Outlook Express韓国語メールを作成する

 

Outlook Expressで通常の「新規作成」→「メールメッセージ」もしくはツールバーの「メッセージの作成」でメール作成画面を表示します。

 「書式」→「エンコード」→(「その他」)→「韓国語」を選択します。
 韓国語を選択すると、上のバーの「メッセージの作成」の横に「韓国語」という表示が出ます。
 この状態で韓国語IMEを使って入力をするか、他のソフトで作成したKSコードの韓国文あるいは機械翻訳などで作成したKSコードの韓国文を貼り付けます。
 ホームページ上の機械翻訳の結果はKSコードです。ただし、一部のソフトで作成したものでは、KSコードでないものもあります。ソフトのマニュアルなどを参照して下さい。
 本文はもちろん、件名の部分に韓国語のKSコード以外の文字コードが含まれていると、送信ボタンをクリックしたときに次のようなメッセージが出ることがあります。
 この場合、「キャンセル」をクリックして、もう一度メールを点検してください。

 

 どこに問題があるか分からないときは、「送信」をクリックして「そのまま送信」をクリックします。どうしても不安なときは、自分自身にメールして「韓国語」として表示されるか確認して、問題がないようなら、もう一度上記のように韓国語入力をする新規画面にして、「送信済み」フォルダーにある先ほどのメールを貼り付けて送るという手があります。