女王陛下のパンケーキ

Lage Vuursche


オランダで一番ポピュラーな女性、それは間違いなくベアトリクス女王陛下でしょう。庶民的といわれるオランダ王室、自転車に乗って通学する皇太子とか、犬を連れてゴルフする女王と夫君のクラウス殿下、などなど話題に事欠きません。パンケーキはオランダを代表する傑作料理で、名前からは想像できないほど味のバラエティも豊富で奥深い、オランダの食文化の代表です。女王陛下がよく訪れるパンケーキ屋と聞けば、これほどオランダ的な場所がほかにあるでしょうか?


アムステルダムから南東へ国道201号線を走らせ、のどかな田園風景、ヨットの浮かぶ湖、葦の生い茂った湿原などを横目で見ながら30分ほど行くと、そこは昼なお暗い杉並木。車の窓を開けると木の香りが何とも云えません。
Lage Vuurscheはそんな森の中の小さな町。このパンケーキ屋と同じような食べ物やが何軒か並び、花に囲まれたホテルレストランやちょっとした雑貨店が並んだ小さな通りが唯一の目抜き通りです。ちょっと立ち寄ってみたくなる気さくな雰囲気。
晴れていれば、多少寒くても戸外のテーブルに座るのですが、この日はあいにくのお天気。中途半端な時間だったため、人もまばらです。
こんなにすいていることは滅多にないのです。
パンケーキというと薄目のホットケーキを思い浮かべますが、オランダ風パンケーキは、厚めのクレープと呼んだ方がぴったり。甘口、辛口それぞれ何種類もあるところなどもクレープに似ています。3人で3種類注文し、3等分ずつシェアして、というのがbagumama風正しい食べ方です。
1.リンゴの薄切りをのせて焼き、シナモンと粉砂糖、それにストロープと呼ぶシロップをかける。
2.塩味の効いたベーコン入りにストロープをかける。
3.ジャパニーズ・ベジタリアン。(左の写真)生地は何となくかき揚げ風の味、その上にアルファルファ、千切り大根、3色ピーマン。醤油をたらたら。美味ですよぉ。
周辺は緑一面の森の間にぽつんぽつんと家が建っています。こんな感じにね。
Jan.16,2001