■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 1993年の南アフリカ 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

**************************************************************************
No.1 プロローグ

**************************************************************************

私の最初の南アフリカ訪問は1992年でした。
アパルトヘイトは1991年に廃止され、表面的にはあからさまな差別はなかったものの、白人の方や黒人の方を見ると、まだまだ差別の残っている時代でした。
1993年、再び南アフリカ訪問を予定していましたが、1994年に予定されていた全人種による制憲議会選挙で、治安が悪化していたため中止になりました。
1994年4月には、無事選挙が実施されました。しかし、南アフリカの経済が行方不透明なこともあり、訪問は実現しませんでした。

1994年4月の選挙は世界が注目し、日本の新聞でも大きく報道されました。日本からも選挙監視団がボランテアで行き、行かれた方が書かれた本も発行されています。
日本にいてこの南アフリカのニュースに興味をもって読んでいました。いずれ、この選挙のニュースを資料としてまとめようと思っていましたが、のびのびになってしまいました。
この新聞のニュースを継ぎはぎして、自分の文章にすることを考えましたが、ほとんど意味をなさないので、新聞の出典も明確にして原文のまま整理しようと思っています。
このような記事を勝手に掲載すると著作権等の問題があるのかもしれません。もしクレームがつくようなことがありましたたら、掲載を中止したいと思っています。

南アフリカはその後2回目の選挙も実施され、急速な発展を続けています。観光にも積極的で、これからも急速な発展を続けていくと思います。
これから「南アフリカに行ってみよう」という方もたくさんおられると思います。
ただ風光明媚な南アフリカを観光するだけではなく、南アフリカの歴史を少しは知っていた方が、旅の楽しみもあると思います。
このメールマガジンが、少しでもお役にたてばと思っています。

今月が初回ですので、このメールマガジンに関係する南アフリカの歴史を掲載させて頂きます。

選挙前の州と黒人ホームランド

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

  1911 最初の人種差別法として鉱山労働法成立
  1912 初の黒人組織、南アフリカ原住民民族会議結成
  1913 原住民土地法で黒人居住区を限定
  1960 シャープビル虐殺で69人死亡
  1961 英連邦脱退。憲法制定
  1962 マンデラ氏逮捕
  1964 マンデラ氏に国家反逆罪で終身刑判決
  1976 ソウェトほう起
  1989 デクラーク政権発足
  1990 マンデラ氏釈放。アフリカ民族会議合法化
  1991 制憲交渉開始。アパルトヘイト根幹法の全廃
  1993 
   12月 暫定執行評議会(TEC)が発足。マンデラANC議長、
       デクラーク大統領がノーベル平和賞を共同受賞。3人種国
       会、暫定憲法案を採択
  1994
    2月 制憲議会選挙公示
    4月 制憲議会選挙でANC圧勝、初の黒人主導政権誕生

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ソウェトほう起の写真(南アの新聞から)

2000年12月31日、読売新聞の「事件に見る世界の100年」に次のような記事が掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

アパルトヘイト 94年

 94年5月、南アフリカ共和国の首都プレトリアで初の黒人大統領が誕生した。白人も含めて満場一致で選ばれたのはアフリカ民族会議(ANC)のネルソン・マンデラ。「虹の国を建設しよう」と就任演説で呼びかけた。
 かつてイギリスの植民地だった南ア共和国には人種差別が公然と受け継がれ、特に48年の人種隔離政策(アパルトヘイト)後は、さらに激化。76年には死者百数十人のソエト事件が起きた。黒人開放運動に身を投じたマンデラは62年に政治犯として投獄され、27年間の獄中生活を送る。報復よりも融和を強調する姿勢は高く評価され、91年6月、人種差別関係法は全廃され、この功績によって93年度のノーベル平和賞を受けた。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

この初めての国会で、黒人がかつてのアパルトヘイト時代の国歌「ダイステム」を歌い、白人が黒人の歌「ンコシケレリアフリカ」を歌ったそうです。お互いに今までに口にすることもなかった言語で。
現在の国歌は、これらの歌が融和された「ンコシケレリアフリカ・ダイステム」だそうです。
マンデラ氏が大統領に選出されたのは7年前の94年5月9日、大統領に就任したのは翌日の10日です。