こっ、これがオオクワガタだ!

これがオオクワガタなんだ!

オオクワガタ Dorcus curvidens binodulosus

○大きさ オス21.0〜82.0mm メス21.0〜54.0mm
○分布 本州、四国、九州、対馬
○生息樹木 クヌギ、コナラ、シイ、カシ、サクラ、ヤナギ、ブナなどの広葉樹


 
じっくり見てみると、真っ黒な光を発していて

本当にこんなクワガタが自然のなかにいるのか、疑わしくなってしまう。

オスの個体の武骨さは他のクワガタには見られない独特のもの。

より大型の個体になってくると、アゴ、頭、胸、腹の部分と

全体的に太く、より風格を増してくる。

とくにアゴの太い個体は、アゴを閉じた状態での風格があり、

ドン!とした印象。

また、オオクワガタの風格は、

オスの成虫だけでなく、メスや幼虫個体にも感じられる。

メス個体は、オスよりもさらに黒光りし、

羽の部分に独特の点刻が入る。

幼虫も大型でオオクワガタらしい風格がある。

 

  

  

  

  

 

オオクワガタとはカナブンブンのご意見