大正6年頃の大夕張炭礦停車場、機関車は夕張機関区所属の鉄道院9030型SL。
石炭車はオテセ(大型・鉄製石炭車)が入線している。
背景の炭鉱施設も明治45年当時から拡充されている。