宮崎県延岡市

*参考資料 『日本城郭体系』 『宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書』 

*参考サイト  城郭放浪記

松尾城(延岡市松山町1106)

*鳥瞰図の作成に際しては『宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書』を参考にした。

 松尾城というのも、どこにでもありそうな名前のお城であるが、特に宮崎県では多いようで、『城郭体系』のこれは延岡市の索引を見ると、県内だけで6カ所の松尾城が登録されている。こちらは延岡市の松尾城である。現在も山林となっている箇所が多い城址であるが、かつては松がたくさん生えていたのであろうか。

 松尾城は五ヶ瀬川を望む比高40mの台地上に築かれていた。本東寺のある台地の西側一帯である。

 したがって城址を目指すためには本東寺を目指していけばよい。五ヶ瀬川を渡って本東寺方面に向かう道には「松尾城→」といった案内板も出ている。

 車は本東寺の駐車場に置かせていただくのがよいであろう。ただし。未舗装の道路を進んでいけば、本丸と二ノ丸との間の部分にまで行くことも可能である。寄せればその辺りに駐車もできる。しかし、途中の遺構を見ていくためには、やはり車は置いていった方が、かえって効率的である。

 本東寺のある部分も外郭部の一部だったと思うが、その上の墓地になっている広い郭も城域内であると思う。

 城域はかなり広いが、広大な台地というわけではなく、あちこちに枝状に派生する尾根上を削平して城域を生み出している。県内の他の地区に多い群郭式城郭とは一線を画した城郭である。

 本丸は南西の先端部分である。長軸60mほどの郭で、ここに城址碑が建てられている。また、下に腰曲輪を廻らせている。北側の堀切から切り通しの虎口を経由して登ってくるのが登城ルートである。南側下の小郭には遊具が置かれていて、本丸から滑り台で滑り下りるようになっていた。

 深さ6mほどの堀切を隔てた北側が二の丸である。二ノ丸には神社が祭られており、北側にはしっかりとした土塁も置かれているが、神社のある場所以外はヤブ化していて、探索は難しい。

 さらに堀切を隔てて北東側にあるのが三ノ丸である。三ノ丸は南北に細長く内部は畑となっている。イノシシでも出没するのか、畑の周囲には電線が廻らされていた。この三ノ丸から北側と東側とに数段の郭が配置されている。

 メインとなるのはこれらの部分であり、それらから派生する尾根には、段郭というべき小郭がいくつも展開しているが、これらは切岸造成を行った際に派生したものであり、居住性のある区画ではない。

 小規模な郭が多いとはいえ、城域は広大であり、かなりの大人数を収容することも可能な城郭である。拠点城郭というのにふさわしい城郭である。

南側の五ヶ瀬川に架かる橋から遠望した松尾城。 三ノ丸に続く東側の段郭。
三ノ丸内部は畑となっている。 三ノ丸と二ノ丸との間の堀切。
二ノ丸とj本丸との間の堀切。 本丸入り口。
本丸内部。石碑がたくさん建てられている。 本丸から下の段に行く城塁は滑り台で降りるようになっている。
二ノ丸内部にある神社。 神社背後にある土塁。
 松尾城は土持宣綱が文安元年(1394)から3年間かかって築いた城であるという。室町時代初期の築城ということになるが、現在見られる遺構は戦国期のものというべきものであり、その後何度も改修・拡張されているのであろう。

 土持氏のもともとの居城は西階城であった。土持氏は都於郡城の伊東氏と不破になり、そのため三田井氏と同盟した。その際に伊東氏に備えてこの松尾城を築いたのだという。土持氏は伊東氏に対抗するため、島津氏と結んだ。

 その後、天正5年(1573)になり伊東氏が島津氏に敗れ豊後へ脱出すると、土持氏は島津氏に属することになるが、翌年大友宗麟が南下して松尾城を攻撃した。城は落城し、土持親成は自殺した。

 しかし、島津氏が反転し、高城の戦いで大友軍を破ると、松尾城は島津氏の支配下に落ちた。

 秀吉の九州征伐により、島津氏の勢力は九州南部に押し込められた。その後、松尾城に入部してきたのは、高橋元種であった。元種は当初松尾城を居城としたが、関ケ原役後に、延岡城を築いて移ると、松尾城は廃城となった。









































大竹屋旅館