カタマランヨットの自作と航海


 マルチハルのヨットはモノハルに比べ荒れた海での転覆の可能性は非常に高く危険だ。 だれもが考えるように私もそう考えていた。
 しかし、1992年のクルージングワールドJapan誌で、古代ポリネシアカタマランの耐航性についてと、また、そのコンセプトをモダンヨットとして発展させているカタマランヨットデザイナーのジェームスウォーラム氏の記事を読み、カタマランヨットも形状により高い耐航性をもつことを知った。

 このホームページでは、大阪の松野氏が自作したウォーラムデザインのTIKI38の建造状況と進水後の航海の様子を紹介します。
尚、松野氏は1994年ウォーラムデザインのTIKI21を自作しました。そして、そのTIKI21は大阪から沖縄まで往復航海しています。

2002年4月に「KAZI」誌の取材を受けました。
その時の記事が6月号の特集「ワンダフルカタマラン」に載りました。
航海記2002年4月6日

2005年5月2日 沖縄瀬底島に移住した松野さんがブログ始めました。

2006年6月2日 松野さんが、国土交通省に届け出を済ませ、瀬底でセーリングクルーズの仕事を始めました。松野さんは職業ダイバーだし、シュノーケリングの相談にも応じられるとのことです。

2006年8月14日 クルージング写真が、夢を感動にかえる上質生活紙「駱駝」2006年8-9月号の表紙を飾りました。

2007年3月27日 松野さんが美ら海クルーズのホームページを立ち上げました。とてもキレイな海です。

2002年末、松野氏はウォーラムヨットを日本中に広めるべく短期間で製作できる16フィートのアウトリガーカヌー "MELANESIA"を試作しました。これなら自作をあきらめていた人でも作れるでしょう。
2002年の大晦日に試乗しましたが、結構楽しめました。セールが小さくラフにセットしているにもかかわらずウィンドサーフィンと同程度のスピードで走りました。(プレーニングされたらかないませんが)
アウトリガーカヌー

2003年3月16日 水都ルネサンス大阪の水上パレードに「メラネシア」で参加しました。
水都ルネサンス

2003年5月31日 安藤氏より「沖縄でドキュメンタリー映画の撮影をしており、映画の中のプロジェクトの一つで、糸満でサバニをベースにカタマランの舟を創り、沖縄から鹿児島までカタマランで行こうと思っています。」とのメールを頂きました。

2003年7月21日 サバニベースのカタマランをつくり沖縄から鹿児島へ航海する「てんつくプロジェクト」からメールがありました。
 「沖縄から鹿児島へ、カタマランサバニいかだの「プクプク丸」は航海中です。
  本日、最大の難所、奄美大島の名瀬港から、トカラ列島の宝島への航海の真っ最中。」
てんつくプロジェクト

2003年7月23日 深尾氏からゲストブックに書き込みがありました。
 「私のTiki-21がようやく進水し、航海記のHPをアップしました。見て下さい。」
Born Free GEMINI航海記

2003年8月7日 サバニイカダ“プクプク丸”、無事、鹿児島にゴールしました。

2004年4月25日 LINK集に「吾輩はカタマランである」を追加しました。
作者はA級ディンキー経験者。「ワンダフルカタマラン」の記事を読み、HITIA14を自作されました。また、松野氏のTIKI21の嫁ぎ先でもあります。

2004年7月6日 松野氏沖縄へ移住。TIKI38で沖縄へ向け出発。(写真が送られて来しだい掲載します。)

2004年8月15日 メラネシアを自作していた大濱氏より完成したとのメールを頂きました。
大濱氏メラネシア
2004年8月16日 松野さんは7月19日に沖縄伊江島に到着していたのですが、なんやかやで写真は本日到着。

2004年9月6日 ウォーラム日本代理店の中村さんから、北海道でHITIA14を自作された方からのメールを転送頂きました。
北海道HITIA14

2004年10月22日  新ジオシティーズに移行しました。
旧ジオシティーズも内容は同じですが、カウンター値が異なっているので、新ジオシティーズに来てください。
http://www.geocities.jp/tikiroa_jp/ (旧http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8831/)

2006年4月1日 松野さんが載っているホームページがありました。
まっちゃん自慢のカタマランヨット http://www5f.biglobe.ne.jp/~enjoy_oura/hitorigoto/036.htm(リンク切れ)
Quukay航海記 http://www.eonet.ne.jp/~quukay/koukaiki85.htm

2007年3月27日 松野さんが載っているブログがありました。
http://www.kanshin.com/keyword/972515
http://yuimun.at.webry.info/200611/article_6.html
http://ameblo.jp/inakalife
ゲストブックを読む

ゲストブックへ

平成12年1月21日より