キハ200形

キハ200形

車両形式  キハ200形
最大長さ  20,000o
最大幅    2,903o
最大高さ   3,880o
定員     160名(座席64名)
自重     30.0t
製造所   日本車両
製造年   1961〜1977

1961〜77(昭和36〜52)年に国鉄への乗入れを考慮し国鉄キハ20形に準じて製作された車両がキハ200形である。国鉄キハ20形との相違は全てロングシートで便所も取付けられていないことで、当初は国鉄千葉駅へ乗入れていたが現在は設定されていない。編成両数は単行から最大で六両であるが近年は六両編成での運転はない。キハ201からキハ214までの全十四両が製作され現在も活躍中である。

キハ5800形(車籍抹消済)

キハ5800形

国鉄の電車として、1924年日本車輌にて製造され、今の飯田線(三信鉄道)にて使用されていたが、その後、気動車化され1960年小湊鉄道に入線。97年頃までは車籍があったが現在は車籍が抹消されている。

軌道バイク

軌道バイク

変り種として、車両扱いではないがオートバイを改造した軌道バイクがある。毎年、5月と11月に養老渓谷駅構内にて試乗ができる。