台湾鉄路 [1:台北〜嘉義〜阿里山〜嘉義]

1998/09/01

くまちゃんは、平成9年9月に台湾を電車で1周してきました。

台北(タイペイ)駅にて自強号(旧型車両)。車内は薄暗く、ちょっと陰気な感じでした。

阿里山森林鉄道 嘉義(ジャーイー)駅。台湾鐵路嘉義駅の右奥にある。

見た目より本当にボロい。
ちょっと変わっている2人がけのシートと1人がけのシートの車両。
阿里山駅まで2時間半位の道のりだが揺れも激しく、乗り物に弱い人には勧めません。

看板

神木付近で撮影。でも、肝心の神木は倒壊寸前でワイヤーでつられていました。ここで電車はいったん止まります。

阿里山駅。ここで入山料の100元払う。でも、英語表記はなぜかしら120元なの。おそるべし中国人!

嘉義行きのバス。冷気のバスだったはずなのに冷房なし。
これもとってもボロいし運転が荒い。山道では普通に座っていても跳ね上がる。

嘉義の売店。いろいろ売っている。値札シールにも台湾鐵路のマークが入っている。


台湾鉄路 [2:嘉義〜臺南〜高雄〜臺東〜台北]に進む  不毛企画 GEOCITIES館に戻る  不毛企画 乗り物館に戻る

\   \
 o o 
  -  
ふもふも館長
mailto:fumo@inv.cojp
http://www.inv.co.jp/~fumo/