Menu


序章
西安1
西安2
ウルムチ
南疆鉄道1
南疆鉄道2
カシュガル1
カシュガル2
カシュガル3
カシュガル4
カシュガル5
カシュガル6
ウルムチの夜
トルファン1
トルファン2
帰路

この旅の写真はココ

TOPへ

lllll 序章 llll

('01/4〜5月の旅)
天山山脈やアルタイ山脈、タクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、ジュンガル盆地にタリム盆地・・・。

学生時代、地理の時間になにやら習った記憶がある。なんだか砂漠や山脈がごちゃごちゃあって、わかりにくいところ。シルクロードをそう思っていたえびの地理のテストの点数は、もちろん悪かった。

チズ

そうやっていたいけな若い頭を悩ました土地に、後年まさか自分が行くことになろうとは。ああもしあの頃の地理のテストを今やってもらえれば、(この辺だけは)100点がとれるかもしれないのに・・・。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
出発2日前、航空券を手配していた中国は西安の旅行会社から、突然メールが入った。「特急」という題で。ドキッ。な、なんだろう。ヤーな予感が駆け巡る。

特急!!!
航空便が変更になります。4月28日西安/ウルムチsc161便が就席不足が原因とう言うことで、航空会社よりキャンセルされています(もう航空券を出して頂いている状態なのに)、ですから、日程の調整をお勧め致します。

うそーっ。
その飛行機に乗れないと、その日の夕方のウルムチ→カシュガルに乗り継げないじゃないか!ということは、次の日に開かれるカシュガルの日曜バザールに間に合わないのよう!何しにカシュガル行くと思ってんのよう!中央アジア一の規模っていわれるサンデーバザールを見に行くに決まってんじゃないのよう!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
すぐに西安に電話を入れてみると、なんと乗客の数が少ないのでフライト自体がなくなったという。担当のOさんは恐れをなしたのか、部長がかわって電話で対応してくれる。

その日のフライトは他にない。なんとしても日曜バザールにという希望もむなしく、手の尽くしようがない。

がああん。しょうがない、旅行会社のせいじゃないもん。会社で働くダンナにメールで愚痴をいれてみても、「日ごろの行いが悪いからであろう」との冷たい返事が返ってくるのみ。くっ。

悲しみのえび

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
うぬ、転んでもタダでは起きるまい。サンデーバザールに行けなくなった今となっちゃ、高い金出して飛行機を使ってばびゅーんとカシュガルに飛ぶ意味はなくなったのよ。もうこうなったらシルクロードの地を這って行ってくれる。ええい、列車じゃ、列車!列車の切符を手配せい、すぐさませぬか!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
怒涛のごとくウェブで列車について調べまくり、旅行のスケジュールをつめなおす。こんな時に無駄に瞬発力を使いきってしまうので日常生活ではだらだらしてるに違いない。

気の毒なのは、八方手を尽くして列車の切符の手配(をする羽目に陥った旅行会社の担当。悪いのは勝手にフライトをキャンセルした航空会社の方なのにねー。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
調べるだけ調べ、国際電話のやりとりで手配を完了してしまったら、あら不思議。やるだけやったという充実感からか、なんだかもうスッキリ。カシュガルに行って日曜バザールを見ないってのも奥ゆかしくて(?)いいではないか。

列車の席も無事確保。希望の硬臥は無理みたいだったけど、豪華シルクロード軟臥の旅も悪くない。

それにしても、旅行前からすでにして中国の洗礼を受けるとは。やはり一筋縄ではいかんのう、ヤツめ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
◆中国の国内線航空券はかなり高い。しかも、国内価格と海外販売用の2つのレートがあって、日本の中国系旅行会社にお願いするともっと高くなってしまう。

なので、インターネットを通じて西安の旅行会社と直接やりとりして購入した。しかも日本語で。ああ、なんて素晴らしい時代でありましょうか。
陝西省中国旅行社 日本部のホームページ 

簡単、手配迅速、お勧めです。特に新人のOさん!ニコニコかわいらしいシャオジェで、一生懸命やってくれる。飛行機の到着時間が遅れるとなると、しっかり空港近くのホテルまで調べていてくれたり、リムジンバスの最終時間を教えてくれたり。素晴らしい!

 

TOP