***シンガポールで音楽を聴こう!***

シンガポールのFM放送は英語・中国語・マレー語・タミール語その他の様々な言語の幅広いジャンルの曲が流れていて、音楽ファンにとっては楽しいものです。

音楽好きのファティマの家でも音楽がないと物足りなくて、いつもBGMとしてFM放送をかけっぱなしでした。
そんなファティマたちがよく聴いていたFM放送と、シンガポールでも楽しめるちょっと特徴のある音楽を、ファティマの独断でご紹介します。

●FM放送編

Class95
一応70年代以降の洋楽ヒット曲をノンストップで流す局らしいが、この局にはレコード板しかないのか?と思わずのけぞってしまうくらい、古ーい曲が多い。なぜか毎日スパンダー・バレエが必ず1回は流れる。ハードロック系やダンス系は少なくて、セリーヌ・ディオンやマライア・キャリーのバラードや、コアーズなどアコースティック系が中心。

夜は一般人を電話で繋いで、その恋人に歌を捧げるという番組を放送していたが、シンガポール人の恋愛事情がわかって結構面白かった。また朝放送されて人気があった「Joe and the Flying Dutchman」(現在はPetrina Kow and the Flying Dutchman)のDJフライング・ダッチマンはテレビ番組「Who wants to be a Millionaire」の司会も務めている。

98.7−Perfect Ten
アメリカの最新ヒットチャート系が多く、曲調もダンサブルなものが多い。2001年の初め頃は、デスチャとエミネムの歌が一日に10回ぐらいは流れていた。テレビドラマ「Growing UP」のタミーちゃんことジェミー・ヨウなどがDJをしている。24時間放送。

Passion 99.5
シンガポールでは貴重なワールドミュージック専用のステーション。
ラテン系やアフリカンポップ、世界の民族音楽、中国古典、ジャズetcと他の局で流さないジャンルの音楽は何でもあり。12時に終わってしまう。

News Radio93.8
英語のニュースやトークと音楽のステーション。最新ニュースがラジオで聞けて便利。

93.3酔心頻道
マンダリンのチャイニーズ・ポップ専用。最新ヒットが中心で、中でもダンス系よりバラード系が多い。香港や台湾の第一線で活躍する歌手は歌がとても上手な人が多いので、切々と歌い上げるバラードを聴くと歌詞がわからなくともほろりとさせられるかも。24時間。

Symphony92.4
クラシック専用のステーション。でも日曜の夜などはジャズをやっている。夜は早く11時ぐらいに終わってしまうところが難点。


シンガポールにはFM放送の会社がいくつかありますが、上に挙げたのは全部メディアコープの局でした。 メディアコープのラジオ番組を海外でも楽しむにはこちら→http://www.mediacorpsingapore.com/entertainment/music/music_liveradio.htm


●音楽ジャンル編

シンガポールの音楽シーンは流行りのポップスが中心で、コアな音楽好き(?)には物足りないかもしれませんが、探せばこういう音楽もあります。かなりファティマ個人の趣味ですが…(^_^;)。

ちょっとラテン系
世界的に流行ったが、今では音楽の定番となりつつある。
古くはジプシー・キングスから、ブエナ・ビスタ・ソーシャルクラブなどの本格ラテンから、リッキー・マーティン、ジェニファー・ロペス、マンボNo5など。チャイニーズポップでもラテンテイストを取り入れた曲が増えている。
個人的には大ファンのウォン・カ−ワイ監督映画「ブレノスアイレス」サントラが好きです。


泥くさロック系
マレー系のロックや台湾ロックに見られる。台湾ではマンダリンでなく台湾語でこの手の音楽をやる人が多いとか。アジアには必ずこういうジャンルの人々がいるらしく、タイでも長髪のロッカーがライブをやっているのを見た。

ちょっとアジアンミックス系
最新ポップスに中国のニ胡や笛の音、ガムランなどを取り入れたもの。ダンスナンバーでも癒し系にするというアジアン楽器の効果をねらっているのかも。

バングラ・ビート
インド独特の音楽を若者ウケするようにダンスミックスにしてしまった感じの音楽。

ダンドゥット
インドネシアで昔流行ったという、ポップスにインド系の音楽をミックスしダンサブルにした感じ。ノリのいい曲調に、笛の音などがミックスされていて、「濃い」感じに慣れるとハマるかも(^_^;)。マレー系のラジオ局で時々放送している。

少数民族系
エニグマの歌で話題になった台湾のディーファンなど、台湾のタイヤル族・ピュマ族、マレーシアのイバン族など少数民族の歌を今風にミックスしたりする音楽。台湾少数民族のスター、アメイちゃん(張恵妹)もコンサートなどで自分の民族の歌を聴かせたりしている。マレーシアでもザイナル・アビディンがマレーシア少数民族のテイストを取り入れたりしているらしい。







TOPへ戻る ‖ シンガポールで遊ぼう!のページへ戻る