夏の甲子園 備忘録

3年生のみです


田中曜平 智弁学園 投手 右投右打
今日の最速は142キロ、平均130キロ台後半のストレートはなかなかの威力。ただ、開きがやや早いため、打者は打ちやすそうであった。変化球はスライダー。どうやら落ちるのと、小さいのと二つあるようだ。落ちるスライダーはとんでもないボールを打者が振っていたので、なかなかキレはありそうだ。特に左バッターには有効だろう。
このピッチャーは全身を使って投げるピッチャーらしいピッチャーで、1回から9回まで球威が落ちないのが、素晴らしい。9回で140キロを計時した。外角に外すストレートがシュート回転してストライクゾーンに行って打者を幻惑していたが、これは単なるシュート回転か、それともピッチャーがボールを投げるのを勿体ないと考えてストライクゾーンに入れてるのか判断がムズカシイところであった。

吹石知勇 智弁学園 捕手 右投右打
元近鉄の名ショート吹石氏の子供にして、アイドル吹石恵の弟。筋骨隆々とした体格に、精悍なマスク、そして強肩。持ってるものは素晴らしい。今日は外角の球を力で左中間に持っていったが、まだまだ粗い。

高市俊 帝京 投手 右投右打
今日の最速は139キロであったが、バックの乱れもあり見事に打ち込まれた。監督の談話によると「今日はいつもの威力が無かった」とのことだったので今後に期待。マメタン体型なので、ピッチャーとしての見映えがしないのが、残念。

松本高明 帝京 外野手 右投左打
なかなか打席での雰囲気を持った一番バッターですな。足も速いようだし、小技きっちり。肩が抜群ならば、有望。

糸数敬作 中部商 投手 右投右打
股関節を故障しているらしいが、なかなか威力のある球を投げていた。最速141キロ、平均130キロ中盤の真っ向から投げ下ろしてくるストレートはまだ伸びる。体格もいい。ちなみに進学志望とのことです。

岡崎祥昊 智弁和歌山 捕手 右投右打
174センチと捕手にしては小柄の部類に入ると思うが、それ以上の大きさを感じさせるキャッチャー。打撃では間の取り方がいいので、変化球も苦にしない。守備ではピッチャーに気持ちのいい魂のキャッチングをし、リードもなかなかではないのでしょうか。

野辺公曜 札幌第一 投手 右投右打
183センチ77キロの堂々とした体格から、ちぎっては投げちぎっては投げ、の上半身に頼った豪快なピッチャー。ややかつぎ投げながら、はまった時の球威は名門智弁和歌山をも抑え込む迫力を持つ。今日の最速は139キロだが、球速にばらつきがあるのも荒削りの証拠。ただカーブはどろんとして打ちづらいタイプの変化球ではなく、狙い打たれていた。また70球を超えた辺りから、球速も落ちキレがなくなってきた。フォームに癖があるだけに、指導者次第だろうか。

鎌倉健 川之江 投手 右投右打
189センチ80キロという長身のサイドスロー。今日は三者三振で立ち上がったが、本来は重い速球でゴロを打たせるタイプだろう。とはいえ、最速142キロ、平均130キロ台中盤のストレートは威力があり、特に内側のボールはシュートしたり、沈んだりする癖球。球種は他にスライダーがあるがこれはまだまだ。

西岡剛 大阪桐蔭 二塁手 右投左打
線は細いが、身体の力を感じさせる好内野手。高校通算42本塁打だそうだが、プロでは長距離打者という感じではない。一番いいのは、バットの出る角度。バッターボックスの一番前に立っているので、内角は苦しいかなと思いきや、詰まってもレフト前に持っていくバットコントロールを持っている。変化球は思い切り巻き込む。構えや立ち位置は巨人清水や齋藤に似ている。恐らく意識しているのだろう。また盗塁も決め、足のあるところを見せつけていた。

岩間亮 東邦 外野手 左投左打
ふところが深い左バッター。威圧感という点では西岡以上のものを感じた。長距離バッターの可能性あり。変化球で崩されても膝が粘るのがいい。守備・走塁が一定レベルクリアすれば、即プロ入りも面白いかもしれない。

尾崎匡哉 報徳学園 遊撃手 右投右打
春は底を見せずに誤魔化された感じだったが、夏はやってくれた。好投手須永の甘いストレートを思い切りしばくと打球はバックスクリーンに一直線。やはり、力は持っている。守備といい打撃といいスケールの大きさは高校生ショートでは田中幸男以来だろう。守備では守備範囲の広さと取ってから投げるまでの速さが出色。ポカも時々あるが、このスケールは捨てがたい。

大谷智久 報徳学園 投手 右投右打
負けないピッチャー。最速と平均のギャップが少ないのが、なんと言ってもいい。この力の入れ具合でこういうフォームで投げたらイメージ通りの球がアウトローに決まると分かってて投げられるピッチャーなんてプロでもエース級くらいだろう。スタミナも出色。このまま成長とともに馬力がアップしたら、桑田級。

田爪晃司 浦和学院 一塁手 左投左打
好投手大谷の140キロ速球を完璧に上から叩いて火の出るような打球を放つ。西岡の前評判が高かったが、スイングスピードは田爪のほうが数段上。ただ、ポジションがどうか。外野手に転向にするとしてプロで通用するレベルか。いや、この選手は一塁で使う価値がある。

森本良介 明徳義塾 遊撃手 右投左打
相変わらずの軽快な守備に柔らかいバッティング。現在打撃はどん底だそうだが、あれだけマークされれば仕方のないところか。落ちるボールへの対応なんてプロでもなかなか難しい。

筧裕次郎 明徳義塾 捕手 右投左打
ピッチャーに返すと思わせて二塁に牽制して刺すという頭脳的プレイを披露。春もオーバーランしたサードランナーを見逃さずすかさず刺したし、グラウンドがよく見えている好捕手。やや小柄だが、肩も強いし、どこにいようと必ず出てくる選手。バッティングもヘッドが振り抜ける力強さ。

田辺祐介 明徳義塾 投手 右投右打
去年から確実に成長を遂げている。スピードも増し、140キロをマークするようになった。アウトローに決められるばかりか、インコースにも果敢に投げ込み、的を絞らせない投球術も出色。線は細いだけに、筋力がつきスケールアップすると4年後は楽しみである。

中沢 富山商 投手 左投左打
最速137キロ、平均132,3キロと前評判はいささか大げさであったか。非常にフォームが綺麗で、クロスファイヤーが絵になるピッチャー。だが、疲れてくると球が高めに浮きまくる。また球速以上の威力を感じさせるタイプではなく、ストレートで空振りが取れないのは、左ピッチャーとしては物足りない。

山本光将 熊本工 外野手 右投右打
うーむ。ドアスイング・・・。確かに身体はあるし、パワーもあるのだろう。守備だってそんなに悪くない。しかしあれでは速い球は打てないだろうなぁ。上位指名するところ本当にあるのだろうか。

岩崎司 樟南 投手 右投右打
最速141キロ、平均130キロ台後半のストレートは低めにコントロールされ、奪三振は少ないものの、ゴロを打たせるという見栄えはしないが実戦的な投手。スライダーもよくコントロールされ、付け入る隙がなかなか無い。上背が無く、角度が無いので、プロ受けはしないが、三沢くらいには絶対なるだろう。

片山文男 日章学園 投手 右投右打
将来150キロ出るという点では川之江鎌倉投手と双璧の将来性豊かな投手。力感は去年の寺原を思い出させ、最速143キロ、平均140キロ前後のストレートはばらつきがあるものの、今大会一番の球威を感じた。スライダーはコントロール、キレともまだまだで、直球を狙い打たれたが、それはプロ入り後覚えればいいだろう。ヤクルトのブラジル人と同じベースボールアカデミー出身ということなので、ヤクルト入りが濃厚か。

中東信二 広島広陵 三塁手 右投右打
春から少し構えが変わってオープンスタンスになった。インコースを攻められるからだろうか。しかし打ちにいく時はしっかり踏みこんでいくので問題は無い。春は並外れた長打力を見せつけたが、今日は打席での粘りを見せた。手が長い割りにインコースを苦にしないのも○。打席で立っている姿はバッターというよりも刀を持つ剣術家の雰囲気。守備でも反応の良さを見せた。

三沢慶幸 日本航空 三塁手 右投左打
今日は速球派西村にアウトコースを攻められ、思うようなスイングをさせてもらえなかった。三塁守備でもセーフティーのターゲットにされるなど、いいところがなかった。とにかく力みすぎてヘッドアップする打撃をなんとかしないことには・・・。体格・パワーには非凡なものがあるだけに。

平林竜也 日本航空 投手 右投右打
サイド気味から最速139キロ、常時130キロ台中盤の速球を投げ込んでくるが、そのほとんどはシュート回転して右バッターの内角に食い込むという、いやらしい球筋のピッチャー。強打者中東にはインコースが危ないと見るや、アウトローに集め、ファールファールと見応えのある対決をした。シュートするのは単純に開いて投げるから。下半身を使えてなく、このままでは故障するタイプであるが、うまい具合にウエイトを乗せられるフォームに脱皮すれば、都城・安田投手くらいにはなれる。

 


戻る