私が行けなかったナミビア

ボツワナの”でんでんむし”さんからの依頼により、手持ちの資料を掲載いたします。観光用なので、旅人には参考にならないかも知れませんね?

ヒンバ族の母子

筆者所有絵画

石に描かれたヒンバ族の女性

筆者所有

トラベル インフォメーション (ナミビア)

ナミビアは1990年南アフリカから独立した国家です。アフリカではめずらしくドイツ人が開拓したした国で、このためか町並みもどことなく落ち着いて小綺麗な様相を呈しています。首都 WINDHOEK まで、ヨハネスブルグから飛行機で約1時間半。毎日SAA/NAMIBIAN AIR が運行しています。面積は約82万平方km、人口は約150万人で、国民性は温厚です。通貨はナミビアドルですが、南ア通貨のランドも使用出来ます。(1ナミビアドル=1ランド)旅行会社が日程によって各種ツアー(5日から14日程度)を組んでいますが、道路網も整備されていますのでレンタカーで旅行するのも良いと思います。
ナミビアは ETOSHA 国立公園のある北部地方、首都 WINDHOEK のある中央地方、FISH RIVER CANYON・ゲームの達人で有名なダイヤモンド鉱区(立ち入り禁止区域ですが)のある南部地方、NAMIB砂漠と海岸線を含むナミブ地方の四つに分割できます。以下各地方の見どころを紹介します。

(北部地方)

ETOSHA 国立公園
22,270平方kmにまたがる広大な公園です。中央部にオランダとほぼ同じ面積を持つ ETOSHA PAN があります。この幻想的な広大な平原の起源はまだ詳しく解明されていませんが、昔は湖であったものが回りの川の流れが変わったため水が枯渇、現在の様な塩分で固められた平原になったと言われています。このPANを囲む様に、灌木・草が繁茂しており、動物も生息しています。ライオン・チータ・レパード等の肉食動物・像の大群との出会い(水飲み場での見物は時間を忘れます)・キリン・シマウマ・オリックス・クドゥ・スプリングボック等々、頭数の多さに圧倒されます。この他325種類の鳥類が記録されており、バードウオッチャーには見逃せないところです。
1851年にガルトン卿によって発見されて以来、1904年の戦いに敗れるまでドイツ人が砦として築いていた NAMUTONI、公園の中央部にある HALALL、公園の玄関口にある OKAUKUEJO の三カ所にキャンプがあり宿泊できます。
WINDHOEK / OKAUKUJO (B1-C38ルート)間は435km、WINDHOEK / NAMUTONI (B1ルート)間はちょっと長くて535km。(途中鉱山の町として有名なTSUMEBがあります)
この他 KAUDOM GAME RESERVE,MAHANGO GAME RESERVE,WATERBERG PLATEAU PARK,多数の PRIVATE GAME RESERVE があります。

(中部地方)

ナミビアの玄関口に WINDHOEK 以外これといった観光地はこの地方には見当たりません。ただ、2億年前の物と思われる原木の化石(30mの長さの物もある)が PETRIFIED FOREST で、3000年前の壁画(象・サイ・ライオン等の動物 TWYFERFONTEIN で、ORGAN PIPES と呼ばれている玄武岩の石柱群が BURNT MOUNTAIN で、1億5千年前のダイノザウルスの足跡が KALKFELD 郊外で見学出来ます。(考古学・奇岩のお好きな方にお勧めです)
 WINDHOEK のホテル:
 WINDHOEK COUNTRY CLUB RESORT(カジノ・ゴルフ場あり)
 SAFARI HOTEL(リゾートタイプ)
 KALAHARI SAND HOTEL(町内・ビジネスタイプ)

(南部地方)

HARDAP DAM:WINDHOEK からB1で南へ278km。ここから南へ221kmにある KEETMAN SHOOP を経て FISH RIVER CANYON(更に255km)までに至る景観は南アでは見られなぬ素晴らしいものがあります。(米国ネバタ州のグランドキャニオン・デスバレーに類似しています)
THE FISH CANYON:延長161km、横幅27km、深さ550kmのキャにオンがナミビア最長のフィッシュ川沿いに広がっています。(オレンジ川の上流)この景観を眺めながらの25kmのドライブは、筆舌に尽くせぬものがあります。(勿論ハイキングあり)
AI-AIS:THE FISH RIVER CANYON の終点付近にある温泉リゾート地。60度の源泉から湧き出る温泉を利用してプールあり(効用:リューマチ・神経衰弱)
DUSISIB CASTEL:1908年オフンウルフ男爵によって建てられたナミブ砂漠の端にある城。MALTAHOHE の南西70km。

(ナミブ砂漠・海岸線)

この地域は世界で4番目に大きな自然保護地区です。(49,768km)
時々刻々と太陽の移動につれて変化する景観、大断層・砂漠の平原・砂山そして峡谷と礁湖、そして霧に包まれた海岸線。心に焼き付いて忘れることの出来ぬ時間を過ごせると思います。この砂漠地域は NAMIB、SANDWICH、NAUKI、UFT、SESRIEM、SOSSUSVLEI 地域の5地域から構成されています。
SESRIEM AREA:SOSSUVLEI の入り口、NAUKLUFT 山の西方。WINDHOEK から約300km。途中から舗装道路がなくなり砂利道。熱気球での朝のわくわくする散歩(高所恐怖症の方にもお勧め)と砂漠の真ん中のシャンパン・ブレックファスト・満天の星空を見ながらのディナー。きっと満足できます。

 ホテル:SOSSUSVLEI KAROS LODGE

SOSSUSVLEI AREA:広大な砂漠化した粘土質大地。300mにものぼる世界最大の砂山。四輪駆動でのドライブ、ハイキング。両サイドでクッキリと違う山の色。こんな所にも生息している動物達。自然が織り成す不思議な世界を堪能しましょう。ナミビア最大の見所です。
NAMIB AREA・NAUKLUFT AREA:世界で最古の砂漠の一つです。ベングエラ寒流によってもたらされた水分が気の遠くなる様な年月をかけて山脈を浸食し作ったと言われています。ここでは是非 WELWITSCHIA MIRABILIS(現存する世界最古の植物、古いものは1500年ほど)をご覧になって下さい。
SANDWICH AREA:WALVIS BAY(ナミビア唯一の外港)の南42km。海岸線に広がる葦に覆われた湿地帯。野鳥の宝庫でもあります。しかし、四輪駆動だけしか入れませんので注意を。
SWAKOPMUND:海岸リゾート地。WALVIS BAI / SWAKOPMUND 間の砂浜は一見の価値あり。SKELTON COASTへの入り口。釣りで有名。

 ホテル:STARAND HOTEL

    :SWAKOPMUND HOTEL

SKELTON COAST:SWAKOPMUND の北方200kmにある UGAB 川までの海岸線の総称。漁業の宝庫ですが海岸が荒く且つ寒流で霧が発生しやすいため、船が難破することで有名でした。

(お勧めルート)

3〜4泊コース
 WINDHOEK - ETHOSA (OKAUJUEJO - NAMUTONI) - WINDHOEK
 WINDHOEK - SESRIEM / SOSSUSVLEI - SWAKOPMUNO - WINDHOEK

6〜8泊コース
 WINDHOEK - SESRIEM / SOSSUSVLEI - SWAKOPMUND - ETHOSA - WINDHOEK
 WINDHOEK - SESRIEM / SOSSUSVLEI - FISH RIVER CANYON - WINDHOEK

 <1995.11 SPRINGBOK 南ア日本人会新聞>

掲載日:2000.04.20