「日本の要塞」由良要塞−加太・深山地区
深山第2砲台 


'00/08/18作成)


深山第2砲台(みやまだいにほうだい)

 

所 属

:

由良要塞

起 工

:

明治25年1月

竣 工

:

明治26年10月

備 砲

:

28cm榴弾砲 x 6門(明治31年3月備砲完了)

首 線

:

SW50°

射 界

:

270°

砲 座

:

28榴:3砲座(各2門)

備 考

:

加太町の北方1.7km、海抜100mの山上。
深山第1砲台の南方0.5km地点。

 

 

 

 

 

 

[概 要]
由良要塞、加太・深山地区の砲台のうち紀淡海峡から友ヶ島南方海面(含む中 ノ瀬戸、加太瀬戸)を射撃するために設置されたのが「深山第2砲台」であった

分類としては、敵艦隊と砲戦を交わすための「砲戦砲台」であり、敵艦の甲板
上に砲弾を降らすことができるよう、また、敵艦からの砲撃に対して安全とする ために標高の高い地点に設けられている「高砲台」である。

 

備砲の28榴は、1砲座に各2門ずつ計6門が設置されていたが、その他棲息 掩蔽部の位置などは資料がないため不詳である。

ただし、当時の写真を見る限り砲座間には簡単な横檣のみ築かれており、おそ
らく砲座の地下に弾丸庫や装薬庫が設置されていたのであろう。

砲台両翼に観測所が設置されていた。

昭和初期の深山第2砲台
画面中央が第2砲座(奥が第1砲座)

 

 

 

 

深山第2砲台は深山重砲兵連隊の演習砲台としても使用され、この砲台での演 習の結果、同連隊が日露戦旅順攻略に参加した際、その高い命中率をもって旅順 要塞の陥落に一役買ったそうである。

昭和20年の終戦時、深山第2砲台は完全に爆破されたとのことで、その跡地
に立派な国民休暇村の宿泊設備が建設され、眺めの素晴らしい宿として観光客の 人気を集めているという。

休暇村の手前(北側)の広場、そして奥(南側)の展望台の位置が当時の観測 所の跡だと思われ、ここから地島、友ヶ島、淡路島を抱える紀淡海峡の素晴らし い眺めを楽しむことができる。

ちなみに、深山地区背面防御のために設置されていた「大川山堡塁」であるが 、左の地図にある大川トンネルの上方の山中、もしくは大川峠付近にあったもの と推測される。

平成12年7月の訪問時に付近を調べてみたが、現状ではその痕跡を見つける のは困難であった。時間を掛けて山中をじっくり探索する必要がありそうである

 

 

 

[深山第2砲台現地調査]

深山第1砲台の探索を終え、案内いただいている宿のご主人と駐車場まで戻っ てきました。
ここからさらに車で上ること約100m、国民休暇村に到着、ここが深山第2 砲台の跡地なのです。

 

砲台跡地に建つ加太国民休暇村
画面左側が紀淡海峡(首線方向)

 

城ヶ崎から見上げた
休暇村(深山第2砲台位置)


深山第2砲台は戦後に完全に爆破されてしまったとのことで、おそらくなにも 残っていないだろうと期待はしていなかったのですが、1ヶ所だけ棲息掩蔽部が 残っておりました。

国民休暇村の玄関のちょうど正面のあたり、駐車場から階段を上り、そこから 約2mほど掘り下げたところ(駐車場と同じレベル)にレンガ積みの立派な塁壁 を見せています。この棲息掩蔽部は珍しいことに穹窿の天井アーチまでもレンガ で構築されており、窓は無く入口のみ開いています。

 

 

休暇村の建物の反対側に棲息掩蔽部
の遺構が1箇所だけ残っている

 

同左
半地下式の構造でレンガ塁壁

(イギリス積みですね)

 

同左内部
狭い間口に比べて奥行きはある

 

 

 

入口の両脇、内部から見ると部屋の門からL字型に小さなスリットが設けられ ていますが、これは採光用の穴でしょうか? 

いままであまりみたことのない構造です。(その後由良要塞のあちこちで見る
ことになる。)

入口は海側に向いており、方向からして敵艦の砲撃にさらされてしまいそうに 見えます。普通は海側に背を向けた方向に設置すべきだと思います。

入口内部を撮影
入口の両脇に外へ続くスリットがある

 

同左(外側)
採光用の開口部か?

 

 

 

 

その他見るべき遺構もなく、駐車場脇の広場をうろついていると、地面に赤い レンガの破片が散らばっていました。

砲台を爆破した際に飛び散った砲台の瓦礫の一部でしょう。

画面中央にレンガの破片が見える

 

 

駐車場に一番奥にプールが作られており、プールと国民休暇村の建物の間に小 高い展望台がありました。
ここが左翼観測所の跡だったのでしょう。

 

左翼観測所跡の展望台

 

展望台からの眺め(紀淡海峡)
*画像が見にくくてすいません


ここからの眺めは最高で、南側には加太の町とその向こうに太平洋が、そして 首線正面方向には地島と友ヶ島が見え、その向こうに淡路島、もっと天気が良け れば紀淡海峡を越えて四国まで見えそうな眺望です。

 

南側の真下には城ヶ崎という岬が見え、岬の突端に国民休暇村の城ヶ崎荘(閉 鎖中)が見えます。

当時は夜間砲撃の際に敵艦を照射するためにこの城ヶ崎荘の位置に昇降式の探
照灯設備が設置されていたと資料に出ていました。

展望台から南側の加太方面の眺め
手前の岬が探照灯があった城ヶ崎

その向こうが加太港

 

 


これ以上探索してもここには何も残っていません。
ふたたび車に乗って山を下ります。

先ほど上ってきた坂道を一気に下ると、県道65号線に出た正面に国民休暇村 のグランド公園が広がっています。
同行の宿のご主人によるとここが深山重砲兵連隊の兵舎の跡地とのことで、行 ってみることにします。

 

 

県道65号線から国民宿舎へ上る坂道
この坂道の反対側(画面右手)

深山重砲兵連隊の跡地がある

 

深山重砲兵連隊営門跡
現在は国民休暇村のグランドなど

 

敷地内部
当時の練兵場跡

 

 

駐車場に車を止めると正面に大きな石碑が建っています。
碑文は「深山重砲兵連隊記念碑」とのことで、これは同連隊出身の砲兵大佐垣
内八洲夫氏の提唱で建立されたものだそうである。

宿のご主人が「この裏手にも建物の跡があるよ。」と案内してくれ、奥の坂道 に進んで行きました。
坂道はつづらおりで10mほど上に続いており、登り切った位置にレンガ積み の建物の基礎のような遺構がありました。
あとで聞いたことですが、ここは将校集会所の跡だそうです。

昭和初期の深山重砲兵連隊の営門

 

 

 

 

 

敷地内に立つ記念碑

 

将校集会所に至る坂道

 

将校集会所跡

さて、次はいよいよ宿に帰りますが、そのまえに途中の城ヶ崎によって探照灯 設備の跡を探索してみましょう。
連隊跡地からはほんの数分で城ヶ崎の入口につきます。ここからは海岸に沿っ て岬の北側を進むこと250m、城ヶ崎荘の入口に到着です。

 

 

 

城ヶ崎荘入口
現在は閉鎖されている

 

城ヶ崎から振り返ると山上に
加太国民休暇村がそびえている

(深山第2砲台跡地)

城ヶ崎荘は閉鎖されており内部は立入禁止です。
ちょうどこの建物の中心に昇降式の探照灯設備があったとのことですが、現在 では痕跡もなく確かめるすべはありません。
たてものの西側、岬の突端の方向に広場があり、直径2mほどのコンクリート の円周型の遺構がありますがこれはなんでしょうか?
地下設備の換気口の跡でしょうか。

 

 

 

城ヶ崎荘(建物中央が探照灯井の位置)

 

建物手前の残る謎のコンクリート構造物

 

 

その他めぼしい遺構もなく探索中止です。
真正面は夕陽に沈む友ヶ島、そして南側の対岸が加太の町、とてもいい眺めで
す。
北側を振り返ればさきほど訪れた深山第2砲台跡の国民休暇村が山上にそびえ 立っています。

車で県道にもどり加太に帰ります。

ちょうど岬から県道に出た山側の位置に当時は探照灯に電力を送るための発電 設備があったとのことで、崖の一部に当時のものと思われる石垣を発見しました がその他とくに何も残っておりません。

一帯にはアパートと県の漁業開発センターが建っていますが、少し前までは建 物などが一部残っていたとのことです。

 

 

 

 

発電所跡に建つアパート群
左手前の崖に当時の石垣

 

漁業開発センター施設の奥に
砲台施設の石垣跡が見える

 

[後 評]
深山第2砲台自体は爆破されてしまい残念ながらほとんど遺構が残っていませ んでした。
1ヶ所だけ残っていた棲息掩蔽部の構造が珍しく、すくなくてもこれだけはこ のまま残して置いてもらいたいところです。

また、深山重砲兵連隊跡、城ヶ先探照灯施設についてもほとんど遺構は残って おりませんが、連隊跡の記念碑だけでも先人達を偲ぶ記念として、今後も引き続 き保存維持されることを祈ります。


おわり

( 以 上 )


由良要塞のページに戻る