Back

Baarle Nassau Hertog-オランダにあるベルギーの飛び地


イースターの日曜日、アムステルダムから車で1時間半ほど南に走り、目指すBaarle Nassau Hertogまで行きました。
この町は不思議な町です。ベルギー国境から3キロほどオランダ国内にはまりこんだようにベルギーに属する土地(包領)が800ヘクタールほど。 それも、境界線はくねくね入り組んで、さらに離れた場所にも小さな飛び地があって、トータル22のベルギーの飛び地に約2,300人のベルギー人が住んでいて、Baarle Hertogと呼ばれています。 さらに面白いことには、このベルギーの土地の中にオランダの飛び地が6箇所あります。オランダ領地はBaarle Nassauと呼ばれ, 通常双方併せてBaarle Nassau Hertogと呼んでいるわけです。教会、市役所、警察、郵便局や学校など全部別々、市長さんも二人います。

広場に埋め込まれた境界線と記念碑

左側がベルギー、右側がオランダ。私は律儀にオランダ側に立っていたようです。

別の地点で見つけた建物自体が分割された家。
壁の縦線はそれぞれの国の国旗の色

このあたりの家は、郵便受けが縦についています


Apr. 23. 2003