韓国語のローマ字表記法

韓国文化観光部告示 第2000-8号(2000年7月7日)

第1章 表記の基本原則

第1項 国語(韓国語)のローマ字表記は、国語(韓国語)の標準発音法に従って綴ることを原則とする。
第2項 ローマ字以外の符号はできるだけ使用しない。

第2章 表記一覧

第1項 母音は次の各号のように綴る。

1. 単母音
a eo o u eu i ae e oe wi

2. 二重母音

ya yeo yo yu yae ye wa wae wo we ui

[付記 1] 「ㅢ」は「ㅣ」と発音されても「ui」と綴る。

<例> 광희문 Gwanghuimun

[付記 2] 長母音の表記は特に行なわない。

第2項 子音は次の各号のように綴る。

1. 破裂音
g,k kk k d,t tt t b,p pp p

2. 破擦音
j jj ch

3. 摩擦音
s ss h

4. 鼻音
n m ng

5. 流音
r,l

[付記 1] 「ㄱ、ㄷ、ㅂ」は母音の前では「g、d、b」と、子音の前や語末では「k、t、p」と綴る。([ ]内の発音に従って表記する。)

<例>

    구미 Gumi 영동 Yeongdong 백암 Baegam 옥천 Okcheon 합덕 Hapdeok
    호법 Hobeop 월곶[월곧] Wolgot 벚꽃[벋꼳] beotkkot 한밭[한받] Hanbat
[付記 2] 「ㄹ」は母音の前では「r」で、子音の前や語末では「l」と綴る。ただし、「ㄹㄹ」は「ll」と綴る。

<例>

    구리 Guri 설악 Seorak 칠곡 Chilgok
    임실 Imsil 울릉 Ulleung 대관령[대괄령] Daegwallyeong

第3章 表記上の留意点

第1項 音韻変化が起こるときには、変化の結果に従って次の各号のように綴る。

1. 子音間で同化作用が起こる場合

<例>

    백마[뱅마] Baengma 신문로[신문노] Sinmunno 종로[종노] Jongno
    왕십리[왕심니] Wangsimni 별내[별래] Byeollae 신라[실라] Silla
2. 「ㄴ、ㄹ」が付け加わる場合

<例>

    학여울[항녀울] Hangnyeoul 알약[알략] allyak
3. 口蓋音化する場合

<例>

    해돋이[해도지] haedoji 같이[가치] gachi 맞히다[마치다] machida
4. 「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」が「ㅎ」と合わさって激音で発音される場合

<例>

    좋고[조코] joko 놓다[노타] nota 잡혀[자펴] japyeo 낳지[나치] nachi
ただし、体言で「ㄱ、ㄷ、ㅂ」の後ろに「ㅎ」が続くときには「ㅎ」を明示して綴る。
    묵호 Mukho 집현전 Jiphyeonjeon
[付記] 濃音化は表記に反映させない。

<例>

    압구정 Apgujeong 낙동강 Nakdonggang 죽변 Jukbyeon 낙성대 Nakseongdae
    합정 Hapjeong 팔당 Paldang 샛별 saetbyeol 울산 Ulsan

第2項 発音上の混同のおそれがあるときには、音節の間にハイフン(-)を用いることができる。

<例>
    중앙 Jung-ang 반구대 Ban-gudae 세운 Se-un 해운대 Hae-undae

第3項 固有名詞は頭文字を大文字で綴る。

<例>
    부산 Busan 세종 Sejong

第4項 人名は姓と名の順序で分かち書きする。名は続け書きを原則とするが、音節間にハイフン(-)を用いることを許容する。(( )内の表記を許容する。)

<例>
    민용하 Min Yongha(Min Yong-ha) 송나리 Song Nari(Song Na-ri)
(1) 名で起こる音韻変化は表記に反映させない。

<例>

    한복남 Han Boknam(Han Bok-nam) 홍빛나 Hong Bitna(Hong Bit-na)
(2) 姓の表記は別に定める。

第5項 「道、市、郡、区、邑、面、里、洞」などの行政区域単位と「街」はそれぞれ「do、si、gun、gu、eup、myeon、ri、dong、ga」と綴り、その前にはハイフン(-)を入れる。ハイフン(-)の前後で起こる音韻変化は表記に反映させない。

<例>
    충청북도 Chungcheongbuk-do 제주도 Jeju-do
    의정부시 Uijeongbu-si 양주군 Yangju-gun
    도봉구 Dobong-gu 신창읍 Sinchang-eup
    삼죽면 Samjuk-myeon 인왕리 Inwang-ri
    당산동 Dangsang-dong 봉천 1동 Bongcheon 1(il)-dong
    종로 2가 Jongno 2(i)-ga 퇴계로 3가 Toegyero 3(sam)-ga
[付記] 「市、郡、邑」の行政区域単位は省略することができる。

<例>

    청주시 Cheongju 함평군 Hampyeong 순창읍 Sunchang

第6項 自然地形名、文化財名、人口建造物名はハイフン(-)なく続け書きする。

<例>
    남산 Namsan 속리산 Songnisan
    금강 Geumgang 독도 Dokdo
    경복궁 Gyeongbokgung 무량수전 Muryangsujeon
    연화교 Yeonhwagyo 극락전 Geungnakjeon
    안압지 Anapji 남한산성 Namhansanseong
    화랑대 Hwarangdae 불국사 Bulguksa
    현충사 Hyeonchungsa 독립문 Dongnimmun
    오죽헌 Ojukheon 촉석루 Chokseongnu
    종묘 Jongmyo 다보탑 Dabotap
第7項 人名、会社名、団体名などは、これまで使ってきた表記を用いることができる。

第8項 学術研究論文など特殊分野でハングル復元を前提に表記する場合には、ハングル表記を対象に綴る。このとき、文字の対応は第2章に従うが、「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㄹ」は「g、d、b、l」とだけ綴る。音価のない「ㅇ」はハイフン(-)で表記するが、語頭では省略することを原則とする。その他、分綴の必要があるときにもハイフン(-)を用いる。

<例>
    집 jib 짚 jip
    밖 bakk 값 gabs
    붓꽃 buskkoch 먹는 meogneun
    독립 doglib 문리 munli
    물엿 mul-yeos 굳이 gud-i
    좋다 johda 가곡 gagog
    조랑말 jolangmal 없었습니다 eobs-eoss-seubnida
附  則
(1) (施行日) この規定は告示した日から施行する。

(2) (表示板などについての経過措置) この表記法の施行当時、従前の表記法によって設置された表示板(道路、広告物、文化財などの案内板)は、2005年12月31日までにこの表記法に従わねばならない。

(3) (出版物などについての経過措置) この表記法の施行当時、従前の表記法によって発刊された教科書など出版物は、2002年2月28日までにこの表記法に従わねばならない。