「日本の要塞」由良要塞−友ヶ島地区
高森山堡塁 


'12/10/04作成)


高森山堡塁(たかもりやまほうるい)

 

所 属

:

由良要塞

起 工

:

明治年月

竣 工

:

明治年月

備 砲

:

cm速射カノン砲 x 門(明治年月備砲完了)

首 線

:

°

射 界

:

°

砲 座

:

榴:4砲座(各1門)

備 考

:

 

 

 

 

 

 

 

[概 要]



[
高森山堡塁調査]

 

ゼンリン地図を頼りに、森林公園の山を登ること数十分、途中で山道はほとんど45°近い傾斜になったり、藪がうっそうと茂って進路をはばんだりしながら…、本当に大変な探索でした。その結果、要塞地帯票、頂部30cmが露出した状態の埋没した堡塁入口門柱を発見したのですが、肝心な堡塁跡はさらなる密生した藪にはばまれ、というより、それ以上の「勇気」がなくあえなく挫折してしまいました。しかも、肝心の写真が、、、カメラ不調にて全滅。。。すみません。

高森山堡塁は、深山・加太地区の沿岸砲台群の背面を守るための、陸戦用の堡塁でしたので、大正期に入って早々に廃止になったのではないでしょうか。このため、他の昭和期(or終戦)で廃止となった砲台の遺構と比べ、樹木の繁殖が激しいと思われます。(門柱はほぼ完全に埋没状態でしたし)どなたか、やる気のある方、堡塁本体をぜひ発見してください。

 

[後 評]




おわり

( 以 上 )


由良要塞のページに戻る