要塞都市:Naarden

函館・五稜郭のオランダ版



 

17世紀のナールデン
(要塞ミュージアムのパンフレットより)
オランダに五稜郭があると聞いて、地図をたよりに初めてナールデンを訪ねた日から、この中世の面影を色濃く残す町は私の心を捉えて放さない。



現在のナールデン絵はがきより)
周囲を囲む濠と城壁は14世紀以来の度重なる戦のあとを今に伝えている。昔のままの石畳、狭い路地、後期ゴシック様式の大教会と威圧するように聳える塔、骨董品や古びた家具の店があるかと思えば、モダンなインテリア・ショップがあり、隅々まで手入れの行き届いた家並みは、ただそぞろ歩くだけで心が和む。


要塞ミュージアム
夏草生い茂る高台にみえるが、実はrampart(塁壁)で、この下に現在のミュージアムがある。
時代がかったユニフォームに身を包んだ兵隊による12ポンド砲の実演を始め、
各種催しが随時行われている。その模様はこちら

ユトレヒト門
現存する唯一の城門で、車は通れないが、人や自転車がのどかに通り抜けていく。

旧市庁舎

1601年に建てられた。階段式破風が美しい。ここで結婚式が行われ、何回か晴れやかな人々の群に出逢った。