2003.3.忘れた
  ひさびさの更新どす。

  オープン戦7連勝の後は連敗っすか。相変わらずチャンスに凡退する糞詰まり打線だし。優勝なんて信じてる人いるんでしょうか。


  ではオープン戦で目に付いた選手をちょぼちょぼと。 (今日の試合では東出のエラーが最も目立ちましたが)

  安藤 … うーん。いい球持ってるんだけどポカするねぇ。失投を持ってかれる(それも広島石原に)のは球に力がないのかね。シュート回転で外角が決められなくなったのは、シュート習得の副作用でしょう。西本コーチ自体アウトローに投げるときは外し気味に投げてそれがシュート回転してアウトローに決まるというスタイル。きっちりアウトローに投げたいピッチャーはシュートは諦めたほうが吉かと思うのですが。藤川なんかはもともとそういう投げ方だからいいんですけれども。もうひとつ言えるのが、ボール球を全然振ってもらえないというところ。これは苦しい。粘られているうちにどんどん球が(シュート回転もあり)中に集まる。先発投手としてはこれでは苦しいでしょう。

  藤本 … 相変わらず小技が出来ない。足があるだけに、2番に固定できると今岡3番、アリアス7番と理想のオーダーになるのだが。盗塁能力は赤星に続く能力だけに惜しい。機動力絡めないといつまで経っても糞詰まり打線は解消できないので、2番藤本に結構かかってるんだけどなぁ。8番じゃ走れない。(アウトになって次の回ピッチャーからになるだけのリスクは普通おかさない) バッティングもセンスあるし、2番で.250 20盗塁でバントができればなぁ。惜しいなぁ。

  関本 … 長嶋監督が「品の無い打球」と言っていましたが、まさに言い得て妙。期待してる方も多いと思うのですが、僕は懐疑的ですねえ。足を上げるのは別にいいんですが、打てるポイントが狭すぎる。直球待ちで変化球が来て止まったときのみ打てるという感じなのです。具体的に言うとハンガーカーブですな。同じく品の無いバッターとして広島新井がいると思うのですが、関本には品の無さを解消するだけの圧倒的なパワーも無いしなぁ。流せとは言いませんが、カウント球のアウトローを踏みこんでジャストミートするだけの荒々しさが欲しいところです。とはいえ、なかなかミートしないし。また、勝負弱さというものも感じたりもするのです。

   … 打たれ出したら止まらないさ♪ というか、今年は球威も無いし、もともと怖さの無いピッチャーだけに、先発当確みたいに言われてますが、今年はかなりやばいんじゃないかなあと思います。 キャッチャーが野口だからと言いますけど、昔からだし、藪本人の問題じゃないかなあ。まぁ、安藤にも言えることだけど、カウント球のキレ、コントロールは素晴らしく、勝負球は非常に甘い。そりゃ、打たれますわ。

  ポート … ストレートが高い! というのはまぁ長年フライを打たせるスタイルでやってたので良しとするとして、「フォークを投げる」という触れ込みは・・・ 確かに投げるだけは投げます。 しかしフォークまで高めに浮きまくり。低めに行ったと思ったらホームベース7m手前でバウンドしてますがな。結局オープン戦でもフォークで目先をずらして、ストレート勝負という形。ていうか、元々そんな感じなんでしょう。ストレートもギャラードみたいに150キロ出るわけでもないし、大丈夫でしょうか。

  ウィリアムス … なんというか・・・ 柏田のもうちょっと速い奴。ストレートもスライダーもフォームもキュッキュいうような感じ。コントロールは悪くはないですがアバウトですね。慣れられないうちは結構やるんじゃないんでしょうか。

  浜中 … 今年は4番ということで、結構普通にはやるんじゃないかな。私は去年からずっと書いてるけど、浜中には打つ以外の仕事をキッチリとやって欲しいのですが。一塁ランナーで出て左中間破る打球に対するスタートの悪さとか、解消されてない。2塁から帰れなくて去年は監督から叱責されてましたが、今年はその辺り頑張って欲しいなあ。打つほうはあんまり心配してないです。

  藤田 … 案の定二段モーションに戻りましたな。1年目のフォーム改造はなんだったんだと相変わらず阪神の投手育成のまずさを痛感致します。まぁ理想的には一段なんでしょうが、本人じゃないと判らないリズムってあるからねえ。堀内さんも「二段は絶対ダメだ」と解説してましたが、日本球界にはそういう懐の狭さというものがあると思います。
で、今年の藤田ですが、ストレートの威力も出てきたし、フォークのコントロールもいいし、結構やるんじゃないかな。まぁ行き詰まったらまた滝に打たれればいい!

  川尻 … インローのスライダーをクルーズにバックスクリーンに持っていかれましたが、シーズン中では無いでしょう。このピッチャーの良いところは「負ける勝負はしない」という投球スタイル。くさいとこくさいとこついて危ないなと思ったらフォアボール。で、次のバッターをゲッツー。だから先発で7回くらいまでゲーム作らせたら阪神の中では一番ではないでしょうか。
しかし、巨人みたいな強力打線では「勝てる勝負」をできるところがなくなり、フォアボールで自滅という形になりがちなところがトホホ。

  野口 … 今年の補強で一番大きいのは野口だ!と星野監督言ってますが、いまんところ「ホンマかいな?」と思ってしまいます。特にリード面はあんまりあの山田と大差無し。(でも浅井よりかはだいぶまし) 矢野自体「メリハリの無い無難なリード」(byノム)だから、投手陣にとってはいいのかな。去年は矢野が怪我してから防御率が跳ね上がったし、そんな事態が避けられば良しでしょう。スローイングはまぁまぁですね。

  浅井 … 亀みたい。ていうか、このヒトみてるとピッチャーの神経逆撫でしてるとしか思えないのですが。投球練習の返球でさえミスの連続、ピッチャーが手を伸ばして態勢崩してるの見てると、「これはピッチャーで通用しなかった浅井のイジワルなのか!」とまで思えてしまいます。
試合が始まると、一球一球立って返球。しかもミットを脱いでボールを手でこねている。今度は「味方投手の投球リズムを乱す作戦」ですかっ!!!でもってキャッチングではポロポロしまくり。ストライクゾーンの球もポロポロ。そのうち審判がストライク言わなくなるぜ。
二塁送球では西本コーチ直伝のシュートしまくり。ていうか、ピッチャー仕込みのスリークォータースローを直す気ゼロなのね。
リード面でも藤田に5球フォーク続けて投げさせてバッターの目を慣れさせる見事な作戦。案の定打たれましたけど。トホ。

2002.12.6
  金本丑の刻参りか!?

   「うらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああ!!この○○やろうーーーーーーーーーーーーー!!」

  と祈った甲斐があったのか、紀の阪神入りが困難になりましたとさ。合掌。
 

 2002.11.12
  トレード 坪井←→野口!!
 新聞紙上には坪井・山田・伊達←→野口・下柳・中村豊と書いてありました。しかし発表されたのは坪井←→野口だけ。ここで止めとけば文句はありません。がしかし、伊達を出すのには大反対!!!!です。そんでもって、交換要員が中村豊?? 中村豊といえば明治時代カツノリを締めていたのが有名ですが、俗に言う特徴の無い選手。日ハムが1位指名したときに「日ハムもアホやなぁ。こんな選手獲ってどうすんねん。しかも1位だし」と対岸の火事のように思ってました。滅多なことを言うもんじゃないなぁ。まさか阪神に来るなんてなぁ・・。
そして下柳! はっきり言って出涸らしのお茶のようなもの。中継ぎの防御率にしては悪すぎるし、去年の投球見た限りでは球威無し、キレ無し、コントロール無しの見事に三拍子揃ってます。とてもセリーグのボールを振らない左バッターを料理できるとは思えないっすね。
そんなポンコツ2名のために少々コントロールに難はあるが、常時140キロ台後半を出せる若手ピッチャーを出すというのは本当に気が狂ってるとしか思えません。野田を出したことを全然反省してないですな。
まぁこのトレードで唯一光ってる点は、山田をやっと放出できることくらいでしょうか。
 
 

  日米野球
 メジャー公式ボールが飛ばないです。井川のチェンジアップが通用しないです。井川の手がシーズン中より下がってます(特にチェンジアップ投げるとき)。デレク・リーは父レオンリーよりも伯父さんのレロンリーの方に似てます。やっぱりフォークは通用します。ドジャースのユニフォームが中日のユニフォームにそっくりです。。

  ドラフト小ネタ
 岡田編成顧問の初仕事で、三瓶高校の松下圭太外野手(左打)を指名する方向だそうです。先輩に携帯電話投げつけられたり、全然練習しない新井が伸び悩んだり、高校時代の実力のみでホームラン9本打った桜井「(練習が楽すぎて)高校時代より筋力が落ちた」と言われたり、広沢に・・以下略されたりする阪神ファームに入って伸びるとは思いませんが、入団したらしょうがないですから、周囲から浮いても井川みたいに自分で練習して頑張って下さい。

2002.11.9
  久万オーナー土壇場で出し渋る!!
 やり方はともかく本気で阪神再建を推し進める星野監督に対して、「弱くても儲かりゃいいや」と考えているドケチで鳴る久万オーナーが猛反発。

久万オーナーは「阪神の体力は巨人とは違う。節約せなあかん。上限を上げるには、役員会を開かないと…。私はイヤです。今でも相当無理をさせている」と補強予算の上乗せを拒否。(日刊スポーツ)

春先に「来年は優勝できる戦力を与える!」と言っていたのに、いざ現実に稟議書を持っていくと稟議が降りないどこかの会社みたいですな。しかし30億補強予算と出ていたのに・・
星野監督が「補強に30億使える!!」と踏んでいたのは
実は「選手の人件費は総額・年間30億に抑えろ!」ということだったのでしょう。いまの阪神の年棒総額が10億ちょっとだっけ?(確かイチローがいなくなったオリックスに続く2位だと思いましたが) まぁ久万オーナーの感覚にしてみればいきなり3倍以上に膨れ上がるんだからねぇ・・。しかし今でもムリをさせてるって・・ やっぱ片岡サンのおかげですか。

再びノリ獲得に燃える星野監督に対して、「近鉄は友好球団だから・・」って、おまえ阪神-近鉄電車乗り入れにしか頭にないやろ!!! 
別にケチでもいいんですよ。ただ、カネ出す気初めから無いならはじめっからその旨言っとくべきじゃないかと。下手に期待させておいていざというときに「カネないから金本だけで十分やろ? 金本獲ってカネ無くなったからアリアスクビにして檜山の年棒も上げないぞ! ノリ?ペタ?無理無理!おまえが役員会に出ろ!」という姿勢はどうかと思うわけです。

  トレード 佐久本←→松田
 ついにシダックス松田も放出ですか。まぁカツノリを人質としてますから、野村シダックスとの友好関係は大丈夫かと思いますが、微妙ですな。佐久本にどれくらいの力が残っているか要注目ですな。
あと他球団で浮いた人材として是非欲しいのが西武・中嶋捕手。あの肩が衰えてなければ是非欲しい。ちなみに私の妹の友達がオリックスに勤めていたのですが、会社のクリスマスパーティーにイチロー田口中嶋が来たそうです。イチロー・田口は話も面白く、みんなの人気者になっていましたが、中嶋は口下手で酒飲んで「うぉ〜!」とかいきなり叫び出すちょっとアブナイ人で、みんなから避けられていたようです。

2002.11.3
  ついに松井、メジャーへ
 みんな解ってたこととはいえ、実際その日が来るとは・・ね。我らが井川クンも7年後にはきっと行ってしまうのだろう。
まぁ松井の場合、相撲に例えると相手がけたぐりしかして来ないわけで(たまに張り手のブラッシュボール)、そりゃがっぷり四つに組んで戦ったほうが面白いに決まってるもんね。メジャー見てたらパーシバルが最後のバッターにド真ん中ストレート。しかもそのストレートがホップして空振り三振。しびれるわなぁ。翻って、日本シリーズの最終戦河原の最後の球はけたぐりフォーク・・・。

 アウトコースに広いメジャーでは、外角に強い球を投げるのが基本。
 世界一ストライクゾーンの狭い日本プロ野球では、ボール球の落ちる球が基本。猫も杓子もフォーク。フォークが無いと実質通用しない。

こないだケーブルで昔の日本シリーズ見てたんですけど、ヤクルトの松岡が投げてたんです。アウトコースが今よりボール2つ広かったです。高めに広げるってゆうのもひとつの手だとは思うのですが、昔のゾーンに戻せば投手もラクに投げられ、中四日で回して20勝投手も生まれると思うのです。いまや、年間26,7試合しか先発が投げないもんなぁ。

  ドラフトマイナー候補!
 ついに11月に入り、各球団の指名方針も煮詰まってきました。その中で私が密かに注目しているのが、日本通運・武田久投手。現在では日ハムの指名が有力だそうですが、このピッチャーは使える。去年の都市対抗見たんですが、なんてゆーかボールに魂が乗ってる感じで本当に自由自在にミットに収まるまで遠隔操作しているような錯覚さえ引き起こすのです。ストレートだって常時140キロ台、最速145キロと及第点。このピッチャーがあと10センチ身長があれば自由枠ですがな。ひとまわり小さい入来というのが素直な印象です。
 もうひとり注目しているのが樟南高校・岩崎司投手。甲子園では初戦で負けてしまいましたが、安定したコントロールと角度のあるストレート・スライダーは一級品。ストレートの最速は141キロでしたが、背筋で投げるタイプなので筋力トレーニング次第で大きく伸びるタイプと見ました。とにかく、打たれにくいピッチャー。トヨタに就職予定とのことですが、即プロ入りして欲しいなぁ。
 二人とも三文字名前なのでタイガース的には縁起がいいンですが、今年の阪神の候補選手に三文字名前サン見当たらないのが残念。おっといましたね!林 威助。彼はやってくれるでしょう。

2002.11.1
  金本、阪神入りへ
 いやー、はっきりいうといらないっすね。下り坂の選手は片岡で懲りたんちゃうんか!?と思ったら、ちっとも懲りてなかったらしい。しかしパリーグの選手を獲るのには懲りたようで中村は断念。いらない理由は2点あります。
1.赤星がレギュラーから外れてしまう。甲子園で大砲主義野球をするのは自殺行為。
2.来年喜田をブレイクさせたら、この先10年では金本よりも阪神に貢献するだろう。

 まぁ、その他にも、金本は広島で終わって欲しかったとか、力が落ちてんじゃないか、久万が甲子園の入場料値上げするんじゃないか、などなどあります。そこそこ打ってくれたりはするんでしょうが、片岡、金本の昔の名前で出ていますコンビは、力がすっかり落ちてしまった掛布、岡田の晩年を見ているようで正直辛い。

  横浜、多田野回避!
 皆様とっくにご存知のことと思いますが、超兄貴的な理由で多田野のプロ入りが難しくなりました。社会人は受け入れるのかなーという疑問もあり、ここはモラルの無さには定評のあるN前監督率いるカラオケ屋野球チームにひと肌脱いでもらいたい! もしくはメジャー挑戦を目指して欲しい。そういえば、昔巨人が獲ろうとした外人投手がやっぱり超兄貴で、巨人は獲得を見送ったのですが、その後大リーグで20勝しました。いやいや、さすがはメジャー。

 で、何が言いたいのかというと、横浜のドラフト戦略は当然見直しを迫られるわけで、また玉突き事故が起きてしまうのではないか?ということです。横浜の宙に浮いた自由枠は法大・土居にあてるのが順当なのでしょうが、東海大望洋・長田を2巡目で獲得すると、讀賣4巡目で常盤大・久保田の可能性も。ということで、あながち阪神にも無関係な話では無いのです。個人的には久保田が讀賣に指名されてなにがなんでも拒否するという姿が見れたらそれはそれで痛快なのですが。
 

  バルデス解雇!!
 なに考えてんねん!!というのが記事を見たワタクシの第一声でした。そりゃ、イマイチ抑えとしては三振とれないし、不満には思ってたさ。しかし、一年通じてちゃんと数字を残したじゃないか! ちゃんと仕事をした人間を解雇するようなチームには未来はないぜ。それともやっぱり・・・ 多田野の報道を見て先手をうったのか・・・ いやまさか・・・ しかしあの風貌・・・ 未婚だっけ・・・? うーむ。

2002.10.15くらい
  ファーム日本選手権
 勝ちました。打撃陣はいい働きを見せましたが、投げる方がイマイチでした。
喜田はいいね。トップに入るときの姿勢がいい。誰かに似てるとずっと考えていたんだけど思い出せない。まぁ横浜ロドリゲスに似てはいるんだけど(構えは全然違うけどね)。夏に見たときもスムーズになっている。長嶋サンが「打ちにはいるときのフォームがいい」と言ってましたが、なるほどという感じですな。守備・走塁を鍛えれば、檜山の後継者になれるかも。
高波は今年もなんとか生き残ったみたいですが、打てる球を確実に打つということをしていけばいいと思う。ただ、盗塁に関しては下でも4盗塁とすっかりダメ。この手の選手が走塁に意欲的で無いことは来年のクビを意味します。守備はまぁまぁになってきただけになー。
浅井はベースランニングを解説・福本氏にボロクソに言われてました。チームとしての走塁練習が出来てるかどうかってのを見るとき、赤星なんかの走塁を見るより、こういう浅井のような選手の走塁を見たほうがいいということですな。そして、阪神は全く出来てない!と。来年の走塁コーチは誰っすか? 岡田???? コネ人事は勘弁して下さい。
梶原は打つほうはともかく、守備でセンスの無さを垣間見せてました。一塁はやったことあるんだろー。
桜井の肩はまぁまぁ。高波と曽我部の中間くらいの肩。あとはスローイング練習ですな。押し出すようなスローイングになってるのが気になりました。打つほうは期待できます。アウトハイにツボがあるようです。
藤田太陽はずっと同じ印象。下半身が使えたとき(右足が跳ね上がるとき)は素晴らしい球がいくが、それがせいぜい10球に1球で、あとはだらーんとした身体が重そうな投球で、スピードほどのキレがない。

  ドラフト
 杉山、久保田、中村、江草はほぼ決定で、6巡目以降誰を獲るかに焦点が絞られてきました。
まぁ残っている左腕や外野手を獲るのでしょう。優先順位で言うと
溝口>三東>田村>鈴木>林>田中>渡邊>佐竹くらいっすか。
田村辺りまでは先に指名されてる可能性大なので、獲れるのは鈴木以降の5人くらい。で、先の4人と合わせて9人くらいかなぁ。
テストで受けに来ていた宮本、川畑、入江あたりは合格になるか不合格になるか微妙なところ。テスト直後の星野監督のコメントからすると心の琴線に触れるような選手がいなかったようです。「のびしろ」というコメントからすると、年齢のいってる川畑、宮本は厳しいかなと。ていうか、川畑(最速148)、宮本(最速154)が本当に145キロ以上の球を投げられるとは、どうしても思えません。テストで投げてたらもうちっと違うコメントだったでしょう。なので、田淵がいいと言っていた高校生野手(入江かどうかは微妙)が枠があれば、指名するといったところではないでしょうか。
 

  FAその他
 金本、中村、ペタジーニ、新外国人左腕の獲得と新聞紙上では盛り上がってますがどうでしょうか。
なんだか讀賣のしてきた失敗を性懲りもなく繰り返すアホな球団という印象が・・・。うまくいけば短期的には強くなるでしょうが、チームの足腰を強くするにはちょっとなぁーと。金本よりもむしろ喜田を使え!と。ムーア、バルデスは来年は今年ほどの活躍は出来ないでしょうから、投手の補強はいいと思うのですがね。
伊藤菊、岡田英の招聘はいいと思いますが、ひとつ心配が。ご高齢で歩けるんだろうか・・・。スカウト活動って歩いてなんぼというところあるじゃないっすか。
 また整理人員として、葛西、伊藤、星野、遠山、西川、成本、弓長、横田、川俣、原田、舩木、部坂、山岡、根本、吉田浩の15人が阪神を去ることになりました。お疲れさまでした。
しかし部坂や横田の球なんか見てるとまだまだ使えるのに勿体ないなぁ。そんでもって、山崎、柴田がテスト合格だもんなぁ。まぁ、佐藤コーチが見て決めたっていうんだからいいんだけど、それにしても山崎は部坂より上なのかなぁ。部坂はいまだに横から140キロ台出せるのになぁ。山崎のすっすかすっすか打撃投手のように投げてくる球(江川談)よりも右バッターは怖いと思うんだけどなぁ。うーむ。

2002.9.29
    最近多忙につき、暫く野球から離れていたのですが、ドラフトも煮詰まってきたようで。
    杉山、久保田に即戦力左腕を3枚くらいっすか。野手は外野の林、佐竹、田中と外野中心。
    掛布みたいな左のスラッガー内野手が阪神には必要だと思うのですが、今年は長田くらいかな。
    捌きがいい左バッターがねー、いないんだよね。檜山、ムーアくらいしか。梶原も内角に強いが・・。
    林は故障がまだ治ってないのが、どう出るか。喜田絶賛というとこが微妙すぎますが。

2002.8.20
    藤川・・・。確かにいい球放るんだけど、いかんせんピンチに弱い。
    中谷も三塁にランナーいるせいか、フォークを放らせられなかったところを古田に読まれた。
    というか、ラミレスを三振に取ったアウトローの残像がヤクルト側にも残ったというところか。
    しかし中谷は徹底してアウトコース。基本に忠実なだけに短期的には通用するかもしれない。
    ということで私は長らく藤川打者転向論者でしたが、今日を最後に引っ込めます。

2002.8.16
    阪神ファーム、松下にボロ負け。ちなみに横浜ファームは日産にこれまたボロ負け。
    松下捕手岡崎(19歳)に打撃、スローイング、キャッチング、リード、覇気、声すべてボロ負けの浅井さん。
    素材ではそんな大差あるはず無い(むしろプロが上の筈)のに、この差はなんだ。
    全ては「練習のための練習」をして、真剣勝負をしてないファーム組織の甘さ。
    藤田太陽はインハイストレートをペタに完璧に打たれ、力で立ち向かえるかどうかの瀬戸際ですな。

2002.8.8
    濱中さんまたやってくれました。片岡のボテボテ中前打で、またも二塁から帰れず。
    打つだけのアホな選手にまっしぐら。
    こんなアホな走塁またやるってのは、前に監督に叱責されたのを綺麗さっぱり忘れたのでしょうか。
    大事なところで打つのも大事だけど、こんなことを許してたら阪神は絶対強くなれない。
    くわえて走塁に意識の低い吉竹コーチをマジ解雇して欲しいっす。

2002.8.6
    片岡さん、そろそろいんじゃないんでしょうか。来期に期して今期はゆっくりお休み下さい。
    どうでもいいところでヒット打って、大事なところでエラーして。
    エラーした後の、しら〜っとした雰囲気はどうにもなりません。
    去年の広沢引退コールを見ているような気がしました。デジャビューですな。
    広沢さんも最下位確定してからやっと打てるようになったので、片岡さんもそのくらいに。

2002.8.3
    岩村のセカンドゴロ、ゲッツーに出来ないかな〜。古田のスライディングもあったけど、あれは決めんと・・
    秀太はやはり肩に問題か・・。邪魔はあるとはいえ、モーションも大きい。
    ということで、ゲッツー残りのランナーが生還して同点にされました。とほほほほ・・・
    この内野守備では、ピッチャーかわいそすぎる。
    センター赤星のバックホームもやはり肩の弱さを痛感した。前任者新庄クラスが欲しい。

2002.8.1
    片岡ひどいねえ。チャンスにド真ん中の直球空振り三振。
    どこが悪いってヘッドが出て来ないから、全ての球に差し込まれる。
    ここは基本的にトスバッティングを徹底的に練習して欲しい。
    野球未経験者の人に「トスバッティング」というと「ああネットに向けていっぱい打つやつね」と誤解するが、違う。
    近距離から投げてもらってピッチャーに返す練習である。センター返しの基本である。
    そう。バッティングの基本はセンター返し。今岡のシンプルなセンター返しがその見本である。そのためには徹底的にトス。

2002.7.31
    濱中の守備はひどい。巧拙じゃない。絶対取ってやるというやる気がないんだ!
    安全第一の消極性。守備だけじゃない。走塁、打撃もだ!
    走塁で「プロじゃない!」とこないだ怒られたが、守備、打撃もプロじゃねえ。
    ちょっと野球が上手いだけのアマチュア選手。それが濱中の本体。
    こういう選手を生み出すファーム組織は星野監督の言うように「日本で一番楽に野球をやる環境」。

2002.7.25
    赤星のポジショニング・・・うーむ。
    アリアスの暴走はまぁ仕方ない。眠れる巨人を起こしてしまったが。
    沖原といい後藤といい、執念のヒットですよ。あれは。
    今日ばかりは理でなく情が勝った試合でした。
    理からするとピッチャーが4度ランナーを送れなかった阪神に勝ち目無し。
    でもピッチャーのバント特訓はマジやって欲しいっす。

2002.7.24
    浜中サヨナラソロホーマー!
    藤田太陽なかなかいいじゃあないですか。憶えられるまでは通用するかも。
    もさっていう工藤的イメージから今日のとこは脱却してました。
    檜山がフェンス激突!川崎球場での佐野を思い出しました。
    高波を見ると栄村を思い出すのは僕だけでしょうか。ぶつかったし。

2002.7.23
    初回から関本の糞エラーに足を引っ張られ。
    その裏塁間をにぎわすも当然のごとく拙攻でチャンスを逃し。
    キャッチャーのエラーは消極的でボール先行で球数が多くなり。
    嗚呼大阪の蒸し暑い夏。水戸に帰ってみんなと海に繰り出したいなぁ。
    以上、井川の内心を代弁してみました。とほほ。

2002.7.21
    藤川はまだまだ。146をマークするも打ちやすい球質か。
    矢野もストレートを信用せず、大事なとこは変化球オンリーで痛打食らう。
    押してくところは押してかないとうちとれない。もう一発ビンタが必要かも。
    もうちょっとだけストレートが押し込めるようになればなぁ。
    バント右打席、打撃左打席と分けてる割にバント下手。
    4年間でバントのひとつも教えられない阪神ファームはひどいね。

2002.7.20
    4点差でストライクを投げる勇気の無いピッチャーは左でも要りません。
    大体なんであんなヘッポコ弓長が一軍にいるのか。
    金澤はあんなもんだろう。気の毒でもあった。
    いい流れでは好投できるが、悪い流れを断ち切る力はまだない。
    それもこれもカーライルが6回で故意死球ぶつけたせい。
    ぶつけるなら試合が決まってからやんないと。

2002.7.18
    オールスターも明けて早速阪神劇場大開幕。
    1回1死1,2塁で糞主砲アリアス大併殺。
    2回無死2,3塁でホワイト、矢野が糞ボール振り回して無得点。
    3回1死3塁で2億片岡やや高め球さえ犠牲フライにする力も無し。
    拙攻、拙攻、また拙攻。こんな打線に誰がした。

2002.7.2
    ワールドカップも終了し月も変わって、ようやく落ち着いて阪神戦を見れますな。
    エース井川が魂の投球! 力でしぶといヤクルト打線をねじ伏せました。全く素晴らしい。
    攻撃陣も打てないながらも、アリアスが魂の犠牲フライ! 少し素晴らしい。
    今年のドラフト候補の中に将来井川みたいになるサウスポーはいるのでしょうか。高井は角度が足りないか・・
    心配なのが屁ッピリ腰バッティングが復活しつつある今岡。まぁ本来の姿なのかもですが。とほ。

2002.6.20
    今日も今日とて拙攻拙攻また拙攻。
    ランナー2塁でヒット打っても阪神では得点を期待してはいけません。阪神電車は各駅停車なのれす。
    1死1・3塁で三振ゲッツーが阪神電鉄の正しい姿。トホホホ・・・
    その裏にピッチャー切れて、あっさりホームランを食ってこそ阪神。
    その後、阪神と正反対の相手のソツの無い攻撃にさらされて、御陀仏。なんまんだぶ。
    今岡の走塁ミスを事細かく解説する名2番大熊サン。実は昔のほうが野球レベルは高かったんじゃあないんですか!!

2002.6.9
    神宮まで江草を見に、駒沢vs専修戦(一二部入れ替え戦)に行きました。
    江草は6回を投げて降板。熱いせいかあまり全力投球は見られず、ストレートは大体130キロ台後半。
    しかしミットを叩く音からすると重い球だ。凄い音がする。スライダーとフォークで三振を取れるのも○。
    4番北道に対してはストレートの伸びが一段階アップし、2奪三振。
    スタミナは?ですが、中継ぎとしては使えそうです。上から腕を叩けるのがいい。

2002.6.1
    早稲田の和田を見ました。なんとも食えない投手だ・・・
    スライダーとチェンジアップばかりじゃん!ストレートも130キロ台前半だし。
    と思って優勝目前の九回ツーアウト。
    いきなり142キロ! 次の球も140キロで空振り三振。躍動感も十分。
    ということで、阪神に来ていただけるか解りませんが、なかなか食えない投手です。

2002.5.25
    斉藤はよくやってるよ。しかし斉藤の台頭を許した内野陣は何をやっていたのかと!!
    阪神球団で育った弊害なのか。ソツのありすぎる選手達。メンタルに問題があるのか。
    藪が集中打食うのもメンタルのスタミナが肉体のスタミナより早く切れるからであって。
    コースに投げたよ。お願いだから凡打して!っていうボールじゃ終盤打ち取れないっす。
    話戻って斉藤。横浜商大付時代は天才的なショートと評されてました。頑張れ〜。

2002.5.19
    横浜戦の残塁10,12,11。この体たらくで勝てたのは横浜が弱すぎただけ。
    拙攻糞詰まり体質は変わってないわけで、まともなチームとやったらやられます。
    ムーアは世界一狭い日本ストライクゾーンの壁に苦しんでおります。
    しかし中日の今時風顎髭軍団。星野監督時代なら鉄拳モノでしょうか。
    坪井の2番はダメですな。待球×右打ち×足×バント×。今日の中日戦でもバント×。勘弁してくれい。

2002.5.16
    せっかく横浜で一息ついたところに、お邪魔虫が表舞台に戻ってきました。
    野村前監督です。今シーズンが終わるまで沈黙するのが礼儀でしょう。
    選手には礼儀だの常識だの教えるわりに、なんなんですかな。あれは。むしろドーベルマンが可哀相。
    「裁判が終わったからいいかな」って懲役2年執行猶予4年なんですけど。
    4年とは言わないまでも嫁さんが2年は服役したつもりの精神でいて欲しかったなぁ。
    僕は心情的にはノム擁護派だっただけに、全く遺憾。

2002.5.13
    今日は関本が活躍しましたが、僕は素朴な疑問を抱きました。
    なぜ44番を阪神球団は永久欠番にしないのだろうと。
    阪神ファンにとっては44番は神の番号。
    あのホームランを打ち、ちょっと上を向きながら一塁ベースに歩き出す髭面の神の姿を今も忘れることが出来ない。

2002.5.11
    浅井の経験不足による打撃妨害に藤本の糞エラーで敗戦。まぁいつもの阪神野球に戻ったわけですが。
    藤本は去年といい、大事なところでエラーするなぁ。勝負弱い守備なんかねぇ。奮起を期待します。
    消去法で秀太スタメンってのがチームの足腰を細くするのですが、この際しゃあねえか。
    この調子じゃ、今年のドラフトでまたショートを指名しなくてはならなくなる。とほ。

2002.5.10
    なんだか85年というより91年の再来になった感じ。淡泊な巨人にしぶといヤクルト。そして投手の阪神。
    井川はまぁまぁでしょうか。福井に打たれたのは失投ではないでしょう。
    浅井がいい感じのリード。怖さを知らない明解なリード。球数も少なくなるしいいんじゃないんでしょうか。
    アリアスにしろペタにしろホームランバッターの影響は凄いなぁ。

2002.4.30
    安藤も段々球に力が出てきましたが(Max 146km/h)、まだまだ甘いですな。
    まぁ安藤に限らず今年は8番バッターに打たれ過ぎ。そりゃ味方の8番バッターは滅多に打たんだろうけど・・・
    浅井と原田が一軍昇格。キャッチャー二人制だけに、途中出場は限定されるが、先発出場にチャンス!
    吉本も数試合でバテる傾向があるので、早晩チャンスが来るでしょう。しかし矢野は長くなりそうですな。とほ。

2002.4.27
    星野伸ももう限界かぁ。6人目の先発は福原、金沢、藤田太陽あたりからがよろしいかと。
    伊達が森田状態で酷使されてるのですが、いいのでしょうか。
    伊達には野田二世を期待したんだがなぁ。フォーク磨いて欲しいなぁ。
    せいぜい1/3しか投げられない遠山と5回4失点がデフォルトの星野伸を下げたところで上げる投手がいない。とほ。

2002.4.26
    今日の井川は悪かった。沖原の糞エラー、無駄球が多い山田の糞リード、点差を差し引いても悪かったです。
    そしてヤクルトはどうやら掴んだようですな。チェンジアップの癖を。
    その証拠にチェンジアップで今日は空振りが全然取れませんでした。やはり手強いのはヤクルトスコアラー陣。
    片岡が心配。ていうか、片岡のいいときのイメージが思い浮かばないのですケド。

2002.4.25
    びっくり箱アリアス大爆発! 普段打てないだけにその爆発力は人一倍!
    そして金沢が今日は速かった。あとどろんとしたカーブでストライク取れるのがいいやね。スライダーは並だが。
    今日の勝因は緒方の走塁ミス。阪神側の走塁ミスは山ほど見ていただけにちょっとすっとしました。
    しかしキムタクはインローのスライダーカーブが強いのに、吉本にしろ山田にしろなぜ勝負球に持っていくのか解せない。

2002.4.20
    本日の勝因は島野ヘッドコーチですな。
    ストレートに対してもフォークに対しても上原にフルスイング!
    なぜ昨日は桑田にいいようにやられたのに、上原に対して出来たか?昨日の反省?そんな精神論で打てれば苦労ないっす。
    答えはひとつ。初戦で上原の癖を見抜いた島野ヘッドコーチの目の勝利。これから二順目、楽しみだ。

2002.4.18
    げぇっ! 赤星脛骨骨折で全治6週間。しかし脛骨みたいな太い骨が折れるとは相当激しく当たったんですな。
    これで前半戦絶望。とほほ。代役は上坂でしょうが、松田昇格だそうです。
    どうせなら下でホームラン打った桜井を4番センターで使って欲しいなぁ。
   ということで今回の巨人戦には嫌な予感しかしません・・・。

2002.4.17
    ここに来て、化けの皮がはがれてきましたな。ということでボケ更新です。
    西川、川尻が今日登場してきましたが、なんでこんなにキレもコクも無いんだろう。
    井川、ムーアを見慣れてきたからかなぁ。でも中日遠藤とかキレもコクも素晴らしかったケド。
   伊達も結果オーライ型ピッチャーだし、ほんまリリーフはどうしまひょ。

2002.4.14
    今日も最少得点での勝負。バッター陣はピッチャーにお歳暮送らんと。早くオマリー帰ってこないかな。
    なんで9回バルデスやねん。安藤は井川ほどの信頼が無いらしい。まぁ同点なら続投。逆転なら交代ということか。
    アリアスがセカンドゴロを取りに行ってセーフにするのでサードになってましたが、勝負弱い打撃はなんとかならんのか。
   赤星、片岡、アリアスは研究され尽くされてるので打球が飛ぶ方向に野手がいるのは残念。アリアスは打球も飛ばないが。

2002.4.13
    左バッターに気持ちよくカキンコキンと打たれるヘロヘロサウスポー達。
    伊藤(39歳)もそろそろ限界が見えてきました。
    そろそろ福原に出てきてもらわんといかんですな。
   しかしいないのがサウスポー。遠山、弓長が通用しないとなると、次は西川か。吉野は通用せんか。

2002.4.12
    今日は井川でしょう。顔で投げてました。1-0の完封なんて滅多にできるもんじゃないっす。
    赤星は今悪循環。今岡にもうちょっと迷惑かけないようにしないと。
    あのフルマークを逆手にとってエンドランなんかいかがでしょうか。
   しかし胃の痛くなるようなゲーム。結果オーライの試合でもありました。

2002.4.10
    今岡バンザーイ!!マジすげー。今までボロクソに言ってごめんなさい。あなたは神です。
    谷中続投で動かなかった星野監督はやっぱいい!それに応えた谷中もいい!
    赤星がマークされまくってます。早くも4つの死球。しかも全部足。これは痛い。
   長谷川は本当にいいピッチャーになりましたな。元々阪神キラーでしたけど今年も何勝かいかれますな。

2002.4.6
    ついに7連勝!最後はムーアもあっぷあっぷでしたがタイソンのナイスプレーに救われましたな。
    ところで広島。ロペスVS前田の仁義無き戦い! 思えば開幕前から新井と比べられていらいらが募ったのでしょうか。
    インセンティブ契約ってのもあるのでしょうが、被害妄想も入っていたのかもしれませぬ。
   7日は中4日で藪か、それとも安藤か。安藤頑張って欲しいなぁ。しかし最近は中6日必要なんかな。

2002.4.5
    ついに6連勝っすか。昨日は渡鬼に夢中で終盤見逃しましたが、今日は苦手ヤクルトに勝つとこを凝視しました。
    アリアスの打球はいったかと思ったのに犠牲フライ止まりかぁ。真ん中のカーブ。投げる方も投げる方だが。
    いまだ威圧感は衰えず。てことはしばらくは我慢ですな>アリアス
   しかし藤井の降板には驚いた。あの辺はバッター出身の監督、ピッチャー出身の監督の違いかな。

2002.4.3
    ついに四連勝。ここまで行くと嬉しいというより怖いという気持ちが・・・(^^;
    今日はなんといっても、ホワイト様様!。やせたマルチネスみたいだ。対右投手でも起用して欲しいなぁ。
    もしくは穴を突かれているビックリ箱アリアスの代わりでもいい。
   しかしTBSは2対2で延長戦の巨人戦外してまで好プレイ珍プレイってのは野球ファンの神経を逆撫でしてるとしか思えん。

2002.4.2
    相性の悪さにかかわらず藪楽々の完投勝利。やはり今年は何かが違う。特に背番号とか。
    しかし今岡は成長したなぁ。打ちたいところを赤星の盗塁までじいいっと待って苦しいカウントからタイムリー。
    赤星の次の打者は勝負が遅くなるわけで。おかげで濱中が「待ち」のバッターになったとも言える。
   今岡の場合ランナー無しでは初球からフルスイングも出来る「待ちに慣れない」というところは素晴らしいでしょう。

2002.4.1
    なんとハンセル痔でダウン!!やっぱ切れたのでしょうか。
    そんでもって今月絶望らしい。やっぱ手術とかするんでしょうか。
   横浜戦に藪ぶつけるみたいですが相性最悪だったような。藪は広島用でしょう。

2002.3.30
    バンザーイ!バンザーイ!開幕二連勝だ。バンザーイ!しかし勝ち疲れてしまうのが阪神ファンの悲しい性。
   今日の勝因は原監督の瞳孔が開いてたことですな。
   ちなみに昨日の勝因は上原がカットボールとやらで楽なピッチングしようとしたから。

2002.3.28
    見ました?津田学園のピッチャー。あんなに細いのに140キロ台ビシビシ。
    去年の寺原といい松坂といい筋トレサイボーグ的速球と対照的ですな。
    これから筋肉つけて身体が出来たらと思うとこれは上位レベル。
   変化球の時やや開くがフォームは治す必要はないだろう。

2002.3.26
    坪井がいいですな。勝利のためには浜中より、坪井先発で。
    開幕二戦だけでいうなら、アリアスよりもホワイトを。アリアスじゃ上原は打てない。
    というわけで打順は、赤星、今岡、坪井、片岡、檜山、ホワイト、藤本、矢野、井川が最強!
   ポイントは藤本。走れる7番バッターとして阿部と投手を揺さぶって欲しいっす。

2002.3.23
    いよいよバルデスピンチですな。考えてみたら日本で動く真っ直ぐが通用した試しは無いわけで。
    シュートなんてボールは元々動く真っ直ぐなわけで。マッスラもそう。
    マッスラだけで通用するなら中込は今頃20勝投手。
   ということで、我らが葛西兼任コーチ、そろそろ練習開始して下され。

2002.3.22
    今日の試合で球際に強い選手、弱い選手っていうのがちょっと分かりました。
    識別方法はふわりとインサイドに入ってくる俗に言うハチマキカーブ。身体が浮かなければアレはホームランボール
    で、弱いのが、アリアス、高波、浜中。強いのが、赤星、藤本、上坂、今岡。
   特に高波のボケはド真ん中のハチマキカーブ見逃してチャンスで三振。プロ何年目?

E-listBBSSearchRankingSilkRoadGo to Top