無死1塁 空振→牽制ゲッツー
                       小野寺−田原−中村)
       西  武     (2回 駒居 1死満塁 中島−水田−中村)
       西  武     (3回 飯山 1死1塁 水田−中島−中村)
       日本ハム     (5回 栗山 無死満塁 田中賢−小谷野−駒居)
       日本ハム     (8回 田原 1死1塁 田中賢−野中−木元)

  PL:新屋 1B:深見 3B:橋本 公式記録:荒木
  時間 3時間2分(13:00〜16:02)

得点経過
 4回裏(日) 1死満塁から實松がライトへ犠牲フライ          日本ハム1点目
       2死1、3塁から駒居が中前打              日本ハム2点目
       2死1、2塁から山田憲が右前打             日本ハム3点目
       2死満塁から飯山が走者一掃の中越えツーベース      日本ハム6点目
       2死2塁から田中賢が右越えツーランホームラン      日本ハム8点目
 5回表(西) 無死1、3塁から田原が左前にポトリ           西  武1点目
       無死満塁から栗山のショートゴロ併殺打の間に       西  武2点目
 6回表(西) 1死1、3塁から中村がレフトへ犠牲フライ        西  武3点目
 6回裏(日) 2死無走者から飯山が右越えホームラン          日本ハム9点目
 7回裏(日) 1死満塁から駒居がライトへ犠牲フライ          日本ハム10点目
       1死1、3塁から山田憲が右前打             日本ハム11点目
 8回表(西) 1死2塁から中島が右前打                西  武4点目
 8回裏(日) 2死2、3塁から小谷野が右中間を破るツーベース     日本ハム13点目

戦評
 GW中の祝日だったが、東京ドームで一軍の試合が行われていたからか、ちょっと観客の出
 足が悪かった今日の鎌ヶ谷。
 今日はみつともさんがいらしていたので、カウントは点けずに打席の結果だけのスコアを点
 けていたら隼人(日)が3回までをパーフェクト。隼人が完全試合を達成してしまったらカウ
 ントを点けなかったことが悔やまれる!(そのくらい隼人の立ち上がりは良かった)と思った
 がそれも杞憂。
 終わって見れば両チームとも2ケタ安打の打撃戦だが、集中力に勝った日本ハムに軍配。
 小谷野(日)は5打数5安打2打点の大爆発!

選評
 
小野寺(西) 腕が体よりちょと遅れてくる感じで、ヒジの使い方が東(湘)に似ている?
       5四死球(2死球と3四球)とちょっとコントロールに苦しむ。先頭打者の佐藤
       への初球の死球、藤島の頭への死球は頂けない。

 
小谷野(日) 5安打はすべて右方向。2回と7回の打席ではエンドランを決めており、お見
       事!の一言に尽きる。また塁に出ると『走るぞ、走るぞ』の姿勢を十二分に見
       せており走塁面でも積極性が見られる。

 
橋 本(審) 3塁塁審として5回の中村(西)の3塁線を破る打球にぶつかる。審判は石と同
       じと言っても…。


2003年 4月27日 ウエスタンリーグ 4回戦 近鉄−ダイエー(藤井寺)報告者:いの一番さん

4月27日(日)に藤井寺で行われた大阪近鉄バファローズ−福岡ダイエーホークスの試合について報告します。

 000000000 
 01013000X 

勝−門倉(4試合2勝2敗)  負−倉野(3試合1敗)
(投手)ダ 倉野(6回)−木村(2回) 
    近 門倉(9回)
(本)下山1号@(倉野)
(審判)杉本,丹波,飯塚(3人制)  

(試合経過)
2回裏
四球の下山が2盗し,北野の悪送球で3塁へ。長坂が中前打し近鉄1点先制。
4回裏
1死から下山がライトへ本塁打で2−0
5回裏
先頭の森谷が四球で出塁し,2盗。山崎送りバントで1死3塁。
武藤中前打で森谷生還,3−0。続く永池右中間2塁打で武藤生還,4−0
阿部四球で1死1,2塁から下山がレフト線2塁打で永池生還,5−0
9回表
門倉がダイエーを3人で抑え,完封勝ち。

(選手評)

□ダイエー
■倉野信次(ダ)

6回投げ5失点。投球内容も今ひとつだったが,盗塁を5つも許した。
クセを見破られているのかも知れない。

■北野良栄(ダ)
5盗塁を許した責任はこちらにもある。送球が大きく逸れたのが2回(うち1回はエラー),
落球して送球できなかったのが1回で,途中での交代も仕方ないところか。
確か,1塁手もしていた記憶があるが,打撃を生かすためにはそちらがいいかも知れない。

□近鉄
■門倉健(近)

終わってみれば,わずか2安打1四球という見事な完封勝ち。
実績のある投手だから,2軍ではこのくらいは投げないと。これで1軍が近くなったのでは。

■下山真二(近)
27歳の新人選手。入っていきなり後がない状況だが,この日はホームランや盗塁でアピール。
1軍入りを目指す。


2003年 4月27日 イースタンリーグ 5回戦 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:みつともさん

イースタンリーグ観戦記録  平成15年4月27日(日)

  イースタンリーグ公式戦 湘南シーレックス−日本ハムファイターズ 5回戦
  湘南4勝1敗0分 (横須賀スタジアム) 13:00 晴れ 
  風:→弱風 試合時間2時間46分 試合終了時刻15:46 公式記録員:生原
  主審:萩原 1塁:敷田 2塁:−−− 3塁:西本(セントラル・リーグ)

                     R H E
  
日本ハム 000 100 000 ・・ 5 1
  
湘  南 001 000 02x ・・ 7 0

  ○ 勝利投手 後藤3勝1敗  ● 敗戦投手 武藤1勝1敗
  2B 2塁打 田中一 1回無死 (湘  南)
         田中賢 8回1死 (日本ハム)
         七 野 8回1死 (湘  南)
  SB 盗 塁 野 中 7回1死 (打者・山田賢)(捕手:相川)(日本ハム)
     走塁死 田中一 1回無死 (木村投ゴロで二・三塁間狭殺)(湘  南)
    盗塁失敗 木 元 6回2死 (打者・藤島は三振)(捕手:相川)(日本ハム)


(日本ハム) 主力打者3人だけで7三振など、前日に続き三振の山で連敗。野中同点タイムリー、
       田中賢2安打も・・・。
        打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E  F  G  H
(4) 3 小谷野 5 0 0 3 0 三ゴ    三振    見振       二ゴ 見振
(6) 田中賢 5 2 0 0 0 一ゴ       三安    中飛    中2 右飛
(5) 木 元 2 1 0 0 2 左飛       四球    右安    四球
(7) 藤 島 2 0 0 2 2    四球    三振    三振    四球
(3) 渡 邉 1 0 0 0 0    右飛
 4  野 中 2 1 1 1 1          右安・      四球 三振
(2) 實 松 4 0 0 4 0    見振    三振       見振 見振
(9) 山田賢 3 0 0 1 1    三ゴ    二ゴ       三振    四球
(8) 紺 田 3 1 0 0 1       投ゴ    中飛    四球    二安
(1) 厚 澤 2 0 0 1 0       見振    二ゴ
 1  井 場 0 0 0 0 0 
 H  荒 井 1 0 0 1 0                   三振
 1  武 藤 0 0 0 0 0
 H  佐 藤 1 0 0 1 0                         三振
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁10 31 5 1 14 7  0  1  0  2  0  0  2  3  2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(湘  南) こちらは前日同様8回に勝ち越し劇で連勝。木村先制打、七野勝ち越し2点タイム
       リーツーベース。
        打 安 点 振 四   @  A  B  C  D  E   F   G
(9) 8 田中一 4 2 0 0 0 左越2    二ゴ       二飛     一 安
(6) 木 村 3 1 1 1 1 投 ゴ    中安・      三振     四 球
(5) 小 池 3 0 0 2 0 三 振    二ゴ       見振     投 犠
(3) 七 野 4 2 2 1 0 三 振       遊飛       右 安 右越2
(2) 相 川 3 0 0 0 0     二飛    右飛       投犠失 右 邪
(7) 田中充 4 0 0 0 0     一ゴ    三ゴ       三 邪 三 ゴ
(4) 内 川 3 0 0 1 0     三振       三ゴ    一 邪
(8) 河 野 3 2 0 0 0        投安    一ゴ    投 安
 9   南  0 0 0 0 0   
(1) 吉 見 1 0 0 1 0        投犠    三振 
 1  後 藤 1 0 0 1 0                    三 振
     :              :  :  :  :  :  :   :   :
    残塁6 29 7 3 7 1   1  0  1  0  0  0   3   1
                   ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績) 投球回   打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 厚澤5回1責点無四球好投も打線の援護なく・・・。井場1回を打者3人、
       武藤逆点打許し●
   厚 澤 5     18   3   0   0   4   1
   井 場 1      3   0   0   0   2   0
 ● 武 藤 2     12   4   0   1   1   2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南) 吉見4回同点打も6回を7奪三振好投、横浜昇格近しか?後藤3回を2安打
       無失点で3勝目
   吉 見 6     22   3   0   2   7   1
 ○ 後 藤 3     16   2   0   4   7   0


○湘  南3−1日本ハム●

前日は8回に鮮やかな勝ち越し劇の湘南、目まぐるしく変わるイースタンリーグの順位に上位争いから脱落しない為にも今日も日本ハムを叩きたい所。日本ハムは打線の繋がりがなく9連勝の後3連敗、上位に残る為にも4連敗は避けなければならない。前日の強風から一転、穏やかな風と春の日差しが程よい横須賀スタジアムでの今日は4回戦。

1回湘南の先発は前日同様「予告先発」の吉見、横浜の今季の開幕投手だけに湘南調整は早く脱出したい。1回裏日本ハムは1番小谷野、2−0からバット先に当てただけのサードゴロ。2番田中賢、0−1から引っ張ってファーストゴロ、七野が捕って自分でベースを踏む。3番木元、2−1からレフト正面へのフライで僅か3分程度で3者凡退。1回裏日本ハムは今季初先発の厚澤、リリーフでは登板があったが先発のマウンドは初。1回裏湘南は1番田中一、0−1から打って打球はレフト藤島の頭上を一瞬で越えてワンバウンドでフェンスに当ってツーベース。無死2塁と早くも先制のチャンスに2番ルーキー木村、2−3フルカウントから強い打球でピッチャー返し!しかしこれを厚澤が好捕する。2塁ランナーの田中一が飛び出しており、二・三塁間に挟まれてしまう。打った木村が2塁に到達したのを見て、減速してタッチアウト。1死2塁でランナーが変わって3番昨日本塁打の小池、2−1から低目への変化球にハーフスイングだが主審・萩原がスイングのコールで三振。4番七野も2−3から再びハーフスイングで三振。2回日本ハムは4番藤島、1−3から高目へのストレトーが外れて四球で出塁。5番渡邉、2−1からライトフライ、田中一がライン寄りに移動しながら捕球。6番實松、2−1から見逃しの三振。7番山田憲、1−1からサードベース左へバウンドでのゴロで藤島残塁。2回裏湘南は、5番昨日のヒーロー相川、今日はスタメンマスクで出場。1−3から打ち上げてしまいセカンドフライ。6番田中充、初球打ちでファーストゴロ。渡邉が捕って厚澤がベースカバーも自分で踏んでアウト。7番は内川、2−0から低目への変化球に3球三振。3回日本ハムは8番紺田から、2−1から低目への投球にバット先で当てただけになってピッチャーゴロ。9番厚澤、2−0から外角へのストレートを見逃して三振。1番小谷野、2−2からストレートに空振り三振で3者凡退。3回裏湘南は、8番河野から。その初球だった、意表を衝くセーフティバント!これがピッチャー前へ転がり1塁送球も完全にセーフ。このプレーで1塁カバーに入った渡邉が走ってきた河野と交錯したのか、手をぶつけた様で一旦ベンチに下がる。しかし岡本監督が出てきて交代を告げる。セカンドに野中を入れて、小谷野がファーストに入る。9番吉見初球ファールで続く2球目をピッチャー前に送りバントで河野は2塁へ。1死2塁で1番田中一、1−0からピッチャーをバウンドで越える打球、センター前・・かと思ったが代わったばかりの野中がセカンドベース後方でこれを捕球し1塁送球してアウトのファインプレー。河野は3塁へ進む。2死3塁で2番木村。1−2から完全に詰まった打球だがショート後方へフラフラと上がる。ショートの田中賢が全力で追い、センター紺田も前進してくるが田中賢があと数歩追いつけずヒット、河野が還って湘南が今日も1点を先行する。2死1塁で3番小池、初球攻撃だが一・二塁間へのゴロ、人工芝の球足の速さにヒットでもムリは無かったがこれにセカンド野中が横っ飛びで好捕、1塁へ送球してこれ以上のピンチを防いだ。

4回日本ハムは2番田中賢から。湘南にセーフティバントから切り口を付けられたからか、今度は・・とばかりにお返しのセーフティバントを敢行。これまた巧い位置に転がってセーフ、内野安打でチーム初ヒット。3番木元、ストレートの四球で歩いて無死1、2塁とまずは同点のチャンスが出来た。続くは4番藤島、2−1から外角への変化球に空振り三振。5番先程から守備の野中に初めての打席が回って来たが、ここで早速結果を打す!ライト前に弾き返した打球がヒットになって2塁から田中賢が還って1−1の同点。直も1、2塁として6番實松、しかし2−1から高目のストレトーに空振り三振。7番山田憲、0−1からセカンドゴロ、内川が捕ってセカンドへ送球してフォースアウト。4回裏湘南は4番七野から、2−3から打ち上げて高〜く上った打球はショート田中賢の落下点。太陽光をグラブで遮って捕球。5番相川、初球をライトへ打ち返すが山田憲が前進してきて捕球。6番田中充、2−2からサードゴロ。木元が捕って1塁への送球が高く逸れるが小谷野が捕って3者凡退。5回日本ハムは8羽紺田からの攻撃、初球打ちだがセンター定位置やや後ろへのフライ。9番厚澤だがそのまま続投なのか打席に向かう。2−1から打ってセカンドゴロ。1番に戻って小谷野、2−1から真ん中へのストレートを見逃しの三振で3者凡退。5回裏湘南は、7番内川から。初球を打って高いバウンドでのサードゴロ、木元が捕って体勢を崩しながら1塁へ送球してギリギリのタイミングでアウト。8番河野、0−1から先程のセーフティバントが成功して2匹目の泥鰌を狙ったのか、またもセーフティバントを敢行!しかし今度はファースト小谷野が捕ってタッチ。河野が避けるがタッチしておりアウト。9番吉見2−0から高目へのストレートで空振り三振で3者凡退。6回日本ハムは、2番田中賢から。1−1からやや詰まった打球でセンター前へのフライ。河野が前進してきて捕球。3番木元、初球を打ってライト前ヒット。4番藤島、2−3から1塁ランナー木元がスタートしてエンドラン!ところが藤島は空振りで三振、木元は盗塁失敗で三振ゲッツーで3人で攻撃終了。6回裏日本ハムは先発の厚澤から2番手井場に交代。6回裏湘南は1番からの好打順。1番田中一、1−2から打ち上げてしまいセカンドフライ。2番木村、2−1から低目への変化球に空振り三振。3番小池、2−0から高目への投球に見逃し三振で3者凡退。

7回から湘南も先発吉見から2番手後藤に交代、7回日本ハムは5番野中から。1−3から内角へのストレートが外れて四球を選ぶ。6番實松、2−2からのストレートにまたしても見逃しの三振、今日3三振。7番山田憲、ここで野中がスタートして盗塁成功でランナー2塁。山田憲は2−3から空振り三振。2死2塁で8番紺田、1−3から四球で出塁。2死1、2塁と勝ち越しのチャンスに9番井場に代わって代打は荒井が起用される。しかし2−1からやや高目への投球にハーフスイング、これがストライクのコールで三振、2者残塁。7回裏日本ハムは代打の荒井に代わって3番手に武藤を投入。湘南この回は4番七野から、1−1からライト前ヒットでノーアウトのランナーが出る。5番相川、その初球をバント!1塁線に転がった打球を武藤が捕球し1塁へ体が向いていたが、ボールを掴み損ねていたのか投げ損なってしまいエラー。無死1、2塁と湘南は勝ち越しのチャンス。続くは6番田中充、初球攻撃に出るが打ち上げてしまいサードファールフライ。ベース横、フェンス手前で木元が捕球。8番河野、1−1から完全に止めたバットだったが、これに投球が当ってしまった。しかし打球がバントの様な状態で投手・捕手の間に弾む。武藤がマウンドを下りてボールを手にした時には河野が1塁を駆け抜けており内野安打。2死満塁で打順は9番ピッチャー後藤。しかし湘南ベンチはその後のリリーフ陣と後藤の投球に期待したのか、続投を意味する打席へ。しかしここは打者の様にはいかず、2−2から低目への変化球に空振り三振で3者残塁。8回日本ハムは、1番小谷野から。2−3から速い打球でセカンドゴロ。2番田中賢、流し打った打球はセンター左、左中間への打球。これにセンター河野が回りこんで捕球するが、既に田中賢は1塁を回っておりツーベースヒット。3番木元、0−3から内角への投球が外れてストレートの四球。1死1,2塁として4番藤島。2−3から低目へ変化球が外れて四球で1死満塁と前の回に続いて勝ち越しのチャンス。しかし5番野中が2−3から空振り三振、6番實松も1−3から見逃しの三振で今日4三振と打線が繋がらない。「ピンチの後にチャンス有り」とは言ったもので8回裏湘南は僅かなチャンスから勝ち越し打が出る。1番田中一から。1−2から引っ張った打球はファースト小谷野の左、ライン内一杯へ飛ぶ。これを小谷野が捕りにいくがミットで弾いてしまい、ファールグラウンドを転々とする。内野安打で出塁。2番木村、1点が欲しい場面に木村はバントをチラつかせながらム武藤を焦らす。結局1球もストライクが入らずストレートの四球で出塁。無死1,2塁として3番小池、ここは3番打者といえどキッチリ送りバントを決めてくる。1死2、3塁として4番七野、初球攻撃はレフト頭上を一瞬で越えるヒット。これがフェンスラバーら直撃し2点タイムリーツーベースで湘南が待望の勝ち越し点を挙げて3−1と2点リードに。さらに1死2塁で5番相川、2−3からライトへのフライだが風に流されたのか切れてファールフライ。2塁から七野がタッチアップで3塁に向かう。6番田中充、2−2から高いバウンドでのサードゴロでスリーアウト。残り1イニングで最低同点にしたい日本ハムは敗戦から逃れるべく粘りを見せる。7番山田憲から1−3から内角へのストレートが外れて四球で出塁。8番紺田、2−2からセカンドへの内野安打で無死1、2塁。9番武藤に代わって代打は佐藤が起用される。しかし2−2からスライダーか?変化球に見逃しの三振。1番小谷野、2−1からやはり変化球に見逃しの三振。2番田中賢、初球を打ってライト正面へのフライで試合終了。

湘南が前日に続き8回の勝ち越し劇で連勝、順位を3位に浮上させた。日本ハムはこれで4連敗、3位湘南が1ゲーム差に迫ってきた。混戦イースタンは5位読売巨人までが3.5ゲーム差の中に集まっている。


2003年 4月27日 イースタンリーグ 4回戦 西武−巨人(上尾)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年4月27日 西武−巨人 4回戦

上尾市制施行45周年記念・上尾市民球場開設5周年記念

C上尾市民(2勝2敗)

 巨人 000 000 003│
 
西武 000 000 000│
 
 勝  谷  3勝1敗0S 登板5
 負 帆 足 1勝3敗0S 登板5

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 宮 崎 300 遊ゴ    遊ゴ       死球    投ゴ
  E 大須賀 310 見振    空振       投犠    左安
  F 吉 川 400 空振       見振    見振    空振
  D 福 井 300    四球    中飛    三併       右飛
  H 堀 田 420    一ゴ    三ゴ       左安    三安
  B  原  400    空振       三ゴ    空振    捕邪
  A 小 田 411    空振       遊ゴ    一ゴ    遊安
  D 三 浦 432       中安    左安    空振    右本
  C 山 下 300       三犠    捕邪       右飛 二ゴ
  犠盗失併残─────
  22036 3273

      回 打安振球責
   谷  9 345550

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 栗 山 310 右安    一ゴ    四球    三併
  D 上 本 310 三併    四球    左安       見振
  G 高 山 300 死球    見振    一ゴ       右飛
  D 木大 310 右安    四球    左飛       見振
  B 中 村 400 投ゴ    右飛       二ゴ       空振
  A 椎 木 300    二ゴ    四球    遊ゴ       中飛
  E 中 島 410    右2    二併    二ゴ       一ゴ
  F 小 牧 300    空振    二飛       二ゴ
  C 水 田 310    投ゴ       二飛    遊安
  犠盗失併残─────
  00117 2950

      回 打安振球責
  帆 足 9 3671023

  本塁打  三 浦(巨)2号A (9回 帆足)
  二塁打  中 島(西)    (1回 谷)
  犠 打  山 下(巨)    (3回 無死1塁 1走の三浦が二進)
       大須賀(巨)    (6回 無死1塁 帆足が捕球し2塁に送球するも野選)
  盗 塁  堀 田(巨)    (7回 打者は原 捕手は椎木 二盗成功)
       堀 田(巨)    (9回 打者は原 捕手は椎木 二盗成功)
  暴 投  帆 足(西)    (7回 無死2塁 2走の堀田が三進)
  野 選  帆 足(西)    (6回 無死1塁 大須賀の投前バントを2塁送球)
  併 殺  巨 人      (1回 上本 無死1塁 福井−山下−原)
       巨 人      (4回 中島 無死1塁 山下−山下−原)
       西 武      (6回 福井 1死1、2塁 木大−水田−中村)
       巨 人      (7回 栗山 1死1塁 福井−山下−原)

  PL:濱野 1B:牧田 2B:木内 3B:深谷 公式記録:及川 
  時間 2時間50分(13:00〜15:51)

得点経過
 9回表(巨) 2死2塁から小田がショートの深いところへ内野安打。2走の堀
       田が一気にホームイン。                   巨人1点目
       2死2塁から三浦が右越えホームラン。小田、三浦がホームイン 巨人3点目

戦評
 『上尾市制施行45周年記念・上尾市民球場開設5周年記念』と銘打って行われたこの試合。
 誘致した上尾市もまさか西武と巨人で最下位攻防戦を行うとは誤算だっただろうが、興行的
 には何ら問題なかった模様。
 西武:帆足、巨人:谷の両先発の踏ん張りにより8回までゼロ行進だったが、9回に巨人は
 2死2塁から小田のショート深いところへの内野安打で2塁ランナーの堀田が生還し均衡を
 破ると、気落ちした帆足から続く三浦のホームランでダメ押し。三浦は3安打2打点の大活
 躍。帆足は打線の援護なく、早くも今期3敗目。
 その他@西武はサードユニホーム
    A両チーム共に投手を含め選手交代ナシ
   
選評
 三 浦(巨) ご存知の通り今年から投手→内野手(3塁手)にコンバート。野手の三浦を見る
       のが初めてだからかもしれないが、どうも構えからピッチャーの匂いが抜け切
       っていない印象。それでも今日は3安打猛打賞。3回と5回の単打は詰まらさ
       れた当たりだったが、9回の本塁打はライトの栗山が1回前進してから後退す
       るもぐんぐん伸びてスタンドイン。サードの守備も見てみたい。

 吉 川(巨) 近鉄から移籍の期待の新戦力だが、今日は4打席4三振と散々。帆足の球を打
       てる打てないという問題よりも読みが完全に外れている印象。2回の空振り三
       振は共にフォークを振らされたもので、2回の見逃し三振は共に内角にストレ
       ートをズバッと投げ込まれたもの。但し、試合前の練習を観ているとヒット性
       の当たりが少なく、調子落ちなのも事実か。

 山 下(巨) バッティングフォームは高橋由(巨)右打者版といった感じ。今日は西武のサー
       ドが木大ということもあり、5回にセーフティバントを試みる。結果は捕邪
       飛だったが、アイディアはおもしろい。しかし、守備の方では5回の水田のフ
       ライを深追いしすぎ。


 
帆 足(西) 9回を完投し、10三振を奪う力投ながら打線の援護がなく負け投手。140km/h
       前後のストレートと115km/h前後のフォークのコンビネーションはさすが。
       9回の失点は中島の悪送球気味だったが、エラーがつかなかったために自責点
       3が点いてしまったのも不運。

 
椎 木(西) 帆足のリードは基本的にくさいところに投げてファールでカウントを稼ぎ、フ
       ォーク or 内角のストレートで三振を奪うというリード。合っていると思うが
       巨人打線にじっくり見られたことや球審の濱野があまりコースを取ってくれな
       かったために、帆足に9回で155球を投げさせてしまう。

 
木大(西) 球審の濱野とストライクゾーンが違ったようで、8回に外角の球で見逃し三振
       を喫したときに濱野に『遠いよぉ』と抗議。また、守る方では併殺の際にグラ
       ブの先っ端だけで捕球するなど危なっかしい面もみられるが、ショートへのゴ
       ロを自分で処理しちゃうアグレッシブさ(?)もみられる。


2003年 4月26日 ウエスタンリーグ 3回戦 阪神−サーパス(峰山)報告者:いの一番さん

4月26日(土)に京都府峰山町で行われたサーパス神戸−阪神タイガースの試合について報告します。

 100001600 
 102002000 

勝−川尻(4試合1勝1敗)  負−塩屋(6試合1敗)
(投手)T 川尻(6回)−中林(2回)−久保田(1回) 
    S 相木(7回1/3)−塩屋(0/3)−今村(2/3)−岩下(1回)−本柳(1回)
(本)高波3号@(相木),竜太郎3号A(川尻)
(審判)嶋田,土山,根本,山本  

(試合経過)
1回表
先頭打者の高波がライトへ本塁打。
1回裏
1死満塁から高見沢の左前打で1−1の同点。
3回裏
1死2塁から高見沢が右中間へ本塁打で,Sが3−1と勝ち越し。
6回表
1死満塁から斉藤の遊ゴロ併殺打(6−4−3)でTが1点返し,2−3と1点差に迫る。
6回裏
2死1,2塁から早川の右中間3塁打で,5−2とSが3点にリードを広げる。
7回表
先頭の代打カツノリが3塁線を破る2塁打で出塁。
高波左飛の後,藤原のショート前の緩いゴロが1塁セーフ,その送球が逸れ,カツノリ生還。
(新聞にはエラーが記録されていないが,1塁手かショートのエラーがつくべきではないか?)
投手がここで塩屋に交代したが,喜田,梶原康に連続四球で1死満塁となり,投手は今村へ。
続く沖原の3塁ゴロを菊池がバックホームしたが,走者に当たり,ボールは3塁ベンチ前へ。
藤原と喜田が生還し,5−5の同点(菊池のエラー)。
斉藤四球で再び1死満塁,ここで早川は3塁ライナー,2塁走者が飛び出し,ベースカバーもあったのに,
なぜか菊池は走者の飛び出していない1塁に送球し,併殺とならず,2死満塁。
続く代打関本が中前打で2人還り,7−5とT逆転。
そして,この回2度目の打席のカツノリの3塁線の打球はベースに当たって方向が変わり,
1人還って8−5。高波三振でようやく7回表の攻撃終了。
9回裏
久保田がSの攻撃を3人で終わらせ試合終了。


(選手評)

□阪神タイガース
■川尻哲郎(神)

先発し,勝ち投手にはなったが,6回で5失点。
右打者は外角に逃げる緩い球で上手く抑えていたが,左打者にはことごとくいい当たりをされた。
被安打9本のうち7本が左打者で,いくらサイドハンドとはいえ,これは打たれすぎである。
不調というよりは年齢的なものがあるような気がする。

■久保田智之(神)
野茂ばりのトルネード投法で話題の新人。この日は9回裏に投げ三振2つを奪う。
球は結構速く,今後が楽しみ。

■カツノリ(神)
父親の野村克也氏は隣の網野町出身で,峰山高校卒ということで,いわばご当地選手。
この日は7回表に2安打しチームの勝利に大きく貢献,観客の拍手も一番大きく
いい思い出になったことだろう(地元に配慮して起用されたのかもしれないが。)。

□サーパス神戸
■相木崇(サ)
川尻と同じ右サイドハンド。7回途中まで投げ,自責点2。川尻ほどではないが,
やはり左打者には苦しんでいたようである。
しかし,投手陣の苦しい1軍を考えると,近いうちの昇格があるかも。

■塩屋大輔(サ)
アメリカ独立リーグを経験しテスト入団した左腕投手。しかし,この日は左打者2人に四球で降板。
オリックスのガイドブックには「マック鈴木に続く2人目の“逆輸入投手”」と書いてあったが,これではねぇ…

■菊池俊夫(サ)
仙台育英高校から入団した新人。この日は7回の他,1回と5回にエラーがあり3失策。
さらに,3塁ライナーの際の処理の不手際の他,カツノリの2本目の安打も,
ベース前に出て処理すればアウトにできた。守備練習の必要がある。

■サマー&シルキー
サーパスのマスコットキャラクター。一時期,球団名変更の話があり存続が心配されたが,一安心。
この日はチームと一緒に神戸から遠征し,観客に愛想を振りまいていた。

<峰山球場>
交通:北近畿タンゴ鉄道峰山駅から徒歩15分
大きさ:両翼95m,センター120m
グラウンド:内野−土,外野−天然芝
スタンド:ネット裏とベンチ上−コンクリート階段,その他−芝生席
スコアボード:手書き式


2003年 4月26日 イースタンリーグ 3回戦 巨人−西武(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

26日 ジャイアンツ球場 第3回戦 所沢2勝1敗
                RHE
所 沢 110 002 001 5111
川 崎 000 100 000 1101

(巨人)●林 昌範(0勝1敗、6回)、ペドラザ(1回)、條辺 剛(1回)、川本大輔(1回)−小田
(西武)○大沼幸二(3勝2敗、7回)、前田和之(1回)、竹下 潤(1回)−野田、椎木

 <所  沢>1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(右)栗 山 中安右犠    二ゴ三振    左飛
(二)水 田 左安左安    遊ゴ  三振  左本
(遊)中 島 遊併二ゴ    右飛  三振  右2
(中)高 山 中安  遊ゴ    遊ゴ一邪  三振
(一)中 村 左飛  中飛    死球  三振三振
(三)木大   二直三振    中安  中2
(左)小 牧   四球  三振  左安  三邪
 左 カ ズ
(捕)野 田   左安  遊飛  四球
 打 上 本               四球
 投 前 田
 投 竹 下
(投)大 沼   左安  三振  遊失
打捕 椎 木               左飛


 <川  崎>1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(中)宮 崎 三振二ゴ    左安一ゴ    投ゴ
(遊)大須賀 四球  三直  振併 
 遊 山 下             三振  右安
(右)吉 川 三ゴ  遊失  遊安  三振  ※凡退
(三)福 井 死球  遊併  左安  左安 
 投 條 辺
 投 川 本 
(一) 原  遊ゴ    三振四球  三ゴ
(左)堀 田   中安  右飛三振    右安
(捕)小 田   遊ゴ  左2  左2  遊併
(二)長 田   四球  左2  三振  遊ゴ
(投) 林    投ギ  投ゴ
 打  李            二ゴ
 投ペドラザ
 三 三 浦                 投ゴ

 ※9回裏2死一塁、吉川(投手竹下)カウント0−2の場面で放送終了

 <川崎投手成績>
       回 安 三 四 失
 ●林 昌範 6 8 4 2 4
  ペドラザ 1 0 2 0 0
  條辺 剛 1 1 1 1 0
  川本大輔 1 2 2 0 1

 <所沢投手成績>
       回 安 三 四 失
 ○大沼幸二 7 7 5 3 1
  前田和之 1 0 0 0 0
  竹下 潤 1 1 0 0 0


<審 判>
 球審 深 谷
 一塁 木 内
 二塁 −−−
 三塁 式 田
※都合により三人制で実施

<本塁打>
 水 田 1号(川本)
<失 策>
 中 島(3回)
 山 下(6回)
<盗塁死>
 中 村(6回)


上記試合の展開・寸評です。

<おおまかな試合展開>
天候曇り空、やや風が強く、桜の花びらが舞う中での試合。
前日の雨天により開催が微妙だったが、朝6時から懸命の整備によりなんとか開催できるコンディションに回復。
試合は、巨人先発林の立ち上がりを突き西武が初回に4番高山のタイムリー、2回には栗山の犠飛で2点を先行。中盤は両先発が立ち直り落ち着いたが、4回には巨人が、小田、長田の連続二塁打で1点を返すも、今度は疲れの見えてきた林から6回表、西武が2者を置き、大沼のショートゴロを山下が弾く間にその2者が生還して2点を挙げ、最終回にも川本から水田のソロで追加した。
巨人も走者は置くが、その後の攻撃が繋がらなかった。

なお、理由は不明ですが、通常4名の審判団が、球審、一審、三審の3名での試合となりました。


<選手寸評 川崎ジャイアンツ>
■林昌範(巨) 6回 被安打8 失点4(自責2)
登板4度目(うち先発は2度目)。前回登板よりこの日まで「外出禁止令」により寮に缶詰状態で、1軍の試合(一足先に1軍初先発を果たしたランデルの登板)などを見てレポートを書いていたとか。
球速は130km台でやや物足りないか。変化球のキレも今ひとつで、そこを痛打されて4失点(自責2)。左腕と言う事では、川崎では佐藤、ラスにはまだ及ばずも、4回、5回は落ち着いて3者凡退に抑え、その後の反撃へつなげる、というテンポのよさは見せることが出来たので次回登板へ生かしたいところ。


■長田昌浩(巨) 4打席3打数1安打(打点1)
この掲示板でもすっかり有名!?晴れてフレッシュオールスターにも選出!
故障者続出などでチャンスが巡り「8番・セカンド」でフル出場。4回裏には、大沼の変化球を捉えレフト頭上を破るタイムリーを放ち、流し打ちの技術をアピール。


■福井敬治(巨) 4打席3打数2安打
紅白戦時に手首を骨折し、その怪我が癒えてこの試合が実戦復帰となる。
第1打席では、同じ右手首への死球でヒヤリとさせるも、右親指付け根をかすったとのことで大事には至らず。
第3打席では大沼のインハイを弾き返し復帰後初安打をマーク。7回裏にも、2死から左前へ痛烈な当たりを放つなど、調子次第では即昇格、昨年来の「スーパーサブ」ぶりをアピールすることになりそう。


<選手寸評 所沢ライオンズ>
■大沼幸二(西) 7回 安打8 失点1
球速はMAX148kmを計時と、林に比べ1軍経験が豊富であることを印象付ける。
4回には連打で失点も、ピンチはこの場面くらいで、5回裏には満塁の場面で堀田から三振を奪うなど落ち着いた投球を披露。7回1失点と先発の役目を十分に果たし、今後も期待できそうです。


■中村剛也(西) 4打数無安打
長距離ヒッターとしての期待高い2年目。「浪速のカブレラ」
「ドカベン」的風体、打球の見送り方などはいい雰囲気をかもし出してきました。この日はヒットこそありませんでしたが、豪快なスイングやエンドラン(結果は盗塁死)など今後に期待をもちたい選手ですね。


■高木大成(西) 4打数2安打
かつてのレオ打線を支えたベテラン。ここに居るべき選手ではないと思います。
試合では格の違いを見せ付け、6回のチャンス、8回の1死からもセンター前へ綺麗に弾き返す当たりを披露。


<おまけ 
山本光将(巨)・小情報>
前回お伝えしたように、肩を脱臼した為リハビリ中の山本ですが、先日トレーニング再開のためジャイアンツ球場を訪れ、肩は固定したままでランニングなどの練習を再開したとのこと。その際、打撃練習を見て「右手だけで打つ」という珍案を考えるなど、ポジティブ思考で頑張っているようです。本格復帰には1ヶ月以上かかると思われますが頑張ってほしいです。


2003年 4月26日 イースタンリーグ 4回戦 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:みつともさん

イースタンリーグ観戦記録  平成15年4月26日(土)

  イースタンリーグ公式戦 湘南シーレックス−日本ハムファイターズ 4回戦
  湘南3勝1敗0分 (横須賀スタジアム) 13:00 晴れ
  風:←強風・突風 試合時間2時間27分 試合終了時刻15:27 公式記録員:生原
  主審:西本 1塁:萩原 2塁:牧田 3塁:濱野(セントラル・リーグ)

                     R H E
  
日本ハム 000 001 000 ・・ 5 1
  
湘  南 001 000 10x ・・ 5 1

  ○ 勝利投手 岡 本 1勝1敗
  ● 敗戦投手 佐々木 1勝2敗
  S  セーブ 堤 内 −勝−敗
  HR 本塁打 小 池  2号 矢 野@ 3回2死 (湘  南)
  3B 3塁打 田中充 7回2死 (湘  南)
  2B 2塁打 相 川 8回1死 (湘  南)
  E  失 策 鶴 岡 6回2死 (木元右安で本塁送球を後逸) (湘  南)
         木 元 8回無死 (南三ゴロを1塁悪送球) (日本ハム)
    盗塁失敗 鶴 岡 4回1死 (打者・田中充)(捕手:駒居)(湘  南)

(日本ハム) 湘南三浦は苦手か?6回木元同点打も僅か3安打に抑えられる。渡邉2安打、木元2安打。
        打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E  F  G  H
(8) 紺 田 2 0 0 1 0 三振    一ゴ       投犠    捕犠
(6) 4 田中賢 4 0 0 1 0 右飛       中飛    右飛    三振
(5) 木 元 4 2 1 1 0 中飛       中安    右安・   三振
(7) 藤 島 3 0 0 3 0    見振    三振    三振
 1  佐々木 0 0 0 0 0
 H  實 松 1 0 0 1 0                         三振
(3) 渡 邉 4 2 0 1 0    二ゴ    三振       中安    三安
(4) 小谷野 1 0 0 1 1    四球       三振
 1  野 村 0 0 0 0 0
H 7 荒 井 1 0 0 1 1                   三振    死球
(9) 山田憲 4 0 0 2 0    見振       一直    遊ゴ    見振
(2) 駒 居 4 0 0 2 0       一飛    投ゴ    三振    三振
(1) 矢 野 1 0 0 1 0       三振
H 6 野 中 1 1 0 0 1                右安    四球
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁7 30 5 1 15 3  0  1  0  1  0  1  1  1  2
                  ・は打点 見振の見逃しの三振

(湘  南) 小池先制弾は第2号場外ホームラン!相川勝ち越しのタイムリーツーベース。田中充3塁打
        打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E   F   G
(5) 北 川 2 0 0 2 1 四球    三振       見振
H 8 相 川 1 1 1 0 0                       左越2・
(6) 小 池 4 1 1 0 0 遊ゴ    左本・      二ゴ     中 飛
(4) 内 川 4 0 0 0 0 遊ゴ    右飛       中飛     右 飛
(3) 七 野 3 0 0 1 0 右直       三振       右 直
(2) 鶴 岡 3 1 0 0 0    二ゴ    左安       遊 ゴ
(7) 田中充 3 1 0 0 0    三邪    左飛       右中3
(8) 5 河 野 3 1 0 1 0    中安       投ゴ    三 振
(9)  南  3 0 0 1 0    捕邪       三振        三 失
(1) 三 浦 2 0 0 0 0       二ゴ    捕邪
 1  村 西 0 0 0 0 0
 1  岡 本 0 0 0 0 0
 H  渡 辺 0 0 0 0 0                       捕 犠
 1  堤 内 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :  :  :   :   :
    残塁4 28 5 2 5 1  1  1  0  0  0  0   1   1
                  ・は打点 見振の見逃しの三振


(投手成績) 投球回   打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム)矢野5回を投げ3安打1被弾だけ、殆どピンチなしも一発に沈む。
      野村1回を無失点。佐々木痛打
   矢 野 5     18   3   1   1   3   1  
   野 村 1      3   0   0   0   1   0
 ● 佐々木 2      9   2   0   0   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南)三浦ケガも復調か6回を3安打1失点好投。村西ピンチを岡本好救援で○。
      堤内9回ピンチも抑えてS
   三 浦 6     22   3   0   1   8   1
   村 西 1 1/3  6   1   0   1   2   0
 ○ 岡 本   2/3  2   0   0   0   2   0
 S 堤 内 1      5   1   0   1   3   0

○湘  南2−1日本ハム●

千葉ロッテと首位争いの日本ハム、今日は海の街・横須賀で湘南とのゲーム。現在5位と順位は下位ながら、勝差がそれほどなく、上位叩き次第で浮上する可能性が充分の湘南。敵地鎌ヶ谷での3連戦を勝ち越し、本拠地に今年日本ハムを初めて迎えての1戦。ライトからレフト方向への突風、強風が吹き荒れる中で試合開始。

1回湘南の先発は予告通り、ケガで調整が続く三浦。昨年も日本ハムを完璧に抑えて横浜昇格だけに今回も踏み台にできるか?1回日本ハムの攻撃は1番、井出のケガでセンターで先発の紺田。2−2から高目の三振。2番田中賢、1−2から引っ張って強い打球も1、2歩ライン寄りのライトフライ。3番木元、初球を打ってセンターフライで3者凡退。1回裏日本ハムの先発は矢野。1回裏湘南の攻撃は1番ルーキーの北川。2−3から低目へのストレートが外れて四球を選ぶ。2番小池、初球攻撃だがショート正面へのバウンドでのゴロ。田中賢が2塁へ送球し北川がフォースアウト、1塁転送もセーフ。3番内川、2−1からまたもショートゴロ、田中賢が再びセカンドへ送球しフォースアウト、1塁は小谷野が一瞬投げ送れてセーフ。2死1塁で4番好調の七野、0−1から引っ張るがライトライン寄りへのライトライナー。2回日本ハムは4番藤島からの攻撃、2−1から変化球に見逃しの三振。5番渡邉0−1からセカンド正面への弱い当りのゴロ。6番小谷野、2−3から外角へのストレートが外れて四球で出塁。7番山田憲2−2から内角へのストレートかせ見逃して三振。2回裏湘南は5番鶴岡から。2−0から打ってセカンド正面へのゴロ。6番田中充、1−1から打ち損じてサードファールフライ。木元がコーチャーボックス後方で捕球。7番は法大から8巡目で入団のルーキー河野、1−1からセンター返し、セカンド左をゴロで抜けて両チーム初ヒット。2死1塁で8番南、初球を打って出るが打ち上げてキャッチャーファールフライ。駒居がホームベース後方バックネット手前で捕球。3回日本ハムは8番駒居から。1−2から打ち上げた打球は風にも乗ったのか?上空高く舞い上がる。しかしファーストフライ。9番矢野、2−0から外角への変化球に3球三振。1番に戻って紺田、0−1から引っ張るがファーストゴロ、七野が捕って自分でベースを踏んで3者凡退。3回裏湘南は、こちらも9番投手の三浦から。1−1からセカンドベース寄りのゴロ、やや強い打球だったが小谷野が捕って1塁へ送球。1番北川、2−3から外角へのストレートに空振り三振、矢野は今日初めての三振を奪う。2番小池、2−3からストライクを取りに行ったのかカーブを完璧に捕える!打球は風の影響もあってか、ぐんぐん伸びてレフト場外の大ネットに届くソロホームランは、23日のロッテ戦(ロッテ浦和)以来中2日での第2号。湘南が1点をリードする。3番内川、1−0からライトフライ、山田憲が前へ出てきて捕球。

4回ここまで湘南三浦の前にノーヒットが続く日本ハムは2番からの主軸に回る。2番田中賢から、1−0から打って左中間へのライナー気味の打球。抜けそうな打球だったが、これにセンターの河野がランニングキャッチで追いつく。3番木元、センター前にクリーンヒットでようやく三浦から1本出る。しかし続く4番藤島、2−1からストレートに空振り三振、5番渡邉も2−0からハーフスイングでバットが止まるが1塁塁審・萩原がスイングのコールで三振。4回裏湘南は4番七野から、2−1から落ちる変化球に空振り三振。5番鶴岡、1−0からサード下をゴロで抜けてレフト前ヒット。6番田中充、その初球と同時に鶴岡がスタートを切る!しかし駒居からの送球が早くタッチアウトで盗塁失敗。2死になって田中充は2−3から流してレフトへの飛球、藤島が下がるが危うく頭上を越えそうな体勢で捕球、3人で攻撃終了。5回日本ハムは、6番小谷野から、2−2から低目変化球を空振り。鶴岡がボールを落としたのかタッチして三振のコール。7番山田憲、1−1から外角への投球だったのかバットを届かせただけの打撃になってしまいファースト正面へのハーフライナー。8番駒居、2−1からいい当たりだったがピッチャー三浦が捕って1塁へ送球してこの試合3度目の3者凡退。5回裏湘南は、7番第1打席でヒットの河野から。またもピッチャー返しの打球は鋭かったが、矢野がこれを弾いて止める。素早く1塁へ送球してアウト。8番南、2−1から低目への変化球を空振り、駒居がタッチして三振。9番三浦、2−3から詰まってキャッチャーファールフライで3者凡退。昨年の9月14日の対戦以来11イニング連続無得点に封じられている、湘南三浦から1点が欲しい日本ハムは僅かなチャンスから同点に追いつく。この回は9番矢野からだが、代打には野中が起用される。1−1から流してライト前ヒットで出塁。1番紺田、送りバントで野中を2塁に進める。1死2塁と初めての得点圏へのランナーに、2番田中賢、0−1から打ってライトフライ。2死2塁で3番木元、ライト前へ鋭い打球でヒット!2塁から3塁へ向かっている野中に3塁コーチャーの菅野コーチが本塁突入を指示!ライト南がこれを捕って本塁へ返球する!しかしボールが手前でツーバウンド以上してしまい、本塁前に滑り込んできた野中と重なったのか、鶴岡がこれを捕れない。木元の同点タイムリーと鶴岡のエラーで再びランナー2塁とチャンスが続き、対三浦の連続無得点が漸く11回2/3でストップ。4番藤島、2−3からストレートに空振り三振で今日3三振。6回裏日本ハムは代打の野中がそのまま入りショート、ショート田中賢がセカンドに回り、セカンド小谷野に代わって2番手には野村がマウンドへ。6回裏湘南は1番からの攻撃、北川は2−1から低目へのストレートに見逃しの三振。2番小池、再び1発を期待するスタンドだが、ここは1−3からファースト右へのゴロ。しかしこれを渡邉が捕れない!だがセカンド田中賢が回りこんでいてこれを好捕!1塁カバーがいない状態だったが、野村がダッシュで1塁へ向かう、田中賢の送球もいい所へ行きアウトのファインプレー。3番内川、初球打ちはセンター正面へのフライ。

7回湘南は先発三浦から2番手村西にスイッチ。7回日本ハムは5番渡邉から。0−1からセンター返しはセカンドベース上を転がってセンター前ヒット。6番野村に代わって代打には荒井が起用される。1点が欲しい場面に荒井には送りバントの指示。しかし1、2球共にファール、ボール3つでフルカウントとしてスリーバントを敢行、しかしこれもファールでスリーバント失敗で三振。流れを作るはずが逆に切ってしまったのか、7番山田憲は0−1からショートゴロ、セカンドフォースアウトで1塁はセーフ。2死1塁で8番駒居、2−3から変化球に空振り三振、荒井のバント失敗が痛く響く・・・。7回裏日本ハムは代打の荒井がそのまま入りレフト、レフト藤島に代わって4番に佐々木が入り3番手マウンドへ。7回裏湘南は4番七野からの攻撃、2−1から引っ張るがライトライン寄りへのライナー。5番鶴岡、2−0から打ってショートゴロ。6番好調の田中充、ここまで2打席は打ち取ったが、やはり好調なのか、2−3から打った打球は一瞬で右中間真っ二つに破る。2塁を回って返球もサードへ帰ってくるが田中充も3塁へ滑り込んでタッチはセーフ、スリーベース。2死3塁で7番河野、2−1からハーフスイングだが、完全に水平状態のままバットが止まっており、主審・西本がスイングのコールで三振。8回日本ハムは、9番野中から。2−3から低目への変化球が外れて四球で出塁。1番紺田、1−3から小フライになるが送りバント決める。1死2塁として湘南は3番手に左の岡本をマウンドへ送る。2番田中賢、2−1から低目への変化球に空振り三振。3番木元、2−2から低目へのストレートに空振り三振、左対左を完全に封じられて湘南はピンチを脱出。8回使用南は8番南から、初球を打ってサードゴロ、平凡なサードゴロに木元が待ってこれを捕球。1塁へ送球だがワンバウンドになってしまい、渡辺がこれを捕れずエラー。この失策が明暗を分けてしまう。9番岡本に代わって代打には渡辺が起用される。1−1から送りバント、駒居が捕って1塁へ送球で成功。1死2塁として1番北川。しかし今日2三振と元気の無い北川に代打は相川が告げられる。2−0と追い込んでいたが、ランナーがセカンドにいる為前進していたレフト荒井の頭上をライナーが襲う!これがフェンスまで到達してタイムリーツーベースで湘南が1点勝ち越し、2−1とした。直も2塁として2番小池、2−1から浅いセンターフライ。3番内川、初球を打ってライトフライ。9回湘南は代打の渡辺に代わって堤内がマウンドへ、同じく代打の相川がそのままセンター、センター河野がサードへ。9回日本ハムは4番佐々木に代わって代打は實松。3球続けてボールから2ストライクまで来て2−3から最後は高目へのストレートに空振り三振。5番渡辺、叩き付けたバッティングは3塁線上への打球、河野が捕って1塁へ送球するが、渡邉は1塁を駆け抜けていた。判定がどの審判からも出ていなかったのか、フェアかファールか判別できていない湘南内野陣だが、主審の西本がフェアをゼスチャーしてヒット。6番荒井、1−0からストレートか肘に直撃した様子で死球。1死1、2塁と一打同点、長打で逆転のランナーを背負った堤内だが、7番山田憲を2−2から見逃しの三振。さらに8番駒居も2−2から空振り三振で試合終了。

湘南・三浦から同点に追いついたまでは良かったが、攻めきれなかった日本ハム打線は9回のチャンスも潰して1点止まり。湘南は横浜で経験充分の相川が一打で試合を決めて僅差を物にして、お立ち台。8回裏のピンチに好救援で勝利投手の岡本も同じくお立ち台。日本ハム先発の矢野は、1被弾だが5回を3安打と好投、打線の援護がいつもないような気がする・・・。


2003年 4月26日 イースタンリーグ 3回戦 ヤクルト−ロッテ(戸田)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/PONさん(HP:サインなPON!

ふんぼるとさん編

2003年4月26日 ヤクルト−ロッテ 3回戦

B戸田(ロッテ3勝)

 
ロッテ  201 500 001│
 
ヤクルト 000 020 000│
 
 勝 井上貴 2勝0敗0S 登板6
 負 小 森 0勝1敗0S 登板2

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 早 坂 420 右安 空振    左安 見振
  6 青 野 100                   空振
  C 西 岡 200 四球 二ゴ    四球 四球       二直
  G 於 保 322 一ゴ    中安 左安
  H8ユウゴー  100             空振       四球
  B 澤 井 322 右安    中安 右飛
  H5丸 山 200             二ゴ       空振
  A 橋本将 543 左2    投襲 右本    中安    空振
  D3今 江 412 三ゴ    中犠 三失    三併       左本
  F 喜 多 500 二ゴ    右飛 一ゴ    三邪       二ゴ
  H 寺 本 400    一失 二ゴ 中飛       一ゴ    四球
  @ 井上貴 210    捕儀    右安 四球    空振
  H 富 永 100                         空振
  1 田中良 000
  犠盗失併残─────
  22219 37129

      回 打安振球責
  井上貴 8 325321
  田中良 1 30010

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 志 田 410 遊ゴ    二ゴ    左安    中飛
  E 三 木 410 二飛    遊失    左安    三ゴ
  C 本 郷 300 四球    捕邪    三邪       見振
  D 畠 山 432 左安       中安 左安       三ゴ
  B ユウイチ  400 中飛       遊ゴ 左飛       左飛
  H 橿 渕 300    右飛    一ゴ    遊ゴ       四球
  A 米 野 300    一飛    死球    中飛       二併
  @ 小 森 100    見振
  H 大 原 100          一ゴ
  1 五十貴 100                遊ゴ
  1 本 間 000
  H 衣 川 100                         一ゴ
  F 内 田 300       空振    遊ゴ    二直
  犠盗失併残─────
  00116 3252

      回 打安振球責
  小 森 4 2610128
  五十貴 4 151630
  本 間 1 41111

  本塁打  橋本将(ロ)1号B (4回 小森)
       今 江(ロ)3号@ (9回 本間)
  二塁打  橋本将(ロ)    (1回 小森)
  犠 打  井上貴(ロ)    (1回 無死1塁 1走の寺本が二進)
  犠 飛  今 江(ロ)    (3回 無死満塁 3走の於保がホームイン、2走の澤井
                    が三進、澤井の進塁の間に1走の橋本将が二進)
  盗 塁  早 坂(ロ)    (1回 打者は西岡 捕手は米野 二盗成功)
       西 岡(ロ)    (1回 打者は於保 捕手は米野 二盗成功)
       ユウゴー (ロ)    (8回 打者は丸山 捕手は米野 二盗成功)
  失 策  ユウイチ (ヤ)    (2回 寺本の一ゴロをファンブル)
       早 坂(ロ)    (3回 三木の遊ゴロを1塁悪送球 打者走者の三木は
                    二進)
       畠 山(ヤ)    (4回 今江の三ゴロを1塁悪送球)
       喜 多(ロ)    (5回 1死1塁から三木の左前打を緩慢に処理 左前打
                    で二進した志田が三進、打者走者の三木が二進)
  盗塁死  寺 本(ロ)    (9回 打者は富永 捕手は米野 二盗失敗)
  暴 投  小 森(ヤ)    (1回 無死2塁 2走のは早坂が三進)
       井上貴(ロ)    (4回 2死2塁 2走のユウイチが三進)
       五十貴(ヤ)    (5回 無死1塁 1走の井上貴が二進)
  併 殺  ヤクルト     (6回 無死1塁 畠山−本郷−ユウイチ)
       ロッテ      (9回 無死1塁 西岡−青野−今江)

  PL:深見 1B:橋本 3B:山崎 公式記録:中村 
  時間 2時間41分(12:59〜15:40)

得点経過
 1回表(ロ) 1死2、3塁から澤井が前進守備の1、2塁間を破る右前打。
       早坂、西岡がホームイン                 ロ ッ テ2点目
 3回表(ロ) 無死満塁から今江がセンター犠牲フライ。於保がホームイン ロ ッ テ3点目
 4回表(ロ) 無死満塁から於保が左前打。井上貴、早坂がホームイン   ロ ッ テ5点目
       1死1、2塁から橋本将が右越えスリーランホームラン。西岡
       於保、橋本将がホームイン。               ロ ッ テ8点目
 5回裏(ヤ) 2死2、3塁から畠山が左前打。志田、三木がホームイン  ヤクルト2点目
 9回表(ロ) 先頭の今江がレフトポールを巻くホームラン        ロ ッ テ9点目

戦評
 GWの初日。ぽかぽか陽気も手伝って戸田球場がある道満グリーンパークにはバーベキュー
 にサッカーに野球にと多くの人が駆け付けた。
 試合の方はヤクルト先発のルーキー小森を捕らえたロッテ打線が4回までにクリーンナップ
 が7打点を挙げ試合を決める。また、橋本将(ロ)は三塁打が出ればサイクル安打達成の4安
 打3打点の大活躍。ヤクルトは畠山、五十嵐貴だけの頑張りでは試合にならず。
 
選評
 
西 岡(ロ) 打球を飛ばすということはまだまだだが、守る方では3回の志田、9回の米野
       と2本のセンターへ抜けるかという当たりを好捕(しかも9回は併殺!)し、打
       つ方では3四球を選ぶ。やっとプロの世界に慣れてきた感じ。

 
今 江(ロ) 9回のホームランはカーブを待ってましたとばかりにタイミングをうまく合わ
       せた技ありのホームラン。切れるかと思ったが、体が残っていたためにレフト
       ポールを巻いてオーバーフェンス。

 
喜 多(ロ) 守る方では左前打で1走を三進させてしまうボーンヘッド(きっちり得点に結
       びついてしまいました)に打つ方では5タコ。昨年ルーキーながら連夜のサヨ
       ナラで千葉マリンスタジアムを沸かせた喜多や、イースタンでどこに投げても
       打たれそうな感じだった喜多はドコに行ったのでしょう?

 
橋本将(ロ) 橋本武広の加入により、橋本→橋本将に登録変更。今日は4安打3打点の活躍


 
小 森(ヤ) ルーキー。タテの変化球はまあまあ切れていたようだが、ストレートの球威と
       いう点でダメ。また、打者の外角と低目へのコントロールも良くないようで、
       米野が体で止める場面が目立つ。ストライクとボールがはっきりしている。

 
米 野(ヤ) 小森のリードでナゼか外角へのボールが目立つリード。小森は内角へ投げられ
       ないわけでは無いと思うのだが…。古田の後継者として成長が求められる。

 
五十貴(ヤ) いろんな面でファームでは有名人。五十嵐貴がアナウンスされたときには球場
       全体が『あー(試合が長くなる)』と溜息をついてしまったが、今日は目の覚め
       るようなピッチング。ストレートは相変わらずキャッチャーが絶対に捕れない
       球を時々投げてくるが球威もかなり戻ってきており、変化球はタテの変化球が
       切れに切れまくっていた上に、コントロールも良く4回を投げ打者16人から6
       三振(空振り5個)を奪う1安打無失点の快投!教育リーグのイメージを払拭す
       るのは大変だと思うが、今日のようなピッチングを続けて行って欲しい。



PONさん編
03年4月26日(土) 五十嵐貴好投!!
先日、中継登板で公式戦デビューを果たした
小森投手がプロ初先発。
現在3連勝中のスワローズは打の中心、宮出
が1軍に昇格。小森に打線の援護はあるので
しょうか。

ロッテ第3回戦(戸田)

1回表、先発小森は先頭の高卒新人・早坂に
二球目をレフトに運ばれます。盗塁、四球、
ワイルドピッチで1死一三塁のピンチを作る
と、4番沢井に2点タイムリー。
2回にはユウイチのエラーで出塁させるも、
後続を打ち取り立ち直ったかに見えましたが
3回、今江の犠牲フライ。4回は於保の2点
タイムリーに今江の3ランHRを浴び8失点
で3回裏に代打を出されてしまいます。
5回から五十嵐貴の登板。
先頭の投手井上の初球にいきなり捕手の頭上
をはるかに越える球を投げ、結局四球を出し
てしまい、早坂の二球目にワイルドピッチ。
無死二塁のピンチを作り、先が心配されまし
たが、早坂を三振!西岡には四球を与えます
が、後続を無難に抑えます!!
5、6、7、8回と計4イニングを威力ある
速球、フォークで奪った三振は6個。
捕手が取れなかった投球も5回の2球のみで
五十嵐貴が復活です!!

さて、スワローズ打線はロッテ先発の井上に
8回を5安打と抑え込まれます。
唯一の得点機会は5回に志田、三木の連打に
畠山が猛打賞となる2点タイムリー。

これでロッテ戦3連敗。
明日の先発館山と打線の奮起でロッテから初
勝利を掴んで欲しいです。
 
志田 6ゴ   4ゴ   7安   8飛      
三木 4飛   6失   7安   5ゴ      
本郷 四球   2飛   5飛     見振    
畠山 7安     8安 8安     5ゴ    
ユウイチ 8飛     6ゴ 7飛     7飛    
橿渕   9飛   3ゴ   6ゴ     四球  
米野   4ゴ   死球   8飛     4併  
小森   見振                
PH  大原       3ゴ            
 五十嵐貴           6ゴ        
 本間                    
PH  衣川                 3ゴ  
内田     見振   6ゴ   4直      
×小森
 五十嵐貴
 本間
4回 被安打10 奪三振1 四球2 死球0 失点8
4回 被安打1 奪三振6 四球3 死球0 失点0
1回 被安打1 奪三振1 四球1 死球0 失点1
  五十嵐貴 5回 1井上  B、S、B、B、S、四球
6早坂  F、B、B、K、見振
4西岡  B、B、B、S、四球
Hユウゴー  B、K、B、K、空振
H丸山  K、4ゴ
6回 2橋本  B、B、S、S、B、F、F、8安
5今江  B、S、B、5併
7喜多  S、F、B、5飛
7回 9寺本  B、F、B、S、3ゴ
1井上  B、S、S、空振
6青野  B、S、B、K、B、空振
8回 4西岡  ?、4飛
8ユウゴー  B、B、B、S、四球
H丸山  S、B、K、B、F、空振
2橋本  S、B、F、空振
【S】×小森・五十嵐貴・本間-米野
【Sr】○井上・田中充-橋本
HR:於保、今江

2003年 4月22日 イースタンリーグ 2回戦 ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了15時54分試合時間2時間54分
 球審牧田1塁深谷2塁敷田3塁木内公式記録員野中
 ロッテ浦和 観衆150人(ロッテ1勝1分け)

                    R  H E
 
湘 南 010 010 102 00  11 1
 
ロッテ 000 030 200 00   8 3
    (延長11回)
 湘南 竹下、堤内、森中、田崎ー相川、鶴岡
 ロッテ シコースキー、黒木じゅん、戸部、田中充ー橋本、里崎
 本塁打 青野1号(5回左翼竹下A)七野4号(9回右翼戸部@)
 2塁打 相川(2回)河野(7回)青野(7回)里崎(9回)
 併殺
 湘南1(相川ー内川)4回三振ゲッツー ロッテ0
 盗塁死 於保(4回)
 牽制死 田中充(2回)小池2(3,9回)
 失策 湘南1 万永(11回)ロッテ3 於保(5回)青野(9回)
                    今江(11回)

    打撃成績 
   湘 南 打安点    ロッテ 打安点
  D北 川 400   E早 坂 300
 H2鶴 岡 100  64西 岡 200
  C万 永 500   H於 保 520
  E内 川 500   G代 田 400
  B七 野 511   B沢 井 500
 A8相 川 410   A橋 本 210
  9 南  000   2里 崎 210
  F田中充 541   Dユーゴー310
  D小田嶋 420   H富 永 100
 RD西 崎 110   F喜 多 101
 H8河 野 522   H初 芝 100
 G5小 池 410   7寺 本 100
  計    43114  D6青 野 424
             C丸 山 300
            H5今 江 100
             計    3885
   投手成績
 湘 南  投回   投数 被安 四死 三振 失点 自責
 竹 下  6・1  94  5  1  6  5  5
 堤 内   ・2  12  1  0  1  0  0
 森 中  1・2  15  0  0  1  0  0
 田 崎  2・3  36  2  1  2  0  0
 ロッテ  投回   投数 被安 四死 三振 失点 自責
 シコース 5    58  5  0  3  2  2
 黒木じゅん2    34  3  0  1  1  1
 戸 部  3    41  2  1  3  2  1
 田中充  1    15  1  0  0  0  0
 注:ロッテ投手成績の欄のシコースはシコースキー。


ロッテ対湘南戦の戦評。
 得点のわりに2時間台で試合が終わったのは、両軍の出した四球が少なかったことにつきるが、いかんせん両軍ともミスが多すぎた。
 湘南は、肝心なところで牽制アウトが3つ。ロッテは、エラーが3つ。昨日の引き分けは、両軍ともに負けに等しい引き分けといって良いであろう。


★あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手と注目の選手★

★今日最も活躍した選手

■青野毅(ロ)
 今日、5回一時は逆転となる本塁打を含む4打点の活躍。7回も2点タイムリー2塁打を放ちゲームを決めたかと思われたが残念ながら自らの失策でフイにしてしまったのは残念。


★あわてんぼーが注目する選手

■田中充(湘)
 今日、4安打の活躍も2回先制となる安打を放つも牽制球でアウトに。ロッテ青野選手と今日最も活躍した選手をどちらにしようか迷ったが打点の差で青野選手に。彼のバッティングは、今日出場した選手の中で一番目立っていた。

■竹下慎太郎(湘)
 今日湘南の先発投手だが走者のいない時は良いのだが走者を出すととたんに悪くなる。一軍では中継ぎでの起用になると思われるがこれでは話にならない。どーすればよいか自分で考えそれなりの答えを出してほしい。

■シコースキー(ロ)
 今日ロッテの先発投手はこの人。牽制球で2つもアウトにしたのは「ウヲーッ」と観客からどよめきの声が。私自身もこんなに牽制球がうまかったかと感心するばかり。
 投球内容のほうは、それなりのピッチング。早く一軍にあげてほしい投手。


■先攻湘 南
■後攻ロッテ

1回表(ロッテ投手シコースキー捕手橋本)北川遊ゴロ、万永二飛、内川中飛(湘南0)
1回裏(湘南投手竹下捕手相川)早坂左飛、於保三振、代田左飛(ロッテ0)
2回表 七野三振、相川左翼越え2塁打、田中充中前安打で相川生還、小田嶋の時田中充シコースキーの牽制球によりアウト、結局小田嶋三振(湘南1)
2回裏 沢井左飛、橋本、ユーゴーともに三塁ゴロ(ロッテ0)
3回表 河野三振、小池中前安打、北川の時小池シコースキーの牽制球によりアウト、結局北川左飛(湘南0)
3回裏 喜多、青野ともに遊ゴロ、丸山三振(ロッテ0)
4回表 万永三塁ゴロ、内川右飛、七野二塁ゴロ(湘南0)
4回裏 早坂三振、於保三塁強襲内野安打、代田三振の時於保2塁盗塁失敗(ロッテ0)
5回表 相川、田中充ともに遊ゴロ、小田嶋右前安打とオーバーランした走者を刺そうとした時1塁悪送球で2塁へ、河野中前安打で小田嶋生還送球の間に2塁へ、小池一塁ゴロ(湘南1)
5回裏 沢井一飛、橋本、ユーゴーともに中前安打で1,2塁、喜多の時竹下暴投で2,3塁、喜多結局中犠飛で橋本生還なお2塁、青野左翼越え本塁打、丸山二塁ゴロ(ロッテ3)
6回表(ロッテ投手黒木じゅん、橋本に代わり捕手里崎)北川三振、万永遊ゴロ、内川二飛(湘南0)
6回裏 早坂、於保ともに三振、代田三塁ゴロ(ロッテ0)
7回表(ロッテ早坂に代わり遊撃西岡)七野一塁ゴロ、相川左飛、田中充左前安打、小田嶋遊ゴロ内野安打で1,2塁、河野中前2塁打で田中充生還なお2,3塁、小池中直(湘南1)
7回裏 沢井左飛、里崎左前安打、ユーゴー四球で1,2塁、(湘南投手堤内)喜多に代打初芝三振、青野一塁手のグラブをかすめる右翼線2塁打で里崎ユーゴー生還、丸山一塁ゴロ(ロッテ2)
8回表(ロッテ投手戸部、左翼寺本)北川三振、万永一邪飛、内川投ゴロ(湘南0)
8回裏(湘南投手森中)西岡三直、於保遊ゴロ、代田三振(ロッテ0)
9回表 七野右翼越え本塁打、相川四球、田中充右前安打で1,3塁、小田嶋三塁ゴロで5−2−5−2の狭殺プレーで相川アウト、(湘南小田嶋の代走西崎)河野三振、小池三塁ゴロ失で田中充生還なお1,2塁、北川に代打鶴岡の時小池捕手里崎の牽制球でアウト(湘南2)
9回裏(湘南捕手鶴岡、捕手から中堅相川、中堅から三塁小池)沢井投ゴロ、(湘南投手田崎)里崎左翼越え2塁打、ユーゴー遊ゴロで里崎3塁進塁、寺本一塁ゴロ(ロッテ0)
10回表 鶴岡遊ゴロ、万永一塁ゴロ、内川三振(湘南0)
10回裏 青野遊ゴロ、丸山に代打今江三邪飛、西岡三振(ロッテ0)
11回表(ロッテ投手田中充、遊撃から二塁西岡、三塁から遊撃青野、三塁今江)七野二塁ゴロ、相川三塁ゴロ失、田中充左前安打で1,2塁、西崎投ゴロで2,3塁、河野右飛(湘南0)
11回裏(湘南相川に変わり右翼南、右翼から中堅河野)於保右前安打、代田投前送りバント成功で2塁、沢井左飛、里崎敬遠で1,2塁、ユーゴーに代打富永二邪飛も万永落球で万永に失策、結局富永三振(ロッテ0)


2003年 4月20日 イースタンリーグ 4回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

イースタンリーグ観戦記録  平成15年4月20日(日)
 
  イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテマリーンズ−日本ハムファイターズ 4回戦
  2勝2敗0分 (ロッテ浦和球場) 13:00 雨→曇り/小雨
  風:→弱風 試合時間3時間01分 試合終了時刻16:01 公式記録員:西原
  主審:新屋 1塁:深見 2塁:−−− 3塁:橋本(パシフィック・リーグ)

                       R  H E
  
日本ハム  300 105 001 ・・10 12 0
  
千葉ロッテ 100 000 000 ・・ 1  4 3

  ○ 勝利投手 佐々木 1勝1敗
  ● 敗戦投手 薮 田 3勝1敗
  HR 本塁打 藤 島  1号 薮 田B 1回1死 (日本ハム)
  3B 3塁打 荒 井 9回2死 (日本ハム)
  2B 2塁打 早 坂 1回無死 (千葉ロッテ)
         於 保 1回無死 (千葉ロッテ)
         藤 島 5回2死 (日本ハム)
         井 出 6回無死 (日本ハム)
   E 失 策 今 江 1回無死 (打者・田中賢 1塁牽制球を後逸)(千葉ロッテ)
         今 江 6回無死 (佐藤一ゴロを後逸) (千葉ロッテ)
         澤 井 7回1死 (小谷野一ゴロを2塁悪送球) (千葉ロッテ)
     後 逸 金 澤 4回1死 (打者・佐藤) (千葉ロッテ)
         金 澤 6回1死 (打者・田中賢) (千葉ロッテ)
     併殺打 藤 島 3回無死 (早坂−西岡−今江) (日本ハム) 
         駒 居 9回無死 (西岡−青野−澤井) (日本ハム)


(日本ハム)藤島1号先制スリーラン!井出昇格近しか2安打2打点。荒井駄目押し3塁打。
      田中賢2安打1打点
        打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E  F  G   H
(8) 井 出 4 2 2 1 0 左安 投ゴ    三振    左2:
 9  荒 井 2 1 1 0 0                   三ゴ    左中3・
(5) 小 田 1 0 0 0 0 遊ゴ
 5  山 田 4 0 0 2 1    三振       三ゴ 三ゴ    四球 見 振
(6) 4 田中賢 3 2 1 0 1 四球    中安    遊飛 中安・
H 6 尾 崎 0 0 0 0 1                      四球
(DH) 藤 島 4 2 3 1 0 右本・:   遊飛    右2 三振
H DH 池 田 1 0 0 0 0                      三邪
(3) 木 元 3 1 0 2 0 中安    三振    見振
H 64 野 中 2 0 0 1 0                二ゴ    三振
(9) 8 紺 田 3 1 0 0 2 左飛       四球    中安 四球 遊ゴ
(7) 佐 藤 4 2 0 0 1 左安       三安    二失 中飛    四 球
(4) 3 小谷野 4 1 0 1 1 三振       遊ゴ    遊安 一失    四 球
(2) 駒 居 4 0 1 2 1    見振    三振    四球・右直    二 併
     :             :  :  :  :  :  :  :  :   :
    残塁10 39 12 8 10 8  2  0  0  1  1  1  2  2   1
                   ・は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) 初回4球で1点返すも打線続かず計4安打、首位攻防戦で並ばれる。
        早坂、於保ツーベース
        打 安 点 振 四   @  A  B  C  D  E  F  G  H
(6) 早 坂 2 1 0 0 0 右 2 遊ゴ 
H 6 青 野 2 0 0 0 0              遊ゴ       投ゴ
(8) 於 保 4 1 1 1 0 左中2・   三ゴ    三振       二ゴ
(7) 代 田 2 0 0 0 2 四 球    右飛       中飛    四球
(5) 3 澤 井 4 1 0 1 0 三 振    右安       遊直    右飛
(3) 今 江 2 0 0 0 0 左 飛    三ゴ
H 5 富 永 2 0 0 0 0                 一ゴ       三邪
(2) 金 澤 4 0 0 2 0 三 振       三振       二ゴ    二ゴ
(DH) ユウゴー2 0 0 0 0     右飛    一邪
H DH 喜 多 1 0 0 1 1                    四球    三振
(4) 西 岡 3 0 0 1 0     見振    遊飛       投ゴ
(9) 寺 本 3 1 0 0 0     右安       一ゴ    二ゴ
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁6 31 4 1 6 3   2  1  1  0  0  0  1  1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績) 投球回   打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 佐々木立ち上がり連打で1失点も後続を封じ5回1失点で今季初勝利。
       伊藤、神島2回無安打
 ○ 佐々木 5     20   4   0   1   5   1
   伊 藤 2      7   0   0   1   0   0
   神 島 2      7   0   0   1   1   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ) 薮田初回から被弾で6回途中10安打7失点で今季初黒星。
        田中良9回痛打で1失点
 ● 薮 田 5 1/3 29  10   1   3   7   4
   山ア貴   2/3  3   1   0   0   1   0
   田中充 1      5   0   0   1   0   0
   田中良 2     10   1   0   4   2   1


●千葉ロッテ1−10日本ハム○

前夜から天候の悪化が予想され、開場時には霧雨が降り、試合開始時間まで天候が持つかどうかという中での今日は首位千葉ロッテと対するは7連勝で現在2位、勝って同率首位に並びたい日本ハム。開幕カードでは本拠地2連敗の日本ハム、前日の試合を接戦ながら制し敵地で連勝といきたい。

1回千葉ロッテの千発は開幕2戦目の日本ハム戦(鎌ヶ谷)で6回0/3を投げて白星、ここまで3勝負けなしの薮田、1軍昇格に向けて4連勝を狙う。1回日本ハムの攻撃は1番井出。1−1から引っ張ってショート左を鋭く抜けてレフト前ヒット。2番小田、1−0からショートゴロ。併殺コースの打球に早坂が捕ってセカンドへ送球し井出フォースアウト、1塁はセーフでランナーが入れ替わる。3番田中賢、打撃10傑にランクし、打点争いのトップを行く。そのカウント1−0から薮田が1塁へ牽制球を投じるが、これをファーストの今江が弾いてボールを後ろに逸らしてしまう。小田は2塁へ行き、1死2塁と先制のチャンス。田中賢は2−3から内角へのストレートが外れて四球で出塁。1死1、2塁として4番藤島、ボール2球で0−2として続く3球目を完璧に捕える!打球はライトややセンター寄りへの大きい飛球、飛距離十分の打球がライトスタンド後方ネット中段に届く、今季第1号スリーランホームランで日本ハムが3点を先制する。5番手の怪我からまずはイースタン復帰の木元がファーストで先発出場。挨拶代わりは初球攻撃、セカンド左をゴロで抜けてセンター前ヒットでまずは上々の滑り出し。6番紺田、2−1からバットの先で打ち返した打球だがレフトフライ。7番佐藤、2−2からレフト前にワンバウンドで落ちるヒット。2死1、2塁と追加点のチャンスで8番小谷野。しかし2−2から低目への変化球に空振り三振で2者残塁。1回裏日本ハムの先発は8日の湘南戦で先発も今一つだった佐々木が再度先発登板。1回千葉ロッテは1番早坂から。1−1からライトへのツーベースで早くもランナー2塁。2番於保、今度は初球攻撃!左中間真っ二つの打球は連続ツーベースで千葉ロッテが3球で1点を返し3−1とする。このプレーの中継に入った小田が足を捻ったのか、3番代田が打席に入る前に不可解な交代、サードに山田憲が入る。無死2塁で3番代田、ストレートの四球で出塁。佐々木は前回同様に崩壊してしまうのか?続くは4番澤井、2−2から低目の変化球で空振り三振。5番今江、2−1から打ち上げてほぼ定位置へのレフトフライ。6番金澤、2−2から変化球にタイミング合わず空振り三振で2者残塁。2回日本ハムは、9番先発マスクの駒居から。2−1からストレートを見逃して三振。1番に戻って井出2−3から低目を打つが詰まってピッチャーゴロ、薮田がトスで1塁送球。2番山田憲2−1から低目変化球に空振り三振で3者凡退。2回裏千葉ロッテは7番ユウゴーから、1−3から打ち上げてしまいライトフライ。定位置からライン寄りに行った所で紺田が捕球。8番西岡、2−3から変化球にバットがピクリともせず、見逃しの三振。9番寺本、0−1から引っ張ってライト前ヒット。1番に戻って早坂、1−0からショートゴロ、田中賢が捕って2塁ベースカバーの小谷野にトスして寺本残塁。3回日本ハムは3番田中賢から、2−3フルカウントからセンター前にクリーンヒットで出塁。4番初回に本塁打の藤島、しかし今回は1−1から高いバウンドでのゴロでショートゴロ、早坂−西岡−今江と渡って併殺打。5番こちらも初回にヒットの木元、しかし2−2から空振り。金澤が落球し一瞬ボールを見失う間に木元が1塁へ走り出すが、これは金澤が1塁へ送球して3人で攻撃終了。3回裏千葉ロッテは、2番於保からの攻撃。2−2から打ってサード右へのゴロ。3番代田、1−2から打ち上げてしまいライトフライ。4番澤井、初球攻撃は引っ張ってライト前へワンバウンドでヒット。2死1塁で5番今江だが、2−1からサードゴロ。山田憲が腰を落として捕球し1塁へ。

4回日本ハムは6番紺田から、1球もストライクが入らずストレートの四球で出塁。7番佐藤、2−2から強い打球でのピッチャー返しは薮田の足か、マウンドか?跳ね返った打球を澤井が捕球するが1塁へは投げられず内野安打。無死1、2塁で8番小谷野、ショートゴロだがこれを早坂がセカンドベース後ろで好捕!セカンドにトスして1塁ランナー佐藤がフォースアウト。ところがこのプレーでセカンドベースカバーの西岡が佐藤と交錯してのか、足を捻った様子でベース左で立てない。しかしプレーには支障なかった様で試合再開。1死1、3塁とチャンスが続き9番駒居。しかしそのカウント1−0から金澤が後逸してしまい3塁から紺田が難なくホームインして4−1とリードを広げる。1死2塁に変わって駒居は2−1から空振り三振。1番井出、2−2から低目変化球に空振り三振。4回裏千葉ロッテは6番金澤から、2−2から高目のストレートに空振り三振。7番ユウゴー、1−0から打ち上げてファースト・ファールフライ。1塁ベース斜め後方で木元が捕球。8番西岡、1−0から詰まってショートフライで3者凡退。5回日本ハムは2番山田憲から、2−1から打ってサードゴロ。3番田中賢、2−0から打ち上げてショートフライ。4番藤島、1−1からライン内に入るヒット、これがツーベースで2死2塁。しかし続く5番木元が2−1からストレートを見逃して三振。5回裏千葉ロッテは9番寺本から。2−2から引っ張るがファーストゴロ、木元が捕って佐々木がベースカバーに入ってアウト。1番早坂に代わって代打には青野が起用される。しかし2−1からショートゴロ、田中賢がセカンドベース後方で捕って1塁へ。2番於保、2−3から低目への変化球に空振り三振で2イニング続けて3者凡退。6回千葉ロッテは、代打の青野がそのままショートに入る。6回日本ハムは、千葉ロッテ先発の薮田を完全に攻略する。この回は6番紺田から、1−1からセカンドベース右をゴロで抜けるセンター前ヒット。7番佐藤、ファースト右へのゴロだがこれを今江が捕れない。ボールがセカンド西岡の前に転がってきて西岡が弾いてしまいエラー。しかし記録は今江の失策、無死1、2塁と追加点のチャンス。8番小谷野、初球打ちでショート内野安打で出塁し無死満塁。9番駒居、薮田が動揺したのかストレートの四球で押し出し。日本ハムが5−1とする。さらに満塁で1番井出、0−1から狙い澄ました様に打った一打はレフトへのヒット、2者が還って7−1。井出はツーベース。さらに無死2、3塁で2番山田憲、0−1から打ってサードゴロ。ここで千葉ロッテは薮田を諦める。2番手に山ア貴を送る。ところが、代わりっぱなの初球を金澤がサイン違いか今日2度目の後逸。3塁から駒居が還って8−1。田中賢は0−3から打って前進守備で狭くなっていた二・遊間をバウンドで抜けるゴロでセンター前にタイムリー。9点目が入る。1死1塁で4番藤島、しかし2−1から低目の変化球に空振り三振。5番木元に代わって代打には野中が告げられる。しかし2−1からセカンドゴロで田中賢残塁。6回裏日本ハムは、代打の野中がショート、ショート田中賢がセカンド、セカンド小谷野がファーストへ。マウンド上が佐々木から2番手伊藤に交代。6回裏千葉ロッテは、3番代田から。2−3まで来るが打ち上げてしまい左中間寄りのセンターフライ。4番澤井、初球打ちだがショートライナー。5番今江に代わって代打は富永。しかし1−2からファーストゴロ、伊藤がカバーに入ってこの回も3者凡退。

7回千葉ロッテは代打の富永がサード、サード澤井がファーストへ回る。ピッチャーが3番手田中充に交代。7回裏日本ハムの攻撃は6番紺田からの攻撃、2−3から低目へのストレートが外れて四球で出塁。7番佐藤0−1から打ち返した打球はセンターへの大きい飛球。於保が下がってフェンス手前で捕球。8番小谷野、1−1からファースト正面へのゴロ、完全な併殺コースだがこれを捕った澤井が2塁へ送球すると、これがショート寄りに逸れる悪送球。ボールがレフト前まで転がりエラーで1死1、2塁になる。9番駒居、2−2から巧く捕えた打球がライトへライナーで飛ぶ。しかし寺本のほぼ正面へいってしまいライトライナー。1番に戻り、6回から井出に代わってライトに入っていた荒井。1−1から流し打ちだがサードゴロ、富永が捕ってサードベースを踏んでスリーアウト。7回裏千葉ロッテは6番金澤から、初球打ちはセカンド前へのゴロ。田中賢が捕って1塁へトスしてアウト。7番ユウゴーに代わって代打は喜多、1−3から外角へのストレートが外れて四球で出塁。8番西岡、強烈なピッチャー返しだがこれを伊藤が好捕!素早くセカンドへ送球しフォースアウト、1塁に転送されるがこれは投げそこなったのか、悪送球となってしまう。しかしキャッチャーの駒居がカバーに来ておりエラーにはならず。2死1塁で9番寺本、初球攻撃はセカンド右へのゴロ。抜けるか?というゴロに田中賢が追いついて逆シングルで好捕、1塁へ送球してアウトはファインプレーでチャンスを許さない。8回千葉ロッテは、4番手に田中良がマウンドへ。日本ハムこの回は2番山田憲から、1−3から外角へのストレートが外れて四球で出塁。3番田中賢に代わって代打は尾崎が告げられる。ところが、マウンド上田中良は尾崎にもストレートの四球で2者連続四球。無死1、2塁で4番藤島に代わって代打は池田。1−2からバットが折れてサードファールフライ。5番野中、2−0から低目への変化球に空振り三振。6番紺田、0−2から打ってショートゴロ、青野が捕ってセカンドにトスしてチェンジ。8回裏日本ハムは代打の尾崎がショートに、ショートの野中がセカンドへ回る。大量点差に3番手に神島がマウンドへ。8回裏千葉ロッテは1番青野から、0−1からピッチャーゴロ。2番於保、1−1からセカンドゴロだがこれに野中が横っ飛びで捕球を試みる。グラブに入ったボールを素早く1塁へ送球してアウト。3番代田、1−3から内角への変化球が外れて四球。4番澤井、1−0からライトフライ。荒井がライン内側で捕球。9回日本ハムは、7番佐藤からの攻撃。2−3から高目が外れて四球。8番小谷野も2−3からストレートが外れてこの回も連続四球。無死1、2塁で9番駒居、しかし2−2からセカンドゴロで西岡−青野−澤井と渡って併殺打。2塁ランナーの佐藤は3塁へ。2死3塁で1番荒井、0−1から流した打球は左中間を真っ二つに破るタイムリー。10点目が入る。さらに2塁の手前でこの打球の処理をモタついていたレフトとセンターを見て、荒井が勢いを緩めず一気に3塁を狙う。これがスリーベースとなる。2番山田憲、2−1からストレートを見逃して三振。9回裏千葉ロッテはここまで僅か4安打、一矢報いたい所。5番富永から、0−1から打ち損じてサードファールフライ。6番金澤、2−3からこの打席だけで2本目のバットが折れてセカンドゴロ。7番喜多、2−1から外拡への変化球で空振り三振で試合終了。

日本ハムがベテラン、若手の繋がりで8連勝で遂に首位千葉ロッテに同率で並んだ。千葉ロッテは初回に4球で1点を返した以外は打線が全く機能せず4回以降は日本ハム投手陣に無安打に封じられた。


2003年 4月19日 ウエスタンリーグ 4回戦 中日−サーパス(ナゴヤ)報告者:SHIBATAKEさん(HP:YaMaBu(山歩きとブルーウェーブ)

昨日は暑かったですが、今日は雨もぱらつきました。
雨は試合には影響ありませんでした。

北川智規(サ)完投勝利、打線もワンチャンスをものにして逆転勝利
2003年4月19日(土)12:30〜・ナゴヤ球場
(2時間27分、PL山本、1B渡真利、2B嶋田、3B根本、記録:花田)

     1 2 3 4 5 6 7 8 9  計 安打
サーパス 0 0 0 0 0 3 0 0 0   8
中  日 0 1 0 0 1 0 0 0 0   5

 サーパス :北川[勝](9回、失点2(責:1)安8球0振8)
 ドラゴンズ:バルガス[負](7回失点3)→久本(2回失点0)
 本塁打(SK):なし、本塁打(D):蔵本(2回ソロ北川)
 勝利打点(SK):板倉 SVP:北川選手(完投、8奪三振)&板倉選手(逆転2点タイムリー)


■ゲーム内容
北川は1回に二塁打、死球とピンチを作るが後続を三振、
2回には蔵本に痛打を浴びるがその後は落ち着きを取り戻しました。
5回に自らのワイルドピッチで失点するが、
そこからは3者連続三振を取るなど、だんだんと波に乗ってきました。
打線も2点差とされた次の回に竜太郎、玉木、板倉と連打し一気に逆転。
バルガスの速球に苦しんでいただけにこの集中打による逆転は見事でした。
逆転した後の6回以降は北川がノーヒットピッチングで完投勝ち。見事な勝利でした。

■サーパス
出場選手 (数字は守備位置)成績(打数−安打−打点)
7早川  (4-1、盗塁1)
4福留  (4-1、三振1)
8高見澤 (4-0、盗塁1、三振2)
9竜太郎 (4-3-1)
6玉木  (4-1、三振1)
3板倉  (3-1-2、死球1、盗塁死1)
2上村  (3-1、三塁打1、犠打1、三振1)
1北川  (4-0、三振3)
5後藤  (3-0、死球1)


■ドラゴンズ
出場選手 (数字は守備位置)成績(打数−安打−打点)
8土谷  (4-0)
5前田新 (4-2、二塁打1)
4森野  (4-0、三振2)
3高橋光 (3-0、死球1、三振2)
9森   (4-0、三振3)
9蔵本  (4-2-1、本塁打1)
2清水  (2-07)→H善村(1-0)→1久本(打席なし)
6森岡  (3-1、二塁打1)
1バルガス(1-0、犠打1、三振1)→H→2柳沢(1-0)


  ■掲示板@2軍愛■