**シンガポールの屋台街・ホッカーで食べよう!**

ホッカー(ホーカーズ・センター)は様々な個人経営の小さな食べ物屋さんが体育館ぐらいの大きなスペースに集まったところのことです。

これより規模の小さいものをコーヒーショップ、コピティアム、デパートやショッピングセンターの中に入っているものをフードコート、会社や学校の中に入っているものをキャンティーンといいますが、小さな食べ物屋の屋台みたいなものが集まっている点は同じ。シンガポールではあちこち至る所でこういった屋台の集合体を見かけます。

屋台で食べる食事代は、物価の上昇と共に年々上がってきているとはいえ、麺やぶっかけご飯が2ドルから3.5ドル(日本円のレートにもよりますが、約150円〜250円といったところ)、主に夕食で食べる中華料理のオーダーものでも一人5ドルから10ドル(約300円〜700円)ぐらいと経済的で、自分で作るよりもずっと安く済んでしまいます。

さすがに毎日ホッカーに通うと飽きますが(~_~;)、一般のレストランでの食事代が日本とそんなに変わらないのに比べ、ホーカーフードは日本人にとって格安、しかも味も美味いのだから、上手に利用しない手はないですよね!

しかも最近は以前からあるローカル風・ウエスタン風(フライドチキンやフィッシュ&チップス)などの他に日本食や韓国料理、イタリアンのパスタが安く食べられるお店も沢山出来てきて、種類もだんだん豊富になってきました。

ということでまずはシンガポールで食べられる主なホーカーフードをご紹介します!

***朋友会のお勧めホーカーフード***
*管理者の知っているとこだけ標準中国語の発音入り。

<シンガポールの麺>
※炒め物以外の麺は好みで小麦粉で出来た黄色い麺の細・中・太、米で出来たきしめん状のクエィティオ、ビーフンなどから好きな麺を選べる。スープ入り、スープなし(スープは別のおわんについてくる)が選べる。

・フィッシュボール・ミー …日本のつみれみたいな、かまぼこを丸くしたようなフィッシュボールとたまにレタスが2枚ぐらい入っているだけのシンプルなめん。味付けもシンプル。

・プロ−ン・ミー(シャーミィェン) …ちょっと黒い海老のだしが効いたスープがポイント。えびのかけらがのっている。

・ダンプリング・ミー …麺の上に海老餃子が乗っている。通常は細いめんに、スープなしで食べる。

・マッシュルーム&チキンミー …ダンプリングミーと同じ店に通常置いてある。椎茸とチキンの細切りが麺の上に乗っている。

・ヨントウフー …シンガポールのおでん。野菜や豆腐・かまぼこなどが店の前に並べてあり、好きなものをどんぶりに入れ、麺を選んでオーダーする。麺はなくとも良い。

・ホッケンミー(フーチェンミィェン) …ちゃんぽん風味のどろっとしたスープで食べるめん。ホッケンミー屋で頼むと白いスープ、夕食のオーダーものの店だと黒いスープになる。

・ラクサ(ラーサー) …シンガポールのカレー麺。ココナッツミルクとスパイスの入ったスープに麺が入っている。シンガポール独特の麺。

・チャークエイティオ(チャオグイティアオ) …きしめん状のクエイティオを炒めたやきそば。貝でお腹を壊すことがあるので注意!(管理者も先月やってしまった…)

・フライドビーフン(チャオミーフォン) …ビーフンを炒めた物。シンガポール人は朝ご飯によくこれを食べる

・フライドホンコンミー(シャンガンミィェン) …ホンコンミーといわれる、ちょっと細い麺を炒めたやきそば。

ご飯
・チキンライス(ジーフゥァン) …鶏のだしなどで炊いたご飯の上に、骨付きのぶつ切りチキンが乗っている。東南アジアの名物料理、かな?

・バクテー(パイグーチャァー) …スパイスを入れたスープで煮込んだ骨付きの豚肉をご飯で食べる

・おそうざいのぶっかけご飯(経済飯) …野菜炒め、チキンの揚げ物、魚、カレーなどのお惣菜のなかから、好きなのを2−3点選んでご飯にかける。いろんな種類のお惣菜があるのは便利だが、中華なので当然全部油物ばっかり・・・

・フライドライス(炒飯、チャオフゥァン) …チャーハン。

・ポリッジ(お粥、チョウ) …日本でいわれるお粥に、ピータンや油条といわれる揚げパンを切ったものが入っているもの、普通のご飯にお湯を入れてザーサイややわらかくしたピーナツ、漬物をおかずに食べるものと2種類ある。

・クレイポットライス(シャーグオーフゥァン) …クレイポットといわれる土鍋みたいなもので焼いたクレイポットチキンライス、豆腐や野菜を煮込んだクレイポットトウフなどがある。

・薬膳スープ …ブラックチキンなどをハーブ入りスープで煮込んだものをご飯で食べる。

<中国本土風>
・板麺(バンミィェン) …クエィティオとはちがってうどん粉でできた幅広の麺が、しいたけや魚のつみれでだしをとったスープに入っている。イカンピリスといわれる揚げた煮干みたいなものと卵も入っている。魚としいたけのだしが効いていて、日本人の口に合う味。管理者のお気に入り。同じ麺をラザニアのように幅広のままちぎったものや、幅の細かい麺もある。

・鍋貼(グオティエー) …焼き餃子

・水餃 …水餃子(シュイジャオ)

広東風
・ディムサム …点心(ティェンシン)のこと。せいろで蒸したえび餃子やシュウマイ、包(おまんじゅう)などがホッカーにもある。

<マレーシア風>
・ペナンラクサ …どろっとした黒いスープにパイナップルとサーディンなどが入っていて、甘辛い麺。シンガポールラクサとちがう。非常にくせがあるが、なれるとやみつきに・・・

・ペナンホッケンミー …スープは茶色っぽく、シンガポールのホッケンミーより海老のだしが効いている。

<つまみ系>
・キャロットケーキ …大根餅

・ポピア …シンガポール風タコス?シンガポール風春巻き?小麦粉でできたクレープ状の皮にもやしや砕いたピーナツを入て巻いたもの。ちなみにシンガポールでは春巻きも「ポピア」という。

・ロジャ …パイナップル、きゅうり、油条などを切ったものに、甘辛味噌ソースをつけて食べる。シンガポール風サラダ?

・オイスターオムレツ …牡蠣入りオムレツ

・カレーパフ

<マレーフード>
・ナシルマ …ココナッツミルクで炊いたごはんに、卵焼き、ピーナツ、イカンピリスをのせ、チリソースにつけて食べる、マレーの朝ご飯。カロリー高そう…

・ナシゴレン …マレー風チャーハン。

・ミーゴレン …マレー風やきそば。スパイス入りでピリッと辛い。

・アヤムゴレン …マレー風チキンライス。

・サテー …マレー風焼き鳥。鶏だけでなくマトンもある。味は甘くてちょっとカレー味。ピーナツクリームの甘いソースで食べる。米で出来た団子みたいなもの、ぶつ切りのきゅうりと一緒に出てくる。

<インディアン>
・ナシ・ビリヤニ …クミンなどのスパイスで黄色く炊いたご飯。カレーと一緒に食べる。

・ロティ・プラタ …小麦粉を練って平べったくしたクレープみたいなもの。カレーに付けて食べる。

・ロティ・ジョン …パンの中にいろんな具を入れたもの。ロティとはマレー語でパンのこと

・インディアン・ロジャ …中華風ロジャとはちがい、具はてんぷら状の揚げ物ばっかり。沢山の揚げ物のなかから好きなのを選んでカレーソースにつけて食べる。

・ムルタバ …インド風お好み焼き。カレーにつけて食べる。


<おやつ系>
・アイス・カチャン …シンガポールのかき氷。なぜか具にコーンが入っている。

・クエ …マレーのお菓子。ココナツミルクの入った、羊羹状のものが多い。バームクーヘンのようなお菓子「クエ・ラピス」などもある

・チェンドール …アイスカチャンよりココナツミルクが多い?インドネシアなどではチェンドールは飲み物になってしまうが、シンガポールではアイスカチャンとの違いがあまりよくわからない…(情報求む!)

・ボボチャチャ …ココナツミルクにお芋やかぼちゃを入れたデザート

・アガアガ …寒天・ゼリーのこと。赤青緑とカラフル!


<飲み物>
・ソフトドリンク …コカコーラ、7sUP、アイスレモンティーなど

・コピ …コーヒーのこと。コピといえばネスカフェにコンデンスミルクと砂糖を入れたものが出てくる。 コピオー (Kopi Oと書く)は砂糖入り、 コピシ はミルクだけ、 コピオコソン はブラックのコーヒー。 コピペン はそれに氷を入れたもの。

・テ …紅茶。コピと同じ法則で テオー、テシー、テペン …と続けてください。 「テタレ」 はインド系のこってりミルクティー。

・マイロ ー…シンガポール人の好きなミロ。つよい子たちだけでなく大人も飲む。マイローペンでアイスに。

・ビール …タイガーとアンカーがシンガポールの主流。

・フルーツジュース …フルーツ屋の店で好きなフルーツをミックスしてジュースにしてもらう。他にシュガーケーン(さとうきび)ジュース、ライムジュースなどあり。

・チャイニーズ・ティー …と頼めばだいたいウーロン茶かプア−ル茶がでてくる。シンガポール人は中国茶を冷たくして飲むことはほとんどない。

他に、薬のようなゼリーの入った ハーバルドリンク、菊花茶(クリセンティマムティー) 、インド系の好きなド派手なピンク色のドリンク 「バンドゥン」 などあるが…おいしいかどうかぜひ試してみてください…

これらは大きなホーカーセンターなどに行けばたいていあるような、よくあるホーカーフードの一部です。シンガポールのホッカーをあちこち探したら、もっといろんな食べ物がたくさーん発見できると思いますよ〜!


ホームへ戻る/ エンターテイメントのページへ戻る