噴 水

ユジノサハリンスクの数倍もある大都市ハバロフスクには市の中心部に美しい噴水があり、夏場気温が30度を超えるこの街ではたくさんの人が噴水の周りで涼んでいます。私の行った2001年8月には街のメーンストリートで大々的な改装工事が行われていて、羨ましいくらいにきれいになっていました。


− 2001年8月撮影 −

一方、ユジノサハリンスクにはまともな噴水がなく、唯一あるドラマ劇場の前の噴水ですら、作動しているのは何かの祭典の時だけ。寂しいものです。
ところが、いつの間にか映画館「オクチャブリ」の前に噴水(↓の写真)ができていました。8月に映画館の写真を撮った時にはなかったのに、9月になったら忽然と現れていたのでびっくり。
サハリン島の周囲にはたくさんの海獣がいますが、数万頭ものあざらしが生息し厳重に保護されたチュレーニ島(文字通り「あざらし島」という意味)があります。あざらしをモチーフとして用いられたのはそんな関係からでしょう。
ところが、心無い人々がゴミを捨てたり、落書きをしたりと早速問題が発生。市民の憩いの場にと思って計画、建造した人達はがっかりしています。

完成式には水も張られていたそうですが、私が見た時には空っぽでした。

目次