相川町の城址

*参考資料  『新潟県中世城館等分布調査報告書』 『日本城郭体系』

高瀬城(相川町高瀬) 

 夫婦岩のすぐ南側の海に面した台地の先端にあったという。段階的に数郭があり、下には神社がある。

 畑や水田となっており、空堀が残っているというが、山林化していてよく分からない。

 港を見張る、土豪の城であったと思われる。

















羽田城(大仏城・相川町羽田) 

 中山トンネルを越えて相川町に入ると、右手に金山方面にむかう道がある。そこを右手に曲がり600mほど行き城址橋を渡ると、向かいに比高30mほどの山が見えてくる。この山は現在相川城址公園となっているが、相川城という城名ではなく、羽田城の跡である。

 城址公園とは言っても、場所が悪く人里から離れている。あまり人が訪れることもないらしく、道も悪くなり草もぼうぼう。人の気配もない。それでも主郭部はきれいに草刈りされていた。台地上には三郭ほどがあり、様々な植物が植えられている。

 城主等は明らかではないが、沢根本間氏に属した土豪の城であったかと推定されている。















米郷城(相川町米郷字城の上)

 二見半島南端の標高30mの城が鼻と呼ばれる段丘上にあった。すぐ東には二見灯台のある台が鼻がある。土塁と空堀で区画された二つの郭と先端部の物見台的な小郭からなるというが、半島の上は藪がひどくて先端まで近づくこともできない。

 沢根本間氏の港防御のための土豪の城かと思われる。



































大竹屋旅館