○虹別線位置図

 ▲昭和14年北海道廰殖民課「虹別線電話線軌条敷設線位置図」(所蔵:北海道立図書館)より

 右下の標津線西春別駅前から道路に沿って虹別までが新設された区間で、その先が弟子屈線より移管された部分。終点の北虹別付近に見える文字は「弟子屈線残置延長2600m」と読める。