憧れの、どんずばhideモデルFERNANDES MG360Sです。
やっとのことで、手に入れることが出来ました。
スルーネックは弾き易く、ハイポジッションは最高です。
2ハムバッカーに見えますが、サスティナー搭載で実はフロントはシングルです。
hideも同じこのギター弾いてたんだなって、感無量です。
大事に弾かずに保管しています。 2002年3月に購入。
このギターは長年愛用しているFERNANDES MG-hideモデルです。
hideの初期ギターのペイントを真似てみました。
ペイントは普通のペイントマーカーと夜光塗料などで、7時間ぐらいかかりました。
夜は光ります。 ステージでも目立ちど抜群!
ストラップピンをhideと同じ場所に移動してあります。
1991年8月に購入。
GIBSON Les Paul Standard。 念願の思い出いっぱいのギターです。
このギターはBOSTONに住んでいた頃に買ったギターです。
1993年製とまだ新しいのですが、弾き込んでいるので音は最高!
空気の乾燥したアメリカにて弾き込んでいた為、音が違います。
スペックはフルオリジナルです。
行き着くギターはこれでしょう。  1994年5月に購入。
学生の頃初めて買ったYAMAHA YSG。 思い入れの強いギターです。
このギターはセットネックでハイポジションが弾き易いです。
所有しているギターで唯一のアーム有り!
ボディーが重たいのが難点ですが、音がそのぶんかなり良い!
2ハムバッカーですが、シングルにも変更可能のサーキット搭載です。
ネック裏にトラ目有り。  1989年8月に購入。
元パンテラモデルのギターです。
シェイプが気に入らなかったので、Vにモデェファイしました。
所有しているギターで唯一のアーム有り!と上で書きましたが、
このギターで2本目になりました。そのうち取っ払います。
配線の改造や、ペイント、ボディーのカットなど初めて自分でしたギターです。
Flying Vへの道で過程を見てください。  2002年11月に購入。
BURNYのHモデル、通称くじらです。
ボディー材はストラトと同じで、軽くて弾きやすいです。
ピックアップ交換をし、ナットの調整やら今後いじっていきます。
hideもこのタイプの赤を持っています。
ガンガン弾くタイプのギターではないですが、これを期にコードの勉強をしよっかなと。
今後改造しまくるギターになるでしょう。今のメインです。 2003年2月に購入。
確かクラブで使用する為、高校時代にかったYAMAHAのアコギです。
ROCKな俺はアコギが似合わないので、全然弾いてません。
音的には良いのですが、弦が錆ているので・・・。
主に曲を書く時に弾こうかなって思っています。
ライブでの使用経験はありません。
1990年10月に購入。
ギターリストなのに何故かBASS(笑)。
このBASSはアメリカでライブをする為に購入し、アメリカの思いでがたくさん詰まっています。
IbanezのBASSなんですが、良いのかどうか,ギター専門なのでわかりません。
今は宅録用に使っています。
自慢は買ってから1度も弦を交換したことが無い!
1999年12月に購入。
ライブで足元に置いている機材です。
たまにソロでブースト的に使う為、BOSSのオーバードライブもつけます。
本当は足元をもっとシンプルにしたいのですが、これが限界です。
演奏だけに集中したいので、足下にごちゃこちゃあるのは・・・。
写真をクリックしていただくと、機材を紹介しています。 
色々な年に購入。
アメリカでライブした時の写真です。
メンバー全員の写真がないのが残念ですが、良い思いでです。
この時6弦に50の弦を張っていたため、16を刻むと地鳴りがおこり、
音圧でビデオカメラ壊れてしまいました。 持ち主の方、お詫びいたします。
ライブ日時わからないので、おちPさん教えて。
2000年ぐらいだったかな?。