昭和4年炭礦の北部移行に伴う鉄道延長・自営運転開始に合わせて昭和3年から4年にかけて
美唄鉄道から入線した9200形SL(9201、9237)。
輸送力増強で9600形SLとの交換がまとまり昭和37年9月(9237)、
38年1月(9201)に三菱芦別専用鉄道に転出した。

入替えに活躍する9237号・大夕張炭山。昭和36年4月13日、
小樽市の星良助氏撮影。夕張市石炭博物館所蔵