モバイル情報   NO. 2   NO. 3   NO. 4  NO. 5  NO.6 








モバイル環境
使用PC SONY-PCG-N505A B5ノート
付属品 モデムセーバー(モデムセーバーLT)


今回は、2度目の海外モバイル挑戦になりました。1度目は、国内国外共に失敗!「まっなんとかなるさ〜」とあまい気持ちでリサーチもそぞろ。現実は厳しいもので、なんともなりませんでした。

この時は、自分が使っているプロバイダーの海外ローミングサービスを使った場合と、無料の海外プロバイダーを使った場合の両方を試してみました。
ローミングサービスの方は、うんともすんとも言わず。一方、無料プロバイダーの方は、モデムの呼び出し音が「ガーガー、ギーギー?」と聞こえたんですが、結局繋がらなかったんです。

何度格闘しても結果は同じ。せっかく重い思いをしてパソコンを持って行ったのに・・・くたびれ損!!

そして今回、せっかく海外モバイル用に買ったB5ノート。使わなきゃ意味がありません。またまた、重い思いをして運んで行きましたわよ。

前回の失敗があるので、今度は日本で入念?な準備をして行きました。
設定の変更箇所のコピー・無料プロバイダー(アメリカ)入会・アクセスポイントの照会等など。プロバイダーの入会手続きに少し苦労しましたが、何とかクリアー!

入会の手続きの苦労とは・・・当然ですが、アメリカのプロバイダーの為、住所・TEL・ジップコード(郵便番号)等が日本のものではダメなんです。
ではどうするか?仕方ないので、適当なホテルの住所と電話番号、ジップコードを入力する事でクリアーしたのです。



アメリカの無料プロバイダー

最初、私は当然ながらこの存在を知りませんでした。私のHPの常連さんから、この存在を教えられたんです。
こんなありがたいものは、ないですよね?ローミングサービスって、1分30円くらい取られたんじゃなかったかしら?

3〜4つ位アドレスを教えて頂き、その中の一つ「Net Zero」ってのを選び、早速ダウンロード。
ただ、無料プロバイダーってのは、日本でもそうでしょうがアクセスポイントが少ないってのが難でしょうか?
都会には沢山あるんですが、田舎へ行くほど少なくなってしまう。

そして、アメリカにはもう一つ便利な事が・・・それは、市内通話フリー!ただし、これは全部のモーテルで可能なわけではありません。
モーテルのディレクション等に、ローカルコールフリーと書いてあれば、市内通話タダという事です。そうなったら儲けもの!

無料プロバイダー+ローカルコールフリー=通信費タダという方程式が成り立つのです。

私御用達の「モーテル6」。ここは何処へ行っても、ローカルコールフリーなんです。都会でも田舎でも・・・。

という事で、モバイルできる場所が限られてしまいますが、私の今回のモバイル通信費はゼロ(タダ)。
1セントも使わないで、HPの閲覧、HPの更新、掲示板へのレス、等をやっちゃいました。



上方の写真でもわかるように、比較的新しいモーテルには、壁にちゃんとインターネット用のモジュラージャックやコンセントが付いています。通信速度 24〜56kbps(アクセスポイントによって違うようです)
また、壁に固定のテーブルもあるので至れり尽せり。




        アメリカ無料プロバイダー

  NETZERO   http://www.netzero.net/support/index.html

  Internet 4 Free
              http://www.affinitypath.com/cgi-bin/mi/welcome.cgi?cb=2174

  DOTNOW    http://www.dotnow.com/

  JUNO      http://dl.www.juno.com/get/web

 何れもファイルをダウンロードして使う事になります。
最初に登録しなければなりませんが、指示に従い順番に行っていけば問題ありません。
英語が不得手な方でも大丈夫かと・・・??
アクセスポイントは、都会には多いですが田舎は少ないです。これが無料プロバイダーのツライところ!



NEXT