三菱大夕張鉄道保存会規約


第1条(名称) 
    本会の名称は「三菱大夕張鉄道保存会」と称す。更に別称を
   「大夕張シネマトレイン保存会」と定め効率的な会の運営及び対外  
   広報等の利便を考慮し使い分け及び併用できるものとする。

第2条(目的)
    本会の目的は旧三菱鉱業(株)大夕張砿業所及び旧三菱石炭鉱
   業(株)南大夕張砿業所鉄道課(通称 三菱大夕張鉄道及び三菱石
   炭鉱業鉄道)の所有となっていた車両及び橋梁・土木構造物等の鉄 
   道関連施設を南部及び鹿島地区の重要な産業遺産と位置付けし、  
   同地区の歴史の一部として後世に残すための保存を目的とする。
   

第3条(活動)

1、  本会の活動は第2条(目的)を基軸に、更に南部及び鹿島地区
  の今後の利益につながる活動を行わなければならない。必要であ
  れば行政、他団体、法人等と連携活動を行うことができる。

    (1)  車両所有者及び現留置場所の地主の許可の元清掃および
        草刈りなどの環境整備。

    (2)  車両、橋梁・土木構造物等の鉄道関連施設の歴史的、
        技術史的価値の研究・広報及び認知の促進。

    (3) 保存のための募金活動。

    (4) 上記に係わる歴史、経緯、方法等の研鑚、勉強会。

    (5) 上記に係わる一切の活動。

    (6)  「シューパロ塾」への積極的参加により南部及び鹿島地区の
         まちづくりに協力、応援する。

2、  本会の活動の目的が意に叶わず滅消、破壊、解体などにより
  失われた場合には活動停止及び会の解散を基本とするが、資
  料・写真・映像等を保存の目的とし存続させることができる。

第4条(会員)
    本会の会員は第二条の目的に賛同し、入会の意思を持つものを
   会員とし、退会後の再入会をも妨げない。

第5条(入退会)
    
1、 入会希望者は第3条(活動)に居住地理的条件等で参加すること
 が困難な場合でも入会することができる。 

2、 入会希望者及び再入会希望者は下記4、5に抵触しなければ入
 会者となる。

3、 入会希望及び退会は本人の自由意志とする。会はこれを妨げて
 はならない。しかし下記4、5に抵触するものはこの限りではない。

4、 いわれのない中傷等で著しく会の名誉を毀損し活動の妨げとな
 る行動を行った会員は強制退会させることができる。

5、 会の運営及び活動を促進させ寄与した会員でも社会的不正をも
 って会に係わった場合は強制退会させることができる。


第6条(役員)
   
   1、本会に次の役職をもって役員とする。

    (1)会長       奥山 道紀
    (2)副会長    乗田 功一
    (3)事務局長   今井 一郎(平成13年4月改定)
    (4)事務局次長 伊藤  勲(平成13年4月追加)
    (5)広報      石垣  徹
    (6)会計      今井 一郎(兼)
    (7)顧問      高橋 勝男、鈴木 武正、正木 英造
(平成14年4月改定)
    (8)監査      飯田 雅人
    (9)技術部長  川合 宏幸(平成14年4月追加)
    (10)作業長   谷口 浩章(平成14年4月追加)
    (11)営繕長   福島 末雄(平成14年4月追加)

   2、役員は会員の互選により決定する。

   3、役員の任意は1年とし、再選を妨げない。

第7条(事務局)
   本会に事務局をおき、会運営に必要な事務的事項を司る。

第8条(会計監査及び総会)

1、 本会の会計監査は年1期とし3月末日に実施するものと
する。(平成12年4月改定)
 
2、 会計監査が終了した後、会長は速やかに役員、会員を招集し総
会を開催し、会計報告、次期予算、活動計画等を審議しなければ   
ならない。

第9条(本規約の施行及び変更)

   1、本規約は平成11年 9月25日をもって施行する。

2、 本規約は総会及び役員会において追加、削除、変更することが
 できる。この場合必ず会員に通知しなければならない。

   平成12年4月改定  第6条1項(6) 第8条1項
   平成13年4月追加  第6条1項(4)
   平成13年4月改定  第6条1項(3)(7)
   平成14年4月改定  第6条1項(7)
   平成14年4月追加  第6条1項(9)(10)(11)
          

保存会のページへ戻る