=>B級ネタを羅列した目次はこちら…メイドインタイランドHOME

=>萌え風俗店からチンコの祠まで…現地バンコクより発信中のBLOG

=>タイ在住者の滞在&生活情報・裏表…皿井タレーDIARY


スキンヘッドのブロガー


香港はコーズウェイにある安宿。
無料のネット部屋があるのだが、肝心のパソコンは2台だけ。

で、推定体重120キロのスキンヘッドが、
さっきからずっと左側のパソコン前に陣取り、
鬼のような勢いで長文と写真をアップしまくっている。

旅先から入魂のブログ日記を更新しているのだ。



静かな部屋にすさまじいタイピング音が響き、
アキバな体臭がほんのりと鼻腔をくすぐる。

とりあえずお願いしたいのは、
作業中の絶え間ない貧乏ゆすりのことだ。

巨体から繰り出されるその振動はすさまじく、
ボロ宿の床をきしませ、
右隣のパソコンでメールをチェックしている私の手元すら狂わせる。

揺れのせいで、マウスポインタが合わせられません。
いますぐ、その豪快な貧乏ゆすりを停止してください。

しかし、
相手はブログを更新するだけでドロドロに発汗している大男だ。
面と向かってそんなこと言えるわけがない。

どんなこと書いてるのかな?

気付かれぬよう、
横目でこっそりURLをチェックしてブログにアクセスしてみると…

「ブッバの明るいホラーハウス」

もしかして、いい人なんだろうか?
アクの強い外見とは裏腹に、
とってもノーマルで健全な旅日記のようだ。

旅を満喫したら、
故郷のニュージャージーに帰って、まっとうな生活が送れるといいですね。

コメントつけてあげようかと思ったがやめた。
右隣50センチのところにいる
日本人から感想もらっても、うれしくないだろうし。



数日後、香港からバンコクの自宅に戻り、
もう一度スキンヘッドのブログをのぞいてみた。

2005年4月に香港で居合わせたわけだが、
その後、彼もバンコクに来ていることが判明。

お元気そうでなにより。
バンコクのネット屋さんでも、ユサユサやってるのかな?