レオン・ライ(黎明)   

 

レオン・ライ(黎明)出演映画「THREE/臨死」情報はこちら

韓国、タイ、香港のオムニバスホラー「THREE/臨死」監督:ピーター・チャン他主演:レオン・ライ他

4月 渋谷シネ・アミューズにてロードショー!

 

Leon Lai Concert in Hong Kong 2001(写真)

レオンの昔の写真を見る  PHOTOS ENGLISH 

 

 レオン・ライとの出会いから今までの歩みを記入してみました。

 

1992年レオン・ライとの出会い

1992年11月香港に行く際乗ったキャセイパシフィック航空で香港ポップスを聞きました。香港ポップスってサンディー・ラムしか知らないやと思ってたところヘッドフォンから流れる黎明(レオン・ライ)の素敵な声にクラクラ・・・??ちなみに歌は『我的親愛』槙原くんの『もう恋なんてしない』のカヴァー。歌詞の「さよなら」だけ日本語でその辺にクラクラきたのかも。

香港についたら早速CDをいろいろ買いました。CDジャケットを見て、その頃からなんだか写真で謎のポーズをよくとる人だなと・・・

 

1993年はじめて行ったコンサート

1993年8月香港のコンサートに行きました。行ってはじめてレオンが若者だけではなく幅広い年代に愛されているアーティストだというのを知りました・・・・老人&子供てんこもり状態。さらに雑誌とかでは白馬の王子的扱いだけど男性ファンも多いことに気づく・・・隣の席がカップルだったので彼女が彼氏を無理矢理連れてきたのかな・・・なんて思ってたら大間違い。始まるやいなや男性のほうが「リオ~~ン!!」と叫びだし、レオンといっしょに熱唱。実はこの日私はホールでこっそり録音してたんだけど、後で聴いたら隣の男の人の歌声&叫び声しか入ってないんですけど・・・演奏が始まったとたんに次の曲名をぴたりと当て、叫ぶ叫ぶ。

 

子供ファンも多いのでレオンもかぶりものをして登場したりの大サービス。前の月の7月にサンディー・ラムのコンサートを香港で見たばかり。香港明星世界にどっぷり浸り出したこの夏「人生観が変わりそうな」コンサートでした。ちなみにサンディーのコンサートにもゲスト出演のアンチョニー(私はこう呼ぶ)こと倫永亮氏がまたまたゲスト出演。アンチョニーもソフトないでだち、なかなかかわいいいい男だと(当時?)思うんだけど長身のレオンと並ぶと「小さい」という印象ばかりが強調される・・・負けてるぞアンチョニー!!

 

レオンの歌で「我来自北京」というのがあるんだけどそれをもじって「我来自東京」とか何とかとインチキ中国語で手紙を書いてプレゼント(ゲームでとったケンケンのぬいぐるみ)と渡したところ、何公演もあるコンサートの私が行ったより後の回で「日本からも来てくれたファンがいたみたいでありがとう。」とレオンが言ってたそうです。香港の友達が教えてくれた。そしてなんと数ヵ月後自宅にレオンのサイン入り生写真が届いた!!!サインは銀色のペン。でもなんかすごく変な服。「裸の上半身の上に直接くすんだ赤系色のオーバーオール風の服を着ている。さらに背中部分はむっちり生背中(?)」コンサートでは変な服たくさん着てましたけどなかでも最悪レベル(?)のこの服の写真をわざわざ・・・

レオンファンの友人

1993年夏、香港にカラオケ友達が欲しいと思い香港の雑誌の文通欄に自分のインフォメーションを載せ、好きな明星は「黎明」他、英文での文通希望と書きました。ちょうど私のインフォメーションが載った号の表紙がレオン。香港だけでなく全世界の華人・華僑の方々から手紙をもらいましたが、みんな太っ腹というかなんというか頼みもしないのにレオンの生写真とか切抜きとかバンバン送ってくれるんですよ。相当数あります。香港での友人は念願かなって一緒にカラオケに行ったりもしました。

 

1995年香港コンサート

またまた行きました香港コンサート。国際ファンクラブデーと呼ばれる世界各国のファンが集う日にたまたま行ったのだけどこの日のために世界中からかけつけたファンを見て「す・・すごい・・・」私のようなものは足元にも及びません。SF映画を連想させる壮大なスケールのオープニング、豪華セットを多用と香港コンサートはいつ行っても楽しいです。また誰もを笑わせる(?)ツイストばりのすんばらしいダンスを披露。伝説のコンサートです。(?)

 

1996年日本のファンクラブに加入

日本のファンクラブ「レオン・ファミリー・ジャパン」に加入しました。ファンをはじめた頃は香港四天王の中でも日本では一番知名度の低かったレオンですが、入会してみてこんなにファンがいるの~と驚きました。今まで外国のレオンファンは知り合いがいましたが、日本のレオンファンとも数人ですがお友達になりました。

 

1997年来日ファンクラブイベントに参加

暑い真夏日に開催されたレオン・ファミリー・ジャパンのイベント。LEON・黎明と書かれた黄色と白のうちわが配られ夏気分満点!レオンは誰もはいてないような変な(?)ジーンズで登場。ブランド品らしいですが。ゲーム・握手タイム・歌等々楽しいひと時を過ごしました。握手タイムでお手紙(中国語)を渡しその中に、以前の「変な写真にサイン」の教訓から「素敵な写真」を選んでサインをしてくれと同封。忘れた頃に戻ってきましたけど、シンガポールの友人いわく「それは絶対ニセモノ」とのこと。(誰かマネージャーとか別の人がサインをしたという意味)なんでもレオンは「ファン自身の写真を入れるのはよくても(入れたくない・・・)自分の写真が入ってるのはすごく不快だ!!」と何かで言ったことがあるそうです。まあ、私は「気まぐれレオン」に賭けて(気まぐれ発言多し)それは本物だと信じてます。信じるものは救われる〜ちなみにレオンの使用言語は北京語。習っててよかった〜わかればそう思ったことでしょう。

映画祭 ←映画「LOVE SONG」より

LOVE SONG」と「半生縁」の2作品が東京国際映画祭で上映されレオン来日。今回はスーツ姿でとてもシック。

インタビューのとき広東語で喋ったのだけどレオンが意味不明なのか(?)通訳が意味不明なのかなんか変なコメントばかり。答になってないぞ〜。

香港コンサート

当時発売されたばかりの「LEON SOUND」のなかからも多数を披露。バリバリダンスミュージックありのレオンとしては転機となるようなすばらしいコンサートでしたがレコード会社の版権の関係かどうか(?)このコンサートの模様のビデオやCDとかは一切なし。海賊版VCDを手に入れるもダンスミュージックの部分は全てカット。すばらしかったのよ〜。特に昔の曲のリメイク「我来自北京」とか「I LOVE YOU OK?」とか。マークと楽しそうに手をつないでステージ内を駆け回ったりとか・・・かわいい帽子もかぶってました。一緒に行ったGちゃんは「人生観が変わった」と言ってます。

 

1998年4月香港でのファンクラブイベント

豪華な香港コンベンションセンターで行われたディナー&ファンクラブイベント。世界中からファンが集まってました。でも使用言語は広東語のみ。何言ってるのかよくわかんないぞ。席が決まっていたものの何度も前のほうまで駆けつけました?この模様は日本のTVでも放映されました。

7月レオン生誕の地、北京「羊肉胡同」に行く(巡礼の旅?)

北京に初めて旅行しました。北京・・・レオンが幼少の頃住んでいた場所です。羊肉胡同という通りに住んでたとの情報を得ていたので(中国でのインタビューより)ホテルで通りの名前も入ってる詳細地図をもらい巡礼の旅。(・・・といっても市街地内)何があるといわれても何もないんだけど昔こんなトコにすんでたんだという思いをめぐらせながらお散歩したのでした。胡同とは北京にいくつもある細い通りのことです。なんか魅力的な響きでしょ。羊肉・・・その通りが羊に何の関係があるのかは全くわかりませんでしたが、北京では羊肉はしゃぶしゃぶにしたりしてよく食べます。北京って首都なのに、私は中国系は香港、広東省、上海、江蘇省そして北京と南から北上してきましたので「さいはて」までいかないけど、結構今まで自分の知っていた「中国」よりエキゾチックな場所に思えました。

8月シンガポールコンサート中止

コンサートプロモーターとレオン所属事務所の契約トラブルがあり予定だったコンサートが中止に!日本のファンクラブで頼んだ人はすぐ返金してもらえたみたいなんだけど、私は一番高いチケット(2万円近い・・・シンガポールでは有名「外タレ」だからさあ〜)を買ったのにお金も戻らず。地元では裁判沙汰になってて(プロモーターに問題あり)お金を受け取るために裁判所に出頭しなければいけないの。で、チケットを買ってくれたのが友人の友人・・・いろいろ連絡とったけどうまくいかず結局返金してもらえず。悲しい。

オーストラリアコンサート

そんな悲しみを乗り越えて金もないのに行って来ましたオーストラリアコンサート。シドニー公演を見に行きました。チャイナタウンのど真ん中にある大きいホールで。中国系の人だけでなく白人客もちらほらだけどいます。ストリート系釣り人スタイル(変な帽子かぶってる)で登場。ちゃんとすればちゃんとしてるのに、リオン何であなたはいつもそんな変な格好を・・・?曲目は昔の曲も交え客席と会話したりとほのぼのムードのコンサート。ゲストにレオンと噂のスーチー(シュウケイ)も出演。セクシー&キュートな衣装で登場。なんかスーチー目当ての男性客も多数。チャイナタウンのお祭りのような楽しいコンサートでした。コンサート終了後、駐車場の入り口で出待ち。待つこと何十分・・・出てきたレオンはグレーのスエット姿、そのスエットはフード付で、それをすっぽりかぶったレオン貴方は「ねずみおとこ」のよう・・・でも好き。

コンサートで写真を多数とったのだけど、その直後まだ新しいカメラが突然動かなくなり、電池の問題かと思いきや電池入れても動かず。レオンのオーラのしわざかっっ???

 

1999年香港チャリティーコンサート

香港スタジアムこと香港大球場で行われたチャリティーコンサートに行って来ました。貧しい地域の子供達を救うチャリティーです。レオンはチャリティー活動を積極的に行っていて「愛心大使」とか「慈善天王」等の別名があります。子供がテーマなだけに前半子供の歌の発表等なかなかレオン登場せず・・・私はかなり遅れていったのですがそれでも登場までかなり待ちました。このコンサートにあたり、地下鉄と空港鉄道の往復チケット(レオンの写真入)2枚づつの記念チケットが発売されました。使っても戻ってくるというので地下鉄分2枚と空港分1枚はすぐ使いました。1年後あまってた空港分を使おうとしたら有効期限切れ(?)でもう使えなくなってました。駅員にレオンの写真入のカードを見せ「使えん!!」と文句をいったのは私・・・。

このときもゲストにスーチー(シュウケイ)が出演。なんでいつも彼女が??絵を描くゲームでスーチー花を描き、何か聞かれて北京語で「花(ふぁー)」と答えてなんかかわいいぞ。くやしい。(?)

空港出迎え

3月レオン来日。ファンクラブで空港出向かえ隊を募集していたので参加しました。じゃんけん(だったっけ?)で勝った人が花束贈呈役。しばらく待ってレオン登場。サングラスで顔がよく見えない。ちなみにサングラスかけててもレオンだってバレバレだって・・・。さっと来てさっと通り過ぎていきました〜。車に乗るとこまで見届け解散。

「1000の瞬き」映画イベント参加

せつないラブ・ストーリーの名作「都市情縁」が、日本で「1000の瞬き」という題で上映されることに。映画のイベントが行われました。トークショーにレオン参加。質問に昔の映画なんで覚えてない・・・と。確かに昔の映画。でもこう答える〜?映画はとってもなける内容で香港で見たときも涙涙・・・日本でも涙涙・・・と思ったら私が泣いてるシーンで笑ってる人もいてびっくり。人の感性って違うものねえ。ちなみに香港人は怖〜い「リング2」を見て「大笑い」

日本でのファンクラブイベント

来日を記念して日本でのファンクラブイベントがありました。レオンが希望した?とのことで渋谷のクラブで。天井の低い狭いところに箱詰め状態。でもなかなか楽しかったです。ひとりひとりとの握手タイムもありました。香港スターは握手が命。「ハロー」と挨拶。レオンって近くで見るととってもきれいなお顔立ち。遠くで見ると変というわけではないですが、私はレオンの声でファンになりましたので顔についてはあまりなんとも思ってなかった(?)のだけど近くで見ると本当美しいの。肌とか目とか。その生まれ持った美しいものを、あの謎のファッションセンスでずたずたにしているような・・・?そこがまたいいのですが。来日の直前香港で自殺未遂という衝撃的なデマ?が流れましたのでそれに関するレオンの怒り、映画の話等語る語る・・・誰か止めないと、いや止めても止まらない「語り屋レオン」

香港でのファンクラブイベント ←当時発売「LEON NOW

香港でファンクラブイベントがありました。ファンのなかでいろいろな特技を披露しあって1番は誰かを決まる楽しいイベント。なんと1位は日本のファンでした!レオンと一緒にダンスを競う競技もあり見ごたえたっぷり。新曲も披露。

その後夜9時スタート(しかしその会場ですでに11時ぐらい)深夜2時だか3時に終了というレオン出演のラジオ局のイベントがあり日本のファンの方も多数参加されてたみたいですが私は次の日早朝便に乗って帰国でしたので不参加。もう私なんて「追っかけ」だなんて恥ずかしくてとても言えない。ディープなファンの方々ってほんと多いです。

香港コンサート

一番好きなイベント、香港コンサート。今年もまた行きました。今年はもう「ダンスリオン」ダンスミュージックばかりで年配のファンはちょっと驚いていたみたいです。古い曲はやらなかったし。ダンサーが激しく踊り、レオンもちょっと激しく踊って充実のステージ。ゲストにマークも出演。今回のレオンの衣装はそんなに悪くない。かっこいい系。写真いろいろ買っちゃいました〜。

2000年「玻璃(ガラス)の城」来日イベント

映画公開に先立ち来日イベント。抽選で参加。結構はずれた人もいるらしいです。席は抽選で決めるんだけど抽選箱の中の番号が見えてるんですけど〜。なんか悪い気がしてわざわざ見えていない分のくじを引いたら見事後ろのほうの席が当たっちゃいました〜いやん。見えてた番号は意外と前でした。くやしい。レオンの使用言語は例によって北京語。日本にまともな広東語通訳がいないのか・・・と思ってたらレオンの希望で北京語のほうが表現が豊かなので北京語を使用しているとのことです。また語るレオン。通訳の方お見事!私は3%ぐらい(?)理解できました。消費税以下の私の中国語能力。

香港でのファンクラブイベント

残念ながら私は今回のイベントには不参加。友人のKさんが参加しましたので詳しくはKさんの香港&台湾旅行記を見てください。

 

2001年

「感じる香港」香港観光局イベント来日

ミッシェル・リーといっしょに来日したレオン。観光局のイベントがフジテレビ内のホールで開催されファンクラブ優先先着枠(抽選となったのかも?)でなんとかご招待していただき行ってまいりました。香港のクイズやゲームなども交えた楽しいイベントでした。レオンとミッシェルの写真がついているうちわを使った香港観光物知りクイズはなかなか難しく、香港に20回以上も行っている私もすぐに挫折、レオンも結構知らなかったことが多かったみたいです。ちょっとした質問にも長々と答えてくれるレオン、司会の方も配分が難しかったようで・・・

レオン・ファミリー・ジャパン(ファンクラブ)パーティー

アットホームな雰囲気のレオン・ファミリー・ジャパンのパーティー。質問コーナーではレオン語る語る・・・ハンドメイドのイタリア車マセラッティを買って後悔した話がおもしろかった!「コスプレ卓球」コーナーなどもあり侍の格好をしたレオン(すばらしく似合う)の卓球姿を堪能しました。急遽プレゼントコーナーが開催され、プレゼントがある方はレオンと握手できるチャンス!何も用意してなかった私はたまたまバッグの中にあったガムを渡すことにしました・・・ガムなので恥ずかしく、「Just for you」と渡したところ、日本語で「大丈夫です。」と言って握手をしてくれました。やさしいね〜。

 「バレット・オブ・ラブ」東京国際ファンタスティック映画祭来日イベント

 

舞台上では香港では噂のあったという(でもうそくさい)瀬戸朝香と再会の抱擁も・・・

 

チケットを取るのは本当に至難の業で、結局買えなかったものの、ファンクラブの方のご厚意によりチケットを譲ってもらい無事見に行くことができました。レオン、瀬戸さん(レオンはそう呼ぶ)とも黒で決めてフォーマル感ばっちり。

香港コンサート写真を見る

香港につくなり街じゅうでレオンの曲が流れていました。レオンの巨大ポスター等も街でお見かけ。ニューワールドセンターのところにあったコンサートのポスターはなんだかマジシャンのようでした・・・

コンサート、前回のダンス系ばかりで年配客びっくり・・・というのを反省したのかどうなのか結構なつかしの曲もやっていました。もちろんダンス曲もバリバリ。マークとのラブラブ度?は相変わらず。宇宙服を着たシーン、ヘルメットからのぞく目のところが電光で、レオン・マークふたりして目がハートになっているのを見てクラクラ・・・舞台は中央と、斜めにのびる長~い花道?があったのだけど、レオンはそこを走る走る・・・もう若くないんだから?とちょっと心配しちゃいました。やっぱりコンサートが一番楽しいです。ファンクラブで買ったチケットは前から7列目でなかなかよい席でした。

 

 ←お気に入りのCDジャケット日本版「If I Can See You Again

 

CDや映画の紹介等 

そのうち(っていつ??)もっと増やしていきます。

「SAUSALITO一見鐘情」のVCDを見ながら打ってます・・・もっと真剣に見ろ?は〜い。

LOVE SONG」で共演のレオン・ライとマギー・チャン出演のこの映画。以前福山雅治・常盤貴子のドラマ「めぐり逢い」を見たときその「NY、田舎から出てきた男、夢を持つ女、自転車ふたり乗り、別の女との結婚&離婚等々」の舞台設定にこれって「LOVE SONG」のパクリでは~と思ったもんでしたが、今度はマギー・チャンがタクシードライバー役、レオンはコンピューター会社経営でこれって「めぐり逢い」後半の常盤ちゃんタクシードライバー・福山会社経営役の設定パクリ返しかっっ??・・・と思いました。まあぜんぜん違う話ですが・・・レオンは丘の上の豪邸に住んでて、マギーったら10歳の子持ち役よ。これから見る方のためには・・・リオンたら・・・エッチ・・・とだけ言っておきましょう?光あふれるサンフランシスコが舞台で行きたくなったぞ。チャイナタウンもおもしろそう。

  「北京站」ジャケット

CD「北京站」ゲット。上記映画のテーマ曲「及時擁抱」も収録。英語版「Sausalito」もあります。この曲はしっとりとした曲ではありますが、このアルバム始まりからして昔のディスコを意識したようなノリノリ曲満載。プロデューサーの阿マークこと雷頌徳がまたまたやってくれました・・・という感じです。このCDはパソコンで聴くとCDRomの役割をはたし(←中国語直訳)レオンのスクリーンセイバーにもなるんですね〜さすがソニーミュージック。MTV(CDを買うとVCDもついてくる)の「全日愛」は必見。近未来風の謎のセット、無表情なレオン(忍者スタイル?)に、女神様風スーチー(レオンと噂の絶えないセクシー系女優)に、「マトリックス」のパクリ・・と笑いのツボ満載。曲はコンピューターゲーム&オリエンタル風。まだ買ってない人はぜひ買おう!

 

アジア&香港ポップスのページへ

HOME