過去日記保存庫  2001年5月

過去日記  1999年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2000年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

閉じる

05/12 (土) 03:18 ちっちゃなHAPPYについて

はじめまして〜 風太郎 です (^-^)v

僕は毎日HAPPYに暮らしてます
な〜んか生きてることがHAPPYです


僕は不幸だな〜って想っていたら
ちょっとした「ちっちゃなHAPPY」も見過ごしちゃって
ず〜っと不幸な人間で終わっちゃいそうで・・・

まぁ 僕は好きなことして毎日くらしてるんで、幸せ者ですよ

毎日好きな音楽が聞けて、好きな本が読めて
そりゃ生活は苦しいけど毎日HAPPYです。

物質的な豊かさよりも精神的な豊かさを・・・
って感じかなぁ。


貧乏は貧乏なりに楽しめるし・・・


05/13 (日) 06:25 一番「ほっ」とする時はいつ?について

小学生も風呂かぁ・・・

僕の一番「ほっ」とする時
やっぱ風呂かなぁ 
風呂は風呂でも「温泉」
それも無料の露天風呂に限ります。

ぬる〜い湯に2時間でも3時間でも漬かってるのが最高!!


05/13 (日) 07:36 動物園

久しぶりにさわやかな青空が広がりました。

今日は長女「美空」(みく)3歳と長男「大夢」(ひろむ)2歳
それに「か〜ちゃん」の4人で釧路市動物園へ。

家族でのお出かけは久しぶりです。
美空ちゃんのお目当ては「ぞうさん」と「アンパンマン号」
大夢くんのお目当ては・・・・ う〜 わからん。

ちょうど、ぞうさんはお食事中メニューは、
「みかん」「りんご」それになんと「すいか」贅沢な!
この時期の西瓜はまだ高いだろうに・・・。

とりあえず動物達を一通り見て、子供動物園に、
そこで子山羊ちゃんを発見、美空ちゃんは大喜び。
    
久しぶりのお出かけで、子供たちもおおはしゃぎでした。


05/14 (月) 01:44 この人にはかなわないなーと思ったことについて

「この人にはかなわないなー」って思うことがよくあります。

でも、きっとその人も僕を見て「この人にはかなわないなー」って思っている
だって僕と君は違うんだもの。

僕は一生かかっても君にはなれないし
君は一生かかっても僕にはなれないさ

「ひとそれぞれ」だから面白い。

だけど・・・

僕は君みたいになりたいって何時も思っているんだ
だって君をみていると「この人にはかなわないなー」って思うんだもの


05/17 (木) 23:20 昔好きだったアイドルについて

この人誰だかわかりますか?

    

若いお子達にはわからんだろ〜なぁ
「桜田淳子」ですよ。

僕が小学校6年の頃
花の中3トリオって・・・

「山口百恵」「森昌子」「桜田淳子」
僕は淳子派だったっけ・・・

そうそう「シンシア」も好きだった
「浅田美代子」もよかったっけ!

懐かしいなぁ


05/19 (土) 23:08 「絶対、お薦め。私のビンボー食」

僕にとっての貧乏食・・・
しかも究極の!!

それは「手打ち饂飩」

何年か前、冬の寒〜い夕暮れ時
「さぁ晩御飯の仕度をするかな」って米びつを覗いたら
「ゲゲ〜 米がない」米を買いにいくにも「お金がない」
2人の食べ盛りの居候とか〜ちゃんを抱えて「さーどうしようか」
そこで考えました。

「グラムあたり一番安い食い物は何だろう」って、
「パン?」「じゃがいも?」「片栗粉?」
電卓片手に計算計算。。。
答えがでました!!
それは「小麦粉」
小麦粉を使った料理、料理
そ・そうだ
  「うどんだ〜〜〜〜」

居候とか〜ちゃんと4人で「こねてこねて」「踏んで踏んで」
ついにできました究極の「釜揚げ饂飩」

見た目は悪いけどお味は・・・  「こんなもんかなぁ」

でも、冬の寒〜い日に皆で作った「手打ち饂飩」
心も身体も暖まりました。

いつまでも忘れられない思い出です。


05/20 (日) 23:17 今自分の気持ちを詞で表現するのなら?について

おっと、今日のお題はむつかしいですねぇ〜。

詞って、突然うかんでくるもので
考えれば考えるほどうかんでこない
そんなものなのです。。。。


たとえば僕が朝早く背伸びをしているとき
たとえば僕がぼんやり君の爪を眺めているとき
たとえば僕が奴等の遊び相手になっているとき
たとえば僕がお勝手で焦げた鍋を磨いているとき

そんな生活が今の僕の詞

酔いどれ詩人になりたかったんだ
だって奴のため息が....

僕には詞のように聞こえたから


05/21 (月) 00:05 日本で二番目に遅いお花見

今日は自治会のお花見
で、お花見の前に奉仕作業と消防訓練

小学校の遊具の錆落とし
僕は片手にグラインダー片手にビール

グラインダーの振動で片手がプルプル
昼間のビールを飲んで片手がプルプル
芝浦エンジンポンプが揺れるプルプル

さぁお花見 みんなで乾杯

ジンギスカンに焼鳥でほっぺプルプル
時折吹きぬけてゆく冷たい風プルプル
皆連れ立ち草むらで立ち小便プルプル

そんな日曜日

ぼくはプルプル眠りに落ちて行く


05/22 (火) 22:12 私の憶えている最も昔の思い出について

僕の一番古い記憶・・・

弟が生まれた夜のこと
家中が病院に行っていて
僕は親戚のばーちゃんとお留守番

父母がいない初めての夜

板張り天井の模様が人の顔に見えて
怖くて一晩中泣いていた

今でもあの時見た天井を思い出す

昭和40年2月3日 僕は2歳


05/26 (土) 00:48 これだけは譲れないもの!について

これだけは譲れない・・・

僕の車ランドクルーザー40系
走る鉄錆、登坂車線のお荷物、
うるさい、遅い、振動多い・・・

良いとこなんかこれっぽちもない

でも、他に乗りたくなる車が無い
「機械を操作している」あの感覚
エンジンの唸りに混じって聞こえる風の音
7.50-16のSATが大地を掴む...

泥だらけがアレほど似合う車は無い。

こいつしかない、こいつじゃなきゃだめなんだ。

現在の車が忘れ去った「何か」を持っている、
だから僕は朽ち果てるまで40に付き合って行く。
     


05/30 (水) 03:45 東藻琴の芝桜

かなり遅いUPになってしまいました・・・

24日に東藻琴へ芝桜を見に行ってきました。

      参加者一覧

 近藤さん  ぢーぜる研究者、運転及びメカニック担当
 か〜ちゃん  芋類栽培実践者、車内宴会進行役
 いなばさん  旧式四駆復元者、子守り及び人足
 風太郎  埋蔵四駆発掘者、舵先案内及び居眠り
 美空ちゃん  小石砂利収集者、公園遊具探索
 大夢くん  建設機械愛好者、重機類探索及び昼寝

♪新緑の湖岸♪

朝10時三菱ジ―プ24式に乗り風来坊を出発、荷室に転がるスペアタイヤが
布団を敷くのに邪魔なので、近藤宅に寄りリアへ付け替える。       

道々53号線を北へ、空は曇っているが雨は降らない模様。        
近藤さんが「屈斜路湖を未だ見たことが無い」と言うので、まずは屈斜路湖へ
湖岸の道路の両側は原生林、新緑がとても綺麗・・・           

「屈斜路湖ってのはこんなに広いのか〜〜〜!!」って近藤さん
「そりゃ八郎潟の次に広い湖だからね」って僕(もちろん嘘) 

冬は砂湯に沢山の白鳥さんが集まっているのに、1羽もいません      
一同ちょっと残念、「餌をやりたかったのに〜」             

途中、GSでトイレ休憩、近藤さんといなばさんは裏に積んである     
古タイヤが気になるみたいで、2人で探索。
白いアイヌ犬を連れた山菜取り帰りのおじさんとしばし談笑、       
か〜ちゃんは、おじさんが持っている「山ウド」が気になるみたい。    

☆給油しないでトイレ借りて「ホクレン川湯給油所」さん、スイマセン。  

♪小清水峠を越えて♪

さあ峠の登りです、J42は30年前の車とは思えない快調な走り、    
僕のランクルBJ44とは大違い、さすがヂーゼル研究家近藤さん。    

小清水峠の展望台で小休止、屈斜路湖が見渡して大きく背伸び深呼吸    

そんな僕らの後ろでなにやらゴソゴソと近藤さん・・・          
ボンネットを開けて覗きこむ「燃料が漏れている」すぐ工具を引っ張り出して
増し締め増し締め、燃焼効率を常に考える姿勢に頭が下がります。     

下りに入ると景色が変わります、オホーツクの風景です。         
目の前に一面ピンクの山が見えてきました。

♪公園にて♪

平日というのに駐車場は満車一歩手前、東藻琴がもっとも混み合う時期です、
しかしホントにピンク色、山一面すべてピンク、神社の鳥居もピンク色。  

入場料お一人300円也、「ん〜どうしよっか」             
毎年「金取るんだったら入らない」って外から眺めていただけなのです、  
「よし今年こそ入るぞ〜」ってんで、お金を払って入りました。      
「日寄ったな」なんて言わないでね、女房子供ができれば変わっていきますョ

中に入ると誘惑の罠が待ち構えております。               
「焼き鳥」「焼きとうもろこし」「生ビール」「芝桜ワイン」       
特に強烈なのは「ドレミちゃんグッズ」子供たちが吸い寄せられて行きます、
「あぶな〜い」危機一髪子供たちを助け出し僕等は誘惑の海から逃れました。

次に子供たちを誘惑するのはピンクの斜面につくられた滑り台、      
いいよいいよそれは「ただ」だから好きなだけ・・・           

ピンクの中の遊歩道を一周、途中にアスレチックの遊具があります、    
か〜ちゃんは早速筋肉痛に、なんだかんだとむせ返る花の中を一周。    

キャンプ場の草原で休憩美空と大夢は遊具に夢中、            
僕とか〜ちゃんは一服・・・、                     
いなばさんは子どもたちの奴隷、                    
近藤さんは・・・・                          
         「ピンクの夢の中でした」             
            

♪ダチョウ♪

東藻琴といえばなぜかダチョウが名物。                 

そこで僕等はダチョウを食わせてくれる店を探して市街地へ、       
ありました「ダチョウ料理」の看板を発見!、国道との交差点の「豚珍亭」 
一歩中に入るとなんとも「レトロ」「レトロな雰囲気」じゃなくて「レトロ」
「レトロなおばちゃん」がやってる「レトロなお店」           
「なかなかやるな〜」って小上がりへ、ダチョウ料理のメニューを手に取る、
「ダチョウカレー」「ダチョウハンバーグステーキ」「ダチョウコロッケ」 
ダチョウ初心者である僕等は比較的無難な「ダチョウラーメン」をオーダー。

待つ事しばし、来ました来ました味噌と醤油まずは「ダチョウチャーシュー」
「ん〜?」味が濃くてよくわからない、なんかパサパサした感じ。     
「こんなものかぁ」まぁ「珍しいものを食ったなぁ」ってだけ、次にスープ 
まずは味噌を一口「うぉぉを〜」この味は・・・  美味いぞ美味いぞぉ  
「やるなぁおばちゃん」ちょっとピリッとした僕好みの味「こいつぁいける」
次に醤油「ん〜 普通だなぁ」                     
か〜ちゃんの「ノーマルラーメン」の豚チャーシューを一口・・・     
「お〜」最高、トロ〜としたいいお味。                 
このお店で「味噌チャーシュー麺」を食ったら最高だろうなぁ       
「あぁ そっちにすりゃ良かった・・・」                

ぜひ、東藻琴へ来たら「豚珍亭」の「味噌チャーシューを」お勧めです。  
ちなみにこのお店は「長いも料理」で有名だそうです。          

さ〜腹も膨れて今度は生きてるダチョウさんたちに逢いに、ダチョウ牧場へ 
運動公園の隅に寂しく「ミニダチョウ牧場」がありました。        
ダチョウさんが3匹忘れ去られたようにひっそりと暮らしていました、   
「お〜なんだなんだ」「久しぶりの人間だ〜」「遊んで遊んで〜」って感じで
金網ごしに寄ってきます。

この公園に乳酪館ってゆー施設があってチーズやアイスクリームを作ってます
僕はヨーグルトアイスを、さっぱりした甘さひかえめな味、美味美味・・・。

♪高原温泉♪

さてさて帰り道、待望の温泉へ。                    
混雑する芝桜公園内の村営温泉を避けて、藻琴山登山口の高原温泉へ    
駐車場に停めると「やってるのかなぁ」って雰囲気、まずは僕が偵察に、  

「やってますか〜」    「たぶん」    ・・・?
「いくらですか?」「だいたい300円くらい」・・・?


留守番のおばぁちゃんらしい、各自「だいたい300円也」を支払い浴場へ、
こじんまりとした湯船だけど、泉質は最高、暖まりました・・・。     

道路沿いの庭に謎の遺構「露天風呂跡」を発見しました。         
   
♪謎の物体♪

鶴居へ向けての帰り道。                        
「一度通った道を二度通るなんて・・・」ってことで、ちょっと遠回りを、 
弟子屈から裏道を60Km/hでのんびりと走ります。            

この途中にぜひ近藤さんに見せたい謎の物体があるのです         
それは、農家の庭にある謎の物体。                   
きっと彼は歓んでくれるはずです、だんだん目標が近づいて来ました    
気がつくかなぁ? 「アハハ ハ」やったウケてくれました        
気象マニアでもある近藤さんよると「あれは風向風速計だっ」ってことです、
でも何故それがここにこんな姿で・・・?                

     

「農家のおっさんの趣味かなぁ」

でもな〜んかちょっと違うような・・・                 

まぁなんだかんだで午後7時一行は無事風来坊へ帰りつきました。     


05/30 (水) 09:59 雨の日の楽しい過ごし方について

雨の日・・・

昔はよく本を読んでいました。
友部正人、宮沢賢治・・・

  晴耕雨読  ってやつに憧れます。


05/30 (水) 09:59晴耕雨読に憧れるけど

現実は・・・
ちっちゃな子がいるとネ。

雨の日はお外で遊べないので「プラレール」

      <

実は子供より僕のほうが夢中。

走っている列車を眺めていると、ふっと「旅にでたいなぁ」って思う事が・・・


過去日記保存庫  2001年5月

過去日記  1999年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2000年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
過去日記  2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

閉じる